アジアのエネルギー最前線
Watch the latest videos on YouTube.com

| HOME | |サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | | プロジェクト位置図 |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| | アフリカのエネルギー最前線 | | 中央アジアのエネルギー最前線 | | オバマのエネルギー |
| 中南米のエネルギー最前線 | | 再生可能エネルギー最前線 | | 中東のエネルギー最前線 | | 世界の地球温暖化最前線 |

Since 1998 October
(本更新直前495,625 ,メルマガ配信数 1.475)


ー 日刊アジアのエネルギー最前線 2009年2月5日分 ー 中国の電力設備は792,000MW ー

2009年2月5日 ー 中国の電力設備は792,000MW ー

Jinping dam site

突然のパナソニックの,「破壊と創造」(注64),がメディアに現れ,1万5,000人の削減もさることながら,国内外にある230の事業拠点の20%を削減する,と言うのは,余りにも思い切った破壊で,大勢の人が戸惑っていることだろう。パナソニックはまだ廃止する事業所を完全には明らかにしていない。かって成功した果敢な破壊と創造に,再び挑戦か。米国企業の,1月の人員削減も,24万人以上と伝えている。

また一方で,求職と職提供のミスマッチを,テレビは大きく報じていた。昨夜の,テレビって奴は,で何のために働くか,議論していたけれども,お金だけでないところに,職探しの難しさがあるのだろう。誇りある仕事,と主張していた人もいたが,埃ある仕事,に就くのは嫌,と言うのも,この事態でまだあるのか。自分の存在の証をこの世に残しておきたい,と答える人もいたが,かなり無難な回答だと思う。

中国は,北京で大会議を開いて,電力分野の2009年の活動計画について議論が行われている。2008年末現在で,全発電設備は,792,000MWに達したという,恐ろしいとしか言いようがない,米国に次いで第2位だ。天安門事件の直後,1989年,その発電設備は,約80,000MWだった。18年間で10倍か。造りすぎ,というのは良く我々が行ってきた言葉。今日の記事で,数点,思うことあり。

第一点。中国も再生可能エネルギー開発への大きなビジョンを持っているが,印象が強いのは,風力はやるが太陽光はやらない,と決めてかかっていることだ。太陽光は余りにも高価すぎる,少ない間はよいけれど,系統の中での割合が増えてくると,電力経済が大変なことになる,と分かっている。風力を大々的に開発し,太陽光はパネルを大量生産して日本に売るだけ,中国国内では使わないと言う。すごい割り切りに感心している。

第二点。もう一つは,電力石炭総合開発地点を,2カ所ほど選んで,2009年にも着工していることである。石炭の輸送に行き詰まり,結局,石炭のあるところに石炭火力を造らねばならない,と割り切ったわけである。そのやり方がまた大規模で,結局民間でやったのでは,規模の小さいもののつぎはぎは出来るが,基礎から大規模にやって行くには,国家プロジェクトにしなければならない,と理解したようだ。

第三点。送電網の整備に重点を置く,当然のことだろう,超高圧直流送電も視野に入れて,石炭電力総合開発の地点から,3,000MW,4,000MWと大規模に運んで来る構想だ。ここで思うのは米国のことで,オバマ大統領が特に送電網を取り上げて,知的送電網を含んだ大規模な投資を考えている。考えるに,米国,橋梁もそうだが,おそらく送電線も相当に傷んでいるのではないか。日本も,後50年もすればそうなるか。

(注) (64) http://www.business-i.jp/news/sou-page/news/200902050018a.nwc

本文

●インド,仏のアレバと,原子力協力で覚書署名

インドと米国の原子力協力協定の成立後,原子力供給グループNSG(注1)のインドへの輸出解禁,と進み,最初に接触を開始したのはフランスである。2008年12月16日付本HP(注2)では,世界最大規模,フランスの原子力企業アレバ(注3)とインド原子力開発公社NPCIL(注4)は,年間300トンのウラニューム供給で,協定に署名したことが報じられている。フランスはダライラマで中国と問題があるだけに,本件,必死である。

国際民間原子力のインドへのドアが開かれてから,インドは最初の商業的事業の合意を,世界最大規模,フランスの原子力企業アレバ(注3)と,原子力発電所の建設に向けて,明日,2009年2月5日,署名を交わすことになった。最初の段階として,アレバ(注3)は,欧州加圧水型原子炉EPR(注5),1,650MW機,2基を,マハラシュトラ州(注6)のジャイタプール(注7)に提供することになる。

この覚書MOUは,インド原子力発電公社NPCIL(注8)とアレバ(注3)の間で,チャバン副大臣(注9)と訪印中のイドラック仏外務副大臣(注10)の立ち会いの下,署名される。なお,この2機の供与に続いて,更に4機のEPR(注5)が,遅れて提供されることが期待されている。このEPR(注5)が使用されている国は,フランスの他,フィンランド,中国である。2008年12月には,インドは,300トンのウランを仏から輸入することになっている。

昨年,2008年9月,インドも世界的な原子力産業に参加することが決まり,歴史的な原子力供給グループNSG(注1)との協定が結ばれてから,最初の原子炉供与に関する商業協定となる。NSG(注1)との合意以降,インドは,二国間の原子力協定を,米国を初め,フランス,ロシア,カザフスタン(注11)と結んできた。

昨日,2009年2月3日,ウイーン(注12)で,IAEA(注13)と結んだ,インド特定防護対策協定(注14)が批准されれば,アレバ(注3)から供与される原子核燃料は,ラジャスタン原子力発電所(注15)に使用されるが,この2機のユニットには既にこの30年間,安全な運転の実績がある。

(注) (1) Nuclear Suppliers’ Group,(2) http://my.reset.jp/~adachihayao/index081216D.htm,(3) Areva,(4) Nuclear Power Corporation of India,(5) European Pressurised Reactors (EPR),(6) Maharashtra,(7) Jaitapur,(8) Nuclear Power Corporation of India Limited,(9) Minister of State in PMO Prithviraj Chavan,(10) French Minister of State for Foreign Trade Anne Marie Idrac,(11) Kazakhstan。(12) Vienna,(13) IAEA,(14) India-specific safeguards agreement,(15) Rajasthan Atomic Power Station,(16)




●インドネシアの天然ガス生産,僅かに上向き

インドネシアの原油ガスの生産落ち込みに神経を尖らせているのは,他ならぬインドネシア国会である。何度もエネルギー省や企業の代表を国会に呼び出して,外国企業の誠意が足りないのではないか,との疑念を持っている。国有のプルタミナへの信頼を強く打ちだして来ており,リアウのガスや東部ジャワのセプなど,大いに関心を持っている。最新の情報は,2009年1月24日付本HP(注16)である。

今日の記事は,カラ副大統領(注17)と日本のLNGが絡んで,興味ある記事である。タングー油田(注18)の新規ガス供給が加わるにもかかわらず,老朽化した油田から逃す生産減少で,全体のガス生産量は,僅かに上向いただけに終わっている。ガス規制機関BPミガス(注19)のプリヨノ会長(注20)は,2009年のガス生産目標は,日75.0億立方フィートで,2008年の実績,74.6億立方フィートを僅かに越えただけである,と。

プリヨノ会長(注20)によると,多くの油田,例えば,アチェのアルン油田(注21)などは生産が減っている。BPミガス(注19)の資料によると,特に老朽化した油田では,今年の目標は一般に低い。これらの企業は,トータル(注22),VICO(注23),ペトロチャイナ(注24),BP(注25),CNOOC(注26),シェブロン(注27),プレミア石油(注28)である。

しかし,2008年より高く目標を設定している企業もある。その中には,プルタミナ(注29),CONOCO(注30),エクソンモービル(注31),KODECO(注32)などが含まれている。エネルギー大臣プルノモ氏(注33)は,幸運にも,これらの企業が穴埋めしてくれて,何とかバランス上,生産減を避け得た,としている。プリヨノ会長は,タングー油田(注18)の生産開始は,2009年2月の予定が,4月にずれ込むと言っている。

プリヨノ会長は,タングー油田(注18)の生産開始のためには,もう少し時間が必要,と。タングー油田(注18)は巨大で,パプアのビントウニ湾(注34)地域で,14.4兆立方フィートの天然ガス包蔵が確認されている。プリヨノ会長によると,4月に始まる日生産量は,500MMscfd(注35)で,最初の供給は5月になるだろうと。

エネルギー省のレゴヲ原油ガス局長(注36)は,原油ガス生産の落ち込みを救う唯一の方法は,新規油田の探査による発見であるとし,現在,31のブロックで入札を行っていて,4月か5月には,入札を開示することになろう,と。インドネシア政府は最近,何度も,輸出よりも国内優先,を繰り返し言っている。しかしプルノモ大臣(注33)は,場所により,高度な技術を必要とするプロジェクトでは,輸出せざるを得ないだろう,と見ている。

プルノモ大臣(注33)は,東カリマンタン沖(注37)のシェブロン(注27)の原油ガスプロジェクトは,深海であり,開発は高価,ここから生産される天然ガスは,国内で受け入れられることは無理だ,と見ている。プルノモ大臣(注33)は,この天然ガスの開発を,これは無理であろうが,国内で受け入れられる時点まで延期するか,それでなければ,天然ガス全体で国内を満たしてから,これを輸出に回すしか方法がない,と。

インドネシアは,世界で第5位のLNG輸出国で,買ってないほどの内外の需要の高まりに呼応して,天然ガス生産を上げるべく戦っている。インドネシア政府は,輸出できることは全く光栄であるが,まず国内を満たさなければならない,としている。日本にいるカラ副大統領(注17)は,最大のLNG輸入国日本は,更にインドネシアのLNGを求めているが,国内優先を繰り返している。現在,インドネシアのガスは,日本の消費の20%である。

(注) (16) http://my.reset.jp/~adachihayao/index090124B.htm,(17) Vice President Jusuf Kalla,(18) Tangguh field,(19) BPMigas,(20) R. Priyono, chairman of upstream oil and gas regulator BPMigas,(21) Arun fields (in Aceh),(22) Total E&P Indonesie,(23) Vico Indonesia,(24) Petrochina International Jabung Ltd.,(25) BP West Java Ltd.,(26) CNOOC SES Ltd.,(27) Chevron Indonesia Co.,(28) Premiere Oil Natuna Sea B.V.,(29) PT Pertamina,(30) ConocoPhillips (Grissik) Ltd.,(31) ExxonMobil Oil Indonesia Inc.,(32) Kodeco Energy Co., Ltd.,(33) Energy and Mineral Resources Minister Purnomo Yusgiantoro,(34) Bintuni Bay area in Papua,(35) 500 MMscfd (million standard cubic feet per day),(36) Evita H. Legowo, director for oil and gas at the ministry,(37) off East Kalimantan,(38)

●中国,ジンピン水力プロジェクト,2013年運転開始へ

中国鉄道建設公社CRCC(注38)によれば,中国南西部,四川省(注39)のジンピン水力発電所(注40)は,2013年にも,第1号機運転にこぎ着ける予定であると。建設工事の鍵となる仮排水路トンネル(注41)は,2009年1月に着工した。このトンネルは,長さ16kmで,4本である。総工事費は,298億元,約43.6億ドル相当,である。

場所は,ヨンロン川(注42)の本流上のジンピンダム(注43)に位置する。出力は,4,800MWで,ヨンロン川(注42)で最大である。すべての完成は,2015年を予定しており,電力は四川省(注39)を潤すが,更に,重慶(注44)や中国東部に供給される。


(注) (38) China Railway Construction Corporation Limited,(39) Sichuan Province,(40) Jinping Hydropower Station,(22.7619 103.2156) 雅著江錦屏二級水電站,(41) diversion tunnel,(42) Yalong River,雅著江,(43) Jinping Dam,(44) Chongqing City,(45)

●中国,2009年の電力投資,5800元

中国北京,火曜日,2009年2月3日,国家エネルギー作業部会(注45)が開催された席上で,中国国家エネルギー管理庁CNEA(注46)のザングオバオ長官(注47)が説明,2009年の中国は,電力建設に,5,800億元,約848億ドル,を投入して,原子力と風力を含めた,主として新エネルギーの開発を促進する,と。

2009年の中国エネルギー開発計画によると,3つの原子力発電所,ゼジアン-サンメン(注50),シャンドン-ハイヤン(注51),グアンドン-タイシャン(注52),合計8,400MWの着工に踏み切る。また一方,総計10,000MWの風力発電所を,ガンスー(注53),内モンゴル(注54),湖北(注55),ジアンスー(注56)の各省で,10年かけて建設する。また,石炭火力の建設も進める。

石炭と電力の総合開発基地を着工する。それは,内モンゴル(注54)のシリンゴルリーグ(注57)と,山西省(注58)の石炭電力総合開発(注59)である。このために送電線を建設するが,その容量は,リアオニン省(注60)向けが3,000MW,山東省(注61)向けが,4,000MWである。ザングオバオ長官(注47)は,小規模の火力,炭坑,石油精製工場を廃止して,大規模エネルギーインフラの建設に切り替える方針,と言っている。

更に,中期及び長期の計画に於いて,原子力開発の調整を行い,また,電源と供給のバランスをとるため,農村部,都市部の送電網の再建設にも着手すると。2009年には,エネルギー建設に関する第12次五カ年計画(2011〜2015年)(注62)の事前検討を行い,その前半には,各界の意見を聴取する。

中国の電力は発展を続けており,毎年,100,000MWのオーダーで増えていて,2008年末には,792,000MWに達して,米国に次いで第2位の位置にいる。しかし,中国の電力は多くの問題を抱えている。ある省では明らかに電力余剰であるが,他の省では急激に供給力が落ちている。また,不法な発電所の建設が後を絶たず,これらが国内電力企業の状態を悪化させている。

水力発電所,風力発電所,送電網も,最近は新しい問題点や困難に遭遇している。ザングオバオ長官(注47)は,電力会社が未だに多くの損失を抱えていて,需要を妨げ,経済を追い込んでいるが,これは,中国が,電力産業の開発を最適化するための,よい機会だと思っている,と述べている。

(注) (45) National Energy Working Conference,(46) China's National Energy Administration,(49) Zhang Guobao, head of China's National Energy Administration,(50) Zhejiang Sanmen,(51) Shandong Haiyang,(52) Guangdong Taishan,(53) Gansu province,(54) Inner Mongolia,(55) Hebei province,(56) Jiangsu province,(57) Xilin Gol League in Inner Mongolia,(58) Shanxi province,(59) coal-electricity base,(60) Liaoning province,(61) Shandong province,(62) Twelfth Five-Year Program (2011-2015),(63)

参考資料

インド


●090205A India, Economic Times
インド,仏のアレバと,原子力協力で覚書署名
India to sign MoU with AREVA for nuclear reactors on Feb 4

http://economictimes.indiatimes.com/News/News_By_Industry/Energy/India_to_sign_MoU_with_AREVA_for_nuclear_reactors_on_Feb_4/articleshow/4071504.cms

インドネシア

●090205B Indonesia, The Jakarta Post
インドネシアの天然ガス生産,僅かに上向き
Gas output to rise slightly

http://www.thejakartapost.com/news/2009/02/04/gas-output-rise-slightly.html

中国

●090205C China, tradingmarkets
中国,ジンピン水力プロジェクト,2013年運転開始へ
Jinping Hydropower Station to Begin to Run in 2013

http://www.tradingmarkets.com/.site/news/Stock%20News/2155720/
●090205D China, capital-en.trend
中国,2009年の電力投資,5800元
China to invest 580 bln yuan in power construction in 2009

http://capital-en.trend.az/empty/1416532.html


元へ戻る


過去のニュース

●ミャンマーのアラカン州に鉄道建設 (090204)
●ラオスのナムグム第2水力順調に推移 (090203)
●インドの小水力包蔵は15,000MW (090202)
●再生可能エネルギーの前提はベース原子力 (090201)

●インドの石炭火力は燃料不足に (090131)
●インド北辺でのインド企業の奮戦 (090130)
●ミャンマー首相がアラカンを視察 (090129)
●フィリッピンのバターン原発再稼働問題 (090128)
●ネパールの水力開発との戦い (090127)
●フィリッピンの電力改革に黄色信号 (090126)
●中国雲南のダムが景気刺激策で動く (090125)
●インドネシアのガス供給は国内優先 (090124)
●インドネシアのLNGに三菱160億ドル (090123)
●オバマ大統領の手から水が漏れた (090122)
●インドの北辺水力開発は人類最後の戦い (090120)
●パキスタンのロワリ隧道完成へ (090119)
●ベトナムが再生可能エネルギーに悩む (090118)
●中国国家送電網の内外での大活躍 (090117)
●フィリッピンの送電譲渡で電源はどうなる (090116)
●ミャンマーのアラカンに500MWダム (090115)
●インドネシアのガス田でエクソンと紛争 (090114)
●ネパールは中国の投資を歓迎 (090113)
●フィリッピンのセブに200MW石炭火力 (090112)
●インドのAP州に縦貫ハイウエーの計画 (090111)
●フィリッピンが中国のODA見直し (090110)
●パキスタンは2016年までに25,270MW (090109)
●インドの海岸の火力は輸入炭30% (090108)
●フィリッピンのエネルギー長官が回顧 (090107)
●インドネシアで新規電源が年内に (090106)
●ネパールの停電対策に新たな提言 (090104)
●パキスタンとイランの協力強化 (090103)
●カンボジアは中国企業に補償の義務 (090102)
●カンボジアの電気料金高止まりは続く (090101)

●インドのマハラシュトラの電源 (081231)
●インドネシアの原子力に不安 (081230)
●中国のエネルギー安全保障 (081229)
●中国の金沙江の開発進む (081228)
●インドがカシミールで水力推進決意 (081227)
●インド国家電網に世界銀行ローン (081226)
●インドのアルナチャルプラデシュの開発機運 (081225)
●中国2千キロの80万ボルト直流送電 (081224)
●中国がインドネシアのエネルギーに31億ドル (081223)
●インドのガスとLNGを巡る情勢 (081222)
●パキスタンの水力便益地元還元 (081221)
●フィリッピンの電気料金は民営化で下がるか (081220)
●インド北辺水力開発に変わった兆し (081219)
●フィリッピンの再生可能で産業界が沸き立つ (081218)
●フィリッピンが再生可能400万KW開発へ (081217)
●米国の知的送電網開発の気運 (081216)
●メコン委員会も気候変動戦争に参戦 (081215)
●インドが省エネ取引市場を計画 (081214)
●インダスのニールム川に火花散る (081213)
●中国の地方政府の開発志向は止まらない (081212)
●NGOが世界銀行は温暖化の元凶と (081211)
●原油価格下降の現状とこれからの動き (081210)
●中国の経済外交が国内巨大需要へ急旋回 (081209)
●パキスタンのバシャダムの資金不足 (081208)
●フィリッピンの送電網は中国へ (081207)
●インドの電力が最高警戒レベル (081206)
●パキスタンがインドへ水補償要求 (081205)
●メコン事務局長が投稿立場説明 (081204)
●ベトナムの電力改革迷走か (081203)
●比のロペスが国産資源開発へシフト (081202)
●インド北部の水力二つ前進へ (081201)

●マニラのプール市場に混乱 (081130)
●タイEGATの海外進出への飛躍 (081129)
●世銀の大規模インフラに批判の声 (081128)
●フィリッピンの再生可能エネルギー再び (081127)
●ミャンマーのラシオへの思い (081126)
●インドのパイプラインへの挑戦 (081125)
●パキスタンの水問題深刻 (081124)
●ベトナムの開発に何か変化が (081123)
●インドネシアの石炭探査投資を (081122)
●中国雲南省がコルカタへ調査団 (081119)
●パキスタンのダムになお異論 (081118)
●ミャンマーは更にダム開発加速 (081117)
●インド北東地域の送電線計画 (081116)
●メコン洪水で再び中国ダム論争 (081115)
●金融危機とインドの電源開発 (081114)
●カンボジアのNGO天国終焉 (081113)
●インドの電力プール市場 (081111)
●フィリッピンのマイクロ水力 (081109)
●カンボジアの多彩な水力開発 (081108)
●IEAが原油動向で報告書 (081107)
●インドの大規模火力に資金難 (081106)
●中国の石炭に下降傾向 (081105)
●タイ首相ナムグムの水を東北タイへ (081104)
●タイの原子力地点決定は2009年末 (081103)
●イランのパイプラインとインドの優柔不断 (081102)
●ミャンマーでの中国のプレゼンス (081101)

●ベトナム油田へのロシアの参入 (081031)
マニラ配電の先行き見通し (081030)
カンボジアなどへの中国の進出 (081029)
中国の水力開発規模は世界一 (081028
インドネシアの 電気料金上げ (081027)
中国企業がアザドカシミールにダム投資 (081026)
中国広西とベトナムを結ぶ線 (081025)
丸紅のフィリッピンへの取り組み (081024)
インドネシアと中国のLNG契約 (081023)
ラオスの水力で住民補償が再燃 (081022)
世界で50カ国以上が原子力発電を計画 (081021)
世界金融情勢の変化の影響 (081020)
インドとパキスタン対立の悪夢 (081019)
パキスタン大統領の北京挑戦 (081018)
インド北辺水力開発に反旗 (081017)
米国がインドへ原子力通商使節団 (081016)
フィリッピンの天然ガスと電気料金 (081015)
フィリッピンの長期エネルギー計画 (081014)
インドの大規模石炭火力計画 (081013)
ミャンマーの水力への外国投資 (081012)
ダム建設を巡るカシミール問題 (081011)
フィリッピンの国産エネルギーへの拘り (081010)
バングラデシュとミャンマーの関係 (081009)
バングラデシュのエネルギー長期見通し (081008)
中国政府のチベット開発政策 (081007)
●ADBが初めてベトナム水力支援 (081006)
●知的送電線ネットワークの発想へ (081005)

中国とインドのエネルギー問題 (081004)
インドの原子力開発加速へ (081003)
アジア大陸の水源はチベット高原 (081002)
インドの配電組織改革 (081001)

フィリッピンの再生可能エネへの取組 (080930)
インドの地球温暖化との戦い (080929)
サルウイーン河のダム開発 (080927)
メコン流域会議開催と中国 (080926)
インド,25年までに6千万KW水力開発 (080925)

元に戻る


アジアのエネルギー最前線 地図


大きな地図で見る

元に戻る


ウエブ全体検索

カスタム検索

本サイト内検索

カスタム検索

メールマガジン配信ご希望の方は下記いずれかより申し込んで下さい,無料です。

【日刊 アジアのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000226907.html 231
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/12995.html 232
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/8660/p/1/ 239
http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=010578 43
http://www.melma.com/backnumber_167974/ 128

【週刊 アフリカのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000273675.html 43
http://kapu.biglobe.ne.jp/14528/index.html 9
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19799/p/1/ 7
https://my.melma.com/basicinformationcomp/ 12

【週刊 中南米のエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000273730.html 38
http://kapu.biglobe.ne.jp/14529/index.html 4
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19814/p/1/ 5
https://my.melma.com/basicinformationcomp/ 20

【週刊 中東のエネルギー最前線】
http://kapu.biglobe.ne.jp/14531/index.html 5
http://www.mag2.com/m/0000273808.html 23
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19836/p/1/ 9

【週刊 再生可能エネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000274231.html 42
http://kapu.biglobe.ne.jp/14551/index.html 7
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19956/p/1/ 4
http://my.melma.com/login/(発行申請中)

【週刊 世界の地球温暖化最前線】
http://www.mag2.com/m/0000276643.html 33
http://kapu.biglobe.ne.jp/14611/index.html 6
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/20572/p/1/ 3
http://www.melma.com/backnumber_177719/ 23

【週刊 中央アジアのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000277253.html 34
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/ (発行申請中)
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/20748/p/1/ 6
http://www.melma.com/backnumber_177671/ 16

【不定期 オバマ政権のエネルギー最前線】
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/14713.html
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/8660/p/1/
http://www.melma.com/backnumber_167974/ 8


読者数 直接メール 253 延べ 1,475人

元へ戻る


海外出張直前重要サイト
通貨換算||時差||電話コード||フライト一覧||ホテル予約||各地気象||世界天気予報|| 海外安全情報|| 海外用品|海外医療||海外出張支援|| 海外赴任ナビ|| 成田へ|| 羽田へ|| 関空へ|| 伊丹へ|| ロンリプラネット|

| 鈴木篁氏] | Livedoor | |@nifty| | Gmail | |Bangkok Post| |Manila Bulletin| |Jakarta Post| |Economic Times| |時事通信| |ZAKZAK|

○https://www.blogger.com/start?hl=ja ○http://www.google.com/intl/en/press/intl-zeitgeist.html ○http://translate.google.com/translate_t?hl=ja# ○http://maps.google.com/maps?hl=ja&tab=wl 城km z http://news.google.com/news?hl=ja&sa=N&tab=ln&q= ○https://www.google.com/adsense/login3 ○http://mail.google.com/mail/#inboxhttp://www.google.com/ig?hl=jahttps://www.google.com/webmasters/tools/docs/ja/about.htmlhttps://www.google.com/webmasters/tools/summary?siteUrl=http%3A%2F%2Fmy.reset.jp%2F%7Eadachihayao%2F&hl=ja


| HOME | |サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | | プロジェクト位置図 |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| |週刊 アフリカのエネルギー最前線 | | 週刊 中央アジアのエネルギー最前線 | | オバマのエネルギー |
|週刊 中南米のエネルギー最前線| | 週刊 再生可能エネルギー最前線 | | 週刊 中東のエネルギー最前線 | | 世界の地球温暖化最前線 |

お問い合わせまたはご意見は下記メールアドレスへ
PGA02435@nifty.com