アジアのエネルギー最前線

| HOME | | プロジェクト位置図 | | 海外出張準備 || YouTube Energy Collection |
|サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| | アフリカのエネルギー最前線 | | 中央アジアのエネルギー最前線 | | オバマのエネルギー |
| 中南米のエネルギー最前線 | | 再生可能エネルギー最前線 | | 中東のエネルギー最前線 | | 世界の地球温暖化最前線 |
趣味のゴルフ】 【趣味の囲碁】 【趣味のドライブ】 【趣味の川見物

Since 1998 October
(本更新直前536,971 ,メルマガ配信数 1.475)


ー 日刊アジアのエネルギー最前線 2009年8月1日分 ー インドが南西岸にLNG基地建設へー

From YouTube

Amazing India, Leh by Stephen Knapp
A quick visit to Leh, India in Ladakh, or Little Tibet, to see the town, the Leh palace and the Zankar mountains, and the Tikse Buddhist gompa Maitreya Buddha.


2009年8月1日分 ー インドが南西岸にLNG基地建設へ ー

皆既日食に揺れ,モンスーンの遅れによる水不足や電力不足に悩むインドであるが,IT関係の記事を書いている竹田氏(注1)によると,今のインドの話題は,軍拡と原子力発電だと言っている。私も最近,インドの原子力潜水艦が試運転を行った,と言う記事を見た。中国は既に62隻の潜水艦を動かして,日本海,南沙諸島,インド洋を睨んで,動いている。要するに,インドも中国も,資源戦争のためのシーレーン確保なのだ。

中国が,遠くアフリカの資源や中東の原油ガスを中国へ運ぶために,インド洋,モーリシャス,スリランカ,ミャンマーのアラカン,と港湾整備に豊富な外貨を注ぎ込んでいるが,インドは,現在,西部北のダヘジにあるLNG基地の他,南部西岸,コーチンの港付近に,3,000億円相当以上を投じて,年量250万トンの容量を持つLNG再ガス化施設を建設し,2隻のLNG船調達や,各地域へのガスパイプラインを計画している。

インドは,全体的にこの南西部にエネルギーが不足している。石炭が出ないし,水力も少ない。そのために原子力発電所がこの地域に集中しているが,コーチンの港の位置を見ると,まさしくこの弱点を補う絶好の地点である。ではLNGはどこから持ってくるか。中東のカタールとは既に実績があるが,この南部の港には,オーストラリアのゴーゴンのLNGを視野に入れ,年150万トン,20年間の契約が,この2009年8月10日にも成約する。

まさに,中国とインドのシーレーンが,インド洋状上で激しく交差するわけで,空母建造を視野に入れている中国との,海軍力を中心とした激しい軍拡競争が始まる。インドの年間軍備費は,2兆円を超えているらしい。今,両国の間で余り関心を見せるような姿勢はないが,スリランカ周辺や,東のアンダマン諸島,更にもっと東の南沙諸島など,両国は虎視眈々とその行く先を睨んでいるだろう。

また,インドのジャムカシミールのインダス河上流,カラコルム山脈を回る標高3,000m以上のダム建設の話もすごい。45MW級二つの流れ込み式発電所が工事中で,2011年にも運転開始するが,中国などとの未確定国境を含む国境警備隊の軍用に持って行かれるという。現在のディーゼル発電所は,KWh当たり30円ぐらいするが,この水力が出来れば,KWh当たり12円ぐらいだと言っている。世界最高標高の水力発電所らしい。

中東最大級,イランのアザデガン油田は,日本企業が米国の思惑を見ながら渋っている間に,中国企業が70%の資本を獲得したという(注2)。フィリッピンのアキノ大統領死去。1984年のアキノ革命をインドネシアの山の中で見ていた,独裁に終焉,と讃えているが,原子力発電所をぶっ壊したのもアキノさんだった。アロヨ大統領はホワイトハウスにあって,オバマ大統領に,イスラム勢力の治安問題を指摘されている(注3)。

(注1) http://it.nikkei.co.jp/business/column/takeda_india.aspx?n=MMITzp000029072009
(注2) http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2009080102000254.html
(注3) http://www.nikkei.co.jp/kaigai/asia/20090731D2M3101P31.html


本文

●インドの電源は向こう10年間で86.8%の増加となる計画である

This new India Power Report forecasts that the country will account for 12.06% of Asia Pacific regional power generation by 2013, with a potentially growing generation shortfall This new India Power Report forecasts that the country will account for 12.06% of Asia Pacific regional power generation by 2013, with a potentially growing generation shortfall. This forecast implies a rising dependence on imports.

Asian Pacific Region


ロンドンのビジネス・モニター・インターナショナルBMI(注7)という有名な格付け会社が出している定期的な報告書で,金融経済の始点が多く,余り取り上げていなかった。エネルギーベースで,設備との関係を論じていなくて,我々には余り役に立たないが,対象がインドであり,一度記事だけ読んでおこう。50億KWhは,大体,負荷率50%程度の1,000MW級発電所と考えて,見ていきたい。主たる数字だけ拾う。

インドの電力がアジア太平洋地域に占める割合は,2013年で12.06%と見ている。アジア太平洋地域では,2008年に7兆930億KWh,約14.2億KWで,前年の32%増。2013年には,6兆9990億KWh,約18.2億KW。火力は,2008年で,5兆5700億KWh,約11.1億KW,全体の78.5%であるが,2013年には,6兆9990億KWh,約14.9億KW,257%の伸びで,全体の比率としては,76.9%に減る。

インドの2008年の火力は,6,520億KWh,約1.3億KW,アジア太平洋地域の11.71%,2013年ではこれが12.65%になる。石炭はインドでは首位にある一次エネルギー源(注11)で,51.4%を占めており,続いて石油が31.8%,ガスが8.9%,水力が6.8%となっている。以下省略するが,格付けでは中国が上だが,カントリー・リスク(注15)が小さく,その差は5ポイントで,予測可能な範囲で,将来中国と競うだろうと。

(注)A (1) 090801A India, officialwire,(2) Indian Electricity Generation Is Expected To Increase By 86.8% During 2008 To 2018,(3) http://www.officialwire.com/main.php?action=posted_news&rid=12410&catid=882,(4) Published on July 30, 2009,by Press Office,(Companiesandmarkets.com and OfficialWire),LONDON, ENGLAND,(5) India Power Report Q3 2009,(6) http://www.companiesandmarkets.com/r.ashx?id=2B2THZ334154345,(7) BMI,Business Monitor International, London,(8) Asia Pacific power generation,(9) terawatt hours (TWh),10億KWh,(10) Asia Pacific thermal power generation,(11) primary energy demand (PED),(12) tonne oil equivalent (toe),(13) Asia Pacific nuclear market,(14) Power Business Environment Rating,(15) Country risk factors,(16) real GDP growth,(17) long-term BMI power forecasts,(18) graph source: http://www.growthconsulting.frost.com/,(19)

Asia-Pacific coal power generation (12)

今日の参考資料

●090801A India, officialwire
インドの電源は向こう10年間で86.8%の増加となる計画である
Indian Electricity Generation Is Expected To Increase By 86.8% During 2008 To 2018
http://my.reset.jp/adachihayao/index090801A.htm

http://www.officialwire.com/main.php?action=posted_news&rid=12410&catid=882

最近の関連資料

●090715B India, indiainfoline
インドのシンディ電力大臣が電力不足は20,000MWに達していると
India has 15,000-20,000 MW power shortfall: Shinde
http://my.reset.jp/adachihayao/index090715B.htm
●090531C India, hindu
インドのシン新政権誕生で電力改革と地方電化を推進へ
Big push to rural electrification on cards
http://my.reset.jp/adachihayao/index090531C.htm
●090305A India, telegraphnepal.
インドなどの南アジアエネルギーへの提案
Regional Energy Market in South Asia: Recommendations
http://my.reset.jp/adachihayao/index090305A.htm
●081215B India, Economic Times
電力大臣,2012年までに,全家庭に電気を
Electricity for all by 2012 Power Minister
http://my.reset.jp/adachihayao/index081215B.htm
●081206A India, businessspectator.
インドの電源開発,もう引っ返す道なし
WEEKEND READ: India's big test
http://my.reset.jp/adachihayao/index081206A.htm


●インドのNHPCが世界で標高が最も高い水力プロジェクト工事たけなわ

Recently in Leh At well over 10,000 feet, NHPC Ltd’s Nimoo Bazgo and Chutak hydro projects are among the highest in the world.
With construction running pretty much on schedule, the two high altitude projects, being set up on rugged Himalayan terrain, promise to light up the Leh and Kargil regions, respectively.

Construction work in full swing at NHPC’s Nimoo Bazgo power project in Leh (3)


photo & map source: http://www.powermin.nic.in/



インダス河がカラコルム山脈の南を巡るように北西の方向に流れ落ち,ジャム・カシミールのインド実効支配地域をはずれる角に,パキスタンは,巨大なバシャダムの建設に向かって推進しているが,この地点からインダス河は大きく南に転じて,パキスタンの平野を流れ下る。この上流の,カラコルム山脈の南の端の辺り,その麓にレー(注10)という町があり,更に135km下流に,カルギル(注17)という町がある。

いずれも古代より,中国のチベットとの重要な交通の要所で,冬になると,この部分だけを除いて交通は止まる,冬はマイナス摂氏30度,夏は39度を超す。標高は,10,000フィートと言うから,優に3,000mを越しているわけで,NHPC(注6)のエンジニアー達は,ここで水力発電ダムの建設に命をかけている。規模は,45MW程度で,僻地の電力供給としては大きいが,国境地帯,しかも未確定,相当の電力が軍用に使われる。

上流のレー(注10)の近くのプロジェクトは,45MWのニモー・バズゴ水力(注7)であり,下流のカルギル(注11)の近くは,44MWのチュタック水力(注8)であり,いずれも50mぐらいの高さを持ったダムと長いトンネルを有する流れ込み式水力(注14)である。記事によると,これらの水力による発電原価は,KWh当たり580ルピア,約12.13セント,これに対して現在のディーゼル発電は,KWh当たり15ルピー,約31.4セントという。

世界でもっとも標高の高い水力発電所になる,と書いてある。ペルーの山奥で発電機を付けようとしたダムは標高4,500mだったがな。それにしても,極寒の地で温度と戦いながら,コンクリートを打ち続ける苦労は大変なものだと思う。高山病にかかる関係者も多くでているとか。黒四に決死ででていった我々の先輩を見ているが,このカラコルムの水力開発は,黒四を凌ぐ。

phto map source: http://www.powermin.nic.in/whats_new/pdf/chutak_book.pdf



(注)B (1) 090801B India, thehindubusinessline,(2) title: NHPC rises to new highs to light up Leh, Kargil,(3) http://www.thehindubusinessline.com/2009/07/28/stories/2009072850722100.htm,(4) Anil Sasi,(5) photo source: (thehindubusinessline),High altitude projects: Construction work in full swing at NHPC’s Nimoo Bazgo power project in Leh,(6) NHPC Ltd,(7) 45MW Nimoo Bazgo hydro project,(8) 44MW Chutak hydro project,(9) Leh At,(10) Leh region, (11) Kargil region,(12) Ladakh region,(13) Mr H. N. Satyanarayana, NHPC’s Senior Manager (Civil), at the Nimoo Bazgo project site,(14) run-of-the-river scheme,(15) Jammu and Kashmir,(16) Indus river,(17) Suru river in Kargil,(18) Hindustan Construction Company (HCC),(19) CDM (clean development mechanism),(20) Mr S. Majumdar, HCC’s Deputy Project Manager at the Leh site,(21) phto map source: http://www.powermin.nic.in/,(22) phto map source: http://www.powermin.nic.in/whats_new/pdf/chutak_book.pdf,(23)

NHPC hydropower location




今日の参考資料

●090801B India, thehindubusinessline
インドのNHPCが世界で標高が最も高い水力プロジェクト工事たけなわ
NHPC rises to new highs to light up Leh, Kargil
http://my.reset.jp/adachihayao/index090801B.htm

http://www.thehindubusinessline.com/2009/07/28/stories/2009072850722100.htm

最近の関連資料

●090616B India, bloomberg
インドのNHPC新総裁指名と株式上場の9月日程
India to Name NHPC Director, Paving Way for IPO by September
http://my.reset.jp/adachihayao/index090616B.htm
●090518C Pakistan, pakobserver
パキスタンとインドはインダス河の水を常設委員会で話し合う
Pakistan, India talks at PCIW level by end of current month
http://my.reset.jp/adachihayao/index090518C.htm
●090210B India, thenews
インド,インダス上流のカシミール,3ダム着工へ
India constructing three dams in held Kashmir
http://my.reset.jp/adachihayao/index090210B.htm
●090202B India, Economic Times
インド,小水力の未開発地点は,80%残っている
India yet to tap 80 pc of small hydropower potential
http://my.reset.jp/adachihayao/index090202B.htm
●090120A India, Economic Times
インドのNHPC,周辺海外の水力開発に大きな賭け
NHPC bets big on overseas mkts,eyes Bhutan, Myanmar & Nepal
http://my.reset.jp/adachihayao/index090120A.htm
●081129C India, Economic Times
インド,水力開発,地方電化で優先資金獲得
Hydro projects, rural power to get priority funds
http://my.reset.jp/adachihayao/index081129C.htm


●インドのペトロネットが2011年までに1450億ルピーのLNG投資

Petronet LNG, India's major provider of liquefied natural gas (LNG), plans to line up Rs14,500 crore investment by 2011 for its LNG terminal, power plant and allied projects in Puthuvypeen, near Kochi in Kerala. The 2.5 MMTPA (million metric tonnes per annum) LNG re-gasification project will involve an investment of Rs3,750 crore and the proposed 1,068 megawatt gas-based power plant would cost Rs3,250 crore.

reference site (26)

現在世界のマーケットで原油価格は落ちついているが,それ以上にLNGの価格の低下が注目を浴びており,アジアでのガス田の開発もあって,LNGが発電燃料などで関心を集めている。インド最大のLNG供給企業,ペトロネットLNG(注5)が,2011年までに,1,450億ルピーを投入して,ケララ州(注9)のコチン港(注8)の近く,プトビピーン(注7)に,LNGターミナルと火力発電所の建設を計画している。

この計画の中には,375億ルピーの再ガス化施設(注11)と,325億ルピーの1,068MW,ガス火力が含まれている。また,250億ルピーで2隻のLNG船(注12)の調達も入っている。また,国家ガスGAIL(注13)は,コチン(注8)からそれぞれ,マンガロール(注14),コイムバトーレ(注15),エロウデ(注16),サレム(注17),バンガロール(注18)を結ぶガスパイプラインに,500億ルピーを投ずる計画である。

LNG(注6)の供給元は,オーストラリアのゴーゴン(注21)で,オーストラリアのエクソンモビル(注20)とペトロネットLNG(注5)は,この,2009年8月10日に,年量150万トンのLNGを,20年間,供給されることになっている。また,肥料企業(注22)と発電のNTPC(注23)のカヤムクラム火力(注24)にも供給する計画である。

(注)C (1) 090801C India, domain-b,(2) title: Petronet LNG to invest Rs14,500 crore by 2011 news,(3) http://www.domain-b.com/companies/companies_p/Petronet_LNG/20090727_petronet_lng.html,(4) 27 July 2009,(5) Petronet LNG,(6) liquefied natural gas (LNG),(7) Puthuvypeen,(8) Kochi,(9) Kerala,(10) MMTPA (million metric tonnes per annum),(11) LNG re-gasification project,(12) LNG vessels,(13) Gas Authority of India Ltd. (GAIL),(14) Mangalore,(15) Coimbatore,(16) Erode,(17) Salem,(18) Bangalore,(19) Petronet managing director P Dasgupta,(20) ExxonMobil Corp,(21) Gorgon,(22) Fertilisers and Chemicals Travancore Ltd,(23) National Thermal Power Corporation,(24) Kayamkulam plant,(25) Cochin Port Trust,(26) photo source: http://www.naturalgas.org/lng/lng.asp,(27) photo source: http://en.wikipedia.org/wiki/File:Kochi_India.jpg,(28) photo source: Cochin pot, http://michaels-land-resort.com/,(29)



今日の参考資料

●090801C India, domain-b
インドのペトロネットが2011年までに1450億ルピーのLNG投資
Petronet LNG to invest Rs14,500 crore by 2011 news
http://my.reset.jp/adachihayao/index090801C.htm

http://www.domain-b.com/companies/companies_p/Petronet_LNG/20090727_petronet_lng.html

最近の関連ニュース

●090402C India, Economic Times
インドのリライアンスがKG流域ガスの生産開始
RIL's KG-D6 block gas project goes on steam
http://my.reset.jp/adachihayao/index090402C.htm
●090320B India, Economic Times
インドなどはLNG価格の低下で莫大な節約に
50% cheaper LNG may save $750 mn in FY10
http://my.reset.jp/adachihayao/index090320B.htm
●081222B India, Economic Times
インド,輸入のLNG,35%値上がりへ
LNG to cost up to 35 pc more at USD 6.7 per mmBtu from Jan
http://my.reset.jp/adachihayao/index081222B.htm
●081217C India, Economic Times
インド,LNGから転換へ,ナフタがより安価と
India curbs LNG buying as naphtha cheap option
http://my.reset.jp/adachihayao/index081217C.htm





元へ戻る


過去のニュース

●ネパールが中国政府に10億ドル支援要請 (090731)
●メコン流域圏への米国の介入とタイの立場 (090730)
●タイのエネルギー大臣がASEAN閣僚会議へ (090729)
●フィリッピンのガスと今後の探査へ期待 (090728)
●スリランカの復興に各国の思惑が集まる (090726)
●中国のダム工事に於ける地滑り続発 (090725)
●ミャンマーのパイプラインにインドが資本参入 (090724)
●インドの大規模な原油ガス探査事業入札 (090723)
●中国のダム建設の速度が早やすぎないか (090722)
●カンボジアの発電所に残る深い懺悔の念 (090721)
●ネパールの水力はヤダブ大統領主導か (090720)
●フィリッピンの国産資源開発に膨大な資金 (090718)
●中国訪問のチュウ長官が気候変動で協議 (090717)
●インドの原子力開発とクリントン国務長官 (090715)
●インドネシアの電源開発状況とLNGなど (090714)
●パキスタンの電力不足に財界が反発 (090713)
●ベトナムのEVNの能力に国民の疑問符 (090712)
●インドの石炭への依存はまだ続く (090708)
●ミャンマーのアラカンで水力建設進む (090707)
●ブータンの水力10,000MWを2020年までに (090705)
●インドのシッキムの510MWティースタ第5水力が竣工式 (090703)
●ラオスの電源開発とメコン本流ダム (090702)
●スリランカの石炭火力が順調に推移 (090701)

●フィリッピンのルソンの電力需給は2015年までOK (090630)
●マレーシアは原子力開発で優位にあると (090628)
●タイはミャンマーの新規ガスの生産延期交渉 (090626)
●インドの原子力ボスがトリウム炉発言 (090625)
●ミャンマーの水力をバングラデシュ輸入の計画 (090624)
●インドネシアは原油ガスの国内需要確保に (090623)
●フィリッピンのビサヤス系統の将来電源 (090622)
●ベトナムのガスにシェブロンが40億ドル (090621)
●ベトナムで年末までに1,100MWが系統へ (090619)
●パキスタンの水問題など中国が支援へ (090618)
●メコンデルタの問題でベトナムから (090617)
●インドの北辺水力開発で環境保護の声 (090616)
●フィリッピンなどのLNGプロジェクトが原油高で活気 (090614)
●中国の金沙江水力開発で環境部が中止命令 (090612)
●中国はクリーンエネルギー経済へ舵を切った (090611)
●バングラデシュを救うのはガス探査とブータン水力 (090610)
●カンボジアのセサンでベトナムが水力開発 (090609)
●パキスタンはインド水問題で原爆を示唆 (090608)
●ネパールの政治混乱とインド企業の動き (090607)
●ベトナムの電力規制改革の乱れが問題 (090606)
●ミャンマーのガスと水力で中国が内戦懸念 (090605)
●パキスタンへの対応を誤った米国 (090603)
●メコン河委員会が本流ダム開発に介入 (090601)

●インドの新内閣の課題は電力改革と地方電化 (090531)
●メコン河電力サミットで本流開発議題に (090529)
●インドネシアの原油生産落ちで焦り (090528)
●中国は再び石炭生産の過重の兆し (090527)
●フィリッピンは再生可能エネルギー倍増を期待 (090526)
●インドの原子力でGE日立がL&Tと協力 (090525)
●中国のエネルギー政策に転換の兆し (090524)
●インドネシアの第2次電源開発は地熱重点 (090523)
●タイの国家石油の海外での活躍 (090522)
●フィリッピンの電気料金との戦い (090521)
●中国の黄河上流で最大の水力運転開始 (090520)
●インドとパキスタンの関係に重大関心 (090518)
●ラオスの水力など再び動く気配 (090517)
●フィリッピンの主要石炭火力がIPPA入札へ (090515)
●中国の水力開発のCDMにEUが異論 (090514)
●フィリッピンのアンガット水力買収劇始まる (090512)
●ベトナムの水力民間投資に政府保証 (090511)
●パキスタンはインドの姿勢に極めて不満 (090510)
●ネパール政変に脅えるインド企業 (090508)
●インドに迫り来る夏の電力不足 (090507)
●中国が新疆自治区でエネルギー開発強化 (090506)
●ネパールのマオイスト政権が倒れる (090504)
●フィリッピンも原子力発電を決断 (090502)
●日本政府がパキスタンの電力支援へ (090501)

●インドのリライアンスはイランをとるか米国をとるか (090430)
●中国の超高圧送電網UHVに注目集まる (090429)
●メコン流域開発で保健影響評価HIA導入提案 (090428)
●フィリッピンのマランパヤガス資源で料金問題 (090427)
●インドの4,000MWのササン火力が資金調達完了 (090424)
●中国の姜楡報道官の記者会見とスリランカ (090423)
●中国が長江に更に20のダムを計画 (090422)
●ネパール支援増大で中国がチベットなど条件 (090420)
●ベトナム北部での水力開発が続く (090418)
●インドの水力は技術者不足で遅れ (090416)
●パキスタンのダムへの支援を日本政府拒否 (090415)
●フィリッピンでノルウエーがアンガット水力を買収視野に (090414)
●パキスタンを中国の水力調査団が訪問 (090413)
●フィリッピンの資産売却はIPP水力へ波及 (090412)
●ミャンマー東部シャン州に不穏 (090411)
●インドのKGガスを電力へ配分を承認 (090409)
●中国の水力発電は2020年に3億KWへ (090408)
●インドネシアのPLNがIPP売電単価設定へ (090407)
●フィリッピンの電気料金のせめぎ合い (090406)
●インドの東部海域で更に天然ガスの発見 (090405)
●ミャンマーのアラカン州で水力着工 (090404)
●ラオスのメコン本流コーン滝開発と漁業 (090403)
●インドのリライアンスがKG流域ガスの生産開始 (090402)
●ミャンマーの北辺水力に中国が着手 (090401)

●カンボジアが2016年には電力輸出と (090331)
●インドのKG流域のガス生産開始へ (090330)
●インドのヒマチャルで775MWのルーリ水力着工へ (090329)
●知的送電網には情報安全対策が不可欠 (090328)
●本流ダム開発で母なるメコンは失われつつある (090327)
●ブータンで10水力10,000MW開発へ (090326)
●パキスタンとインドがインダス河で水論争 (090325)
●インドと米国の協力は原子力から太陽光 (090324)
●ミャンマーは35のダムプロジェクトを推進中 (090323)
●インドの東北地域の水力は中国分水に懸念 (093022)

●電気自動車は汚れた電力を使うのか (090321)
●インドを初めLNG価格下落の恩恵 (090320)
●インドネシアのLNGで日本が余剰船を欧州へ (090319)
●インドネシアの第2次の石炭火力の火力入札間近 (090317)
●インドの天然ガスにシーチェンジ (090316)
●米国エネルギー長官は石炭を捨てない (090315)
●中国が景気刺激で水力と風力で2,000MW開発 (090313)
●ネパールとドイツの水力開発協力 (090312)
●知的送電網でオバマ政権に呼応してソフト企業が動 (090311)
●カンボジアの小水力開発に思う (090310)
●インドの大規模石炭火力の資金の状況 (090309)
●スリランカの電力は水力と火力に転機 (090307)
●ベトナムの住民移住で国会が活躍 (090306)
●南アジアのエネルギー協力への道 (090305)
●ベトナムのオモンなどのガス火力開発 (090304)
●インドとネパールの国境で6,000MW水力が動き (090303)
●パキスタンが東京会議を控え51ダムの提案 (090302)
●フィリッピンの小水力開発に火がついた (090301)

●中国の2030年はグリーン経済を達成と (090228)
●フィリッピンの電力需要は下方修正か (090227)
●米国エネルギー長官が揚水発電開発主唱 (090226)
●インドネシア問題など中国資金の政策に異変が (090225)
●パキスタンのザルダリ大統領の孤独な中国訪問 (090224)
●中国の送電網先進技術が海外進出を狙う (090223)
●パキスタンのニールムジェルム水力着工 (090222)
●インドネシアの電源早期着工計画が資金難 (090221)
●ベトナムの電源開発の遅れはなぜ (090220)
●ネパールとインドが今後の開発計画で協議 (090219)
●ネパールのアッパータマコシ水力を456MWに (090218)
●インドネシアと日本のLNG契約減 (090217)
●ADBがブータンのダガチュ水力支援 (090215)
●>ベトナムのソンラ水力のダムに亀裂 (090214)
●インドネシアの中国ローンで利上げ要求 (090213)
●カンボジアで中国のダム着工 (090212)
●インドネシアのエネルギーに変革のとき (090211)
●インドのカシミールのダムに反対論 (090210)
●フィリッピンの石炭探査が始まるか (090209)
●ベトナムのソンラ水力の移住難航 (090208)
●中国は温暖化対策で先進国の義務強調 (090207)
●インドの副大統領がミャンマーへ (090206)
●中国の電力設備は792,000MW (090205)
●ミャンマーのアラカン州に鉄道建設 (090204)
●ラオスのナムグム第2水力順調に推移 (090203)
●インドの小水力包蔵は15,000MW (090202)
●再生可能エネルギーの前提はベース原子力 (090201)

●インドの石炭火力は燃料不足に (090131)
●インド北辺でのインド企業の奮戦 (090130)
●ミャンマー首相がアラカンを視察 (090129)
●フィリッピンのバターン原発再稼働問題 (090128)
●ネパールの水力開発との戦い (090127)
●フィリッピンの電力改革に黄色信号 (090126)
●中国雲南のダムが景気刺激策で動く (090125)
●インドネシアのガス供給は国内優先 (090124)
●インドネシアのLNGに三菱160億ドル (090123)
●オバマ大統領の手から水が漏れた (090122)
●インドの北辺水力開発は人類最後の戦い (090120)
●パキスタンのロワリ隧道完成へ (090119)
●ベトナムが再生可能エネルギーに悩む (090118)
●中国国家送電網の内外での大活躍 (090117)
●フィリッピンの送電譲渡で電源はどうなる (090116)
●ミャンマーのアラカンに500MWダム (090115)
●インドネシアのガス田でエクソンと紛争 (090114)
●ネパールは中国の投資を歓迎 (090113)
●フィリッピンのセブに200MW石炭火力 (090112)
●インドのAP州に縦貫ハイウエーの計画 (090111)
●フィリッピンが中国のODA見直し (090110)
●パキスタンは2016年までに25,270MW (090109)
●インドの海岸の火力は輸入炭30% (090108)
●フィリッピンのエネルギー長官が回顧 (090107)
●インドネシアで新規電源が年内に (090106)
●ネパールの停電対策に新たな提言 (090104)
●パキスタンとイランの協力強化 (090103)
●カンボジアは中国企業に補償の義務 (090102)
●カンボジアの電気料金高止まりは続く (090101)

●インドのマハラシュトラの電源 (081231)
●インドネシアの原子力に不安 (081230)
●中国のエネルギー安全保障 (081229)
●中国の金沙江の開発進む (081228)
●インドがカシミールで水力推進決意 (081227)
●インド国家電網に世界銀行ローン (081226)
●インドのアルナチャルプラデシュの開発機運 (081225)
●中国2千キロの80万ボルト直流送電 (081224)
●中国がインドネシアのエネルギーに31億ドル (081223)
●インドのガスとLNGを巡る情勢 (081222)
●パキスタンの水力便益地元還元 (081221)
●フィリッピンの電気料金は民営化で下がるか (081220)
●インド北辺水力開発に変わった兆し (081219)
●フィリッピンの再生可能で産業界が沸き立つ (081218)
●フィリッピンが再生可能400万KW開発へ (081217)
●米国の知的送電網開発の気運 (081216)
●メコン委員会も気候変動戦争に参戦 (081215)
●インドが省エネ取引市場を計画 (081214)
●インダスのニールム川に火花散る (081213)
●中国の地方政府の開発志向は止まらない (081212)
●NGOが世界銀行は温暖化の元凶と (081211)
●原油価格下降の現状とこれからの動き (081210)
●中国の経済外交が国内巨大需要へ急旋回 (081209)
●パキスタンのバシャダムの資金不足 (081208)
●フィリッピンの送電網は中国へ (081207)
●インドの電力が最高警戒レベル (081206)
●パキスタンがインドへ水補償要求 (081205)
●メコン事務局長が投稿立場説明 (081204)
●ベトナムの電力改革迷走か (081203)
●比のロペスが国産資源開発へシフト (081202)
●インド北部の水力二つ前進へ (081201)

●マニラのプール市場に混乱 (081130)
●タイEGATの海外進出への飛躍 (081129)
●世銀の大規模インフラに批判の声 (081128)
●フィリッピンの再生可能エネルギー再び (081127)
●ミャンマーのラシオへの思い (081126)
●インドのパイプラインへの挑戦 (081125)
●パキスタンの水問題深刻 (081124)
●ベトナムの開発に何か変化が (081123)
●インドネシアの石炭探査投資を (081122)
●中国雲南省がコルカタへ調査団 (081119)
●パキスタンのダムになお異論 (081118)
●ミャンマーは更にダム開発加速 (081117)
●インド北東地域の送電線計画 (081116)
●メコン洪水で再び中国ダム論争 (081115)
●金融危機とインドの電源開発 (081114)
●カンボジアのNGO天国終焉 (081113)
●インドの電力プール市場 (081111)
●フィリッピンのマイクロ水力 (081109)
●カンボジアの多彩な水力開発 (081108)
●IEAが原油動向で報告書 (081107)
●インドの大規模火力に資金難 (081106)
●中国の石炭に下降傾向 (081105)
●タイ首相ナムグムの水を東北タイへ (081104)
●タイの原子力地点決定は2009年末 (081103)
●イランのパイプラインとインドの優柔不断 (081102)
●ミャンマーでの中国のプレゼンス (081101)

●ベトナム油田へのロシアの参入 (081031)
マニラ配電の先行き見通し (081030)
カンボジアなどへの中国の進出 (081029)
中国の水力開発規模は世界一 (081028
インドネシアの 電気料金上げ (081027)
中国企業がアザドカシミールにダム投資 (081026)
中国広西とベトナムを結ぶ線 (081025)
丸紅のフィリッピンへの取り組み (081024)
インドネシアと中国のLNG契約 (081023)
ラオスの水力で住民補償が再燃 (081022)
世界で50カ国以上が原子力発電を計画 (081021)
世界金融情勢の変化の影響 (081020)
インドとパキスタン対立の悪夢 (081019)
パキスタン大統領の北京挑戦 (081018)
インド北辺水力開発に反旗 (081017)
米国がインドへ原子力通商使節団 (081016)
フィリッピンの天然ガスと電気料金 (081015)
フィリッピンの長期エネルギー計画 (081014)
インドの大規模石炭火力計画 (081013)
ミャンマーの水力への外国投資 (081012)
ダム建設を巡るカシミール問題 (081011)
フィリッピンの国産エネルギーへの拘り (081010)
バングラデシュとミャンマーの関係 (081009)
バングラデシュのエネルギー長期見通し (081008)
中国政府のチベット開発政策 (081007)
●ADBが初めてベトナム水力支援 (081006)
●知的送電線ネットワークの発想へ (081005)

中国とインドのエネルギー問題 (081004)
インドの原子力開発加速へ (081003)
アジア大陸の水源はチベット高原 (081002)
インドの配電組織改革 (081001)

フィリッピンの再生可能エネへの取組 (080930)
インドの地球温暖化との戦い (080929)
サルウイーン河のダム開発 (080927)
メコン流域会議開催と中国 (080926)
インド,25年までに6千万KW水力開発 (080925)

元に戻る


アジアのエネルギー最前線 地図


大きな地図で見る

元に戻る


ウエブ全体検索

カスタム検索

本サイト内検索

カスタム検索

メールマガジン配信ご希望の方は下記いずれかより申し込んで下さい,無料です。

【日刊 アジアのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000226907.html 231
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/12995.html 232
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/8660/p/1/ 239
http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=010578 43
http://www.melma.com/backnumber_167974/ 128

【週刊 アフリカのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000273675.html 43
http://kapu.biglobe.ne.jp/14528/index.html 9
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19799/p/1/ 7
https://my.melma.com/basicinformationcomp/ 12

【週刊 中南米のエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000273730.html 38
http://kapu.biglobe.ne.jp/14529/index.html 4
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19814/p/1/ 5
https://my.melma.com/basicinformationcomp/ 20

【週刊 中東のエネルギー最前線】
http://kapu.biglobe.ne.jp/14531/index.html 5
http://www.mag2.com/m/0000273808.html 23
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19836/p/1/ 9

【週刊 再生可能エネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000274231.html 42
http://kapu.biglobe.ne.jp/14551/index.html 7
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19956/p/1/ 4
http://my.melma.com/login/(発行申請中)

【週刊 世界の地球温暖化最前線】
http://www.mag2.com/m/0000276643.html 33
http://kapu.biglobe.ne.jp/14611/index.html 6
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/20572/p/1/ 3
http://www.melma.com/backnumber_177719/ 23

【週刊 中央アジアのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000277253.html 34
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/ (発行申請中)
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/20748/p/1/ 6
http://www.melma.com/backnumber_177671/ 16

【不定期 オバマ政権のエネルギー最前線】
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/14713.html
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/8660/p/1/
http://www.melma.com/backnumber_167974/ 8


読者数 直接メール 253 延べ 1,475人

元へ戻る


[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。

プレスブログ


海外出張直前重要サイト
通貨換算||時差||電話コード||フライト一覧||ホテル予約||各地気象||世界天気予報|| 海外安全情報|| 海外用品|海外医療||海外出張支援|| 海外赴任ナビ|| 成田へ|| 羽田へ|| 関空へ|| 伊丹へ|| ロンリプラネット|

| 鈴木篁氏] | Livedoor | |@nifty| | Gmail | |Bangkok Post| |Manila Bulletin| |Jakarta Post| |Economic Times| |時事通信| |ZAKZAK|

○https://www.blogger.com/start?hl=ja ○http://www.google.com/intl/en/press/intl-zeitgeist.html ○http://translate.google.com/translate_t?hl=ja# ○http://maps.google.com/maps?hl=ja&tab=wl 城km z http://news.google.com/news?hl=ja&sa=N&tab=ln&q= ○https://www.google.com/adsense/login3 ○http://mail.google.com/mail/#inboxhttp://www.google.com/ig?hl=jahttps://www.google.com/webmasters/tools/docs/ja/about.htmlhttps://www.google.com/webmasters/tools/summary?siteUrl=http%3A%2F%2Fmy.reset.jp%2F%7Eadachihayao%2F&hl=ja


| HOME | |サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | | プロジェクト位置図 |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| |週刊 アフリカのエネルギー最前線 | | 週刊 中央アジアのエネルギー最前線 | | オバマのエネルギー |
|週刊 中南米のエネルギー最前線| | 週刊 再生可能エネルギー最前線 | | 週刊 中東のエネルギー最前線 | | 世界の地球温暖化最前線 |

お問い合わせまたはご意見は下記メールアドレスへ
PGA02435@nifty.com