2010年4月1日更新
[ HOME ] | サイトマップ |


2011年2月 2011年1月 2010年12月 2010年11月2010年10月2010年9月2010年8月2010年7月2010年6月 2010年5月 2010年4月2010年3月2010年2月2020年1月2009年12月2009年11月2009年10月2009年9月 2009年8月 2009年7月 200年6月 2009年5月 2009年4月 2009年3月 2009年2月 2009年1月 2008年12月 2008年11月 2008年10月 2008年9月 2008年8月 2008年7月 2008年6月 2008年5月 2008年4月 2008年3月 2008年2月 2008年1月 2007年12月分2007年11月分2007年10月分



2011年4月1日 ー 明日原発を止めたら何を失うのか ー


☆ サルコジ大統領,「今回の福島の事故は、地震の揺れに発電所は耐えた

昨日は大阪の電気倶楽部で,久しぶりに旧友や先輩と昼食を共にした。私の提案,東北の沿岸に高さ30mのダムを造って,発電しながら,500年後の子孫の津波被害を防ぐ,と言う案は,直ちに否決されたけれども,やはり福島原発,地震直後に,沸騰水型の燃焼制止の動作が,全機に亘って正常に行われたことへの共通の理解で,M9.0の近傍の大規模地震に兎に角運転停止した,と言うことは,もう少し評価する要がある

原発で70%を供給しているフランスのサルコジ大統領は、「今回の福島の事故は、地震の揺れに発電所は耐えた。原子力施設の不備が原因で起きた事故ではなく、津波が原因の事故だった。原子力に代わるエネルギーはない。明日原発を止めたら、何を失うのか考えて欲しい、CO2を出さないためには原子力の開発推進、安全を高めていくしかない」と、世界第2位の原子力大国として、原発の必要性を強く訴えた。

勿論今回は,残念ながら最悪の事態を招いてしまった責任は逃れられるものではないが,そのために原子力の全否定に繋がることへの声は,そろそろ出始めている。事実,女川原発と福島第2原発は,正常に運転停止し,設計通りのプロセスを踏んだ。福島第1の深刻な事故の前では,この事実は忘れられているが,次にどうするのか,と言う段階では,もう一度,女川原発と福島第2原発の正常な機能を記憶しておきたい。


☆ バンコクポスト,災害にあった日本の中小企業が今年前半にもタイに工場移転

タイの産業界は今回震災に遭遇した東北の19万に達する中小企業,特に自動車部品,電子部品の企業が,今年前半にもタイに移住して生産を再開すべく準備を進めている。少なくとも30%の企業が海外移転し,全体の15%がタイをその対象にしている,とバンコクポストが報じている。タイの産業界と密接な関係にある日系企業の幹部達が,タイの実業家達と交わしている会話である。

米国やフランスの専門家が日本入り,まだ目処がつかない事故現場だが,廃炉と決断しても,なお残る廃炉処理の難しさが浮き彫りにされてきている。私は十数年,と言っていたが,25年ぐらいは完全鎮火までに時間が必要,と報じているところもある。現在の30km避難の範囲は,今後広がるのかどうか分からないが,やはり米国の言う80km圏内避難,は,一応覚悟しておく必要があろう,時間も十数年の覚悟で。

津波にやられた地域も含め,19万の中小企業が移転を迫られている,と言われている,しかも今や日本の基幹産業の分野,自動車部品,電子部品である。タイは大いに期待しているが,当面は国内,特に関西方面への移転の動きは,早々に出てくるだろう。産業機能の移転もさることながら,東風の風下に当たる関東も,警戒圏内なのだろう,首都機能移転,と言う声は,必至であろう。

在日米大使館は大震災を受け、オバマ米大統領が天皇陛下にお見舞いの親書を送ったことを明らかに。親書は3月24日付。大統領は日本の被災者らに対し「深い同情の念」を示すとともに、危機に際して日本国民が見せている「勇気,強さ,決意」を称賛,と報じている。終戦時を思い出すけれども,両陛下の避難所訪問のシーンを見ながら,苦難の時に日本人の心を休めるのは,皇室か,と思う。京都への遷宮も有り得るか。


☆ 地下水も基準の1万倍 原発、汚染拡大を裏付け

地下原発,声はあったけれども,殆ど検討されなかった,決め手は汚染地下水の処理だっら。今回,地下水で放射性物質が確認されたのは初めて。汚染の拡大があらためて裏付けられた。東電は、汚染された地下水がくみ上げられて側溝を通じて海に流れ込んだ可能性は低いとみているが、「(地下経由で)海に流出した可能性は否定できない」とした。もう少し,地下原発というものの可能性を,この際,学習してみたい。


☆ 参考資料

●110401A Thailand, Bangkok Post
災害にあった日本の中小企業が今年前半にもタイに工場移転
Japanese relocation drive expected to begin soon
http://bit.ly/fYWr1e
Japanese relocation drive gaining momentum, say industriesMany tsunami-affected small and medium-sized companies http://bit.ly/fYWr1e
Japanese relocation drive gaining momentum, say industriesMany tsunami-affected small and medium-sized companies in Japan are preparing to move their production to Thailand, with some manufacturing relocations expected in the first half of this year, say industry leaders.,Viroj Sirithanasart, president of the Thai Tool and Die Industry Association,30% of die manufacturers,die manufacturer,automotive and electrical appliance industries,10-15% of those Japanese companies were likely to relocate to Thailand,190,000 SMEs in Miyagi, Iwate and Fukushima prefectures,Takao Hayashi, director of the SME Promotion Department of the Japan External Trade Organisation (Jetro) in Bangkok,Chanin Khaochan, director of the Board of Investment's Unit for Industrial Linkage Development (Build),BoI

タイの産業界は今回震災に遭遇した東北の19万に達する中小企業,特に自動車部品,電子部品の企業が,今年前半にもタイに移住して生産を再開すべく準備を進めている。少なくとも30%の企業が海外移転し,全体の15%がタイをその対象にしている http://bit.ly/fYWr1e


○110401 地下水も基準の1万倍 原発、汚染拡大を裏付け
http://bit.ly/hLuuGY
地下水で放射性物質が確認されたのは初めて。汚染の拡大があらためて裏付けられた。東電は、汚染された地下水がくみ上げられて側溝を通じて海に流れ込んだ可能性は低いとみているが、「(地下経由で)海に流出した可能性は否定できない」とした。http://bit.ly/hLuuGY

○110401 米大統領が天皇陛下に親書
http://nifty.jp/htWnho
在日米大使館は大震災を受け、オバマ米大統領が天皇陛下にお見舞いの親書を送ったことを明らかに。親書は3月24日付。大統領は日本の被災者らに対し「深い同情の念」を示すとともに、危機に際して日本国民が見せている「勇気、強さ、決意」を称賛 http://nifty.jp/htWnho

○110401 明日原発を止めたら、何を失うのか
http://bit.ly/gShYHF
サルコジ大統領は、「今回の福島の事故は、地震の揺れに発電所は耐えた。原子力施設の不備が原因で起きた事故ではなく、津波が原因の事故だった。原子力に代わるエネルギーはない。明日原発を止めたら、何を失うのか考えて欲しい、原子力の安全を高めて http://bit.ly/gShYHF


2011年3月30日 ー いつまで福島原発と付き合うか ー


☆ 汚染水が新たな問題を投げかけている,原子炉に返して循環システムを構築できないのか

いつまでも福島原発と付き合っておれない,寝たきり原発はその鎮火に十数年はかかるであろうから,生き残った日本人は新しい社会経済体制に向かって走り出そう,と提案した。現場の東京電力関連の人々への同情と励ましは,私のところまでも集まってきている。今後の十数年,どこまでを危険区域とするか,よく考えなければならないが,100kmとすると,僅かに日本海沿岸にも安全ベルトが確保できる規模だ。

汚染地域の特定に重要な要素である汚染水の拡散は,今,当事者の間で話し合われている。玉突きで湛水箇所を送って行く案,これは納得できないですね。タンカーに貯めると言っているけれど,これから何年もかかるというのに,タンカーが何隻あればよいのですか。床に堪った汚染水は,原子炉に返してやらないと,汚染水はどんどん増え続ける。外部からの注水を止めて,汚染水の循環で炉を冷却する必要があるのではないか。

先ほどのニュースでは,この汚染水の処理にタンカーを使うことと,原子炉全体にカバーをかぶせる方法が検討されているという。汚染水は冷却のためどんどん増え続けるので,どうしようもない,汚染水は循環させるべき,また何かで原子炉を覆う,と言う方法は,事故直後に,中学生の私の孫が提案していた,「僕が言ったでしょう」,と口を尖らせていた。


☆ 帰国しましたら,新しい首都でお会いしましょう

アフリカの小国でODAと格闘している若い友人からもメールを貰った。日本から遠く離れたアフリカの山の中だが,「日本での惨事とその後の経緯をネットでフォローし,応援してまいりましたが,日々後ろ向きににならざるをえない状況と報道に気持ちも急下降,日本とは違った形で,在外にいる日本人はある種の無力感にじわじわと苛まれるようで、やはり、皆、元気がありません。」,と。

やはり私の考えたように,ODAや海外進出は,日本の国内の社会経済が安定していなければ出来ないものだ,と言うことを,彼も遠くアフリカから伝えてくれている。私もアフリカの山岳地帯で水道のプロジェクトに従事したことがあるが,アフリカで日本の大きな災害を聞く仲間達の心境は。いかばかりか,と思いを走らせる。

「そのような日々の中,本日の足立さんの日刊を拝見し,ようやく私も元気になって参りました。気持ちを入れ替えて,また、気合を入れ直して働き始めます。」,と伝えてくれた。福島100km圏外で考えると,首都機能を関西に移した方がよいのではないか,と書いたら,彼は,「帰国しましたら,新しい首都でお会いしましょう」,と約束してくれた。また他の人は,首都移転に賛同して,まず天皇陛下に京都に移って頂いたら,と言っていた。


☆ 日本列島のLNGのパイプラインを通せ

友人のある専門家は,暫く原発建設が出来ないかも知れない,との前提で,日本列島の背骨にLNGのパイプラインを通せ,と言っている。LNGでなくて天然ガスのパイプラインだと思うが,電気を原発だけに頼らず,LNGとの2本立てとするのが良く,サハリンのLNGをパイプラインで宗谷海峡を渡り、九州まで日本を縦断するようにしては如何でしょうか。」,パイプラインも結構災害は多いが,放射能よりは増し,と言うことか。


☆ 東京電力の現場への応援歌が多数

東京電力の現場への同情論が,堰を切ったように増えてきた。テレビのせいもあるが,余りにも長引く原発処理で,現場の人たちへの懸念は,国民にも共有されてきているようだ。ODAを題材に多数の作品を発表している中堅女流作家,松村美香女史は,「東電に対して批判ばかりじゃあんまりなので、私は私なりに弱小ブログで東電を応援しています。そろそろ長期戦にシフトしてほしいと提案しています。」,と女性らしい配慮を展開している

勝手な抜粋で申し訳ないが,「私たちは、途上国に送り込まれるとき,後方支援がない状態を「インパール作戦」と呼ぶ。「それ行け」と号令だけかけられ、精神論だけで食べるものも寝る場所もなく送り込まれ、玉砕した悪名高き作戦である。長期戦は気持ちだけでは戦えない。ロジスティックスが重要なのである。」,「即座に足らねばならないこと」,として以下のように述べている。

「専門技術ごとの動員可能な人員をリストアップする。どの程度の戦力があるのかをきっちり把握しよう。放射線量を考慮したシフトで何日かごとに交代するフォーメーションを組む。せめて寝袋。できればマットレスを至急送り込む。施設内の換気ができず、調理ができないのであれば、仕出し弁当を契約して、安全なところで調理したモノを送り込む体勢を整える。長靴さえ履かずに作業するなんて、信じられなくて目を丸くしました。」

ここまで書いて手厚い便宜を要請している人が外部にいるのか,と思うと,東京電力の方も,勇気百倍することでしょう。私は3月11日の段階で津波でメルトダウンするのか,と書いてから,東京電力に批判的な書きぶりをして来たので,「東京電力の現場の人々を応援してくれ」,と言う第3者のメールを沢山受け取ったことを,東電の方々へお伝えしておきたい。しかし,この要介護原発との戦いは,長くなるだろう。


☆ 東京電力はフランスへ支援を要請,「ロボットは試すことなく拒否」

東京電力はフランス電力公社(EDF)、アレバ、仏原子力庁(CEA)に支援を求めたという。「1週間ほど前、今回の支援で送られる予定のロボットの貸し出しを申し出たのに、日本は現場でロボットを試すこともなく、特に有用でないという理由で断った」,としている。しかし,私はこの報道を見て,東京電力は,遂に自力回復の見込みがない,と悟ったと理解した。

今一生懸命やっている排水作業や冷却水注入作業は,確固たる信念と段取りで進めていると思っていたが,東京電力は遂に万策尽きた,と言うことだろう。だから,長期戦覚悟は,東京電力のみならず,我々国民も覚悟を強いられたことになる。圧力容器が爆発,とシナリオが最悪だが,殆どの圧力容器は既に大気圧と同じぐらいだから破れている,だから逆に爆発の危険はない,しかし水は抜けて行くので,水をかけ続ける必要がある。

その作業は半永久的,燃料棒が完全鎮火するまで続ける,その先は10年以上を見ておかなければならないだろう。だから,早く鎮火しろ,と国民全部が原子炉の回りに集まって,じっと見ている状態から,まず,自分たちを解放しよう,そうしないと,自分たち自身の仕事が出来ないし,それは日本経済をますます混迷の中に陥らせる。汚染圏外をはっきり推定して,その外で日本経済を再構築して行こう。

東京電力がフランスに支援を要請したことで,米国との関係がどうなっているのか,懸念されるところだが,米国には技術的に余りにも多岐に亘って,正式に要請すべきところがよく見えなかったのかと思う。米軍の支援,と言う人もいるが,米軍は特殊な原子炉であり,また米本国の原子炉は民間である。国家管理に近い方式のフランスだが,東京電力には,ベトナムのフーミー以来の親近感があったのではないか。


☆ 参考資料

○110330 福島原発、専門家ら「3つの懸念」 燃料棒激しく損傷
http://s.nikkei.com/dIAgdN
福島原発、専門家ら「3つの懸念」 燃料棒激しく損傷,1号機「空だきに近い状態」,2号機、圧力容器もなお不安定,3号機含め汚染水除去は難航,「汚染水を人工池や使わなくなったタンカーで処理したり、米軍の力を借りたりすることもありうる http://s.nikkei.com/dIAgdN

○110330 ワタシがマモル…比看護師「お年寄りがいる限り残る」
http://bit.ly/iiC8G2
ワタシがマモル…比看護師「お年寄りがいる限り残る」,死者12人が出た福島県白河市にある特別養護老人ホーム「小峰苑」では、4人のフィリピン人介護士候補が「お年寄りを見捨てて去れない」と働き続ける。http://bit.ly/iiC8G2

○110330 原発処理なぜ米軍に頼まないのか
http://bit.ly/fkxUJ4
原発処理なぜ米軍に頼まないのか,米政府は、今回の原発事故を重く見て、駐米日本大使館などを通じて、「事実をすべて話してくれ」「事態収拾に全面協力する」と何度も伝えたが、日本政府はこれをほぼ無視したとされる。http://bit.ly/fkxUJ4

○110330 東電が仏に支援要請「ロボットは試すことなく拒否」
http://bit.ly/h6Q8iG
東京電力はフランス電力公社(EDF)、アレバ、仏原子力庁(CEA)に支援を求めたという。「1週間ほど前、今回の支援で送られる予定のロボットの貸し出しを申し出たのに、日本は現場でロボットを試すこともなく、特に有用でないという理由で断った」http://bit.ly/h6Q8iG

○110330 原発事故受け米で公聴会、議員から事故防止策を問う声
http://bit.ly/hmqlpl
原発事故受け米で公聴会,議員から事故防止策を問う声,回復の初期段階にあるとの認識を示した。ただ「この段階では原子炉とプールの長期的冷却が不可欠だが、わたしが把握している限り、これまでのところそれが十分回復していない」とも指摘。http://bit.ly/hmqlpl


2011年3月28日 ー 貞観,室町,平成の東北津波 ー


☆ 東北の子孫にどの様に伝え,今の世代が後世の子孫に何をして上げられるか

東電の武藤副社長は,3月25日の記者会見で,「連動地震による津波は想定していなかった」,「(貞観地震に対する見解が)定まっていなかった」,と釈明した,と報じられている。今となれば,このように説明するしか手だてはないが,経済産業省では,この平安時代,869年の1,000人の犠牲者を出した大津波と,14世紀の室町時代にも,大規模な津波が東北地方を襲った可能性が論じられている。

例えば,室町時代の津波を見ていた人々は,600年後の自分たちの子孫が,犠牲者2万人を超すような悲劇的な災害に見舞われると知っていたなら,当時のことでインフラ建設は出来なかったとしても,家族共々,野を越え,山を越え,もっと安全な地域へ移動していただろう。恐らく何家族かは実際に移住していたに違いない。この室町時代の人々を,今自分達に置き換えてみよう。

自分の血を分けた子孫が,今度のような大津波に巻き込まれ,両親の名を呼びながら,小学生や幼児が,津波の上で必死に叫ぶ姿を想像してみて欲しい。我々は今,14世紀に生きているのではない,21世紀に生きている。少なくとも14世紀の我々の祖先よりは,後世の自分の家族のために,今自分たちがして上げられることは,沢山あるに違いない。それは,移住かも知れないし,もっと大きな防波堤かも知れない。

今回の地震で,福島一の原子力発電所が致命的な打撃を受け,国内世論は,これからの電源に再び原子力を建設することを拒否する,との見方が浮かび上がってきている。東京電力の計画停電は,被災地のみならず,関東を含んだ広い地域で実施されている。東京電力は,冬までには10GWを増設する,としているが,今夏の電力事情を思うと,この酷暑を乗り切るには,相当な覚悟が必要だ。

福島原発が被害を受けたとき,東京株式市場では,ハザマの株が高騰した。原子力に変わって水力を造る案がある,と考えたのだろう。しかし残念ながら,日本の残された包蔵水力で,原子力を代替することは,量的に全く不可能である。しかし私は,遠く東北の津波の惨状を見ながら,被害者の方々が,再びその地で生活しようとするときに,何らかの別の発想するだろう,少なくとも500年後の子孫に同じような惨状を味合わせたくない。

朝からじっと地形図を眺めていたが,私は大きな河口を中心に,巨大な高さ30mの堤防を建設することを提案する。それは,もう2度と自分達の子孫に残酷な思いをさせたくないと言うこと,荒野と化した津波の被害地に新しい町を造ることは大変な努力を要すること,そうして何よりも,原発で失われたエネルギー源として,幾分かでも,この東北地方を取り巻く高さ30mのダムで貯水池を造り,その湛水漁業と水力発電で生きる。


☆ 参考資料

○110329 大津波による「原発震災」は「想定できない」ものではなかった
http://bit.ly/gZmO0f
大津波による「原発震災」は「想定できない」ものではなかった,「貞観(じょうがん)地震」での津波を例に、経済産業省の審議会で危険性が指摘されていたのに、東電側が対策を怠っていたというのです。これについて、記事は次のように書いています。http://bit.ly/gZmO0f

○110329 「日本製部品がないと競争に勝てない」震災ショックは中国メーカーを直撃―中国紙
http://bit.ly/gPkQfw
「日本製部品がないと競争に勝てない」震災ショックは中国メーカーを直撃,半導体、チップ、ガラス基板など電子機器製品の中枢を担う部品は、中国メーカーでも多くを日本に依存していた。中国企業は欧米系、韓国系の企業との競争で不利に立たされると分析 http://bit.ly/gPkQfw

○110329 福島第1原発事故、終息には程遠い状況=IAEA事務局長
http://bit.ly/gDU8zr
IAEA事務局長,福島第1原発事故,終息には程遠い状況,福島第1原発の原子炉の炉心と使用済み核燃料棒が冷却のための水に浸っているかどうか、当局がまだ確認できていないと述べた。冷却用プールにある使用済み核燃料棒の状況を最大の懸念要因に挙げ http://bit.ly/gDU8zr


2011年3月25日 ー フィリッピンが南沙補当付近で探査開始 ー


☆ 海江田経産相,失敗で被曝と

この前の車免許証更新で視力が大問題,もう駄目かと思っていたら,婦警さんが優しく,「はい,終わりましたよ」,と言われて,すぐに眼科医に電話して手術の予約を取り消した,後3年は大丈夫と言うこと。これも皆さんにこのメルマガを提供するための奮闘の結果なのだが,実はもっと困るのはゴルフのボールが見えないこと。特に練習場では,音はすれどもボールは見えず,これがどれほど面白くない行為か,分かって頂けるか。

練習場の向きにもよるのだろうが,午前中に練習すると非常によく見える,だから午前中早い時間か,夜,照明が点灯するとよく見える。夜はお酒を飲むと運転できないし,本当は午前中に練習したいが,このメルマガ作製を優先したい,でも最近は少しスピリット喪失,日本の国内のボーンヘッドに近い失敗で,被曝したり,ポンプが動かなかったり,で,東南アジアの危機的な国と同じレベルになってしまって,戦意喪失。

現場を視察したロシアの原子力専門家が,日本は会議ばかりやっていて,少しも現場の仕事が進まない,10日間も現場に最優先であるべき電源が来ないなど常識では考えられない,ロシアであればまず地上にケーブルをおいて発電機を持ち込み,その日の数時間後には電力が生きていただろう,日本は誰に聞いても責任をとろうとしない,副大臣以下で,ものごとを決定出来る人は日本にいない,と散々言われてしまった。

我々の海外活動の基礎は,日本の技術的優秀さを右手に,豊富な資金を左手にして活動してきたわけだが,パキスタンやネパール並みの計画停電を首都東京で実施しながら,どうしてパキスタンで指導的な業務が行えるか,今朝の新聞には,円借款停止,と書かれている。この状態ではアジアの皆さんが日本に従ってくれるわけがない。それもこれも,ただ一点,防波堤が僅かに低かっただけの話で,失敗はそれだけなのだ。

防波堤が僅かに低かったことがボーンヘッドなのかどうか,これから大いに議論が展開されると思う,それは天災の定義に結びつく原子力賠償法との関連である。しかし,最近の著名な電力事故は,殆どすべてボーンヘッドの結果だ。最悪は今回の被曝で,水の中に短靴で入って行かせたという。彼は20歳と書いてあったけれど,これから日本人子孫を造る若い人は,現場から下げるべきではないか,常識でしょう。


☆ 津波という超長波長の波,というより海面上昇ですから,防波堤は相手にならない

昨日,友人から不思議なメールを貰った,私はどうもよく理解できないが,何か非常に重要なことが書いてあるような予感がする。彼は言う,「津波という超長波長の波、というより海面上昇ですから、防波堤は相手にならないのではないかと思うのです。いくら高い堤でぐるりと囲んでも、川の道、船の道、あるいは海底の砂で水の道でつながっていれば、時間差は稼げてもいずれは堤の内側の水位は外の海面水位と同じになってしまう。」

これは今朝の新聞でも,仙台川で津波が50km遡上したこととも繋がるのか,彼は続ける,「とすると10m超の高台にプラントを持とうと思っても、 水のポンプのヘッドは10mですから冷却水ポンプの全てを高台に持って行くのは無理で、完全防水シェルターに入ったモーターとポンプをもたなければ、津波の影響からは逃れられないと思いますがいかがでしょうか?」。これはいずれにしても,敷地を全部囲い込め,と言うことか。

次が彼の不思議な議論で,「、”冷却”ですが、作業員はいわばウルトラマンのカラータイマーがついているわけで、それもテレビのウルトラマンのように毎週新しいカラータイマーというわけにはいかず、なんどか作業を行った後は、また来年,ということになるでしょうから、大量の予備人員を控えさせなければ、メルトダウン,というコースだろうと推測されます。 無人の建設機械でポンプの操作を行い、水を放水し続けるといった方法が必要。」

まあそれがシェルターの中に入ったポンプ,と言うことになるのか。ただ,今もテレビで北沢さんが言っていたが,海水を入れ続けると原子炉は腐食で壊れる,真水に切り替えると,真水と言うことはどこかに造られたダムから持ってくるから,10mの問題はなくなる。しかし,原子力発電所の敷地の前面に防波堤を造って,よし,と構えていると,とんでもないことになる。どうも3号機が壊れているのでは,と先ほどテレビは深刻な話をしていた。

早速,島根原発は議論している,緊急用の発電機,津波対策で高台に設置検討,島根原発は最高5.7mの津波を想定。1、2号機は海抜15mの高さにあり、3号機は同8.5mの地点に建設中だが、福島での深刻な事態を受けて、対策を強化する。使用済み核燃料プールへの注水に消防用ポンプ車で代替するラインも備えることになる。


☆ 電力供給1000万キロワット増へ,冬の計画停電回避狙う

これはさすがに東京電力,と言うことですかね,後残された時間は8ヶ月ですか,そこで,電力供給1000万KW増へ冬の計画停電回避狙う,東電が火力増設,政府はLNG調達支援,火力発電所の新設や休止中の火力発電所の再稼働など,ガスタービン発電設備を、既存の火力発電所の敷地に10基前後つくり、早急に約260万KWを確保するという,すごいですね,メーカーも協力体制に入ったと。

アジアで毎日,電力危機,電力危機,と言われており,パキスタンなどは,600万KWのバシャダムを10年かけて造る,と言っているが,一向に仕事に取りかからない。これもお金がなくては出来ないし,相応する電気代を払う需要家がいなくてはならない。私は,この福島原発を後,数日で閉じこめて安定状態に持ち込み,今年の冬までにプラス1000万KWを準備すれば,東京電力は再評価されると思う,頑張れ。


☆ フィリッピン,英国企業が南沙諸島近辺で,ガス田探査計画

フィリッピンが動き始めましたね,英国籍のフォーラムエナージが南シナ海のリードバンク沖合,サンパギタ・ガス田で検証井戸掘削準備中と発表,南沙諸島から150km,中国との間で今年に何度かやりとりがあった末の決断,中国は譲れない主権があると主張している。今フィリッピンは,中国国内に3人のフィリッピン人死刑囚を3人抱え,この30日に死刑が執行される状況にある。フィリッピンはノーベル賞授賞式をボイコットしている。


☆ 参考資料

●110325A Philippines, Manila Bulletin
フィリッピン,英国企業が南沙諸島近辺で,ガス田探査計画
Forum Energy completes Reed Bank exploration, drilling next
http://bit.ly/gT4XpZ
The Philippines is set to pursue oil exploration in disputed waters of the South China Sea amid a spat with China, the government and the company behind the project said.,Britain-based Forum Energy,Sampaguita Gas field off the Reed Bank,possible appraisal wells to be drilled,Forum Energy executive chairman Robin Nicholson,Philippine Department of Energy,Service Contract 72,Energy Undersecretary Ramon Allan Oca,Chinese embassy spokesman Sun Yi ,two weeks ago after both the Philippines and Vietnam protested to Beijing,foreign ministry spokeswoman Jiang Yu,oil-rich Spratly chain,150 kilometres (90 miles) east,Brunei, Malaysia, Taiwan and Vietnam,Philex Mining Corp

フィリッピン,英国籍のフォーラムエナージが南シナ海のリードバンク沖合,サンパギタ・ガス田で検証井戸掘削準備中と発表,南沙諸島から150km,中国との間で今年に何度かやりとりがあった末の決断,中国は譲れない主権があると主張している http://bit.ly/gT4XpZ

●110325B Pakistan, thenews.com.pk
パキスタンの121MWアライクワール水力,2012年3月
Production from Allai power project next year
http://bit.ly/hjPYCA
MANSEHRA: The Allai Khwar Hydropower Project would start producing electricity early next year, an official of the Dung Fang Company said Thursday. ,Aslam Khan, the chief administrator of the company,completion in 2008,121-megawatt electricity from March next year,90 per cent work on the tunnel,Khan Khwar and Dobair Khwar hydropower projects

パキスタンの121MWアライクワール水力,中国企業によって進められているが,当初予定より4年遅れで,2012年3月に運転開始の目処が付いた。イスラマバードにも通ずる中央送電網に組み込まれる。カンクワールとドベアクワール各水力とも連携 http://bit.ly/hjPYCA

●110325C India, timesofindia.indiatimes.com
インドの北東地域を結ぶUHV構想,ABBが技術協力
ABB wins $900-m order from PGCIL
http://bit.ly/gpOsgq
ABB has been selected by Power Grid Corporation of India (PGCIL) to deliver an ultrahigh-voltage transmission system, worth about $900 million. The link will supply hydropower from northeastern India to the city of Agra over a distance of 1,728 kilometers. ,BHEL,$1.1 billion in total,switchgear, substations, fibre optic communications systems and capacitors,North Eastern region,hydro power resources, about 65 000 MW,800 kV DC bipolar lines to major load centres

インドの超高圧送電網UHVにもABB進出,北東地域の65000MWの水力電力を中央部のアグラに集中的に送電し,これよりインドの各需要地に送電して行く構想,1,728km,9億ドル,80万ボルト直流送電線,ABBは自動化など技術面担当 http://bit.ly/gpOsgq


○110325 ダムに強いハザマ新高値、水資源に恵まれた水力発電へ見直しも
http://bit.ly/ebeFtI
ハザマ新高値,ダム、トンネル工事に強い土木の名門。今度の原発問題で、原発以外の電源開発が浮上することは間違いなさそうで、LNGの火力発電と並んで水力発電が見直されそうだ。とくに、「年間降雨量が多く、水資源に恵まれた日本は水力発電のウエートhttp://bit.ly/ebeFtI

○110325 米原子力規制委、GE日立の次世代原子炉で意見募集
http://s.nikkei.com/gm8yxJ
米原子力規制委,GE日立の次世代原子炉で意見募集,対象は「経済性・単純化沸騰水型原子炉(ESBWR)」で、福島第1原子力発電所と同じ種類の沸騰水型に属するため、注目される可能性がある。今回手続きは安全性の情報を提出せずに済むため http://s.nikkei.com/gm8yxJ

○110325 「自衛隊員の活動は極限」 統合幕僚長が訴え
http://s.nikkei.com/eNr7ht
「自衛隊員の活動は極限」,折木良一統合幕僚長が訴え,空前絶後の規模で活動しているだけに、交代要員も乏しいのが現状だ。火箱芳文陸上幕僚長は同日の記者会見で「今の配置の中で代えていく」と説明。陸上幕僚監部は「心身状態もしっかり把握 http://s.nikkei.com/eNr7ht

○110325 電力供給1000万キロワット増へ 冬の計画停電回避狙う
http://s.nikkei.com/f0QBh9
電力供給1000万KW増へ冬の計画停電回避狙う,東電が火力増設,政府はLNG調達支援,火力発電所の新設や休止中の火力発電所の再稼働など,ガスタービン発電設備を、既存の火力発電所の敷地に10基前後つくり、早急に約260万KWを確保 http://s.nikkei.com/f0QBh9

○110325 島根原発:緊急用の発電機 津波対策で高台に設置検討
http://bit.ly/gzQVVD
島根原発,緊急用の発電機,津波対策で高台に設置検討,島根原発は最高5.7mの津波を想定。1、2号機は海抜15mの高さにあり、3号機は同8.5mの地点に建設中だが、福島での深刻な事態を受けて、対策を強化する。使用済み核燃料プールへの注水に消防用ポンプ車で代替するラインhttp://bit.ly/gzQVVD

○110325 ミャンマー:東部での地震 少なくとも10人死亡
http://bit.ly/dMDH9s
ミャンマー北東部で24日午後8時25分(日本時間同10時55分)ごろ、強い地震があった。米地質調査所(USGS)によると、震源はタイ国境に近いシャン州東部タチレクから北に40キロほどの地点でマグニチュード(M)6.8、震源の深さは10キロ http://bit.ly/dMDH9s

○110325 福島第1原発事故 原発中止視野に電源開発再検討−−タイ首相表明
http://bit.ly/fL1kr5
タイ首相表明,福島第1原発事故,原発中止視野に電源開発再検討,首相は「決定ではない」と断ったうえで、「日本の事故の詳細を検討し、今後1、2年で(原発建設の是非を)決める」と述べた。また「地元住民の声を聞く必要がある」と語り、建設候補地 http://bit.ly/fL1kr5

○110325 画策してた!菅お膝元「停電」逃れ “自慢ビラ”配布で自爆
http://bit.ly/ggnvGP
画策してた!菅お膝元「停電」逃れ “自慢ビラ”配布で自爆,菅直人首相(64)の元秘書で、おひざ元・東京都武蔵野市の民主党市議が、東京電力に要請を行い、選挙区内の「計画停電」見送りを実現させたことを誇示するビラを配布していたことが24日、分かった。http://bit.ly/ggnvGP


2011年3月24日 ー 福島原発事故でLNGなど価格上昇予想 ー


☆ 女川原発でも津波の影響,司令センターが機能停止

やはり津波に対する警戒感は,実際にあった人でなければ,なかなか危機感は伝わらないのか。被災した92歳の女性が,人は一生のうちで2度津波に遭遇する,と子供の時から教えられてきたという。10mの防波堤を築いたのも,現地の経験を通じての現地住民の提案だ。今回の福島でも,東京電力は,過去の経験を分析して決定した,と報じられているが,結果論としては,せめて7m,出来れば10m欲しかったところだ。

もっとも,津波によって原子炉が熔解する,とダイレクトに関連づけていれば,高さ10mと言う解は出たかも知れないが,原子炉を設計した人はメルトダウンを頭に描きながら設計しただろうが,防波堤を設計したグループが,メルトダウンを想定して高さを決めた,とは思えない。少し事態が落ちついてきたら,この事故は天災かどうかが議論されるのだろうが,その時に鍵となるのは,この防波堤の設計過程だろう。

今,福島原発の1号機の圧力が高くなってきて,注水との関係を注視しながら,微妙な調整が行われている。圧力容器の最高設計圧力は5気圧と書いてあったが,スリーマイルズでも,圧力容器の破壊は食い止めている。2000年に米国で圧力容器の破壊実験が行われたらしいが,真っ赤になった圧力容器は風船のように膨らんで爆発したという,それから見れば,福島はまだ沈着に冷却処置を進める余裕はあるのだろう。

インド国会では,米国との原子力協定批准の段階で,米国企業の免責条項が大いに問題になった。シン首相がうまく収めたようだが,1961年に法制化された日本の原子力賠償法では,企業の免責を許さず保険加入義務の上で無限となっている。今回の事故がもし間もなく収束に向かえば,原発に直接関係する賠償は,大規模ではないだろうが,天災とするかどうかで,処理の行方は大いに変わってくるし,その鍵は防波堤になるのだろう。


☆ 福島原発事故で,BPが,LNGとシェールガスの価格上昇予想

世界のLNG価格は低迷を続けてきた。それは,米国のシェールガスの影響で,最近はLNG価格が原油価格とリンクしてこなかった。原油価格は,リビアの影響などで,今日の時点ではバレル105ドルに上がってきている。最近のLNG価格は,百万Btu当たり5ドルを切っており,相変わらず低迷している。しかし,今回の福島原発で,一部で原発計画の凍結が行われれば,地球温暖化を考えて,ガスにしか逃げ道がなくなる。

インドや中国は,例え福島の影響を考えても,原発建設のペースを変えることは出来ない。しかし,欧州のイタリーやドイツ,それにアジアのタイなどでは,明らかに一時棚上げ,との方向へ踏み出している。当の東京電力は供給力不足で,速やかに新規電源を立ち上げる必要に迫られているが,それはガス火力と言うことになるのだろう。このような意味で,BPは,今後LNG価格が原油価格に連動してくる,と予想している。


☆ 岡田幹事長,計画停電が何故ピーク時のみではないのか

足らなくなるのはピーク時だろう,だったら他の時間帯に計画停電が来るのはおかしいではないか,と言っている。なるほど,と,東京電力の需要カーブを見てみると,春の日需要曲線は,夏ほどピークが顕著ではない,朝9時から夕方,深夜まで,余り変わらない。それに供給力3700万KWという中には,沼原などの一日6時間しか動けない供給力もある分けか。それにしても,今年の夏はどうなるのか。


☆ 参考資料

●110324A India, Economic Times
インドでBPの専門家,日本の原発事故が与える世界のエネルギー市場に大変革
Japan nuclear disaster to change global energy market
http://bit.ly/fR2ArF
Japan's nuclear disaster is set to bring about a dynamic change in the global energy market , which may force countries to reconsider their fuel options. ,chief economist of British Petroleum Christof Ruehl,liquefied natural gas (LNG) trade,shale gas in the US markets,to be linked to crude oil prices,No matter which individual or regime wins, there will be an increased trend to subsidise fuel prices as the new governments will be forced to offer cheap fuel to keep the people quiet

インドでBPの専門家,日本の原発事故が与える世界のエネルギー市場に大変革,ガスと石炭が原油価格にリンク,1976年以来,特にLNGとシェールガスの世界に価格上昇圧力,これに加え,中東不安定がどちらに傾いても,彼等国民を宥めるため,価格上昇 http://bit.ly/fR2ArF

●110324B Indonesia, The Jakarta Post
インドネシア政府は日本からの到着便の乗客全員に放射能被爆検査を実施
Airports on alert for nuclear radiation
http://bit.ly/ghgkZA
In cooperation with the Indonesian Nuclear Power Control Body (Bapeten), operator of Soekarno-Hatta International Airport, PT Angkasa Pura II has taken a preventive step to anticipate any possible spread of nuclear radiation from travelers arriving from Japan.,since March 15,PT Angkasa Pura II spokesman Ferry Utamayasa,yet to find any indications,Bapeten spokesman Aries,in Bali, Batam and Medan

インドネシア政府は国際空港において,日本からの到着便の乗客全員に放射能被爆検査を実施している,ジャカルタの他,バリ,バターム,メダンなど,3月15日に設備して依頼,いずれにおいても汚染は発見されていない,http://bit.ly/ghgkZA

●110324C Indonesia, The Jakarta Post
インドネシアの石炭輸出,日本の石炭火力の災害で,他の国に振り返る
RI coal exports to Japan may be diverted to other countries
http://bit.ly/elCR4L
Indonesia’s coal exports to Japan will likely be diverted to other countries for several months after the recent earthquake and tsunami that damaged around four of Japan's coal-fired power plants, the Indonesian Coal Mining Association (APBI) says.,60,000 tons of coal from Indonesia was diverted to China,recalculating its coal imports for the next fiscal year

インドネシアの石炭輸出,日本の石炭火力の災害で,他の国に振り返ることに,最近では6万トンが方向を変えて中国へ,日本政府は,今年度また来年度の日本の需要について検討を行っている。http://bit.ly/elCR4L

●110324D 中国,japanese.cri.cn
中国とアフリカとの協力 世界の平和と安定に有利
http://bit.ly/gNYbbP
中国とアフリカとの協力 世界の平和と安定に有利,王岐山副首相はアンゴラの首都・ルアンダで、ドス・サントス大統領と会談しました。その際、王岐山副首相は「ここ数年、両国はそれぞれの長所を生かして、経済貿易、投資、エネルギー、金融などで、一連の実務的http://bit.ly/gNYbbP


○110324 東電HP「電力の使用状況グラフ」掲載
http://bit.ly/gxZDxE
http://bit.ly/uZk4m
東京電力は、東日本大震災に伴って管内で実施している計画停電について、管内の電力使用実績の状況がひと目でわかる「電力の使用状況グラフ」をホームページで掲載している。「電力の使用状況グラフ」は、管内の当日の電力使用実績を1時間ごとに棒グラフhttp://bit.ly/gxZDxE

○110324 NY原油、一時106ドル台 金先物は最高値に迫る
http://s.nikkei.com/g2Vdk3
NY原油、一時106ドル台 金先物は最高値に迫る,リビアでの原油供給の不安に加え、イスラエルでテロとみられる爆発が起き、中東・北アフリカ情勢を巡る懸念が一段と強まったためだ。米週間のガソリン在庫が市場予想よりも減少http://s.nikkei.com/g2Vdk3

○110324 福島原発3号機の注水再開 1号機圧力上昇で排気検討
http://s.nikkei.com/dSW75O
福島原発3号機の注水再開,1号機圧力上昇で排気検討, 22日午後3時半に1.8気圧,保安院によると、設計圧力は5.28気圧。このまま圧力の上昇が続けば、弁を開放して原子炉内部の蒸気を外部に放出する排気作業も検討する。セシウムなどの放射性 http://s.nikkei.com/dSW75O

○110324 放射性物質の拡散予測図を公表 原子力安全委、退避圏外も一定量
http://s.nikkei.com/gYuibF
原子力安全委員会(班目春樹委員長),原子力発電所の事故発生時に放射性物質が広がる範囲の予測結果を地震後、初めて公表,放射性ヨウ素による一定期間の積算放射線量が、屋内退避圏内の30キロメートルを超えて100ミリシーベルトになるという。 http://s.nikkei.com/gYuibF

○110324 原子力損害賠償法とは
http://s.nikkei.com/hhL7JA
原子力損害賠償法,1961年に制定,原子力事業者に無限の賠償責任を課す,事業者には原子力損害賠償責任保険への加入などを義務,原因が「天災や社会的動乱」と認定されれば、事業者は免責されて国が責任を負う,賠償金が保険限度額を超えると国が補償 http://s.nikkei.com/hhL7JA

○110324 東日本大震災 米・クリントン国務長官「技術的、経済的支援を日本に続けていく」
http://bit.ly/fdTK8V
クリントン国務長官,「今回の地震や津波の信じられない破壊力を見て心が張り裂けそう,技術的経済的支援を日本に続けていくつもり。日本国民の忍耐力、底力を信じています」放射性物質の封じ込め,日本政府はできる,より強くなって復活できると信じている http://bit.ly/fdTK8V


2011年3月23日 ー 米国は気を取り直して日本支援へ ー


☆ 思い知った,電力への風当たりは強烈

昨日は泉南へ測量,異業種の仲間達は私に向かって電力への不満爆発,怒りながらバンバンと強烈なOBを連続して打ちまくっていた。何故原発事故が起こったのか解説しようとすると,そんなことを聞いていないと,事故が起こってからの電力の姿勢が問題だと。もし原発で犠牲者が出るならば,それは電力でなくてはならないと,現場のもっとも危険な場所に責任ある重役が立って,ここまで大丈夫,と言う線を示せと言う。

一つはやはり記者会見の場だろう。入れ替わり立ち替わりで,誰が責任を持っているのか全然分からないと。例えば出来れば清水社長,または武藤副社長クラスが,常に記者会見の先頭に立って,トップ自ら命を賭けて戦っていると言う姿勢が欲しいと。電力のトップには,ただ頭がよいだけで座られては,国民は迷惑千万,実際に腹切るぐらいに胆力の座った人物を出して来いと。

日本航空の事故を思い出して,電力社員を全員動員してでも,放射能から避難した人たちの面倒を見るべきではないか,避難所の設定や物資の供給,病人の世話など,電力社員が出来る仕事はいっぱいある,それを,自治体の人や,自衛隊に任せておいて,電力の社員の顔が見えないと言うのは,何としても理解しがたい,と散々である。

彼等は,水が原子炉安定のためにそんなに大切な物とは知らなかった,もし水がそれほど大切な物であるならば,ポンプが一つ,予備電源一つ,など言うのは,一般には考えられない。それも津波の水を被ったぐらいで駄目になる設備が,原子力発電所の根底を握っているなど,理解できない,原子力発電所を預かっていると言う自覚が全くないではないか。

その昔,ダムの安全で我々の上に立つ重役が,当時の建設省が民間企業にそのような重要事項を任せるわけには行かない,と言うような議論が行われたとき,電力の重役が建設省に対して,我々電力は既に原子力発電所を所有して,社会的には重要な責任を負わされている法人である,単なる利潤を追求するだけの企業ではない,と建設省を叱ったが,あの人なら真っ先に現場に自分の位置を占めて陣頭指揮に当たっただろう。


☆ クリントン国務長官が弔問,「逆境にくじけない日本の魂の強さは、私たちすべてに感動を与えた」

昨日,測量作業を終了して帰宅,テレビのスイッチを入れると,米海軍の空母から飛んで来たヘリが,避難所の広場に降りて,避難民に水を手渡して感謝されている場面が映し出された。随分雰囲気が変わったなあ,と思っていると,続いて海兵隊の動きやワシントンの動きが集中的に報じられている,はは,一昨日の私の,米国は日本人の心を掴み損ねた,と書いたのに触発されたな,と。

元々はクリントン長官が日本外務省の情報は頼りにならない,と発言したのが切っ掛けだった。一転,米国務長官が弔問,「逆境にくじけない日本の魂の強さは、私たちすべてに感動を与えた」,「大小の災害が起きた際、日本の人々、政府が支援してきた。そして今度はあなたたちに必要な支援が注がれる番だ。それが米国と日本の友情、協力関係、同盟の確かな印だ」,と。


☆ タイ政府は日本人観光客に30日ビザ発給へ

一昨日は,フィリッピンのマニラブリテンが,マニラ空港の写真を見せながら,避難してくる日本人,と書いたが,今日はバンコクポストが,日本人が安全なタイを目指して避難してくる,歓迎するためにビザを30日へ,と書いている。そうですかね,日本人はフィリッピンやタイに逃げますかね,放射能があっても日本の方が安全だと思うが。


☆ 参考資料

●110323A China, csrwire.com
中国は2020年までに水力倍増で大規模ダム群を計画
China's Mammoth Plan to Double Hydropower Generation by 2020
http://bit.ly/ebmUes
Water-rich southwest region, though, is getting dryer.,The hydropower dam construction program in southwest China has no equal anywhere in the world.,Suijiang County between Sichuan and Yunnan rovinces,Xiangjiaba Hydropower Dam,909 meters (2,982 feet) long and 161 meters (528 feet) high completed in 2015 6,400 megawatts eight turbines,fourth-largest hydropower plant in China,Jinsha River 12 Jinsha River dams 59,000 megawatts,Circle of Blue's Choke Point,by 2020, double the amount of electricity produced,upper Yangtze River and five tributaries,100 big dams are in various stages of planning,43 big dams Lancang, Nujiang, Hongshui and Jiulong rivers in southwest China,in May 2008 that killed 80,000 people in Sichuan Province

中国は2020年までに水力倍増で大規模ダム群を計画,特に長江上流の金沙江,象徴は6,400MWの向家堤ダム,金沙江とその5支流で12ダムで59,000MWの大規模ダム推進,他にランサン,怒川など,批判派は,地震を心配,2008年大震災で2万人死亡 http://bit.ly/ebmUes

●110323B India, telegraphindia.com
インド北東部,メガラヤ州,ウミアム貯水池に水質問題
CAG frowns on Umiam pollution
http://bit.ly/dOoxvw
A CAG report has rapped the Meghalaya Energy Corporation Limited for not initiating any steps to protect the Umiam reservoir which feeds five downstream hydropower plants of the corporation.,area of 10 square km army cantonment at Umroi ,Pollution Control Board, Meghalaya in 2008 ,ertified it “D”,Central Pollution Control Board,pathogen,total capacity of 186.70MW installed,Meghalaya Energy Corporation Limited,Meghalaya State Electricity Board,Water and Power Consultancy Services,Union ministry for water resources,constructed in 1965

インド北東部,メガラヤ州,1865年に建設された10平方kmのウミアム貯水池,下流に186MWの水力発電所が連なっているが,最近,水質悪化と堆砂のために対策が待たれている,水質局はレベルDとし,インド軍キャンプなどが使っている水道水に問題 http://bit.ly/dOoxvw

●110323C Thailand, iol.co.za
ラオス,メコン本流のサヤブリダム反対でNGO終結
Activists join forces against dam plan
http://bit.ly/h7S6iJ
A group of 263 non-governmental organisations from 51 countries has called on Laos to cancel its proposed hydropower dam project on the Mekong River in Xayaburi province, representatives of the group said on Tuesday.,Lao Prime Minister Thongsing Thammavong,Xayaburi Dam project,Mekong River Commission,25-26 March in Sihanoukville, Cambodia,southern delta,Shalmali Guttal of Focus on the Global South,11 large dams proposed for the Mekong River's lower mainstream,China has already built four hydropower dam

ラオス,メコン下流域本流上に計画が進むサヤブリダム,2500MW,3月25日よりシハヌークビルで開催予定のメコン河委員会に対し,ダム建設反対を訴えるべく,世界の51カ国から環境NGO263団体がバンコク終結,ラオス首相へは手紙発送,ベトナム反対 http://bit.ly/h7S6iJ

●110323D Thailand, Bangkok Post
タイは日本人避難民の受け入れのため30日ビザ申請
Longer visas for Japanese considered
http://bit.ly/eGzgXy
Local tourism operators are asking the government to offer visas of more than 30 days' duration to Japanese tourists wanting to escape the troubles besetting their country.,Anake Srishevachart, president of the Thai-Japan Tourist Association,Tourism Authority of Thailand (TAT),from 16.78 million to 16.47 million,especially those who have cancelled trips to Japan,during the Songkran Festival,100,000 trips to Japan are expected to be cancelled,13 key tourism area

タイ,観光協会が,日本列島からタイへ避難する日本人観光客を想定して30日のビザ発給を政府へ申請,タイは4月はソンクランの水祭りで環境客を期待しているが,中東の不安,日本の混乱で激減することを心配している,日本食大丈夫のPRも大使館と協力宣伝 http://bit.ly/eGzgXy


○110323 救出少年の父は石井一元秘書 民主さっそく“リクルート活動”
http://bit.ly/gyqQBx
救出少年の父は石井一元秘書 民主さっそく“リクルート活動”,入院先の石巻赤十字病院で報道陣のインタビューに応じているところをテレビで見て、石井氏はすぐに明さんだと気づいたという。「日本一の快挙!!9日ぶり救出、阿部任君!!」と題した手紙を書いた。http://bit.ly/gyqQBx

○110323 温度下げるのが使命…作業員、避難所から原発へ
http://bit.ly/finNaQ
温度下げるのが使命…作業員、避難所から原発へ,「貯蔵プールの温度を下げるのが俺の使命」と気持ちを奮い立たせた。作業が終わり、海水をくみ上げるホースに手を当てた時、水の流れる感触が伝わってきた。プールの温度も下がったと聞いた。「役割を果たせてホッとした」http://bit.ly/finNaQ

○110323 第1原発の計器回復へ作業続行 給水ポンプの作動確認
http://bit.ly/eorBLV
福島第1原発事故で、東京電力は23日、外部からの電力によって1〜4号機の機能を回復させる作業を続けた。3号機は22日に中央制御室の照明が点灯。引き続き1、2、4号機の照明点灯や、1〜4号機で原子炉内の圧力などの状態を把握する計器類の復旧を目指す。http://bit.ly/eorBLV

○110323 加藤コミッショナー「SMAPだって仕事」
http://bit.ly/dNICCw
加藤コミッショナー「SMAPだって仕事」,「私は野球に誇りを持っている。今の時期に野球をやることは不謹慎だとは思わない。SMAPだって何だって、仕事をするんだと言っていた。野球が仕事なんだ」と頬を紅潮させた。http://bit.ly/dNICCw

○110323 伊、原発再開の議論凍結か 国民投票前に反対恐れ
http://bit.ly/hZGvbE
伊、原発再開の議論凍結か 国民投票前に反対恐れ,東日本大震災に伴う福島第1原発の事故を受けて、世論や議会で反対意見が勢いづいていることを考慮したとみられる。政府は23日の閣議で議論凍結を協議する方針。同国では6月までに原発再開の是非を問う国民投票 http://bit.ly/hZGvbE

○110323 夏の電力不足、最大でピークの25%分 東電管内
http://s.nikkei.com/hVjlmr
夏の電力不足、最大でピークの25%分 東電管内,1500万キロワット 政府、総量規制も検討,猛暑時の最大需要である6000万キロワットの確保は難しい。政府は計画停電の拡大や、事業者ごとに電力使用量の上限を決める総量規制の導入を検討しており、http://s.nikkei.com/hVjlmr

○110323 温度下げるのが使命…作業員、避難所から原発へ
http://bit.ly/finNaQ
温度下げるのが使命…作業員、避難所から原発へ,「貯蔵プールの温度を下げるのが俺の使命」と気持ちを奮い立たせた。作業が終わり、海水をくみ上げるホースに手を当てた時、水の流れる感触が伝わってきた。プールの温度も下がったと聞いた。「役割を果たせてホッとした」http://bit.ly/finNaQ

○110323 第1原発の計器回復へ作業続行 給水ポンプの作動確認
http://bit.ly/eorBLV
福島第1原発事故で、東京電力は23日、外部からの電力によって1〜4号機の機能を回復させる作業を続けた。3号機は22日に中央制御室の照明が点灯。引き続き1、2、4号機の照明点灯や、1〜4号機で原子炉内の圧力などの状態を把握する計器類の復旧を目指す。http://bit.ly/eorBLV

○110323 加藤コミッショナー「SMAPだって仕事」
http://bit.ly/dNICCw
加藤コミッショナー「SMAPだって仕事」,「私は野球に誇りを持っている。今の時期に野球をやることは不謹慎だとは思わない。SMAPだって何だって、仕事をするんだと言っていた。野球が仕事なんだ」と頬を紅潮させた。http://bit.ly/dNICCw

○110323 伊、原発再開の議論凍結か 国民投票前に反対恐れ
http://bit.ly/hZGvbE
伊、原発再開の議論凍結か 国民投票前に反対恐れ,東日本大震災に伴う福島第1原発の事故を受けて、世論や議会で反対意見が勢いづいていることを考慮したとみられる。政府は23日の閣議で議論凍結を協議する方針。同国では6月までに原発再開の是非を問う国民投票 http://bit.ly/hZGvbF

○110323 夏の電力不足、最大でピークの25%分 東電管内
http://s.nikkei.com/hVjlmr
夏の電力不足、最大でピークの25%分 東電管内,1500万キロワット 政府、総量規制も検討,猛暑時の最大需要である6000万キロワットの確保は難しい。政府は計画停電の拡大や、事業者ごとに電力使用量の上限を決める総量規制の導入を検討しており、http://s.nikkei.com/hVjlmr

○110323 くじけない日本の魂に感動…米国務長官が弔問
http://bit.ly/gku4Fb
米国務長官が弔問,「逆境にくじけない日本の魂の強さは、私たちすべてに感動を与えた」,「大小の災害が起きた際、日本の人々、政府が支援してきた。そして今度はあなたたちに必要な支援が注がれる番だ。それが米国と日本の友情、協力関係、同盟の確かな印だ」http://bit.ly/gku4Fb

○110323 くじけない日本の魂に感動…米国務長官が弔問
http://bit.ly/gku4Fb
米国務長官が弔問,「逆境にくじけない日本の魂の強さは、私たちすべてに感動を与えた」,「大小の災害が起きた際、日本の人々、政府が支援してきた。そして今度はあなたたちに必要な支援が注がれる番だ。それが米国と日本の友情、協力関係、同盟の確かな印だ」http://bit.ly/gku4Fb


2011年3月21日 ー 米国は日本人の心を掴み損ねたのか ー


☆ なぜ本当のこと言わないのか,米政府「菅隠蔽体質」に怒!!「日米関係が悪化しかねない」

米国から見ればいろいろ不満があったのだろう,如何に同盟国だと言っても,すぐに情報が漏れる米国人に,東京電力も,保安院も,官邸も,そう簡単に右から左へ情報を開示したとは思えない,それに,外務省となれば,恐らく十分な情報は流れていないから,米国政府への発言は,外交的な紋切り型の回答が多かったのだろう。我々から見れば,テレビや新聞で,相当に核心が伝えられている気がするのだが。

日本側に問題があったと感じている米国政府のとらえ方も分かるが,私は米国が決定的な過誤を犯したのではないか,と思っている。80km圏内避難,を米国政府が自国民に指示した段階で,取り返しが付かない事態に立ち至ったのではないか。福島沖合には米空母部隊がいるのに,彼等は動くことが出来なくなった。ここで日本は,東京電力も保安院も官邸も自衛隊も,日本人の手で対応しなければならない,と決心したのだろう。

もっとも,米国がどの様な対応に出ても,菅政権も東電も保安院も自衛隊も,最初から他国に頼るつもりはなかったと思う。でも,80kmが出たところで,日本人の手で何とかしなければ,と言う覚悟が出来たと思う。最早80kmを取り消すことが出来ない米国は,この時点で日本人の心を捕まえる絶好の機会を逃したと言える。沖縄の海兵隊がもし現地に真っ先に乗り込んでいれば,日米関係の状況は全く変わってきただろう。

米国では,ワシントンで原子力委員会がモニターしているが,福島4号炉の使用済み核燃料保存プールで,床にクラックが入って水が溜まらない状況,とワシントンは推定している,こうなると全く手の打ちようがなくなる,と言うことだ。米国政府は日本政府に,とにかく温度を測れ,と言っている。実際は2000度近くに達している,と米国は疑っている。日本の自衛隊はすぐに反応して,機器を乗せてヘリを飛ばせたようだ。問題ないとしている。

この4号機の問題と,2号機の圧力容器の下部でクラックの可能性があることも,米国の危機感を煽っている。でも,私も含めて,日本の菅政権や東京電力に,米国が不満を漏らすのはよいとしても,80km避難の宣言,これは米国の大きな誤りではなかったか。日本人はここで自分たちで福島を護る,と決心すると同時に,もし北朝鮮軍が上陸,攻め込んできたら,これはやはり,日本人だけで護らなければならない,と決心することになる。

核兵器の抑止力はしばらくは米国に頼るとしても,陸海空の実戦部隊は,最後は日本人でやるという覚悟をすることになるだろう。菅さんが,自衛隊出動10万人,と言ったときに,それで自衛隊は10万もいるのか,と言う人もいたが,全部で15万だから,実戦部隊は皆震災に駆り出されて,もう一兵も,対北朝鮮部隊は残っていないことになる。過激思想,と言われても,今度のように少しの不満で米軍が退いてしまうようでは,頼りにならない。


☆ 自衛隊,米軍と連携加速,タミフル1万錠を空輸,放射能被害管理などを専門とする約450人の部隊派遣へ

今更遅いが,米国は大きな間違いを犯したことに気が付いたのではないか。私は,覆水盆に返らず,と言いたいが,米国は関係修復に向けて急ピッチだ。考えてみれば,もっとも親しく米国と交流しているのは自衛隊に他ならない,その自衛隊が在日米軍との緊密な強力な共同作戦を続けていることを,メディアに流し始めた,調整会議の模様も写真公開している。毎日30人規模の会議が仙台の東北方面総監部で行われているという。

「米国防総省は事態悪化に備え,放射能被害管理などを専門とする約450人の部隊を日本に派遣する準備に入った。大規模な部隊派遣は、日本から正確な情報が届かないことへのいらだちを示すと同時に、米国が事態を深刻視していることの表れといえる。」,と報じているが,80km制限はどうなったのか,米軍だけが80km圏の外にいることは許されなくなってきている。

そうは言っても,決定的な問題が起こる可能性もまだ残されているので,慎重に見なければならないが,特に東京電力が細心の注意を払っているのは,通電時の安全だろう。接触の火花が何を引き起こすかも分からない,2号機の圧力容器の確認など,問題を残している。洪水の如く海水をぶっかけてきた関連の諸設備が,果たして安全に動くのか,素人でも大変な場面が近づいてきたことは,理解できる。


☆ 名もなき英雄たち! 決死の覚悟で復旧作業にあたる福島原発の作業員たち

海外で伝えられている,名もなき英雄たち! 決死の覚悟で復旧作業にあたる福島原発の作業員たち,健康被害は免れられないと訴える者もいる。しかしそれを承知で、日本全国の無事のため戦い続ける181名の作業員たち。私たちは感謝せずにはいられない。自らの命をかけたその働きを。父は言っていました。自分は死刑宣告を受けたに等しい己の運命を受け入れたと」という内容のメールも紹介している。

現在,海外ではこの作業員たちを称える声が高まっており,フェースブックで「福島原発の英雄50人への賛美」,というページが開設され、5000人以上のファンを集めている。そのページは「人類にとっての本物のヒーロー。神のご加護があらんことを」、「あなたたちの信じられないような自己犠牲は、全世界が敬意をもって見守っています。ありがとう」など彼らの勇士を称える世界各地からのメッセージで溢れかえっている。


☆ 震災で中国の世論が変化,日本に対する同情と敬意が広がる,米紙報道

震災で中国の世論が変化,「日本と中国のあいだでは、歴史は歴史、現実は現実。両者を混同してはならない」,と述べた。震災後という非常時にも秩序を守り、移動の際にも大声を出さず、並んで食品を買うことのできる日本人に対する敬意を強調する報道も多い。危機がもたらす不安と恐怖に襲われている日本人に対して、世界各地の人々が関心と支援を示していると報じた。その中でも特に中国でも同様の反応がみられることは注目。


☆ 参考資料

●110321A India, Economic Times
インドのラメシュ環境相は日本事故でも原発からは引き返せない
India can’t turn its back on N-Power, says Jairam
http://bit.ly/hg2gaR
Union environment minister Jairam Ramesh has said that though India needs to learn appropriate lessons from the crisis at Japan's nuclear plants, the country cannot give up on nuclear energy.,Jaitapur nuclear power project in coastal Maharashtra,NEERI (National Environmental Engineering Research Institute),35 conditions for that clearance,Atomic Energy Regulatory Board,French firm Areva,20 nuclear reactors in operation in six power plants,over 4,000 megawatts,five other plants are under construction

インドのラメシュ環境大臣,福島原発事故も,インドは原発建設から撤退することは出来ないと,今回の事故からの教訓を生かす,フランスによって計画中のジャイタプールは既に環境審査終わり35点の条件付加,原子力委員会は核廃棄物処理など審査を行っている http://bit.ly/hg2gaR

●110321B Thailand, Bangkok Post
タイに輸入される日本の食品に異常は発見されていない
No radiation in imported food
http://bit.ly/f1453I
Items brought in from Japan declared safe from radioactive contamination, according to government examinations.,The Public Health Ministry yesterday assured the safety of food imported from Japan following the examination report and warned the public not to buy iodine pills via the internet.,Food and Drug Administration secretary-general Pipat Yingseri,Science and Technology Ministry's Office of Atoms for Peace (OAP),fish, shells, shrimps and squid,Public Health Minister Jurin Laksanavisit,iodine pills,Veerasak Futrakul, the Thai ambassador to Japan,Klong Toey port in Bangkok,30-kilometre radius of nuclear plants, as advised by Japanese authorities

タイ政府,日本からの輸入食品は厳重にチェックされており,今のところ放射能などの影響はない,今後とも厳重にチェックを続ける,東北地方にいると思われる749人のタイ人と連絡が取れていない,39人のタイ人が軍用機で帰国した,タイでの日本への献金活動 http://bit.ly/f1453I


○110321 日本の美点と難点を引き出した東日本大震災
http://s.nikkei.com/erlbTp
米国紙,日本の美点と難点を引き出した東日本大震災,暴かれた原子力発電産業の欠陥,政府への問題報告を避ける東電,政府対応不十分でも続く救援活動,信頼できる原発と統制できる政府を,愛する家族や家を失った人々が辛抱強い自制心をもって事態に対応http://s.nikkei.com/erlbTp

○110321 自衛隊、米軍と連携加速 タミフル1万錠を空輸
http://s.nikkei.com/fIoUJv
自衛隊,米軍と連携加速,救援巡り連日の調整会合,陸上自衛隊の東北方面総監部仙台駐屯地(仙台市)にある「日米共同調整所」では日米の担当者ら約30人が毎日参加し、米軍の大型輸送機の運用などについて協議。効果的な支援を実施できるよう調整 http://s.nikkei.com/fIoUJv

○110321 日本政府にイラッ…米軍最強放射能スペシャリスト緊急来日
http://bit.ly/etcD54
米国防総省は事態悪化に備え、放射能被害管理などを専門とする約450人の部隊を日本に派遣する準備に入った。大規模な部隊派遣は、日本から正確な情報が届かないことへのいらだちを示すと同時に、米国が事態を深刻視していることの表れといえる。 http://bit.ly/etcD54

○110320 なぜ本当のこと言わないのか…米政府「菅隠蔽体質」に怒!!
http://bit.ly/g0QqVP
なぜ本当のこと言わないのか,米政府「菅隠蔽体質」に怒!!空母や在日米軍を出動させ、救援活動に全面協力している同盟国を軽視するような姿勢にいらだつ一方、米軍無人偵察機が検出した数値から、放射能専門家部隊の派遣準備も始めた。「日米関係が悪化しかねない」http://bit.ly/g0QqVP

○110320 決死の放水作業「英雄」と称賛 露上院副議長
http://bit.ly/fjf7qS
決死の放水作業「英雄」と称賛 露上院副議長,「自己犠牲をいとわない英雄」,「頭が下がる」,「彼らは危機を解決してくれるだけでなく、とても大切な見本を示している」,「日本の若い世代はこの英雄的な人々を忘れず、将来は自分の子供のために犠牲を払うだろう」http://bit.ly/fjf7qS

○110320 震災で中国の世論が変化、日本に対する同情と敬意が広がる―米紙
http://bit.ly/gc8LwQ
震災で中国の世論が変化,「日本と中国のあいだでは、歴史は歴史、現実は現実。両者を混同してはならない」と述べた。震災後という非常時にも秩序を守り、移動の際にも大声を出さず、並んで食品を買うことのできる日本人に対する敬意を強調する報道も多い。http://bit.ly/gc8LwQ

○110320 名もなき英雄たち! 決死の覚悟で復旧作業にあたる福島原発の作業員たち
http://bit.ly/gR8DMP
名もなき英雄たち! 決死の覚悟で復旧作業にあたる福島原発の作業員たち,健康被害は免れられないと訴える者もいる。しかしそれを承知で、日本全国の無事のため戦い続ける181名の作業員たち。私たちは感謝せずにはいられない。自らの命をかけたその働きを。http://bit.ly/gR8DMP


2011年3月20日 ー 福島4号機で日米の見解に大きな亀裂 ー


☆ 福山副長官、原発事故対応,「海外との認識の溝を早急に埋めたい」

東京電力の記者会見,連続して行われてきたが,今,一時中断。最後の議論で,コンクリートミキサー車が途中でもたもたして,まだ到着していないことが問題になっていたが,何に使うのかで,東電と記者団の間でやりとり,記者団は,炉の閉鎖に向けた動きか,と聞いたが,東電は,それは今考えていない,と答えた。そこで問題となってくるのは,4号機の使用済み核燃料プールの問題だ。

米国は,最初に支援の申し入れを日本政府から断られ,クリントン長官がテレビで不満をぶちまけ,米国関係者の80km内避難,を発して,それから日本の情報開示の不足を非難し始めた。日本の外務省の官僚的な発信が油に火をつけたようだ。米国はワシントンで原子力委員会を連続的に開いて,日本の情報に疑いを持っていることを,連続的に発信している。日本の姿勢が,情報を内側に囲い始めていると思っている。

沖縄の海兵隊は,80km指示の時点から,動きを止めている。米軍側としてはもっとプレゼンスを高めたいところだが,米国政府として80kmを決めてしまった状態では,動きようがない。日本の外務省の対応に,クリントン長官が不信を抱いているのは確かだ。松本新外相は立派な大臣だと私は思うが,前原さんが築いていた信頼関係はそう簡単に回復できなかったのだろう。松本さんの曾祖父,伊藤博文は,英国留学。

そこで議論が集中しているのは,4号機の使用済み核燃料プールの問題である。ここ数時間,米国側の動きをモニターしたが,ワシントンにある専門家達は,プールに亀裂が入って水が入らない状況,との見解を明らかにしている。4号機は,3月15日,爆発し出火,屋根の一部や側面に穴,16日再出火,現在は鎮火状態,と報告されている。プールに亀裂があると言う米側見解の根拠になっている。

これに対し北沢俊美防衛相は19日の記者会見で,「米側の見解は聞いている」,としながらも,4号機の表面温度が100度以下であるとして,残っている水により冷却の効果があらわれているとの認識を示した。しかし,プールに亀裂が入っている場合は,いかなる手を打つのか,途中でもたもたしてまだ現地に着いていないコンクリートミキサー車,4号機のプールにコンクリートをたたき込む羽目になるのか,可能性はある。

でも,米国との関係は,最優先で改善して欲しい,松本さんの働きどころだ。この事態で米国との関係をこのような状態に置くのは,頼りにしている米国との安全保障条約は,本当に有効に起動するのかどうか,懸念される。やはり,外交も,元はと言えば人間関係なのだろう。菅さんは恐らく日本人で回復することに力を尽くしたと思われる,その後の外務省の動きは,視野が余りにも狭すぎる,松本さんが技術者を連れて米国へ飛ぶべき。


☆ 参考資料

○110320 福島第1原発の状況情報(3月20日10時現在)
http://bit.ly/eNjxQC
福島第1原発の状況情報(3月20日10時現在),【4号機】3月20日、冷却水放水を開始,3月15日、爆発し出火、屋根の一部や側面に穴。16日再出火、鎮火状態,使用済核燃料プール,「水位低下で使用済核燃料過熱」情報,3月17日、「水ある様子を確認」。http://bit.ly/eNjxQC

○110320 福山副長官、原発事故対応「海外との認識の溝を早急に埋めたい」
http://bit.ly/e77SyW
福山副長官、原発事故対応「海外との認識の溝を早急に埋めたい」,「米政府の原子力機関は何度も、日本政府の対応は適切との報道発表,菅直人首相は米国のルース駐日大使と会談して説明,「世界的にも原発の事故には神経質になっている。海外への英語の情報を出す http://bit.ly/e77SyW

○110320 4号機めぐり日米で食い違う見解,米専門家らはプールに亀裂が入り冷却水が漏れ
http://bit.ly/hYg8TI
4号機めぐり日米で食い違う見解,米専門家らはプールに亀裂が入り冷却水が漏れ、「打つ手のない」(米物理学者)状況に追い込まれる可能性を指摘,北沢俊美防衛相は19日の記者会見で「米側の見解は聞いている」としながらも、4号機の表面温度が100度以下 http://bit.ly/hYg8TI

○110320 4号機プールに亀裂か 米専門家分析
http://bit.ly/fg3Yc1
4号機プールに亀裂か,米専門家分析,漏えいが事実とすれば放水などによる冷却作業が一層難しくなり、「打つ手のない」, NRCの専門家は同紙に対し「(地震発生から)数日だけで、これほどの量の冷却水が蒸発するのは疑わしい」との見方を示した。亀裂の原因 http://bit.ly/fg3Yc1

○110320 活動限定にいら立ちも 米軍即応部隊「待機」
http://bit.ly/fTgIm7
活動限定にいら立ちも,米軍即応部隊「待機」,海兵隊の現地入りは限られ、放射能対応を専門とする部隊も待機状態。日本から具体的な任務を要請されず「能力を持て余している」(軍事筋)米側から、いら立ちが垣間見える。「実はまだ任務が与えられていない」http://bit.ly/fTgIm7

○110320 日米情報ギャップ 米独自の収集解析加速 日本側情報に不信
http://bit.ly/hZZGkO
日米情報ギャップ,米独自の収集解析加速,日本側情報に不信,米国の一連の放射能測定機器,米政府が独自にこの種の機器の投入に踏み切った,福島第1原発4号機の使用済み核燃料プールについて、日本側がまだ水があると述べたのに対し、米側が「完全に乾いている」http://bit.ly/hZZGkO
本側の発表情報は主としてヘリからの肉眼による観測を根拠としているとし、あまり信頼できないとの見解を示した。



2011年3月19日 ー 米国の80km基準は日米不信の兆し ー


☆ 2号機冷却機能,回復なるか,外部電源接続へ

6号機では19日午前4時半ごろ、3台ある非常用発電機のうち1台が復旧。もともと1台が無事だったため、これで2台態勢になった。電力を共有している5号機とともに、プールの水を循環させて使用済み燃料を冷ましたり、水を補給したりできるようになった。18日までに5、6号機の燃料プールは水温がセ氏70度近くまで上がり、水位が低下することが懸念されたが、その恐れはほぼなくなった。


☆ 米“放射能パニック”隠蔽政府にヒラリー激怒,「信用できない」

地震発生と殆ど同時に空母部隊を東北沖に出動させた米軍,その後,この空母部隊の動きがぴたりと止まった。米国は,日本政府の30km範囲内避難の方針を無視して,自国民の80km圏内への接近を禁止した。米空母部隊はここで沈黙せざるを得なくなった。青森港などでは米軍の動きが伝えられているが,誰が考えても奇妙な米国政府の出方である。韓国なども仕方なく,米政府の基準に従った。

昨日は急遽,オバマ大統領が菅首相を呼び出して,支援の方向に変わりはない,と伝えたが,電話をかけざるを得ないほど,日米両政府の間には疎外感が漂った,と見るべきだろう。問題は,クリントン長官の記者会見で,「日本の情報が混乱していて信用できない」,「米国独自の調査で判断する」,とテレビのインタビューで強い不快感を強調,その後で80kmを宣言している。

菅さんは一生懸命やっていると思っているが,米国から見ると,情報公開が十分でないと映るのか。私から見ても,もっともっとネットワーク24時間発信があっても良いと思う。東京電力の記者会見も,紙を配っているというのは,何とも古い,NHKは一生懸命30km向こうからの映像が流されているが,現場据え付けのライブカメラがあってもよいし,時間も経っていることだから,時々刻々オンラインの放射能コンターの地図があってもよい。

まあしかし,東京電力もそこまで頭が回らないし,また事実,全部曝されるのは堪らないのかも知れない。クリントン長官が何を怒ったのかというと,米国政府は最初対処方針を示して支援を提案したが,廃炉前提であったために,日本政府が拒否した,と報じられている。東京電力も,海水を注入する直前までは,廃炉に決断できていなかったのだろう。

報道によると,その後も,米政府は外交ルートを通じて,「第1原発は大丈夫なのか?」,「本当のことを教えてくれ」,と打診したが,日本外務省は首相官邸の指示もあり,「適時適切に対応している」,とお役所答弁。ところが、第1原発の危機は日に日に深刻化し,水素爆発や放射性物質漏れが発覚した,と報じている。米国としては,当初は,日本政府が手を挙げて米国に対策を任せる,ぐらいな期待があったのだろう。

単に菅政権への政治的不信なのか,日本技術陣への不信なのか,よく分からないが,恐らく外務省が官邸と十分な連携がとれていなくて,外務省が詳しい説明が出来なかったのだろう。でも,クリントンさんは,日本国民の間でも人気が高いし,日本を護ってくれるお母さん,写真のような怒っている写真は,恐ろしい。日本の防衛を手放しで任せている米国政府の国務長官が怒ると,日本人は怖い。機嫌を早く直して欲しい。

私は,東京電力に対して,電力節約が必要ならば,時々刻々の需給カーブ,予測も含めて公開すべき,と提案したが,東京電力の一部ではその動きがある。また,原子力保安院には,日本列島の放射能濃度をコンターで示した地図の公開を,時々刻々のオンラインで公開して欲しい,どこまでモニターポストがあるのか分からないが,公開したら国民がパニックする,と思っていたら,それは保安院の思い過ごしだろう。


☆ 日本人は世界中から尊敬を浴びても足りない:台湾メディア

台湾メディア,日本人は世界から幾ら尊敬を浴びても足りない,家を失った日本の被災者は、おにぎりと味噌汁を食べるだけで深くお辞儀し、食べ物のありがたみに感謝している。記憶の中にある豊かで先進的な日本の姿は消えてしまったが、確固たる強さと秩序は守られている。その姿は感動的だ」,と報じている。少し大袈裟だが,それでも,おにぎりに長い行列を辛抱強く保っているのを見ると,台湾でなくても賞賛したくなる。


☆ 放射線落ち着く 首都圏各地で測定値が低下

放射線落ち着く 首都圏各地で測定値が低下,東京都新宿区では18日午前6時で0・050マイクロシーベルト、前日同11時の0・051マイクロシーベルトと比べて若干減少。福島県に近い茨城県北部の日立市では18日午前7時50分で0・347マイクロシーベルト,このような速報を,地図上でオンライン表示された物を公開するのは,保安院の役目か。放射能の見方を見ておこう。

被曝線量限度,一般人は普通に暮らしていても年間平均2・4ミリシーベルトの自然放射線を受ける。それに加え、医療サービスなどを受ける場合には、年間被曝線量限度の1ミリシーベルト(1000マイクロシーベルト)を浴びても健康の心配はないとされる。実際に人体に影響が出るのは年間100ミリシーベルト前後からと考えられている。シーベルトは放射線が人体に及ぼす影響を示す単位。


☆ 参考資料

●110319A Malaysia, biz.thestar.com.my
原発計画を進めるマレーシアにとって福島は安全確認のチャンス
Time for nuclear review
http://bit.ly/dPIhdq
Malaysia,58% of power generated in Peninsular Malaysia is based on natural gas,from coal (37%) and hydro (5%),Tenaga Nasional Bhd (TNB),proper cost-pass through mechanism,Economic Transformation Programme (ETP), Malaysia,Nuclear Power Development Steering Committee,Energy, Green Technology and Water Ministry,Nuclear Power Infrastructure Development Plan,capacity of two gigawatts costing up to RM21.3bil,operational by 2021,not been decided yet by the Cabinet,Environmental Protection Society Malaysia president Nithi Nesaduraio,emergency cooling systems failed,independent watchdog,oversee the safety requirements,this may be the right time

マレーシアは,現在58%ガス,37%石炭,5%水力だが,いずれは原子力必要,計画では201年に2GWの原発計画,まだ閣議決定前,もし原発が必要であるならば,安全を確認するための独立組織が必要,福島原発事故は,この安全確認のチャンス http://bit.ly/dPIhdq

●110319B Thailand, Bangkok Post
タイのエネルギー大臣は福島事故で原発安全について見直し指示
Wannarat: Nuclear safety needs serious review
http://bit.ly/fJNCaJ
Energy Minister Wannarat Channukul yesterday broke his silence on plans for Thailand's first nuclear power plant scheduled to operate from 2020, admitting the project should be reviewed by energy policy planners.,Thailand's 20-year power development plan (PDP) from 2010-30,more closely at safety measures and new technology,yet to make a definite decision,International Atomic Energy Agency,elevant laws and a supervisory regulator, public awareness and acceptance of nuclear power, and adoption of an international protocol,11% of power generation by 2030,lignite and imported coal making up 24%,natural gas 39%,neighbouring countries 20%,renewable energy 6%,gas currently accounts for 72%,coal at 20%,domestic hydropower 5% ,imported power from Laos 2%,five nuclear power plants,1,000 megawatts each,from 2020-28,Norkhun Sitthipong, the permanent secretary for energy,Plan B in case people say no to nuclear power or imported coal,liquefied natural gas imports,power purchases from neighbouring countries,small power producers and renewable energy

タイのエネルギー大臣ワナラートは福島原発事故以来,初めて口を開いた,正式決定はまだだが,2030年までに11%を5基の原発で賄う計画が進行中,代替案ではLNG,外国からの電力輸入など,今回の事故を受け,専門家集団による見直しを支持している http://bit.ly/fJNCaJ

●110319C Indonesia, The Jakarta Post
インドネシアのBPPTは原発計画を続行,計画は自信地域外
BPPT still supports nuke plant for RI
http://bit.ly/gV4pJe
Indonesia's Agency for the Assessment and Application of Technology (BPPT) says it still supports building a nuclear power plant in Indonesia despite the developing reactor leaks in Japan.,BPPT head Marzan A. Iskandar,Bangka Belitung,2006 presidential regulation on the national energy policy,energy by 2025,1 percent of our energy

インドネシアの科学技術院BPPTは,福島原発事故を踏まえても原発に替わる将来電源がないと言うことで,計画は続行する,現在想定されているスマトラ北部沖のバンカ,ブリトンは地震地域とは重ならない,2025年までに需要の1%を原発で担う http://bit.ly/gV4pJe


○110319 日本人は世界中から尊敬を浴びても足りない:台湾メディア
http://bit.ly/fEDmSD
台湾,日本人は尊敬を浴びても足りない,家を失った日本の被災者は、おにぎりと味噌汁を食べるだけで深くお辞儀し、食べ物のありがたみに感謝している。記憶の中にある豊かで先進的な日本の姿は消えてしまったが、確固たる強さと秩序は守られている。その姿は感動的だ」http://bit.ly/fEDmSD

○110319 中国で放射線基準値巡り混乱
http://s.nikkei.com/e0UQiN
中国で放射線基準値巡り混乱,検疫担当は「基準値0.4マイクロシーベルトを超える0.75マイクロシーベルトを計測した」と説明したが、17日は「基準値は1マイクロシーベルト程度だ」と語ったという。在瀋陽日本総領事館は遼寧省政府に説明を求めている。http://s.nikkei.com/e0UQiN

○110319 オバマ大統領 あらゆる支援を行う用意
http://bit.ly/e3pBCD
菅直人総理とオバマアメリカ大統領との電話会談が17日午前10時22分から約30分間にわたり行われ、オバマ大統領から当面の対応のみならず、さらなる原子力の専門家の派遣や中長期的な復興も含めてあらゆる支援を行う用意があることが伝えられ、菅総理は感謝 http://bit.ly/e3pBCD

○110319 放射線落ち着く 首都圏各地で測定値が低下
http://bit.ly/g2K3nr
放射線落ち着く 首都圏各地で測定値が低下,東京都新宿区では18日午前6時で0・050マイクロシーベルト、前日同11時の0・051マイクロシーベルトと比べて若干減少。福島県に近い茨城県北部の日立市では18日午前7時50分で0・347マイクロシーベルトhttp://bit.ly/g2K3nr

○110319 事故原発は“欠陥品”? 設計担当ら35年ぶり仰天告白
http://bit.ly/dJOtUe
米ニューヨーク・タイムズも、米原子力委員会の専門家が1972年、この原子炉は水素がたまって爆発した場合、放射能を封じる格納容器が損傷しやすいため、「使用を停止すべき」と指摘した、と報じた。今回、事故を起こしたのは「マーク1」という沸騰水型原子炉http://bit.ly/dJOtUe

○110319 世界が固唾をのむ…原子炉冷却へ“切り札”投入
http://bit.ly/fPpygn
東京消防庁が持ち込んだ“スーパー放水車”,“切り札”投入で原発の暴走は食い止められるのか、全世界は固唾をのんで見守っている。日本国民は、今回の切り札にいちるの望みを託すしかない。屈折放水塔車は、接近が困難な火災でも地上22メートルの放水塔から消火 http://bit.ly/fPpygn

○110319 米“放射能パニック”隠蔽政府にヒラリー激怒「信用できない」
http://bit.ly/fbvOqm
事故発生直後、米政府は原子炉冷却に関する技術的支援を申し入れた。ところが、原子炉の廃炉を前提とした提案だったため、日本政府は「時期尚早だ」と受け入れなかったという。ヒラリー国務長官は「日本の情報が混乱していて信用できない」「米国独自の調査で判断 http://bit.ly/fbvOqm




2011年3月18日 ー 折木統合幕僚長,誰?首相になれないの?ー

米国が勝手に80kmを決めてきたのは,私はショックですね。日本政府の発表がどうも疑わしい,とか言う声も出ているようだ。安保は大丈夫ですかね。今日の孫の提案は,上から全部箱でかぶせてしまってはどうか,と呟いていた。私は自衛隊の放水を見て,最近の人工降雨はどうなっているのか調べてみて,東大阪のメーカーにメールを打った。中国の人工降雨はすごい規模ですからね。


☆ 折木統合幕僚長,誰? 自信ありそう,年取ってるけど格好いい,首相になれないの?

昨日は多くの人が,NHKのテレビで,自衛隊の放水作戦に注目していた。ユーストリームで見ていたが,ユーストリームは画面の右にチャット欄があって,NHKの画面を見ながら,若い人たちがチャットを交わしている。折木統合幕僚長が出てきたとき,初めて日本軍の最高指揮官を見た若者達は,「これ誰?」,「バクリョウチョウ?」,「自信ありそう!」,「年取っているのに格好いい!」,「菅さんの替わりにならないの?」,・・・・

チャットの果ては,「じゃあ,クーデター起こしてくれないかな」,と危険な方向に走り始めた。政治家と言うのはある意味で素人集団で,玉石混淆,誰も訓練を受けていない,英語もまともに話せないし,技術的訓練も受けていない,頼りないことこの上ない。そう言う意味では,東京電力のトップや,原子力保安院のトップは,プロ集団のトップだから,若者達に,折木統合幕僚長ぐらいのインパクトを与えても不思議でないのだが,と思う。

だから,エジプトやパキスタンやタイなどは,何かというと軍によるクーデターが起こって,国民から大きな支持を得る。日本だって,もし折木統合幕僚長が選挙で首相に選ばれるならば,誰も文句は言わない。若い人に選挙させたら,彼には誰も勝てないかも知れない。技術も語学も立派に教育を受けた人材だから,岡田さんや前原さんがクリントン長官などの前でもたもたするする姿を見なくてよいかも知れない。

(今自衛隊放水,合わせて50トンの予定),そう言う意味では,東京電力のトップや保安院の責任者も,若い人に,「よく分かっている,自信ありそう」ぐらいな評価は欲しいところだ。チャットの若い人たちも,成り行きがよく分かっているから,「自衛隊頑張れ!」の声援が飛んでいる。東京電力も,権威を一人に集中して,記者会見では,もっと自信を持った説明をして欲しい。需給カーブぐらいは見せた方がよいのではないか。


☆ フクシマフィフティ,CNNが東京電力最前線の180人を賞賛,東電OLのミキシも話題に

フクシマフィフティ,海外の新聞がそう呼んでいる,東京電力50人の志士,と言う感じである。180人ぐらいの社員が福島の現場に立てこもり,50人シフトで冷却水が失われた原子炉に立ち向かっている。通常の放射能は,年中を通して総量3ミリシーベルトであるが,今の福島現場は,1時間で総量400ミリシーベルに達するという,交代しながらとはいえ,相当の負担で,事件が収まれば,大きな問題になるだろう。

その海外紙にも,家を出て行く東電の社員のお嬢さん,「お父さんは発電所へ,母がこんなに泣いたのは見たことがない,お父さん必ず生きて帰ってきて」と言っている。東電OL“現場発”ミクシィで惨状訴え…命がけ同僚かばう,第1原発では現在、181人の作業員が決死の注水作業を敢行中。書き込みは、《福島第二原発所員であることを誇りに思います》《早く発電所に戻り復旧作業に行きたい》と結んでいる。

東北地方で働いていた中国人は,中国政府の助けで,殆ど帰国した。その中のグループ,中国人研修生を避難させた日本人社員が津波の犠牲に、研修生らは全員無事―中国紙新華網,専務の佐藤充さんが彼らに駆け寄ってきて「津波が来た!」と叫びながら研修生をさらに高い神社へ,その後で佐藤さんは妻子を探しに宿舎に戻ったが,津波にのみ込まれて帰ってこなかった,と日本人の犠牲心を感謝,賞賛している。

韓国の李大統領は,沸き上がる韓国の不安の声に対して,「韓国の原発は比較的新しい,我々の原発は安全、デマを防げ」,と国民に説明しながら,李大統領は,また,「日本国民と世論の行動に驚かされた。とくに放送の自制力に驚いた」とし、「日本のマスコミと放送、政府の役割、成熟した市民意識は学ぶべきだ」と話した。考えてみれば,あのNHKの仕事ぶりは素晴らしいですね,プロの根性だ。


☆ 中国,原発の新規計画一時停止 国民に不安広がる

中国、原発の新規計画一時停止 国民に不安広がる,現在策定中の原子力安全計画が承認されるまでは,「新たな原発計画の審査・承認を一時中止する」とした。建設中の原発も,「最先端の技術水準に達しなければ、建設を停止する」方針だ。13基の原発が稼働中,「日本の先進的な技術でも事故が起きた。中国の技術がどうしてより優れていると信用できるのか」,などの声も出始め,治安確保に神経を使っている。

中国政府,「厳罰に処す」…放射能不安でデマ、食塩価格高騰・品薄,中国政府「厳罰に処す」…放射能不安でデマ、食塩価格高騰・品薄,食塩が放射能の害を抑える」などのデマが発生したことで、各地で食塩の小売価格が上昇したり、品薄になる現象が発生した。中国政府・国家発展改革委員会(発改委)は、デマの広まりに,厳格に処する意向だという。

☆ あふれる遺体…火葬場施設が全滅で「土葬の会」奔走

大変な数の遺体の処理に,初めて記事がでた。震災の死者数が数千人単位に及ぶ、各地の安置所は泥だらけの遺体であふれている,火葬施設はほぼ全滅,遺体の埋葬問題が重くのしかかっている。「棺がなくても、装束や衣服のままの埋葬でも結構です。今回は、埋葬した皆さま全員のお名前を刻んだ慰霊碑敷地内に建てることになるでしょう」と語る。


☆ 参考資料

●110318A Fukushima, huffingtonpost.com
福島50人衆,フクシマフィフティ,50人シフトで180人の東電社員
'Fukushima 50' Risk Their Lives To Prevent Nuclear Meltdown
http://huff.to/geiOIR
While thousands of people have been evacuated due to high risks of radiation near the Fukushima Daiichi nuclear plant, a small group of 180 workers are risking their lives to help prevent a major meltdown. nearly 200 technicians,Fukushima 50,World Health Organisation,about 3.0 millisieverts (mSv) a year,400 millisieverts an hour,"My dad went to the Nuclear Plant. I never heard my mother cry so hard. People at the plant are struggling, sacrificing themselves to protect you. Please dad come back alive," more hi-tech robots

福島50人衆,フクシマフィフティ,50人シフトで180人の東電社員が,他の全員が避難してしまった現場で,メルトダウンを防ぐため戦っている,娘さん,「お父さんは発電所へ,母がこんなに泣いたのは見たことがない,お父さん必ず生きて帰ってきて」http://huff.to/geiOIR

●110318B China, bloomberg.com
中国は福島の影響で原発計画を見直し中だが早期に既定路線に
Japan’s Risk of Meltdown Lessening as Water Dumped, Graham Says
http://bloom.bg/f0MjxH
Thomas Graham, a former U.S. ambassador and chairman of Lightbridge Corp., said the risk of a meltdown at Japan’s damaged nuclear reactors has lessened after water was dumped on the site. fuel ponds,On possibility of a meltdown,radiation risk,future of nuclear industry,new reactors with more highly developed safety measures,China’s action,halted license pending extensive safety reviews,China will go back to the nuclear power program,extensive coal fired plants,carbon-free base load energy source and nuclear power is the only one

福島原発事故の中国への影響,全米大使が語る,中国政府は一時的に安全を検討のため計画をサスペンドしているが,中国が石炭だけで進むのは不可能で,ベース電源として原子力開発は欠かせなく,早期に規定の原子力開発に帰るだろう,http://bloom.bg/f0MjxH

●110318C Indonesia, nytimes.com
インドネシアは2億4千万が生き残るためには原発不可避と
Indonesia to Continue Plans for Nuclear Power
http://nyti.ms/f9VHQb
While the world looks on with trepidation at the nuclear crisis touched off by the earthquake and tsunami in Japan, officials in Indonesia, one of the world’s most seismically active countries, are pushing ahead with plans to build the country’s first nuclear power plants. Bataan reactor in the Philippine,to triple its electricity output by 2025,2006 decree by President Susilo Bambang Yudhoyono,5 percent of electricity to come from nuclear,2004 Asian tsunami ? in which nearly 170,000 Indonesians died,Ring of Fire, the Pacific Rim,Arif Fiyanto, a climate and energy campaigner,Greenpeace,Japan has an excellent safety culture and an excellent early warning system.,msyamasita@nike.eonet.ne.jp,to build two plants with a combined capacity of 18,000 megawatts by 2022 in the provincial government of Bangka-Belitung, between the islands of Sumatra and Borneo,Adiwardojo, the head of nuclear energy development at Indonesia’s National Nuclear Energy Agency,International Atomic Energy Agency,Thailand to announce a freeze,n Vietnam, plans to build a series of reactors,,In China,In Indonesia,between 2015 and 2019,Muria Peninsula,Herman Darnel Ibrahim, a council member,strong community objection persisted,nuclear power remains a necessity,Our population is 240 million. We have no choice

インドネシア,福島原発事故を受けて,グリーンピースが「火の輪」と言われる列島での計画中止を求める,政府は,南スマトラ沖バンカ島,ブリトン島で2022年完成を目指しており,安全地帯であることと,2億4千万が生き残るためには原発不可避と http://nyti.ms/f9VHQb


○110318 電力政策、抜本見直し迫られる可能性も 原発事故
http://s.nikkei.com/dKteru
電力政策、抜本見直し迫られる可能性も 原発事故,原発は日本の総電力量の3割弱を占める。もし原発がすべて止まれば、日本の電力確保に大きな支障が出る。一方、二酸化炭素(CO2)排出量の多い火力や、ダムなどへの反対運動の多い水力など代替電源の確保http://s.nikkei.com/dKteru

○110318 【原発】冷却の電線引き込みきょうにも 福島原発
http://bit.ly/gMcchc
福島第一原発の原子炉などを安定的に冷却するため、外部から電源を引き込む作業が本格化しています。1号機と2号機は18日にも電線がつながるめどが立ってきました。原子炉などを冷やすためには http://bit.ly/gMcchc

○110318 インド株(終了):下落、日本の原発事故を懸念−印中銀は利上げ
http://bit.ly/fNWoTL
インド株(終了):下落、日本の原発事故を懸念−印中銀は利上げ,インド株式相場は下落。東日本大震災に伴う原発事故が世界景気に打撃を与えるとの懸念が強まったほか、インド準備銀行(RBI、中央銀行)が利上げ後にインフレ圧力の高まりを指摘 http://bit.ly/fNWoTL

○110318 中国、原発の新規計画一時停止 国民に不安広がる
http://bit.ly/gLvWUr
中国、原発の新規計画一時停止 国民に不安広がる,現在策定中の原子力安全計画が承認されるまでは「新たな原発計画の審査・承認を一時中止する」とした。建設中の原発も「最先端の技術水準に達しなければ、建設を停止する」方針だ。13基の原発が稼働http://bit.ly/gLvWUr

○110318 中国人研修生を避難させた日本人社員が津波の犠牲に、研修生らは全員無事―中国紙
http://bit.ly/fmTQ3G
中国人研修生を避難させた日本人社員が津波の犠牲に、研修生らは全員無事―中国紙新華網,専務の佐藤充さんが彼らに駆け寄ってきて「津波が来た!」と叫びながら研修生をさらに高い神社へ,その後で佐藤さんは妻子を探しに宿舎に戻ったが津波にのみ込まれてhttp://bit.ly/fmTQ3G

○110318 李大統領「我々の原発は安全、デマを防げ」
http://bit.ly/ebLe3I
李大統領「我々の原発は安全、デマを防げ」,李大統領は、また「日本国民と世論の行動に驚かされた。とくに放送の自制力に驚いた」とし、「日本のマスコミと放送、政府の役割、成熟した市民意識は学ぶべきだ」と話した。http://bit.ly/ebLe3I

○110318 中国政府「厳罰に処す」…放射能不安でデマ、食塩価格高騰・品薄
http://bit.ly/hTPwyH
中国政府「厳罰に処す」…放射能不安でデマ、食塩価格高騰・品薄,食塩が放射能の害を抑える」などのデマが発生したことで、各地で食塩の小売価格が上昇したり、品薄になる現象が発生した。中国政府・国家発展改革委員会(発改委)は、「デマを広めたりhttp://bit.ly/hTPwyH

○110318 利益吹っ飛ぶ「円急騰」!国難状態なのに…なぜ買われるのか?
http://bit.ly/ijN5nX
「円急騰」!国難状態なのに…なぜ買われるのか?不可解な相場の背後には、震災と原発事故をきっかけに世界的な株価暴落でダメージを受けた投資家が、高金利通貨への投資などリスクの大きい運用をやめ、取引を一度手じまうため「金利が低い円を買い戻すhttp://bit.ly/ijN5nX

○110318 あふれる遺体…火葬場施設が全滅で「土葬の会」奔走
http://bit.ly/idkQh9
震災の死者数が数千人単位に及ぶ、各地の安置所は泥だらけの遺体であふれている,火葬施設はほぼ全滅,遺体の埋葬問題が重くのしかかっている。「棺がなくても、装束や衣服のままの埋葬でも結構です。今回は、埋葬した皆さま全員のお名前を刻んだ慰霊碑 http://bit.ly/idkQh9

○110318 東電OL“現場発”ミクシィで惨状訴え…命がけ同僚かばう
http://bit.ly/hJ7d4Q
東電OL“現場発”ミクシィで惨状訴え…命がけ同僚かばう,第1原発では現在、181人の作業員が決死の注水作業を敢行中。書き込みは、《福島第二原発所員であることを誇りに思います》《早く発電所に戻り復旧作業に行きたい》と結んでいる。http://bit.ly/hJ7d4Q

○110318 枝野に惑わされるな!原発ほんとうのこと「首都圏脱出の必要なし」
http://bit.ly/eV6qbs
首都圏から脱出しなくてはならないのかと思う人もいるだろうが、「その必要はない」と語るのはシンクタンクの独立総合研究所代表、青山繁晴氏。内閣府の原子力委員会専門委員を務め、原発の安全性に詳しい青山氏に「ほんとうのところ」を尋ねた。http://bit.ly/eV6qbs



2011年3月17日 ー 東電,警察,自衛隊,今日が山場と ー


☆ 現場に入る東電社員,娘に,「今日の対応で原発の未来が変わる。使命感を持っていきたい。」

福島原発に近づけない状況を見ながら,孫が,「ロボットは使えないのか」,と呟いていた。今朝の新聞を見ると,科学技術庁がモニタリングのための戦車ロボットを貸し出したという。原子力発電所でロボットを育てておくべきだった,と考えている人は,私の孫だけではないだろう。少なくとも,もっと近づいて写真か動画を撮ってくるぐらいのロボットは,育てておくべきだった。

今日の隠れた話題は,福島沖に停留する米海軍の動きが,ぴたりと止まったことだろう。先ほども枝野官房長官の会見で,厳しい質問が飛んでいた。米軍は80km,これは日本政府の判断か,と迫った。枝野さんは,日本の自衛隊でも海外の支援の場合はその様な保守的な判断をしただろう,と説明している。このことは,日本の国土と国民を護るためには,日本人自身がやらないと駄目,と言うことを,日本人が悟ったと言うlことだろう。

そう言えば,今日は,東京電力,自衛隊,警察の,被爆覚悟で戦っている日本人がいるということを,改めて認識した。CNNが報ずる,東電に“一握りのヒーロー”決死の覚悟でとどまる50人,非常事態の中、最少人数で作業にあたる現場の原発作業員たちは、まさに決死の覚悟で戦っている。真っ暗闇の中、懸命に注水作業を続ける東電や協力会社の社員たちだ。家族と連絡が取れない人も。

CNNの報道だが,東京電力の経営陣の記者会見が減り,東電撤退の噂が流れ,また保安院は,爆発後,現場から約50キロ離れた福島県郡山市まで退避した。この中で,70人体制で現場で戦っている一握りの東京電力及び協力会社のヒーロー達は,もう被爆を覚悟したと見られる。また会社員の娘(27)によると,59歳の社員は,家族に,「今の対応で原発の未来が変わる。使命感を持っていきたい」,と言って,平然と現場に向かった。


☆ 警察幹部は,「行けと言われれば行く。それが任務だから。でも,何で今なんだ…」とつぶやいた

警視庁幹部,「もうやるしかない」,大型モニターに放水の模様が映し出され,職員らは作業の手を止め食い入るように見詰めていた。被ばくの危険にさらされる機動隊員ら。警視庁幹部は,「ここまできてしまった。もうやるしかない。成功して、無事に帰って来てほしい」,もう今日しかない,と言って飛び立った自衛隊のヘリコプターを見て,覚悟を決めた。自衛隊も,首相と北沢防衛大臣の要請で,幕僚長が踏み切ったという。


☆ 中国は世界で,「国防動員法」の演習を行っている

13億の民を持ち,世界中に大規模な進出を遂げている中国人,これを瞬間的に移動させるシミュレーションに,中国政府は様々な実験を行っているのではないか。リビアに14,000人の中国人がいたことも驚きだが,この全員を海空の手段を総動員して,数日で全員を出国させた。また今回,バスを動員して東北在住の中国人を成田に集め,中国南方航空、東方航空などは定期便に大型機を投入,帰国させた。

中国は本来,人海戦術をその基本としてきたが,活動範囲が広がってくると,大量の人員を瞬時に動かす戦術は,極めて重要なのだろう。インドの火力建設に2万人のビザを要求している中国だが,これも大量動員の一貫だ。シンガポールやバンコク,ヤンゴンなどへの高速鉄道の提案も,この動員計画と全く関係ないとは言えないだろう。


☆ 参考資料

●110317A Indonesia, The Jakarta Post
インドネシアのユドヨノ大統領は日本企業に投資の計画確認
SBY set to discuss Japanese investment commitments
http://bit.ly/eXYi6G
President Susilo Bambang Yudhoyono is scheduled to meet several Japanese businesspeople at the Presidential Palace on Tuesday. former minister Ginanjar Kartasasmita,Mitsubishi Corporation,US$18 billion,next five to 10 years

インドネシアのユドヨノ大統領は,来る火曜日,日本企業を集めて,投資プロジェクトが今回地震でどの様な影響を受けるか,ヒアリングすることになった,例えば,三菱商事はこの先5〜10年で180億ドルの投資を行うとされてきた http://bit.ly/eXYi6G

●11017B Thailand, Bangkok Post
タイのバンコクポストは,連日,日本の災害を報じ続けている
Amidst nuclear crisis, Emperor addresses nation
http://bit.ly/f5T5kp
Japan's emperor gave a rare address to a jittery nation on Wednesday as a nuclear emergency deepened and millions struggled in desperate conditions after last week's quake and tsunami disaster. more than 11,000, with 3,676 confirmed killed,,Engineers have been desperately battling a feared meltdown at the 40-year-old plant,France's Nuclear Safety Authority,Yukiya Amano, the Japanese chief of the International Atomic Energy Agency

タイのバンコクポストは,連日,日本の災害を報じ続けている。天皇陛下が国民に対してメッセージを発したことを強く報じている。フランスがチルノブイリに次ぐ事故,と報道,IAEAは危険度は違うと,バンコク空港では日本からの乗客を放射能チェック http://bit.ly/f5T5kp

●110317C Thailand, Bangkok Post
タイは福島原発事故で再検討,7月総選挙後の新政権の課題
Multiple energy sources will be essential
http://bit.ly/eZgFUL
Energy development should not rely on one source but on multiple possibilities, say industry experts amid growing concerns about plans to build nuclear power plants in Thailand following failures at the Fukushima complex in Japan. Fumio Ueda, executive director of Japan's New Energy and Industrial Technology Development Organization (Nedo),solar, wind and clean coal,Thailand's 20-year power development plan (PDP),five nuclear plants with a capacity of 5,000 megawatts to start operating between 2021 and 2028,election due in late June or early July,Prime Minister Abhisit Vejjajiva,Deputy Prime Minister Suthep Thaugsuban,But I have changed my mind and believe Thailand should rethink the development. We'd better choose other energies instead.",coal-fired plants totalling 8,000 MW to start operating from 2016 to 2030,to reduce the use of natural gas from 72%,Dr Pallapa Ruangrong of the Energy Regulatory Commission,28 million tonnes a year in 2030

タイ,福島原発事故を受けて電源開発計画見直しの雰囲気,ガス火力が72%を占める構成は厳しいが,電源の多様化の可能性はある,アビシット首相は原発反対,ステップ副首相も反対へ意見変更,いずれにしても結論は,7月の総選挙後の政権が決めることになるhttp://bit.ly/eZgFUL


○110317 避難勧告の違いなぜ?=日本側情報に懐疑的見方も−米
http://bit.ly/e1GbGT
避難勧告の違いなぜ?カーニー米大統領報道官は16日の記者会見で、米国が福島第1原発の半径80キロ圏内の米市民に避難勧告を行ったことをめぐり、避難・屋内退避の範囲を30キロ圏内としている日本との対応の違いについて、繰り返し説明を求められた。http://bit.ly/e1GbGT

○110317 警視庁幹部「もうやるしかない」
http://bit.ly/gJgLEy
警視庁幹部「もうやるしかない」,大型モニターに放水の模様が映し出され、職員らは作業の手を止め食い入るように見詰めていた。被ばくの危険にさらされる機動隊員ら。警視庁幹部は「ここまできてしまった。もうやるしかない。成功して、無事に帰って来てほしい」http://bit.ly/gJgLEy

○110317 東日本巨大地震:首都圏の電力難、解消できない理由とは
http://bit.ly/gSyH5G
首都圏の電力難,東京と周辺7県に電力を供給する東京電力の発電能力は6448万キロワットだが、現在はその半分以下の3100万KW,今月末までに福島第2原発の運転を正常化,するとともに、火力発電所と水力発電所での生産を増やし、発電量を4000万KWへ http://bit.ly/gSyH5G

○110317 東電に“一握りのヒーロー”決死の覚悟でとどまる50人
http://bit.ly/evBu8z
東電に“一握りのヒーロー”決死の覚悟でとどまる50人,非常事態の中、最少人数で作業にあたる現場の原発作業員たちは、まさに決死の覚悟で戦っている。真っ暗闇の中、懸命に注水作業を続ける東電や協力会社の社員たちだ。家族と連絡が取れない人も http://bit.ly/evBu8z

○110317 5、6号機も…原発“連鎖危機” メルトダウン始まったか?
http://bit.ly/ijeW3D
最悪の結末だけは、何としても食い止めなければならない。地元・福島県選出の玄葉光一郎国家戦略相は「チェルノブイリ事故のようなことは絶対にあり得ない。菅直人首相は20−30キロ圏内の住民約13万6000人に「屋内退避」を求める醜態をさらした。http://bit.ly/ijeW3D


2011年3月16日 ー タイは首相以下が原発躊躇 ー


☆ 私の孫は原子炉を縦向きに積み上げろと言う

福島原発,衛星写真を見ながら,津波が原因か,と一人語散っていたら,孫が横から覗き込んで,「6つも並んでいるのか,何で縦向きに並べないの」,と言われてしまった,それなら津波は問題ないだろう,と孫は言いたかったのだろう。それでも原子炉を縦向きに並べるのは相当の勇気が要るが,それで思い出したのは,地下原子力の話である。若いときには我々も,真剣に地下原子力を考えた時期があった。

越前海岸の崖の横っ腹に洞窟を掘って,そこに海水揚水発電所も併設させて,越前揚水発電所内蔵型地下式原子力発電所,と粋がっていた。私は当時,真剣に可能性があったと思っていたが,専門家は,地下水処理がどうにもならない,と言っていた。しかし,地下ならどうだっただろう,縦向きに並べる孫のアイディアも実現出来たし,例えばメルトダウンにも対応容易だったかも知れない。

この文を書いているとき,原子力保安院の記者会見が行われているが,どうも数字の問題でもたもた,という感じで,一般には,大丈夫か,と言われそうである。既に菅さんのパフォーマンスへの批判が出ているが,政治主導の流れから,官僚の活動が阻害されていると言われ始めた。保安院は勝手にものが言えなくなっている,官邸を通せ,と言うことだろう。でも外から見ていて,計画停電など,東電がもう少しうまく説明できないか,と思う。


☆ もっとも注意深い日本人が原子炉を守れないなら東南アジアでは無理だ

今日の記事でもっとも痛いのは,シンガポールの当局者の,「日本人はアジアで最も注意深い国民だと思っている。その日本が自国の原子炉を守れないとすれば、安全に対する不安はアジア地域で一気に高まる」,という言葉である。でも本当に最近の日本は,安全神話にならされて,余りにもボーンヘッドが頻発しすぎる。日本人は几帳面なだけに,少しアソビが少ない思考過程に陥っているのではないか。

福島がボーンヘッドという気持ちはないが,それでも,津波防護壁がもう2m高ければ,恐らく福島は救われたかも知れない,と思うと,余りにも残念ではありませんか。2mのコンクリートを打っておけば,兆円近い福島原発を失うことはなかったかも知れない。高速増殖炉の真上で物を落としたり,何でもない蒸気パイプに穴が空いて死亡事故を起こしたり,鉄塔の上から折れて死亡事故など,全く鮠からは見ていられないですよ。

カリフォルニア地震で高速道路の桁が軒並み落ちたとき,日本の土木技術者は,日本ではあのようなlことは起こらないよ,と嘲笑した。阪神高速道路の柱が軒並み倒れたとき,土木技術者はそれきり口を開かなくなった。ハヤブサだって実際は失敗だらけでしょう。熟練技術者の勘に頼るプロジェクトを,高度にリスクマネージメントされた方式に変えれば,ひょっとすると,津波壁を高さ7mにしたかも知れない。


☆ ベトナムは福島原発事故をどう見ているのか

いろいろ調べてみたが,少なくとも英語の世界では,ベトナム政府は福島原発について全く沈黙しているように思う。何故沈黙しているのだろう,日本に第2期計画を委託する日本での原発事故だけに,ショックを受けているのではないか,唯一つ,マニラで書かれたAFPの日本語記事の中で,ベトナム原子力研究所のヴォン・フー・タン所長が,「日本の事故がベトナムの原子力開発計画に及ぼす影響はないだろう」,と言い切った,という。

この記事は全体の論調としては,日本の原発事故にも揺るがないアジアの原子力ブーム,として,インド,中国,タイ,などのコメントを執っている。ただ,このインドシナ半島に於いて,一国の原発計画が単なる国の問題ではないことに気付く。タイでは,2000人がデモを行っているが,その主張の中に,ベトナムに原発を造らせない,と言う言葉があり,タイのグループがベトナムに乗り込むというようなことも,考えなければならないだろう。


☆ タイは本来親日国だけに,ショックは大きい

タイのアビシット首相本人が,元来,原発反対と言われている。首相になって以降,首相はその主張を封印しており,今回の事故を見ても,まだ正式なコメントは出していない。今日のバンコクポストは,長年,観光客が行き交った両国の間も,暫く観光客が影響を受けるだろう,と悲観的な見方を述べている。この3月から5月は日本の観光シーズンで,10万人のタイ人の予約の70%がキャンセルされたという。

日本人は行き場所がないから,この日本列島を復興する覚悟は出来ているが,逆に外国人は日本列島から逃げ出すのに一生懸命のようだ,そんなに日本列島は危なく見えるのか。タイの新聞は,日本から入ってくる食材には十分に注意するよう警告がでているし,バンコクには沢山の日本レストランがあるが,これにも注意するよう警告がでている,バンコクの屋台よりは相当安全と思うが。


☆ 中国,インドなどの新興国の反応は

アジア諸国は近年、世界の「原子力ルネサンス」の先頭に立っている。中国は,建設中の原子炉が27基,計画中が50基を越えるが,中国環境保護省の張力軍次官は前週末,日本の原発事故によって「原子力発電を発展させる中国の決意と計画が変わることはない」,と断言している。原発を否定することは,経済成長を止めることであり,それは今のままの貧富の差を埋められないと言う事になる。

インドは昨日も伝えたとおり,インドのマンモハン・シン首相が国会で説明,インドの原発は既に地震や津波を乗り越えてきている,と自信を示している。しかし首相は,14日,既存の原子炉20基の安全点検を命じた。中国とは違う政治体制だけに,これからの立地問題には,相当の難関が待っているだろう。既に昨日,ゴア州が,二つの原発に挟まれて,懸念を表明している。

AFPによると,一方,シンガポール国際問題研究所のサイモン・テイ所長は,日本の原発事故にはアジア各国の政府のみならず国民も注目しており,多くの環境団体は原子力の危険性を証明するきっかけにしたがっていると語る。「恐怖の要因は巨大だ。みんな、日本人はアジアで最も注意深い国民だと思っている。その日本が自国の原子炉を守れないとすれば、安全に対する不安はアジア地域で一気に高まる」,と。


☆ 参考資料

●110316A 原発事故,afpbb.com
日本の原発事故にも揺るがないアジアの原子力ブーム
http://bit.ly/fFD06r
海外の化石燃料への依存度を弱めようとしているアジア諸国は近年、世界の「原子力ルネサンス」の先頭に立っている。ベトナム原子力研究所のヴォン・フー・タン所長も「日本の事故がベトナムの原子力開発計画に及ぼす影響はないだろう」と言い切った。http://bit.ly/fFD06r

●110316B 原発事故,zakzak.co.jp
“原発SOS”最後の砦も…チェルノブ寸前! 米軍出動の非常事態
http://bit.ly/hEDR2n
米原子力規制委員会(NRC)のジャッコ委員長は14日の記者会見で、日本政府から機材提供の要請を受けたことを明らかにした。NRCはすでに沸騰水型原子炉の専門家2人を東京に派遣しているが、15日朝には米軍横田基地と横須賀基地から計2台のポンプ車http://bit.ly/hEDR2n

●110316C Thailand, Bangkok Post
日本人は悲しみに沈んでいるが復興と共に日本人はタイへ帰ってきてくれる
Cancelled trips hit 70 pct
http://bit.ly/fKLnhz
About 70 per cent of outbound package tours to Japan worth 3 billion baht for the summer season have been cancelled since the devastating earthquake and tsunami, according to the Thai Travel Agents Association (TTAA).
around 100,000 Thai people
Japanese products to be checked for contamination
Restaurants work to quell fears
Japanese people are very sad now and both inbound and outbound tourism there will drop heavily in the short term but the situation will improve gradually once the rebuilding takes place

タイに於ける福島原発の影響,10万人を超すタイ人観光予約の70%以上がキャンセル,日本から輸入した食料に気をつけろ,日本料理店に注意せよ,日本は悲しみに沈み,日本人の旅行者は減っているが,復興が進めば,日本人は帰ってきてくれる http://bit.ly/fKLnhz

●110316D Thailand, Bangkok Post
タイの福島原発影響,候補地,2000人が計画取り消しを求めデモ
Thai civil groups fight against nuclear plants
http://bit.ly/hIMnrL
Thai civil groups have joined the global community in opposing the construction of nuclear power plants in the wake of a series of explosions at the quake-hit Fukushima power complex in Japan.,Network of People Against Nuclear Power Plants,20-year power development plan,five nuclear power plants,5,000 megawatts by 2020-2025,eight provinces,Trat, Chumphon, Nakhon Sawan, Surat Thani, Ubon Ratchathani, Khon Kaen, Kalasin and Prachuap Khiri Khan,Sodsai Sangsoke, leader of the anti-nuclear group in Ubon Ratchathani,petition to the Vietnamese government to cancel,Greenpeace campaigner Tara Buakamsri,2,000 people from 18 districts of Kalasin,Electricity Generating Authority of Thailand's (Egat)

タイの福島原発影響,原発建設の候補地8つの県,2000人が計画取り消しを求めデモ,日本人でもコントロール不可能でどうしてタイ人にそれが出来るか,ベトナムの原発建設にも反対,タイへの影響がある,インドシナ半島は原発抜きで計画せよ http://bit.ly/hIMnrL


2011年3月15日 ー 福島第一原発4号機建屋で火災 ー

現時点で上のニュースが最新ですかね,4号機は大丈夫かと思ったら,使用済み核燃料が燃えているという,東京電力の方々の気持ちに思いを馳せます,命を賭けていると言っても良いかも知れない,それでも何とか抑え込んで欲しかった,まさにエネルギー史上の大惨事で,行方不明者1万人,にも胸を打たれます。保育園のバスを揺れが収まったので親元に帰そうとしたら津波に襲われて全滅,涙なくして読めませんね。


☆ 福島原発の事故は,津波対策が主因となった

昨日,私は,福島原発の津波防護壁が10mであったら,原発の惨事は防げたのではないか,と書いたが,今朝になってこの問題が大きく取り扱われ始めた。原子力専門の私の友人も,「十分想定の範囲内での事態収束に向け順調に進展していました。津波の来襲が事態を一変させました。
先ず、非常用ディーゼル発電機が海水をかぶり、全機ダウンしました。」,とコメントしています。

彼によると,東北電力の女川原子力発電所は,「揺れに加えて津波も凌いだようで安定した状態で冷温停止」,と説明して,マグニチュード9.0の震源に最も近かった原発は,かくして生き残っている,と述べ,この事実は大いに世界に発信すべきだ,と言っている。しかし,福島がここまで来てしまった後では,何の慰めにもなりませんよね。でも,時間が経って,この事実が思い出されるとき,皆様は関心を持って説明して頂きたい。

今朝の朝日新聞は,初めてこの津波の問題に着目し,日本の各原発の津波への対策を調べている。関西など日本海に面する原発は,高さ4m程度しか考えていない発電所もあり,数字はまちまちである。と言うことは,国の基準は全く津波の設計高さに関心を持っていなかった,と言えるわけですね。福島の5mの設計は,どこまで真剣に検討されていたか,また落ちついたら調べてみたいものですね。


☆ 東南アジア各国の反応,ベトナムは記事が発見できないのはどういうこと

東南アジアの主要国,インド,タイ,フィリッピン,インドネシアのメディアの対応を調べている。ベトナムネットには,この原子力の記事がないのですよね,どこかにあると思うが,一見見あたらない。ベトナムは,第2期の原発を日本に委託しようとしている,この日本支援の中核となるのは,東京電力の原子力スタッフを中心とした国際原子力ですよね,津波にも対応できなかった技術陣,彼等はどう評価するのか,心配である。

インド,日本の原発事故を注意深く見守っている,シン首相は国会に対し,2002年のグジャラート地震,2004年の津波を乗り切っていると説明,原子力委員会も計画変更は考えていない,GEもこの決定を支援している,現有設備は20機4,870MW,なお現在新たに2,000MWを新設中である。インドは今のところ落ちついた対応で,今後の原発建設計画に影響はないとしているが,津波については改めて再認識,と言うことだ。

インドネシアのジャカルタポストは,福島原発事故に関連して,先進各国の見方を分析,米国はオバマ政権の開発方針変えず,スイスは当面中止,ドイツは耐用年数延長を見直し,全体的に原子力ルネッサンスに冷水,しかしまだ結論を急ぐ段階ではないと結ぶ,冷静に世界への影響を解説し,インドネシア自体の計画には触れていない。米国オバマ政権へのダメージを関心を持って見ている感じである。

フィリッピンのマニラブリテン紙,福島原発事故に関連,メルトダウンの意味を詳しく説明,しかし原爆のような爆発に達するようなものではない,過去に1979年のスリーマイル,これは部分的メルトダウンと考えられている,1985年のチェルノブイリを解説。自国の原発計画については述べていない。今のところは,日本がどの様な結末を迎えるか,見守っているところだ。

タイのバンコクポスト,福島原発事故と関連して,アビシット首相は本来原発反対であったはずだが,改めて聞いても,それに対して首相は明確に応えていないようである。いずれにしても総選挙後の内閣が決断することになると言う意味だろう。現在進めている原発計画の第1段階,国民への説明などは続けているが,第2段階,人材開発には着手していない。エネルギー関係者は,将来原発以外にはない,との主張を変えていない。


☆ 参考資料

●110315A India, Economic Times
インド,日本の原発事故を注視,計画の変更はない
India's N-plan may take a hit; equipment suppliers not worried
http://bit.ly/h0zzsG
Japan's nuclear crisis will create obstacles for India's atomic energy programme, but this has not dented the optimism of equipment suppliers such as GE and India's Larsen and Toubro as the country remains determined to expand capacity. review of India's 20 nuclear rectors,severe earthquake and tsunami,Fukushima Daiichi nuclear plant,Prime Minister Manmohan Singh,Gujarat earthquake in 2002,tsunami in 2004,General Electric Co,recovery effort of Japanese government,No Change in India's Nuke Plan: AEC Chief,existing operational capacity is 4,870 MW,Nuclear Power Corporation of India,to add close to 2,000 MW,SK Banerjee, chairman, Atomic Energy Commission,existing 20 nuclear reactors

インド,日本の原発事故を注意深く見守っている,シン首相は国会に対し,2002年のグジャラート地震,2004年の津波を乗り切っていると説明,原子力委員会も計画変更は考えていない,GEもこの決定を支援している,設備20機4870MW,2GW追加計画 http://bit.ly/h0zzsG

●110315B Indonesia, The Jakarta Post
インドネシア,日本の原発事故は原子力ルネッサンスに冷水
Japan's blasts cast doubt on nuclear renaissance
http://bit.ly/dFZDV3
Switzerland freezes plans to build new nuclear plants, Germany raises questions about its nuclear future, and opposition to atomic reactor construction mounts from Turkey to South Africa. Chernobyl and Three-Mile Island,over volatile oil prices,Sleeping Beauty slumber,Austria's Environment Minister Nikolaus Berlakovich,exceptional nature of Japan's earthquake and ensuing tsunami,Russia, China and Poland,U.S. government looks to expand its nuclear energy industry,Switzerland,In Germany,Individual EU members including Britain, Bulgaria and Finland also urged a nuclear safety review,Turkey and Sweden,442 nuclear reactors in operation worldwide,65 new facilities under construction,14 new reactors - in China, Russia, India, Japan and Brazil,Chilean President Sebastian Pinera,Switzerland freezes plans to build new nuclear plants, Germany raises questions about its nuclear future, and opposition to atomic reactor construction mounts from Turkey to South Africa.
President Barack Obama's visit to Santiago next week,it was too early to evaluate all the consequences of the Japanese explosions

インドネシアのジャカルタポストは,福島原発事故に関連して,先進各国の見方を分析,米国はオバマ政権の開発方針変えず,スイスは当面中止,ドイツは耐用年数延長を見直し,全体的に原子力ルネッサンスに冷水,しかしまだ結論を急ぐ段階ではないと結ぶ http://bit.ly/dFZDV3

●110315C Philippines, Manila Bulletin
フィリッピン,福島原発事故に関連,メルトダウンの意味を詳しく説明
What is a nuclear meltdown?
http://bit.ly/hWgI6Z
Fears of a catastrophic nuclear meltdown have surfaced following the earthquake and tsunami damage to two of the reactors in the nuclear power plant in Fukushima, Japan. Since then more reactors ? at more nuclear sites ? have lost at least some cooling ability, increasing concerns about possible meltdowns.,reactor will not explode like an atomic bomb,salty sea water, accompanied by a boron mix, is very corrosive,180,000 people evacuated ,In 1979, what was described as a “partial core melt”,On April 26, 1986

フィリッピンのマニラブリテン紙,福島原発事故に関連,メルトダウンの意味を詳しく説明,しかし原爆のような爆発に達するようなものではない,過去に1979年のスリーマイル,これは部分的メルトダウンと考えられている,1985年のチェルノブイリを解説,http://bit.ly/hWgI6Z

●110315D Thailand, Bangkok Post
タイ,福島原発事故と関連して,アビシット首相は本来原発反対であった
Abhisit said to be opposed to nuclear plants
http://bit.ly/hh8qUA
PM refused to commit govt to new power pla
Prime Minister Abhisit Vejjajiva was already mulling over whether to scrap plans for nuclear plant projects in Thailand even before the feared nuclear meltdown in Japan. Energy Ministry,International Atomic Energy Agency,yet to enter into the second phase,development of personnel,
20-year power development plan (PDP),five nuclear power plants,5,000 megawatts by 2020-2025,back-up plan is to build 13 coal-fired,800-megawatt plants,another gas-fired, 800-megawatt plant,Nuclear Society of Thailand former president Pricha Karasuddhi,not melted down,Sunchai Nilsuwankosit, head of Nuclear Technology Development Department of Chulalongkorn University,Norkhun Sitthipong, permanent,secretary of the Energy Ministry,Pailin Chuchottaworn, president of IRPC,refined oil and petrochemical prices

タイのバンコクポスト,福島原発事故と関連して,アビシット首相は本来原発反対であった,それに対して首相は明確に応えていない,いずれにしても総選挙後の内閣が決断することになる,第2段階にはまだ進んでいない,関係者は原発以外にはないと主張 http://bit.ly/hh8qUA


○110315 震災に便乗!?民主・自民タッグで“増税大連立”現実味
http://bit.ly/eViD6N
震災に便乗!?民主・自民タッグで“増税大連立”現実味,復興支援財源を確保する臨時増税の時限立法も視野に入れ、民主、自民両党幹事長間で協議する方針。外国人から菅首相側への違法献金が明らかになるなど、追いつめられていた政権だが一転増税大連立 http://bit.ly/eViD6N

○110315 オバマ米政権の原発推進政策、逆風に直面も−福島原発の事故受け
http://bit.ly/gNpuvt
オバマ米政権の原発推進政策、逆風に直面も−福島原発の事故受け,クリーンエネルギー政策の一環として呼び掛けている次世代原子炉の推進計画は、逆風に直面する可能性がある。大統領は議会に対し、原子力エネルギー関連で従来の3倍の540億ドルの融資保証 http://bit.ly/gNpuvt

○110315 福島第一原発4号機 建屋で火災
http://bit.ly/epI3tI
福島第一原発4号機 建屋で火災,現在、自衛隊とアメリカ軍が、消火作業をどのように行うか検討している。また、2号機では、原子炉格納容器の圧力抑制プールが破損する事故も起きている。http://bit.ly/epI3tI

○110315 日経平均先物、8000円割れ SGXも、放射能漏れ警戒で一段安
http://s.nikkei.com/i8EUTl
日経平均先物、8000円割れ SGXも、放射能漏れ警戒で一段安,下げ幅は1000円を大きく上回り、一時は前日比1560円安の7900円と節目の8000円を下回った。福島第1原子力発電所で事故が相次いでいることで、放射性物質が漏洩するとの懸念が一段と強まりhttp://s.nikkei.com/i8EUTl

○110315 ドイツ首相、原発計画の見直しを表明
http://bit.ly/hvE93F
日本の原発が危機的状況に陥っている事態を受け、ドイツのメルケル首相は14日、同国の原発の運用年数を延長する計画について再考すると表明した。首都ベルリンで記者会見したメルケル首相は、日本の原発事故について「科学的には不可能としか思えないこと http://bit.ly/hvE93F


2011年3月14日 ー 原発の津波に対する設計基準に問題あり ー

☆ 福島原発の事故について,実は津波だけの影響でも起こったのではないか

福島第1原発は,1号機に続いて,3号機でも,格納容器の外で水素爆発を起こしている。我々は地震の構造的影響が事故を起こしたような錯覚に陥っているが,実はそうではないのではないか。東京電力や保安院の発表を追っていると,あの地震が起こっても,もし津波がなかったら,原子炉は停止しただけで,何も異変は起こらなかったのではないかと思われる。

インドのゴアで1980年にカイガ原発に反対運動が起こった。その時の反対運動のリーダーが昨日,あれっ,我々は津波に対する安全には,全然考慮を払っていなかった,と絶句していた。福島についてだが,予備電源防護に関する安全は,津波高さ5mで設計されていた,しかし,実際は7mで,津波は防壁を越えて,予備電源が運転不能に陥り,それが原因で格納容器内の水を確保できなかった,と報道されている。

さて,地震動に対する原子炉の安定については,十分な安全が保たれていた,事実,原子炉は停止したけれども,破壊はされていない。地震動に対しては最高の解析がなされ,建設され,安定を保った。ところが,最大津波の高さを5mに設定したときは,どの様な統計的な計算が行われたのか。察するに,余り大きな議論はされずに既往最大とかの,漠然とした基準となったのではないか,発生確率の計算など行われたのか。

今,NHKが福島2号機でも給水機能が失われた,と放送している。津波に対する防御の設計は,高さ5mを10mとすることのコストは,殆ど全体の経済性に影響しなかっただろう。津波に対する防御を,高さ10mとしていれば,今回の悲劇は起こらず,日本の高い安全度が証明されたであろう,と考えると,残念至極である。全能力を格納容器の構造的安定に使い果たし,壁の高さは簡単に5mとしてしまった,と私は見ている。


☆ 東京電力の計画停電,PLNの方式を取り入れてはどうか

東京電力が,計画停電について,一生懸命に記者会見で説明するが,複雑で混乱が起きている。清水社長の前言を,担当者がひっくり返すと言う醜態だが,私から見れば,当然の迷いで,東電はぎりぎりまで送電したい,と言う気持ちがよく表れている。私は,東京電力は,インドネシアのPLNのように,時々刻々の需要供給カーブを公表すべきではないか,需要側の覚悟もそれによって形成されるだろう。


☆ 参考資料

●110314A India, calcuttatube.com
インドのヒマチャルプラデシュ州,ヤムナ川支流レヌカ川のレヌカ多目的ダム
Himachal to re-submit Renuka dam proposal for green clearance
http://bit.ly/dL5p05
An environment clearance proposal for Himachal Pradesh’s multi-billion-rupee hydropower dam project ? which will quench the thirst of Delhi ? would be re-submitted to the union environment and forests ministry, Chief Minister Prem Kumar Dhumal said here Friday. 775 hectares of forest land,dam on Renuka river, a tributary of the Yamuna river, in Sirmaur district,letter to Prime Minister Manmohan Singh June 4, 2010,Himachal Pradesh Power Corporation Ltd (HPPCL),Geological Survey of India,cost of Rs.27 billion ($561 million),Hathinikund barrage,40 MW of electricity,Himalaya Niti Abhiyan, a group of NGOs,700 families of 37 villages

インドのヒマチャルプラデシュ州,ヤムナ川支流レヌカ川のレヌカ多目的ダム,州政府首相がシン首相に推進を直訴,電力は40MWだが,デリーへの水供給の役目重要,775ヘクタールの森林で環境森林省が慎重,700家族が影響を受ける,NGO反対 http://bit.ly/dL5p05

●110314B China, newstrackindia.com
中国雲南省のマグニチュード5.8の地震で怒川のダム開発再検討の動き
Earthquake casts doubt over Chinese hydropower project
http://bit.ly/dGA20u
The 5.8-magnitude earthquake that struck Yingjiang county in China's Yunnan province, has convinced local officials, to delay hydraulic power projects in the Nujiang River Valley. Wang Jirong, a member of the Standing Committee of the 11th National People's Congress (NPC)

中国雲南省のインジアンを襲ったマグニチュード5.8の地震で,先日発表した怒川のダム開発計画について,再検討の動きが出ている,第11次全人代の実行委員会のメンバーは,この地域の地質的な複雑さを指摘している http://bit.ly/dGA20u

●110314C Vietnam, saigon-gpdaily.com.vn
ベトナムは原発推進,12日に投稿された記事
Vietnam to build nuclear power plants
http://bit.ly/golp26
Fossil fuel energy as well as hydropower sources in Vietnam and in the world are being exhausted and nuclear power offers energy more effectively, safely and economically, while simultaneously combating greenhouse gases. Ninh Thuan 1,Le Dinh Tien, Deputy Minister of Science and Technology,Dr Vuong Huu Tan, associate Professor and head of the Vietnam Atomic Energy Institute,Hoang Anh Tuan, deputy head of the Atomic Energy Department of the Ministry of Science and Technology,156 households with about 650 people,over 2,000 residents to be relocated,Ninh Thuan 2 plant,in 2014,to generate power by 2020

ベトナムの原発の記事,金曜日,日本の地震の前に書かれたもの,投稿されたのは12日だから,既に日本の状況が報じられている最中,ベトナムは原発の建設が必要だが,人材,資金,制度設計に問題があると,2014年着工,2020年運転開始 http://bit.ly/golp26


○110314 [FT]日本の原発事故から学ぶこと(社説)
http://s.nikkei.com/hRx5dc
英フィナンシャル・タイムズ紙,政府当局は情報開示に比較的積極的で断固とした行動を取っている。原発事故に国境はない。地震国でありながら原発を推進しているのは日本だけではない。人類は今や原子力と共存,原発の安全を確保は世界共通 http://s.nikkei.com/hRx5dc

○110314 福島第1原発3号機が水素爆発、格納容器の健全性は保持=保安院
http://bit.ly/hy7DHN
福島第1原発3号機が水素爆発、格納容器の健全性は保持=保安院,同院の説明によると、東電は同院に対して「原子炉格納容器の健全性は保たれている」と報告しているが、外部への影響などは現在調査している。爆発後の午前11時44分に東電が正門近くhttp://bit.ly/hy7DHN


2011年3月13日 ー 東京電力は福島第1原発で制御可能な方向か ー

よく分からないが枝野長官の話を聞いていると,全体的には,東京電力は,押さえ込みに自信が出来て来たような雰囲気がある。被爆者や場所を現状で抑え込めば,恐らく東京電力は賞賛されるのではないか。東京電力の処置を信頼して期待している,と言うコメントは,ネット上に出てきている。爆発したものが何かが分からない段階では,最悪であった。テレビが聞けない人は,私のHPのユーストリームにアクセスして下さい。


☆ 福島第1原発3号機、炉心溶融の可能性も 燃料露出、19人被ばく

このタイトルが現時点では最新である。このような事故の時によく考えるのは,重要構造物はよく設計されていて,まず事故の原因となることはないが,必ず2次的な構造物が問題を引き起こしている,と言うことである。美浜の事故の場合もそうだった。今回はどうか,給水ポンプが故障し,予備電源が使えなくなった,と言うのが,燃料棒破壊の原因に繋がった,と考えれば,やはり給水ポンプと予備電源のバックアップは検討不足と言うことか。

ダムの設計の場合も,ダム本体が破壊するとか転倒に対する安全は,例えば100年に一度の洪水を対象に設計するが,付属設備,例えば洪水吐の放水庭のコンクリートは50年の洪水でよい,とか言う類の考え方である。しかし,実はこの放水庭のコンクリートが破壊されれば,ダムの安定に影響が出てくる,となれば,放水庭のコンクリートも,100年の洪水に耐えられなければならない,と言う話になる。

これと同じように設計概念が,原子力発電所にも使われると思われるが,予備電源が動かなかった,と言うのは,結果的には大変な事故である。これは推測であるが,地震と津波と言うのは,同時に考えられていたのだろうか,当然考えているだろう,と思うが,予備電源や或いはバッテリーが故障したのは,地震と言うよりも,津波で故障したのだろう,とも見られる。後で出てくるが,インドでこの例がある。

今回の冷却材の喪失や循環が停止すると,どうなるか。専門家の引用であるが,「核燃料は自分が発生する熱で,核燃料自身を溶融し崩壊する冷却材喪失事故,LOCA,ため,とても危険な状況になる。このほかにも,運転中に大きな正の反応度が投入されると,原子炉出力が急上昇し,冷却材の冷却能力を上回り、核燃料は崩壊する反応度事故,RIA,が起こることもある。」

「核燃料が入れられている燃料被覆管はジルカロイ合金でできているが,ジルカロイ合金は1,400℃で溶融を始め,被覆管が破損することで核分裂生成物が周囲に漏れることになる。さらに核燃料は発熱を続けると、原子炉圧力容器をも溶かして外部へ漏出して大量の放射性物質が原発外に漏れる事態を引き起こす危険性もある。今回,福島第一原発周辺でセシウムが検出されたということは、融解が始まっている可能性が高い。」

「このようなわけで,福島第一原子力発電所でも緊急かつ慎重に対応をすすめているようだ。放射性物質の漏れは非常に危険なわけだが、危険なのはこれだけではない。このまま炉心の温度が下がらないと高熱の溶融金属が冷水と接触して起こる水蒸気爆発や、ジルカロイ合金が水から酸素を奪って酸化し発生させる水素ガスによる爆発といった危険もある。」


☆ 東南アジア諸国は,福島をどの様に報道しているか

タイのバンコクポストは,一応親日国で情緒的である。タイのバンコクポスト,2004年の津波に対する日本の支援の対応に応えなければならない,原発事故について,ロシアの専門家を引用,チェルノブイリに比べればよく制御されている,大きな危険はない,タイ国民は,その日出ずる国が最良の結果となることを信じている,として,首相自身が日本の首相へメッセージを伝えている。ベトナムは記事がなかった,また後で。

フィリッピンのマニラブリテン,漏れ出た放射能が通常の1000倍を超え,地震全体では1300人以上の犠牲,と長文で詳しく被害を報道,日本の東北地方に住んでいるフィリッピン人4500人未確認,40年の古い原子炉が溶融の危機と,オバマの胸張り裂けるを紹介,原発事故の影響は記述なし。フィリッピンは今のところ,自分たちの原発開発との関連には,まだ筆が回っていない。

インドネシアのジャカルタポストは長文で詳しく福島原発の状況を報じている。技術者達は炉のメルトダウンを防ぐため格闘している,米国人の専門家の意見を引用しながら,福島が沸騰水型で,米国などで一般的な加圧水型ではない,と特にこれを報じている。恐らく米国人専門家の考え方を斟酌して,世界で多数派として開発が進んでいるのは,加圧水型だ,と言うことを言いたいようだ。

インドはエコノミックタイムスが報じている。福島原発事故を受けて,西南沿岸の既設カイガ原発と計画ジャイタプール原発に挟まれたゴア州は,パニックに襲われている,特に1980年代のカイガ原発反対の人は,地震と共に津波が事故に大きく影響したことを重視している。当時,原発に反対した人のコメントであるが,反対運動の際,地震と津波の同時影響は議論されなかったと言っている,注意すべきコメントである。


☆ 参考資料

●110313A Vietnam, english.vietnamnet.vn
ベトナムの電源開発に遅れ,中国企業に問題,深刻
Billions KWH of electricity failed to be put into grid, electricity shortage serious
http://bit.ly/hy1xt9
The failure of the power development program for the 2006-2010 period (the 6th development plan) showed that Vietnam lacks electricity not only because it lacks capital or because of prolonged droughts. It is imperative to reconsider the efficiency of investments in the power sector. Dr Tran Dinh Long, Deputy Chair of the Vietnam Power Association,6th development program,only 63-64 percent,Ministry of Industry and Trade,seventh development program,42 power plants,in 2010-2012,28 plants are going to be late by one or two years,Quang Ninh 1,Hai Phong 1,Electricity of Vietnam thermopower plant (2x110 MW),Vietnam Coal and Mining Industries Group Vincomin,second quarter of 2010,in 2010 instead of 2009,in 2010 instead of 2009,Cam Pha thermopower plant,In 2011,18 power plants,total capacity of 4585 MW,capacity of 1705 MW,in 2009 or 2010.,eight power plants with the total capacity of 3410 MW,in 2010 or 2011,in 2012, at the earliest,Quang Ninh 2 power plant (2 x 300MW), Hai Phong 2 (2 x300MW), Khe Bo hydropower plant 50MW, A Luoi hydropower plant 2 x 85MW, Mao Khe thermopower (2 x 220MW), and Vung Ang thermopower (2 x 600MW).,droughts, an inevitable factor, and the lack of capital,problem with choosing contractors,Chinese enterprises

ベトナムの第6次開発計画失敗で電力不足が深刻,18地点,4,585MWが工事遅延,EVNは渇水と資金不足が原因と言っているが,実際はコントラクター選定の失敗,特に値段だけで選んだ中国企業に問題多し,クワンニン2の600MW,など http://bit.ly/hy1xt9

●110313B Laos, steelguru.com
ラオス南部の322MWのセカマン1水力,ベトナム施工
Construction starts for Sekaman 1 hydro power project in Laos
http://bit.ly/hkkTU3
Vietnam News Service reported that construction of the Sekaman 1 hydro power project kicked off in Laos's southern Attapeu Province as part of the Viet Nam Lao energy co operation program.,USD 441 million project,322 MW to produce 1.22 billion KWh per year,20% of which will be consumed in Laos ,about 80 kilometers from the Viet Nam Laos border on the Sekaman River,by Viet Nam's Song Da Corporation in late 2014,Mr Hoang Trung Hai Deputy Prime Minister of Vietnam,Mr Somsavat Lengsavat Permanent Deputy Prime Minister of Lao,to reach 5,000 MW by 2020,six other hydropower projects in southern Laos,capacity of 1,400 MW,around 5.4 billion KWh per year,Sekaman 3 project is scheduled to be put into operation by late this year

ラオス南部の322MWのセカマン1水力,ベトナムのハイ副首相,ラオスのソンバット副首相臨席で起工式,441百万ドル,12億KWh,両国の約束,2020年までに5000MW開発,最初のプロジェクト,今後更に協力続く,ベトナムのソンダ社 http://bit.ly/hkkTU3

●110313C Thailand, Bangkok Post
タイのPEA,16年で4000億バーツを知的送電網
PEA plans smart grid system
http://bit.ly/fpwget
The Provincial Electricity Authority (PEA) will spend 400 billion baht over the next 16 years to integrate electricity transmission lines nationwide into a smart grid system. PEA governor Narongsak Kamales,two-way digital communications,Thailand will be the third country in Asia to install a smart grid, after Japan and South Korea

タイの地方配電PEA,この先16年で4000億バーツを注ぎ込んで知的送電網,スマートグリッドを本格的に採用する,タイはアジアで,日本,韓国に次いで3番目の国となり,再生可能エネルギーや電力効率化に貢献することを期待,http://bit.ly/fpwget

●110313D Thailand, Bangkok Post
タイのバンコクポスト,日出ずる国が最良の結果となることを信じている
Japan's anguish is felt in Thailand
http://bit.ly/ekvr3e
Friday's massive earthquake in the northeast of Japan and the resulting tsunami that sent walls of water far inland have focused the hopes, prayers and sympathies of the world on the island nation, and Thailand is no exception. 2004 Asian tsunami,as high as 1,300,sum of five million baht in assistance funds,Prime Minister Abhisit Vejjajiva,About 50,000 Thais live in Japan,2,000 Thai Airways passengers,very real possibility of a nuclear reactor meltdown,Tokyo Power Electric Co,20km radius of the plant was ordered to evacuate,metal container sheltering a nuclear reactor was not affected by an explosion,Yaroslov Shtrombakh, a Russian nuclear expert, said a Chernobyl-style meltdown was unlikely
about everyone on the planet hopes he is right,Thailand and around the world people are hoping for the best possible outcome in the Land of the Rising Sun.

タイのバンコクポスト,2004年の津波に対する日本の対応に応えなければならない,原発事故について,ロシアの専門家を引用,チェルノブイリに比べればよく制御されている,大きな危険はない,タイ国民はその日出ずる国が最良の結果となることを信じている http://bit.ly/ekvr3e

●110313E Philippines, Manila Bulletin
東北のフィリッピン人4500人未確認
Nuclear reactor explodes
http://bit.ly/eqjFXX
Radiation 1,000 times above normal detected; 1,300 feared dead,Radiation leaked from an unstable Japanese nuclear reactor north of Tokyo on Saturday, the government said, after an explosion blew the roof off the facility in the wake of a massive earthquake.,stricken 40-year-old Daiichi 1 reactor plant in Fukushima prefecture,at least 1,300 people were killed,Tokyo Electric Power Co (TEPCO),No Filipino casualty,4,500 Filipinos nationals living in Tohoku,OWWA hotline,State of emergency,Because of the nuclear leak,Operators at the Fukushima Daiichi plant’s Unit 1
ferociously,Tokyo Electric Power Co.,dire,Yuji Kakizaki, an official at the Japanese nuclear safety agency,President Barack Obama mobilized the US military to provide emergency aid after what he called a ‘’simply heartbreaking’’ disaster.

フィリッピンのマニラブリテン,漏れ出た放射能が通常の1000倍を超え,1300人以上の犠牲,と長文で詳しく被害を報道,東北のフィリッピン人4500人未確認,40年の古い原子炉が溶融の危機と,オバマの胸張り裂けるを紹介,原発事故の影響は記述なし http://bit.ly/eqjFXX

●110313F Indonesia, The Jakarta Post
インドネシア,福島は沸騰水型で一般的な加圧水型ではない
Japan quake causes emergencies at 5 nuke reactors
http://bit.ly/hfW2jx
Japan declared states of emergency for five nuclear reactors at two power plants after the units lost cooling ability in the aftermath of Friday's powerful earthquake. Thousands of residents were evacuated as workers struggled to get the reactors under control to prevent meltdowns.
Dr. Irwin Redlener, a pediatrician who runs a disaster preparedness institute at Columbia University 460-megawatt Unit 1 began operating in 1971,boiling water reactor that drives the turbine with radioactive water, unlike pressurized water reactors usually found in the United States.,Leonard S. Spector, director of the Washington office of the James Martin Center for Nonproliferation Studies,most serious type of accident at a nuclear power plant,Neil Sheehan, a spokesman for the U.S. Nuclear Regulatory Commission,strict sets of regulations designed to limit the impact of quakes on nuclear power plants,10 of Japan's 54 commercial reactors were shut down

インドネシアのジャカルタポストは長文で詳しく福島原発の状況を報じている。技術者達は炉のメルトダウンを防ぐため格闘している,米国人の専門家の意見を引用しながら,福島が沸騰水型で,米国などで一般的な加圧水型ではない,と特にこれを報じている http://bit.ly/hfW2jx

●110313G India, Economic Times
インドのゴアは福島が津波の影響を受けたことを重視
Goa fidgety after Japan N-leak
http://bit.ly/e7Q281
A crisis at the Fukushima nuclear plant in distant Japan has made some people closer home uneasy about Goa , sandwiched between Karnataka?s Kaiga nuclear plant and the proposed plant at Jaitapur in Maharashtra.,Kaiga is barely 22 km from Goa,Canacona and Jaitapur in Ratnagiri district is 1,725 km from North Goa,in the 1980s,tsunami triggering a crisis at a nuclear plant is a new development

インド,福島原発事故を受けて,西南沿岸の既設カイガ原発と計画ジャイタプール原発に挟まれたゴア州は,パニックに襲われている,特に1980年代のカイガ原発反対の人は,地震と共に津波が事故に大きく影響したことを重視,反対で津波のことは初めてと http://bit.ly/e7Q281


○110313 津波のエネルギーが南極にまで
http://bit.ly/hkWZLw
米国海洋大気圏局(NOAA)は、東日本大震災の震源からどれだけ強いエネルギーが発生しているのか、イメージ画像を公開した。マグニチュード8.9の震源地、三陸沖から、24時間以内にその波動が環太平洋地域全域に拡がっていく模様がわかる。地球の裏側の南米 http://bit.ly/hkWZLw

○110313 福島第1原発3号機、炉心溶融の可能性も 燃料露出、19人被ばく
http://bit.ly/hGt3Nx
福島第1原発3号機、炉心溶融の可能性も 燃料露出、19人被ばく,原子炉の排気を実施し圧力を下げ、真水の注水を開始するなど、炉心溶融や爆発回避に努めている。3号機はプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料によるプルサーマル発電を実施http://bit.ly/hGt3Nx

○110313 IAEA、日本支援の用意 東日本大地震
http://bit.ly/eaYxWo
IAEA、日本支援の用意 東日本大地震,天野事務局長,「放射能影響調査や環境サンプリング、医療支援、所在不明となった放射性物質の回収、緊急対応への助言など技術的な支援を提供することができます」と述べ、IAEAとして支援できることとしhttp://bit.ly/eaYxWo

○110313 国際救援隊が続々来日 ドイツ、スイス、中国
http://bit.ly/hiyhe3

国際救援隊が続々来日 ドイツ、スイス、中国,同日中に宮城県南三陸町に向かうとしている。中国からの緊急援助隊も正午すぎ、羽田空港に到着。中国からの緊急援助隊受け入れは初めてで、伴野豊外務副大臣らが出迎えた。http://bit.ly/hiyhe3


2011年3月11日 ー 原油高,鉄鋼高,不穏なプロジェクトへの動き ー


蓮舫さん,傑作ですね,違法コピーされたニンテンドーDSのソフトを無料でダウンロードできることから,任天堂が対策に乗り出しているツール「マジコン」があるが,先月29日午前に,「DS『イナズマイレブン2』の改造コードの入れ方をどなたかご存知ですか?私にはさっぱり…」,ネット上で問い合わせたが,今日の閣議で,マジコンが違法となる法案の上程が決まった,蓮舫さん,危なかった。


☆ 松本剛明外相,「メア氏,綸言汗の如しだ」,「中国、着実に戦略的互恵関係深化」

ちょっと暫く松本剛明外相に目を向けておきたいと思う。記者に確かめながら,「綸言汗の如し」,とメア氏を評した言葉,なかなかとっさに出ない言葉ですよね。でも最近は鳩山さんの普天間問題で評されていたことがあるので,松本さんも使ったのですかね,皇帝が一旦発した言葉は取り消すことが出来ない,と言うような意味だと思うが,米国の誰かが意味を調べているかも知れない,突き詰めると陳謝しても駄目,と言う意味になるのか。

松本さんが最近国会図書館で,安重根を調べた,という噂がある。安重根は,松本さんの曾祖父伊藤博文を東京駅頭で暗殺した犯人だが,何故調べたのか,と記者が質問している。「私自身が会ったというか,小さい頃には健在だった祖母自身は直接,伊藤博文に会っているので,つながっているという意味で,結果として命をやはり奪われたということも大変重い事実である。これは韓国の友人にもお話をさせていただいた,と率直だ。


☆ メコン川本流,ラオス領内のサヤブリダム,連日の報道

昔は,日本のODAか,世界銀行が資金援助をしなければ,出来なかった,このような大規模プロジェクトも,今やラオス政府が承認し,タイ企業が動けば,タイの銀行が動いて,プロジェクトが進むことになる。そう言う意味で,この最大1,200MWを発電するサヤブリダムは,相当に現実味を帯びてきた。3月22日にメコン河委員会の会合があるようで,メコン下流グループとしては,着工を承認することになる。

1992年に当時のメコン委員会は,ビエンチャン直上流のパモンダムを動かそうとしたが,資金的に海外資本の支援を受ける必要があり,実現しなかった。今回のサヤブリダムとの大きな違いは,前回はタイとラオスの国境に跨ったが,今回はすべての施設がラオス国内であり,ラオスの政治体制から,ラオス政府が承認すると,NGOが反対しても推進されるだろう。問題はカンボジア政府とベトナム政府の判断だ。

中国領内のダム建設には,毫も反対できなかった下流諸国は,もしラオスの提案に反対するなら,弱小国なら反対するのか,と問われてその矛盾に応えることが出来ない。昔は,東北タイへの導水が大きなテーマーであったが,最近では産業構造の変化で水よりも今は電力,と言う雰囲気が強くなっている。水没移住は,下流メコン流域では最も少ない地点だろう。魚類の問題はあるが,人間優先,と言うことか。


☆ 雲南西部・盈江地震:死者25人に…捜索犬も投入し懸命の捜索

まだ全容は分からない,マグニチュードは,5.8とそれほど大きくないが,震源が10km比較的浅いことから,地表では強烈な揺れが発生したと考えられる。徳宏タイ族チンポー族自治州盈江県,地図で調べて見ると,昆明から真西でミャンマーとの国境付近,流域としてはイラワジになるが,すぐ東には,先日,開発方針が決まったサルウイーン,怒河のダム計画地点がある。すぐ南は,麻薬で関係のあるコーカン地区になる。


☆ 原油高,鉄鋼高,不穏なプロジェクトへの影響,2008年の再現か

先ほどのニュースでは,サウジアラビアにも火がついたようだ。原油高,鉄鋼高,石炭高,が洪水のように押し寄せている。皆さんは,2008年7月は何をしていましたか,私は当時マニラにあって,あるプロジェクトを手がけていたが,高騰して行く原油,石炭,鉄鋼の価格を横目で見ながら,見通しの立たないプロジェクトの分析を行っていた。日本からも,重要なプロジェクトが,工事費の高騰で苦悶していた。

プロジェクトの経済性の判定で,インフレーションは一般的には影響を与えない,プロジェクトの工事費が上がれば,代替手段も同じように高騰し,更に電気料金の上がってくる,というのが理屈だ。しかし,今動かそうとしているプロジェクトで,資金調達を行う場合は,便益となる電気料金や代替手段のコストが,すぐには付いてこないので,投資意欲が大きく減退,そのために一時棚上げ,という影響を受ける。

今日の関連報道を拾う,米大統領が11日にエネルギー価格上昇に関して記者会見,中東と北アフリカ諸国の政情不安を背景にしたガソリンや暖房油の値上がりの直撃を米消費者が受けている中で,オバマ大統領は質疑応答を行う。原油相場は過去1年間で25%上昇した。やや高騰の影が見えてきたときに,中東不穏の空気が重なって,米国経済を直撃しているようだ。

日本,あのみっともない与謝野経済財政相,原油高でも円高で日本への影響は軽微,他国ほど影響は受けてない」との認識を示した上で,「しかし、一般的に原油高は世界経済にかなりのマイナス影響があると言われている。政府として,この問題は注意深くフォローする必要がある」,と語っている。与謝野さんのコメントは飽きた,ガソリンも上がっているではないか,リーマンショックは蜂と同じ,と説明した与謝野さんは,もういい。

原油高騰にドル安犯人説,歴史再び,市場心理を冷え込ませたのが予想を上回った中国の2月の貿易赤字。その大きな原因が原油高騰による輸入金額の増大で、中国経済の先行きに不安を投げかけた。中国など新興国の需要増が底流にあり,中東地域の地政学リスクが加わる。鉄鋼についても,原料炭の値上がりなど,トン8万円台で落ちついていたところに,プラス2万円の動きがある。注意深く注視の必要がある。

国内鉄鋼大手と英豪系資源大手「リオ・ティント」は、4〜6月期の原料用石炭(原料炭)価格について、1〜3月期より約5割高い1トン=約330ドル(約2万7000円)にする方向で最終調整に入った。 鉄鋼大手は今後、自動車メーカーなど取引先に対し、11年度上期(4〜9月)の鋼材価格について、10年度下期(10年10月〜11年3月)比で約2割(1トン当たり約2万円)の値上げを求める方針,とされている。


☆ 参考資料

●110311A Thailand, Bangkok Post
タイの石炭企業バンプー,モンゴルの石炭に注目,資本参加
Banpu to expand in Mongolia Stake in Australian miner an opportunity
http://bit.ly/dJtFgR
Banpu Plc, Asean's largest coal miner, will continue to invest more in Mongolia after it recently acquired minority shares of an Australia-based company that has several projects in the pipeline in the North Asian country. Chief financial officer Somrudee Chaimongkol,China, Indonesia, and Australia,12.39% or 30 million shares of Hunnu Coal,A$45 million (1.4 billion baht),in the exploration and development phases,in South Gobi, Mongolia,10 coal development projects,400 million tonnes of JORC coal resources

タイの石炭企業バンプー,モンゴルの石炭に注目,豪企業所有のフヌプロジェクトの資本参加,当面は約12%だが,将来は最大シェアも視野,10のうち2プロジェクトで埋蔵量は4億トン,良質の石炭で,輸送は比較的容易,バンプーは東南アジア最大 http://bit.ly/dJtFgR

●110311B Mekong, news.smh.com.au
メコン河本流の35億ドル,サヤブリダム開発,3月22日決断
Australia urged to help halt Mekong dam
http://bit.ly/hRrjG1
Environmental groups want Australia's help to halt a $3.5 billion hydro-electricity power project on the Mekong River which has pitted our South-East Asian neighbours against each other. Xayaburi Dam project,Mekong River Commission (MRC),11 proposed hydropower,developments on the lower Mekong River,to be deferred for 10 years,Foreign Minister Kevin Rudd,Ame Trandem, a representative for environmental group International Rivers,A decision on the project by the commission could come as early as March 22,In 2007, Laos signed a memorandum of understanding,$3.5 billion development,University of New South Wales political analyst, Carl Thayer,Climatologist Anond Snidvongs from Chulalongkorn University,fisheries on Cambodia's Ton Le Sap Lake and Vietnam's delta,greater saltwater intrusion into agricultural soils damaging rice

メコン河,下流域本流の35億ドル,サヤブリダム開発は,メコン河委員会の下で3月22日にも最後の決断がなされる状況,環境グループなど豪政府の影響力を重視,米国が10年待てと言っている状況を考慮して,中止を求める,資金はタイの銀行と企業 http://bit.ly/hRrjG1

●110311C China, chinadialogue.net
中国四川省,重慶近傍,長江上流のシアオナンハイ・ダム
Last ditch plea on Yangtze dam
http://bit.ly/gPHL74
As China ratifies its new development plan, environmentalists are pleading with politicians to protect an imperilled fish reserve. Meng Si reports on the latest developments. Xiaonanhai dam,upper reaches of the Yangtze River,premier Wen Jiabao,National Reform and Development Commission (NDRC) Zhang Ping,China’s Ministry of Environmental Protection (MEP),70,000 mu (46.7 square kilometres) of arable land,n Jiangjin district,400,000, will be flooded,Zhongbadao,World Commission on Dams,US$5.6 billion,Zhuyangxi and Shipeng

中国四川省,重慶近傍,長江上流のシアオナンハイ・ダム,56億ドル,環境専門家が温家宝首相などへ反対の文書送付,生物多様性の他,水力発電はクリーンでないとの意見を開陳,40万人が水没の可能性など http://bit.ly/gPHL74


○110311 「メア氏、綸言汗の如しだ」「中国、着実に戦略的互恵関係深化」
http://bit.ly/gwufFz
松本剛明外相は10日、産経新聞などのインタビュ,「メア氏、綸言汗の如しだ」「中国、着実に戦略的互恵関係深化」,日中関係は昨年は確かにいろいろ評価される事件があったが、11月の日中首脳会談以降、着実に中国の場合は戦略的互恵関係の深化 長文 http://bit.ly/gwufFz

○110311 雲南西部・盈江地震:死者25人に…捜索犬も投入し懸命の捜索
http://bit.ly/gTFkLU
雲南西部・盈江地震:死者25人に…捜索犬も投入し懸命の捜索,マグニチュードは5.8とそれほど大きくないが、震源が10キロメートルと比較的浅い,被災者は30万人とみられている,徳宏タイ族チンポー族自治州盈江県では、軍、警察、消防、民兵などの各組織http://bit.ly/gTFkLU

○110311 中国の軍需企業が新エネルギー産業に大挙して進出
http://bit.ly/flEaXp
中国の軍需企業が新エネルギー産業に大挙して進出,太陽光発電、風力発電、新型電池技術など,そのコア技術が軍事分野にある,例をあげると、太陽光発電技術は衛星の太陽電池パネルに使用され、各種の高性能・高効率の電池技術もミサイルなどの軍需品にhttp://bit.ly/flEaXp

○110311 米大統領が11日にエネルギー価格上昇に関して記者会見
http://bit.ly/hegUgh
米大統領が11日にエネルギー価格上昇に関して記者会見,中東と北アフリカ諸国の政情不安を背景にしたガソリンや暖房油の値上がりの直撃を米消費者が受けている中で、オバマ大統領は質疑応答を行う。原油相場は過去1年間で25%上昇した。http://bit.ly/hegUgh

○110311 原油高でも円高で日本への影響は軽微=与謝野経済財政相
http://bit.ly/fYZOLQ
原油高でも円高で日本への影響は軽微=与謝野経済財政相,他国ほど影響は受けてない」との認識を示した上で、「しかし、一般的に原油高は世界経済にかなりのマイナス影響があると言われている。政府として、この問題は注意深くフォローする必要がある」http://bit.ly/fYZOLQ

○110311 原油高騰にドル安犯人説、歴史再び?(NY特急便) 米州総局 西村博之
http://s.nikkei.com/eHdw6L
原油高騰にドル安犯人説、歴史再び,市場心理を冷え込ませたのが予想を上回った中国の2月の貿易赤字。その大きな原因が原油高騰による輸入金額の増大で、中国経済の先行きに不安を投げかけた。中国など新興国の需要増が底流にあり、中東地域の地政学リスクhttp://s.nikkei.com/eHdw6L

○110311 電源別発電コスト試算に着手 温暖化対策費など論点
http://bit.ly/eDQb1v
電源別発電コスト試算に着手 温暖化対策費など論点,電気事業分科会(経済産業相の諮問機関,燃料価格の変化や電源別の運転年数・設備利用率の実情を反映し、コストを再検証するのが狙い。再処理工場の竣工延期や、CCS(二酸化炭素回収・貯留)などの温暖化対策http://bit.ly/eDQb1v

○110311 電中研、研究拠点を再編 横須賀に研究所集約
http://bit.ly/fEOl0U
電力中央研究所は研究拠点を再編する。原子力やスマートグリッド(知的送配電網)などの研究所を狛江地区(東京都狛江市)から横須賀地区(神奈川県横須賀市)に移転。同地区を「エネルギー産業技術研究の拠点」とし、発電から電力販売に至る課題の解決力を強化http://bit.ly/fEOl0U

○110311 原料炭:5割値上げ 4〜6月期、最高値330ドル
http://bit.ly/hkf489
国内鉄鋼大手と英豪系資源大手「リオ・ティント」は、4〜6月期の原料用石炭(原料炭)価格について、1〜3月期より約5割高い1トン=約330ドル(約2万7000円)にする方向で最終調整に入った。昨年末に主要産出国のオーストラリアで発生した水害 http://bit.ly/hkf489



2011年3月10日 ー スリランカでのインド企業冷遇 ー


☆ 中国で日本の高級米が輸入されるのは,この先,2,3年だろう

NHKが2夜連続で日本の農業の国際化を特集していた。意欲に満ちた番組で,鹿野農林大臣も大いに身を乗り出して,20万トンの高級米を中国へ輸出する構想を描いている。米の将来は明るい,と言う番組であった。聞いていて危ないと思ったのは,中国が価格が10倍もするような米を唯諾々と日本から輸入し続けるとは思えない,せいぜい2,3年の夢ではないか,と思いながら見ていた。

それは我々が長年に亘ってエネルギー分野で中国に協力してきた経験である。非常に初期のODA交渉でも,火力機器は日本からの輸入は最初だけ,2号機からは国産を狙うし,中国はその能力を持っている。三峡ダムの発電水車機器の入札に負けたのは,国産化への協力を怠った提案だったからだ。農業は気候も土壌も違うが,10倍にも高く売れる米を中国人が指をくわえて,日本から輸入し続けるとは思えない。


☆ スリランカ,中国の顔色を見ながら,インド企業を冷遇

マヒンダ・ラジャパクサ大統領,2010年1月に政敵と接戦を演じて2期目の大統領として,スリランカを率いているが,人権問題など,国際社会からの非難は絶えない。しかし兎も角,彼は東部に割拠した反政府勢力,タミル・イーラム解放のトラ(LTTE)との26年に及ぶ内戦を,2009年5月に武力で制圧して終結させた。その終結時点で,民間人7,000人が死亡,国連は,「大量虐殺」,と呼んでいる。

今となってみれば,日本政府はお人好しであった,甘い夢を見ていた,と言わざるを得ない。スリランカは,最初に戦後賠償を宣言した親日国,として,北部の反政府軍の反乱を認めながら,スリランカのエネルギー問題を取り仕切っているような錯覚に陥って,その将来像を描いて協力し,反政府軍との仲介を行うために,何度も明石さんを政府代表で,現地に送り込んでいた。

日本がその様な表の外交活動をしているとき,スリランカ政府も,日本側が見る親日国としての姿勢で対応していたが,今となってみれば,中国政府がスリランカ政府に膨大な軍事援助を行っていて,中国自身は,反政府軍との和平などあり得ない,軍事力による反政府軍の壊滅以外の解決策はない,と見ていたのだろう。民間人の大量虐殺があっても,武力でたたきつぶす,と言う中国政府とスリランカ政府の同意があったのだろう。

制圧後の明石さんなどのコメントはないが,ラジャパクサ大統領が日本を切って全面的に中国に乗り換えたことは,結果として間違いのないところだろう。スリランカのエネルギー問題は,石炭火力の建設なくして解決策はない,という思いは,私も,当時のJBICも,Jパワーも,中部電力も,思いは同じだったと思う。しかし,Jパワーの専門家も現地に入っての石炭火力プロジェクトは,現地住民の反対,という理由で,一向に進展しなかった。

中国が供与した武器で反政府軍を完全に駆逐した直後,ラジャパクサ大統領は,中国企業を招いて,西岸のプットラムに,最終規模900MW,ユニット300MWの石炭火力建設を要請した。Jパワーがもたもたしていた時点に比べて,スリランカ政府は環境団体を抑え込んで,あっという間に着工に漕ぎ着けた。このときの中国政府には,既にインド洋の,「首飾り作戦」,南部のハンバントタ港の軍港化が視野に入っていた。

インド政府は,その地政的観点から,スリランカを中国政府の蹂躙に任せるわけにはいかない,と言う立場で,同じく西岸に石炭火力を建設すべく,NTPCの技術陣を,交渉に派遣した。しかしあの時の情景は,今でも脳裏から去らない,スリランカ政府は,既にインフラのあるプットラムの地点を中郷企業のために準備し,インド企業に対しては,同じ地域にあって,道路も港もない地点を割り振った。

当時のインド調査団は,余りのスリランカ政府の差別に,息をのむ思いで相手を見つめていた。中国の石炭火力は,既に1号機が完成して,スリランカの電力事情に大いに貢献しているが,東部トリンコマレーに追いやられたインド側,NTPCは,今になっても用地問題が解決せず,困り果てている。何も,捨てて帰ればよいだろう,と思うが,スリランカを中国企業に蹂躙されたまま,と言うのは,インドは放置する訳にはいかないのだろう。

今日の記事を読んでみると,インド企業が如何に難しい立場に立たされているかが分かる,即ち,スリランカの東部沿岸サンプールの500MW石炭火力,インドのNTPCが交渉しているが,法務大臣が許可を下ろさず,遅れに遅れた,最近やっと許可が下りそうである,CEBとの合弁であるが,政府の難癖に,インド側は何か上位の反対がありそうと,深い懸念を抱いている。

もっと立ち入って考える,中国にとってスリランカは,北朝鮮,カンボジア,ミャンマー,パキスタンの線上にある。既にラジャパクサ大統領は,原子力発電所の建設を中国に要求しており,それは,中国の先兵としての核武装を考えていると見ることが出来る。中国にとって,スリランカのハンバントタ港を中国の軍港にしなければ,ミャンマーを縦断して昆明から上海に送るパイプラインも成立しないことになるのである。

日本が勝手に親日国として交渉していたスリランカは,ラジャパクサ大統領によって,遠くに去って行く。それは,スリランカの人権問題が,日本政府の考え方と一致しないからである。虐殺や人権侵害で潘基文国連事務総長は,中立な国際調査団の設立を提案するほど,スリランカと国際社会は対立している。私は,これからの外交で,西に残った親日国,トルコについて,前者の轍を踏まないよう,祈るばかりである。


☆ 参考資料

●110310A Pakistan, tribune.com.pk
パキスタンのパンジャブ州,上流のインドのダム開発で報告書を提出,
Punjab may press for dam debate with India
http://bit.ly/hb3BBm
The Punjab government is likely to ask the federal government to raise at all possible forums India’s alleged violations of the Indus Waters Treaty (IWT) of 1960 in building dams and hydropower plants on Pakistani rivers. Chenab, Jhelum and Indus rivers,to build 10 hydroelectric plants,capacity of 5,585 MW,Salal, Baghlihar and Dul Husti on the Chenab,eight small plants on the Chenab’s tributaries,Salal 40 miles upstream of the Marala headworks capacity of 58,000 acre feet,Dul Hasti 126 miles upstream of Marala capacity of 6,485 acre feet,Baghlihar 92 miles above Marala 164,000 acre feet,another 74 small plants on the Jhelum’s tributaries,Kishanganga on the Neelum River in Indian Jammu and Kashmir,Line of Control,Wuller Lake,330 MW powerhouse,by 27 per cent,Indus Waters Commissioners,at Mangla,Uri hydropower plant on the Jhelum,to the prime minister next week

パキスタンのインダス下流パンジャブ州は,上流のインドのダム開発で中央政府にインダス河条約違反について,抗議するよう,調査報告書を提出,シェナブ,ジェルム,インダス本流など10ダムで5,585MWを開発中,マララ市下流に水不足を来していると http://bit.ly/hb3BBm

●110310B India, livemint.com
インド,NHPC,2,000MWスバンシリ水力,州政府
NHPC, Arunachal yet to sign pact on Subansiri project
http://bit.ly/dGYbxn
NHPC Ltd, which is constructing the 2,000 megawatt (MW) Subansiri Lower project in Arunachal Pradesh, is yet to sign the power purchase agreement (PPA) with the state government. since 2007,Arunachal Pradesh,Rs.6,400 crore project,border disputes between Assam and Arunachal Pradesh,upper and middle Subansiri river basi,Tumke Bagra, Arunachal Pradesh’s power secretary,A.B.L. Srivastava, chairman and managing director, NHPC,to be completed by end-201,generate 6,500MW of power,4,000MW Etalin and 500MW Attunli hydropower projects,Rs.5 lakh per MW up-front,3,000MW Dibang hydropower project,north-eastern states and Bhutan is about 58,000MW,Arunachal Pradesh alone accounts for 50,328MW,107 projects for development in Arunachal Pradesh to produce 37,000MW,NHPC, which has a current power generation capacity of 5,295MW,added 1,917MW during the 10th Plan,14,393MW set for hydropower generation in the 10th Plan.,hydropower sector accounts for 37,367MW of India’s 170,228 MW power generating capacity,16,501.17MW of hydropower capacity by 2012

インド,NHPC,2,000MWスバンシリ水力は,2007年以来,アルンチャルプラデシュ州のPPAを得るべく交渉中であるが,州政府は返答なし,NHPCは中央政府に仲介を依頼,過去に4000MWエタリン,5000MWアトリなど,棚上げされている http://bit.ly/dGYbxn

●110310C Srilanka, expressbuzz.com
スリランカのサンプールの500MW石炭火力,NTPC
NTPC’s Lanka JV to see the light of day
http://bit.ly/fXP9PQ
The long-pending India-Sri Lanka joint venture to set up a 500 MW coal-fired power plant at Sampur in Eastern Sri Lanka could see the light of day sometime this month, Lankan Minister for Power, Champika Ranawakka, told Express here on Tuesday. Ceylon Electricity Board (CEB),Lankan Attorney General (AG),National Thermal Power Corporation (NTPC),sovereign guarantees,Indians preferring a location on the western side of China Bay near the Trincomalee harbour,displacement of 25,000 Tamils,70 legal issues,some powerful forces were preventing

スリランカの東部沿岸サンプールの500MW石炭火力,インドのNTPCが交渉しているが,法務大臣が許可を下ろさず,遅れに遅れた,最近やっと許可が下りそうである,CEBとの合弁であるが,政府の難癖に,インド側は何か上位の反対がありそうと http://bit.ly/fXP9PQ


○110310 伊藤博文の子孫が日中韓会談に挑む! 新外相は「華麗なる一族」 
http://bit.ly/e5nIVO
伊藤博文の子孫が日中韓会談に挑む! 新外相は「華麗なる一族」,明治の元勲・伊藤博文初代総理大臣の子孫で、父は自民党で防衛庁長官を務めた松本十郎氏。外務省内では「頭が切れ、気配りもきく」と評判が良く、ホワイトハウスも松本氏に好意的とされる http://bit.ly/e5nIVO

○110310 民主ボロボロお見通しだ!尖閣にまた中国監視船
http://bit.ly/hSRup7
国内のゴタゴタを見透かしての挑発的行動なのか。9日午前7時ごろ、沖縄県・尖閣諸島久場島の北西約90キロの海域を、中国の漁業監視船「漁政202」が南に向かって航行しているのを海上保安庁の航空機が発見した。同船は午前9時15分ごろ、魚釣島 http://bit.ly/hSRup7

○110310 東シナ海ガス田開発:中国、「生産段階」否定
http://bit.ly/hO7aML
外務省幹部は9日、東シナ海ガス田「白樺」が「生産段階」にあると中国の全国人民代表大会(全人代)代表が述べたとの一部報道について、外交ルートで中国側に確認したところ「事実ではない」と回答があった。中国海洋石油幹部で全人代代表の宋恩来氏 http://bit.ly/hO7aML

○110310 松本外相が就任会見「TPP、前向きに取り組む」
http://s.nikkei.com/hyIbq8
松本剛明外相は,TPP交渉参加を積極的に検討する考えを示した。「日本は国際的な障壁が低い経済状況をつくることで大きなメリットを得た。TPPも前向きに取り組む必要がある」と述べた。政府や与党内の一部にあるTPP参加への慎重論にはhttp://s.nikkei.com/hyIbq8

○110310 リビアの原油生産量3分の1に 原油高歯止めかからず
http://bit.ly/f2etqg
騒乱が続くリビアの国営石油会社のガネム総裁は9日、首都トリポリで記者会見し、同国の原油生産量が日量約50万バレルと従来の3分の1以下に落ち込んだことを明らかにした。リビアの原油生産量は日量約160万バレルだった。外国人労働者が出国 http://bit.ly/f2etqg

○110310 急成長するスマートグリッド関連市場 2020年に世界全体で5兆8000億円に
http://bit.ly/fgwBe7
世界のスマートグリッド,知的送電網,関連市場が今後、急速に伸びる見通しだ。スマートメーター、通信ネットワーク、住宅エネルギー管理システム,エネルギー貯蔵システムなどを含む関連市場が、2020年に5兆8170億円に拡大する。2009年比で約6倍に当たる http://bit.ly/fgwBe7

○110310 ベトナム政府:国家の戦略的企業は政府保有率100%に
http://bit.ly/gqkxq8
ベトナム政府:国家の戦略的企業は政府保有率100%に,国家電力網の送電会社、大規模電力生産販売企業、鉄道管理運営企業、空港、一級港湾などにおける政府保有率を100%とする。総出力500メガワット以上の発電企業、石炭・ボーキサイト・銅・鉄・亜鉛・金 http://bit.ly/gqkxq8

○110310 インフラ輸出で日・豪連携/PPPフォーラム/水・鉄道に商機探る
http://bit.ly/gpqRC8
豪州のPPP関連ノウハウと日本の技術や投資を連携させて、ASEAN諸国などにインフラ輸出をしようという取り組みが高まりを見せている。東京で日豪インフラ・フォーラムを共催し、道路、水、鉄道・エネルギー、金融の4分野でセッションを行い、情報共有と意見交換 http://bit.ly/gpqRC8

○110310 電源3法交付金 13億円減 昨年度 7年ぶり減203億円
http://bit.ly/eXtshx
原発の立地自治体などに国が支給する「電源3法交付金」の県内への交付額が、2009年度は前年度より約13億6000万円少ない203億8661万円で、7年ぶりに前年度度割れしたことが、県のまとめでわかった。交付金を財源とする大型事業の終了http://bit.ly/eXtshx

○110310 IEA事務局長ポスト 日本失うか
http://bit.ly/i97Zh7
石油の主な消費国で作る国際エネルギー機関の、次の事務局長を選ぶ理事会を前にした、投票の段階で、再選を目指した、日本人で現職の田中伸男氏が、オランダ人の候補に敗れたことが明らかになり、ポストを失う可能性が出ています。経済産業省出身の田中伸男氏 http://bit.ly/i97Zh7


2011年3月9日 ー ベトナムのメコンデルタは塩害が最大の問題 ー

☆ 松本剛明新外務大臣,伊藤博文の玄孫,日本興業銀行出身,51歳

日本興業銀行出身には,私も一定の敬意を表してきた。JICAにいるときに,日本興業銀行一行が訪ねてこられて,フィリッピンの揚水発電所,例のカリラヤ揚水発電所の買い取りへの資金支援を考えていたときだと思う。揚水原資とルソンの系統の大きさを見て判断すればよい,というような意見を交換したことがあった。それから,三木谷さんが飛び出したり,私の知人も企業経営に乗り出したりしていた。

松本剛明さんは,1982年に東大法学部を卒業しているが,7年ほど銀行にいて,防衛庁長官を務めたお父さんの秘書を務め,その後,1996年に衆議院議員に立って落選,2000年に民主党から立って当選,今4選目,結構外務大臣に適役ではないのか。何故民主党から立ったのか,よく分からないが,伊藤博文と言えば,のち朝鮮総督で東京駅頭で暗殺された。韓国とは微妙な関係か。でも51歳とすると,期待できるのでは。


☆ 「世界で1番」を知らなかった蓮舫大臣,中国でも,「あれえ?」

片山さつき議員が蓮舫行政刷新担当大臣に“世界一”のスーパーコンピューターを開発した国を尋ねた。蓮舫大臣は答えられず,「すみません。存じ上げません」,と答弁した。中国でも同件に注目が集まった。昨年11月時点で計算速度のトップは中国の「天河1号」だ。これは大々的に報じられたので,私もよく覚えているが,蓮舫さんが知らないわけがない,台湾出身という出自から,わざと知らないと応えた。

この答弁に対して,中国が,あれっ,と驚いているらしい。中国は蓮舫さんのことを,「中国人の子孫」,と強調してきたと言う。今朝のザクザクなどは,次期首相の有力候補に浮上してきた,と書いている。私はザクザク,即ち,夕刊フジを愛読しているが,他の新聞が,個人攻撃や証拠不十分でなかなか書かない早い時点で,推測だけでボンボン書いてくるから,ニュースの内幕を知るには格好の源だ。週刊誌の日刊板,と言うところか。


☆ ベトナムのメコンデルタは塩害が最大の問題,ベトナムは今水不足

ベトナムはいつも水不足に見舞われている。北に中国雲南省から流れ来る紅河,南には東南アジア最大の河メコンを抱えているが,中部は山は急峻で,日本と同じように,ダムがなければ,あっという間に急流河川の水は海に逃げてしまう。紅河デルタは,豊富な石炭資源をもたらし,南のメコンは,ベトナム最大の穀倉地帯として,全ベトナムの米生産の52%を占め,他に野菜や果物を産して,農業国ベトナム経済を支えている。

しかし,メコンデルタは相矛盾する二つの顔を持っている。雨期の洪水に悩まされ,乾期は塩害である。雨期の洪水はどうしようもないが,乾期の塩害については,メコン河の渇水補給の問題として,古くより上流ダムの影響が論じられてきた。メコン河は約80万平方kmの流域面積であるが,ラオスのビエンチャン付近で3分の一の30万平方kmで,渇水量は大体毎秒800トンである。

最近完成したと報じられている中国領内のランサン川の小湾ダムは,貯水池の大きさから,大体,渇水期にプラス毎秒800トンを供給するが,下流で水を必要としているのは,東北タイの灌漑と,最下流,メコンデルタの塩害対策である。東北タイの1990年頃の必要増分水量は500トンと言われていたが,今は東北タイでも工業化が進んで,情勢は変わってきているだろう。塩害に対応するためには,毎秒2000トン,と言われていた。

私自身は,1992年頃に初めてメコンデルタに入っているが,それまではデルタは沼沢地のような情景を想像していたが,とんでもない,緑豊かで農業生産が盛ん,各地で珍しい野菜や果物の市が立っていた,人々の生活も,北のハノイに比べれば,非常に豊かに思えた。しかし,洪水の時は様相は一変するのだろう,犠牲者も出るが,恐らく日本などの洪水と違って,朝起きてみたら静かに水位が床下まで来ていた,という幹事なのだろう。

今日の長い記事は,メコンデルタのこれからの経済成長への道のりが書かれている。デルタの最先端,カマウでは沖合に天然ガスが出るので,ガス炊き発電所も建設され,工業化の兆しが見られるが,メコンデルタはあくまで農業を基本とすべきで,産業も農業に目指すもの,と論じている。中国のダムの影響は,全然触れられていないが,上流のダムは基本的には,渇水期に水を補給して,有益と考えられるのだが。


☆ 参考資料

●110309A India, Economic Times
インド,香港籍の発電企業CLP,クリーン電力中心に投資を拡大の意向
CLP india to expand Gujarat capacity
http://bit.ly/ee3pmr
The Indian unit of Hong Kong-listed CLP plans to expand its 655 mw gas-fired power plant in Gujarat by another 1,000 mw with an investment of 4,000-5,000 crore, Managing Director Rajiv Mishra told ET. gas allocation,362 mw of wind power,renewable energy and nuclear power, by 2020,to add around 300 mw of wind energy every year over the next three years,executing 124 mw of wind energy capacity,wind turbine manufacturer Enercon India,totaling 152.8 mw in Rajasthan and Andhra Pradesh,Rajasthan (102.4 mw) and Andhra Pradesh (50.4 mw),commissioning by March 2012,1,320 mw of coal based plant at Jhajjar in Haryana,commissioning by December

インド,香港籍の発電企業CLP,クリーン電力中心に投資を拡大の意向,グジャラートの655MWガス火力を1,000MW増設計画,また風力発電で毎年300MW新設を向こう3年間継続,また,1320MW石炭火力をハリヤナ向けに建設予定など http://bit.ly/ee3pmr

●110309B Indonesia, The Jakarta Post
インドネシア中部,クポダン・ガス田からタンバックロロック発電所へガスを供給する問題
Gas supply from Kepodang field set to go on stream in 2013
http://bit.ly/dN3fRq
The Kepodang gas field in Central Java is expected to begin gas supply to the Tambaklorok Power Plant in late 2013 after the government resolved its difference with Malaysian oil company Petronas on the construction of the field’s pipeline network, an energy official said. BPH Migas head Tubagus Haryono,Energy and Mineral Resources Minister Darwin Zahedy Saleh,200-kilometer long pipeline network,pipeline is to be complete in 22 months,State electricity company PT PLN,Malaysia-based Petronas Carigali,354 billion cubic feet (bcf) of gas until 2021,In 2009 Bakrie & Brothers, the concession holder of the Kalimantan-Java gas pipeline project,Kalimantan-Java pipeline project,in the fourth quarter of 2014,Bakrie & Brother

インドネシア中部,場所はよく分からないが,クポダン・ガス田からタンバックロロック発電所へガスを供給する問題で紛糾しているが,マレーシア企業ペトロナスへパイプラインも任すことで2013年末までに発電を開始する方向で調整が進んでいる http://bit.ly/dN3fRq

●110309C Vietnam, vietnamnews.vnagency.com.vn
メコンデルタの将来を論ずる,全ベトナムの米の52%を生産する
Time for Mekong Delta to redefine priorities: expert
http://bit.ly/fG3M4F
Sustainable development of the Cuu Long (Mekong) Delta and achievement of its growth potential depend on more sensible exploitation of its agricultural strengths, experts say. Professor Vo Tong Xuan, a rice scientist,rezoning of cultivation areas,brackish water,combined area of 40,604sq.km,half of the country's rice, 52 per cent of aquaculture and 90 per cent of its fruit production,Vo Hung Dung, director of the Viet Nam Chamber of Commerce and Industry (VCCI) in Can Tho City,country's fruit imports are now higher than our exports,GAP standards,no one should forget investment for agriculture and aquaculture,Dr. Duong Van Ni of Can Tho University,Water management,individually dredging its waterways,initiative to formulate a masterplan for water resource management and land use in the delta,better roads leading to,12 provinces and city

メコンデルタの将来を論ずる,全ベトナムの米の52%を生産する,産業開発が進むとしても,この地域の基盤は農業に根ざしたものでなくてはならない,まだ潜在力を十分に発揮していない,道路などのインフラ不足,農産物の再区分け,塩水害対策など http://bit.ly/fG3M4F


○110309 OPEC増産観測で原油先物が下落、加盟国の見解はまちまち
http://bit.ly/fWkt5y
OPEC増産観測で原油先物が下落、加盟国の見解はまちまち,サウジアラビアは8日、世界の原油と備蓄は十分な状態にあると指摘。また、ヌアイミ石油相は「現在日量350万バレルの余剰生産能力を有しており、不足分を埋め合わせるのに寄与することが可能だ」http://bit.ly/fWkt5y

○110309 「世界で1番」を知らなかった蓮舫大臣、中国でも「あれえ?」
http://bit.ly/e4KTq8
片山さつき議員が蓮舫行政刷新担当大臣に“世界一”のスーパーコンピューターを開発した国を尋ねた。蓮舫大臣は答えられず「すみません。存じ上げません」と答弁した。中国でも同件に注目が集まった。昨年11月時点で計算速度のトップは中国の「天河1号」だ。http://bit.ly/e4KTq8

○110309 インド株、海外マネーは2月も売り越し 2カ月連続
http://s.nikkei.com/gO2pZi
インド株、海外マネーは2月も売り越し 2カ月連続,インドの流動株の4〜5割を保有するとされる海外投資家の間では、不作に伴う野菜高騰を主因としたインフレ率の高止まりへの警戒感が強かった。リビア情勢の緊迫に伴う原油高が、原油の純輸入国http://s.nikkei.com/gO2pZi

○110309 ベトナム、全国で水不足が深刻化
http://bit.ly/f57gIZ
北部最大の貯水湖3か所が枯渇しているほか中部の河川水位も非常に低下、さらに南中部クアンガイ省の川も部分的に枯渇するなど、さらに、ホーチミン市とメコンデルタ地方の農耕地の海水侵食が進んでおり、農作物の塩害のほか、生活用水源の塩分濃度が上昇傾向 http://bit.ly/f57gIZ



2011年3月8日 ー ナイジェリアが大規模民営化へ ー

菅内閣が苦しそうで解散の声も聞こえるが,民主党側から見て何のために解散するのか,先が見えませんね。国民としての解散の意義は再び自民党に過半数を与えてねじれを解消する,と言うことなのでしょうが,民主党が勝ったならどうするのですかね。民主党が勝てば,世論に納得した公明党とみんなの党が,民主党と連立して,ねじれを解消する,というシナリオですか。今でもその気になれば出来るが,選挙の洗礼が必要と言うことか


☆ IAEA,朝鮮半島非核化役割に意欲,天野事務局長

IAEA=国際原子力機関の天野事務局長は,北朝鮮によるウラン濃縮の核開発を巡る動きに懸念を示したうえで,6か国協議が進展すれば、IAEAとしても朝鮮半島の非核化に向けた役割を果たしたいとの意欲を示した。天野事務局長がオーストリアのウィーンに於ける理事会で演説した。IAEAはイラン問題も含めて,大きな役割を与えられているが,大国の政治に振り回されているのが現状だ,結局技術に徹すると言うことか。

最近の中国は,近隣との間に余りにも波が立ちすぎて,来年秋の人事交代までには,もう少し穏やかな環境を造る必要があると思っているようだ。でも北朝鮮の問題については,中国への疑念が消えませんね。あそこまで外交で深入りしていて,どうして北の核開発が阻止できないのか,中国が本気に北の核を潰そうと考えれば,もっといろいろな戦術があると思う。中国が北の核をコントロールしているのかどうか,はっきりさせて欲しい。


☆ ナイジェリアの電力民営化に群がる300以上の企業

ナイジェリアの電力民営化,タタなどインド企業も含めて,世界の331企業が関心表明,11の配電会社,4つの火力発電所,2つの水力発電所売却,締め切りを3月まで延長,過去に,ニューヨークやヨハネスブルグなど,世界の都市で現場説明を実施してきた。この記事はインド紙で,インドからはタタ電力とエッサールが関心表明をしている。日本企業は読めないが,どうであろう,少しリスクが高すぎるか。

かって,ペルーのフジモリ大統領が就任したとき,大々的な電力民営化を打ち出して,電力分野をまず改造,売れる可能性のある分野を一つづつ企業に仕立てて売却した,政府はお金は一杯入ったが,売れない分野の企業が政府に残ってしまった。今回のナイジェリアの民営化計画は,ペルーより相当大規模である。私も,アフリカの電力にとりつくならナイジェリアだ,と思っていたが,まだまだ先の話,と考えていた。

私の経験は15年ぐらい前だが,とにかく強大でわがままな国,という印象は,今でも消されていない。現場に行ったときに,その地方を取り仕切っている王様みたいな人がいて,挨拶するときに,こちらから手を差し出すとぶった切られる可能性があるから気をつけてくれ,と言われてぶったまげた。えらい人に会うときは,仕事のことは何でもよい,とにかく王様のご機嫌を執ってくれ,と言う感じ。

少し田舎の町,疲れ切ってホテルのロビーに到着,チェックインの前に代金を払え,と言う。一人分が厚み5センチぐらいの札束を3束払う,カウンターでそれを一枚ずつチェックして勘定を始めた,10人ぐらいのグループだったから,何時間経っても終わらない,夕方7時頃到着したのに,部屋に入れたのは,12時近くで,皆で倒れそうになっていた。

車列を組んで,先頭車にはライフルを持った警官が乗っている,ある交差点で突然車が飛び出して,車列の全車両が急ブレーキ,怒った警官がその飛び出した車のタイヤをめがけて,ライフルを乱射した,それはビックリしましたね。それで警官の一人は,車飛び出し罪でその運転手をその車で警察署まで連行することになった,ところが乱射されているのでタイヤはすべてパンク,カランカランと大きな音を立てながら,警察署に向かった。

北に砂漠があるので,景色全体がどーんと霞んでいる,ナイジェリアは過去に豊富な資源で豊かな時代があった,だから送電線などは25万ボルトか,立派なものが立っている,よいカメラ対象なのだが,何だかどーんと曇って,もう一つはっきりしない景色である。何時間待っても会議が始まらないし,本当にうんざりしたナイジェリアであった。実際に農村電化を担当したコンサルタントやコントラクターの方の苦労が偲ばれた。


☆ JFE、鋼材輸出価格3〜4割上げ要請 4〜6月期

今日の世界のニュースは,先行きの原油高を予想する記事で溢れている。そこに鋼材高である。JFEスチールは4〜6月期の鋼材輸出価格について、1〜3月期と比べて1トン250〜300ドルの引き上げを目指す。日本メーカーは足元で熱延鋼板を700〜750ドル程度で輸出しているとされており、値上げ率は3〜4割になるもよう。主原料の高騰が確実視されている。

3年前,2008年7月の状況を思い出して,またその再現かと恐れている。原油がバレル147ドルとか,鉄鋼製品が今のトン8万円から,当時は12万円を越していた。進行中であった多くのプロジェクトがストップした,予定価格での完成が難しく,電力を買う側でも,その値上がりにそう電気料金値上げは,そう簡単には出来ない。リビア問題だけではないが,大きな関心を持って推移を見ている。


☆ 参考資料

●110308A India, thisdaylive.com
ナイジェリアの電力民営化に群がる300以上の企業
Tata Group, 330 Others Express Interest in PHCN
http://bit.ly/eNBpw7
Three hundred and thirty-one firms, including the Tata Group of India, have submitted applications to the Bureau of Public Enterprises (BPE) expressing interest in the Power Holding Company of Nigeria (PHCN). privatisation,unbundled PHCN,BPE spokesman, Mr. Chukwuma Nwokoh
Essar Energy,174 applications,four thermal stations and the two hydro stations,157 prospective applicants,11 distribution companies,between December 13 and 20, 2010,five-city Electric Power Investors’ Forum,deadline to Friday, March 4, this year,Chairman of the National Council on Privatisation (NCP), Vice-President Namadi Sambo,Lagos (January 18-19); Dubai (January 24-25); London (January 27-28); New York (February 1-2); and Johannesburg (February 10-11).,Ughelli Power Plc ? situated in Delta State,972 megawwats,The hydro power companies are Kainji Power Plc comprising Kainji Power Plants and Jebba Power Plants located in Niger and Kwara States respectively; and Shiroro Power Plc located at the Shiroro Gorge, Niger State.

ナイジェリアの電力民営化,タタなどインド企業も含めて,331企業が関心表明,11の配電会社,4つの火力発電所,2つの水力発電所売却,締め切りを3月まで延長,今後,ニューヨークやヨハネスブルグなど,世界の都市で現場説明実施 http://bit.ly/eNBpw7

●110308B Laos, waterpowermagazine.com
ラオス南部の332MWセカマン1水力,ベトナムとラオス合弁で着工へ
Vietnam firm begins work on 332MW plant in Laos
http://bit.ly/g6wKDw
Vietnam's Viet Lao Power JSC has begun construction work on the 332MW Xekaman 1 power project in Laos, which, once complete, will export electricity to Vietnam. $441M project,5000MW of hydropower,complete in 2014,southern Laos and central Vietnam

ラオス南部の332MWセカマン1水力,ベトナムとラオス企業の合弁で着工へ,完成予定は2014年,ラオス南部とベトナム中部に送電される計画,このプロジェクトは,両政府間で合意されている5000MW水力開発の一貫である,http://bit.ly/g6wKDw

●110308C Nepal, thehimalayantimes.com
ネパールの電力不足はその経済に深刻な影響を与えている
Power crisis breaks backbone of economy
http://bit.ly/efyuRQ
Regular power outage has increased cost of production of domestic industries that are already hit hard by rising interest rates. to pay Rs 24 per unit of electricity,Rs 6 a unit for hydropower,Federation of Nepalese Chambers of Commerce and Industry Kush Kumar Joshi,declined to six per cent,Central Bureau of Statistics,cost has increased by 25 per cent,total demand of 980 MW with 392 MW,by 12 per cent to 1.879 m by the end of 2009/10,Around 45.52 per cent,by households,42.52 per cent,industrial sector in 2008-09

ネパールの電力不足はその経済に深刻な影響を与えている,水力であればKWh当たり6ルピーであるが,ディーゼルを焚くため24ルピーに達している,需要は980MWに対して供給は392MWの状態である,需要は更に12%で増えて行く http://bit.ly/efyuRQ


○110308 中国商務相、元の急速な切り上げに反対−貿易黒字は縮小へ
http://on.wsj.com/goQ0iZ
中国陳徳銘商務相、元の急速な切り上げに反対−貿易黒字は縮小へ,今年の中国の貿易黒字は輸入の増加が輸出の伸びを上回るため、絶対値でも対国内総生産(GDP)比でも縮小する見通し。原材料費の高騰や、労働コストの上昇、世界経済の先行き不透明感 http://on.wsj.com/goQ0iZ

○110308 IAEA 非核化役割に意欲
http://bit.ly/fkborL
IAEA=国際原子力機関の天野事務局長は、北朝鮮によるウラン濃縮の核開発を巡る動きに懸念を示したうえで、6か国協議が進展すれば、IAEAとしても朝鮮半島の非核化に向けた役割を果たしたいとの意欲を示しました。天野事務局長は7日、オーストリアのウィーン http://bit.ly/fkborL

○110308 JFE、鋼材輸出価格3〜4割上げ要請 4〜6月期
http://s.nikkei.com/hOkeZc
JFEスチールは4〜6月期の鋼材輸出価格について、1〜3月期と比べて1トン250〜300ドルの引き上げを目指す。日本メーカーは足元で熱延鋼板を700〜750ドル程度で輸出しているとされており、値上げ率は3〜4割になるもよう。主原料の高騰が確実視 http://s.nikkei.com/hOkeZc


2011年3月7日 ー 中国はパキスタンの石炭火力に応えていない ー


前原外相を辞任に追いやった西田参院議員への批判が高まっている。事務所への抗議電話や,元自民党の野中さんも批判,まあ国益に重大な損害をもたらしたと言うことだろうが,別な方法での警告があってもよかった,と言うことか,武士道違反。相手政権を倒すためには,国益のことは考えず,と言うのは正解なのだろうか。相手を倒さないとこのままでは国益を損ずる,という場合もあるだろうが,今回は違うような気がするが。


☆ 中国とパキスタンの関係は複雑,先行きの見通しは

中国とパキスタンの関係に最近疑問を抱いてきたが,今日の記事の一節も,更に私の疑問を大きくした。タールの石炭火力に関して,パキスタン側は中国の協力を要請しているが,中国からは,よい返事が返ってこない,と言うのである。もう既に石炭火力は順調に進んでいると思っていたが,そうではなかった。もの凄い電力不足で,一週間のうち2日しか電気が来ないケースがあるという,石炭火力は比較的早いと思ったが。

パキスタンの電力問題は,大きな規模のダムプロジェクトを抱えて,国民に対しては,これが出来れば電力供給問題は解決する,と説得しようとしているが,いずれもそう簡単に完成できないことと,どのダムを優先するのか,時々優先順位が変わってくる,また,今年度の予算は付いた,と言っているが,実際は日本の建設省方式で,今年度の予算分しかできない,先の見通しが立たないのである。

一時は,すべて中国が建設してくれるような話であったが,どうもそうではないらしい。非常に早い時期に,11,000MWのコハラダムは中国が引き受けた,と報道されたが,実際には動いていない。4,500MWのバシャダムが最優先,と政府が進めようとしたが,これはそう簡単に動くような規模のダムではない。969MWのニールム-ジェルム水力も,インドとその工期を競いながら,中国がコミットした形跡はない。

中国にとって,北朝鮮,ミャンマー,パキスタンは,最重要な隣国であったはずだ。パキスタンの核兵器は独自開発,と言われているが,米国はそうは思っていない。衛星写真など,中国が協力した形跡があるという。中国はグワダール港を重要なシーレーンの一部と考えているし,カラコルムハイウエーやイランからのガスパイプラインの関連で,パキスタンを手放すわけにはいかないはずだ。

元々,中国のパキスタンへの見方は,インドを対象として,「敵の敵は味方」,と言う関係と言われている。インドとの関係で何かことあるときは,パキスタンを代理戦争に持ち込ませる計画だろう。そう言う意味から見ると,北朝鮮の存在は,対日,対韓,場合によっては対米の代理戦争のコマである。ミャンマーも,インドを東と西から挟み撃ちする重要な位置にあり,核兵器も,実は中国が後押ししている可能性がある。

この前にも同じような議論をしたが,中国はパキスタンを御しかねているように見える。北朝鮮やミャンマーとは,少し違った相手である。パキスタンの場合は,誰を相手にすればよいのか,その時々によって風向きが違う。ザルダリ大統領が何度も北京を訪問しても,どこまでの決定権を持っているのか分からない。それは民主主義国の常であって,ころころと相手が変わる。

相手が変わるだけならばまだよいが,中国企業と覚え書きを交わしたプロジェクトが,国会で否定される,国際入札の原則を振り回されると,中国は怒ってしまう。資金も人間も中国から持って行く,と言っているのに,どうして国際入札をしなければならないのか,中国にとって見れば不可解極まる。私の推定だが,中国は国際入札と行ってくるパキスタンを懲らしめるため,今暫く手を引いた姿勢を見せているのだと思う。

中国が怒っているから国際入札なし,などというと,直ちに汚職への嫌疑がかかり国会で糾弾される。最近,中国やロシアが,日本の大臣がころころ変わる,と軽蔑しかねない表現を使っているが,相手がころころ変わるのが民主主義だ,教えてあげようか,ぐらいな調子で中国に対するべきだろう。国民の都合でころころ変えているのだ,それが民主主義だ,はっきり中国に言うべきだ,恥ずかしがることはない。


☆ 北朝鮮,ソウル周辺に,「GPSかく乱」,攻撃か

北朝鮮、ソウル周辺に「GPSかく乱」攻撃か,首都圏の一部地域では、受信障害のため、GPSを活用した携帯電話の時計が狂ったり、通話の質が低下するといった問題が発生し、また首都圏にある軍の砲兵部隊の計測装置の一部にも一時的に障害が発生したことが分かった。GPSがそんなに簡単に狂わせられるものなのか。それでは戦争にならないではないか。


☆ 参考資料

●110307A Indonesia, The Jakarta Post
インドネシア,東部ジャワ,マレオ・ガス田15日間程度停止
Santos to halt operations at Maleo field for repair
http://bit.ly/fmY8tr
Australia-based energy firm Santos announced Friday that it might temporarily halt oil and gas production activities at the Maleo field, East Java, for about 15 days to repair its mobile offshore production unit. between April and June this year,approximately 15 days,upstream oil and gas regulator BPMigas,Santos Indonesia president and general manager Marjolijn Wajong,Sumenep regency,120 million standard cubic feet per day (mmscfd) of gas,PT Perusahaan Gas Negara (PGN)

インドネシア,東部ジャワ,マドウラ島東部,マレオ・ガス田を運営する豪州籍企業サントスが,リグなど点検のため15日間程度の生産停止を発表,もし修理など時間がかかる場合はBPミガスと密接に連絡,現在日1億2千万立方フィート生産,PGNと連携 http://bit.ly/fmY8tr

●110307B Pakistan, thenews.com.pk
パキスタンの不毛の電力不足議論,産業界から厳しい意見
Call to build mega dams, including KBD
http://bit.ly/i8RbjC
Pakistan needs construction of mega dams, including the Kalabagh Dam, on an immediate basis in order to meet its ever increasing energy requirements. There is a need to start work on other energy generation resources besides taking concrete steps for energy conservation. Energy conservation,Mir Kalilur Rahman Memorial Society (MKRMS),MKRMS chairman Wasif Nagi,Chenab Group Chairman Mian Muhammad Latif,energy conservation methods,Chairman Electrical Engineering Department University of Engineering and Technology (UET) Dr Muhammad Kamran,Prof Dr Nadeem Hayat Malik,Bhasha Dam,Rs8 during the first 10 years,Iran offered power supply at 3 cent per unit and was now asking 11 cents,nuclear programme,there would have been more mega dams constructed in Pakistan,Chinese government for energy generation project for Thar coal but it did not respond.

パキスタンの不毛の電力不足議論,節電がテーマーのフォーラムで産業界から厳しい意見,カラバーダムとバシャダムの促進,政府の怠惰な姿勢を批判,注目すべきは,タール石炭火力で中国の動きが鈍いこと,パキスタンに対する中国の姿勢に問題か http://bit.ly/i8RbjC

●110307C Pakistan, thenews.com.pk
パキスタン,旧北西辺境州74MWカンクワール水力,地元抗議
Help sought to get power from Khan Khwar project
http://bit.ly/hK9ZXA
The elders here Sunday asked the chief justice of Supreme Court to help them get free electricity from the Khan Khwar Hydropower Project sited here in Shangla district. 72 megawatts and we are demanding only four megawatts for our needs,Khan Khwar Hydropower Project sited in Bisham,in October 2010,to light up and illuminate Islamabad

パキスタン,旧北西辺境州の長老達が抗議,昨年10月完成の74MWカンクワール水力,地元の困窮を無視して電力はイスラマバードへ,長老達の要求は4MWフリーで地元供給,場所はインダス上流,タルベラダムの上流,ビッシャム http://bit.ly/hK9ZXA


○110307 北朝鮮、ソウル周辺に「GPSかく乱」攻撃か
http://bit.ly/fYqZSd
北朝鮮、ソウル周辺に「GPSかく乱」攻撃か,首都圏の一部地域では、受信障害のため、GPSを活用した携帯電話の時計が狂ったり、通話の質が低下するといった問題が発生し、また首都圏にある軍の砲兵部隊の計測装置の一部にも一時的に障害が発生したことが分かった。http://bit.ly/fYqZSd

○110307 石油の戦略備蓄「放出も選択肢」 米政府、原油高騰で
http://s.nikkei.com/ejNU43
デーリー米大統領首席補佐官は6日、産油国リビアの混乱などによる原油価格高騰を巡り、米政府が緊急時に備えて積み立てている戦略石油備蓄の放出を「選択肢の一つとして検討している」と明らかにした。米NBCテレビ番組で語った。ホワイトハウスhttp://s.nikkei.com/ejNU43

○110307 中国各紙が「ジャスミン集会」を批判、「中国かく乱するたくらみ」
http://bit.ly/dS3jPi
中東や北アフリカでの民衆蜂起に感化され、中国でもインターネット上で抗議行動が呼びかけられていることについて、中国各紙は6日、相次いでこうした動きを批判する記事を掲載した。中国では、毎週、日曜ごとに抗議集会を開こうとの匿名の呼びかけがインターネットhttp://bit.ly/dS3jPi

○110307 電力使用量12%増予想 中国電力企業連合会が発表
http://bit.ly/gO5evN
中国電力企業連合会が発表した電力需給に関するリポートによると、今年の電力使用量は昨年比12%増の4兆7000億キロワット時と予測される。電力の需給バランスは均衡がとれているが、一部地域では夏場と冬場に気温の変化から、需給バランスが崩れるhttp://bit.ly/gO5evN

○110307 停滞深刻、日本の風力発電 昨年、中国の75分の1
http://bit.ly/g7jvOJ
停滞深刻、日本の風力発電 昨年、中国の75分の1,昨年1年間に世界各国で新たに建設された風力発電の総容量は3580万キロワット。この結果、2010年末の総発電容量は1億9439万キロワットと2億キロワットに迫るまでになった。http://bit.ly/g7jvOJ

○110307 川崎重工が3日続伸、インドで貨物鉄道車両の生産へ
http://bit.ly/f9SpBX
川崎重工業 が3日続伸。一部でインド国鉄と組んで貨物鉄道車両の現地生産に乗り出すと伝えられたことが買い材料となっている。インドのデリー〜ムンバイ間の貨物専用鉄道が2016年に開業する予定で、川崎重工では電気機関車200両の受注が有力。インド政府の要請http://bit.ly/f9SpBX

○110307 次世代型ヒートポンプシステム研究開発
http://bit.ly/g28C7E
新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、「NEDO」という。)では、平成22年度から実施している「次世代型ヒートポンプシステム研究開発」において、平成23年2月9日に外部有識者によるステージゲート審査委員会を実施し、審議内容等を踏まえた厳正な審査 http://bit.ly/g28C7E


2011年3月6日 ー 温家宝首相の善隣外交と海洋資源 ー

前原外相への西田参院議員の爆弾はすさまじい。前原さんが中学生の時,お父さんが自殺されて,厳しい学生生活を送りながら京大に進んだ,と言う話は聞いていた。隣の今回問題となった在日のおばさんが,貧窮時代にあった少年時代の前原さんを,物心で支え,京大まで進ませた,と読んだことがある。本来ならば美談であるはずの物語が,西田さんにかかると,犯罪物語に変わってしまう。


☆ 中国の全人代,「善意をもって隣国に接し,隣国を仲間とみなす」

最近,日本政府が,中国へのODAを減額する,と発表したとき,中国政府の報道官は,「困るのはそちらでしょう」,と発言した。中国の人ってどうしてそう言う反応をするのだろう,と腹立たしくなった。タイのタクシンが首相の当時,「円借款は要らない,タイの将来の負担が増えるばかりだ」,と発言した。その時も,どうして,「長い間有り難う」,と言えないものであろうかと思った。特に中国には,莫大な貢献をしてきた日本だ。

私も,1990年頃,ODAを抱えて中国と協議しているときに,「そのうちに日本も,中国からの支援を仰ぐ時代が来るかも知れない,その時,この日本の支援を思い出して欲しい」,と冗談を交えながら,発言したことがあった。最近はそれが冗談ではなくなってきた。日本の財政赤字を10兆円ほど助けて欲しい,と言ったら,それが出来る今の中国であることに気付いて愕然とする。

2時間に亘る全人代に於ける温家宝首相の演説を,日本の各紙が伝えている。温暖化ガス排出抑制とその手段としての膨大なダム開発,それと結びつく河川の水質汚染について,昨日は本欄でも取り上げた。その間に,フィリッピンの調査船が南沙諸島で調査活動をしているときに,中国の監視船から警告を受け,フィリッピンは直ちに戦闘機を発進させたが,中国の監視船は既に姿を消していたと。

温家宝首相も,尖閣列島事件,ノーベル賞事件など,少し国際的な中国の見方が変わってきたことに懸念を表明している。インド人記者の軍備の質問に,前外相が,「インドの国防予算の対GDP比を勉強してこい」,と反論した。何を言っても中国は突っかかってくる。中国は国際的に異質,と言う声が上がり始めたことだ。だから温家宝首相は演説の中で,「善意をもって隣国に接し,隣国を仲間とみなす」,との方針を堅持すると強調した。

その一方で同じ演説の中で温家宝首相は,開発の余地が大きいとされる海洋の資源権益の管理強化を強く打ち出し,「海洋資源については,海上の突発事件への対処能力を高め,我が国の海洋権益を守る」,と明記して発言している。これがまさに中国の軍備拡張に対する批判への回答である。突発事件への対処能力,というのは,まさしく海軍,空軍の能力拡大を意味している。

中国の第2列島線,日本列島からその先の南端,インドネシアのイリヤンジャヤまで,これの制海権を確保する,と言うのは,日本のかっての大東亜共栄圏に匹敵する。かっての日本帝国は,太平洋ばかりでなく,中国からマレー半島,ベトナム,更には今中国が重要なシーレーンと繋がるミャンマーまで,またミャンマーと繋がる北東インドも,その覇権の中に入っていた,相手は米国,歴史は繰り返す。

クリントン長官は議会で,このままだと中国の覇権に屈することになる,と国会議員達に覚悟を求めている。中国はこの発言に怒っているが,明らかに中国の覇権と米国の国益は,真っ向から対立している。当時の日本は,戦うための重油の不足が問題だったが,今の中国は,更に経済成長を計って貧困階級の底上げをしなければ,政権は持たない,そのために,原油とガス,エネルギー資源の確保が,世界と対立しても必要と言う分けか。


☆ 中国は将来,水で経済的社会的危機を迎える可能性が高い

どうもいろいろ中国の地図を眺めていると,エネルギー資源の間に中国には水資源の危機が訪れるのではないか,という気がする。中国の地図を西から東に眺めると,水を供給するのはヒマラヤ山脈しかない。長江は如何にも広大な河川であるが,その水源はチベットの最東端で,余りチベットの水源としての恩恵には預かっていない。黄河は既に死んだも同然の状態である。

先日も,同窓会で発言を求められて,改めてヒマラヤの地図を眺めたが,今年のヒマラヤは積雪が激しく,雪解け水に,下流のインドは大きな期待を寄せている。このヒマラヤから流れ出る水は,まるでヒマラヤ周辺に側溝を掘ったように,南斜面の水はインダス河とガンジス河が,一滴も漏らさじと,ヒマラヤ山脈を取り巻いている。北斜面はどうか,ブラマプトラ河の上流,ヤーロンツオンポ峡谷が,西から東へ走っている。

ヒマラヤの水はすべて,この二つの川と西のインダス上流によって受け止められている。そして皮肉なことに,このヒマラヤ北斜面の水を受けたブラマプトラ河上流部は,ヒマラヤ山脈の東端で,まるで神様がねじ曲げたように,方向を直角に変えてインドのアルンチャルプラデシュ州へと方向を変え,アサムの大米穀地帯に潤沢な水をもたらせている。恐らくその神の時代に,中国大陸は悪魔に支配されていて神が大屈曲点を造ったのだろう。

このヒマラヤを水源とする大河川,サルウイーン,メコンの大河川は,あたかも中国大陸に向かうかに見せながら,長江と別れて南の善良な人々が暮らす東南アジアに,その水の恩恵をもたらす。長江も実際は危なかった。神は一度,長江の上流金沙江を,南に流そうとした形跡があり,暫く三川併行して迷った様子が窺える。結局,麗江の高原に,日本人によく似たナシ族がいたので,神はそれを日本人と間違えて,長江に流したのだろう。

中国は未練がましく,この南の善良な人々の元へ流れる水資源を執拗に追って,階段状にダムの建設を進めている。特にブラマプトラの大屈曲点では,その落差を利用して,三峡発電所の規模を越す水力発電所の青写真を描いている。その絵をちらっと見ているインドの人々は,中国人が神の意図に逆らって,そのダムを使って,ブラマプトラの水を東に変えようと考えている,と疑心暗鬼である。

中国人が本当に,温家宝首相が言うように,近隣諸国との融和を考えていることが分かれば,インドにかって,少しは持って行ってもいいよ,と言う心が生まれるかもしないのに,中国は他の国への配慮など,片鱗も見せない。北朝鮮,ミャンマー,ラオス,カンボジアなどへは親切だが,それも心からの親切,とは誰も受け取ってくれない。本当に中国の人々はいい人だ,と周囲が言えるようになれば,神も少しは同情するかも知れない。


☆ 参考資料

●110306A India, sify.com
インド,ヒマチャルの800MWコル水力は2013年3月
Himachal's hydropower project to be commissioned by 2013
http://bit.ly/fLmC5Q
A mega hydropower project in Himachal Pradesh that was caught in an administrative logjam after the central environment and forests ministry objected to the transfer of a large chunk of forest land to it would be commissioned by 2013. Kol Dam,impounding will commence in October 2012
commissioned by March 2013,Chief Minister Prem Kumar Dhumal,Majathal Wildlife Sanctuary in Solan district,800 MW Kol Dam project on the Satluj in Bilaspur district.,124.054 hectares of forest land,National Thermal Power Corp (NTPC),stone was laid June 5, 2000,by then Prime Minister Atal Bihari Vajpayee

インド,ヒマチャルプラデシュ州,サトルジュ川の800MWコル水力プロジェクト,バクラ貯水池の直上流,NPTCによって推進,環境森林省の深林保護の立場の反対で延期していたが解決,1年遅れの2013年3月運転開始の見通し,湛水は2012年10月 http://bit.ly/fLmC5Q

●110306B China, guardian.co.uk
中国は温暖化の約束を果たすため膨大なダム開発
China's dam-building will cause more problems than it solves
http://bit.ly/gvicNh
Under pressure to cut emissions, China risks irreversibly destroying its great rivers and biodiversity hotspots, In 2007, China became the world's biggest emitter of greenhouse gases. Since then, not only the EU and the US, but also developing nations such as the alliance of small island states have put the government in Beijing under pressure to adopt binding emission cuts. 2009 climate summit in Copenhagen, by at least 40% by 2020,new five-year plan,National People's Congress in March,most relentless dam-building effort,have displaced an estimated 23 million people
Zipingpu Dam,earthquake in Sichuan of 2008,capacity of 140 gigawatts over the next five years,75 and 85 gigawatts of hydropower capacity,several rivers in China's south-west and on the Tibetan plateau,Nu River or Salween,World Heritage Site,China's premier, Wen Jiabao,stopped these projects in 2004,UN Environmental Programme,Convention on Biological Diversity,World leaders should let the government in Beijing know that they don't want China to destroy her rivers and the rich biodiversity they support to reach her ambitious carbon goals

中国は温暖化ガス排出GDP当たり2020年までに40%削減の国際約束,これを果たすため次の5年間で怒川など140GWのダム開発計画,記事は河川を破壊するのかと非難,ではどうしたらよいと言うのか,温暖化と河川崩壊,中国は他に道がない http://bit.ly/gvicNh

●110306C Mekong, voanews.com
メコン河のサヤブリダム,メコン河下流諸国,着工決断へ
Push to Build Dams Sparks New Warnings Over Mekong River's Future
http://bit.ly/gpZbiI
Governments along the Mekong River are nearing a decision on plans to build a hydropower dam in Laos. Environmentalists fear that a planned series of dams will damage the environment, and the livelihoods of the people living along the Mekong.,Xayaburi hydropower dam,generating 1,260 megawatts of electricity,12 dams planned for the Mekong,$3.5 billion Xayaburi project,Thailand,Mekong River Commission,1995 agreement the four countries,4,900-kilometer Mekong system,next 10 years,Climatologist Anond Snidvongs at Thailand’s Chulalongorn University

メコン河のラオス側プロジェクト,1260MWサヤブリダムについてメコン河下流諸国は,近くその着工の決断を行う,タイ企業によって推進,電力はタイへ輸出される,メコン河委員会は10年待て,と言っているが,ラオス政府は,10年も待つ理由はないと http://bit.ly/gpZbiI

●110306D Indonesia, The Jakarta Post
インドネシアは船舶国籍で問題,原油ガス生産が落ちる可能性
RI’s oil, gas production may decline by 196 million barrel oil equivalent
http://bit.ly/hR7o2Z
Indonesia’s oil and gas production may slump by around 196 million barrel oil equivalent (mmboe) this year if the government insists on going ahead with a plan to implement the cabotage principle in May. cabotage,Indonesian Petroleum Association (IPA),vice chairman Sammy Hamzah
House of Representatives Commission V,US$13 billion in investments per year,Chevron, ConocoPhillips, Total E&P Indonesie and ExxonMobil
2008 Shipping Law,China, Australia, India, Brazil and the US,cabotage principle,jack-up and submersible rigs, drills, cable-pipe laying and seismic ships

インドネシア国会はこの5月より原油ガス生産で沿岸活動の諸船舶の国内籍使用を義務づける,これに対して業界は猛反発,もしそうなら1億9600万バレル相当の生産が落ちるだろうと,世界的にもこのような船舶は少なく,中国や米国なども一定の配慮と http://bit.ly/hR7o2Z

●110306E India, Economic Times
インドのNTPCは660MW11機の超臨界ボイラーで訴え
NTPC to move SC against order not to disqualify Ansaldo from bidding
http://bit.ly/gIOSAh
State-run NTPC will soon approach the Supreme Court to challenge a Delhi High Court order that prevents it from disqualifying Ansaldo Caldaie India from bidding for a 11,000-crore equipment supply contract. super-critical boilers for five power projects of 7,260-MW capacity,Solicitor General,NTPC chairman and managing director Arup Roy Choudhury ,Delhi High Court,to disqualify Ansaldo Caldaie India,Gammon India,11 sets of 660-MW boilers,Bharat Heavy Electricals Ltd , Larsen & Toubro and BGR Energy,evaporator (water wall),in October 2009,new bids in June 2010

インドのNTPC,超臨界石炭火力機器のうちボイラー660MW11機,合計7,250MWの入札を昨年実施したが,アンソルドという国内企業を不適格としたことに訴訟が起き,工程が遅れている,NTPCは改めて最高裁へ上訴し,この5月再入札を準備 http://bit.ly/gIOSAh


○110306 前原殺した“爆弾男”スゴい情報網 事務所には抗議殺到
http://bit.ly/hejKKT
前原殺した“爆弾男”スゴい情報網 事務所には抗議殺到,西田氏は前原氏と同じ京都市出身。滋賀大学経済学部を卒業後、税理士を経て京都府議に。5期連続でトップ当選し、07年の参院選京都選挙区で初当選。事務所には抗議が殺到しているという西田氏 http://bit.ly/hejKKT

○110306 前原、売国行為で致命傷 北と不透明な関係“証拠写真”も
http://bit.ly/eDGpy2
前原、売国行為で致命傷 北と不透明な関係“証拠写真”も,前原氏は「タカ派」のイメージを演出してきたが、これまでも北朝鮮との不透明な関係が指摘されていた。そのため、日本外交の基軸である米国に警戒感を持たれ、中国やロシアからは軽視されている。http://bit.ly/eDGpy2

○110306 蠢く投機マネーに原油価格高騰 日本もターゲット
http://bit.ly/fPLjiy
蠢く投機マネーに原油価格高騰 日本もターゲット,投機筋が運用対象を虎視眈々と物色していたところに今回の中東・北アフリカ政情不安。需給タイト化に伴う価格高騰を睨んで投機マネーが原油市場に流入,リーマン・ショックの余韻が薄れつつあった昨年 http://bit.ly/fPLjiy

○110306 ETFでコツコツ,原油高でWTIに注目 上昇余地あり
http://bit.ly/ggtvuO
ETFでコツコツ,原油高でWTIに注目 上昇余地あり,世界中のヘッジファンドなどが原油先物を投資対象とする動きが増す中、われわれ個人投資家もETFを使うことで、同様に原油投資を行うことができる。日本で原油価格に連動するETFは2種。http://bit.ly/ggtvuO

○110306 中国、省エネ促進 全人代で5カ年計画,海洋資源権益を重視
http://s.nikkei.com/iaJUqe
中国、省エネ促進 全人代で5カ年計画,海洋資源権益を重視,中国は米国と並ぶ世界最大のエネルギー消費国となり、資源の輸入依存度の急上昇に対して警戒感が高まっている。省エネを堅持する一方、国内資源の管理と開発も強化。特に、開発の余地http://s.nikkei.com/iaJUqe

○110306 中国:全人代 「善隣外交」アピール 温首相、周辺国との摩擦意識
http://bit.ly/hoFU7O
中国:全人代 「善隣外交」アピール 温首相、周辺国との摩擦意識,「善意をもって隣国に接し、隣国を仲間とみなす」との方針を堅持すると強調した。昨年は南シナ海の領有権問題や尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件などで東南アジア諸国や日本との摩擦 http://bit.ly/hoFU7O



2011年3月4日 ー 中国全人代は温暖化と水質汚染の狭間 ー

携帯で不正の京大受験生には,私の回りでは結構,同情論が多い。19歳ということは,自分たちの息子であり孫である年齢で置き換えてみているのだろう。それに最近お父さんを亡くして母子家庭というのも同情論の要素だろう。カンニングして警察に逮捕されるか,と言う言い方もある。如何にありふれたヤフー知恵袋とは言え,その発想と技術は素晴らしい。早く釈放してやった方が良いのではないか。京都の冬の留置所は寒いだろう。

昨日は大阪の中央電気倶楽部で,関電同期入社の同窓会があって,幹事で司会を務めてきた。30名ぐらいだから,入社時の半分ですかね。1959年入社だから今年で52年ぶりと言うことか。入社時の関西電力の設備は500万KWだった。10倍ぐらいに増えたのですかね。電力がもっとも膨張する時代に生きたとも言える。ダムは末期だったが,原子力や揚水発電所が始まって,大きなプロジェクトが動いた。


☆ 中国人3万5千人、リビア脱出完了…軍隊も投入

600万人のリビアに3万5千人の中国人がいた,と言うのも驚きだが,それを民間のチャーター機,船舶に加え,空軍の輸送機4機と護衛のためのフリゲート艦まで派遣して,2日夜までに全員が海外に脱出したことでも驚きだ。私の考えるに,この3万人以上の中国人に大きな被害が出た場合,中国の突出した資源プロジェクトが,世界的に大きな問題になったのではなかろうか,だから湖錦濤政権は,撤退に全力を尽くしたのだろう。

記事によると,リビアには中国は,石油や建設,鉄道関係の大型国有企業13社が進出し,75社が50件のプロジェクトに投資しているという。日本は殆どゼロと言うことだろう。原油輸入は,日160万バレルのうち10%が中国で,日本はゼロである。日本と中国の資源戦略の特徴をここに見ることが出来る。要するにカダフィ大佐さへ抑えておけばよい,というようなケースに中国は強い分けで,リスクもそれだけ多い。

カダフィ大佐はベネズエラのチャベス大統領とは親密で,カダフィ大佐の亡命先があるとすればベネズエラと言われている。今,ラジオ放送で,チャベス大統領が,国際調停団を派遣しては,との提案を,リビアの反政府側が拒否したと報じられた。どこの国も何らかの手を打つべきと考えていても,国際的には非常に難しい状況になってきた。原油の価格はどんどん上がっている,物価上昇はプロジェクトにとって困った問題だ。

リビアから難民が大量に流れ出ているが,殆どがエジプト人らしい。リビアの労働力はエジプトが支えていた,記事によると,米仏、軍用機やチャーター機でリビア避難民帰国を支援,政府側と反体制派の衝突が続くリビアを逃れた大量の避難民が隣国のチュニジアとエジプトに押し寄せている問題で、米仏が3日、軍用機やチャーター機を手配して避難民を移送することを決めた。


☆ 中国全人代,3月5日に開幕,中国全人代は温暖化と水質汚染の狭間でもがく

今回の全人代では,2011〜2015年の五カ年計画が決定される。中国は気候変動問題で,湖錦濤主席が国際的な公約を宣言している。2015年までに再生可能エネルギーの占める割合を15%にするとか,2030年までにGDP当たりの温暖化ガス排出を,40〜45%削減するとか,これから中国の影響が大きくなるので,中国政府としてはどうしてもこららの数値を護る必要がある。

温家宝首相は,長江上流の金沙江のダム開発を環境配慮から抑え込んできた。雲南省の技術者達はこの決定に大いに不満であった。発改委はいろいろ計算してみると,温暖化ガス排出で国際公約を果たすことが非常に難しく,水力開発の方針を変更しないと目標が達成できないことが分かってきた。そこで,抑え込んでいた金沙江のダム開発の促進を指示した。しかし,金沙江だけではまだ目標は達成できない。

そこで先日は,サルウイーン河上流の怒川のダム開発を命令したのである。中国の水力は,最早この南西部の開発しか残されていない。中国政府を勇気づけたのは,110万ボルト直流送電線の技術的目処が付いたことで,この南西部から沿海の需要地に送電する自信がついたことも,今回の決定に大きく貢献した。この政策変更は非常に急であったが,中国政府が次に狙うのは,インドが懸念するチベットのダム開発になる。

今日の記事では,中国は非常に悩んでいるという。それは温暖化の環境問題と同時に,中国の河川の汚染問題である。汚染問題は中国の水資源問題と直結する。中国の河川は長江だけ,と言っても良く,他の川は殆どカラカラである。ヒマラヤの雪解け水は,ブラマプトラ,サルウイーン,メコンの諸河川で,神が何を考えたのか,すべてタイなどの東南アジアやインドなどへ方向を変えてしまっている。

この温暖化のためのダム開発が,水質汚染被害を更に大きくする,と今日の記事は書いている。ダム開発が汚染をもたらすかどうか,大いに問題があるが,ダムは水を溜め込んで下流に流さない,と考えているようだ。連続の方程式ではないけれど,上流から流れてきたものは必ず下流に流れるので,問題はダムの運用であり,渇水期に多く放流できると,水質汚染を防ぐことにも繋がるはずだ。


☆ 中国,国家の大行事は為替政策の転換点になり得る

中国政府がもっとも恐れているのはインフレである。流れ込む外貨を買い取るために,人民元の量が市場に溢れている,それがバブルを生み,そうしてインフレを起こす。貧富の差ガ大きくなって行くと共に,インフレによる庶民の生活の逼迫で,政情不安が心配される。時も時,中東でジャスミン革命が進む中,中国政府も,インフレ抑制政策,特に温家宝首相の責任である。

今まで抑えてきた人民元の対ドルレートは,これを許すことにより,インフレ抑制に貢献する。物価抑制へ元高手探り,対円でも上昇、原油など輸入価格下げ狙う,5日開幕する全国人民代表大会(全人代、国会に相当)では、インフレ対策が最大の焦点となる。全人代の後に、当局の容認姿勢を受け元の上昇ピッチが上がるとの観測も浮上している。個人投資も絶好のチャンスかも知れない。


☆ 南シナ海で中国がフィリピン石油探査船に警告,中国の覇権鮮明

今まで顕在化しなかった南沙諸島問題,いよいよ火がついてきた。フィリピン軍の幹部は3日、同国の石油探査船が中国の巡視船2隻から警告を受けたとの通報を受け、南シナ海に軍用機2機を派遣したことを明らかにした。事件は2日、両国を初めとする国が領有権を主張している南沙諸島近くのリードバンクで起こった。最近フィリッピンは,中国内での同胞の死刑問題で,中国にその中止を懇願している。冷や水を浴びた感じだろう。

中国の2011年の国防予算が前年実績比12.7%増の6011億元(約7兆5千億円)に上ることが4日、分かったばかり。10年の国防予算は前年実績比7.5%と、22年ぶりに1けたの伸びにとどまったが、2年ぶりに2けたに戻った。研究開発費などを含む実際の軍事費はもっと大きいだろう。軍備拡張に伴って,南シナ海方面への中国覇権の圧力は増えてくる。米国はどうか,と言うことになる。

クリントン米国務長官に危機感,「“影響力争い”このままでは中国に負ける」,太平洋諸国における資源獲得を例に挙げ、「中国政府は、約10年の歳月をかけ、宴会を催すなどで太平洋諸国の指導者の“ご機嫌”をとり、丸め込みに成功している」などと語り、中国による同地域の囲い込みに警告を発している。インドネシア東部のエネルギー資源への中国企業の進出は,私も大きな関心を持って見ている。


☆ 参考資料

●110304A China, news.stv.tv
中国の5カ年計画の焦点は温暖化ガスと河川の汚染問題
Water, CO2 the priorities for China's 5-year plan
http://bit.ly/gu1py3
Tackling environmental problems from carbon emissions to water pollution will be a key focus of a new five-year plan that China will launch during its annual parliament session starting on Saturday. environment minister Zhou Shengxian,hydropower capacity set to surge by 140 gigawatts by 2015,by 40-45 percent by 2020 from 2005 levels,renewables to 15 percent,Greenpeace,BUSINESS AS USUAL?,Premier Wen Jiabao,by 16-17 percent over the 2011-2015,Yang Fuqiang, director of global climate solutions at the Worldwide Fund for Nature,to restrict coal production to 3.6-3.8 billion tons by 2015,DAM NATION,Ma Jun of the Institute of Public and Environmental Affairs,,lack of transparency,water conservation,large hydropower dams and reservoirs,five-year energy sector pla,China's Nu River, also known as the Salween,Tibet may be next

中国の2011年からの5カ年開発計画が間もなく全人代で議論される,問題は温暖化ガス排出抑制と河川の汚染問題である。ガスは2020年までにGDP当たり40〜45%削減,このために怒川や更にチベットでダム建設,これが水質汚染の原因でジレンマ http://bit.ly/gu1py3

●110304B India, sify.com
インドのヒマチャルプラデシュ州,今年の冬の積雪は記録的
Himachal's bountiful snow raises hopes from hydropower
http://bit.ly/hTvDnv
Tourists aren't the only ones delighted at the bountiful snow in the upper reaches of Himachal Pradesh. It has also excited power officials who now expect sufficient water in rivers that feed hydel electricity units. state electricity board Director Suneel Grover, 21 hydropower projects across the state,8.5 million energy units a day,around 2-2.5 million units per day,freezing,from April to September,13 major hydropower plants that are run either by the central government,7,100 million units,V.K. Verma, deputy general manager, Satluj Jal Vidyut Nigam Ltd,
1,500 MW Nathpa-Jhakri hydel project in Kinnaur district,optimum generation capacity of 36 million units,Hills in Shimla, Kullu, Mandi, Chamba, Sirmaur, Kinnaur and Lahaul and Spiti districts,Rohtang Pass, located at an altitude of 13,050 ft,Praveen Yernurkar, Officer Commanding of the General Reserve Engineer Force's (GREF),Border Roads Organisation (BRO),snow-bound 222-km Manali-Rohtang-Sarchu section of the highway,potential of about 23,560 MW,6,673 MW have been harnessed,Allain Duhangan and Malana II projects in Kullu district,600 MW ,Budhil and Chamera III projects in Chamba district

インドのヒマチャルプラデシュ州,今年の冬の積雪は記録的,夏の水力発電所出力に大きな期待,ハイウエー,ロータンの積雪異常,日700万KWh可能か,州が21発電所,中央その他が13発電所,包蔵は23,560MW,既開発は6,673MW,http://bit.ly/hTvDnv


○110304 中国人3万5千人、リビア脱出完了…軍隊も投入
http://bit.ly/evSNFT
中国人3万5千人、リビア脱出完了…軍隊も投入,胡錦濤政権は成果を大々的に報じ、「作戦成功」を宣伝している。民間のチャーター機、船舶に加え、空軍の輸送機4機と護衛のためのフリゲート艦まで派遣した。脱出作戦責任者の一人、宋濤・外務次官は「新中国建国以来http://bit.ly/evSNFT

○110304 米仏、軍用機やチャーター機でリビア避難民帰国を支援
http://bit.ly/dRNI5g
米仏、軍用機やチャーター機でリビア避難民帰国を支援,政府側と反体制派の衝突が続くリビアを逃れた大量の避難民が隣国のチュニジアとエジプトに押し寄せている問題で、米仏が3日、軍用機やチャーター機を手配して避難民を移送することを決めた。http://bit.ly/dRNI5g

○110304 中国国防費12.7%増 11年、2年ぶり2ケタ
http://s.nikkei.com/fcP7Yr
中国の2011年の国防予算が前年実績比12.7%増の6011億元(約7兆5千億円)に上ることが4日、分かった。10年の国防予算は前年実績比7.5%と、22年ぶりに1けたの伸びにとどまったが、2年ぶりに2けたに戻った。研究開発費などを含む実際の軍事費http://s.nikkei.com/fcP7Yr

○110304 米国務長官に危機感「“影響力争い”このままでは中国に負ける」
http://bit.ly/dKRO5b
米国務長官に危機感「“影響力争い”このままでは中国に負ける」,太平洋諸国における資源獲得を例に挙げ、「中国政府は、約10年の歳月をかけ、宴会を催すなどで太平洋諸国の指導者の“ご機嫌”をとり、丸め込みに成功している」などと語り、中国による同地域http://bit.ly/dKRO5b

○110304 大阪・茨木市 河川委が「安威川ダム」を視察
http://bit.ly/hG8IrA
大阪・茨木市 河川委が「安威川ダム」を視察,「安威川ダム」は治水や利水の目的で計画されましたが、国交省が2年前、再検証ダムに指定していて、現在は外部の有識者らでつくる府の河川整備委員会が建設の是非について検討しています。http://bit.ly/hG8IrA

○110304 アマゾンダム、上級裁が一転承認 ブラジル
http://bit.ly/hqXJag
ブラジル・アマゾン地方に世界3位の巨大ダムを建設する計画に対し、北東部パラ州の連邦裁判所が建設の一時中止を命じた問題で、同州を管轄する上級裁判所は3日、一転して建設を認める決定を下した。連邦裁は2月25日、環境当局が1月に出した建設許可http://bit.ly/hqXJag

○110304 中国、物価抑制へ元高手探り
http://s.nikkei.com/gCMVZy
中国、物価抑制へ元高手探り,対円でも上昇、原油など輸入価格下げ狙う,5日開幕する全国人民代表大会(全人代、国会に相当)では、インフレ対策が最大の焦点となる。全人代の後に、当局の容認姿勢を受け元の上昇ピッチが上がるとの観測も浮上 http://s.nikkei.com/gCMVZy

○110304 中国がフィリピン石油探査船に警告−南シナ海で
http://on.wsj.com/gBdxvo
フィリピン軍の幹部は3日、同国の石油探査船が中国の巡視船2隻から警告を受けたとの通報を受け、南シナ海に軍用機2機を派遣したことを明らかにした。事件は2日、両国を初めとする国が領有権を主張している南沙諸島近くのリードバンクで起こった。同国領海内で探査船http://on.wsj.com/gBdxvo


2011年3月2日 ー 中国はベネズエラの石油を輸入へー


☆ 中国政府.,姜瑜副報道局長,記者拘束で,「便宜を与えている,法律を守れ」

3月27日が中国反体制派のデモで集まれ,の日だった。一般中国人もさることながら,外国人記者が多く集まって,私服警官などによって拘束され,今日の記者会見で,あの有名な女性報道官を捉えて,激しい記者会見が行われた。記者達の詰問に対して姜瑜副報道局長は,「便宜を与えている,法律を守れ」,と蹴飛ばそうとしたが,執拗に記者団が食い下がって,1時間半も激論,姜瑜副報道局長が気色ばむ場面もあったと言う。

その場面を見ようとしてユーチューブを捜したが,そんなに早くはアップされていなかった。外交部のホームページでは、質問と回答が「あっさりと」終了したように表示した。取材側の厳しい追及の様子は伝えられていない,という。中国で果たしてジャスミン革命が起こるかどうか,まだまだ先の話なのだろうが,日本人が驚く大金持ちが増えているのに,一人当たりGDPは日本の10分の一と言うことだから,如何に貧富の差が大きいか分かる。

中国周辺で反体制運動が起こるのは,新疆ウイグル自治区,チベット自治区,それに既に中国の一部とも解釈できる北朝鮮だろう。中国は北朝鮮の民主化は許さないと思う。その様な動きがあれば,現政権と計って,阻止するだろう。中国にとって周辺国の民主化は好ましくない。ミャンマーがあの程度で収まりそうな情勢は,中国に大きな自信を持たせたのではないだろうか。


☆ 中国はベネズエラの石油を日60万バレルのレベルで輸入へ

ベネズエラのチャベス大統領は,原油を米国に輸出しなければならないことが,悔しくて仕方がないらしい。もし誰も買ってくれなかったら,ベネズエラの財政が持たない,それでなくても国民の大統領に対する感情は危ないものだ,米国に頭を下げて買って貰うことが,どれほど悔しいか,彼の言動から見ていてよく分かる。そこに現れたのは,チャベス大統領と親交を結ぶ湖錦濤主席である。

ところが皆さん,私のHPでじっくり地図を眺めてくれませんか。ベネズエラは海に囲まれた海洋国と思うでしょう,それはそうなのだが,ベネズエラの海港はすべてカリブ海に開けており,太平洋に出るにはパナマ運河を通らなければならない,ところが,大洋を航海する巨大タンカーはこのパナマ運河のサイズに合わないのである。ベネズエラから東に向かうと,それこそコロンブスのように,欧州を越え,インド洋を越えなければならない。

そんな馬鹿なことが,とチャベス大統領も地団駄踏んでいた,中国に石油が運べないのである。西の隣国コロンビアとベネズエラの外交関係はよく分からないが,少なくとも今までは,コロンビアの内陸部を,中国向けの石油が通ったと言う形跡はない。今まで中国は,弾丸列車ではないけれども,コロンビア領内の鉄道建設を提案し,圧力をかけてきた。最近になってこの2月,コロンビアの大統領が,鉄道建設を承認したのである。

コロンビアが承認したルートは,まさに太平洋への最短距離のぎりぎりの線で許可したもので,コロンビアのカリブ海側の中米の付け根,ウラバ湾の奥と太平洋側に面したクピカ港の間,138マイルの区間である。この鉄道が開通すれば,ベネズエラの原油とコロンビアの西部の石炭が,太平洋を横断して中国に達することができるのである。このコロンビアの決断で,ベネズエラは中国へ待望の原油,日60万バレル,供給できる。

この話を聞いてチャベス大統領は大喜び,米国へ頭を下げて買って貰う必要はない,中国という巨大なお客さんが出来たわけである。チャベス大統領は,あの大袈裟なジェスチャで,「我々ベネズエラは,今世紀末までの中国の必要とする原油全量を供給する」,と大見得を切ったのである。実はその様な大規模な包蔵はないのに,相変わらずチャベス大統領の口は達者,湖錦濤主席も苦笑いをしていることだろう。


☆ 知的送電網,スマートグリッドの重要性を強調,フィリッピン

マニラブリテンが取り上げた記事だが,報道の内容は,ワシントンで行われたチュウ米国エネルギー長官の演説内容に,民営化を進めるフィリッピンの電力セクターが,敏感に反応した,と言うことである。ワシントンで開かれた国家電力フォーラム,チュウ長官は,知的送電網,スマートグリッドの重要性を強調,フィリッピンも21世紀は,送電網の高度化が重要,特に再生可能エネルギーの安定供給と競争市場の実現のために欠かせないと。

オバマ政権発足当時は,チュウ・エネルギー長官は,出ずっぱりだった。しかし,最近では,少なくとも我々には,長官の姿が目立たない。私はこう思う,オバマ政権の選挙期間中や政権の初期の段階では,クリーンエネルギーが米国の経済を変えると信じていた,それはチュウ長官に乗っかったオバマ大統領の政策,風力と太陽光発電で,一気に経済を回復すると言う作戦である。

これは,少なくとも専門家,我々が見たとき,絵に描いた餅,と映った。風力や太陽光が主力電源になることもないし,それらが量的に米国経済を支えるような規模ではない,と思っていたからだ。私は,チュウ長官がそれを信じて,オバマ大統領を扇動したと見ている。オバマ政権も,これは少しおかしい,と思い始めて,つい先日,オバマ大統領の教書演説の中で大きく取り上げられたのは,原子力,石炭クリーン化,天然ガスである。

オバマ大統領は,「私のクリーンエネルギーの範疇には,この3つが当然入っている」,と宣言したのである。産業界は大喜びしたけれども,チュウ長官はハッピーでなかったと思う。我々から見れば,当然のオバマ大統領の方針転換である。私は覚えているが,チュウ長官は就任当初,クリーン化には揚水発電所が必要,と漏らした。これも間違いではないが,量的なチェックが全くなされていない発言であった。

今回のチュウ長官の演説は,知的送電網である。チュウ長官は,どうも頭は飛び出すけれども,足が地に着いていない,と言うのが私の印象である。米国は,寧ろハードな送電網の改善が必要なのであって,知的な向上という問題は2の次でよいはずだ。遠慮せずに,送電線が老朽化し旧式化した,と言えばよいと思う。話が知的送電網に走って行く,これはチュウ長官の風力太陽光の時代の浮いた論議と同じ気がする。

フィリッピンもチュウ長官に似たところがある。電気料金の改善にも,供給力不足にも全く役に立たない再生可能エネルギーを前面に出し,この法律でフィリッピンの電力供給は安泰,オープンアクセスで料金の低減も可能,と考え,更に今回のチュウ長官の机上の空論に走りやすい知的送電網に大きく反応したわけである。インドネシアのように,供給力不足,そのためには温暖化がなんだ,石炭火力で行く,この現実主義をどう考えるか。


☆ 参考資料

●110302A Vietnam, eco-business.com
日越環境会議でハイ副首相が日本企業の原子力開発に期待と
Japan’s green brush to paint eco picture
http://bit.ly/efxvar
Sustainable development, environment protection and green technologies are being championed by Japan to address Vietnam’s eco challenges., Vietnam Chamber of Commerce and Industry, Business Council for Sustainable Development, Japan Economic Times, Environment Technology Cooperation between Vietnam and Japan, Deputy Prime Minister Hoang Trung Hai, Japanese investors in building a nuclear power plant in Vietnam, Japanese ambassador to Vietnam Tanizaki Yasuaki, Mizobuchi Hiroaki, chief director of New Business Promotion in Sumitomo Corporation, Phu My 2.2 power plant, Thang Long Industrial Park and Thang Long Industrial Park II

ベトナムで開催された日越環境技術協力に関する会議,ハイ副首相が,日本企業が原子力発電所建設に協力してくれる,温暖化対策に大きな効果と強調,谷崎大使は日本の持つ環境技術を提供と,住友商事,フーミー2.2,タンロン工業団地での貢献を強調 http://bit.ly/efxvar

●110302B China, thetrumpet.com
中国はベネズエラの石油を日60万バレルのレベルで輸入へ
China Moves to Secure Latin American Oil Reserves
http://bit.ly/hW8OiR
China is positioning itself to supply its ever growing oil thirst with Latin American oil?at the expense of the United States., nearly 600,000 barrels per day from Latin America, 2010 worth at least $65 billion in stakes, 2010 worth at least $65 billion in stakes, over 1.3 million barrels of crude oil a day,Venezuela,underneath Venezuelan soil,Venezuelan President Hugo Chavez ,Venezuelan oil refinery with a 200,000-barrel-per-day capacity,5 million-barrel storage facility in the Caribbean,Panama Canal,president of Colombia,138-mile-long railway across his country,from the Gulf of Uraba on the Atlantic coast to the port of Cupica on the Pacific coast

中国はベネズエラの原油を日60万バレルのペースで輸入,パナマ運河がネックで,コロンビアの協力でウラバ湾からクピカ港まで鉄道輸送,チャベス大統領は米国への輸出が不満,中国に対し,中国の今世紀分ぐらいの石油は私の下の地下に眠っていると http://bit.ly/hW8OiR

●110302C Philippines, Manila Bulletin
知的送電網,スマートグリッドの重要性を強調,フィリッピン
Modernizing power infrastructure is key challenge to smart grid era
http://bit.ly/dHx4ZF
Transmission and integrated electricity infrastructures are indubitably progressing into the "smart grid era," however, even the world's most powerful nation sees some tailbacks in modernizing its own power grid. National Electricity Forum, United States Energy Secretary Steven Chu, America's electric grid into a scale fitted to the supply-demand dynamics of the 21st century's economic momentum, 2003 massive blackouts, northeast jurisdiction, including New York, antiquated power grid, cyber security and 'grid hacking, identification of resources, long-term, transmission planning, smart grid ambition

ワシントンで開かれた国家電力フォーラム,チュウ・エネルギー長官が演説,知的送電網,スマートグリッドの重要性を強調,フィリッピンも21世紀は,送電網の高度化が重要,特に再生可能エネルギーの安定供給と競争市場の実現のために欠かせない http://bit.ly/dHx4ZF


○110302 「GW明け解散」菅、狂気の笑顔 造反16人欠席で亀裂深まる
http://bit.ly/ep4oVR
「GW明け解散」菅、狂気の笑顔 「4月の統一地方選まで、自民党や公明党などの野党には妥協する選択肢はない,ただ、統一地方選で民主党が惨敗すると風向きが変わる。『国民生活に悪影響を与えるな』という声が起き、野党は菅首相に『解散』を約束させて http://bit.ly/ep4oVR

○110302 JICA、自治体の海外での水ビジネス支援
http://s.nikkei.com/gngAgV
JICAは自治体の海外での水ビジネス参入を支援する。政府開発援助(ODA)を通じてアジアの上下水道関連の事業計画に資金供与すると同時に、窓口となって自治体の参入を促す。第1弾としてJICAが協力するフィリピンでの上水道事業に横浜市を参加させる。http://s.nikkei.com/gngAgV

○110302 日立が英高速鉄道受注へ 年内に正式契約の見通し
http://bit.ly/h1s4Ku
日立が英高速鉄道受注へ 年内に正式契約の見通し,ロンドンとイギリス北部や東部を結ぶ老朽化した電車を新しくするもので、計画では今後30年で最大500両が納入され、受注額は総額で約6000億円に上ります。ディーゼルエンジンと電気モーターを組み合せたhttp://bit.ly/h1s4Ku

○110302 中国政府:記者拘束で「便宜を与えている。法律を守れ」
http://bit.ly/gFo2qc
中国政府:記者拘束で「便宜を与えている。法律を守れ」,取材陣は納得せず、はげしい質疑応答になった。質疑応答は1時間半も続いたが、取材側の厳しい追及の様子は伝えられていない。姜報道官が気色ばんで反論する様子も紹介されなかった。 http://bit.ly/gFo2qc

○110302 中国本土市場、一旦スピード調整か?
http://bit.ly/gbhiXz
中国本土市場、一旦スピード調整か?国家発展改革委員会は2月の消費者物価指数上昇率は若干鈍化するだろうといった見通しを示したこと、2月のPMIは52.2と3か月連続で前月を下回ったことなどから、インフレ懸念が若干和らいだ。http://bit.ly/gbhiXz

○110302 特別講演会 「原子力を巡る最新動向と海外展開」
http://bit.ly/edMG0A
特別講演会 「原子力を巡る最新動向と海外展開」,海外展開を含む原子力政策の課題について、新規導入国への受注活動の状況や核不拡散・核セキュリティーについてもご講演,3月25日(金) 午後1時〜午後4時30分(社)日本電気協会会議室 http://bit.ly/edMG0A


2011年2月29日 ー 再び不可解な中国のネパール政策 ー


☆ 中国副首相一行カトマンズ,60MWアッパートリスリ水力に輸銀借款

昨年,2010年11月14日の私は,不可解な中国のネパール政策,と書いて,中国がどう考えているのか,話題を提供した形になっている。十数年前には,ネパールが中国から高射砲を買ったために,インドは国境を閉鎖してガソリンなどの供給を停止し,カトマンズの市内でもガソリンが買えず,日本の駐在員なども苦労したことがあった。当時はかなりはっきりしていて,ネパールはインドとの関係に,一つ壁をおいていた。

ネパールは,王制を廃止して共和国として国を運営しているが,王制の頃はネパールの政治は不可解であった。中国は内政不干渉を建前に,ネパールの政治の変化には,大きな反応を示さなかった。ただ中国の経済が大きく発展し,その覇権が問題になっている現在に於いて,もしネパールに隙あらば,ミャンマーや北朝鮮のような属国化を目指したいところだが,ネパールはまだその隙を与えていない。

前回,私は,中国とネパールを遮る厳しいヒマラヤの山と,ネパールの誇る水資源が中国にとっては無益と考えられるからだろう,と思っていた。しかし今になって考えてみると,中国の覇権は常に海港を求めている,北朝鮮然り,ミャンマー然り,パキスタン然り,スリランカ然り,カンボジア然りである。ブタンとネパールは,その派遣を拡大して行く上で,それ以上の展開が見込めない,と言うことか,とも考えている。

しかし一つ大きな問題は,チベット難民のネパールへの流入の問題である。1959年の反中国蜂起が失敗に終わり,ダライ・ラマがヒマラヤを越えてインドに亡命して以来,チベット難民のネパール移動が始まった。ネパール政府は,チベット人を難民として受け入れることは拒否したが,インドへの移動には反対しなかった。ネパールを経てインドへ渡るチベット人は,年平均2,500人とされ,ネパール在住のチベット人は14,000人といわれる。

昨年,2010年4月7日,中国の習近平副主席がネパールを訪問した際,ヤダフ外相は,「ネパール政府は中国との関係を高度に重視している。長年来、ネパール国家とネパール経済の発展を支持している中国に感謝する。中国と共に各分野での互恵協力関係を強化し、引き続き両国の伝統的な友好関係を推進していきたい」と述べ,ネパールのチベット難民の反中国活動を認めない,との約束をしている。

しかし,ネパールの人と,カンボジアのフンセン首相との大きな違い,ネパール政府は,難民に対して中国へ送還,と警告しているが,実際には送還せず,インドへの亡命を手助けしていることが窺える。その点,王制を倒したネパール人の確固とした信念が窺える。カンボジアとも違うし,またブータン人とも違う,なかなか発展への糸口が見つからないネパールだが,心を売って豊かになろう,とは考えていないようだ。

ネパールの大規模水力は,基本的にはインドへの電力輸出として開発されようとしている。毛派の動きがはっきりしなくて開発が滞りがちだが,それでも,ネパール政府もインド企業も,それ以上の水資源の活用の方法は考えられない,ミャンマーのように中国に持って帰るような地政ではない。しかし,厳しい電力不足に悩まされているカトマンズは,緊急に中小規模の水力建設を支援してくれる資本を求めている。

今回の60MWアッパートリスリ水力支援のニュースは,中国の人民日報が報じたものであるが,比較的小規模で,とりあえずカトマンズの停電に対処する,いわば緊急手段で,中国としては,カトマンズの外輪道路などを含め,必要な基本的なインフラ対策を支援するもので,チベット避難民の取り扱いとも連動してくるのだろう。なお,カトマンズ東北東のアッパータマコシ水力には,中国企業も参加していると報じられている。


☆ 国連安保理のリビア制裁決議を支持した中国の微妙な立場

中国はこれまで,内政不干渉,という隠れ蓑で,北朝鮮やミャンマーの安保理制裁に拒否権を発動して,護ってきた。国連安全保障理事会は26日夜,反体制デモへの武力弾圧を続けるリビアのカダフィ政権に対する制裁決議案を全会一致で採択した。内政不干渉の立場から国際介入に消極的な中国の態度が注目されていたが、最終的に賛成に回った。中国は「リビアの極めて特殊な状況」,と説明している。

今日のテレビなどを見ていると,リビアの石油輸出を行っているのは中国企業で,その中国人の国外脱出が問題となっている。独裁者と結びついての中国の経済進出は,交渉は単純で簡単だろうが,このようなリスクを持っている。しかし考えてみれば,40年持ったのだから,40年に一度のリスクなら,まっいいか,と言うことかも知れない。でも,北朝鮮,ミャンマー,カンボジアなどの独裁者も,相当のリスクを抱えている。

米軍と日韓各国との合同軍事演習,「キー・リゾルブ」と名づけられた韓米合同軍事演習が,2月28日から3月10日まで実施される,中国の専門家は,「昨年末、韓国は初めて日米軍事演習にオブザーバーを派遣し,日本と後方支援や情報協力の協定を結んだ。どんな形でも、日本が今回の韓米軍事演習に参加したら、東北アジア安全情勢の重大な変化につながる」,と指摘している。北朝鮮対応ながら,中国は緊張している。


☆ 破綻した中国企業のインフラビジネス、日本企業は運営ノウハウを武器に戦え

経済評論家財部誠一さんの書かれた記事のタイトルである。破綻した中国企業のインフラビジネス、日本企業は運営ノウハウを武器に戦え,インドネシアの発電事業,政府の親中国派が苦しい立場に立たされている。「中国企業が建設した10GW発電所がいざ発電すると7GWの発電能力,ハイエンドな技術の日本企業が調査研究を行って,これを活かせ,と論じている。

私たちは,1990年代,日本のODAの最盛期に,各所で旧ソ連が支援したインフラを見てきた。私にとって代表的なものは,ベトナムのホアビンダムであり,シリア,ユーフラテス川のアサドダムである。技術は兎も角として,極めて政治的な意図だけで,経済性など全く問題にしていない。例えば当時の西欧の制裁下にあったベトナムに,200万KWの発電所は当時としては,全くの採算無視である。

今中国が,丁度その時期に当たっている。インドネシアの石炭火力はある一定の役割を果たすだろうが,カンボジアのダム建設,或いは昆明からシンガポールまでの弾丸列車など,支援をされる方も疑心暗鬼である。旧ソ連の経済破滅をもたらしたのは,それが余りに政治的で,経済性など一顧もされてなかったことも一因,と考えている。如何に政治的なプロジェクトでも,経済性は必要ではないか,ピラミッドは経済性はどうだったか。


☆ どこまで膨れあがって行くのか,中国の米国債と石炭需要

中国の米国債保有、1兆ドル突破 米財務省が残高改定,中国が人民元相場を大きく変動させないために、外為市場で大規模な外貨購入を実施している姿が改めて浮き彫りになった。これまでは首位の中国と2位の日本は大きな差がなかったが、中国が日本より3割多くなっている。しかしこれだけの国債を敵性国,とは言わないまでも,重要な対極にある国に所有されるのは,気持ち悪いだろうな,と思ってしまう。

中国のエネルギー需要、抑制策なければ15年までに57%増も,2015年の需要は石炭換算で51億トン相当に上ると、同報告は指摘している。昨年は32億5000万トンだった。新華社によれば、中国政府は15年までのエネルギー需要を40億トン相当に抑制することを目指している。中国の石炭需要は,つい先日まで25億トンであった,もう51億トンの声が聞かれる。ダム建設に走る政策が理解できるようだ。


☆ 参考資料

●110301A Pakistan, dawn.com
パキスタンはインドの水力でパキスタンの合意なしでCDM
Govt wakes up to India’s hydel projects
http://bit.ly/geBF7F
The government has ordered three investigations into delays in raising timely objections over India’s efforts to secure international credit incentives to construct hydropower projects in violation of the Indus Waters Treaty of 1960. Chutak and Nimoo-Bazgo,carbon credits,UN Framework Convention on Climate Change (UNFCCC),Prime Minister Yousuf Raza Gilani,National Assembly’s climate change committee,how this criminal negligence took place,Water and Power Secretary Javed Iqbal,Pakistan’s Permanent Indus Waters Commissioner (PIWC),Kishanganga hydropower project,International Court of Arbitration,cross-boundary environmental impact,under-construction 42-metre-high Chutak hydroelectric project,Suru River, a tributary of Indus in the Kargil district of occupied Kashmir,57-metre-high Nimoo-Bazgo hydroelectric project,Leh district on the Indus River,Under clause 37(b) of the UN Framework Convention on Climate Change (UNFCCC),Clean Development Mechanism Project,carbon credits in August 2008,applied in March 2006,CDM’s Executive Board of UNFCCC,clause 37(c) of CDM modalities and procedure,International Commission on Large Dams (ICOLD),Chenab, Indus and Jehlum rivers,Transboundary Environment Impact Reports (TEIR),Baglihar dam in 2006

パキスタン側で議論再燃,何故インドのチュタック水力とニモー-バズゴ水力は国連のCDMを獲得したのだろう,国境上のプロジェクトには隣国政府の環境報告書への承認が必要だ,それはインダス条約にも書かれている,インドは2006年申請,2008年獲得 http://bit.ly/geBF7F

●110301B Indonesia, The Jakarta Post
インドネシア,産業大臣がPLNの夕方料金減額の計画に感謝
Industry Minister lauds PLN plan to cut evening rates
http://bit.ly/i2czU1
Industry Minister MS Hidayat on Monday said he welcomed state-owned electricity firm PLN's plan to cut evening electricity rates for industries. ,overtime allowances for workers,PLN president director Dahlan Iskan,between 11 p.m. and 7 a.m.,by 20 percent from Rp 730 (7 US cents) per kilowatt hour to Rp 550 per Kwh,working hours from day to night

インドネシア,産業大臣がPLNの夕方料金減額の計画に感謝の意,PLNは企業に対して午後11時〜朝7時の間KWh当たり7セント(730ルピア)から20%減額を発表,550ルピアへ,企業側は残業を支給して夜晩労働のシフトを配置する,http://bit.ly/i2czU1

●110301C Philippines, Manila Bulletin
フィリッピンのルソンは今年は良かったが2015年に停電
Power supply remains tight in Luzon
http://bit.ly/hXXPKl
Luzon may get lucky to experience no brownouts this dry season despite tight power supply that requires 300 megawatts more during day-time peak hours. Energy (DoE) Secretary Jose Almendras,Philippine Chamber of Commerce and Industry (PCCI),Visayas,three new coal-powered plants in Cebu and Panay,daily brownouts in Mindanao,because of the cold weather,National Power Corp. (Napocor),Electric Power Industry Reform Ac,by rehabilitating the aging power plants,by GN Power will be ready only by 2015,long-term supply agreements with big end-users

フィリッピン,エネルギー長官,今年の乾期は計画停電がなくラッキーであった,寒冷のため,2015年にかけてこれからも厳しい,IPP企業は所有発電所の整備に努める,ピーク供給力不足,ビサヤスは3新規発電所でOK,ミンダナオは依然計画停電続く http://bit.ly/hXXPKl

●110301D Nepal, english.peopledaily.com.cn
中国副首相一行カトマンズ,60MWアッパートリスリ水力
China agrees to provide assistance to Nepal for different projects
http://bit.ly/dTh1dV
A series of agreements were signed between Fu Ziying, visiting vice minister of commerce of China and Rameshore Prasad Khanal, secretary of the Ministry of Finance on behalf of their respective governments Monday in capital Kathmandu. Export-Import Bank of China (EXIM Bank),RMB 640 million (about Rs. 7 billion),Upper Trisuli 3A Hydropower Project,capacity of 60 MW,within four years,RMB 50 million (some Rs. 547 million)
upgrading Kathmandu Ring Road (first phase),from Feb. 26 to March 1

ネパール,中国副首相一行が2月26日カトマンズー,国内電力不足解消のため,60MWアッパートリスリ水力に中国輸銀が640百万元の借款供与,完成は4年後,他に50百万元のグラント,またカトマンズの環状線道路建設も支援する,協議は3月1日まで http://bit.ly/dTh1dV


○110301 韓米・日米軍事演習、東北アジア情勢の試練
http://bit.ly/ebFSAh
「キー・リゾルブ」と名づけられた韓米合同軍事演習が、2月28日から3月10日まで実施される,朝鮮のミサイルによる脅威が米日軍事演習の重要な目標だと指摘,東アジア地域の軍事専門家は、「アメリカが韓国、日本と大規模な軍事演習を頻繁に実施するのは、同盟国を支援 http://bit.ly/ebFSAh

○110301 国連安保理のリビア制裁決議を支持した中国の微妙な立場
http://bit.ly/fsF4u1
国連安全保障理事会は26日夜,反体制デモへの武力弾圧を続けるリビアのカダフィ政権に対する制裁決議案を全会一致で採択した。内政不干渉の立場から国際介入に消極的な中国の態度が注目されていたが、最終的に賛成に回った。中国は「リビアの極めて特殊な状況http://bit.ly/fsF4u1

○110301 破綻した中国企業のインフラビジネス、日本企業は運営ノウハウを武器に戦え
http://ht.ly/44EKC
破綻した中国企業のインフラビジネス、日本企業は運営ノウハウを武器に戦え,インドネシアの発電事業,政府の親中国派が苦しい立場に立たされている。「中国企業が建設した10GW発電所がいざ発電すると7GWの発電能力,ハイエンドな技術の日本企業が調査研究 http://ht.ly/44EKC

○110301 有名進学校生徒が犯行声明?衝撃告白「京大カンニングし放題」
http://bit.ly/ieF3Pb
有名進学校生徒が犯行声明?衝撃告白「京大カンニングし放題」,京都大、早稲田大、同志社大、立教大で相次いで発覚した入試問題のネット流出。“犯人”と同じIDを会員制日記サイト、ミクシィで使用する男子高校生が、問題発覚の直後にIDを削除退会 http://bit.ly/ieF3Pb

○110301 原油相場がやや下落、サウジの増産で供給不安和らぐ
http://bit.ly/hlmgv7
原油相場がやや下落、サウジの増産で供給不安和らぐ,市場は依然として神経質で、商いが細る中、幅広いレンジで不安定な動きを示した。原油価格は前週、リビアでの混乱拡大を受け、2年半ぶり高値まで急騰していた。リビアでは、反政府勢力が奪回を試みる中 http://bit.ly/hlmgv7

○110301 中国の米国債保有、1兆ドル突破 米財務省が残高改定
http://s.nikkei.com/eUsDSd
中国の米国債保有、1兆ドル突破 米財務省が残高改定,中国が人民元相場を大きく変動させないために、外為市場で大規模な外貨購入を実施している姿が改めて浮き彫りになった。これまでは首位の中国と2位の日本は大きな差がなかったが、中国が3割多http://s.nikkei.com/eUsDSd

○110301 中国のエネルギー需要、抑制策なければ15年までに57%増も
http://bit.ly/fBBaIc
中国のエネルギー需要、抑制策なければ15年までに57%増も,15年の需要は石炭換算で51億トン相当に上ると、同報告は指摘している。昨年は32億5000万トンだった。新華社によれば、中国政府は15年までのエネルギー需要を40億トン相当に抑制することを目指している。http://bit.ly/fBBaIc

○110301 インド インフラ整備に予算増
http://bit.ly/hr9lEj
高い経済成長の続くインドでは、道路や発電所などの整備の遅れがさらなる成長の妨げになると指摘されるなかで、インド政府は、こうしたインフラの整備のための予算を大幅に増,歳出の総額が前の年度よりも13%増え、道路や港などインフラの予算は3兆800http://bit.ly/hr9lEj




アジアのエネルギー最前線 0902