アジアのエネルギー最前線
Watch the latest videos on YouTube.com

| HOME | |サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | | プロジェクト位置図 |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| | アフリカのエネルギー最前線 | | 中央アジアのエネルギー最前線 |
| 中南米のエネルギー最前線 | | 再生可能エネルギー最前線 | | 中東のエネルギー最前線 | | 世界の地球温暖化最前線 |

Since 1998 October
(本更新直前485,625 ,メルマガ配信数 1.229)


ー 日刊アジアのエネルギー最前線 2008年11月23日分 ー インドの2012年までの電源開発目標は,92,000MW ー

●インドの2012年までの電源開発目標は,92,000MW

インドの第11次五カ年計画(注29)の中の新規電源開発量が変更されている,と言う情報があったが,これが報道としては正式なものだ。従来の,新規電源,78,577MWも,まさしく絵に描いた餅,と言われ,電力大臣が何度も国会に呼び出されて,出来るわけがない,と追求されているのに,これを増やして,92,000MWにすると言う。言い分を聞いてみよう。

インド政府は,2007〜2012年の第11次五カ年計画(注29)で,国全体の需要の伸びに併せて,78,530MWの新規電源を開発する,として,途中でこれを,78,577MWに変更している。今回,再度これを修正し,92,000MWとすると発表した。この内訳は,水力が,16,553MW,火力が,58,644MW,原子力が,3,380MWである。電力セクターを調整するCEA(注30)によると,第11次五カ年計画(注29)分として,2009年8月までに,11,404MWが運転開始するという。その内訳は,火力,8472MW,水力,2,712MW,原子力,220MWである。

現時点に於ける全国の発電設備は,145,554MWで,92,892MWが火力,36,347MWが水力,4,120MWが原子力,11,194MWが再生可能エネルギーである。最初の五カ年計画の78,557MWのうち,10,760MWが民間資本,27,952MWが州政府,39865MWがCEA(注30),即ち中央機関,という計画であった。2008〜2009年の新規電源は,7,530MWと推定されていた。このうち,2,141MWは既に完成しており,残りの5,389MWは,2009年3月までに完成する。

現在工事中でこの財政年度末(2009年3月か)までに完成するプロジェクトは次の通り。NTPC(注31)のカハルガオン(注32)の500MW火力,トレント(注32)のグジャラート州(注33),スゲン(注34)の752MW火力,オークウエル(注35)によるアンデラプラデッシュ州(注36),コナシーマ(注37)の445MW火力,ガウタミ(注38)によるアンデラプラデッシュ州(注36)の464MW火力,原子力公団(注39)によるラジャスタン州(注41)の第5,6号機とカルナタカ州(注40)のカイガ(注42)の第4号機,各原子力である。

現在の世界金融危機も,プロジェクトの資金調達に影響を与えているが,インド政府は,資金調達を終えたものについては,政府保証を与える方向で検討しているが,上に示したプロジェクトは順調に進んでいる。常設連携委員会(注43)は,2012年までに完成する予定の35,000MWについて,最近,石炭供給連携を承認した。計画中の全部が完成した暁には,2012年に於ける全国設備は,237,554MWに達するはずである。

この92,000MW新規開発案は,意欲的なもので,2002〜2007年の第10次五カ年計画(注44)での実績の4倍で,この第10次五カ年計画(注44)で達成されなかった分は,2007〜2012年の第11次五カ年計画(注29)に引き継がれている。政府の,電力需給を満たす構想は,まさにインドの成長の重要な媒体となるだろう。この記事は,IIR(注44)によって書かれたものである。

随分国会で電力大臣が追及されていたが,国会も最近は,見守るしかない,ということなのか,静かである。実際,過去の実績の4倍の速度で電源を開発して行くことは,非常に難しい目標であることは,全人が分かっているはずだ。まだ,石炭火力の大気汚染も余り問題になっていないし,ダムの環境問題も,全体的には静かである。でもこの5年間のインド国民の意識は,ドラスティックに変わる可能性があるし,ADBが指摘しているように資金調達の問題があるし,それと機器製造能力の問題もある。また,米印原子力協定の結果は反映されていないだろう。

(注) (29) Eleventh Five-Year Plan (2007-12),(30) Central Electricity Authority,(31) NTPC, (32) Kahalgaon,(32) Torrent Power Limited,(33) Gujarat,(34) Sugen,(35) Oakwell Power Limited,(36) Andhra Pradesh,(37) Konaseema,(38) Gautami Power Private Limited,(39) Nuclear Power Corporation of India Limited,(40) Karnataka,(41) Rajasthan,(42) Kaiga,(43) Standing Linkage Committee of the Indian government,(44) Industrial Info Resources,(45)

Reference

India

●081122C India, pump-zone
インドの2012年までの電源開発目標は,92,000MW
India Targeting 92,000-MW Power Addition by 2012
http://www.pump-zone.com/global-news/global-news/india-targeting-92000-mw-power-addition-by-2012.html

元へ戻る






過去のニュース

●インドネシアの石炭探査投資を (081122)
●中国雲南省がコルカタへ調査団 (081119)
●パキスタンのダムになお異論 (081118)
●ミャンマーは更にダム開発加速 (081117)
●インド北東地域の送電線計画 (081116)
●メコン洪水で再び中国ダム論争 (081115)
●金融危機とインドの電源開発 (081114)
●カンボジアのNGO天国終焉 (081113)
●インドの電力プール市場 (081111)
●フィリッピンのマイクロ水力 (081109)
●カンボジアの多彩な水力開発 (081108)
●IEAが原油動向で報告書 (081107)
●インドの大規模火力に資金難 (081106)
●中国の石炭に下降傾向 (081105)
●タイ首相ナムグムの水を東北タイへ (081104)
●タイの原子力地点決定は2009年末 (081103)
●イランのパイプラインとインドの優柔不断 (081102)
●ミャンマーでの中国のプレゼンス (081101)
●ベトナム油田へのロシアの参入 (081031)
マニラ配電の先行き見通し (081030)
カンボジアなどへの中国の進出 (081029)
中国の水力開発規模は世界一 (081028
インドネシアの 電気料金上げ (081027)
中国企業がアザドカシミールにダム投資 (081026)
中国広西とベトナムを結ぶ線 (081025)
丸紅のフィリッピンへの取り組み (081024)
インドネシアと中国のLNG契約 (081023)
ラオスの水力で住民補償が再燃 (081022)
世界で50カ国以上が原子力発電を計画 (081021)
世界金融情勢の変化の影響 (081020)
インドとパキスタン対立の悪夢 (081019)
パキスタン大統領の北京挑戦 (081018)
インド北辺水力開発に反旗 (081017)
米国がインドへ原子力通商使節団 (081016)
フィリッピンの天然ガスと電気料金 (081015)
フィリッピンの長期エネルギー計画 (081014)
インドの大規模石炭火力計画 (081013)
ミャンマーの水力への外国投資 (081012)
ダム建設を巡るカシミール問題 (081011)
フィリッピンの国産エネルギーへの拘り (081010)
バングラデシュとミャンマーの関係 (081009)
バングラデシュのエネルギー長期見通し (081008)
中国政府のチベット開発政策 (081007)
●ADBが初めてベトナム水力支援 (081006)
●知的送電線ネットワークの発想へ (081005)

中国とインドのエネルギー問題 (081004)
インドの原子力開発加速へ (081003)
アジア大陸の水源はチベット高原 (081002)
インドの配電組織改革 (081001)
フィリッピンの再生可能エネへの取組 (080930)
インドの地球温暖化との戦い (080929)
サルウイーン河のダム開発 (080927)
メコン流域会議開催と中国 (080926)
インド,25年までに6千万KW水力開発 (080925)

元に戻る


アジアのエネルギー最前線 地図


大きな地図で見る

元に戻る

カスタム検索

メールマガジン配信ご希望の方は下記いずれかより申し込んで下さい,無料です。

【日刊 アジアのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000226907.html 196
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/12995.html 214
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/8660/p/1/ 221
http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=010578 45
http://www.melma.com/backnumber_167974/ 121

【週刊 アフリカのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000273675.html 36
http://kapu.biglobe.ne.jp/14528/index.html 7
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19799/p/1/ 6

【週刊 中南米のエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000273730.html 32
http://kapu.biglobe.ne.jp/14529/index.html 2
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19814/p/1/ 4

【週刊 中東のエネルギー最前線】
http://kapu.biglobe.ne.jp/14531/index.html 5
http://www.mag2.com/m/0000273808.html 23
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19836/p/1/ 7

【週刊 再生可能エネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000274231.html 42
http://kapu.biglobe.ne.jp/14551/index.html 5
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19956/p/1/ 3
http://my.melma.com/login/(発行申請中)

【週刊 世界の地球温暖化最前線】
http://www.mag2.com/m/0000276643.html
http://kapu.biglobe.ne.jp/14611/index.html
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/20572/p/1/ 1
http://www.melma.com/backnumber_177719/

【週刊 中央アジアのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000277253.html
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/ (発行申請中)
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/20748/p/1/
http://www.melma.com/backnumber_177671/

177719

読者数 直接メール 259 延べ 1,229人

元へ戻る


海外出張直前重要サイト
通貨換算||時差||電話コード||フライト一覧||ホテル予約||各地気象||世界天気予報|| 海外安全情報|| 海外用品|海外医療||海外出張支援|| 海外赴任ナビ|| 成田へ|| 羽田へ|| 関空へ|| 伊丹へ|| ロンリプラネット|

| 鈴木篁氏] | Livedoor | |@nifty| | Gmail | |Bangkok Post| |Manila Bulletin| |Jakarta Post| |Economic Times| |時事通信| |ZAKZAK|

○https://www.blogger.com/start?hl=ja ○http://www.google.com/intl/en/press/intl-zeitgeist.html ○http://translate.google.com/translate_t?hl=ja# ○http://maps.google.com/maps?hl=ja&tab=wl 城kmhttp://news.google.com/news?hl=ja&sa=N&tab=ln&q= ○https://www.google.com/adsense/login3 ○http://mail.google.com/mail/#inboxhttp://www.google.com/ig?hl=ja


| HOME | |サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | | プロジェクト位置図 |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| |週刊 アフリカのエネルギー最前線 | | 週刊 中央アジアのエネルギー最前線 |
|週刊 中南米のエネルギー最前線| | 週刊 再生可能エネルギー最前線 | | 週刊 中東のエネルギー最前線 |

お問い合わせまたはご意見は下記メールアドレスへ
PGA02435@nifty.com