アジアのエネルギー最前線
Watch the latest videos on YouTube.com

| HOME | |サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | | プロジェクト位置図 |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| | アフリカのエネルギー最前線 | | 中央アジアのエネルギー最前線 |
| 中南米のエネルギー最前線 | | 再生可能エネルギー最前線 | | 中東のエネルギー最前線 | | 地球温暖化最前線 |

Since 1998 October
(本更新直前484,353 ,メルマガ配信数 1.042)


ー 日刊アジアのエネルギー最前線 2008年11月11日分ー インドの電力プール市場ー

中国山脈も,秋まっただ中,宮本武蔵の郷で測量作業に熱中して,更新が遅れました。それにしてもこの2日間,日本列島は素晴らしい秋晴れでしたね,雲一つなかった。HPに写真あり。それで測量現場は混雑していて驚きました。どうもおかしいな,と思うのは,大阪や東京では若い人たちが仕事と戦いながら,また生活と戦っているのに,どうして測量現場は,健康な老人で埋まっているのですかね,アンバランス。

先日も,学校の先生が予算不足で足りない,と各地で先生のやりくりに困っている,と言うニュースのすぐあとで,中央官庁の出先機関に,予算と人が多すぎる,と言っていた,アンバランス。不足の医者の代わりに,と言うわけには行かないが,農林省や国土省の出先機関の人で,学校の先生に予算付きで派遣,と言うのは出来るのではなかろうか。

今日のニュースで,国連人口基金UNFPAの人口予測,2050年時点で,インドの人口は世界最大となり,16.58億人,中国が14.8億人,パキスタンが2.9億人,と書いてあった。意外に伸びない,と言うのが私の感想だが,インドも中国も,2050年までには,どこかで少子化が起こるのだろう,中国は既に少子化の方向。2050年のインドの測量現場で老人が溢れている状況,想像すると,笑ってしまう。

先日,IEAが,2030年の原油価格バレル200ドル,をこのHPで紹介したが,今日は他の新聞がそれを紹介していた。その記事が日本語で出た今日,皮肉にもドバイ原油が50ドルまで落ちたとか。今,中東は日本のジェネコンでごった返しているらしいが,原油価格下落が,また日本のジェネコンに悪い影響を及ぼさなければよいが。でも,昨夜は大手ジェネコンの経営悪化がニュースになっていた。


インドは,今週月曜日,2008年11月10日,第2次の電力市場取引を開始した。この2〜3年後,十分な電力が確保されると,取引量が急激に増えるものと期待している。インド電力市場取引会社PXIL(注1)のRDシン社長(注2)は,「電力市場は伸びている。取引量はまだ少なく,まだ2〜3年は待たなければならないことは事実だ。しかし,現在の1,000MWの規模の30〜40倍になるものと期待している。」,と。

(注) (1) the Power Exchange India Ltd (PXIL),(2) Rupa Devi Singh, chief executive officer of the Power Exchange India Ltd (PXIL),(3) the Indian Energy Exchange,(4) the head of the Indian Energy Exchange, Jayant Deo,(5) NTPC Ltd,(6) NHPC,(7) Tata Consultancy Services,(8) National Stock Exchange,(9) National Commodities and Derivatives Exchange,(10) State-run Power Finance Corp,(11) JSW Energy,(12) GMR Energy,(13) Jindal Power Ltd,(14) http://my.reset.jp/~adachihayao/index3news0809.htm,080909D

元へ戻る



本文

●インドの電力プール市場,第2弾が発足へ

インドの電力取引については,2008年9月10日の時点で,このHPでも扱っている(注14)。その中で,「インドもいよいよプール市場の創設を進める決意をしたようだ。タタ財閥系のタタコンサルタント(注7)が技術的な中心となる。」,と書いているが,今日の記事では,既にインド電力市場取引会社PXIL(注1)が動いていたようだ。しかし,インドではまだ電力不足の状態で,とても本格稼働とは行かないようだ。

インドは,今週月曜日,2008年11月10日,第2次の電力市場取引を開始した。この2〜3年後,十分な電力が確保されると,取引量が急激に増えるものと期待している。インド電力市場取引会社PXIL(注1)のRDシン社長(注2)は,「電力市場は伸びている。取引量はまだ少なく,まだ2〜3年は待たなければならないことは事実だ。しかし,現在の1,000MWの規模の30〜40倍になるものと期待している。」,と。

インドは,2012年までに,発電設備を現在の50%以上,78,000MW新規開発することを計画している。この新規開発分の15%は,商業取引可能であり,取引市場で売買可能である。しかし,インドエネルギー取引PXIL(注3)のデオ会長(注4)は,市場の取引が少ない状態で多くのプレーヤーが参加することは,皆が生き残ることは大変に難しい,と見ている。この第2次に続いて,第3の市場を,有力電力企業である火力公社NTPC(注5),水力公社NHPC(注6),タタコンサルタント(注7)が設立することを計画している。

全国の多くの地域の需要の多様性で,大きな潜在力を持っているにもかかわらず,交渉や,短期,中期の契約,などを通じて取引されている電力は,現時点で僅かに3%にしか過ぎない。現在取引可能な電力量は,日当たり1,500万KWhである。デオ会長(注4)は,インドエネルギー取引PXIL(注3)の市場に数週間から数ヶ月のレンジでの取引を導入するよう,規制委員会に求めている。

インドエネルギー取引PXIL(注3)は,国家株式市場(注8)と国家商品デリバティブ市場(注9)と合同でスタートしている。このインドエネルギー取引PXIL(注3)には,電力融資公社PFC(注10),JSWエネルギー(注11),GMRエネルギー(注12),ジンダール電力(注13)が,参入している。

(注) (1) the Power Exchange India Ltd (PXIL),(2) Rupa Devi Singh, chief executive officer of the Power Exchange India Ltd (PXIL),(3) the Indian Energy Exchange,(4) the head of the Indian Energy Exchange, Jayant Deo,(5) NTPC Ltd,(6) NHPC,(7) Tata Consultancy Services,(8) National Stock Exchange,(9) National Commodities and Derivatives Exchange,(10) State-run Power Finance Corp,(11) JSW Energy,(12) GMR Energy,(13) Jindal Power Ltd,(14) http://my.reset.jp/~adachihayao/index3news0809.htm,080909D

Reference

India

●080911A India, Economic Times
インドの電力プール市場,第2弾が発足へ
India launches second power exchange
http://economictimes.indiatimes.com/News/News_By_Industry/Energy/Power/India_launches_second_power_exchange/articleshow/3696351.cms

過去のニュース

●フィリッピンのマイクロ水力 (081109)
●カンボジアの多彩な水力開発 (081108)
●IEAが原油動向で報告書 (081107)
●インドの大規模火力に資金難 (081106)
●中国の石炭に下降傾向 (081105)
●タイ首相ナムグムの水を東北タイへ (081104)
●タイの原子力地点決定は2009年末 (081103)
●イランのパイプラインとインドの優柔不断 (081102)
●ミャンマーでの中国のプレゼンス (081101)
●ベトナム油田へのロシアの参入 (081031)
マニラ配電の先行き見通し (081030)
カンボジアなどへの中国の進出 (081029)
中国の水力開発規模は世界一 (081028
インドネシアの 電気料金上げ (081027)
中国企業がアザドカシミールにダム投資 (081026)
中国広西とベトナムを結ぶ線 (081025)
丸紅のフィリッピンへの取り組み (081024)
インドネシアと中国のLNG契約 (081023)
ラオスの水力で住民補償が再燃 (081022)
世界で50カ国以上が原子力発電を計画 (081021)
世界金融情勢の変化の影響 (081020)
インドとパキスタン対立の悪夢 (081019)
パキスタン大統領の北京挑戦 (081018)
インド北辺水力開発に反旗 (081017)
米国がインドへ原子力通商使節団 (081016)
フィリッピンの天然ガスと電気料金 (081015)
フィリッピンの長期エネルギー計画 (081014)
インドの大規模石炭火力計画 (081013)
ミャンマーの水力への外国投資 (081012)
ダム建設を巡るカシミール問題 (081011)
フィリッピンの国産エネルギーへの拘り (081010)
バングラデシュとミャンマーの関係 (081009)
バングラデシュのエネルギー長期見通し (081008)
中国政府のチベット開発政策 (081007)
●ADBが初めてベトナム水力支援 (081006)
●知的送電線ネットワークの発想へ (081005)

中国とインドのエネルギー問題 (081004)
インドの原子力開発加速へ (081003)
アジア大陸の水源はチベット高原 (081002)
インドの配電組織改革 (081001)
フィリッピンの再生可能エネへの取組 (080930)
インドの地球温暖化との戦い (080929)
サルウイーン河のダム開発 (080927)
メコン流域会議開催と中国 (080926)
インド,25年までに6千万KW水力開発 (080925)

元に戻る


アジアのエネルギー最前線 地図


大きな地図で見る

元に戻る

カスタム検索

メールマガジン配信ご希望の方は下記いずれかより申し込んで下さい,無料です。

【日刊 アジアのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000226907.html 190
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/12995.html 211
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/8660/p/1/ 219
http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=010578 45
http://www.melma.com/backnumber_167974/ 118

【週刊 アフリカのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000273675.html 36
http://kapu.biglobe.ne.jp/14528/index.html 7
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19799/p/1/ 6

【週刊 中南米のエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000273730.html 32
http://kapu.biglobe.ne.jp/14529/index.html 2
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19814/p/1/ 4

【週刊 中東のエネルギー最前線】
http://kapu.biglobe.ne.jp/14531/index.html 5
http://www.mag2.com/m/0000273808.html 23
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19836/p/1/ 6

【週刊 再生可能エネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000274231.html 1
http://kapu.biglobe.ne.jp/14551/index.html 2
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19956/p/1/ 2

【週刊 世界の地球温暖化最前線】
http://www.mag2.com/m/0000276643.html
http://kapu.biglobe.ne.jp/14611/index.html
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/20572/p/1/ 1

読者数 直接メール 259 合計 1,042人

元へ戻る


海外出張直前重要サイト
通貨換算||時差||電話コード||フライト一覧||ホテル予約||各地気象||世界天気予報|| 海外安全情報|| 海外用品|海外医療||海外出張支援|| 海外赴任ナビ|| 成田へ|| 羽田へ|| 関空へ|| 伊丹へ|| ロンリプラネット|

| 鈴木篁氏] | Livedoor | |@nifty| | Gmail | |Bangkok Post| |Manila Bulletin| |Jakarta Post| |Economic Times| |時事通信| |ZAKZAK|

○https://www.blogger.com/start?hl=ja ○http://www.google.com/intl/en/press/intl-zeitgeist.html ○http://translate.google.com/translate_t?hl=ja# ○http://maps.google.com/maps?hl=ja&tab=wl 城kmhttp://news.google.com/news?hl=ja&sa=N&tab=ln&q= ○https://www.google.com/adsense/login3 ○http://mail.google.com/mail/#inboxhttp://www.google.com/ig?hl=ja


| HOME | |サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | | プロジェクト位置図 |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| |週刊 アフリカのエネルギー最前線 | | 週刊 中央アジアのエネルギー最前線 |
|週刊 中南米のエネルギー最前線| | 週刊 再生可能エネルギー最前線 | | 週刊 中東のエネルギー最前線 |

お問い合わせまたはご意見は下記メールアドレスへ
PGA02435@nifty.com