アジアのエネルギー最前線

| HOME | | プロジェクト位置図 | | 海外出張準備 || YouTube Energy Collection | | 今の原油石炭ガス価格 |
|サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | |
|日刊 アジアのエネルギー最前線|(過去ログ) | アフリカのエネルギー最前線 | | 中央アジアのエネルギー最前線 | | オバマのエネルギー |
| 中南米のエネルギー最前線 | | 再生可能エネルギー最前線 | | 中東のエネルギー最前線 | | 世界の地球温暖化最前線 |

Since 1998 October
(本更新直前568,055, メルマガ配信数 1.311

ー 日刊アジアのエネルギー最前線 2009年11月1日分 ー フィリッピンの再生可能87プロジェクト承認ー

From YouTube

RENEWABLE ENERGY ACT OF 2008
(www.rtvm.gov.ph) Malacanang Palace December 16, 2008 Republic Act 9521 or the Renewable Energy Act of 2008 was signed into law by President Gloria Macapagal Arroyo in Malacanang Palace today, wi...

.



Philippines small hydro map source:
http://www.doe.gov.ph/ER/Maps%20-%20Micro%20Hydro.htm




元へ戻る

2009年11月1日 ー フィリッピンの再生可能87プロジェクト承認 ー


フィリピンでまた台風被害が報告され,1カ月で4度目の災害だという。今日は何とかアジアに帰ってきたが,どうしてもアフリカのニュースに惹かれますね,特に,コンゴ民主共和国の資源問題,治安の悪さから,欧米の企業は皆引き上げる中,中国企業の一人舞台になっているようだ。1970年代は日本企業も大挙してザイールに押しかけ,日本人町も出来ていた,と言うから,その違いに驚く政治情勢だ。

さて,ゼロサムゲームに明け暮れるフィリッピン,とからかっていたが,再生可能エネルギー推進で,とんでもない数字を打ち出してきた。先日,2009年10月22日に,フィリッピンのエネルギー省で行われた認可のセレモニー,新規87の契約で総額22億ドル,18企業による再生可能エネルギー・プロジェクトを承認した。総出力は,4,042MWで,バイオマス,地熱,水力,波力,太陽光,風力の各分野に亘るものだ。

ちょっとにわかには信じられない数字だが,まだまだ成熟していないプロジェクトを,政府の再生可能エネルギー法の主導で出てきたものだろう。地熱はある程度予想できて,現在1,200MWの地熱を1,931MWにすると言っている。問題は,主要部分をなす水力で,現在の2,950MWの水力を5,468MWにするという。ミニ水力だけではとても達成できないし,この増分約2,500MWの中には,揚水が入っている可能性がある。

エネルギー大臣の談話で,これらによっ経済性も達成できる,と言っているが,電気料金の高いフィリッピンで,ますますそれを引き上げる方向になるだろう。日本でも,全量,電力会社が太陽光電力を買い取る法案が出てくるが,高い太陽光の分は,翌年度,電力会社が電気料金に上乗せするという。幾らでも高く引き取れるわけで,太陽光を所有する人の増分経費を,持たない人が当分に分け持つ,と言うことか。

インドのマンモハン・シン首相は,人格者で偉い人だが,インド人の中には,時々偉い人がでる。東京裁判の判事もそうだが,ダムの評価をしたグループにもインド人の専門家が含まれている。世界で何か基準を作るときには,多くの場合,インド人の学者が入ってくるが,その一人が,国連気候変動会議IPCCの委員の一人であるインド人のパチョリ博士である。

今日のインドの大規模石炭火力計画UMPPの記事の中で,パチョリ博士が言っている言葉,世界の民主主義の国の中で国民の4億人が電気にアクセス出来ない,などと言うことが理解できるだろうか,と。パチョリ博士は徹底的に,インドの石炭火力を支持しているわけだ。インドに,石炭以外で国民に電力を与えることの出来るものはない,石炭だけだと。少し我田引水だが,石炭の輸入が増えてくるのが理解困難。

なお,先日,東芝がチェンナイに重電工場を造る,という記事を取り上げていたが,あの中に出てくる東芝の合弁相手,JSW,と言うのは,私はてっきり日本製鋼のことだと思いこんでいたが,あれはインドのジンダールのことなのか。ジンダールも鉄鋼会社だから,日本製鋼ではなかったのか,もっと調べなければならなかったが,ごめんなさい,誰か教えて下さい。


今日の主題

●091101B Philippines, breakbulk
フィリッピンで22億ドル分の再生可能エネルギー・プロジェクトが認可
Philippine Contracts Worth $2.2 Billion Awarded for Renewable Energy Projects
http://my.reset.jp/adachihayao/index091101B.htm

http://www.breakbulk.com/content/?p=1004
●091101C Nigeria, allafrica
ナイジェリアのカフィン・ザキ・ダムで1,500万人が移住の危機
Kafin Zaki Dam - 15 Million Nigerians May Migrate to Niger, Chad
http://my.reset.jp/adachihayao/index091101C.htm

http://allafrica.com/stories/200910300255.html
●091101F India, energytribune
インドの石炭火力開発UMPPなどは今後民間企業が大きな役割を果たす
India Opening Power Sector to Private Investment, Coal Still the Fuel of Choice
http://my.reset.jp/adachihayao/index091101F.htm

http://www.energytribune.com/articles.cfm?aid=2518
●091101H Congo,in.reuters
コンゴ共和国の水力開発などでインドが263百万ドルの借款を供与
India grants Congo $263 mln in infrastructure loans
http://my.reset.jp/adachihayao/index091101H.htm

http://in.reuters.com/article/topNews/idINIndia-43558320091030


その他の今日の世界のエネルギー関連ニュース

○091101A Thailand, Bangkok Post
タイの発電企業ラチャブリが豪の発電所買収で75億バーツ準備
RATCH seeks Australian plants Q3 profit dips as tax holiday ends
http://www.bangkokpost.com/business/economics/26611/ratch-seeks-australian-plants
○091101J Tajikistan,rferl
タジキスタンの北部地域が南部と送電線で連携
Tajikistan Opens Power Line To Northern Regions
http://www.rferl.org/content/Tajikistan_Opens_Power_Line_To_Northern_Regions_/1866041.html
○091101K Philippines, Manila Bulletin
フィリッピンのアグノ川とサンロケダムの問題は次世代のために熟考を
Agno River & San Roque Dam: Indivisible Synergy
http://www.mb.com.ph/articles/227374/agno-river-san-roque-dam-indivisible-synergy-last-part
○091101L Nepal, myrepublica
ネパールの14MWクリカニ第3水力が中国コントラクターで着工
Kulekhani-III to be over in two years
http://www.myrepublica.com/portal/index.php?action=news_details&news_id=11299
○091101D Myanmar, mizzima
ミャンマーのガスパイプラインで中国調査団がヤンゴン入り
Chinese energy delegation in town
http://www.mizzima.com/news/breaking-and-news-brief/2979-chinese-energy-delegation-in-town.html
○091101E India, mydigitalfc
インドのタタ電力が4,000MW分水力開発でSNPと合弁へ
Tata Power enters into JV with SN Power
http://www.mydigitalfc.com/news/tata-power-enters-jv-sn-power-338
○091101M Ethiopia, en.afrik
エチオピアとケニヤの送電連携について世界銀行へ380百万ドル支援要請
Ethiopia and Kenya make joint request to World Bank over electricity supply
http://en.afrik.com/article16395.html
○091101G China, australia.to
中国の三峡ダムは最高水位175mに近づくにつれ内外の批判が高まる
CHINA: Tide of Opposition Swells as Largest Dam Nears Completion
http://www.australia.to/index.php?option=com_content&view=article&id=15871:china-tide-of-opposition-swells-as-largest-dam-nears-completion&catid=116:breaking-news&Itemid=298
○091101I Angola, economist
アンゴラの経済拡大で政府は電力投資をこの先2,3年で84億ドルが必要と
Investments in infrastructure drive Angola’s electricity industry
http://www.economist.com.na/index.php?option=com_content&view=article&id=20301:investments-in-infrastructure-drive-angolas-electricity-industry&catid=530:financial-markets&Itemid=57


今日の日本語エネルギー関連ニュース

○政府,温暖化基金統合提案へ,目的別3種類,資金を効率活用
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20091101AT3S3003T31102009.html
○インドネシア貿易相,「通関施設を増設」,外国企業誘致を強化
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20091101AT2M3003J31102009.html
○ミャンマーのスー・チーさん,米の対話政策を支持
http://sankei.jp.msn.com/world/asia/091031/asi0910312340001-n1.htm
○温暖化対策途上国支援,EU,年6.7兆円盛り込む
http://www.nikkei.co.jp/kaigai/eu/20091030D2M3004Q30.html
○フィリピンでまた台風被害,1カ月で4度目,被害報告
http://www.cnn.co.jp/world/CNN200910310020.html
○南米リチウム争奪戦,塩湖の底に世界の8割
http://www.asahi.com/business/update/1101/TKY200911010080.html
○家庭の太陽光電力,買い取り価格2倍スタート,県内業界も特需に期待
http://www.nagasaki-np.co.jp/kiji/20091101/02.shtml


本文

●フィリッピンで22億ドル分の再生可能エネルギー・プロジェクトが認可

The Philippines Department of Energy has awarded 87 new contracts worth a combined $2.2 billion in the renewable energy sector to 18 companies. The contracts entail the development of biomass, geothermal, hydropower, ocean, solar and wind energy resources, with a total power generation potential of 4,042 megawatts. This development is being touted as the largest number of contracts awarded in a single day.

IGA photo source: http://www.geothermal-energy.org/

今回のフィリッピンの再生可能エネルギー・プロジェクトの認可の報道は,既に10月23日に地元紙が報じている。現実味のない話だが,どの様なないようで認可されたのか,電気料金に与える影響はどうなのか,買電協定はこの先どうなるのか,全く未知数のままだが,フィリッピンとのフォーラムを開いたインドが,バンガロールから,驚きを持って報じている。

フィリッピンのエネルギー省(注5)は,新規87の契約で総額22億ドル,18企業による再生可能エネルギー・プロジェクトを承認した。総出力は,4,042MWで,バイオマス,地熱,水力,波力,太陽光,風力の各分野に亘るものだ。87のプロジェクトのうち,65が再生可能エネルギーで,残りの22は,既存の契約を再生可能エネルギー契約に切り替えるもので,17が水力,5が地熱である。

この認可は,2008年再生可能エネルギー法(注6)に基づくもので,10年間で85億ドルの投資を視野に入れている。これによって消費者にも影響する経費節約が期待されており,この先5年間で,1,636MWが投入される見込みだ。エネルギー省(注5)の計画では,2003〜2013年で,4,500MWの再生可能エネルギーを,9,000MWに増やし,再生可能エネルギーを,全体の40%にする計画だ。

この内訳は,現在1,200MWの地熱を1,931MWに,2,950MWの水力を5,468MWに,風力を417MWに,また,バイオマス,波力,太陽光で131MWにする計画である。2009年7月にエネルギー省(注)は,再生可能エネルギー振興のため,20億ドルの基金を設けている。9月には,7つの風力プロジェクト,10億ドル相当,6企業合計379MWを認可している。

このときエネルギー省(注5)は,50の小水力と20の風力,一つの波力,合計70プロジェクトが進行中,と話していた。国家再生可能エネルギー委員会NREB(注7)は間もなく,その優遇政策を実施に移す。再生可能エネルギー法(注6)では,税の軽減,10年間機材輸入の関税免除,7年間の所得税免除,付加価値税免除,などが盛り込まれている。地元紙の報道では,企業名も明らかにされている。

風力に挑むのは,トランスアジア(注9)など4企業(注9〜12),地熱と波力の運営契約は,APRなど2企業(注13〜14),バイオマスが2企業(注15〜16),水力が,ファーストジェンなど6企業(注17〜22),既存契約の更改は,地熱が1企業(注23),水力が3企業(注24〜26),シェブロン(注27)も地熱の更改である。バイオでキャビテ(注28)がある。その他,4企業(注29〜31)も,既に認可されている中に入っている。

(注)B (1) 091101B Philippines, breakbulk,(2) title: Philippine Contracts Worth $2.2 Billion Awarded for Renewable Energy Projects,(3) http://www.breakbulk.com/content/?p=1004,(4) October 30, 2009 BANGALORE, INDIA,October 29, 2009,Researched by Industrial Info Resources (Sugar Land, Texas),(5) Philippines Department of Energy,(6) Renewable Energy Act of 2008, also known as Republic Act 9513,(7) National Renewable Energy Board,(8) Energy Secretary Angelo T. Reyes,(9) Trans-Asia Renewable Energy Corp.,(10) Constellation Energy Corp.,(11) Alternergy Philippine Holdings Corp.,(12) DOST-Industrial Technology Development Institute,(13) AP Renewables Inc.,(14) Deep Ocean Power Philippines Inc.,(15) Lucky PPH International Inc.,(16) Unisan Biogen Corp.,(17) Mindanao Energy Systems Inc.,(18) First Gen Mindanao Hydro Power Corp.,(19) Century Peak Energy Corp.,(20) AV Garcia Power Systems Corp.,(21) Benguet Electric Cooperative Inc.,(22) PNOC-Renewables Corp.,(23) Energy Development Corp.,(24) Hedcor Inc.,(25) First Gen Bukidnon Power Corp.,(26) Luzon Hydro Corp.,(27) Chevron Geothermal Philippine Holdings Inc.,(28) Cavite Biofuels,Magallanes, Cavite,(29) San Carlos Bioenergy Inc.,(30) Chemrez Technologies Inc.,(31) Golden Asian Oil International Inc. and Leyte Agri Corp.,(32) IGA photo source: http://www.geothermal-energy.org/,(33) small hydro map source: http://www.doe.gov.ph/ER/Maps%20-%20Micro%20Hydro.htm


今日の参考資料

●091101B Philippines, breakbulk
フィリッピンで22億ドル分の再生可能エネルギー・プロジェクトが認可
Philippine Contracts Worth $2.2 Billion Awarded for Renewable Energy Projects
http://my.reset.jp/adachihayao/index091101B.htm

http://www.breakbulk.com/content/?p=1004

最近の関連資料

○091025C Philippines, business.inquirer
フィリッピンのエネルギー省が水力など4,042MWの再生可能エネルギー承認
Gov’t awards 87 renewable energy contracts
http://business.inquirer.net/money/topstories/view/20091023-231924/Govt-awards-87-renewable-energy-contracts
●091019A Philippines, business.inquirer
フィリッピンの国家石油PNOCが11水力300MWで投資協力企業を捜している
PNOC unit seeks partners for hydro projects
http://my.reset.jp/adachihayao/index091019A.htm
●090926F Philippines, business.inquirer
フィリッピンのエネルギー省が9プロジェクトで1,000MW投入を期待
DOE banks on new power plants Plants’ capacity not enough to address shortfall
http://my.reset.jp/adachihayao/index090926F.htm


●ナイジェリアのカフィン・ザキ・ダムで1,500万人が移住の危機

About 15 million Nigerians from the seven states of Plateau, Bauchi, Gombe, Kano , Jigawa, Yobe and Borno states have threatened to migrate to the neighbouring Niger and Chad Republic , should the federal government embark on the construction of the Kafin Zaki Dam project. This stunned revelation was contained in various petitions written and endorsed by all the North-East Speakers Forum and addressed to President Umaru Musa Yar'Adua which was made available to our correspondent in Maiduguri , the Borno state capital.

Kafin Zaki Dam

ナイジェリアについては,先日も中国の資源攻勢に対する迷いがある,論争がある,と書いたとおりである。今日のカフィン・ザキ・ダム(注)が中国と乾期エイがあるのかどうか,記述はないが,大きな住民移動で,取り上げてみようと思った。何故こんなに住民移動があるのか,よく分からない。プラトー州など北部7州(注)の住民1500万人が,ニジェール(注),チャド(注)に移動しなければならない恐れがある。多くの地元の訴えが大統領(注)に出されている。コンサルタントからの報告書が問題になっている。

(注)C (1) 091101C Nigeria, allafrica,(2) title: Kafin Zaki Dam - 15 Million Nigerians May Migrate to Niger, Chad,(3) http://allafrica.com/stories/200910300255.html,(4) Ahmed Mari,29 October 2009,Maiduguri,(5) Nigeria,(6) Plateau, Bauchi, Gombe, Kano , Jigawa, Yobe and Borno states,(7) Niger and Chad Republic,(8) Kafin Zaki Dam project,(9) North-East Speakers Forum,(10) President Umaru Musa Yar'Adua,(11) EIA,(12) Federal Ministry of Agriculture and Water Resources,(13) Hon. Goni Ali Modu,(14) Bauchi state government,(15) Chalawa Dam in Kano state,(16)


今日の参考資料

●091101C Nigeria, allafrica
ナイジェリアのカフィン・ザキ・ダムで1,500万人が移住の危機
Kafin Zaki Dam - 15 Million Nigerians May Migrate to Niger, Chad
http://my.reset.jp/adachihayao/index091101C.htm

http://allafrica.com/stories/200910300255.html

最近の関連資料

●091027E China, ngrguardiannews
中国とアフリカの関係でナイジェリアの原油などその眞の意図は何か
The truth about China-Africa relations
http://my.reset.jp/adachihayao/index091027E.htm


●インドの石炭火力開発UMPPなどは今後民間企業が大きな役割を果たす

With coal-fired power plants as the primary source, India’s electricity generation sector space has been dominated by the two state run big companies NTPC (for generation) and BHEL (for equipment manufacturing). However, a gradual shift is taking place with private players looking to play a bigger role in the country’s electricity generation business.

UMPPs table source:
http://www.thehindubusinessline.com/2008/04/26/stories/2008042650780800.htm


インドの大規模石炭火力開発UMPP(注9)は重要であるが,常に温暖化ガスの問題がつきまとう,この点ではインドネシアのクラッシュ・プログラムと一緒だ。現在のインドの石炭火力は,公的機関であるNTPC(注5)の発電と,BHEL(注6)の機器製造に,支配されている。しかし,漸次,民間企業の動きが活発になってきている。現在のインドの発電設備は,150,000MWだが,2017年までに倍の,330,000MWを目指している。

このうちの30%は,民間企業によることになろう。民間への移行は変革だが,相変わらず石炭火力であることは変わらず,炭酸ガス排出で世界の注目が集まるところだ。しかし,国連気候変動会議IPCC(注8)の委員の一人であるインド人のパチョリ(注7)が言っていることは真実だ。彼がこの7月に発した言葉,インド人の4億の国民が電気を受けていないと言うことを信じられるか,と言う問題に帰するのだ。

更にパチョリ(注7)は,民主主義の元で,4億人が電気がないと言うことは受け入れられないのだ,しかもインドには石炭があるのみで,インド人には石炭以外に選択肢がないのだ,と。インド政府は,大規模石炭火力UMPP(注9)を進めている,13カ所で4,000MW規模のプロジェクトを推進中だ。工業化した5州(注10)は恩恵を受けるし,世界銀行(注12)も,タタ電力(注11)のUMPP(注9)に,450百万ドルを支援する。

このインド政府のUMPP(注9)には,多くの資本が関心を示している。エネルギー企業は,次年度以降,30億ドルに上る株式上場を目指している。その企業とは,JSWなど9企業(注13)である。また,三菱,東芝,日本製鋼などの海外企業(注14)も,地元企業との新規の合弁を進めている。発電機機器の供給は,BHEL(注6)とL&T(注15)が担っているが,注文の数に圧倒されている。

L&T(注15)は意欲的で,過去2年間で注文は20倍に増えている。また,アンデラプラデシュ州でガス火力を進めているほか,海外の石炭をインドネシアとオーストラリアに求めている。更に,原子力機器供給の一端も担うことを視野に入れている。アニル・アンバニ(注16)の率いるR電力(注16)は,2008年に既に株式市場で30億ドルの資金を得,35,000MWの設備能力を計画している。

R電力(注16),このうち,3,000MWは2012年までに,残りは2017年までの完成を目指している。また,海外石炭を,オーストラリア,ブラジル,米国,英国などの石炭企業と協議を続けている。タタ電力(注11)は,2012年までに準備する5,500MWのために,45億ドルを投資する。これらの殆どは,グジャラート州のUMPP(注9)であり,2014年までには12,000MWの開発を視野に入れている。石炭はインドネシアより輸入する。

エッサール電力(注17)は,2012年までの計画で,6,000MWに40億ドルを投資する。その石炭は,オーストラリア,モザンビーク,インドネシアを予定している。このインド政府の進めるUMPP(注9)で,コペンハーゲンの気候変動問題での世界的炭酸ガス排出抑制での討議が注目されるが,

(注)F (1) 091101F India, energytribune,(2) title: India Opening Power Sector to Private Investment, Coal Still the Fuel of Choice,(3) http://www.energytribune.com/articles.cfm?aid=2518,(4) Posted on Oct. 30, 2009,By Energy Tribune staff,(5) NTPC,(6) BHEL,(7) Rajendra Pachauri,(8) UN’s Intergovernmental Panel on Climate Change,(9) ultra-mega power plants, (UMPPs),(10) Gujarat, Tamil Nadu, Karnataka, Andhra Pradesh and Maharashtra,(11) Tata Power,(12) World Bank,(13) JSW Energy, Jindal Power, Indiabulls, Sterlite, GMR Energy, Adani Power, Essar Power, Usher Eco Power and Bhilwara Energy,(14) Mitsubishi, JSW and Toshiba, Bharat-Forge and Alstom SA (France), and Ansaldo Caldaie (Italy),(15) L&T,(16) R-Power, headed by Anil Ambani,(17) Essar Power,(18) Copenhagen climate talks,(19) UMPPs table source: http://www.thehindubusinessline.com/2008/04/26/stories/2008042650780800.htm,(20)


今日の参考資料

●091101F India, energytribune
インドの石炭火力開発UMPPなどは今後民間企業が大きな役割を果たす
India Opening Power Sector to Private Investment, Coal Still the Fuel of Choice
http://my.reset.jp/adachihayao/index091101F.htm

http://www.energytribune.com/articles.cfm?aid=2518

最近の関連資料

●091023C India, machinist
インドのチェンナイに建設する東芝の重電工場へJBICが90百万ドル
Toshiba JSW gets US$90 million loan from JBIC for Chennai facility
http://my.reset.jp/adachihayao/index091023C.htm
●091022C India, business-standard
インドの大規模火力開発UMPPで2010年初頭までに4地点審査
Request for qualification for UMPPs likely by Jan '10
http://my.reset.jp/adachihayao/index091022C.htm
○091022F India, business-standard
インドのムンドラ石炭火力でタタ電力がテキサス籍企業から技術支援
Invensys to provide technology for Tata Power's Mundra project
http://www.business-standard.com/india/news/invensys-to-provide-technology-for-tata-power%5Cs-mundra-project/76432/on


●コンゴ民主共和国の水力開発などでインドが263百万ドルの借款を供与

India has offered Democratic Republic of Congo $263 million in loans to build hydroelectric plants and repair battered infrastructure in the war-ravaged central African nation, Congo's foreign minister said on Friday. The two countries agreed the final terms of the loan package this week during a four-day visit by Foreign Minister Alexis Thambwe Mwamba to the south Asian economic powerhouse.

Image 9: Inga Dam in Bas-Congo Photographer:
Frazier Date: 1973 Place: Inga Dam Place/Time: Congo-Kinshasa / Central Africa (courtesy of University of Wisconsin),photo source: http://exploringafrica.matrix.msu.edu/teachers/curriculum/m18/activity1.php




昨日ルワンダへの中国の接近を見てきて,これは東にキブ湖を介して接するコンゴ民主共和国からの接近だと理解し,広大なコンゴ民主共和国の資源への中国のアクセスに大いに関心を持ったところである。現在,コンゴ民主共和国の外務大臣がインドを訪問中であり,インドもこの広大な国へ関心が深いことを理解した。ザイールに時代から,内陸部への接近は大変なこと,と知っていたが,治安は依然としてよくないはずだ。

コンゴ民主共和国は,国土面積234万平方km,世界第12位と極めて広大で,人口は,6,600万人,GDP総額は206億ドルである。資源は,コバルト,ダイヤモンド,カドミウム,黄金,銀,亜鉛,マンガン,錫,ゲルマニウム,ウラン,ラジウム,ボーキサイト,鉄鉱石,石炭などを産する世界トップクラスの鉱産資源国であり,コバルトは世界の65%を占め,ギニア湾沖に海底油田を擁し,原油の輸出も盛んで同国の経済を支える。

ウランも採掘が行われており,広島の原爆の原料はベルギー領コンゴ国産とされている。政情不安の中,日本はどうしているのだろうか。殆どめぼしい援助は行われておらず,極めて人道支援に限られているようだ。1970年代には日本企業が大挙して押しかけ,日本人町も出来ていたという。800億から850億ドルと言われる鉱山資源は,中国企業のワンサイドゲームと言われており,欧州企業も手を引き始めているようだ。

インドについては,将来に備えて借款を供与する,と言う形か。インド訪問中のムワンバ外相(注6)が,インド政府は,水力発電所の建設と戦火で荒廃したインフラ再興のため,263百万ドルの借款を供与する,と語った。南部のカサイ・オリエンターレ県の18MWのカテンデ・ダム・プロジェクト(注7)へ168百万ドル,北部のココボラダム(注8)へ45百万ドル,キンシャサ(注4)の鉄道修復に50百万ドル,となっている。

コンゴ民主共和国(注5)は,1998〜2003年まで続いた戦火のために荒廃が進んで,その復興のために資金を求めている。キンシャサ(注4)の上下水道とITに,インドは既に,25百万ドルの借款を供与している。中国は既に,60億ドルに上る資源インフラの開発を約束しており,インドの借款は,中国の申し出に続いて行われた。しかし,コンゴの資源を担保とする巨額の融資は,IMFがその将来に懸念を示している。

IMFは100億ドルの債権放棄に,難色を示している。中国は,当初の90億ドルの約束を60億ドルに減らしており,パリクラブのメンバー国も,債権放棄要請で,コンゴ政府と遭うことになっている。インド訪問中のムワンバ外相(注6)は,この話し合いを楽観視しており,世界銀行もIMFも,コンゴの状況をよく理解している,と電話で語っている。

(注)H (1) 091101H Congo,in.reuters,(2) title: India grants Congo $263 mln in infrastructure loans,(3) http://in.reuters.com/article/topNews/idINIndia-43558320091030,(4) By Joe Bavier,KINSHASA (Reuters),(5) Democratic Republic of Congoコンゴ共和国,(6) Foreign Minister Alexis Thambwe Mwamba,(7) 18MW Katende dam project in Kasai Orientale (province),(8) Kakobola dam,(9) kleptocratic 盗癖のある,(10) President Joseph Kabila,(11) International Monetary Fund (IMF),(12) Reporting by Joe Bavier; Editing by Richard Valdmanis/Victoria Main,(13) map source: http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/b/b4/Cg-map.png,(14) Image 9: Inga Dam in Bas-Congo Photographer: Frazier Date: 1973 Place: Inga Dam Place/Time: Congo-Kinshasa / Central Africa (courtesy of University of Wisconsin),photo source: http://exploringafrica.matrix.msu.edu/teachers/curriculum/m18/activity1.php,(15)



今日の参考資料

●091101H Congo,in.reuters
コンゴ共和国の水力開発などでインドが263百万ドルの借款を供与
India grants Congo $263 mln in infrastructure loans
http://my.reset.jp/adachihayao/index091101H.htm

http://in.reuters.com/article/topNews/idINIndia-43558320091030

最近の関連資料

●091030B Rwanda, defenceweb
ルワンダへの投資について中国企業がコンゴとの関連で高く評価
China praises Rwanda's investment potential
http://my.reset.jp/adachihayao/index091030B.htm

*************************************************************************************************
今日の原油価格 (crude oil price)今日の石炭価格 (coal price)今日の天然ガス価格 (natural gas price)
今日のメコン河水位 (Mekong Vientiane water level),************************************************************************************************


2009年10月30日 ー 中国がコンゴからルワンダへ資源を求めて ー

今日こそはアジアに帰ろうと思っていたのに,またまたアフリカに来てしまった。読者がどんどん減っていくのは困ったものだが,アフリカを無視できない情勢であることは確かだ,読者の皆様も,もう少し我慢して頂きたい,明日はアジアに帰るから。でも,今日はアフリカのルワンダに目を向けなければならないとは思はなかった。私のルワンダ経験は1992年で,虐殺の直前である。平和な起伏に富んだなだらかな山野を思い出す。

その頃は,よくキンシャサの大使館にも行っていた。当時のザイールは悲惨で,大使館とホテルの間の往復のみであったが,ビジネスクラスであるにもかかわらず,ザイールの空港では,お尻が私の眼の前にあるようなザイールのおばさん達に押しのけられて,なかなか空港でチェックイン出来ない悲哀を味わった。その後,内戦の結果,コンゴ共和国に生まれ変わっているが,広大な国土と豊富な資源,どうなっているのか,と気になっていた。

中国はコンゴ共和国に対して,60億ドルに上る鉱業権に伴うインフラ協定を持っていると言う。この中国のコンゴ共和国への関心から,その北東に小さく存在しているルワンダに,中国の関心が伸びるのは,時間の問題だったのだろう。あのヒリーな首都,キガリには,中国大使館が,2億ドルの巨費をかけて,中国自慢の大公会堂を建設し,アフリカ中央部の情報センターにすると言う。

ルワンダは,東中央アフリカの小国で,ウガンダ,ブルンジ,コンゴ共和国,タンザニアと国境を接している。人口1千万人だが,1994年に部族対立から100万人近い虐殺が出た。中国は,2009年には,エネルギーなど,50百万ドルを投資している。中国大使は,カガメ大統領の強い指導力で,政治的に安定して,安全な環境が保たれている,と語っている。平和な国に生まれ変わったようだ。

中国が60億ドルの投資を行うコンゴ共和国の資源については,改めて調査したい,コンゴ川の水力ポテンシャルも大きいはずだ。ルワンダの中国の狙いは,錫石らしい,携帯電話などに使われる貴重な金属で,他に,電子部品などに使われるコルタンやタンタライトが豊富で,北部には金鉱脈がある。東の国境はタンザニアと接するアカゲラ川があり,私も当時,このアカゲラの滝を調査している。

飽くことのなき中国のアフリカ進出は,アンゴラから始まって,スーダン,エチオピア,ナイジェリア,タンザニア,ガーナ,トーゴー,カメルーンと続き,難しかったコンゴから,遂に奥地のルワンダまで,いずれも数十億ドルの投資だ。有り余る外貨を資源に注ぎ込む中国の姿勢は,バブル当時の日本が先進国の不動産買いに走って,すべてを失った経験からすると,意欲的に移る。来月は温家宝首相が,アフリカ会議でエジプトに飛ぶ。

今日のその他の世界のニュースは,ウガンダのブジャガリ水力プロジェクトは順調に工事が進捗,パキスタンを訪問中のクリントン長官がカシミール問題で楽観,パキスタンは300MWの燃料費調達失敗で米国が肩代わり,インドのマハラシュトラでフランスが1,650MWのジャイプール原子力準備開始,インドのリライアンス系企業が海外の石炭資源を獲得へ走る,インドネシアで豪企業がスマトラのタパンとジャンビの炭鉱を取得へ,など。


今日の主題

●091030B Rwanda, defenceweb
ルワンダへの投資について中国企業がコンゴとの関連で高く評価
China praises Rwanda's investment potential
http://my.reset.jp/adachihayao/index091030B.htm

http://www.defenceweb.co.za/index.php?option=com_content&task=view&id=4931&Itemid=282
●091030E India, indiajournal
インドのシン首相と温家宝首相の会談で国境など現状維持で更に話し合いと
India, China Agree to Maintain Peace on Border
http://my.reset.jp/adachihayao/index091030E.htm

http://www.indiajournal.com/pages/event.php?id=8872


その他の今日の世界のエネルギー関連ニュース

○091030A Uganda, newvision
ウガンダのブジャガリ水力プロジェクトは順調に工事が進捗
Bujagali power project on track
http://www.newvision.co.ug/D/8/220/699470
○091030C Pakistan, pakobserver
パキスタンを訪問中のクリントン長官がカシミール問題で楽観
War on terror Pakistan success soon: Clinton Kashmir solution to normalize Pak, India ties: Nawaz
http://pakobserver.net/200910/30/news/topstories01.asp
○091030D Pakistan, thenews
パキスタンは300MWの燃料費調達失敗で米国が肩代わり
Pakistan fails to improve power generation capacity
http://www.thenews.com.pk/daily_detail.asp?id=205802
○091030F India, indiajournal
インドのマハラシュトラでフランスが1,650MWのジャイプール原子力準備開始
France to Start Work at Maharashtra Nuclear Power Plant
http://www.indiajournal.com/pages/event.php?id=8842
○091030G India, dnaindia
インドのリライアンス系企業が海外の石炭資源を獲得へ走る
CESC scouting for coal mine overseas
http://www.dnaindia.com/money/report_cesc-scouting-for-coal-mine-overseas_1304771
○091030H Indonesia, newsstore
インドネシアで豪企業がスマトラのタパンとジャンビの炭鉱を取得へ
Indonesian Coal Acquisition
http://newsstore.smh.com.au/apps/previewDocument.ac?docID=GCA01005319ADD


今日の日本語エネルギー関連ニュース

○全国の電力10社と大手都市ガス4社,全社値上げ,2カ月連続
http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20091030/ecn0910301207000-n2.htm
○太陽光発電“暗い”見通し,パネル訪問販売で苦情殺到
http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20091029/ecn0910291613002-n2.htm
○アジア,来年5.8%成長,他地域との非連動は否定−IMF
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2009102900517
○2008年度のエネルギー需給実績(速報),6.8%の大幅減
http://www.meti.go.jp/press/20091030002/20091030002.html
○鳩山首相,原子力政策は不可欠,「核燃料サイクル推進したい」
http://sankei.jp.msn.com/life/environment/091030/env0910301309000-n1.htm
○温暖化対策税の創設要望,環境相,「2兆円前後検討」 
http://www.47news.jp/CN/200910/CN2009103001000430.html
○米上院委員会,温暖化対策法案を来週にも採決へ
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-12207620091030
○世界自然保護基金、長江中下流地域の湿地保護区を高く評価
http://japanese.cri.cn/881/2009/10/30/1s149447.htm


本文

●ルワンダへの投資について中国企業がコンゴとの関連で高く評価

China has invested $50 million in Rwanda so far this year and Chinese companies are looking at a number of power projects to help the central African country meet its energy needs, a Chinese official said. Sun Shuzhong, the Chinese ambassador to Rwanda, said in an interview that the landlocked country's stable political scene, safe reputation and President Paul Kagame's strong leadership made it an attractive place to invest.

Rwanda scenary, photo source:
http://media-cdn.tripadvisor.com/media/photo-s/00/19/52/99/rwanda-view2.jpg


中国との関係でルワンダ(注5)が出てくるとは思わなかった。本当は中国とコンゴ共和国(注8)の関係をもっとよく知りたいのだが,中国のルワンダ(注5)への関心は,実はコンゴ共和国(注8)への関心から発展したのだろう。日本政府は今,ルワンダ(注5)仁対してどの様に考えているのだろう,と思いながら。日本の関わりは記事にならなくても,中国との関係はロイターが取り上げる。

ルワンダ(注5)は,東中央アフリカの小国で,ウガンダ,ブルンジ,コンゴ共和国,タンザニアと国境を接している。人口1千万人だが,1994年に部族対立から100万人近い虐殺が出た。私が訪ねていたのは,その前,1993年だったのか。中国は,2009年には,エネルギーなど,50百万ドルを投資している。中国大使(注6)は,カガメ大統領(注7)の強い指導力で,政治的に安定して,安全な環境が保たれている,と語っている。

西隣の広大なコンゴ共和国(注8)には,中国が,60億ドルに上る鉱業権に伴うインフラ協定を持っているが,ルワンダ(注5)の資源の再輸出と関連して,ルワンダ(注5)は中国にとって重要な役割を果たす。中国のアフリカへの介入は,資源に関心を寄せて,人権に無関心,との非難があるが,温家宝首相(注9)は,来月にも,中国-アフリカ首脳会議(注10)でエジプトに向かう。2008年はアフリカへ54.9億ドルの投資を行った。

中国大使(注6)は,資源を獲得するだけではなく,貧困削減に尽くしている,と弁明している。ルワンダ(注5)への外国投資は鉱業で,2008年の最大は分野は,錫石(注11)であった。また,電子部品などに使われるコルタン(注12)やタンタライト(注13)があり,また北部では金鉱が注目を浴びている。ルワンダ(注5)の外貨獲得は,2008年に観光が最大で91.3百万ドルがあるが,続いて鉱業である。

近隣諸国を通しての輸出で,鉱業分野は17%,43.9百万ドルに達し,2007年の30.3百万ドルから,大きく伸びている。中国との二国間貿易では,2008年の95百万ドルに対して,2009年は100百万ドルに達する見込み。1994年のツチ族(注14)とフツ族(注15)の対立で80万人が虐殺された後,カガメ大統領(注7)は,強力な経済成長路線をとって,2008年にはGDPが,11.2%の伸びを見せた。

しかし,カガメ大統領(注7)には,民主主義抑圧への批判が絶えない。中国は,首都キガリ(注18)に2億ドルの会議センターを建設して,中央アフリカの諸国の通信センターとする構想に協力する構えである。また,電力不足気味の首都キガリ(注18)仁対して中国は,電力プロジェクトを視野に入れている。

(注)B (1) 091030B Rwanda, defenceweb,(2) title: China praises Rwanda's investment potential,(3) http://www.defenceweb.co.za/index.php?option=com_content&task=view&id=4931&Itemid=282,(4) Written by Reuters,Thursday, 29 October 2009,(5) Rwanda,(6) Sun Shuzhong, the Chinese ambassador to Rwanda,(7) President Paul Kagame,(8) Democratic Republic of Congo,(9) Premier Wen Jiabao,(10) China-Africa summit,(11) tin ore cassiterite錫石,(12) coltanコロンバイト,(13) tantalite,(14) Tutsis,(15) Hutus,(16) Rwanda scenary, photo source: http://media-cdn.tripadvisor.com/media/photo-s/00/19/52/99/rwanda-view2.jpg,(17) map source: http://www.merriam-webster.com/maps/images/maps/rwanda_map.gif,(18) Kigali,(19)

map source:
http://www.merriam-webster.com/maps/images/maps/rwanda_map.gif



今日の参考資料

●091030B Rwanda, defenceweb
ルワンダへの投資について中国企業がコンゴとの関連で高く評価
China praises Rwanda's investment potential
http://my.reset.jp/adachihayao/index091030B.htm

http://www.defenceweb.co.za/index.php?option=com_content&task=view&id=4931&Itemid=282

最近の関連資料

●091028G China, finfacts
中国の海外の新興市場への進出についてドイツ連銀がその対応を提言
China's growing ties with emerging markets: What it means for geopolitics
http://my.reset.jp/adachihayao/index091028G.htm
●091027E China, ngrguardiannews
中国とアフリカの関係でナイジェリアの原油などその眞の意図は何か
The truth about China-Africa relations
http://my.reset.jp/adachihayao/index091027E.htm
●091025E China, business-standard
中国のアジア,アフリカ,南米を目指すグローバルな経済政策
ND Batra: China's economic diplomacy
http://my.reset.jp/adachihayao/index091025E.htm
●091021H Africa, allafrica
中国はギニアの軍事政権と70億ドルに上る鉱山事業投資から距離を取り始めた
China's Business Ties to the Loathed Camara Junta Could Quickly Backfire
http://my.reset.jp/adachihayao/index091021H.htm


●インドのシン首相と温家宝首相の会談で国境など現状維持で更に話し合いと

A day after he met his Chinese counterpart Wen Jiabao here and discussed border problem and other issues like construction of dam by China on Brahmaputra river, Prime Minister Manmohan Singh said the two leaders agreed that existing mechanisms should be used to resolve all outstanding issues.


インドと中国の間に最近起こってきた問題は,極めて深刻である。アルナチャルプラデシュ(注9)の国境問題,ブラマプトラ河(注6)の中国のダム建設の問題,ダライラマ(注10)のアルナチャルプラデシュ(注9)訪問,更に,アザドカシミールに於けるパキスタンのダムの中国支援の問題,などである。どれ一つとっても,簡単に済みそうな問題ではない。

先月末,2009年10月末,タイのフアヒンで開かれたASEAN首脳会議(注8)には,インドのマンモハン・シン首相(注7)が臨んだが,中国の温家宝首相(注5)も出席するので,インドとしては,マンモハン・シン首相(注7)に大きな期待がかかっていた。どの様な会談が行われたのか,詳報はなかなか届かなかったが,今日の記事で,帰国したマンモハン・シン首相(注7)が,インド国内向けに記者会見に応じている。

マンモハン・シン首相(注7)と温家宝首相(注5)は,とにかく,平和で平穏な解決を行う,既存の外交ルートを使って,問題の解決に努力する,として,早速の中国の楊外相(注11)をデリーに向かわせることにした。マンモハン・シン首相(注7)の説明では,国境問題は平和的な話し合いを続けると合意した上で,アルナチャルプラデシュ(注9)はインドが統括する領土だ,と主張した。

ブラマプトラ河(注6)の中国ダム建設の問題は,ダムは高さ116m,長さ389.5mだが,運用は流れ込み式で分流などの計画はない,中国は水文情報を提供し,今後とも国際河川としても規律を守る,と話し合われたとされた。ダライラマ(注10)は重要な宗教上の賓客だが,チベット問題の騒乱jに発展するような動きは取り締まる,と応じたようだ。

アザドカシミールで中国がパキスタンのダムを支援する問題については,マンモハン・シン首相(注7)は何も具体的には話さなかったと。ただ,国境問題でパキスタンと論争している地域は,インドの総合的な領土である,との主張を繰り返したようだ。とりあえず,両首相の会談は,穏やかにまとめられたわけだが,近く行われる外相会談が注目されることになった。

(注)E (1) 091030E India, indiajourna,(2) title: India, China Agree to Maintain Peace on Border,(3) http://www.indiajournal.com/pages/event.php?id=8872,(4) Date Submitted: Thu Oct 29, 2009,CHA-AM HUA HIN, THAILAND,(5) Wen Jiabao,(6) Brahmaputra river,(7) Prime Minister Manmohan Singh,(8) Association of South East Asian Nations (ASEAN)-India and East Asia Summits,(9) Arunachal Pradesh,(10) Dalai Lama,(11) Chinese Foreign Minister Yang Jiechi,(12)


今日の参考資料

●091030E India, indiajournal
インドのシン首相と温家宝首相の会談で国境など現状維持で更に話し合いと
India, China Agree to Maintain Peace on Border
http://my.reset.jp/adachihayao/index091030E.htm

http://www.indiajournal.com/pages/event.php?id=8872

最近の関連資料

○091027B India, bloomberg
インドと中国のアルンチャルの国境問題でロシアが入って今日会談
India, China Border Dispute May Overshadow Meetings with Russia
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=20601091&sid=a2g_ZIC7oe4w
○091026C India, ptinews
インドのアルンチャルはシン首相プロジェクトの道路建設など早期着工へ
PM's package in Arunachal to be expedited: Khandu
http://www.ptinews.com/news/347096_PM-s-package-in-Arunachal-to-be-expedited--Khandu
○091022E India, thaindian
インドのマンモハン・シン首相がASEANや中国などと会談のためバンコクへ
Manmohan leaves for Thailand Friday, likely to meet China PM
http://www.thaindian.com/newsportal/business/manmohan-leaves-for-thailand-friday-likely-to-meet-china-pm_100263720.html
○091022G India, beta.thehindu
インドは中国のブラマプトラ河開発に着手したが分水は行わないと言っている
India, China and water security
http://beta.thehindu.com/opinion/op-ed/article36468.ece
○091022I India, dailyindia
インドと中国の間で飛び交って言葉の戦争は危険で両サイドの危機管理が必要
China, India rivalry could spin out of control, warn experts
http://www.dailyindia.com/show/340265.php
○091021D India, morungexpress
インドのアッサム州などがブラマプトラ河上流の中国ダム計画で脅威と
UPA under pressure to act fast on China
http://www.morungexpress.com/regional/35795.html
○091021E India, hindustantimes
インドの州政府首相などが中国はブラマプトラ河にダムは造っていないと説得
No Chinese dam over Brahmaputra PM assures Arunachal
http://www.hindustantimes.com/News/northeastindia/No-Chinese-dam-over-Brahmaputra-PM-assures-Arunachal/Article1-467150.aspx
○091017F Nepal, telegraphnepal
ネパールの中国研究センターはインドが警戒している
China Study Centers could cement Nepal-India-China ties
http://www.telegraphnepal.com/news_det.php?news_id=6466
○091017H Inia, mangalorean
インドの外務省のラオ外務次官が中国との緊張を冷静にと
We need to resolve boundary issue with China: Nirupama Rao
http://mangalorean.com/news.php?newstype=broadcast&broadcastid=150644
●091017L India, sify
インドは中国のブラマプトラ本流ダム開発に打つ手がないかも知れない
Northeast frets, but India can do little on China's Brahmaputra dam
http://my.reset.jp/adachihayao/index091017L.htm
○091016B India, indiatoday.intoday
インドのシン首相がバンコクで温家宝首相とアルンチャルプラデシュの国境問題
Chinese PM to meet Manmohan in Thailand
http://indiatoday.intoday.in/site/Story/66458/LATEST%20NEWS/Chinese+PM+to+meet+Manmohan+in+Thailand.html
●091016D China, zeenews
中国はインドとの問題を孕みながらブラムプトラ河ダムの工事に入る
China building dam on Brahmputra River
http://my.reset.jp/adachihayao/index091016D.htm
●091016H India, expressindia
インドのシン首相のアルンチャル訪問で中国が緊張したがインドは正しいと
India to take Arunachal to right fora
http://my.reset.jp/adachihayao/index091016H.htm








元へ戻る


過去ログ 元へ戻る

過去のニュース

●中国がコンゴからルワンダへ資源を求めて (091030)
●エチオピアの道路やダムの動きと天然ガス (091029)
●アンゴラの原油ガス資源の将来性大きい (091028)
●中国のアフリカ進出でナイジェリアは争点2分 (091027)
●中国のアフリカ資源などのシーレーン確保 (091025)
●インドと中国の紛争の中で温暖化は合意 (091022)
●中国のアンゴラを拠点としたアフリカ資源戦争 (091021)
●中国のシェールガスは重要な国内資源 (091020)
●フィリッピンの中小水力に資金援助が必要 (091019)
●中国のブラマプトラ河開発は510MWの流れ込み (091017)
●インドと中国がチベットの水力などで激しく対立 (091016)
●インドネシアは石炭輸出を年1.5億トンに制限 (091015)
●フィリッピンがエクソンと深海ボーリングへ (091014)
●ベトナムは石炭価格と電気料金の狭間で苦慮 (091012)
●インドは原油ガス資源で中国の後塵を拝している (091011)
●インドネシアのスンダ海峡にJICAが海底送電線 (091010)
●タイの原子力へ住民反対でEGAT戦略練り直し (091009)
●世界のLNG価格低迷でエクソンなど疲労気味 (091007)
●インドの石炭不足は深刻で海外炭に走る (091006)
●インドの原子力へ世界が総力を挙げて協力 (091005)
●メコンやインドで米国企業GEなどの動き (091003)
●インドネシアの原油ガス探査への取り組み (091002)

●インドと米国の原子力開発が順調に進捗 (090930)
●ベトナムの中部高原で220MWの水力が着工 (090929)
●中国の原子力の安全と風力発電の不安定の問題 (090928)
●インドと中国のG20宣言への反応は消極的 (090927)
●フィリッピンの電源1,000MWの推進を期待 (090926)
●中国の政府系ファンドが資源へ方針転換 (090925)
●インドネシアのガス資源と石炭事情 (090924)
●中国が南沙諸島共同開発を示唆 (090923)
●中国が気候変動に炭素強度で重要提案へ (090922)
●タイのEGATが2010年に停電の可能性 (090921)
●バングラデシュが2015年にも原子力発電 (090920)
●インドの石炭確認埋蔵量は2,574億トン (090919)
●ベトナムの原子力は日本と協力の可能性 (090918)
●ベトナムの紅河デルタの石炭は2000億トン (090917)
●パキスタンのコハラ水力を中国企業へ特命で混乱 (090916)
●フィリッピンの水力IPPA入札スタート (090915)
●インドの海外石炭は原料炭不足が始まり (090913)
●地球温暖化対策で燃え上がる原子力開発 (090912)
●中国国家石油は資源買収に300億ドル準備 (090911)
●中国やインドがなぜ海外石炭を買いまくるか (090910)
●インドネシアのクラッシュ・プログラムで20億ドル不足 (090909)
●パキスタンの7000MWブンジ水力は中国のBOT (090908)
●ネパールの水力でインドと中国がせめぎ合う (090907)
●インドの電力スポットは23セント近くまで上昇 (090906)
●中国は気候変動会議に向けて天然ガスへの投資 (090905)
●インドネシアで日本国石が海上LNG施設実現へ (090904)
●南沙諸島の原油埋蔵は2000億バレル (090903)
●インドネシアとネパールの資源ナショナリズム (090901)

●中国の石炭産業に転機が訪れるのか (090831)
●ベトナムのガスで米ロの企業が競う (090830)
●中国のパキスタン支援と資源獲得戦略 (090829)
●インドネシアが石炭火力の燃料準備に動く (090828)
●バングラデシュに対して中国が10億ドル提案 (090827)
●ミャンマーへの強硬姿勢に米国の変化の兆し (090826)
●ネパールとインドは水力開発推進で合意 (090825)
●パキスタンのバシャとブンジのダムが積極的な動き (090824)
●ベトナムは電気料金と石炭で矛盾を抱える (090823)
●インドネシアの第2次クラッシュ・プログラム発進へ (090822)
●タイは過度の天然ガス依存で懸念が広がる (090821)
●フィリッピンの知的送電網スマートグリッド構想 (090820)
●世界のLNG市場が価格と生産地で激動の時代に (090819)
●ミャンマーのサルウイーン河ダム開発を巡る外交戦 (090818)
●ネパールとインドの国境のパンチェスバール水力 (090816)
●中国の真珠の首飾り戦略と石炭市場の動き (090815)
●ラオスの北部ナムカンで中国が水力開発 (090814)
●インドネシアの資源ナショナリズムとドンギLNG (090813)
●インドのラメシュ環境相の気候変動との戦い (090812)
●スリランカの電力は中国の石炭火力で自信 (090811)
●パキスタンの7,100MWブンジ水力調査推進へ (090809)
●メコン河のダム建設にメコン委員会が調査へ (090808)
●ベトナムの原子力は企業選定の段階へ (090807)
●中国のNGOが金沙江のダムの再検討正式要請 (090806)
●ミャンマーのASEAN会議でタイが活躍 (090805)
●ベトナムの大規模火力と日本企業の活躍 (090803)
●パキスタンの電力と経済の悪循環 (090802)
●インドが南西岸にLNG基地建設へ (090801)

●ネパールが中国政府に10億ドル支援要請 (090731)
●メコン流域圏への米国の介入とタイの立場 (090730)
●タイのエネルギー大臣がASEAN閣僚会議へ (090729)
●フィリッピンのガスと今後の探査へ期待 (090728)
●スリランカの復興に各国の思惑が集まる (090726)
●中国のダム工事に於ける地滑り続発 (090725)
●ミャンマーのパイプラインにインドが資本参入 (090724)
●インドの大規模な原油ガス探査事業入札 (090723)
●中国のダム建設の速度が早やすぎないか (090722)
●カンボジアの発電所に残る深い懺悔の念 (090721)
●ネパールの水力はヤダブ大統領主導か (090720)
●フィリッピンの国産資源開発に膨大な資金 (090718)
●中国訪問のチュウ長官が気候変動で協議 (090717)
●インドの原子力開発とクリントン国務長官 (090715)
●インドネシアの電源開発状況とLNGなど (090714)
●パキスタンの電力不足に財界が反発 (090713)
●ベトナムのEVNの能力に国民の疑問符 (090712)
●インドの石炭への依存はまだ続く (090708)
●ミャンマーのアラカンで水力建設進む (090707)
●ブータンの水力10,000MWを2020年までに (090705)
●インドのシッキムの510MWティースタ第5水力が竣工式 (090703)
●ラオスの電源開発とメコン本流ダム (090702)
●スリランカの石炭火力が順調に推移 (090701)

●フィリッピンのルソンの電力需給は2015年までOK (090630)
●マレーシアは原子力開発で優位にあると (090628)
●タイはミャンマーの新規ガスの生産延期交渉 (090626)
●インドの原子力ボスがトリウム炉発言 (090625)
●ミャンマーの水力をバングラデシュ輸入の計画 (090624)
●インドネシアは原油ガスの国内需要確保に (090623)
●フィリッピンのビサヤス系統の将来電源 (090622)
●ベトナムのガスにシェブロンが40億ドル (090621)
●ベトナムで年末までに1,100MWが系統へ (090619)
●パキスタンの水問題など中国が支援へ (090618)
●メコンデルタの問題でベトナムから (090617)
●インドの北辺水力開発で環境保護の声 (090616)
●フィリッピンなどのLNGプロジェクトが原油高で活気 (090614)
●中国の金沙江水力開発で環境部が中止命令 (090612)
●中国はクリーンエネルギー経済へ舵を切った (090611)
●バングラデシュを救うのはガス探査とブータン水力 (090610)
●カンボジアのセサンでベトナムが水力開発 (090609)
●パキスタンはインド水問題で原爆を示唆 (090608)
●ネパールの政治混乱とインド企業の動き (090607)
●ベトナムの電力規制改革の乱れが問題 (090606)
●ミャンマーのガスと水力で中国が内戦懸念 (090605)
●パキスタンへの対応を誤った米国 (090603)
●メコン河委員会が本流ダム開発に介入 (090601)

●インドの新内閣の課題は電力改革と地方電化 (090531)
●メコン河電力サミットで本流開発議題に (090529)
●インドネシアの原油生産落ちで焦り (090528)
●中国は再び石炭生産の過重の兆し (090527)
●フィリッピンは再生可能エネルギー倍増を期待 (090526)
●インドの原子力でGE日立がL&Tと協力 (090525)
●中国のエネルギー政策に転換の兆し (090524)
●インドネシアの第2次電源開発は地熱重点 (090523)
●タイの国家石油の海外での活躍 (090522)
●フィリッピンの電気料金との戦い (090521)
●中国の黄河上流で最大の水力運転開始 (090520)
●インドとパキスタンの関係に重大関心 (090518)
●ラオスの水力など再び動く気配 (090517)
●フィリッピンの主要石炭火力がIPPA入札へ (090515)
●中国の水力開発のCDMにEUが異論 (090514)
●フィリッピンのアンガット水力買収劇始まる (090512)
●ベトナムの水力民間投資に政府保証 (090511)
●パキスタンはインドの姿勢に極めて不満 (090510)
●ネパール政変に脅えるインド企業 (090508)
●インドに迫り来る夏の電力不足 (090507)
●中国が新疆自治区でエネルギー開発強化 (090506)
●ネパールのマオイスト政権が倒れる (090504)
●フィリッピンも原子力発電を決断 (090502)
●日本政府がパキスタンの電力支援へ (090501)

●インドのリライアンスはイランをとるか米国をとるか (090430)
●中国の超高圧送電網UHVに注目集まる (090429)
●メコン流域開発で保健影響評価HIA導入提案 (090428)
●フィリッピンのマランパヤガス資源で料金問題 (090427)
●インドの4,000MWのササン火力が資金調達完了 (090424)
●中国の姜楡報道官の記者会見とスリランカ (090423)
●中国が長江に更に20のダムを計画 (090422)
●ネパール支援増大で中国がチベットなど条件 (090420)
●ベトナム北部での水力開発が続く (090418)
●インドの水力は技術者不足で遅れ (090416)
●パキスタンのダムへの支援を日本政府拒否 (090415)
●フィリッピンでノルウエーがアンガット水力を買収視野に (090414)
●パキスタンを中国の水力調査団が訪問 (090413)
●フィリッピンの資産売却はIPP水力へ波及 (090412)
●ミャンマー東部シャン州に不穏 (090411)
●インドのKGガスを電力へ配分を承認 (090409)
●中国の水力発電は2020年に3億KWへ (090408)
●インドネシアのPLNがIPP売電単価設定へ (090407)
●フィリッピンの電気料金のせめぎ合い (090406)
●インドの東部海域で更に天然ガスの発見 (090405)
●ミャンマーのアラカン州で水力着工 (090404)
●ラオスのメコン本流コーン滝開発と漁業 (090403)
●インドのリライアンスがKG流域ガスの生産開始 (090402)
●ミャンマーの北辺水力に中国が着手 (090401)

●カンボジアが2016年には電力輸出と (090331)
●インドのKG流域のガス生産開始へ (090330)
●インドのヒマチャルで775MWのルーリ水力着工へ (090329)
●知的送電網には情報安全対策が不可欠 (090328)
●本流ダム開発で母なるメコンは失われつつある (090327)
●ブータンで10水力10,000MW開発へ (090326)
●パキスタンとインドがインダス河で水論争 (090325)
●インドと米国の協力は原子力から太陽光 (090324)
●ミャンマーは35のダムプロジェクトを推進中 (090323)
●インドの東北地域の水力は中国分水に懸念 (093022)

●電気自動車は汚れた電力を使うのか (090321)
●インドを初めLNG価格下落の恩恵 (090320)
●インドネシアのLNGで日本が余剰船を欧州へ (090319)
●インドネシアの第2次の石炭火力の火力入札間近 (090317)
●インドの天然ガスにシーチェンジ (090316)
●米国エネルギー長官は石炭を捨てない (090315)
●中国が景気刺激で水力と風力で2,000MW開発 (090313)
●ネパールとドイツの水力開発協力 (090312)
●知的送電網でオバマ政権に呼応してソフト企業が動 (090311)
●カンボジアの小水力開発に思う (090310)
●インドの大規模石炭火力の資金の状況 (090309)
●スリランカの電力は水力と火力に転機 (090307)
●ベトナムの住民移住で国会が活躍 (090306)
●南アジアのエネルギー協力への道 (090305)
●ベトナムのオモンなどのガス火力開発 (090304)
●インドとネパールの国境で6,000MW水力が動き (090303)
●パキスタンが東京会議を控え51ダムの提案 (090302)
●フィリッピンの小水力開発に火がついた (090301)

●中国の2030年はグリーン経済を達成と (090228)
●フィリッピンの電力需要は下方修正か (090227)
●米国エネルギー長官が揚水発電開発主唱 (090226)
●インドネシア問題など中国資金の政策に異変が (090225)
●パキスタンのザルダリ大統領の孤独な中国訪問 (090224)
●中国の送電網先進技術が海外進出を狙う (090223)
●パキスタンのニールムジェルム水力着工 (090222)
●インドネシアの電源早期着工計画が資金難 (090221)
●ベトナムの電源開発の遅れはなぜ (090220)
●ネパールとインドが今後の開発計画で協議 (090219)
●ネパールのアッパータマコシ水力を456MWに (090218)
●インドネシアと日本のLNG契約減 (090217)
●ADBがブータンのダガチュ水力支援 (090215)
●>ベトナムのソンラ水力のダムに亀裂 (090214)
●インドネシアの中国ローンで利上げ要求 (090213)
●カンボジアで中国のダム着工 (090212)
●インドネシアのエネルギーに変革のとき (090211)
●インドのカシミールのダムに反対論 (090210)
●フィリッピンの石炭探査が始まるか (090209)
●ベトナムのソンラ水力の移住難航 (090208)
●中国は温暖化対策で先進国の義務強調 (090207)
●インドの副大統領がミャンマーへ (090206)
●中国の電力設備は792,000MW (090205)
●ミャンマーのアラカン州に鉄道建設 (090204)
●ラオスのナムグム第2水力順調に推移 (090203)
●インドの小水力包蔵は15,000MW (090202)
●再生可能エネルギーの前提はベース原子力 (090201)

●インドの石炭火力は燃料不足に (090131)
●インド北辺でのインド企業の奮戦 (090130)
●ミャンマー首相がアラカンを視察 (090129)
●フィリッピンのバターン原発再稼働問題 (090128)
●ネパールの水力開発との戦い (090127)
●フィリッピンの電力改革に黄色信号 (090126)
●中国雲南のダムが景気刺激策で動く (090125)
●インドネシアのガス供給は国内優先 (090124)
●インドネシアのLNGに三菱160億ドル (090123)
●オバマ大統領の手から水が漏れた (090122)
●インドの北辺水力開発は人類最後の戦い (090120)
●パキスタンのロワリ隧道完成へ (090119)
●ベトナムが再生可能エネルギーに悩む (090118)
●中国国家送電網の内外での大活躍 (090117)
●フィリッピンの送電譲渡で電源はどうなる (090116)
●ミャンマーのアラカンに500MWダム (090115)
●インドネシアのガス田でエクソンと紛争 (090114)
●ネパールは中国の投資を歓迎 (090113)
●フィリッピンのセブに200MW石炭火力 (090112)
●インドのAP州に縦貫ハイウエーの計画 (090111)
●フィリッピンが中国のODA見直し (090110)
●パキスタンは2016年までに25,270MW (090109)
●インドの海岸の火力は輸入炭30% (090108)
●フィリッピンのエネルギー長官が回顧 (090107)
●インドネシアで新規電源が年内に (090106)
●ネパールの停電対策に新たな提言 (090104)
●パキスタンとイランの協力強化 (090103)
●カンボジアは中国企業に補償の義務 (090102)
●カンボジアの電気料金高止まりは続く (090101)

●インドのマハラシュトラの電源 (081231)
●インドネシアの原子力に不安 (081230)
●中国のエネルギー安全保障 (081229)
●中国の金沙江の開発進む (081228)
●インドがカシミールで水力推進決意 (081227)
●インド国家電網に世界銀行ローン (081226)
●インドのアルナチャルプラデシュの開発機運 (081225)
●中国2千キロの80万ボルト直流送電 (081224)
●中国がインドネシアのエネルギーに31億ドル (081223)
●インドのガスとLNGを巡る情勢 (081222)
●パキスタンの水力便益地元還元 (081221)
●フィリッピンの電気料金は民営化で下がるか (081220)
●インド北辺水力開発に変わった兆し (081219)
●フィリッピンの再生可能で産業界が沸き立つ (081218)
●フィリッピンが再生可能400万KW開発へ (081217)
●米国の知的送電網開発の気運 (081216)
●メコン委員会も気候変動戦争に参戦 (081215)
●インドが省エネ取引市場を計画 (081214)
●インダスのニールム川に火花散る (081213)
●中国の地方政府の開発志向は止まらない (081212)
●NGOが世界銀行は温暖化の元凶と (081211)
●原油価格下降の現状とこれからの動き (081210)
●中国の経済外交が国内巨大需要へ急旋回 (081209)
●パキスタンのバシャダムの資金不足 (081208)
●フィリッピンの送電網は中国へ (081207)
●インドの電力が最高警戒レベル (081206)
●パキスタンがインドへ水補償要求 (081205)
●メコン事務局長が投稿立場説明 (081204)
●ベトナムの電力改革迷走か (081203)
●比のロペスが国産資源開発へシフト (081202)
●インド北部の水力二つ前進へ (081201)

●マニラのプール市場に混乱 (081130)
●タイEGATの海外進出への飛躍 (081129)
●世銀の大規模インフラに批判の声 (081128)
●フィリッピンの再生可能エネルギー再び (081127)
●ミャンマーのラシオへの思い (081126)
●インドのパイプラインへの挑戦 (081125)
●パキスタンの水問題深刻 (081124)
●ベトナムの開発に何か変化が (081123)
●インドネシアの石炭探査投資を (081122)
●中国雲南省がコルカタへ調査団 (081119)
●パキスタンのダムになお異論 (081118)
●ミャンマーは更にダム開発加速 (081117)
●インド北東地域の送電線計画 (081116)
●メコン洪水で再び中国ダム論争 (081115)
●金融危機とインドの電源開発 (081114)
●カンボジアのNGO天国終焉 (081113)
●インドの電力プール市場 (081111)
●フィリッピンのマイクロ水力 (081109)
●カンボジアの多彩な水力開発 (081108)
●IEAが原油動向で報告書 (081107)
●インドの大規模火力に資金難 (081106)
●中国の石炭に下降傾向 (081105)
●タイ首相ナムグムの水を東北タイへ (081104)
●タイの原子力地点決定は2009年末 (081103)
●イランのパイプラインとインドの優柔不断 (081102)
●ミャンマーでの中国のプレゼンス (081101)

●ベトナム油田へのロシアの参入 (081031)
マニラ配電の先行き見通し (081030)
カンボジアなどへの中国の進出 (081029)
中国の水力開発規模は世界一 (081028
インドネシアの 電気料金上げ (081027)
中国企業がアザドカシミールにダム投資 (081026)
中国広西とベトナムを結ぶ線 (081025)
丸紅のフィリッピンへの取り組み (081024)
インドネシアと中国のLNG契約 (081023)
ラオスの水力で住民補償が再燃 (081022)
世界で50カ国以上が原子力発電を計画 (081021)
世界金融情勢の変化の影響 (081020)
インドとパキスタン対立の悪夢 (081019)
パキスタン大統領の北京挑戦 (081018)
インド北辺水力開発に反旗 (081017)
米国がインドへ原子力通商使節団 (081016)
フィリッピンの天然ガスと電気料金 (081015)
フィリッピンの長期エネルギー計画 (081014)
インドの大規模石炭火力計画 (081013)
ミャンマーの水力への外国投資 (081012)
ダム建設を巡るカシミール問題 (081011)
フィリッピンの国産エネルギーへの拘り (081010)
バングラデシュとミャンマーの関係 (081009)
バングラデシュのエネルギー長期見通し (081008)
中国政府のチベット開発政策 (081007)
●ADBが初めてベトナム水力支援 (081006)
●知的送電線ネットワークの発想へ (081005)

中国とインドのエネルギー問題 (081004)
インドの原子力開発加速へ (081003)
アジア大陸の水源はチベット高原 (081002)
インドの配電組織改革 (081001)

フィリッピンの再生可能エネへの取組 (080930)
インドの地球温暖化との戦い (080929)
サルウイーン河のダム開発 (080927)
メコン流域会議開催と中国 (080926)
インド,25年までに6千万KW水力開発 (080925)

元に戻る


アジアのエネルギー最前線 地図


大きな地図で見る

元に戻る


World Mining Map (click image)


ウエブ全体検索

カスタム検紛"

本サイト内検索

カスタム検紛"

メールマガジン配信ご希望の方は下記いずれかより申し込んで下さい,無料です。

【日刊 アジアのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000226907.html 304
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/12995.html 295
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/8660/p/1/ 262
http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=010578 49
http://www.melma.com/backnumber_167974/ 156

読者数 直接メール 245 延べ 1,311人

元へ戻る


[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。

プレスブログ


海外出張直前重要サイト
通貨換算||時差||電話コード||フライト一覧||ホテル予約||各地気象||世界天気予報|| 海外安全情報|| 海外用品|海外医療||海外出張支援|| 海外赴任ナビ|| 成田へ|| 羽田へ|| 関空へ|| 伊丹へ|| ロンリプラネット|

| 鈴木篁氏] | Livedoor | |@nifty| | Gmail | |Bangkok Post| |Manila Bulletin| |Jakarta Post| |Economic Times| |時事通信| |ZAKZAK|

○https://www.blogger.com/start?hl=ja ○http://www.google.com/intl/en/press/intl-zeitgeist.html ○http://translate.google.com/translate_t?hl=ja# ○http://maps.google.com/maps?hl=ja&tab=wl 城km z http://news.google.com/news?hl=ja&sa=N&tab=ln&q= ○https://www.google.com/adsense/login3 ○http://mail.google.com/mail/#inboxhttp://www.google.com/ig?hl=jahttps://www.google.com/webmasters/tools/docs/ja/about.htmlhttps://www.google.com/webmasters/tools/summary?siteUrl=http%3A%2F%2Fmy.reset.jp%2F%7Eadachihayao%2F&hl=ja





by CyberBuzz


**************
Current crude oil price (return to top)


If efficiency 40%, unit price per KWh = 10.4 cents


**************
Coal price (return to top)
(by infomine,please click picture zone)


If efficiency 40%, unit price per KWh = 1.73 cents


**************
Natural gas price (return to top)
(by USEIA,please click picture zone)



If efficiency 40%, unit price per KWh = 3.07 cents


**************
Vientiane river water level (return to top)
(by MRC,please click picture zone)


| HOME | |サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | | プロジェクト位置図 |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| |週刊 アフリカのエネルギー最前線 | | 週刊 中央アジアのエネルギー最前線 | | オバマのエネルギー |
|週刊 中南米のエネルギー最前線| | 週刊 再生可能エネルギー最前線 | | 週刊 中東のエネルギー最前線 | | 世界の地球温暖化最前線 |

お問い合わせまたはご意見は下記メールアドレスへ
PGA02435@nifty.com

元へ戻る