アジアのエネルギー最前線
Watch the latest videos on YouTube.com

| HOME | |サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | | プロジェクト位置図 |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| | アフリカのエネルギー最前線 | | 中央アジアのエネルギー最前線 | | オバマのエネルギー |
| 中南米のエネルギー最前線 | | 再生可能エネルギー最前線 | | 中東のエネルギー最前線 | | 世界の地球温暖化最前線 |

Since 1998 October
(本更新直前489,837 ,メルマガ配信数 1.229)


ー 日刊アジアのエネルギー最前線 081227A ー インドがカシミールで水力推進決意 ー

2008年12月27日分 ー インドがカシミールで水力推進決意 ー

http://andreamignini.com/index_archivos/image5641.jpg
キシャンガンガ ダムサイト付近


パキスタンのブット元首相が,橋本首相に対して,カラチ東方の大規模工業団地の建設を要請したり,北部地域への道路トンネル建設を要請してから既に10年が経つ。昨日,2008年12月27日,10万人の人々が,南部シンド州にある彼女の墓を取り囲んで,その一周忌を悼んだ。裸足で400キロ歩いて墓を訪れたという25歳の男性は足にできたマメを指さし,「受難したリーダーからの贈り物だ」,と語ったと言う。

ブット元首相が生存していれば,インド,パキスタンの情勢は変わっただろうか。政治情勢はどう転んだか分からないが,アジアでもパイオニアとして挑み,「アジアの隼」,の小説の冒頭の場面にもなったハブコ火力発電所の民営化にも熱心であった。おそらく,当時の欧米の支援を受けて,もう少し開発も進んでいたかも知れない。ザルダリ大統領は墓前で,「殺人者は彼女の理念を葬ることはできなかった」,と述べたという。

インドのシン首相が,三軍の長を呼んで会議を持った,という情報で,1万のパキスタン軍の精鋭が,西部から東部へ移動したという。ザルダリ大統領は,インドとの対立は政治で解決する,と明言しているが,一つ一つのトップ達の行動が,緊張感を煽っている。今度は,インドの閣議が,時も時,国境未確定のカシミールのインダス上流で,330MWのキシャンガンガ水力の推進を決定し,パキスタンを緊張させている。

今日の報道はパキスタン側のもので,パキスタンのニールム川の水力プロジェクト(注6)の上流に位置するインドのキシャンガンガ水力プロジェクト(注7)に関するもの。この金曜日,2008年12月26日,インドは閣議を開いて,インド実行支配カシミールIHK(注8)のガンジス川(注9)に,330MWのシャンガンガ水力プロジェクト(注7)を承認した。

キシャンガンガ水力プロジェクト(注7)の計画では,ムザファラード地区(注15)近辺でジェルム川(注21)本流に合流する支流ニールム川(注20)の水を分水して,インド実行支配カシミールIHK(注8)領域内のバンディポーラ地区(注22)近辺のウラー湖(注23)に分流させる計画である。これにより,ウラー湖(注23)の水位を上げ,毎秒52トンの水を下流に流して,480MW,ウリ水力(注26)に便益を与えるものだ。

何処がどうなっているのか,詳しい地図がないのでよく分からなかったので,あり合わせの地図でその状況を見てみたので,HP上の地図(注33)を見て欲しい。インド領内の分流計画が,支流ニールム川沿いのパキスタン領の灌漑や,計画中のニールム-ジェルム水力(注6)にマイナスの影響を与えるのだ。そこで,どちらのプロジェクトが先行するかで,水利権の行く手に影響が出る。真っ向からの対立である。

早くプロジェクトを実施した方に水利権を与える,と書いたのは,1960年に成立したインダス水条約IWT(注10)である。なぜその様に書いたのか,私はメコンの歴史を思い出す。ラオス,ベトナム,カンボジアが戦争に追われている間に,タイは急激な経済成長を遂げ,多くの水利権やインフラ建設を成し遂げた。そのことが,1990年初めのメコン委員会の文書作りで,結局事後承認,という形をとった。

1960年のインダス河は,誰がどの様に開発して行くか,資金も乏しく,先が見えなかったのだろう。どちらでも良いから早く経済成長を遂げて水資源開発を実施した方に権利を与える,これは中国の,裕福になれるなら早くなれるものからなれ,と言う考え方と同じだったと思う。それが今日の水紛争を生んでいるが,テロに関わる政治紛争を,水紛争で火に油,などという愚行に発展しないように,祈るのみ。

(注) (1) http://my.reset.jp/adachihayao/index081213B.htm,(2) Kuwait,(3) Saudi Arabia,(4) Abu Dhabi,(5) OPEC (Organization of the Petroleum Exporting Countries),(6) Neelum-Jhelum hydropower project,(7) Kishanganga hydropower project,(8) Indian-held Kashmir (IHK),(9) Ganges River,(10) Indus Water Treaty (IWT),(11) Jhelum river,(12) Union Ministry of Water Resources,(13) Line of Control (LoC),(14) Neelum valley,(15) Muzaffaraabd district,(16) Indian Home Minister P Chidambaram,(17) Baramulla district,(18) India’s Water Resources Minister Saifuddin Soz,(19) India-Pakistan Indus Commission,(20) Neelum tributary,(21) Jhelum River,(22) Bandipora district,(23) Wullar Lake,(24) run-of-the-river,(25) National Hydro-Electric Corporation,(26) Uri hydroelectric project,(33) http://my.reset.jp/~adachihayao/081227A01.htm


元へ戻る




本文

●インドの閣議,キシャンガンガ水力,承認,パキスタン紙

インドとパキスタンの緊張が続く中,インダス河水系の水の問題でも紛争が続く。2008年12月13日付本HP(注1)にある通り,パックオブザーバーは,突如,中東諸国,クウエート(注2),サウジアラビア(注3),アブダビ(注4)及びOPEC(注5)が,大規模融資,775百万ドルを,パキスタンのインダス上流,国境未確定,パキスタン実質支配のアザドカシミール,ニールム川の水力プロジェクト(注6)への融資を発表している。

今日の報道はパキスタン側のもので,パキスタンのニールム川の水力プロジェクト(注6)の上流に位置するインドのキシャンガンガ水力プロジェクト(注7)に関するもの。この金曜日,2008年12月26日,インドは閣議を開いて,インド実行支配カシミールIHK(注8)のガンジス川(注9)に,330MWのシャンガンガ水力プロジェクト(注7)を承認した。(ガンジス川と言う表現に疑問あり,インダスではないか)

インダス水条約IWT(注10)によると,この地域の開発については,先にプロジェクトを完成した方が水の権利を有する,と書いてある。その意味については,私の解釈を後で開陳するが,とにかく,このインダス水系ジェルム川(注11)などについてはそう言う規定になっていて,パキスタンのニールム-ジェルム水力(注6)が先か,その上流のインドのキシャンガンガ水力プロジェクト(注7)が先か,先陣争いをしている。

パキスタンの水資源省(注12)は,パキスタンが,960MW,15億ドル,ニールム-ジェルム水力(注6)を中国企業に発注して,早期完成を目指している,と言っている。デリー側とイスラマバード側は,ここ数年,このダムの問題について,現在議論を中止している。パキスタン側の主張は,このインドのプロジェクトが,支配境界線LoC(注13)をまたぐニールム-ジェルム水力(注6)に影響を与えるだけではない,と言っている。

それは,ニールム渓谷(注14)とムザファラード地区(注15)の133,209ヘクタールの農地に影響を与える,と言っている。しかしインド側は,衛星写真を分析した結果,パキスタンは影響を誇張している,と主張している。閣議後,インドのチダムバラム内相(注16)は,キシャンガンガ水力プロジェクト(注7)は極めて重要で,パキスタンの反対があるが,閣議は決定を強行した,と言っている。

また,インダス水条約IWT(注10)の元で,水使用権でインドを有利にし,バラマムーラ地区(注17)の灌漑の能力を大きく向上する,と言っている。インドのソズ水資源相(注8)は,2008年8月に,インド・パキスタン・インダス委員会(注19)で農地の問題を話し合ったが,パキスタン側は10万ヘクタールに影響すると言っているが,我々は,影響が小さいと言うことを証明している,と言っている。

キシャンガンガ水力プロジェクト(注7)の計画では,ムザファラード地区(注15)近辺でジェルム川(注21)本流に合流する支流ニールム川(注20)の水を分水して,インド実行支配カシミールIHK(注8)領域内のバンディポーラ地区(注22)近辺のウラー湖(注23)に分流させる計画である。これにより,ウラー湖(注23)の水位を上げ,毎秒52トンの水を下流に流して,480MW,ウリ水力(注26)に便益を与えるものだ。

キシャンガンガ水力プロジェクト(注7)は計画変更されて,流れ込み方式(注24)で,出力は同じ330MWとなっている。工事費は,223.9億ルピアであったものが,364.2億ルピアに増大しているが,これは,厳しい流砂と,地質の悪さ及び支配境界線LoC(注13)に接近しているというリスクを考慮した結果という。工費節約の観点から,起業のNHPC(注25)は,12%地元卸をゼロとするよう,政府に申し入れた。

このNHPC(注25)の要求は受け入れられず,結局設計変更して,ダムの高さを,73mから37mに変更し,ダムの工事費を助けるだけでなく,上流のダードシナ部落が,閉じこめられないように,その部落の保護も考慮している。前回の記事では,このキシャンガンガ水力プロジェクト(注7)は60%進捗している,と書かれていたが,今回は触れられていない。

(注) (1) http://my.reset.jp/adachihayao/index081213B.htm,(2) Kuwait,(3) Saudi Arabia,(4) Abu Dhabi,(5) OPEC (Organization of the Petroleum Exporting Countries),(6) Neelum-Jhelum hydropower project,(7) Kishanganga hydropower project,(8) Indian-held Kashmir (IHK),(9) Ganges River,(10) Indus Water Treaty (IWT),(11) Jhelum river,(12) Union Ministry of Water Resources,(13) Line of Control (LoC),(14) Neelum valley,(15) Muzaffaraabd district,(16) Indian Home Minister P Chidambaram,(17) Baramulla district,(18) India’s Water Resources Minister Saifuddin Soz,(19) India-Pakistan Indus Commission,(20) Neelum tributary,(21) Jhelum River,(22) Bandipora district,(23) Wullar Lake,(24) run-of-the-river,(25) National Hydro-Electric Corporation,(26) Uri hydroelectric project,(33) http://my.reset.jp/~adachihayao/081227A01.htm


参考資料

インド

●081227A India, dailytimes
インドの閣議,キシャンガンガ水力,承認,パキスタン紙
Indian cabinet okays Kishanganga project
http://www.dailytimes.com.pk/default.asp?page=2008%5C12%5C27%5Cstory_27-12-2008_pg7_1



過去のニュース

●インド国家電網に世界銀行ローン (081226)
●インドのアルナチャルプラデシュの開発機運 (081225)
●中国2千キロの80万ボルト直流送電 (081224)
●中国がインドネシアのエネルギーに31億ドル (081223)
●インドのガスとLNGを巡る情勢 (081222)
●パキスタンの水力便益地元還元 (081221)
●フィリッピンの電気料金は民営化で下がるか (081220)
●インド北辺水力開発に変わった兆し (081219)
●フィリッピンの再生可能で産業界が沸き立つ (081218)
●フィリッピンが再生可能400万KW開発へ (081217)
●米国の知的送電網開発の気運 (081216)
●メコン委員会も気候変動戦争に参戦 (081215)
●インドが省エネ取引市場を計画 (081214)
●インダスのニールム川に火花散る (081213)
●中国の地方政府の開発志向は止まらない (081212)
●NGOが世界銀行は温暖化の元凶と (081211)
●原油価格下降の現状とこれからの動き (081210)
●中国の経済外交が国内巨大需要へ急旋回 (081209)
●パキスタンのバシャダムの資金不足 (081208)
●フィリッピンの送電網は中国へ (081207)
●インドの電力が最高警戒レベル (081206)
●パキスタンがインドへ水補償要求 (081205)
●メコン事務局長が投稿立場説明 (081204)
●ベトナムの電力改革迷走か (081203)
●比のロペスが国産資源開発へシフト (081202)
●インド北部の水力二つ前進へ (081201)
●マニラのプール市場に混乱 (081130)
●タイEGATの海外進出への飛躍 (081129)
●世銀の大規模インフラに批判の声 (081128)
●フィリッピンの再生可能エネルギー再び (081127)
●ミャンマーのラシオへの思い (081126)
●インドのパイプラインへの挑戦 (081125)
●パキスタンの水問題深刻 (081124)
●ベトナムの開発に何か変化が (081123)
●インドネシアの石炭探査投資を (081122)
●中国雲南省がコルカタへ調査団 (081119)
●パキスタンのダムになお異論 (081118)
●ミャンマーは更にダム開発加速 (081117)
●インド北東地域の送電線計画 (081116)
●メコン洪水で再び中国ダム論争 (081115)
●金融危機とインドの電源開発 (081114)
●カンボジアのNGO天国終焉 (081113)
●インドの電力プール市場 (081111)
●フィリッピンのマイクロ水力 (081109)
●カンボジアの多彩な水力開発 (081108)
●IEAが原油動向で報告書 (081107)
●インドの大規模火力に資金難 (081106)
●中国の石炭に下降傾向 (081105)
●タイ首相ナムグムの水を東北タイへ (081104)
●タイの原子力地点決定は2009年末 (081103)
●イランのパイプラインとインドの優柔不断 (081102)
●ミャンマーでの中国のプレゼンス (081101)
●ベトナム油田へのロシアの参入 (081031)
マニラ配電の先行き見通し (081030)
カンボジアなどへの中国の進出 (081029)
中国の水力開発規模は世界一 (081028
インドネシアの 電気料金上げ (081027)
中国企業がアザドカシミールにダム投資 (081026)
中国広西とベトナムを結ぶ線 (081025)
丸紅のフィリッピンへの取り組み (081024)
インドネシアと中国のLNG契約 (081023)
ラオスの水力で住民補償が再燃 (081022)
世界で50カ国以上が原子力発電を計画 (081021)
世界金融情勢の変化の影響 (081020)
インドとパキスタン対立の悪夢 (081019)
パキスタン大統領の北京挑戦 (081018)
インド北辺水力開発に反旗 (081017)
米国がインドへ原子力通商使節団 (081016)
フィリッピンの天然ガスと電気料金 (081015)
フィリッピンの長期エネルギー計画 (081014)
インドの大規模石炭火力計画 (081013)
ミャンマーの水力への外国投資 (081012)
ダム建設を巡るカシミール問題 (081011)
フィリッピンの国産エネルギーへの拘り (081010)
バングラデシュとミャンマーの関係 (081009)
バングラデシュのエネルギー長期見通し (081008)
中国政府のチベット開発政策 (081007)
●ADBが初めてベトナム水力支援 (081006)
●知的送電線ネットワークの発想へ (081005)

中国とインドのエネルギー問題 (081004)
インドの原子力開発加速へ (081003)
アジア大陸の水源はチベット高原 (081002)
インドの配電組織改革 (081001)
フィリッピンの再生可能エネへの取組 (080930)
インドの地球温暖化との戦い (080929)
サルウイーン河のダム開発 (080927)
メコン流域会議開催と中国 (080926)
インド,25年までに6千万KW水力開発 (080925)

元に戻る


アジアのエネルギー最前線 地図


大きな地図で見る

元に戻る


ウエブ全体検索

カスタム検索

本サイト内検索

カスタム検索

メールマガジン配信ご希望の方は下記いずれかより申し込んで下さい,無料です。

【日刊 アジアのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000226907.html 202
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/12995.html 222
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/8660/p/1/ 224
http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=010578 43
http://www.melma.com/backnumber_167974/ 123

【週刊 アフリカのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000273675.html 38
http://kapu.biglobe.ne.jp/14528/index.html 4
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19799/p/1/ 6
https://my.melma.com/basicinformationcomp/(申請中)

【週刊 中南米のエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000273730.html 38
http://kapu.biglobe.ne.jp/14529/index.html 4
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19814/p/1/ 4
https://my.melma.com/basicinformationcomp/(申請中)

【週刊 中東のエネルギー最前線】
http://kapu.biglobe.ne.jp/14531/index.html 5
http://www.mag2.com/m/0000273808.html 23
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19836/p/1/ 7

【週刊 再生可能エネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000274231.html 42
http://kapu.biglobe.ne.jp/14551/index.html 7
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19956/p/1/ 3
http://my.melma.com/login/(発行申請中)

【週刊 世界の地球温暖化最前線】
http://www.mag2.com/m/0000276643.html 27
http://kapu.biglobe.ne.jp/14611/index.html 3
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/20572/p/1/ 1
http://www.melma.com/backnumber_177719/ 15

【週刊 中央アジアのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000277253.html
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/ (発行申請中)
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/20748/p/1/
http://www.melma.com/backnumber_177671/ 11

177719

読者数 直接メール 259 延べ 1,229人

元へ戻る


海外出張直前重要サイト
通貨換算||時差||電話コード||フライト一覧||ホテル予約||各地気象||世界天気予報|| 海外安全情報|| 海外用品|海外医療||海外出張支援|| 海外赴任ナビ|| 成田へ|| 羽田へ|| 関空へ|| 伊丹へ|| ロンリプラネット|

| 鈴木篁氏] | Livedoor | |@nifty| | Gmail | |Bangkok Post| |Manila Bulletin| |Jakarta Post| |Economic Times| |時事通信| |ZAKZAK|

○https://www.blogger.com/start?hl=ja ○http://www.google.com/intl/en/press/intl-zeitgeist.html ○http://translate.google.com/translate_t?hl=ja# ○http://maps.google.com/maps?hl=ja&tab=wl 城kmhttp://news.google.com/news?hl=ja&sa=N&tab=ln&q= ○https://www.google.com/adsense/login3 ○http://mail.google.com/mail/#inboxhttp://www.google.com/ig?hl=jahttps://www.google.com/webmasters/tools/docs/ja/about.htmlhttps://www.google.com/webmasters/tools/summary?siteUrl=http%3A%2F%2Fmy.reset.jp%2F%7Eadachihayao%2F&hl=ja


| HOME | |サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | | プロジェクト位置図 |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| |週刊 アフリカのエネルギー最前線 | | 週刊 中央アジアのエネルギー最前線 |
|週刊 中南米のエネルギー最前線| | 週刊 再生可能エネルギー最前線 | | 週刊 中東のエネルギー最前線 |

お問い合わせまたはご意見は下記メールアドレスへ
PGA02435@nifty.com