>

日刊 アジアのエネルギー最前線

HOME 】 【自己紹介

ブログ本体へ水力位置図へ
経済指標ダッシュボードへ
囲碁棋譜へゴルフ動画へ政治動画へ原油価格へ鉄鋼価格へ
PC&ゴルフドライバー販売所

2018年7月6日 金曜日

日米同盟と日中協商,中国との力の均衡保持が必須

大飯原発再稼働容認,エネルギー安保確保か (7/5)
中国は北朝鮮の核保有をどのように考えているのか (7/4)
北朝鮮の非核化に疑問の声,米朝会談以降の情勢変化 (7/3)

Since 1998 October
(本更新直前991,945
メルマガ含む読者延べ 2,395

終端へ

足立隼夫の主張】 【各国訪問写真記録】 【FaceBook】 【Twitter

サイト内検索

送料わずか70円~で日本からお届け!楽天国際格安配送



N ****************************************************** N






















***************************************************************************************


日刊 アジアのエネルギー最前線 地図

下記の地図はイメージ,続く文字をクリックしてアクセス願います
Asia Energy Front






元に戻る

*********************************************************** O

新設! PC&ゴルフドライバー販売所




元に戻る

*********************** 今日の本文 ***********************

送料わずか70円~で日本からお届け!楽天国際格安配送





================================================================================
2018年7月6日 日米同盟と日中協商,中国との力の均衡保持が必須

今日は新宝塚オープンの日であったが,台風7号に引き続いての前線通過で豪雨,ゴルフ場はクローズされた,アプローチウエッジなど新調して備えていたのに残念,最も安定した大阪北の北摂,と自負してから,何かネズミなどが逃げ始め,更に鼻の効く友人なども,事前に東京へ逃げた,

地震は,20年前の阪神大震災以降の建築物,我が家なども,6弱程度では殆ど影響を受けない,恐らく6強でも大丈夫ではないか,問題は洪水である,ここは淀川に流れ込む安威川の下流域にあるが,40年ぐらい前に堤防が改修されている,降り続く雨でさすがに昨夜は深夜,水位を追った

豪雨帯は梅雨前線に沿って,48時間以上続いているが,雨雲は去らないのに,昨夜11時時点で河川水位が危険水位直前で安定してきて,更に一部は下降の傾向に入った,流域の雨は止んでいない,まだまだ続く,今朝起きても水位は変わっていない,我考えるに,定常状態に入ったか,

安威川の中流で安威川ダムが建設中だが,私が下流民の一人として関心のあるのは,その洪水処理方法である,洪水調節目的のダムであるから,洪水が来たら一時溜め込む方式だが,洪水吐,それはそれとして,洪水吐の容量は,計画洪水を定常的に吐く必要があると思っている,

対象洪水量をいくらに置くかは問題だが,例えば今回の豪雨帯が永久に続いても,ダムを溢水することなく,洪水吐から吐き続ける能力を持つべきだと思っている,恐らく当局に話しても,ダム構造基準に沿っていますから,と言う返事しか返ってこないだろう,しばらく見守ることにする,

今日7月6日は,ポンペオ国務長官が平壌で金正恩委員長と非核化を話し合うはずだ,CVIDから米国が一歩退いた,と言われている内容は,「最終的かつ完全に検証された非核化」,(final, fully verified denuclearization)」,と少し後退したと言われている,トランプの前向き姿勢が危険,

東大小原雅博教授,かっては私たちが中国へのODAの尖兵となった頃の,外務省の担当者であった,今日の日経ビジネスでは,巨大化する中国経済の中で,米国と日本の立場を論じている,力の均衡が大事だと,そうでないと中国は何処まで押してくるか分からない,南シナ海など,

小原さんも,中国の市場経済力が増えるに従って,政治改革も行われるだろう,と予想していたが,現在進行中の習近平政権の進む方向は,期待と全く違う,日本は,日米同盟と日中協商が必要,と解いている,一帯一路に危機感があり,中国の独走を調整する力の均衡を唱える,軍事経済


参考資料 2018年7月6日8時44分

中国と一帯一路

◆180706 一帯一路」に芽吹く懸念
日本経済新聞-18 時間前 https://s.nikkei.com/2KLX0GZ
【ネピドー=新田裕一】中国が進める広域経済圏構想「一帯一路」の実現に向けた大型の投資事業がアジア各国に懸念をもたらしている。経済成長に不可欠なインフラ整備を加速させる一方で、債務返済が困難になれば、完成したインフラを中国に譲渡するなど ...
◆180706 暗雲立ち込める巨大構想 − 中国で「一帯一路」報道自重ぎみ 評判振るわず
ニコニコニュース-17 時間前 https://bit.ly/2tZh8vv
◆180706 中国受注の鉄道計画、工事中止を命令 マレーシア「国益のため」
産経ニュース-10 時間前 https://bit.ly/2MRp4Gk
◆180706 コラム:中国一帯一路に暗雲、「待った」をかけたマレーシア
詳細-ロイター-15 時間前 https://bit.ly/2Nslwv6
◆180706 北朝鮮の「非核化」費用、一体いくら必要か
ダイヤモンド・オンライン-14 時間前 https://bit.ly/2KDPmiz
ウィーン 29日 ロイター] - 北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長は、6月12日にシンガポールで行われたトランプ米大統領との米朝首脳 ... 主要国との核合意の下でイランに認められたように、北朝鮮は、ウラン濃縮など、民生利用が可能な一部の核活動の継続を ...
◆180706 米国務省、北朝鮮の非核化巡り態度軟化させたとの見方を否定
ロイター-46 分前 https://bit.ly/2u0h66C
米国の対北朝鮮政策は変わっていない」と言明した。 また「米国は北朝鮮の非核化にコミットしており、ポンペオ国務長官はシンガポールで行われた米朝首脳会談での合意事項を実行に移すため北朝鮮指導部との協議を続けることを心待ちにしている」と述べた。
◆180706 金持ち中国の代表チームは、なぜW杯に出られない?
Newsweekjapan-15 時間前 https://bit.ly/2u9CghY
ロシアW杯の会場は中国企業の広告だらけだが......「サッカー大国」中国の現実>. アイスランドや日本といった「サッカー中進国」の健闘で盛り上がるロシアW杯だが、出場国以上にヒートアップしている国がある。中国だ。 中国は卓球やバドミントンの強豪国 ...
◆180706 勢力均衡崩れれば中国は聞く耳を持たなくなる
日経ビジネスオンライン-8 時間前 https://nkbp.jp/2KKnbxF
覇権争いの裏側」で、現在の関税措置の打ち合いや米国の懸念、中国化する世界の現状を徹底した現地取材でまとめた。 ... 北朝鮮情勢が動いていることで核兵器の問題があらためてクローズアップされていますが、現在、核戦争を起こすことは事実上できず、 .
◆180706 中国への依存強める米国、先進テクノロジー製品輸入が増加
ブルームバーグ-15 時間前 https://bit.ly/2MUlwmv
米国が中国から2017年に輸入した先進テクノロジー情報・通信機器は総額で1560億ドル(約17兆2600億円)近くに達した。15年前の6 ... 中国は最近数年、自国で生産するテクノロジー製品を洗練させることで、いわゆる中所得国のわなを回避したように見える。
◆180706 北朝鮮核問題、気が付けば「いつか来た道」
読売新聞-16 時間前 https://bit.ly/2KyZaui
米朝首脳会談後の共同声明では、ポンペオ国務長官と北朝鮮の代表が「できるだけ早い日程」で後続の協議を始めることに ... これを解釈すると、非核化は北朝鮮だけがやるものではなく、北朝鮮が何かすれば米国も行動を示すということであり、北朝鮮中国が ...
◆180706 北朝鮮がロシアへの国際列車ツアーを解禁した 平壌からモスクワへ
Newsweekjapan-16 時間前 https://bit.ly/2IY9Gp5
北朝鮮からロシアへの国際列車ツアーができるようになった>. 北朝鮮がロシアとの関係を強化している。これまで北朝鮮から鉄道で出国できるのは中国のみだったが、さらにロシアが加わった。 北朝鮮ーロシア間の鉄道の線路は元々連結されてはいたが、
◆180706 イラン大統領、仏独首脳に電話「核合意巡る欧州の提案は不十分」
ロイター-56 分前 https://bit.ly/2KSA31B
ロンドン 5日 ロイター] - 国営イラン通信によると、イランのロウハニ大統領は5日、マクロン仏大統領と電話で会談し、米国離脱後 ... イランとの核合意に署名した6カ国のうち、5月に離脱を決めた米国を除く、英、独、仏、中国、ロシアの5カ国の外相は、合意の ...

エネルギー

◆180706 トランプ氏ツイート、原油価格10ドル押し上げた-イランOPEC代表
ブルームバーグ-9 時間前 https://bit.ly/2tZKr17
原油価格を巡る舌戦が続く中で、トランプ米大統領にイランが新たな挑発を仕掛けた。イランのカゼンプール・アルデビリ石油輸出国機構(OPEC)理事は同国石油省傘下のシャナ通信を通じ、トランプ氏に「そのツイートが原油価格を少なくとも10ドル押し上げた」 ...
◆180706 原子力白書を決定、原子力委「原発は長期的に必要」
日本経済新聞-15 時間前 https://s.nikkei.com/2NvlT8f
国の原子力委員会は5日、原子力開発の現状をまとめた2017年度版の原子力白書を公表した。国や電力会社は東京電力福島第1原発事故で国民が抱いた不信や不安を減らす取り組みを進めるとともに、二酸化炭素(CO2)の排出が少ない発電源として、電力 ...
◆180706 日本の原子力と北朝鮮の核の秘めた関係
日経ビジネスオンライン-8 時間前 https://nkbp.jp/2Nr37yO
今、日本の原子力産業は徐々に縮小する傾向を見せ始めている。4月に伊藤忠商事がトルコの原子力発電所事業から撤退したことはこれを象徴する出来事だった。2011年に東日本大震災が起きて以降、安全基準が大幅に高くなり、採算が合わなくなってきて ...
◆180706 基本計画の宿題(1)電源構成見直し 素通り
日本経済新聞-2018/07/04 https://s.nikkei.com/2NvfaeP
政府が新しいエネルギー基本計画を閣議決定した。消費者や企業にとって不可欠なエネルギーの将来像を示すもので、政策の基礎にもなる。原子力発電や再生可能エネルギーを巡る環境の変化で課題も山積しているが、4回目の改定となる今回は大枠で4年前 ...

インド他

◆180706 Why India's Nuclear Security Challenge Demands Attention
The Diplomat-7 時間前 https://bit.ly/2KObNO6
Even so, India is lagging in one area: the regulation of India's nuclear sector. For example, India's nuclear regulator, the Atomic Energy Regulatory Board (AERB), is not entirely independent of the Department of Atomic Energy, calling into ...
◆180706 Renewable energy sector created 47000 new jobs in India in 2017 ...
Firstpost-11 時間前 https://bit.ly/2MSMUS2
Renewable energy has become a pillar of low-carbon economic growth for governments all over the world, a fact reflected by the growing number of jobs created in the sector,” said Adnan Z Amin, director-general of IRENA, in a statement.
◆180706 Coal India asks thermal plants not to limit intake to avert future crisis
Moneycontrol.com-20 時間前 https://bit.ly/2KBuxo9
State-owned Coal India today said it has asked power plants not to restrict intake of coal during monsoon when electricity demand drops usually. "Coal India (CIL) has urged power stations not to restrict intake of coal during monsoon period ...
◆180706 India's growth threatened by rising oil prices
Financial Times-10 時間前 https://on.ft.com/2NtFZ2P
India is right to be worried about rising oil prices. Dharmendra Pradhan, oil minister of the world's third-largest energy consumer, has sought assurances from his counterpart in Saudi Arabia that the Opec producers and Russia will ensure ...
◆180706 Azure Power Wins 600MW Solar Project under India's Largest Solar ...
Renewable Energy Magazine (press release)-4 時間前 https://bit.ly/2m1QldX
Azure Power, one of India's leading independent solar power producers, has won a 600-MW solar power project through an auction conducted by Solar EnergyCorporation of India (SECI), a Government of India enterprise and a company with ...
◆180706 Oil Refining Industry in Philippines 2018: Drivers, Restraints, Future ...
Business Wire (press release)-4 時間前 https://bit.ly/2KRgNBL
This downstream energy sector report is a complete source of information on Philippines crude oilrefining industry. It provides refinery level information relating to existing and planned (new build) refineries such as insights and forecasts of ...
◆180706 Formation of China-India oil cartel threatening OPEC
RT-15 時間前 https://bit.ly/2tYfx9s
The boom in US oil and gas production gives us greater leverage against OPEC,” the Times of India quoted an Indian official as saying last month after the formal start of said talks. The two countries, after all, account for a combined 17 percent ...

2018年7月5日 大飯原発再稼働容認,エネルギー安保確保か

関西電力の大飯原発3,4号機に関する運転差し止めの控訴審,名古屋高裁金沢支部で,棄却の判決が出た,高裁レベルでの棄却判決は重みがあるが,原発規制委員会の審査内容を,技術面で完全に認める内容であった,技術面では委員会の決定を尊重するしかない,と言うことだろう

最近,エネルギー基本計画を閣議決定した安倍政権にとって,ベースロード対応の原発を,2035年時点で20~22%確保するためには,この運転差し止め訴訟における司法リスクを克服していく必要がある,今回,大飯原発に関して,高裁レベルの判断が出たことは,注目に値するだろう,

高裁レベルの判断では,伊方原発に関して,広島高裁が運転差し止めを認める判断を下しており,控訴審で審査中だ,各地で試みられている原発運転差し止め訴訟も,高裁レベルで決着がつくと思われていたが,最高裁レベルまで行くことは,原発反対派にとっても,適切な戦略ではない,

原発運転差し止めのような,もし棄却された場合の経済的損失が大きい場合は,告訴の際に,それに見合う基金を供託するのが一般的なルールだが,原発の場合は供託金が莫大となるので,原発反対の人々の経済的負担を考慮して,供託金を免ぜられている,法的根拠はよく知らない,

日本は資源小国,中東や東南アジアから,原油や石炭を永続的に輸入する必要がある,南シナ海の中国の覇権拡張など,将来は資源輸入にリスクが伴い,いつか,国内原資で何ヶ月か耐えなければならない,原発を20%程度確保し,国内の水力原資と合わせて,国民の最低生活を守る

電源のベストミックスは,日本のエネルギーにとって,経済問題以上に,安全保障が重要な課題である,今までは太陽光などは頼りにならなかったが,国の制度に乗って増えてきているので,原発,水力,化石燃料,更に再生可能エネルギーをバランス良く確保していきたい,司法リスク避けたい

原発反対の方々も,このような日本のエネルギー供給の特殊性を考慮して,例えば,これ以上最高裁の判断を仰いでしまうと,日本の意思が決定してしまう,そこには将来の柔軟な議論の場を失う可能性があり,それでも再稼働を司法リスクで混乱させると,日本経済は大きな打撃を受ける,

北朝鮮の核問題,ポンペオ国務長官は,いつでも余裕のありそうな,にこやかな表情が伝えられているが,明日,金正恩と会談する,次々と伝えられる情報は,金正恩に非核化の意思なし,と言う情報である,トランプ大統領もこの情報を否定まではしていない,明日はこの点で決定的な情報か

明日,同時に注目されるのは,米国の対中国貿易戦争の発動である,中国は全面的に戦う姿勢を示しており,米国も更に対抗策を積み上げてくる,まさに無法の競争時代への突入だ,東京市場も雰囲気を取り込んで下落が続いている,安倍政権は,なお静観の姿勢を崩していない,注目,


参考資料 2018年7月5日8時38分

中国と一帯一路

◆180705 次々暴かれる新証拠「北朝鮮に核ミサイル放棄の意思なし」ビクター・チャ元 ...
BUSINESS INSIDER JAPAN-3 時間前 https://bit.ly/2KvtyWg
北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は、やはり本気で非核化するつもりはないのではないか。北朝鮮は決して核兵器を放棄せず、「微笑外交」でアメリカをだまそうとしているのではないか。アメリカの元政府高官や北朝鮮専門家らは、こうした疑惑を一層強めて ...
◆180705 一帯一路」に芽吹く懸念
日本経済新聞-1 時間前 https://s.nikkei.com/2zlC2KL
【ネピドー=新田裕一】中国が進める広域経済圏構想「一帯一路」の実現に向けた大型の投資事業がアジア各国に懸念をもたらしている。経済成長に不可欠なインフラ整備を加速させる一方で、債務返済が困難になれば、完成したインフラを中国に譲渡するなど ...
◆180705 一帯一路、過剰債務に強まる懸念
日本経済新聞-12 時間前 https://s.nikkei.com/2KORsLI
【ネピドー=新田裕一】中国が進める広域経済圏構想「一帯一路」の実現に向けた大型の投資事業がアジア各国に懸念をもたらしている。経済成長に不可欠なインフラ整備を歓迎する一方で、債務返済が困難になれば、完成したインフラを中国に譲渡するなどの「 ...
◆180705 北朝鮮非核化で連携確認
毎日新聞-5 時間前 https://bit.ly/2Kxu4Do
日露両政府は4日、東京都内で安全保障に関する次官級協議を開催した。日本側は森健良外務審議官、ロシア側からはリャプコフ外務次官らが出席。北朝鮮の非核化に連携して対応すると確認した。 9月にウラジオストクで予定される日露首脳会談や、月内に ...
◆180705 米国務長官会談で核開発疑惑を払しょくできるか
毎日新聞-12 時間前 https://bit.ly/2KLC42E
ポンペオ米国務長官は6日にも北朝鮮入りし、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と会談する。北朝鮮は6月の米朝首脳会談で「非核化」を約束した。しかし、その後も核・ミサイル開発を継続する動きが目立つ。3度目の訪朝で停滞気味の状況を打開 ...
◆180705 イラン、IAEA協力に消極姿勢も 米敵対行動に報復辞さず
ロイター-1 時間前 https://bit.ly/2KPijEc
ロンドン 4日 ロイター] - イランのロウハニ大統領は4日、国際原子力機関(IAEA)の天野之弥事務局長と会談し、IAEAへの協力に消極姿勢をとる可能性を示した。ロウハニ氏はこの日早く、米国はイラン原油禁輸の結末を考えもしなかったとした上で、米国の ...
◆180705 中国:対米追加関税、先行発動せず-メディア報道を否定
ブルームバーグ-2 時間前 https://bit.ly/2KL3kv4
中国は6日に予定している対米追加関税発動について、米国の対中関税に先行することはないと表明した。 中国財政省は4日遅くに 声明を出し、「われわれが最初の一発を打つことは決してなく、米国より早く関税を発動させることはない」とした。これに先立ち、 ..
◆180705 北朝鮮、非核化へ動かず=経済発展には意欲-ポンペオ米国務長官訪朝へ
時事通信-10 時間前 https://bit.ly/2KKuYvl
核・ミサイル開発で国際的な孤立を深めた北朝鮮だが、中国や韓国との関係改善に加え、米朝会談の実現で外交環境は激変。トランプ米政権は非核化に応じるまで制裁は解除しない方針だが、北朝鮮への国際的圧力は既に弱まりつつあるとの見方もある。

エネルギー

◆180705 新しくなった「エネルギー基本計画」、2050年に向けたエネルギー政策とは?
経済産業省 (プレスリリース)-2018/07/03 https://bit.ly/2KxVusQ
2030年、さらには2050年という未来を見据えた時、日本のエネルギーはどうなっていくべきだと考えられるのか、その指針が「エネルギー基本計画」に示されています。今回は、2018年7月3日に発表となった、「第5次エネルギー基本計画」について、そのポイント ...
◆180705 NY原油、74ドル台を維持-サウジが増産確認も供給不足懸念根強い
ブルームバーグ-2 時間前 https://bit.ly/2MPqZv6
関係者によると、米国石油協会(API)から契約者に提供されたデータは米原油在庫が先週451万バレル減少したことを示し、ブルームバーグ調査でも減少が見込まれている。一方、サウジのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相は石油輸出国機構(OPEC)と非 ...
◆180705 中国の報復関税、米国産原油に下げ圧力
日本経済新聞-20 時間前 https://s.nikkei.com/2KBVUOY
米国との貿易摩擦を巡り、中国の対抗措置の発動期限が6日に迫った。報復関税はまず農産物が主な対象。第2段階で原油などエネルギーも対象に据える構えだ。米国の原油輸出は中国向けが2割を占め、市場では米国の輸出拡大にブレーキがかかるとの ...
◆180705 原子力発電比率上昇へ くすぶる司法リスク
産経ニュース-9 時間前 https://bit.ly/2KIxLFz
政府は12年後の2030(平成42)年度の電源構成で原子力発電の比率を20~22%(現在は数%)とする目標を掲げており、原子力規制委員会が新規制基準を満たしたと判断した原発は再稼働を進める方針だ。関西電力の大飯原発3、4号機について名古屋 ...
◆180705 原油高騰、暮らしにも影響 米政権がイラン産輸入停止の「踏み絵」 (1/3ページ)
SankeiBiz-2 時間前 https://bit.ly/2z6SuOC
トランプ米政権が各国にイラン産原油の輸入停止を突き付けた。テロ支援国家と名指ししたイランの資金源を断つためのいわば「踏み絵」。供給量が減るとの思惑から原油は高騰。夏のレジャー期を前にガソリンも高値の続く公算が大きく、暮らしに影響が広がるの ...
◆180705 国際原油価格が上昇 米国内備蓄の減少に反応
Sputnik 日本-17 時間前 https://bit.ly/2KLLQP3
日時間14時08分の時点でブレント原油9月先物価格は0.49%高の1バレル78ドル14セントに、WTI原油8月先物価格も0.65%高の1バレル74ドル62セントの値を付けている。 4日にかけての深夜、APIが発表した6月29日までの1週間の米国内商用備蓄 ...

インド他

◆180705 Iranian daily lashes India for bowing down to US pressure on oil imports
Moneycontrol.com-16 時間前 https://bit.ly/2z7APXb
The daily singled out India saying among the major importers of Iranian crude oil, which also include China and Turkey ... But among Iran's three biggest buyers of oil– China, India, and Turkey – only India has buckled under the U.S. pressure.
◆180705 Oil Refining Industry in Thailand 2018: Drivers, Restraints, Future ...
Business Wire (press release)-3 時間前 https://bit.ly/2NnD1Nc
Oil Refining Industry in Thailand 2018: Drivers, Restraints, Future Developments and Investment Opportunities ... This downstream energy sector report is a complete source of information on Thailandcrude oil refining industry. It provides ...
◆180705 Heat wave sends power consumption to record high in northern Vietnam
VnExpress International-19 時間前 https://bit.ly/2u1raLO
... central Vietnam has pushed electricity consumption in the north to record high, according to Vietnam Electricity (EVN). The national power utility said that on Monday, electricity consumption in the north reached a record-breaking 345 million ...
◆180705 Laos offers dam bonds
The Nation-12 時間前 https://bit.ly/2tVrvRh
EDL-Generation Public Company, Laos' electricity producer, has announced coupons for its baht-denominated bond offerings ... The six-tranche issuance, rated BBB+/negative outlook by TRIS Rating in Thailand have maturities of three, five, ...
◆180705 HSBC, Standard Chartered making a killing on coal in SE Asia
Asia Times-14 時間前 https://bit.ly/2NoLzDG
Main · China · India .... Last year, Vietnam's capital city, Hanoi, had only 38 days of clean air, according to World Health Organization standards. ... In much of the world, governments have cracked down on coal power, not just because it fouls the air, but also ... Remarkably, though, HSBC's commitment excluded my own country, along with Indonesia and Bangladesh. ... banks such as HSBC and Standard Chartered can play a critical role in catalyzing the shift to renewable energy.

2018年7月4日 中国は北朝鮮の核保有をどのように考えているのか

米国と北朝鮮の非核化交渉は,円滑に進んでいない雰囲気である,先日まで行われていた板門店での,米側,駐比大使と北の女性外務次官との話し合いでは,北からは非核化の話は全く出ていないという,このような状態でポンペオ国務長官の平壌訪問は具体化しているが,成果は困難

トランプ大統領は,成果の誇示が彼の役割で,これから先は一直線に中間選挙や大統領選にもつれ込む考えで,これ以上の強攻策は期待できない,そこで,中国の対北朝鮮政策であるが,やはり問題の中心はここにあるようだ,中国が北の政策を支援するのは分かるが,非核化はどう考える

中国が中心となって,北朝鮮制裁解除の安保理案を,理事国に配布したが,米国の反対で採決とはならなかった,中国は制裁解除へ前向きである,一部に伝えられる北朝鮮の濃縮ウラン生産続行が事実とすれば,中国はこの北朝鮮の行動を黙認しているのか,中国の姿勢が分からない,

もし中国が,北朝鮮を核保有国として認めるつもりであるならば,もはや,何おか況んや,であるが,中国にとっては,北朝鮮の非核化よりも重要なものは,北朝鮮が中国の覇権下にあり続ける,と言うことなのか,確かに,完全に覇権下にあれば,北の核は怖くない,と言えるのかも知れない,

ポンペオ国務長官は,7月7日には東京に来るという,彼もトランプ大統領のように,北朝鮮の望む段階的非核化に同調せざるを得ないのかも知れない,もしそうならば,彼の来日に期待することはないのかも知れない,米国は明確にしている,人権よりもまず非核化と,拉致後回しと言うことだ,

安倍政権の支持率が徐々に回復していると報じられている,何が根拠となっているのか不透明だが,北朝鮮問題が何となく動いている,と言う曖昧な状態がそうさせているのか,そうとすれば,今の緩慢な動きが,トランプ大統領の中間選挙と,安倍さんの総裁選挙は,同じ波の中にあるのかも,

日本の国内,新たなエネルギー基本計画が閣議決定された,と報じられている,極めて曖昧な点を多く含んだ,まさに遷移状態に於ける中間的な想定,と言ってしまえるのか,原発の新設を主題に出来ない苦しい中での閣議決定である,原発の技術の火を消さない,それが今の重要な点だ,

再生可能エネルギーを,「将来の主力電源」,と位置づけた,原発がベース供給力としての位置づけは変わっていないが,主力電源,は少し言い過ぎではないか,20%程度を目標にしている,この時点で我々に言えるのは,資源小国として,原発も含む電源の多様化を目指す,と言うことだろう,


参考資料 2018年7月4日8時23分

中国と一帯一路

◆180704 北朝鮮、制裁緩和を模索 経済支援を協議か
毎日新聞-10 時間前 https://bit.ly/2tSrMEB
【北京・浦松丈二】中国が対北朝鮮制裁の緩和に向けた外交攻勢を活発化させている。米国の異議で実現しなかったが、6月末には国連安全保障理事会の制裁緩和を求める報道機関向け声明案をロシアと共に安保理に配布。中朝間の実務者レベルでは、北朝鮮 ...
◆180704 北朝鮮は核開発を続けている? 米メディアが報道
BBCニュース-14 時間前 https://bbc.in/2Nl5Vxr
北朝鮮が非核化を約束したにもかかわらず核兵器開発を続けているとの報道が、和平交渉への誠実さに疑問を投げかけている。 米情報 .... 北朝鮮は、中国が何があろうとすでに制裁の圧力を強める政策をとりやめていると推測しているのかもしれない。そして、 
◆180704 一帯一路」で押し寄せる中国貨物 欧州鉄道網がパンクの危機に
Newsweekjapan-12 時間前 https://bit.ly/2IR3VK6
しかしこの1年で、欧州まで経済圏を広げようとする中国政府のシルクロード構想に後押しされて運行本数が急増。ひと月最大200本 ... これは、中国の「一帯一路」構想が一部で成功を収める一方で、相手国の対応が追いついていない現状を浮き彫りにしている。
◆180704 北朝鮮との協議、順調に進捗=米大統領
ロイター-10 時間前 https://bit.ly/2ua58XF
ワシントン 3日 ロイター] - トランプ米大統領は3日、北朝鮮との協議は順調に進捗しているとの認識を示した。 トランプ大統領はツイッターに、北朝鮮は「過去8カ月間、ミサイル発射も核実験も実施していない」と投稿。「北朝鮮との協議は順調に進捗している!
◆180704 米中貿易摩擦で中国金融市場が動揺 沈静化図る人民銀行
朝日新聞-9 時間前 https://bit.ly/2u2TePc
中国は前日の終値などを参考に、元相場の基準になる「中間値」を毎朝公表している。米国が対中制裁を実施すると決めた6月半ば以降、元安傾向での設定が続いてきた。3日午前の取引では一時、昨年8月上旬以来である1ドル=6・72元近辺まで元安が進ん ...
◆180704 米強硬姿勢に拍車か イラン外交官がテロ計画
毎日新聞-5 時間前 https://bit.ly/2Kvuzh1
【ブリュッセル八田浩輔】フランスで行われたイランの反体制派の集会を狙ったテロ計画が明らかになり、ベルギー検察は2日、イラン人外交官を含む4人を拘束したと発表した。集会にはトランプ米大統領の顧問弁護士を務めるジュリアーニ元ニューヨーク市長らも ...
◆180704 ポンペオ米国務長官、北朝鮮に向け5日出発へ
TBS News-2018/07/02 https://bit.ly/2IUMHvq
朝鮮半島の非核化という進行中で重要な任務のため、ポンペオ国務長官は北朝鮮に向けて5日に出発し、金正恩党委員長らと会談 ... アメリカの複数のメディアは当局者の話として、北朝鮮が実際には核開発の計画を続けている可能性があると報じていますが、 ..
◆180704 中国で太陽光に急ブレーキ、2兆円の補助金不足が発覚
ダイヤモンド・オンライン-3 時間前 https://bit.ly/2KtdZ1s
上げ潮ムードに、突然冷や水を浴びせられた」。中国の太陽光パネルメーカー幹部は、そう心境を吐露する。 変化は突然訪れた。5月28日から3日間、中国・上海で太陽光発電関連の展示会が開かれた。参加者の一人は、その日はまだ「会場は熱気に包まれ、 ..
◆180704 北朝鮮は8カ月間核実験を行っていない=トランプ氏
Sputnik 日本-10 時間前 https://bit.ly/2z98gbU
トランプ氏はツイッターで「北朝鮮との多くの良い対話があり、それらは上手くいっている!その間、ミサイル発射も核実験も8カ月間なかった。アジア全体が興奮している。偽ニュースを流している野党だけが文句を言っている。私でなければ、我々は今ごろ北朝鮮 ...
◆180704 イランと英仏独中露、維持へ6日会合 イラン、高まる離脱論/欧州 ...
毎日新聞-5 時間前 https://bit.ly/2lP4efk
経済保護のための具体策を講じるよう英独仏に圧力をかけてきたイランは、最高指導者のハメネイ師が「欧州が具体策を講じなければウラン濃縮を加速させる」と述べており、イランの核合意からの離脱と、核活動を拡大させる懸念が現実味を帯びている。

エネルギー

◆180704 核燃再処理を原子力政策の中心に
毎日新聞-21 時間前 https://bit.ly/2z8PbGL
原発の新増設は現実的には難しいので、再稼働できるものは原子力規制委員会の新しい安全基準に従ってしっかり動かしていくべきだ。 そのうえで、電力を巡る状況はいま、大きく変わりつつある。決められた電気事業者からしか電力を買えなかった時代は、 
◆180704 にじむ「原発活用」 「エネルギー基本計画」改定
毎日新聞-9 時間前 https://bit.ly/2KKtr8A
政府は3日、2030年度までの中長期的なエネルギー政策の方向性を示す「エネルギー基本計画」を4年ぶりに改定し、閣議決定した。再生可能エネルギーの「主力電源化」を打ち出す一方、原発も中長期的に活用していく姿勢をにじませた。プルトニウムの保有 ...
◆180704 新しいエネルギー基本計画が閣議決定されました
経済産業省 (プレスリリース)-22 時間前 https://bit.ly/2tSYdCO
◆180704 エネルギー安定へ正念場、原発・再エネ・火力…積もる課題
日本経済新聞-16 時間前 https://s.nikkei.com/2tS1li6
◆180704 関電など、発電所のAI技術活用へ調査受託
NNA.ASIA-8 時間前 https://bit.ly/2KOPhEE
関西電力と三菱日立パワーシステムズは3日、国際協力機構(JICA)から、ミャンマーの発電所を対象にしたモノのインターネット(IoT)や人工知能(AI)技術による設備の維持管理に向けた調査業務を受託したと発表した。日本の技術導入の可能性などを検討 ...
◆180704 東電 ・中部電、仏EDFとLNG取引統合
日本経済新聞-12 時間前 https://s.nikkei.com/2z98vDQ
東京電力ホールディングスと中部電力の共同出資会社JERA(東京・中央)は3日、仏電力大手EDFと液化天然ガスLNG)のトレーディング(売買取引)事業を統合することで最終合意したと発表した。LNG火力発電の燃料で、原子力発電所の再稼働や再生 ...
◆180704 エネルギー基本計画閣議決定 「発電コストの低減が最大の課題」 日本 ...
SankeiBiz-10 時間前 https://bit.ly/2MKCAeQ
--2030(平成42)年度の原子力発電などの電源構成比率は据え置かれた. 「評価している。12年先の目標であり、安易に変更すると目標としての役割を果たさなくなるためだ」. --原発の建て替えや新増設には言及しなかった. 「個人的には明確に書いて ...

インド他

◆180704 Coal India misses output, sales targets as monsoon hampers mining
Nikkei Asian Review-11 時間前
MUMBAI (NewsRise) -- State-owned Coal India missed its output and sales targets for June as the world's largest supplier ... hydro and wind power in the second quarter led to the resurgence of demand from thermal power plants, all of which were ... Globally, demand for the fuel has been suffering amid increasing concerns about the environment and competition from natural gas and renewable energy.
◆180704 India To Auction 40 Gigawatts Of Renewables Every Year Until 2028
CleanTechnica-8 時間前
Minister for New and Renewable Energy RK Singh announced on the occasion of Global Wind Day that India will auction 40 gigawatts of solar and wind energycapacity every single year until 2028. This is an extension of the current auctions ..
◆180704 VIETNAM - RENEWABLE ENERGIES - Identifying the Amazing ...
Lexology-14 時間前
Vietnam has long recognised the important role of renewable energy (including solar power) in achieving energy security, ... of the role alternative sources of energy, targets a 7% share of electricitygenerated from renewable energy by 2020 and 10% plus by 2030. ... Vietnam has a wide range of primary energy sources such as crude oil, coal, natural gas and hydro power for economic development.
◆180704 India has `Plan D' for Iran oil as Donald Trump adds sanction pressure
ETEnergyworld.com-20 時間前
Indian Oil Corp. Chairman Sanjiv Singh says Saudi Arabia alone can cover most of the world's supply shortfall in case ... with Iran by early November, when sanctions aimed at curbing the Islamic republic's nuclear program come into effect. ... Watch how GE and Summit Group are working together to help transform the power sector in Bangladesh. ... India insists it will make sure its energy security is not compromised and a call on Iran oil imports will be guided by its own interests. India ...

2018年7月3日 北朝鮮の非核化に疑問の声,米朝会談以降の情勢変化

雑誌「選択」の7月号は,北朝鮮拉致問題への安倍政権の取り組みに,大きな疑問符を投げかけている,実際我々も,例えば加藤拉致問題担当大臣の行動などを見ていると,大臣ポストに就くための拉致問題,と言わざるを得ない,「安倍政権は政権維持のため拉致問題を利用」,との論点,

安倍さんが,意識して拉致問題を政権維持に使っているとは思えない,事実,安倍さんは拉致問題で先行きが見えず,困惑しきっていると思う,米朝会談の後,安倍さんは,「北は解決済み」,と言う言葉を使わなかった,と側近を集めて議論した,しかし,既に金英哲氏など,解決済み,と,

米朝首脳会談以降に,具体的な非核化交渉や制裁解除の話などが出てくると,拉致問題に苦しむ安倍政権は,ますます追い込まれていく,そうしてこの問題が日本外交上の癌となって,安倍政権の首を絞めていく,これは我々の望まないところで,国民はもう一度,その原点を見つめる必要,

昨日,ゴルフ練習に行こうと飛び出したら,葬儀会場から突然にけたたましいサイレンが鳴って救急車が飛び出してきた,あれは何だったのか,死者が蘇生したのか,我々も,死んだと思われた小泉内閣の拉致への対応を振り返る必要がある,横田めぐみさんの死亡時期が違ったことが出発点

今日のメディアの論点は,金正恩は非核化を本気で考えてはいない,それどころか,インド方式の核保有国を目指して,濃縮ウランの増産など,核開発を一層加速している,と見る多くの専門家がいる,トランプ大統領自身は,米国の危機が去った,と自画自賛に余念がないが,でも他は違う,

今日のウエッジの記事,マティス国防長官やボルトン補佐官は,全く違う発言をしており,トランプ大統領に歩調を合わしていたポンペオ国務長官も,微妙に発言を修正している,もし非核化が困難と分かれば,もう一度制裁の原点に返ることもあり得ると,北非核化の困難が,今浮き彫りになる

米朝首脳会談以来の金正恩委員長の心を読むと,非核化を同意した首脳会談の後,直ちに経済支援が始まる方向で考えていたが,全く違った,米国の制裁解除はいつになるか分からない,金委員長は直ちに北京に飛んで,北国民の待つ経済発展は,中国に依存することに決した,のでは

米朝首脳会談以降の金正恩の動きは激しい,北京で習近平主席の了解を得た後,経済使節団をどんどん北京へ送っている,国内では,多くの工場や企業を回り,ある繊維工場では,不甲斐ないスタッフの動きに,厳しい叱責を与えている,とにかく,早く目に見える経済発展を見せたいのだ,

ポンペオ国務長官が7月6日に北を訪れる,と言われている,問題は米中の貿易戦争で,7月6日に米国の関税が執行される,米中の貿易戦争は,勿論,安全保障にも響く,金正恩はこの大国の嵐の中で変節する,日本は,安倍政権が拉致にどう立ち向かうか,この際は支持するほかない,


参考資料 2018年7月3日8時26分

中国と一帯一路

◆180703 金正恩氏、視察先工場で責任者叱責
産経ニュース-7 時間前 https://bit.ly/2INiFt9
【北京=藤本欣也】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が内閣の経済指導力を批判するなど、経済再建の現状にいら立ちを見せている。2日には、北朝鮮で経済・貿易政策を担う対外経済省の具本泰(ク・ボンテ)次官が北京入りした。中国側と ...
◆180703 北朝鮮「反非核化」の動き
日本経済新聞-5 時間前 https://s.nikkei.com/2KBltyx
【ソウル=恩地洋介、ワシントン=永沢毅】6月12日の米朝首脳会談で合意した「朝鮮半島の完全な非核化」に反する北朝鮮側の動きが相次いで明らかになっている。核施設の改修作業や隠蔽工作などが報じられ、非核化が進んでいない可能性がある。1日には ...
◆180703 防衛省、北朝鮮のミサイル警戒態勢を緩和 米朝対話受け 破壊措置命令は ...
産経ニュース-8 時間前 https://bit.ly/2KH67sk
防衛省が北朝鮮の弾道ミサイルに備えた自衛隊の警戒態勢を6月下旬に緩和したことが2日、分かった。米朝首脳会談などで北朝鮮によるミサイル発射の可能性が低下したと判断し、海上自衛隊イージス艦による24時間態勢の警戒を解除、発射の兆候があれ ...
◆180703 北朝鮮「非核化」への果てしなき道程
WEDGE Infinity-22 時間前 https://bit.ly/2tV1Isv
トランプ大統領が米国民向けに意気揚々と放った非核化宣言の雲行きが怪しくなってきた。6・12米朝首脳会談以降、北朝鮮の核・ ... 日掲載された、中国国際問題研究所研究員Cui Lei氏による「北朝鮮非核化がほとんど不可能である理由」と題する寄稿文だ。
◆180703 北朝鮮、米朝首脳会談控えてもミサイル工場の拡張続けていた
ブルームバーグ-16 時間前 https://bit.ly/2tNjSfp
北朝鮮は金正恩朝鮮労働党委員長とトランプ米大統領の首脳会談を控えた時期も、主要なロケットエンジン施設の拡張を続けていた ... ミドルべリー国際大学院の報告書によれば、北朝鮮は最近、固形燃料弾道ミサイルの主要エンジンを生産する咸興市の工場 ...
◆180703 習近平の金融ブレーンが告発!「中国発の金融恐慌は必ず起こる」
現代ビジネス-2 時間前 https://bit.ly/2tQXQsc
いよいよ世界中が注視する運命の7月6日がやって来る。 サッカー・ワールドカップの話ではない。世界の2大経済大国であるアメリカと中国が、共に相手国に対して340億ドル規模もの経済制裁を課す米中貿易戦争の火ぶたが切って落とされるのだ。「米中冷戦 ...
◆180703 米国務長官、北朝鮮へ5日出発 金氏と会談へ=ホワイトハウス
ロイター-39 分前 https://bit.ly/2IK1DMx
ホワイトハウスのサンダース報道官は「重要な朝鮮半島の非核化作業の継続に向け金委員長と会談するため、ポンペオ国務長官は5日に北朝鮮に向けて出発する」と語った。 これより先に国務省は、米国のソン・キム駐フィリピン大使率いる代表団が1日、米朝 ...
◆180703 中国への技術流出は防げるか?
WEDGE Infinity-2 時間前 https://bit.ly/2tQe1Ga
米国のトランプ大統領は、中国との経済戦争を激化させていますが、その主要な関心は、当初考えられていた「米国人の雇用を守ること」から「米中のハイテク覇権争い」に移って来たようです。 中国は「中国製造2025」をスローガンに、ハイテク分野での覇権を ...

エネルギー

◆180703 イラン原油の禁輸回避を連携して探れ
日本経済新聞-9 時間前 https://s.nikkei.com/2tZk7Dl
トランプ米政権が日本や中国、欧州諸国などに、イランからの原油輸入を停止するよう求めてきた。米国のイラン核合意からの離脱に伴い、再び発動する対イラン制裁の一環だという。 理不尽な要求である。米制裁への安易な同調は中東の混乱を助長し、世界 ...
◆180703 首相、原油確保へ中東重視鮮明 再生エネ拡大支援
日本経済新聞-12 時間前 https://s.nikkei.com/2tON6L8
安倍晋三首相は11~18日にベルギー、フランス、サウジアラビア、エジプトを歴訪する。中東への訪問は5月の大型連休時に続き、今年2回目になる。原油収入だけに頼らない国を目指すサウジを訪ねた際は、再生可能エネルギーの導入などで支援する方針を ...
◆180703 日本が「中国が守るシーレーン」で石油を輸入する日
ダイヤモンド・オンライン-3 時間前 https://bit.ly/2tKeTMH
ドナルド・トランプ米大統領が、日本を含む世界各国にイランからの原油輸入を11月までにゼロにするよう要求している。イランに対して強硬姿勢を示すトランプ大統領は、「イラン核合意」から一方的に離脱を宣言し、対イラン経済制裁を復活させる大統領令に署名 ...
◆180703 商船三井の砕氷LNG船、ヤマル産LNGの北極海航路東回り・アジア向け ...
Sputnik 日本-7 時間前 https://bit.ly/2tLFCbQ
日本の海運大手「商船三井」が保有・運行する砕氷LNG船「ウラジーミル・ルサノフ」が、ロシアのヤマル半島サベッタ港から北極海を東に回り、極東までの航海を始めた。昨年12月のヤマルLNG操業開始以来、欧州向けに30以上のカーゴが船積みされてきた ...
◆180703 東電、福島の石油火力2機を長期停止 再エネ増加や需要減少で
日本経済新聞-12 時間前 https://s.nikkei.com/2MI9AVb
東京電力ホールディングスが福島県にある広野火力発電所の3.4号機を7月から長期停止としたことが分かった。合計出力は原発2基分の200万キロワットで燃料は重油や原油を使う。1989年と1993年に稼働した旧型のため老朽化しているうえ、再生可能 ...
◆180703 サウジ産原油の上昇一服 6月積み対日価格
日本経済新聞-13 時間前 https://s.nikkei.com/2z3WShg
日本の石油会社がサウジアラビアなどから長期契約で輸入する原油価格の上昇が一服した。6月積みのサウジ産代表油種は前月積み比0.2%安い。指標となるドバイ原油のスポット価格が6月上中旬に下落し、同月平均で5月を下回ったのを映した。 代表油種 ...

インド他

◆180703 India Folds Under Pressure, Halts Iranian Oil Imports
OilPrice.com-2 時間前 https://bit.ly/2KCL8ad
In more dour news for Iran, India (the world's fourth largest oil importer) is planning to cut oil imports from the embattled OPEC member. India's oil ministry has asked refiners to prepare for a 'drastic reduction or zero' imports of Iranian oil from ...
◆180703 Indonesia launches 1st wind power plant
Xinhua-7 時間前 https://bit.ly/2MFdlKO
JAKARTA, July 2 (Xinhua) -- Indonesia on Monday launched its first wind powerplant in central parts of the country, aiming at ... The government has set a target of increasing the share of renewable energy in the country's energy mix to 23 ... The oil net-import country is looking to offset risks of long dwindling oil outputs.
◆180703 India will auction 40 GW of renewable energy projects
Greentech Lead-9 時間前 https://bit.ly/2tQ4fnB
India will auction 40 GW of renewable energy projects — 30 GW solar and 10 GW wind — every year for the next 10 years ... till 2028 to meet the power demand of 862 GW by 2030,” New and Renewable Energy Secretary Anand Kumar said.
◆180703 Oil-Importing Countries Need a Cartel to Challenge OPEC
Bloomberg-10 時間前 https://bloom.bg/2z2Vagl
The announcement last month that China and India are considering forming an “OilBuyers' Club” to counter the market power of the Organization of Petroleum Exporting Countries is proof that the run-up in oil prices this year, from $30 a barrel ...

2018年7月2日 米中の貿易戦争の本質を探る,「中国は安定を目指す国家」

米国,トランプ政権の仕掛ける貿易戦争に,中国の外務省報道官は,「米国の仕掛けに応じないのは失礼に当たる」,と皮肉たっぷりに,米国へ応戦することを表明,対立はどんどん先鋭化している,そこには何があるのか,中国側からこの米中の駆け引きを見ているのが,姜義華教授である

1980年代に,日本と米国の間には,深刻な貿易戦争が起きている,当時の我々は,増えていく貿易黒字に対して,畏敬の気持ちを以て,日本経済の強さを誇りとしていた,貿易黒字の何たるかを理解できていなかったのだろう,でも識者の中には,貿易黒字の偏りが招くリスクを危惧していた,

今でこそ世界的な大戦を起こすのは容易なことではないが,半世紀前には貿易の偏在が大きな戦争を招いたものである,その後のソ連経済の崩壊を機に,資本主義経済の世界的な勝利を,日本も米国とともに謳歌したわけであるが,それが今日の中国の社会主義下の市場経済で衝撃を見る

中国経済が発展する過程で,米国をはじめとする西欧諸国は,中国の政治体制にも大きな変化が訪れるはずだ,と信じきっていた,天安門事件では,まさにその政治的変革が面前に迫った,と多くの世界の人々が思ったはずである,現時点において,それは幻でしかなかった,何故だろうか,

今日の復旦大学の姜義華特別教授の,日経ビジネスにおける,長文の記事は,中国側から見た米中の2大強国の先行きをどう見ているか,が理解できる,教授の一言は,「中国が米国のようになるとは思っては行けない」,と言うタイトル通りの議論に尽きている,問題は14億の人口規模だと,

当面の米中の対立点は貿易黒字に,更に北朝鮮や南シナ海を巡る,極東の安全保障問題であるが,貿易問題については,トランプ大統領の極めて勝手な横車,と映るけれども,これは明らかに米中の大きな貿易不均衡が生んだ,巨額の米国の赤字にあり,歴史的にも起こるべくして起こった

中国側の姜義華教授は,過去2000年以上のの歴史を見ても,中国は,西欧のような植民地主義はとらない,そこに2大大国となっても,米国との間にな大きな政策の差がある,と言うのである,教授は真面目であるが,果たして中国が他国の領土を欲しがらないか,私は大いに疑問である,

トランプ大統領は,WTOまで,米国の敵,と批判を開始した,中間選挙で大勝したら,トランプはどう変化するのか,楽しみであるが,経済競争で貿易赤字を解消することを諦めて,外交で大国を振りかざして解決する方向で走っている,まあ中国が調子に乗って売りすぎた,全く20年前の日本だ

WTOやTPPの精神は,私は,究極的に世界が完全な分業化を目指していると思っている,各国がもっとも得意な分野に集中する,そうして関税実施に移る移行期間というのは,その新しい分業構造に移る学習期間だと思う,それにしても,自動車だけでここまで来た日本経済は危機的だ,


参考資料 2018年7月2日8時28分

中国と一帯一路

◆180702 [FT]反発相次ぐ「一帯一路」投資
日本経済新聞-6 時間前 https://s.nikkei.com/2yYjP5J
中国アリババ集団の馬雲会長は6月半ば、マレーシアへ飛んだ。親しくしていたナジブ首相が5月の総選挙で退陣に追い込まれたことで、今度はマハティール新首相に取り入ろうとしたのだ。 馬氏にはアリババを売り込むと同時に、中国とマレーシアの関係を ...
◆180702 北朝鮮警戒を緩和 ミサイル迎撃態勢変更
毎日新聞-5 時間前 https://bit.ly/2lKYdjz
政府は、米朝首脳会談の実現などで北朝鮮による弾道ミサイル発射の可能性が低下したと判断し、自衛隊による警戒監視態勢を6月下旬に緩和した。政府関係者が明らかにした。防衛相が自衛隊に破壊措置命令を常時発令している状態は維持するが、イージス ..
◆180702 北朝鮮核「1年で廃棄可能」=慎重姿勢も崩さず-米補佐官
時事通信-2 時間前 https://bit.ly/2z0XhkK
【ワシントン時事】ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は1日、北朝鮮の核計画について、「米(政府の)専門家は、北朝鮮が核・ミサイル施設を完全に開示すれば、物理的には核計画の大半を1年以内に廃棄できる計画を作り上げた」と述べた。米CBS ...
◆180702 中国が米国のようになると思ってはいけない
日経ビジネスオンライン-8 時間前 https://nkbp.jp/2IIXgBE
トランプ政権は7月から500億ドル相当の中国製品に関税を課すと発表した。即座に対抗関税を発表した中国は、今世紀半ばまでに米国に並ぶ大国になるという目標を掲げている。両者の角逐は足元の“貿易戦争”だけでなく、先端技術や軍事まで幅広い分野で ...
◆180702 ボルトン氏、北朝鮮の核放棄「1年内に大半可能」
日本経済新聞-1 時間前 https://s.nikkei.com/2z2Mvuk
【ワシントン=永沢毅】ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は1日の米CBSテレビのインタビューで、北朝鮮の協力があれば「核を含む大量破壊兵器の大半を1年内に物理的に廃棄することができる」との認識を示した。ポンペオ国務長官が近く北朝鮮と ...
◆180702 米情報機関、北朝鮮が秘密施設で核燃料増産と分析=NBC
ロイター-53 分前 https://bit.ly/2tT4z4j
ワシントン 29日 ロイター] - 米情報機関は、北朝鮮が過去数カ月間に複数の秘密施設で兵器用の核燃料を増産したと分析しており、非核化協議で米国に譲歩を求める一方でこうした施設の存在を隠そうとうする可能性があるとみている。米NBCニュースが米 ...
◆180702 米国防情報局(DIA)、「北朝鮮は核兵器・施設隠蔽を図っている」判断
The Hankyoreh japan (風刺記事) (プレスリリース)-9 時間前 https://bit.ly/2tUCnOf
米情報当局は、北朝鮮には完全な非核化をする意図がなく、核兵器と主要核施設を隠そうとしていると判断したと、ワシントンポストが30日報道した。 ワシントンポストは、関連報告書を見たりブリーフィングを聞いたという米国官吏の言葉を引用し、米国防情報 ...
◆180702 正恩氏、気さくさ演出? カジュアル姿で中国国境視察
毎日新聞-5 時間前 https://bit.ly/2tIfsGW
【ソウル堀山明子】北朝鮮の朝鮮中央通信は1日、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が中朝国境に接する平安北道(ピョンアンプクド)新義州(シンウィジュ)の化粧品工場を視察したと報じた。視察日は明らかにされていないが、前日にも金委員長が中国と ...

エネルギー

◆180702 小幅増産合意も需給緩和せず原油価格は当面高止まりか
ダイヤモンド・オンライン-3 時間前 https://bit.ly/2KDmfb9
OPEC(石油輸出国機構)は6月22日に定例総会を開催して、7月から2017年1月より続く協調減産を緩和し、小幅増産を行うことを決定した。 増産に関して加盟国の賛否が分かれたため、声明文には増産規模などの詳細は明記されなかったとみられる。23日に ...
◆180702 イラン原油禁輸 米の要求に多国間で対処を
読売新聞-2 時間前 https://bit.ly/2KAFodW
米国が制裁の根拠とする国内法には、イランからの原油輸入量を大幅に減らした国への適用を除外する条項がある。米政府は今回、一切認めない方針だが、日本はEUなどと連携し、適用除外を粘り強く求めていくべきだ。 国際社会は2010年代前半に原油 ...
◆180702 石炭消費4年ぶり増 17年 日本、温暖化対策に逆行
東京新聞-53 分前 https://bit.ly/2lL7AQr
各国で石炭火力発電が縮小する中、日本は発電量が伸びたためで、温暖化防止に向けたエネルギー転換が遅れていることを示すデータ。石炭火力発電所の新増設計画が相次ぎ、国内外から「温暖化対策に逆行する」と批判が上がっている日本の姿勢に、さらに ...
◆180702 ダムや鉄道、サイバー防御不備…150件の機器
読売新聞-1 時間前 https://bit.ly/2tGHRNt
ダムや鉄道など重要インフラ(社会基盤)を遠隔地で監視するために設置している150件のインターネット接続機器(IoT機器)に、サイバー攻撃対策の不備が見つかったことが総務省の調査で分かった。パスワードが設定されていないなど無防備な事例もあった。
◆180702 LNG:6月25~29日:DES北東アジア弱含み、相場に先安観
エネルギーニュース-1 時間前 https://bit.ly/2Kx7cmJ
また豪州出しついては、三菱商事子会社のダイヤモンドガスインターナショナル(DGI)が、豪グラッドストーンLNGプロジェクトで8月上旬積みカーゴをDESベースで売りに出していたほか、ウィートストーンプロジェクト出しにも8月後半着のスポット玉が見られた。
◆180702 ミャンマー,国家債務の約半分、石油ガス公社に由来
NNA.ASIA-8 時間前 https://bit.ly/2KEu9AY
多国間の天然資源開発の協力枠組み「採取産業透明性イニシアティブ(EITI)」は、ミャンマーの国家債務の半分がミャンマー石油ガス公社(MOGE)に由来しているとの分析を明らかにした。ミャンマー・タイムズ(電子版)が6月29日伝えた。 EITIは報告書 ...
◆180702 中国国家発展改革委員会、中国による石油輸入量が増加
ParsToday (風刺記事) (プレスリリース)-13 時間前 https://bit.ly/2KlyX2h
中国国家発展改革委員会、中国による石油輸入量が増加した、としました。 イルナー通信によりますと、中国の国家開発改革委員会は、「中国は、今年5月、3900万トンの原油を輸入しており、この数字は、昨年の同じ期間に比べて、5%増加している」としました ...

インド他

◆180702 India seeks ways to continue Iran oil imports
Economic Times-5 時間前 https://bit.ly/2lOUfGW
NEW DELHI: India hopes to avoid an abrupt end to oil imports from Iran without triggering sanctions even as it readies a ... Ties between India and Iran range from the energy trade to connectivity projects, and cutting trade between the two ...
◆180702 India to Adopt New Nuclear-Capable ICBM as 'Strategic Deterrent ...
Sputnik International-8 時間前 https://bit.ly/2yXl1WI
India is poised to gain a powerful new addition to its arsenal as the country's military prepares to receive the new Agni V ... The new missile can be fitted with a nuclearwarhead and reportedly possesses a striking range of 5,000 kilometers, ...
◆180702 India to auction 40 GW renewables every year till 2028
ETEnergyworld.com-20 時間前 https://bit.ly/2KB7GIk
New Delhi: India will auction 40 GW of renewable energy projects comprising 30 GW solar and 10 GW wind every ... Kumar further said, "Therefore, we have to do 10 GW every year till 2028 to meet the overall power demand of 862 GW by 2030. ... worked out a demand projection of 862 GW by 2030 factoring in 6 per cent growth in electricity demand per annum. ... in green energy projects needs to be matched with new investments in steady, 24x7 electricity supply from thermal units.
◆180702 India To Launch Chandrayaan-2 Mission That Will Hunt For Nuclear ...
Tech Times-21 時間前 https://bit.ly/2MH1H1V
Countries and companies worldwide are keen on exploiting helium-3 as scientists hope that the isotope can be used in a kind of nuclear fusion that does not produce radioactive waste, something that may provide safer nuclear energy.
◆180702 Vietnam's Da Nang lights up with solar power
Inquirer.net-14 時間前 https://bit.ly/2IIZCAx
DA NANG, Vietnam — In an effort to become a 'green' city by 2025, Da Nang has cut 12,000 tons of carbon emissions by ... He said renewable energy sources, including solar and wind power, are a smart choice in Viet Nam as the country ... but it could help raise awareness about environmental protection and Greenhouse Gas(GHG) emissions from household ... solar power system cuts 2kg of carbon rather than rely on other power plants (hydro-power and thermo-power plants).
◆180702 Bangladesh is keen on buying renewable power from India
Business Line-8 時間前 https://bit.ly/2Klz7GV
India's neighbour Bangladesh is exploring the possibility of expanding electricitytrade between the two countries using ... in renewable energy so that we could be buying electricity from India as we already have transmission lines,” Ahmad Kaikaus, ... However, the flip side is India's own power space growth has been rather muted with no new coal or gas-based ... India's public sector BHEL had bagged a ₹10,000-crore contract last year for setting up a thermal power plant from ...


過去ログ

2018年7月6日 日米同盟と日中協商,中国との力の均衡保持が必須
2018年7月5日 大飯原発再稼働容認,エネルギー安保確保か
2018年7月4日 中国は北朝鮮の核保有をどのように考えているのか
2018年7月3日 北朝鮮の非核化に疑問の声,米朝会談以降の情勢変化
2018年7月2日 米中の貿易戦争の本質を探る,「中国は安定を目指す国家」
2018年7月1日 北の半島非核化,何を意味するか,極めて不透明

2018年6月30日 習近平主席,一寸たりとも祖先の領土は失わない
2018年6月29日米国のマティス長官は南シナ海問題に取り組めるのか
2018年6月27日 地震の生起予測はもう結構,重要建物の総合対策に焦点を
2018年6月26日 北朝鮮は主体思想を放棄して中国の核の傘に入るのか
2018年6月24日 18世紀の漢民族日本流入は,少子化のモデルとなるか
2018年6月23日 「米国主導での非核化はなし」,中国が北に釘を刺す
2018年6月21日 習近平主席は,北朝鮮の,段階的非核化に慎重
2018年6月20日 北朝鮮は再び中国の属国となることを受け入れたのか
2018年6月19日 日本と北朝鮮の関係は,米朝関係の裏返し
2018年6月18日 北朝鮮が安倍首相を集中攻撃,野党も便乗か
2018年6月17日 北朝鮮の背後に中国の意図,南北統一は夢か
2018年6月16日 北朝鮮の核攻撃を簡単に防ぐ方法は,友好国になることだ
2018年6月15日 米朝会談は中国の描くシナリオで進んだのか
2018年6月13日 金正恩,また会えますか,トランプ,準備が出来たらどうぞ
2018年6月12日 平壌、異例の権力空白 「留守中混乱なし」に自信
2018年6月11日 平壌の軍のクーデター,可能性はないのか
2018年6月10日 荒れるG7,トランプ,「シンゾウ,君から説明してやれ」
2018年6月9日 金正恩は中国機に護衛されてシンガポールへ
2018年6月7日 アジア太平洋国防相会議,太平洋インド洋構想
2018年6月6日 米朝首脳会談が終戦協定に姿を変える可能性,非核化何処へ
2018年6月3日 日本,敢えて極東での孤立化を選ぶか,やむを得ない
2018年6月2日 朝鮮半島非核化統一を望まぬ習近平政権

2018年5月31日 南シナ海中国軍事拠点化,米国のマチス国防長官が批判
2018年5月30日 金正恩,核放棄後の国内軍部や民衆の反応に重点
2018年5月29日 次世代の日中経済の鍵を握るパナソニック
2018年5月27日 王岐山副主席,朝鮮半島は中国の核心的利益
2018年5月24日 トランプ,「習近平は世界一流のポーカープレーヤー」
2018年5月23日 青年はあくまで清く,大人は地位とともに汚れていく
2018年5月22日 中村愛媛県知事の行動の危うさ,金正恩の決意
2018年5月20日 阿武隈川に燃えさかる米軍爆撃,トランプ政権取引,日大
2018年5月16日 北朝鮮,急遽南北会談拒否,米韓演習が衝撃
2018年5月13日 日本と北朝鮮の関係は新しい段階へ入った,拉致問題
2018年5月12日 米朝がシンガポールへ,追い詰められる北朝鮮
2018年5月10日 金正恩は核完全放棄に抵抗し,習近平は米軍撤退
2018年5月9日 北朝鮮,対中首脳会談再び,核廃棄問題難航か
2018年5月8日 北朝鮮,日米を牽制,経済制裁強化で
2018年5月7日 北朝鮮は一度も核廃棄を口にしていない
2018年5月6日 イランの核合意,トランプは正論,イスラエル空爆あり
2018年5月5日 インドネシア,チタルム河の河川汚濁
2018年5月4日 海外からの機密文書で,機密漏洩で国会が一番危ない
2018年5月3日 朝日の報ずる,北の核廃棄全面受け入れ,疑問
2018年5月2日 北朝鮮問題を中国が操っているなら,目的は米軍撤退
2018年5月1日 中国の党独裁体制が理想なのか,フンセンの裏切り

2018年4月30日 北朝鮮問題で日本孤立,敢えて孤立を選ぶ国益
2018年4月29日 北の核放棄は金体制維持可能かどうかで決まる
2018年4月28日 大阪市の昼間人口は350万人,北朝鮮問題核廃棄に繋がらず
2018年4月26日 北朝鮮の非核化失敗で米朝戦争勃発の恐怖
2018年4月25日 米朝協議問題で,韓国からの米軍撤退が,一つの焦点
2018年4月22日 北朝鮮問題,日本は敢えて孤立を避けるな
2018年4月21日 核の傘に安住する日韓が北の核廃棄を,これ矛盾?
2018年4月20日 果たして米朝会談は行われるのか,断末魔の米政権
2018年4月18日 6月解散総選挙は,野党の思惑か
2018年4月15日 訪米を前にした安倍首相,安保デモを想起
2018年4月14日 インドネシアの戦友の一人,原田次夫氏逝く
2018年4月12日 米朝対話,トランプは拉致にコミットも,信頼できないなあ
2018年4月11日 米朝対話は実現できるのか,日本のプレゼンスはゼロ
2018年4月10日 米朝会談,北朝鮮の半島非核化は本気か
2018年4月8日 「拉致問題解決済み」,金正恩は対日姿勢はこれを貫くのか
2018年4月7日 養父中学,70年前のクラス会,但馬に集合
2018年4月4日 気になる米国の中東への傾倒,イラン核合意破棄
2018年4月3日 在韓米軍家族の避難先は横田基地でなく米本土
2018年4月1日 北朝鮮は,拉致と核問題抜きで,東京五輪参加と思っているのか

2018年3月31日 日本の極東での孤立化,敢えて避ける必要ない
2018年3月30日 同等の武器を持った者同士が,初めて交渉できる
2018年3月28日 中国は北の核を容認したのか,米朝会談前に
2018年3月27日 佐川さん,全部責任をかぶるようだ,潔い
2018年3月26日 憲法改正や消費税増税,安倍政権は続投出来るのか
2018年3月25日 米国の対中経済制裁,世界の完全分業化に逆行
2018年3月24日 ボルトン補佐官就任と米中関係,米朝より優先事項
2018年3月23日 ブロックチェーン,我々も追いかけなければ
2018年3月21日 中国が新体制で走り出す,米中関係と国内統一
2018年3月19日 新名神開通も予想を当たった周辺の大混乱
2018年3月18日 中国習近平政権の人事が決定,特異な王岐山副主席
2018年3月17日 新名神が神戸まで開通,そのインパクト
2018年3月15日 ティラーソンを切ってまでの米朝会談,リスクが大きい
2018年3月12日 習近平主席が終身制の指導者に向かうのか
2018年3月11日 分かっている問題をことさら政局にして自殺者まで
2018年3月10日 日経新聞,習近平政権の北朝鮮への焦りを伝える
2018年3月9日 中国,南北会談を慎重ながら応援,大国外交意識
2018年3月8日 北朝鮮問題への中国の思惑,最後は6カ国協議か
2018年3月7日 北朝鮮,金正恩のプレゼンをどう見るか
2018年3月6日 北朝鮮が動き,習近平が長期政権を視野,日中の協力の舞台
2018年3月4日 安倍政権の憲法改正には期待できない
2018年3月1日 中国の経済拡大は日本にとってマイナスではない

2018年2月28日 自民の憲法9条改正は目処がついた,武装の高度化
2018年2月27日 安倍政権の憲法改正は複雑化してきている
2018年2月25日 盲目の潜水艦は何に依存し位置を確認しているのか
2018年2月19日 混乱する希望の党の現状は憲法問題に重大な影響
2018年2月18日 朝鮮半島の出口戦略が見えてきた,壁崩壊か,VNP体制か
2018年2月17日 一挙に日本の格を上げる,「仮想核保有国理論」
2018年2月15日 羽生選手は団体戦出場を希望したが周囲が説得した
2018年2月14日 憲法9条がなければ羽生結弦は団体戦に出ただろう
2018年2月12日 日米安保の信頼性と憲法9条2項は関係するのか
2018年2月10日 コスタリカ方式というのは戦力放棄から来ているのか
2018年2月9日 我々は米軍に守られていることで憲法9条を受け入れ
2018年2月7日 憲法,日米安保が流動的なら,2項削除
2018年2月6日 イスラエルの自主防衛へのこだわり
2018年2月5日 本条の目的に沿った軍隊を含む組織の活動を禁止しない
2018年2月4日 憲法は目指す「理想の姿」ではなく今守るべきルール
2018年2月1日 航空機,日本1600機,中国2800機,高度化を図れ

2018年1月31日 日本としての攻撃抑止力,左派政党を説得して
2018年1月30日 自衛隊の人々から学ぶ寒さ対策,実験してみた
2018年1月28日 そこまで言って委員会,憲法の国民投票に悲観的
2018年1月27日 次の安全保障の論点は戦力拡張は何処まで必要か
2018年1月26日 日本の軍備は経済と見合った規模,特攻隊は憲法違反
2018年1月25日 自衛権か自衛隊か,自民党内で議論が続く
2018年1月24日 憲法9条改正への世論調査出そろう,9条は30%
2018年1月23日 ANN世論調査で,憲法改正賛成が63%に達す
2018年1月22日 日米国防相,軍備拡張の目標は中国とロシア
2018年1月21日 もし特攻が必要な場面では,若者でなく老人を送れ
2018年1月20日 経済に見合った高度な戦力は国際世論を味方に出来る
2018年1月19日 立憲民主党が極左へ流れていくのを憂う
2018年1月17日 高村元外相の憲法論,そのまま自民党の方針
2018年1月16日 今,護憲派と称する人たちが,解決できない矛盾にある
2018年1月14日 「憲法はライオンを閉じ込める檻」,なのか
2018年1月13日 中国も憲法改正に取りかかる,習近平の核心へ
2018年1月12日 バノン氏,「このままでは米や日本は中国の属国になる」
2018年1月11日 抑止力は敵地攻撃能力と報復攻撃能力の積ではないか
2018年1月10日 自衛隊の抑止力は,高度な武装により,犠牲ゼロに
2018年1月9日 憲法改正に必要な票は,わずか2500万票
2018年1月8日 専守防衛は抑止力にならない,報復の概念さえない
2018年1月7日 国民投票,投票率50%の過半数は,専守防衛は
2018年1月6日 憲法改正,自衛隊の加憲だけでは如何にも姑息
2018年1月4日 仮説,国の経済に応じた軍備,それが世界平和の根幹

2017年12月30日 河野太郎,安倍後継に急浮上,党内は否定的
2017年12月29日 大国の交代時期に生まれる「キンドルバーガーの罠」のリスク
2017年12月28日 「専守防衛」論が利敵行為に聞こえる昨今,護衛艦,巡航ミサイル
2017年12月27日 国際的な資源を使う資格は国内資源を開発した国に
2017年12月26日 石炭火力を人類は捨てることができるのか
2017年12月23日 関西電力の大飯原発立地返上は,正解なのか
2017年12月22日 エルサレム問題,日本にとって厄介この上なし
2017年12月21日 中国と米国の海軍力増強競争,日本も巻き込まれる
2017年12月20日 河野外相が専用機を要請,どうも本気でやるつもり
2017年12月19日 伊方原発運転差し止め,タイの軍事クーデターと同じ
2017年12月17日  防空網強化に立憲民主が反対の立場
2017年12月15日 誰でも止められる原発再稼働,広島高裁の横やり
2017年12月14日 中国の基本的問題点は原油と天然ガスがないこと
2017年12月13日 ベトナム,親日国,知れば知るほど親近感
2017年12月12日 ネパール,親中国政権誕生の行く末
2017年12月10日 日本,極東のイスラエルとなる勿れ
2017年12月8日 エルサレム問題,敵に囲まれて生きるイスラエル
2017年12月4日 中国は北への石油全面禁輸がミサイルを北京に向けさせると
2017年12月2日 トランプ,北朝鮮巡る中国の外交努力に不満
2017年12月1日 米国が電気自動車の優遇廃止に動き出した

2017年11月28日 南シナ海問題の行方,トランプ政権の考え方
2017年11月26日 意識的か,低次元な会計検査院の姿勢
2017年11月25日 東南アジアの自動車産業,EVよりHVか
2017年11月23日 モリカケを早く終えて,安全保障の議論を
2017年11月22日 厳寒の標高600mで繰り広げる生き残り
2017年11月19日 日本の将来,東アジアのイスラエルか
2017年11月15日 ネパール水力の中国企業排除,影響大
2017年11月14日 米国は習近平の「新型大国関係」を受け入れたのか
2017年11月12日 日本企業が急速充電のシステムを中国へ
2017年11月9日 加速する「電気飛行機」開発,そう簡単ではないでしょう
2017年11月8日 世界石油需要1億バレル超す,EV,再エネでも
2017年11月7日 電気自動車の特徴で極めつけは,誰でも造れる
2017年11月6日 中国紙,日本の車メーカーの戸惑いに,皮肉
2017年11月5日 真っ黄色だった黄河が透明になった
2017年11月4日 中国の飽くなき技術開発への意欲が世界を席巻
2017年11月3日 水素燃料車に拘るトヨタの思考は正しいのか

2017年10月26日 自動運転の話は難しい,でも電車と同じコンセプト
2017年10月24日 電気自動車の電源問題は中国とインド
2017年10月2日 首長党首の悪癖を絶つべき時ではないか
2017年10月1日 希望の党の戦略は左派リベラルを点火した

2017年9月28日 橋下徹,「議院内閣制には向いていない」,小池しかり
2017年9月24日 EVや自動運転,開発受託に流れる
2017年9月23日 EV新時代と言うが,ガソリン車,ディーゼル車は
2017年9月21日 EVで日本が揺れている,訃報 杉木清氏
2017年9月18日 中国のEV発言がトヨタを走らす,日本は多様性に期待
2017年9月17日 フランクフルトのモーターショウ,EVを煽る
2017年9月16日 電気自動車へのシフト,日米政府が無駄な抵抗か
2017年9月15日 自動車のEV移行は,案外早い可能性がある
2017年9月13日 北核問題はもういい,電気自動車への流れは本物か
2017年9月12日 キッシンジャーは,米朝より米中対話促進と
2017年9月10日 モーターで走る車なんて乗りたくない
2017年9月9日 自衛隊が「敵地攻撃力」を手にする機会はあるのか
2017年9月8日 日本の左派系,独自の核武装を認めるか
2017年9月7日 核施設のみならず一瞬で北朝鮮の全焦土化狙う米国
2017年9月6日 デカップリング,北の核に米の傘は有効か
2017年9月5日 北朝鮮の核開発は「戦艦大和」,東洋人の滅びの美学
2017年9月4日 「北朝鮮核容認論」,誰がなにゆえに叫ぶのか
2017年9月3日 北の核実験,米国のレッドラインを超えたのか
2017年9月2日 湯川れい子,戦況悪化 父の急死 激務重なる 葬儀の日
2017年9月1日 米国主要紙も日本の核武装に言及

2017年8月31日 北朝鮮の核は本来は半島武力統一のためだ
2017年8月29日 北朝鮮危機の裏で、中国・インドが「あわや開戦」
2017年8月27日 中国に起きる2018年問題,米中の覇権争いの一環
2017年8月26日 中国の経済力,何処まで伸びるか,脅威
2017年8月25日 北朝鮮問題は単なる前座,米中は如何に戦うか
2017年8月22日 中国の南シナ海の実効支配強化,海上原子力発電所
2017年8月20日 米国と北朝鮮は妥協できるのか
2017年8月19日 中国のシェールガス,生産量拡大,バロンの退場と世界の覇権
2017年8月17日 金正恩は中国を狙っている,日経の見方
2017年8月16日 NHK,悲惨なインパール作戦を特集
2017年8月15日 終戦から72年,北の核がどの方向に向かうのか
2017年8月14日 環境大国を目指す中国,EV車生産に義務化,2018年
2017年8月13日 電気自動車,EV車が主流か,日本は
2017年8月11日 北朝鮮がグアムを実験の標的に,その背景は
2017年8月9日 中国の経済覇権が東西に及んでいる
2017年8月8日 ASEAN,河野外相と王毅外相の初の対決
2017年8月7日 日米原子力協定が来年7月,改定を迎える
2017年8月6日 全世界がEVシフトを進める中,日本だけ水素?
2017年8月5日 「日本に核武装させるべきか?」,米メディア
2017年8月4日 北朝鮮はともかく,金正恩は米国を憎んでいるのか
2017年8月3日 安倍内閣改造,ティラーソン長官と北朝鮮
2017年8月2日 高等教育無償化と憲法改正の議論
2017年8月1日 北朝鮮の政権交代を狙う米国の戦略

2017年7月31日 北朝鮮の経済が堅調に推移している不思議
2017年7月30日 北朝鮮問題,米朝直接対話は可能なのか
2017年7月29日 対北朝鮮「戦争」までのタイムテーブル
2017年7月28日 南シナ海,中国覇権に対する行動,何が有効
2017年7月26日 南シナ海はスカボロー岩礁が焦点
2017年7月25日 南シナ海の波乱,再び顕在化,武力のみか
2017年7月23日 カタール危機,実はヘリウム供給に問題あり
2017年7月22日 航空機がガソリンで飛ぶ限り,原油価格が世界支配
2017年7月20日 太陽光エネルギーの進化は,石炭石油を滅ぼすか
2017年7月19日 元通産省水力課長鈴木篁氏の訃報,水力に多大の貢献
2017年7月18日 米国は貿易赤字解消のために,シェールガスを切り札に
2017年7月17日 米朝直接対話の機会は,徐々に醸成されつつある
2017年7月16日 香港の一国二制度は,2047年まで
2017年7月15日 ノーベル平和賞賞者の劉暁波氏が死去,遺灰でもめる
2017年7月14日 支持率,安倍首相とトランプ大統領の争い
2017年7月13日 安倍一強,崩れるか,政治の安定がほしい
2017年7月9日 安倍首相が習近平主席に,一帯一路に協力的発言
2017年7月8日 トランプのワルシャワ演説,日本メディアは殆ど無視
2017年7月7日 トランプのワルシャワ演説の衝撃,「欧州防衛は自由を守るという意思の問題」
2017年7月6日 北の核容認論,徐々に主流の考え方に
2017年7月2日 インドとの同盟関係構築,忘れ去られていないか
2017年7月1日 第3次大戦で生き残るのはブータン,スイス

2017年6月30日 トランプ政権がエネルギー覇権を目指す
2017年6月29日 アメリカが「世界最強の資源国」になる日,現代ビジネス
2017年6月28日 トランプ政権は中国の覇権拡大に対処する気はあるのか
2017年6月27日 日本近海のメタンハイドレートは開発可能か
2017年6月25日 「一帯一路」,国際社会から信頼を獲得していくことが必要
2017年6月24日 東芝問題は半導体のみならず原発問題も
2017年6月23日 中国が本性むき出しに,覇権国家への歩み
2017年6月22日 中国は北朝鮮を説得できない,米朝協議を待つ
2017年6月21日 韓国や台湾の脱原発が意味するもの
2017年6月17日 親日国タイの急速な日本離れを憂う,中国鉄道建設
2017年6月15日 原発の耐用年数は短い,60年以上が可能では
2017年6月14日 地球は石炭で出来ている,エネルギーの永遠のテーマ
2017年6月12日 将来の水素社会と、現在の電気社会、どう選択する
2017年6月7日  一帯一路,日本の協力は,採算性重視で
2017年6月6日  CCSが可能なら,話しが全部違ってくる,石炭火力
2017年6月5日  水素社会,エネルギーの輪廻に,理解困難
2017年6月4日  南シナ海問題,ティラーソン長官が中国非難演説
2017年6月3日  トランプ,パリ協定離脱,温暖化は大波に揺れる笹舟
2017年6月1日  ミッドウエー生き残りの瀧本さんが残したもの

2017年5月31日  中国は石油完全禁輸はできない,北の核が北京に
2017年5月30日  米朝協議,その機会を狙って動く,トランプ政権
2017年5月29日  前川さん,卑怯だと思う,丸腰の人に銃を向ける
2017年5月28日  G7,中国外務相会見,「中国のあら探しばかり」
2017年5月26日  インド,シルクロードに挟撃,日本は手を差し伸べて
2017年5月25日  インドのモディ首相,中国の一帯一路に,強烈な肘鉄
2017年5月24日  北朝鮮問題は米朝対話が基本,中国に出口戦略はあるのか
2017年5月23日  なぜ北のミサイルを迎撃しない,疑問が多発
2017年5月21日  金正恩,慰安婦像で,日本を無闇に刺激するな
2017年5月20日  米朝協議こそが基本,北の核は米国の元で温存
2017年5月19日  憲法の耐用年数は3世代以上,現今の理想論は排除せよ
2017年5月18日  北朝鮮を早くこちらに取り込もう,ロシアの前に
2017年5月17日  北朝鮮,森友,もう飽きた,次は一帯一路構想
2017年5月14日  一帯一路,中国の経済覇権に,日本はどう対応するか
2017年5月12日 岩礁占拠はやめろ,と言えるぐらいの国になりたい,沈黙はもう嫌
2017年5月10日  北朝鮮は失うものがない,日本の失うものは巨大
2017年5月7日  北朝鮮の核容認論が,各所で火を噴いている
2017年5月6日  北の核開発の「凍結」が,米朝対話の条件となり得るか
2017年5月5日  中国の対北説得の失敗と,米国の,「北の核容認論」
2017年5月4日  北朝鮮が中国を激しく非難,米朝協議は地下に潜る
2017年5月3日  米朝協議の後の米中の軍拡競争が怖い
2017年5月1日 米国海軍に取り囲まれたのでは,中国も気持ちが悪い

2017年4月30日 ASEANはドウテルテ大統領の主導,南シナ海を守れ
2017年4月29日 先ずソウル市民を100キロ後方へ移動させよ
2017年4月27日 環球時報,ピンポイントか38度戦超えか,米朝協議は
2017年4月23日 米韓が38度線を越えれば中国参戦
2017年4月22日
 米朝協議までは一直線,非核化は無理
2017年4月21日  金正恩が日米経済と連携する手腕を注視
2017年4月20日 日米の真の問題,北朝鮮ではなく,南シナ海など中国の覇権
2017年4月19日  金正恩は核の米国管理に同意すると思う
2017年4月18日  北問題は意外な方向に転換する,中国包囲網
2017年4月17日  戦争は起きないだろう,でも,日中は難しい局面に
2017年4月12日  北朝鮮の全人代開催,金正恩出席,斬首の好機だったか
2017年4月11日  北への600発のミサイル,拉致被害者,私なら行く
2017年4月9日  シリア攻撃のサプライズに習近平主席の反応は
2017年4月8日  米中会談成果なし,と報じている,北朝鮮派生き延びるか
2017年4月7日  米中首脳会談前夜,フィリッピンの南シナ海変節,東芝売るな
2017年4月4日  北朝鮮はどの国にとって危険なのか,日本は
2017年4月1日  保護主義と自由主義の衝突,と中国は言う,攻守全くところを変えての論戦

2016年1月1日 原油価格,国際通貨危機への懸念
2016年1月2日 王毅外相,日本は中国と張り合おうと思うな
2016年1月3日 シェール革命と地球温暖化の矛盾
2016年1月4日 電力自由化,4月からの小売り参入100社以上
2016年1月5日 「一億総特攻」と「一億総活躍」の違いは
2016年1月6日 中東危機の責任は一にかかってオバマ
2016年1月7日 サウジとイランの関係は悪化の一途
2016年1月9日 原油も株も北鮮も,米中の責任なすり合い
2016年1月10日 電力自由化,高くて不安定,誰が買うのか
2016年1月11日 中東の警官役,中国は肩代わりできるのか
2016年1月12日 再生可能エネルギー,独立出来るか
2016年1月13日 全面電力自由化に備え合従連衡が進む
2016年1月14日 中国,原子力作業台船を建造,遠洋島嶼問題
2016年1月15日 関西電力の原発との心中作戦,成功か
2016年1月16日 電力全面自由化,電気はどこから来るの?
2016年1月17日 再度,電力全面自由化,供給責任は誰がとるのか
2016年1月18日 イランの制裁解除,更なる原油安に拍車
2016年1月19日 原油恐慌と中国経済の危機管理
2016年1月20日 習近平主席が中東を訪問へ
2016年1月21日 全面電力自由化に於ける供給責任について
2016年1月22日 中国経済の二面性に注目,日本への影響
2016年1月23日 一億総特攻と一億総活躍,どう違う
2016年1月24日 中国がイランに原発2基建設を支援
2016年1月25日 中国,粗鋼石炭など供給サイド改革へ
2016年1月26日 高浜原発の再稼働は29日か,周辺避難計画要
2016年1月28日 電力自由化に対する2016年の課題
2016年1月29日 激戦地フィリッピン,天皇の慰霊が続く
2016年1月30日 原発再稼働で廃棄物処理の進展を期待する
2016年1月31日 東北津波に備える大規模防波堤

2016年2月1日 銀行のマイナス金利は納得できない
2016年2月2日 電気自動車は北京の大気汚染を救えない
2016年2月3日 電力全面自由化の根幹が理解できない
2016年2月7日 全面自由化の世界に於ける電源開発
2016年2月8日 北朝鮮ミサイルに対峙する日本政府,大丈夫か
2016年2月9日 原油価格はどこに収斂するのか,10年は変わらず
2016年2月10日 電力自由化で料金低下の難しさ
2016年2月11日 中国経済や原油価格暴落のせいにするな
2016年2月13日 ベトナム,石炭火力開発しない,宣言
2016年2月15日 準備が進む全面電力自由化
2016年2月16日 分かった,電力小売り自由化のメカニズム
2016年2月17日 シリアの惨状を嘆く,大国の責任
2016年2月19日 モロッコの太陽熱発電,電気料金は
2016年2月23日 原子炉の廃炉など,技術者の永続性に危惧
2016年2月24日 電力自由化は当面隙間産業と理解すべきか
2016年2月25日 電力自由化と広域系統運用の拡大
2016年2月27日 大きな虎が逃げて兎狩りに追われる
2016年2月28日 再生エネは電力全面自由化には対応できない

2016年3月1日 高浜4号機の連続トラブルは困る
2016年3月2日 電力自由化の電力調達の議論
2016年3月4日 沖縄の辺野古,急転,県と和解成立か
2016年3月5日 自由化後の大手電力の義務が理解困難
2016年3月6日 沖縄の基地問題はどこに行く
2016年3月7日 聖火台はスカイツリーの天辺に
2016年3月8日 2050年バラ色の日本,人口1.5億人
2016年3月9日 電力自由化,電気不足への対策は
2016年3月10日 高浜運転差し止め命令の衝撃
2016年3月11日 日本は水素社会の実現を目指しているのか?
2016年3月12日 中国エネルギー消費量,ピークアウトか
2016年3月13日 人工知能囲碁が人間を破った
2016年3月14日 東京一極集中,消費者庁移転,大阪副首都化
2016年3月15日 直撃,マイナス金利,エコノミストのお遊びか
2016年3月16日 曇る賃上げの春に,「これは謀反だな」
2016年3月18日 東芝よ,再び日本の技術牽引の日を待っている
2016年3月19日 ダブル選,シニアと若者の対立か,「死ね」,インパクト
2016年3月20日 中国,メコン川干害へ,ダム放流
2016年3月22日 原油生産量1日あたり約80万バレルが 「行方不明」
2016年3月23日 高浜,原発運転差し止めに思う
2016年3月24日 中国とインドの間に横たわるネパール,争奪戦
2016年3月27日 いよいよ,すべてが,春に向かって発進
2016年3月28日 メコン流域に進出する中国,タイの微妙な対応
2016年3月29日 日経の,「エネルギー,貯めない技術」
2016年3月30日 太陽光は耐用20年でKWh25円まで下がった
2016年3月31日 北東アジア電力融通構想

2016年4月3日 高浜差し止めの余波,関電の社長人事
2016年4月4日 美しき国へ,原発技術は中国依存か
2016年4月7日 黒塗りTPP資料とパナマ文書の暴露
2016年4月8日 2050年,「日本は世界一の超大国になるのか」
2016年4月9日 日本の政治は余りにも姑息ではないか,2050年問題
2016年4月11日 2050年の超大国論,高速炉の導入
2016年4月12日 米国の国益重視,2050年の大国論
2016年4月13日 結局,沖縄問題が日本の変革をもたらすのか
2016年4月14日 沖縄独立論は相当にリアルである
2016年4月18日 産油国会合、意見割れ協議継続へ
2016年4月20日 沖縄独立論で説明不足の混乱
2016年4月24日 電力自由化,なぜ値下げ幅は低いのか?
2016年4月27日 熊本地震と原発の運命,仙台,玄海,伊方
2016年4月29日 日本は今でも中国発展にプラスになっているのか
2016年4月30日 海に浮かぶ原発,中国が20基の建設を計画

2016年5月1日 中国国連大使,米韓演習中止で北核開発中止
2016年5月3日 巨大タンカー83隻が現在中国を目指している
2016年5月4日 ミャンマーのダム建設,政権の試金石へ
2016年5月5日 自動車運転の自動化,囲碁の人工知能
2016年5月7日 トランプ旋風で右往左往の日本の政治
2016年5月11日 87歳で500万円で歯を全部インプラント
2016年5月13日 日本の海外投資のリターンは20兆円に
2016年5月14日 熊本大地震の黒川第一発電所
2016年5月15日 中国経済の行方に情報集中
2016年5月19日 原油価格回復とナイジェリアの無法地帯
2016年5月20日 怒江,中国で唯一ダムのない川
2016年5月21日 原油安に潜む大型リスク,日本に危機感
2016年5月22日 英コンサル,石炭火力,日本最悪
2016年5月23日 中国放棄か,ベネズエラ高速鉄道計画
2016年5月24日 「浮かぶ原発」,中国の原発開発の本気度
2016年5月25日 原子力損害賠償制度はどうあるべきか
2016年5月26日 「空中」走るような中国の新交通システム
2016年5月29日 世界の安定へ重くなるG7の役割
2016年5月30日 増税は敢行すべき,景気対策で
2016年5月31日 関電原発仮処分,補償要求が成立するか

2016年6月1日 アジア大国のためには増税すべきだった
2016年6月2日 中国もインドも,最終的には水不足の危機
2016年6月3日 対中関係に苦慮,ミャンマーのスーチー
2016年6月4日 カーター国務長官,土俵際で反撃
2016年6月5日 インドネシアの不実,でも日本は進む
2016年6月6日 南シナ海問題が国際世論の俎上に
2016年6月7日 いつまで続くフンセン政権,カンボジア
2016年6月8日 中国の海洋覇権が我がエネルギー自立を促す
2016年6月9日 米国の石油生産トップは2年続き
2016年6月10日 インドの周辺関与強化が波紋広げる
2016年6月11日 「半導体」で軍事強化を狙う中国
2016年6月12日 日中ロボット戦争勃発か,独ロボット
2016年6月13日 桝添問題,だらしないのは都議会議員
2016年6月15日 「だらしないのは都議会議員」,反応なし
2016年6月16日 中国軍艦,「南シナ海の深海と連動」説
2016年6月18日 近く起こり得る世界の大規模軍事衝突
2016年6月20日 沖縄の立場や尖閣など,エリート理解せず
2016年6月22日 尖閣は自分で護る,米国にそう言えと
2016年6月23日 英国のEU離脱,19世紀を感ずる
2016年6月24日 「日本は一夜で核開発可能な能力」
2016年6月25日 南シナ海は日本の自衛権上存立危機」か
2016年6月27日 英国離脱,中国のEU接近に赤信号
2016年6月28日 あの憲法9条でよくここまで来れたな
2016年6月29日 南シナ海は世界の海上輸送の半分,5兆ドル
2016年6月30日 反グローバルか,英国離脱は世界の潮流


2016年7月1日 核燃料サイクルが危機,藤洋作氏出馬か
2016年7月3日 海外現場でいや増すテロの危機感
2016年7月4日 日銀金融緩和は「インパール作戦」か
2016年7月5日 南シナ海の波高く,再び米艦
2016年7月7日 電力小売り自由化のインパクトは小さい
2016年7月9日 参院選,南シナ海,中国インフラ,電力自由化
2016年7月10日 参院選,公明党とおおさか維新の対自民,茨国
2016年7月12日 核先制不使用,南シナ海国際裁判
2016年7月13日 中国,実効支配で対抗,軍事拠点化
2016年7月15日 ハーグ後の米国,中国の海外投資とテロ,新宝塚
2016年7月16日 トルコ「クーデター失敗」,安倍・李克強会談
2016年7月17日 裏磐梯の悲劇,北京の沖縄国際会議
2016年7月18日 トルコ騒乱は危機一髪,南シナ海の中国の姿勢
2016年7月20日 孫正義,トルコで北京激震,LNG中東へ逆流,大橋巨泉
2016年7月21日 リニア大阪2037年,102歳,押し返すインド外交
2016年7月23日  高速鉄道商戦 日中再び火花,,梅田会議,新宝塚
2016年7月24日  公明の加憲,ミャンマーの翡翠, ASEAN外相会議
2016年7月26日  昭和19年生友人達,中国ASEAN分断,吉か凶か
2016年7月27日 南シナ海,中国が米国に支援要請,一転沈静化を図る
2016年7月29日  日本のエネルギー基本政策と原発
2016年7月30日  中国,空母6隻体制,半導体自給体制,英国の原発
2016年7月31日  南シナ海で苦境の習主席,IoTもののインターネット

2016年8月2日  電力自由化,遭遇する困難,関電の仮想発電所
2016年8月3日  内閣改造,スリランカが中国で迷い,英新政権と中国
2016年8月4日  日本人の多くは,将来の中国との関係に,大きな関心
2016年8月6日  憲法9条改正論,議論の難しさ
2016年8月7日 タイの新幹線,中国発「鉄冷え」,アフリカ市場
2016年8月9日  英中関係に混乱,中国の「もののインターネット」
2016年8月10日 トルコとプーチン,英国原発,中国新幹線
2016年8月11日 中国大使が英政府に抗議,国内では反原発運動激化
2016年8月12日 米中首脳会談9月,尖閣沖事件,送電網解放
2016年8月14日  中国インフラ投資と外交政策,新大阪ゴルフ
2016年8月15日  終戦記念日,核廃棄物どうする,英国中国原発,
2016年8月16日  尖閣沖波高く,豪州の苦悩,英国原発
2016年8月17日 スーチー北京へ,豪送電網と中国企業,南シナ海公海
2016年8月19日  ミャンマーの抱える民族問題,新宝塚オープン
2016年8月20日   21世紀の日本は「ダム」によって救われる
2016年8月21日  21世紀は大陸国家と海洋国家の対立
2016年8月23日  アベノミクスの転換が迫られている,茨木国際オープン
2016年8月24日  東アジアも悩む核廃棄物処理,中国浮体原子炉
2016年8月26日  フィリッピンの南シナ海誤解,新宝塚オープン
2016年8月27日  尖閣諸島問題はどう始末するか,台風10号逆戻り
2016年8月28日  夢の成功国家,実現への秘策は,2050年
2016年8月29日 台風は関東へ,世界大乱の兆し,中国原発開発
2016年8月30日 老いる米国,最強経済を覆う停滞の影,電力自由化
2016年8月31日  とっても困る,とられても困る,尖閣の向かう先

2016年9月1日  新潟県泉田知事退任報道,廃棄物400年
2016年9月3日  ダムは国産エネルギー,英国原子炉,新宝塚
2016年9月4日  中国,パリ協定合意,G2構想にくさび,
2016年9月6日 G20終わる,英国は,フィリッピンは,茨木国際オープン
2016年9月7日  三反園知事原発反対,働き方改革
2016年9月9日  南シナ海で中国切り抜ける,新宝塚オープン
2016年9月10日 囲碁三段への挑戦,北朝鮮の無頼
2016年9月11日  中国の半導体産業革命,中国にとって北朝鮮とは
2016年9月13日  北朝鮮は中国へ事前通知,茨木国際オープン,囲碁三段
2016年9月15日  日本のインフラは資産か,米比関係の危うさ
2016年9月16日  梅田に賢人集合,英国中国原子炉容認,ドウテルテは日本びいき
2016年9月17日  京都一周,民進党人事,ドウテルテは殺人犯
2016年9月18日  世界の華僑4千万人,フィリッピンの大統領
2016年9月19日  明日の台風,日中の経済連携,産経の石原さん
2016年9月20日  台風16号,中国との経済連携探る,ドウテルテ何処へ
2016年9月21日  豪栄道,高速増殖炉は何処へ,中国経済
2016年9月22日  高速増殖炉の立地問題,再考を望む,3点あり
2016年9月23日  政府と日銀の「総力戦」開始,国の防衛,
2016年9月25日  北朝鮮問題で元CIA長官強硬発言,豪栄道優勝
2016年9月27日  米大統領テレビ討論のエネルギー,茨木国際オープ
2016年9月28日  ドウテルテ大統領訪中確定せず,中印国境,眼科検診
2016年9月29日  やっと分かったか,電気自動車に発電所必要
2016年9月30日  タイと中国の鉄道協力,日中が激しい争い

2016年10月1日  フィリッピン経済の行方,ドウテルテ大統領の素性
2016年10月2日  北方領土交渉,「深夜の男」,プーチン
2016年10月3日  ブラマプトラ河上流チベット領内の中国ダム建設
2016年10月4日  大隈さんの医学生理学ノーベル賞,台風発電
2016年10月5日  日本は圧倒的に不利な条件でも経済大国になった
2016年10月6日  ドウテルテがアジアのバランスを決めるのか
2016年10月8日  豪州が裏庭と見なす南太平洋,中国企業の進出に悩む
2016年10月10日  「援蒋ルート」経済動脈として復活,ミャンマーと中国
2016年10月11日  「もののインターネット」,何処まで進む
2016年10月12日  再び台風発電,ドウテルテを後見人が否定
2016年10月13日  タイのブミポン国王,不安定,バンコクで株価が急落
2016年10月15日  哀悼,ブミポン国王,インドネシアは領海で戦う
2016年10月16日  習近平主席がプノンペン訪問,4年ぶり
2016年10月17日  ドウテルテ大統領,暴言の陰に「TPP漂流」
2016年10月19日  極東から電力輸入構想、プーチン大統領自ら要望
2016年10月21日  「フィリッピンは米国との軍事経済の関係を打ち切る」
2016年10月22日  シリアのアレッポ,爆撃の惨状に,目を覆いたくなる
2016年10月25日  ドウテルテ大統領来日,八鹿高校同窓会
2016年10月26日  ドウテルテ大統領,「来月も日本に呼んでくれ」
2016年10月28日  急増する中国の海外投資,ドウテルテ帰国,新宝塚オープン
2016年10月30日  シェールの技術革新,石油市場を左右,2020年がピーク

2016年11月1日  中国の海外企業買収,揺れ動く東南アジア
2016年11月2日  「核心」か民主主義か,物価上昇限界,新潟県問題
2016年11月3日  インドとの事業が思うように進まない,日本人の交渉力
2016年11月5日  タイの石炭火力に中国参入,波乱含み,漁民反発
2016年11月6日  中国が時速600kmリニアへ,パリ協定の実効性に疑問
2016年11月8日  戦うトランプ,習近平主席,安倍さんもTPPで
2016年11月9日  トランプ勝利の衝撃,東南アジアのLNG急増
2016年11月10日  トランプの反グローバル,パリ協定の行方,原発輸出
2016年11月11日  トランプのサイトから除外されたもの,イスラムとパリ
2016年11月13日  米国の人種構成の変化に注目,世界でも人種寿命があるか
2016年11月14日  トランプ大統領」に意気込む習近平主席,沖縄基地は
2016年11月16日  米新大統領で揺らぐパリ協定,中国の一帯一路
2016年11月17日  インド洋要衝のスリランカ,中印の板挟みに,首脳交代劇
2016年11月18日  接近する日本とインド,警戒する中国,米の海軍増強
2016年11月29日  米国の時代は終わった,世界の新秩序は中国がつくる
2016年11月20日  パキスタン 親中路線に不安の声も,トランプ,保護主義の行方
2016年11月22日  トランプ外交で中東に危機, アジアの貿易岐路,日露暗雲
2016年11月23日  打ち砕かれたTPP,トランプ氏「米国第一」,対中政策を待ちたい
2016年11月24日  トランプ氏が中国制圧決意,「通貨・貿易戦争」辞さず,か
2016年11月25日  興流インド,膨らむ中間層,消費牽引,2020年に8億人
2016年11月27日  トランプ新政権,世界のエネルギー事情はどう変わる
2016年11月28日  トランプを支える極右メディア,習近平の「核心」も狙う強権
2016年11月29日  東南アジア政治はどうなるか,安倍首相の地球儀俯瞰外交
2016年11月30日  電力自由化の中の供給力確保,トランプノミクスを読む

2016年12月1日  私に見えた日露会談,領土不可能,核廃棄物
2016年12月2日  北方領土,安倍プーチン会談,核廃棄物処理場は
2016年12月3日  プーチン大統領演説、北方領土は触れず,核廃棄物処理
2016年12月4日  日露首脳会談,核廃棄物プロジェクト,議題に載るはず
2016年12月5日  使用済み核燃料,放射性廃棄物,択捉へ
2016年12月8日  日米開戦,プルトニウム監視問題,トランプの対中行動
2016年12月9日  日露会談迫る,谷内局長官邸へ,経済協力と核廃棄物
2016年12月10日  使用済み核燃料の最終処分地,安倍プーチン会談の行方
2016年12月11日  シベリア核廃棄物最終処分,米露の間には核軍縮協定,何とかならないか
2016年12月12日  日露首脳会談,1000億円基金,エネルギーと核廃棄物
2016年12月13日  プーチン来日間近,トランプはアジアで中国の台頭を許すのか
2016年12月14日 プーチン強硬姿勢,米エネ長官は温暖化に疑問
2016年12月15日  「北方領土に米軍基地」問題で暗転,プーチンまた遅刻か
2016年12月17日  日露首脳会談,成果は,エネルギーと安全保障
2016年12月18日  日本の資源外交は,米中ロの間に漂う,中東と南シナ海
2016年12月20日  日本とロシアのエネルギー協力が加速,最終処分場へ
2016年12月22日  核のごみ,近づく地層処分 欧州、2020年代実現へ研究,シベリア
2016年12月23日  択捉島の原発密約,中国の原発開発技術、世界をリード
2016年12月24日  何故,日本が「強大な軍事力を持つ中国を恐れないのか
2016年12月25日  軍拡競争起こればいい、米国は勝つ─トランプ氏
2016年12月26日  核のゴミ処分地,海底案の検討開始,南鳥島も
2016年12月27日  トランプは中国とどう戦うのか,明確な競争相手と位置付けるべき
2016年12月28日  世界の原発は新増設続く,大手「アレバ」に出資する「三菱重工」
2016年12月29日  トランプ氏の「一つの中国」見直し論がもたらす衝撃,米中は対決の時代へ
2016年12月30日  資源塩漬け,海の既得権,業者「国費で試掘」待ち,ガス無機説
2016年12月31日  ミャンマーのミッソンダム,迫る中国,迷うスーチー

2017年1月1日  揺れる世界と日本,自由主義の旗守り,活力取り戻せ
2017年1月2日  原発推進国の中韓,地震対策 日本の原子力規制委意見
2017年1月3日  揺れる世界と日本,アジアの安全保障に新しい息吹を
2017年1月4日  大転換に備えよ,自由の気風・気概を羅針盤に ,緊張高まる南シナ海
2017年7月5日  橋下徹,三浦瑠麗,論客の戦争論に異議あり
2017年1月6日  日中が推進する原発輸出,南シナ海で米中空母激突か
2017年1月8日  ベトナム変革の行方,中国が深海データ軍事利用,中国と鉄鋼摩擦
2017年1月9日  南シナ海軍事拠点化,台湾海峡緊張,北朝鮮ミサイル
2017年1月11日  朝鮮の核開発を阻めるのは日本の核武装宣言
2017年1月12日  アレバの放射性廃棄物シベリア投棄,ロシアは歓迎
2017年1月13日  トランプ記者会見の失望,イラン,ホルムズ海峡が危ない
2017年1月14日  トランプとロシアの「疑惑文書」,核廃棄物のシベリア案
2017年1月15日  トランプ次期大統領 「1つの中国」見直し改めて示唆
2017年1月16日  トランプ氏「一つの中国」見直しも 通商・為替で圧力
2017年1月17日  米議会証言,南シナ海基地への接近を阻む
2017年1月18日  フィリピン,中国の武器配備を批判,南シナ海の人工島
2017年1月19日  トランプ新政権に備え「防衛費増を」 民間から次々提言
2017年1月20日  世界がまもなく直面する史上最大のリスク,トランプ
2017年1月22日  エネルギー問題,分断とねじれ、トランプの米国はどこへ行く
2017年1月24日  我が道行くトランプ氏,「米国第一」へ即行動,英国とイスラエル
2017年1月25日  再び日本車たたきか,米中悪化で負け組はGM
2017年1月26日  米新政権,国際機関拠出金削減,マティス極東へ
2017年1月28日  米英首脳が初会談,トランプの大転換で沖縄米軍は台湾へ移るか
2017年1月29日  真子様ブータンへ,ブータンの軍事権と外交権はインドが
2017年1月31日  トランプ氏,「電話外交」攻勢, 対中国,南シナ海・貿易焦点

2017年2月2日  日本の対中OD以降,日中対話継続で,南シナ海は防げたかも
2017年2月3日  暴走トランプ氏、米政権幹部が,狂犬来日に中国が挑発仕掛ける恐れ
2017年2月4日  マティス氏、韓国次期政権を恫喝,南シナ海のカジの構想
2017年2月5日  韓国「赤化」危機,次期大統領選,「反日」「従北」の文在寅氏
2017年2月7日  北朝鮮暴発寸前,韓国外交の漂流はいつまで続く
2017年2月8日  米国防長官,対中国政策転換を予告,南シナ海へ軍艦派遣加速へ
2017年2月9日  トランプは入国禁止令の裏で「宣戦布告」,シリア侵攻に突き進むトランプ政権,三塚結婚
2017年2月10日  日米同盟強化の具体的ビジョンを期待するトランプ政権,尖閣は自分で護れ
2017年2月11日  日米首脳会談,直前の米中電話会談,ユダヤの関係
2017年2月12日  日米会談,対中戦略強化合意,トランプ氏,直前に習氏と電話会談,したたか
2017年2月14日  安倍首相とトランプ大統領の「長い週末」中国メディアはどう報じたか
2017年2月16日  北朝鮮の核問題,トランプ政権下で最悪の事態も
2017年2月17日  中東情勢一変か,エルサレム問題と,二国共存,日本も同じ
2017年2月18日  日米同盟,何故日本は核の傘が必要なのか
2017年2月23日  マレーシアに中国の植民計画,まず100万人
2017年2月24日  金正恩は金正男暗殺事件の波紋に驚いた,小国意識
2017年2月25日  日産再生の立役者 空飛ぶCEOゴーン氏の次の決断は
2017年2月26日  日本の人 口は西暦2500年に「千名になる」と中国紙

2017年3月1日  中米対話で北朝鮮問題は非常に切迫している,日本は
2017年3月2日  対北朝鮮ミサイル防衛に中国が神経を尖らせる本当の理由
2017年3月3日  中国は侮れない,トランプの態度を一転させた懐柔作戦の全容
2017年3月5日  日米同盟は本当に生き残れるか,日本の当局者は不安だらけ
2017年3月8日  北朝鮮への先制攻撃はあり得るのか,難しい
2017年3月9日  THAADを韓国に配備,北朝鮮のミサイルに対応できるのか
2017年3月10日  中東和平交渉は後退するのか,トランプ発言が意味するもの
2017年3月11日  韓国紙が日本に学べと,中国の制裁への忍耐力,THAAD問題
2017年3月12日  中韓関係の悪化,韓国次期政権の行方,イージスは
2017年3月14日   北緒運問題解決への糸口,首領主義への破壊作戦
2017年3月15日  地球温暖化問題は虚像だ,局地的な大気汚染を標的にせよ
2017年3月16日  中国が日本の南シナ海航海で,通常航海のみと念を押す
2017年3月17日  森友は止めて北朝鮮を考えよう,でも大腸検査痛かった
2017年3月19日  安倍内閣の農業特区,私は養父市の出身
2017年3月20日  北のミサイルが米本土直撃まで何も出来ない
2017年3月22日  トランプの変心,中国と米国は協調へ,日本は誇れる努力をしよう
2017年3月23日  政府は東芝を護れ,半導体と原発技術は,日本の次代を担う
2017年3月26日  米中妥協の中,日本の誇りを何処に求めるのか,卑屈になるな
2017年3月27日  米中が南シナ海で妥協なら,日本は独自路線で,永田町解散浮上
2017年3月28日  米中に侮られないだけの技術と誇りを確保して,時代に引き継ぎたい
2017年3月29日  来月4月の米中会談は中国の描く世界が浮き彫りに
2017年3月30日  中国の勝利,安保理が一帯一路構想を決議
2017年3月31日  米中首脳会談,南シナ海,北朝鮮,温暖化,どうする


元に戻る

関連写真等蓄積場


  http://bit.ly/2heSaTR     adachihayao


元に戻る

*************************************************************************************************
今日の原油価格 (crude oil price)今日の石炭価格 (coal price)今日の天然ガス価格 (natural gas price)
************************************************************************************************


元に戻る


**************
Current crude oil price (return to top)


原油価格







**************
Coal price (under construction)


**************
Natural gas price (under construction)


**************
Steel market price (return to top)
(by Sangyoshinbun,please click picture zone)
http://www.japanmetal.com/memberwel/marketprice



updated on 161005
元に戻る

igo**********************************************************i

囲碁動画集



元に戻る
golf*********************************************************j

ゴルフ動画集



元に戻る
pol*********************************************************k

政治動画集


終端
元に戻る



Indonesia, Thailand, Philippines, Vietnam, Cambodia, Laos, Myanmar, Malaysia, China,
India, Pakistan, Nepal, Bhutan, Srilanka, Turkey, Morocco, Peru, Brazil
Nigeria, Ethiopia, Ghana, Angola, Tanzania, Syria
Rakuten, Amazon Japan, Amazon English, Access, Webmaster, dti, au, Youtube
Bangkok Post, Manila Bulletin, Jakarta Post, Economic Times, Xinhua, Yunnan,
New Light of Myanmar, Vientiane Times, Vietnam Net, KPL, Phnom Penh Post,
TheNews, NepaliNews, Kuensel, SrilankaDaily, Bangladesh
Zakzak, Nikkei, Google News, Energy Japan, Sankei, toyota
Southeast, India, China, Africa, South America
iGoogle, Twitter bitly, TwitterRank, Mtsui, Ottava, Yahoomusic, Gyao,
Rakuten, Visa, View, Poket,
melonpanmag2melmalivedoornifty

通貨換算||時差||電話コード||フライト一覧||ホテル予約||各地気象||世界天気予報|
|
海外安全情報|| 海外用品|海外医療||海外出張支援|| 海外赴任ナビ|
|
成田へ|| 羽田へ|| 関空へ|| 伊丹へ|| ロンリプラネット| | 鈴木篁氏] | 上海日記 |

全文終端 元に戻る



DTI