日刊 アジアのエネルギー最前線

●081007A ベトナムの電気料金,独占禁止法の設定が必要だ


Watch the latest videos on YouTube.com

サイトマップ

|日刊 アジアのエネルギー最前線| |週刊 アフリカのエネルギー最前線 |
|週刊 中南米のエネルギー最前線| | 週刊 再生可能エネルギー最前線 | | 週刊 中東のエネルギー最前線 |
| 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version |

Since 1998 October
(本更新直前480,224, メルマガ配信数 999)




日刊 アジアのエネルギー最前線



大きな地図で見る


●ベトナムの電気料金,独占禁止法の設定が必要だ

ちょっと退屈な会話である。Le Dang Doanh, a senior economist に対して,電力問題を記者が質問している内容である。ちょっと質疑を追っかけてみる。政府は2009年までに,780百万ドル,電気料金を20%上げる計画を進めているが,まだ低く抑えられていて,高騰する燃料や物価を吸収できていない。

電気料金問題には3点あって,1点は,一度に20%上げるのは急すぎる,2点は,投資と需要家の間の料金の妥協点をどの様に探るか,3点は,どの様な電源で発電経済を安定させるか,大体電源は何か,長期的には,太陽光や風力も考えなければならないだろう。

ベトナムは水力が多く,中には既に償却期間が過ぎたものもあり,これらを考えると電気料金を抑えることが可能である。ただ,電気料金には柔軟な対応が必要で,小口需要家には優しく低料金で,また昼間のピークに対しては高い料金を設定するなど,の措置が必要だろう。ビジネスへの高料金は,彼等の技術改革を促すことになる。

また彼は,EVNの独占性に疑問を持っており,規制委員会の機能を十分に発揮させることが重要だと行っている。こうして記事を読んでみると,ベトナムの電力経済論は全く幼稚きわまりない。発電所を造るのはうまいが,制度設計など,インドやフィリッピンとは格段に差があることが分かる。そうかといって,フィリッピンやインドが,電力供給が円滑に行っているわけでもないところが,面白い。


Reference

Vietnam

●081007A Vietnam, english.vietnamnet
ベトナムの電気料金,独占禁止法の設定が必要だ
Electricity pricing: monopoly control law needed
http://english.vietnamnet.vn/biz/2008/10/807256/


カスタム検索

過去のニュース

●ADBが初めてベトナム水力支援 (081006)
●知的送電線ネットワークの発想へ (081005)

中国とインドのエネルギー問題 (081004)
インドの原子力開発加速へ (081003)
アジア大陸の水源はチベット高原 (081002)
インドの配電組織改革 (081001)
フィリッピンの再生可能エネへの取組 (080930)
インドの地球温暖化との戦い (080929)
サルウイーン河のダム開発 (080927)
メコン流域会議開催と中国 (080926)
インド,25年までに6千万KW水力開発 (080925)

お問い合わせまたはご意見は下記メールアドレスへ
PGA02435@nifty.com


「日刊アジアの開発問題」メールマガジン配信ご希望の方は下記いずれかより申し込んで下さい,無料です。

http://www.mag2.com/m/0000226907.html
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/12995.html
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/8660/p/1/

http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=010578
http://www.melma.com/backnumber_167974/

読者数 直接メール 257 合計 997人


海外出張直前重要サイト
通貨換算||時差||電話コード||フライト一覧||ホテル予約||各地気象||世界天気予報|| 海外安全情報|| 海外用品|海外医療||海外出張支援|| 海外赴任ナビ|| 成田へ|| 羽田へ|| 関空へ|| 伊丹へ|| ロンリプラネット|

| Livedoor | |@nifty| | Gmail | |Bangkok Post| |Manila Bulletin| |Jakarta Post| |Economic Times| |時事通信| |ZAKZAK|