>

日刊 アジアのエネルギー最前線

HOME 】 【自己紹介

連絡先: adachihayao@gmail.com

ブログ本体へ水力位置図へ
経済指標ダッシュボードへ
囲碁棋譜へゴルフ動画へ政治動画へ原油価格へ鉄鋼価格へ
PC&ゴルフドライバー販売所

2018年1月23日
参考資料(2018年1月23日9時45分) 憲法改正,エネルギー

日米国防相,軍備拡張の目標は中国とロシア

Since 199 8 October
(本更新直前987,988)
メルマガ含む読者延べ 2,395

終端へ

足立隼夫の主張】 【各国訪問写真記録】 【FaceBook】 【Twitter

サイト内検索

送料わずか70円~で日本からお届け!楽天国際格安配送



N ****************************************************** N






















***************************************************************************************


日刊 アジアのエネルギー最前線 地図

下記の地図はイメージ,続く文字をクリックしてアクセス願います
Asia Energy Front






元に戻る

*********************************************************** O

新設! PC&ゴルフドライバー販売所




元に戻る

*********************** 今日の本文 ***********************

送料わずか70円~で日本からお届け!楽天国際格安配送





============================================================================================
参考資料(2018年1月23日9時45分)

憲法改正

◆180123 石破氏「党の憲法改正案取りまとめは地方組織の声も」
NHK-14 時間前 http://bit.ly/2G47xrI
自民党の石破元幹事長は、記者団に対し、憲法改正をめぐる議論が国民の間で成熟していないと指摘し、党としての改正案の取りまとめは党の地方組織の意見も聞きながら進めるべきだという考えを示しました。 続きを読む. この中で、石破元幹事長は、憲法改正について、「国会での改正の発議は、早ければ早いほど良いが、国民の間で、憲法の議論が、なかなか成熟していないという感じを受けている。47都道府県で、ボトムアップの議論を加速することが発議を早くする」と述べ、党としての改正案の取りまとめは都 ...
◆180123 憲法改正「今月終わりから議論再開を」…柴山氏
読売新聞-9 時間前 http://bit.ly/2DuYJtr
自民党の柴山昌彦総裁特別補佐と立憲民主党の福山幹事長が22日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、憲法改正などについて議論した。 自民党の憲法改正案を3月25日の党大会までにまとめたい意向を示している柴山氏は「1月の終わりから集中的に議論を再開したい」と述べた。国会発議の時期については「野党でも改正に前向きなところがある。政治スケジュールを頭に置き、各党に議論を求めていく」と語った。福山氏は「権力者側が、憲法を理想で好きなように動かすという話は違う」と批判した。 2018年01月22 ...
◆180123 立憲・枝野代表、憲法改正なら賛成だが、改悪だから反対」
ハフィントンポスト-22 時間前 http://bit.ly/2mYTlbN
立憲・枝野代表、憲法改正なら賛成だが、改悪だから反対」. 「こんなところに政治的エネルギーを使っている場合ですか?」 朝日新聞社提供. 朝日新聞社. 立憲民主党の枝野幸男代表. 立憲・枝野代表「憲法改正と言っちゃダメ。改悪だから」. □枝野幸男・立憲民主党代表(発言録). 「憲法改正」なんて言っちゃダメです。「改正」なら賛成だが、「改悪」だから反対。だから、(首相の)安倍晋三さんがやろうとしているのは「改悪だ」と言わないといけない。正直しんどいところがあるが、できれば国会の中で止めたい。なぜなら、 .
◆180123 安倍晋三首相、憲法改正議論の前進に期待「理想の姿を語るのが憲法 ...
産経ニュース-18 時間前 http://bit.ly/2G7Hzna
安倍晋三首相は22日午後、衆院本会議で施政方針演説を行った。演説の全文は次の通り。 ◇. 一、はじめに. 150年前、明治という時代が始まったその瞬間を、山川健次郎は、政府軍と戦う白虎隊の一員として、迎えました。 しかし、明治政府は、国の未来のために、彼の能力を生かし、活躍のチャンスを開きました。 「国の力は、人に在り」. 東京帝国大学の総長に登用された山川は、学生寮をつくるなど、貧しい家庭の若者たちに学問の道を開くことに力を入れました。女性の教育も重視し、日本人初の女性博士の誕生を ...
◆180123 希望 安保関連法や憲法改正で統一見解議論へ 通常国会に備え
NHK-14 時間前 http://bit.ly/2Dw3wil
希望の党は、通常国会での論戦に備えて、安全保障関連法や憲法改正などをめぐる統一見解をまとめるため、今月26日に両院議員懇談会を開いて議論することになりました。 続きを読む. 希望の党は、国会対応について、民進党との統一会派結成は見送りましたが、その間の党内議論で、安全保障関連法や憲法改正などをめぐって、意見の対立が表面化しました。 このため希望の党は、22日の役員会で、通常国会での本格的な論戦に備えて統一見解をまとめる必要があるとして、今月26日に両院議員懇談会を開いて ...
◆180123 首相、憲法改正「実現する時」
日本経済新聞-21 時間前 http://s.nikkei.com/2G3LFgl
安倍晋三首相は22日午前、自民党の両院議員総会で、憲法改正について「とうとう憲法改正を実現する時を迎えている。その大きな責任を果たしていこうではないか」と意欲を示した。 日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで! 無料・有料プランを選択. 今すぐ登録. 会員の方はこちら. ログイン. 記事保存. 有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。 > 新規会員登録 · > ログイン. 閉じる. Evernote保存. ご利用には会員登録が必要です.
◆180123 改憲論議6割超が賛成 “自衛隊加憲”支持は5割
テレビ朝日-21 時間前 http://bit.ly/2DDC9BY
国会の後半で焦点になる憲法改正について、63%の人が具体的な議論を進めることに賛成していることがANNの世論調査で分かりました。安倍総理大臣が主張している自衛隊の存在を憲法に書き加えることについても51%の人が「支持する」と答えています。 調査は20日と21日に行いました。安倍内閣の支持率は40.1%と前回の調査より3.6ポイント下がり、「支持しない」とした人が「支持する」を上回りました。政党の支持率は自民党が42.3%、次いで立憲民主党が16.6%と伸びてきています。民進党と希望の党は ...
◆180123 ステルス機「F35A」、26日に三沢基地に初配備
TBS News-12 時間前 http://bit.ly/2G954wq
航空自衛隊は、次期主力戦闘機となる「F35A」を、今月26日に青森県の三沢基地に初めて配備することを明らかにしました。 「F35A」は、敵に見つかりにくいステルス性能が強化された航空自衛隊の次期主力戦闘機で、防衛省は将来的に、この「F35A」に射程およそ500キロの長距離巡航ミサイル「JSM」を搭載する計画です。 航空自衛隊によりますと、この「F35A」1機を、今月26日に青森県の航空自衛隊・三沢基地に初めて配備するということで、三沢基地には、来年度と合わせて10機が配備される予定です。

エネルギー

◆180123 電力の容量市場は本当に国民の利益になるのか
日経テクノロジーオンライン-20 時間前 http://nkbp.jp/2BlfXYp
経済産業省は、発電設備の固定費の一部を卸電力市場とは別の仕組みで小売電気事業者から徴収する「容量市場」を2020年に立ち上げる。供給力が安定的に確保できれば卸電力価格が下がり、「中長期では小売電気事業者の総負担は現行と同等水準に収れんする」と経産省は説明してきた。だが、経済学的に見て根拠は乏しい。 2017年12月26日、経済産業省はこれまで検討を続けてきた4つの制度(ベースロード電源市場、間接送電権、容量市場、需給調整市場)について「中間論点整理」(第2次)を提示した。
◆180123 日米原子力協定 核燃サイクルの実現が大切だ
読売新聞-3 時間前 http://bit.ly/2n309UX
菅官房長官は「協定は我が国の原子力施策の基盤だ」と強調し、自動延長を歓迎している。 米側は、オバマ前政権から変わらず、延長に理解を示してきた。トランプ政権も「見直す必要はない」との立場だ。日本の核不拡散への取り組みや核物質管理の技術を評価しているのだろう。 問題は、協定に基づく平和利用の有利な条件を、日本が十分に生かし切れていないことだ。核燃料サイクルの構築が遅れ、プルトニウム利用は停滞している。 日本のプルトニウム保有量は約47トンに上る。大部分は使用済み核燃料の再処理 ...

中国

◆180123 中国「青空防衛戦」で凍える市民、工場休業多発…経済成長に暗い影
産経ニュース-21 時間前 http://bit.ly/2n3m6nx
黄河の北、河北省の寒村で幼い息子2人が、いつもの冬より頻繁に体調を崩すのを心配する親の様子をロイター通信が伝えた。省内の小学校では、暖房がないため日差しのある戸外で授業を行い、児童が凍傷になったとも報じられている。 中国北部では伝統的に暖房に石炭を使う。ところが、質の悪い石炭を燃やすため大気汚染の原因になっており、中国政府は昨年8月、北京や河北省などの大気汚染対策を発表し、冬を迎える前に石炭から天然ガスへの切り替えを徹底するよう指示。目標を達成しない地方政府の責任を ...
◆180123 中国 エネルギー自動車の品質向上に取り組み
中国国際放送-18 時間前 http://bit.ly/2mZ0dGc
20日から21日にかけて、北京で、電気自動車の普及を目指す「中国電気自動車百人会」によるフォーラムが行われました。万鋼科学技術相は「今後、中国電気化、スマート化に向けて、産業や技術、政策の刷新により力を入れ、新エネルギー自動車の品質向上を進めていく」と述べました。 このフォーラムは、「世界の変革の流れを握み、質の高い発展を実現」をテーマとし、国内外の政界、産業界、研究界から約1000人が参加しました。 万科学技術相は「現在、中国の新エネルギー自動車は車両から部品までの産業 ...
◆180123 日本よりずっと先を行く中国、12年後にメタンハイドレートを実用化か ...
Record China-2018/01/21 http://bit.ly/2F3TwZO
2018年1月20日、中国のウェブサイト・BWCHINESE中文網に、中国は12年後のメタンハイドレート実用化を目指しているとするコラム記事が掲載された。 中国は ... 国土資源部と広東省政府、それに中国石油天然気集団公司(中石油)が、南シナ海におけるメタンハイドレートの産業化を推し進める協定に署名した。 記事はこれ ... また、中国が青海省の共和盆地の地下3705メートルの地点で、温度236度の良質な高温岩体の発見に成功したことに言及し、「これは中国で発見された高温岩体の中では最も高い温度。専門家 ...

インド他

◆180123 インド、進む「地産地消」の電力供給 独自の送電網で農村にも明かり
SankeiBiz-4 時間前 http://bit.ly/2E37yMh
インドで最も貧しい地域の一つ、北部ウッタルプラデシュ州で、太陽光発電を利用した「地産地消」型の電力供給システムの普及が進んでいる。小規模の発電・蓄電施設から独自の送電網を使い消費者に届ける仕組みで、電気が届いていなかった農村地域にも供給が可能になり、住民の生活に変化をもたらしている。 「料理や子供たちの勉強に、電球の明かりを利用している」。同州ラクノー郊外の小さな集落に住むアニシャさんは、壁に据え付けられた発光ダイオード(LED)電球の下で笑顔を見せた。集落には電気が通っ ..
◆180123 India sees scope for more integration among state energy companies
Economic Times-9 時間前 http://bit.ly/2BkpfDW
NEW DELHI: India could see more integration among state oil companies, its oilminister said on Monday, following top producer ONGC's $5.8 billion deal last week to buy a majority stake in refiner Hindustan Petroleum Corp Ltd. India wants to build bigger oil companies to better compete with global energy giants and withstand oilprice volatility through integration of state-run oil firms. "There is scope for more vertical integration in the sector," oil minister Dharmendra Pradhan told a ...
◆180123 India to showcase its oil sector policy reforms at IEF
Economic Times-10 時間前 http://bit.ly/2n3zuqT
NEW DELHI: Indian will showcase its oil sector policy reforms and the investment opportunities at the 16th International Energy Forum (IEF) Ministerial, slated for April in New Delhi, where scores of ministers, top officials and industry executives from across the globe are expected to participate, Oil Minister Dharmendra Pradhan has said. IEF, comprising 72 member countries, is one of the biggest global forum of oil and gas producers and is currently headed by Saudi Arabia.
◆180123 India is said to consider ways to lower hydropower tariffs
Independent Online-9 時間前 http://bit.ly/2E0h7LT
A Hindu pilgrim stands under cascading water as he bathes in the Godavari River in Nashik, Maharashtra, India, on Saturday, Sept. 12, 2015. Photographer: Dhiraj Singh/Bloomberg. INTERNATIONAL - India is considering lowering tariffs for new hydro-electric power projects to help them compete against cheaper forms of electricity, according to people with knowledge of the matter. The federal power ministry has proposed excluding the costs of building infrastructure such as
◆180123 Thailand, Myanmar launch joint border patrols on Moei River
Frontier Myanmar-20 時間前 http://bit.ly/2n3hugp
The Moei, a tributary of the Thanlwin (Salween) River, forms the border for hundreds of kilometres in Kayin and Kayah states and Tak and Mae Hong Son provinces in Thailand. The joint patrol was launched with four long-tailed boats on a 14-kilometre stretch of the river upstream from the border towns of Myawaddy in Kayin State and Mae Sot in Thailand's Tak Province, the newspaper said. It said the patrol involved troops from the Tatmadaw's 22nd Light Infantry Division and a Karen ..
◆180123 Countries build nuclear bombs for four major reasons. Did Pakistan ...
Scroll.in-21 時間前 http://bit.ly/2F1UgPm
For instance, this theory argues that the “first-generation” nuclear powers (the USA, the USSR, the UK, France, and China) and the “second-generation” nuclear states (India, Pakistan, and Israel) acquired nuclear weapons because each faced a ... implementation of nuclear programmes to foster greater knowledge of nuclearscience and technology, as well as potential positive uses such as nuclear energy, naturally and logically drive further exploration into weapons programmes.


2018年1月22日 日米国防相,軍備拡張の目標は中国とロシア

今日も山の上まで自転車で上がって,ゴルフの練習をしてきたが,空はまさしく列島を覆う雪雲が近づいた雰囲気である,テレビでは,東京の降雪を報じている,今週はだめですね,碁の勉強でもするか,碁と将棋がもっとうまくなりたい,それと,ミニドローンに凝っているが,これまた難しい,

憲法改正について,各党が考え方を主張し始めた,自民党の考え方は,表の報道だけを見ている限り,大体収斂してきたようで,9条の1,2項はそのまま残し,3項に自衛隊を定義すると,難しい作業だが,問題は3項の書き方,「1項,2項を実現するため,自衛隊を置く」,何のこっちゃ,と言いたい,

いずれにしても3項の書き方が凄く難しいし,長文なのか短文なのか,恐らく自民党はほんの一言,短文だろう,まだ一度も見せていない,私は枝野さんの動きが気に入らない,枝野さんはかって雑誌に,9条に自衛隊を入れる,長文にして自衛隊の役割を事細かに書き込む,と案を発表したことがある,

ここに来て枝野さんは,憲法改正でなく憲法改悪と呼ぶ,とかっての社会党のような言い方になってきた,立憲民主党ははっきりと,左に軸足を置いて,かっての55年体制の社会党の役割を果たすつもりか,一度は政権を把握し,官房長官として国を動かしてきた人,それがかっての社会党に転ずるとは

希望の党も玉木さんになって完全に変貌した,今日も玉木さんの迷言がニュースを飾っているが,早急に希望の政策をまとめるという,小池さんが選別したにもかかわらず,それを反故にしてでも民進党との合併に走るという,そこで保守の立場から小池さんの旗の元に駆けつけた人をたたき出す,

数から見ても,憲法審査会は,自民党案を軸に,一挙に承認まで走るのだろうが,この左に寄った希望や,共産党並みの左に位置をとった立憲などとの,実らぬ議論を,国民は長々と聞かされる羽目になりそうだ,3項の文案を議論できる場には,とてもなりそうにはない,前原さんなど,どうするのですか

米国のマティス国防長官が,軍備拡充の目標は中国とロシアである,と明言した,北朝鮮ではなく中国とロシアである,小野寺防衛相は,早速これに同調する発言をしている,更に,巡航ミサイルや「いずも」の空母への改装もニュースになっている,経済規模に見合った軍備の拡張は,必要と思う,

参考資料(2018年1月22日9時34分)

憲法改正

◆180122 憲法改正めぐり与野党が議論 NHK日曜討論
NHK-21 時間前 http://bit.ly/2DXpnfE
NHKの番組「日曜討論」で、憲法改正について、自民党は自衛隊の存在を明記すべきだとして、3月の党大会までに党としての方針をまとめたいとしたのに対し、立憲民主党などは9条の改正には反対する考えを強調しました。 ... 与野党が衆参の憲法審査会でそれぞれの考え方を戦わせ、一定の方向性が見られればベストだ」と述べました。 ... 自由党の森幹事長代理は「国家の私物化が強く疑われている安倍総理大臣が、権力を抑制する憲法の改正を提唱していくことに国民は怒らなければならない」と述べました。
◆180122 憲法改正案 党大会までに取りまとめ
fnn-news.com-12 時間前 http://bit.ly/2G3JBVl
自民党の柴山筆頭副幹事長は21日、党の憲法改正案について、3月に行われる自民党大会までに取りまとめを行いたいとの考えを示した。 自民党の柴山筆頭副幹事長は「党大会が3月の終わりに開催されるが、そこまでに自民党としての方向性を確定させて、皆さまにお示しができるようになればよいなというようには考えております」と述べた。 柴山氏は、衆参両院の憲法審査会に示す党の憲法改正案の議論について、「党大会の3月下旬は1つの目安になる」との見通しを示したうえで、党大会で憲法改正案を示すこと ...
◆180122 希望、分党を再検討へ 憲法・安保で月内にも統一見解
日本経済新聞-10 時間前 http://s.nikkei.com/2DSJMSN
希望の党は月内にも憲法改正や安全保障政策に関する統一見解をまとめる。断念に追い込まれた民進党との統一会派の協議で、結党メンバーと民進党からの合流組との間で見解の違いが露呈したためだ。玉木雄一郎代表は22日召集の通常国会で論戦が本格化する前に統一見解の案を示す考え。ただ党内の意思統一は難しく、分党の再検討は避けられない見通しだ。 希望の党は民進党との統一会派を目指して協議した際に、希望の党内の憲法… [有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きを ...
◆180122 憲法改正、議論進展に期待=北朝鮮対応に万全-施政方針演説
ニコニコニュース-4 時間前 http://bit.ly/2DAftma
安倍晋三首相は22日午後の衆参両院本会議で施政方針演説を行う。首相が目指す憲法改正について、国民的な議論を促すとともに、与野党による議論の具体的な進展に期待を示す見通しだ。核・ミサイル開発を続ける北朝鮮情勢に関しては、日米で緊密に連携し、国民の生命・財産を守るため万全を期す方針を強調する。 首相は通常国会を「働き方改革国会」と位置付けており、関連法案の成立に全力を挙げる方針だ。同法案には、残業時間の上限規制と高収入専門職を労働時間規制の対象外とする「高度 ...
◆180122 フランスのマクロン大統領が徴兵制復活を画策 憲法9条改憲の持つ意味 ...
BLOGOS-22 時間前 http://bit.ly/2DBthNz
現在、政権側は、今の日本国憲法の下では徴兵制は意に反する苦役(憲法18条)に該当するとして違憲だとしています。 しかし、安倍政権が ... 自衛隊」が明記されたことを前提に憲法18条も解釈されるため、憲法に「自衛隊」が明記される以上、入隊することを義務づけることは苦役とは言えないという解釈になるわけです。安倍政権お得意の解釈改憲によって違憲としてきた徴兵制を合憲解釈に変更するという手法もあり得ますが、今、安倍政権が狙っているのは憲法9条改憲による自衛隊の性質の変更です。専守防衛から ...
◆180122 海自「いずも」空母改修案 米戦闘機発着、給油も
東京新聞-22 時間前 http://bit.ly/2DVI6I9
海上自衛隊最大の護衛艦「いずも」を戦闘機の発着が可能な空母に改修する検討を巡り、政府が日米による同艦の共同運用を想定していることが分かった。複数の政府関係者が明らかにした。有事の際などに米 ... 安保法では、朝鮮半島有事などの日本の平和と安全に重要な影響を与える重要影響事態が起きた際、戦闘中の米軍に、以前は法律で禁じていた(1)弾薬の補給(2)戦闘作戦のために発進準備中の航空機への給油と整備-を自衛隊が行えるようになった。 自衛隊幹部は、改修後の空母が「重要影響事態で ...
◆180122 自民改憲原案、3月の党大会までに 柴山氏
朝日新聞-14 時間前 http://bit.ly/2G1BpoQ
自民党は昨年末、自衛隊明記など「改憲4項目」の論点を整理した。近く党内の意見集約作業を本格化させる。柴山氏は番組で、安倍晋三首相が提案した9条1、2項を残して自衛隊を明記する改憲案が望ましいとし、「与野党が衆参の憲法審査会で考え方を戦わせ、一定の方向性が見られればベストだ」と語った。 同党の二階俊博幹事長も20日、訪問先のインドネシアで記者団に「党大会で中間報告を出すのも一つの考えだ」と述べ、意見集約を急ぐ考えを示している。 野党側は番組で、議論には応じる姿勢を見せながら、 ...
◆180122 “中国やロシアへの懸念を共有 日米同盟の強化を” 防衛相
NHK-13 時間前 http://bit.ly/2G4vzmv
これについて小野寺防衛大臣は、熊本市の陸上自衛隊・北熊本駐屯地で記者団に対し、「航空自衛隊のスクランブル=緊急発進の状況を見れば、中国機にもしっかり対応しているが、ロシア機に対しても増えており、日本としてもアメリカ側と同じ認識を持っている」と述べ、中国やロシアへの懸念を共有する立場を示しました。 そのうえで小野寺大臣は「今回の国防戦略のもと緊密に連携しつつ、今後とも幅広い分野で日米同盟の抑止力・対処力をいっそう強化していきたい。日本として必要な防衛力はしっかり整備していく」と ...

エネルギー

◆180122 石油掘削リグ稼働数、前週比5基減=ベーカー・ヒューズ
ロイター-3 時間前 http://bit.ly/2G0GLk5
[19日 ロイター] - 米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが発表した19日までの1週間の国内石油掘削リグ稼働数は747基だった。原油価格は2014年以来の高値付近で推移したものの、稼働数は前週から5基減少した。 ただ前年同期の水準(551基)は大幅に上回った。 この週の米WTI原油先物 は一時1バレル=64.89ドルと、2014年12月以来の高値を付けた。2017年の平均は50.85ドル、16年の平均は43.47ドルだった。 パイパー・ジャフレー傘下でエネルギー業界分析を担当するシモンズのアナリストは ...
◆180122 焦点:ベネズエラに経済崩壊の危機、原油減少に歯止め掛からず
BLOGOS-1 時間前 http://bit.ly/2rvgIyo
ヒューストン/カラカス 18日 ロイター] - 南米の産油国ベネズエラは、経済を支える原油の生産量が昨年28年ぶりの水準に落ち込んだ。国内石油産業の混乱は深刻で、経済危機が悪化して債務不履行に陥る恐れが高まっている。 石油輸出国機構(OEPC)が18日公表した集計によると、ベネズエラの昨年の原油生産は前年比約13%減の日量207万2000バレル。約30万バレルの落ち込みはOPEC加盟国で最大だ。12月の生産は日量162万1000バレルで、前年比29%減った。 産油国は昨年、OPEC主導の協調 ...
◆180122 主要産油国、来年も生産で協力=サウジ・エネルギー
ロイター-45 分前 http://bit.ly/2mZbEgL
どのような形で来年協力していくかは具体的にはまだ決まっていないが、2018年に原油在庫が増えれば、協調減産を来年も続けることを検討する必要があるかもしれない、と語った。 世界経済は堅調になっており、供給削減により原油在庫は世界的に縮小したと説明。その結果、2018年末、もしくは2019年にかけて、需給は均衡するとの見通しを示した。 ここ数週間、ブレント先物価格が3年ぶり高水準となっていることについて、ファリハ氏とアラブ首長国連邦(UAE)およびオマーンのエネルギー相は、米国のシェール ...
◆180122 経団連会長に就任する日立・中西氏の狙いは「電力改革」
ダイヤモンド・オンライン-4 時間前 http://bit.ly/2DSK24d
経団連会長に就任する日立製作所の中西会長。東京電力との連携が電力システム改革の鍵に Photo:JIJI. 経団連に久々の“本格派”会長が誕生する。同会長人事は近年、本命候補が固辞するなどして2番手以下が就任するケースが続いた。だが今回は違った。大本命だった日立製作所会長の中西宏明氏がそのまま会長就任を引き受けたのだ。 現会長の榊原定征氏は政府との関係修復を重視するあまり、「政権の言いなり」と批判されるなど存在感を発揮できなかった。 これに対して中西氏が政権に物を言えるかは ...

中国

◆180122 中国LNG需要は拡大へ=石油大手CEO
NNA.ASIA-9 時間前 http://bit.ly/2mZ1U6v
中国が大気汚染の改善を目指すとともに、船舶用燃料としてガス利用を促す新規制を設けたことで、液化天然ガスLNG)に対する需要は今後、さらに高まるだろう――。オーストラリアの石油大手ウッドサイド・ペトロリアムのコールマン最高経営責任者(CEO)が指摘した。19日付… 関連国・地域: 中国/オーストラリア. 関連業種: 経済一般・統計/天然資源/金融・保険/建設・不動産/運輸・倉庫/社会・事件 経済一般・統計/天然資源/金融・保険…その他. この記事は該当の有料サービスにご契約の方がご覧になれ ...
◆180122 石炭で見えた「北京の青空」はいつまで持続可能なのか
Forbes JAPAN-18 時間前 http://bit.ly/2mYD4mc
石炭で見えた「北京の青空」はいつまで持続可能なのか ... 暖房で石炭の消費量が増える冬は、中国での大気汚染が最も深刻化する季節だ。しかし、政府が対策を行ったこともあり2017年の年末以降に状況は改善し、北京でも青空が見られるようになった。 中国環境保護部によると、北京のPM2.5濃度は2017年11月、過去5年で最も低い水準になった。政府は「青い空は国民にとっての“新常態”だ」と宣言した。グリーンピースのデータでも、2017年の第4四半期に首都とその周辺のPM2.5の濃度が前年同期比で30% ...
◆180122 中国を読む】EV大国から次はAI大国へ 野村総合研究所・張鼎暉
SankeiBiz-4 時間前 http://bit.ly/2DUvtNA
中国では20年に向けて新エネルギー車(NEV)向け補助金が減額され、20年に打ち切られる。補助金がなくなるとNEV市場が縮小するリスクが存在している。今後、NEVの普及拡大に向けた継続政策として、これまで製造業全体を強くする「中国製造2025」、自動車メーカーに課した「NEVクレジット規制」や「企業別平均燃費(CAFE)規制」、消費者に課した「ナンバープレート規制」に加えて、ガソリン車に環境関連の税金を課税することが検討されている。さらに、欧州や東南アジア諸国連合(ASEAN)と同様にエンジン ...
◆180122 仏英中3カ国が宣言「脱ガソリン、電気自動車シフト」
毎日新聞-4 時間前 http://bit.ly/2mWw3Dp
さらに中国が17年9月、自動車各社に一定の新エネ車生産を義務付ける新たな環境規制を導入し、ガソリン車の生産・販売禁止の検討を始めたことが明らかになった。この背景には、中国における大気汚染の深刻化がある。 世界最大の自動車市場である中国の「脱ガソリン車」の動きは、各国の自動車メーカーの戦略に大きな影響を及ぼすことは間違いない。 19年にも導入される可能性がある規制案は、各自動車メーカーの生産、販売規模に応じて一定比率の新エネ車生産を義務付ける方式のようだ。 メーカーの動きも ...
◆180122 中国はトランプ大統領就任1周年を、どう見ているか?
Yahoo!ニュース 個人-21 時間前 http://bit.ly/2Dw3LtN
中国共産党の報道機関の一つである中央テレビ局CCTVは、ドナルド・トランプ氏が大統領に就任してから1周年でとなることに関して特集番組を組んだ。以下はまだ米政府機関の一部が閉鎖になる前の時点における報道だが、中国はいったい、トランプ政権の何に焦点を当てているのか、そのポイントをご紹介したい。 1.TPP(Trans-Pacific Partnership、 環太平洋戦略的経済連携協定)から離脱した。 2.パリ協定(気候変動抑制に関する多国間の国際的な協定)から離脱した。 3.ユネスコ(国連・教育科学文化機関)から ...

インド他

◆180122 NTPC: helping meet India's energy needs
Livemint-4 時間前 http://bit.ly/2DrrgnA
It operates across diverse fuel sources such as coal, gas and hydro, and has taken the lead in helping the country reach its ambitious clean energy target of 175 gigawatts by 2022, as part of India'scommitments to the United Nations Framework Convention on Climate Change in Paris in December ... The utility wants to supply electricity from 10,000MW of solar power capacity that it is setting up on its own and buy 15,000MW on behalf of the ministry of new and renewable energy.
◆180122 India Considers Ways to Lower Hydropower Tariffs
Bloomberg-59 分前 https://bloom.bg/2DnJNwV
The proposals also include making it mandatory for power retailers to include a share of hydro-electricity in their purchases and providing longer-term loans for such projects to even out tariffs over time, the people said. The proposals have been sent to other ministries for consultation. Once finalized, the power ministry will seek approval from the cabinet, the people said. State electricity retailers, under pressure to shore up their finances so that they can invest in new infrastructure and ...
◆180122 ABB wins $40m million order to strengthen Indonesia's power grid
Times of Oman-13 時間前 http://bit.ly/2mXZ54O
Muscat: ABB has won an order worth more than $40 million from a consortium comprising Doosan Heavy Industries and state-owned construction company PT Hutama Karya, to upgrade and expand the Muara Tawar combined cycle power plant in West Java, Indonesia. ... Indonesia aims to have 99.7 per cent of households in the country connected to the nation's electricity grid by 2025, which would require an additional powergeneration capacity of over 80 gigawatts (GW).
◆180122 Will India succeed in oil and gas sector; here is how politics is ...
Financial Express-51 分前 http://bit.ly/2n1pvTk
Thanks to the US shale revolution, the US may finally achieve energy independence, set as a goal by every president since Richard Nixon. Will India be able to achieve even the modest goal set by PM Narendra Modi, of reducing oil dependence by 10% by 2022? Most likely, it may remain a pipe dream. Why? No oil expert could have predicted that the US oil production would increase after it reached its peak as predicted by the geologist, M King Hubbert, in 1970. As in the case of oil, ...
◆180122 Return to conflict for the Mekong River Delta?
SOFREP (press release)-9 時間前 http://bit.ly/2F14M9i
Primary players are China and the Southeast Asian states of Cambodia, Thailand, Vietnam, Laos and Myanmar. The world saw ... Hydroelectric power is considered a more ecofriendly alternative to coal power plants, a major source of concern in the country's industrialized regions. Dachaoshan ... Sources claim the Chinese have up to 28 additional dam projects under consideration with plans to transform the river into a major navigational channel for vessels up to 500 tons. Ultimately ...
◆180122 Nuclear power: Clean and deadly
The Manila Times-7 時間前 http://bit.ly/2G39G6W
Rosatom is participating in the audit and assessment of the BNPP, and will help conduct feasibility studies on the application of small modular nuclear power plants in the Philippines. Energy Secretary ... nuclear power plants. Quoting the secretary: “Russia is already doing that (building floating nuclear facilities), which we can bring in the country at around 60 megawatts,” and such “floating facility is targeted for deployment in island provinces” (Business World, January 15, 2018).




過去ログ

2018年1月22日 日米国防相,軍備拡張の目標は中国とロシア
2018年1月21日 もし特攻が必要な場面では,若者でなく老人を送れ
2018年1月20日 経済に見合った高度な戦力は国際世論を味方に出来る
2018年1月19日 立憲民主党が極左へ流れていくのを憂う
2018年1月17日 高村元外相の憲法論,そのまま自民党の方針
2018年1月16日 今,護憲派と称する人たちが,解決できない矛盾にある
2018年1月14日 「憲法はライオンを閉じ込める檻」,なのか
2018年1月13日 中国も憲法改正に取りかかる,習近平の核心へ
2018年1月12日 バノン氏,「このままでは米や日本は中国の属国になる」
2018年1月11日 抑止力は敵地攻撃能力と報復攻撃能力の積ではないか
2018年1月10日 自衛隊の抑止力は,高度な武装により,犠牲ゼロに
2018年1月9日 憲法改正に必要な票は,わずか2500万票
2018年1月8日 専守防衛は抑止力にならない,報復の概念さえない
2018年1月7日 国民投票,投票率50%の過半数は,専守防衛は
2018年1月6日 憲法改正,自衛隊の加憲だけでは如何にも姑息
2018年1月4日 仮説,国の経済に応じた軍備,それが世界平和の根幹

2017年12月30日 河野太郎,安倍後継に急浮上,党内は否定的
2017年12月29日 大国の交代時期に生まれる「キンドルバーガーの罠」のリスク
2017年12月28日 「専守防衛」論が利敵行為に聞こえる昨今,護衛艦,巡航ミサイル
2017年12月27日 国際的な資源を使う資格は国内資源を開発した国に
2017年12月26日 石炭火力を人類は捨てることができるのか
2017年12月23日 関西電力の大飯原発立地返上は,正解なのか
2017年12月22日 エルサレム問題,日本にとって厄介この上なし
2017年12月21日 中国と米国の海軍力増強競争,日本も巻き込まれる
2017年12月20日 河野外相が専用機を要請,どうも本気でやるつもり
2017年12月19日 伊方原発運転差し止め,タイの軍事クーデターと同じ
2017年12月17日  防空網強化に立憲民主が反対の立場
2017年12月15日 誰でも止められる原発再稼働,広島高裁の横やり
2017年12月14日 中国の基本的問題点は原油と天然ガスがないこと
2017年12月13日 ベトナム,親日国,知れば知るほど親近感
2017年12月12日 ネパール,親中国政権誕生の行く末
2017年12月10日 日本,極東のイスラエルとなる勿れ
2017年12月8日 エルサレム問題,敵に囲まれて生きるイスラエル
2017年12月4日 中国は北への石油全面禁輸がミサイルを北京に向けさせると
2017年12月2日 トランプ,北朝鮮巡る中国の外交努力に不満
2017年12月1日 米国が電気自動車の優遇廃止に動き出した

2017年11月28日 南シナ海問題の行方,トランプ政権の考え方
2017年11月26日 意識的か,低次元な会計検査院の姿勢
2017年11月25日 東南アジアの自動車産業,EVよりHVか
2017年11月23日 モリカケを早く終えて,安全保障の議論を
2017年11月22日 厳寒の標高600mで繰り広げる生き残り
2017年11月19日 日本の将来,東アジアのイスラエルか
2017年11月15日 ネパール水力の中国企業排除,影響大
2017年11月14日 米国は習近平の「新型大国関係」を受け入れたのか
2017年11月12日 日本企業が急速充電のシステムを中国へ
2017年11月9日 加速する「電気飛行機」開発,そう簡単ではないでしょう
2017年11月8日 世界石油需要1億バレル超す,EV,再エネでも
2017年11月7日 電気自動車の特徴で極めつけは,誰でも造れる
2017年11月6日 中国紙,日本の車メーカーの戸惑いに,皮肉
2017年11月5日 真っ黄色だった黄河が透明になった
2017年11月4日 中国の飽くなき技術開発への意欲が世界を席巻
2017年11月3日 水素燃料車に拘るトヨタの思考は正しいのか

2017年10月26日 自動運転の話は難しい,でも電車と同じコンセプト
2017年10月24日 電気自動車の電源問題は中国とインド
2017年10月2日 首長党首の悪癖を絶つべき時ではないか
2017年10月1日 希望の党の戦略は左派リベラルを点火した

2017年9月28日 橋下徹,「議院内閣制には向いていない」,小池しかり
2017年9月24日 EVや自動運転,開発受託に流れる
2017年9月23日 EV新時代と言うが,ガソリン車,ディーゼル車は
2017年9月21日 EVで日本が揺れている,訃報 杉木清氏
2017年9月18日 中国のEV発言がトヨタを走らす,日本は多様性に期待
2017年9月17日 フランクフルトのモーターショウ,EVを煽る
2017年9月16日 電気自動車へのシフト,日米政府が無駄な抵抗か
2017年9月15日 自動車のEV移行は,案外早い可能性がある
2017年9月13日 北核問題はもういい,電気自動車への流れは本物か
2017年9月12日 キッシンジャーは,米朝より米中対話促進と
2017年9月10日 モーターで走る車なんて乗りたくない
2017年9月9日 自衛隊が「敵地攻撃力」を手にする機会はあるのか
2017年9月8日 日本の左派系,独自の核武装を認めるか
2017年9月7日 核施設のみならず一瞬で北朝鮮の全焦土化狙う米国
2017年9月6日 デカップリング,北の核に米の傘は有効か
2017年9月5日 北朝鮮の核開発は「戦艦大和」,東洋人の滅びの美学
2017年9月4日 「北朝鮮核容認論」,誰がなにゆえに叫ぶのか
2017年9月3日 北の核実験,米国のレッドラインを超えたのか
2017年9月2日 湯川れい子,戦況悪化 父の急死 激務重なる 葬儀の日
2017年9月1日 米国主要紙も日本の核武装に言及

2017年8月31日 北朝鮮の核は本来は半島武力統一のためだ
2017年8月29日 北朝鮮危機の裏で、中国・インドが「あわや開戦」
2017年8月27日 中国に起きる2018年問題,米中の覇権争いの一環
2017年8月26日 中国の経済力,何処まで伸びるか,脅威
2017年8月25日 北朝鮮問題は単なる前座,米中は如何に戦うか
2017年8月22日 中国の南シナ海の実効支配強化,海上原子力発電所
2017年8月20日 米国と北朝鮮は妥協できるのか
2017年8月19日 中国のシェールガス,生産量拡大,バロンの退場と世界の覇権
2017年8月17日 金正恩は中国を狙っている,日経の見方
2017年8月16日 NHK,悲惨なインパール作戦を特集
2017年8月15日 終戦から72年,北の核がどの方向に向かうのか
2017年8月14日 環境大国を目指す中国,EV車生産に義務化,2018年
2017年8月13日 電気自動車,EV車が主流か,日本は
2017年8月11日 北朝鮮がグアムを実験の標的に,その背景は
2017年8月9日 中国の経済覇権が東西に及んでいる
2017年8月8日 ASEAN,河野外相と王毅外相の初の対決
2017年8月7日 日米原子力協定が来年7月,改定を迎える
2017年8月6日 全世界がEVシフトを進める中,日本だけ水素?
2017年8月5日 「日本に核武装させるべきか?」,米メディア
2017年8月4日 北朝鮮はともかく,金正恩は米国を憎んでいるのか
2017年8月3日 安倍内閣改造,ティラーソン長官と北朝鮮
2017年8月2日 高等教育無償化と憲法改正の議論
2017年8月1日 北朝鮮の政権交代を狙う米国の戦略

2017年7月31日 北朝鮮の経済が堅調に推移している不思議
2017年7月30日 北朝鮮問題,米朝直接対話は可能なのか
2017年7月29日 対北朝鮮「戦争」までのタイムテーブル
2017年7月28日 南シナ海,中国覇権に対する行動,何が有効
2017年7月26日 南シナ海はスカボロー岩礁が焦点
2017年7月25日 南シナ海の波乱,再び顕在化,武力のみか
2017年7月23日 カタール危機,実はヘリウム供給に問題あり
2017年7月22日 航空機がガソリンで飛ぶ限り,原油価格が世界支配
2017年7月20日 太陽光エネルギーの進化は,石炭石油を滅ぼすか
2017年7月19日 元通産省水力課長鈴木篁氏の訃報,水力に多大の貢献
2017年7月18日 米国は貿易赤字解消のために,シェールガスを切り札に
2017年7月17日 米朝直接対話の機会は,徐々に醸成されつつある
2017年7月16日 香港の一国二制度は,2047年まで
2017年7月15日 ノーベル平和賞賞者の劉暁波氏が死去,遺灰でもめる
2017年7月14日 支持率,安倍首相とトランプ大統領の争い
2017年7月13日 安倍一強,崩れるか,政治の安定がほしい
2017年7月9日 安倍首相が習近平主席に,一帯一路に協力的発言
2017年7月8日 トランプのワルシャワ演説,日本メディアは殆ど無視
2017年7月7日 トランプのワルシャワ演説の衝撃,「欧州防衛は自由を守るという意思の問題」
2017年7月6日 北の核容認論,徐々に主流の考え方に
2017年7月2日 インドとの同盟関係構築,忘れ去られていないか
2017年7月1日 第3次大戦で生き残るのはブータン,スイス

2017年6月30日 トランプ政権がエネルギー覇権を目指す
2017年6月29日 アメリカが「世界最強の資源国」になる日,現代ビジネス
2017年6月28日 トランプ政権は中国の覇権拡大に対処する気はあるのか
2017年6月27日 日本近海のメタンハイドレートは開発可能か
2017年6月25日 「一帯一路」,国際社会から信頼を獲得していくことが必要
2017年6月24日 東芝問題は半導体のみならず原発問題も
2017年6月23日 中国が本性むき出しに,覇権国家への歩み
2017年6月22日 中国は北朝鮮を説得できない,米朝協議を待つ
2017年6月21日 韓国や台湾の脱原発が意味するもの
2017年6月17日 親日国タイの急速な日本離れを憂う,中国鉄道建設
2017年6月15日 原発の耐用年数は短い,60年以上が可能では
2017年6月14日 地球は石炭で出来ている,エネルギーの永遠のテーマ
2017年6月12日 将来の水素社会と、現在の電気社会、どう選択する
2017年6月7日  一帯一路,日本の協力は,採算性重視で
2017年6月6日  CCSが可能なら,話しが全部違ってくる,石炭火力
2017年6月5日  水素社会,エネルギーの輪廻に,理解困難
2017年6月4日  南シナ海問題,ティラーソン長官が中国非難演説
2017年6月3日  トランプ,パリ協定離脱,温暖化は大波に揺れる笹舟
2017年6月1日  ミッドウエー生き残りの瀧本さんが残したもの

2017年5月31日  中国は石油完全禁輸はできない,北の核が北京に
2017年5月30日  米朝協議,その機会を狙って動く,トランプ政権
2017年5月29日  前川さん,卑怯だと思う,丸腰の人に銃を向ける
2017年5月28日  G7,中国外務相会見,「中国のあら探しばかり」
2017年5月26日  インド,シルクロードに挟撃,日本は手を差し伸べて
2017年5月25日  インドのモディ首相,中国の一帯一路に,強烈な肘鉄
2017年5月24日  北朝鮮問題は米朝対話が基本,中国に出口戦略はあるのか
2017年5月23日  なぜ北のミサイルを迎撃しない,疑問が多発
2017年5月21日  金正恩,慰安婦像で,日本を無闇に刺激するな
2017年5月20日  米朝協議こそが基本,北の核は米国の元で温存
2017年5月19日  憲法の耐用年数は3世代以上,現今の理想論は排除せよ
2017年5月18日  北朝鮮を早くこちらに取り込もう,ロシアの前に
2017年5月17日  北朝鮮,森友,もう飽きた,次は一帯一路構想
2017年5月14日  一帯一路,中国の経済覇権に,日本はどう対応するか
2017年5月12日 岩礁占拠はやめろ,と言えるぐらいの国になりたい,沈黙はもう嫌
2017年5月10日  北朝鮮は失うものがない,日本の失うものは巨大
2017年5月7日  北朝鮮の核容認論が,各所で火を噴いている
2017年5月6日  北の核開発の「凍結」が,米朝対話の条件となり得るか
2017年5月5日  中国の対北説得の失敗と,米国の,「北の核容認論」
2017年5月4日  北朝鮮が中国を激しく非難,米朝協議は地下に潜る
2017年5月3日  米朝協議の後の米中の軍拡競争が怖い
2017年5月1日 米国海軍に取り囲まれたのでは,中国も気持ちが悪い

2017年4月30日 ASEANはドウテルテ大統領の主導,南シナ海を守れ
2017年4月29日 先ずソウル市民を100キロ後方へ移動させよ
2017年4月27日 環球時報,ピンポイントか38度戦超えか,米朝協議は
2017年4月23日 米韓が38度線を越えれば中国参戦
2017年4月22日
 米朝協議までは一直線,非核化は無理
2017年4月21日  金正恩が日米経済と連携する手腕を注視
2017年4月20日 日米の真の問題,北朝鮮ではなく,南シナ海など中国の覇権
2017年4月19日  金正恩は核の米国管理に同意すると思う
2017年4月18日  北問題は意外な方向に転換する,中国包囲網
2017年4月17日  戦争は起きないだろう,でも,日中は難しい局面に
2017年4月12日  北朝鮮の全人代開催,金正恩出席,斬首の好機だったか
2017年4月11日  北への600発のミサイル,拉致被害者,私なら行く
2017年4月9日  シリア攻撃のサプライズに習近平主席の反応は
2017年4月8日  米中会談成果なし,と報じている,北朝鮮派生き延びるか
2017年4月7日  米中首脳会談前夜,フィリッピンの南シナ海変節,東芝売るな
2017年4月4日  北朝鮮はどの国にとって危険なのか,日本は
2017年4月1日  保護主義と自由主義の衝突,と中国は言う,攻守全くところを変えての論戦

2016年1月1日 原油価格,国際通貨危機への懸念
2016年1月2日 王毅外相,日本は中国と張り合おうと思うな
2016年1月3日 シェール革命と地球温暖化の矛盾
2016年1月4日 電力自由化,4月からの小売り参入100社以上
2016年1月5日 「一億総特攻」と「一億総活躍」の違いは
2016年1月6日 中東危機の責任は一にかかってオバマ
2016年1月7日 サウジとイランの関係は悪化の一途
2016年1月9日 原油も株も北鮮も,米中の責任なすり合い
2016年1月10日 電力自由化,高くて不安定,誰が買うのか
2016年1月11日 中東の警官役,中国は肩代わりできるのか
2016年1月12日 再生可能エネルギー,独立出来るか
2016年1月13日 全面電力自由化に備え合従連衡が進む
2016年1月14日 中国,原子力作業台船を建造,遠洋島嶼問題
2016年1月15日 関西電力の原発との心中作戦,成功か
2016年1月16日 電力全面自由化,電気はどこから来るの?
2016年1月17日 再度,電力全面自由化,供給責任は誰がとるのか
2016年1月18日 イランの制裁解除,更なる原油安に拍車
2016年1月19日 原油恐慌と中国経済の危機管理
2016年1月20日 習近平主席が中東を訪問へ
2016年1月21日 全面電力自由化に於ける供給責任について
2016年1月22日 中国経済の二面性に注目,日本への影響
2016年1月23日 一億総特攻と一億総活躍,どう違う
2016年1月24日 中国がイランに原発2基建設を支援
2016年1月25日 中国,粗鋼石炭など供給サイド改革へ
2016年1月26日 高浜原発の再稼働は29日か,周辺避難計画要
2016年1月28日 電力自由化に対する2016年の課題
2016年1月29日 激戦地フィリッピン,天皇の慰霊が続く
2016年1月30日 原発再稼働で廃棄物処理の進展を期待する
2016年1月31日 東北津波に備える大規模防波堤

2016年2月1日 銀行のマイナス金利は納得できない
2016年2月2日 電気自動車は北京の大気汚染を救えない
2016年2月3日 電力全面自由化の根幹が理解できない
2016年2月7日 全面自由化の世界に於ける電源開発
2016年2月8日 北朝鮮ミサイルに対峙する日本政府,大丈夫か
2016年2月9日 原油価格はどこに収斂するのか,10年は変わらず
2016年2月10日 電力自由化で料金低下の難しさ
2016年2月11日 中国経済や原油価格暴落のせいにするな
2016年2月13日 ベトナム,石炭火力開発しない,宣言
2016年2月15日 準備が進む全面電力自由化
2016年2月16日 分かった,電力小売り自由化のメカニズム
2016年2月17日 シリアの惨状を嘆く,大国の責任
2016年2月19日 モロッコの太陽熱発電,電気料金は
2016年2月23日 原子炉の廃炉など,技術者の永続性に危惧
2016年2月24日 電力自由化は当面隙間産業と理解すべきか
2016年2月25日 電力自由化と広域系統運用の拡大
2016年2月27日 大きな虎が逃げて兎狩りに追われる
2016年2月28日 再生エネは電力全面自由化には対応できない

2016年3月1日 高浜4号機の連続トラブルは困る
2016年3月2日 電力自由化の電力調達の議論
2016年3月4日 沖縄の辺野古,急転,県と和解成立か
2016年3月5日 自由化後の大手電力の義務が理解困難
2016年3月6日 沖縄の基地問題はどこに行く
2016年3月7日 聖火台はスカイツリーの天辺に
2016年3月8日 2050年バラ色の日本,人口1.5億人
2016年3月9日 電力自由化,電気不足への対策は
2016年3月10日 高浜運転差し止め命令の衝撃
2016年3月11日 日本は水素社会の実現を目指しているのか?
2016年3月12日 中国エネルギー消費量,ピークアウトか
2016年3月13日 人工知能囲碁が人間を破った
2016年3月14日 東京一極集中,消費者庁移転,大阪副首都化
2016年3月15日 直撃,マイナス金利,エコノミストのお遊びか
2016年3月16日 曇る賃上げの春に,「これは謀反だな」
2016年3月18日 東芝よ,再び日本の技術牽引の日を待っている
2016年3月19日 ダブル選,シニアと若者の対立か,「死ね」,インパクト
2016年3月20日 中国,メコン川干害へ,ダム放流
2016年3月22日 原油生産量1日あたり約80万バレルが 「行方不明」
2016年3月23日 高浜,原発運転差し止めに思う
2016年3月24日 中国とインドの間に横たわるネパール,争奪戦
2016年3月27日 いよいよ,すべてが,春に向かって発進
2016年3月28日 メコン流域に進出する中国,タイの微妙な対応
2016年3月29日 日経の,「エネルギー,貯めない技術」
2016年3月30日 太陽光は耐用20年でKWh25円まで下がった
2016年3月31日 北東アジア電力融通構想

2016年4月3日 高浜差し止めの余波,関電の社長人事
2016年4月4日 美しき国へ,原発技術は中国依存か
2016年4月7日 黒塗りTPP資料とパナマ文書の暴露
2016年4月8日 2050年,「日本は世界一の超大国になるのか」
2016年4月9日 日本の政治は余りにも姑息ではないか,2050年問題
2016年4月11日 2050年の超大国論,高速炉の導入
2016年4月12日 米国の国益重視,2050年の大国論
2016年4月13日 結局,沖縄問題が日本の変革をもたらすのか
2016年4月14日 沖縄独立論は相当にリアルである
2016年4月18日 産油国会合、意見割れ協議継続へ
2016年4月20日 沖縄独立論で説明不足の混乱
2016年4月24日 電力自由化,なぜ値下げ幅は低いのか?
2016年4月27日 熊本地震と原発の運命,仙台,玄海,伊方
2016年4月29日 日本は今でも中国発展にプラスになっているのか
2016年4月30日 海に浮かぶ原発,中国が20基の建設を計画

2016年5月1日 中国国連大使,米韓演習中止で北核開発中止
2016年5月3日 巨大タンカー83隻が現在中国を目指している
2016年5月4日 ミャンマーのダム建設,政権の試金石へ
2016年5月5日 自動車運転の自動化,囲碁の人工知能
2016年5月7日 トランプ旋風で右往左往の日本の政治
2016年5月11日 87歳で500万円で歯を全部インプラント
2016年5月13日 日本の海外投資のリターンは20兆円に
2016年5月14日 熊本大地震の黒川第一発電所
2016年5月15日 中国経済の行方に情報集中
2016年5月19日 原油価格回復とナイジェリアの無法地帯
2016年5月20日 怒江,中国で唯一ダムのない川
2016年5月21日 原油安に潜む大型リスク,日本に危機感
2016年5月22日 英コンサル,石炭火力,日本最悪
2016年5月23日 中国放棄か,ベネズエラ高速鉄道計画
2016年5月24日 「浮かぶ原発」,中国の原発開発の本気度
2016年5月25日 原子力損害賠償制度はどうあるべきか
2016年5月26日 「空中」走るような中国の新交通システム
2016年5月29日 世界の安定へ重くなるG7の役割
2016年5月30日 増税は敢行すべき,景気対策で
2016年5月31日 関電原発仮処分,補償要求が成立するか

2016年6月1日 アジア大国のためには増税すべきだった
2016年6月2日 中国もインドも,最終的には水不足の危機
2016年6月3日 対中関係に苦慮,ミャンマーのスーチー
2016年6月4日 カーター国務長官,土俵際で反撃
2016年6月5日 インドネシアの不実,でも日本は進む
2016年6月6日 南シナ海問題が国際世論の俎上に
2016年6月7日 いつまで続くフンセン政権,カンボジア
2016年6月8日 中国の海洋覇権が我がエネルギー自立を促す
2016年6月9日 米国の石油生産トップは2年続き
2016年6月10日 インドの周辺関与強化が波紋広げる
2016年6月11日 「半導体」で軍事強化を狙う中国
2016年6月12日 日中ロボット戦争勃発か,独ロボット
2016年6月13日 桝添問題,だらしないのは都議会議員
2016年6月15日 「だらしないのは都議会議員」,反応なし
2016年6月16日 中国軍艦,「南シナ海の深海と連動」説
2016年6月18日 近く起こり得る世界の大規模軍事衝突
2016年6月20日 沖縄の立場や尖閣など,エリート理解せず
2016年6月22日 尖閣は自分で護る,米国にそう言えと
2016年6月23日 英国のEU離脱,19世紀を感ずる
2016年6月24日 「日本は一夜で核開発可能な能力」
2016年6月25日 南シナ海は日本の自衛権上存立危機」か
2016年6月27日 英国離脱,中国のEU接近に赤信号
2016年6月28日 あの憲法9条でよくここまで来れたな
2016年6月29日 南シナ海は世界の海上輸送の半分,5兆ドル
2016年6月30日 反グローバルか,英国離脱は世界の潮流


2016年7月1日 核燃料サイクルが危機,藤洋作氏出馬か
2016年7月3日 海外現場でいや増すテロの危機感
2016年7月4日 日銀金融緩和は「インパール作戦」か
2016年7月5日 南シナ海の波高く,再び米艦
2016年7月7日 電力小売り自由化のインパクトは小さい
2016年7月9日 参院選,南シナ海,中国インフラ,電力自由化
2016年7月10日 参院選,公明党とおおさか維新の対自民,茨国
2016年7月12日 核先制不使用,南シナ海国際裁判
2016年7月13日 中国,実効支配で対抗,軍事拠点化
2016年7月15日 ハーグ後の米国,中国の海外投資とテロ,新宝塚
2016年7月16日 トルコ「クーデター失敗」,安倍・李克強会談
2016年7月17日 裏磐梯の悲劇,北京の沖縄国際会議
2016年7月18日 トルコ騒乱は危機一髪,南シナ海の中国の姿勢
2016年7月20日 孫正義,トルコで北京激震,LNG中東へ逆流,大橋巨泉
2016年7月21日 リニア大阪2037年,102歳,押し返すインド外交
2016年7月23日  高速鉄道商戦 日中再び火花,,梅田会議,新宝塚
2016年7月24日  公明の加憲,ミャンマーの翡翠, ASEAN外相会議
2016年7月26日  昭和19年生友人達,中国ASEAN分断,吉か凶か
2016年7月27日 南シナ海,中国が米国に支援要請,一転沈静化を図る
2016年7月29日  日本のエネルギー基本政策と原発
2016年7月30日  中国,空母6隻体制,半導体自給体制,英国の原発
2016年7月31日  南シナ海で苦境の習主席,IoTもののインターネット

2016年8月2日  電力自由化,遭遇する困難,関電の仮想発電所
2016年8月3日  内閣改造,スリランカが中国で迷い,英新政権と中国
2016年8月4日  日本人の多くは,将来の中国との関係に,大きな関心
2016年8月6日  憲法9条改正論,議論の難しさ
2016年8月7日 タイの新幹線,中国発「鉄冷え」,アフリカ市場
2016年8月9日  英中関係に混乱,中国の「もののインターネット」
2016年8月10日 トルコとプーチン,英国原発,中国新幹線
2016年8月11日 中国大使が英政府に抗議,国内では反原発運動激化
2016年8月12日 米中首脳会談9月,尖閣沖事件,送電網解放
2016年8月14日  中国インフラ投資と外交政策,新大阪ゴルフ
2016年8月15日  終戦記念日,核廃棄物どうする,英国中国原発,
2016年8月16日  尖閣沖波高く,豪州の苦悩,英国原発
2016年8月17日 スーチー北京へ,豪送電網と中国企業,南シナ海公海
2016年8月19日  ミャンマーの抱える民族問題,新宝塚オープン
2016年8月20日   21世紀の日本は「ダム」によって救われる
2016年8月21日  21世紀は大陸国家と海洋国家の対立
2016年8月23日  アベノミクスの転換が迫られている,茨木国際オープン
2016年8月24日  東アジアも悩む核廃棄物処理,中国浮体原子炉
2016年8月26日  フィリッピンの南シナ海誤解,新宝塚オープン
2016年8月27日  尖閣諸島問題はどう始末するか,台風10号逆戻り
2016年8月28日  夢の成功国家,実現への秘策は,2050年
2016年8月29日 台風は関東へ,世界大乱の兆し,中国原発開発
2016年8月30日 老いる米国,最強経済を覆う停滞の影,電力自由化
2016年8月31日  とっても困る,とられても困る,尖閣の向かう先

2016年9月1日  新潟県泉田知事退任報道,廃棄物400年
2016年9月3日  ダムは国産エネルギー,英国原子炉,新宝塚
2016年9月4日  中国,パリ協定合意,G2構想にくさび,
2016年9月6日 G20終わる,英国は,フィリッピンは,茨木国際オープン
2016年9月7日  三反園知事原発反対,働き方改革
2016年9月9日  南シナ海で中国切り抜ける,新宝塚オープン
2016年9月10日 囲碁三段への挑戦,北朝鮮の無頼
2016年9月11日  中国の半導体産業革命,中国にとって北朝鮮とは
2016年9月13日  北朝鮮は中国へ事前通知,茨木国際オープン,囲碁三段
2016年9月15日  日本のインフラは資産か,米比関係の危うさ
2016年9月16日  梅田に賢人集合,英国中国原子炉容認,ドウテルテは日本びいき
2016年9月17日  京都一周,民進党人事,ドウテルテは殺人犯
2016年9月18日  世界の華僑4千万人,フィリッピンの大統領
2016年9月19日  明日の台風,日中の経済連携,産経の石原さん
2016年9月20日  台風16号,中国との経済連携探る,ドウテルテ何処へ
2016年9月21日  豪栄道,高速増殖炉は何処へ,中国経済
2016年9月22日  高速増殖炉の立地問題,再考を望む,3点あり
2016年9月23日  政府と日銀の「総力戦」開始,国の防衛,
2016年9月25日  北朝鮮問題で元CIA長官強硬発言,豪栄道優勝
2016年9月27日  米大統領テレビ討論のエネルギー,茨木国際オープ
2016年9月28日  ドウテルテ大統領訪中確定せず,中印国境,眼科検診
2016年9月29日  やっと分かったか,電気自動車に発電所必要
2016年9月30日  タイと中国の鉄道協力,日中が激しい争い

2016年10月1日  フィリッピン経済の行方,ドウテルテ大統領の素性
2016年10月2日  北方領土交渉,「深夜の男」,プーチン
2016年10月3日  ブラマプトラ河上流チベット領内の中国ダム建設
2016年10月4日  大隈さんの医学生理学ノーベル賞,台風発電
2016年10月5日  日本は圧倒的に不利な条件でも経済大国になった
2016年10月6日  ドウテルテがアジアのバランスを決めるのか
2016年10月8日  豪州が裏庭と見なす南太平洋,中国企業の進出に悩む
2016年10月10日  「援蒋ルート」経済動脈として復活,ミャンマーと中国
2016年10月11日  「もののインターネット」,何処まで進む
2016年10月12日  再び台風発電,ドウテルテを後見人が否定
2016年10月13日  タイのブミポン国王,不安定,バンコクで株価が急落
2016年10月15日  哀悼,ブミポン国王,インドネシアは領海で戦う
2016年10月16日  習近平主席がプノンペン訪問,4年ぶり
2016年10月17日  ドウテルテ大統領,暴言の陰に「TPP漂流」
2016年10月19日  極東から電力輸入構想、プーチン大統領自ら要望
2016年10月21日  「フィリッピンは米国との軍事経済の関係を打ち切る」
2016年10月22日  シリアのアレッポ,爆撃の惨状に,目を覆いたくなる
2016年10月25日  ドウテルテ大統領来日,八鹿高校同窓会
2016年10月26日  ドウテルテ大統領,「来月も日本に呼んでくれ」
2016年10月28日  急増する中国の海外投資,ドウテルテ帰国,新宝塚オープン
2016年10月30日  シェールの技術革新,石油市場を左右,2020年がピーク

2016年11月1日  中国の海外企業買収,揺れ動く東南アジア
2016年11月2日  「核心」か民主主義か,物価上昇限界,新潟県問題
2016年11月3日  インドとの事業が思うように進まない,日本人の交渉力
2016年11月5日  タイの石炭火力に中国参入,波乱含み,漁民反発
2016年11月6日  中国が時速600kmリニアへ,パリ協定の実効性に疑問
2016年11月8日  戦うトランプ,習近平主席,安倍さんもTPPで
2016年11月9日  トランプ勝利の衝撃,東南アジアのLNG急増
2016年11月10日  トランプの反グローバル,パリ協定の行方,原発輸出
2016年11月11日  トランプのサイトから除外されたもの,イスラムとパリ
2016年11月13日  米国の人種構成の変化に注目,世界でも人種寿命があるか
2016年11月14日  トランプ大統領」に意気込む習近平主席,沖縄基地は
2016年11月16日  米新大統領で揺らぐパリ協定,中国の一帯一路
2016年11月17日  インド洋要衝のスリランカ,中印の板挟みに,首脳交代劇
2016年11月18日  接近する日本とインド,警戒する中国,米の海軍増強
2016年11月29日  米国の時代は終わった,世界の新秩序は中国がつくる
2016年11月20日  パキスタン 親中路線に不安の声も,トランプ,保護主義の行方
2016年11月22日  トランプ外交で中東に危機, アジアの貿易岐路,日露暗雲
2016年11月23日  打ち砕かれたTPP,トランプ氏「米国第一」,対中政策を待ちたい
2016年11月24日  トランプ氏が中国制圧決意,「通貨・貿易戦争」辞さず,か
2016年11月25日  興流インド,膨らむ中間層,消費牽引,2020年に8億人
2016年11月27日  トランプ新政権,世界のエネルギー事情はどう変わる
2016年11月28日  トランプを支える極右メディア,習近平の「核心」も狙う強権
2016年11月29日  東南アジア政治はどうなるか,安倍首相の地球儀俯瞰外交
2016年11月30日  電力自由化の中の供給力確保,トランプノミクスを読む

2016年12月1日  私に見えた日露会談,領土不可能,核廃棄物
2016年12月2日  北方領土,安倍プーチン会談,核廃棄物処理場は
2016年12月3日  プーチン大統領演説、北方領土は触れず,核廃棄物処理
2016年12月4日  日露首脳会談,核廃棄物プロジェクト,議題に載るはず
2016年12月5日  使用済み核燃料,放射性廃棄物,択捉へ
2016年12月8日  日米開戦,プルトニウム監視問題,トランプの対中行動
2016年12月9日  日露会談迫る,谷内局長官邸へ,経済協力と核廃棄物
2016年12月10日  使用済み核燃料の最終処分地,安倍プーチン会談の行方
2016年12月11日  シベリア核廃棄物最終処分,米露の間には核軍縮協定,何とかならないか
2016年12月12日  日露首脳会談,1000億円基金,エネルギーと核廃棄物
2016年12月13日  プーチン来日間近,トランプはアジアで中国の台頭を許すのか
2016年12月14日 プーチン強硬姿勢,米エネ長官は温暖化に疑問
2016年12月15日  「北方領土に米軍基地」問題で暗転,プーチンまた遅刻か
2016年12月17日  日露首脳会談,成果は,エネルギーと安全保障
2016年12月18日  日本の資源外交は,米中ロの間に漂う,中東と南シナ海
2016年12月20日  日本とロシアのエネルギー協力が加速,最終処分場へ
2016年12月22日  核のごみ,近づく地層処分 欧州、2020年代実現へ研究,シベリア
2016年12月23日  択捉島の原発密約,中国の原発開発技術、世界をリード
2016年12月24日  何故,日本が「強大な軍事力を持つ中国を恐れないのか
2016年12月25日  軍拡競争起こればいい、米国は勝つ─トランプ氏
2016年12月26日  核のゴミ処分地,海底案の検討開始,南鳥島も
2016年12月27日  トランプは中国とどう戦うのか,明確な競争相手と位置付けるべき
2016年12月28日  世界の原発は新増設続く,大手「アレバ」に出資する「三菱重工」
2016年12月29日  トランプ氏の「一つの中国」見直し論がもたらす衝撃,米中は対決の時代へ
2016年12月30日  資源塩漬け,海の既得権,業者「国費で試掘」待ち,ガス無機説
2016年12月31日  ミャンマーのミッソンダム,迫る中国,迷うスーチー

2017年1月1日  揺れる世界と日本,自由主義の旗守り,活力取り戻せ
2017年1月2日  原発推進国の中韓,地震対策 日本の原子力規制委意見
2017年1月3日  揺れる世界と日本,アジアの安全保障に新しい息吹を
2017年1月4日  大転換に備えよ,自由の気風・気概を羅針盤に ,緊張高まる南シナ海
2017年7月5日  橋下徹,三浦瑠麗,論客の戦争論に異議あり
2017年1月6日  日中が推進する原発輸出,南シナ海で米中空母激突か
2017年1月8日  ベトナム変革の行方,中国が深海データ軍事利用,中国と鉄鋼摩擦
2017年1月9日  南シナ海軍事拠点化,台湾海峡緊張,北朝鮮ミサイル
2017年1月11日  朝鮮の核開発を阻めるのは日本の核武装宣言
2017年1月12日  アレバの放射性廃棄物シベリア投棄,ロシアは歓迎
2017年1月13日  トランプ記者会見の失望,イラン,ホルムズ海峡が危ない
2017年1月14日  トランプとロシアの「疑惑文書」,核廃棄物のシベリア案
2017年1月15日  トランプ次期大統領 「1つの中国」見直し改めて示唆
2017年1月16日  トランプ氏「一つの中国」見直しも 通商・為替で圧力
2017年1月17日  米議会証言,南シナ海基地への接近を阻む
2017年1月18日  フィリピン,中国の武器配備を批判,南シナ海の人工島
2017年1月19日  トランプ新政権に備え「防衛費増を」 民間から次々提言
2017年1月20日  世界がまもなく直面する史上最大のリスク,トランプ
2017年1月22日  エネルギー問題,分断とねじれ、トランプの米国はどこへ行く
2017年1月24日  我が道行くトランプ氏,「米国第一」へ即行動,英国とイスラエル
2017年1月25日  再び日本車たたきか,米中悪化で負け組はGM
2017年1月26日  米新政権,国際機関拠出金削減,マティス極東へ
2017年1月28日  米英首脳が初会談,トランプの大転換で沖縄米軍は台湾へ移るか
2017年1月29日  真子様ブータンへ,ブータンの軍事権と外交権はインドが
2017年1月31日  トランプ氏,「電話外交」攻勢, 対中国,南シナ海・貿易焦点

2017年2月2日  日本の対中OD以降,日中対話継続で,南シナ海は防げたかも
2017年2月3日  暴走トランプ氏、米政権幹部が,狂犬来日に中国が挑発仕掛ける恐れ
2017年2月4日  マティス氏、韓国次期政権を恫喝,南シナ海のカジの構想
2017年2月5日  韓国「赤化」危機,次期大統領選,「反日」「従北」の文在寅氏
2017年2月7日  北朝鮮暴発寸前,韓国外交の漂流はいつまで続く
2017年2月8日  米国防長官,対中国政策転換を予告,南シナ海へ軍艦派遣加速へ
2017年2月9日  トランプは入国禁止令の裏で「宣戦布告」,シリア侵攻に突き進むトランプ政権,三塚結婚
2017年2月10日  日米同盟強化の具体的ビジョンを期待するトランプ政権,尖閣は自分で護れ
2017年2月11日  日米首脳会談,直前の米中電話会談,ユダヤの関係
2017年2月12日  日米会談,対中戦略強化合意,トランプ氏,直前に習氏と電話会談,したたか
2017年2月14日  安倍首相とトランプ大統領の「長い週末」中国メディアはどう報じたか
2017年2月16日  北朝鮮の核問題,トランプ政権下で最悪の事態も
2017年2月17日  中東情勢一変か,エルサレム問題と,二国共存,日本も同じ
2017年2月18日  日米同盟,何故日本は核の傘が必要なのか
2017年2月23日  マレーシアに中国の植民計画,まず100万人
2017年2月24日  金正恩は金正男暗殺事件の波紋に驚いた,小国意識
2017年2月25日  日産再生の立役者 空飛ぶCEOゴーン氏の次の決断は
2017年2月26日  日本の人 口は西暦2500年に「千名になる」と中国紙

2017年3月1日  中米対話で北朝鮮問題は非常に切迫している,日本は
2017年3月2日  対北朝鮮ミサイル防衛に中国が神経を尖らせる本当の理由
2017年3月3日  中国は侮れない,トランプの態度を一転させた懐柔作戦の全容
2017年3月5日  日米同盟は本当に生き残れるか,日本の当局者は不安だらけ
2017年3月8日  北朝鮮への先制攻撃はあり得るのか,難しい
2017年3月9日  THAADを韓国に配備,北朝鮮のミサイルに対応できるのか
2017年3月10日  中東和平交渉は後退するのか,トランプ発言が意味するもの
2017年3月11日  韓国紙が日本に学べと,中国の制裁への忍耐力,THAAD問題
2017年3月12日  中韓関係の悪化,韓国次期政権の行方,イージスは
2017年3月14日   北緒運問題解決への糸口,首領主義への破壊作戦
2017年3月15日  地球温暖化問題は虚像だ,局地的な大気汚染を標的にせよ
2017年3月16日  中国が日本の南シナ海航海で,通常航海のみと念を押す
2017年3月17日  森友は止めて北朝鮮を考えよう,でも大腸検査痛かった
2017年3月19日  安倍内閣の農業特区,私は養父市の出身
2017年3月20日  北のミサイルが米本土直撃まで何も出来ない
2017年3月22日  トランプの変心,中国と米国は協調へ,日本は誇れる努力をしよう
2017年3月23日  政府は東芝を護れ,半導体と原発技術は,日本の次代を担う
2017年3月26日  米中妥協の中,日本の誇りを何処に求めるのか,卑屈になるな
2017年3月27日  米中が南シナ海で妥協なら,日本は独自路線で,永田町解散浮上
2017年3月28日  米中に侮られないだけの技術と誇りを確保して,時代に引き継ぎたい
2017年3月29日  来月4月の米中会談は中国の描く世界が浮き彫りに
2017年3月30日  中国の勝利,安保理が一帯一路構想を決議
2017年3月31日  米中首脳会談,南シナ海,北朝鮮,温暖化,どうする


元に戻る

関連写真等蓄積場


  http://bit.ly/2heSaTR     adachihayao


元に戻る

*************************************************************************************************
今日の原油価格 (crude oil price)今日の石炭価格 (coal price)今日の天然ガス価格 (natural gas price)
************************************************************************************************


元に戻る


**************
Current crude oil price (return to top)


原油価格







**************
Coal price (under construction)


**************
Natural gas price (under construction)


**************
Steel market price (return to top)
(by Sangyoshinbun,please click picture zone)
http://www.japanmetal.com/memberwel/marketprice



updated on 161005
元に戻る

igo**********************************************************i

囲碁動画集



元に戻る
golf*********************************************************j

ゴルフ動画集



元に戻る
pol*********************************************************k

政治動画集


終端
元に戻る



Indonesia, Thailand, Philippines, Vietnam, Cambodia, Laos, Myanmar, Malaysia, China,
India, Pakistan, Nepal, Bhutan, Srilanka, Turkey, Morocco, Peru, Brazil
Nigeria, Ethiopia, Ghana, Angola, Tanzania, Syria
Rakuten, Amazon Japan, Amazon English, Access, Webmaster, dti, au, Youtube
Bangkok Post, Manila Bulletin, Jakarta Post, Economic Times, Xinhua, Yunnan,
New Light of Myanmar, Vientiane Times, Vietnam Net, KPL, Phnom Penh Post,
TheNews, NepaliNews, Kuensel, SrilankaDaily, Bangladesh
Zakzak, Nikkei, Google News, Energy Japan, Sankei, toyota
Southeast, India, China, Africa, South America
iGoogle, Twitter bitly, TwitterRank, Mtsui, Ottava, Yahoomusic, Gyao,
Rakuten, Visa, View, Poket,
melonpanmag2melmalivedoornifty

通貨換算||時差||電話コード||フライト一覧||ホテル予約||各地気象||世界天気予報|
|
海外安全情報|| 海外用品|海外医療||海外出張支援|| 海外赴任ナビ|
|
成田へ|| 羽田へ|| 関空へ|| 伊丹へ|| ロンリプラネット| | 鈴木篁氏] | 上海日記 |

全文終端 元に戻る



DTI