アジアのエネルギー最前線
Watch the latest videos on YouTube.com

| HOME | |サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | | プロジェクト位置図 |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| | アフリカのエネルギー最前線 | | 中央アジアのエネルギー最前線 |
| 中南米のエネルギー最前線 | | 再生可能エネルギー最前線 | | 中東のエネルギー最前線 | | 世界の地球温暖化最前線 |

Since 1998 October
(本更新直前487,468 ,メルマガ配信数 1.229)


ー 日刊アジアのエネルギー最前線 081207B フィリッピン,送電公社,いよいよ10億ドル前払い,運営権委譲へー

●フィリッピン,送電公社,いよいよ10億ドル前払い,運営権委譲へ

サンホセ変電所

中国企業が落札してから,長い間,国会の承認で待たされた。フランチャイズと前納金の調達の問題であったのか。そもそも,電力改革の過程で,どうして送電公社の運営権を売りに出さなければならないのか,よく分からないが,どうも必要な送電線増強プロジェクトが資金難で進まず,y7ァ無を得ず,と言うことなのか。送電網を電力セクターの基幹と捉えるかどうか,私とは相当な感覚の違いがある。

国家送電公社TransCo(注17)の運営権入札で落札したコンソーシアムは,資産運用委譲のための前払い金10億ドルの資金調達について,融資側と合意したと報じられた。昨年,2007年,のPSALM(注18)の元での国家送電公社(注17)の入札を勝ち取ったのは,中国電網(注19)と地元企業モンオロ(注20)とカラカ(注21)のコンソーシアムで,委託期間25年,入札額9,500万ドルであった。

フランチャイズの問題については,証券市場PSE(注22)への届け出を,モンオロ(注20)の持ち株会社ブラウン(注23)が,フィリッピン国家送電網NGCP(注24)とすることで,アロヨ大統領(注25)も承認した。NGCP(注24)の記者会見では,融資機関の名前は明らかにされなかったが,取引文書に署名は終わっている,と発表されている。国有企業としてのフランチャイズ承認も,国会を通過している。

このNGCP(注24)が取得する事業権は,高圧送電網の,運転,運用,維持,建設,設置,財務,改善,拡張,補修及び修理を包含するものとされている。民営化の問題とは別にして,設備の拡張や高度化は,委託された側が,資金を出すことになる。元の送電公社のプロジェクトの中には懸案が多く,今回の委託によって,問題となっているビサヤ系統(注26)とミンダナオ系統(注27)で進展が期待されている。

私は,どうしてこういう基幹インフラを,外国企業に委託してしまうのか,よく分からないですね。資金がなくて送電網の拡大が出来ないから,うん江要件を与えてその稼ぎで拡張改良して貰う,と言う発想なのですかね。それなら国内の,それも民族資本に頼ればよいものを。でもその様な入札では,外国資本が受け付けないのか。日本の国鉄路線を中国の企業に運用して貰う,そんな感じなのに。

(注) (17) National Transmission Corporation,(18) Power Sector Assets and Liabilities Management Corporation,(19) State Grid of China,(20) Monte Oro Grid Resources,(21) Calaca High Power,(22) Philippine Stock Exchange,(23) Brown Company Inc,(24) National Grid Corporation of the Philippines,(25) President Gloria Macapagal Arroyo,(26) Visayas grid,(27) Mindanao grid,(28)

●インド,原子力開発を,民間資本へ解放へ

インドの原子力産業の将来,2008年11月13日付本HP(注28)には,「インドの原子力産業,米印協定で,一大ブームへ」,として,sひょうなや区割りを果たすであろうインドの民間企業の名前が出ている。また,昨日,2008年1月6日付本HP(注29)では,インドは,現在の原子力設備5,000MWを,2030年には20,000MWに増強する予定である,とし,オーストラリアと関わるウラニュームが話題になっている。

この土曜日,2008年12月6日,ニューデリーでは,科学技術省(注30)とインド商工会議所CII(注31)の共同主催になる,第14回技術サミット(注32)が開かれていた。期待して聞き入る内外のビジネス業界を前に,シバル科学技術大臣(注33)は,次のように切り出した,「一旦,現在交渉中のロシアや他の諸国との交渉が終われば,原子力セクターは,民間の参入を歓迎することになろう。」,と。

シバル科学技術大臣(注33)は続けて,今,インドが国際的立場で当面している問題は3つある。それは,金融経済危機,テロリズム,それに地球温暖化の問題である。そうして,再生可能エネルギーによる発電,農業の最適化,及び技術改革への動機付けの方法と求める,と要請した。また,海外企業に対しては,国内企業との合弁による積極的な参入を求めた。

(注) (28) http://my.reset.jp/~adachihayao/index081113.htm,(29) http://my.reset.jp/~adachihayao/index081206A.htm,(30) Department of Science and Technology,(31) Confederation of Indian Industry,(32) 14th Technology Summit and Technology Platform,(33) Science and Technology Minister Kapil Sibal,(34)

Reference

Philippines

●081207B Philippines, Manila Bulletin
送電公社,いよいよ10億ドル前払い,権限委譲へ
TransCo concessionaire readies $ 1.0-B upfront fee for turnover
http://www.mb.com.ph/BSNS20081207142952.html



元へ戻る






過去のニュース

●インドの電力が最高警戒レベル (081206)
●パキスタンがインドへ水補償要求 (081205)
●メコン事務局長が投稿立場説明 (081204)
●ベトナムの電力改革迷走か (081203)
●比のロペスが国産資源開発へシフト (081202)
●インド北部の水力二つ前進へ (081201)
●マニラのプール市場に混乱 (081130)
●タイEGATの海外進出への飛躍 (081129)
●世銀の大規模インフラに批判の声 (081128)
●フィリッピンの再生可能エネルギー再び (081127)
●ミャンマーのラシオへの思い (081126)
●インドのパイプラインへの挑戦 (081125)
●パキスタンの水問題深刻 (081124)
●ベトナムの開発に何か変化が (081123)
●インドネシアの石炭探査投資を (081122)
●中国雲南省がコルカタへ調査団 (081119)
●パキスタンのダムになお異論 (081118)
●ミャンマーは更にダム開発加速 (081117)
●インド北東地域の送電線計画 (081116)
●メコン洪水で再び中国ダム論争 (081115)
●金融危機とインドの電源開発 (081114)
●カンボジアのNGO天国終焉 (081113)
●インドの電力プール市場 (081111)
●フィリッピンのマイクロ水力 (081109)
●カンボジアの多彩な水力開発 (081108)
●IEAが原油動向で報告書 (081107)
●インドの大規模火力に資金難 (081106)
●中国の石炭に下降傾向 (081105)
●タイ首相ナムグムの水を東北タイへ (081104)
●タイの原子力地点決定は2009年末 (081103)
●イランのパイプラインとインドの優柔不断 (081102)
●ミャンマーでの中国のプレゼンス (081101)
●ベトナム油田へのロシアの参入 (081031)
マニラ配電の先行き見通し (081030)
カンボジアなどへの中国の進出 (081029)
中国の水力開発規模は世界一 (081028
インドネシアの 電気料金上げ (081027)
中国企業がアザドカシミールにダム投資 (081026)
中国広西とベトナムを結ぶ線 (081025)
丸紅のフィリッピンへの取り組み (081024)
インドネシアと中国のLNG契約 (081023)
ラオスの水力で住民補償が再燃 (081022)
世界で50カ国以上が原子力発電を計画 (081021)
世界金融情勢の変化の影響 (081020)
インドとパキスタン対立の悪夢 (081019)
パキスタン大統領の北京挑戦 (081018)
インド北辺水力開発に反旗 (081017)
米国がインドへ原子力通商使節団 (081016)
フィリッピンの天然ガスと電気料金 (081015)
フィリッピンの長期エネルギー計画 (081014)
インドの大規模石炭火力計画 (081013)
ミャンマーの水力への外国投資 (081012)
ダム建設を巡るカシミール問題 (081011)
フィリッピンの国産エネルギーへの拘り (081010)
バングラデシュとミャンマーの関係 (081009)
バングラデシュのエネルギー長期見通し (081008)
中国政府のチベット開発政策 (081007)
●ADBが初めてベトナム水力支援 (081006)
●知的送電線ネットワークの発想へ (081005)

中国とインドのエネルギー問題 (081004)
インドの原子力開発加速へ (081003)
アジア大陸の水源はチベット高原 (081002)
インドの配電組織改革 (081001)
フィリッピンの再生可能エネへの取組 (080930)
インドの地球温暖化との戦い (080929)
サルウイーン河のダム開発 (080927)
メコン流域会議開催と中国 (080926)
インド,25年までに6千万KW水力開発 (080925)

元に戻る


アジアのエネルギー最前線 地図


大きな地図で見る

元に戻る

カスタム検索

メールマガジン配信ご希望の方は下記いずれかより申し込んで下さい,無料です。

【日刊 アジアのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000226907.html 202
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/12995.html 222
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/8660/p/1/ 224
http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=010578 43
http://www.melma.com/backnumber_167974/ 123

【週刊 アフリカのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000273675.html 38
http://kapu.biglobe.ne.jp/14528/index.html 4
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19799/p/1/ 6
https://my.melma.com/basicinformationcomp/(申請中)

【週刊 中南米のエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000273730.html 38
http://kapu.biglobe.ne.jp/14529/index.html 4
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19814/p/1/ 4
https://my.melma.com/basicinformationcomp/(申請中)

【週刊 中東のエネルギー最前線】
http://kapu.biglobe.ne.jp/14531/index.html 5
http://www.mag2.com/m/0000273808.html 23
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19836/p/1/ 7

【週刊 再生可能エネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000274231.html 42
http://kapu.biglobe.ne.jp/14551/index.html 7
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19956/p/1/ 3
http://my.melma.com/login/(発行申請中)

【週刊 世界の地球温暖化最前線】
http://www.mag2.com/m/0000276643.html 27
http://kapu.biglobe.ne.jp/14611/index.html 3
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/20572/p/1/ 1
http://www.melma.com/backnumber_177719/ 15

【週刊 中央アジアのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000277253.html
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/ (発行申請中)
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/20748/p/1/
http://www.melma.com/backnumber_177671/ 11

177719

読者数 直接メール 259 延べ 1,229人

元へ戻る


海外出張直前重要サイト
通貨換算||時差||電話コード||フライト一覧||ホテル予約||各地気象||世界天気予報|| 海外安全情報|| 海外用品|海外医療||海外出張支援|| 海外赴任ナビ|| 成田へ|| 羽田へ|| 関空へ|| 伊丹へ|| ロンリプラネット|

| 鈴木篁氏] | Livedoor | |@nifty| | Gmail | |Bangkok Post| |Manila Bulletin| |Jakarta Post| |Economic Times| |時事通信| |ZAKZAK|

○https://www.blogger.com/start?hl=ja ○http://www.google.com/intl/en/press/intl-zeitgeist.html ○http://translate.google.com/translate_t?hl=ja# ○http://maps.google.com/maps?hl=ja&tab=wl 城kmhttp://news.google.com/news?hl=ja&sa=N&tab=ln&q= ○https://www.google.com/adsense/login3 ○http://mail.google.com/mail/#inboxhttp://www.google.com/ig?hl=ja


| HOME | |サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | | プロジェクト位置図 |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| |週刊 アフリカのエネルギー最前線 | | 週刊 中央アジアのエネルギー最前線 |
|週刊 中南米のエネルギー最前線| | 週刊 再生可能エネルギー最前線 | | 週刊 中東のエネルギー最前線 |

お問い合わせまたはご意見は下記メールアドレスへ
PGA02435@nifty.com