中央アジアのエネルギー最前線
Watch the latest videos on YouTube.com

| HOME | |サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | | プロジェクト位置図 |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| | アフリカのエネルギー最前線 | | 中央アジアのエネルギー最前線 |
| 中南米のエネルギー最前線 | | 再生可能エネルギー最前線 | | 中東のエネルギー最前線 | | 地球温暖化最前線 |

Since 1998 October
(本更新直前483,600 ,メルマガ配信数 1.037)


ー 日刊アジアのエネルギー最前線 2008年11月8日分ータジキスタンで水力発電所完成 ー

タジキスタン(注1)については,島田志津夫前在タジキスタン日本国大使館専門調査員(注10)のわかりやすい説明がある。国土面積は14.3万平方km,人口は690万人(2006年初め)。タジキスタン(注1)の水力資源については,島田(注10)氏は,次のように要約している。


「タジキスタン(注1)の水資源は,ソ連時代から注目されていて,旧ソ連政府が水力発電所をつくって
いる。タジキスタン(注1)を代表する発電所として,ヌレク水力発電所があるが,ダムの堤高が300mで世界一の高さを誇っている。発電能力は300万KW。その他,ラグンやサングトゥーダ1,2と三つのダムを建設中,ロシアやイランの援助を受けている。高圧送電線を整備して,電力輸出国を目指している。」。

またエネルギーに関する技術的な資料は,グローバルセキュリティ(注)がまとめている,原油やガスの探査や生産も行われているようであるが,需要の殆どをウズベキスタン(注8)から輸入して賄っている。電力は,設備4,400MWであるが,90%は水力で,電力一貫して国有のバリキトジク(注9)が扱っている。

下記写真,ナショナルジオグラフィックより借用 バクシュ川(注10)
http://www.nationalgeographic.co.jp/places/places_countryprofile.php?ENLARGE&COUNTRY_ID=91

タジキスタン(注1)は中央アジア最大の水力発電設備を有している。重要な発電所はバクシュ川(注10)で,3,800MWの設備である。最大の発電所はヌレック水力(注11)で出力は3,000MW。ログン水力(注12)は3600MWであるが未完成,ダムの高さは335mで世界最大。

現在工事中の,と書かれているのが今日のニュースにあるプロジェクトで,サングトウダ第1水力(注12)でダムはカトロンダム(注13),第1と第2併せて出力900MW,イランとロシアの支援を受けている。計画中では,シュロブ水力(注14)750MW,ガルム渓谷のオビキンゴウ川のカプタルグザール水力(注15),また巨大な出力,4,000MWを持つ,アフガニスタンとの国境のパンジ川(注16)のダシュティジュム水力(注17)がある。

現在,設備の40%の電力がアルミの精錬に使われているが,国内は厳しい電力不足に見舞われているという。おそらく,旧ソ連特有のダム計画で,渇水の場合に発電できないケースがあるのだろう。大規模な水力ポテンシャルは,周辺諸国への輸出が,その目的である。パキスタンなども,長躯タジキスタン(注1)から,電力を輸入しようとしている。

(注) (6) http://www.wako.ac.jp/souken/tozai/file/tz0806.pdf,(7) http://www.globalsecurity.org/military/world/centralasia/tajik-energy.htm,(8) Uzbekistan,(9) the State-owned joint stock company Barqi Tojik,(10) Vakhsh River,(11) Nurek hydroelectric facility, (12) Sangtuda 1 & 2 power stations,(13) Khatlon dam,(14) Shurob,(15) Kaphtarguzar, on the Obikhingou River in the Garm Valley,(16) Panj River,(17) Dashtijum,(18)

本文

●電力危機のタジキスタン,水力発電開発に努力

エネルギー不足に見舞われているタジキスタン(注1)で,最大の水力発電所の第3号機が発電を開始した。当局は,この新規電力を得たことにより,この貧困に苦しむ中央アジアの一国が,昨年の冬に見舞われた壊滅的な停電による被害の繰り返しを避けることが出来る,と希望を伝えている。

先週水曜日,2008年11月5日,ラフマン大統領(注3)は,このロシアによって建設された発電所は,最終の第4号機が完成すれば,年間27億KWhの電気を得ることが出来る,と語った。

大きな水力発電のポテンシャルを持ちながら,タジキスタン(注1)は何度も電力不足に見舞われてきた。現在,タジキスタン(注1)は,全土に亘って,厳しい停電に見舞われている。殆どの地域で,一日6時間の電力が上限である。

(注) (1) Tajikistan,(2) Dushanbe,(3) President Emomali Rakhmon,(4)

●タジキスタンのサントウダ水力,第3号機が運転開始

先週水曜日,2008年11月5日,タジキスタン(注1)のサントウダ第1水力発電所(注4)の4台の発電機の第3号機が運転を開始,ラフマン大統領(注3)が出席して,完成式典が行われた。サントウダ第1水力発電所(注4)は,ロシアのインターラオ社(注5)によって建設されたものである。試運転が開始されたのは,2008年10月29日であった。営業運転開始によって,全国の電力不足が補われるものと期待されている。

完成式典で挨拶したラフマン大統領(注3)は,「極度のエネルギー不足に陥っていたタジキスタン(注1)に対するロシアの貢献に感謝する。」,と述べた。完成後は,全国で朝の4時間と夕方の4時間は電力きゅきゅうが行われれる。また首都のドシャンベ(注2)では,停電はなくなる。当局は,渇水のために電力不足が起こっている,と説明している。サントウダ第1水力発電所(注4)の第1号機は2008年1月20日に,また第2号機は2008年6月30日に運転開始している。

(注) (4) Sangtuda-1hydropower Plant,(5) Inter-RAO company,(6)

Reference

●081108F Tajikistan,ap.google.com
電力危機のタジキスタン,水力発電開発に努力
Electricity-starved Tajiks boost hydropower plant
http://ap.google.com/article/ALeqM5jxtBt5jcAfqju0T_uh4hJr7do-JgD948LN3G2
●081107H Tajikistan,istockanalyst
タジキスタンのサントウダ水力,第3号機が運転開始
Third Turbine Launched at Tajikistan's Sangtuda-1hydropower Plant
http://www.istockanalyst.com/article/viewiStockNews+articleid_2772249.html

元へ戻る



元に戻る


中央アジアのエネルギー最前線 地図



大きな地図で見る


元に戻る

カスタム検索

メールマガジン配信ご希望の方は下記いずれかより申し込んで下さい,無料です。

【日刊 アジアのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000226907.html 190
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/12995.html 211
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/8660/p/1/ 219
http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=010578 45
http://www.melma.com/backnumber_167974/ 118

【週刊 アフリカのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000273675.html 36
http://kapu.biglobe.ne.jp/14528/index.html 7
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19799/p/1/ 6

【週刊 中南米のエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000273730.html 32
http://kapu.biglobe.ne.jp/14529/index.html 2
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19814/p/1/ 4

【週刊 中東のエネルギー最前線】
http://kapu.biglobe.ne.jp/14531/index.html 5
http://www.mag2.com/m/0000273808.html 23
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19836/p/1/ 6

【週刊 再生可能エネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000274231.html 1
http://kapu.biglobe.ne.jp/14551/index.html 2
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19956/p/1/ 2

【週刊 世界の地球温暖化最前線】
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/20572/p/1/ 1

読者数 直接メール 259 合計 1,042人

元へ戻る


海外出張直前重要サイト
通貨換算||時差||電話コード||フライト一覧||ホテル予約||各地気象||世界天気予報|| 海外安全情報|| 海外用品|海外医療||海外出張支援|| 海外赴任ナビ|| 成田へ|| 羽田へ|| 関空へ|| 伊丹へ|| ロンリプラネット|

| 鈴木篁氏] | Livedoor | |@nifty| | Gmail | |Bangkok Post| |Manila Bulletin| |Jakarta Post| |Economic Times| |時事通信| |ZAKZAK|

○https://www.blogger.com/start?hl=ja ○http://www.google.com/intl/en/press/intl-zeitgeist.html ○http://translate.google.com/translate_t?hl=ja# ○http://maps.google.com/maps?hl=ja&tab=wl 城kmhttp://news.google.com/news?hl=ja&sa=N&tab=ln&q= ○https://www.google.com/adsense/login3 ○http://mail.google.com/mail/#inboxhttp://www.google.com/ig?hl=ja


| HOME | |サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | | プロジェクト位置図 |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| |週刊 アフリカのエネルギー最前線 | | 週刊 中央アジアのエネルギー最前線 |
|週刊 中南米のエネルギー最前線| | 週刊 再生可能エネルギー最前線 | | 週刊 中東のエネルギー最前線 |

お問い合わせまたはご意見は下記メールアドレスへ
PGA02435@nifty.com