アジアのエネルギー最前線
Watch the latest videos on YouTube.com

| HOME | |サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | | プロジェクト位置図 |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| | アフリカのエネルギー最前線 | | 中央アジアのエネルギー最前線 | | オバマのエネルギー |
| 中南米のエネルギー最前線 | | 再生可能エネルギー最前線 | | 中東のエネルギー最前線 | | 世界の地球温暖化最前線 |

Since 1998 October
(本更新直前490,094 ,メルマガ配信数 1.229)


ー 日刊アジアのエネルギー最前線 081230C ー インドネシアの原子力に不安 ー

2008年12月30日分 ー インドネシアの原子力に不安 ー

ムリア半島の原子力完成予想 PLN

今から7時間ぐらい前の日経ネットのニュース,住友商事が100%出資するタンジュンジャティB石炭火力発電所を,2,000億円を投じて2012年までに,出力を2倍の2,640MWに引き上げる計画という。この地点の第一期工事は,当時混乱したIPPの発電所建設で,メガワティ大統領が住友商事に懇請して実現したもので,今日の記事を読むと,設備のリース,と言う形をとっているようだ。それでよいのかな。

インドネシア政府は,2020年にも,4,000MWの原子力発電所を運転開始する計画で頑張っている。東南アジア各国,今政治は混乱しているが,段階を踏んで進めようとしているタイ,それにベトナムなどと比較して,商業的な交渉を優先して進めているインドネシアである。今日の記事は,近隣諸国の新聞記者達のグループが,フランスに招待されて,その感想を記者の立場から書いたものだ。

フランスは全電力の75%近くが原子力発電で賄われている,原子力先進国だ。原子力メーカーのアレバは有名で,米国企業に先駆けてインドの原子力開発に先手を打っている。ここまで原子力に頼っている国に招待されて,記者達もその偉容に驚いたことだろう。所内を案内されるときに,物々しい防護服を着せられて,恐れを感じた,と書いている。

彼が書いた記事の最後は,次の言葉で結ばれている。「発電所を去るとき,私は複雑な気持ちであった。確かに原子力発電は一つの解決手段ではある。しかし,いろいろなインドネシアにおける災害を考えるとき,人間の侵す誤りについて,大きな危惧を感ぜざるを得ない。」,と。我々日本人も,今から38年前の1970年,初めて原子の灯で運営された大阪万博を知っている。未来の希望に満ちた時代であった。

新幹線も原子力発電所も,大事故もなくここまで来ていることを思うと,良かった,と思う反面,余りにもボーンヘッドが大事故を引き起こしていることに思いを致す。新幹線をあのような頻度で動かすなど日本人の得意技,と思っているのに,あの尼崎の福知山線のような,ボーンミスでしかも悲惨,美浜の配管の事故だって,設備としてはもっともプリミティブなところでミスを犯している。

大切な根幹には,確実な資源が注ぎ込まれているが,副次的な設備で手を抜いてしまうことに,大いに反省がある。原子炉は点検がしっかり行われているのに,配管は手が抜けていた。新幹線はしっかり管理されているが,ローカル線では思わぬ事故が起こってしまう。世界に技術を誇って歩いてきたのに,あのような事故が起こると,日本も一緒か,と思われるところが,ODAに携わっていて恥ずかしく思うところだ。


元へ戻る




本文


●原子力発電,フランスはいいが,インドネシアはどうか

原子力発電所でフランスに招かれたジャカルタポストの記者が,素朴な疑問を記事にしている。フランスは電力需要,489TWhの77.4%を原子力に依存している。インドネシアを含めた世界の国々で議論を巻き起こしているが,実際,いつ原子力は安全な手段になるのか,聞きたくなる。ペンリー原子力発電所のアンドレ所長(注25)に話を聞いて厳重な警戒の中,発電所に入ったとき,各国の記者は,脅えていた。

原子力発電所の放射能は一体どれほどのリスクがあるのか?中にはいるときには特別の装備をさせられたが,見学のリーダーは,完全に安全だ,と言っていた。インドネシア政府は,ムリア半島(注26)に,4機,4,000MWの原子力発電所を建設しようとしている。最初の工事開始は2010年初めと考えられている。工事費は70兆ルピアで,半島は火山の傍にあり,一般の反対運動が起きている。

原子力の専門家は,リヒタースケール7.0(注27)の地震にも安全だ,と言っている。フランスのペンリー発電所は,ノルマンディにあり1,300MWの出力で,これは58ある原子力のうちの単なる一つだ。隔離されたところにあり,周辺には人家はない。フランス政府は,原子力に対する信頼感を醸成しようと,多くの見学者を受け入れている。

フランスの原子力発電は,近隣諸国の輸出されている。その会社は,結局,原子力に対する一般の理解を得ることは難しく,しばらくは化石燃料に頼らざるを得ない,という見方をしている。発電所を去るとき,私は複雑な気持ちであった。確かに原子力発電は一つの解決手段ではある。しかし,いろいろなインドネシアにおける災害を考えるとき,人間の侵す誤りについて,大きな危惧を感ぜざるを得ない。

(注) (25) EDF's Penly nuclear power plant managing director Andre Van-Spaandonck,(26) Muria Peninsula, in Central Java,(27) 7.0 Richter scale earthquake,(28)

参考資料


インドネシア

●081230C Indonesia, The Jakarta Post
原子力発電,フランスはいいが,インドネシアはどうか
Nuclear power for France, but not RI
http://www.thejakartapost.com/news/2008/12/30/nuclear-power-france-not-ri.html



過去のニュース

●中国のエネルギー安全保障 (081229)
●中国の金沙江の開発進む (081228)
●インドがカシミールで水力推進決意 (081227)
●インド国家電網に世界銀行ローン (081226)
●インドのアルナチャルプラデシュの開発機運 (081225)
●中国2千キロの80万ボルト直流送電 (081224)
●中国がインドネシアのエネルギーに31億ドル (081223)
●インドのガスとLNGを巡る情勢 (081222)
●パキスタンの水力便益地元還元 (081221)
●フィリッピンの電気料金は民営化で下がるか (081220)
●インド北辺水力開発に変わった兆し (081219)
●フィリッピンの再生可能で産業界が沸き立つ (081218)
●フィリッピンが再生可能400万KW開発へ (081217)
●米国の知的送電網開発の気運 (081216)
●メコン委員会も気候変動戦争に参戦 (081215)
●インドが省エネ取引市場を計画 (081214)
●インダスのニールム川に火花散る (081213)
●中国の地方政府の開発志向は止まらない (081212)
●NGOが世界銀行は温暖化の元凶と (081211)
●原油価格下降の現状とこれからの動き (081210)
●中国の経済外交が国内巨大需要へ急旋回 (081209)
●パキスタンのバシャダムの資金不足 (081208)
●フィリッピンの送電網は中国へ (081207)
●インドの電力が最高警戒レベル (081206)
●パキスタンがインドへ水補償要求 (081205)
●メコン事務局長が投稿立場説明 (081204)
●ベトナムの電力改革迷走か (081203)
●比のロペスが国産資源開発へシフト (081202)
●インド北部の水力二つ前進へ (081201)
●マニラのプール市場に混乱 (081130)
●タイEGATの海外進出への飛躍 (081129)
●世銀の大規模インフラに批判の声 (081128)
●フィリッピンの再生可能エネルギー再び (081127)
●ミャンマーのラシオへの思い (081126)
●インドのパイプラインへの挑戦 (081125)
●パキスタンの水問題深刻 (081124)
●ベトナムの開発に何か変化が (081123)
●インドネシアの石炭探査投資を (081122)
●中国雲南省がコルカタへ調査団 (081119)
●パキスタンのダムになお異論 (081118)
●ミャンマーは更にダム開発加速 (081117)
●インド北東地域の送電線計画 (081116)
●メコン洪水で再び中国ダム論争 (081115)
●金融危機とインドの電源開発 (081114)
●カンボジアのNGO天国終焉 (081113)
●インドの電力プール市場 (081111)
●フィリッピンのマイクロ水力 (081109)
●カンボジアの多彩な水力開発 (081108)
●IEAが原油動向で報告書 (081107)
●インドの大規模火力に資金難 (081106)
●中国の石炭に下降傾向 (081105)
●タイ首相ナムグムの水を東北タイへ (081104)
●タイの原子力地点決定は2009年末 (081103)
●イランのパイプラインとインドの優柔不断 (081102)
●ミャンマーでの中国のプレゼンス (081101)
●ベトナム油田へのロシアの参入 (081031)
マニラ配電の先行き見通し (081030)
カンボジアなどへの中国の進出 (081029)
中国の水力開発規模は世界一 (081028
インドネシアの 電気料金上げ (081027)
中国企業がアザドカシミールにダム投資 (081026)
中国広西とベトナムを結ぶ線 (081025)
丸紅のフィリッピンへの取り組み (081024)
インドネシアと中国のLNG契約 (081023)
ラオスの水力で住民補償が再燃 (081022)
世界で50カ国以上が原子力発電を計画 (081021)
世界金融情勢の変化の影響 (081020)
インドとパキスタン対立の悪夢 (081019)
パキスタン大統領の北京挑戦 (081018)
インド北辺水力開発に反旗 (081017)
米国がインドへ原子力通商使節団 (081016)
フィリッピンの天然ガスと電気料金 (081015)
フィリッピンの長期エネルギー計画 (081014)
インドの大規模石炭火力計画 (081013)
ミャンマーの水力への外国投資 (081012)
ダム建設を巡るカシミール問題 (081011)
フィリッピンの国産エネルギーへの拘り (081010)
バングラデシュとミャンマーの関係 (081009)
バングラデシュのエネルギー長期見通し (081008)
中国政府のチベット開発政策 (081007)
●ADBが初めてベトナム水力支援 (081006)
●知的送電線ネットワークの発想へ (081005)

中国とインドのエネルギー問題 (081004)
インドの原子力開発加速へ (081003)
アジア大陸の水源はチベット高原 (081002)
インドの配電組織改革 (081001)
フィリッピンの再生可能エネへの取組 (080930)
インドの地球温暖化との戦い (080929)
サルウイーン河のダム開発 (080927)
メコン流域会議開催と中国 (080926)
インド,25年までに6千万KW水力開発 (080925)

元に戻る


アジアのエネルギー最前線 地図


大きな地図で見る

元に戻る


ウエブ全体検索

カスタム検索

本サイト内検索

カスタム検索

メールマガジン配信ご希望の方は下記いずれかより申し込んで下さい,無料です。

【日刊 アジアのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000226907.html 202
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/12995.html 222
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/8660/p/1/ 224
http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=010578 43
http://www.melma.com/backnumber_167974/ 123

【週刊 アフリカのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000273675.html 38
http://kapu.biglobe.ne.jp/14528/index.html 4
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19799/p/1/ 6
https://my.melma.com/basicinformationcomp/(申請中)

【週刊 中南米のエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000273730.html 38
http://kapu.biglobe.ne.jp/14529/index.html 4
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19814/p/1/ 4
https://my.melma.com/basicinformationcomp/(申請中)

【週刊 中東のエネルギー最前線】
http://kapu.biglobe.ne.jp/14531/index.html 5
http://www.mag2.com/m/0000273808.html 23
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19836/p/1/ 7

【週刊 再生可能エネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000274231.html 42
http://kapu.biglobe.ne.jp/14551/index.html 7
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19956/p/1/ 3
http://my.melma.com/login/(発行申請中)

【週刊 世界の地球温暖化最前線】
http://www.mag2.com/m/0000276643.html 27
http://kapu.biglobe.ne.jp/14611/index.html 3
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/20572/p/1/ 1
http://www.melma.com/backnumber_177719/ 15

【週刊 中央アジアのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000277253.html
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/ (発行申請中)
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/20748/p/1/
http://www.melma.com/backnumber_177671/ 11

177719

読者数 直接メール 259 延べ 1,229人

元へ戻る


海外出張直前重要サイト
通貨換算||時差||電話コード||フライト一覧||ホテル予約||各地気象||世界天気予報|| 海外安全情報|| 海外用品|海外医療||海外出張支援|| 海外赴任ナビ|| 成田へ|| 羽田へ|| 関空へ|| 伊丹へ|| ロンリプラネット|

| 鈴木篁氏] | Livedoor | |@nifty| | Gmail | |Bangkok Post| |Manila Bulletin| |Jakarta Post| |Economic Times| |時事通信| |ZAKZAK|

○https://www.blogger.com/start?hl=ja ○http://www.google.com/intl/en/press/intl-zeitgeist.html ○http://translate.google.com/translate_t?hl=ja# ○http://maps.google.com/maps?hl=ja&tab=wl 城kmhttp://news.google.com/news?hl=ja&sa=N&tab=ln&q= ○https://www.google.com/adsense/login3 ○http://mail.google.com/mail/#inboxhttp://www.google.com/ig?hl=jahttps://www.google.com/webmasters/tools/docs/ja/about.htmlhttps://www.google.com/webmasters/tools/summary?siteUrl=http%3A%2F%2Fmy.reset.jp%2F%7Eadachihayao%2F&hl=ja


| HOME | |サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | | プロジェクト位置図 |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| |週刊 アフリカのエネルギー最前線 | | 週刊 中央アジアのエネルギー最前線 | | オバマのエネルギー |
|週刊 中南米のエネルギー最前線| | 週刊 再生可能エネルギー最前線 | | 週刊 中東のエネルギー最前線 | | 世界の地球温暖化最前線 |

お問い合わせまたはご意見は下記メールアドレスへ
PGA02435@nifty.com