アジアのエネルギー最前線
Watch the latest videos on YouTube.com

| HOME | |サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | | プロジェクト位置図 |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| | アフリカのエネルギー最前線 | | 中央アジアのエネルギー最前線 | | オバマのエネルギー |
| 中南米のエネルギー最前線 | | 再生可能エネルギー最前線 | | 中東のエネルギー最前線 | | 世界の地球温暖化最前線 |

Since 1998 October
(本更新直前498,572 ,メルマガ配信数 1.475)


ー 日刊アジアのエネルギー最前線 2009年2月22日分 ー パキスタンのニールムジェルム水力着工 ー

2009年2月22日 ー パキスタンのニールムジェルム水力着工 ー

Neelum river

パキスタンのこの水力プロジェクトは,969MW,国境未確定の中でのまさにパキスタンの問題をすべて包含したような,複雑なプロジェクトである。インダス河の上流であるから,インドとの問題もあり,それに対する中国の意図も働いて,難しく動いたプロジェクトである。でも,決め手になったのは,イスラム諸国の資金支援であった。

昨年,2008年12月13日付本HP(注15)では,突如,中東諸国,クウエート,サウジアラビア,アブダビ及びOPECが,大規模融資,775百万ドルを,パキスタンのインダス上流,国境未確定,パキスタン実質支配のアザドカシミール,ニールム川の水力プロジェクトへの融資を発表した,と報じている。パキスタンは,既にこのプロジェクトの建設費の一部として,電気料金に上乗せ,中国が300百万ドル,既に約束している,と書いている。

今日の記事。969MWのニールム-ジェルム水力プロジェクト(注5)の目玉工事である47kmのトンネル工事が,アザド・ジャム・カシミールのムザファラバード(注6)の近くで,掘削を開始した。このトンネルの意味するところは,ニールム川(注7)の水をジェルム川(注8)のチャッタル・カラス(注9)付近に分水することである。アフザル所長(注10)とイスラム銀行IDB(注11)の代表が立ち会って,最初の発破がかけられた。

私は考えるが,石油火力,石炭火力,天然ガス火力,或いは原子力発電もそうかな,殆どのエネルギー資源は有限である。だから,人類にとっては,もし電力が必要ないならば出来るだけ遅く開発した方が,人類のためだと思う。でも水力資源は違う,水力発電所は一日でも早く発電すれば,それだけ人類が受け取るエネルギーは大きくなる。太陽光も風力もそうだが,これは量的に問題にならない。

電力会社は,一旦着工したら出来るだけ早く発電したい,それは注ぎ込んだ資本の問題であって,この私の言う人類のエネルギー資源の価値としての水力発電所の話とは違う。このインダス河の膨大なポテンシャルを,手を拱くばかりで開発できないと言うことは,今そこに降ってくる雨,流れている水が,全く無駄に流れている状態を長引かせるだけだ。

このようなときに思い出すのは,1992年,メコン本流で,ビエンチャン直上流の低パモンダム計画を審議していたメコン総会の会場の情景である。可能性調査に入りたい,と言うメコン委員会事務局の提案に,ベトナム代表,カンボジア代表,ラオス代表まで,それぞれ反対の演説を行った。大勢は事務局案破棄である。最後に立ったタイのシン代表は,ここにメコン本流のエネルギー資源が永久に閉ざされたと言う,涙の演説であった。

パキスタンのこの水力プロジェクト,969MW,水路トンネルが47kmと言うとんでもない計画だが,これが各勢力が複雑に絡み合って,資金の大部分は,同じ回教徒勢力の中東の資金,またこれを動かした中国の政治的意図,最初の資金を出して,工事を中国企業に落札させた外交力,これらが重なり合って,この難しいプロジェクトを着工に持っていった。まだ5年はかかるだろうが,人類のために成功を祈りたい。

本文

●パキスタンのニールム-ジェルム水力が掘削開始

Excavation of a 47km-long network of tunnels, one of the main works for the 969-megawatt Neelum Jhelum Hydroelectric Project (NJHEP), has started at the project site near Muzaffarabad in Azad Jammu and Kashmir.(注3冒頭引用)

昨年,2008年12月13日付本HP(注15)では,突如,中東諸国,クウエート,サウジアラビア,アブダビ及びOPECが,大規模融資,775百万ドルを,パキスタンのインダス上流,国境未確定,パキスタン実質支配のアザドカシミール,ニールム川の水力プロジェクトへの融資を発表した,と報じている。パキスタンは,既にこのプロジェクトの建設費の一部として,電気料金に上乗せ,中国が300百万ドル,既に約束している,とも。

969MW,21億ドル,パキスタンのニールム-ジェルム水力プロジェクト(注5)については,25kmの水路トンネルを有する流域変更プロジェクトで,インドとの間に微妙な問題が横たわっている。1960年のインダス水条約には,ニールム川の開発に関して,先に建設,運転開始に成功した側が,ニールム川の開発優先権を持つ,と書かれている。今や情勢は変化,需要も大きく,資金調達も手が届くところまで来た,とも。

今日の記事。969MWのニールム-ジェルム水力プロジェクト(注5)の目玉工事である47kmのトンネル工事が,アザド・ジャム・カシミールのムザファラバード(注6)の近くで,掘削を開始した。このトンネルの意味するところは,ニールム川(注7)の水をジェルム川(注8)のチャッタル・カラス(注9)付近に分水することである。アフザル所長(注10)とイスラム銀行IDB(注11)の代表が立ち会って,最初の発破がかけられた。

ニールム-ジェルム水力プロジェクト(注5)は,パキスタンにとって極めて重要なプロジェクトで,安価な電気を電力不足で苦しむ中央グリッドへ送り込むわけである。イスラム銀行IDB(注11)と中東諸国が,既にその資金調達に合意している。このプロジェクトの工事は,中国企業,中国ゲゾウバ(注13)と中国機会輸出入(注14)の組むコンソーシアムに発注された。

アクセス道路,事務所建物,コントラクターとコンサルタントのキャンプ建物などの準備工事は,既に昨年,2008年に開始しており,本格工事はまずトンネルから始まった。総事業費は1,300億ルピー,約16.5億ドル相当,であり,完成に暁には,年間51.5億KWhの電力が,中央グリッドへ流れ込むことになる。完成時期は書いてないが,トンエルの長さから見て,5年はかかるだろう。


(注) (1) 090222A Pakistan, thenews.com,(2) Excavation work for hydropower project starts,(3) http://www.thenews.com.pk/print1.asp?id=163663,(4) Saturday, February 21, 2009, By By our correspondent , LAHORE:,(5) 969-megawatt Neelum Jhelum Hydroelectric Project (NJHEP),(6) Muzaffarabad in Azad Jammu and Kashmir,(7) Neelem river,(8) Jhelum river,(9) Chattar Kalas,(10) NJHEP General Manager Hasnain Afzal,(11) Islamic Development Bank (IDB),(12) Middle Eastern donors,(13) China Gezhouba Group Company,(14) China Machinery Import & Export Corporation,(15) http://my.reset.jp/adachihayao/index081213B.htm,(16)

●インドのタタ電力は大規模プロジェクトには挑戦せず

Tata Power Ltd, India's largest private sector utility, will not bid for any more large power projects as raising funds is proving difficult given current market conditions, a senior official said on Friday.(注18冒頭引用)

タタの水力発電所

インド最大の民間電力事業者,タタ電力(注20)のアグラワダ常務取締役(注21)が,ある会議出席の合間に語ったところであるが,タタ電力(注20)は,最近の市場動向を考えると,大きな資金調達を要する大規模電力プロジェクトへの入札参加は,差し控える,と発言している。一つのプロジェクトに2000億ルピーも要するような資金調達は困難だ,と述べている。4,000MW規模石炭火力を言っているのだろう。

インドは,2012年までに,新規電源,78,000MWを建設する計画である。現在のインドは,ピークで16%の電力が不足しており,4000MWの大規模石炭火力を9つ建設する,との計画を持っている。タタ電力(注20)は,インド西部のかかるプロジェクトの一つを抱えており,その総事業費は,1,700億ルピー,約34億ドル相当,である。

しかし,最近のインド東部に於けるプロジェクトへの入札は参加しておらず,ライバルであるリライアンス電力(注22)が落札してきている。アグラワダ常務(注21)は,収益の分かれ目は,最近高くなってきており,タタ電力(注20)はプロジェクト選定で慎重になっている,現在,6,000MW相当を工事中であり,その完成に集中したい,と言っている。タタ電力(注20)の現在の設備は,2,300MWである。

世界の金融危機の中で,このアジア第3位の経済規模を持つインドは,規模の大きい債務に苦闘しており,銀行貸し出しに慎重な姿勢を示していて,インフラは,その成長のレールからはずれてきている。

(注) (16) 090222B India, Economic Times,(17) Tata Power says not to bid for large plants,(18) http://economictimes.indiatimes.com/News/News-By-Industry/Energy/Tata-Power-says-not-to-bid-for-large-plants/articleshow/4162593.cms,(19) 20 Feb 2009, 1921 hrs IST, REUTERS,MUMBAI,(20) Tata Power Ltd,(21) Executive Director Banmali Agrawala,(22) Reliance Power,(23) (35) www.tataprojects.com/hydro.htm


バングラデシュが電力のマスタープランを発表

These days Bangladesh media is busy with energy reporting. Almost all the dailies are publishing some analytical reports everyday on the prevailing crisis situation of energy and suggesting options to confront and mitigate the crisis. (注25冒頭引用)


滅多に取り上げないバングラデシュの電力事情であるが,2008年10月8日付け本HP(注33)で,地質の専門家が書いた,とされているが,短い文章で,バングラデシュのすべての電力問題を総括していて,実に要領がよい。我々もこのような文章を書きたいものだと思う。彼は地質だから,おそらく石炭の調査をやっていて,煮え切らない,踏ん切りの悪いエネルギー官僚に業を煮やして,この記事を書いたのだろう,と書いた。

このとき私は,次のように書いて結んでいる。曰く,バングラデシュのエネルギー問題は,国際的に孤立している。津波にやられ,毎年洪水に見舞われて,経済的に疲弊したバングラデシュ。水力がほとんどないので,私も余り取り上げていないので可哀相。もう石炭火力は中国に任す,と決めた日本やJパワーであるが,この記事を読んで,もう一踏ん張り,バングラデシュの石炭にチャレンジして上げませんか,と。

今日の記事は長文で,今ここで全文を紹介することは出来ない。最初の部分だけを紹介するが,時間のあるとき,或いはバングラデシュの仕事に関係する人は,読んでみてください。まず,ここ最近,バングラデシュのメディアは,エネルギー報告に関して極めて多忙である。最近のエネルギー危機やそれにタイする対策の提案,など,殆ど毎日,新聞などが取り上げている。

2009年2月17日のある記事では,チョウドリ・エネルギー担当首相顧問(注27)の話を取り上げている。政府は,将来20年間の電力系統マスタープランPSMP(注27)を見直して,発電の新しい資源のを設定し,2021年までに,20,000MWの電力供給を可能にする,としている。現在の発電設備は,4,000MWなので,20,000MWに引き上げるためのは,12年間で4倍の拡張が必要である。

野心的な計画ではあるが,大きな変革が必要であろう。ハッシーナ首相(注34)の選挙公約にもあるとおり,この目標のレベルまで発電設備を上げるためには,石炭と水力の焦点を当てる必要がある。政府の計画では,2011年までに5,000MWへ,2013年までに7,000MWへ,更に,2015年までに8,000MWに,2020年までに20,000MWへ,となっている。

このマスタープランPSMP(注27)の見直しを行ったのは,米国大手コンサルタントのNEXANT(注28)で,BPDB(注29),PGCB(注30)が協力,2006年6月のバングラデシュ工学技術BETS(注31)の台本が元となっている。そのサマリーは,「バングラデシュに於ける電力改革」(注32)の政府の報告書に組み込まれている。この報告書は,制度問題に焦点を当てた改革の筋書きを基本的に論じている。以下,省略。

(注) (23) 090222C Bangladesh, energybangla,(24) Bangladesh Power System Master Plan Review,(25) http://www.energybangla.com/index.php?mod=article&cat=SomethingtoSay&article=1533,(26) Engr. Khondkar Abdus Saleque.Friday, 02.20.2009, 08:25pm (GMT),(27) Dr.Tawfique Elahi Chowdhury Energy Sector advisor to the Prime Minister Sheikh Hasina,(27) Power system Master Plan (PSMP),(28) Nexant,(29) BPDB,(30) PGCB Ltd,(31) Bangladesh Engineering & Technology Services,(32) Power System Reforms in Bangladesh,(33) http://my.reset.jp/adachihayao/index081008.htm,(34) Prime Minister Sheikh Hasina,(35)

参考資料

パキスタン


●090222A Pakistan, thenews.com
パキスタンのニールム-ジェルム水力が掘削開始
Excavation work for hydropower project starts

http://www.thenews.com.pk/print1.asp?id=163663

インド

●090222B India, Economic Times
インドのタタ電力は大規模プロジェクトには挑戦せず
Tata Power says not to bid for large plants

http://economictimes.indiatimes.com/News/News-By-Industry/Energy/Tata-Power-says-not-to-bid-for-large-plants/articleshow/4162593.cms

バングラデシュ

●090222C Bangladesh, energybangla
バングラデシュが電力のマスタープランを発表
Bangladesh Power System Master Plan Review

http://www.energybangla.com/index.php?mod=article&cat=SomethingtoSay&article=1533


元へ戻る


過去のニュース

●インドネシアの電源早期着工計画が資金難 (090221)
●ベトナムの電源開発の遅れはなぜ (090220)
●ネパールとインドが今後の開発計画で協議 (090219)
●ネパールのアッパータマコシ水力を456MWに (090218)
●インドネシアと日本のLNG契約減 (090217)
●ADBがブータンのダガチュ水力支援 (090215)
●>ベトナムのソンラ水力のダムに亀裂 (090214)
●インドネシアの中国ローンで利上げ要求 (090213)
●カンボジアで中国のダム着工 (090212)
●インドネシアのエネルギーに変革のとき (090211)
●インドのカシミールのダムに反対論 (090210)
●フィリッピンの石炭探査が始まるか (090209)
●ベトナムのソンラ水力の移住難航 (090208)
●中国は温暖化対策で先進国の義務強調 (090207)
●インドの副大統領がミャンマーへ (090206)
●中国の電力設備は792,000MW (090205)
●ミャンマーのアラカン州に鉄道建設 (090204)
●ラオスのナムグム第2水力順調に推移 (090203)
●インドの小水力包蔵は15,000MW (090202)
●再生可能エネルギーの前提はベース原子力 (090201)

●インドの石炭火力は燃料不足に (090131)
●インド北辺でのインド企業の奮戦 (090130)
●ミャンマー首相がアラカンを視察 (090129)
●フィリッピンのバターン原発再稼働問題 (090128)
●ネパールの水力開発との戦い (090127)
●フィリッピンの電力改革に黄色信号 (090126)
●中国雲南のダムが景気刺激策で動く (090125)
●インドネシアのガス供給は国内優先 (090124)
●インドネシアのLNGに三菱160億ドル (090123)
●オバマ大統領の手から水が漏れた (090122)
●インドの北辺水力開発は人類最後の戦い (090120)
●パキスタンのロワリ隧道完成へ (090119)
●ベトナムが再生可能エネルギーに悩む (090118)
●中国国家送電網の内外での大活躍 (090117)
●フィリッピンの送電譲渡で電源はどうなる (090116)
●ミャンマーのアラカンに500MWダム (090115)
●インドネシアのガス田でエクソンと紛争 (090114)
●ネパールは中国の投資を歓迎 (090113)
●フィリッピンのセブに200MW石炭火力 (090112)
●インドのAP州に縦貫ハイウエーの計画 (090111)
●フィリッピンが中国のODA見直し (090110)
●パキスタンは2016年までに25,270MW (090109)
●インドの海岸の火力は輸入炭30% (090108)
●フィリッピンのエネルギー長官が回顧 (090107)
●インドネシアで新規電源が年内に (090106)
●ネパールの停電対策に新たな提言 (090104)
●パキスタンとイランの協力強化 (090103)
●カンボジアは中国企業に補償の義務 (090102)
●カンボジアの電気料金高止まりは続く (090101)

●インドのマハラシュトラの電源 (081231)
●インドネシアの原子力に不安 (081230)
●中国のエネルギー安全保障 (081229)
●中国の金沙江の開発進む (081228)
●インドがカシミールで水力推進決意 (081227)
●インド国家電網に世界銀行ローン (081226)
●インドのアルナチャルプラデシュの開発機運 (081225)
●中国2千キロの80万ボルト直流送電 (081224)
●中国がインドネシアのエネルギーに31億ドル (081223)
●インドのガスとLNGを巡る情勢 (081222)
●パキスタンの水力便益地元還元 (081221)
●フィリッピンの電気料金は民営化で下がるか (081220)
●インド北辺水力開発に変わった兆し (081219)
●フィリッピンの再生可能で産業界が沸き立つ (081218)
●フィリッピンが再生可能400万KW開発へ (081217)
●米国の知的送電網開発の気運 (081216)
●メコン委員会も気候変動戦争に参戦 (081215)
●インドが省エネ取引市場を計画 (081214)
●インダスのニールム川に火花散る (081213)
●中国の地方政府の開発志向は止まらない (081212)
●NGOが世界銀行は温暖化の元凶と (081211)
●原油価格下降の現状とこれからの動き (081210)
●中国の経済外交が国内巨大需要へ急旋回 (081209)
●パキスタンのバシャダムの資金不足 (081208)
●フィリッピンの送電網は中国へ (081207)
●インドの電力が最高警戒レベル (081206)
●パキスタンがインドへ水補償要求 (081205)
●メコン事務局長が投稿立場説明 (081204)
●ベトナムの電力改革迷走か (081203)
●比のロペスが国産資源開発へシフト (081202)
●インド北部の水力二つ前進へ (081201)

●マニラのプール市場に混乱 (081130)
●タイEGATの海外進出への飛躍 (081129)
●世銀の大規模インフラに批判の声 (081128)
●フィリッピンの再生可能エネルギー再び (081127)
●ミャンマーのラシオへの思い (081126)
●インドのパイプラインへの挑戦 (081125)
●パキスタンの水問題深刻 (081124)
●ベトナムの開発に何か変化が (081123)
●インドネシアの石炭探査投資を (081122)
●中国雲南省がコルカタへ調査団 (081119)
●パキスタンのダムになお異論 (081118)
●ミャンマーは更にダム開発加速 (081117)
●インド北東地域の送電線計画 (081116)
●メコン洪水で再び中国ダム論争 (081115)
●金融危機とインドの電源開発 (081114)
●カンボジアのNGO天国終焉 (081113)
●インドの電力プール市場 (081111)
●フィリッピンのマイクロ水力 (081109)
●カンボジアの多彩な水力開発 (081108)
●IEAが原油動向で報告書 (081107)
●インドの大規模火力に資金難 (081106)
●中国の石炭に下降傾向 (081105)
●タイ首相ナムグムの水を東北タイへ (081104)
●タイの原子力地点決定は2009年末 (081103)
●イランのパイプラインとインドの優柔不断 (081102)
●ミャンマーでの中国のプレゼンス (081101)

●ベトナム油田へのロシアの参入 (081031)
マニラ配電の先行き見通し (081030)
カンボジアなどへの中国の進出 (081029)
中国の水力開発規模は世界一 (081028
インドネシアの 電気料金上げ (081027)
中国企業がアザドカシミールにダム投資 (081026)
中国広西とベトナムを結ぶ線 (081025)
丸紅のフィリッピンへの取り組み (081024)
インドネシアと中国のLNG契約 (081023)
ラオスの水力で住民補償が再燃 (081022)
世界で50カ国以上が原子力発電を計画 (081021)
世界金融情勢の変化の影響 (081020)
インドとパキスタン対立の悪夢 (081019)
パキスタン大統領の北京挑戦 (081018)
インド北辺水力開発に反旗 (081017)
米国がインドへ原子力通商使節団 (081016)
フィリッピンの天然ガスと電気料金 (081015)
フィリッピンの長期エネルギー計画 (081014)
インドの大規模石炭火力計画 (081013)
ミャンマーの水力への外国投資 (081012)
ダム建設を巡るカシミール問題 (081011)
フィリッピンの国産エネルギーへの拘り (081010)
バングラデシュとミャンマーの関係 (081009)
バングラデシュのエネルギー長期見通し (081008)
中国政府のチベット開発政策 (081007)
●ADBが初めてベトナム水力支援 (081006)
●知的送電線ネットワークの発想へ (081005)

中国とインドのエネルギー問題 (081004)
インドの原子力開発加速へ (081003)
アジア大陸の水源はチベット高原 (081002)
インドの配電組織改革 (081001)

フィリッピンの再生可能エネへの取組 (080930)
インドの地球温暖化との戦い (080929)
サルウイーン河のダム開発 (080927)
メコン流域会議開催と中国 (080926)
インド,25年までに6千万KW水力開発 (080925)

元に戻る


アジアのエネルギー最前線 地図


大きな地図で見る

元に戻る


ウエブ全体検索

カスタム検索

本サイト内検索

カスタム検索

メールマガジン配信ご希望の方は下記いずれかより申し込んで下さい,無料です。

【日刊 アジアのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000226907.html 231
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/12995.html 232
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/8660/p/1/ 239
http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=010578 43
http://www.melma.com/backnumber_167974/ 128

【週刊 アフリカのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000273675.html 43
http://kapu.biglobe.ne.jp/14528/index.html 9
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19799/p/1/ 7
https://my.melma.com/basicinformationcomp/ 12

【週刊 中南米のエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000273730.html 38
http://kapu.biglobe.ne.jp/14529/index.html 4
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19814/p/1/ 5
https://my.melma.com/basicinformationcomp/ 20

【週刊 中東のエネルギー最前線】
http://kapu.biglobe.ne.jp/14531/index.html 5
http://www.mag2.com/m/0000273808.html 23
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19836/p/1/ 9

【週刊 再生可能エネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000274231.html 42
http://kapu.biglobe.ne.jp/14551/index.html 7
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19956/p/1/ 4
http://my.melma.com/login/(発行申請中)

【週刊 世界の地球温暖化最前線】
http://www.mag2.com/m/0000276643.html 33
http://kapu.biglobe.ne.jp/14611/index.html 6
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/20572/p/1/ 3
http://www.melma.com/backnumber_177719/ 23

【週刊 中央アジアのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000277253.html 34
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/ (発行申請中)
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/20748/p/1/ 6
http://www.melma.com/backnumber_177671/ 16

【不定期 オバマ政権のエネルギー最前線】
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/14713.html
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/8660/p/1/
http://www.melma.com/backnumber_167974/ 8


読者数 直接メール 253 延べ 1,475人

元へ戻る


海外出張直前重要サイト
通貨換算||時差||電話コード||フライト一覧||ホテル予約||各地気象||世界天気予報|| 海外安全情報|| 海外用品|海外医療||海外出張支援|| 海外赴任ナビ|| 成田へ|| 羽田へ|| 関空へ|| 伊丹へ|| ロンリプラネット|

| 鈴木篁氏] | Livedoor | |@nifty| | Gmail | |Bangkok Post| |Manila Bulletin| |Jakarta Post| |Economic Times| |時事通信| |ZAKZAK|

○https://www.blogger.com/start?hl=ja ○http://www.google.com/intl/en/press/intl-zeitgeist.html ○http://translate.google.com/translate_t?hl=ja# ○http://maps.google.com/maps?hl=ja&tab=wl 城km z http://news.google.com/news?hl=ja&sa=N&tab=ln&q= ○https://www.google.com/adsense/login3 ○http://mail.google.com/mail/#inboxhttp://www.google.com/ig?hl=jahttps://www.google.com/webmasters/tools/docs/ja/about.htmlhttps://www.google.com/webmasters/tools/summary?siteUrl=http%3A%2F%2Fmy.reset.jp%2F%7Eadachihayao%2F&hl=ja


| HOME | |サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | | プロジェクト位置図 |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| |週刊 アフリカのエネルギー最前線 | | 週刊 中央アジアのエネルギー最前線 | | オバマのエネルギー |
|週刊 中南米のエネルギー最前線| | 週刊 再生可能エネルギー最前線 | | 週刊 中東のエネルギー最前線 | | 世界の地球温暖化最前線 |

お問い合わせまたはご意見は下記メールアドレスへ
PGA02435@nifty.com