北京より三峡ダムを見て上海より帰国
2002年6月2日より9日の記録
Watch the latest videos on YouTube.com

| HOME | |サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | | プロジェクト位置図 |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| | アフリカのエネルギー最前線 | | 中央アジアのエネルギー最前線 | | オバマのエネルギー |
| 中南米のエネルギー最前線 | | 再生可能エネルギー最前線 | | 中東のエネルギー最前線 | | 世界の地球温暖化最前線 |

Since 1998 October
(本更新直前494,100 ,メルマガ配信数 1.475)


ー 日刊アジアのエネルギー最前線 国別訪問期録 北京より三峡ダムを見て上海より帰国ー


中国の三峡ダムは,97年頃から精力的に資料を集めてきたが,現場を見るのは初めて,良い機会が与えられた。外国の公的資金の支援を拒絶したことで,一時,資金的な心配がなされていたが,中国の経済発展とともに,この点もうまくいっているようで,工事も順調,来年2003年には最初の発電機が回り始める情勢だ。今年の1月に訪問した中国だが,今回は,三峡ダムの他,上海も見ることが出来たので,このときの写真を中心に報告します。


日本の電力企業の勇気ある中国進出を支援する

下の写真は1989年頃に写した写真だが,日本の経済はまさしくこの女性の状態で,右に落ちれば奈落の底,何とか左に落ちれば,また元気を出して上の坂道を上って行くことが出来る。左にうまく落ちるためには,どうしても今後発展を続ける中国経済を,日本の経済に取り込んで行かねばならない。これはまさしく,この世代が次世代に残してやらなければならない重要な課題である。では,日本の電力業界はどうしたらよいのか,それは具体的に言うならば,資金を求めてこれから海外資本に,その電源開発をさらけ出そうとしている中国に,日本の電力企業がどのように乗り込んで行くか,ということで,即ち,民間開発への参入をどのように効果的に行うか,と言うことだ。日本の中国への民間投資は,日本国民がせっせとため込んだ4兆円に上る郵便貯金,それを元とした財政投融資,これを動かす国際協力銀行の国際金融であろう。これを動かすためには,どうしても日本の有力な電力企業の勇気ある枠組み作りが欠かせないのである。民間参入のためには,彼我の技術の考え方の違いを,この機会を利用して学習しておく必要があるのである。

三峡ダムの新しい情報

今回は,北京の設計総院の親切な紹介で,三峡工事の担当が2時間に亘って,われわれの質問に答えてくれた。その中でも,比較的私にとって新しいと思われる点を報告しておきたい。一つは,1998年に日本グループが敗れたときのことを彼らも印象的に覚えている,と言うことで,近隣の技術立国の日本の技術を全く使えなかったことは残念,との思いを持っている人もいるということ,二つは,この900億元の50%は政府の出資であるが,他の大部分は国内の民間資本で,機器代の中で欧州勢はサプラーヤーズクレディット,即ち,欧州の制度金融が使われていること,三つは,100万人の水没移住で,15%が反対に回り説得に苦労したことや,ダムの近傍で結局移住交渉に失敗して残った町があること,などであろうか。


写真を見てください

北京市内,会議の合間を縫って町を歩いてみました。特にショッピングセンターや繁華街の変化に驚いています。
最初にメールなどで速報した写真をまとめます。

写真 001 北京の典型的な繁華街王府鎮,35度の暑さにうだっている
写真 002 宿泊した凱菜大飯店,Gloria Palace,客室に高速のLAN設備
写真 003 同ホテル内のLAN設備の模様,部屋ごとのIDとパスワードが与えられる
写真 004 会議の模様,丁度中国がワールドカップで負けて,落胆している中国席
写真 005 北京市内,古風な中国式お寺の門と近代的なマンションの取り合わせ
写真 006 工事中,最盛期の三峡ダム工事現場,左岸の高台見張り台より
写真 007 三峡下流の葛州波ダム,1989年の完成,280万KW
写真 008 山を穿って造られた三峡ダム建設用の専用アクセス道路

6月2日,成田より空路北京入り,これより,最近の北京市内の状況を報告,2008年のオリンピックを控えての開発の状況が目に付く。

写真 010 まず空港に到着して,北京市内にはいるときの高速道路料金所

写真 011 天安門広場,外国からの観光客が目に付く
写真 012 天安門近影,毛沢東の写真,89年事件の傷跡はもうない
写真 013 毛沢東の写真を背景に写真を撮る中国の観光客
写真 014 天安門の奥,胡宮の入り口,午後4時が閉門
写真 015 王府鎮広場,狭い道は広くなって,歩行者天国
写真 016 ここで毎年行われると言うスイカ祭りの大げさな飾り物
写真 017 近くの屋台に並ぶ食材の数々,犬の肉などで悲鳴を上げる
写真 018 裏通りで2回から京劇風の催しもので人を呼ぶ
写真 019 新装なった電力設計総公司の建物,電力公司も新しくなったとか

北京での会議を終了して,6月6日,三峡を訪ねるべく,北京より空路宜昌へ

写真 020 宜昌上空に達した中国当方航空の便,着陸寸前

写真 021 立派な宜昌(イーチャン)空港,団員,「なかなかイーチャン」
写真 022 宜昌空港前の,三峡ダム付近を表す地図案内図
写真 023 北京と見まがう高速道路と立ち並ぶ高層ビル群

ここで,宜昌付近,三峡の地図を見てください。宜昌の上流約80kmに建設中の三峡ダムとその建設町,宜昌のすぐ下流に,189年竣工の葛州波ダムが位置する。三峡ダムの建設事務所は宜昌にある。

写真 027 湖北省全体図
写真 026 三峡ダム付近地図

宜昌より,三峡ダムの専用高速道路で,三峡に向かう

写真 024 宜昌の出口,これより三峡の専用道路,宜昌から下流の武漢も高速
写真 025 左手に長江が顔を出す,以外に狭い,
写真 028 三峡工程大酒店,三峡ダム直営のホテル,立派,観光客も泊まる
写真 029 すぐ近くの資料館の中の立派なダムの模型,ダム正面

これより,お待ちかねの三峡ダム現場

写真 030 最盛期のダム工事現場,左岸の展望台より,靄にかすんで残念

写真 031 展望台の下の石の記念碑,最初に河床に現れた岩盤,日本人が買いたいと申し出,拒絶
写真 032 噂の4000トン級船舶のための閘門,展望台左手に見える
写真 033 同じく船舶用の閘門,下流出口の状況,岩盤の変異に神経を使った
写真 034 再びダム本体工事のやや遠影
写真 035 靄にかすむダム本体工事現場,メールに添付したものと同じ
写真 036 閘門入り口上流面,大規模な両開きゲート,フラップの一種か
写真 037 ダム背面,洪水吐部分,上2段のゲートと下の開口は仮排水用


これより,100万人にも達すると言われる水没住民の移住用の町を視察,三峡ダム当局の説明では,85%が移住には賛成したが,残りの15%は基本的に反対で,いろいろな対策を交えた交渉で,やっと納得したとのこと,外国向け説明,と皮肉な見方をする人もあるが,反対の人々がいた,との話は初めてで,この写真の中にも,ダムサイト近くでどうしても移住に応じなかった町の写真がでてくる。

写真 038 都市部の移住者のために造られたニュータウン
写真 039 農村部の人々のために造られた山と抱き合わせた住宅群
写真 040 農村用住宅の門前に立つ少女,小2,標準語で応対,賢い

三峡ダムの下流右岸に,洪水に対抗したいわれのお寺がある,戦国時代からの名刹

写真 041 この門構えは戦国時代のものとか,本流のほとりに建てられている
写真 042 1870年の大洪水では,柱のこの点まで水が来たと記されている
写真 043 元々はこの牛が洪水を防ぐとされていた,黄牛と喚ぶ

翌6月7日,再び工事用専用高速道路で,葛州波ダムを見るために宜昌に向かう。

写真 044 工事用専用高速道路を東へ,霧にかすむ長江沿い
写真 045 山を穿って長大なトンネルが続く,難工事と見受けた
写真 046 宜昌の目抜き通り
写真 047 三峡ダム工事事務所の偉容
写真 048 葛州波の発電所事務所の偉容
写真 049 工事事務所の建物内にある模型,日本語のテープも流れる
写真 050 三峡ダムの模型,閘門の位置が少し違う,初期の設計か


これより葛州波の現場写真

写真 055 葛州波ダム頂上,右が上流
写真 056 下流部,放流状況, 左岸より望む
写真 057 上流部全景,右岸より望む
写真 058 ダム頂上より下流船舶用の閘門を望む
写真 059 葛州波ダムの全体像,パンフレットより

名所三遊洞に遊ぶ,葛州波の右岸上流に,岩盤に囲まれた名勝がある,その昔,白居易が友人二人とここに遊び,また,三国志の張飛が立ち寄って太鼓を鳴らしたとか,

写真 060 入り口に案内板があって,白居易の像の位置などが示されている

写真 061 途中で見られる渓谷美,バンジー跳びの設備もある
写真 062 岩がくりぬかれた通路
写真 063 途中の洞窟に建てられた白居易などの像
写真 064 長江が望まれる突端,張飛の碑がある
写真 065 張飛の勇ましい姿の銅像
写真 066 長江をさかのぼる小型船

再び上流の三峡ホテルに帰る

写真 067 これが三峡ダム専用に開発された高速道路の宜昌側入り口
写真 068 これより三峡ダム道路の入り口

6月8日早朝,帰国のため上海に向かう,上海は私にとって初めて

写真 069 上海空港到着
写真 070 上海,高層ビル群を縫って走る市内高速道路
写真 071 市内高速道路,案内板
写真 072 上海が誇る巨大な室内体育館
写真 073 市内に入り,両側に立ち並ぶ高層マンション群
写真 074 ホテル近くの繁華街

地下鉄で市の中心部に向かう

写真 076 地下鉄到着
写真 077 ショッピングビルが建ち並ぶ南京路,市内最大の繁華街
写真 078 ショッピングセンターのエスカレーターに群がる一人っ子達
写真 079 中心街のメインストリートに張り巡らされた高架歩道橋橋
写真 080 南京路歩行街の石碑,歩行天国になっていて,薬屋などが建ち並ぶ
写真 081 歩行天国内を走る観光用電車
写真 082 少し離れて予園の町に入る,中国のチャイナタウン
写真 083 予園の前の商店街,スターバックスの店が対照的
写真 084 お金持ちが狭い庭園を如何に広く見せるかと工夫した庭園
写真 085 日本庭園とは少し感じの違う石の庭園,長江の石
写真 086 龍を模した外壁,皇帝のシンボルを侵さぬよう3本足の龍
写真 087 チャイナタウンの狭い商店街
写真 088 近くのレストランで結婚式,鳴らされる爆竹
写真 089 中国女性の典型,大,中,小
写真 090 夜の川沿い,香港に勝る不夜城を現出


これからは動画です。Quick Time のダウンロードは,次のサイトでお願いします。容量があるので,ダウンロー出来るのは,ブロードバンドか社内の早いLANだけだと思います。ダウンロードできたら,ファイルをそれに関連付けをしてみてくれませんか。

Quick Time の ダウンロードサイト
http://www.apple.co.jp/quicktime/download/index.html

動画ファイルは次の通りです。

動画100 三峡ダムの模型を見る,日本語の解説も音で入っている
動画102 葛州波ダムの下流左岸より見た下流部全景
動画103 葛州波ダム,上流部全景,左岸より望む
動画104 上海,海岸沿いの夜,不夜城の全景,騒々しい
動画105 三峡ダム,展望台より,下流から上流へのパノラマ
動画106 三峡ダム,展望台より船舶用閘門,上流より下流へ
動画107 三峡ダム,上流の河床部に立って,右岸より左岸へ
動画108 三峡ダム下流の長江小型船が上流に遡る


元へ戻る


過去のニュース

●フィリッピンの電力改革に黄色信号 (090126)
●中国雲南のダムが景気刺激策で動く (090125)
●インドネシアのガス供給は国内優先 (090124)
●インドネシアのLNGに三菱160億ドル (090123)
●オバマ大統領の手から水が漏れた (090122)
●インドの北辺水力開発は人類最後の戦い (090120)
●パキスタンのロワリ隧道完成へ (090119)
●ベトナムが再生可能エネルギーに悩む (090118)
●中国国家送電網の内外での大活躍 (090117)
●フィリッピンの送電譲渡で電源はどうなる (090116)
●ミャンマーのアラカンに500MWダム (090115)
●インドネシアのガス田でエクソンと紛争 (090114)
●ネパールは中国の投資を歓迎 (090113)
●フィリッピンのセブに200MW石炭火力 (090112)
●インドのAP州に縦貫ハイウエーの計画 (090111)
●フィリッピンが中国のODA見直し (090110)
●パキスタンは2016年までに25,270MW (090109)
●インドの海岸の火力は輸入炭30% (090108)
●フィリッピンのエネルギー長官が回顧 (090107)
●インドネシアで新規電源が年内に (090106)
●ネパールの停電対策に新たな提言 (090104)
●パキスタンとイランの協力強化 (090103)
●カンボジアは中国企業に補償の義務 (090102)
●カンボジアの電気料金高止まりは続く (090101)

●インドのマハラシュトラの電源 (081231)
●インドネシアの原子力に不安 (081230)
●中国のエネルギー安全保障 (081229)
●中国の金沙江の開発進む (081228)
●インドがカシミールで水力推進決意 (081227)
●インド国家電網に世界銀行ローン (081226)
●インドのアルナチャルプラデシュの開発機運 (081225)
●中国2千キロの80万ボルト直流送電 (081224)
●中国がインドネシアのエネルギーに31億ドル (081223)
●インドのガスとLNGを巡る情勢 (081222)
●パキスタンの水力便益地元還元 (081221)
●フィリッピンの電気料金は民営化で下がるか (081220)
●インド北辺水力開発に変わった兆し (081219)
●フィリッピンの再生可能で産業界が沸き立つ (081218)
●フィリッピンが再生可能400万KW開発へ (081217)
●米国の知的送電網開発の気運 (081216)
●メコン委員会も気候変動戦争に参戦 (081215)
●インドが省エネ取引市場を計画 (081214)
●インダスのニールム川に火花散る (081213)
●中国の地方政府の開発志向は止まらない (081212)
●NGOが世界銀行は温暖化の元凶と (081211)
●原油価格下降の現状とこれからの動き (081210)
●中国の経済外交が国内巨大需要へ急旋回 (081209)
●パキスタンのバシャダムの資金不足 (081208)
●フィリッピンの送電網は中国へ (081207)
●インドの電力が最高警戒レベル (081206)
●パキスタンがインドへ水補償要求 (081205)
●メコン事務局長が投稿立場説明 (081204)
●ベトナムの電力改革迷走か (081203)
●比のロペスが国産資源開発へシフト (081202)
●インド北部の水力二つ前進へ (081201)

●マニラのプール市場に混乱 (081130)
●タイEGATの海外進出への飛躍 (081129)
●世銀の大規模インフラに批判の声 (081128)
●フィリッピンの再生可能エネルギー再び (081127)
●ミャンマーのラシオへの思い (081126)
●インドのパイプラインへの挑戦 (081125)
●パキスタンの水問題深刻 (081124)
●ベトナムの開発に何か変化が (081123)
●インドネシアの石炭探査投資を (081122)
●中国雲南省がコルカタへ調査団 (081119)
●パキスタンのダムになお異論 (081118)
●ミャンマーは更にダム開発加速 (081117)
●インド北東地域の送電線計画 (081116)
●メコン洪水で再び中国ダム論争 (081115)
●金融危機とインドの電源開発 (081114)
●カンボジアのNGO天国終焉 (081113)
●インドの電力プール市場 (081111)
●フィリッピンのマイクロ水力 (081109)
●カンボジアの多彩な水力開発 (081108)
●IEAが原油動向で報告書 (081107)
●インドの大規模火力に資金難 (081106)
●中国の石炭に下降傾向 (081105)
●タイ首相ナムグムの水を東北タイへ (081104)
●タイの原子力地点決定は2009年末 (081103)
●イランのパイプラインとインドの優柔不断 (081102)
●ミャンマーでの中国のプレゼンス (081101)

●ベトナム油田へのロシアの参入 (081031)
マニラ配電の先行き見通し (081030)
カンボジアなどへの中国の進出 (081029)
中国の水力開発規模は世界一 (081028
インドネシアの 電気料金上げ (081027)
中国企業がアザドカシミールにダム投資 (081026)
中国広西とベトナムを結ぶ線 (081025)
丸紅のフィリッピンへの取り組み (081024)
インドネシアと中国のLNG契約 (081023)
ラオスの水力で住民補償が再燃 (081022)
世界で50カ国以上が原子力発電を計画 (081021)
世界金融情勢の変化の影響 (081020)
インドとパキスタン対立の悪夢 (081019)
パキスタン大統領の北京挑戦 (081018)
インド北辺水力開発に反旗 (081017)
米国がインドへ原子力通商使節団 (081016)
フィリッピンの天然ガスと電気料金 (081015)
フィリッピンの長期エネルギー計画 (081014)
インドの大規模石炭火力計画 (081013)
ミャンマーの水力への外国投資 (081012)
ダム建設を巡るカシミール問題 (081011)
フィリッピンの国産エネルギーへの拘り (081010)
バングラデシュとミャンマーの関係 (081009)
バングラデシュのエネルギー長期見通し (081008)
中国政府のチベット開発政策 (081007)
●ADBが初めてベトナム水力支援 (081006)
●知的送電線ネットワークの発想へ (081005)

中国とインドのエネルギー問題 (081004)
インドの原子力開発加速へ (081003)
アジア大陸の水源はチベット高原 (081002)
インドの配電組織改革 (081001)

フィリッピンの再生可能エネへの取組 (080930)
インドの地球温暖化との戦い (080929)
サルウイーン河のダム開発 (080927)
メコン流域会議開催と中国 (080926)
インド,25年までに6千万KW水力開発 (080925)

元に戻る


アジアのエネルギー最前線 地図


大きな地図で見る

元に戻る


ウエブ全体検索

カスタム検索

本サイト内検索

カスタム検索

メールマガジン配信ご希望の方は下記いずれかより申し込んで下さい,無料です。

【日刊 アジアのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000226907.html 231
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/12995.html 232
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/8660/p/1/ 239
http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=010578 43
http://www.melma.com/backnumber_167974/ 128

【週刊 アフリカのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000273675.html 43
http://kapu.biglobe.ne.jp/14528/index.html 9
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19799/p/1/ 7
https://my.melma.com/basicinformationcomp/ 12

【週刊 中南米のエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000273730.html 38
http://kapu.biglobe.ne.jp/14529/index.html 4
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19814/p/1/ 5
https://my.melma.com/basicinformationcomp/ 20

【週刊 中東のエネルギー最前線】
http://kapu.biglobe.ne.jp/14531/index.html 5
http://www.mag2.com/m/0000273808.html 23
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19836/p/1/ 9

【週刊 再生可能エネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000274231.html 42
http://kapu.biglobe.ne.jp/14551/index.html 7
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19956/p/1/ 4
http://my.melma.com/login/(発行申請中)

【週刊 世界の地球温暖化最前線】
http://www.mag2.com/m/0000276643.html 33
http://kapu.biglobe.ne.jp/14611/index.html 6
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/20572/p/1/ 3
http://www.melma.com/backnumber_177719/ 23

【週刊 中央アジアのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000277253.html 34
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/ (発行申請中)
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/20748/p/1/ 6
http://www.melma.com/backnumber_177671/ 16

【不定期 オバマ政権のエネルギー最前線】
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/14713.html
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/8660/p/1/
http://www.melma.com/backnumber_167974/ 8


読者数 直接メール 253 延べ 1,475人

元へ戻る


海外出張直前重要サイト
通貨換算||時差||電話コード||フライト一覧||ホテル予約||各地気象||世界天気予報|| 海外安全情報|| 海外用品|海外医療||海外出張支援|| 海外赴任ナビ|| 成田へ|| 羽田へ|| 関空へ|| 伊丹へ|| ロンリプラネット|

| 鈴木篁氏] | Livedoor | |@nifty| | Gmail | |Bangkok Post| |Manila Bulletin| |Jakarta Post| |Economic Times| |時事通信| |ZAKZAK|

○https://www.blogger.com/start?hl=ja ○http://www.google.com/intl/en/press/intl-zeitgeist.html ○http://translate.google.com/translate_t?hl=ja# ○http://maps.google.com/maps?hl=ja&tab=wl 城km z http://news.google.com/news?hl=ja&sa=N&tab=ln&q= ○https://www.google.com/adsense/login3 ○http://mail.google.com/mail/#inboxhttp://www.google.com/ig?hl=jahttps://www.google.com/webmasters/tools/docs/ja/about.htmlhttps://www.google.com/webmasters/tools/summary?siteUrl=http%3A%2F%2Fmy.reset.jp%2F%7Eadachihayao%2F&hl=ja


| HOME | |サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | | プロジェクト位置図 |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| |週刊 アフリカのエネルギー最前線 | | 週刊 中央アジアのエネルギー最前線 | | オバマのエネルギー |
|週刊 中南米のエネルギー最前線| | 週刊 再生可能エネルギー最前線 | | 週刊 中東のエネルギー最前線 | | 世界の地球温暖化最前線 |

お問い合わせまたはご意見は下記メールアドレスへ
PGA02435@nifty.com