アジアのエネルギー最前線
Watch the latest videos on YouTube.com

| HOME | |サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | | プロジェクト位置図 |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| | アフリカのエネルギー最前線 | | 中央アジアのエネルギー最前線 | | オバマのエネルギー |
| 中南米のエネルギー最前線 | | 再生可能エネルギー最前線 | | 中東のエネルギー最前線 | | 世界の地球温暖化最前線 |

Since 1998 October
(本更新直前495,014 ,メルマガ配信数 1.475)


ー 日刊アジアのエネルギー最前線 2009年2月1日分 ー 再生可能エネルギーの前提はベース原子力 ー

2009年2月1日 ー 再生可能エネルギーの前提はベース原子力 ー

Source: www.marubeni-powersystems.com/.../en_maemoh.html

今日は,タイのマモーの石炭生産計画に,大いに関心があった。政治混乱に明け暮れた,また明け暮れているバンコク,タイ,今朝も,再びタクシン派3万人が集会を開いているという。雑誌のタイトルを拾い読みしていると,中立のはずのブミポン国王が,引き裂かれかけているという。それでも,久しぶりに,国有電力公社EGAT(注1)が新しいプロジェクト,それも遂に古いマモー(注2)の石炭資源の開発に向かうという。

これよりも私の目を引いたのは,アメリカの片隅に転がっていた記事で,しかもウイスコンシンという田舎の記事だが,オバマ政権の目指す再生可能エネルギーをベースとしたエネルギー政策に,やんわりと批判して,私の言っているように,原子力ベースが必要だ,と過激でなく静かに語っているところに惹かれた。

記事の趣旨は,再生可能燃料,それは確かに将来には有効かも知れない,しかし,今は,再生可能エネルギー技術が真実みを帯びるまでは,原子力がこの間の隙間を埋めるものである。我々はエネルギー危機の真っ直中におり,昨年の夏以来,ガス価格の低下と経済危機で,エネルギー問題解決を急ぐべきと分かってきたが,問題は最早現実のものとなってきている。続けて,

原子力について,政治家も含めて多くの人が,必ずしも全面的に認めていないのは事実である。原子力にはゆがみがある,それは,最初の莫大な投下資本であり,廃棄物の永久処理の問題である。しかし,原子力が温暖化ガスを排出しない,と言うことを考えた場合,このようなねじれの問題は,原子力を否定することには繋がらない。この数10年,原子力建設はないが,欧州では成功を収めており,我々米国は技術を温存している。

風力,太陽光,水力,水素ガス,エタノール,それらはすべて解決への糸口を持っている。しかしこれらは,補完的なエネルギーにはなるが,一定のエネルギーを保証しない。我々には,ベースロードのエネルギー,即ち,風力が止まり太陽が出ないときにも働くエネルギーは,必ず必要だ。科学者が,風力や太陽光の電気を蓄積できる方法を考えたとき,その開発は現実のものとなるかも知れない。と書いている。

折しも,今日の日経は,「政府,原子力協定の交渉加速,春にも韓国などと」,とタイトルして,原子力発電所の建設需要が増している新興国に照準を定め,原子力協力協定の締結交渉を加速させる,としている。原子力協定では,日本企業が相手国に原発関連の部品や燃料を輸出する手続きを簡素化する一方,軍事転用や他国への流出を防ぐ,協定なしで原発関連製品を輸出するのは難しい。と報じている。

本文

●タイのEGAT,マモーの石炭生産で,許認可取得,890億バーツ

政治混乱に明け暮れた,また明け暮れているバンコク,タイ,今朝も,再びタクシン派3万人が集会を開いているという。雑誌のタイトルを拾い読みしていると,中立のはずのブミポン国王が,引き裂かれかけているという。それでも,久しぶりに,国有電力公社EGAT(注1)が新しいプロジェクト,それも遂に古いマモー(注2)の石炭資源の開発に向かうという。

EGAT(注1)は,890億バーツ,約25.5億ドル相当,を投じて,ランパン県のマモー炭田で,炭坑プロジェクトを継続する許認可を得ている。新しい許認可を受けた炭坑は,確認埋蔵量が1.78億トンで,面積として,3664ライ(注3),約5.86平方km,である。EGAT(注1)のスティポン副総裁(注4)によると,石炭生産は,2009年3月に開始し,少なくとも年800万トンを,マモー発電所(注5)に供給するべく期待されている。

マモー発電所(注5)の出力は,2400MWで,国内の発電設備の20%を占めている。マモー発電所(注5)で発生する電力の50%は北部地域へ,30%は中部地域へ,残りの20%は北東部へ,それぞれ供給されている。EGAT(注1)全体では,電力の70%が天然ガス,18%が石炭,4%が水力,残りの8%は民間企業,IPPからの買電で構成されている。

EGAT(注1)は当初,石炭火力が天然ガス火力に比べて経済的なので,50%を石炭火力とする計画を立てた。しかし,過去の石炭火力プロジェクト,特にプラチュアップキリカン県(注6)のボノック(注7)とヒンクルット(注8)で住民の強い反対にあった。スティポン副総裁(注4)によると,石炭火力は,KWh当たり55サターン,約157セント相当,であるのに対し,天然ガス火力は,1.75バーツ,約5.01セント相当,と言う。

スティポン副総裁(注4)によると,EGAT(注1)は,石炭は経済的であるし価格が安定し,更にある程度国産で賄うことが出来るので,石炭火力を増やしたいと考えているが,それは閣議が決定することだ,としている。マモー(注2)の石炭資源は,全体では,8.64億トン埋蔵と期待され,2035年までの発電に耐え得る。このうち,2.84億トンは既に使用済みである。

(注) (1) Electricity Generating Authority of Thailand (Egat),(2) Mae Moh mine in Lampang province,(3) rai,1ライ=4ガーン=400タランワー=1600平方メートル,(4) Egat's deputy governor for fuel, Suttipong Teppitak,(5) Mae Moh power plant.,(6) Prachuap Khiri Khan,(7) Bo Nok,(8) Hin Krut,(9)

●再生可能エネルギーに加え,原子力開発も重要

この記事は,ウイスコンシン大学(注9)のキャプナー氏(注10)がデイリーカーディナル紙(注11)に書いた記事で,全米的にどの様な位置づけにあるのかよく分からないが,オバマ政権の再生可能エネルギーだけでは難しい,と言う趣旨の,私の意見とかなり合致していたので,米国内にもこのような意見がある位置を占めているのだ,と感じ,拾ってきた。

記事の趣旨は,再生可能燃料,それは確かに将来には有効かも知れない,しかし,今は,再生可能エネルギー技術が真実みを帯びるまでは,原子力がこの間の隙間を埋めるものである。我々はエネルギー危機の真っ直中におり,昨年の夏以来,ガス価格の低下と経済危機で,エネルギー問題解決を急ぐべきと分かってきたが,問題は最早現実のものとなってきている。

経済は,勿論,オバマ政権のここ数ヶ月の課題だが,我々のエネルギー政策は,経済や外交政策の決定に影響を与えるばかりでなく,環境や我々の財布の中身にまでも影響を与えてくる。化石燃料に頼ったエネルギー政策は,工業経済に我々が依存しすぎたように,急速に勢いを失っている。サービス分野とITが工場業務を奪ったように,我々のエネルギー政策も,世界市場の競争の中で,知的で最先端技術に変わる必要がある。

自動車のビッグスリーが政府に助けを求め,日本の自動車メーカーがお金をかき集めて行く現状の中,旧来のエネルギーの経済は,最早有効ではなくなった。我々は,一つ一つは意味があるとしても,ただ一種類の燃料に依存する経済は成立しないことを学ぶべきだ,それは,風力でもなく,太陽光でもなく,水力でもないように。原子力も含めた上での,幅広いエネルギーに基づく政策が必要である。

原子力について,政治家も含めて多くの人が,必ずしも全面的に認めていないのは事実である。原子力にはゆがみがある,それは,最初の莫大な投下資本であり,廃棄物の永久処理の問題である。しかし,原子力が温暖化ガスを排出しない,と言うことを考えた場合,このようなねじれの問題は,原子力を否定することには繋がらない。この数10年,原子力建設はないが,欧州では成功を収めており,我々米国は技術を温存している。

風力,太陽光,水力,水素ガス,エタノール,それらはすべて解決への糸口を持っている。しかしこれらは,補完的なエネルギーにはなるが,一定のエネルギーを保証しない。我々には,ベースロードのエネルギー,風力が止まり太陽がでないときにも働くエネルギーは,必ず必要だ。科学者が,風力や太陽光の電気を蓄積できる方法を考えたとき,その開発は現実のものとなるかも知れない。

しばらくの間,我々は現実を知る必要がある。我々は,化石燃料が環境や外交政策に及ぼす影響を弁えながら,エネルギー独立を目指すダイナミックなエネルギー政策を展開することは,可能である。米国は,問題解決のための発明や技術開発は得意である。もし,我々が,原子力エネルギーも含めて,多様なエネルギー源の開発を行うなら,経済を刺激し,環境にグリーンで対応し,エネルギー独立を達成することも可能になる。

(注) (9) Univercity of Wisconsin, Madison,(10) Lavilla Capener is the communications director of the College Democrats of Madison,(11) http://www.dailycardinal.com/,(12)

●フィリッピン,ビサヤス系統のスポットマーケットを視野に

ルソン島の南部のビサヤス系統(注12)は,供給力不足に状態にある。スポットマーケットの創設には危険が伴うことを,政府もよく知っている。今回のこの記事の内容が意味するところが,今ひとつつかめないが,スポットマーケットを造る前に,何らかの供給力増強を行おうとしているようだ。それが真っ直ぐの電源開発でないところが,何となくフィリッピン的である。

ビサヤス系統(注12)の問題解決のため,暫定的に,この供給力不足に見舞われている系統の供給を拡大するため,WESM(注13)はその運営者と共に,ビサヤス供給力増大競売VSAA(注14)をスタートさせることにした。WESM(注13)の運用を担当するPEMC(注15)によると,この方法は,最初にエネルギー省(注16)に相談し,そして関係者の同意を得たものだ,と言っている。

ビサヤス供給力増大競売VSAA(注14)の実施についての法令手続きなどの案は,エネルギー省(注16)が調整していると。更に,各企業の参加する公聴会は,2009年2月3〜6日に開かれる。PEMC(注15)のパンギリナン社長(注17)の評価では,一旦VSAA(注14)が行われれば,客先からの新規電源で,ビサヤスの供給力は増大する,としている。

レイエス長官(注18)は,ビサヤス系統(注12)は供給力不足で,緊急の供給力追加が必要だ,と言っている。エネルギー省(注16)の評価では,このVSAA計画(注19)は,特に,セブ(注20),ネグロス(注21),パナイ(注22)の3地域CNPについて,暫定的に,供給の信頼度,質,保安を強化する目的だ,としている。CNP地域では,2003年からしばしば停電が起こっているが,長期に亘って問題は解決していない。

レイエス長官(注18)は,VSAA計画(注19)は関係者全部が協力する必要がある,としている。ビサヤス系統(注12)でのプール市場WESM(注13)は,供給力が不安定なので,このような暫定的な方法が必要,とエネルギー省(注16)は考えている。投資企業は,卵が先か鶏が先か,迷っているが,WESM(注13)の実現を望む中,新規供給力確保のため,暫定的な方法に同意している。

(注) (12) Visayas grid, (13) Wholesale Electricity Spot Market (WESM),(14) Visayas Supply Augmentation Auction (VSAA),(15) Philippine Electricity Market Corporation (PEMC),(16) Department of Energy,(17) PEMC acting president Mario R. Pangilinan,(18) Energy Secretary Angelo T. Reyes,(19) Visayas Supply Augmentation Auction Program (VSAAP),(20) Cebu,(21) Negros,(22) Panay,(23)

参考資料

タイ


●090201A Thailand, the nation
タイのEGAT,マモーの石炭生産で,許認可取得,890億バーツ
Egat gets go-ahead for further Mae Moh mining

http://nationmultimedia.com/2009/01/31/business/business_30094628.php

電力一般

●090201B USA,dailycardinal
再生可能エネルギーに加え,原子力開発も重要
Nuclear worthy addition to renewable energies

http://www.dailycardinal.com/article/21886

フィリッピン

●090201C Philippines, Manila Bulletin
フィリッピン,ビサヤス系統のスポットマーケットを視野に
WESM, system operator to launch supply augmentation auction for Visayas

http://www.mb.com.ph/BSNS20090131146984.html


元へ戻る


過去のニュース

●インドの石炭火力は燃料不足に (090131)
●インド北辺でのインド企業の奮戦 (090130)
●ミャンマー首相がアラカンを視察 (090129)
●フィリッピンのバターン原発再稼働問題 (090128)
●ネパールの水力開発との戦い (090127)
●フィリッピンの電力改革に黄色信号 (090126)
●中国雲南のダムが景気刺激策で動く (090125)
●インドネシアのガス供給は国内優先 (090124)
●インドネシアのLNGに三菱160億ドル (090123)
●オバマ大統領の手から水が漏れた (090122)
●インドの北辺水力開発は人類最後の戦い (090120)
●パキスタンのロワリ隧道完成へ (090119)
●ベトナムが再生可能エネルギーに悩む (090118)
●中国国家送電網の内外での大活躍 (090117)
●フィリッピンの送電譲渡で電源はどうなる (090116)
●ミャンマーのアラカンに500MWダム (090115)
●インドネシアのガス田でエクソンと紛争 (090114)
●ネパールは中国の投資を歓迎 (090113)
●フィリッピンのセブに200MW石炭火力 (090112)
●インドのAP州に縦貫ハイウエーの計画 (090111)
●フィリッピンが中国のODA見直し (090110)
●パキスタンは2016年までに25,270MW (090109)
●インドの海岸の火力は輸入炭30% (090108)
●フィリッピンのエネルギー長官が回顧 (090107)
●インドネシアで新規電源が年内に (090106)
●ネパールの停電対策に新たな提言 (090104)
●パキスタンとイランの協力強化 (090103)
●カンボジアは中国企業に補償の義務 (090102)
●カンボジアの電気料金高止まりは続く (090101)

●インドのマハラシュトラの電源 (081231)
●インドネシアの原子力に不安 (081230)
●中国のエネルギー安全保障 (081229)
●中国の金沙江の開発進む (081228)
●インドがカシミールで水力推進決意 (081227)
●インド国家電網に世界銀行ローン (081226)
●インドのアルナチャルプラデシュの開発機運 (081225)
●中国2千キロの80万ボルト直流送電 (081224)
●中国がインドネシアのエネルギーに31億ドル (081223)
●インドのガスとLNGを巡る情勢 (081222)
●パキスタンの水力便益地元還元 (081221)
●フィリッピンの電気料金は民営化で下がるか (081220)
●インド北辺水力開発に変わった兆し (081219)
●フィリッピンの再生可能で産業界が沸き立つ (081218)
●フィリッピンが再生可能400万KW開発へ (081217)
●米国の知的送電網開発の気運 (081216)
●メコン委員会も気候変動戦争に参戦 (081215)
●インドが省エネ取引市場を計画 (081214)
●インダスのニールム川に火花散る (081213)
●中国の地方政府の開発志向は止まらない (081212)
●NGOが世界銀行は温暖化の元凶と (081211)
●原油価格下降の現状とこれからの動き (081210)
●中国の経済外交が国内巨大需要へ急旋回 (081209)
●パキスタンのバシャダムの資金不足 (081208)
●フィリッピンの送電網は中国へ (081207)
●インドの電力が最高警戒レベル (081206)
●パキスタンがインドへ水補償要求 (081205)
●メコン事務局長が投稿立場説明 (081204)
●ベトナムの電力改革迷走か (081203)
●比のロペスが国産資源開発へシフト (081202)
●インド北部の水力二つ前進へ (081201)

●マニラのプール市場に混乱 (081130)
●タイEGATの海外進出への飛躍 (081129)
●世銀の大規模インフラに批判の声 (081128)
●フィリッピンの再生可能エネルギー再び (081127)
●ミャンマーのラシオへの思い (081126)
●インドのパイプラインへの挑戦 (081125)
●パキスタンの水問題深刻 (081124)
●ベトナムの開発に何か変化が (081123)
●インドネシアの石炭探査投資を (081122)
●中国雲南省がコルカタへ調査団 (081119)
●パキスタンのダムになお異論 (081118)
●ミャンマーは更にダム開発加速 (081117)
●インド北東地域の送電線計画 (081116)
●メコン洪水で再び中国ダム論争 (081115)
●金融危機とインドの電源開発 (081114)
●カンボジアのNGO天国終焉 (081113)
●インドの電力プール市場 (081111)
●フィリッピンのマイクロ水力 (081109)
●カンボジアの多彩な水力開発 (081108)
●IEAが原油動向で報告書 (081107)
●インドの大規模火力に資金難 (081106)
●中国の石炭に下降傾向 (081105)
●タイ首相ナムグムの水を東北タイへ (081104)
●タイの原子力地点決定は2009年末 (081103)
●イランのパイプラインとインドの優柔不断 (081102)
●ミャンマーでの中国のプレゼンス (081101)

●ベトナム油田へのロシアの参入 (081031)
マニラ配電の先行き見通し (081030)
カンボジアなどへの中国の進出 (081029)
中国の水力開発規模は世界一 (081028
インドネシアの 電気料金上げ (081027)
中国企業がアザドカシミールにダム投資 (081026)
中国広西とベトナムを結ぶ線 (081025)
丸紅のフィリッピンへの取り組み (081024)
インドネシアと中国のLNG契約 (081023)
ラオスの水力で住民補償が再燃 (081022)
世界で50カ国以上が原子力発電を計画 (081021)
世界金融情勢の変化の影響 (081020)
インドとパキスタン対立の悪夢 (081019)
パキスタン大統領の北京挑戦 (081018)
インド北辺水力開発に反旗 (081017)
米国がインドへ原子力通商使節団 (081016)
フィリッピンの天然ガスと電気料金 (081015)
フィリッピンの長期エネルギー計画 (081014)
インドの大規模石炭火力計画 (081013)
ミャンマーの水力への外国投資 (081012)
ダム建設を巡るカシミール問題 (081011)
フィリッピンの国産エネルギーへの拘り (081010)
バングラデシュとミャンマーの関係 (081009)
バングラデシュのエネルギー長期見通し (081008)
中国政府のチベット開発政策 (081007)
●ADBが初めてベトナム水力支援 (081006)
●知的送電線ネットワークの発想へ (081005)

中国とインドのエネルギー問題 (081004)
インドの原子力開発加速へ (081003)
アジア大陸の水源はチベット高原 (081002)
インドの配電組織改革 (081001)

フィリッピンの再生可能エネへの取組 (080930)
インドの地球温暖化との戦い (080929)
サルウイーン河のダム開発 (080927)
メコン流域会議開催と中国 (080926)
インド,25年までに6千万KW水力開発 (080925)

元に戻る


アジアのエネルギー最前線 地図


大きな地図で見る

元に戻る


ウエブ全体検索

カスタム検索

本サイト内検索

カスタム検索

メールマガジン配信ご希望の方は下記いずれかより申し込んで下さい,無料です。

【日刊 アジアのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000226907.html 231
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/12995.html 232
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/8660/p/1/ 239
http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=010578 43
http://www.melma.com/backnumber_167974/ 128

【週刊 アフリカのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000273675.html 43
http://kapu.biglobe.ne.jp/14528/index.html 9
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19799/p/1/ 7
https://my.melma.com/basicinformationcomp/ 12

【週刊 中南米のエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000273730.html 38
http://kapu.biglobe.ne.jp/14529/index.html 4
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19814/p/1/ 5
https://my.melma.com/basicinformationcomp/ 20

【週刊 中東のエネルギー最前線】
http://kapu.biglobe.ne.jp/14531/index.html 5
http://www.mag2.com/m/0000273808.html 23
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19836/p/1/ 9

【週刊 再生可能エネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000274231.html 42
http://kapu.biglobe.ne.jp/14551/index.html 7
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19956/p/1/ 4
http://my.melma.com/login/(発行申請中)

【週刊 世界の地球温暖化最前線】
http://www.mag2.com/m/0000276643.html 33
http://kapu.biglobe.ne.jp/14611/index.html 6
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/20572/p/1/ 3
http://www.melma.com/backnumber_177719/ 23

【週刊 中央アジアのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000277253.html 34
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/ (発行申請中)
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/20748/p/1/ 6
http://www.melma.com/backnumber_177671/ 16

【不定期 オバマ政権のエネルギー最前線】
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/14713.html
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/8660/p/1/
http://www.melma.com/backnumber_167974/ 8


読者数 直接メール 253 延べ 1,475人

元へ戻る


海外出張直前重要サイト
通貨換算||時差||電話コード||フライト一覧||ホテル予約||各地気象||世界天気予報|| 海外安全情報|| 海外用品|海外医療||海外出張支援|| 海外赴任ナビ|| 成田へ|| 羽田へ|| 関空へ|| 伊丹へ|| ロンリプラネット|

| 鈴木篁氏] | Livedoor | |@nifty| | Gmail | |Bangkok Post| |Manila Bulletin| |Jakarta Post| |Economic Times| |時事通信| |ZAKZAK|

○https://www.blogger.com/start?hl=ja ○http://www.google.com/intl/en/press/intl-zeitgeist.html ○http://translate.google.com/translate_t?hl=ja# ○http://maps.google.com/maps?hl=ja&tab=wl 城km z http://news.google.com/news?hl=ja&sa=N&tab=ln&q= ○https://www.google.com/adsense/login3 ○http://mail.google.com/mail/#inboxhttp://www.google.com/ig?hl=jahttps://www.google.com/webmasters/tools/docs/ja/about.htmlhttps://www.google.com/webmasters/tools/summary?siteUrl=http%3A%2F%2Fmy.reset.jp%2F%7Eadachihayao%2F&hl=ja


| HOME | |サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | | プロジェクト位置図 |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| |週刊 アフリカのエネルギー最前線 | | 週刊 中央アジアのエネルギー最前線 | | オバマのエネルギー |
|週刊 中南米のエネルギー最前線| | 週刊 再生可能エネルギー最前線 | | 週刊 中東のエネルギー最前線 | | 世界の地球温暖化最前線 |

お問い合わせまたはご意見は下記メールアドレスへ
PGA02435@nifty.com