アジアのエネルギー最前線
Watch the latest videos on YouTube.com

| HOME | |サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | | プロジェクト位置図 |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| | アフリカのエネルギー最前線 | | 中央アジアのエネルギー最前線 |
| 中南米のエネルギー最前線 | | 再生可能エネルギー最前線 | | 中東のエネルギー最前線 | | 地球温暖化最前線 |

Since 1998 October
(本更新直前484,616 ,メルマガ配信数 1.229)


ー 日刊アジアのエネルギー最前線 2008年11月15日分 メコン洪水で再び中国ダム論争 ー

時事通信によると,麻生太郎首相は15日の内外記者会見で,オバマ次期米大統領について,「電話で話した印象では,インテリジェンス(知能)がえらく高そうな英語だった。」,と述べた,とする記事を載せている。麻生首相は漢字を読み間違えたから,余計英語にこだわっているのですかね。なかなか日本人に,ネイティブの英語のインテリジェンスは理解困難と思うのだが,どうですか。オバマさんも,麻生さんに言われたくない,と言っているだろう。

昔,30年ぐらい前にアメリカ人と机を並べて仕事をしていたが,彼が,ちょっと辞書貸してくれ,と言うから,何だ,あなたも辞書がいるのか,と冷やかしたら,彼の答えは,「綴りを間違えると教養を疑われるから。」,であった。今のようにワープロが見てくれないので,あのころは報告書のスペルミスをチェックするのが大変な作業だった。その昔,アメリカの副大統領候補が,発音を間違えて,落選したことがあった。もうこれ以上,麻生さんのことを言うのを止めておいた方が良さそうだ。

満杯のメコン,ビエンチャンにて

メコンの2008年8月の洪水がまだ尾を引いている。今回,2008年11月12,13日の両日,バンコクのチュラロンコン大学(注2)で開催された,主として環境団体によるフォーラム,「メコン本流ダム,国境からの声」(注3),と題して,300の団体代表が集合した。殆どは大メコン圏諸国(注4),中国,ミャンマー,ラオス,タイ,カンボジア,ベトナムからの環境関連団体である。

このフォーラムで,再び,2008年8月のメコン本流での洪水被害が取り上げられ,出席者の発言は,上流中国ダムの放流により被害が拡大した,と中国を非難している。メコンエネルギー環境ネットワークのウイットーン代表(注5)は,2008年5月に起きた四川省大地震の影響を心配した中国が,2008年8月になって,漫湾(注6),大朝山(注7),景洪(注8)の三つのダムから数十億トンの放流を行ったからだ,と主張している。

私は,中国の本流ダムの運用については,具体的な取り決めを進めた方がよいと思う。そうすると中国のダム建設を容認することになるから,なかなか手を付けられないのであろうが,今の状態では,どの様に放流されても,下流からのチェックが出来ない。上流のダムが満水の状態では,上流から入ってくる流量をそのまま下流へ,と言う原則も話し合えないのか。

別の記事で,ネパールのプラチャンダ首相(注13)とインドのメシュ副大臣(注24)が,ネパールの水力開発で,ニュースの中で踊っているのは,私は愉快である。私が指名した,アジア開発3人男の二人だから。ネパールの水力は,この二人がいなければ,実現不可能だろう。詳細は本文記事を見て下さい。


(注) (1) http://my.reset.jp/~adachihayao/index3news0808.htm,080828D,(2) Chulalongkorn University,(3) “Mekong Mainstream Dams: Voices across Borders,”,(4) Greater Mekong Subregion,(5) Witoon Permpongsachareon, a coordinator with the Mekong Energy and Ecology Network,(6) Manwan,(7) Dachaoshan,(8) Jinghong,(9) Mekong River Commission (MRC),(10) Mekong River Commission Fisheries Program,(11) Stung Treng,(12) Sambor,(13)

(注) (13) Prime Minister Pushpa Kamal Dahal `Prachanda',(14) Bay of Bengal Initiative for Multi-sectoral Technical and Economic Cooperation (BIMSTEC),(15) http://my.reset.jp/~adachihayao/index081114B.htm,(16) Dr. Manmohan Singh,(17) Tehri Dam,(18) Uttarakhand,(19) Dehradun,(20) Pancheshwar dam,(21)

元へ戻る



本文

●バンコクのフォーラム,中国のダムの放流に抗議

2008年に起きたメコン河の洪水については,本HPで2008年8月28日(注1)に報じたように,ビエンチャンで開かれたメコン河委員会MRC,その28次年次総会で問題となっている。一部の環境団体は,上流,中国領内で進むダム開発の影響が大きい,と主張しているが,MRCや関係政府は,ラオス北部を通過したモンスーンの影響で,直ちに中国のダムと結びつくことは否定している。しかし,中国領内ダムの情報の透明化については,いずれの公的機関も必要と思っている。

今回,2008年11月12,13日の両日,バンコクのチュラロンコン大学(注2)で開催された,主として環境団体によるフォーラム,「メコン本流ダム,国境からの声」(注3),と題して,300の団体代表が集合した。殆どは大メコン圏諸国(注4),中国,ミャンマー,ラオス,タイ,カンボジア,ベトナムからの環境関連団体である。

このフォーラムで,再び,2008年8月のメコン本流での洪水被害が取り上げられ,出席者の発言は,上流中国ダムの放流により被害が拡大した,と中国を非難している。メコンエネルギー環境ネットワークのウイットーン代表(注5)は,2008年5月に起きた四川省大地震の影響を心配した中国が,2008年8月になって,漫湾(注6),大朝山(注7),景洪(注8)の三つのダムから数十億トンの放流を行ったからだ,と主張している。

これに対して,メコン河委員会(注9)の事務局長は,あの洪水に対して中国のダムは責任がない,とかっての主張を繰り返した。そしてダムの責任を主張するラオス当局を非難した(と書いてある)。また漁業に対するダムの影響を問題にしている。これはメコン河委員会の漁業計画(注10)の意見でもある。フォーラムの主催者は,関係諸国のダム建設の抑制を主張した。

域内では,この先5年間で,ラオスが少なくとも7つのダム建設を進めており,その発電出力は7,470MWであり,他にタイとの協力で,3409MWを計画している。カンボジアも二つのダムを計画している,それは本流のスタントレン(注11)とサンボール(注12)である。

以上が記事の内容であるが,私は,中国の本流ダムの運用については,具体的な取り決めを進めた方がよいと思う。そうすると中国のダム建設を容認することになるから,なかなか手を付けられないのであろうが,今の状態では,どの様に放流されても,下流からのチェックが出来ない。上流のダムが満水の状態では,上流から入ってくる流量をそのまま下流へ,と言う原則も話し合えないのか。

(注) (1) http://my.reset.jp/~adachihayao/index3news0808.htm,080828D,(2) Chulalongkorn University,(3) “Mekong Mainstream Dams: Voices across Borders,”,(4) Greater Mekong Subregion,(5) Witoon Permpongsachareon, a coordinator with the Mekong Energy and Ecology Network,(6) Manwan,(7) Dachaoshan,(8) Jinghong,(9) Mekong River Commission (MRC),(10) Mekong River Commission Fisheries Program,(11) Stung Treng,(12) Sambor,(13)

●ネパール,プラチャンダー首相,インドとの水力開発に熱意

本HPの2008年11月14日(注15)でも触れたように,ネパールのプラチャンダ首相(注13)が,BISTEC(注14)首脳会議でニューデリーを訪問し,インドのシン首相(注16)と会談した後,テリーダム(注17)視察のために,ウッタラカンド(注18)のデラドウン(注19)を訪問する予定であったが,今日の記事は,そのウッタラカンド(注18)で怪気炎を挙げるプラチャンダ首相(注13)の様子である。

テリーダム(注17)を視察したプラチャンダ首相(注13)は,まず第一声,6,000MW,両国の境界付近に位置する巨大プロジェクト,パンチェスバール水力(注20)のインドによる協力で実現したい,と抱負を語った。このパンチェスバール水力(注20)は,テリーダム(注17)と同じように,数十万人規模の移住を必要としており,良い見本となる,としている。

記者会見で,貯水池開発か流れ込み式開発か,と聞かれたプラチャンダ首相(注13)は,両方だ,と答えている。でもこの質問した人は,やはりことの本質を見極めた上で質問したようで,ネパールの於ける貯水池式の開発は,河川環境や水没の問題もさることながら,ヒマラヤからの土砂流入への対処が問題であることを理解した上だろう。

(注) (13) Prime Minister Pushpa Kamal Dahal `Prachanda',(14) Bay of Bengal Initiative for Multi-sectoral Technical and Economic Cooperation (BIMSTEC),(15) http://my.reset.jp/~adachihayao/index081114B.htm,(16) Dr. Manmohan Singh,(17) Tehri Dam,(18) Uttarakhand,(19) Dehradun,(20) Pancheshwar dam,(21)

●インド企業,論争の中,ネパールの水力,調査開始

ネパールの,402MW,アルン第3水力(注21)にとりついたインド企業SJVN(注22)は,地元民の抵抗を受けながらも,両国政府の強い要請で動き始めたようだ。既報のBISTEC(注14)首脳会議で,ネパールのプーデル水資源大臣(注23)が,インドのラメシュ副大臣(注24)に,早期着工を迫ったわけである。

一応国際入札で,SJVN(注22)はアルン第3水力(注21)を獲得したわけであるが,何しろ地元民の要求が激しいことと,ネパール国会でも一時,外国企業へのプロジェクト委譲が問題になった事情で,なかなか動けなかったが,とにかく,この奥地のプロジェクトに調査の楔を打ち込んだわけである。

このアルン第3水力(注21)の現地調査は24ヶ月が予定されており,この調査終了後,SJVN(注22)は再びプロポーサルをネパール電力庁NEA(注25)に提出して,それにより最終決定を受けることになっている。

(注) (21) Arun III hydropower project,(22) Satluj Jal Vidyut Nigam,(23) Nepal’s Water Resources Minister Bishnu Poudel,(24) Indian Minister of State for Power and Commerce Jairam Ramesh,(25) Nepal Electricity Authority (NEA),(26)

●ベトナム,住友などのアボン水力,105MW,第1号機運転へ

現地企業電力機械(注26)と住友商事が,EVN(注27)からターンキーで建設を請け負った,105MW,アボン水力(注28)の第1号機を完成して運転に入った。第2号機は2009年1月完成の予定である。アボン水力(注28)地点は,クワンナム県(注29)に位置し,2003年に着工し,完成が近づいている。年間発生電力量は815GWhである。

なお,この現地企業電力機械(注26)と住友商事の合弁は,55MWのプレイクロン水力(注30)も請け負っている。

(注) (26) Power Machines,(27) Electricity of Viet Nam (EVN),(28) A Vuong,(29) Quang Nam province,(30) Pleykrong hydropower plant


(注) (1) http://my.reset.jp/~adachihayao/index3news0808.htm,080828D,(2) Chulalongkorn University,(3) “Mekong Mainstream Dams: Voices across Borders,”,(4) Greater Mekong Subregion,(5) Witoon Permpongsachareon, a coordinator with the Mekong Energy and Ecology Network,(6) Manwan,(7) Dachaoshan,(8) Jinghong,(9) Mekong River Commission (MRC),(10) Mekong River Commission Fisheries Program,(11) Stung Treng,(12) Sambor,(13)

(注) (13) Prime Minister Pushpa Kamal Dahal `Prachanda',(14) Bay of Bengal Initiative for Multi-sectoral Technical and Economic Cooperation (BIMSTEC),(15) http://my.reset.jp/~adachihayao/index081114B.htm,(16) Dr. Manmohan Singh,(17) Tehri Dam,(18) Uttarakhand,(19) Dehradun,(20) Pancheshwar dam,(21)

Reference

Vietnam

●081115A Vietnam, waterpowermagazine
住友などのアボン水力,105MW,第1号機運転へ
Vietnam sees first unit commissioned at A Vuong
http://www.waterpowermagazine.com/story.asp?sectioncode=130&storyCode=2051486

Nepal

●081115B Nepal, sindhtoday
インド企業,論争の中,ネパールの水力,調査開始
Satluj begins hydropower project survey in Nepal amid dissent

http://www.sindhtoday.net/south-asia/36135.htm
●081115C Nepal, zeenews
プラチャンダー首相,インドとの水力開発に熱意
Nepal keen to work on hydropower projects with India: Prachanda
http://www.zeenews.com/nation/2008-11-14/483510news.html

Laos

●]081115D Mekong, irrawaddy
バンコクのフォーラム,中国のダムの放流に抗議
Chinese Dams Accused of Flooding the Region
http://www.irrawaddy.org/article.php?art_id=14633

過去のニュース

●金融危機とインドの電源開発 (081114)
●カンボジアのNGO天国終焉 (081113)
●インドの電力プール市場 (081111)
●フィリッピンのマイクロ水力 (081109)
●カンボジアの多彩な水力開発 (081108)
●IEAが原油動向で報告書 (081107)
●インドの大規模火力に資金難 (081106)
●中国の石炭に下降傾向 (081105)
●タイ首相ナムグムの水を東北タイへ (081104)
●タイの原子力地点決定は2009年末 (081103)
●イランのパイプラインとインドの優柔不断 (081102)
●ミャンマーでの中国のプレゼンス (081101)
●ベトナム油田へのロシアの参入 (081031)
マニラ配電の先行き見通し (081030)
カンボジアなどへの中国の進出 (081029)
中国の水力開発規模は世界一 (081028
インドネシアの 電気料金上げ (081027)
中国企業がアザドカシミールにダム投資 (081026)
中国広西とベトナムを結ぶ線 (081025)
丸紅のフィリッピンへの取り組み (081024)
インドネシアと中国のLNG契約 (081023)
ラオスの水力で住民補償が再燃 (081022)
世界で50カ国以上が原子力発電を計画 (081021)
世界金融情勢の変化の影響 (081020)
インドとパキスタン対立の悪夢 (081019)
パキスタン大統領の北京挑戦 (081018)
インド北辺水力開発に反旗 (081017)
米国がインドへ原子力通商使節団 (081016)
フィリッピンの天然ガスと電気料金 (081015)
フィリッピンの長期エネルギー計画 (081014)
インドの大規模石炭火力計画 (081013)
ミャンマーの水力への外国投資 (081012)
ダム建設を巡るカシミール問題 (081011)
フィリッピンの国産エネルギーへの拘り (081010)
バングラデシュとミャンマーの関係 (081009)
バングラデシュのエネルギー長期見通し (081008)
中国政府のチベット開発政策 (081007)
●ADBが初めてベトナム水力支援 (081006)
●知的送電線ネットワークの発想へ (081005)

中国とインドのエネルギー問題 (081004)
インドの原子力開発加速へ (081003)
アジア大陸の水源はチベット高原 (081002)
インドの配電組織改革 (081001)
フィリッピンの再生可能エネへの取組 (080930)
インドの地球温暖化との戦い (080929)
サルウイーン河のダム開発 (080927)
メコン流域会議開催と中国 (080926)
インド,25年までに6千万KW水力開発 (080925)

元に戻る


アジアのエネルギー最前線 地図


大きな地図で見る

元に戻る

カスタム検索

メールマガジン配信ご希望の方は下記いずれかより申し込んで下さい,無料です。

【日刊 アジアのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000226907.html 196
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/12995.html 214
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/8660/p/1/ 221
http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=010578 45
http://www.melma.com/backnumber_167974/ 121

【週刊 アフリカのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000273675.html 36
http://kapu.biglobe.ne.jp/14528/index.html 7
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19799/p/1/ 6

【週刊 中南米のエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000273730.html 32
http://kapu.biglobe.ne.jp/14529/index.html 2
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19814/p/1/ 4

【週刊 中東のエネルギー最前線】
http://kapu.biglobe.ne.jp/14531/index.html 5
http://www.mag2.com/m/0000273808.html 23
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19836/p/1/ 7

【週刊 再生可能エネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000274231.html 42
http://kapu.biglobe.ne.jp/14551/index.html 5
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19956/p/1/ 3

【週刊 世界の地球温暖化最前線】
http://www.mag2.com/m/0000276643.html
http://kapu.biglobe.ne.jp/14611/index.html
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/20572/p/1/ 1

【週刊 中央アジアのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/ (発行申請中)
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/ (発行申請中)
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/20748/p/1/
http://www.melma.com/ (発行申請中)

読者数 直接メール 259 延べ 1,229人

元へ戻る


海外出張直前重要サイト
通貨換算||時差||電話コード||フライト一覧||ホテル予約||各地気象||世界天気予報|| 海外安全情報|| 海外用品|海外医療||海外出張支援|| 海外赴任ナビ|| 成田へ|| 羽田へ|| 関空へ|| 伊丹へ|| ロンリプラネット|

| 鈴木篁氏] | Livedoor | |@nifty| | Gmail | |Bangkok Post| |Manila Bulletin| |Jakarta Post| |Economic Times| |時事通信| |ZAKZAK|

○https://www.blogger.com/start?hl=ja ○http://www.google.com/intl/en/press/intl-zeitgeist.html ○http://translate.google.com/translate_t?hl=ja# ○http://maps.google.com/maps?hl=ja&tab=wl 城kmhttp://news.google.com/news?hl=ja&sa=N&tab=ln&q= ○https://www.google.com/adsense/login3 ○http://mail.google.com/mail/#inboxhttp://www.google.com/ig?hl=ja


| HOME | |サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | | プロジェクト位置図 |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| |週刊 アフリカのエネルギー最前線 | | 週刊 中央アジアのエネルギー最前線 |
|週刊 中南米のエネルギー最前線| | 週刊 再生可能エネルギー最前線 | | 週刊 中東のエネルギー最前線 |

お問い合わせまたはご意見は下記メールアドレスへ
PGA02435@nifty.com