アジアのエネルギー最前線
Watch the latest videos on YouTube.com

| HOME | |サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | | プロジェクト位置図 |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| | アフリカのエネルギー最前線 | | 中央アジアのエネルギー最前線 |
| 中南米のエネルギー最前線 | | 再生可能エネルギー最前線 | | 中東のエネルギー最前線 | | 世界の地球温暖化最前線 |

Since 1998 October
(本更新直前485,080 ,メルマガ配信数 1.229)


ー 日刊アジアのエネルギー最前線 2008年11月18日分 ー パキスタンのダムになお異論 ー

バシャダムサイト 下記サイトより借用
http://www.nespak.com.pk/services/viewPic.asp?sector=2&id=2


オバマ次期米大統領の地球温暖化問題に関するビデオ演説が話題になっている。このHPのユーチューブにもまもなく出ると思われるが,「米国が精力的に交渉に参加し,国際協調の新しい時代へと世界を導いていくことを確約する。」,としている。彼のポイントは,「京都議定書に代わる2013年以降の新たな国際的枠組みの合意」,であって,京都議定書に参加とは一言も言っていない。

私も,地球温暖化の問題や再生可能エネルギー問題は,私の柄でもない,と思って無視してきたが,世界のエネルギーを論ずるときに,この二つから目をそむけては通れなくなってきた。そこで,温暖化(注23)と再生可能(注24)で,最新の世界の論調を紹介すべく,努力している。またコメントなど下さい。しかし私自身は,再生可能エネルギーで地球を救うのは無理で,原子力と水力で対応すべきと思ってはいる。

朝日新聞が,連載のコラムで,クリーンカーを取り上げているが,電気自動車と燃料電池車の大きな流れを解説している。バイオは論外としても,この二つの流れは,両方ともエネルギー源が別個に必要なことには触れようともしないので,少し不満である。プラグインカーなど電気自動車は必ず大規模な発電所が必要だし,燃料電池も水素を創り出すエネルギー源は,と聞かれると,発電所に行かねばならない。結局,地球温暖化対策は,発電所をクリーンにする必要から逃れられない。

原子力は,住民さへ納得してお金があれば何処でも出来るが,水力はそうは行かない。そういう意味で,残されたヒマラヤ近辺の大規模水力開発は,人類最後の戦い,と言ってきた。インドもさることながら,パキスタンの大規模水力も重要である。インダス(注7)上流,ディアマーバシャダム(注1)の着工決定については,本HPで,2008年10月20日(注19)で述べている。

2008年,今年の4月に,ドイツのラメイヤーの詳細設計が完成した記事がある。このインダス川の上流に建設される大規模なダム計画,バシャダイムラープロジェクト(注1)は,ダムの高さ281m,水没人口25,000人,資金調達を待たずに当時の大統領は着工を命令している。北京を訪れたザルダニ大統領が,中国の支援を取り付けてきたばかりである,と報告している。この着工決定に対する反対論の投稿である。

今日は,このザルダニ大統領の積極策に対して,反論が出ている。国家経済会議上級委員会ECNEC(注2)は,126億ドル,ディアマーバシャダム(注1)の,2016年完成に向けて,プロジェクトを発進させることを決定した。パキスタンは,タルベラダム(注3)の高さ485フィートの記録の上に,また新しい世界記録に挑戦する。それは世界最高のRCC(注4)ダムである。驚いたことに,パキスタン政府は,タルベラダム(注3)が,世界でもっとも厳しい事故を起こしたダムであることを忘れている(注5),としている。パキスタンも前途多難。

タルベラダム(注3)の悲劇については,私のHP(注21)に解説されている。その中,「そうして,8月21日の「魔の日」を迎えるわけである。このとき貯水池は既に99億トンの水を湛え,満水まで僅かに余すところ37億トンであった。8月22日,専門家グループの決断で,全水門を開いて湛水した水を放流することとし,貯水池が空になるまで3週間を要したが,この間下流住民にはダム決壊のデマが流れ,ブット首相自ら国民に訴えた場面もあった。」。


(注) (23) http://my.reset.jp/~adachihayao/iindex3newsCD.htm,(24) http://my.reset.jp/~adachihayao/iindex3newsRE.htm,(25)

(注) (1) Diamer-Bhasha Dam project,(2) Executive Committee of the National Economic Council ,(3) Tarbela Dam,(4) roller-compacted concrete dam,(5) World Bank Report No 4,(6) Bhasha,(7) Indus,(8) Pervez Musharraf,(9) Mr Musharraf’s Water Vision 2020,'10) WAPDA,(11) Wapda’s Vision 2025,(12) Anti-Thal Canal and Kalabagh Dam Action Committee,(13) ‘No further cut on the Indus’,(14) PPP,(15) water accord 1991,(16) Technical Committee on Water Resources by A.N.G,(17) Abbasi,,(18) Mangla reservoir,(19) http://my.reset.jp/~adachihayao/index081020A.htm,(20) http://my.reset.jp/~adachihayao/power.htm#power06,(21)

元へ戻る



本文

●パキスタン,議論の続いたバシャダムの進捗について

インダス(注7)上流,ディアマーバシャダム(注1)の着工決定については,本HPで,2008年10月20日(注19)で述べている。2008年,今年の4月に,ドイツのラメイヤーの詳細設計が完成した記事がある。このインダス川の上流に建設される大規模なダム計画,バシャダイムラープロジェクト(注1)は,ダムの高さ281m,水没人口25,000人,資金調達を待たずに当時の大統領は着工を命令している。北京を訪れたザルダニ大統領が,中国の支援を取り付けてきたばかりである,と報告している。この着工決定に対する反対論の投稿である。

国家経済会議上級委員会ECNEC(注2)は,126億ドル,ディアマーバシャダム(注1)の,2016年完成に向けて,プロジェクトを発進させることを決定した。パキスタンは,タルベラダム(注3)の高さ485フィートの記録の上に,また新しい世界記録に挑戦する。それは世界最高のRCC(注4)ダムである。驚いたことに,パキスタン政府は,タルベラダム(注3)が,世界でもっとも厳しい事故を起こしたダムであることを忘れている(注5)。

世界銀行の報告書は,バシャ(注6)ダムサイトが,インダス(注7)上流の狭い峡谷にあって不安定な地震地帯であり,安全上大きな問題がある,としている。パキスタンでのダムの議論は古いが,もっとも問題になったのは,ムシャラフ前大統領(注8)のとき,彼の軍事独裁政権が,インダス河(注7)の一連のダム建設を提案したときで,バシャ(注6)ダムについては,ムシャラフ前大統領(注8)の「2020年水資源構想」(注9)とWAPDA(注10)の「2025年開発構想」(注11)の二つの提案が議論のきっかけであった。

ムシャラフ前大統領(注8)は,関係者の説得のために地元に赴いたが,説得は失敗に終わっている。一方で,現政権の連立与党,PPP,ANP,PML(N),JUI(F)は,「カラバーダム反対委員会」(注12)のなのもと,反対運動を展開した。この16の政党などを巻き込んだ闘争は,ただ一つの命題,「これ以上インダスの水を減らさせない」(注13),に対してパキスタン史上最大規模の反対グループでった。

このとき反対運動を主導したPPP(注14)は,今や政権政党であるが,その政治原則と過去の約束を無視して,同じ悪名高き開発構想を採用してきた。貯水池の建設に際して最も重要なことは,1991年の水協定(注15)を基礎に,既得権益を重視し,信頼度の高い余裕のある水供給を行うことにある。これには,水の量の現実を確実に把握することが重要である。

今後の新規ダム建設に関しては,政府はANG報告書(注16)の主張を考慮すべきで,これは,将来の貯水池計画や灌漑計画に対する水の基本量,マングラダム(注18)の湛水及び運用計画,関連組織の役割,その他重要な事項について,包括的な提案を行っている。

過去のタルベラダム(注3)の事故については,私のHP(注21)に解説されている。その土木工事が完成し湛水を開始したのは,1974年7月である。順調に湛水していった7月中旬,右岸の4つのバイパスをテストするため通水試験が行われたが,7月27日,その第2トンネルに異常が起こった。これがパキスタン全土をパニックに陥れた事故の始まりである。

そうして,8月21日の「魔の日」を迎えるわけである。このとき貯水池は既に99億トンの水を湛え,満水まで僅かに余すところ37億トンであった。8月22日,専門家グループの決断で,全水門を開いて湛水した水を放流することとし,貯水池が空になるまで3週間を要したが,この間下流住民にはダム決壊のデマが流れ,ブット首相自ら国民に訴えた場面もあった。

水を抜いてみると,予想を超える大事故で,第2トンネルの取水口から70mに亘って落盤し,約50万立方mの土砂が下流に流れ出したのである。1974年9月27日から10月4日まで現地で世界の権威を集めて善後策が協議され,修復方法が論じられたが,この会議にはブット首相を始め各大臣が出席した。この修復に要する費用は5900万ドルと見積もられ,世銀を始め関係各国が負担した。1975年5月,再び湛水を開始し,8月7日にはもとの水位に復した。パキスタンのトラウマであろう。

(注) (1) Diamer-Bhasha Dam project,(2) Executive Committee of the National Economic Council ,(3) Tarbela Dam,(4) roller-compacted concrete dam,(5) World Bank Report No 4,(6) Bhasha,(7) Indus,(8) Pervez Musharraf,(9) Mr Musharraf’s Water Vision 2020,'10) WAPDA,(11) Wapda’s Vision 2025,(12) Anti-Thal Canal and Kalabagh Dam Action Committee,(13) ‘No further cut on the Indus’,(14) PPP,(15) water accord 1991,(16) Technical Committee on Water Resources by A.N.G,(17) Abbasi,,(18) Mangla reservoir,(19) http://my.reset.jp/~adachihayao/index081020A.htm,(20) http://my.reset.jp/~adachihayao/power.htm#power06,(21)


Reference

Pakistan

081118A Pakistan, thefrontierpost
議論の続いたバシャダムの進捗について
Bhasha dam controversy
http://www.thefrontierpost.com/News.aspx?ncat=le&nid=830




過去のニュース

●ミャンマーは更にダム開発加速 (081117)
●インド北東地域の送電線計画 (081116)
●メコン洪水で再び中国ダム論争 (081115)
●金融危機とインドの電源開発 (081114)
●カンボジアのNGO天国終焉 (081113)
●インドの電力プール市場 (081111)
●フィリッピンのマイクロ水力 (081109)
●カンボジアの多彩な水力開発 (081108)
●IEAが原油動向で報告書 (081107)
●インドの大規模火力に資金難 (081106)
●中国の石炭に下降傾向 (081105)
●タイ首相ナムグムの水を東北タイへ (081104)
●タイの原子力地点決定は2009年末 (081103)
●イランのパイプラインとインドの優柔不断 (081102)
●ミャンマーでの中国のプレゼンス (081101)
●ベトナム油田へのロシアの参入 (081031)
マニラ配電の先行き見通し (081030)
カンボジアなどへの中国の進出 (081029)
中国の水力開発規模は世界一 (081028
インドネシアの 電気料金上げ (081027)
中国企業がアザドカシミールにダム投資 (081026)
中国広西とベトナムを結ぶ線 (081025)
丸紅のフィリッピンへの取り組み (081024)
インドネシアと中国のLNG契約 (081023)
ラオスの水力で住民補償が再燃 (081022)
世界で50カ国以上が原子力発電を計画 (081021)
世界金融情勢の変化の影響 (081020)
インドとパキスタン対立の悪夢 (081019)
パキスタン大統領の北京挑戦 (081018)
インド北辺水力開発に反旗 (081017)
米国がインドへ原子力通商使節団 (081016)
フィリッピンの天然ガスと電気料金 (081015)
フィリッピンの長期エネルギー計画 (081014)
インドの大規模石炭火力計画 (081013)
ミャンマーの水力への外国投資 (081012)
ダム建設を巡るカシミール問題 (081011)
フィリッピンの国産エネルギーへの拘り (081010)
バングラデシュとミャンマーの関係 (081009)
バングラデシュのエネルギー長期見通し (081008)
中国政府のチベット開発政策 (081007)
●ADBが初めてベトナム水力支援 (081006)
●知的送電線ネットワークの発想へ (081005)

中国とインドのエネルギー問題 (081004)
インドの原子力開発加速へ (081003)
アジア大陸の水源はチベット高原 (081002)
インドの配電組織改革 (081001)
フィリッピンの再生可能エネへの取組 (080930)
インドの地球温暖化との戦い (080929)
サルウイーン河のダム開発 (080927)
メコン流域会議開催と中国 (080926)
インド,25年までに6千万KW水力開発 (080925)

元に戻る


アジアのエネルギー最前線 地図


大きな地図で見る

元に戻る

カスタム検索

メールマガジン配信ご希望の方は下記いずれかより申し込んで下さい,無料です。

【日刊 アジアのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000226907.html 196
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/12995.html 214
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/8660/p/1/ 221
http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=010578 45
http://www.melma.com/backnumber_167974/ 121

【週刊 アフリカのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000273675.html 36
http://kapu.biglobe.ne.jp/14528/index.html 7
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19799/p/1/ 6

【週刊 中南米のエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000273730.html 32
http://kapu.biglobe.ne.jp/14529/index.html 2
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19814/p/1/ 4

【週刊 中東のエネルギー最前線】
http://kapu.biglobe.ne.jp/14531/index.html 5
http://www.mag2.com/m/0000273808.html 23
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19836/p/1/ 7

【週刊 再生可能エネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000274231.html 42
http://kapu.biglobe.ne.jp/14551/index.html 5
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19956/p/1/ 3

【週刊 世界の地球温暖化最前線】
http://www.mag2.com/m/0000276643.html
http://kapu.biglobe.ne.jp/14611/index.html
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/20572/p/1/ 1
https://my.melma.com/basicinformationcomp/(発行申請中)

【週刊 中央アジアのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000277253.html
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/ (発行申請中)
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/20748/p/1/
http://my.melma.com/login/


読者数 直接メール 259 延べ 1,229人

元へ戻る


海外出張直前重要サイト
通貨換算||時差||電話コード||フライト一覧||ホテル予約||各地気象||世界天気予報|| 海外安全情報|| 海外用品|海外医療||海外出張支援|| 海外赴任ナビ|| 成田へ|| 羽田へ|| 関空へ|| 伊丹へ|| ロンリプラネット|

| 鈴木篁氏] | Livedoor | |@nifty| | Gmail | |Bangkok Post| |Manila Bulletin| |Jakarta Post| |Economic Times| |時事通信| |ZAKZAK|

○https://www.blogger.com/start?hl=ja ○http://www.google.com/intl/en/press/intl-zeitgeist.html ○http://translate.google.com/translate_t?hl=ja# ○http://maps.google.com/maps?hl=ja&tab=wl 城kmhttp://news.google.com/news?hl=ja&sa=N&tab=ln&q= ○https://www.google.com/adsense/login3 ○http://mail.google.com/mail/#inboxhttp://www.google.com/ig?hl=ja


| HOME | |サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | | プロジェクト位置図 |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| |週刊 アフリカのエネルギー最前線 | | 週刊 中央アジアのエネルギー最前線 |
|週刊 中南米のエネルギー最前線| | 週刊 再生可能エネルギー最前線 | | 週刊 中東のエネルギー最前線 |

お問い合わせまたはご意見は下記メールアドレスへ
PGA02435@nifty.com