日刊 アジアのエネルギー最前線
2012年6月13日更新 0003
シェールガス開発の論点 −
| HOME | | 自己紹介|

シェールガス,
shale gas

・・・・続き

プロローグ

シェールガス (shale gas),(2012年2月11日記)

シェールガスが大きく話題になっている。実用化しているのは米国だけだが,世界には3200TCFの埋蔵量があるという。中国もインドも動き始めている。地下深く存在するシェール層の中に賦存するガスを取り出すもので,その技術は米国が有している。世界のLNGや天然ガスの価格に影響を与えているが,果たしてエネルギーの主役となり得るか。私は,このような面的なエネルギーは,環境問題を引き起こす可能性が高く,問題ありと見ている。



http://bit.ly/92Qm3g


http://bit.ly/14oDTh


*********************** 今日の本文 ***********************

送料わずか70円〜で日本からお届け!楽天国際格安配送




◯12122901 米国,東洋経済オンライン - ?8 hours ago?
シェールガスの対日輸出へ米国は前向き TPP不参加なら後回しも
http://bit.ly/TolhRv
1212290101.jpg
一方、日本は輸入原油価格に連動した液化天然ガス(LNG)輸入価格の高騰に加え、原子力発電所の停止による代替火力発電燃料のLNG輸入量急増により、貿易赤字に転落し、電力料金値上げを強いられている。 液化・輸送コストを勘案しても日本の2分の1以下と安く、ガス ...

シェールガスの対日輸出へ米国は前向き TPP不参加なら後回しも。日本は米国のシェール・ガス輸出の方針に関心を持っている。JOGMECの伊原氏は,米国の報告書では,ガス輸出による米国の国益は損失より大きいと結論づけた。残るは環境とTPP加盟問題だ。http://bit.ly/TolhRv

シェールガスの対日輸出へ米国は前向き TPP不参加なら後回しも。日本は米国のシェール・ガス輸出の方針に関心を持っている。JOGMECの伊原氏は,米国の報告書では,ガス輸出による米国の国益は損失より大きいと結論づけた。残るは環境とTPP加盟問題だ。伊原氏は,環境問題を楽観視している。地震なども断層避けると。価格は3ドルプラスLNG化としても10ドルを越さないと。http://bit.ly/TolhRv

――伊原 賢・石油天然ガス・金属鉱物資源機構上席研究員に聞く


米国では近年、シェールガスが大量に採掘されたことで、国内の天然ガス価格が大幅に下落し、電力や化学産業の原燃料コスト削減や雇用創出、資源輸入の減少による貿易赤字縮小など経済界全体に革命的な影響をもたらしつつある。

一方、日本は輸入原油価格に連動した液化天然ガス(LNG)輸入価格の高騰に加え、原子力発電所の停止による代替火力発電燃料のLNG輸入量急増により、貿易赤字に転落し、電力料金値上げを強いられている。

液化・輸送コストを勘案しても日本の2分の1以下と安く、ガス自体の需給で価格が決まる米国産のシェールガスを輸入すべく、日本のガス会社や商社などが米国のシェールガス由来LNGプロジェクトに参画したり、上流権益を取得したりしている。だが、米国政府は現状、日本を含めて自由貿易協定(FTA)を結んでいない国に対するLNG輸出の認可にストップをかけている。この認可が下りるかが当面の焦点だ。

今後の見通しについて、伊原 賢・石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)石油調査部上席研究員に聞いた。

前向きな米国の利害関係者、エネルギー省も輸出効果を認知

結論を急げば、米国は日本に対してLNGの輸出をするだろう。それは、シェールガスの利害関係者の中でも、輸出に前向きな関係者のほうが優勢だからだ。

ガスの開発者やLNG基地の運営者は、輸出拡大による需要増で価格が上がれば潤う。現状は、ガスが想定以上に生産されて価格が想定以上に下落したため、いくぶん底上げしたいのが彼らの本音だ。また、石炭関係者もガスが石炭並みに値下がりしたことで競争上不利な立場にあり、ガス価格上昇は歓迎。州政府もガス輸出・生産拡大による税収増、雇用増への期待が大きい。

一方、輸出拡大に反対なのが石油化学メーカーで、原料のガス価格上昇を警戒している。ただ、シェールガスの生産が本格化する前の米国内のガス価格が今の3倍前後だったことを考えれば、多少の値上がりは許容範囲だろう。

米国エネルギー省は12月5日、LNG輸出問題に関して外部に委託して作成したレポートを公表。その骨子として「いかなるシナリオでも、米国にとってLNG輸出はプラス効果がマイナス効果をつねに上回る」、「LNG輸出によって悪影響を受ける産業・雇用の範囲は極めて限定的」と述べている。少なくとも日本には追い風の内容だ。2カ月半にわたる意見公募の受け付け終了後の、エネルギー省の動きが注目される。

実際の輸出は16年以降、TPP不参加なら後回しも

日本が米国産ガスを輸入するメリットは大きい。現在、日本のLNG輸入価格は平均15.5ドル程度(100万英国熱量単位当たり)。米国のガス価格は現状3ドル台なので、液化、輸送コストを6ドルとしても、10ドル程度で輸入できる。

日本企業が参画する米国内プロジェクトの商業生産開始は2016年以降とはいえ、輸入が許可されるだけで、中東や東南アジア、豪州、ロシアなど既存の産ガス国、メジャーとの契約交渉にも有利な影響を与えよう。最近、関西電力がBP(英国系メジャー)との間で米国天然ガス価格(ヘンリーハブ)に連動した価格での長期契約で合意したのは、規模が限定的とはいえ画期的な話だ。米国からの輸入見通しを背景に、今後もこうした新しい体系での契約交渉が相次ぐとみられる。

日本の新政権が環太平洋経済連携協定(TPP)に対してどう対応するかも焦点。多国間での包括的なFTAといえるTPPに参加しなければ、米国からのLNG輸入においても順番が後回しにされる可能性が高い。

環境リスクは大きな制約とはならない見込み

米国内の一部ガス採掘地域で問題になっている環境リスクについては、大きな制約にはならないだろう。水質汚染については、水質検査や水の再利用、グリーンケミカル(無害な化学物質)使用の徹底で問題視されなくなっている。

最近懸念されているのは、シェール(頁岩)層を水圧破砕した時に断層に当たって地震が起きる可能性だが、通常は地質調査をして断層を避けたうえで開発を進めており、やみくもに開発しない限り防止できるはずだ。

いはら・まさる●1983年東大工学部卒、旧石油公団(現JOGMEC)入団。94年東大工学博士号取得。ヒューストン事務所長などを経て、2008年より現職。著書に「シェールガス革命とは何か」(小社刊)など。

シェールガスの対日輸出へ米国は前向き TPP不参加なら後回しも
東洋経済オンライン - ?8 hours ago?
一方、日本は輸入原油価格に連動した液化天然ガス(LNG)輸入価格の高騰に加え、原子力発電所の停止による代替火力発電燃料のLNG輸入量急増により、貿易赤字に転落し、電力料金値上げを強いられている。 液化・輸送コストを勘案しても日本の2分の1以下と安く、ガス ...

◯12062501 非在来型天然ガス,NEWSポストセブン
シェールガス開発で天然ガスは半値、原油も大幅引き下げへ
http://my.reset.jp/adachihayao/index12062501.htm
http://bit.ly/MIxxbE
http://www.adachihayao.net/12062501.jpg
http://www.adachihayao.net/12062502.jpg
http://www.adachihayao.net/12062503.jpg
世界のエネルギー事情が大きく変わろうとしている。とくに、シェールガスを代表とする、新しい天然ガスの実用化が進んでいる。これらは、世界の経済にどう影響するのか。大前研一氏が解説する。
◯12062503 非在来型ガス,SankeiBiz
米、石油製品市場に敵なし 低価格武器に進む開拓 欧州産を駆逐
http://my.reset.jp/adachihayao/index12062503.htm
http://bit.ly/LUS5PZ
http://www.adachihayao.net/1206250301.jpg
http://www.adachihayao.net/1206250302.jpg
http://www.adachihayao.net/1206250303.jpg
シェールやメキシコ湾での資源開発事業の進展で米国産の石油・ガス製品の低 ... 米エネルギー省の最新のデータによれば、今月1日終了週の米国の石油生産高 ... 現在も米国産天然ガス価格は1年のこの時期としては98年以来の低い水準で推移している。

◯12061208 China,Oil & Gas Journa
China shale gas holds great promise, Shell executive says
クワラルンプールのガス国際会議で,中国のシェールガス莫大と
http://my.reset.jp/adachihayao/index12061208.htm
http://bit.ly/LBcqa4
http://my.reset.jp/adachihayao/12060801.jpg
http://my.reset.jp/adachihayao/12060802.jpg
"China's potentially enormous deposits could play a major role in helping boost the share of natural gas in its energy mix, and easing its dependence on coal," Voser said. Shell is working with China National Petroleum Corp. on several projects, ...

◯12060606 米国,日経
米シェールガス革命 回り回ってガソリン安く
http://my.reset.jp/adachihayao/index12060606.htm
http://goo.gl/2kxcf
http://my.reset.jp/adachihayao/1206060502.jpg

米国で新型天然ガスの「シェールガス」の増産が進み、回り回ってアジアのガソリン価格を押し下げる一因となっている。シェールガスと同時に生産される液化石油ガス(LPG)のプロパンが米国から欧州市場に流入。欧州で余った石油製品はアジア市場に流れ込んでいる。この影響で、韓国から日本へ価格の安いガソリンを輸出する傾向が強まり、最近の原油価格の急落と重なって下落を加速http://goo.gl/2kxcf

◯12053110 IEA,National Geographic 
International Agency Calls for Action on Natural Gas Safety
IFAの長文レポート,シェールガスの取り扱いの安全厳重にと
http://bit.ly/L3rFKE
http://my.reset.jp/adachihayao/1205311001.jpg
?Forcing natural gas out of shale rock through hydraulic fracturing is riskier than conventional gas development and requires tougher rules than those now in place, the International Energy Agency (IEA) says in a new report.

◯120220 天然ガスを使いこなす体制つくれ
http://s.nikkei.com/wR2CGS
http://my.reset.jp/adachihayao/120220Y01.jpg
天然ガスを使いこなす体制つくれ,天然ガスの役割が高まれば、供給が止まるリスクに備える必要がでてくる。逆に石油備蓄は縮小が可能になるだろう。LNGタンクの増強に加えて、枯渇したガス田をタンク代わりに使うなど貯蔵にかかる費用を下げる方法も探ってほしい。

◯120218 LNG輸出拡大、経済への影響を精査してから決定=米エネルギー省長官
http://bit.ly/zdOnTW
http://my.reset.jp/adachihayao/120218Y06.jpg
http://my.reset.jp/adachihayao/120218X02.jpg
LNG輸出拡大、経済への影響を精査してから決定=米エネルギー省長官,ガス供給が潤沢となったことで、国内のエネルギー事情は一変。数年前には産業界がLNGの輸入に供えていたのに対し、現在では企業がLNG輸出の機会を模索している。

◯120218 シェールガス 開発権など取得
http://bit.ly/zzqPFY
http://my.reset.jp/adachihayao/120218Y05.jpg
シェールガス 開発権など取得,火力発電向けの天然ガスの需要が拡大,大手商社の三菱商事,カナダ西部にある世界最大規模のガス田の開発と生産を行う権利の40%を、カナダの資源会社から取得することで合意,およそ4700億円,埋蔵量はおよそ7.2億トン

◯120210 シェールガス産地は「石炭ブーム以来の騒ぎ」 米ペンシルベニア州「環境などに配慮も必要」 
http://bit.ly/ApsOSy
http://my.reset.jp/adachihayao/120210Y05.jpg
シェールガス産地は「石炭ブーム以来の騒ぎ」 米ペンシルベニア州「環境などに配慮も必要,「水圧破砕」技術が確立された数年前から開発が加速し、ガス井は1100カ所を超えた。三井物産や住友商事といった日本の商社や世界中の資源企業も参画

◯120210 シェールガス、日本恩恵 採掘方法確立、LNG値下がり 北米からの輸入焦点
http://bit.ly/Af21y4
http://my.reset.jp/adachihayao/120210Y04.jpg
シェールガス、日本恩恵 採掘方法確立、LNG値下がり 北米からの輸入焦点,日本が安定的にLNGを調達できた背景にはシェールガスの開発があった。「足りないから、高くても買うしかない」。LNGについてシェールガスはこうした現状を変えてくれるかも

○110222 Shale gas stock
米チェサピーク、BHP子会社にシェールガス田の権益売却へ
http://bit.ly/gaS4T3
米天然ガス大手チェサピーク・エナジーは、アーカンソー州フェイエットビルに保有するシェールガス田の権益を現金47.5億ドルで、英豪系資源大手BHPビリトンの子会社に売却すると発表した。チェサピークは天然ガス換算日量約4億CFの生産などが含まれている http://bit.ly/gaS4T3

●110211A India, Economic Times
インドの初めてのシェールガス探査の結果は2週間後に
ONGC will have to wait two weeks for detailed shale gas data
http://bit.ly/icYa6U
Oil and gas major ONGC will require another 10-14 days to complete the study on output potential from country's first shale gas well after trial exploration. West Bengal,Damador basin,four zones of the same well,one-fourth of natural gas supply ther,Reliance Industries,over $4 billion,from September 2010,500 trillion cubic feet of shale gas reserves,West Bengal and Jharkhand,Rs 170 crore

インド,西ベンガルでシェールガスの探査を行っているONGC,最終結果まで2週間が必要と,ダマドール流域,全国の包蔵は500兆立方フィートと期待されている,アジアでは初めてで,米国ではガス需要の4分の1を満たしている,リライアンスは米で投資 http://bit.ly/icYa6U

○110208 LNG需給とシェールガス革命
http://bit.ly/dJiEKX
LNG需給とシェールガス革命,森田浩仁,2010年、天然ガスに関する話題は米国における「シェールガス革命」に集中した。シェール、タイト1 、炭層メタン(CBM)2 の非在来型ガスは、米国ガス生産量において現在は 50% を占めるまでに増加している。この急速な増産 http://bit.ly/dJiEKX

●110103B China, news.carrentals.co.uk
シェールガス,米国に続き英国,欧州各地,更には中国やインドでも準備
UK shale gas rush ignores groundwater pollution risks
http://bit.ly/g4BUfD
A controversial new technology which extracts natural gas from shale may be rushed into service in spite of fears over groundwater pollution. fracking,Blackpool,molecules,35,000 such wells in the US,India and China proceeding at present,polluting local water supplies,Friends of the Earth’s Mike Childs,chemical cocktail used,Cuadrilla Resources,huge numbers of problems in the US over groundwater pollution

シェールガス,米国に続き英国,欧州各地,更には中国やインドでも準備を進めている,英国のブラックプールでは試験が始まるが,地下水汚染の問題で環境団体が反対,米国では35000箇所の井戸があり,地下水汚染で大きな問題を各所で引き起こしている http://bit.ly/g4BUfD

私はよく繰り返すが,地球の表面積を相手に生産するエネルギーは,人類の主たるエネルギー源にはなり得ない,と言う主張,言い換えれば私の仮説について,考える。太陽光,風力,バイオは明らかに平面が必要であるが,降水は面ではない,何となれば河川があるから。だから,河川が助けてくれて降水を集めてきてくれるから,水力は安く,面で集めなくてはならない太陽光などは高価なエネルギーなのだと。

原子力などは面ではなく点と言えるが,原油やガスは,集めてこなくてはならないから,面ではないが,点よりの面だろう。そこで問題にしているのは,最近米国で盛んに生産が続けられ,欧州も,或いはインドや中国も関心を深めているのが,シェールガスである。シェールの地質の間に含まれるガスを,水圧で割れ目を広げ特殊な化学製品で置き換えて,ガスを収集する。このために,米国には,35,000カ所の井戸がある。

英国でも,ロンドンの北北東の海岸付近,ブラックプールでシェールガス生産の実験が開始された。その途端に環境団体が押し寄せ,地下水汚染を問題にして抵抗運動を始めた。シェールガスと言うのは,私に言わせれば面のエネルギーである。一つの井戸から数kmしか支配できないので,米国のように膨大な数の井戸が必要で,化学薬品も使われる。当然地下水汚染の問題が,早晩顕在化する。米国では大問題になっている。

世界は現在,天然ガス,LNGの価格が低迷している。百万Btu当たり5ドル未満という安さで,これを目当てに,LNG輸入のための基地の建設が,例えば,フィリッピンやタイなどで進展している。この天然ガスの価格低迷の主因は,米国のシェールガス生産の活況である。既にニューヨークではシェールガス反対運動が起きており,今,ガスの安値に飛びついてインフラ増強をしている各国は,今後,シェールガスの流れを見守る必要がある。


○米シェールガスに“逆風” 環境影響などに懸念
http://bit.ly/fygPaZ
米シェールガスに“逆風” 環境影響などに懸念,連邦議会や一部の州でシェールガスの採掘技術が環境や健康に及ぼす影響を把握する動きが顕在化し、ニューヨーク州では来年7月まで新規掘削ができなくなった。米国内のガス価格も低迷し、企業の開発意欲http://bit.ly/fygPaZ

○大ガス、米権益獲得検討 来年にも「シェールガス」開発参画
http://bit.ly/eiHEqJ
大ガス、米権益獲得検討 来年にも「シェールガス」開発参画、地中の岩盤層にある天然ガス(シェールガス)の開発・生産プロジェクトに、早ければ来年にも参画する方向で検討していることが17日、わかった。米国のガス鉱区の権益の数%程度を獲得する案http://bit.ly/eiHEqJ
101219

○米シェールガス:2035年の生産見通し、2倍に上方修正−EIA
http://bit.ly/dIA0pD
米シェールガス:2035年の生産見通し、2倍に上方修正−EIA,生産量予想は347兆立方フィートから827兆立方フィートに上方修正された。年間エネルギー概況によると、35年までにエネルギー輸入比率は09年の24%から18%に低下する見込み。価格上昇で天然ガスhttp://bit.ly/dIA0pD

○シェールガス、米で“定着” 世界シェールガス会議初開催
http://bit.ly/eQFZjJ
シェールガス、米で“定着” 世界シェールガス会議初開催,チェサピークやエクソンモービルといったガス開発・生産企業や行政関係者、環境団体などが一堂に会した。シェールガスに関する世界規模の会議は初めて。懸念された環境問題などにも冷静な見方が多くhttp://bit.ly/eQFZjJ


2010年11月11日 ー 中国がシェールガスなどシェルと連携 ー

中国のエネルギー問題だが,今日の記事から見ると,中国は旧来のエネルギー資源だけでは中国経済は成り立たない,と考えていることがよく分かる。コンベンショナルなエネルギー資源とは,中東や既存のメジャーが支配する原油,天然ガスでは,中国経済は賄えない,既存のシステムに無理矢理に入っていこうとすれば摩擦が起こるばかり,また中国を覇権呼ばわりされることに繋がる,だから既存体制から外に出る,と考えている。

今までの先進国は安定してエネルギーバランスの中にいるから暢気である,その典型が日本で,今のシステムの中で日本経済は十分に動いて行く,人口の減る現状で,格段の経済発展は起こりえない,と考えている。中国はそうは行かない,既存のシステムに入っていこうとすると,先進国からの抵抗が増える,だから,エネルギーの種類にしても地域にしても,新しい考え方で資源を求めなければならない,と考えている。

植民地時代に乗り遅れた日本が,朝鮮半島や東北中国に手を出したようなパターンだ。2035年には,中国は全世界のエネルギー需要の3分の一を必要とする,と言っている。今日の報道では,2012年の時点で購買力平価では,中国の経済規模が米国と並ぶという。また別の報道で,人類は原油ガスが底をつくまでに新しいエネルギー資源に到達することは困難,として危機感を煽っている。

中国の国家石油は,向こう10年間に600億ドルを投じて,成長を続ける中国経済のためのエネルギー資源開発を行う,としており,重点はアンコンベンショナルな資源,即ち今のところは,カナダのオイルサンド,中国国内のシェールガス,同じく石炭のガス化,などを考えているようだ。石炭ガス化の中にはオーストラリアも対象になっている。この際,技術的には西欧メジャーの支援が必要で,今回,シェルとの提携を打ち出した。

この中国国家石油とシェルとの提携について,内容は詳しくは発表されていない。しかし中国が,新しい分野に挑戦しなければ国際的な摩擦が大きくなる,と考えたことと,西欧メジャーの技術提携がなければ難しい,と考えている,この2点ははっきりしている。これらのことから,日本はどうしたらよいのか,いろいろなヒントが読みとれる。既存のシステムが永久に続く保証はなく,その深い読みが要求されることになろう。


●101111B China, calgaryherald.com
中国の国家石油ペトロチャイナはシェルと連携して,カナダのオイルサンド
Shell, China sign deal to explore Canadian oil
http://bit.ly/ccz3ww
Greg Stringham, vice-president of the Canadian Association of Petroleum Producers (CAPP),to buy ConocoPhillips' stake in Syncrude Canada for $4.65 billion,Athabasca Oil Sands Corp. and MEG Energy,China Investment Corp. worth $2.6 billion to develop oilsands assets in the Peace River region of Alberta,Calgary-based Husky Energy,Western technology to help develop its own heavy oil and unconventional gas deposits,one-third of its unconventional gas supply from coal seams by 2030,jump 75 per cent by 2035,joint shale-gas assessment agreement for the Fushun-Yongchuan block in Sichuan,Changbei gas field in Shaanxi province,$3.5 billion joint acquisition of Australia,PetroChina plans to spend at least $60 billion in the next decade on overseas acquisitions, Jiang said in March.


中国の国家石油ペトロチャイナはシェルと連携して,カナダのオイルサンドと中国四川省などの石炭ガス化,シェールガスなどの資本獲得へ走る,詳細は未定ながら,中国は2035年には全世界の30%石油ガス資源獲得のため次の10年で600億ドル投資準備 http://bit.ly/ccz3ww

シェールガス,泥岩に含まれる天然ガス
http://bit.ly/92Qm3g

非在来型天然ガスの一種。在来型との違いは、貯留層が砂岩でなく、泥岩(頁岩)である点にある。泥岩の中で、特に、固く、薄片状に剥がれやすい性質をもつシェール(頁岩)に含まれることから、シェールガスと呼ばれる。
商業的生産は、米国でのみ行われており、1970年代末、東部のアパラチア山脈などに主として分布する古生代デボン紀の頁岩、デボニアンシェールから始まった。


原典 足立

水力発電というのは,例えば三峡ダム発電所というのは,100万平方km,日本の国土の3倍の広大な面積に降った雨を,三峡ダムサイトという点に集めて,30GWオーダーの巨大なエネルギー変換を行っている。この広大な面積の雨は,人間がわざわざ集めてこなくても,神様が人類の為に造り賜うた河川がダムサイトまで運んできて下さる。元々は面のエネルギーだが,人類はそれがあたかも点のエネルギーの如く使うことが出来る。

同じ太陽の生み出すエネルギーではあっても,太陽光,風力のエネルギーは人類が自ら面に展開しなければ集めることが出来ない。バイオマスの発電所も地球に広がるバイオ原料を人類が集めてこなければ,そのエネルギーを集約できない。火力は,石炭や原油,ガスなどを集めてこなくてはならないが,比較的まとまった形で分布しているから,集約は比較的容易である。更に集約度が増したものが,原子力発電所だろう。

今朝の朝日新聞にシェールガスの記事が出ていて,図を交えながら易しく解説してあった。3,000mまで掘ってシェールの岩盤に到達したところで,横穴を広げてその横穴から水圧と薬品注入で岩盤を破砕し,シェールガスを孔に導く。私が注目したのは,その横穴の長さである。図では約1kmで,恐らく円形の面のように配置するのだろう,結局,1平方kmを単位に,ガス取り出し孔が地球上に分布することになる,と理解する。

この1平方kmという面積は集約度が高いとは言えない,三峡ダムの流域に配置すると,100万本の孔が必要になる,だから私は,シェールガスというのは太陽光や風力のような面的なエネルギーに近いと考える。朝日によると,地球上のシェールガスの包蔵量は,一般的な天然ガスの50%にも相当する3200兆立方フィート(TCF)といわれていている。因みに,大発見といわれるミャンマー沖のガス包蔵は,60TCFである。

莫大な量で,まさに世界のエネルギー地図を塗り替えるような話だが,私の言いたいのは,集約度の低いエネルギーは環境問題を惹起する,シェールの岩盤を砕くときの薬品に問題があるような感じである。オバマ大統領が,11月6日にインドを訪問する。インドが期待しているのは,米国だけが持つシェールガスの技術をインドに移転する協定を期待している。インドは2011年にもシェールガス探査の入札に漕ぎ着けたいようだ。


2010年7月4日 ー シェールガス革命の真相と東シナ海 ー

私のHPを見て貰うと分かるが,天然ガスの価格が一向に上を向かない,シェールガス革命のせいだと言う毎日新聞の論評をそのまま理解して使わせて貰う。シェールガスというのは,岩盤と岩盤の間に介在する天然ガスだが,従来の天然ガスと違うという意味で非在来型ガスと呼んでいる。これを取り出すのは技術的にも経済的にも困難で,米国が先行してこのシェールガス抽出を実用化している。

米国へのLNG輸出を予想して,オーストラリア,カタール,インドネシアなどではLNGの開発が進んできたが,最近の天然ガスの価格低下の影響で悩んでいる。米国のシェールガス抽出は,コスト的にはともかく,将来的には環境問題が大きなマイナス要素だ。既に米国の東海岸では,問題を指摘されている。私も,このような面的なエネルギー資源は,太陽光,風力,バイオなどと同じように,環境問題を引き起こすと思っている。

中国は,米国などと同じように,シェールガスの包蔵は莫大と見られている。世界のエネルギー情勢に,大きな影響を与える可能性がある,とにかく理論的な包蔵量は,天文学的だろう。最近,中国の東シナ海ガス田の政治的位置に変化が見られる。日本への政策が軟化している。このシェールガスの影響で,東シナ海のガス田が,経済的に崩壊する危険性があるという。日本を巻き込んでおこうという意図があるのだろう。

私の考えでは,原子力と水力の組み合わせ,という大枠は崩れないが,石炭と天然ガスの世界では,相当の革命的な変化が起こる可能性があると思っている。石炭は使うのを止めればよいと,簡単な話だが,問題は,LNGに多額の投資をしてきた企業,その成果がやっと現れようとしているときに,シェールガスの台頭は,何とも厄介な話である。世紀単位でものを考えるときは,気を付けなければならない動きだ。


○101028A India, thehindu.com
インド,オバマ大統領訪印に際し,シェールガス開発支援期待
Shale gas agreement likely during Obama visit
http://bit.ly/dofFFs
Seeking to expand its reach and search for oil and gas assets, India is likely to sign an agreement with the U.S. for cooperation in exploiting unconventional shale gas reserves during the forthcoming visit of American President Barack Obama next month.,Petroleum and Natural Gas Minister Murli Deora,Petroleum Secretary S. Sundareshan,U.S. Geological Survey,by the end of 2011,Reliance Industries,November 6-8,in basins in western, central and northeastern parts,Cambay (in Gujarat), Assam-Arakan (in the Northeast) and Gondwana (in central India)

インド,11月6日のオバマ大統領訪印に際し,インドにおけるシェールガス開発に対する米国の支援で協定を交わすことを期待している。2011年末までに調査発注を視野に,米国地質局との協力を得る,当初の対象地


●091020F China, glgroup
中国の海外ガス依存の将来は国内のシェールガスなどにより変化が期待される
An Unconventional Source May Change Conventional View of China Energy Strategy
http://my.reset.jp/adachihayao/index091020F.htm
http://bit.ly/3C14Cm
シェールガス(注5)とは,JOGMEC(注9)を引用する。「泥岩に含まれる天然ガス,非在来型天然ガスの一種,在来型との違いは,貯留層が砂岩でなく泥岩(頁岩)である点にある。泥岩の中で,特に固く薄片状に剥がれやすい性質をもつシェール(頁岩)に含まれることから,シェールガスと呼ばれる。商業的生産は米国でのみ行われており,1970年代末,東部のアパラチア山脈などから始まった。

シェールガス(注5)は,米国における非在来型天然ガスの生産において,タイトサンドガス,コール・ベッド・メタンに次ぎ第3位である。シェールガスの原始埋蔵量はきわめて大きく、米国で数百から1,000,世界では数千億TCF(兆立方フィート)との推定がある。」。天然ガスは幾らでもある,と言うことで,問題はその抽出方法だ。米国には技術がある。これを踏まえて,中国の今後の天然ガス問題を論じたものだ。

中国は,石炭主体ではあるが,石炭生産の困難や環境問題を考えて,天然ガスを増やす計画を進めている。国内の従来型のガス包蔵は少なく,海外の資源に大きく依存する時代が近づいている。しかし,中国は,このシェールガス(注9)や石炭ガス化によって,将来は国内資源で賄える方向で検討すべきだ,と言う考えである。中国には,米国と同様に,100TCF以上のシェールガス(注9)の埋蔵が推定されている。

(注)F (1) 091020F China, glgroup,(2) title: An Unconventional Source May Change Conventional View of China Energy Strategy,(3) http://www.glgroup.com/News/An-Unconventional-Source-May-Change-Conventional-View-of-China-Energy-Strategy-44247.html,(4) October 19, 2009,Analysis by: GLG Expert Contributor,Analysis of: Natural Gas from Shale: Emerging Plays,Published at: seekingalpha.com,(5) shale gas,(7) non-conventional gas resources,(8) high-pressure fracturing technologies,(9) シェールガス,(10) map source: http://kaznak.web.infoseek.co.jp/china/gas-pipeline.jpg,(11) picture spurce: http://www.irvineenergy.com/images/production.gif,(12)

○シェールガス革命と東シナ海ガス田=論説副委員長・児玉平生
http://bit.ly/ao23yl

○100710D USA,pennenergy.com
米国のシェールガスの生産は北米大陸のエネルギーに革命的な変化
Shale seen as transforming gas into a global commodity
http://bit.ly/aLRnf0
Speaking at the Colorado Oil & Gas Association’s annual Rocky Mountain Energy Conference in Denver, July 6-9, several industry experts agreed that shale gas is transforming the North American gas market and that natural gas will eventually become a global commodity in the same way that oil is today. ,ExxonMobil, Chevron, and ConocoPhillips,Statoil and BP,Shale gas extraction in Europe would face more regulatory scrutiny amid concerns about its impact on water quality.,$4 per MMBtu, natural gas,4.7 to 5.0 billion cubic feet per day of incremental gas demand

米国に於けるシェールガスの生産は,北米大陸のエネルギーに革命的な変化をもたらす,石炭火力をガスへ全面転換する日も近く,米国で日47億〜50億立方フィートのガスが必要,今の原油のような存在に,しかし欧州ではその抽出に法制度が必要,http://bit.ly/aLRnf0



送料わずか70円〜で日本からお届け!楽天国際格安配送

*************************************************************************************************
今日の原油価格 (crude oil price)今日の石炭価格 (coal price)今日の天然ガス価格 (natural gas price)
************************************************************************************************









*********************** 今日の地図写真 **********************


◯120218 LNG輸出拡大、経済への影響を精査してから決定=米エネルギー省長官
http://bit.ly/zdOnTW
http://my.reset.jp/adachihayao/120218Y06.jpg
http://my.reset.jp/adachihayao/120218X02.jpg





◯120218 シェールガス 開発権など取得
http://bit.ly/zzqPFY
http://my.reset.jp/adachihayao/120218Y05.jpg


















トラベル





ああ



送料わずか70円〜で日本からお届け!楽天国際格安配送

*************************************************************************************************
今日の原油価格 (crude oil price)今日の石炭価格 (coal price)今日の天然ガス価格 (natural gas price)
************************************************************************************************















過去ログ

元へ戻る

元に戻る


元へ戻る






by CyberBuzz


送料わずか70円〜で日本からお届け!楽天国際格安配送


元へ戻る


Since 1998 October
(本更新直前825,285 メルマガ配信数 1.487

サイト内検索


送料わずか70円〜で日本からお届け!楽天国際格安配送

FaceBook】 【足立隼夫 ツイッター
アジアのツイッター】【趣味のツイッター
HOME 】 【自己紹介】【引用基本図形集
プロジェクト位置図】 | English Version | | 過去ログ |
足立隼夫の主張】 【各国訪問写真記録
日刊 アジアのエネルギー最前線
原油価格, 石炭価格ガス価格鉄鋼価格 】 【シェールガス

Indonesia, Thailand, Philippines, Vietnam, Cambodia, Laos, Myanmar, Malaysia, China,
India, Pakistan, Nepal, Bhutan, Srilanka, Turkey, Morocco, Peru, Brazil
Nigeria, Ethiopia, Ghana, Angola, Tanzania, Syria
Rakuten, Amazon Japan, Amazon English, Access, Webmaster, dti, au, Youtube
Bangkok Post, Manila Bulletin, Jakarta Post, Economic Times, Xinhua, Yunnan,
New Light of Myanmar, Vientiane Times, Vietnam Net, KPL, Phnom Penh Post,
TheNews, NepaliNews, Kuensel, SrilankaDaily, Bangladesh
Zakzak, Nikkei, Google News, Energy Japan, Sankei, toyota
Southeast, India, China, Africa, South America
iGoogle, Twitter bitly, TwitterRank, Mtsui, Ottava, Yahoomusic, Gyao,
melonpanmag2melmaE-maga, livedoornifty

通貨換算||時差||電話コード||フライト一覧||ホテル予約||各地気象||世界天気予報|
|
海外安全情報|| 海外用品|海外医療||海外出張支援|| 海外赴任ナビ|
|
成田へ|| 羽田へ|| 関空へ|| 伊丹へ|| ロンリプラネット| | 鈴木篁氏] | 上海日記 |

お問い合わせまたはご意見は下記メールアドレスへ
PGA02435@nifty.com

元へ戻る

日刊 アジアのエネルギー最前線 地図

下記の地図はイメージ,続く文字をクリックしてアクセス願います
Asia Energy Front