アジアのエネルギー最前線

| HOME | | プロジェクト位置図 | | 海外出張準備 || YouTube Energy Collection |
|サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| | アフリカのエネルギー最前線 | | 中央アジアのエネルギー最前線 | | オバマのエネルギー |
| 中南米のエネルギー最前線 | | 再生可能エネルギー最前線 | | 中東のエネルギー最前線 | | 世界の地球温暖化最前線 |
趣味のゴルフ】 【趣味の囲碁】 【趣味のドライブ】 【趣味の川見物

Since 1998 October
(本更新直前533,333 ,メルマガ配信数 1.475)


ー 日刊アジアのエネルギー最前線 2009年7月21日分 ー カンボジアの発電所に残る深い懺悔の念ー

From YouTube

cambodia 1965 part 1
step back in time before the khmer rouge period and see how developed we were. This first clip mainly shows phnom penh, please rate or comment on this video.


2009年7月21日分 ー カンボジアの発電所に残る深い懺悔の念 ー

中国がASEANに対して,インフラ,エネルギー資源,情報通信などの分野の重点協力プロジェクトに,100億ドル投資の基金を設立すると言明した(注1)。100億ドルですよ,1兆円超ですよ。雲南,ラオス,カンボジアの南北ルートは,ミャンマーのガスパイプラインに隠れているが,メコン川沿いに降りてくる中国のパワーの重要な回廊構想,日本の東西アジアハイウエー構想と,メコン河の上で,激しく交差する。

カンボジアで我々は一体何をやってきたのだろうか。中国のブルドーザーが大挙して押し寄せてくる前に,我々がやっていたことは,子供のオモチャのショベルで土をかいていたようなものだ。今日の記事に出てくるカンボジアのエネルギー省のイトプレイン副大臣と,農村に小水力を造るためには全国の調査が2年必要だ,とか,カムチャイ水力をやるならば,その前に数年間,全国マスタープランが必要だ,とか,全く笑い話ものである。

如何に日本の協力が観念的であったか,反省よりも懺悔に近い心境である。結局我々は,長い太平の夢を貪っていて,観念だけが発達し,目の前に病気で死にそうな子供達がいれば,初めて医療品を運んだり,医師団を派遣したり,地震が起きれば国際救援隊を送り込んだり,目の前の具体的な悲惨しか目に入らず,我々が戦後に経てきた経済復興の経験を,殆ど活かすことが出来なかった。人生をやり直したい気持ちだ。

大使館やJICA現地事務所に当たるわけではないが,カンボジアの和平を構築した,と言う自負など,もうカンボジアの人たちは覚えていないだろう。まさに半世紀間,日本人が造ってあげる,造ってあげる,と言いながら結局何もしてくれなかった発電所を,目の前で,難しいことを言わずに,どんどん造ってくれる中国企業のエネルギーは,善悪の議論を越える壮大な人間同士の快挙だと思う。カンボジアの人々に顔向けできない。

結局,我々エネルギー関係の専門家も,国内世論を憚って,大使館,JICA事務所,JBICなどに,自分の身を犠牲にしても訴え続けるだけのエネルギーを失っていたのか。カムチャイをやるべきだ,とか,シハヌークビルに中規模の石炭火力を造るべきだ,それがカンボジアのエネルギー問題を解決する鍵だ,と私たちは知っていた。でも,ダムの「ダ」と言ったところで,ダメ,のダに変わってしまう。

歴史の中で,その発展過程がそれぞれの国によって変わっている。日本では絶対にやっては行けないプロジェクトも,カンボジアではそれが必要な時代だったのだ。戦後,日本国民の支援を受けて佐久間ダムや黒四ダムを造ったように,あの人達は,カンボジアの人たちは,あそこにダムを必要としているのだ,とどうしてもっと主張できなかったのか,まさに慚愧に耐えない。中国はあっという間に,カムチャイを完成する。

米国のクリントン長官は,北朝鮮は私の子供のようにだだをこねるが,何もオモチャは与えないよ,と言っている。そのクリントン国務長官に対してインドのシン首相は,インド国内の2つの原子力発電所の建設を米国企業に発注すると伝えた(注2)。東芝傘下のウエスチングハウスと,GEと日立の合弁会社が係わるという。やっと原子力の灯火が,日本企業にとっての重要な機会となってきた。時代感覚を失うな。

(注1) http://www.asiax.biz/news/2009/07/21-111717.php
(注2) http://www.nikkei.co.jp/kaigai/asia/20090721D2M2100B21.html


本文

●カンボジアの中国によるカムチャイなどダムが完成間近

CHINA'S Sinohydro Corporation said the smaller of two hydropower plants under construction is almost complete and will start supplying power to the national grid in October.

カンボジアの中部沿岸都市,カンポット(注8),その町に流れ込むカムチャイ川の中流部にダムを建設すれば,100MW規模の水力発電所が建設可能,50年ぐらい前から調査が行われてきた地点で,旧ソ連が係わり,メコン委員会が係わり,日本のコンサルタントが係わり,カナダのハイドロケベックが係わり,結局これを成し遂げるのは,中国人しかいなかった,と言う現実に,慚愧の念が一杯。

このカムチャイ水力(注6)は,中国水利水電集団公司,シノハイドロ(注5)は,180MWの主要部分と,10MWの副発電所を計画したようだ。この10MWの発電所が,2009年10月にも,EDC(注7)の国内グリッドに組み込まれ,プノンペンに電力が送られるという。シノハイドロ(注5)は,40年間の発電権益を持っており,180MWと10MWの両方で,事業費は,280百万ドルである。

180MWのカムチャイ水力(注6)は,現在,25%の進捗率で,2011年末に,電源として系統に組み込まれる。

(注)A (1) 090721A Cambodia,phnompenhpost,(2) title: 10-megawatt hydropower plant set for Oct launch,(3) http://www.phnompenhpost.com/index.php/2009072027253/Business/10-megawatt-hydropower-plant-set-for-oct-launch.html,(4) Monday, 20 July 2009 14:01 May Kunmakara, (5) Sinohydro Corporation中国水利水電建設集団公司,(6) 180MW Kamchay Dam,(7) Electricite du Cambodge,(8) Kampot,(9) company representative Kim Sovan,(10)



今日の参考資料

●090721A Cambodia,phnompenhpost
カンボジアの中国によるカムチャイなどダムが完成間近
10-megawatt hydropower plant set for Oct launch
http://my.reset.jp/adachihayao/index090721A.htm

http://www.phnompenhpost.com/index.php/2009072027253/Business/10-megawatt-hydropower-plant-set-for-oct-launch.html

最近の関連資料

●090331A Cambodia, hnompenhpost
カンボジアは2016年までには電力輸出可能に
Electricity exports expected by 2016, says govt official
http://my.reset.jp/adachihayao/index090331A.htm
●090206C Cambodia, xinhuanet
カンボジア,2008年,中国が最大の投資国
China top investor in Cambodia in 2008
http://my.reset.jp/adachihayao/index090206C.htm
●090102C Cambodia, phnompenhpost
カンボジアの国会,中国企業の水力開発へ,資金関連法承認
Funding law approved for hydropower dams
http://my.reset.jp/adachihayao/index090102C.htm
●081119I Cambodia, phnompenhpost
フンセン首相,嵐のため,カムチャイ水力の式典参加せず
PM cancels Kampot trip, citing storm fears
http://my.reset.jp/adachihayao/index081119I.htm
●081113C Cambodia, Asia Times
カンボジアに,遂にNGOの時代,終焉を告げる
The end of an NGO era in Cambodia
http://www.atimes.com/atimes/Southeast_Asia/JK14Ae02.html


●カンボジアのシハヌークビルでマレーシア企業が石炭火力

Malaysia's Leader Universal Holdings Bhd <LUNS.KL>, southeast Asia's largest cable and wire group, will invest $160 million in a coal-fired power plant in southern Cambodia, a government minister said on Monday. The deal aims to meet the increasing demand for power in Cambodia and will increase production by 100 megawatts by late 2011 or early 2012, Ith Praing, deputy minister of industry, mines and energy, told Reuters.

Shihanoukville

カンボジアの電力不足と高い電気料金を救うためには,南の海岸,唯一の海港,シハヌークビル(注7)に,中規模の石炭火力を造るしかない,と言われ続けてきた。日本のJICAも,調査に相当の費用を注ぎ込んだ,結局何も出来なかった。今再び,マレーシアのケーブル企業,LUNS(注5)が立ち上がった,中国企業はなぜ手を出さないのか,これは規模の問題なのである。

カンボジア政府,鉱工業エネルギー省のイト・プレイン副大臣(注6)が語った内容である。LUNS(注5)の提案は,事業費160百万ドルで,100MWの石炭火力を,2011年末か2012年初めに,運転開始したいとしている。工事に2年を要すると言っている。現在のカンボジアは,発電出力が,約300MWに対して,400MWの需要に対応するため,ベトナムやタイの支援を得ている。

カンボジアの電気料金は,KWh辺り20セントと,アジアで日本に次いで高く,未だに経済復興が困難で,外国投資が進まない。カンボジア政府は,外国投資,30億ドルを得て,6つの水力発電所と石炭火力を建設し,現在の能力の倍の発電出力を得る計画である。

(注)B (1) 090721B Cambodia, news.alibaba,(2) title: Malaysian group to invest $160m in Cambodian power,(3) http://news.alibaba.com/article/detail/energy/100134507-1-malaysian-group-invest-%2524160m-cambodian.html,(4) Published: 13 Jul 2009 05:48:25 PST,PHNOM PENH, July 13,(5) Leader Universal Holdings Bhd <LUNS.KL>,(6) Ith Praing, deputy minister of industry, mines and energy,(7) Sihanoukville,(8)

今日の参考資料

●090721B Cambodia, news.alibaba
カンボジアのシハヌークビルでマレーシア企業が石炭火力
Malaysian group to invest $160m in Cambodian power
http://my.reset.jp/adachihayao/index090721B.htm

http://news.alibaba.com/article/detail/energy/100134507-1-malaysian-group-invest-%2524160m-cambodian.html

最近の関連資料

●090331A Cambodia, hnompenhpost
カンボジアは2016年までには電力輸出可能に
Electricity exports expected by 2016, says govt official
http://my.reset.jp/adachihayao/index090331A.htm
●090101A Cambodia, phnompenhpost
カンボジア,石油が下がっても電気料金下がらず
Sky-high power costs here to stay official
http://my.reset.jp/adachihayao/index090101A.htm
●080109A Cambodia, Bangkok Post
イタルタイITD,中国企業などとともに,ココン石炭火力開発へ
ITD part of $5bn Cambodia venture Koh Kong plant will produce 1,830 MW
http://www.bangkokpost.com/Business/08Jan2008_biz01.php


●メコン河委員会が本流ダム開発の情報公開を求める

The submissions, which can be made at http://www.mrcmekong.org/ish/hydro-submit.asp or by post or fax, will provide input to the MRC's Strategic Environmental Assessment that is looking at the wider economic, social and environmental implications of the proposed dams in Cambodia, Laos and Thailand, according to MRC's statement released on Tuesday. MRC member countries will use information presented by the study to guide their decisions on these projects, it said.

Mekong Tonlesap Cambodia

タイの前首相サマック氏が,メコン下流域本流開発を主張し始めてからか,1992年以来眠っていた,階段状ダム開発計画が生き返ってきた。既に11のダムサイトがメディアの間を彷徨っている。私自身は,下流部に於けるダム開発は,おそらく困難で,寧ろ上流の中国領内のダムの有効利用を推し進めるべきだ,と思っている。しかし,メコン河委員会MRC(注5)は何をしているか,の声が高まり,動かざるを得ない。

メコン河委員会MRC(注5)は,メコン河本流下流域,11の水力発電ダムの計画に関して,関係者が利用できるウエブサイト(注6)を立ち上げた。提案されているダムについて,戦略的環境アセス(注7)を行うために,広く意見や資料の公開を行おうというのである。方針を出さずに,少しずるいとは思うが,MRC(注5)としては精一杯の動きなのであろう。

MRCのバード事務局長(注8)は,メコン河委員会構成国である,カンボジア,ラオス,タイ,ベトナムの各政府は,計画の決定に際して,このダム計画の背景となる状況を把握するために,メコン河委員会MRC(注5)の行動を強く要請したものだという。1995年メコン合意(注10)では,本流開発については,事前に沿岸国政府が協議することとなっている。

MRC(注5)は,発電などの便益と,特に漁業への影響のバランスが重要と考えており,環境問題としては漁業に重点がかかっている。当然漁業とは大きな関係を持ってくるが,私は,沿岸でどれだけの人が影響を受けるのか,移住が必要な規模,それが重要だと思っている。このメコン下流域のダム開発に付いては,多くの,最近の関連資料,がこの末尾にあるので,参照されたい。

(注)C (1) 090721C Mekong,news.xinhuanet,(2) title: MRC calls for public submissions on proposed Mekong hydropower schemes,(3) http://news.xinhuanet.com/english/2009-07/14/content_11705935.htm,(4) www.chinaview.cn 2009-07-14 11:14:43,PHNOM PENH, July 14 (Xinhua),(5) Mekong River Commission (MRC),(6) http://www.mrcmekong.org/ish/hydro-submit.asp,(7) MRC's Strategic Environmental Assessment,(8) Jeremy Bird, Chief Executive Officer of the MRC Secretariat,(9) proposed mainstream hydropower project,(10) 1995 Mekong Agreement,(11) MRC Member Countries,(12) fish migration,(13) Xaypladeth Choulamany, a Fisheries Program Co-ordinator at the MRC,(14)





今日の参考資料

●090721C Mekong,news.xinhuanet
メコン河委員会が本流ダム開発の情報公開を求める
MRC calls for public submissions on proposed Mekong hydropower schemes
http://my.reset.jp/adachihayao/index090721C.htm

http://news.xinhuanet.com/english/2009-07/14/content_11705935.htm

最近の関連資料

●090609A Cambodia, phnompenhpost
カンボジアのセサン水力で地元住民などが反対運動
Villagers, activists criticise Sesan hydropower project
http://my.reset.jp/adachihayao/index090609A.htm
●090702B Mekong, ipsnews
メコン川本流のダム開発は水戦争を勃発させる
Dams Across the Mekong Could Trigger a ‘Water War’
http://my.reset.jp/adachihayao/index090702B.htm
●090702C Mekong, slowfood
メコン河流域の漁民など住民が本流ダム開発で関係政府に抗議
Fighting for the Mekong
http://my.reset.jp/adachihayao/index090702C.htm
●090702D Mekong, news.asiaone
メコン河流域のダム反対の住民に世界がこぞって合流
World joins Mekong citizens in battle to stop dam building
http://my.reset.jp/adachihayao/index090702D.htm
●090702E Mekong, rfa
メコン河上流の中国のダムに対してメコンデルタから反対の声
Upstream Dams 'Threaten Mekong'
http://my.reset.jp/adachihayao/index090702E.htm
●090617B Mekong, rfa
メコン河上流のダム建設が下流域に脅威となっている
Upstream Dams 'Threaten Mekong'
http://my.reset.jp/adachihayao/index090617B.htm
●090601A Mekong, saigon-gpdaily
メコン河委員会が上流も含めた本流ダム開発を検討へ
Mekong body starts evaluating mainstream dams
http://my.reset.jp/adachihayao/index090601A.htm
●090529A Mekong, emediawire
メコン河電力サミットが開催され流域の開発調整が行われる
Regulatory Complexities To Be Addressed At Mekong Power Summit
http://my.reset.jp/adachihayao/index090529A.htm
●090428B Mekong,mizzima
メコン河本流のダム開発について環境グループの懸念
Environmentalists worried over impact of Mekong damning
http://my.reset.jp/adachihayao/index090428B.htm

最近の関連ニュース

●090721D Mekong, dailytimes
パキスタンより中国のメコン上流ダムは下流国との摩擦
ENVIRONMENT River of discord ?Michael Richardson
http://www.dailytimes.com.pk/default.asp?page=2009%5C07%5C19%5Cstory_19-7-2009_pg3_6
●090721E Mekong, phnompenhpost
メコン河委員会が本流ダム開発についてウエッブ開設
Commission seeks comment on 11 planned Mekong dams
http://www.phnompenhpost.com/index.php/2009071427125/National-news/commission-seeks-comment-on-11-planned-mekong-dams.html
●090721F Mekong, earthtimes
タイの首相がメコンなどの対話のためハノイを訪問
Thai prime minister off to Vietnam for Mekong talks - Update
http://www.earthtimes.org/articles/show/276905,thai-prime-minister-off-to-vietnam-for-mekong-talks--update.html
●090721G Mekong, rfa.org
ベトナムの環境専門家がメコン本流上流のダム開発で脅威と
Upstream Dams 'Threaten Mekong'
http://www.rfa.org/english/news/vietnam/mekong-06162009095500.html
●090721H Mekong, phnompenhpost
カンボジアのメコン本流開発をフォーラムの主題に
Workshop, regional coalition put Mekong dams on agenda
http://www.phnompenhpost.com/index.php/2009061726515/National-news/Workshop-regional-coalition-put-Mekong-dams-on-agenda.html
●090721I Cambodia, cambodia.ka
カンボジアは気候変動の影響でベトナムから押しかける難民に潰される
Is Cambodia the future shelter for Vietnamese climate exiles
http://cambodia.ka-set.info/environment/news-vietnam-environment-climate-change-warming-migration-refugees-090620.html?comment_id=216&joscclean=1




元へ戻る


過去のニュース

●ネパールの水力はヤダブ大統領主導か (090720)
●フィリッピンの国産資源開発に膨大な資金 (090718)
●中国訪問のチュウ長官が気候変動で協議 (090717)
●インドの原子力開発とクリントン国務長官 (090715)
●インドネシアの電源開発状況とLNGなど (090714)
●パキスタンの電力不足に財界が反発 (090713)
●ベトナムのEVNの能力に国民の疑問符 (090712)
●インドの石炭への依存はまだ続く (090708)
●ミャンマーのアラカンで水力建設進む (090707)
●ブータンの水力10,000MWを2020年までに (090705)
●インドのシッキムの510MWティースタ第5水力が竣工式 (090703)
●ラオスの電源開発とメコン本流ダム (090702)
●スリランカの石炭火力が順調に推移 (090701)

●フィリッピンのルソンの電力需給は2015年までOK (090630)
●マレーシアは原子力開発で優位にあると (090628)
●タイはミャンマーの新規ガスの生産延期交渉 (090626)
●インドの原子力ボスがトリウム炉発言 (090625)
●ミャンマーの水力をバングラデシュ輸入の計画 (090624)
●インドネシアは原油ガスの国内需要確保に (090623)
●フィリッピンのビサヤス系統の将来電源 (090622)
●ベトナムのガスにシェブロンが40億ドル (090621)
●ベトナムで年末までに1,100MWが系統へ (090619)
●パキスタンの水問題など中国が支援へ (090618)
●メコンデルタの問題でベトナムから (090617)
●インドの北辺水力開発で環境保護の声 (090616)
●フィリッピンなどのLNGプロジェクトが原油高で活気 (090614)
●中国の金沙江水力開発で環境部が中止命令 (090612)
●中国はクリーンエネルギー経済へ舵を切った (090611)
●バングラデシュを救うのはガス探査とブータン水力 (090610)
●カンボジアのセサンでベトナムが水力開発 (090609)
●パキスタンはインド水問題で原爆を示唆 (090608)
●ネパールの政治混乱とインド企業の動き (090607)
●ベトナムの電力規制改革の乱れが問題 (090606)
●ミャンマーのガスと水力で中国が内戦懸念 (090605)
●パキスタンへの対応を誤った米国 (090603)
●メコン河委員会が本流ダム開発に介入 (090601)

●インドの新内閣の課題は電力改革と地方電化 (090531)
●メコン河電力サミットで本流開発議題に (090529)
●インドネシアの原油生産落ちで焦り (090528)
●中国は再び石炭生産の過重の兆し (090527)
●フィリッピンは再生可能エネルギー倍増を期待 (090526)
●インドの原子力でGE日立がL&Tと協力 (090525)
●中国のエネルギー政策に転換の兆し (090524)
●インドネシアの第2次電源開発は地熱重点 (090523)
●タイの国家石油の海外での活躍 (090522)
●フィリッピンの電気料金との戦い (090521)
●中国の黄河上流で最大の水力運転開始 (090520)
●インドとパキスタンの関係に重大関心 (090518)
●ラオスの水力など再び動く気配 (090517)
●フィリッピンの主要石炭火力がIPPA入札へ (090515)
●中国の水力開発のCDMにEUが異論 (090514)
●フィリッピンのアンガット水力買収劇始まる (090512)
●ベトナムの水力民間投資に政府保証 (090511)
●パキスタンはインドの姿勢に極めて不満 (090510)
●ネパール政変に脅えるインド企業 (090508)
●インドに迫り来る夏の電力不足 (090507)
●中国が新疆自治区でエネルギー開発強化 (090506)
●ネパールのマオイスト政権が倒れる (090504)
●フィリッピンも原子力発電を決断 (090502)
●日本政府がパキスタンの電力支援へ (090501)

●インドのリライアンスはイランをとるか米国をとるか (090430)
●中国の超高圧送電網UHVに注目集まる (090429)
●メコン流域開発で保健影響評価HIA導入提案 (090428)
●フィリッピンのマランパヤガス資源で料金問題 (090427)
●インドの4,000MWのササン火力が資金調達完了 (090424)
●中国の姜楡報道官の記者会見とスリランカ (090423)
●中国が長江に更に20のダムを計画 (090422)
●ネパール支援増大で中国がチベットなど条件 (090420)
●ベトナム北部での水力開発が続く (090418)
●インドの水力は技術者不足で遅れ (090416)
●パキスタンのダムへの支援を日本政府拒否 (090415)
●フィリッピンでノルウエーがアンガット水力を買収視野に (090414)
●パキスタンを中国の水力調査団が訪問 (090413)
●フィリッピンの資産売却はIPP水力へ波及 (090412)
●ミャンマー東部シャン州に不穏 (090411)
●インドのKGガスを電力へ配分を承認 (090409)
●中国の水力発電は2020年に3億KWへ (090408)
●インドネシアのPLNがIPP売電単価設定へ (090407)
●フィリッピンの電気料金のせめぎ合い (090406)
●インドの東部海域で更に天然ガスの発見 (090405)
●ミャンマーのアラカン州で水力着工 (090404)
●ラオスのメコン本流コーン滝開発と漁業 (090403)
●インドのリライアンスがKG流域ガスの生産開始 (090402)
●ミャンマーの北辺水力に中国が着手 (090401)

●カンボジアが2016年には電力輸出と (090331)
●インドのKG流域のガス生産開始へ (090330)
●インドのヒマチャルで775MWのルーリ水力着工へ (090329)
●知的送電網には情報安全対策が不可欠 (090328)
●本流ダム開発で母なるメコンは失われつつある (090327)
●ブータンで10水力10,000MW開発へ (090326)
●パキスタンとインドがインダス河で水論争 (090325)
●インドと米国の協力は原子力から太陽光 (090324)
●ミャンマーは35のダムプロジェクトを推進中 (090323)
●インドの東北地域の水力は中国分水に懸念 (093022)

●電気自動車は汚れた電力を使うのか (090321)
●インドを初めLNG価格下落の恩恵 (090320)
●インドネシアのLNGで日本が余剰船を欧州へ (090319)
●インドネシアの第2次の石炭火力の火力入札間近 (090317)
●インドの天然ガスにシーチェンジ (090316)
●米国エネルギー長官は石炭を捨てない (090315)
●中国が景気刺激で水力と風力で2,000MW開発 (090313)
●ネパールとドイツの水力開発協力 (090312)
●知的送電網でオバマ政権に呼応してソフト企業が動 (090311)
●カンボジアの小水力開発に思う (090310)
●インドの大規模石炭火力の資金の状況 (090309)
●スリランカの電力は水力と火力に転機 (090307)
●ベトナムの住民移住で国会が活躍 (090306)
●南アジアのエネルギー協力への道 (090305)
●ベトナムのオモンなどのガス火力開発 (090304)
●インドとネパールの国境で6,000MW水力が動き (090303)
●パキスタンが東京会議を控え51ダムの提案 (090302)
●フィリッピンの小水力開発に火がついた (090301)

●中国の2030年はグリーン経済を達成と (090228)
●フィリッピンの電力需要は下方修正か (090227)
●米国エネルギー長官が揚水発電開発主唱 (090226)
●インドネシア問題など中国資金の政策に異変が (090225)
●パキスタンのザルダリ大統領の孤独な中国訪問 (090224)
●中国の送電網先進技術が海外進出を狙う (090223)
●パキスタンのニールムジェルム水力着工 (090222)
●インドネシアの電源早期着工計画が資金難 (090221)
●ベトナムの電源開発の遅れはなぜ (090220)
●ネパールとインドが今後の開発計画で協議 (090219)
●ネパールのアッパータマコシ水力を456MWに (090218)
●インドネシアと日本のLNG契約減 (090217)
●ADBがブータンのダガチュ水力支援 (090215)
●>ベトナムのソンラ水力のダムに亀裂 (090214)
●インドネシアの中国ローンで利上げ要求 (090213)
●カンボジアで中国のダム着工 (090212)
●インドネシアのエネルギーに変革のとき (090211)
●インドのカシミールのダムに反対論 (090210)
●フィリッピンの石炭探査が始まるか (090209)
●ベトナムのソンラ水力の移住難航 (090208)
●中国は温暖化対策で先進国の義務強調 (090207)
●インドの副大統領がミャンマーへ (090206)
●中国の電力設備は792,000MW (090205)
●ミャンマーのアラカン州に鉄道建設 (090204)
●ラオスのナムグム第2水力順調に推移 (090203)
●インドの小水力包蔵は15,000MW (090202)
●再生可能エネルギーの前提はベース原子力 (090201)

●インドの石炭火力は燃料不足に (090131)
●インド北辺でのインド企業の奮戦 (090130)
●ミャンマー首相がアラカンを視察 (090129)
●フィリッピンのバターン原発再稼働問題 (090128)
●ネパールの水力開発との戦い (090127)
●フィリッピンの電力改革に黄色信号 (090126)
●中国雲南のダムが景気刺激策で動く (090125)
●インドネシアのガス供給は国内優先 (090124)
●インドネシアのLNGに三菱160億ドル (090123)
●オバマ大統領の手から水が漏れた (090122)
●インドの北辺水力開発は人類最後の戦い (090120)
●パキスタンのロワリ隧道完成へ (090119)
●ベトナムが再生可能エネルギーに悩む (090118)
●中国国家送電網の内外での大活躍 (090117)
●フィリッピンの送電譲渡で電源はどうなる (090116)
●ミャンマーのアラカンに500MWダム (090115)
●インドネシアのガス田でエクソンと紛争 (090114)
●ネパールは中国の投資を歓迎 (090113)
●フィリッピンのセブに200MW石炭火力 (090112)
●インドのAP州に縦貫ハイウエーの計画 (090111)
●フィリッピンが中国のODA見直し (090110)
●パキスタンは2016年までに25,270MW (090109)
●インドの海岸の火力は輸入炭30% (090108)
●フィリッピンのエネルギー長官が回顧 (090107)
●インドネシアで新規電源が年内に (090106)
●ネパールの停電対策に新たな提言 (090104)
●パキスタンとイランの協力強化 (090103)
●カンボジアは中国企業に補償の義務 (090102)
●カンボジアの電気料金高止まりは続く (090101)

●インドのマハラシュトラの電源 (081231)
●インドネシアの原子力に不安 (081230)
●中国のエネルギー安全保障 (081229)
●中国の金沙江の開発進む (081228)
●インドがカシミールで水力推進決意 (081227)
●インド国家電網に世界銀行ローン (081226)
●インドのアルナチャルプラデシュの開発機運 (081225)
●中国2千キロの80万ボルト直流送電 (081224)
●中国がインドネシアのエネルギーに31億ドル (081223)
●インドのガスとLNGを巡る情勢 (081222)
●パキスタンの水力便益地元還元 (081221)
●フィリッピンの電気料金は民営化で下がるか (081220)
●インド北辺水力開発に変わった兆し (081219)
●フィリッピンの再生可能で産業界が沸き立つ (081218)
●フィリッピンが再生可能400万KW開発へ (081217)
●米国の知的送電網開発の気運 (081216)
●メコン委員会も気候変動戦争に参戦 (081215)
●インドが省エネ取引市場を計画 (081214)
●インダスのニールム川に火花散る (081213)
●中国の地方政府の開発志向は止まらない (081212)
●NGOが世界銀行は温暖化の元凶と (081211)
●原油価格下降の現状とこれからの動き (081210)
●中国の経済外交が国内巨大需要へ急旋回 (081209)
●パキスタンのバシャダムの資金不足 (081208)
●フィリッピンの送電網は中国へ (081207)
●インドの電力が最高警戒レベル (081206)
●パキスタンがインドへ水補償要求 (081205)
●メコン事務局長が投稿立場説明 (081204)
●ベトナムの電力改革迷走か (081203)
●比のロペスが国産資源開発へシフト (081202)
●インド北部の水力二つ前進へ (081201)

●マニラのプール市場に混乱 (081130)
●タイEGATの海外進出への飛躍 (081129)
●世銀の大規模インフラに批判の声 (081128)
●フィリッピンの再生可能エネルギー再び (081127)
●ミャンマーのラシオへの思い (081126)
●インドのパイプラインへの挑戦 (081125)
●パキスタンの水問題深刻 (081124)
●ベトナムの開発に何か変化が (081123)
●インドネシアの石炭探査投資を (081122)
●中国雲南省がコルカタへ調査団 (081119)
●パキスタンのダムになお異論 (081118)
●ミャンマーは更にダム開発加速 (081117)
●インド北東地域の送電線計画 (081116)
●メコン洪水で再び中国ダム論争 (081115)
●金融危機とインドの電源開発 (081114)
●カンボジアのNGO天国終焉 (081113)
●インドの電力プール市場 (081111)
●フィリッピンのマイクロ水力 (081109)
●カンボジアの多彩な水力開発 (081108)
●IEAが原油動向で報告書 (081107)
●インドの大規模火力に資金難 (081106)
●中国の石炭に下降傾向 (081105)
●タイ首相ナムグムの水を東北タイへ (081104)
●タイの原子力地点決定は2009年末 (081103)
●イランのパイプラインとインドの優柔不断 (081102)
●ミャンマーでの中国のプレゼンス (081101)

●ベトナム油田へのロシアの参入 (081031)
マニラ配電の先行き見通し (081030)
カンボジアなどへの中国の進出 (081029)
中国の水力開発規模は世界一 (081028
インドネシアの 電気料金上げ (081027)
中国企業がアザドカシミールにダム投資 (081026)
中国広西とベトナムを結ぶ線 (081025)
丸紅のフィリッピンへの取り組み (081024)
インドネシアと中国のLNG契約 (081023)
ラオスの水力で住民補償が再燃 (081022)
世界で50カ国以上が原子力発電を計画 (081021)
世界金融情勢の変化の影響 (081020)
インドとパキスタン対立の悪夢 (081019)
パキスタン大統領の北京挑戦 (081018)
インド北辺水力開発に反旗 (081017)
米国がインドへ原子力通商使節団 (081016)
フィリッピンの天然ガスと電気料金 (081015)
フィリッピンの長期エネルギー計画 (081014)
インドの大規模石炭火力計画 (081013)
ミャンマーの水力への外国投資 (081012)
ダム建設を巡るカシミール問題 (081011)
フィリッピンの国産エネルギーへの拘り (081010)
バングラデシュとミャンマーの関係 (081009)
バングラデシュのエネルギー長期見通し (081008)
中国政府のチベット開発政策 (081007)
●ADBが初めてベトナム水力支援 (081006)
●知的送電線ネットワークの発想へ (081005)

中国とインドのエネルギー問題 (081004)
インドの原子力開発加速へ (081003)
アジア大陸の水源はチベット高原 (081002)
インドの配電組織改革 (081001)

フィリッピンの再生可能エネへの取組 (080930)
インドの地球温暖化との戦い (080929)
サルウイーン河のダム開発 (080927)
メコン流域会議開催と中国 (080926)
インド,25年までに6千万KW水力開発 (080925)

元に戻る


アジアのエネルギー最前線 地図


大きな地図で見る

元に戻る


ウエブ全体検索

カスタム検索

本サイト内検索

カスタム検索

メールマガジン配信ご希望の方は下記いずれかより申し込んで下さい,無料です。

【日刊 アジアのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000226907.html 231
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/12995.html 232
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/8660/p/1/ 239
http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=010578 43
http://www.melma.com/backnumber_167974/ 128

【週刊 アフリカのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000273675.html 43
http://kapu.biglobe.ne.jp/14528/index.html 9
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19799/p/1/ 7
https://my.melma.com/basicinformationcomp/ 12

【週刊 中南米のエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000273730.html 38
http://kapu.biglobe.ne.jp/14529/index.html 4
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19814/p/1/ 5
https://my.melma.com/basicinformationcomp/ 20

【週刊 中東のエネルギー最前線】
http://kapu.biglobe.ne.jp/14531/index.html 5
http://www.mag2.com/m/0000273808.html 23
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19836/p/1/ 9

【週刊 再生可能エネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000274231.html 42
http://kapu.biglobe.ne.jp/14551/index.html 7
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19956/p/1/ 4
http://my.melma.com/login/(発行申請中)

【週刊 世界の地球温暖化最前線】
http://www.mag2.com/m/0000276643.html 33
http://kapu.biglobe.ne.jp/14611/index.html 6
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/20572/p/1/ 3
http://www.melma.com/backnumber_177719/ 23

【週刊 中央アジアのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000277253.html 34
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/ (発行申請中)
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/20748/p/1/ 6
http://www.melma.com/backnumber_177671/ 16

【不定期 オバマ政権のエネルギー最前線】
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/14713.html
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/8660/p/1/
http://www.melma.com/backnumber_167974/ 8


読者数 直接メール 253 延べ 1,475人

元へ戻る


[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。

プレスブログ


海外出張直前重要サイト
通貨換算||時差||電話コード||フライト一覧||ホテル予約||各地気象||世界天気予報|| 海外安全情報|| 海外用品|海外医療||海外出張支援|| 海外赴任ナビ|| 成田へ|| 羽田へ|| 関空へ|| 伊丹へ|| ロンリプラネット|

| 鈴木篁氏] | Livedoor | |@nifty| | Gmail | |Bangkok Post| |Manila Bulletin| |Jakarta Post| |Economic Times| |時事通信| |ZAKZAK|

○https://www.blogger.com/start?hl=ja ○http://www.google.com/intl/en/press/intl-zeitgeist.html ○http://translate.google.com/translate_t?hl=ja# ○http://maps.google.com/maps?hl=ja&tab=wl 城km z http://news.google.com/news?hl=ja&sa=N&tab=ln&q= ○https://www.google.com/adsense/login3 ○http://mail.google.com/mail/#inboxhttp://www.google.com/ig?hl=jahttps://www.google.com/webmasters/tools/docs/ja/about.htmlhttps://www.google.com/webmasters/tools/summary?siteUrl=http%3A%2F%2Fmy.reset.jp%2F%7Eadachihayao%2F&hl=ja


| HOME | |サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | | プロジェクト位置図 |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| |週刊 アフリカのエネルギー最前線 | | 週刊 中央アジアのエネルギー最前線 | | オバマのエネルギー |
|週刊 中南米のエネルギー最前線| | 週刊 再生可能エネルギー最前線 | | 週刊 中東のエネルギー最前線 | | 世界の地球温暖化最前線 |

お問い合わせまたはご意見は下記メールアドレスへ
PGA02435@nifty.com