アジアのエネルギー最前線
Watch the latest videos on YouTube.com

| HOME | |サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | | プロジェクト位置図 |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| | アフリカのエネルギー最前線 | | 中央アジアのエネルギー最前線 |
| 中南米のエネルギー最前線 | | 再生可能エネルギー最前線 | | 中東のエネルギー最前線 | | 世界の地球温暖化最前線 |

Since 1998 October
(本更新直前485,912 ,メルマガ配信数 1.229)


ー 日刊アジアのエネルギー最前線 2008年11月25日分 ー パキスタンのバシャダム建設,水危機に有望 ー

●パキスタンのバシャダム建設,水危機に有望

パキスタンの水問題,今日で3日連続である。一昨日,2008年11月23日付本HP(注33)では,インドのシェナブ川(注35)のバギリハールダム(注6)について,パキスタン側の激しい反対論が提起されたし,昨日,2008年11月24日付本HP(注34)では,遠くワシントンから,パキスタン全土の水問題の厳しさが訴えられ,ダム建設の促進が要請されていた。今日は,一種の国民へのコンセンサスを得る目的なのか,ディアマー-バシャダム(注37)の着工決定を歓迎する記事である。

パキスタンの水とエネルギー不足を克服するために,「水資源開発構想2016(注38)」,の中には,カラバーダム(注39),ディアマー-バシャダム(注37),アコリダム(注40),ムンダダム(注41),クラムタンギダム(注42)の建設が,高々と謳い上げられている。規模の小さい州では不安が多く,大規模ダムの建設は,厳しい政治的な議論に晒されている。この民主的な新しい政府の元で,やはり,融和と同意が醸成されてきた。シェナブ川(注35)でインドがダムを造ったことで水危機が本格化し,国家経済委員会(注43)はディアマー-バシャダム(注37)の着工を決意し,国内の全勢力から,手を挙げて歓迎されている。

ディアマー-バシャダム(注37)は,インダス河のタルベラダム(注44)の上流315km,ギルギット(注45)の下流165km,北西辺境州(注46)と北域の境界にあるチラス(注47)から下流40kmの位置にある。ダムの領域は110平方kmで,湛水池は100km上流のカラコラムハイウエー(注48)のライコット橋(注49)まで達する。発電所出力は,4,500MWで,工事費は126億ドル,ダムの高さは272m,貯水容量は730万エーカーフィート(注50)で,完成は2016年となっている。海外の専門家によるパネルでも,最適地だと言われており,移住人口は2万8,000人または4,250世帯である。7年で返済予定で,発電は15億ドル,灌漑は6億ドルの年便益を見積もっている。

全国的には,2015年までに発電設備を18,000MWから33,000MWに挙げるために300億ドルを必要としている。ダムは洪水で流れ去る貴重な水を貯め,社会経済開発に貢献する。飲料水,灌漑,洪水調節,発電などに便益をもたらす。インダス河流域に建設されている灌漑施設に,直ちに使うことが出来る。タルベラダム(注44)の効果は,最初の計画を大幅に上回ったが,30年間の堆砂などで機能が落ちている。

パキスタンの貯水池容量は世界的に見て少ない。一人当たりで,米国は6,150立方m,オーストラリアは5,000立方m,中国は2,200立方m,に対してパキスタンは僅かに132立方mである。乾燥地帯では洪水の水をダムで持ち越す必要があるが,ナイル河ではアスワンハイダム(注51)で1,000日分,米国の例では900日分,南アフリカのオレンジ河では500日分,インドでは120〜220日分であるが,インダスのパキスタンは僅かに30日分である。乾燥地帯に属する国では,年間流量の40%を貯留する必要があると言われているが,パキスタンでは8%で,運用困難である。もし計画が実現すれば,裸地2,500万エーカーが耕作可能となる。

このような意味から,パキスタンの国民は一致してダム計画を支持している。しかし,ディアマー-バシャダム(注37)は,明日着工しても完成までに8年を要する。この間パキスタン政府は,小規模ダムで対処しようとしている。国家経済委員会(注43)は,小規模ダム314地点の着工を承認している。包蔵水力50,000MWと言われているが,まだ86%が残されたままだ。

しかし,大規模ダムについては,ディアマー-バシャダム(注37)について影響ある政治区域を明確にすること,地元便益を確実に分配すること,移住者に対する完全な補償,地元住民の心情への十分な対策を講ずること,などが必須であるが,パキスタンは水との闘争で十分な力を蓄えている。それは,資源の有効利用への知識,既設設備の有効利用,水使用のための制度の近代化,来る数十年の改革の実施,などである。

何とも,パキスタンは,ディアマー-バシャダム(注37)建設に当たって,まさしく戦争前夜の様相である。これは政府が国民の一致団結を呼びかけた記事と見て良かろう。インドへの挑戦状も,実は大規模ダム建設への,政府の意図的な行動,と見ることも出来るだろう。中国は既に,このディアマー-バシャダム(注37)への協力を約束している。

(注) (33) http://my.reset.jp/~adachihayao/index081123A.htm,(34) http://my.reset.jp/~adachihayao/index081124A.htm,(35) Chenab river, (36) Bagilihar dam,(37) Diamer-Basha dam, (38) “Water Vision - 2016”,(39) Kalabagh dam,(40) Akhori dam, (41) Munda,(42) Kurram Tangi dam,(43) National Economic Council (Ecnec),(44) Tarbela Dam,(45) Gilgit,(46) North Western Frontier Province (NWFP) ,(47) Chilas,(48) Karakoram Highway (KKH),(49) Raikot Bridge,(50) MAF,(51) high Aswan Dam reservoir,(52)

Reference

Pakistan

●081125A Pakistan, pakobserver
パキスタンのバシャダム建設,水危機に有望
Construction of Bhasha Dam is a welcome sign
http://pakobserver.net/200811/25/Articles02.asp

元へ戻る






過去のニュース

●パキスタンの水問題深刻 (081124)
●ベトナムの開発に何か変化が (081123)
●インドネシアの石炭探査投資を (081122)
●中国雲南省がコルカタへ調査団 (081119)
●パキスタンのダムになお異論 (081118)
●ミャンマーは更にダム開発加速 (081117)
●インド北東地域の送電線計画 (081116)
●メコン洪水で再び中国ダム論争 (081115)
●金融危機とインドの電源開発 (081114)
●カンボジアのNGO天国終焉 (081113)
●インドの電力プール市場 (081111)
●フィリッピンのマイクロ水力 (081109)
●カンボジアの多彩な水力開発 (081108)
●IEAが原油動向で報告書 (081107)
●インドの大規模火力に資金難 (081106)
●中国の石炭に下降傾向 (081105)
●タイ首相ナムグムの水を東北タイへ (081104)
●タイの原子力地点決定は2009年末 (081103)
●イランのパイプラインとインドの優柔不断 (081102)
●ミャンマーでの中国のプレゼンス (081101)
●ベトナム油田へのロシアの参入 (081031)
マニラ配電の先行き見通し (081030)
カンボジアなどへの中国の進出 (081029)
中国の水力開発規模は世界一 (081028
インドネシアの 電気料金上げ (081027)
中国企業がアザドカシミールにダム投資 (081026)
中国広西とベトナムを結ぶ線 (081025)
丸紅のフィリッピンへの取り組み (081024)
インドネシアと中国のLNG契約 (081023)
ラオスの水力で住民補償が再燃 (081022)
世界で50カ国以上が原子力発電を計画 (081021)
世界金融情勢の変化の影響 (081020)
インドとパキスタン対立の悪夢 (081019)
パキスタン大統領の北京挑戦 (081018)
インド北辺水力開発に反旗 (081017)
米国がインドへ原子力通商使節団 (081016)
フィリッピンの天然ガスと電気料金 (081015)
フィリッピンの長期エネルギー計画 (081014)
インドの大規模石炭火力計画 (081013)
ミャンマーの水力への外国投資 (081012)
ダム建設を巡るカシミール問題 (081011)
フィリッピンの国産エネルギーへの拘り (081010)
バングラデシュとミャンマーの関係 (081009)
バングラデシュのエネルギー長期見通し (081008)
中国政府のチベット開発政策 (081007)
●ADBが初めてベトナム水力支援 (081006)
●知的送電線ネットワークの発想へ (081005)

中国とインドのエネルギー問題 (081004)
インドの原子力開発加速へ (081003)
アジア大陸の水源はチベット高原 (081002)
インドの配電組織改革 (081001)
フィリッピンの再生可能エネへの取組 (080930)
インドの地球温暖化との戦い (080929)
サルウイーン河のダム開発 (080927)
メコン流域会議開催と中国 (080926)
インド,25年までに6千万KW水力開発 (080925)

元に戻る


アジアのエネルギー最前線 地図


大きな地図で見る

元に戻る

カスタム検索

メールマガジン配信ご希望の方は下記いずれかより申し込んで下さい,無料です。

【日刊 アジアのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000226907.html 196
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/12995.html 214
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/8660/p/1/ 221
http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=010578 45
http://www.melma.com/backnumber_167974/ 121

【週刊 アフリカのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000273675.html 36
http://kapu.biglobe.ne.jp/14528/index.html 7
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19799/p/1/ 6

【週刊 中南米のエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000273730.html 32
http://kapu.biglobe.ne.jp/14529/index.html 2
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19814/p/1/ 4

【週刊 中東のエネルギー最前線】
http://kapu.biglobe.ne.jp/14531/index.html 5
http://www.mag2.com/m/0000273808.html 23
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19836/p/1/ 7

【週刊 再生可能エネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000274231.html 42
http://kapu.biglobe.ne.jp/14551/index.html 5
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19956/p/1/ 3
http://my.melma.com/login/(発行申請中)

【週刊 世界の地球温暖化最前線】
http://www.mag2.com/m/0000276643.html
http://kapu.biglobe.ne.jp/14611/index.html
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/20572/p/1/ 1
http://www.melma.com/backnumber_177719/

【週刊 中央アジアのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000277253.html
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/ (発行申請中)
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/20748/p/1/
http://www.melma.com/backnumber_177671/

177719

読者数 直接メール 259 延べ 1,229人

元へ戻る


海外出張直前重要サイト
通貨換算||時差||電話コード||フライト一覧||ホテル予約||各地気象||世界天気予報|| 海外安全情報|| 海外用品|海外医療||海外出張支援|| 海外赴任ナビ|| 成田へ|| 羽田へ|| 関空へ|| 伊丹へ|| ロンリプラネット|

| 鈴木篁氏] | Livedoor | |@nifty| | Gmail | |Bangkok Post| |Manila Bulletin| |Jakarta Post| |Economic Times| |時事通信| |ZAKZAK|

○https://www.blogger.com/start?hl=ja ○http://www.google.com/intl/en/press/intl-zeitgeist.html ○http://translate.google.com/translate_t?hl=ja# ○http://maps.google.com/maps?hl=ja&tab=wl 城kmhttp://news.google.com/news?hl=ja&sa=N&tab=ln&q= ○https://www.google.com/adsense/login3 ○http://mail.google.com/mail/#inboxhttp://www.google.com/ig?hl=ja


| HOME | |サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | | プロジェクト位置図 |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| |週刊 アフリカのエネルギー最前線 | | 週刊 中央アジアのエネルギー最前線 |
|週刊 中南米のエネルギー最前線| | 週刊 再生可能エネルギー最前線 | | 週刊 中東のエネルギー最前線 |

お問い合わせまたはご意見は下記メールアドレスへ
PGA02435@nifty.com