アジアのエネルギー最前線
Watch the latest videos on YouTube.com

| HOME | |サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | | プロジェクト位置図 |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| | アフリカのエネルギー最前線 | | 中央アジアのエネルギー最前線 | | オバマのエネルギー |
| 中南米のエネルギー最前線 | | 再生可能エネルギー最前線 | | 中東のエネルギー最前線 | | 世界の地球温暖化最前線 |

Since 1998 October
(本更新直前490,236 ,メルマガ配信数 1.229)


ー 日刊アジアのエネルギー最前線 2009年1月2日分 ー カンボジアは中国企業に補償の義務 ー

2008年1月2日分 ー カンボジアは中国企業に補償の義務 ー

カンボジア,カムチャイ水力

イスラエルのガザ攻撃でブッシュ大統領が一方的にハマスを批判,スリランカ政府軍がゲリラ本拠地を完全攻略へ,ロシアがウクライナへのガス供給停止,インド北東部アッサム州の最大都市グワハティで連続テロ,新年から世界は不穏である。経済成長のための開発は,まず平和であることが第一条件であり,何事にも変えて,世界の政治的安定を,政治家は目指して欲しいと願う。

カンボジアは,フンセン首相の下で,ひとときの安定と平和を謳歌している。いつも,フンセン首相は何歳なのか,と考えてしまう。フンセンは元々ポルポトに属していた軍人なのだが,ポルポトのカンボジアから逃亡を図り,ベトナムに駆け込んでベトナム軍部を動かし,ベトナム軍と共にカンボジア侵攻に加わった経緯があるが,中国企業でなくとも,フンセンが倒れたらカンボジアはどうなるのか,心配している人は多い。

プロジェクトに国家的な投資をする場合,その国の,または政府の保証を求めるのは一般的である,日本のJBICでも必ず政府保証を要求してきた。しかし,今日の記事のように,政治的混乱によってコントラクターが損失を受けた場合は,カンボジア政府が責任を持ってその財務的な補償を行う,という国会決議を要求されたのは,まあ,今回が初めてではなかろうか。

コントラクターと企業主の間の契約では,戦争条項のようなものがあって,不可抗力,フォースメジャーとして,両者の財務的補填は免れる条項がある。今度のカンボジアの国会決議は,いわば,フンセン政権が倒れて内戦になった場合,その中国企業の財務的損害を,カンボジア政府が補償する,というようなもので,補償できる政府が存在するかどうかさへ怪しい,国家とはそう言うものなのか。

昨日の記事で,スイセン鉱工業エネルギー大臣(注15)が,電気料金が高いのは,2012年まで解決できない,2012年には新しい水力が発電開始するので,そうすれば電気料金も安くなる,と国民を説得している。スイセン鉱工業エネルギー大臣(注15)としては,全く中国の企業にすべての自分の身を預けた感じなのであろう。中国企業が国会決議を要求し,その圧力に耐えかねて,スイセンさんが国会に上げたのだろう。

野党議員の言葉がなかなか刺激的である。このような決議をさせられても,結局は中国に電力の根幹を握られて,いつまで経っても電気料金が下がる分けはない,と言う言葉は,真実を突いている。中国企業の目的は何なのか,私はカンボジア沖の天然ガスだと思うので,水力は寧ろ,無償に近い感覚で行くべきではないのか。私にとっては,カンボジアは遠くなりにけり。

(注) (11) China National Machinery Corp,(12) Michel Corp,(13) Pursat province,(14) Koh Kong province,(15) Minister of Industry, Mines and Energy Suy Sem,(16) Electricite du Cambodge,(17)


元へ戻る

本文

●フィリッピン,NPC,アグス第6水力の修復,19億ペソ

国有電力公社NPC(注1)は,ミンダナオの,200MW,アグス第6水力発電所(注2)の第1号機,2号機の修復のため,19.01億ペソの投入を決定した。この改良工事は,2008年12月に入札に付されたが,結果はまだ発表されていない。入札図書に書かれているが,工事費用はNPC(注1)予算から調達されることになっている。

この修復または改造工事は,電気機械の設計,供給,据え付け,試験及び運転開始が要請されている。対象になる電気機械は,水車,発電機,ガバナー系統,主弁,変圧器,冷却装置,配電コントロール,を含む。NPC(注1)関係者によると,この改造工事は,来るべき電力不足に備えるものであると。

一連のアグス発電所群は,NPC(注1)発電資産売却の最初のパッケージとして準備されていたが,後で計画が改訂されて,2011年以降,電気事業改革法(注3)施行後10年後に変更されている。この一連のアグス系は,全部で727MWで,200MWアグス第6の他,アグス第1が80MW,アグス第2が180MW,アグス第4が158MW,アグス第5が55MW,アグス第7が54MW,となっている。

アグス第1は既に改良工事が発注されて,オーストラリア企業ボストアルピン(注4)が,現在工事中である。ミンダナオの北東部は,2009年から経済成長に伴って,電力増強が期待されている地域である。この策2,3年を見通すと,既設発電所だけでは供給困難と見られており,エネルギー省は,新たな投資企業の出現を期待している。

(注) (1) State-run National Power Corporation (NPC),(2) Agus 6 hydropower plant,(3) Electric Power Industry Reform Act,(4) Austrian firm Voest Alpina Schienen,(5)

●ラオス,ベトナム企業が,ナメット川で水力開発へ

水曜日,2008年12月31日,ベトナム企業のEVNインターナショナル(注5)とバックハ(注6)は,ラオス側と,フアパン県(注7)のナメット川(注8)の三つの水力発電所の開発について,協定を結んだ。三つのプロジェクトは,ナメン(注9)第1水力,ナメン第2水力,ナメン第3水力で,全部の出力は420MWである。

EVNインターナショナル(注5)によると,実際の実施の合意の前に,中佐確認のための若干の時間が必要である,と言っている。なお,以前にペトロベトナム(注10)は,1,400MW,ルワンプラワン水力への投資を決定している。

(注) (5) EVN International Joint Stock Company,(6) Bac Ha Joint-stock Investment Company,(7) Huaphan Province,(8) Namet River,(9) Namen,(10) PetroVietnam,(11)

●カンボジアの国会,中国企業の水力開発へ,資金承認

複雑なカンボジアの事情を物語る記事である。中国企業が,カンボジアの水力開発に一気に参入してきたことは,このHPでも以前に扱っている。今週,と言うことは,2008年12月29日の週,カンボジア国会は,新たに水力開発に参入した中国企業に対して,何らかの政治的不安定が生じた場合は,中国企業が受けた損害を,政府が補填する,と言うもの,政府保証の更に一歩,屈辱的な文章である。

中国国家機械公司(注11)とミッチェル公司(注12)は,2008年6月に,プルサット(注13)とコーコン(注14)で,水力発電所に10億ドルを投資する協定を結んでいる。スイセン鉱工業エネルギー大臣(注15)は,今回の国会決議によって,中国企業は,乾期に直ちに工事に入ることになる,と語っている。また,大臣は,何らかの政治的要因で損失が生じた場合は,カンボジア政府の責任だ,と付け加えている。

この二つの水力プロジェクトの合計出力は,584MWで,電力はEDC(注16)が買い取ることになっている。カンボジアには未だ国家送電網がなく,ベトナムやタイからも高い電気を買電している。これは外国投資を阻害している一因だ,と。なお,野党議員は,湖の国会審議の結果は,中国企業に長きに亘って伝Ryくをコントロールされ,相変わらず電気料金は高いままだろう,と批判している。

(注) (11) China National Machinery Corp,(12) Michel Corp,(13) Pursat province,(14) Koh Kong province,(15) Minister of Industry, Mines and Energy Suy Sem,(16) Electricite du Cambodge,(17)

参考資料

フィリッピン

●090102A Philippines, Manila Bulletin
フィリッピン,NPC,アグス第6水力の修復,19億ペソ
NPC sets P1.9-billion rehab work for Agus 6

http://www.mb.com.ph/BSNS20090103144737.html

ラオス

●090102B Laos, thanhniennews
ラオス,ベトナム企業が,ナメット川で水力開発へ
Vietnam to build three hydropower plants in Laos

http://www.thanhniennews.com/business/?catid=2&newsid=45089

カンボジア

●090102C Cambodia, phnompenhpost
カンボジアの国会,中国企業の水力開発へ,資金関連法承認
Funding law approved for hydropower dams

http://www.phnompenhpost.com/index.php/2009010223441/National-news/Funding-law-approved-for-hydropower-dams.html


過去のニュース

●カンボジアの電気料金高止まりは続く (090101)
●インドのマハラシュトラの電源 (081231)
●インドネシアの原子力に不安 (081230)
●中国のエネルギー安全保障 (081229)
●中国の金沙江の開発進む (081228)
●インドがカシミールで水力推進決意 (081227)
●インド国家電網に世界銀行ローン (081226)
●インドのアルナチャルプラデシュの開発機運 (081225)
●中国2千キロの80万ボルト直流送電 (081224)
●中国がインドネシアのエネルギーに31億ドル (081223)
●インドのガスとLNGを巡る情勢 (081222)
●パキスタンの水力便益地元還元 (081221)
●フィリッピンの電気料金は民営化で下がるか (081220)
●インド北辺水力開発に変わった兆し (081219)
●フィリッピンの再生可能で産業界が沸き立つ (081218)
●フィリッピンが再生可能400万KW開発へ (081217)
●米国の知的送電網開発の気運 (081216)
●メコン委員会も気候変動戦争に参戦 (081215)
●インドが省エネ取引市場を計画 (081214)
●インダスのニールム川に火花散る (081213)
●中国の地方政府の開発志向は止まらない (081212)
●NGOが世界銀行は温暖化の元凶と (081211)
●原油価格下降の現状とこれからの動き (081210)
●中国の経済外交が国内巨大需要へ急旋回 (081209)
●パキスタンのバシャダムの資金不足 (081208)
●フィリッピンの送電網は中国へ (081207)
●インドの電力が最高警戒レベル (081206)
●パキスタンがインドへ水補償要求 (081205)
●メコン事務局長が投稿立場説明 (081204)
●ベトナムの電力改革迷走か (081203)
●比のロペスが国産資源開発へシフト (081202)
●インド北部の水力二つ前進へ (081201)
●マニラのプール市場に混乱 (081130)
●タイEGATの海外進出への飛躍 (081129)
●世銀の大規模インフラに批判の声 (081128)
●フィリッピンの再生可能エネルギー再び (081127)
●ミャンマーのラシオへの思い (081126)
●インドのパイプラインへの挑戦 (081125)
●パキスタンの水問題深刻 (081124)
●ベトナムの開発に何か変化が (081123)
●インドネシアの石炭探査投資を (081122)
●中国雲南省がコルカタへ調査団 (081119)
●パキスタンのダムになお異論 (081118)
●ミャンマーは更にダム開発加速 (081117)
●インド北東地域の送電線計画 (081116)
●メコン洪水で再び中国ダム論争 (081115)
●金融危機とインドの電源開発 (081114)
●カンボジアのNGO天国終焉 (081113)
●インドの電力プール市場 (081111)
●フィリッピンのマイクロ水力 (081109)
●カンボジアの多彩な水力開発 (081108)
●IEAが原油動向で報告書 (081107)
●インドの大規模火力に資金難 (081106)
●中国の石炭に下降傾向 (081105)
●タイ首相ナムグムの水を東北タイへ (081104)
●タイの原子力地点決定は2009年末 (081103)
●イランのパイプラインとインドの優柔不断 (081102)
●ミャンマーでの中国のプレゼンス (081101)
●ベトナム油田へのロシアの参入 (081031)
マニラ配電の先行き見通し (081030)
カンボジアなどへの中国の進出 (081029)
中国の水力開発規模は世界一 (081028
インドネシアの 電気料金上げ (081027)
中国企業がアザドカシミールにダム投資 (081026)
中国広西とベトナムを結ぶ線 (081025)
丸紅のフィリッピンへの取り組み (081024)
インドネシアと中国のLNG契約 (081023)
ラオスの水力で住民補償が再燃 (081022)
世界で50カ国以上が原子力発電を計画 (081021)
世界金融情勢の変化の影響 (081020)
インドとパキスタン対立の悪夢 (081019)
パキスタン大統領の北京挑戦 (081018)
インド北辺水力開発に反旗 (081017)
米国がインドへ原子力通商使節団 (081016)
フィリッピンの天然ガスと電気料金 (081015)
フィリッピンの長期エネルギー計画 (081014)
インドの大規模石炭火力計画 (081013)
ミャンマーの水力への外国投資 (081012)
ダム建設を巡るカシミール問題 (081011)
フィリッピンの国産エネルギーへの拘り (081010)
バングラデシュとミャンマーの関係 (081009)
バングラデシュのエネルギー長期見通し (081008)
中国政府のチベット開発政策 (081007)
●ADBが初めてベトナム水力支援 (081006)
●知的送電線ネットワークの発想へ (081005)

中国とインドのエネルギー問題 (081004)
インドの原子力開発加速へ (081003)
アジア大陸の水源はチベット高原 (081002)
インドの配電組織改革 (081001)
フィリッピンの再生可能エネへの取組 (080930)
インドの地球温暖化との戦い (080929)
サルウイーン河のダム開発 (080927)
メコン流域会議開催と中国 (080926)
インド,25年までに6千万KW水力開発 (080925)

元に戻る


アジアのエネルギー最前線 地図


大きな地図で見る

元に戻る


ウエブ全体検索

カスタム検索

本サイト内検索

カスタム検索

メールマガジン配信ご希望の方は下記いずれかより申し込んで下さい,無料です。

【日刊 アジアのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000226907.html 202
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/12995.html 222
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/8660/p/1/ 224
http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=010578 43
http://www.melma.com/backnumber_167974/ 123

【週刊 アフリカのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000273675.html 38
http://kapu.biglobe.ne.jp/14528/index.html 4
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19799/p/1/ 6
https://my.melma.com/basicinformationcomp/(申請中)

【週刊 中南米のエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000273730.html 38
http://kapu.biglobe.ne.jp/14529/index.html 4
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19814/p/1/ 4
https://my.melma.com/basicinformationcomp/(申請中)

【週刊 中東のエネルギー最前線】
http://kapu.biglobe.ne.jp/14531/index.html 5
http://www.mag2.com/m/0000273808.html 23
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19836/p/1/ 7

【週刊 再生可能エネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000274231.html 42
http://kapu.biglobe.ne.jp/14551/index.html 7
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19956/p/1/ 3
http://my.melma.com/login/(発行申請中)

【週刊 世界の地球温暖化最前線】
http://www.mag2.com/m/0000276643.html 27
http://kapu.biglobe.ne.jp/14611/index.html 3
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/20572/p/1/ 1
http://www.melma.com/backnumber_177719/ 15

【週刊 中央アジアのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000277253.html
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/ (発行申請中)
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/20748/p/1/
http://www.melma.com/backnumber_177671/ 11

177719

読者数 直接メール 259 延べ 1,229人

元へ戻る


海外出張直前重要サイト
通貨換算||時差||電話コード||フライト一覧||ホテル予約||各地気象||世界天気予報|| 海外安全情報|| 海外用品|海外医療||海外出張支援|| 海外赴任ナビ|| 成田へ|| 羽田へ|| 関空へ|| 伊丹へ|| ロンリプラネット|

| 鈴木篁氏] | Livedoor | |@nifty| | Gmail | |Bangkok Post| |Manila Bulletin| |Jakarta Post| |Economic Times| |時事通信| |ZAKZAK|

○https://www.blogger.com/start?hl=ja ○http://www.google.com/intl/en/press/intl-zeitgeist.html ○http://translate.google.com/translate_t?hl=ja# ○http://maps.google.com/maps?hl=ja&tab=wl 城kmhttp://news.google.com/news?hl=ja&sa=N&tab=ln&q= ○https://www.google.com/adsense/login3 ○http://mail.google.com/mail/#inboxhttp://www.google.com/ig?hl=jahttps://www.google.com/webmasters/tools/docs/ja/about.htmlhttps://www.google.com/webmasters/tools/summary?siteUrl=http%3A%2F%2Fmy.reset.jp%2F%7Eadachihayao%2F&hl=ja


| HOME | |サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | | プロジェクト位置図 |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| |週刊 アフリカのエネルギー最前線 | | 週刊 中央アジアのエネルギー最前線 | | オバマのエネルギー |
|週刊 中南米のエネルギー最前線| | 週刊 再生可能エネルギー最前線 | | 週刊 中東のエネルギー最前線 | | 世界の地球温暖化最前線 |

お問い合わせまたはご意見は下記メールアドレスへ
PGA02435@nifty.com