日刊 アジアのエネルギー最前線

●081019E パキスタンがダムに反対,再び昔の悪夢が蘇る


Watch the latest videos on YouTube.com

サイトマップ

|日刊 アジアのエネルギー最前線| |週刊 アフリカのエネルギー最前線 |
|週刊 中南米のエネルギー最前線| | 週刊 再生可能エネルギー最前線 | | 週刊 中東のエネルギー最前線 |
| 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version |

Since 1998 October
(本更新直前481,466, メルマガ配信数 1.016)




日刊 アジアのエネルギー最前線



大きな地図で見る


●パキスタンがダムに反対,再び昔の悪夢が蘇る

先日から動きが続くインドとパキスタンの水問題,10月初めにニューヨークで行われた国連総会に出席したパキスタンのザルダリ大統領(注1)はインドのシン首相(注2)を捉えて会談を行い,インダス川水系シェナブ川(注3)のインドのダム建設について,パキスタンの主張を伝えた。帰国したシン首相(注2)は,シェナブ川(注3)のバギリハールダム(注4)の竣工式に臨み,パキスタンとの和解のための名演説を行った。ザルダリ大統領(注1)は帰国後もインドの水の横暴を非難しながら,北京に飛んで中国の原子力協力を話し合った。

このような一連の両国の動きの中で,今日はこの悪夢のような両国の言い争いが,世界のメディアの声となってきた。これはインド側の声。シェナブ川(注3)の水力開発について,昔の水争いの悪夢がパキスタン側に起こっている。ニューヨークから帰ったザルダリ大統領(注1)は,すぐさま,インドは水条約を軽視してシェナブ川(注3)の水を思うように支配しようとしている,と軽蔑心が見え隠れする(注5)警戒心を露わにした。

シェナブ川(注3)のバギリハールダム(注4)に付いては,1960年のインダス水条約(注6)に沿ってパキスタンの要求通り,世界銀行が仲裁に当たり,設計の調整が行われたはずである。パキスタン側の意図は単なるバギリハールダム(注4)ではなくて,カシミール(注7)とシアチェン氷河地域’(注8)まで含んでの話で,その昔問題となったジャムカシミール(注9)のウラー/トルブル堰(注10)の難しい問題に帰ってきている。

パキスタンの学者ウィルシン(注11)によれば,両者とも1960年のインダス水条約(注6)には不満を持っている。パキスタン側の不満は三つ。一つは,水はとれるだけしかとれないという不満,二つは,国境河川三川(筆者注12)の分流は下流パキスタンへの環境上の苦痛を与えていること,,三つは,これは最悪であるが,インドの言う水の無消費の原則(注13)にパキスタンがどうしようもない苛立ちを与えていることである。

しかし,インドにとってははっきりしている。水力発電所は水を消費しないと言うことと,世界銀行が国境河川三川(筆者注12)に付いて,流れ込み方式の水力発電所建設は問題なし,としていることである。ヒマラヤの流砂の問題であるが,ダム技術が1960年代とは格段に違っている。自由越流部の調整や取水口の位置で調整可能である。議論はまだまだ続くだろう。

私は一般的に,国際河川では,技術サイドを巻き込んだ議論が不足して,政治的解決に走る過ぎる傾向があるように感じている。例えばメコン河では,上流の中国のダムは話し合えば上下流国でもっと便益のある方法があるし,チグリスユーフラテスは,国境の流量の決め方に問題がある,またこのインダスでは,インドのダムを下流に便益が出る方法で話し合うことが可能だ。

インダス川水系シェナブ川(注3)流域図
http://my.reset.jp/~adachihayao/08101901Chenab.jpg.htm

(注) (1) Pakistan’s President Zardari,(2) Prime Minister Manmohan Singh,(3) Chenab,(4) Baglihar dam,(5) a thinly-veiled warning,(6) the 1960 Indus Waters Treaty,(7) Kashmir,(8) Siachen (http://www.globalsecurity.org/military/world/war/images/siachen-map.gif),(9) J&K,(10) the Wullar barrage/Tulbul project,(11) Pakistan scholar Robert Wirsing,(12) Chenab, Jehrum,Sutlej,(13) ‘non-consumptive’ use,

Reference

India

●081019E India, timesofindia.indiatimes
パキスタンがダムに反対,再び昔の悪夢が蘇る
Discontent over Indus treaty
http://timesofindia.indiatimes.com/India/Discontent_over_Indus_treaty/articleshow/3613777.cms


カスタム検索

過去のニュース


パキスタン大統領の北京挑戦 (081018)
インド北辺水力開発に反旗 (081017)
米国がインドへ原子力通商使節団 (081016)
フィリッピンの天然ガスと電気料金 (081015)
フィリッピンの長期エネルギー計画 (081014)
インドの大規模石炭火力計画 (081013)
ミャンマーの水力への外国投資 (081012)
ダム建設を巡るカシミール問題 (081011)
フィリッピンの国産エネルギーへの拘り (081010)
バングラデシュとミャンマーの関係 (081009)
バングラデシュのエネルギー長期見通し (081008)
中国政府のチベット開発政策 (081007)
●ADBが初めてベトナム水力支援 (081006)
●知的送電線ネットワークの発想へ (081005)

中国とインドのエネルギー問題 (081004)
インドの原子力開発加速へ (081003)
アジア大陸の水源はチベット高原 (081002)
インドの配電組織改革 (081001)
フィリッピンの再生可能エネへの取組 (080930)
インドの地球温暖化との戦い (080929)
サルウイーン河のダム開発 (080927)
メコン流域会議開催と中国 (080926)
インド,25年までに6千万KW水力開発 (080925)

お問い合わせまたはご意見は下記メールアドレスへ
PGA02435@nifty.com


「日刊アジアの開発問題」メールマガジン配信ご希望の方は下記いずれかより申し込んで下さい,無料です。

http://www.mag2.com/m/0000226907.html
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/12995.html
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/8660/p/1/

http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=010578
http://www.melma.com/backnumber_167974/

読者数 直接メール 258 合計 1,016人


海外出張直前重要サイト
通貨換算||時差||電話コード||フライト一覧||ホテル予約||各地気象||世界天気予報|| 海外安全情報|| 海外用品|海外医療||海外出張支援|| 海外赴任ナビ|| 成田へ|| 羽田へ|| 関空へ|| 伊丹へ|| ロンリプラネット|

| Livedoor | |@nifty| | Gmail | |Bangkok Post| |Manila Bulletin| |Jakarta Post| |Economic Times| |時事通信| |ZAKZAK|

https://www.blogger.com/start?hl=ja
http://translate.google.com/translate_t?hl=ja#
http://maps.google.com/maps?hl=ja&tab=wl
http://news.google.com/news?hl=ja&sa=N&tab=ln&q=
https://www.google.com/adsense/login3