日刊 アジアのエネルギー最前線

●081019C インド,イランからのガスパイプライン,中国へ方向転換


Watch the latest videos on YouTube.com

サイトマップ

|日刊 アジアのエネルギー最前線| |週刊 アフリカのエネルギー最前線 |
|週刊 中南米のエネルギー最前線| | 週刊 再生可能エネルギー最前線 | | 週刊 中東のエネルギー最前線 |
| 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version |

Since 1998 October
(本更新直前481,466, メルマガ配信数 1.016)




日刊 アジアのエネルギー最前線



大きな地図で見る


●インド,イランからのガスパイプライン,中国へ方向転換

これもインドとパキスタンの現実の動きと連動しているのであろうか。一向に進まないイランからのガスパイプラインについて,パキスタンがもう待てない,と言い始めた。この記事はインドのエコノミックタイムス(注15)に出た記事であるが,書かれたのはイスラマバード発である。それはタイミング的には,パキスタンのザルダリ大統領(注1)が,中国の湖錦濤や経済界トップと会談して帰国直後である。

パキスタンのクレシ外務大臣(注15)によると,イラン-パキスタン-インドガスパイプライン計画IPI(注16)は,ニューデリーの反応が遅れていることを考えれば,イラン-パキスタン-中国ガスパイプライン計画(注17)に形を変える可能性がある,と述べた。インドの参加は歓迎するが,パキスタンのエネルギー急迫で待っておれない。この会見は,ザルダリ大統領(注1)の中国からの帰国直後の会見である。

クレシ外務大臣(注15)によると,よしんば中国まで敷設できないとしても,中国は投資する可能性がある。中国は,パキスタンの国境付近の需要のためにガスパイプラインが必要の可能性がある,と。パキスタンは,インドとの話がなかなか進まないのを見て,この74億ドルのプロジェクトへの中国の参加を熱心に誘ったようであるが,中国は確答を与えていないようである。

ニューヨークで行われたパキスタンとイランの会談では,このパイプライン計画を,インドが乗り気でないならば,質を変えて,パキスタンとイランの二国間プロジェクトとすることで合意が出来ている。クレシ外務大臣(注15),このプロジェクトを早期に進めるために,テヘランを訪問する用意がある,と言っている。この話し合いは,イランのモタキ外相(注18)が,10月10日にイスラマバードを訪ねたとき,話し合われた。

私は,これはインドが,米国との原子力協力協定を優先させた結果だと思う。先日も出ていたが,米国は,中央アジからアフガニスタンを通過してインドに至るガスパイプラインを調整してもよい,と言ったことがある。これは勿論,インドのみならずパキスタンへの発した言葉だが,パキスタンは今や新大統領の下,中国を向いているから,この中央アジアからのエネルギーラインも難しくなってきている。さて,インドのガスはどうなるか。

(注) (1) Pakistan’s President Zardari,(15) Foreign Minister Shah Mahmood Qureshi,(16) Iran-Pakistan-India (IPI) gas pipeline project,(17) Iran-Pakistan-China project,(18) Iranian Foreign Minister Manouchehr Mottak,(19)

Reference

India

●081019C India, Economic Times
イランからのガスパイプライン,中国へ方向転換
IPI gas pipeline project can become IPC: Pak
http://economictimes.indiatimes.com/News/News_By_Industry/Energy/Oil__Gas/IPI_gas_pipeline_project_can_become_IPC_Pak/rssarticleshow/3612525.cms


カスタム検索

過去のニュース


パキスタン大統領の北京挑戦 (081018)
インド北辺水力開発に反旗 (081017)
米国がインドへ原子力通商使節団 (081016)
フィリッピンの天然ガスと電気料金 (081015)
フィリッピンの長期エネルギー計画 (081014)
インドの大規模石炭火力計画 (081013)
ミャンマーの水力への外国投資 (081012)
ダム建設を巡るカシミール問題 (081011)
フィリッピンの国産エネルギーへの拘り (081010)
バングラデシュとミャンマーの関係 (081009)
バングラデシュのエネルギー長期見通し (081008)
中国政府のチベット開発政策 (081007)
●ADBが初めてベトナム水力支援 (081006)
●知的送電線ネットワークの発想へ (081005)

中国とインドのエネルギー問題 (081004)
インドの原子力開発加速へ (081003)
アジア大陸の水源はチベット高原 (081002)
インドの配電組織改革 (081001)
フィリッピンの再生可能エネへの取組 (080930)
インドの地球温暖化との戦い (080929)
サルウイーン河のダム開発 (080927)
メコン流域会議開催と中国 (080926)
インド,25年までに6千万KW水力開発 (080925)

お問い合わせまたはご意見は下記メールアドレスへ
PGA02435@nifty.com


「日刊アジアの開発問題」メールマガジン配信ご希望の方は下記いずれかより申し込んで下さい,無料です。

http://www.mag2.com/m/0000226907.html
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/12995.html
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/8660/p/1/

http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=010578
http://www.melma.com/backnumber_167974/

読者数 直接メール 258 合計 1,016人


海外出張直前重要サイト
通貨換算||時差||電話コード||フライト一覧||ホテル予約||各地気象||世界天気予報|| 海外安全情報|| 海外用品|海外医療||海外出張支援|| 海外赴任ナビ|| 成田へ|| 羽田へ|| 関空へ|| 伊丹へ|| ロンリプラネット|

| Livedoor | |@nifty| | Gmail | |Bangkok Post| |Manila Bulletin| |Jakarta Post| |Economic Times| |時事通信| |ZAKZAK|

https://www.blogger.com/start?hl=ja
http://translate.google.com/translate_t?hl=ja#
http://maps.google.com/maps?hl=ja&tab=wl
http://news.google.com/news?hl=ja&sa=N&tab=ln&q=
https://www.google.com/adsense/login3