アジアのエネルギー最前線
Watch the latest videos on YouTube.com

| HOME | |サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | | プロジェクト位置図 |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| | アフリカのエネルギー最前線 | | 中央アジアのエネルギー最前線 | | オバマのエネルギー |
| 中南米のエネルギー最前線 | | 再生可能エネルギー最前線 | | 中東のエネルギー最前線 | | 世界の地球温暖化最前線 |

Since 1998 October
(本更新直前490,878 ,メルマガ配信数 1.229)


ー 日刊アジアのエネルギー最前線 090107B ー フィリッピンのエネルギー長官が回顧 ー

2009年1月7日分 ー フィリッピンのエネルギー長官が回顧 ー

マニラ湾に夕日沈む

「カーボンニュートラル」,と言う言葉がある。植物由来の油では,栽培と伐採の循環を通じて再生可能である,と言っており,植物の一生涯でみれば大気中の二酸化炭素(CO2)量を増やさないという考え方に基づく。フィリッピンは,アジア各国に先駆けて,バイオ燃料法(注43)を成立させて,自動車の燃料の10%を,ココナツバイオで走ることを義務づけている。再生可能を年間単位で捉えていいのか,と言うことが言いたい。

この,「カーボンニュートラル」,は世界で認められた原理だが,何となく怪しいなあ,と思う人はいませんか。折角苦労して取り込んだ温暖化ガスをまた排出するのだ,と言うことだから,問題はサイクルの時間で,今日温暖化ガスを吸い込んで明日出す,と言う場合と,炭焼きのように,数十年単位で吸い込んだものを吐きだしている。石油に至っては,何万年という単位で吸い込んだものを吐きだしている。時間の長さの違いだけ。

バイオ燃料を再生可能というならば,石油も再生可能だと言うことにはならないのか。この辺りは少し屁理屈としても,バイオ燃料を大々的にエネルギー源として使うことは,別の意味からも賛成できない,農業の圧迫とか,集積の困難とか。バイオをやっている人は,これからは我々の時代,と大張り切りだが,社会の隅っこでこそこそやるならともかく,日本全国の自動車をエタノールで,というような発想には賛成できない。

フィリッピンのエネルギー長官レイエス(注6)は,2009年は,フィリッピンにとって,まさに輝ける年だ,と言っている。2008年の実績,発電所の売却,再生可能エネルギー法の制定,バイオ燃料法の制定,電力取引市場の開設と運用実績,非常に良くやった,と大統領もほめているし,私も,結構新しい構想を持ち込んで,東南アジではユニーク,と言う感じである。唯一出来なかったのが,需要家へのオープンアクセスと電気料金。

一番大事なこと,目的が果たせていないのだが,フィリッピンを見てみて,以外だったのは,需要が余り伸びていなくて,供給力の余剰が現時点ではかなりある,と言うことである。ルソン系統が,4,000万人で,6,000MWと言うのは小さいし,以外に伸びていない,と言う点である。だから,エネルギー長官レイエス(注6)は,余裕を持ってその実績を誇ることが出来る。

フィリッピンの系統問題は,日本のJICAやコンサルタントも深く関係しているが,やはりこれまで需要の伸びをかなり高く見てきて,2010年には電力危機が訪れる,と言っているが,現状を見るとどうであろうか。彼等は真面目に省エネルギー活動もやっているので,ピークの伸びが抑えられてくる感じである。今のところ,新しい電源については彼等は関心がなく,ゼロサムゲームに打ち興じている。

結局,余裕がなければ何も出来ない,電力改革も出来ないし,再生可能エネルギーなどには手を出せないし,ましてや,電力取引市場の危ない綱渡りなど,もってのほかだ。アジアを見てください,インド,ベトナム,パキスタン,ネパール,また中国もそうだが,停電続きで国民生活や経済活動に大息な影響が出ている。フィリッピンを金持ちとは言わないが,電力改革,再生可能はお金持ちの道楽,と言ってしまうと,言い過ぎかな。

(注) (6) Energy Secretary Angelo Reyes,(7) President Gloria Macapagal-Arroyo,(8) Department of Energy (DoE),(9) National Power Corporation (Napocor),(10) Angat,(11) Navotas,(12) Palinpinon,(13) Tongonan,(14) Bacman,(15) Luzon grid,(16) Visayas grid,(17) National Transmission Corporation,(18) National Grid Corporation of the Philippines or NGCP,(19) barangays,(20) Wholesale Electricity Spot Market,(21) Power Summit 2009,(22) Energy Family and ERC Consultative Forum,(23) Renewable Energy Act of 2008,(24) RE (renewable energy) ,(25) Northwind Windpower Project,(26) Bangui Bay,(27) Bangui,(28) Ilocos Norte,(29) Isogoro,(30) Bugasong in Antique,(31) San Miguel in Catanduantes,(32) Caramoran,(33) Catanduanes (2 projects),(34) Impasagong,(35) Bukidnon,(36) Alternergy Philippine Holdings Corporation,(37) Caliraya,(38) Laguna,(39) Pililla,(40) Rizal,(41) Abra de Ilog,(42) Occidental Mindoro,(43) Biofuels Act,(44) Petroleum Service Contract (PSC),(45) Electric Power Industry Reform Act. Roundtable,(46)

本文


●フィリッピン,エネルギー省,NPC資産売却に自信

フィリッピン,エネルギー長官レイエス(注6)が,2008年の報告書をアロヨ大統領(注7)に提出,彼に言わせれば,輝かしき2008年の電力セクターの実績を誇り,将来への明るい見通しを語って見せた。私たちは,問題はこれからの2010,2011年の電源不足だと思うが。エネルギー省DOE(注8)は,全国電化率と電源資産の70%売却の目標を達成し,今後もNPC(注9)の残りの資産民営化に集中することになる。

エネルギー長官レイエス(注6)は,アロヨ大統領(注7)に報告書を提出して,2009年について,NPC(注9)の残りの資産,アンガット(注10),ナボタス(注11),パリンピノン(注12),トンゴナン(注13),バックマン(注14)各発電所の民営化を続ける,と語った。ルソン系統(注15)とビサヤス系統(注16)の資産売却は,73.2%に達している。送電公社(注17)の民営化は,395億ドルでNGCP(注18)が落札,進捗した。

NGCP(注18)による全国送電網の運用の法的権利は,2008年12月20日,アロヨ大統領(注7)の署名によって発効している。2008年は躍進したが,オープンアクセス70%の目標は達していない。地方電化については目標を超え,全国41,000のバランガイ(注19)の97.13%が電化したが,なお,1,205のバランガイ(注19)が未電化であると。この全電化目標は,アロヨ大統領(注7)の方針であると。

2009年には,更にDOE(注8)は,数百万世帯に対して,太陽光や風力のような再生可能エネルギーで,地方電化を進めて行きたい。また,経済特区での電気料金下げ,KWh当たり1.03ペソは実現した。また,電気料金が競争で決まるよう,WESM市場(注20)の運用の評価を行っており,透明性と競争性を上げるべく,構造や管理態勢を見守っている。ビサヤス系統(注16)も入れるなどWESM市場(注20)の拡大に取り組んでいる。

2009年は,国内電力サミット(注21)を,エネルギーフォーラム(注22)と銘打って開催する。2008年12月には,アロヨ大統領(注7)によって再生可能エネルギー法2008(注23)が署名され,歴史的な出来事で,電力の未来を再生可能エネルギー(注24)で,と世界中が見守っている。この法律は,その技術への投資を支援し,2013年には,再生可能エネルギー(注24)による電力を,倍増しようとするものである。地方電化もある。

2008年の画期的プロジェクトは,8MWの第2次風力発電プロジェクト(注25)で,バングイ湾(注26),バングイ(注27),イロコスノルテ(注28)で実施された。2008年8月26日に,風力設備は,33MWに達し,これは東南アジア最大である。民間による小水力開発は,イソゴロ(29),ブガソン(注30),サンミゲール(注31),カラモラン(注32),カタンドウアン(注33),インパサゴン(注34),ブキッドノン(注35)の他,15地点で進捗中。

同時に,APHC(注36)と風力について3つの契約が行われており,カリラヤ(注37),ラグナ(注38),ピリジャ(注39),リサール(注40),アブラデイログ(注41),オキシデンタルミンダナオ(注42)で調査が行われている。2008年の原油価格高騰を受けて,バイオ燃料法(注43)が成立して,DOE(注8)は代替燃料開発を積極的に進めている。

石油産業上流の油田開発について,2008年に5つの契約を行っている。8つのPSC(注44)の地域で弾性波探査資料などの整備を行っている。更に,4つの地熱発電,石炭生産も契約から実施に入っている。電力サミットでは,電気事業法を再検討するフォーラム(注45)が開かれる。エネルギー長官レイエス(注6)は,2009年は,フィリッピンにとって,まさに輝ける年だ,と言っている。

(注) (6) Energy Secretary Angelo Reyes,(7) President Gloria Macapagal-Arroyo,(8) Department of Energy (DoE),(9) National Power Corporation (Napocor),(10) Angat,(11) Navotas,(12) Palinpinon,(13) Tongonan,(14) Bacman,(15) Luzon grid,(16) Visayas grid,(17) National Transmission Corporation,(18) National Grid Corporation of the Philippines or NGCP,(19) barangays,(20) Wholesale Electricity Spot Market,(21) Power Summit 2009,(22) Energy Family and ERC Consultative Forum,(23) Renewable Energy Act of 2008,(24) RE (renewable energy) ,(25) Northwind Windpower Project,(26) Bangui Bay,(27) Bangui,(28) Ilocos Norte,(29) Isogoro,(30) Bugasong in Antique,(31) San Miguel in Catanduantes,(32) Caramoran,(33) Catanduanes (2 projects),(34) Impasagong,(35) Bukidnon,(36) Alternergy Philippine Holdings Corporation,(37) Caliraya,(38) Laguna,(39) Pililla,(40) Rizal,(41) Abra de Ilog,(42) Occidental Mindoro,(43) Biofuels Act,(44) Petroleum Service Contract (PSC),(45) Electric Power Industry Reform Act. Roundtable,(46)


参考資料


フィリッピン

●090106K Philippines, Manila Bulletin
フィリッピン,エネルギー省,NPC資産売却に自信
DoE confident of privatizing the remaining assets of Napocor this year
http://www.pna.gov.ph/index.php?idn=&nid=3&rid=179324



元へ戻る


過去のニュース

●インドネシアで新規電源が年内に (090106)
●ネパールの停電対策に新たな提言 (090104)
●パキスタンとイランの協力強化 (090103)
●カンボジアは中国企業に補償の義務 (090102)
●カンボジアの電気料金高止まりは続く (090101)
●インドのマハラシュトラの電源 (081231)
●インドネシアの原子力に不安 (081230)
●中国のエネルギー安全保障 (081229)
●中国の金沙江の開発進む (081228)
●インドがカシミールで水力推進決意 (081227)
●インド国家電網に世界銀行ローン (081226)
●インドのアルナチャルプラデシュの開発機運 (081225)
●中国2千キロの80万ボルト直流送電 (081224)
●中国がインドネシアのエネルギーに31億ドル (081223)
●インドのガスとLNGを巡る情勢 (081222)
●パキスタンの水力便益地元還元 (081221)
●フィリッピンの電気料金は民営化で下がるか (081220)
●インド北辺水力開発に変わった兆し (081219)
●フィリッピンの再生可能で産業界が沸き立つ (081218)
●フィリッピンが再生可能400万KW開発へ (081217)
●米国の知的送電網開発の気運 (081216)
●メコン委員会も気候変動戦争に参戦 (081215)
●インドが省エネ取引市場を計画 (081214)
●インダスのニールム川に火花散る (081213)
●中国の地方政府の開発志向は止まらない (081212)
●NGOが世界銀行は温暖化の元凶と (081211)
●原油価格下降の現状とこれからの動き (081210)
●中国の経済外交が国内巨大需要へ急旋回 (081209)
●パキスタンのバシャダムの資金不足 (081208)
●フィリッピンの送電網は中国へ (081207)
●インドの電力が最高警戒レベル (081206)
●パキスタンがインドへ水補償要求 (081205)
●メコン事務局長が投稿立場説明 (081204)
●ベトナムの電力改革迷走か (081203)
●比のロペスが国産資源開発へシフト (081202)
●インド北部の水力二つ前進へ (081201)
●マニラのプール市場に混乱 (081130)
●タイEGATの海外進出への飛躍 (081129)
●世銀の大規模インフラに批判の声 (081128)
●フィリッピンの再生可能エネルギー再び (081127)
●ミャンマーのラシオへの思い (081126)
●インドのパイプラインへの挑戦 (081125)
●パキスタンの水問題深刻 (081124)
●ベトナムの開発に何か変化が (081123)
●インドネシアの石炭探査投資を (081122)
●中国雲南省がコルカタへ調査団 (081119)
●パキスタンのダムになお異論 (081118)
●ミャンマーは更にダム開発加速 (081117)
●インド北東地域の送電線計画 (081116)
●メコン洪水で再び中国ダム論争 (081115)
●金融危機とインドの電源開発 (081114)
●カンボジアのNGO天国終焉 (081113)
●インドの電力プール市場 (081111)
●フィリッピンのマイクロ水力 (081109)
●カンボジアの多彩な水力開発 (081108)
●IEAが原油動向で報告書 (081107)
●インドの大規模火力に資金難 (081106)
●中国の石炭に下降傾向 (081105)
●タイ首相ナムグムの水を東北タイへ (081104)
●タイの原子力地点決定は2009年末 (081103)
●イランのパイプラインとインドの優柔不断 (081102)
●ミャンマーでの中国のプレゼンス (081101)
●ベトナム油田へのロシアの参入 (081031)
マニラ配電の先行き見通し (081030)
カンボジアなどへの中国の進出 (081029)
中国の水力開発規模は世界一 (081028
インドネシアの 電気料金上げ (081027)
中国企業がアザドカシミールにダム投資 (081026)
中国広西とベトナムを結ぶ線 (081025)
丸紅のフィリッピンへの取り組み (081024)
インドネシアと中国のLNG契約 (081023)
ラオスの水力で住民補償が再燃 (081022)
世界で50カ国以上が原子力発電を計画 (081021)
世界金融情勢の変化の影響 (081020)
インドとパキスタン対立の悪夢 (081019)
パキスタン大統領の北京挑戦 (081018)
インド北辺水力開発に反旗 (081017)
米国がインドへ原子力通商使節団 (081016)
フィリッピンの天然ガスと電気料金 (081015)
フィリッピンの長期エネルギー計画 (081014)
インドの大規模石炭火力計画 (081013)
ミャンマーの水力への外国投資 (081012)
ダム建設を巡るカシミール問題 (081011)
フィリッピンの国産エネルギーへの拘り (081010)
バングラデシュとミャンマーの関係 (081009)
バングラデシュのエネルギー長期見通し (081008)
中国政府のチベット開発政策 (081007)
●ADBが初めてベトナム水力支援 (081006)
●知的送電線ネットワークの発想へ (081005)

中国とインドのエネルギー問題 (081004)
インドの原子力開発加速へ (081003)
アジア大陸の水源はチベット高原 (081002)
インドの配電組織改革 (081001)
フィリッピンの再生可能エネへの取組 (080930)
インドの地球温暖化との戦い (080929)
サルウイーン河のダム開発 (080927)
メコン流域会議開催と中国 (080926)
インド,25年までに6千万KW水力開発 (080925)

元に戻る


アジアのエネルギー最前線 地図


大きな地図で見る

元に戻る


ウエブ全体検索

カスタム検索

本サイト内検索

カスタム検索

メールマガジン配信ご希望の方は下記いずれかより申し込んで下さい,無料です。

【日刊 アジアのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000226907.html 202
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/12995.html 222
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/8660/p/1/ 224
http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=010578 43
http://www.melma.com/backnumber_167974/ 123

【週刊 アフリカのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000273675.html 38
http://kapu.biglobe.ne.jp/14528/index.html 4
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19799/p/1/ 6
https://my.melma.com/basicinformationcomp/(申請中)

【週刊 中南米のエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000273730.html 38
http://kapu.biglobe.ne.jp/14529/index.html 4
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19814/p/1/ 4
https://my.melma.com/basicinformationcomp/(申請中)

【週刊 中東のエネルギー最前線】
http://kapu.biglobe.ne.jp/14531/index.html 5
http://www.mag2.com/m/0000273808.html 23
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19836/p/1/ 7

【週刊 再生可能エネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000274231.html 42
http://kapu.biglobe.ne.jp/14551/index.html 7
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/19956/p/1/ 3
http://my.melma.com/login/(発行申請中)

【週刊 世界の地球温暖化最前線】
http://www.mag2.com/m/0000276643.html 27
http://kapu.biglobe.ne.jp/14611/index.html 3
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/20572/p/1/ 1
http://www.melma.com/backnumber_177719/ 15

【週刊 中央アジアのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000277253.html
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/ (発行申請中)
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/20748/p/1/
http://www.melma.com/backnumber_177671/ 11

【不定期 オバマ政権のエネルギー最前線】
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/14713.html
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/8660/p/1/
http://www.melma.com/backnumber_167974/


読者数 直接メール 259 延べ 1,229人

元へ戻る


海外出張直前重要サイト
通貨換算||時差||電話コード||フライト一覧||ホテル予約||各地気象||世界天気予報|| 海外安全情報|| 海外用品|海外医療||海外出張支援|| 海外赴任ナビ|| 成田へ|| 羽田へ|| 関空へ|| 伊丹へ|| ロンリプラネット|

| 鈴木篁氏] | Livedoor | |@nifty| | Gmail | |Bangkok Post| |Manila Bulletin| |Jakarta Post| |Economic Times| |時事通信| |ZAKZAK|

○https://www.blogger.com/start?hl=ja ○http://www.google.com/intl/en/press/intl-zeitgeist.html ○http://translate.google.com/translate_t?hl=ja# ○http://maps.google.com/maps?hl=ja&tab=wl 城kmhttp://news.google.com/news?hl=ja&sa=N&tab=ln&q= ○https://www.google.com/adsense/login3 ○http://mail.google.com/mail/#inboxhttp://www.google.com/ig?hl=jahttps://www.google.com/webmasters/tools/docs/ja/about.htmlhttps://www.google.com/webmasters/tools/summary?siteUrl=http%3A%2F%2Fmy.reset.jp%2F%7Eadachihayao%2F&hl=ja


| HOME | |サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | | プロジェクト位置図 |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| |週刊 アフリカのエネルギー最前線 | | 週刊 中央アジアのエネルギー最前線 | | オバマのエネルギー |
|週刊 中南米のエネルギー最前線| | 週刊 再生可能エネルギー最前線 | | 週刊 中東のエネルギー最前線 | | 世界の地球温暖化最前線 |

お問い合わせまたはご意見は下記メールアドレスへ
PGA02435@nifty.com