週刊 アフリカのエネルギー最前線

2008年10月26日分
[ HOME ] [ サイトマップ

エチオピア,発電所建設に遅れ,タケゼ,ギルギレベレ水力など


Watch the latest videos on YouTube.com




大きな地図で見る


●エチオピア,発電所建設に遅れ,タケゼ,ギルギレベレ水力など

エチオピアの電力を,外務省のHPから要約すると,国土面積109.7万平方km,人口7,720万人(2006年世界銀行)。発電設備は650MWで95%が水力発電,1,330MWへ向かって増設中。南西部低地にある推定4兆立方フィートの天然ガスが開発されようとしている。

私は,エチオピアの電力をテーマーに,1997年7月(注1)1997年10月(注2)の2度,エチオピアを訪問している。更にこの当時の電力事情について報告(注3)している。その時の状況は,人口も58百万人で,10年間で2000万人近く増えている。電力設備は当時421MWであったが,今日では650MWと言われており,更に,1,330MWに向けて増強を図っている。また,南西部低地にある推定4兆立方ftの天然ガスが開発されようとしている。10年前の首都アディオスアベバ(注1)で,北方遙かな青ナイルを想像したものである。

さて今日の記事であるが,現在増強を続けている二つの水力発電所工事が,地質上の難関に遭遇し,完成が遅れるというものである。二つのダムは,北部のテケゼ(注5)と南西部のギルゲルギベ第2(注6)で,二つとも予定より1年遅れの可能性,とエチオピア電力EEPCo(注7)から発表された。

ギルゲルギベ第2(注6)水力は,ギルゲルギベ第1(注9)の継続で,ダムはなく,そのままフォーマ山(注10)の下を25kmのトンネルで抜いて,オモ川渓谷(注11)に導いて,420MWを発dんするものである。このギルゲルギベ第2(注6)水力も,トンネルの地質に問題が生じて,そのルート変更に迫られ,追加工事費が必要とされている。

テケゼ(注5)ダムは,工事費総額20億ビル(注8),約2.2億ドル相当,出力300MWで,コンクリートのダブルアーチ型ダムであるが,地質的問題が生じて,地滑りを止めるために,新たに4億ビル(注8),約4,400万ドル相当,の追加予算を必要としている。EEPCo(注7)のデベベ総裁(注12)によると,二つのプロジェクトとも大きな追加工事費が必要で,完成は2009年8月になろう,と言っている。

10年前に首都アディオスアベバ(注1)から北の青ナイルなどを想像しながら,思いを馳せていたが,このように早く大規模なダムが建設されているとは知らなかった。地図を眺めると,北部のテケゼ(注5)川は,北に流れて,スーダンとの国境を越えて,今度自衛隊が行くカルトウーム(注13)でナイル川本流と合流する。ギルゲルギベ第1(注9)のあるオモ川渓谷(注11)は,西部を南に流れて,最後はビクトリア湖に入る,ああ,雄大である。

(注)(1) http://my.reset.jp/~adachihayao/Ethiopia.htm,(2) http://my.reset.jp/~adachihayao/EthiAdd.htm,(3) http://my.reset.jp/~adachihayao/EthiPower.htm,(4) Addis Ababa,(5) Tekeze hydro electric power project,(6) Gilgel Gibe II Hydropower,(7) the state power monopoly, Ethiopian Electric Power Corporation (EEPCo),(8) birr, 0.11$,(9) Gilgel Gibe I,(10) Fofa mountain,(11) Omo River Valley,(12) Mihiret Debebe, Chief Executive Officer (CEO) of EEPCo,(13) Kharutoum,(14)

●エチオピア,電力使用制限,新たな局面に

さて,このように,イタリアなどの支援でダム建設を続けているエチオピアであるが,常に電力不足に有悩まされている。今日の記事は,その第2ラウンドだ,と書かれている。2008年9月11日,エチオピア新年が始まったばかりであるが,EEPCo(注7)のデベベ総裁(注12)によると,水不足によるものである,としている。対策は,世界中から寄付されてくる節電用の30万個の電球だという。

エチオピアは最近,毎年13%に達する電力需要の伸びを示しているが,北部のテケゼ(注5)と南西部のギルゲルギベ第2(注6)の二つの水力工事が遅れ,問題となっている。昨年,2007年も厳しい電力不足に見舞われ,1,800の町で毎日6時間の停電が続いた。状況は更に悪くなると見られている。

現在エチオピアは,懸命に水力発電所の増設に努力している。それらは,テケゼ(注5),ギルゲルギベ第2(注6)の他,ベレス(注14),ウインドミツ(注15),フィンチャ(注16),アメルティネシ(注17)などである。これらの増強が完成すると,出力で3,270MWとなり国外へ輸出が可能となる。既に,北のジブチ,西のスーダンとは200MWの,また南のケニヤとは500MWの予備契約を行っている。政府は,電力輸出がコーヒーに変わってその王座を奪う,と豪語している。

送電線は建設が進んでいて,2008年内にはジブチとスーダンが連携できる。50万ボルト,延長1,200kmの送電線は,2010年完成予定である。ケニアと繋がればエチオピアは南部アフリカ電力網(注18)に連携し,スーダンとの接続が完成すると,北部アフリカ電力網(注19)に繋がり,地中海沿岸のエジプトまで連携できることになる。またジブチ線は,中東の系統とも繋がる。

しかし,まだ国内の電化には手間取っている。現在,全人口7,500万人のうち,19%が電気を受けているのみである。人口が1億人となるとされている2015年までには,100%の電化を達成するべく,EEPCo(注7)は考えている。ベレス(注14)は435MWで,2010年完成の予定である。

私の感じ。何だか,大きな送電構想があって,その下で19%のエチオピアの人々が電気を受けているだけ,という現実は,なかなか分かりにくい。テケゼ(注5),ギルゲルギベ第2(注6),ベレス(注14)などのは,相当の費用が注ぎ込まれているようで,アフリカ開発の難しさを痛感するエチオピアの現状である。

(注) (14) Beles,(15) Windmill,(16) Fincha,(17) Amertineshi,(18) the Southern Africa grid,(19) the Northern Africa grid,(20)

Reference

Ethiopia

●081022D Ethiopia, turkishweekly
エチオピア,電力使用制限,新たな局面に
Ethiopia to experience another round of power rationing Print
http://www.turkishweekly.net/news.php?id=60381
●081022E Ethiopia, nazret.com
エチオピア,発電所建設に遅れ,タケゼ,ギルギレベレ水力など
Ethiopia - Tekeze and Gilgel Gibe II Hydropower behind schedule
http://nazret.com/blog/index.php?title=ethiopia_tekeze_and_gilgel_gibe_ii_hydro&more=1&c=1&tb=1&pb=1


過去の情報

●ザンビアで水力発電所事故のため,全土で停電 (081017)
●ケニアの東部の県で,石炭探査を開始 (081011)
● ケニヤ電力公社 KenGen,危機に関し,関係企業の会議を招集 (081001)
● 石炭こそがアフリカの硬くて黒い金塊だ (080924)


サイトマップ HOME
|日刊 アジアのエネルギー最前線| |週刊 アフリカのエネルギー最前線 | | 週刊 中央アジアのエネルギー最前線 |
|週刊 中南米のエネルギー最前線| | 週刊 再生可能エネルギー最前線 | | 週刊 中東のエネルギー最前線 |
| 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version |