アジアのエネルギー最前線
Watch the latest videos on YouTube.com

| HOME | |サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | | プロジェクト位置図 |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| | アフリカのエネルギー最前線 | | 中央アジアのエネルギー最前線 |
| 中南米のエネルギー最前線 | | 再生可能エネルギー最前線 | | 中東のエネルギー最前線 | | 世界の地球温暖化最前線 |

Since 1998 October
(本更新直前488,231 ,メルマガ配信数 1.229)


ー 日刊アジアのエネルギー最前線 2008年12月13日分 ー インダスのニールム川に火花散るー

2008年12月13日分 ー インダスのニールム川に火花散る ー

ニールム川

今は,2008年12月14日午後2時,今から数時間前,現地時間13日深夜,インド軍の戦闘機が2度にわたってパキスタンの領空を侵犯,インドがイスラム過激派の拠点を空爆する可能性がある中,緊張が走った。ラホール周辺では軍の部隊の大規模な移動が地元住民に目撃されたという。インド側から,不注意で侵犯した,との連絡が入ったようだ。パキスタンは,迎撃の容易あるも事態の悪化は望まない,とメッセージを発した。

ムンバイのテロ事件に関して,パキスタン政府は,インド側が,「実行組織」,と名指しした北部カシミールを拠点とするイスラム過激派組織,「ラシュカレ・タイバ」,のモハマド・サイード最高指導者を自宅軟禁しているが,インドが証拠を示さない限り,3ヶ月で解放するとしている。インド側は,被疑者のインドへの引き渡しを要求しているが,パキスタンはそれには応じない構えである。毎日新聞などの報道である。

このような情勢の中,2008年12月13日,昨日,パキスタン現地紙,パックオブザーバーは,突如,中東諸国,クウエート(注22),サウジアラビア(注23),アブダビ(注24)及びOPEC(注25)が,大規模融資,775百万ドルを,パキスタンのインダス上流,国境未確定,パキスタン実質支配のアザドカシミール,ニールム川の水力プロジェクトへの融資を発表した。

969MW,21億ドル,パキスタンのニールム-ジェルム水力プロジェクト(注21)については,25kmの水路トンネルを有する流域変更プロジェクトで,インドとの間に微妙な問題が横たわっている。パキスタンは,既にこのプロジェクトの建設費の一部として,電気料金に上乗せして資金調達を急いでいるが,それも21億ドルの半分の見込みで,今回の775百万ドルは大金である。中国が300百万ドル,既に約束している。

1960年に,インダス河の水について,インダス水条約(注28)には,ニールム川(注22)の開発に関して,先に建設,運転開始に成功した側が,ニールム川(注22)の開発優先権を持つ,と書かれている。当時は,ニールム川(注22)にダムを造ることは,実際問題,困難であったので,その様な取り決めになったのであるが,今や情勢は変化,需要も大きく,資金調達も手が届くところまで来た。

このニールム川(注22)の上流は,ジャムアンドカシミールでインド実効支配の領域となる。インドはここに,400MW,流れ込み式,キシャンガンガ水力プロジェクト(注26)を建設中で,今日の記事によると,60%程度まで進捗しているという。インドの旗振り役は,例のミャンマーの天然ガス獲得に走っているラメッシュ副大臣である。パキスタン側が,資金調達に目処を付けて,一挙にインドと競争できる立場に立った。

二つのプロジェクトが両立するのかどうか,地図を片手に調べているが,もう一つ位置がはっきりしない。ただ近くには,最近,中国企業が関心を示しているコハラ水力があり,またパキスタン側のニールム-ジェルム水力プロジェクト(注21)は,中国企業が施工することで契約が成立している。国境未確定地域の微妙な中での先陣争い,中国が絡み,イスラムが絡み,まさに火花が散っている。

(注) (18) http://my.reset.jp/~adachihayao/index081205A.htm,(19) Mangla dam,(20) Neelum river,(21) Neelum-Jhelum hydropower project,(22) Kuwait,(23) Saudi Arabia,(24) Abu Dhabi,(25) OPEC (Organization of the Petroleum Exporting Countries),(26) Kishanganga hydropower project,(27) Ministry of Water and Power,(28) Indus Waters Treaty,(29) paisa,(30) supplier credit,(31) China Gezhouba,(32) CMEC China,(32) Neelum-Jhelum Hydroelectric Project Company,(33)


元へ戻る




本文

●フィリッピン,ファーストジェン,405百万ペソ,植林事業へ

最近話題を賑わせているのは,ロペス財閥のファーストジェンFGC(注1)の関連会社であるEDC(注2)で,2008年10月24日付本HP(注4)では,世界銀行のIFC(注3)から41億ペソのローンを獲得した,との報道。また,2008年12月11日付本HP(注5)では,EDC(注2)の地熱,既にその60%を手中,また水力はファーストジェン水力FGHPC(注6)の株式の60%を手中,としてグリーン化に一役買う姿勢。

今日の記事。ファーストジェン(注1)は,クリントン,グローバル,イニシャティブ(注8)の一環としてのコミュニティ植林運動CBFM(注9)で5,000ヘクタールの植林に着手した。10年間に405百万ペソを投入する計画である。FGC(注1)自身,その地熱発電所関連の30万ヘクタールの流域面積の森林地帯を有し,その地熱発電のためにも,この植林は重要な意味を持つ。

EDC(注2)のロペス会長(注10)は,このCBFM(注9)プロジェクト,別名,ビニ(注11)の発進に当たり,「EDC(注2)の中核である地熱エネルギーを確保するための地下貯留水を涵養する必要がある。」,とその趣旨を説明している。FGC(注1)ーEDC(注2)は,地熱発電に於いて,フィリッピン最大の企業であり,世界でも第2位に位置する。EDC(注2)のアキノ社長(注12)も,1980年以来の環境貢献の続編,と言っている。

EDC(注2)は,5つの地熱発電所区域,9,500ヘクタールに,740万本の植林をしてきた。これは,1980年代初頭より続けてきた自然林の保護の上積みになる,と説明している。熱帯林再生プロジェクトの意義が大きいのは,フィリッピンで生き残り,利用価値が高いと思われるフィリッピン固有の希少種の保護と連なるところにある,と。EDC(注2)は,環境保護に貢献する企業としての評価を勝ち取るのだ,と。

この植林プログラムは,環境天然資源省DENR(注13),国際保護(注14),観光気候変動対策省DTCCP(注15),WWF(注16),教育省(注17)などが協賛するものである。それにしても,つい先日まで,資金不足に悩んでいたEDC(注2)は,環境と気候変動対策に関連づけて,地熱と水力の発電企業としての位置づけを,本格的に売り出す方針のようだ。そこに資金が集まる,と観測したか。

(注) (1) Lopez-controlled First Gen Corporation,(2) Lopez-controlled Energy Development Corp. (formerly PNOC-EDC),(3) International Finance Corp,(4) http://my.reset.jp/~adachihayao/index081024A.htm,(5) http://my.reset.jp/~adachihayao/index081211A.htm,(6) First Gen Hydro Power Corp,(7) Pantabangan-Masiway hydroelectric power complex,(8) Clinton Global Initiative.,(9) community-based forest management (CBFM) project,(10) EDC Chairman Oscar M. Lopez,(11) Binhi,(12) EDC President and Chief Executive Officer Paul A. Aquino, (13) Department of Environment and Natual Resources,(14) Conservation Interantional,(15) Department of Tourism Climate Change Panel,(16) World Wildlife Fund,(17) Department of Education,(18)

●パキスタン,ニールムジェールム水力,中東から775百万ドル

インドとパキスタンの関係が,2008年12月4日のムンバイのテロを切っ掛けに,犯人の引き渡し問題の他に,インダス河の水を巡っての論争,2008年12月5日付本HP(注18)のように,今日,ますます先鋭化してきている。互いに宗教問題が絡んできているわけであるが,パキスタンからマングラダム(注19)があるニールム川(注20)の水力開発が,領土未確定問題も影響して,白熱化している。

969MW,21億ドル,パキスタンのニールム-ジェルム水力プロジェクト(注21)に対して,中東諸国,クウエート(注22),サウジアラビア(注23),アブダビ(注24)及びOPEC(注25)が,大規模融資,775百万ドルを行うことになった。このニールム-ジェルム水力プロジェクト(注21)は,パキスタンにとっては,インドとの対抗上,政治的に極めて重要な水力プロジェクトなのである。

もしこのニールム-ジェルム水力プロジェクト(注21)の発進と完成が遅れれば,インドのキシャンガンガ水力プロジェクト(注26)が先行し,インドがニールム川(注22)の開発優先権を主張するからである,と叫んでいるのは,パキスタン水電力省(注27)の高官である。ニールム川(注22)の上流で,インド支配地域に入ると,キシャンガンガ川と呼ばれて,インドが,400MW,キシャンガンガ水力プロジェクト(注26)を立ち上げている。

インダス水条約(注28)には,ニールム川(注22)に関して,先に建設,運転開始に成功した側が,ニールム川(注22)の開発優先権を持つ,と書かれている。パキスタン政府は,既に電力料金の中に,KWh当たり10パイサ(注29)を,ニールム-ジェルム水力プロジェクト(注21)分として加算しており,その額は10億ドルに達する見込みとしている。

パキスタン側の話では,中東諸国,クウエート(注22),サウジアラビア(注23),アブダビ(注24)及びOPEC(注25)は,1ヶ月内に328百万ドルを調達し,残りを近い将来,準備し供与するとしている。また,施工に当たる中国企業は,300百万ドルを,サプライヤークレジット(注30)する。インドは既に,60〜65%工事が進捗しているにもかかわらず,パキスタン側は,進んでいない。

ニールム-ジェルム水力プロジェクト(注21)の工事発注は,既に2007年3月9日に,中国ゲゾウバ(注31)とCMEC中国(注32)の合弁に行われている。ニールム-ジェルム水力プロジェクト会社NJHPC(注32)は既に創立を終わって,株式上場している。堂々たる真っ向勝負,と言うことだが,このテロの最中に宗教対立が鮮明になってきた,インダス戦争の激化である。

(注) (18) http://my.reset.jp/~adachihayao/index081205A.htm,(19) Mangla dam,(20) Neelum river,(21) Neelum-Jhelum hydropower project,(22) Kuwait,(23) Saudi Arabia,(24) Abu Dhabi,(25) OPEC (Organization of the Petroleum Exporting Countries),(26) Kishanganga hydropower project,(27) Ministry of Water and Power,(28) Indus Waters Treaty,(29) paisa,(30) supplier credit,(31) China Gezhouba,(32) CMEC China,(32) Neelum-Jhelum Hydroelectric Project Company,(33)

参考資料

フィリッピン

●081213A Philippines, Manila Bulletin
ファーストジェン,405百万ペソ,植林事業へ
First Gen puts P405 M in forest project

http://www.mb.com.ph/BSNS20081213143375.html

パキスタン

●081213B Pakistan, pakobserver
ニールムジェールム水力,中東から775百万ドル
Neelum-Jhelum project Kuwait, S Arabia, Abu Dhabi ensure $ 775m funding

http://pakobserver.net/200812/13/news/topstories03.asp



過去のニュース

●中国の地方政府の開発志向は止まらない (081212)
●NGOが世界銀行は温暖化の元凶と (081211)
●原油価格下降の現状とこれからの動き (081210)
●中国の経済外交が国内巨大需要へ急旋回 (081209)
●パキスタンのバシャダムの資金不足 (081208)
●フィリッピンの送電網は中国へ (081207)
●インドの電力が最高警戒レベル (081206)
●パキスタンがインドへ水補償要求 (081205)
●メコン事務局長が投稿立場説明 (081204)
●ベトナムの電力改革迷走か (081203)
●比のロペスが国産資源開発へシフト (081202)
●インド北部の水力二つ前進へ (081201)
●マニラのプール市場に混乱 (081130)
●タイEGATの海外進出への飛躍 (081129)
●世銀の大規模インフラに批判の声 (081128)
●フィリッピンの再生可能エネルギー再び (081127)
●ミャンマーのラシオへの思い (081126)
●インドのパイプラインへの挑戦 (081125)
●パキスタンの水問題深刻 (081124)
●ベトナムの開発に何か変化が (081123)
●インドネシアの石炭探査投資を (081122)
●中国雲南省がコルカタへ調査団 (081119)
●パキスタンのダムになお異論 (081118)
●ミャンマーは更にダム開発加速 (081117)
●インド北東地域の送電線計画 (081116)
●メコン洪水で再び中国ダム論争 (081115)
●金融危機とインドの電源開発 (081114)
●カンボジアのNGO天国終焉 (081113)
●インドの電力プール市場 (081111)
●フィリッピンのマイクロ水力 (081109)
●カンボジアの多彩な水力開発 (081108)
●IEAが原油動向で報告書 (081107)
●インドの大規模火力に資金難 (081106)
●中国の石炭に下降傾向 (081105)
●タイ首相ナムグムの水を東北タイへ (081104)
●タイの原子力地点決定は2009年末 (081103)
●イランのパイプラインとインドの優柔不断 (081102)
●ミャンマーでの中国のプレゼンス (081101)
●ベトナム油田へのロシアの参入 (081031)
マニラ配電の先行き見通し (081030)
カンボジアなどへの中国の進出 (081029)
中国の水力開発規模は世界一 (081028
インドネシアの 電気料金上げ (081027)
中国企業がアザドカシミールにダム投資 (081026)
中国広西とベトナムを結ぶ線 (081025)
丸紅のフィリッピンへの取り組み (081024)
インドネシアと中国のLNG契約 (081023)
ラオスの水力で住民補償が再燃 (081022)
世界で50カ国以上が原子力発電を計画 (081021)
世界金融情勢の変化の影響 (081020)
インドとパキスタン対立の悪夢 (081019)
パキスタン大統領の北京挑戦 (081018)
インド北辺水力開発に反旗 (081017)
米国がインドへ原子力通商使節団 (081016)
フィリッピンの天然ガスと電気料金 (081015)
フィリッピンの長期エネルギー計画 (081014)
インドの大規模石炭火力計画 (081013)
ミャンマーの水力への外国投資 (081012)
ダム建設を巡るカシミール問題 (081011)
フィリッピンの国産エネルギーへの拘り (081010)
バングラデシュとミャンマーの関係 (081009)
バングラデシュのエネルギー長期見通し (081008)
中国政府のチベット開発政策 (081007)
●ADBが初めてベトナム水力支援 (081006)
●知的送電線ネットワークの発想へ (081005)

中国とインドのエネルギー問題 (081004)
インドの原子力開発加速へ (081003)
アジア大陸の水源はチベット高原 (081002)
インドの配電組織改革 (081001)
フィリッピンの再生可能エネへの取組 (080930)
インドの地球温暖化との戦い (080929)
サルウイーン河のダム開発 (080927)
メコン流域会議開催と中国 (080926)
インド,25年までに6千万KW水力開発 (080925)

元に戻る


アジアのエネルギー最前線 地図


大きな地図で見る

元に戻る

カスタム検索

メールマガジン配信ご希望の方は下記いずれかより申し込んで下さい,無料です。

【日刊 アジアのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000226907.html 202
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/12995.html 222
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/8660/p/1/ 224
http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=010578 43
http://www.melma.com/backnumber_167974/ 123

【週刊 アフリカのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000273675.html 38
http://kapu.biglobe.ne.jp/14528/index.html 4
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19799/p/1/ 6
https://my.melma.com/basicinformationcomp/(申請中)

【週刊 中南米のエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000273730.html 38
http://kapu.biglobe.ne.jp/14529/index.html 4
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19814/p/1/ 4
https://my.melma.com/basicinformationcomp/(申請中)

【週刊 中東のエネルギー最前線】
http://kapu.biglobe.ne.jp/14531/index.html 5
http://www.mag2.com/m/0000273808.html 23
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19836/p/1/ 7

【週刊 再生可能エネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000274231.html 42
http://kapu.biglobe.ne.jp/14551/index.html 7
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19956/p/1/ 3
http://my.melma.com/login/(発行申請中)

【週刊 世界の地球温暖化最前線】
http://www.mag2.com/m/0000276643.html 27
http://kapu.biglobe.ne.jp/14611/index.html 3
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/20572/p/1/ 1
http://www.melma.com/backnumber_177719/ 15

【週刊 中央アジアのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000277253.html
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/ (発行申請中)
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/20748/p/1/
http://www.melma.com/backnumber_177671/ 11

177719

読者数 直接メール 259 延べ 1,229人

元へ戻る


海外出張直前重要サイト
通貨換算||時差||電話コード||フライト一覧||ホテル予約||各地気象||世界天気予報|| 海外安全情報|| 海外用品|海外医療||海外出張支援|| 海外赴任ナビ|| 成田へ|| 羽田へ|| 関空へ|| 伊丹へ|| ロンリプラネット|

| 鈴木篁氏] | Livedoor | |@nifty| | Gmail | |Bangkok Post| |Manila Bulletin| |Jakarta Post| |Economic Times| |時事通信| |ZAKZAK|

○https://www.blogger.com/start?hl=ja ○http://www.google.com/intl/en/press/intl-zeitgeist.html ○http://translate.google.com/translate_t?hl=ja# ○http://maps.google.com/maps?hl=ja&tab=wl 城kmhttp://news.google.com/news?hl=ja&sa=N&tab=ln&q= ○https://www.google.com/adsense/login3 ○http://mail.google.com/mail/#inboxhttp://www.google.com/ig?hl=jahttps://www.google.com/webmasters/tools/docs/ja/about.htmlhttps://www.google.com/webmasters/tools/summary?siteUrl=http%3A%2F%2Fmy.reset.jp%2F%7Eadachihayao%2F&hl=ja


| HOME | |サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | | プロジェクト位置図 |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| |週刊 アフリカのエネルギー最前線 | | 週刊 中央アジアのエネルギー最前線 |
|週刊 中南米のエネルギー最前線| | 週刊 再生可能エネルギー最前線 | | 週刊 中東のエネルギー最前線 |

お問い合わせまたはご意見は下記メールアドレスへ
PGA02435@nifty.com