日刊 アジアのエネルギー最前線

●081018C インドネシア,韓国ガス企業,LNG契約の延長を望む


Watch the latest videos on YouTube.com

サイトマップ HOME

|日刊 アジアのエネルギー最前線| |週刊 アフリカのエネルギー最前線 |
|週刊 中南米のエネルギー最前線| | 週刊 再生可能エネルギー最前線 | | 週刊 中東のエネルギー最前線 |
| 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version |

Since 1998 October
(本更新直前481,405, メルマガ配信数 1.016)




日刊 アジアのエネルギー最前線



大きな地図で見る


●インドネシア,韓国ガス企業,LNG契約の延長を望む

インドネシアは,原油生産の落ちに神経を使っている。天然ガスの生産は続くが,問題は国内消費の増加への対処である。特にLNGについては,日本と厳しい折衝が続いている。契約を減量の上,百万Btu当たり16ドルにも達する高値で交渉が進んでおり,ここまで上がってくると,電力用としては用をなさなくなるだろう。交渉は厳しい場面を迎えている。

インドネシアのプルノモ大臣(注18)は,韓国ガス企業コガス(注19)が,2014年及び2017年に期限切れとなるLNG契約を延長するよう申し込んできたことを明らかにした。プルノモ大臣(注18)は,韓国のリユンホー知識経済大臣(注20)との極秘会談の後,現状では,国内需要の伸びを考えると,如何なるコミットも出来ない,と言うことを示唆した。

コガス(注19)は現在,アルンとボンタンのLNG基地(注21)から毎年200万トンを輸入している。インドネシアは,ボンタンのLNG基地(注21)の能力を増やすため,シェブロン(注22)のカリマンタン沖深海油田(注23)の生産を2014年に開始する予定であるが,深海であるため高価な天延ガスになることを懸念している。

また,問題は日本と契約交渉中で,韓国に即答できない理由の一つ,と説明している。日本に対しては,現在の契約は年間600万トンであるが,2011年3月に期限切れとなる。延長は交渉中であるが,10年延長,最初の5年が3百万トン,最後の5年が200万トンとなる予定である。なお,韓国ガス企業コガス(注19)は,この7月にタングー基地(注24)から百万Btu当たり20ドル(注25)の高額の契約をしたばかりである。

プルノモ大臣(注18)はまさか百万Btu当たり20ドル以上,と言うわけではなかろうな。日本に対して16ドル,と言う報道が一時なされたことがある。タイは8ドルぐらいでガスを使っており,インドでは最近11ドルの値段が出て,衝撃が出ている。20ドルは,電力の燃料費に換算すると17セントになる。原油の下げがどの様にLNGに影響するのか,よく分からない。量と価格の両面から厳しさが増して行く。

(注) (18) Energy and Mineral Resources Ministry Purnomo Yusgiantoro,(19) Korea Gas Corp (Kogas),(20) Lee Youn Ho, South Korea's Minister of Knowledge Economy,(21) Arun and Bontang LNG plants,(22) Chevron Corp,(23) new deep-water fields off East Kalimantan,(24) Tangguh project,(25) US$20 per million British thermal units (mmbtu)

Reference

●081018C Indonesia, The Jakarta Post
韓国ガス企業,LNG契約の延長を望む
Kogas wants to extend LNG supply from RI
http://www.thejakartapost.com/news/2008/10/16/kogas-wants-extend-lng-supply-ri.html


カスタム検索

過去のニュース


インド北辺水力開発に反旗 (081017)
米国がインドへ原子力通商使節団 (081016)
フィリッピンの天然ガスと電気料金 (081015)
フィリッピンの長期エネルギー計画 (081014)
インドの大規模石炭火力計画 (081013)
ミャンマーの水力への外国投資 (081012)
ダム建設を巡るカシミール問題 (081011)
フィリッピンの国産エネルギーへの拘り (081010)
バングラデシュとミャンマーの関係 (081009)
バングラデシュのエネルギー長期見通し (081008)
中国政府のチベット開発政策 (081007)
●ADBが初めてベトナム水力支援 (081006)
●知的送電線ネットワークの発想へ (081005)

中国とインドのエネルギー問題 (081004)
インドの原子力開発加速へ (081003)
アジア大陸の水源はチベット高原 (081002)
インドの配電組織改革 (081001)
フィリッピンの再生可能エネへの取組 (080930)
インドの地球温暖化との戦い (080929)
サルウイーン河のダム開発 (080927)
メコン流域会議開催と中国 (080926)
インド,25年までに6千万KW水力開発 (080925)

お問い合わせまたはご意見は下記メールアドレスへ
PGA02435@nifty.com


「日刊アジアの開発問題」メールマガジン配信ご希望の方は下記いずれかより申し込んで下さい,無料です。

http://www.mag2.com/m/0000226907.html
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/12995.html
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/8660/p/1/

http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=010578
http://www.melma.com/backnumber_167974/

読者数 直接メール 258 合計 1,016人


海外出張直前重要サイト
通貨換算||時差||電話コード||フライト一覧||ホテル予約||各地気象||世界天気予報|| 海外安全情報|| 海外用品|海外医療||海外出張支援|| 海外赴任ナビ|| 成田へ|| 羽田へ|| 関空へ|| 伊丹へ|| ロンリプラネット|

| Livedoor | |@nifty| | Gmail | |Bangkok Post| |Manila Bulletin| |Jakarta Post| |Economic Times| |時事通信| |ZAKZAK|

https://www.blogger.com/start?hl=ja
http://translate.google.com/translate_t?hl=ja#
http://maps.google.com/maps?hl=ja&tab=wl
http://news.google.com/news?hl=ja&sa=N&tab=ln&q=
https://www.google.com/adsense/login3


サイトマップ HOME