日刊 アジアのエネルギー最前線
2010年3月18日
ー インドのジャムカシミールは包蔵水力20,000MWー

Since 1998 October
(本更新直前616,193, メルマガ配信数 1.487

サイト内検索



HOME 】 【自己紹介】 【サイトマップ
プロジェクト位置図
| English Version | | 過去ログ |
足立隼夫の主張】 【各国訪問写真記録
ショッピングリスト 】 【囲碁名人戦第35期
日刊 アジアのエネルギー最前線
原油価格, 石炭価格ガス価格メコン水位鉄鋼価格






Indonesia, Thailand, Philippines, Vietnam, Cambodia, Laos, Myanmar, Malaysia, China,
India, Pakistan, Nepal, Bhutan, Srilanka, Turkey, Morocco, Peru, Brazil
Nigeria, Ethiopia, Ghana, Angola, Tanzania, Syria
Rakuten, Amazon Japan, Amazon English, Access, Webmaster, dti, au, Youtube
Bangkok Post, Manila Bulletin, Jakarta Post, Economic Times, Xinhua, Yunnan,
New Light of Myanmar, Vientiane Times, Vietnam Net, KPL, Phnom Penh Post,
TheNews, NepaliNews, Kuensel, SrilankaDaily, Bangladesh
Zakzak, Nikkei, Google News, Energy Japan, Sankei, toyota
Southeast, India, China, Africa, South America
Twitter bitly, TwitterRank, Mtsui, Ottava, Gyao, igomeijin,
melonpanmag2kapu.biglobe.yahoomelmaE-maga, livedoornifty

| 通貨換算||時差||電話コード||フライト一覧||ホテル予約||各地気象||世界天気予報|
|
海外安全情報|| 海外用品|海外医療||海外出張支援|| 海外赴任ナビ|
|
成田へ|| 羽田へ|| 関空へ|| 伊丹へ|| ロンリプラネット| | 鈴木篁氏]










From YouTube
















From YouTube



Chenab: The River Of Romance Background
Song: Sun Vanjhli Di Mithri Taan Ve by Madam Noor Jahan (Heer Ranjha 1970)
The word Chenab is a formulation of the words Chen which means moon and
ab which means river. So literally it ...Russia and India strike nuclear deal

















India Jammu Kashimir





Bagilihar dam





元へ戻る

2010年3月18日 ー インドのジャムカシミールは包蔵水力20,000MW ー

今朝の朝日新聞は,国際協力銀行JBICの融資対象拡大,を大々的に報じた。趣旨は,原子力発電に限っていた先進国向けの融資の対象を,新幹線事業を視野に入れた鉄道事業に拡大すると共に,日本企業が強みを持つ原発や鉄道,水質処理,環境技術など社会資本関連の海外展開を支援する方針。「オールジャパン」で海外展開を後押しする考えで,JBICの機能強化もその一環,としている。

我々が注目するのは,仙谷由人国家戦略相が,JBICの機能強化の一環として,組織の見直しにも着手,JBICの分離・独立の検討に入る,としている点である。小泉内閣でJBICの解体に取りかかったときに,我々が心配したのは,まさに国益優先の国家の資源戦略の中で中核となるべき組織がなくなるのでは,と言う懸念であった。数年にして政府は,中国,韓国,更にはインドの動きを見て,やっとその重要性を認識した,と理解する。

また記事の中では,我々が主張してきた点,即ち,ベトナムなどの原子力開発にはメーカーだけの進出に任せるのではなく,立地,環境,関連インフラのレイアウト,なども含めた広範な分野を統合して進出すべき,との点も言及されている。日本で原子力を開発するときのグループと同じグループを組むべきであると。それは,電力との連携を意味しているが,私は更に,ジェネコンも重要な位置を占めるべき,と主張したい。

最近の我々の悩みは,計画すれども建設してくれる人がいない,と言う点である。計画する人がいて,資金があって,それでも発電所が出来ない,というのは,多くの人には納得できないと思うが,最近はそれが現実である。前原さんが,コンクリートから人へ,でジェネコンの海外進出を支援する,と口だけで言っているけれど,実際,発電所の建設を担当するジェネコンの役割が如何に大きいか,身に滲みている昨今である。

朝日の記事の中では更に,官民一体,という言葉を使って,最近話題の産業革新機構に匹敵する新会社の設立も検討している,としている。JBICの機能拡大の中で融資事業の他に,投資事業の積極化も盛られており,民間の基金と国の基金,この場合はJBICの資金を総合した資金の集中化を実現しようとしている点で,過去の財政投融資に替わる,国民の資産の積極的な活用も視野に入れて欲しい。

インドのジャムカシミールは,国境未確定地域で,インドが実行支配している。この地域はインダス河支流の,ジェルム川,シェナブ川などが入り込むインダス流域で,下流にはパキスタンの実効支配地区,アザドカシミールがあって,ダム計画が錯綜し,常にインドとパキスタンの間で,水紛争の起きている地域である。開発が先行する方に水の優先権がある,という原則論もあり,開発競争が激しい。

最近調査が行われたが,インドのジャムカシミールの包蔵水力は,20,000MWであり,そのうち,16,480MWは確認されたプロジェクトである。現在までに開発されたのは14%にあたる2,332MWである。この中には,最近完成した450MWのバギリハールダム(注),工事中または計画中の690MWサラール水力(注),480MWのウリ水力(注),390MWのドウルハスティ水力(注)などがある。

(注)(1) Baghliar HEP,(2) Salal Hydel Electric Project (690 MWs),(3) Uri HEP (480 MWs),(4) Dulhasti HEP (390 MWs).


パキスタンの今夏の電力事情は最悪で,2,500MWの新規投入を進めているが,全体の不足量は5000MWに達し,日3〜4時間の停電は避けられない。8つの新規火力と8つのレンタルの発電所を準備中である。インダス河の水も最低記録である。http://bit.ly/baWMU6

マレーシアのエネルギー相は,サラワクからの電力受電について国会で答え,天然ガスは出来るだけ節約して輸出による国家収入を増やしたい,2,400MWのバクンダムの送電の必要を強調した。また,1200KWのスリア太陽光発電にも触れた。http://bit.ly/bojLyI

インドが実効支配するジャムカシミールの電力事情は,2004年の1706MWから2009年の2120MWとこの4年間で400MW増加,450MWのバギリハール,2013年には需要は2600MWに。問題は送配電ロスで75%にも達している。http://bit.ly/amRfAL

パキスタンの報道によると,インドが進めるアザドカシミールの330MWキシャンガンガ水力の地下発電所工事の中で地滑りのため400世帯が移住を要請された。パキスタンは下流に969MWのニールムージェルム水力を推進中で,インドの暴挙に抗議すると。http://bit.ly/b3CQDU

エチオピアはギルゲルギベ水力のトンネル崩壊で電力危機に立っているが中国の葛州覇集団が,新たに245MWのゲナール水力の開発に同意した。事業費は408百万ドル,場所は,オロミアとソマリ両地区の境界上。現在需要は1200MW,供給は1000MWの状態。http://bit.ly/bwvr8v

ラオスの1,070MWのナムトウン2水力が,遂に水曜日から商業運転を開始した。ラオス政府は25年間は資本配分に従って総額20億ドルが歳入となる,6,000人が水没したが,歳入分は貧困救済に充当する,と政府は明言している。ハノイ発信。http://bit.ly/beQMYh

インド政府は中国に対抗して2540億ドルの外貨資産を活かし,国家開発基金,ソブリンファンド,の設立を計画している。ONGCは大歓迎の意思表示をしたが,額など未定。中国は2兆4000億ドルの外貨資産で,3000億の国家基金を持って海外の資源開発を行っている。http://bit.ly/chnLfY

ベトナムは電力不足が厳しい。渇水と熱波襲来による需要の異常な増大である。経済成長に対する電力需要の弾性値は2程度であるが,最近は2.4から3にまで達している。ホアビン貯水池への流入量は平均の70%であり,EVNは燃料費の高いガスや石油で懸命に対応。http://bit.ly/c9G4yI

パキスタンのザルダリ大統領が米国政府に対して,原子力平和利用で支援を要請,真にパキスタンの安定を願うなら,原子力発電所の建設に頼らざるを得ない。日18時間停電という窮状は,渇水続きの水力発電所では救えない。水問題も一挙に解決できると,必死の訴え。http://bit.ly/cuuJ7x


Other world energy news today

○100317A Pakistan, thenews.com.pk
パキスタンの今夏の電力事情は最悪で日4時間の停電
Massive loadshedding feared in summer
http://bit.ly/baWMU6
Pakistan is all set to face the worst ever power shortfall in summer, particularly in hot months even if 2,500 Megawatt (MW) projects in the pipeline do materialised, The News has learnt. “The load-shedding is expected to be two to four hours longer than previous year’s eight to ten hours daily in June, July and August 2010,” reveals an official source at water and power ministry here on Tuesday.

○100317B Malaysia, brudirect.com
マレーシアのエネルギー相が2400MWバクンは必要と
Minister Defends Plan To Import Sarawak Power
http://bit.ly/bojLyI
The Minister of Energy in the Prime Minister's Office, YB Pehin Orang Kaya Seri Dewa Major General (R) Dato Seri Pahlawan Awg Hj Mohammad, said the country would gain more revenue by selling its gas abroad rather than generating local power supply. He was responding to a query made by YB Awg Hj Sulaiman bin Hj Ahai on the reason behind the plan to import energy from Sarawak's Bakun hydroelectric dam.

○100317C India, greaterkashmir.com
インドのJ&Kはこの4年間で400MWの増加となった
In 4 yrs JK’s power demand up by 400 MWs
http://bit.ly/amRfAL
The power demand in Jammu and Kashmir has shot up from 1706 MWs in 2004-05 to 2120 MWs in 2008-09 registering an increase of around 400 MWs with the Government clambering to bridge the mounting gap between demand and supply of energy. “The projected increase in the power demand of Jammu and Kashmir has increased from 1706 MWs (96401 MUs) during 2004-05 to 2120 MWs (14750 MUs) during 2008-2009”, says

○100317D Pakistan, kashmirwatch.com
パキスタン発アザドカシミールのインドプロジェクトで移住命令
IHK Gurez families being relocated
http://bit.ly/b3CQDU
At least 400 Kashmiri families in the Gurez valley in India-held Kashmir are being relocated to some other 'safer' sites to avoid expected landslides damages to them. Gurez is adjacent to the upper parts of the Azad Kashmir Neelum valley. It is in the Gurez zone that India is busy building underground much controversial Kishanganga dam at Kangerwarah site.

○100317E Ethiopia, ezega.com
エチオピアは中国企業と245MWゲナール3水力開発で合意
Chinese Company to Build New Power Station in Ethiopia
http://bit.ly/bwvr8v
The Ethiopian Electric Power Corporation (EEPCo) signed contract with Gezhouba Group Company (CGGC), a Chinese company, for the construction of Genale Dawa 3 Hydropower Project, reports Capital. Genale is located on the border between Oromia and Somali regional states. The power station is projected to generate 254 MW of electricity and will cost US$408 Million to build.

○100317F Laos, mysinchew.com
ラオスの1070MWナムトウン2水力が遂に商業運転開始
Laos's largest power plant begins operation
http://bit.ly/beQMYh
The largest infrastructure project in Laos, the Nam Theun 2 hydropower facility, has started commercial operations, the power company said Wednesday. Four turbines on Monday began supplying the Electricity Generating Authority of Thailand with Nam Theun 2 hydropower facility 1,000 megawatts of power, Nam Theun 2 Power Company (NTPC) said in a statement. Sales of electricity to the Laotian state utility,

○100317G India, businessweek.com
インドは資源開発のためソブリンファンド設立を意図
India Said to Propose Sovereign Fund for Oil Assets
http://bit.ly/chnLfY
India, with $254 billion of foreign-exchange reserves, may create a sovereign wealth fund to help state companies compete for overseas energy assets with China, a government official said. The oil ministry has formally asked the finance ministry to set up a fund using a part of the reserves, the official said, declining to be identified because a decision hasn’t been reached. The size of the fund is yet to be determined, he said.

○100317H Vietnam, english.vovnews.vn
ベトナムは渇水と熱波による需要増大で電力危機が厳しい
EVN faces power shortages
http://bit.ly/c9G4yI
Unusual weather, including early and prolonged drought plus more heat waves, has placed intense pressure on the Electricity of Vietnam (EVN) group to mobilise different resources and ensure a sufficient supply for production and domestic use. EVN Deputy Director General Dang Hoang An says electricity consumption in the past two months increased dramatically compared to the same period last year. Statistics show that

○100318A Pakistan, thenews.com.pk
パキスタンのザルダリ大統領が米国に原発建設支援を要請
Nuclear needs
http://bit.ly/cuuJ7x
As the country is engulfed once again by a wave of power cuts that are leaving some parts bereft of electricity for up to eighteen hours a day, President Asif Ali Zardari has called for the US to help us with the development of civilian nuclear technologies. Of all the myriad crises that we face it is that in the power sector (which links to the problems with water) which is the greatest threat to our continued existence.


Japanese energy news today

○太陽光・風力発電:好機は永遠に続かない,補助金削減前に開発急ぐ
http://bit.ly/aezj1l
○中国、3月末に燃料価格をトン当たり200元値上げか=報道
http://bit.ly/cLoZNB
○中国,新エネルギー産業、水力と原子力発電は拡大期へ
http://bit.ly/b50CmZ

*************************************************************************************************
今日の原油価格 (crude oil price)今日の石炭価格 (coal price)今日の天然ガス価格 (natural gas price)
今日のメコン河水位 (Mekong Vientiane water level),***********************************************************************************************


2010年3月17日 ー インドの原子力開発はなお多難 ー

インドの原子力開発には,今や世界の注目が集まっている。それはまず第一に,日立,東芝,三菱重工など日本企業も含めた世界の原子力産業にとっての絶好の開発市場であること,第二に,気候変動問題で中国と並んでインドの石炭火力が元凶と目され原子力発電によって代替されると言う大義名分があること,第三に,米国などにとってインドは拡大する中国の覇権に対抗できる格好のパートナーであること,などだろう。

米印原子力協定受けたインドの原子力は,フランスからの燃料供給を受けて,50%程度の既設原子力の稼働率を挙げてきて,さて今後は何処まで原子力新規電源を伸ばしていけるのか,世界の大きな関心の的である。マンモハン・シン首相は,現在原子力施設,17基4,020MWに対して,2050年に,470,000MWの原子力発電設備とする旨,構想を語った。現在は,化石燃料依存が70%に対して,原子力は僅かに4%である。

1978年でインドの核実験により停止されていた国際的な原子力取引を,2008年の米印原子力協定によって,制裁が解除された。これを契機に,原子力供給国グループNSGとIAEAが,NNPTに署名していないインドを例外扱いすることで,方針を転換し,一挙に,米国,フランス,ロシアが,インドに於ける,核燃料供給も含めた,原子力商戦を繰り広げることになった。

一方,国内体制では,L&Tが,年間3,000〜4,000MWの建設が可能,と打ち上げてきた。NTPCも2017年運転開始で,2,000MWの原子力開発を計画している。国営重電メーカーのBHELも,1,600MWの原子炉の計画である。インドはもはや世界の原子力産業の最下層にいるわけではない。というのも世界の原発大手が,インドを重要な原発部品の製造拠点として発展させていくための計画を密かに固めてきた。

ただ,ここまですんなりとシナリオが進んできたわけではない。米印原子力協定前夜には,インド国会が二つに割れて米国と手を組むことに反対するグループは協定の破棄を迫り,シン首相は一時,職を投げ出す覚悟を決めた時期もあった。また国内法整備で,原子力発電所を民間の手に渡すことには問題があり,この解決にも時間を要した。しかし最大の問題は,今日の時点で問題化した免責事項の確認である。

ブルンバーグの報ずるところによると,「インド政府は米原発関連機器供給企業の賠償責任を免除する法案提出を見送った。日立製作所と米ゼネラル・エレクトリック(GE)の共同事業会社,GE日立ニュークリア・エナジーなどの事業参入は遅れる見通しとなった。」,と報じている。同様の記事はインド国内でも報じられ,2010年原子力被害民事責任法案は,一部議員の反対により提出が先送りされた。

また,今日の記事の中で,インドのマハラシュトラ州,ムンバイから350km西の海岸の村で,フランスのアレバが支援する10,000MW規模の原子力発電コンプレックスの建設が始まっているが,一部の漁民などが土地を手放したくないと,アラビア海に臨むこの風光明媚な土地に,なぜ発電所を造るのかと,反対運動が起きている。余り報じられない地元の抵抗である。

しかし,先週インドを訪問したロシアのプティン首相は,現在工事中のタミルナドウ州,クダンクラム原子力発電所の1,2号機に続き,3,4号機,更に5,6号機へ拡大することで合意した。航空母艦の売却も含めたロシアの巧妙な原子力商戦によって,米国が切り開いた道も,ロシアやフランスが先行する形だ。ベトナムで一敗地にまみれた日本企業は,インドでも苦境に立たされており,今後の成り行きが注目される。


パキスタンへの米国の援助について,約束した前ラファエル国務次官補が,改めて援助の実績を誇示。東京の友好国会議で約束した75億ドルのうち10億ドルは年内に支出される,既にタルベラダム修復など進行中。しかし中小ダムが中心で,バシャダムは入っていないと。http://bit.ly/akZmde

ブラジルの国営電力エレクトロバスは2010年に51億ドルを投資すると発表。その殆どの資金は,サントアントニオとジラウの大規模水力発電ダムとそれに関連する送電線,北のペトロベルホとサンパウロを連結,に費やされる。http://bit.ly/c1SWkj

フィリッピン,ミンダナオの電力危機は深刻で,島の電力を担当するMEPAは,目処がつくまで少なくとも1ヶ月はかかると。工場などに国家銀行が融資して発電機を購入させる計画も,機械が到着するまでに45日必要。米国,豪州,シンガポールに救いを求めている。http://bit.ly/c6E3PC

フィリッピンのルソン,246MWのアンガットダムの売却入札が4月に迫っているが,水道公社MWSSのアラド管理者は,水道が最優先であり,電力の観点から民間へ売却されるのは危険と。既にサンミゲール,ロペス,パンガリアングループなどが入札の構え。http://bit.ly/9hjKuh

インドネシア,スラウエシのドンギ-スノロLNGプラントのガスユシュで火花,JBICが撤退の意向を示してMEDCOが70%は海外へ,と発言したことで,政府のサレー石油相が,政府の方針は変わっていない,ガスは国内で使うと。http://bit.ly/auoLYD

インドネシアの国会のエネルギー委員長が,最早石油やガスの発電所を増やすわけにはいかない,原子力発電の開発にゴーサイン.カリマンタンには1000MW原発150年分のウランがあると。IAEAもOKを出している。バタンのNAEAは調査など準備にかかる。http://bit.ly/acL7Ha

インドで米印原子力協定発効のための事故時免責条項を盛り込んだ法案が2009年のインド国会で可決されたことについて,環境団体及び原発反対派などから,憲法に反していると反対の声が上がっている。補償の上限を50億ルピーは問題だと。これは米国の協力条件。http://bit.ly/cQjS6r

インドは先週デリーを訪問したロシアのプティン首相との間で,現在工事中のタミルナドウ州,クダンクラム原子力発電所の1,2号機に続き,3,4号機,更に5,6号機へ拡大することで合意したが,米国との免責条項問題でインド連立陣営に,揺らぎが生じている。http://bit.ly/duaReY

インドのマハラシュトラ州,ムンバイから350km西の海岸の村で,フランスのアレバが支援する10,000MW規模の原子力発電コンプレックスの建設が始まっているが,一部の漁民などが土地を手放したくないと,アラビア海に臨むこの風光明媚な土地に,なぜ発電所を造るのかと。http://bit.ly/b6hUhl

パキスタン国会が原油ガス探査の状況を質問,担当大臣が答えて曰く,2008年から59の井戸を掘削,22井で発見,18は査定中,4つで327万バレルの原油と4000億立方フィートのガスを発見,126井契約済み,現在国産は,66390BPD,国内で精製,http://bit.ly/aq53Fp


Other world energy news today

○100316A Pakistan, thenews.com.pk
パキスタンへの米国の支援75億ドルは進行中だがバシャダム対象外
$1bn FoDP pledge part of $7.5bn KLA: Robin Raphel
http://bit.ly/akZmde
As many as $1 billion pledged by the United States at the Friends of Democratic Pakistan conference in Tokyo last year is part of assistance that Pakistan would receive under the Kerry-Lugar Act (KLA). This was stated by Robin Raphel, a former US assistant secretary of state for South Asia and currently, the coordinator of civilian assistance for Pakistan, in Geo News programme ‘Aik say Do’. Under the Kerry Lugar Act,

○100316B Brazil, reuters.com
ブラジルのエレクトロバスは水力ダムなど10億ドルを2010年
Brazil's Eletrobras to invest $5.1 bln in 2010
http://bit.ly/c1SWkj
Brazilian state-owned power utility Eletrobras (ELET6.SA) will boost investment by about two-thirds this year mainly for the some of the largest hydropower dam and electricity transmission projects in the nation, the company's chief executive said on Monday. Eletrobras, Latin America's largest power holding utility, plans to increase investment to 9 billion reais ($5.1 billion) this year from 5.4 billion reais in 2009, CEO Jose Antonio

○100316C Philippines, bworldonline.com
フィリッピンのミンダナオの電力危機は少なくとも1ヶ月は続く
Electricity crisis relief expected in at least a month
http://bit.ly/c6E3PC
IT WOULD take at least a month before Mindanaoans could experience some relief from the power crisis gripping the island under a state-sponsored scheme to lease generator sets. Guido Alfredo A. Delgado, who represents the Mindanao Electric Power Alliance (MEPA), said the leased facilities are expected to be installed as early as the second week of April. He said MEPA -- a group of Mindanao-based business

○100316D Philippines, bworldonline.com
フィリッピンの246MWアンガットダムの売却でMWSSが懸念
MWSS: Hydropower plant sale may affect Metro water supply
http://bit.ly/9hjKuh
THE WATER utility regulator for Metro Manila yesterday raised concern that power generation has taken priority over domestic water use at the Angat dam, claiming problems could arise if the Angat hydroelectric plant is privatized next month. Diosdado M. Allado, Metropolitan Waterworks and Sewerage System (MWSS) administrator, said such “violations” may become more pronounced as a result of privatization.

○100316E Indonesia, tradingmarkets.com
インドネシア,スラウエシのドンギ-スノロLNGは国内消費と
JAKARTA DENIES ALLOWING EXPORT OF MOST GAS FROM DONGGI SENORO
http://bit.ly/auoLYD
The Indonesian government denied allowing the majority of gas from Donggi Senoro gas field in Central Sulawesi to be exported. The government has not changed its decision to use most of gas from Donggi-Senoro for domestic consumption, Energy and Mineral Resources Minister Darwin Zahedy Saleh said last weekend. Earlier last week Hilmi Paniforo, the chief commissioner of Medco Energi Internasional, a co-owner of the gas

○100316F Indonesia, antara.co.id
インドネシアの原子力開発に国会がゴーサイン
House okays nuke plants
http://bit.ly/acL7Ha
The House of Representatives (DPR) has given the green light to the government`s intention to go ahead with its plan to build nuclear power plants (PLTNs). Looking ahead, Indonesia could no longer rely on unrenewable energy sources such as gas and coal to generate electricity, chairman of the House Commission overseeing energy, technology and the environment Teuku Riefky Harsya said in a press statement on

○100316G India, expressbuzz.com
インドの米印原子力協定で事故免責条項の法が憲法違反と
Greens lambast Nuclear Bill
http://bit.ly/cQjS6r
Environmentalists and antinuclear activists say the Civil Liability for Nuclear Damage Bill (2009) which exempts foreign companies from legal liabilities in case of a nuclear accident and proposes a low cap of Rs 500 crores is unconstitutional and undermines public safety. “The Bill to be tabled in the parliament not only allows US companies to go scot free in case of a nuclear mishap but also uses Indian taxpayers money to pay

○100316H India, theenergycollective.com
インドはロシアと原子力拡大で合意したが米国の免責条項で問題
India expands Russian reactor deal
http://bit.ly/duaReY
India 'Roadmap' includes four more Russian reactors at Kudankulam . . . but ruling coalition withdraws bill to cap liability for U.S. firms after protests from left-wing parties, 15 March (NucNet): India has agreed a ‘roadmap’ for the construction of further nuclear power plants in the country in cooperation with Russia. Indian prime minister Manmohan Singh said on March 12 that the roadmap for additional nuclear plants was

○100316I India, news.bbc.co.uk
インドのムンバイの西の海岸でフランスの原子力に反対運動
Indian farmers battle against nuclear plant
http://bit.ly/b6hUhl
A robust people's movement against a major nuclear power project has built up in a cluster of small villages on India's picturesque Konkan coast. The BBC's Zubair Ahmed reports: Some 350km (220 miles) from India's commercial capital, Mumbai, lies the village of Madban overlooking the vast expanse of the Arabian Sea. It is in this village that a 10,000 megawatt nuclear power plant is proposed - and farmers and fishermen, backed

○100316J Pakistan, pakobserver.net
パキスタン国会で報告,22井戸で原油ガスを発見
22 oil, gas discoveries made, NA told
http://bit.ly/aq53Fp
Minister for Petroleum and Natural Resources Syed Naveed Qamar Monday informed National Assembly that a total 59 onshore and offshore exploration wells were drilled in the country from January 2008 onwards. Responding during the question hour session, he said, 22 oil and gas discoveries are made during the period. Out of these 18 are under appraisal, whereas four discoveries have been initially appraised having reserve


Japanese energy news today

○エジプト風力発電に円借款 389億円
http://bit.ly/b5EyyB
○日経社説,人ごとでない中国の成長のひずみ是正
http://bit.ly/aPOl1S
○グーグル中国撤退間近か 「間もなく発表」と広報
http://bit.ly/9sKZru
○中国,石炭産業,長期的には値上がりの可能性大
http://bit.ly/a1fhfd
○中国,「市場化石炭」と「計画化電力」の対立は発電不足
http://bit.ly/a2ywGG
○中国,石炭産業と電力産業、利益をめぐる「双方の言い分」
http://bit.ly/arPl5z
○インド原発関連法案先送り、一部議員が反対
http://bit.ly/aixGns
○中国,石炭輸送は需給緩和「生産量増加より輸送力増加分大
http://bit.ly/aUjvVa


*********************

私の最近のショッピングリスト

元へ戻る

○○超小型プロジェクター「Cinemin Swivel」http://bit.ly/bHmv5g
○スーツケース激安店FKIKAKU 【送料無料・保証付・超軽量タイプ・YKK使用】http://bit.ly/bXKNLu
旅行用品の大型ショップ旅の雑貨店
○ 「アジアの隼」 黒木亮 巨大プロジェクトの入札,圧倒的リアリティで描く国際経済小説,ベトナムなど
○ 「排出権商人」 黒木亮 中国の石炭CDM,ボンのCDM理事会,などが舞台,
○ 「ロロ・ジョングランの歌声」 松村美香,第1回城山三郎経済小説大賞(ダイヤモンド社主催),インドネシアのODAが舞台
○ 「国際協力専門員」 JICA 林俊行 技術と人々を結ぶファシリテ-タたちの軌跡
○ レッツノート 【今ならポイント5倍!】【Windows7搭載】【送料無料】パナソニックのメーカー公式直販サイト!...
○ GPS [送料無料]GARMIN ガーミン ベーシックGPS eTrex Venture HC (ベンチャーHC 日本語版) 63209

ロロ・ジョングランの歌声 / 松村美香
http://item.rakuten.co.jp/auc-subaru/4-478-00844-2/
ジャカルタ炎上(同じく松村美香氏の作品)
http://item.rakuten.co.jp/book/1528937/






元へ戻る



過去ログ

元へ戻る

過去のニュース

●インドの原子力開発はなお多難 (100317)
●メコン下流本流のダムは出来るのか (100316)
●タイはラオスからの買電交渉再開 (100314)
●日本の電力の海外進出を問われて (100310)
●中国の東南アジア進出で温度差 (100307)
●ミャンマーの3,500MWミトソネ水力進捗 (100305)
●カンボジアで中国のダム2つが着工 (100304)
●インドはブラマプトラ河中国分水の憶測消えず (100303)
●インドネシアの再生可能へ三井住友協力 (100301)

●スリランカの電力はまさに変革期 (100228)
●ベトナムの次期原子力に日本官民新会社 (100227)
●中国は石炭ガス化に本格的に取り組む (100226)
●フィリッピンの原子力に韓国企業など (100226)
●フィリッピンで電力危機で非常事態は否定 (100225)
●インドはガス火力を25,000MW開発へ (100223)
●インドネシアがカリマンタンとジャワを結ぶ (100220)
●マレーシアのサラワクの水力開発 (100219)
●タイはサルウイーンのハッチダム推進 (100218)
●ネパールの水力にマオイストの妨害 (100217)
●タイでのJパワーの活躍と地元問題 (100215)
●フィリッピンの電力供給責任はどこか (100214)
●ミャンマー東部国境で中国がダムで暗躍 (100212)
●ラオスのナムトウン2など年内発電開始 (100211)
●フィリッピンで東京電力など風力を検討 (100210)
●ラオスの地方電化にADBの資金が動く (100209)
●エチオピアの水力でトンネル事故 (100207)
●フィリッピンのマランパヤも30日間停止 (100205)
●タイの2010年のピークは23,000MWに (100204)
●フィリッピンの再生可能認定案件は206 (100203)
●インドの大規模計画をガス火力に拡大へ (100202)
●ベトナムの石炭火力に三菱など参入 (100201)

●フィリッピンのアンガットダム争奪戦 (100131)
●ネパールのウエストセティにADB参入 (100129)
●フィリッピンの需給不安定は未だ黄色信号 (100128)
フィリッピンのルソン系統で供給力不足 (100127)
●インドネシアの海上LNG受入基地 (100126)
●インドがブラマプトラ河で特別委員会設置 (100124)
●インドネシアの2次電源の資金調達進展 (100122)
●インドネシアのPLN民営化で動き (100121)
●インドのNTPCは2017年に70,000MWへ (100119)
●インドの大規模火力UMPPは企業3つまで (100118)
●インドネシアの石炭に国内配分義務 (100117)
●インドネシアの電源民間参入へ大統領令 (100115)
●カンボジアの386MW水力を中国企業が建設へ (100114)
●フィリッピンの再生可能エネルギーの実施細則 (100112)
●インドの連立与党が電源遅れを懸念 (100111)
●インドネシアのアサハン第3をJBIC支援 (100110)
●インドネシアのカリマンタンにUAEが52億ドル (100108)
●中国の海外進出への関係国の反動 (100107)
●ミャンマーが水力に民間開発を誘致 (100106)
●中国はLNG輸入拡大を推進 (100105)
●フィリッピンのルソンは2014年に電源不足 (100104)
●ミャンマーの設備は2,256MW (100102)
●中国海軍のインド洋でのプレゼンス (100101)

●フィリッピンのディドヨン水力を中国企業が建設 (091231)
●フィリッピンの小水力など追加認可へ (091229)
●日印原子力協力の行くへ不透明 (091228)
●カンボジアのプノンペン空港より深夜北京へ (091227)
●中国の石炭企業と発電企業の価格交渉難航 (091225)
●インドネシアが地熱で官民協力を提案 (091224)
●タイは高いガス依存を懸念している (091223)
●ミャンマーのパイプライン確保に習副主席走る (091222)
●途上国温暖化支援2020年時点年1,000億ドル (091220)
●中国の知的送電網の市場は6,000億ドル (091218)
●中国は冬季に向かい発電用石炭供給が深刻 (091217)
●インドネシアの10,000MWは2013年完成 (091216)
●ペルーの50億ドル水力をブラジルへ (091215)
●トルコの309MWエルマネック水力工事中 (091214)
●メコン上流のダム問題は中国は理解せず (091213)
●インドネシアの2次クラッシュプログラム76億ドル (091211)
●温暖化対策で原子力発電は重要な役割を果たす (091210)
●パプアの150億ドルのガスプロジェクト (091209)
●ミャンマーのアラカンで3水力が進行中 (091208)
●インドの今後はクリーン・コール技術にかかっている (091207)
●インドネシアの電力不足が現実に (091206)
●ガーナの400MWブイダムが中国により着工 (091204)
●中国の風力発電でCDMに赤信号 (091203)
●インドネシアの原油とLNG問題 (091202)
●中国のCDMプロジェクトは世界の46% (091201)

●インドは温暖化ガス削減目標でプレッシャー (091129)
●インドネシアはアジアからモスレム世界へ (091127)
●インドに何故石炭不足が起こるのか (091126)
●インドネシアの資源ナショナリズムを憂う (091124)
●ミャンマーのダムは中国によって着々と進捗 (091123)
●インドと米国の原子力協力で核拡散など問題 (091122)
●インドネシアの石炭の輸出は当分問題ない (091120)
●インドの国営重電がUHV変圧器で工場拡張 (091119)
●タイの原子力開発に中国企業が参入 (091118)
●中国のアフリカ進出に米国の牽制 (091117)
●ベトナムは紅河上流に更に1,200MWダム建設 (091115)
●ブラジルの大停電は送電系統のドミノ現象 (091113)
●ブータンの10,000MW水力にインドが苦慮 (091112)
●インドの電力は将来8〜9年で2,500億ドル (091110)
●ネパールの水力に中国企業が初めて参入 (091109)
●中国がウラン資源やアフリカ資源確保へ動く (091108)
●インドネシアのアラフラ海で海上LNG基地実現へ (091106)
●インドはブラマプトラのダム計画をまだ疑っている (091105)
●ベトナム中部のすさまじいダム建設 (091104)
●ミャンマーへの米国の政策転換 (091103)
●フィリッピンの国家石油が小水力の投資企業を求む (091102)
●フィリッピンの再生可能87プロジェクト承認 (091101)

●中国がコンゴからルワンダへ資源を求めて (091030)
●エチオピアの道路やダムの動きと天然ガス (091029)
●アンゴラの原油ガス資源の将来性大きい (091028)
●中国のアフリカ進出でナイジェリアは争点2分 (091027)
●中国のアフリカ資源などのシーレーン確保 (091025)
●インドと中国の紛争の中で温暖化は合意 (091022)
●中国のアンゴラを拠点としたアフリカ資源戦争 (091021)
●中国のシェールガスは重要な国内資源 (091020)
●フィリッピンの中小水力に資金援助が必要 (091019)
●中国のブラマプトラ河開発は510MWの流れ込み (091017)
●インドと中国がチベットの水力などで激しく対立 (091016)
●インドネシアは石炭輸出を年1.5億トンに制限 (091015)
●フィリッピンがエクソンと深海ボーリングへ (091014)
●ベトナムは石炭価格と電気料金の狭間で苦慮 (091012)
●インドは原油ガス資源で中国の後塵を拝している (091011)
●インドネシアのスンダ海峡にJICAが海底送電線 (091010)
●タイの原子力へ住民反対でEGAT戦略練り直し (091009)
●世界のLNG価格低迷でエクソンなど疲労気味 (091007)
●インドの石炭不足は深刻で海外炭に走る (091006)
●インドの原子力へ世界が総力を挙げて協力 (091005)
●メコンやインドで米国企業GEなどの動き (091003)
●インドネシアの原油ガス探査への取り組み (091002)

●インドと米国の原子力開発が順調に進捗 (090930)
●ベトナムの中部高原で220MWの水力が着工 (090929)
●中国の原子力の安全と風力発電の不安定の問題 (090928)
●インドと中国のG20宣言への反応は消極的 (090927)
●フィリッピンの電源1,000MWの推進を期待 (090926)
●中国の政府系ファンドが資源へ方針転換 (090925)
●インドネシアのガス資源と石炭事情 (090924)
●中国が南沙諸島共同開発を示唆 (090923)
●中国が気候変動に炭素強度で重要提案へ (090922)
●タイのEGATが2010年に停電の可能性 (090921)
●バングラデシュが2015年にも原子力発電 (090920)
●インドの石炭確認埋蔵量は2,574億トン (090919)
●ベトナムの原子力は日本と協力の可能性 (090918)
●ベトナムの紅河デルタの石炭は2000億トン (090917)
●パキスタンのコハラ水力を中国企業へ特命で混乱 (090916)
●フィリッピンの水力IPPA入札スタート (090915)
●インドの海外石炭は原料炭不足が始まり (090913)
●地球温暖化対策で燃え上がる原子力開発 (090912)
●中国国家石油は資源買収に300億ドル準備 (090911)
●中国やインドがなぜ海外石炭を買いまくるか (090910)
●インドネシアのクラッシュ・プログラムで20億ドル不足 (090909)
●パキスタンの7000MWブンジ水力は中国のBOT (090908)
●ネパールの水力でインドと中国がせめぎ合う (090907)
●インドの電力スポットは23セント近くまで上昇 (090906)
●中国は気候変動会議に向けて天然ガスへの投資 (090905)
●インドネシアで日本国石が海上LNG施設実現へ (090904)
●南沙諸島の原油埋蔵は2000億バレル (090903)
●インドネシアとネパールの資源ナショナリズム (090901)

●中国の石炭産業に転機が訪れるのか (090831)
●ベトナムのガスで米ロの企業が競う (090830)
●中国のパキスタン支援と資源獲得戦略 (090829)
●インドネシアが石炭火力の燃料準備に動く (090828)
●バングラデシュに対して中国が10億ドル提案 (090827)
●ミャンマーへの強硬姿勢に米国の変化の兆し (090826)
●ネパールとインドは水力開発推進で合意 (090825)
●パキスタンのバシャとブンジのダムが積極的な動き (090824)
●ベトナムは電気料金と石炭で矛盾を抱える (090823)
●インドネシアの第2次クラッシュ・プログラム発進へ (090822)
●タイは過度の天然ガス依存で懸念が広がる (090821)
●フィリッピンの知的送電網スマートグリッド構想 (090820)
●世界のLNG市場が価格と生産地で激動の時代に (090819)
●ミャンマーのサルウイーン河ダム開発を巡る外交戦 (090818)
●ネパールとインドの国境のパンチェスバール水力 (090816)
●中国の真珠の首飾り戦略と石炭市場の動き (090815)
●ラオスの北部ナムカンで中国が水力開発 (090814)
●インドネシアの資源ナショナリズムとドンギLNG (090813)
●インドのラメシュ環境相の気候変動との戦い (090812)
●スリランカの電力は中国の石炭火力で自信 (090811)
●パキスタンの7,100MWブンジ水力調査推進へ (090809)
●メコン河のダム建設にメコン委員会が調査へ (090808)
●ベトナムの原子力は企業選定の段階へ (090807)
●中国のNGOが金沙江のダムの再検討正式要請 (090806)
●ミャンマーのASEAN会議でタイが活躍 (090805)
●ベトナムの大規模火力と日本企業の活躍 (090803)
●パキスタンの電力と経済の悪循環 (090802)
●インドが南西岸にLNG基地建設へ (090801)

●ネパールが中国政府に10億ドル支援要請 (090731)
●メコン流域圏への米国の介入とタイの立場 (090730)
●タイのエネルギー大臣がASEAN閣僚会議へ (090729)
●フィリッピンのガスと今後の探査へ期待 (090728)
●スリランカの復興に各国の思惑が集まる (090726)
●中国のダム工事に於ける地滑り続発 (090725)
●ミャンマーのパイプラインにインドが資本参入 (090724)
●インドの大規模な原油ガス探査事業入札 (090723)
●中国のダム建設の速度が早やすぎないか (090722)
●カンボジアの発電所に残る深い懺悔の念 (090721)
●ネパールの水力はヤダブ大統領主導か (090720)
●フィリッピンの国産資源開発に膨大な資金 (090718)
●中国訪問のチュウ長官が気候変動で協議 (090717)
●インドの原子力開発とクリントン国務長官 (090715)
●インドネシアの電源開発状況とLNGなど (090714)
●パキスタンの電力不足に財界が反発 (090713)
●ベトナムのEVNの能力に国民の疑問符 (090712)
●インドの石炭への依存はまだ続く (090708)
●ミャンマーのアラカンで水力建設進む (090707)
●ブータンの水力10,000MWを2020年までに (090705)
●インドのシッキムの510MWティースタ第5水力が竣工式 (090703)
●ラオスの電源開発とメコン本流ダム (090702)
●スリランカの石炭火力が順調に推移 (090701)

●フィリッピンのルソンの電力需給は2015年までOK (090630)
●マレーシアは原子力開発で優位にあると (090628)
●タイはミャンマーの新規ガスの生産延期交渉 (090626)
●インドの原子力ボスがトリウム炉発言 (090625)
●ミャンマーの水力をバングラデシュ輸入の計画 (090624)
●インドネシアは原油ガスの国内需要確保に (090623)
●フィリッピンのビサヤス系統の将来電源 (090622)
●ベトナムのガスにシェブロンが40億ドル (090621)
●ベトナムで年末までに1,100MWが系統へ (090619)
●パキスタンの水問題など中国が支援へ (090618)
●メコンデルタの問題でベトナムから (090617)
●インドの北辺水力開発で環境保護の声 (090616)
●フィリッピンなどのLNGプロジェクトが原油高で活気 (090614)
●中国の金沙江水力開発で環境部が中止命令 (090612)
●中国はクリーンエネルギー経済へ舵を切った (090611)
●バングラデシュを救うのはガス探査とブータン水力 (090610)
●カンボジアのセサンでベトナムが水力開発 (090609)
●パキスタンはインド水問題で原爆を示唆 (090608)
●ネパールの政治混乱とインド企業の動き (090607)
●ベトナムの電力規制改革の乱れが問題 (090606)
●ミャンマーのガスと水力で中国が内戦懸念 (090605)
●パキスタンへの対応を誤った米国 (090603)
●メコン河委員会が本流ダム開発に介入 (090601)

●インドの新内閣の課題は電力改革と地方電化 (090531)
●メコン河電力サミットで本流開発議題に (090529)
●インドネシアの原油生産落ちで焦り (090528)
●中国は再び石炭生産の過重の兆し (090527)
●フィリッピンは再生可能エネルギー倍増を期待 (090526)
●インドの原子力でGE日立がL&Tと協力 (090525)
●中国のエネルギー政策に転換の兆し (090524)
●インドネシアの第2次電源開発は地熱重点 (090523)
●タイの国家石油の海外での活躍 (090522)
●フィリッピンの電気料金との戦い (090521)
●中国の黄河上流で最大の水力運転開始 (090520)
●インドとパキスタンの関係に重大関心 (090518)
●ラオスの水力など再び動く気配 (090517)
●フィリッピンの主要石炭火力がIPPA入札へ (090515)
●中国の水力開発のCDMにEUが異論 (090514)
●フィリッピンのアンガット水力買収劇始まる (090512)
●ベトナムの水力民間投資に政府保証 (090511)
●パキスタンはインドの姿勢に極めて不満 (090510)
●ネパール政変に脅えるインド企業 (090508)
●インドに迫り来る夏の電力不足 (090507)
●中国が新疆自治区でエネルギー開発強化 (090506)
●ネパールのマオイスト政権が倒れる (090504)
●フィリッピンも原子力発電を決断 (090502)
●日本政府がパキスタンの電力支援へ (090501)

●インドのリライアンスはイランをとるか米国をとるか (090430)
●中国の超高圧送電網UHVに注目集まる (090429)
●メコン流域開発で保健影響評価HIA導入提案 (090428)
●フィリッピンのマランパヤガス資源で料金問題 (090427)
●インドの4,000MWのササン火力が資金調達完了 (090424)
●中国の姜楡報道官の記者会見とスリランカ (090423)
●中国が長江に更に20のダムを計画 (090422)
●ネパール支援増大で中国がチベットなど条件 (090420)
●ベトナム北部での水力開発が続く (090418)
●インドの水力は技術者不足で遅れ (090416)
●パキスタンのダムへの支援を日本政府拒否 (090415)
●フィリッピンでノルウエーがアンガット水力を買収視野に (090414)
●パキスタンを中国の水力調査団が訪問 (090413)
●フィリッピンの資産売却はIPP水力へ波及 (090412)
●ミャンマー東部シャン州に不穏 (090411)
●インドのKGガスを電力へ配分を承認 (090409)
●中国の水力発電は2020年に3億KWへ (090408)
●インドネシアのPLNがIPP売電単価設定へ (090407)
●フィリッピンの電気料金のせめぎ合い (090406)
●インドの東部海域で更に天然ガスの発見 (090405)
●ミャンマーのアラカン州で水力着工 (090404)
●ラオスのメコン本流コーン滝開発と漁業 (090403)
●インドのリライアンスがKG流域ガスの生産開始 (090402)
●ミャンマーの北辺水力に中国が着手 (090401)

●カンボジアが2016年には電力輸出と (090331)
●インドのKG流域のガス生産開始へ (090330)
●インドのヒマチャルで775MWのルーリ水力着工へ (090329)
●知的送電網には情報安全対策が不可欠 (090328)
●本流ダム開発で母なるメコンは失われつつある (090327)
●ブータンで10水力10,000MW開発へ (090326)
●パキスタンとインドがインダス河で水論争 (090325)
●インドと米国の協力は原子力から太陽光 (090324)
●ミャンマーは35のダムプロジェクトを推進中 (090323)
●インドの東北地域の水力は中国分水に懸念 (093022)

●電気自動車は汚れた電力を使うのか (090321)
●インドを初めLNG価格下落の恩恵 (090320)
●インドネシアのLNGで日本が余剰船を欧州へ (090319)
●インドネシアの第2次の石炭火力の火力入札間近 (090317)
●インドの天然ガスにシーチェンジ (090316)
●米国エネルギー長官は石炭を捨てない (090315)
●中国が景気刺激で水力と風力で2,000MW開発 (090313)
●ネパールとドイツの水力開発協力 (090312)
●知的送電網でオバマ政権に呼応してソフト企業が動 (090311)
●カンボジアの小水力開発に思う (090310)
●インドの大規模石炭火力の資金の状況 (090309)
●スリランカの電力は水力と火力に転機 (090307)
●ベトナムの住民移住で国会が活躍 (090306)
●南アジアのエネルギー協力への道 (090305)
●ベトナムのオモンなどのガス火力開発 (090304)
●インドとネパールの国境で6,000MW水力が動き (090303)
●パキスタンが東京会議を控え51ダムの提案 (090302)
●フィリッピンの小水力開発に火がついた (090301)

●中国の2030年はグリーン経済を達成と (090228)
●フィリッピンの電力需要は下方修正か (090227)
●米国エネルギー長官が揚水発電開発主唱 (090226)
●インドネシア問題など中国資金の政策に異変が (090225)
●パキスタンのザルダリ大統領の孤独な中国訪問 (090224)
●中国の送電網先進技術が海外進出を狙う (090223)
●パキスタンのニールムジェルム水力着工 (090222)
●インドネシアの電源早期着工計画が資金難 (090221)
●ベトナムの電源開発の遅れはなぜ (090220)
●ネパールとインドが今後の開発計画で協議 (090219)
●ネパールのアッパータマコシ水力を456MWに (090218)
●インドネシアと日本のLNG契約減 (090217)
●ADBがブータンのダガチュ水力支援 (090215)
●>ベトナムのソンラ水力のダムに亀裂 (090214)
●インドネシアの中国ローンで利上げ要求 (090213)
●カンボジアで中国のダム着工 (090212)
●インドネシアのエネルギーに変革のとき (090211)
●インドのカシミールのダムに反対論 (090210)
●フィリッピンの石炭探査が始まるか (090209)
●ベトナムのソンラ水力の移住難航 (090208)
●中国は温暖化対策で先進国の義務強調 (090207)
●インドの副大統領がミャンマーへ (090206)
●中国の電力設備は792,000MW (090205)
●ミャンマーのアラカン州に鉄道建設 (090204)
●ラオスのナムグム第2水力順調に推移 (090203)
●インドの小水力包蔵は15,000MW (090202)
●再生可能エネルギーの前提はベース原子力 (090201)

●インドの石炭火力は燃料不足に (090131)
●インド北辺でのインド企業の奮戦 (090130)
●ミャンマー首相がアラカンを視察 (090129)
●フィリッピンのバターン原発再稼働問題 (090128)
●ネパールの水力開発との戦い (090127)
●フィリッピンの電力改革に黄色信号 (090126)
●中国雲南のダムが景気刺激策で動く (090125)
●インドネシアのガス供給は国内優先 (090124)
●インドネシアのLNGに三菱160億ドル (090123)
●オバマ大統領の手から水が漏れた (090122)
●インドの北辺水力開発は人類最後の戦い (090120)
●パキスタンのロワリ隧道完成へ (090119)
●ベトナムが再生可能エネルギーに悩む (090118)
●中国国家送電網の内外での大活躍 (090117)
●フィリッピンの送電譲渡で電源はどうなる (090116)
●ミャンマーのアラカンに500MWダム (090115)
●インドネシアのガス田でエクソンと紛争 (090114)
●ネパールは中国の投資を歓迎 (090113)
●フィリッピンのセブに200MW石炭火力 (090112)
●インドのAP州に縦貫ハイウエーの計画 (090111)
●フィリッピンが中国のODA見直し (090110)
●パキスタンは2016年までに25,270MW (090109)
●インドの海岸の火力は輸入炭30% (090108)
●フィリッピンのエネルギー長官が回顧 (090107)
●インドネシアで新規電源が年内に (090106)
●ネパールの停電対策に新たな提言 (090104)
●パキスタンとイランの協力強化 (090103)
●カンボジアは中国企業に補償の義務 (090102)
●カンボジアの電気料金高止まりは続く (090101)

●インドのマハラシュトラの電源 (081231)
●インドネシアの原子力に不安 (081230)
●中国のエネルギー安全保障 (081229)
●中国の金沙江の開発進む (081228)
●インドがカシミールで水力推進決意 (081227)
●インド国家電網に世界銀行ローン (081226)
●インドのアルナチャルプラデシュの開発機運 (081225)
●中国2千キロの80万ボルト直流送電 (081224)
●中国がインドネシアのエネルギーに31億ドル (081223)
●インドのガスとLNGを巡る情勢 (081222)
●パキスタンの水力便益地元還元 (081221)
●フィリッピンの電気料金は民営化で下がるか (081220)
●インド北辺水力開発に変わった兆し (081219)
●フィリッピンの再生可能で産業界が沸き立つ (081218)
●フィリッピンが再生可能400万KW開発へ (081217)
●米国の知的送電網開発の気運 (081216)
●メコン委員会も気候変動戦争に参戦 (081215)
●インドが省エネ取引市場を計画 (081214)
●インダスのニールム川に火花散る (081213)
●中国の地方政府の開発志向は止まらない (081212)
●NGOが世界銀行は温暖化の元凶と (081211)
●原油価格下降の現状とこれからの動き (081210)
●中国の経済外交が国内巨大需要へ急旋回 (081209)
●パキスタンのバシャダムの資金不足 (081208)
●フィリッピンの送電網は中国へ (081207)
●インドの電力が最高警戒レベル (081206)
●パキスタンがインドへ水補償要求 (081205)
●メコン事務局長が投稿立場説明 (081204)
●ベトナムの電力改革迷走か (081203)
●比のロペスが国産資源開発へシフト (081202)
●インド北部の水力二つ前進へ (081201)

●マニラのプール市場に混乱 (081130)
●タイEGATの海外進出への飛躍 (081129)
●世銀の大規模インフラに批判の声 (081128)
●フィリッピンの再生可能エネルギー再び (081127)
●ミャンマーのラシオへの思い (081126)
●インドのパイプラインへの挑戦 (081125)
●パキスタンの水問題深刻 (081124)
●ベトナムの開発に何か変化が (081123)
●インドネシアの石炭探査投資を (081122)
●中国雲南省がコルカタへ調査団 (081119)
●パキスタンのダムになお異論 (081118)
●ミャンマーは更にダム開発加速 (081117)
●インド北東地域の送電線計画 (081116)
●メコン洪水で再び中国ダム論争 (081115)
●金融危機とインドの電源開発 (081114)
●カンボジアのNGO天国終焉 (081113)
●インドの電力プール市場 (081111)
●フィリッピンのマイクロ水力 (081109)
●カンボジアの多彩な水力開発 (081108)
●IEAが原油動向で報告書 (081107)
●インドの大規模火力に資金難 (081106)
●中国の石炭に下降傾向 (081105)
●タイ首相ナムグムの水を東北タイへ (081104)
●タイの原子力地点決定は2009年末 (081103)
●イランのパイプラインとインドの優柔不断 (081102)
●ミャンマーでの中国のプレゼンス (081101)

●ベトナム油田へのロシアの参入 (081031)
マニラ配電の先行き見通し (081030)
カンボジアなどへの中国の進出 (081029)
中国の水力開発規模は世界一 (081028
インドネシアの 電気料金上げ (081027)
中国企業がアザドカシミールにダム投資 (081026)
中国広西とベトナムを結ぶ線 (081025)
丸紅のフィリッピンへの取り組み (081024)
インドネシアと中国のLNG契約 (081023)
ラオスの水力で住民補償が再燃 (081022)
世界で50カ国以上が原子力発電を計画 (081021)
世界金融情勢の変化の影響 (081020)
インドとパキスタン対立の悪夢 (081019)
パキスタン大統領の北京挑戦 (081018)
インド北辺水力開発に反旗 (081017)
米国がインドへ原子力通商使節団 (081016)
フィリッピンの天然ガスと電気料金 (081015)
フィリッピンの長期エネルギー計画 (081014)
インドの大規模石炭火力計画 (081013)
ミャンマーの水力への外国投資 (081012)
ダム建設を巡るカシミール問題 (081011)
フィリッピンの国産エネルギーへの拘り (081010)
バングラデシュとミャンマーの関係 (081009)
バングラデシュのエネルギー長期見通し (081008)
中国政府のチベット開発政策 (081007)
●ADBが初めてベトナム水力支援 (081006)
●知的送電線ネットワークの発想へ (081005)

中国とインドのエネルギー問題 (081004)
インドの原子力開発加速へ (081003)
アジア大陸の水源はチベット高原 (081002)
インドの配電組織改革 (081001)

フィリッピンの再生可能エネへの取組 (080930)
インドの地球温暖化との戦い (080929)
サルウイーン河のダム開発 (080927)
メコン流域会議開催と中国 (080926)
インド,25年までに6千万KW水力開発 (080925)

元に戻る


アジアのエネルギー最前線 地図


大きな地図で見る

元に戻る


World Mining Map (click image)


ウエブ全体検索

カスタム検紛"

メールマガジン配信ご希望の方は下記いずれかより申し込んで下さい,無料です。

【日刊 アジアのエネルギー最前線】
http://www.mag2.com/m/0000226907.html 366
http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/12995.html 365
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/8660/p/1/ 285
http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=010578 52
http://www.melma.com/backnumber_167974/ 175
http://www.emaga.com/info/adachiha.html 4

読者数 直接メール 240 延べ 1,487人

元へ戻る


[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。

プレスブログ


海外出張直前重要サイト
通貨換算||時差||電話コード||フライト一覧||ホテル予約||各地気象||世界天気予報|| 海外安全情報|| 海外用品|海外医療||海外出張支援|| 海外赴任ナビ|| 成田へ|| 羽田へ|| 関空へ|| 伊丹へ|| ロンリプラネット|

| 鈴木篁氏] | Livedoor | |@nifty| | Gmail | |Bangkok Post| |Manila Bulletin| |Jakarta Post| |Economic Times| |時事通信| |ZAKZAK|

○https://www.blogger.com/start?hl=ja ○http://www.google.com/intl/en/press/intl-zeitgeist.html ○http://translate.google.com/translate_t?hl=ja# ○http://maps.google.com/maps?hl=ja&tab=wl 城km z http://news.google.com/news?hl=ja&sa=N&tab=ln&q= ○https://www.google.com/adsense/login3 ○http://mail.google.com/mail/#inboxhttp://www.google.com/ig?hl=jahttps://www.google.com/webmasters/tools/docs/ja/about.htmlhttps://www.google.com/webmasters/tools/summary?siteUrl=http%3A%2F%2Fmy.reset.jp%2F%7Eadachihayao%2F&hl=ja





by CyberBuzz


**************
Current crude oil price (return to top)


If efficiency 40%, unit price per KWh = 10.4 cents


**************
Coal price (return to top)
(by infomine,please click picture zone)


If efficiency 40%, unit price per KWh = 1.73 cents


**************
Natural gas price (return to top)
(by USEIA,please click picture zone)



If efficiency 40%, unit price per KWh = 3.07 cents


**************
Vientiane river water level (return to top)
(by MRC,please click picture zone)



**************
Steel market price (return to top)
(by Sangyoshinbun,please click picture zone)



| HOME | |サイトマップ | | 自己紹介| | 足立隼夫の主張 | | 各国訪問写真記録 | | English Version | | プロジェクト位置図 |
|日刊 アジアのエネルギー最前線| |週刊 アフリカのエネルギー最前線 | | 週刊 中央アジアのエネルギー最前線 | | オバマのエネルギー |
|週刊 中南米のエネルギー最前線| | 週刊 再生可能エネルギー最前線 | | 週刊 中東のエネルギー最前線 | | 世界の地球温暖化最前線 |

お問い合わせまたはご意見は下記メールアドレスへ
PGA02435@nifty.com

元へ戻る