世界の地球温暖化最前線
Watch the latest videos on YouTube.com

| HOME | |サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | | プロジェクト位置図 |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| |週刊 アフリカのエネルギー最前線 | | 週刊 中央アジアのエネルギー最前線 |
|週刊 中南米のエネルギー最前線| | 週刊 再生可能エネルギー最前線 | | 週刊 中東のエネルギー最前線 |

Since 1998 October
(本更新直前483,452 ,メルマガ配信数 1.037)


ー 週刊 世界の地球温暖化最前線 2008年11月5日分ー温暖化ガス抑制は発展途上国にこそ必要 ー

●温暖化ガス抑制目標は,発展途上国にも必要である

今日,2008年11月6日,米国大統領にオバマ候補が当選した。オバマ候補は,地球温暖化問題に関しては,ブッシュ現大統領とは違って積極的に取り組む姿勢ではあるが,それは京都議定書を批准するよりも,ポスト京都に積極的に参加する意味であり,条件として,新興国,発展途上国の参加を求めている。それではブッシュと変わらない,と言うことだが,さて,オバマの当選で,今後の世界の地球温暖化問題はどう変わるのであろうか。

今日の記事は,ドイツのポツダム気候変動研究所(注1)のクロップ上級科学者(注2)が,インドのNGO,ダウントウアース(注3)のボラー氏(注4)にインタビューに答えたものである。いわば,

ドイツは原子力発電をはずしてから,どの様に排出ガス規制に対応しようとしているのか?原子力発電はクリーンではない。第1に,KWh当たり90〜140グラムの炭酸ガスを出すが,風力は10グラムで済む。第2に,コストが高い,廃棄物と安全でまだ回答が出ていない。なぜこの恐竜時代のような技術に依存しようとするのか。

ドイツの再生可能エネルギーの容量はどのくらいか?ドイツに於ける風力発電の容量は2006年で22,621MWに達している。2004年で発電の10%を占めていたものが,2007年には13%,また需要では,2004年に4%であったものが,2007年には13%である。2010年の目標は2010年で15.5%,2020年で27%である。2050年で温暖化ガス80%削減を目指している。

インドと比べるとどうか?比較は難しいが,欧州も水力電源は豊富である。インドは太陽光発電で行くべきではないか。特にラジャスタン(注5)などの半砂漠地帯に向いている。2005年のデーターによると,900万ヘクタールの砂漠があれば,人類の90%は活きられる。風力も,インドで可能だろう。

ポスト京都について何か示唆があるか?ポスト京都へのオードマップが必要である。明らかに地球と大気には温暖化ガス(注6)に限界がある。解決方法はただ一つ,持続可能で賢明な生活と開発である。途上国も南北協力を通じてやるべきことがある。

途上国にも温暖化ガス削減への義務はあるか?当然である。しかし私はインドは発展するなと言っているのではない。しかし公正な合意形成が必要だ。1990年を基準として,OECD(注7)加盟国は80%,途上国は50%削減が必要だ。また先進国は途上国への技術移転の努力が必要であるし,途上国は,森林喪失を防ぎ,進捗を大きく眺める(注8)必要がある。中国とインドの参画なくして,目標達成は出来ない。

地球温暖化は途上国にどの様に影響するか?途上国は,もっとも大きな影響を受ける。それは,途上国が気候変動の影響に対応するだけの,資金力がないからだ。更に言えば,気候変動は環境条件を劇的に変化させ,今日の,「既に限界の地域(注9)」,を明日には,「住めない地域(注10)」,にしてしまうからだ。

私は,この記事を読み始めたときは,実はがっかりしていた。ドイツの最前線の科学者が,インドに与える言葉はこの程度か,と。しかし,最後の説を読んで,ああ,いい言葉だな,と思った。今日の,「既に限界の地域(注9)」,を明日には,「住めない地域(注10)」。要するに,地球全体が同じように滅びて行くのではなく,地球上で気候変動の影響が,大きく偏って起こるのだ,と改めて思ったことであった。

(注) (1) Potsdam Institute for Climate Impact Research, Germany,(2) Juergen P Kropp , senior scientist,(3) http://www.downtoearth.org.in/,(4) Amarjyoti Borah,(5) Rajasthan,(6) ghg emissions,(7) oecd (Organisation for Economic Cooperation and Development),(8) farsighted concepts of progress,(9) ‘already marginal areas’,(10) ‘no-stay areas

Reference

●081005D CDM,downtoearth
温暖化ガス抑制目標は,発展途上国にも必要である
“Emissions targets a must for developing countries”
http://www.downtoearth.org.in/full6.asp?foldername=20081015&filename=inv&sec_id=14&sid=1

元へ戻る



過去のニュース

●タイ首相ナムグムの水を東北タイへ (081104)
●タイの原子力地点決定は2009年末 (081103)
●イランのパイプラインとインドの優柔不断 (081102)
●ミャンマーでの中国のプレゼンス (081101)
●ベトナム油田へのロシアの参入 (081031)
マニラ配電の先行き見通し (081030)
カンボジアなどへの中国の進出 (081029)
中国の水力開発規模は世界一 (081028
インドネシアの 電気料金上げ (081027)
中国企業がアザドカシミールにダム投資 (081026)
中国広西とベトナムを結ぶ線 (081025)
丸紅のフィリッピンへの取り組み (081024)
インドネシアと中国のLNG契約 (081023)
ラオスの水力で住民補償が再燃 (081022)
世界で50カ国以上が原子力発電を計画 (081021)
世界金融情勢の変化の影響 (081020)
インドとパキスタン対立の悪夢 (081019)
パキスタン大統領の北京挑戦 (081018)
インド北辺水力開発に反旗 (081017)
米国がインドへ原子力通商使節団 (081016)
フィリッピンの天然ガスと電気料金 (081015)
フィリッピンの長期エネルギー計画 (081014)
インドの大規模石炭火力計画 (081013)
ミャンマーの水力への外国投資 (081012)
ダム建設を巡るカシミール問題 (081011)
フィリッピンの国産エネルギーへの拘り (081010)
バングラデシュとミャンマーの関係 (081009)
バングラデシュのエネルギー長期見通し (081008)
中国政府のチベット開発政策 (081007)
●ADBが初めてベトナム水力支援 (081006)
●知的送電線ネットワークの発想へ (081005)

中国とインドのエネルギー問題 (081004)
インドの原子力開発加速へ (081003)
アジア大陸の水源はチベット高原 (081002)
インドの配電組織改革 (081001)
フィリッピンの再生可能エネへの取組 (080930)
インドの地球温暖化との戦い (080929)
サルウイーン河のダム開発 (080927)
メコン流域会議開催と中国 (080926)
インド,25年までに6千万KW水力開発 (080925)

元に戻る


アジアのエネルギー最前線 地図


大きな地図で見る

元に戻る

カスタム検索

「日刊アジアの開発問題」メールマガジン配信ご希望の方は下記いずれかより申し込んで下さい,無料です。

http://www.mag2.com/m/0000226907.html
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/12995.html
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/8660/p/1/

http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=010578
http://www.melma.com/backnumber_167974/

読者数 直接メール 259 合計 1,037人

元へ戻る


海外出張直前重要サイト
通貨換算||時差||電話コード||フライト一覧||ホテル予約||各地気象||世界天気予報|| 海外安全情報|| 海外用品|海外医療||海外出張支援|| 海外赴任ナビ|| 成田へ|| 羽田へ|| 関空へ|| 伊丹へ|| ロンリプラネット|

| 鈴木篁氏] | Livedoor | |@nifty| | Gmail | |Bangkok Post| |Manila Bulletin| |Jakarta Post| |Economic Times| |時事通信| |ZAKZAK|

○https://www.blogger.com/start?hl=ja ○http://www.google.com/intl/en/press/intl-zeitgeist.html ○http://translate.google.com/translate_t?hl=ja# ○http://maps.google.com/maps?hl=ja&tab=wl 城kmhttp://news.google.com/news?hl=ja&sa=N&tab=ln&q= ○https://www.google.com/adsense/login3 ○http://mail.google.com/mail/#inboxhttp://www.google.com/ig?hl=ja


| HOME | |サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | | プロジェクト位置図 |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| |週刊 アフリカのエネルギー最前線 | | 週刊 中央アジアのエネルギー最前線 |
|週刊 中南米のエネルギー最前線| | 週刊 再生可能エネルギー最前線 | | 週刊 中東のエネルギー最前線 |

お問い合わせまたはご意見は下記メールアドレスへ
PGA02435@nifty.com