アジアのエネルギー最前線
Watch the latest videos on YouTube.com

| HOME | |サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | | プロジェクト位置図 |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| |週刊 アフリカのエネルギー最前線 | | 週刊 中央アジアのエネルギー最前線 |
|週刊 中南米のエネルギー最前線| | 週刊 再生可能エネルギー最前線 | | 週刊 中東のエネルギー最前線 |

Since 1998 October
(本更新直前482,531 ,メルマガ配信数 1.037)


ー 日刊アジアのエネルギー最前線 2008年10月28日分 ー中国の水力開発規模は世界一

今日は,中国の北京レビューというサイトが,中国の水力開発を讃える長い長い記事を,二つも入れてきて,まず目を通すだけでも大変なのに,その上に,広西荘自治区,紅水河(注10)の龍灘水力発電所(注11)の位置が不確かで,それを一生懸命探していて,とんでもない時間を潰してしまった。夕方大阪で友人と約束があるのに,焦っている。二日間の測量作業で,足が痛い。

午前中8,000円台に戻ってきた東京株式市場は,午後になって再び売られ,8,000円を割り込んで,2時過ぎ現在で7,856円ぐらいだ。円安が進んでも,企業業績の悪化を懸念した,と言っている。対ドル円は97円ぐらい,原油は62.73ドル,と言うところか。モルジブ選挙で野党のナシード党首が大統領に当選。パキスタン南西部でマグニチュード6.4,80人死亡,と言っている。パキスタンも,テロと地震だけでも大変なのに,アルカイダを狙った米国の無人爆撃機が飛んでくる,と言うから,あの平和だったペシャワールも大変だろう,と思いを致す。

下の2枚の写真は,北京ビューより借用),http://www.bjreview.com.cn/business/txt/2008-10/27/content_159183.htm

さて,今日の北京レビューによる,中国の水力開発を讃える記事だが,とにかく,水力開発の関しては,量も質も中国が世界一だ,と言われてみれば,反論する余地はない,私もそうだと思う。我がJパワーも,もうダムと石炭火力は中国に任せておけ,と方針決定したような感じで,彼我共に認める中国の水力開発である。中国は,大規模水力を完全なクリーンエネルギー,再生可能エネルギーの範疇に入れてしまっている。再生可能エネルギー開発方針も,言うなれば,大規模水力開発なのである。この辺で日本の経済産業省は迷っている。

重要な数字だけ拾う。長江の三峡水力発電所(注2)である。700,000MWユニット36台を設備している。これに続く発電所は,雲南省のシルオドウ水力発電所(注3)で,出力12,600MW,2015年完成予定である。現在の中国の水力設備は,145,000MWで世界一である。そのピークは2012年から2016年に来るだろう。これからの水力は,長江,黄河(注6),それに南西部の諸河川,ジンシャ,ヨロン,ダドウ(注7)などの,上流部,中流部で開発される。

中国の包蔵水力は690,000MWであるが,技術的に開発可能とされているのは540,000MWである。技術的な開発実績も成果を上げている。ダムの高さは200m以上に達し,水車発電機のユニット規模は700MWで世界記録である。現在,四川省と雲南省の境界付近で計画中のウドングデ水力(注8)はユニット800MWであり,バイヘタン水力(注9)はユニット1,000MWである。

龍灘水力発電所(注11)の工事費は243億元,約35.6億ドル相当,で,2001年7月1日に工事を開始し,ダム工事は2003年11月に本格開始した。第1号機の運転開始は,2007年5月であった。電力の50%は,電力不足に悩む広東(注16)に送られる。広東(注16)は石炭火力の公害に悩まされ,毎年60億ドル近い被害が出ている,と推定されている。

龍灘水力発電所(注11)の貯水池の規模は,貯水容量が273億トン,洪水調節容量が70億トン,洪水量毎秒8,500トンカットでき,50年に一回の洪水に対処できる。下流のヤンタンダム(注17)と併せて,毎秒10000トンのカットを行う。その他,500トンの舟運が可能で,鉱業ポテンシャルの大きいこの紅水河(注10)流域を,「黄金の水路(注18)」に変える,と謳っている。

中国は,2015年までに,現在の水力が系統に占める割合20%を,2015年までに28%に上げる,と言っている。今日の記事を見ていると,留まるところを知らない中国のダム開発であるが,私はまさしく時間との戦いだと思っている。既に,温家宝首相はダム開発に対して相当に後ろ向きと聞く。雲南省のダム開発に釘を刺した事実もある。住民達が立ち上がり始めると,収拾つかなくなるのは,我々が経験したとおりである。中国もミャンマーも,まさしくダム開発は時間との戦いだ。

(注) (1) the China Electricity Council,(2) The Three Gorges Hydropower Station on the Yangtze River,(3) the Xiluodu Hydropower Station in Yunnan Province,(4) Chen Lei, Minister of Water Resources,(5) the International High-Level Forum on Water Resources and Hydropower,(6) Yellow river,(7) Jinsha, Yalong and Dadu rivers,(8) the Wudongde Hydropower Station,(9) the Baihetan Hydropower Station,(10)

(注) (10) Hongshuihe,(11) The Longtan Hydropower Station,(12) http://my.reset.jp/~adachihayao/08102801LongtanLocation.jpg,(13) the Pearl River,(14) Tian'e County, Guangxi Zhuang Autonomous Region,(15) Longtan Hydropower Development Co. Ltd. (LHDC),(16) Guangdong,(17) the Yantan Dam in the lower reaches of the Hongshuihe River,(18) "golden waterway",(19)


本文

●中国の水力発電,全系統の28%を占める

もう大ダムと石炭火力は,中国に任した,と割り切ったのは我がJパワーであるが,まさしく今日の記事は,中国が高々と謳い上げた大ダム建設世界一の実績と技術を誇り,大規模ダムは,クリーンエネルギーとして,立派な役割を果たしていくのだ,と世界に宣言したような北京レビューの報道である。すべてに於いて,中国の水力開発讃歌なので,その当たりは省略して,文中の重要な数字を拾ってみたい。長文である。

中国は,水力発電による全発電設備へのシェアーを28%まで延ばす計画である。この記事は,2008年8月7日に中国電力委員会(注1)によって刊行された報告書の内容に基づいている。今年,2008年下期の電力不足は,15,000MWと見積もられている。この事態に貢献するのは,長江の三峡水力発電所(注2)である。700,000MWユニット36台を設備している。これに続く発電所は,雲南省のシルオドウ水力発電所(注3)で,出力12,600MW,2015年完成予定である。

チェンレイ水資源大臣(注4)が最近北京で開かれた国際水力会議(注5)で説明したところによると,現在の中国の水力設備は,145,000MWで世界一である。そのピークは2012年から2016年に来るだろう。これからの水力は,長江,黄河(注6),それに南西部の諸河川,ジンシャ,ヨロン,ダドウ(注7)などの,上流部,中流部で開発される。

これから開発される1,000MWのダムは,110地点以上の上る。現在までに20地点が完成し,残りは198,670MWの総出力で,2010年から2015年の間に殆どが完成する予定である。長江上流では,10地点の大規模0開発が行われる。水力の建設費は,平均KW当たり8,000元,約1,170ドル相当,と石炭火力の2倍であるが,燃料などを含めた全体では,経済性は高い。

中国の包蔵水力は690,000MWであるが,技術的に開発可能とされているのは540,000MWである。技術的な開発実績も成果を上げている。ダムの高さは200m以上に達し,水車発電機のユニット規模は700MWで世界記録である。現在,四川省と雲南省の境界付近で計画中のウドングデ水力(注8)はユニット800MWであり,バイヘタン水力(注9)はユニット1,000MWである。

この記事は,技術的な成果を讃えながら,環境問題への対策も論じている。特に,ダムによる河川流況の変化の生態への影響や,また百満員を越す移住を成功させた三峡水力発電所(注2)について,その成果を誇っている。中国の水力開発は,まさしくこれからが正念場で,石炭火力抑制のために水力を,と言う政府の考え方の中でも,温家宝首相などは,かなり慎重,との噂も流れている。

(注) (1) the China Electricity Council,(2) The Three Gorges Hydropower Station on the Yangtze River,(3) the Xiluodu Hydropower Station in Yunnan Province,(4) Chen Lei, Minister of Water Resources,(5) the International High-Level Forum on Water Resources and Hydropower,(6) Yellow river,(7) Jinsha, Yalong and Dadu rivers,(8) the Wudongde Hydropower Station,(9) the Baihetan Hydropower Station,(10)

●中国南部,紅水河の水力発電開発

同じ北京レビューが,同じ日付で,長江の三峡水力発電所(注2)と並べて,紅水河(注10)の龍灘水力発電所(注11)を記事にしている。これまでも実は,龍灘水力発電所(注11)の位置がよく分からず苦労した。今日もどうもよく分からないので,調べに調べて,時間を食ってしまった。やっと自分で納得出来るダムサイトを見つけた(注12)。広西自治区の北西ぎりぎり,緯度的には昆明の東になるので驚いた。



これも長文の記事なので,大事な数字だけ拾っておく。紅水河(注10)が太平洋に出る直前の河はパール河(注13)となっている。紅水河(注10)の全延長は638km,高さで762m落ちている。位置は,広西荘自治区のティアン地区(注14)で,高さ216.5mのRCCダムである。出力は6,300MW,中国第3位である。龍灘水力開発公司LHDC(注15)によって建設され,2008年11月末にも,第6号機が運転開始する。最終第7号機は2008年12月末完成である。

龍灘水力発電所(注11)の工事費は243億元,約35.6億ドル相当,で,2001年7月1日に工事を開始し,ダム工事は2003年11月に本格開始した。第1号機の運転開始は,2007年5月であった。電力の50%は,電力不足に悩む広東(注16)に送られる。広東(注16)は石炭火力の公害に悩まされ,毎年60億ドル近い被害が出ている,と推定されている。

龍灘水力発電所(注11)の貯水池の規模は,貯水容量が273億トン,洪水調節容量が70億トン,洪水量毎秒8,500トンカットでき,50年に一回の洪水に対処できる。下流のヤンタンダム(注17)と併せて,毎秒10000トンのカットを行う。その他,500トンの舟運が可能で,鉱業ポテンシャルの大きいこの紅水河(注10)流域を,「黄金の水路(注18)」に変える,と謳っている。

(注) (10) Hongshuihe,(11) The Longtan Hydropower Station,(12) http://my.reset.jp/~adachihayao/08102801LongtanLocation.jpg,(13) the Pearl River,(14) Tian'e County, Guangxi Zhuang Autonomous Region,(15) Longtan Hydropower Development Co. Ltd. (LHDC),(16) Guangdong,(17) the Yantan Dam in the lower reaches of the Hongshuihe River,(18) "golden waterway",(19)

●フィリッピン,ERC,世論に負け,マニラ配電の値上げを延期

マニラ配電MERALCOが,従来徴収できなかった,為替や燃料費調整分の電気料金を,規制委員会ERC(注19)が許可した,と言う記事が,先日の2008年10月10日のマニラブリテンに出ていて,MERALCOはその徴収準備に専念しているところであった。その総額は39億ペソに上り,KWh当たりにすれば0.3ペソ以上であった。

今日のマニラブリテンの記事,ERC(注19)は突然にその値上げの延期を決定した。消費者の反対の声に押されたわけで,直接の相手は,改革消費者連盟NASECORE(注20)である。ERCのジュアン局長(注21)が発表した。この決定は,正規の手続きに基づいたものだ,と苦しい言い訳をしている。

結局,配電経費の上乗せなどで,値上げ幅が,KWh当たり,0.2055〜0.4571ペソになることが分かり,反対の声に火を付けた。マニラ配電内部は,その新しい指示への対応に追われているが,いずれにしても,再生可能エネルギーの積極的導入など,電気料金を押し上げる要素は多く,改革により電気料金引き下げを約束しているアロヨ大統領に,ますますプレッシャーがかかる。

(注) (19) the Energy Regulatory Commission (ERC),(20) National Association of Electricity Consumers for Reforms (NASECORE),(21) ERC executive director Francis Juan,(22)

●インド,電力大臣,NTPCの財務的自由な立場を強化

インドの電力開発,特に2012年までの第11次五カ年計画で70,000MW開発の目標を持つインドで,民間資金の導入を謳いながらも,政府系公社,中でも火力発電公社NTPCの果たす役割は,大きく期待されており,水力のNHPCも含めて,公社系の活躍がなければ実現は困難である。政府公社系には,入札参加もさることながら,資金調達でも一定の制約があったようである。

今日の記事では,電力大臣が,NTPCの制約を取り外すために,新たな案を閣議の了解を取るべく,調整を行っている,と言う内容である。NTPCの海外資産を求める5つの合弁の設定に,2600億ルピーを必要としている。現在の制度では,投資額を各案件の30%を上限としているが,これを50%に引き上げようというものである。今回のケースは,総額5,263.9億ルピーの案件である。

Reference

Philippines

●081028A Philippines, Manila Bulletin
ERC,世論の負け,マニラ配電の値上げを延期
ERC bows to public pressure, defers implementation of Meralco rate hike
http://www.mb.com.ph/BSNS20081028139214.html

India

●081028B India, Economic Times
電力大臣,NTPCの財務的自由な立場を強化
Power ministry seeks more financial freedom for NTPC
http://economictimes.indiatimes.com/News/News_By_Industry/Energy/Power_ministry_seeks_more_financial_freedom_for_NTPC/articleshow/3647589.cms

China

●081028C China, bjreview
中国南部,ホンスイ河の水力発電開発
Harnessing the Hongshuihe
http://www.bjreview.com.cn/business/txt/2008-10/27/content_159182_3.htm
●081028D China, bjreview.com
中国の水力発電,全系統の28%を占める
China is on track to rely on hydropower for 28 percent of its electricity generation http://www.bjreview.com.cn/business/txt/2008-10/27/content_159183.htm

過去のニュース

インドネシアの 電気料金上げ (081027)
中国企業がアザドカシミールにダム投資 (081026)
中国広西とベトナムを結ぶ線 (081025)
丸紅のフィリッピンへの取り組み (081024)
インドネシアと中国のLNG契約 (081023)
ラオスの水力で住民補償が再燃 (081022)
世界で50カ国以上が原子力発電を計画 (081021)
世界金融情勢の変化の影響 (081020)
インドとパキスタン対立の悪夢 (081019)
パキスタン大統領の北京挑戦 (081018)
インド北辺水力開発に反旗 (081017)
米国がインドへ原子力通商使節団 (081016)
フィリッピンの天然ガスと電気料金 (081015)
フィリッピンの長期エネルギー計画 (081014)
インドの大規模石炭火力計画 (081013)
ミャンマーの水力への外国投資 (081012)
ダム建設を巡るカシミール問題 (081011)
フィリッピンの国産エネルギーへの拘り (081010)
バングラデシュとミャンマーの関係 (081009)
バングラデシュのエネルギー長期見通し (081008)
中国政府のチベット開発政策 (081007)
●ADBが初めてベトナム水力支援 (081006)
●知的送電線ネットワークの発想へ (081005)

中国とインドのエネルギー問題 (081004)
インドの原子力開発加速へ (081003)
アジア大陸の水源はチベット高原 (081002)
インドの配電組織改革 (081001)
フィリッピンの再生可能エネへの取組 (080930)
インドの地球温暖化との戦い (080929)
サルウイーン河のダム開発 (080927)
メコン流域会議開催と中国 (080926)
インド,25年までに6千万KW水力開発 (080925)

元に戻る


アジアのエネルギー最前線 地図


大きな地図で見る

元に戻る

カスタム検索

「日刊アジアの開発問題」メールマガジン配信ご希望の方は下記いずれかより申し込んで下さい,無料です。

http://www.mag2.com/m/0000226907.html
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/12995.html
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/8660/p/1/

http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=010578
http://www.melma.com/backnumber_167974/

読者数 直接メール 259 合計 1,037人


海外出張直前重要サイト
通貨換算||時差||電話コード||フライト一覧||ホテル予約||各地気象||世界天気予報|| 海外安全情報|| 海外用品|海外医療||海外出張支援|| 海外赴任ナビ|| 成田へ|| 羽田へ|| 関空へ|| 伊丹へ|| ロンリプラネット|

| 鈴木篁氏] | Livedoor | |@nifty| | Gmail | |Bangkok Post| |Manila Bulletin| |Jakarta Post| |Economic Times| |時事通信| |ZAKZAK|

https://www.blogger.com/start?hl=ja
http://translate.google.com/translate_t?hl=ja#
http://maps.google.com/maps?hl=ja&tab=wl
http://news.google.com/news?hl=ja&sa=N&tab=ln&q=
https://www.google.com/adsense/login3
http://mail.google.com/mail/#inbox


| HOME | |サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | | プロジェクト位置図 |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| |週刊 アフリカのエネルギー最前線 | | 週刊 中央アジアのエネルギー最前線 |
|週刊 中南米のエネルギー最前線| | 週刊 再生可能エネルギー最前線 | | 週刊 中東のエネルギー最前線 |

お問い合わせまたはご意見は下記メールアドレスへ
PGA02435@nifty.com