Taxila in Pakistan
イスラマ郊外仏教遺跡
(1)平野全景

[HOME] [Country] [PakiTax1]


  1. タキシーラ平野全景
  2. 平野を潤すハーンダム
  3. Jandal 僧院遺跡
  4. Sirikap 集落跡

1997年12月2日,朝11時に仕事が終了,思い立ってイスラマバードの郊外,西約50kmの仏教遺跡,タキシーラを訪ねてきた。イスラマよりペシャワール街道を西へ約1時間,インダスに流れ込む支流ハーン川の扇状地に広がる地域に,タキシーラの遺跡が散在している。紀元前7世紀から紀元5世紀,約1200年間,いろいろな外患に曝されながら生き続けた人々の生活の場であり,そこには,紀元前のアレクサンダー大王の侵攻,ギリシャの文化の伝達,このヘレニズムの影響と仏教の興隆が結びついたガンダーラ美術の粋を集めた遺跡,最後はモンゴルの侵攻で破壊される,と言う歴史の坩堝の中,生き続けた人々は,このハーン川の肥沃な扇状地と豊富な水に支えられて,その時々の桃源郷を夢見ながら,生活してきたのであろう。昨年,更にインダスの西のペシャワールの北,スワット平野の仏教遺跡を訪ねたが,その立地条件には,極めて酷似したものがあり,そのキーワードは肥沃な平野,豊富な水,温暖な気候,であろう。シリアの,僅かなオアシスを見つけて人々が生活の場としてきたパルミラダマスカスアレッポとは,この点で少し異なった要素があり,そこには住居地のプロジェクト形成に従事したプランナー達の視点が見られて面白い。1962年にはこの上流にダムが出来て,利水は更に便利となり,再び人々はこの桃源郷の生活を楽しんでいるようだ。




扇状地の奥の僧院の丘から平野を
左の水路は最近のダムから導水
肥沃な土地,豊富な水,温暖な気候




入口に掲示された全域の地図
今回は手前の集落跡と奥の僧院を訪ねる




入り口の博物館
ガンダーラ美術の粋を集めた仏像
内部は撮影禁止




現在の上流のダムから導水



[HOME] [Country] [PakiTax1]