アジアのエネルギー最前線
Watch the latest videos on YouTube.com

| HOME | |サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | | プロジェクト位置図 |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| | アフリカのエネルギー最前線 | | 中央アジアのエネルギー最前線 | | オバマのエネルギー |
| 中南米のエネルギー最前線 | | 再生可能エネルギー最前線 | | 中東のエネルギー最前線 | | 世界の地球温暖化最前線 |

Since 1998 October
(本更新直前493,865 ,メルマガ配信数 1.475)


ー 日刊アジアのエネルギー最前線 2009年1月26日分 ー フィリッピンの電力改革に黄色信号ー

2009年1月26日 ー フィリッピンの電力改革に黄色信号 ー

フィリッピンのカラカ石炭火力

今日の日経の社説は,「排出削減目標の内向き議論の危うさ」,というタイトルであるが,最後の方に,「国際交渉の場では国別総量目標にはふさわしくないと何回も明確に否定されたセクターごとの削減可能量の積み上げが,いまだに日本の選択肢として検討対象になっているのは,不可解というしかない。」,と書かれている。セクター毎,と国別との対立,と読む。

私は日本のセクター別の考え方の方が正しいと思う。国別に集まっても,何もまとまらない,それは国という単位が,地球温暖化とは何の関係もないからだ。オリンピックでも,必ず弱い国と強い国は同じように決勝にでなければならない,としたら,オリンピックにならないだろう。今の日本の癒し教育みたいになってしまって,何の意味もなくなるだろう。

国別の競争は止めて,石油,電力,鉄鋼,鉄道,自動車,などが個別に集まって,自分たちの分野で何をやればよいか,技術的に議論すべきだろう。それを総合的にまとめる主体はいるが,セクター別が本当だと思う。だから,今日の日経の激しい批判は,私はおかしいと思う。どうせまとまらないのだから,あくまで日本政府は,今の考え方を貫くべきだ。

フィリッピンは,エネルギー問題で,どうしてこのような政治的な話しかないのであろう。追っかける方も嫌になってしまう。300MWのカラカ石炭火力の話である。この発電所は,1984年頃,私たちがインドネシアでダムを造っていた頃,ニュージェックのメンバーがその建設の関わった,古い発電所である。まだ情報が確かでないが,これを買い取ったスエズエナージが,どうも夜逃げをしたような感じである。

元々,フィリッピンの電源資産売却は,電源の分散による競争市場の創出,と言う高い理想で出発したはずだが,売りに出される品物は傷物が多く,アンボクラオの水力でも,砂で埋まってしまって動かないものを修理費も含めて売却,BROOTとか言って,まず改修してから使ってくれ,というもので,壊れた時計を店先で売っている時計屋さん,と言う感じなのだ。日本企業の買ったCBKプロジェクトも,修理込みである。

インドで,アンデラプラデッシュで配電の民営化を進めるときに,まずやらなければならなかったことは,売却する前に配電網の物理的修理であった。それもやらないで資産売却を行うフィリッピンは,少し電力への真剣度が足りないと思う。その辺のゴルフ道具の中古屋の感覚しかないのではないか。中国に売り飛ばした送電網も,改修はこれからである。全くいい加減。何とか言ってやって下さい。

本文

●スリランカ,大統領,全発電所の完成を指示

私としては久しぶりのスリランカである。日本政府や私の友人達がスリランカについては頑張っていたが,中国の石炭火力が入ってきてからは,少し力が抜けた感じ。でも,今日の報道でも,反政府軍のLTTEを追いつめて,政府がやっと全土を制圧できるか,と言うところまで来ている。あの内戦状態の中を,良く日本政府が支えてきたと思う。日本とスリランカの特殊な関係がそうさせていたのだろうが。今日の記事。

ラジャパクセ大統領(注1)は,電力エネルギー省(注2)に対して,すべての新規電源は計画通り完成させるよう,指示した。大統領(注1)の指示は,現在工事中の電源プロジェクトの進捗を検討する会議が,トリーズ寺院(注3)で行われた席上で,行われた。ケラワラピティヤ発電所(注4)の完成で,170MWが国家送電網に投入されたところである。このプロジェクトの継続で,更に,85MWが追加される予定である。

現在工事中のノロチチョライ石炭火力(注6)は,第1期工事が,2010年及び2011年に完成し,その時点で,300MWが発電する。更に,第2期,第3期工事により,400MWが追加される予定である。アッパーコトマレ水力(注5),150MWも投入される予定である。また,電力エネルギー省(注2)は,150に上るミニ発電所の推進について,承認を与えている。

大統領(注1)は,多くの発電所が,計画では既に運転を開始していなければならないのに,いろいろな政治的事情で遅れてきた,しかし,ノロチチョライ石炭火力(注5)と,アッパーコトマレ水力(注5)は,現在の政府の強い決断の元で,軌道に乗ったものである,と語った。

(注) (1) President Rajapakse,(2) Ministry of Power and Energy,(3) Temple Trees,(4) Kerawalapitiya power plant,source: colombo page,(5) Upper Kotmale Hydropower Plant,flickr.com/photos/shehal/855130096,(6) Norochcholai thermal power plant,(7)

●フィリッピン,マニラ配電,サンミゲールの役員まだ

マニラ配電MERLCO(注7)の役員人事,2009年1月19日のフランシスコ社長(注8)の辞任,サンミゲールSMC(注9)の株式取得,などを背景に,憶測が流れている。1月26日にも,役員会が開かれる模様である。電力分割民営化の中,唯一巨大企業として生き残っているMERLCO(注7)だけに,その電力セクターへの影響は大きい。

MERLCO(注7)は,率直に,来週の役員会までは,人事については何も分からない,としている。ある高い情報筋では,26日の役員会で,SMC(注9)から,4人の役員が選任される,という情報を流している。フランシスコ社長(注8)の後任には,2つのグループがそれぞれ候補者を立てて争う形勢である。ロペスグループ(注10)の候補はイエスス氏(注11)であり,SMC(注9)は電力のベテランを候補にする,とされている。

SMC(注9)は,MERLCO(注7)の経営を行うために,社長を自派から立てるものと見られている。SMC(注9)の代表が役員に入ると言うことは,今まで占めていた政府系GSIS(注12)の席を,SMC(注9)に渡すということである。SMC(注9)からの社長候補は,コンユアンコSMC会長(注13)か,メンドサSMC社長(注14)と言われている。SMC(注9)は,2008年11月,GSIS(注12)の株取得,27%持ち分となっている。

(注) (7) Manila Electric Company (Meralco),(8) Jesus "Chito" P. Francisco,(9) San Miguel Corporation (SMC),(10) Lopez’s group,(11) Jose "Ping" de Jesus,(12) Government Service Insurance System,(13) SMC chairman Eduardo Cojuangco,(14) SMC president Ramon Ang and Director Estelito Mendoza,(15)

●フィリッピン,スエズ,カラカ火力から手を引く

ふと目に止まった記事だが,これはフィリッピンの電力改革を根底から揺すぶる大事件ですね。高い情報筋によると,仏ベルギー籍企業スエズエナージ(注15)は,マニラ事務所を閉鎖し,その結果として,787百万ドルのカラカ火力案件(注16)から手を引いてしまったようだ。今週に始まったこの縮小活動は,2,3ヶ月かけて,その義務や事務所閉鎖を実施するはずであった,と実業界の情報筋が語っている。

スエズエナージ(注15)がマニラで雇用した人員は,各国の事務所へ分散配置されるはず,とされている。PSALM(注17)は,カラカ火力案件(注16)の行く末についても明確な声明を出していない,スエズエナージ(注15)がマニラ事務所を閉鎖したことは,認めているようだ。もしスエズエナージ(注15)が手を引く場合は,PSALM(注17)は,14百万ドルの契約履行保証金(注18)を剥奪することになる。

スエズエナージ(注15)の地元企業エメラルドエナージ(注19)がカラカ火力案件(注16)の資金調達を確認した時点で,WESM(注20)で活動するための何人かのスタッフを雇用しており,この人員はの多くは,PSALM(注17)と既に連関し動いている。総合すると,このNPC(注21)の中古の発電所の入札で,買電価格をKWh0.37ペソ調整,4.26ペソとして,昨年12月,ERC(注22)がカラカ火力案件(注16)の取引を決定している。

しかしその取引の直後,スエズエナージ(注15)は,カラカ火力案件(注16)の発電所の状態について,NPC(注21)が,100%国内産セミララ石炭(注23)を使ってきたため,状況が極めて悪い,と述べていた。PSALM(注17)とスエズエナージ(注15)は,270日間,最終引き渡しまで調整を行うこととなっていた。一般に,一定期間内に代金支払いを行わなければならないが,カラカ火力案件(注16)は特別扱いであった。

実際,カラカ火力案件(注16)は,2008年8月がその支払日であったが,6ヶ月以上遅れていた。入札に付されたのは,2007年10月で,契約は,2007年11月9日まで有効のはずだった。発電所の引き取りは,「そのままの状態(注24)」,が原則であるが,発電機の改修のための現金を渡していた。このカラカ火力案件(注16)の事件は,フィリッピンの民営化に暗い影を投げかけている。

(注) (15) Suez Energy,(16) Calaca deal,(17) Power Sector Assets and Liabilities Management Corporation (PSALM),(18) performance bond,(19) Emerald Energy Corporation,(20) Wholesale Electricity Spot Market,(21) National Power Corporation (NPC),(22) Energy Regulatory Commission (ERC),(23) Semirara coal,(24) "as is, where is",(25)

●ネパールの水力開発には外国資本が必須

ネパールは大きな水力包蔵を持ちながら,外国直接投資を有効に利用できていないので,問題だ,と言う趣旨で,長文の記事が書かれているが,内容は余り変わった提案は含まれていない。包蔵水力は,83,000MWで,経済的開発可能量は,43,000MWである。開発されたのは,僅かに,561MWである。ここでこの長い記事が言っている部分で,ブータンを見てみろ,と言う言葉がある。

ブータンは,二つの大規模水力,合計1,380MWを開発することによって,一人当たりのGDPを760ドルから一気に1,320ドルに上げている,と言うことだ。私の見るところだが,果たしてブータンと同じことが,ネパール人に出来るか,と聞いてみたい。ブータンは,外交権,軍事権,そのすべてをインドに与えて,ここまで来たのである。

ネパールは,インドと反目しあって今日まで来てしまった。ネパール人が,ブータン人と同じことをして,インドにすべての外交権を預ければ,瞬く間にネパールの水力は開発されるであろう。でもネパール人にはそれが出来ない。私だって,ネパールの人に,ブータン人と同じようにやりなさい,などと言うことは出来ない。地球とは難しいものである。長文,誰か読んでみて下さい。

参考資料

スリランカ


●090126A Srilanka, itn.lk/news
スリランカ,大統領,全発電所の完成を指示
President instructs to complete work on power plants

http://www.itn.lk/news_02_20090124.html

フィリッピン

●090126B Philippines, Manila Bulletin
フィリッピン,マニラ配電,サンミゲールの役員まだ
Meralco says it’s ‘unaware’ of SMC board entry

http://www.mb.com.ph/BSNS20090125146515.html
●090126C Philippines, Manila Bulletin
フィリッピン,スエズ,カラカ火力から手を引く
Calaca buyer Suez Energy gives up deal, closes office

http://www.mb.com.ph/BSNS20090125146511.html

ネパール

●090126D Nepal, nepalmonitor
ネパールの水力開発には外国資本が必須
FDI in Nepal’s Hydropower Sector: A Focus on the Product

http://www.nepalmonitor.com/2009/01/fdi_in_nepals_hydropower.html


元へ戻る


過去のニュース

●中国雲南のダムが景気刺激策で動く (090125)
●インドネシアのガス供給は国内優先 (090124)
●インドネシアのLNGに三菱160億ドル (090123)
●オバマ大統領の手から水が漏れた (090122)
●インドの北辺水力開発は人類最後の戦い (090120)
●パキスタンのロワリ隧道完成へ (090119)
●ベトナムが再生可能エネルギーに悩む (090118)
●中国国家送電網の内外での大活躍 (090117)
●フィリッピンの送電譲渡で電源はどうなる (090116)
●ミャンマーのアラカンに500MWダム (090115)
●インドネシアのガス田でエクソンと紛争 (090114)
●ネパールは中国の投資を歓迎 (090113)
●フィリッピンのセブに200MW石炭火力 (090112)
●インドのAP州に縦貫ハイウエーの計画 (090111)
●フィリッピンが中国のODA見直し (090110)
●パキスタンは2016年までに25,270MW (090109)
●インドの海岸の火力は輸入炭30% (090108)
●フィリッピンのエネルギー長官が回顧 (090107)
●インドネシアで新規電源が年内に (090106)
●ネパールの停電対策に新たな提言 (090104)
●パキスタンとイランの協力強化 (090103)
●カンボジアは中国企業に補償の義務 (090102)
●カンボジアの電気料金高止まりは続く (090101)

●インドのマハラシュトラの電源 (081231)
●インドネシアの原子力に不安 (081230)
●中国のエネルギー安全保障 (081229)
●中国の金沙江の開発進む (081228)
●インドがカシミールで水力推進決意 (081227)
●インド国家電網に世界銀行ローン (081226)
●インドのアルナチャルプラデシュの開発機運 (081225)
●中国2千キロの80万ボルト直流送電 (081224)
●中国がインドネシアのエネルギーに31億ドル (081223)
●インドのガスとLNGを巡る情勢 (081222)
●パキスタンの水力便益地元還元 (081221)
●フィリッピンの電気料金は民営化で下がるか (081220)
●インド北辺水力開発に変わった兆し (081219)
●フィリッピンの再生可能で産業界が沸き立つ (081218)
●フィリッピンが再生可能400万KW開発へ (081217)
●米国の知的送電網開発の気運 (081216)
●メコン委員会も気候変動戦争に参戦 (081215)
●インドが省エネ取引市場を計画 (081214)
●インダスのニールム川に火花散る (081213)
●中国の地方政府の開発志向は止まらない (081212)
●NGOが世界銀行は温暖化の元凶と (081211)
●原油価格下降の現状とこれからの動き (081210)
●中国の経済外交が国内巨大需要へ急旋回 (081209)
●パキスタンのバシャダムの資金不足 (081208)
●フィリッピンの送電網は中国へ (081207)
●インドの電力が最高警戒レベル (081206)
●パキスタンがインドへ水補償要求 (081205)
●メコン事務局長が投稿立場説明 (081204)
●ベトナムの電力改革迷走か (081203)
●比のロペスが国産資源開発へシフト (081202)
●インド北部の水力二つ前進へ (081201)

●マニラのプール市場に混乱 (081130)
●タイEGATの海外進出への飛躍 (081129)
●世銀の大規模インフラに批判の声 (081128)
●フィリッピンの再生可能エネルギー再び (081127)
●ミャンマーのラシオへの思い (081126)
●インドのパイプラインへの挑戦 (081125)
●パキスタンの水問題深刻 (081124)
●ベトナムの開発に何か変化が (081123)
●インドネシアの石炭探査投資を (081122)
●中国雲南省がコルカタへ調査団 (081119)
●パキスタンのダムになお異論 (081118)
●ミャンマーは更にダム開発加速 (081117)
●インド北東地域の送電線計画 (081116)
●メコン洪水で再び中国ダム論争 (081115)
●金融危機とインドの電源開発 (081114)
●カンボジアのNGO天国終焉 (081113)
●インドの電力プール市場 (081111)
●フィリッピンのマイクロ水力 (081109)
●カンボジアの多彩な水力開発 (081108)
●IEAが原油動向で報告書 (081107)
●インドの大規模火力に資金難 (081106)
●中国の石炭に下降傾向 (081105)
●タイ首相ナムグムの水を東北タイへ (081104)
●タイの原子力地点決定は2009年末 (081103)
●イランのパイプラインとインドの優柔不断 (081102)
●ミャンマーでの中国のプレゼンス (081101)

●ベトナム油田へのロシアの参入 (081031)
マニラ配電の先行き見通し (081030)
カンボジアなどへの中国の進出 (081029)
中国の水力開発規模は世界一 (081028
インドネシアの 電気料金上げ (081027)
中国企業がアザドカシミールにダム投資 (081026)
中国広西とベトナムを結ぶ線 (081025)
丸紅のフィリッピンへの取り組み (081024)
インドネシアと中国のLNG契約 (081023)
ラオスの水力で住民補償が再燃 (081022)
世界で50カ国以上が原子力発電を計画 (081021)
世界金融情勢の変化の影響 (081020)
インドとパキスタン対立の悪夢 (081019)
パキスタン大統領の北京挑戦 (081018)
インド北辺水力開発に反旗 (081017)
米国がインドへ原子力通商使節団 (081016)
フィリッピンの天然ガスと電気料金 (081015)
フィリッピンの長期エネルギー計画 (081014)
インドの大規模石炭火力計画 (081013)
ミャンマーの水力への外国投資 (081012)
ダム建設を巡るカシミール問題 (081011)
フィリッピンの国産エネルギーへの拘り (081010)
バングラデシュとミャンマーの関係 (081009)
バングラデシュのエネルギー長期見通し (081008)
中国政府のチベット開発政策 (081007)
●ADBが初めてベトナム水力支援 (081006)
●知的送電線ネットワークの発想へ (081005)

中国とインドのエネルギー問題 (081004)
インドの原子力開発加速へ (081003)
アジア大陸の水源はチベット高原 (081002)
インドの配電組織改革 (081001)

フィリッピンの再生可能エネへの取組 (080930)
インドの地球温暖化との戦い (080929)
サルウイーン河のダム開発 (080927)
メコン流域会議開催と中国 (080926)
インド,25年までに6千万KW水力開発 (080925)

元に戻る


アジアのエネルギー最前線 地図


大きな地図で見る

元に戻る


ウエブ全体検索

カスタム検索

本サイト内検索

カスタム検索

メールマガジン配信ご希望の方は下記いずれかより申し込んで下さい,無料です。

【日刊 アジアのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000226907.html 231
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/12995.html 232
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/8660/p/1/ 239
http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=010578 43
http://www.melma.com/backnumber_167974/ 128

【週刊 アフリカのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000273675.html 43
http://kapu.biglobe.ne.jp/14528/index.html 9
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19799/p/1/ 7
https://my.melma.com/basicinformationcomp/ 12

【週刊 中南米のエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000273730.html 38
http://kapu.biglobe.ne.jp/14529/index.html 4
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19814/p/1/ 5
https://my.melma.com/basicinformationcomp/ 20

【週刊 中東のエネルギー最前線】
http://kapu.biglobe.ne.jp/14531/index.html 5
http://www.mag2.com/m/0000273808.html 23
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19836/p/1/ 9

【週刊 再生可能エネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000274231.html 42
http://kapu.biglobe.ne.jp/14551/index.html 7
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19956/p/1/ 4
http://my.melma.com/login/(発行申請中)

【週刊 世界の地球温暖化最前線】
http://www.mag2.com/m/0000276643.html 33
http://kapu.biglobe.ne.jp/14611/index.html 6
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/20572/p/1/ 3
http://www.melma.com/backnumber_177719/ 23

【週刊 中央アジアのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000277253.html 34
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/ (発行申請中)
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/20748/p/1/ 6
http://www.melma.com/backnumber_177671/ 16

【不定期 オバマ政権のエネルギー最前線】
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/14713.html
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/8660/p/1/
http://www.melma.com/backnumber_167974/ 8


読者数 直接メール 253 延べ 1,475人

元へ戻る


海外出張直前重要サイト
通貨換算||時差||電話コード||フライト一覧||ホテル予約||各地気象||世界天気予報|| 海外安全情報|| 海外用品|海外医療||海外出張支援|| 海外赴任ナビ|| 成田へ|| 羽田へ|| 関空へ|| 伊丹へ|| ロンリプラネット|

| 鈴木篁氏] | Livedoor | |@nifty| | Gmail | |Bangkok Post| |Manila Bulletin| |Jakarta Post| |Economic Times| |時事通信| |ZAKZAK|

○https://www.blogger.com/start?hl=ja ○http://www.google.com/intl/en/press/intl-zeitgeist.html ○http://translate.google.com/translate_t?hl=ja# ○http://maps.google.com/maps?hl=ja&tab=wl 城km z http://news.google.com/news?hl=ja&sa=N&tab=ln&q= ○https://www.google.com/adsense/login3 ○http://mail.google.com/mail/#inboxhttp://www.google.com/ig?hl=jahttps://www.google.com/webmasters/tools/docs/ja/about.htmlhttps://www.google.com/webmasters/tools/summary?siteUrl=http%3A%2F%2Fmy.reset.jp%2F%7Eadachihayao%2F&hl=ja


| HOME | |サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | | プロジェクト位置図 |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| |週刊 アフリカのエネルギー最前線 | | 週刊 中央アジアのエネルギー最前線 | | オバマのエネルギー |
|週刊 中南米のエネルギー最前線| | 週刊 再生可能エネルギー最前線 | | 週刊 中東のエネルギー最前線 | | 世界の地球温暖化最前線 |

お問い合わせまたはご意見は下記メールアドレスへ
PGA02435@nifty.com