アジアのエネルギー最前線
Watch the latest videos on YouTube.com

| HOME | |サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | | プロジェクト位置図 |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| | アフリカのエネルギー最前線 | | 中央アジアのエネルギー最前線 | | オバマのエネルギー |
| 中南米のエネルギー最前線 | | 再生可能エネルギー最前線 | | 中東のエネルギー最前線 | | 世界の地球温暖化最前線 |

Since 1998 October
(本更新直前501,156 ,メルマガ配信数 1.475)


ー 日刊アジアのエネルギー最前線 2009年3月5日分 ー 南アジアのエネルギー協力への道ー

2009年3月5日分 ー 南アジアのエネルギー協力への道 ー

disputing dam site of Bagilihar

南アジアのエネルギー連携は,話題的には東南アジアに比べて遅れているが,しかし,インドのブータンからの電力輸入などを見ると,非常に大きなスケールになってきている。ラオスとタイの関係よりも,エネルギー的にはもっと進んでいるという感じである。ネパールとインドの関係が,このように早く始まるとは想像していなかった。自分の世代の中で,これだけ大きな変化は,珍しいだろう。

そう言えば,メコン流域でも変化は早かった。1990年代はじめの,私自身が関わり始めた頃は,ベトナムはまだ経済制裁の真っ最中だったし,カンボジアの人の顔を見たこともなかった。和平工作が進んで初めてカンボジア人のスタッフがメコン委員会に現れたときは,何か怖いものを見るような気持ちであった。この地域の,また南アジアでも,20年の動きは早い。この分では,私の世代でもっと素晴らしい変化が見られそうだ。

ASEANと南アジアのSAACの中で,生きているうちにどうしても見せて欲しいのは何だろうか。メコン流域の送電網,タイのカンボジアからの大規模石炭火力の電力輸入,メコン上流の中国のダムと下流の水利用の連携,ベトナムの原子力発電,南アジアでは,パキスタンとインドの敢然和解によるインダス河総合開発計画の確定,それとネパールの大規模水力のインドへの輸入,などだろうか。

ASEANを見ていて思ったことだが,送電網計画というのは,何でもよいから直線を引けばよいから,誰でもすぐに書けるし夢がある。ASEANの閣僚会議の資料を見ると,よく書いたなあ,と思うような送電線が一杯引いてある。マレーシアからタイはおろか,インドネシアからタイまで送電線が書いて,セミナーなどでプレゼンをやっているから驚いてしまう。

そう言う意味で,今日の南アジアの話の中にも,地域内の送電網の話がある部分を占めている。私は,南アジアのエネルギー連携の鍵の一つは,インドとパキスタンの関係だと思う。あれだけ密接に国境を接しながら,共同開発が出来ない関係は,全く残念である。特にインダス河の開発は,もう少し合理的な進め方が可能なはずだ。送電線に至っては,どちらも困っているが,イスラマバードとニューデリーは目と鼻の先だ。

今日の記事の中で,南アジア域内エネルギー協力の中で重要なのは,貯水池式水力の開発がないと,域内協力は非常に難しい,と言っている点だ。貯水池は,メコン河でもそうだが,中国領内のダムを敵視することから始まるが,貯水池というのは基本的に下流に便益をもたらすものだから,環境問題さへ真摯に解決できれば,協議の場があれば,幾らでも有効な使い方があるはずだ。特に,インダス,ガンジス,ブラマプトラなど。

本文

●インドなどの南アジアエネルギーへの提案

South Asia is a region not only with low per capita GNP but also with extremely low per capita energy consumption. Low access to commercial energy is another feature in the region, particularly among the rural poor which has far-reaching implications for productivity, environmental degradation, poor health and poverty. (冒頭原文引用注18)

Bagilihar dam

南アジアのエネルギー問題を,国際的な協力の必要性にの観点から論じた長文の記事である。やや具体性に欠けるとして,網羅的であり,政治抜くでの地域のエネルギー協力を訴えているところは,大いに共感が持てる。ただ,私から見た場合は,地域周辺のエネルギーを,如何にしてインドの成長に役立たせるか,人類的に見ればその一点であり,後は地域の貧困層へのエネルギー支援がそれによって補完される,と言うことだろう。

南アジア地域は,一人当たりGNPが低いというばかりでなく,一人当たりのエネルギー消費が極端に少ない。また,商業的なエネルギー供給が,特に農村部に低く,これは,生産性,環境悪化,貧弱な医療,貧困,などへの対策が遅れていることを意味する。皮肉にも,豊富な資源と言う財産を持ちながら,エネルギー政策が十分でなく,開発されずに取り残されている現状である。

南アジア地域は,豊富な石炭,ガス,水力の資源を持っていて,エネルギー分野での補完関係が可能な地域である。このこととは別に,地域が協力することによって便益がでる要素,エネルギー需給の季節変動,需要中心地の近接,エネルギー産業の技術的ベース,などの共通性がある。南アジアの地域エネルギー市場(注20)の確立は,電力供給の効率化と供給信頼性に大いに貢献できる。共同開発こそが,便益の共有に資する。

貧困層へのエネルギー確保は,また別の意味で重要な問題である。経験は適正であり,その経験を各地で反復模倣して適用することが,どの地区でも必要となったときに適用できる。地域の各地で電力分野改革が行われており,実施はいろいろな段階にある。この改革は,投資と資産の所有の変化を目指し,従来の単一買電制度(注21)から複数買電複数売電制度(注22)に変わるが,そこで重要なのは,規制機関の存在である。

この改革にはスピードが必要だが,各国の電力セクターの改善ばかりでなく,国と国の間のエネルギーのトレードを高める必要がある。この国際間の融通有において,特に,ブータンとネパールは,未開発水力を抱え,特にインドへ,また場合によってはバングラデシュへの重要な電力輸出国になる。バングラデシュのガスは,インドへ輸出が可能であり,量は少ないが,ネパールやブータンへの輸出も考えられる。

地域エネルギー市場(注20)の創成には多くの条件があるが,その一つは,市場に容易にアクセスすることの出来る法律制度の設定である。インドではこの面で大きな発展を遂げており,2003年電力法(注23)は,他の国も模倣する価値がある。2003年電力法(注23)中で特に注目すべきは,余裕度別料金ABT(注24)と,電力取引に於ける系統周波数支援(注25)で,これはネパールが買電するときに,貢献する制度だ。

南アジアのエネルギー協力を阻害している要素は,政治的思想,制度的制限,事業体の貧弱な運転効率,電力改革の遅れ,などである。しかし,これらを克服して数十年に亘り反映している世界の他の地域のように,南アジアでもそれを実施すべきだ,と言う気運が生まれている。今,域内で生まれている共通の願望,域内協力の必要性を高めたい,という点は確実な前進である。

南アジア同盟SAAC(注26)のここ2,3年のいろいろなレベルでの会合は,地域を勇気づけている。政治家の間でも,一つの国のエネルギー確保を目指すよりは,地域で多様化していく必要が理解されてきている。これが国境を越えた開発の機運に繋がっている。特に,インドとネパール間,またインドとブータン間の高圧送電網の構築は,明確な協力の現象で,これが,企業間の合弁や公共と民間の協力を生み出している。

エネルギー分野の改革の早急な実施,それに伴う規制機関の組織化が,国と国の間の電力取引を助けることになる。必然的に,国境を越えての取引には,政府の役割を制限して行くべきだ。民間企業の役割は,投資面ばかりでなく運用や権利義務の関連でも,大きくなってきている。ある研究では(注27),ブータン,ネパール,インド,バングラデシュの4国の間の系統連携は,魅力的なテーマで,今のところは,50〜500MW,9〜52百万ドルの規模で,5〜10年で実現させようとしている。もし経済性が明確になれば,公共民間協力PPP(注38)に相応しいものだ。

SAAC(注26)の作業部会が提案しているのは,域内連携送電網計画である。ADB(注29)の支援で,イスラマバードに,SAACエネルギー・センターSEC(注28)が設定された。このSEC(注28)が,行動計画を策定することが期待されている。事業体は,エネルギー取引の終端の買い取り者で,それが財務的に健全なことが,商業契約の基本だ。政府は,事業体の効率的な運用を注視する必要がある。

南アジアの電力事業体は,メーターや料金請求,集金などの効率が極めて低い。これが事業体の存在を危なくしている。貯水池式水力発電所の建設は,日的,季節的な変動を吸収する意味で極めて重要である。そのポテンシャルがあるが,開発は遅れている。それは環境問題であり,次持ち住民への影響である。国際河川の性格から,水や便益の配分で紛争が起こるので,この点を力点を置いて解決する必要がある。

この国際河川の一環総合開発計画で,最適化されたプロジェクトの確立と合意が必要である。世界銀行の仲介によるインドとパキスタンの間のインダス条約(注34)はこの好例だ。ネパールとインドの間のマハカリ条約(注36)による総合的な思考は,問題の解決を早めるだろう。

(注) (16) 090305A India, telegraphnepal.,(17) Regional Energy Market in South Asia: Recommendations,(18) http://www.telegraphnepal.com/news_det.php?news_id=4960,(19) Mr. Shanker Krishna Malla,(20) Regional Energy Market in South Asia,(21) single buyer model,(22) multiple buyer-multiple-seller model,(23) Electricity Act of 2003,(24) availability based-tariff (ABT),(25) system frequency support,(26) SAARC,(27) Nexant study,(28) SAARC Energy Centre (SEC),(29) Asian Development Bank,(30) South Asian Utilities,(31) International Rivers,(32) international river basin agreement,(33) integrated river basin management,(34) Indus River Treaty,(35) World Bank,(36) Mahakali Treaty,(37) (A Publication of SACEPS- South Asia Center for Policy Studies-Nepal ),2009-03-05 14:09:06,(38) public private partnership (PPP),(39)

●中国建設大手企業がチベットのブラマプトラで水力開発

China Gezhouba (Group) Corp<600068>, one of the biggest engineering and construction enterprises in China, has bid a record RMB 1.14 billion for the Zangmu Hydropower Station in Tibet Autonomous Region, according to a recent statement on its website.(原文冒頭引用注3)

Yarlung Zangbo River (注13)

チベットの河川環境保護には,中央政府は,150億元,約22億ドル相当,を注ぎ込むことになっているが,今日の記事に出てくるザンム水力プロジェクト(注7)は,別の記事(注12)によれば,ブラマプトラ河(注10)の上流になるヤールン・ザンボ川(注15)に計画されているもので,出力は,510MW,総事業費は,70億元,約10.2億ドル相当,と書かれている。

中国ゲゾウバ公社(注5),即ち,中国葛州覇水利水電工程集団有限公司(注6)は,おそらく,三峡ダムの下流に,前もって造られた葛州覇ダムを建設したグループが組織した水力建設の企業であろう。この企業の第5エンジニアリング(注9)が,11.4億元で,チベット自治区(注11)のザンム水力プロジェクト(注7)の骨材コンクリートプラントの仕事を契約したというものである。プラントの能力は,340万立方mのコンクリート生産である。

source 注14

(注) (1) 090305B China, chinaknowledge,(2) Gezhouba gains a record RMB 1.14 bln hydropower contract,(3) http://www.chinaknowledge.com/Newswires/News_Detail.aspx?type=1&NewsID=21665,(4) Mar. 5, 2009 (China Knowledge) -,(5) China Gezhouba (Group) Corp<600068,(6) 中国葛州覇水利水電工程集団有限公司China Gezhouba Water & Power (Group) Co Ltd.),(7) Zangmu Hydropower Station,(8) Tibet Autonomous Region,(9) No. 5 Engineering Co Ltd,(10) Brahmaputra River,(11) Tibet Power Generation Co Ltd,(12) China Huaneng Group中国華能集団公司,(12) http://www.chinadaily.com.cn/bizchina/2009-03/06/content_7543212.htm,(13) Photo source: http://www.travelxz.com/admin/epic_jingqu/file/2008-7-29_8-57-1_72499520.jpg,(14) map source: http://www.hhr.in/tibet_map1.jpg,(15) Yarlung Zangbo River,(16)

参考資料

インド


●090305A India, telegraphnepal.
インドなどの南アジアエネルギーへの提案
Regional Energy Market in South Asia: Recommendations
http://www.telegraphnepal.com/news_det.php?news_id=4960

中国

●090305B China, chinaknowledge
中国建設大手企業がチベットのブラマプトラで水力開発
Gezhouba gains a record RMB 1.14 bln hydropower contract
http://www.chinaknowledge.com/Newswires/News_Detail.aspx?type=1&NewsID=21665


元へ戻る


過去のニュース

●ベトナムのオモンなどのガス火力開発 (090304)
●インドとネパールの国境で6,000MW水力が動き (090303)
●パキスタンが東京会議を控え51ダムの提案 (090302)
●フィリッピンの小水力開発に火がついた (090301)

●中国の2030年はグリーン経済を達成と (090228)
●フィリッピンの電力需要は下方修正か (090227)
●米国エネルギー長官が揚水発電開発主唱 (090226)
●インドネシア問題など中国資金の政策に異変が (090225)
●パキスタンのザルダリ大統領の孤独な中国訪問 (090224)
●中国の送電網先進技術が海外進出を狙う (090223)
●パキスタンのニールムジェルム水力着工 (090222)
●インドネシアの電源早期着工計画が資金難 (090221)
●ベトナムの電源開発の遅れはなぜ (090220)
●ネパールとインドが今後の開発計画で協議 (090219)
●ネパールのアッパータマコシ水力を456MWに (090218)
●インドネシアと日本のLNG契約減 (090217)
●ADBがブータンのダガチュ水力支援 (090215)
●>ベトナムのソンラ水力のダムに亀裂 (090214)
●インドネシアの中国ローンで利上げ要求 (090213)
●カンボジアで中国のダム着工 (090212)
●インドネシアのエネルギーに変革のとき (090211)
●インドのカシミールのダムに反対論 (090210)
●フィリッピンの石炭探査が始まるか (090209)
●ベトナムのソンラ水力の移住難航 (090208)
●中国は温暖化対策で先進国の義務強調 (090207)
●インドの副大統領がミャンマーへ (090206)
●中国の電力設備は792,000MW (090205)
●ミャンマーのアラカン州に鉄道建設 (090204)
●ラオスのナムグム第2水力順調に推移 (090203)
●インドの小水力包蔵は15,000MW (090202)
●再生可能エネルギーの前提はベース原子力 (090201)

●インドの石炭火力は燃料不足に (090131)
●インド北辺でのインド企業の奮戦 (090130)
●ミャンマー首相がアラカンを視察 (090129)
●フィリッピンのバターン原発再稼働問題 (090128)
●ネパールの水力開発との戦い (090127)
●フィリッピンの電力改革に黄色信号 (090126)
●中国雲南のダムが景気刺激策で動く (090125)
●インドネシアのガス供給は国内優先 (090124)
●インドネシアのLNGに三菱160億ドル (090123)
●オバマ大統領の手から水が漏れた (090122)
●インドの北辺水力開発は人類最後の戦い (090120)
●パキスタンのロワリ隧道完成へ (090119)
●ベトナムが再生可能エネルギーに悩む (090118)
●中国国家送電網の内外での大活躍 (090117)
●フィリッピンの送電譲渡で電源はどうなる (090116)
●ミャンマーのアラカンに500MWダム (090115)
●インドネシアのガス田でエクソンと紛争 (090114)
●ネパールは中国の投資を歓迎 (090113)
●フィリッピンのセブに200MW石炭火力 (090112)
●インドのAP州に縦貫ハイウエーの計画 (090111)
●フィリッピンが中国のODA見直し (090110)
●パキスタンは2016年までに25,270MW (090109)
●インドの海岸の火力は輸入炭30% (090108)
●フィリッピンのエネルギー長官が回顧 (090107)
●インドネシアで新規電源が年内に (090106)
●ネパールの停電対策に新たな提言 (090104)
●パキスタンとイランの協力強化 (090103)
●カンボジアは中国企業に補償の義務 (090102)
●カンボジアの電気料金高止まりは続く (090101)

●インドのマハラシュトラの電源 (081231)
●インドネシアの原子力に不安 (081230)
●中国のエネルギー安全保障 (081229)
●中国の金沙江の開発進む (081228)
●インドがカシミールで水力推進決意 (081227)
●インド国家電網に世界銀行ローン (081226)
●インドのアルナチャルプラデシュの開発機運 (081225)
●中国2千キロの80万ボルト直流送電 (081224)
●中国がインドネシアのエネルギーに31億ドル (081223)
●インドのガスとLNGを巡る情勢 (081222)
●パキスタンの水力便益地元還元 (081221)
●フィリッピンの電気料金は民営化で下がるか (081220)
●インド北辺水力開発に変わった兆し (081219)
●フィリッピンの再生可能で産業界が沸き立つ (081218)
●フィリッピンが再生可能400万KW開発へ (081217)
●米国の知的送電網開発の気運 (081216)
●メコン委員会も気候変動戦争に参戦 (081215)
●インドが省エネ取引市場を計画 (081214)
●インダスのニールム川に火花散る (081213)
●中国の地方政府の開発志向は止まらない (081212)
●NGOが世界銀行は温暖化の元凶と (081211)
●原油価格下降の現状とこれからの動き (081210)
●中国の経済外交が国内巨大需要へ急旋回 (081209)
●パキスタンのバシャダムの資金不足 (081208)
●フィリッピンの送電網は中国へ (081207)
●インドの電力が最高警戒レベル (081206)
●パキスタンがインドへ水補償要求 (081205)
●メコン事務局長が投稿立場説明 (081204)
●ベトナムの電力改革迷走か (081203)
●比のロペスが国産資源開発へシフト (081202)
●インド北部の水力二つ前進へ (081201)

●マニラのプール市場に混乱 (081130)
●タイEGATの海外進出への飛躍 (081129)
●世銀の大規模インフラに批判の声 (081128)
●フィリッピンの再生可能エネルギー再び (081127)
●ミャンマーのラシオへの思い (081126)
●インドのパイプラインへの挑戦 (081125)
●パキスタンの水問題深刻 (081124)
●ベトナムの開発に何か変化が (081123)
●インドネシアの石炭探査投資を (081122)
●中国雲南省がコルカタへ調査団 (081119)
●パキスタンのダムになお異論 (081118)
●ミャンマーは更にダム開発加速 (081117)
●インド北東地域の送電線計画 (081116)
●メコン洪水で再び中国ダム論争 (081115)
●金融危機とインドの電源開発 (081114)
●カンボジアのNGO天国終焉 (081113)
●インドの電力プール市場 (081111)
●フィリッピンのマイクロ水力 (081109)
●カンボジアの多彩な水力開発 (081108)
●IEAが原油動向で報告書 (081107)
●インドの大規模火力に資金難 (081106)
●中国の石炭に下降傾向 (081105)
●タイ首相ナムグムの水を東北タイへ (081104)
●タイの原子力地点決定は2009年末 (081103)
●イランのパイプラインとインドの優柔不断 (081102)
●ミャンマーでの中国のプレゼンス (081101)

●ベトナム油田へのロシアの参入 (081031)
マニラ配電の先行き見通し (081030)
カンボジアなどへの中国の進出 (081029)
中国の水力開発規模は世界一 (081028
インドネシアの 電気料金上げ (081027)
中国企業がアザドカシミールにダム投資 (081026)
中国広西とベトナムを結ぶ線 (081025)
丸紅のフィリッピンへの取り組み (081024)
インドネシアと中国のLNG契約 (081023)
ラオスの水力で住民補償が再燃 (081022)
世界で50カ国以上が原子力発電を計画 (081021)
世界金融情勢の変化の影響 (081020)
インドとパキスタン対立の悪夢 (081019)
パキスタン大統領の北京挑戦 (081018)
インド北辺水力開発に反旗 (081017)
米国がインドへ原子力通商使節団 (081016)
フィリッピンの天然ガスと電気料金 (081015)
フィリッピンの長期エネルギー計画 (081014)
インドの大規模石炭火力計画 (081013)
ミャンマーの水力への外国投資 (081012)
ダム建設を巡るカシミール問題 (081011)
フィリッピンの国産エネルギーへの拘り (081010)
バングラデシュとミャンマーの関係 (081009)
バングラデシュのエネルギー長期見通し (081008)
中国政府のチベット開発政策 (081007)
●ADBが初めてベトナム水力支援 (081006)
●知的送電線ネットワークの発想へ (081005)

中国とインドのエネルギー問題 (081004)
インドの原子力開発加速へ (081003)
アジア大陸の水源はチベット高原 (081002)
インドの配電組織改革 (081001)

フィリッピンの再生可能エネへの取組 (080930)
インドの地球温暖化との戦い (080929)
サルウイーン河のダム開発 (080927)
メコン流域会議開催と中国 (080926)
インド,25年までに6千万KW水力開発 (080925)

元に戻る


アジアのエネルギー最前線 地図


大きな地図で見る

元に戻る


ウエブ全体検索

カスタム検索

本サイト内検索

カスタム検索

メールマガジン配信ご希望の方は下記いずれかより申し込んで下さい,無料です。

【日刊 アジアのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000226907.html 231
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/12995.html 232
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/8660/p/1/ 239
http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=010578 43
http://www.melma.com/backnumber_167974/ 128

【週刊 アフリカのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000273675.html 43
http://kapu.biglobe.ne.jp/14528/index.html 9
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19799/p/1/ 7
https://my.melma.com/basicinformationcomp/ 12

【週刊 中南米のエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000273730.html 38
http://kapu.biglobe.ne.jp/14529/index.html 4
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19814/p/1/ 5
https://my.melma.com/basicinformationcomp/ 20

【週刊 中東のエネルギー最前線】
http://kapu.biglobe.ne.jp/14531/index.html 5
http://www.mag2.com/m/0000273808.html 23
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19836/p/1/ 9

【週刊 再生可能エネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000274231.html 42
http://kapu.biglobe.ne.jp/14551/index.html 7
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19956/p/1/ 4
http://my.melma.com/login/(発行申請中)

【週刊 世界の地球温暖化最前線】
http://www.mag2.com/m/0000276643.html 33
http://kapu.biglobe.ne.jp/14611/index.html 6
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/20572/p/1/ 3
http://www.melma.com/backnumber_177719/ 23

【週刊 中央アジアのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000277253.html 34
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/ (発行申請中)
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/20748/p/1/ 6
http://www.melma.com/backnumber_177671/ 16

【不定期 オバマ政権のエネルギー最前線】
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/14713.html
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/8660/p/1/
http://www.melma.com/backnumber_167974/ 8


読者数 直接メール 253 延べ 1,475人

元へ戻る


海外出張直前重要サイト
通貨換算||時差||電話コード||フライト一覧||ホテル予約||各地気象||世界天気予報|| 海外安全情報|| 海外用品|海外医療||海外出張支援|| 海外赴任ナビ|| 成田へ|| 羽田へ|| 関空へ|| 伊丹へ|| ロンリプラネット|

| 鈴木篁氏] | Livedoor | |@nifty| | Gmail | |Bangkok Post| |Manila Bulletin| |Jakarta Post| |Economic Times| |時事通信| |ZAKZAK|

○https://www.blogger.com/start?hl=ja ○http://www.google.com/intl/en/press/intl-zeitgeist.html ○http://translate.google.com/translate_t?hl=ja# ○http://maps.google.com/maps?hl=ja&tab=wl 城km z http://news.google.com/news?hl=ja&sa=N&tab=ln&q= ○https://www.google.com/adsense/login3 ○http://mail.google.com/mail/#inboxhttp://www.google.com/ig?hl=jahttps://www.google.com/webmasters/tools/docs/ja/about.htmlhttps://www.google.com/webmasters/tools/summary?siteUrl=http%3A%2F%2Fmy.reset.jp%2F%7Eadachihayao%2F&hl=ja


| HOME | |サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | | プロジェクト位置図 |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| |週刊 アフリカのエネルギー最前線 | | 週刊 中央アジアのエネルギー最前線 | | オバマのエネルギー |
|週刊 中南米のエネルギー最前線| | 週刊 再生可能エネルギー最前線 | | 週刊 中東のエネルギー最前線 | | 世界の地球温暖化最前線 |

お問い合わせまたはご意見は下記メールアドレスへ
PGA02435@nifty.com