アジアのエネルギー最前線
Watch the latest videos on YouTube.com

| HOME | |サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | | プロジェクト位置図 |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| | アフリカのエネルギー最前線 | | 中央アジアのエネルギー最前線 | | オバマのエネルギー |
| 中南米のエネルギー最前線 | | 再生可能エネルギー最前線 | | 中東のエネルギー最前線 | | 世界の地球温暖化最前線 |

Since 1998 October
(本更新直前493,694 ,メルマガ配信数 1.475)


ー 日刊アジアのエネルギー最前線 2009年1月25日分 ー 中国雲南のダムが景気刺激策で動く ー

2009年1月25日 ー 中国雲南のダムが景気刺激策で動く ー

金沙江の虎跳峡
Source: images.xooob.com


私はインドのシン首相が好きである。人格者で国民からも尊敬されていると思う。もう76歳だが,今のインドを支えて行くためにはまだ元気でいて貰わねばならない。24日に,ニューデリーの病院で心臓のバイパス手術を受けた,との記事。インドは,ガスや核燃料など,エネルギー外交が正念場を迎えている。医師団は,「手術は成功し,容体も安定している」,と述べている。元気でいて欲しい。

中国は今,莫大な景気刺激策を発表して地方の開発を進めることになっている。私もかって雲南省に行って驚いたのは,雲南省が中央と余り相談しないで,どんどんプロジェクトを進めていることである。中国人の特質で,儲かるとなれば,中央がどう言おうと地方が進めてしまう。数年前にも,発電所がどんどん出来てしまって,石炭供給の目処も立たず,動けない発電所が沢山出てきた。

雲南省が進めているダムプロジェクトで,私たちは一緒になって協力しようとしている,日本から北京に入って中央政府に挨拶に行くと,あのダムは中央は認めていない,と言っている。雲南省に行って,中央は駄目だと行っているよ,と言うと,日本側から中央政府を説得してくれ,と言う。全くおかしな立場に立たされるが,かくのごとく,地方は中央の命令通りには動かないのである。

今日の中国科学学術院(注11)の蒋高明教授(注12)の話も面白い。中央の科学アカデミーから派遣された環境専門の先生が,現地を見ると,金融刺激策が発表されると同時に,雲南省が勝手にダム計画を進めている。記事に出てくる虎跳峡(注19)は,温家宝首相が自ら現地を訪れて,環境上よろしくない,と中止を命じた。

蒋高明教授(注12)が現地を訪れて驚いたのは,ダムサイトを少し上流にずらして,地質調査を行い,もう道路などの準備工事を行っているという,10万人の水没を伴うが,あれより上流に行くと,余り人も行かないところで,中央からは目立たない。私も,測水所を見に上流に行ったことがあるが,4人の老婆が道ばたで麻雀をやっている,のどかな村だった。諸葛亮孔明が渡河して攻め込んだところがあった。

「単なるビジネスを行うための費用」(注16)と言う教授の話も面白い。考えてみれば我々も,1980年代は環境は単なる邪魔になるお荷物だった。調査に入っても環境やさんはほったらかしておいて,技術に打ち込んだものだ。環境専門家がコストをはじいても,誰もそのコストを工事費に反映させようとしない。日本の水力屋で,真剣に環境コストをインドネシアのプロジェクトで見たのは,私が日本の水力屋で最初のエンジニアーだろう。

本文

●パキスタン,国会で水力開発について,糾弾

全土に亘って厳しい電力制限が続くパキスタン,担当大臣であるアシュラフ水資源電力大臣(注1)が国会に呼び出されて,厳しく糾弾されている。いるもの苦しい答弁で,代わり映えがしないが,2010年には良くなります,の繰り返しである。今回は,カラバーダム(注2)の進捗について,1953年から2004年8月にかけて,既に123億ルピーが消費され,2005年に見直しを行った費用が2.2百万ルピーであることが報告された。

質問に答えてアシュラフ水資源電力大臣(注1)は,今年,2009年末までにはいろいろなプロジェクトが完成し,新たに3,500MWの新規電源が運転を開始する,と答えている。現在不足の電力は,1,700MWであるが,これを克服するために政府は,新規の火力,水力,借り上げ発電所,石炭火力計画など,国によるもの及び民間セクターによるものなど,努力を進めている。

2010年について,パキスタンは現在,6000MWの能力があるが,2010年時点の需要は,11,000MWになるだろう。しかし,国全体で2010年末には発電能力は,25,473MWとなり,必要量を超えるはずである。また,代替エネルギー開発にも努力しており,来月,2009年2月には,パキスタン初めての風力発電が運転開始する。

ディアマー-バシャダム(注3)の進捗について,出力,4,500MW,2018年の完成を目指している,この2009年度内には着工の予定である。またUAE(注4)が13のガスタービン,合計出力320MWの供与を申し出ている。また,各河川で18の水力プロジェクト,合計出力18,848MWが,政府で着工準備中であり,民間企業によって20の水力プロジェクト,合計出力4,809MWが提案されている。

また,カラチのうち続く停電問題について,移動発電機(注5)を準備して,問題を6ヶ月以内に解決したい,としている。アシュラフ水資源電力大臣(注1)は,国会に呼ばれて誠に苦しい答弁に終始しているが,これで国会は納得しているのであろうか。

(注) (1) Water and Power Minister Raja Pervaiz Ashraf,(2) Kalabagh Dam,(3) Diamer-Basha Dam,(4) United Arab Emirates,(5) mobile power generators,(6)

●インドネシア,PLN,設立以来,初めて黒字に

インドネシアの国有電力公社PLN(注6)が,高々と設立以来の黒字経営を謳い挙げた,もっとも補助金の元ではあるが。この水曜日,2009年1月21日,PLN(注6)は,今年,2009年の純利益(注7)が,1.7兆ルピア,約151.3百万ドル相当,で,公社設立以来初めての純利益(注7)を掲げることになった,と発表した。政府との年度計画討議の会議を終わって,モクタール総裁(注8)が発表した。

2008年,PLN(注6)は,売り上げ収入が,83.8兆ルピアで,営業利益(注9)を,3.57兆ルピアと計上した。この数字は,年初の目標であった79兆ルピアの売り上げと,5,360億ルピアの営業利益(注9)を超えるものである。5.6兆ルピアの純損失(注10)にもかかわらず,年初見込みの6兆ルピアの純損失(注10)を下回った。補助金制度のもとでの,長い歴史であった。

現在PLN(注6)は,平均単価KWh当たり650ルピア,約5.72セント相当,でで販売しているが,この値は平均生産単価KWh当たり1,300ルピア,約11.45セント相当,より低い。しかし今年,2009年は,売り上げ7%増を目指し,純利益(注7)を記録する予定だ。モクタール総裁(注8)は,今年は画期的な年で,原油価格の低迷と石油燃料節約で,生産単価を,1,011ルピアに下げる,と言っている。

2009年のPLN(注6)の計画では,2008年の発電実績,127,600GWhを超えて,136,000GWhとなる。この17.8%が石油燃料であるが,これは2008年の実績,23%より少なくなっている。石油燃料を石炭とガスに切り替え,2008年に石油使用量11百万キロリッターを,7.9百万キロリッターに改善する。これによって,補助金の88兆ルピアを,46兆ルピアに削減する予定である。

PLN(注6)は,政府主導の,10,000MW発電所建設を進めている。これらの30の発電所を2010年までに完成するために,17.33兆ルピア,約15.5億ドル相当,と,送電線建設費用8.58兆ルピアが必要である。モクタール総裁(注8)によると,ジャワ島以外の銀行も資金調達に支援をしてくれており,その額は,4兆ルピアに達する,としている。

(注) (6) PT PLN,(7) net profits,(8) PLN president director Fahmi Mochtar,(9) operating profits,(10) net loss,(11)


●中国の雲南,蒋高明教授が視察,環境が足らないと

中国雲南省,地元の新聞の報道である。世界金融危機に際して,中国政府が発した景気刺激策が,雲南省のダムプロジェクトを推進の方向へ向けている。中国科学学術院(注11)の蒋高明教授(注12)が,最近,雲南省の幾つかの水力プロジェクトを視察し,北京の景気刺激策が,雲南省(注13)と四川省(注14)のダム建設をの速度を早めている,と見ている。

ダムプロジェクトには義務である環境影響評価EIA(注15)が,企業や地方政府によって,真剣に行われているとは思えない,と各地を回った蒋高明教授(注12)はコメントしている。EIA(注15)は,ダム調査の流れの中で,まさに主流からはずれお飾りとなり,ビジネスを行うための一部の費用,という感じである。企業や地方政府にとって,EIA(注15)がプロジェクトそのものを支配するとは思っていない。

この蒋高明教授(注12)の言葉,単なるビジネスを行うための費用(注16),と言う言葉から想起させられるのは,雲南企業(注17)が地方の省令を無視して出し続けた粉塵が,ヤンゴンザイ湖(注18)にヒ素の公害をもたらした事件である。また,蒋高明教授(注12)は,一旦中止が命令された虎跳峡(注19)のダムが,上流に移されて名前を変えて,ロンパンダム(注20)として復活している点である。

この新しいダム計画は,金沙江(注21)に沿って,10万人の移住が必要で,もう既に,ボーリングはおろか,インフラの一部の建設も始まっている。

(注) (11) Chinese Academy of Sciences' Institute of Botany,(12) Professor Jiang Gaoming (蒋高明),(13) Yunnan,(14) Sichuan,(15) environmental impact assessments (EIAs),(16) cost of doing business,(17) Yunnan Chengjiang Jinye Industrial and Trade Co,(18) Yangzonghai Lake,(19) Tiger Leaping Gorge,(20) Longpan Dam Project,(21) Jinsha River,(22)

参考資料

パキスタン


●090125A Pakistan,
パキスタン,国会で水力開発について,糾弾
Planning, inspections of Kalabagh Dam cost Rs 1.23 billion

http://www.dailytimes.com.pk/default.asp?page=2009%5C01%5C24%5Cstory_24-1-2009_pg7_19

インドネシア


●090125B Indonesia, The Jakarta Post
インドネシア,PLN,設立以来,初めて黒字に
PLN state power utility targets first-ever net profit this year

http://www.thejakartapost.com/news/2009/01/22/pln-state-power-utility-targets-firstever-net-profit-year.html

中国

●090125C China, gokunming.
中国の雲南,蒋高明教授が視察,環境が足らないと
Yunnan news roundup

http://gokunming.com/en/blog/item/783/yunnan_news_roundup


元へ戻る


過去のニュース

●インドネシアのガス供給は国内優先 (090124)
●インドネシアのLNGに三菱160億ドル (090123)
●オバマ大統領の手から水が漏れた (090122)
●インドの北辺水力開発は人類最後の戦い (090120)
●パキスタンのロワリ隧道完成へ (090119)
●ベトナムが再生可能エネルギーに悩む (090118)
●中国国家送電網の内外での大活躍 (090117)
●フィリッピンの送電譲渡で電源はどうなる (090116)
●ミャンマーのアラカンに500MWダム (090115)
●インドネシアのガス田でエクソンと紛争 (090114)
●ネパールは中国の投資を歓迎 (090113)
●フィリッピンのセブに200MW石炭火力 (090112)
●インドのAP州に縦貫ハイウエーの計画 (090111)
●フィリッピンが中国のODA見直し (090110)
●パキスタンは2016年までに25,270MW (090109)
●インドの海岸の火力は輸入炭30% (090108)
●フィリッピンのエネルギー長官が回顧 (090107)
●インドネシアで新規電源が年内に (090106)
●ネパールの停電対策に新たな提言 (090104)
●パキスタンとイランの協力強化 (090103)
●カンボジアは中国企業に補償の義務 (090102)
●カンボジアの電気料金高止まりは続く (090101)
●インドのマハラシュトラの電源 (081231)
●インドネシアの原子力に不安 (081230)
●中国のエネルギー安全保障 (081229)
●中国の金沙江の開発進む (081228)
●インドがカシミールで水力推進決意 (081227)
●インド国家電網に世界銀行ローン (081226)
●インドのアルナチャルプラデシュの開発機運 (081225)
●中国2千キロの80万ボルト直流送電 (081224)
●中国がインドネシアのエネルギーに31億ドル (081223)
●インドのガスとLNGを巡る情勢 (081222)
●パキスタンの水力便益地元還元 (081221)
●フィリッピンの電気料金は民営化で下がるか (081220)
●インド北辺水力開発に変わった兆し (081219)
●フィリッピンの再生可能で産業界が沸き立つ (081218)
●フィリッピンが再生可能400万KW開発へ (081217)
●米国の知的送電網開発の気運 (081216)
●メコン委員会も気候変動戦争に参戦 (081215)
●インドが省エネ取引市場を計画 (081214)
●インダスのニールム川に火花散る (081213)
●中国の地方政府の開発志向は止まらない (081212)
●NGOが世界銀行は温暖化の元凶と (081211)
●原油価格下降の現状とこれからの動き (081210)
●中国の経済外交が国内巨大需要へ急旋回 (081209)
●パキスタンのバシャダムの資金不足 (081208)
●フィリッピンの送電網は中国へ (081207)
●インドの電力が最高警戒レベル (081206)
●パキスタンがインドへ水補償要求 (081205)
●メコン事務局長が投稿立場説明 (081204)
●ベトナムの電力改革迷走か (081203)
●比のロペスが国産資源開発へシフト (081202)
●インド北部の水力二つ前進へ (081201)
●マニラのプール市場に混乱 (081130)
●タイEGATの海外進出への飛躍 (081129)
●世銀の大規模インフラに批判の声 (081128)
●フィリッピンの再生可能エネルギー再び (081127)
●ミャンマーのラシオへの思い (081126)
●インドのパイプラインへの挑戦 (081125)
●パキスタンの水問題深刻 (081124)
●ベトナムの開発に何か変化が (081123)
●インドネシアの石炭探査投資を (081122)
●中国雲南省がコルカタへ調査団 (081119)
●パキスタンのダムになお異論 (081118)
●ミャンマーは更にダム開発加速 (081117)
●インド北東地域の送電線計画 (081116)
●メコン洪水で再び中国ダム論争 (081115)
●金融危機とインドの電源開発 (081114)
●カンボジアのNGO天国終焉 (081113)
●インドの電力プール市場 (081111)
●フィリッピンのマイクロ水力 (081109)
●カンボジアの多彩な水力開発 (081108)
●IEAが原油動向で報告書 (081107)
●インドの大規模火力に資金難 (081106)
●中国の石炭に下降傾向 (081105)
●タイ首相ナムグムの水を東北タイへ (081104)
●タイの原子力地点決定は2009年末 (081103)
●イランのパイプラインとインドの優柔不断 (081102)
●ミャンマーでの中国のプレゼンス (081101)
●ベトナム油田へのロシアの参入 (081031)
マニラ配電の先行き見通し (081030)
カンボジアなどへの中国の進出 (081029)
中国の水力開発規模は世界一 (081028
インドネシアの 電気料金上げ (081027)
中国企業がアザドカシミールにダム投資 (081026)
中国広西とベトナムを結ぶ線 (081025)
丸紅のフィリッピンへの取り組み (081024)
インドネシアと中国のLNG契約 (081023)
ラオスの水力で住民補償が再燃 (081022)
世界で50カ国以上が原子力発電を計画 (081021)
世界金融情勢の変化の影響 (081020)
インドとパキスタン対立の悪夢 (081019)
パキスタン大統領の北京挑戦 (081018)
インド北辺水力開発に反旗 (081017)
米国がインドへ原子力通商使節団 (081016)
フィリッピンの天然ガスと電気料金 (081015)
フィリッピンの長期エネルギー計画 (081014)
インドの大規模石炭火力計画 (081013)
ミャンマーの水力への外国投資 (081012)
ダム建設を巡るカシミール問題 (081011)
フィリッピンの国産エネルギーへの拘り (081010)
バングラデシュとミャンマーの関係 (081009)
バングラデシュのエネルギー長期見通し (081008)
中国政府のチベット開発政策 (081007)
●ADBが初めてベトナム水力支援 (081006)
●知的送電線ネットワークの発想へ (081005)

中国とインドのエネルギー問題 (081004)
インドの原子力開発加速へ (081003)
アジア大陸の水源はチベット高原 (081002)
インドの配電組織改革 (081001)
フィリッピンの再生可能エネへの取組 (080930)
インドの地球温暖化との戦い (080929)
サルウイーン河のダム開発 (080927)
メコン流域会議開催と中国 (080926)
インド,25年までに6千万KW水力開発 (080925)

元に戻る


アジアのエネルギー最前線 地図


大きな地図で見る

元に戻る


ウエブ全体検索

カスタム検索

本サイト内検索

カスタム検索

メールマガジン配信ご希望の方は下記いずれかより申し込んで下さい,無料です。

【日刊 アジアのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000226907.html 231
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/12995.html 232
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/8660/p/1/ 239
http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=010578 43
http://www.melma.com/backnumber_167974/ 128

【週刊 アフリカのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000273675.html 43
http://kapu.biglobe.ne.jp/14528/index.html 9
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19799/p/1/ 7
https://my.melma.com/basicinformationcomp/ 12

【週刊 中南米のエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000273730.html 38
http://kapu.biglobe.ne.jp/14529/index.html 4
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19814/p/1/ 5
https://my.melma.com/basicinformationcomp/ 20

【週刊 中東のエネルギー最前線】
http://kapu.biglobe.ne.jp/14531/index.html 5
http://www.mag2.com/m/0000273808.html 23
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19836/p/1/ 9

【週刊 再生可能エネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000274231.html 42
http://kapu.biglobe.ne.jp/14551/index.html 7
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19956/p/1/ 4
http://my.melma.com/login/(発行申請中)

【週刊 世界の地球温暖化最前線】
http://www.mag2.com/m/0000276643.html 33
http://kapu.biglobe.ne.jp/14611/index.html 6
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/20572/p/1/ 3
http://www.melma.com/backnumber_177719/ 23

【週刊 中央アジアのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000277253.html 34
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/ (発行申請中)
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/20748/p/1/ 6
http://www.melma.com/backnumber_177671/ 16

【不定期 オバマ政権のエネルギー最前線】
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/14713.html
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/8660/p/1/
http://www.melma.com/backnumber_167974/ 8


読者数 直接メール 253 延べ 1,475人

元へ戻る


海外出張直前重要サイト
通貨換算||時差||電話コード||フライト一覧||ホテル予約||各地気象||世界天気予報|| 海外安全情報|| 海外用品|海外医療||海外出張支援|| 海外赴任ナビ|| 成田へ|| 羽田へ|| 関空へ|| 伊丹へ|| ロンリプラネット|

| 鈴木篁氏] | Livedoor | |@nifty| | Gmail | |Bangkok Post| |Manila Bulletin| |Jakarta Post| |Economic Times| |時事通信| |ZAKZAK|

○https://www.blogger.com/start?hl=ja ○http://www.google.com/intl/en/press/intl-zeitgeist.html ○http://translate.google.com/translate_t?hl=ja# ○http://maps.google.com/maps?hl=ja&tab=wl 城km z http://news.google.com/news?hl=ja&sa=N&tab=ln&q= ○https://www.google.com/adsense/login3 ○http://mail.google.com/mail/#inboxhttp://www.google.com/ig?hl=jahttps://www.google.com/webmasters/tools/docs/ja/about.htmlhttps://www.google.com/webmasters/tools/summary?siteUrl=http%3A%2F%2Fmy.reset.jp%2F%7Eadachihayao%2F&hl=ja


| HOME | |サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | | プロジェクト位置図 |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| |週刊 アフリカのエネルギー最前線 | | 週刊 中央アジアのエネルギー最前線 | | オバマのエネルギー |
|週刊 中南米のエネルギー最前線| | 週刊 再生可能エネルギー最前線 | | 週刊 中東のエネルギー最前線 | | 世界の地球温暖化最前線 |

お問い合わせまたはご意見は下記メールアドレスへ
PGA02435@nifty.com