アジアのエネルギー最前線
Watch the latest videos on YouTube.com

| HOME | |サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | | プロジェクト位置図 |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| | アフリカのエネルギー最前線 | | 中央アジアのエネルギー最前線 | | オバマのエネルギー |
| 中南米のエネルギー最前線 | | 再生可能エネルギー最前線 | | 中東のエネルギー最前線 | | 世界の地球温暖化最前線 |

Since 1998 October
(本更新直前496,165 ,メルマガ配信数 1.475)


ー 日刊アジアのエネルギー最前線 2009年2月7日分 ー 中国は温暖化対策で先進国の義務強調 ー

2009年2月7日 ー 中国は温暖化対策で先進国の義務強調 ー

ジアンユ外務報道官

今日の日経は,日本政府の気候変動問題対応への苦戦を伝えている。中国の攻撃は激しい。あの中国外務省のジアンユ報道官が,極めて明確に,中国の気候変動,地球温暖化対策への対応について,説明している。責任は先進国にあると,途上国も努力はするが,あくまで途上国の目標は任意であり,過去の責任をとる意味で,先進国には温暖化ガス排出の義務を課すべきだ,と。

それなら一層,中国とインドには,先進国の中に入って貰ってはどうか,と言いたくなるが,中国は何もしないと言ってはいないだけに,顔に似合わず,極めてしぶとい外務報道官の姿勢である。今日の日経は,「中国,干ばつ深刻化,小麦産地直撃,供給不足も」,とその惨状を伝えている。冬小麦は,作付け面積の44%が被害を受けているという。気候変動の影響をまともに受けているのか。

今日,ここで問題にしたいのは,中国政府の目標,2010年に再生可能エネルギーを一次エネルギーの10%に上げる,と約束していることである。電力だけ取り上げても,約8億KWあるから,10%と言えば,80,000MW,日本の電力の約40%にあたる量を,再生可能エネルギー,それも風力だけで賄うのだから大変で,当然,大規模水力も立派な再生エネルギーとして評価されている。

今日の記事でも,( )付きで,大規模水力も含む,と明記されている。今まで中国の言う再生可能エネルギーの定義は,明確でなかったが,当然入っているものと考えてきた,三峡ダムも勿論である。日本は,もう大規模ダムによる発電はない,と考えれば,この問題はどうでも良いわけだが,米国の場合は,最近の記事で,適切な水力は再生可能エネルギーと勘定する,と書かれている。

我々の再生可能エネルギー開発の目的は何なのか。CDMである特定の人に便益を与えることなのか,そうではなくて,地球温暖化から地球を救うためだ,と考えるときに,これは原子力も含めての話だが,地域の問題と地球の問題を,もう少し分けて考える必要があると思う。CDMから,原子力や大規模水力を除く,と言う考え方は,CDM市場で,太陽光や風力と競い合うことが,不適切,との考えからでていないか,懸念する。

ダムに,もし問題があるとすれば,それはその地域の,或いはもっと広くその河川の流域の中で考えるべきことで,地球の中で考えることではないと思う。例えば極端な話,日本が,地球の温暖化抑制のために,淀川の大山崎にダムを造り京都市を全部湖にして石炭火力を全部廃止して,地球のために貢献する,と言えば,世界の人々は,サンキュー,と言うべき問題だろう。ダム反対と地球温暖化対策は,全く別の問題だと思う。

地球全部の環境の問題と,ローカルの環境問題は,大きくなると繋がる可能性はあるが,今のところは別に考えても良いのではないか。大規模ダムで大規模水力発電所を造り,その分だけ石炭火力を少なくする,その大規模ダムを国内問題としてそれぞれの政府が環境問題を解決してくれるならば,それはそれで良し,だから,大規模水力が開発可能な地域は,当然それは再生可能エネルギーとして取り扱うべきだ。

大規模ダムの住民移住の問題などに反対するのは,それはそれで別の問題として扱えばよい,地球温暖化に反対する例えば環境専門家が,同時に大規模な再生可能エネルギー,大規模ダムの反対するのは,それは,まさしく矛と盾の問題で,矛と盾とどちらが強いかの議論になってしまう。地球温暖化のためにインドが北辺にダムを建設する,環境への対応が悪ければ,それを議論して直せばよいのだ,と思う。

CDMに原子力と大規模水力を入れないのは,どういう分けか。それは,地球には優しくても地域の被害を招く恐れがあるからか。それなら,地域の問題は地域で解決すべきで,解決されたものをCDMの市場に持ち込んで,何処が悪いか,と言うことにならないか。CDMの市場に原子力や水力ぅを持ち込めば,市場が混乱する,と考えているならば,それは真剣に地球を救おうと思っていないことになるのではないか。

本文

●ミャンマー,インド副大統領が,タンシュエ将軍と会談

経済界首脳を引き連れたインドのアンサリ副大統領(注1)一行のミャンマー訪問については,昨日,2009年2月6日付け本HP(注6)で取り上げたばかりである。副大統領(注1)一行は,早速,首都ネピトー(注3)で,ミャンマー首脳との会談に臨んだ。ネピトー(注3)からのインド側記者からの報告であるが,中国あり,天然ガスありで,なかなか核心に迫らない会談であるが,うちに込められた思惑がほとばしり出るようだ。

アンサリ副大統領(注1)は,早速に,ミャンマーナンバーワンのタンシュエ将軍(注2)と会談して,基本的な両国の関係強化を深めることに合意した上,当面の重要な協力分野を絞り込んだ。それは,農業と鉄道である。農業については,農業技術に重点を置き,鉄道については,機関車の供与に,ミャンマー側は関心を示した。

実務的には,アンサリ副大統領(注1)とマウンアイ将軍(注4)の会談に移ったが,この席には,殆どのミャンマー側の閣僚が出席するという歓待ぶりだったようだ。インド側の外務省カツ次官(注5)によると,会談は大いに農業問題に集中したという。セン駐ミャンマーのインド大使(駐7)もこれを確認している。大使(駐7)は特に,鉄道分野の協力についても語っている。インドの機関車供与は,歴史があるようだ。

農業や鉄道は,かなり表面的な協力分野であって,次に出てきたのは,水力開発や運輸と共に,ハイドロカーボン(注8)が強く取り上げられた。このハイドロカーボン(注8)が何を意味しているのか,原油天然ガスを含んだ全部の炭化水素の資源を総称しているのか,海底に眠る炭化水素の固形対を意味しているのか,よく分からない。おそらく,競争の激しい天然ガスという言葉を避けたのではないか,と言う気がする。どうですかね?

両サイドから,特にこの7年間の両国の深まる関係について言及しており,実績面から見た協力分野は,道路,電力,ハイドロカーボン(注8),通信,IT分野,などが強調された。国境の治安問題も話し合われたが,特にエネルギー安全保障の言葉も使っているので,水力電気の輸出や天然ガスの輸出などを頭に置いた話し合いだったのであろう。そこは中国も気にしているところだ。

インドは,欧米からのミャンマーの民主化についてのアドバイスを,中国同様無視してきているが,インドは,この外交の枠の問題とエネルギーの間の微妙なバランスの上で行動していることになる。今から5年前に,2004年,ミャンマーのタンシュエ将軍(注2)がデリーを訪問,インド側はこれを赤絨毯で歓迎したわけで,それが,インドの明確な意志を表している。

(注) (1) Vice President Hamid Ansari,(2) head of the country's military junta Gen Than She,(3) Nay Pyi Taw,(4) Gen Maung Aye,(5) Special Secretary in the Ministry of External Affairs, Vivek Katzu,(6) http://my.reset.jp/~adachihayao/index090206.htm,(7) Indian Ambassador to Myanmar, Aloke Sen,(8) hydrocarbon,(9)

●中国,先進国の温暖化ガス削減を要請へ

簡潔な記事だが,最近の中国政府の気候変動への取り組み,姿勢を,公式に記者会見で表明したものとして,興味ある記事である。この木曜日,2009年2月5日,中国のジアンユ外務省報道官(注12)が,記者会見に臨んだ。中国政府は,2009年末にデンマークのコペンハーゲン(注11)で予定されている気候変動(注10)会議の成功は,先進国が2012年以降も,その温暖化ガス(注9)の削減を確認することが前提である,と。

基本的な問題は,先進国と途上国の違いであり,途上国の温暖化ガスの削減は任意であり,先進国のそれは義務であると。途上国と先進国では,その責任と義務に大きな違いがあると。コペンハーゲン(注11)での結論には,国連気候変動枠組UNFCCC(注14)と京都議定書(注15)を実行するために,バリで決めた工程表(注13)に沿って,議論がなされなければならないと。

2007年12月のバリに於ける気候変動会議(注16)で,2009年にデンマークで合意すべく,2年間に亘る工程表(注13)が決められた。2009年末のコペンハーゲン(注11)会議では,2012年に終了する京都議定書(注15)に変わる協定がなされる予定になっている。ジアンユ外務省報道官(注12)は,この工程表(注13)に遅れている,と警告している。国際社会は,気候変動対策に,同じ挑戦を強いられているのだ,と。

更にジアンユ外務省報道官(注12)は,中国や他の途上国も,気候変動への努力を続けている,もし,先進国が約束したように,資金の支援や技術移転を確実に実施してくれれば,途上国はもっと成果を上げることが出来るであろう,と。また,中国の温暖化ガス(注9)は大きいが,それは人口圧力から来るもので,一人当たりの排出量や,過去の排出の積み重なりは,まだ低いレベルである,と主張している。

中国は,他の途上国と共に,国際的な枠組みの中で気候変動には果敢に挑戦して行く,と。既にこれに向かっての政策を展開中で,5カ年計画では,GDP当たりのエネルギー使用量を,2010年には2005年の実績から20%削減する目標を持っている,と。他に,再生可能エネルギーの割合を2010年には10%とすることと,森林被覆を20%増大する,ただし,再々可能エネルギーには,大規模水力を含めている,と。

(注) (9) greenhouse gas emissions,(10) climate change,(11) Copenhagen,(12) Chinese Foreign Ministry spokesperson Jiang Yu,(13) Bali Roadmap,(14) UN Framework Convention on Climate Change (UNFCCC),(15) Kyoto Protocol,(16) United Nations Climate Change Conference,(17)

参考資料

ミャンマー


●090207A Myanmar, zeenews
ミャンマー,インド副大統領が,タンシュエ将軍と会談
VP Hamid Ansari meets head of Myanmar's military junta

http://www.zeenews.com/nation/2009-02-07/505135news.html

中国

●090207B China, xinhuanet
中国,先進国の温暖化ガス削減を要請へ
China urges developed countries to further fulfill commitment to greenhouse
http://news.xinhuanet.com/english/2009-02/05/content_10770578.htm


元へ戻る


過去のニュース

●インドの副大統領がミャンマーへ (090206)
●中国の電力設備は792,000MW (090205)
●ミャンマーのアラカン州に鉄道建設 (090204)
●ラオスのナムグム第2水力順調に推移 (090203)
●インドの小水力包蔵は15,000MW (090202)
●再生可能エネルギーの前提はベース原子力 (090201)

●インドの石炭火力は燃料不足に (090131)
●インド北辺でのインド企業の奮戦 (090130)
●ミャンマー首相がアラカンを視察 (090129)
●フィリッピンのバターン原発再稼働問題 (090128)
●ネパールの水力開発との戦い (090127)
●フィリッピンの電力改革に黄色信号 (090126)
●中国雲南のダムが景気刺激策で動く (090125)
●インドネシアのガス供給は国内優先 (090124)
●インドネシアのLNGに三菱160億ドル (090123)
●オバマ大統領の手から水が漏れた (090122)
●インドの北辺水力開発は人類最後の戦い (090120)
●パキスタンのロワリ隧道完成へ (090119)
●ベトナムが再生可能エネルギーに悩む (090118)
●中国国家送電網の内外での大活躍 (090117)
●フィリッピンの送電譲渡で電源はどうなる (090116)
●ミャンマーのアラカンに500MWダム (090115)
●インドネシアのガス田でエクソンと紛争 (090114)
●ネパールは中国の投資を歓迎 (090113)
●フィリッピンのセブに200MW石炭火力 (090112)
●インドのAP州に縦貫ハイウエーの計画 (090111)
●フィリッピンが中国のODA見直し (090110)
●パキスタンは2016年までに25,270MW (090109)
●インドの海岸の火力は輸入炭30% (090108)
●フィリッピンのエネルギー長官が回顧 (090107)
●インドネシアで新規電源が年内に (090106)
●ネパールの停電対策に新たな提言 (090104)
●パキスタンとイランの協力強化 (090103)
●カンボジアは中国企業に補償の義務 (090102)
●カンボジアの電気料金高止まりは続く (090101)

●インドのマハラシュトラの電源 (081231)
●インドネシアの原子力に不安 (081230)
●中国のエネルギー安全保障 (081229)
●中国の金沙江の開発進む (081228)
●インドがカシミールで水力推進決意 (081227)
●インド国家電網に世界銀行ローン (081226)
●インドのアルナチャルプラデシュの開発機運 (081225)
●中国2千キロの80万ボルト直流送電 (081224)
●中国がインドネシアのエネルギーに31億ドル (081223)
●インドのガスとLNGを巡る情勢 (081222)
●パキスタンの水力便益地元還元 (081221)
●フィリッピンの電気料金は民営化で下がるか (081220)
●インド北辺水力開発に変わった兆し (081219)
●フィリッピンの再生可能で産業界が沸き立つ (081218)
●フィリッピンが再生可能400万KW開発へ (081217)
●米国の知的送電網開発の気運 (081216)
●メコン委員会も気候変動戦争に参戦 (081215)
●インドが省エネ取引市場を計画 (081214)
●インダスのニールム川に火花散る (081213)
●中国の地方政府の開発志向は止まらない (081212)
●NGOが世界銀行は温暖化の元凶と (081211)
●原油価格下降の現状とこれからの動き (081210)
●中国の経済外交が国内巨大需要へ急旋回 (081209)
●パキスタンのバシャダムの資金不足 (081208)
●フィリッピンの送電網は中国へ (081207)
●インドの電力が最高警戒レベル (081206)
●パキスタンがインドへ水補償要求 (081205)
●メコン事務局長が投稿立場説明 (081204)
●ベトナムの電力改革迷走か (081203)
●比のロペスが国産資源開発へシフト (081202)
●インド北部の水力二つ前進へ (081201)

●マニラのプール市場に混乱 (081130)
●タイEGATの海外進出への飛躍 (081129)
●世銀の大規模インフラに批判の声 (081128)
●フィリッピンの再生可能エネルギー再び (081127)
●ミャンマーのラシオへの思い (081126)
●インドのパイプラインへの挑戦 (081125)
●パキスタンの水問題深刻 (081124)
●ベトナムの開発に何か変化が (081123)
●インドネシアの石炭探査投資を (081122)
●中国雲南省がコルカタへ調査団 (081119)
●パキスタンのダムになお異論 (081118)
●ミャンマーは更にダム開発加速 (081117)
●インド北東地域の送電線計画 (081116)
●メコン洪水で再び中国ダム論争 (081115)
●金融危機とインドの電源開発 (081114)
●カンボジアのNGO天国終焉 (081113)
●インドの電力プール市場 (081111)
●フィリッピンのマイクロ水力 (081109)
●カンボジアの多彩な水力開発 (081108)
●IEAが原油動向で報告書 (081107)
●インドの大規模火力に資金難 (081106)
●中国の石炭に下降傾向 (081105)
●タイ首相ナムグムの水を東北タイへ (081104)
●タイの原子力地点決定は2009年末 (081103)
●イランのパイプラインとインドの優柔不断 (081102)
●ミャンマーでの中国のプレゼンス (081101)

●ベトナム油田へのロシアの参入 (081031)
マニラ配電の先行き見通し (081030)
カンボジアなどへの中国の進出 (081029)
中国の水力開発規模は世界一 (081028
インドネシアの 電気料金上げ (081027)
中国企業がアザドカシミールにダム投資 (081026)
中国広西とベトナムを結ぶ線 (081025)
丸紅のフィリッピンへの取り組み (081024)
インドネシアと中国のLNG契約 (081023)
ラオスの水力で住民補償が再燃 (081022)
世界で50カ国以上が原子力発電を計画 (081021)
世界金融情勢の変化の影響 (081020)
インドとパキスタン対立の悪夢 (081019)
パキスタン大統領の北京挑戦 (081018)
インド北辺水力開発に反旗 (081017)
米国がインドへ原子力通商使節団 (081016)
フィリッピンの天然ガスと電気料金 (081015)
フィリッピンの長期エネルギー計画 (081014)
インドの大規模石炭火力計画 (081013)
ミャンマーの水力への外国投資 (081012)
ダム建設を巡るカシミール問題 (081011)
フィリッピンの国産エネルギーへの拘り (081010)
バングラデシュとミャンマーの関係 (081009)
バングラデシュのエネルギー長期見通し (081008)
中国政府のチベット開発政策 (081007)
●ADBが初めてベトナム水力支援 (081006)
●知的送電線ネットワークの発想へ (081005)

中国とインドのエネルギー問題 (081004)
インドの原子力開発加速へ (081003)
アジア大陸の水源はチベット高原 (081002)
インドの配電組織改革 (081001)

フィリッピンの再生可能エネへの取組 (080930)
インドの地球温暖化との戦い (080929)
サルウイーン河のダム開発 (080927)
メコン流域会議開催と中国 (080926)
インド,25年までに6千万KW水力開発 (080925)

元に戻る


アジアのエネルギー最前線 地図


大きな地図で見る

元に戻る


ウエブ全体検索

カスタム検索

本サイト内検索

カスタム検索

メールマガジン配信ご希望の方は下記いずれかより申し込んで下さい,無料です。

【日刊 アジアのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000226907.html 231
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/12995.html 232
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/8660/p/1/ 239
http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=010578 43
http://www.melma.com/backnumber_167974/ 128

【週刊 アフリカのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000273675.html 43
http://kapu.biglobe.ne.jp/14528/index.html 9
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19799/p/1/ 7
https://my.melma.com/basicinformationcomp/ 12

【週刊 中南米のエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000273730.html 38
http://kapu.biglobe.ne.jp/14529/index.html 4
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19814/p/1/ 5
https://my.melma.com/basicinformationcomp/ 20

【週刊 中東のエネルギー最前線】
http://kapu.biglobe.ne.jp/14531/index.html 5
http://www.mag2.com/m/0000273808.html 23
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19836/p/1/ 9

【週刊 再生可能エネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000274231.html 42
http://kapu.biglobe.ne.jp/14551/index.html 7
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19956/p/1/ 4
http://my.melma.com/login/(発行申請中)

【週刊 世界の地球温暖化最前線】
http://www.mag2.com/m/0000276643.html 33
http://kapu.biglobe.ne.jp/14611/index.html 6
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/20572/p/1/ 3
http://www.melma.com/backnumber_177719/ 23

【週刊 中央アジアのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000277253.html 34
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/ (発行申請中)
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/20748/p/1/ 6
http://www.melma.com/backnumber_177671/ 16

【不定期 オバマ政権のエネルギー最前線】
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/14713.html
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/8660/p/1/
http://www.melma.com/backnumber_167974/ 8


読者数 直接メール 253 延べ 1,475人

元へ戻る


海外出張直前重要サイト
通貨換算||時差||電話コード||フライト一覧||ホテル予約||各地気象||世界天気予報|| 海外安全情報|| 海外用品|海外医療||海外出張支援|| 海外赴任ナビ|| 成田へ|| 羽田へ|| 関空へ|| 伊丹へ|| ロンリプラネット|

| 鈴木篁氏] | Livedoor | |@nifty| | Gmail | |Bangkok Post| |Manila Bulletin| |Jakarta Post| |Economic Times| |時事通信| |ZAKZAK|

○https://www.blogger.com/start?hl=ja ○http://www.google.com/intl/en/press/intl-zeitgeist.html ○http://translate.google.com/translate_t?hl=ja# ○http://maps.google.com/maps?hl=ja&tab=wl 城km z http://news.google.com/news?hl=ja&sa=N&tab=ln&q= ○https://www.google.com/adsense/login3 ○http://mail.google.com/mail/#inboxhttp://www.google.com/ig?hl=jahttps://www.google.com/webmasters/tools/docs/ja/about.htmlhttps://www.google.com/webmasters/tools/summary?siteUrl=http%3A%2F%2Fmy.reset.jp%2F%7Eadachihayao%2F&hl=ja


| HOME | |サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | | プロジェクト位置図 |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| |週刊 アフリカのエネルギー最前線 | | 週刊 中央アジアのエネルギー最前線 | | オバマのエネルギー |
|週刊 中南米のエネルギー最前線| | 週刊 再生可能エネルギー最前線 | | 週刊 中東のエネルギー最前線 | | 世界の地球温暖化最前線 |

お問い合わせまたはご意見は下記メールアドレスへ
PGA02435@nifty.com