2008年2月1日更新
[ HOME ]


2008年1月 2007年12月分2007年11月分2007年10月分


ー 日刊アジアの開発問題 2008年1月31日分 ー インド北辺で人類最後の挑戦が始まる ー

インド北辺を目指して,世界の有力企業が走っている。まさに人類最後の未開発水力への挑戦である。彼らは,プロジェクト本体へのアクセスというような冒険は行わず,あくまでインド国内企業との合弁を目指すものである。そのアプローチの方法は,インドでは正解だと思う。インドの水力企業はそんなに多くはない。まもなく世界の有力企業によるインド企業の争奪戦が始まる,いやもう始まっている。

Jパワーや関西電力,日本工営など,水力人材を温存している企業は,今すぐにでもインド企業の争奪戦に参戦すべきである。相手は,NHPC,タタ,リライアンス,パテル,などが上がっているが,プロジェクトを一つ一つ吟味していては後れを取る。インドの国会は,水力開発の遅れによる費用の拡大を恐れている。インド企業の能力不足を嘆いている。国際企業のインド水力への参入は,インド政府も望んでいるところである。

今朝の日本経済新聞は,インドからの温暖化ガス排出権獲得をODA予算によって獲得したい,と明確にODA予算のインドの水力への投入を検討しているかのような記事を載せている,それは当然だろう。ベトナムなどでやったではないですか,公的資金でまず開発に手を付け,インフラを整備して,そこに日本企業による民間開発を入れる,あのフーミーやパイトンなどの手法を思い出そう。しかし,このきっかけを造る役目は,水力陣を温存しているJパワー,関西電力,日本工営などの役割ですぞ。


1 今日の概要

●インド北辺の人類最後の水力開発への挑戦,世界の有力企業,EDFやスタットクラフトなどが,インド企業との合弁を求めて,インドに走っている。プロジェクトを選ぶ前に,まず合弁相手を選べ。●インドのNTPCが,水力豊富な北辺に,11億ドルを抱えて走っている。●インド政府は,水力開発のために,主要河川を国有とすることを検討中である。●インドネシアのPLNは6億ドルに上る中国輸出入銀行の借款にサインした。署名中の会議室の外ではPLNの従業員が,リストラ反対でデモを行っていた。●米国主導の温暖化会議,ハワイで3日間の行程で始まる。


2 目次

●ロシアなど海外企業がインドの水力開発参入を狙う
●インド,NTPC,11億ドルを投じて水力開発へ参入の意向
●インド政府,重要な河川の国有化宣言を準備
●インドネシア,PLN,中国との615百万ドル借款にサイン,従業員が騒ぐ
●ハワイ会議,「ポスト京都」,早急に合意を,温暖化対策主要国会合


3 本文

●ロシアなど海外企業がインドの水力開発参入を狙う

人類最後の大規模水力開発への挑戦が,インド北辺及びインド周辺国の地域で始まろうとしている。それは一重に,インドの急激な経済成長と,石炭火力を少しでも代替しようと言う地球温暖化,気候変動問題への国際的な世論の盛り上がりによるものである。インドは,各次五カ年計画で水力開発を目指してきたが,目標の半分も達成できていない。

国会の委員会は,開発の遅れが膨大な建設費の値上がりで,国家の損失となっている,と叫んでいる。インド国内企業の能力不足も問題になっている。第10次五カ年計画(2007年まで)では,開発目標14,393MWの半分も達成できていないが,更に第11次五カ年計画(2012年まで)では更に16,553MWの開発を目指しており,2017年までには更に新たに30,000MWの開発の必要に迫られている。

私も数年前にNHPCを訪ねて,日本企業のインド北辺水力開発へのジョイントについて打診したことがあったが,反応は冷たかった。観衆の違う外国人エンジニアーが,インド北辺に入っても仕事をするのは無理だ,と言うような感じの反論で,あの頃は少なくともインドの水力開発企業は,外国企業との協力を考えていなかった。

今日の記事は,外国企業が大挙してインドの水力開発への進出を狙っているというのである。電力大臣は,ロシア,スカンジナビア,フランスの企業がアプローチをしてきている,としているが,具体的な企業名を明らかにすることを拒んだ。しかし記事は,世界的な水力開発企業,フランスのEDF,ノルウエーのスタットクラフトが含まれていることを示唆している。彼らは,インド国内企業との合弁を視野に入れているのである。

私は以前から,インドでの事業は,現地企業との合弁でなければ難しい,と主張してきた。あまりにも複雑な官僚制度の中を縫ってプロジェクトを仕上げていくためには,インド企業との合弁が必須である。プロジェクトを探す前にJVの相手を捜せ,と言うのが私の主張だが,その話をすると,私の後輩達は,どのプロジェクトですか,と聞いて来る。まず,合弁の相手を選べと,まず言いたい。

先日もインド駐在の友人から,プロジェクト形成に挑んでいる,とのメールを貰ったが,日本国内でも水力開発の人材を温存している企業は減ってきた。今こそ,人材を温存している日本でも有数の水力企業,Jパワー,東京電力,関西電力,日本工営,中部電力などは積極的にインド北辺に舵を切るべきだ。プロジェクトに向かわずに,JVの相手を捜しに。その相手は,タタやリライアンス,更にはNHPC,パテル,など,この記事に出ている企業である。人類最後の戦いに参加しようではないか。

●インド,NTPC,11億ドルを投じて水力開発へ参入の意向

極めて短い記事であるが,インド屈指の国営火力発電公社が,11億ドルを持ってインド北東部へ向かうという。水力とは書いてないが,インド北東部は水力包蔵の宝庫である。この前段の記事と,相呼応するものがある。

●インド政府,重要な河川の国有化宣言を準備

河川管理の責任,という問題は,我々が海外の仕事を始めてすぐに違和感を持ったものの一つである。日本は今は明確になっているが,私たちが若い頃,河川では電源開発が主流の頃は,例えば黒部川は電力のものと勘違いしていた。今日の記事は,所謂一級河川を国の書簡に写そうというもので,どうも記事からは,現状では州政府が責任を持っているようだ。水力開発の必要から,国が責任を持つべく,政府の中で検討が進んでいる。これが,我々の狙う水力開発にどの様に影響してくるか,見守りたい。

●インドネシア,PLN,中国との615百万ドル借款にサイン,従業員が騒ぐ

「PLNの外周では従業員が集まって騒ぐ中,中国輸出入銀行の融資に関する署名式が行われた。」,と書いてあるので,従業員が中国からの有しに反対しているのかと思ったら,従業員は,PLN本体の分割再編,すなわちリストラに反対しているのだ。PLNは発電部門を既に二つの子会社に再編しているが,民営化と言っていない。民営化については憲法違反,との解釈も出ている。

中国からの融資の話は,最初は政府保証の問題で紛糾していたが,インドネシア側が折れて完全な政府保証を与えることになった。更にその後,利子率の取り決めでまとまらない,]と報道されていたが,無事調印にこぎ着けたようだ。60万KW,バンテンのスララヤ石炭火力に330.8百万ドル,60万KW,東ジャワのパイトン石炭火力に284百万ドル,合計約6億ドルの融資である。

●ハワイ会議,「ポスト京都」,早急に合意を,温暖化対策主要国会合

全く勝手に米国が相手を選んで会議を主宰した訳であるが,今日の記事は開会の報道で,参加国など詳しい情報はまだない。昨年のバリ会議の復習みたいなものであるが,米国が主宰したこと自体が,一つの意味であり,気候変動問題に冷たかったブッシュ政権が,改めて方向転換を印象づけようとしたものだろう。


4 その他

●ネパールの水力開発,重要な曲がり角に
●大雪で<電力危機>石炭在庫はあと2日分だけ!貨物船125隻で緊急輸送へ―広東省
●中国,過去最大の電力危機、燃料切れ稼動停止の発電所相次ぐ
●温室効果ガス削減 米、国際基金創設へ 来月の東京G7で提案


5 参考資料

2008年2月1日分

ネパール

http://my.reset.jp/~adachihayao/indexmap0Nepal.htm

●080201A Nepal, Telegraph Nepal
ネパールの水力開発,重要な曲がり角に
Hydropower: A Corner Stone for Nepal’s Development
http://www.telegraphnepal.com/news_det.php?news_id=2817

インド
http://my.reset.jp/~adachihayao/indexmap0India.htm

●080201B India, Live Mint
ロシアなど海外企業がインドの水力開発参入を狙う
Overseas hydel firms look to tap potential in India
http://www.livemint.com/2008/01/31000150/Overseas-hydel-firms-look-to-t.html
●080201C India, Economic Times
NTPC,11億ドルを投じて水力開発へ参入の意向
NTPC to invest $1.1 bn in new power plant
http://economictimes.indiatimes.com/News/News_By_Industry/Energy/NTPC_to_invest_11_bn_in_new_power_plant/articleshow/2745134.cms
●080201D India, Sif News
インド政府,重要な河川の国有化宣言を準備
Major rivers may be declared national assets
http://sify.com/news/fullstory.php?id=14597486

インドネシア
http://my.reset.jp/~adachihayao/indexmap0Indonesia.htm

●080201E Indonesia, The Jakarta Post
PLN,中国との615百万ドル借款にサイン,従業員が騒ぐ
PLN signs $615m loan, workers continue rally
http://www.thejakartapost.com/detaillbus.asp?fileid=20080130215805&irec=0

環境一般

●080201F 温室効果ガス,1月30日15時29分配信産経新聞
温室効果ガス削減 米、国際基金創設へ 来月の東京G7で提案
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080130-00000122-san-int
●080201G ハワイ会議,日本経済新聞
「ポスト京都」早急に合意を・温暖化対策主要国会合
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20080131AT2M3100P31012008.html

中国
http://my.reset.jp/~adachihayao/indexmap0China.htm

●080201H 中国,1月31日5時36分配信 Record China
大雪で<電力危機>石炭在庫はあと2日分だけ!貨物船125隻で緊急輸送へ―広東省
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080131-00000003-rcdc-cn
●080201I 中国,1月31日13時2分配信 サーチナ・中国情報局
過去最大の電力危機、燃料切れ稼動停止の発電所相次ぐ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080131-00000009-scn-cn


トップページ