Syria
Old Roman Ruin

[HOME] [Country] [Syria]


1977年11月17日,仕事の合間を縫って,アレッポの西北西約50kmの地域に散在する遺跡群を見てきた。ここは丁度シルクロードのバイパスに当たる地域で,アレッポを通過拠点として,これより西北の方向に街道が延びて,現在のトルコのアンティオキアに達していたので,多くの時代を生き延びてきた遺跡が散在している。興味を持ったのは,ローマ街道の一部が残っていると言われたこの地域で,すべての遺跡を訪ねることは時間的に出来なかったが,偶々行き当たったのは,カラートサマーンの寺院の遺跡であった。ローマ街道の遺跡がなかなか見つからず,諦めて帰ろうとしてアンタキア街道に出たところで,突然ローマ街道に行き当たった。この日は雨模様で,寒く,急いでカメラに収めて,アレッポへ帰った。




カラートサマーン寺院の遺跡(その1)
5世紀に,聖シモンが40年間隠ったところ,と言う




カラートサマーン寺院の遺跡(その2)
10世紀,ビザンティン時代に城塞化された




忽然と現れた旧ローマ街道遺跡(1)
幅は5m以上あるであろうか





忽然と現れた旧ローマ街道遺跡(2)
ローマ帝国の属国であったシリア
ここをローマの騎兵部隊が行軍したのか



忽然と現れた旧ローマ街道遺跡(3)
大きな石を丹念に敷き詰めている
表面は磨耗して交通の激しさを物語る


[HOME] [Country] [Syria] [Top]