アジアのエネルギー最前線
Watch the latest videos on YouTube.com

| HOME | |サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | | プロジェクト位置図 |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| | アフリカのエネルギー最前線 | | 中央アジアのエネルギー最前線 | | オバマのエネルギー |
| 中南米のエネルギー最前線 | | 再生可能エネルギー最前線 | | 中東のエネルギー最前線 | | 世界の地球温暖化最前線 |

Since 1998 October
(本更新直前493,624 ,メルマガ配信数 1.475)


ー 日刊アジアのエネルギー最前線 2009年1月24日分 ー インドネシアのガス供給は国内優先ー

2009年1月24日 ー インドネシアのガス供給は国内優先 ー

原油価格が上昇気味である。原因は,石油輸出国機構(OPEC)加盟国が先に決めた減産の協定を遵守しているところにあるという。米国産標準油種WTIの中心限月3月物が,バレル46.47ドルと報じている。つい先日は40ドルを切るか,と言われていたが,どの程度で今後安定するのか。今日の記事の天然ガス価格にも響いてくるし,私の車のガソリン代にも響いてくる。

天然ガスの総量を抑えておく。2006年末の世界の天然ガスの確認可採埋蔵量は約181.46兆立方メートルといわれており,国別には旧ソ連が一番多く,イラン,カタールなどがそれに続く。 今後採鉱が盛んになることで,確認可採埋蔵量の増加が期待されている。可採年数は66.7年である。単位が変わるので読みにくいが,1立方mは353立方フィートである。

天然ガス,と言われると,どうしても天然ガス無機説を言わなければならない。アジアの経済的勃興と共に,彼方此方で天然ガスが出ている。ミャンマー沖,タイ沖,カンボジア沖,インドのKG流域,インドネシアのリアウ諸島やスラウエシ沖,フィリッピンの西の海域,更には日本海やサハリンなど,日本周辺でも騒がしい。可採埋蔵量は年と共に増えて行くのではないか。原油30年,ガス70年,石炭200年,化石燃料が随分ある。

これだけ化石燃料がありながら,人類は化石燃料から離れなければならないのか。米国議会も,再生可能エネルギーへの優遇税制を決めたようだ。フィリッピンの方が寧ろ,その道を整備しながら確実に進めたような気がする。オバマ政権が誕生してまだ時間もなく,再生可能エネルギーへの基本政策も出来ていないのに,早々と税制を持ち出してきた。後で読んでまたメールを書きます。

インドネシアの天然ガスについては,このHPでも最近騒がしい。2009年1月21日付本HP(注24)では,リアウ諸島沖のガス田でのエクソンとインドネシア政府の紛争を取り上げており,2009年1月23日付本HP(注25)では,三菱商事やINPEXなど,日本企業の大活躍を報じている。中国の構成が少しゆるんだか,と言う感じがしないわけでもない。

インドネシア,BPミガス(注19)によれば,国内需要急増の傾向から,2002年には29.6%であったものが,2008年では49.5%と上がっている。インドネシアは,世界第3位のLNG輸出国であり,増産に努めているが,皮肉にも,ガス田の老朽化で生産が落ちている。2009年の生産予想は,日73億立方フィートであるが,2008年は,日79億立方フィートを生産している。

(注) (24) http://my.reset.jp/~adachihayao/index090121E.htm,(25) http://my.reset.jp/~adachihayao/index090123B.htm,(26)

本文

●インド,イランのパイプラインなければガス危機

インドの電力が,偏りすぎた石炭依存を修正しようと,ガス火力を考えていることは伝えられているが,ガスを原料とする肥料部門との均衡の問題で苦しんでいる。その状況は,2008年11月5日付本HP(注7)でも詳しく伝えたが,更にパキスタンとの関係悪化で,パイプラインを諦めて,トルコからイスラエル経由の,手品みたいな構想も,2008年11月25日付本HP(注6)で伝えているところである。今日の記事。

インド商工会議所ASSOCHAM(注1)の調査結果によれば,パキスタンとの関係悪化により,イラン及びトルクメニスタン(注2)からのガスパイプライン計画が撤退を余儀なくされれば,インドは厳しい天然ガス不足の危機に立ち至るであろう,と警告している。その調査では,インドのクリーンエネルギー構想に於けるガスの需給ギャップが広がり,5.7%の不足に陥る,としている。

インド,このエネルギー不足の危機に立ち向かう国は,国産のガスの生産目標量年422.8億立方mが達成できそうにないので,イラン-パキスタン-インド及びトルクメニスタン(注2)-アフガニスタン(注3)-パキスタン-インドの二つのガスパイプラインは,必要である,としている。パキスタンを通過する2つのパイプラインの放棄は,既に危機にあるガス需要を,更に悪化させる,と言うのである。長期的視野から,日450億立方フィート不足だ。

インドの現在のガス可能供給量,日104百万立方mは産業分野での需要の60%でしかない。この需給ギャップは,2011〜2012年にかけて更に広がる。需要を押し上げるのは,都市ガス供給システムに沿っている電力と肥料の分野である。インドの高度経済成長を支えるために,一次と二次のエネルギー需要として,電力と肥料を支えるガス需要を,確実に支える必要がある。

(注) (1) Associated Chambers of Commerce and Industry of India (Assocham),(2) Turkmenistan,(3) Afghanistan,(4) billion cubic feet per day (bcfd),(5) million standard cubic meters per day (mmscmd),(6) http://my.reset.jp/~adachihayao/index081125D.htm,(7) http://my.reset.jp/~adachihayao/index081105B.htm,(8)

●インドネシア,エクソンとシェブロンが地元ガス需要へ対応

世界的な巨大エネルギー企業,エクソンモビル(注8)とシェブロン(注9)は,木曜日,2009年1月22日,67.6億ドルに上る国内企業へ逃す今日旧協定に署名した。署名は,ジャカルタで行われた第4次国際ガス見本市(注10)の場で行われた。この案件では,エクソンモビル(注8)が,肥料関連でプルタミナグレシック(注11)と電力公社のPLN(注12)にそれぞれ,14億ドル及び17億ドル相当の供給となる。

エクソンモビル(注8)のガス供給は,エクソンモビル(注8)がプルタミナ(注13)と共同運営するセプブロック(注14)から行われるが,その供給量はまだ不明確である。シェブロン(注9)と東カリマンタン(注15)での協力グループで,ここから同じ地域にある肥料企業ププックカルティム(注16)へ,16億ドル分の供給を行う。今回の署名は,海外ガス企業の,国内需要支持への強いメッセージと考えられる。

この前に,ムリヤニ財務相(注17)は,インドネシアのガス生産は,将来的に海外輸出よりも国内需要を優先する,との政府のメッセージを発している。ムリヤニ財務相(注17)は,これは国内産業の成長と中流階級の急速な勃興により,国内需要が急激に増えるからだ,と説明している。ガス企業にとっては,海外企業の需要が強いというジレンマがあるが,ムリヤニ財務相(注17)は,国内優先を明確に打ちだしている。

また経済調整相代理(注18)も兼ねるムリヤニ財務相(注17)は,国内にも海外にも応えられるよう,ガス生産増大の維持を指示している。ガス規制を担当するBPミガス(注19)によれば,ガスの国内需要は確実に伸びており,2020年には,日60億立方フィートに達すると見ている。2007年の需要は,日42億立方フィートであった。もっとも工業化しているジャワでは,年率4.9%伸びで,2020年には,日41億立方フィートとなる。

BPミガス(注19)によれば,国内需要急増の傾向から,2002年には29.6%であったものが,2008年では49.5%と上がっている。インドネシアは,世界第3位のLNG輸出国であり,増産に努めているが,皮肉にも,ガス田の老朽化で生産が落ちている。2009年の生産予想は,日73億立方フィートであるが,2008年は,日79億立方フィートを生産している。

BPミガス(注19)のプリヨノ会長(注20)によれば,天然ガス生産増強のため,大規模LNGプロジェクトにを頼りにしており,パプアのタングーLNGプラント(注21),中央スラウエシのセノロLNGプラント(注22),ティモール海のマセラガスブロック(注23)に重点を置いている。

(注) (8) ExxonMobil Corp,(9) Chevron Corp,(10) fourth international gas exhibition and conference,(11) PT Petrokimia Gresik,(12) PT PLN,(13) PT Pertamina,(14) Cepu block,(15) East Kalimantan,(16) PT Pupuk Kaltim,(17) Finance Minister Sri Mulyani Indrawati,(18) acting coordinating minister for the economy,(19) BPMigas,(20) BPMigas chairman Raden Priyono,(21) Tangguh LNG plant in Papua,(22) Senoro LNG plant in Central Sulawesi,(23) Masela gas block in the Timor Sea,(24)

参考資料

インド


●090124A India, Economic Times
インド,イランのパイプラインなければガス危機
'India to face gas crisis if Iran pipeline is scrapped'

http://economictimes.indiatimes.com/News/News_By_Industry/Energy/India_to_face_gas_crisis_if_Iran_pipeline_is_scrapped/articleshow/4022792.cms

インドネシア

●090124B Indonesia, The Jakarta Post
インドネシア,エクソンとシェブロンが地元ガス需要へ対応
Exxon, Chevron in $6.76b deal to feed gas-hungry local market

http://www.thejakartapost.com/news/2009/01/23/exxon-chevron-676b-deal-feed-gashungry-local-market.html


元へ戻る


過去のニュース

●インドネシアのLNGに三菱160億ドル (090123)
●オバマ大統領の手から水が漏れた (090122)
●インドの北辺水力開発は人類最後の戦い (090120)
●パキスタンのロワリ隧道完成へ (090119)
●ベトナムが再生可能エネルギーに悩む (090118)
●中国国家送電網の内外での大活躍 (090117)
●フィリッピンの送電譲渡で電源はどうなる (090116)
●ミャンマーのアラカンに500MWダム (090115)
●インドネシアのガス田でエクソンと紛争 (090114)
●ネパールは中国の投資を歓迎 (090113)
●フィリッピンのセブに200MW石炭火力 (090112)
●インドのAP州に縦貫ハイウエーの計画 (090111)
●フィリッピンが中国のODA見直し (090110)
●パキスタンは2016年までに25,270MW (090109)
●インドの海岸の火力は輸入炭30% (090108)
●フィリッピンのエネルギー長官が回顧 (090107)
●インドネシアで新規電源が年内に (090106)
●ネパールの停電対策に新たな提言 (090104)
●パキスタンとイランの協力強化 (090103)
●カンボジアは中国企業に補償の義務 (090102)
●カンボジアの電気料金高止まりは続く (090101)
●インドのマハラシュトラの電源 (081231)
●インドネシアの原子力に不安 (081230)
●中国のエネルギー安全保障 (081229)
●中国の金沙江の開発進む (081228)
●インドがカシミールで水力推進決意 (081227)
●インド国家電網に世界銀行ローン (081226)
●インドのアルナチャルプラデシュの開発機運 (081225)
●中国2千キロの80万ボルト直流送電 (081224)
●中国がインドネシアのエネルギーに31億ドル (081223)
●インドのガスとLNGを巡る情勢 (081222)
●パキスタンの水力便益地元還元 (081221)
●フィリッピンの電気料金は民営化で下がるか (081220)
●インド北辺水力開発に変わった兆し (081219)
●フィリッピンの再生可能で産業界が沸き立つ (081218)
●フィリッピンが再生可能400万KW開発へ (081217)
●米国の知的送電網開発の気運 (081216)
●メコン委員会も気候変動戦争に参戦 (081215)
●インドが省エネ取引市場を計画 (081214)
●インダスのニールム川に火花散る (081213)
●中国の地方政府の開発志向は止まらない (081212)
●NGOが世界銀行は温暖化の元凶と (081211)
●原油価格下降の現状とこれからの動き (081210)
●中国の経済外交が国内巨大需要へ急旋回 (081209)
●パキスタンのバシャダムの資金不足 (081208)
●フィリッピンの送電網は中国へ (081207)
●インドの電力が最高警戒レベル (081206)
●パキスタンがインドへ水補償要求 (081205)
●メコン事務局長が投稿立場説明 (081204)
●ベトナムの電力改革迷走か (081203)
●比のロペスが国産資源開発へシフト (081202)
●インド北部の水力二つ前進へ (081201)
●マニラのプール市場に混乱 (081130)
●タイEGATの海外進出への飛躍 (081129)
●世銀の大規模インフラに批判の声 (081128)
●フィリッピンの再生可能エネルギー再び (081127)
●ミャンマーのラシオへの思い (081126)
●インドのパイプラインへの挑戦 (081125)
●パキスタンの水問題深刻 (081124)
●ベトナムの開発に何か変化が (081123)
●インドネシアの石炭探査投資を (081122)
●中国雲南省がコルカタへ調査団 (081119)
●パキスタンのダムになお異論 (081118)
●ミャンマーは更にダム開発加速 (081117)
●インド北東地域の送電線計画 (081116)
●メコン洪水で再び中国ダム論争 (081115)
●金融危機とインドの電源開発 (081114)
●カンボジアのNGO天国終焉 (081113)
●インドの電力プール市場 (081111)
●フィリッピンのマイクロ水力 (081109)
●カンボジアの多彩な水力開発 (081108)
●IEAが原油動向で報告書 (081107)
●インドの大規模火力に資金難 (081106)
●中国の石炭に下降傾向 (081105)
●タイ首相ナムグムの水を東北タイへ (081104)
●タイの原子力地点決定は2009年末 (081103)
●イランのパイプラインとインドの優柔不断 (081102)
●ミャンマーでの中国のプレゼンス (081101)
●ベトナム油田へのロシアの参入 (081031)
マニラ配電の先行き見通し (081030)
カンボジアなどへの中国の進出 (081029)
中国の水力開発規模は世界一 (081028
インドネシアの 電気料金上げ (081027)
中国企業がアザドカシミールにダム投資 (081026)
中国広西とベトナムを結ぶ線 (081025)
丸紅のフィリッピンへの取り組み (081024)
インドネシアと中国のLNG契約 (081023)
ラオスの水力で住民補償が再燃 (081022)
世界で50カ国以上が原子力発電を計画 (081021)
世界金融情勢の変化の影響 (081020)
インドとパキスタン対立の悪夢 (081019)
パキスタン大統領の北京挑戦 (081018)
インド北辺水力開発に反旗 (081017)
米国がインドへ原子力通商使節団 (081016)
フィリッピンの天然ガスと電気料金 (081015)
フィリッピンの長期エネルギー計画 (081014)
インドの大規模石炭火力計画 (081013)
ミャンマーの水力への外国投資 (081012)
ダム建設を巡るカシミール問題 (081011)
フィリッピンの国産エネルギーへの拘り (081010)
バングラデシュとミャンマーの関係 (081009)
バングラデシュのエネルギー長期見通し (081008)
中国政府のチベット開発政策 (081007)
●ADBが初めてベトナム水力支援 (081006)
●知的送電線ネットワークの発想へ (081005)

中国とインドのエネルギー問題 (081004)
インドの原子力開発加速へ (081003)
アジア大陸の水源はチベット高原 (081002)
インドの配電組織改革 (081001)
フィリッピンの再生可能エネへの取組 (080930)
インドの地球温暖化との戦い (080929)
サルウイーン河のダム開発 (080927)
メコン流域会議開催と中国 (080926)
インド,25年までに6千万KW水力開発 (080925)

元に戻る


アジアのエネルギー最前線 地図


大きな地図で見る

元に戻る


ウエブ全体検索

カスタム検索

本サイト内検索

カスタム検索

メールマガジン配信ご希望の方は下記いずれかより申し込んで下さい,無料です。

【日刊 アジアのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000226907.html 231
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/12995.html 232
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/8660/p/1/ 239
http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=010578 43
http://www.melma.com/backnumber_167974/ 128

【週刊 アフリカのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000273675.html 43
http://kapu.biglobe.ne.jp/14528/index.html 9
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19799/p/1/ 7
https://my.melma.com/basicinformationcomp/ 12

【週刊 中南米のエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000273730.html 38
http://kapu.biglobe.ne.jp/14529/index.html 4
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19814/p/1/ 5
https://my.melma.com/basicinformationcomp/ 20

【週刊 中東のエネルギー最前線】
http://kapu.biglobe.ne.jp/14531/index.html 5
http://www.mag2.com/m/0000273808.html 23
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19836/p/1/ 9

【週刊 再生可能エネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000274231.html 42
http://kapu.biglobe.ne.jp/14551/index.html 7
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19956/p/1/ 4
http://my.melma.com/login/(発行申請中)

【週刊 世界の地球温暖化最前線】
http://www.mag2.com/m/0000276643.html 33
http://kapu.biglobe.ne.jp/14611/index.html 6
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/20572/p/1/ 3
http://www.melma.com/backnumber_177719/ 23

【週刊 中央アジアのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000277253.html 34
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/ (発行申請中)
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/20748/p/1/ 6
http://www.melma.com/backnumber_177671/ 16

【不定期 オバマ政権のエネルギー最前線】
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/14713.html
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/8660/p/1/
http://www.melma.com/backnumber_167974/ 8


読者数 直接メール 253 延べ 1,475人

元へ戻る


海外出張直前重要サイト
通貨換算||時差||電話コード||フライト一覧||ホテル予約||各地気象||世界天気予報|| 海外安全情報|| 海外用品|海外医療||海外出張支援|| 海外赴任ナビ|| 成田へ|| 羽田へ|| 関空へ|| 伊丹へ|| ロンリプラネット|

| 鈴木篁氏] | Livedoor | |@nifty| | Gmail | |Bangkok Post| |Manila Bulletin| |Jakarta Post| |Economic Times| |時事通信| |ZAKZAK|

○https://www.blogger.com/start?hl=ja ○http://www.google.com/intl/en/press/intl-zeitgeist.html ○http://translate.google.com/translate_t?hl=ja# ○http://maps.google.com/maps?hl=ja&tab=wl 城km z http://news.google.com/news?hl=ja&sa=N&tab=ln&q= ○https://www.google.com/adsense/login3 ○http://mail.google.com/mail/#inboxhttp://www.google.com/ig?hl=jahttps://www.google.com/webmasters/tools/docs/ja/about.htmlhttps://www.google.com/webmasters/tools/summary?siteUrl=http%3A%2F%2Fmy.reset.jp%2F%7Eadachihayao%2F&hl=ja


| HOME | |サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | | プロジェクト位置図 |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| |週刊 アフリカのエネルギー最前線 | | 週刊 中央アジアのエネルギー最前線 | | オバマのエネルギー |
|週刊 中南米のエネルギー最前線| | 週刊 再生可能エネルギー最前線 | | 週刊 中東のエネルギー最前線 | | 世界の地球温暖化最前線 |

お問い合わせまたはご意見は下記メールアドレスへ
PGA02435@nifty.com