アジアのエネルギー最前線
Watch the latest videos on YouTube.com

| HOME | |サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | | プロジェクト位置図 |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| | アフリカのエネルギー最前線 | | 中央アジアのエネルギー最前線 | | オバマのエネルギー |
| 中南米のエネルギー最前線 | | 再生可能エネルギー最前線 | | 中東のエネルギー最前線 | | 世界の地球温暖化最前線 |

Since 1998 October
(本更新直前504,339 ,メルマガ配信数 1.475)


ー 日刊アジアのエネルギー最前線 2009年3月23日分 ー ミャンマーは35のダムプロジェクトを推進中 ー

2009年3月23日分 ー ミャンマーは35のダムプロジェクトを推進中 ー

Myannmar Shan State

連夜の,「黒部の太陽」,で思い出すのは先輩の話である。あの当時,黒四は世界銀行の資金を借りていたから,イタリアなどから多くの技術者が来ていたという。昨夜のシーンの中にも,外国人の地質専門家が,この地点は放棄せよ,と言っている場面が出ていたが,技術的な支援もさることながら,世界銀行が監督する立場からも,多くの専門家が来ていた,インドネシアの1980年代,パキスタンの今の時点,という感じか。

先輩の話だが,昼間はその専門家達との現場調査や会議があるわけで,夜になると日本のエンジニアー達が集まって,今日,あの外人の専門家達が何を言ったのか,夜遅くまでその検討会が続いたという。勿論英語の問題もあってのことだろうが,私の知っている限り,黒四で働いた人たちは英語が上手だったが,それでもあの当時の電力会社だから,大変だっただろう。

私も,海外にコンサルタントや専門家で出るようになって,当時の東南アジアのエンジニアーの人々が,そこまで熱心にやっているだろうか,と考えながら仕事をしていたが,やはり日本人の特性というか,外国の人にはなかなか真似の出来ないことなのだろう,と思っていた。経済成長は,殆ど同じ過程を踏むので,東南アジアで働きながら,ああ我々もこれと同じだったなあ,と感ずることが多々あった。

19080年代,インドネシアの山の中をジープで走ると,素っ裸の子供達が,ジープを取り囲んで,何かをせがんでいる。私も小学校4年生の頃,学校の近くで素っ裸になって河で泳いだりしていたが,路上を進駐軍のジープが来た,というので素っ裸でとんで出て手を振っていた,全く同じ光景が時の流れの中で繰り返されている。今,パキスタンやミャンマーでは,黒四のようなプロジェクトが必要な時代なのだ。

今日はミャンマーの水力開発のニュースが,北京から流れている。昔は,大体,バンコクから流れてきたが,時代も変わったものだ。中国が入って以来,ミャンマーでは,6つのダムが完成,22のダムが現在工事中または推進中で,更に15のダムが計画中という。出力全部で,30,888MW。また,下記の注に並べたが,昨日に続いて,ジャパンフォーカスが,中国のサルウイーン河の計画を長文で紹介している。後で読む。

(注) (60) http://japanfocus.org/-Milton-Osborne/2448

本文

●ペルーの5つのダム開発をブラジルのエレクトロブラスが支援

Centrais Eletricas Brasileiras SA, Latin America’s largest utility, will help build five hydroelectric dams in Peru, costing 25 billion to 30 billion reais ($11.1 billion to $13.3 billion), as Latin American power demand outstrips supply. (冒頭原文引用)

Amazon near Inambari

ペルーのアマゾン河流域の水力開発を,ブラジルのエレクトロブラス(注5)が支援する,と言うニュースは,2008年9月24日付本HP(注19)でも既に伝えている。今回は,更に具体的に工事に当たる企業の名前などが出ている。プロジェクトの事業費は,250億〜300億リエス,約111億〜133億ドル相当,である。ウイーンに滞在中のブラジルのロバオ・エネルギー大臣は,全部で5,000MW,ブラジル,ペルーなどへ送電と。

ペルーの電力規制機関のダマート総裁(注10)によると,需要が年率6%で伸びており,今年は停電に襲われていると。またブラジル側は,この先10年間で50%増しの設備拡大を目指しており,150,000MWに達する計画という。また,コンストルトラ(注11)によると,エレクトロブラス(注5)と協力して,2,000MWのイナンバリ水力プロジェクト(注12)のFS調査を,20百万ドルで完成しているようだ。

他に,ペルー国内の水力開発に関心を示している企業は,デューク(注13),イスラエル(注14),GDFスエズ(注15)などである。

(注) (1) 090323A Peru, bloomberg,(2) Eletrobras to Help Build Five Hydropower Dams in Peru (Update1),(3) http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=20601086&sid=a49eFvtTFXh8&refer=news,(4) By Juan Pablo Spinetto and Jeb Blount,March 18 (Bloomberg) --,(5) Centrais Eletricas Brasileiras SA,(6) Eletrobras,(7) Amazon region,(8) Andean country,(9) Brazilian Energy Minister Edison Lobao,(10) Alfredo Dammert, head of Peru’s energy regulator,(11) Construtora OAS Ltda,(12) Inambari hydropower plant,(13) Duke Energy Corp,(14) Israel Corp.,(15) GDF Suez SA,(16) Jeb Blount in Rio de Janeiro at jblount@bloomberg.net,(17) Juan Pablo Spinetto in Vienna at jspinetto@bloomberg.net,(18) Last Updated: March 18, 2009 17:20 EDT,(19) http://my.reset.jp/~adachihayao/iindex3newsSA080924.htm,(20)

●パキスタンの電力不足量は2,500MWの不足

The country will face up to 2,500 MW power shortfall at least till March 31 owing to two reasons, substantial reduction in hydropower generation and highly increased demand with the start of the summer. (冒頭原文引用)

Chenab river

パキスタンは,今まさに,国内,国際とも,正念場にある。今日の朝日新聞の社説も,国際的な支援の体制に十分に答え得るかどうか,国内政治の場で,政権の行方が問われている。電力需給の逼迫は,ザルダリ大統領にとっては,諸刃の刃である。夏にかかってきての需要の増加と,水不足による水力発電所の出力減退で,2009年3月31日時点で,2,500MWの供給力不足である,と報じられている。

水力発電設備は,タルベラダム(注24),マングラダム(注25),ガジバロタ水力(注26)など,7,000MWの出力があるにもかかわらず,現在出せる出力は僅かに,1,000MWだという。日6〜8時間の停電が今月一杯は続く見通しで,来月になるとカリフのシーズン(注27)となり,更に逼迫すると思われる。PEPCO(注28)によると,需要が,12,500MWに対して,供給力は,10,000MW,2,500MWの不足という。

チーマPEPCO総裁(注28)も,ダムの放流で水位の低下が起こっていると。電力需要の上昇で,WAPDA(注33)が,マングラダム(注25)からの放流,5,000CSD(注34)の放流をゼロとする提案に対して,IRSA(注29)も承認している。タルベラダム(注24)の水位は低水位,1,369フィートに達しており,マングラダム(注25)も低水位が1,040フィートに対し,現在は1,085フィートまで下がっている。

タルベラダム(注24)は,流入量をそのまま流す状態で,25,000CSD(注34)であり,マングラダム(注25)からは,5,000CSD(注34)である。タルベラダム(注24)の発電所の出力は大きく落ち込んでいる。チーマPEPCO総裁(注28)によれば,電力使用制限は,2009年12月まで続くという。3,500MWが年内には新規運転開始する。

(注) (20) 090323B Pakistan, thenews,(21) Country to face power shortage of 2,500 MW till 31st,(22) http://www.thenews.com.pk/print1.asp?id=168436,(23) Sunday, March 22, 2009,By By Dilshad Azeem,ISLAMABAD: ,(24) Tarbela dam,(25) Mangla dam,(26) Ghazi Brotha Hydropower project,(27) Kharif season,(28) Pakistan Electric Power Company (Pepco),(28) MD (EM&C) Tahir Basharat Cheema,(29) Indus River System Authority (Irsa),(30) Punjab,(31) Sindhis,(32) Kharif 2009 water distribution plan,(33) Water and Power Development Authority (Wapda),(34) CSD,cusecs daily: 毎秒立方フィートを一日続ける,という意味か,(35)

●ミャンマーは新しい首都の近くで水力開発へ

Myanmar is implementing a new hydropower project, Nancho, near the new capital of Nay Pyi Taw as part of its bid to add more electricity to the country, sources with the Electric Power Department said on Saturday. The project, lying 25.6 kilometers east of Nay Pyi Taw, is targeted to complete by the year 2010, the sources said. (冒頭原文引用注38)

Paunglaung under construction

昔は,ミャンマーの水力開発の情報は,バンコクから出ていたが,最近は様変わり,今日もこの情報は北京からである。電力局(注41)の情報によると,ミャンマー政府は,新首都ネイピト(注40)の近くで,ナンチョ水力プロジェクト(注42)を開発する。ナンチョ水力プロジェクト(注42)は,ネイピト(注40)の東25.6kmにあり,2010年完成を目指している。20MW機2台で,40MW,年間発生電力量は,152百万KWhである。

ミャンマーの水力発電プロジェクトは,6プロジェクトが完成,22プロジェクトが推進中である。2008年までに完成した6つのプロジェクトは,出力併せて,442MWであり,それらは,ゾージ第2水力(注43),ザウントウ水力(注44),タパンセイク水力(注45),モネチャン水力(注46),パウンラン水力(注47),イエンウエ水力(注48)である。

現在推進中の22プロジェクトは,16,599MWであり,更に新たな15プロジェクトを計画中である。この15のプロジェクトは,出力がそれぞれ,48MW〜2,800MWで,7つの地区と州にある。15のうち7つは北部のカチン州(注49)で,そのうち6つは,それぞれ,1,200MWを越えている。他のプロジェクトは,サガイン(注50),マンダレー(注51),マグエイ(注52),バゴ(注53)の各地区と,ラキン(注54)と北部シャン(注55)の各州。

計画中の15プロジェクトの出力は,13,847MWである。月別統計によると,2008年末の時点で,全設備出力は,1,684MWに達し,発生電力量は,2006〜2007年の,61.64億KWhに対し,2007〜2008年は,66.03億KWhであった。

(注) (36) 090323C Myanmar, news.xinhuanet,(37) Myanmar implements new hydropower project in new capital,(38) http://news.xinhuanet.com/english/2009-03/21/content_11048335.htm,(39) www.chinaview.cn 2009-03-21 19:54:52 Print,YANGON, March 21 (Xinhua) -- ,(40) Nay Pyi Taw,(41) Electric Power Department,(42) Nancho power plant,(43) Zawgyi-2 hydro,(44) Zaungtu hydro,(45) Thaphanseik hydro,(46) Monechaung hydro,(47) Paunglaung hydro,(48) Yenwe hydro,(49) Kachin state,(50) Sagaing division,(51) Mandalay division,(52) Magway division,(53) Bago division,(54) Rakhine state,(55) Shan state,(56)

参考資料

ペルー

●090323A Peru, bloomberg
ペルーの5つのダム開発をブラジルのエレクトロブラスが支援
Eletrobras to Help Build Five Hydropower Dams in Peru (Update1)

http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=20601086&sid=a49eFvtTFXh8&refer=news

パキスタン

●090323B Pakistan, thenews
パキスタンの電力不足量は2,500MWの不足
Country to face power shortage of 2,500 MW till 31st

http://www.thenews.com.pk/print1.asp?id=168436

ミャンマー

●090323C Myanmar, news.xinhuanet
ミャンマーは新しい首都の近くで水力開発へ
Myanmar implements new hydropower project in new capital

http://news.xinhuanet.com/english/2009-03/21/content_11048335.htm







元へ戻る


過去のニュース

●インドの東北地域の水力は中国分水に懸念 (093022)
●電気自動車は汚れた電力を使うのか (090321)
●インドを初めLNG価格下落の恩恵 (090320)
●インドネシアのLNGで日本が余剰船を欧州へ (090319)
●インドネシアの第2次の石炭火力の火力入札間近 (090317)
●インドの天然ガスにシーチェンジ (090316)
●米国エネルギー長官は石炭を捨てない (090315)
●中国が景気刺激で水力と風力で2,000MW開発 (090313)
●ネパールとドイツの水力開発協力 (090312)
●知的送電網でオバマ政権に呼応してソフト企業が動 (090311)
●カンボジアの小水力開発に思う (090310)
●インドの大規模石炭火力の資金の状況 (090309)
●スリランカの電力は水力と火力に転機 (090307)
●ベトナムの住民移住で国会が活躍 (090306)
●南アジアのエネルギー協力への道 (090305)
●ベトナムのオモンなどのガス火力開発 (090304)
●インドとネパールの国境で6,000MW水力が動き (090303)
●パキスタンが東京会議を控え51ダムの提案 (090302)
●フィリッピンの小水力開発に火がついた (090301)

●中国の2030年はグリーン経済を達成と (090228)
●フィリッピンの電力需要は下方修正か (090227)
●米国エネルギー長官が揚水発電開発主唱 (090226)
●インドネシア問題など中国資金の政策に異変が (090225)
●パキスタンのザルダリ大統領の孤独な中国訪問 (090224)
●中国の送電網先進技術が海外進出を狙う (090223)
●パキスタンのニールムジェルム水力着工 (090222)
●インドネシアの電源早期着工計画が資金難 (090221)
●ベトナムの電源開発の遅れはなぜ (090220)
●ネパールとインドが今後の開発計画で協議 (090219)
●ネパールのアッパータマコシ水力を456MWに (090218)
●インドネシアと日本のLNG契約減 (090217)
●ADBがブータンのダガチュ水力支援 (090215)
●>ベトナムのソンラ水力のダムに亀裂 (090214)
●インドネシアの中国ローンで利上げ要求 (090213)
●カンボジアで中国のダム着工 (090212)
●インドネシアのエネルギーに変革のとき (090211)
●インドのカシミールのダムに反対論 (090210)
●フィリッピンの石炭探査が始まるか (090209)
●ベトナムのソンラ水力の移住難航 (090208)
●中国は温暖化対策で先進国の義務強調 (090207)
●インドの副大統領がミャンマーへ (090206)
●中国の電力設備は792,000MW (090205)
●ミャンマーのアラカン州に鉄道建設 (090204)
●ラオスのナムグム第2水力順調に推移 (090203)
●インドの小水力包蔵は15,000MW (090202)
●再生可能エネルギーの前提はベース原子力 (090201)

●インドの石炭火力は燃料不足に (090131)
●インド北辺でのインド企業の奮戦 (090130)
●ミャンマー首相がアラカンを視察 (090129)
●フィリッピンのバターン原発再稼働問題 (090128)
●ネパールの水力開発との戦い (090127)
●フィリッピンの電力改革に黄色信号 (090126)
●中国雲南のダムが景気刺激策で動く (090125)
●インドネシアのガス供給は国内優先 (090124)
●インドネシアのLNGに三菱160億ドル (090123)
●オバマ大統領の手から水が漏れた (090122)
●インドの北辺水力開発は人類最後の戦い (090120)
●パキスタンのロワリ隧道完成へ (090119)
●ベトナムが再生可能エネルギーに悩む (090118)
●中国国家送電網の内外での大活躍 (090117)
●フィリッピンの送電譲渡で電源はどうなる (090116)
●ミャンマーのアラカンに500MWダム (090115)
●インドネシアのガス田でエクソンと紛争 (090114)
●ネパールは中国の投資を歓迎 (090113)
●フィリッピンのセブに200MW石炭火力 (090112)
●インドのAP州に縦貫ハイウエーの計画 (090111)
●フィリッピンが中国のODA見直し (090110)
●パキスタンは2016年までに25,270MW (090109)
●インドの海岸の火力は輸入炭30% (090108)
●フィリッピンのエネルギー長官が回顧 (090107)
●インドネシアで新規電源が年内に (090106)
●ネパールの停電対策に新たな提言 (090104)
●パキスタンとイランの協力強化 (090103)
●カンボジアは中国企業に補償の義務 (090102)
●カンボジアの電気料金高止まりは続く (090101)

●インドのマハラシュトラの電源 (081231)
●インドネシアの原子力に不安 (081230)
●中国のエネルギー安全保障 (081229)
●中国の金沙江の開発進む (081228)
●インドがカシミールで水力推進決意 (081227)
●インド国家電網に世界銀行ローン (081226)
●インドのアルナチャルプラデシュの開発機運 (081225)
●中国2千キロの80万ボルト直流送電 (081224)
●中国がインドネシアのエネルギーに31億ドル (081223)
●インドのガスとLNGを巡る情勢 (081222)
●パキスタンの水力便益地元還元 (081221)
●フィリッピンの電気料金は民営化で下がるか (081220)
●インド北辺水力開発に変わった兆し (081219)
●フィリッピンの再生可能で産業界が沸き立つ (081218)
●フィリッピンが再生可能400万KW開発へ (081217)
●米国の知的送電網開発の気運 (081216)
●メコン委員会も気候変動戦争に参戦 (081215)
●インドが省エネ取引市場を計画 (081214)
●インダスのニールム川に火花散る (081213)
●中国の地方政府の開発志向は止まらない (081212)
●NGOが世界銀行は温暖化の元凶と (081211)
●原油価格下降の現状とこれからの動き (081210)
●中国の経済外交が国内巨大需要へ急旋回 (081209)
●パキスタンのバシャダムの資金不足 (081208)
●フィリッピンの送電網は中国へ (081207)
●インドの電力が最高警戒レベル (081206)
●パキスタンがインドへ水補償要求 (081205)
●メコン事務局長が投稿立場説明 (081204)
●ベトナムの電力改革迷走か (081203)
●比のロペスが国産資源開発へシフト (081202)
●インド北部の水力二つ前進へ (081201)

●マニラのプール市場に混乱 (081130)
●タイEGATの海外進出への飛躍 (081129)
●世銀の大規模インフラに批判の声 (081128)
●フィリッピンの再生可能エネルギー再び (081127)
●ミャンマーのラシオへの思い (081126)
●インドのパイプラインへの挑戦 (081125)
●パキスタンの水問題深刻 (081124)
●ベトナムの開発に何か変化が (081123)
●インドネシアの石炭探査投資を (081122)
●中国雲南省がコルカタへ調査団 (081119)
●パキスタンのダムになお異論 (081118)
●ミャンマーは更にダム開発加速 (081117)
●インド北東地域の送電線計画 (081116)
●メコン洪水で再び中国ダム論争 (081115)
●金融危機とインドの電源開発 (081114)
●カンボジアのNGO天国終焉 (081113)
●インドの電力プール市場 (081111)
●フィリッピンのマイクロ水力 (081109)
●カンボジアの多彩な水力開発 (081108)
●IEAが原油動向で報告書 (081107)
●インドの大規模火力に資金難 (081106)
●中国の石炭に下降傾向 (081105)
●タイ首相ナムグムの水を東北タイへ (081104)
●タイの原子力地点決定は2009年末 (081103)
●イランのパイプラインとインドの優柔不断 (081102)
●ミャンマーでの中国のプレゼンス (081101)

●ベトナム油田へのロシアの参入 (081031)
マニラ配電の先行き見通し (081030)
カンボジアなどへの中国の進出 (081029)
中国の水力開発規模は世界一 (081028
インドネシアの 電気料金上げ (081027)
中国企業がアザドカシミールにダム投資 (081026)
中国広西とベトナムを結ぶ線 (081025)
丸紅のフィリッピンへの取り組み (081024)
インドネシアと中国のLNG契約 (081023)
ラオスの水力で住民補償が再燃 (081022)
世界で50カ国以上が原子力発電を計画 (081021)
世界金融情勢の変化の影響 (081020)
インドとパキスタン対立の悪夢 (081019)
パキスタン大統領の北京挑戦 (081018)
インド北辺水力開発に反旗 (081017)
米国がインドへ原子力通商使節団 (081016)
フィリッピンの天然ガスと電気料金 (081015)
フィリッピンの長期エネルギー計画 (081014)
インドの大規模石炭火力計画 (081013)
ミャンマーの水力への外国投資 (081012)
ダム建設を巡るカシミール問題 (081011)
フィリッピンの国産エネルギーへの拘り (081010)
バングラデシュとミャンマーの関係 (081009)
バングラデシュのエネルギー長期見通し (081008)
中国政府のチベット開発政策 (081007)
●ADBが初めてベトナム水力支援 (081006)
●知的送電線ネットワークの発想へ (081005)

中国とインドのエネルギー問題 (081004)
インドの原子力開発加速へ (081003)
アジア大陸の水源はチベット高原 (081002)
インドの配電組織改革 (081001)

フィリッピンの再生可能エネへの取組 (080930)
インドの地球温暖化との戦い (080929)
サルウイーン河のダム開発 (080927)
メコン流域会議開催と中国 (080926)
インド,25年までに6千万KW水力開発 (080925)

元に戻る


アジアのエネルギー最前線 地図


大きな地図で見る

元に戻る


ウエブ全体検索

カスタム検索

本サイト内検索

カスタム検索

メールマガジン配信ご希望の方は下記いずれかより申し込んで下さい,無料です。

【日刊 アジアのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000226907.html 231
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/12995.html 232
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/8660/p/1/ 239
http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=010578 43
http://www.melma.com/backnumber_167974/ 128

【週刊 アフリカのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000273675.html 43
http://kapu.biglobe.ne.jp/14528/index.html 9
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19799/p/1/ 7
https://my.melma.com/basicinformationcomp/ 12

【週刊 中南米のエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000273730.html 38
http://kapu.biglobe.ne.jp/14529/index.html 4
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19814/p/1/ 5
https://my.melma.com/basicinformationcomp/ 20

【週刊 中東のエネルギー最前線】
http://kapu.biglobe.ne.jp/14531/index.html 5
http://www.mag2.com/m/0000273808.html 23
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19836/p/1/ 9

【週刊 再生可能エネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000274231.html 42
http://kapu.biglobe.ne.jp/14551/index.html 7
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19956/p/1/ 4
http://my.melma.com/login/(発行申請中)

【週刊 世界の地球温暖化最前線】
http://www.mag2.com/m/0000276643.html 33
http://kapu.biglobe.ne.jp/14611/index.html 6
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/20572/p/1/ 3
http://www.melma.com/backnumber_177719/ 23

【週刊 中央アジアのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000277253.html 34
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/ (発行申請中)
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/20748/p/1/ 6
http://www.melma.com/backnumber_177671/ 16

【不定期 オバマ政権のエネルギー最前線】
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/14713.html
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/8660/p/1/
http://www.melma.com/backnumber_167974/ 8


読者数 直接メール 253 延べ 1,475人

元へ戻る


海外出張直前重要サイト
通貨換算||時差||電話コード||フライト一覧||ホテル予約||各地気象||世界天気予報|| 海外安全情報|| 海外用品|海外医療||海外出張支援|| 海外赴任ナビ|| 成田へ|| 羽田へ|| 関空へ|| 伊丹へ|| ロンリプラネット|

| 鈴木篁氏] | Livedoor | |@nifty| | Gmail | |Bangkok Post| |Manila Bulletin| |Jakarta Post| |Economic Times| |時事通信| |ZAKZAK|

○https://www.blogger.com/start?hl=ja ○http://www.google.com/intl/en/press/intl-zeitgeist.html ○http://translate.google.com/translate_t?hl=ja# ○http://maps.google.com/maps?hl=ja&tab=wl 城km z http://news.google.com/news?hl=ja&sa=N&tab=ln&q= ○https://www.google.com/adsense/login3 ○http://mail.google.com/mail/#inboxhttp://www.google.com/ig?hl=jahttps://www.google.com/webmasters/tools/docs/ja/about.htmlhttps://www.google.com/webmasters/tools/summary?siteUrl=http%3A%2F%2Fmy.reset.jp%2F%7Eadachihayao%2F&hl=ja


| HOME | |サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | | プロジェクト位置図 |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| |週刊 アフリカのエネルギー最前線 | | 週刊 中央アジアのエネルギー最前線 | | オバマのエネルギー |
|週刊 中南米のエネルギー最前線| | 週刊 再生可能エネルギー最前線 | | 週刊 中東のエネルギー最前線 | | 世界の地球温暖化最前線 |

お問い合わせまたはご意見は下記メールアドレスへ
PGA02435@nifty.com