2010年2月28日更新
[ HOME ] | サイトマップ |


2010年1月 2009年12月2009年11月2009年10月2009年9月 2009年8月 2009年7月 200年6月 2009年5月 2009年4月 2009年3月 2009年2月 2009年1月 2008年12月 2008年11月 2008年10月 2008年9月 2008年8月 2008年7月 2008年6月 2008年5月 2008年4月 2008年3月 2008年2月 2008年1月 2007年12月分2007年11月分2007年10月分



2010年2月28日 ー スリランカの電力はまさに変革期 ー

ベトナムの原子力をロシアにもって行かれたことは,日本の関係者には大きな衝撃であった。昨日は,官民上げての会社の立ち上げが報じられたし,今日は高知県を日帰りで訪問していた鳩山首相が,高知県での記者会見の中でわざわざ,週明けにもグエン・タン・ズン首相に親書を送り,日本の原発を売り込む,と説明している。あの時は,ロシアにもって行かれる,という危機感を政府に上げる余裕もなかった,と言うことか。

スリランカのエネルギー問題は,資源がないと言う点で,日本などとよく似た状態にある。それは,台湾や,天然ガスが見つかる前のフィリッピン,カンボジアと同じ環境にある。結局小規模のディーゼルや石油火力に依存してきたために,電気料金が極めて高くなっている。スリランカは,これを解決するために,300MWユニット3機の900MW石炭火力を中国の協力で完成しつつある。

今日の記事では,首都コロンボの北の近郊に,300MWクラスのコンバインド,複合火力を建設する,と大統領自ら発表している。燃料は何か,問題であるが,石油とガスの両用を睨んだコンバインのようだ。LNG基地を支援する,という国もあるようだ。強引に北の反政府軍を殲滅した政府は,中国に続いて,イラン,ミャンマーなどとのコンタクトを強めているという。その強権的な政治指向が懸念される。中国との契約が問題視されている。


ベトナムでも渇水の影響が報告されてきた。ベトナムでは,まず乾燥の影響で森林火災が大きな問題になっている。焼畑農業の影響とも重なっている。北の紅河流域に顕著。デルタでの塩害も問題になっている。紅河は10cm程度の水深に落ち込んでいる。http://bit.ly/d0zF5B

ベトナムは3月1日から電気料金を6.8%上げる,年内は値上げはこれが最後と。ベトナムの問題点は電気料金が安いこと。東南アジアで最も安く5.54セント,2012年にはシステムを再構築の計画。インドネシアは6.77セント,タイは8.5セント,マレーシアは7.6セント。http://bit.ly/aA2yrK

スリランカの電力料金は猛烈に高い。ラジャパクサ大統領は,現在の石炭火力と並行して,北部先端に,20億ドルをかけて300MWのコンバインドサイクルを指令した。ガスとすればどうするのか。一番高い電気料金は30セント。http://bit.ly/9gTZul

スリランカの電力料金は猛烈に高い。ラジャパクサ大統領は,現在の石炭火力と並行して,北部先端に,20億ドルをかけて300MWのコンバインドサイクルを指令した。ガスとすればどうするのか。一番高い電気料金は30セント。http://bit.ly/9gTZul

フィリッピンのミンダナオ南部,ダバオの西に標高2954mのアポ火山,その西の麓にキダパワン市がある,ダバオから約60km。市長が100MWの地熱発電所があるのに,他の地域と同じ日8時間停電はおかしい,優遇されるべきであると。http://bit.ly/aLaKGb

フィリッピンの渇水と電力危機が大きく取り上げられている。送電公社が,ミンダナオには600MWの石炭火力が絶対に必要と。送電公社が供給責任に言及,注目。ルソンの渇水はもう既に灌漑用ポンプを無意味にしている。原子力発電所の論議もある。http://bit.ly/dqOXNU

インドの2010年度国家予算提示。電力エネルギー分野では,石炭に関して輸入も含め追加課税。風力と太陽光発電には優遇税制を適用する。石油関係輸入関税は上昇。原油は5%,ディーゼルなどは7.5%。インフレが懸念。http://bit.ly/cviCgn


Other world energy news today

○100228A Vietnam, thanhniennews.com
ベトナムの紅河でも渇水が進み森林火災や河口の塩害など
Drought prompts Vietnam forest fire alert
http://bit.ly/d0zF5B
Park rangers have sounded a nationwide forest fire red alert as a drought has desiccated the Red River in the north and pulled saline water deep into the parched Mekong Delta. “Eight forest fires broke out over the Tet holidays, including one that destroyed more than 1,000 hectares at Hoang Lien Forest in Lao Cai and Lai Chau provinces,” said Ha Cong Tuan, head of the Forest Protection Department under the Ministry ...
○100228B Vietnam, thanhniennews.com
ベトナムは電気料金平均554セントを3月1日より6.8%上げる
No more power hikes in Vietnam this year, official says
http://bit.ly/aA2yrK
The 6.8 percent increase in retail electricity prices from March 1 will be the only power price hike this year, Deputy Industry and Trade Minister Do Huu Hao said. The government only allows power prices to change once a year, Hao said at a press conference in Hanoi Friday. He said the government was planning a new power pricing mechanism for 2012 with different price levels during the dry and rainy seasons.

○100228E Srilanka, lankatimes.com
スリランカは北先端部に20億ドルで300MWコンバインを計画中
Sri Lanka to invest $ 2 bn. in push to reduce power tariffs
http://bit.ly/9gTZul
Sri Lanka commissioned its biggest single electricity generator Thursday as part of a two billion dollar investment to reduce tariffs which are among the highest in the world, officials said. President Mahinda Rajapaksa formally linked the 300-mega watt combined cycle power plant at Kerawalapitiya, on the northern edge of Colombo and urged the state-run electricity utility to work towards reducing costs.
○100228F Srilanka, lankatimes.com
スリランカは北先端部に20億ドルで300MWコンバインを計画中
Sri Lanka to invest $ 2 bn. in push to reduce power tariffs
http://bit.ly/9gTZul
Sri Lanka commissioned its biggest single electricity generator Thursday as part of a two billion dollar investment to reduce tariffs which are among the highest in the world, officials said. President Mahinda Rajapaksa formally linked the 300-mega watt combined cycle power plant at Kerawalapitiya, on the northern edge of Colombo and urged the state-run electricity utility to work towards reducing costs.

○100228C Philippines, mindanews.com
フィリッピンのミンダナオのキダパワン市は地熱があるので停電を減らせと
Kidapawan to NGCP: no brownouts, please
http://bit.ly/aLaKGb
For hosting one of the country’s biggest geothermal plant, the city government here is demanding a “preferential treatment” from the National Grid Corporation of the Philippines (NGCP). Vice mayor Joseph Evangelista, presiding chair of the City Council, argued that as host of the the 100-MW Mount Apo geothermal power plant, the city should be spared from power outage. The NGCP has been implementing a rotating ...
○100228D Philippines, philstar.com
フィリッピンの渇水と電力危機でミンダナオの600MWなど送電公社が
Mindanao needs new 600-megawatt plant
http://bit.ly/dqOXNU
Mindanao may be heading for a serious power crisis in three to five years if it fails to put up a 600-megawatt (MW) power plant, an energy executive warned. “Increasing power needs contributed by population growth” will lead to a “power crisis three to five years from now,” Manuel Hamoy Jr. of the National Grid Corp. of the Philippines (NGCP) told The STAR. A 600-MW power plant will not only address the current ...

○100228G India, Economic Times
インドの2010年度国家予算提示でエネルギー分野は追加課税
Budget 2010: Impact on sectors that investors need to follow
http://bit.ly/cviCgn
The Finance Minister tabled the Union Budget for the next financial year on Friday. The significant proposals in this budget include a hike in the
slabs of individual income tax, levy of Re 1 per litre as excise duty on petrol and diesel, hike in the peak excise duty, hike in excise duty for luxury cars, higher allocation for road infrastructure development, hike in the MAT rate, higher custom duty on crude oil and reduction in the tax ...


Japanese energy news today

○武装集団が住民ら10人以上殺害 比南部、アブサヤフか
http://bit.ly/dnEnX2
○鳩山首相、ベトナム原発受注へ親書 原子力協定交渉を打診も
http://bit.ly/aE3A66


2010年2月27日 ー ベトナムの次期原子力に日本官民新会社 ーー

浜田幸一さんのツイッターを見ていると,トヨタ問題で怒っている。豊田社長が可哀相だ,なぜ日本政府はトヨタを支えないのか,と。私も同じ心情だが,日本政府が口を出したら大変な騒ぎになるだろうなあと,日本政府も米国議会と同じ立場だから。しかし,日本政府がトヨタに口添えすることは,そんなに悪いことかな,と言う気もする。クジラの問題も同じだが,原子力開発は,官民の共同なくして世界には勝てないだろう。

今日の日経は,「原発受注へ官民新会社,東電など参加,ベトナム2期狙う」,と題して,話が進んでいることが窺われる内容である。「2期」,と言うのが何とも悲しい,なぜ1期にこの総合戦略を活かせなかったのか,と思ってしまう。ロシアの乱入で,1990年以来続けてきた日本政府のベトナム電源開発支援は,役に立たなかった。日本政府が制裁解除して20年,こんなに早くベトナムの原子力問題が出てくるとは,あの時予想しなかった。

ベトナムの1期を獲得したロシア企業は,軍事援助絡みとも言われている,日本が真似が出来ないところでだろう。日本も官民のアプローチで臨んだが,そこには形の見えないものがあり,官側のコミットが曖昧だったのか。ベトナムにはインドのような核問題がないから,もっと早くから官民一体であればと言う気もする。日本企業は,東京電力,関西電力,東芝,日立,三菱重工,などの名前が挙がっている。

私も,メーカーだけに押しつけるのは難しいと思っていた。事業化調査の問題,地質調査や環境調査,EPC契約などを考えると,メーカーと電力の協力は欠かせないだろう。それに問題は官側の態勢だ。主として資金面での役割が大きいと思うが,JBICがどこまで原子力にコミットできるのか,関心のあるところ。産業革新機構の名前が出ているが,この半官半民組織では弱い,JBICの役割が期待される。


コンゴ民主共和国,アフリカの西南部,コンゴ川はアマゾンに次ぐ世界第2の大河,ここに大インガ水力プロジェクト,最終出力100,0000MWの推進について,コンゴ政府が二の足を踏んでいる。52億ドルと言われるこのプロジェクトは,南部アフリカを5カ国を救うものと期待されている。http://bit.ly/8Yz9Zz

中国は古くよりヒマラヤの雪解け水を,東部の農業地域や工業地域に使うことを考えてきた。しかしチベットを水源とするアジアの諸河川流域では,厳しい水資源の争いが続いている。ブータンのプナチャンチュウ川は,ブータン最大の水力プロジェクトが動き始めている。http://bit.ly/dht2l5

フィリッピンのミンダナオは厳しい電力不足に襲われている。5月に行われる電子投票による大統領選挙への多大な影響が問題になっている。週末は需要は落ちるが,金曜日の時点で,1,094MWの需要に対して1,021MWの供給力しか確保されなかった。8時間の輪番停電だ。http://bit.ly/9QFcn6

国連気候変動会議IPCCが揺れている。地球寒冷化の傾向の分析やヒマラヤ氷河の消滅時期で問題を起こした上,事務局長の辞任など,地球温暖化の拠り所を失った国連環境機関は混乱を起こしている。UNEPとWMOは立て直しを図るも,逃げ腰。しばし温暖化対策は休止かな。http://bit.ly/bUgGFI

インドの国有アルミ企業NALCOは,5,000億ルピーの規模で事業を拡大する意向である。その中にはアルミ生産量の拡大と共に,900億ルピーを当てて,原子力公社NPCLと1000MWの原子力開発を視野に入れている。既にNPCLとの間ではMOUを立ち上げている。http://bit.ly/dvRWHA

インドネシアの原油ガス生産拡大の難しさを論じている。2009年は日量96万バレルで落ち込んできている。40ブロックの探査入札に対して集まった企業は8社,75%のブロックに入札がなかった。投資意欲の減退である。担当のレゴヲ局長は,原油生産時の環境を問題にしている。http://bit.ly/a5P2r9

フィリッピンのミンダナオ,特にダバオ市は水力出力減退で電力供給危機。中央の調整委員会ERCは,大規模ショッピングモールや工場が自家用発電機を動かした場合の差額燃料費を補助金として交付できる制度を承認した。電力当局は230MWの余裕を持ちたいとしているが困難。http://bit.ly/c7nwNh

スリランカで500MWノロッチョライ石炭火力が中国のコントラクターにより進められている。この契約に関して競争入札がなかったために,大統領に疑いがかかっている。これを政府が紙上で経緯を説明,いずれも中国政府との政府間協定で,契約先も中国国有企業との説明。http://bit.ly/aalhtc


Other world energy news today

○100227A Congo, businessweek.com
コンゴ共和国は1億KW大インガ水力の推進に二の足
World’s Biggest Power Plan May Be Thwarted by Congo
http://bit.ly/8Yz9Zz
A plan to build the world’s biggest power complex in the Democratic Republic of Congo may never happen because the government is too indecisive, the head of a venture that had planned to invest $5.2 billion said. Western Power Corridor, a venture between five African countries, had planned the first stage of the complex on the world’s second-biggest river, that could yield 100 gigawatts of power for markets ...

○100227B China, trueslant.com
ヒマラヤは世界の屋根で水資源問題で外交が動く
Water politics from the roof of the world
http://bit.ly/dht2l5
Even if Rajendra K. Pachauri had not made the Himalayan blunder on the rate of glacier melting, people who live in these mountains know it is melting. And governments know that too, especially China, which holds political control of river sources in the Tibetan Plateau on which almost half of the world’s population depend. And these rivers, experts warn, are becoming a part of the political debate that involves the Tibetan

○100227C Philippines, philstar.com
フィリッピンのミンダナオは日8時間の輪番計画停電に
8-hour blackouts hit Mindanao
http://bit.ly/9QFcn6
Despite a decrease in demand, power distributors in Mindanao are still resorting to power curtailment, resulting in six- to eight-hour rotating blackouts, particularly in Central Mindanao. On election day, Mindanao is projected to have reserves of only four megawatts, making the system still vulnerable to power outages. A number of stop-gap measures are being planned to prevent a blackout on election day.

○100227D Environment, news.sciencemag.org
気候変動会議IPCCの見直しは新しい基盤が見いだせるか
Possible U.N. Review of IPCC Would Break New Ground
http://bit.ly/bUgGFI
The organization that created the International Panel on Climate Change (IPCC) says it plans to investigate its controversial offspring. But there's no roadmap for such a review. A spokesman for the U.N. Environmental Program (UNEP) has told reporters to expect an announcement next week that would offer a "credible, sensible review of how the IPCC operates." The decision was apparently made during UNEP's ...

○100227E India, commodityonline.com
インドの国有アルミ企業NALCOは事業拡大で原子力に参入
India’s aluminium giant Nalco plans big expansion
http://bit.ly/dvRWHA
India’s public sector aluminium giant National Aluminium Company Limited (Nalco) has taken up a Rs 50,000 crore expansion programme. The company has decided to take up the third phase expansion project to increase capacity. The expansion will be completed in 8-9 years involving a capital outlay of Rs 50,000 crore. In FY11, the company will spend Rs 1,500 crore towards capex. Nalco plans to increase its capacity from ...

○100227F Indonesia, asiasentinel.com
インドネシアの原油ガス生産の落ち込みは政府の政策に問題
The Threat to Indonesian Energy Development
http://bit.ly/a5P2r9
Evita Legowo, the director general of oil and gas in the Ministry of Mines and Energy said recently that the implementation of a new Environmental Law could reduce oil and gas production by up to 50 percent because of the requirement to reduce the temperature of waste water from their oil and gas production processes from 54C to 40C. She sees how hard it will be to lift 965,000 barrels of oil per day in 2010, ...

○100227G Philippines, pia.gov.ph
フィリッピンのミンダナオの電力危機でERCが自家用発電機に補助金
Subsidies offered to urge big consumers to de-load
http://bit.ly/c7nwNh
The Energy Regulatory Commission approved for the subsidies that would encourage big power consumers like malls and factories to de-load from the grid and generate their own power. Davao Light and Power Company Art Milan bared that the DLPC is willing to subsidize oil and lubricants needed for big companies to generate own power. DLPC met with the major power consumers in the city Thursday (Feb 25) and....

○100227H Srilanka, dailynews.lk
スリランカのノロッチョライ石炭火力契約で政府が中国との政府間と釈明
Norochcholai No shady deal Power and Energy Ministry clarification
http://bit.ly/aalhtc
The Power and Energy Ministry n response to certain media reports have clarified how the Government entered into an agreement with China National Machinery and Equipment Import and Export Corporation (CMEL) for the construction of the Norochcholai power plant. China National Machinery and Equipment Import and Export Corporation (CMEC) is a 100 percent Government owned Chinese company nominated ...


Japanese energy news today

○タクシン元首相、資産の6割没収 タイ最高裁が職権乱用認定
http://bit.ly/bsEn37
○インド経済の「出口戦略」本格始動 10年予算で景気対策縮小
http://bit.ly/ddD40E
○原発受注へ官民新会社 東電など参加、ベトナム2期狙う
http://bit.ly/crfAXF


2010年2月26日 ー 中国は石炭ガス化に本格的に取り組む ー

「トヨタよ,恥を知れ!」,と米国議会の席上で罵った米国婦人を,どうして米国は出席させたのだろう。恐らく全体がかなりでっち上げられたものか,思いこみだろう。時速160kmで走る車の中から夫に,さよなら,の携帯電話をかけたという。豊田社長は,大会社の社長であるが,まあ,我々の同僚みたいなもので,米国議会で自分を主張した姿勢は立派。議員達も,あの婦人を出さず,ある一定の敬意を払った。http://bit.ly/cqRjdq

中国は石炭ガス化プロジェクトに第12次五カ年計画の中で本格的に取り組む方針である。2009年に抽出された石炭ガスは前年比21.7%増の約65億立方mに達した。ペトロチャイナが山西省で西気東通のパイプラインを建設している。研究開発の優先事項に据えている。プロセスの中で炭酸ガスが出る,どう処理するのか知らないが,石炭を何とか使わなければならないのは,中国の定めだ。http://bit.ly/bcN5tS

友人の一人と議論を交わしたが,友人は,原子力よりは石炭の二酸化炭素閉じこめが主流になる,と言い張っている。確かに,地球は石炭から出来ているようなもので,タマネギのように地球の皮をむいて行けば,幾らでも石炭は出てくる,そう言う意味では,人類にとって無限のエネルギー原資だ。地球温暖化は事実かどうか分からないし,事実としても,人類の努力などは斧の蟷螂だろう。

ただ,私が化石燃料が気にくわないのは,一生懸命,毎日毎日,燃料を運び続けなければならないところである。山元で発電して送電線で送る,と言っても,山元の局所では,トレーラーの連続運転だ。私が嫌いになったのは,シリアのアレッポのゴミ計画に連れて行かれたときに,数十トンのトレーラーを分刻みで未来永劫走り続けなければ,市民活動が成り立たないのを見てからだ。

特に日本の場合には,原油にしてもガスにしても石炭にしても,日本人ある限り,未来永劫に船で運び続けなければならない,と言うことだ。その様なことが未来永劫に続くわけがない。現実に私の人生の中に於いても,10年ぐらいはその様な船が自由に行き来出来ない時代があった。孫達にも,かなりの確率でその様なケースは訪れるだろう。その時日本人は,既存の水力と原子力だけで生きて行く。ダム撤去なんてとんでもない。


ベトナムのペトロベトナムは,13億ドルを投じて沖合ガス田ナムソンサンから第2のガスパイプライン400kmを敷設し,フーミー施設の発電所にガス供給を行う方針。これによりガス供給は30〜40%増大し,年10〜11bcmに達する。http://bit.ly/d9B948

タイの石炭企業バンプーは2009年は2,100万トンの石炭を売り上げて年54%の売り上げ拡大となった。インドネシアのカリマンタンなどの天候が順調で,生産が予想外に拡大した。平均単価はトン71ドルであった。http://bit.ly/auPdny

タイの2010年の原油生産は20%伸びて日30万バレルに達する見込み。これは原油高に支えられて過去の探査事業が順調に進んだことによる。しかし,タイの国内原油需要は70万バレルであり,自給にはほど遠い現状である。http://bit.ly/c7QTy9

パキスタンのPEPCO総裁によると,イランは積極的にパキスタン南部の発電所建設に協力している。1000MWの買電協定の他,パンジャブでの50MW石炭火力の早期建設,シンディの1200MW石炭火力など。中国のグワダール軍港化の関連にも注目したい。http://bit.ly/aSyvHe

パキスタンの水資源問題を論じた長文の記事。マングラダムは,インダスのやや南の左岸から合流するジェルム川の根本を押さえた貯水池で1960年代に完成した。このときの灌漑と電力への貢献を期待して,その後のタルベラダムと共に,その精神を伝えている。電力不足に悩む現状を憂う記事。http://bit.ly/cZqh64

フィリッピンのルソン系統の電力取引市場WESMで,渇水などの供給力不足で,2月11〜13日,爆発的な取引価格が示された。KWh当たり68ペソ,通常時の実に20倍近く。驚いたレイエス・エネルギー長官は,詳細な実態調査を要求している。http://bit.ly/aMS9JR

メコン河北部の水位はこの20年来最低のレベルに達している。下流6000万人の生活に深刻な影響を与えている。メコン河委員会のバード事務局長は,気候変動の影響や上流の中国のダムの影響については,明確には断言できない,と言っている。先日は上流雲南の60年ぶり渇水が報じられている。http://bit.ly/dhf74S

マレーシアのサラワクは,2400MWバクンダムや海底送電線問題で,地域の経済開発,外国投資が期待され,その電気料金の設定が注目されている。今年早々にも決定の予定であったが,今日の地方議会で,中央政府との協議が必要と,先送りされている。http://bit.ly/aGbwwi

インドの原子力発電所開発に関し,首相諮問機関PMEACが,原子力分野への民間参入に沿った法改正を急ぐ必要があることを強調している。現在,原子力公社が18発電所を所有し,NTPCと国家石油が認可を得ている。米印原子力協定を睨んでの提言である。http://bit.ly/9pHuFc


Other world energy news today

○100226D Vietnam, ogj.com
ベトナムのペトロベトナムはナムソンサン・ガス田から400kmパイプライン
PetroVietnam to invest $1.3 billion in second Nam Con Son gas line
http://bit.ly/d9B948
○100226E Thailand, Bangkok Post
タイの石炭企業バンプーは2009年2100万トン売り上げ54%伸び
Banpu profits surge by 54% to record B14bn on brisk sales
http://bit.ly/auPdny
○100226F Thailand, Bangkok Post
タイの2010年の原油生産は20%拡大で日30万バレルに達する見込み
World prices helping local exploration
http://bit.ly/c7QTy9
○100226G Pakistan, dawn.com
パキスタン南部の石炭火力建設へのイランの協力が進展
Work on Iran power project to begin soon
http://bit.ly/aSyvHe
○100226I Pakistan, thenews.com.pk
パキスタンの水資源問題を1960年代のマングラダムに帰って議論
'Not part of Pakistan'
http://bit.ly/cZqh64
○100226A Philippines, manilastandardtoday.com
フィリッピンのWESMのKWh68ペソ問題でレイエスが調査指示
Reyes orders probe on electricity prices
http://bit.ly/aMS9JR
○100226B Malaysia, bernama.com
マレーシアのサラワク再生可能エネルギー回廊の電気料金決まらず
Sarawak Yet To Decide On Power Tariffs For Score
http://bit.ly/aGbwwi
○100226K Mekong, montrealgazette.com
メコン川の北部はこの20年来最低の水位を記録で住民に影響
Record low Mekong River poses threat to millions
http://bit.ly/dhf74S
○100226H India, indiajournal.com
インドの原子力開発で首相諮問機関が早急な民間参入の立法提言
Speed Up Regulatory Changes For Pvt Entry in N-Sector
http://bit.ly/9pHuFc
○100226C China, ipsnews.net
中国領内怒川の13のダムプロジェクトは再び始動か
Dam Plans Open Gates to Tough Choices Ahead
http://bit.ly/bCV9SX
○100226J China, istockanalyst.com
中国は石炭ガス化プロジェクトに第12次五カ年計画の中で本格的に取り組む方針
China to accelerate development of coalbed gas industry
http://bit.ly/bcN5tS


Japanese energy news today

○「恥を知れトヨタ!」証言に疑問噴出 時速160キロで携帯って…
http://bit.ly/cqRjdq
○東シベリア原油を対日輸出 ロシア沿海地方から初めて
http://bit.ly/aKmyuw
○「包括対話」へ議論進まず 印パが外務次官協議
http://bit.ly/9c7yxB


2010年2月25日 ー フィリッピンの原子力に韓国企業など ー

私たちは,戦後の急激な転換で,マッカーサー元帥を崇拝している年代だが,やはり日本人なのか,昨夜はトヨタの米国議会での公聴会が気になった。出て行け,とか,出ていきます,とか言う話になるのではないかと心配していた。まあまあ良かった,と思うのだが,米国民を背にして,運転が下手なくせに,トヨタよ恥を知れ,などの言葉が飛び交うと,何をっ,と思ってしまう。トヨタは企業として日本人の誇りだったから,余計に気になった。

東南アジアに於ける原子力開発については,ベトナムが地点まで決定してロシアとの協力を考慮,タイは国民感情を考えて地点の決定を遅らせて慎重な取り組み,インドネシアは決定的な方針はともかく,水面下ではかなり進展している感じ。これらに比べて,フィリッピンは一時は最先進国で,バタンガスに600MWを建設,稼働寸前の1986年,アキノ大統領によって廃棄された。韓国が再びここに顔を出してきた。

フィリッピンの原子力開発でNPCのタピンコ総裁が熱心。韓国電力とフランス企業の独自の提案がなされていることを明らかにした。韓国は,放棄されたバタンガス発電所は10億ドルで回復可能としている。規模は600〜800MW。マルコス時代に23億ドルを投じた。http://bit.ly/aAGNdl

フィリッピンの原子力発電開発が大統領選挙の一つの焦点になっている。ゴードン大統領候補は,バタンガスで1986年に運転直前で凍結された625MWについて,安全ならやろうではないかと。別記事で,このプロジェクトは韓国とフランス企業が狙っている。日本は懐疑的か。http://bit.ly/aYbCf6

フィリッピンのミンダナオの電力需給は危機的で,ダバオなどの中心部では輪番制の計画停電が実施されている。500MW不足との観測もある。200MW石炭火力プロジェクトは環境グループの反対で進んでいない。絶望的である。http://bit.ly/9BRJVs

パキスタンのアシュラフ水資源相の国会説明の続行。5つの水力プロジェクトで3,106MWがジェルム川で計画中。ニールムジェールム水力はFS調査。注目はイランからの電力輸入1,000MW。中国が軍港化を狙うグワダル港への送電で,米国との関係で微妙な話。http://bit.ly/dAxziL

パキスタンのアシュラフ水資源相が国会で電力不足克服のため32の緊急の着工が必要と説明。パキスタンは,資金の目処も立たずに国内でダム建設ばかり叫び続ける,450万KWのバシャダムなど。インドとの水競合を意識。http://bit.ly/cN32BH

ネパール経済に対するインド企業の投資意欲は大きく,特に水力分野で,402MWアルン第3,300MWアッパーカルナリ,600MWアッパーマルシャンディ第2,750MWウエストセティなど,地元問題で停滞するのは,経済に悪影響。http://bit.ly/dtnB0S

マレーシアのサラワク,政党間のけ懸引きの話だが,この中に経済フォーラムの話。サラワクの焦点は,サラワク再生可能エネルギー回廊,タンジュンマニスのハラルハブ構築,ビントウルとサマラジュの重工業団地,それに水力開発。サラワクはASEAN経済の中で激しく身震いしている。http://bit.ly/bk4Pft

インドのラメシュ環境相,私は大いに彼に関心を持っているのだが,最近四面楚歌のようだ。何が揉めているのかはっきりしないが気候変動問題で首相顧問とぶつかって,首相顧問が辞めていった。ラメッシュは個性が強く,電力副大臣の時のプロジェクト推進はすごかった。http://bit.ly/9ZFBj1

中国の想像を絶する干魃のニュース。昨日は貴州省だったが今日は雲南省。60年ぶりの渇水で農民はこの半年風呂に入っていなくて下着が皮膚と同化している。砂糖黍など穀物は壊滅状態で,ミャンマー,ラオスへの舟運は途絶えたまま。この状態で水力はどうなるのか。http://bit.ly/cUlkoN


Other world energy news today

○100225A Nepal, thehimalayantimes.com
ネパールへのインド企業の投資意欲は大きいが地元問題が障害
Indian investment in Nepal Challenges and opportunities
http://bit.ly/dtnB0S
○100225B Pakistan, dailytimes.com.pk
パキスタンの水資源相が国会で5つの水力で3,106MWと
165,963 cases of electricity theft registered: Ashraf
http://bit.ly/dAxziL
○100225C Pakistan, dawn.com
パキスタンの水資源相が国会で電力不足克服のため32の緊急の着工と
32 dams to be built to overcome power shortage, Senate told
http://bit.ly/cN32BH
○100225D Philippines, gmanews.tv
フィリッピンのミンダナオの電力不足は500MWで深刻
No lasting power supply solution in sight for Mindanao
http://bit.ly/9BRJVs
○100225E Philippines, manilatimes.net
フィリッピンの原子力開発で韓国とフランスが提案合戦
Korean, French firms keen on RP nuclear plant
http://bit.ly/aAGNdl
○100225F Philippines, politics.inquirer.net
フィリッピンの原子力開発でゴードン大統領候補が慎重に言及
Gordon in favor of nuclear power
http://bit.ly/aYbCf6
○100225G Malaysia, thestar.com.my
マレーシアのサラワクはエネルギー回廊などで盛り上がり
PBB stays out of merger
http://bit.ly/bk4Pft
○100225H India, hindu.com
インドのラメシュ環境相が気候変動などで孤立,政府には仲間なしと
I have zero friends in government Jairam
http://bit.ly/9ZFBj1
○100225I China, in.reuters.com
中国雲南省の渇水は悪化の一途で広東から逆送電
Drought worsens in China's rubber-growing Yunnan
http://bit.ly/cUlkoN


Japanese energy news today

○米GEが日本参入 知的送電網、富士電機と合弁
http://bit.ly/9eFNbL
○タクシン一族 資産を没収か タイ最高裁、あす判決
http://bit.ly/8XK4Ay
○中南米・カリブ海諸国:首脳会議 2大統領、ののしり合う
http://bit.ly/bFLWBW
○中国雲南では60年ぶりの干ばつ被害が深刻化
http://bit.ly/cVB7k7


2010年2月24日 ー フィリッピンで電力危機で非常事態は否定 ー

最近,昭和の名作にちょっとだけ目を通す機会があり,多くの主題が結核で世を去って行く妻や恋人であることが多いことがやけに目についた。「雪国」とか「風立ちぬ」などなど。最近のテレビドラマでは愛する人たちが癌のためにこの世を去って行く。80年を経てこれほど世の中が変わって行くのか。今から50年後,2060年には,恋人の命を奪うのは,どの病気だろう。しかし,少なくともエネルギー問題には決着がついているだろうか。

私は,国際協力銀行が先進国事業に融資を決定するたびに,ちょっと待ってくれ,と叫びたくなって,周囲から抑制を強いられる。先進国に行くお金があるならば途上国のこのエネルギー開発に,とつい思ってしまうわけである。事実,1997年以前の東南アジアの開発に深く関わってきた日本の公的な支援は,公的資金だけでは不可能,民間資金も動員すべき,政府はこの民間の海外進出を支援する,と言う精神だった。

電力の本格的な海外進出は1998年以降だが,円借款ではカバーしきれない途上国,特に東南アジアの電源開発を,国家の意思としては考えていたわけだ。民間企業である日本の電力は,その枠の中だけでなく,既設の買収や資金の豊富な先進国のプロジェクトへ関心を示して,ゼロサムゲームと思えるプロジェクトにまで手を出して行く。国際協力銀行も,銀行業務という大義名分のもと,このゼロサムゲームを支援してきた。

最近の情勢で,特に原子力発電分野で,韓国やロシアにプロジェクトを持って行かれる情勢に焦って,日本政府も,官民一体で企業の輸出拡大を後押しする,として,今日の,「先進国向け投資支援,解禁へ政府調整」の記事。財務省は外貨準備からJBICに資金を一部融通することも検討と言う。JBICが主要な役割を持つが,途上国インフラの整備が世界の富の拡大に貢献するので,先進国OK,とするのは,ブレーキがなくなってしまう。

フィリッピンのレイエス・エネルギー長官は,イロイロ市の会合で,電力危機を理由に選挙を控えたアロヨ大統領が非常事態宣言をするのではないか,との質問に,セブ島の発電開始など,心配ないと沈静化に務める。アロヨ大統領は,選挙後に汚職で訴追されないかと懸念しており,もし今のルソン系統の供給力不足が非常事態宣言,大統領選挙延期,などの材料に使われれば,大変なことだ。http://bit.ly/9RIGId

フィリッピンは,再生可能エネルギー法のもと,フィリッピンのルソン北部のコルディエラ山脈,13の水系を擁して,再生可能エネルギー開発の機運に乗って,中小規模の水力プロジェクトが乱立している。この地域には,既設の大規模水力,アンボクラオ,ビンガ,サンロケなどがあり,更に大規模なディドヨン,アブルグなどの水力プロジェクトがある。問題は渇水をどう見るか,どう戦うかと言うことになる。http://bit.ly/dfWNw7

ネパールを訪問中のイサベラ世界銀行副総裁。一週間に亘った世界銀行調査団の結論として,ネパールの電力分野の優先順位は,第1に既設発電所のリハビリ,第2に地方の小水力開発と地方電化,第3に中規模水力と送電線建設,そうして最終的には大規模水力が必要と結論づけた。15年前にアルンから撤退した世界銀行が,本当にネパールの水力開発に帰ってくるのか。http://bit.ly/d896ez

ネパールの水力開発で現地に入っているインド企業のGMRは,毛派の妨害に対して現地関係者と話し合い,作業を続行できる見込み,と発表した。アッパーカルナリ水力とアッパーマルシャンディ水力。インドのリライアンスはKG流域のD6ガス田で,2009年4月に生産を開始したが,現在,日2,200万立方mの天然ガスの生産能力を持ち,発電5,000MW対応可能と。http://bit.ly/9xSqrL

インドで始めての送電線民間開発プロジェクトで電力融資公社PFCが,スターライト社に着工命令を発出。80億ルピーで3年で,西ベンガル,ビハール,アサムを結ぶ。BOOM方式。http://bit.ly/cHlkt0 。インドネシアのプルタミナは,4つのガス供給契約を結んだ。2013年11月からのMEDCOへの13億CF,2013年1月から南スマトラのLNGプラントへ623億CFなど。

インドネシアは原油生産の落ち込みに危機感を感じているが,大統領令で次期の原油ガス探査契約を急ぐことが指示された。昨年の規模は100億ドルだが,企業の投資意欲が減退。2009年は生産は日約95万バレル。http://bit.ly/bZSyxl

中国の国家石油シノペックと海上石油CNOOCが,くつわを並べて世界のエネルギー資源の獲得に,しのぎを削る。アゼルバイジャンのカスピ海で300億ドルの権益獲得に,遂に両雄は手を組んで獲得に走っている。http://bit.ly/anHVUl


Other world energy news today

○100224A Thailand, upstreamonline.com
タイの国家石油探査PTTEが西部豪州の北のチモール海でガス発見
PTTEP finds gas at Oliver
http://bit.ly/cxbw0f
○100224B Philippines, pia.gov.ph
フィリッピンのエネルギー長官が電力不足での非常事態宣言を否定
Reyes allays fears of power shortage in Visayas
http://bit.ly/9RIGId
○100224C Philippines, newsinfo.inquirer.net
フィリッピンのルソン北部の中央山脈は中小規模水力の拠点となるか
Cordillera’s reputation as a watershed cradle goes beyond paper
http://bit.ly/dfWNw7
○100224D Philippines, globalnation.inquirer.net
フィリッピンのセブ島のCEDCが83MWの最初のユニットの系統への投入
CEDC to supply 83MW to Cebu grid in March
http://bit.ly/cn56Hi
○100224E Nepal, thehimalayantimes.com
ネパールでイサベラ世界銀行副総裁が電力分野の優先順位を勧告
WB rolls out 4-step hydropower plan
http://bit.ly/d896ez
○100224F Nepal, myrepublica.com
ネパールの水力開発でGMRは地域と話し合い毛派を説得
GMR resumes works
http://bit.ly/cDOCbM
○100224G India, steelguru.com
インドのリライアンスはKG流域のD6ガス田は今や日2,200万立方m
RIL produces 10 BCM of natural gas from D6 fields
http://bit.ly/9xSqrL
○100224H India, duniyalive.com
インドで始めての送電線民間開発で北東地域でBOOM方式着工命令
First mega independent power transmission project in India
http://bit.ly/cHlkt0
○100224I Indonesia, upstreamonline.com
インドネシアのプルタミナは生産拡大を目指し4つのガス供給契約
Pertamina signs four gas deals
http://bit.ly/d9qymA
○100224J Indonesia, onlineprnews.com
インドネシアは原油生産の落ち込みの危機感で契約促進の大統領令
Indonesia speeds up licensing process to seize billion dollar O&G projects
http://bit.ly/bZSyxl
○100224K China, chinapost.com.tw
中国の急激な石炭輸入の増大と地球寒冷化で石炭価格高騰の気配
Coal rally on Chinese demand sparks US$59 estimates
http://bit.ly/akRclc
○100224L China, english.people.com.cn
中国の国家石油シノペックと海上石油CNOOCがカスピ海資源へ
China oil giants join hands for Caspian Sea oil field
http://bit.ly/anHVUl


Japanese energy news today

○国際協力銀、先進国向け投資支援 解禁へ政府調整
http://bit.ly/arUSs0
○スーダン政府と主要反政府組織、紛争終結に向けた枠組み合意に正式署名
http://bit.ly/9MJmhP
○中国の貴州省で渇水が広がり150万人の飲料水が危機に
http://bit.ly/bzNBbX


2010年2月22日 ー インドはガス火力を25,000MW開発へ ー

この2日間,外出していたために,「日刊」であるのに更新できなくて,すみませんでした。ニュースはどこにいても追っかけていて,随時ツイッターで流しているが,まとまったメルマガやHPの更新は,少し時間がかかるので大変です。でも頑張ってまとめておけば,後で大いに役立つというか,世界の難問がよく理解できるので,続けて行きます,時々途切れるのは我慢して下さい。最近は,よく企業の海外進出で,相談を受けています。

私もそれに触発されて新しい問題に挑戦したりしています。世界の中での断片的な個々の事件やニュースが,有機的に繋がって行くような見方をしたいと思う。時間が経てば,専門家達による,まとまった評論などが出てくるわけであるが,今日の事件がどこに結びついているか,と直感的に地図などを見比べながら,考えを述べられればよいと思っている。今日はとりあえずここでまとめますが,今日から再度,ペースを取り戻したい。

インドは,常に電力不足で経済成長が抑制されているところがあり,インド政府も,大規模石炭火力UMPPを積極的に奨めているが,どうもインドの石炭は,その生産や流通,また地球温暖化の問題で,議論が多いようです。今まで殆ど天然ガスはないと思っていたが,東部のKG流域からの生産が始まって,天然ガス火力を,大規模に推進する気になったようだ。しかし,当面は燃料の多様化,ということになるのだろう。

インダス河のインドとパキスタンの問題は,単なる水の問題だけではなく,核を保有している両国の政治的対立の根元にもなっている,このことに米国が注目して,このまま,世界銀行の技術的判断や,国際調停での問題と捉えていたのでは危険,と米国は感じたようだ。パキスタンは,世界銀行への仲裁要請を取りさげたようだし,大統領特別顧問ホルブロックが,ワシントンが直接仲介に乗り出す,ことを明らかにしている。

15年前に,世界銀行は,ネパールのアルン第3水力から手を引いた,それに従って日本政府もネパールの水力から手を引いたが,情勢が変わってきて,ネパールの電力をインドが積極的に利用する態勢,しかし,マオイスト問題で,現地に入ったインド企業が苦慮している。そこで再び世界銀行の出番が回ってきたのか,アッパーアルン水力とアッパータマコシ水力に,世界銀行が出て行く姿勢を示している。。

昨日の日経社説,日本企業が世界に羽ばたく経済外交を,には大きな意味がある。「原子力発電所や鉄道など海外のインフラ受注競争で,日本企業が敗退する例が目立つ。インフラ受注のカギは技術や価格だけではない。事業の運営や人材育成をはじめ,相手国のさまざまなニーズに応える必要があり,軍事協力など別の要因が発注先選定に影響する場合もある。」。まさに韓国や中国,それにロシアの行き方だ。

日本の外交は,国内の混乱に対応するのが精一杯で,とても企業の海外進出をリードするような力がないのは残念である。国際協力銀行の解体前夜は,国際協力銀行こそが,政府本体に変わって,企業の海外進出を支えるものだ,と我々も考え,解体に反対していた。最近は少し政府の考え方も変わってきたようで,JBIC健在なり,をこれから随所で示して欲しいものだ。


Other world energy news today

○100222A Pakistan, news.oneindia.in
パキスタンとインドのインダス河紛争に米国特使が米国が相談に乗っていると
US in consultation with India, Pak to help resolve water dispute
http://bit.ly/9Mli31
○100222B Pakistan, news.oneindia.in
パキスタンはインドとの水紛争で世界銀行への仲裁要請を取りさげ
Pak shelves plan of moving to World Bank over water disputes with India
http://bit.ly/96jZ8R
○100222C Pakistan, dawn.com
パキスタンの報道によればインドはシェナブ川に更にブルサダム推進と
India plans dam on River Chenab
http://bit.ly/9PYMOb
○100222D Nepal, myrepublica.com
ネパールの水力に世界銀行が関心を350MWのアッパーアルン水力など
WB eyes mega hydel project
http://bit.ly/d3A3Pm
○100222E Myanmar, narinjara.com
ミャンマーの中国主導のパイプラインにインドのONGC10億ドル資本参入
India to Invest in Chinese Pipeline in Arakan
http://bit.ly/cBiILj
○100222F Malaysia, theborneopost.com
マレーシアのサラワク再生可能エネルギー回廊で海外資本が集中
Momentum for more FDIs in S’wak builds up
http://bit.ly/aQ8Imn
○100222G India, ptinews.com
インドのサラン首相顧問の辞任はラメッシュ環境大臣との食い違い
Why did Shyam Saran quit, BJP asks government
http://bit.ly/9uEOlo
○100222H India, steelguru.com
インドはガスの生産増で自信を持ってガス火力25,000MW開発へ
India planning to develop 25000 MW of gas fired plants
http://bit.ly/9X4fmH
○100222I Bangladesh, dawn.com
バングラデシュの1320MW石炭火力をインドのNTPCが支援
Bangladesh signs power plant deal with India
http://bit.ly/aMGZOD


Japanese energy news today

○タイの10〜12月期GDP、前期比実質3.6%増 年率換算15%増
http://bit.ly/aB2DnG
○30カ国・地域が温暖化対策会合 都内で3月1日から
http://bit.ly/dujZLm
○豊田通商、風力発電事業会社の株式をJパワーに譲渡
http://bit.ly/aimhAr
○イラク向け円借款、発電所などに878億円 日本、目標に到達
http://bit.ly/ayC41E
○日経社説 日本企業が世界に羽ばたく経済外交を
http://bit.ly/9Ti8rl


2010年2月20日 ー インドネシアがカリマンタンとジャワを結ぶ ー

地球温暖化問題には,何かしら科学的に納得できない,と考える人は多い。ワシントンは豪雪続きで,ゴアもと副大統領を皮肉る人が出てきて,これで地球温暖化ですか,と問いかけられている。このときに,国連気候変動枠組み条約(UNFCCC)事務局は18日,電子メールで声明を発表し,イボ・デブア事務局長が7月1日に辞任することを明らかにした。国際会計事務所に就職するという。

COP15をまとめきれなかったことや,米国では,オバマ大統領が欧州の排出権取引制度を盛り込んだ温暖化対策法案の推進を控える動きを見せている,その時のデボア氏の辞任は,まさに敵前逃亡と呼ばれても仕方がない。私も,CDMはおかしいと思うから,流れがそちらを向いてきたかな,とも思う。地球温暖化とは関係なく,原子力と水力を組み合わせて奨めることとは,別の意味があると思っている。

昨日は,サラワクの水力開発と,マレー半島を繋ぐ海底送電線計画を見てきたが,今日は,インドネシアのバペナスが,カリマンタンとスラバヤ,400kmを海底送電線で結ぶプロジェクトのFS調査に踏み切った,と報じられた。サラワクの線は560km,カリマンタンが400km,スマトラとジャワ島は40km,ぐらいであるから,後は,コタキナバルの突端とパラワン島約200kmを繋げば,水力も石炭も自由に使えることになる。

ジャワ島の石炭火力は,度々悪天候に悩ませられて,停電を起こしている。わざわざ石炭を運ぶよりは,400kmなら,カリマンタンに石炭火力を造って海底送電線で運ぶべきだ,という議論から始まっている。スマトラとジャワとを結ぶ送電線は,既にかなり具体化しているし,サラワクも,マレーシア政府は2026年運用開始を目標としている。明日と明後日は,更新が遅れます,ツイッターが見れる人は,ツイッターを追っかけて下さい。


Other world energy news today

○100220A Vietnam, live-pr.com
ベトナムのインフラ第1四半期報告書は4400MWロンフ火力基地など
New Research Report: Vietnam Infrastructure Report Q1 2010
http://bit.ly/bPOqMa
○100220B Philippines, bworldonline.com
フィリッピンのエネルギー省は更に16企業の再生可能エネルギーを承認
More companies get permits to develop renewable energy
http://bit.ly/dy3n80
○100220C Philippines, gmanews.tv
フィリッピンのミンダナオは渇水の影響で5月にも電力不足避けられず
Mindanao blackouts seen during May elections
http://bit.ly/d2Hr5L
○100220D Philippines, tradingmarkets.com
フィリッピンのマニラ配電は最近の渇水の影響で電気料金高騰に苦慮
Meralco fears upward trend in electricity prices
http://bit.ly/ayjNA0
○100220E Philippines, bworldonline.com
フィリッピンの246MWのアンガット・ダムの資産売却入札に12企業
At least 12 firms prequalify for Angat sale
http://bit.ly/bpEvIp
○100220F Nepal, thehimalayantimes.com
ネパールのマルシャンディ水力が毛派に阻止されてインドが遺憾と
India concerned about Upper Marsyangdi row
http://bit.ly/9OmpLG
○100220G Indonesia, antara.co.id
インドネシア政府はカリマンタンとジャワ島を海底送電線のFS調査を開始
Bappenas studies Kalimantan-Java marine power cable
http://bit.ly/cDzUpF
○100220H China, icis.com
中国は石炭包蔵を背景に石炭をオレフィン燃料として使うプロジェクトに乗り出す
Coal-to-olefins technology leaps forward in China
http://bit.ly/a9g3Vc
○100220I Clombia, elp.com
コロンビアの324MWソガモソ水力機器を東芝が落札
Toshiba supplying hydropower generators in Colombia
http://bit.ly/ahacyE

Japanese energy news today

○経産省、競争力強化へ官民協力 新興国インフラ受注など5分野重点
http://bit.ly/a4ALRE
○ニジェール政権掌握の軍政、民政移管明言せず
http://bit.ly/bHCxCA
○排出権市場、構築に黄信号 「推進役」デブア事務局長辞任へ
http://bit.ly/acoIGy
○ブラジル,国際帝石、権益15%取得 南東沖のエスピリトサント堆積盆
http://bit.ly/cLHCIc
○ケニアに295億円の円借款 両首相が会談
http://bit.ly/9iByE9


2010年2月19日 ー マレーシアのサラワクの水力開発 ー

今日は時間がなくて,昨日取り上げられなかった,マレーシアのサラワクの水力開発の記事を読んで,それを主題にさせて貰う。私は何故かサラワクに縁がなくて,現地に行ったこともないし,殆ど関心がなかった。最近の話題としては,バクン水力ダムの問題と,マレー半島を繋ぐ海底送電線が主要な話題である。バクンは2,400MWの電力をどうするのだろう,と皆考えている。でもそれだけではない。

サラワクの総面積は約12万5000平方km,人口は約236万人である。南西端の州都クチンを中心に,石炭火力が3カ所あって,470MW程度の設備となっているようだ。バクンを造った人は,何を考えたのだろうと思うが,海底送電線でマレー半島を送るプロジェクトは,中国なども参加して,2016年に800MWレベルの送電を開始するべく,計画を進めているようだ。

ASEANは,非常に壮大な送電連携構想を持っているが,この絵に描いた餅も,サラワクとマレー半島を結ぶ海底送電線が出来れば,ASEAN連携は一気に現実味を帯びてくる。サラワク,マレーシア,タイ,ラオスまでの送電線と,マレーシアから分かれてスマトラを縦断し,これも海底ケーブルで結ばれる予定の,スマトラとジャワ間の連携が完成すれば,面白くなる。バクンとムルム水力に加え,5つのダムを5年で開発するという。

5つのダムは,バクン水力ダムとムルム水力ダム(注11)付近の,サラワク中央部のルジャン川上流(注10)に位置する1,400MWのバレー水力(注10),410MWのプラグス水力(注10)と,サラワク北部に位置する,1,200MWのバラム水力(注12),245MWのリンバン水力(注12),100MWのラワス水力(注12),である。公共事業相(注9)は,プロジェクトの優先順位や事業費については,明らかにしなかった。

この記事に関連して他の記事では,サラワク南西沿岸部のタンジュンマニスに於ける経済特区の開発を大きく取り上げている。2010年内のバクンとムルム水力の完成で,9,000〜10,000MWの電力を手にすることが出来る。タンジュンマニスは内陸港を持ち,ハラルハブとして,周辺地域との連携にとって重要である。また,Scoreにも連なっている。このハブは,2つの企業,STDICとHDCによって進められている。


Main contents

●マレーシアのサラワクは5つの水力で3000MWを5年内に

Sarawak plans to build five more hydro-electric dams, with a combined power capacity of more than 3,000 MW, over the next five years. Technical studies on the proposed dams, to be undertaken by Sarawak Energy Bhd (SEB), had been completed, said Sarawak Public Utilities Minister Datuk Amar Awang Tengah Ali Hasan on Wednesday. The five new dams are Balleh (1,400 MW) and Pelagus (410 MW) ...

マレーシアのサラワクには殆どタッチしていないが,2,400MWのバクン水力ダムが進行し,マレー半島との間の海底送電線が具体化してきて,ASEAN全体の電力系統の中での位置づけが重要になってきた。現在,サラワク(注7)は,次の5年間で,5つの水力プロジェクト,合計出力3,000MWを新たに開発する計画を持っている。この水曜日,サラワクのアワン公共事業相(注9)が,SEB(注8)が技術的調査は終了している,としている。

5つのダムは,バクン水力ダムとムルム水力ダム(注11)付近の,サラワク中央部のルジャン川上流(注10)に位置する1,400MWのバレー水力(注10),410MWのプラグス水力(注10)と,サラワク北部に位置する,1,200MWのバラム水力(注12),245MWのリンバン水力(注12),100MWのラワス水力(注12),である。公共事業相(注9)は,プロジェクトの優先順位や事業費については,明らかにしなかった。

サラワクの電力局SEB(注8)は,最近,サラワク政府によって公有化され,マレーシア株式市場ブルサ(注13)から上場をはずされたが,2015年までに6,000MWの水力開発を進めることを計画している。アワン公共事業相(注9)はクチン(注6)で,ブルネイ政府に,「サラワク-ブルネイ電力連携計画」のFS報告書を手交した際,944MWのムルム水力ダム(注11)は順調に進んでおり,2013年に完成の予定,と述べている。

944MWのムルム水力ダム(注11)は,今年,2010年末に300MWの発電を開始し,2011年には全機が稼働する予定という。アワン公共事業相(注9)は,ラザック首相(注17)が,バクン水力ダム(注11)からの電力は,「サラワク再生可能エネルギー回廊」,Score(注18)におけるエネルギー消費を貴重とする産業に,優先的に供給することに,合意している,と述べている。

このためには,サラワクヒドロ(注19)がバクン(注11)からの電力を,Score(注18)の産業が使用するために,SEB(注8)に売電する必要がある,としている。既に多くのサラワクの産業が,バクン(注11)の電力を待ち受けている,と言っている。2つのアルミ精錬企業が,その主要な需要者であると。一つはマレーシア企業と中国企業の合弁(注20),もう一つは,サラワク企業とリオティントの合弁(注21)である。

アワン公共事業相(注9)は同時に,海底送電線が完成すれば,バクン(注11)の電力は,マレー半島に送られることも認めている。サラワクヒドロ(注22)によると,海底送電線の第1次分は,2016年の完成を目指しており,第2次はそれに続いて投入される。それぞれ800MWを送電可能であるが,2008年,SEB(注8)とTNB(注23)の協定によると,最初の3,000MWは,2017〜2020年,続いて5000MWは,2021〜2030年。

アワン公共事業相(注9)によると,水力の他,新規に,Score(注18)の範囲の中にあるムカ地区のバリンギアン(注24)に300MWの石炭火力の建設計画を持っている。SEB(注8)は現在,バリンギアン,セジンガット,クチン(注25)に,合計で470MWの石炭火力を運転している。なお,バクン水力ダム(注11)は,サラワクヒドロ(注22)により運営されており,最終出力は,2,400MWである。

この記事に関連して他の記事では,サラワク南西沿岸部のタンジュンマニスに於ける経済特区の開発を大きく取り上げている。2010年内のバクンとムルム水力の完成で,9,000〜10,000MWの電力を手にすることが出来る。タンジュンマニスは内陸港を持ち,ハラルハブとして,周辺地域との連携にとって重要である。また,Scoreにも連なっている。このハブは,2つの企業,STDICとHDCによって進められている。

(注)E (1) 100218E Malaysia, biz.thestar.com.my,(2) title: Sarawak plans five more hydro dams,(3) http://bit.ly/a2wjPj,(4) Thursday February 18, 2010,(5) http://biz.thestar.com.my/news/story.asp?file=/2010/2/18/business/20100218083054&sec=business,(6) By JACK WONG,KUCHING,(7) Sarawak,(8) Sarawak Energy Bhd (SEB),(9) Sarawak Public Utilities Minister Datuk Amar Awang Tengah Ali Hasan,(10) Balleh (1,400 MW) and Pelagus (410 MW),both in the upper Rejang River basin in central Sarawak,(11) Bakun and Murum dams,(12) Baram (1,200 MW), Limbang (245 MW) and Lawas (100 MW), all in northern Sarawak,(13) Bursa Malaysia,(14) Murum dam project (944 MW),(15) Sarawak-Brunei power interconnection system,(16) Kuching,(17) Prime Minister Datuk Seri Najib Razak,(18) Sarawak Corridor of Renewable Energy (Score),(19) Sarawak Hidro,(20) GIIG Holdings Sdn Bhd-Aluminium Corp of China Ltd,(21) Rio Tinto Alcan-Cahya Mata Sarawak Bhd.,(22) Sarawak Hidro managing director Zulkfile Osman,(23) Tenaga Nasional Bhd (TNB),(24) 300-MW coal-fired power station in Balingian, Mukah division,(25) Balingian and Sejingkat, Kuching with a combined installed capacity of 470 MW,(26) hydropower projects,map source: http://www.bmf.ch/en/news/?show=101,(27) Bakun dam, photo source: http://www.bmf.ch/en/news/?show=106,(28)
.
今日の参考資料

●100218E Malaysia, biz.thestar.com.my
マレーシアのサラワクは5つの水力で3000MWを5年内に
Sarawak plans five more hydro dams
http://my.reset.jp/adachihayao/index100218E.htm

http://bit.ly/a2wjPj

最近の関連資料

○100218F Malaysia, asiaone.com
マレーシア政府はサラワクのタンジュンマニスの経済特区に90億RM
RM9 billion pour into Halal Hub in Sarawak
http://bit.ly/918LTi
○100204E China, pipelinesinternational
マレーシアから韓国までの海底ガスパイプライン建設で中国企業などが覚書
MoU signed for Trans-Oriental Gas Pipeline
http://bit.ly/cwUx1h
○100118B Malaysia, ipsnews
マレーシアのサラワクのバクンダムは恵みか破壊か
Sarawak Dams: Boon or Bane to Development
http://www.ipsnews.net/news.asp?idnews=50005
○100104C Malaysia, independent
マレーシアのボルネオの22億ドルバクンダムの湛水も間近
Borneo mega-dams proposal raises fears for tribes, wildlife
http://bit.ly/5uoa2F
○091228E Malaysia, news.ph.msn
マレーシアのサラワクのバクン・ダムの進展で住民が脅威を感じている
Borneo mega-dams proposal raises fears for tribes, wildlife
http://news.ph.msn.com/regional/article.aspx?cp-documentid=3763789
○091216E Malaysia, online.wsj
マレーシアのTNBは29億ドルのサラワクとの海底ケーブル推進へ
To Proceed With Cable Project As Planned
http://online.wsj.com/article/BT-CO-20091215-700040.html
○091124H Malaysia, bernama
マレーシアのサラワクの石炭火力にシノハイドロが入札参加へ
Sinohydro To Bid For Mukah, Merit Coal Power Plants
http://www.bernama.com.my/bernama/v5/news_lite.php?id=457437
○091021C Malaysia, biz.thestar
マレーシアのサラワクが2020年までに10,000MW水力開発へ
Privatisation of Sarawak Energy to ease plans for aggressive expansion
http://bit.ly/1tEIqs
○090909D Malaysia, biz.thestar
マレーシアのバクン・ダム水力は2010年にも送電開始
Bakun dam may begin to supply power in 2010
http://bit.ly/devHiz


2010年2月18日 ー タイはサルウイーンのハッチダム推進 ー

「巨竜むさぼる」,産経記者の現地ルポ,今日はアフリカ西の石油の国アンゴラである。私が訪ねた頃は内戦中で,首都アンゴラの中だけの調査旅行だったが,記事を見るとすごい変貌を遂げているようだ。混乱に乗じて入っていった中国は,石油利権を押さえて,アンゴラをアフリカ進出の拠点として使っていたが,記事によると,アンゴラの人々の間にも変化が出てきたという,明日の連載が楽しみである。

今日はマレーシアのサラワクも取り上げたかったが,時間がなくなってしまって,また近いうちに取り上げたいと思っている。大規模な水力を開発してどうするのか,と思っているが,最近では経済特区の開発などを行って,豊富なエネルギー資源を喧伝しながら,外国投資を呼び込んでいるようだ。マレー半島との間の海底送電線,スマトラとどちらが早いか,これも競争になる。ASEANグリッドの夢も,夢でなくなってくる。

サルウイーン河の開発については,何度も取り上げているが,ミャンマー正規軍を動員してのダム建設調査,と言うことで,環境団体や人権団体の反対が激しい。上流部は,中国が積極的で,パイプライン建設と絡んで,ダム建設を強行することによる少数民族の反乱を抑えようと言う動きにも見える。どこに電気を持って行くのか,それは出来てから,見たいな,強引な開発とも受け取れるが,問題はタイの経済だろう。

最下流に,ハッチ水力ダムという構想があって,調査が進められている。上流の計画が大規模な貯水池を想定しているにに対して,この最下流のサイトは,流域面積も多いので,流れ込み式に近い規模だ。それでも,1,350MWと書いてあるから,そう小さい規模ではない。このサイトだけは,サルウイーンの中でも,タイ,EGATが握って離さない。タイにとっては,バンコクに至近距離であり,何としても実現したいところだ。

今日の記事。遂にタイのエネルギー省の高官が本音を漏らした。環境団体や人権団体は,アビシット首相に手紙を書いて,エネルギー省にその推進をストップさせよ,と要求している。件の高官は,タイがハッチ水力ダムから手を引くとどういうことになるか,分かりますかと。瞬発をおかず,中国企業がこの最下流のサイトに雪崩れ込んでくるだろうと。だからタイはこのサイトを捨てないのだと。すごい本音で反対派の説得にかかった。事実だろう


Today's subject

●100218A Thailand, upi.com
タイのエネルギー次官が中断している1350MWハッチ水力ダムは2015年と
Thailand plans Myanmar hydropower plant
http://my.reset.jp/adachihayao/index100218A.htm

http://bit.ly/9c2kOY


Other world energy news today

○100218B Power, hydroworld.com
北米再生可能エネルギー世界大会は8月で揚水の重要性がテーマー
Pumped-storage hydro is session topic
at Renewable Energy World Conference and Expo North America 2010
http://bit.ly/bsEIYq
○100218C Philippines, manilatimes.net
フィリッピンのミンダナオ南部はアグス水力の渇水で電力危機
Power lack imperils Mindanao
http://bit.ly/dniz7A
○100218D Philippines, business.inquirer.net
フィリッピンのルソン系統の危機はリマイ複合火力の稼働で救われる
Limay plant saves Luzon from brownouts
http://bit.ly/abVjx4
○100218E Malaysia, biz.thestar.com.my
マレーシアのサラワクは5つの水力で3000MWを5年内に
Sarawak plans five more hydro dams
http://bit.ly/a2wjPj
○100218F Malaysia, asiaone.com
マレーシア政府はサラワクのタンジュンマニスの経済特区に90億RM
RM9 billion pour into Halal Hub in Sarawak
http://bit.ly/918LTi
○100218G Mekong, npr.org
メコン河のゴールデントライアングルからの記者の紀行報告
Mekong Divides Different Worlds In 'Golden Triangle'
http://bit.ly/bJ04xX
○100218H China, chinaknowledge.com
中国の国家石油CNPCは天津に石炭石油備蓄基地を3月に着工
CNPC to build oil depot in Tianjin
http://bit.ly/d9A5Tw


Japanese energy news today

○韓国紙社説,米国の原発建設再開は新たなチャンス
http://bit.ly/9gzYL7
○東芝、インド国営企業とT&D事業に関する覚書を締結
http://bit.ly/crNX30
○巨竜むさぼる,中国式「資源」獲得術】第2部,親中の現実(3)アンゴラ
http://bit.ly/9Xn9Fx


Main contents

●タイのエネルギー次官が中断している1350MWハッチ水力ダムは2015年と

Thailand plans to go ahead with the construction of a dam and hydropower plant in Myanmar despite opposition from civic and environmental groups. "There will be more studies. Although this may lead to a delay, the project is not scrapped," Thailand's Energy Permanent Secretary Pornchai Rujiprapa was quoted as saying by Thailand news agency The Nation. The proposed 1.35 gigawatt Hutgyi plant to be developed ...

ミャンマー領内,サルウイーン河(注10)最下流のハッチ・ダム・プロジェクト(注12)は,タイの需要地にも近く,貯水池としての規模も比較的小さいので,タイの電力関係者は,その推進に力を入れているが,環境団体の反対は激しい。タイのエネルギー次官(注7)は,まだ調査が必要で遅れてはいるが,放棄したわけではない,と記者団に語っている。

タイのEGAT(注9)によって進められているサルウイーン河(注10)の1,350MWのハッチ水力プロジェクト(注8)は,商業運転を2015〜2016年に開始して,タイへ送電されることになっている。しかし,反対論が多く,現在止まっている。現場でのタイ紙の報告によると,ミャンマーの軍隊によって数千の住民が虐待を受けているようだが,現地には大規模な軍隊が駐留して,軍事的な攻撃があったりしていると。

環境グループと少数民族保護グループは,この火曜日,アビシット首相(注11)に文書を提出,最近,エネルギー大臣にタイして発した指令,ハッチ・ダム(注12)プロジェクト委員会の設置を,見直すよう求めている。この委員会は公正ではない,との見解である。環境団体のSARN(注13)は,EGAT(注9)を」監督する立場として,エネルギー省は中立性を欠く,としている。タイはまた,ミャンマーのガスの60%を輸入している立場である。

エネルギー省筋は,ハッチ・ダム・プロジェクト(注12)が止まったままであれば,中国がこれを引き継ぐ恐れがあると見ている。まだ,ダムサイトに於ける人権侵害など調査するために遅れることはあっても,このことから我々はプロジェクトを止めることは出来ない,と言っている。ミャンマーの環境団体,BRN(注14)は,プロジェクトは完全に軍隊の管轄下にあり,通常の情報公開,一般参画,基準の採用などは行われていないと。

このプロジェクトは,周辺諸国が便益を得て,ミャンマーには何ももたらさない,と言われている。ミャンマーの原油や天然ガスは,周辺諸国にとって大きな魅力である。ミャンマーは,32億バレルの原油包蔵があると言われている。タイの高官が,EGATがこのプロジェクトを実施しなければ,中国が実施するだろう,と公然と言い放ったのは,今回が初めてだろう。説得の理由になるかどうかは別にして,正しいだろう。

(注)A (1) 100218A Thailand, upi.com,(3) title: Thailand plans Myanmar hydropower plant,(4) http://bit.ly/9c2kOY,(5) http://www.upi.com/Science_News/Resource-Wars/2010/02/17/Thailand-plans-Myanmar-hydropower-plant/UPI-60661266423211/,(6) Published: Feb. 17, 2010 at 11:13 AM,BANGKOK, Feb. 17 (UPI),(7) Thailand's Energy Permanent Secretary Pornchai Rujiprapa,(8) 1.35 gigawatt Hutgyi plant,(9) Electricity Generating Authority of Thailand,(10) Salween River,(11) Thailand Prime Minister Abhisit Vejjajiva,(12) Hutgyi dam,(13) Pianporn Deetes of the Southeast Asia Rivers Network,(14) Burma Rivers Network,(15) map and photo source: http://www.salweenwatch.org/index.php?option=com_expose&Itemid=63,(16) photo source: http://www.livingriversiam.org/images/rwesa/rwesa_SALWEE_2big.jpg,(17)

今日の参考資料

●100218A Thailand, upi.com
タイのエネルギー次官が中断している1350MWハッチ水力ダムは2015年と
Thailand plans Myanmar hydropower plant
http://my.reset.jp/adachihayao/index100218A.htm

http://bit.ly/9c2kOY

最近の関連資料

●100215B Thailand, The Nation
タイのEGATスタット新総裁が積極姿勢でラオスの7,000MWなど言及
New Egat chief puts public acceptance to the fore
http://my.reset.jp/adachihayao/index100215B.htm
●100204A Thailand, Bangkok Post
タイのEGAは経済回復で2010年の電力伸びを4.7%へ上方修正
Egat lifts power demand growth projection to 4.7%
http://my.reset.jp/adachihayao/index100204A.htm
●091223A Thailand, Bangkok Post
タイへのヤナダからのガス供給休止で水力がフル稼働へ
Dam release no risk to villagers
http://my.reset.jp/adachihayao/index091223A.htm
○091215C Mekong, hydroworld
メコンフォーラムで中国に対して強大な支援者と大ダム建設者の2面のイメージ
China's PR Problem Rears Head at Mekong Forum
http://www.hydroworld.com/index/display/news_display/138826048.html
●091213E Thailand, ipsnews
メコン・フォーラムに於ける中国の評価は投資とダム建設で2分
China’s PR Problem Rears Head at Mekong Forum
http://my.reset.jp/adachihayao/index091213E.htm
○091124A Thailand, earthtimes
タイの活動家がミャンマーのダムからの撤退を要求
Thai activists demand pull-out from Myanmar dam project
http://bit.ly/dcRufb
○091124D Thailand, Bangkok Post
タイのサルウイーン河開発反対に対してアビシット首相冷静に対応
Abhisit cool to opponents of Salween River dam plan
http://bit.ly/6r2PuJ


2010年2月17日 ー ネパールの水力にマオイストの妨害 ー

今日も産経の,「巨竜むさぼる」,の第2部を拝見。産経記者の,ザンビアの首都ルサカを中心とした中国企業の動きを,生々しい描写で伝えている現地ルポである。果たして中国はアフリカで歓迎されているのか,銅鉱山を狙った中国の意図はこの先どうなっていくのか,興味津々である。時の政権さへ味方に付ければいいだろう,という考え方は,銅鉱山資源という長期の目的に合わせてくれるのであろうか。

この産経の記事も,インド洋を中心とした中国のシーレーンの作戦を追ったものだが,このストーリーもミャンマーと中国の関係に収斂してゆくだろう。中国への辛口のコメントでなる宮崎正弘氏の国際ニュース・早読みによると,ロシアはミグ29ジェット戦闘機を十機、ミャンマー軍事政権の空軍へ輸出すると言う。ミャンマーもしたたかである,宮崎氏は,ミャンマーのバランス外交だという。

さて,ヒマラヤの国ネパールも,常に動いている。共和制に移行し,地方で暴れていたマオイストが政権について,首領のプラチャンダーの指導力によって,10年間10,000MW水力開発の,ヒマラヤを取り巻く人類最後の戦いが始まると見守っていたところ,突然にマオイストが政権を投げ出し,しかもプラチャンダーが主唱していた水力開発の妨害を始めた。

私は,基本的な問題はマオイストの旧兵士の取り扱いであって,武装したままネパール正規軍に編入しようとしたプラチャンダーの意図に反対する勢力,武装解除を行った後,改めて正規軍兵士としての適正調査の上,採用すべき,と言う,まさに雇用問題に帰するわけである。ヤダブ大統領が強権でマオイスト兵士のそのままでの編入を阻止して,このマオイストの反逆が始まった。

プラチャンダーと言う人は,基本的には純粋な人だと思うし,ネパールの開発には,水力開発しかないと言うことも知っている開発論者である。今彼等の大義名分は,中央集権反対,州の独自性を認めて,地方政府の主権の元に開発する,大阪府の橋本知事と同じである。橋本さんには,大阪のプラチャンダー,の称号を差し上げたい。だから,先は開発に収斂すると思うが,厄介なのは3万人と言われるマオイスト兵士の行く先である。

今日の記事で,マオイストが直接阻止の行動に移ったプロジェクトは4つ。250MWアッパーマルシャンディ水力(注8),同じくGMR(注12)の300MWアッパーカルナリ水力(注13),SJVN(注19)の402MWアルン3水力(注14),ILFS(注15)の750MWウエストセティ水力(注),である。アルン3は東部であるが,他の3プロジェクトは西部にあり,インドにとって格好の位置にある。


Today's subject

●100217C Nepal, thaindian
ネパールの250MWアッパーマルシャンディ水力も毛派でストップ
Maoists stop work at another Indian venture in Nepal
http://my.reset.jp/adachihayao/index100217C.htm

http://bit.ly/bl25uX


Other world energy news today

○100217A Power, courthousenews
米国オバマ大統領は30年間凍結の原子力開発に80億ドルローン承認
Obama Restarts Nation's Nuclear Power Plants With $8 Billion Loan
http://bit.ly/9AOEc9
○100217B Philippines, Manila Bulletin
フィリッピンルソンのガス供給ストップで1200MWイリジャンへディーゼル燃料
NPC to procure diesel oil for Ilijan plant
http://bit.ly/bhCM86
○100217D Mekong, npr
メコン河流域の昨日と今日を語る長い記事で写真も豊富
At Mekong's Source In China, Past And Present Collide
http://bit.ly/aNkXS5
○100217E India, shimbun.denki
インドのNTPCの超臨界機器挑戦で電気新聞が英文記事
India to pursue thermal efficiency improvement for coal-fired power generation
http://bit.ly/cmxAZy


Japanese energy news today

○巨竜むさぼる,ザンビアのルサカ,産経記者の現地ルポ
http://bit.ly/cP1cRS
○フィリッピン,5月の比大統領選有力2候補 経済政策、にじむ対立
http://bit.ly/aB8yet
○日経社説 資源大手統合の厳格審査を 豪英系BHPビリトンとリオ・ティント
http://bit.ly/cnnylo
○東芝が活況裏に続急伸、米大統領が2原発新設に政府保証と発表
http://bit.ly/aslj7f
○三井物産、米ガス田権益取得 新生産方式、14億ドル投資
http://bit.ly/aQ0m8j


Main contents

●ネパールの250MWアッパーマルシャンディ水力も毛派でストップ

As Nepal’s first President Ram Baran Yadav began his maiden state visit to India to cement ties with the neighbouring country, the country’s former Maoist guerrillas have prevented work at a hydropower project in western Nepal with major Indian investment. Survey at the 250 MW Upper Marsyangdi hydropower project in Lamjung district came to a stop with the Maoists’ regional organisation, ....

ネパールが共和制に入って最初の首相,プラチャンダーはマオイスト首領であった。就任直後に,インド,中国,欧州と走り回って,10年間で10000MWを開発する,と言っていたのは誰なのか。これでネパールの水力がやっと開発の緒に就く,と大いに期待していた我々を裏切ったのは、プラチャンダーその人だ。マオイストの旧兵士の取り扱いの問題は,それほど難しいと言うことか。

時も時,ネパール初代のヤダブ大統領(注6)が始めてのインド訪問中で,両国の絆を深めようとしているときに,重要なインドの投資プロジェクトであるネパール西部の水力プロジェクトを,マオイスト(注7)のゲリラが,妨害に入った。この月曜日,2010年2月15日,ラムジュン地区(注9)の250MWアッパーマルシャンディ水力(注8)の調査は,ハンマーを象った旗を掲げたマオイスト(注7)の地方組織(注10)によって,中断された。

この250MWアッパーマルシャンディ水力(注8)は,当初,ネパール企業(注11)が請け負ったが,後にインド企業GMR(注12)が,そのネパール企業の資本の80%を所有することとなった。マオイスト(注7)の言い分は,ネパールは州の自治に組織を再編成すべきで,水力も含めた天然資源の開発については,その新しい州政府の権限で認可すべきである,と言う。

ネパール国内は日15時間にも及ぶ停電を余儀なくされているというのに,マオイスト(注7)によって妨害され中断した水力プロジェクトは,これで4プロジェクトにもなる。今年,2010年に入ってマオイスト(注7)が新政権に反対して中断させたプロジェクトは,GMR(注12)の300MWアッパーカルナリ水力(注13),SJVN(注19)の402MWアルン3水力(注14),ILFS(注15)の750MWウエストセティ水力(注)である。

この最近の250MWアッパーマルシャンディ水力(注8)のマオイスト(注7)による中断は,つい先日,ネパールのマハト・エネルギー大臣(注16)が,コルカタの電力サミットで,インドのネパールへの投資を呼びかけ,治安維持を保証したばかりであった。私も,手の裏を返したプラチャンダーには大いに不満があるが,でもプラチャンダーの開発への本質的な意欲は理解しているので,情勢の好転を願っている。

(注)C (1) 100217C Nepal, thaindian,(2) title: Maoists stop work at another Indian venture in Nepal,(3) http://bit.ly/bl25uX,(4) http://www.thaindian.com/newsportal/business/maoists-stop-work-at-another-indian-venture-in-nepal_100320920.html,(5) February 16th, 2010 - 2:06 pm ICT by IANS,Kathmandu, Feb 16 (IANS),(6) President Ram Baran Yadav,(7) Maoist,(8) 250 MW Upper Marsyangdi hydropower project,(9) Lamjung district,(10) Tamu Rastriya Mukti Morcha,(11) Himtal Hydro Power Company Ltd.,(12) GMR,(13) 300 MW Upper Karnali project,(14) 402 MW Arun III,(15) Infrastructure Leasing and Financial Services,(16) Nepal’s Energy Minister Prakash Sharan Mahat,(17) map source: http://www.nicci.org/images/hydro_map.jpg,(18) photo source: http://www.nepalitimes.com/issue/356/Headline/13703,(19) Satluj Jal Vidyut Nigam,(20)

今日の参考資料

●100217C Nepal, thaindian
ネパールの250MWアッパーマルシャンディ水力も毛派でストップ
Maoists stop work at another Indian venture in Nepal
http://my.reset.jp/adachihayao/index100217C.htm

http://bit.ly/bl25uX

最近の関連資料

○100214D Nepal, thehimalayantimes
ネパールのマオイストは300MWアッパーカルナリ水力に反対
Maoists hell bent on stalling Upper Karnali
http://bit.ly/bbPLZa
○100207C Nepal, thehimalayantimes
ネパールの毛派がウエストセティなど3水力プロジェクトの妨害に出ると
Maoists threaten to shut hydroelectricity projects
http://bit.ly/byxPrf
○100201D Nepal, ekantipur
ネパールでインド企業が進める300MWアッパーカルナリで毛派が脅威
UPPER KARNALI HYDROPOWER PROJECT
http://bit.ly/avyiPJ
○100129D Nepal, myrepublica
ネパールのマオイストがダム反対運動でインド企業が逃げ腰
Leave GMR alone
http://bit.ly/cwc7I8
○100127C Nepal, telegraphindia
ネパールのマオイストがインド企業の水力プロジェクトに反対指令
Indian firm in Maoist sights
http://bit.ly/cXcs39


2010年2月15日 ー タイでのJパワーの活躍と地元問題 ー

「巨龍むさぼる」,産経新聞の藤本記者が現地から書き送る記事,中国がアフリカ資源にどのように挑んでいるか,現地ルポなので,なかなか現地に行けない私としても楽しみにしている特集記事だが,今日から第2部が始まっている。今日はザンビアの銅鉱山が主題で,中国資本のバイタリティもさることながら,現地の反発もなかなか厳しいものがある。私も道路造りに言ったことがあり,懐かしく思いながら読んでいる。明日も楽しみ。

タイの政情の緊迫化が報じられている。国王も高齢だし,もういい加減に止めて欲しい,というのが日本も含めた近隣諸国の思いだろう。裁判所で問題になっているタクシンの資産は,2,058億円と言うから驚く,原子力発電所が出来てしまう。今日のタイの二つの記事は,国民運動に発展するタイの異常な雰囲気の中で,石炭火力と原子力開発に苦悩する関係者の思いが出ている。

バンコクで日本のJパワーの幹部が,日本の発電所建設に於ける社会環境面での実例を紹介して,タイの今後のインフラ建設に於ける地元問題への対処について議論が行われたようだ。Jパワーのミズモトさんなどの説明は,要するに国の基準よりは大切なのは地元との話し合いで,地元の県や市町村の考える環境基準を重視してきた,ということが一つのポイントか。

昨年,2009年12月に着任したスタットEGAT新総裁の,国民への訴えである。その中で数字がある。現在EGATの設備は,25,000MWであるが,2030年には52,468MWが必要。ガスへの依存は,世界平均は20.1%だがタイでは70%,石炭は世界が41%に対しタイは20.8%,石油は世界が5.8%でタイが8.4%,水力は世界が16%でタイが6.6%,原子力は世界が14.8%でタイがゼロ。新総裁が何を言いたいか分かるというもの。

さて,今日の日経が報じているベトナムへのJパワーの取り組みについて,その裏側が知りたいものだ。日経によると,「日本の企業と政府が一体となってアジアなど新興国でインフラ整備や運営,維持事業に乗り出す。第一弾としてJパワーや中日本高速道路などが,ベトナムで上水道や高速道路,発電所の受注を目指しており,3月にも正式に決まる見通し。」,と言う。これは経済産業省の進める産業革新構想と軌を一にするのだろうか。

政府が挙げて政府開発援助や貿易保険が支援する,と言っていることと,余り前面に出て来なかった水道部門が馬鹿に強調されており,メタウオーターの名前も挙がっている。海外事業の場に係わってきた我々としては,発電や道路に,更に水問題を前面に出そうとする関係者の構想が読みとれる。恐らく,経験豊富なJパワーを先頭に立てて,日本の産業界が,海外飛躍を目指すものだろう。期待して見守ろう。


Today's subject

●100215A Thailand, bangkokpost
タイの発電所で日本の運転企業は真剣に地域社会と取り組んでいる
POWER AND THE PEOPLE
http://my.reset.jp/adachihayao/index100215A.htm

http://bit.ly/ajRzht
●100215B Thailand, The Nation
タイのEGATスタット新総裁が積極姿勢でラオスの7,000MWなど言及
New Egat chief puts public acceptance to the fore
http://my.reset.jp/adachihayao/index100215B.htm

http://bit.ly/9zt75r


Other world energy news today

○100215C Pakistan, risingkashmir
パキスタンのニールムジェルム水力で中国人エンジニアーに最高度の警戒
Major security plan on anvil for protection of foreigners in PaK
http://www.risingkashmir.com/?option=com_content&task=view&id=20784
○100215D Philippines, Manila Bulletin
フィリッピンのアンガットダムの売却でその多目的重要性に懸念
Role of Angat in water supply complicates privatization moves
http://bit.ly/btlml7
○100215E Philippines, isria
フィリッピンの大統領府はルソンの電力危機に対処の方法ありと
Philippines - Palace says power shortage manageable
http://www.isria.com/pages/14_February_2010_83.php
○100215F Philippines, business.inquirer
フィリッピンのマニラ配電が域内配電網強化で81億ペソ投入
Meralco sets P8.1-B capex
http://bit.ly/abo6qO
○100215G Philippines, newsinfo.inquirer
フィリッピンのルソンの電力危機はリマイ停止などまだ続く
Luzon brownouts still a possibility
http://bit.ly/9RO1So
○100215H Indonesia, khaleejtimes
インドネシアの石炭や発電所などインフラへUAEが50億ドル投資
UAE Firms Launch $5b Projects in Indonesia
http://bit.ly/8YozVK
○100215I Indonesia, dailymirror
インドネシア政府は地熱などの再生可能エネルギー優遇税制を検討中
Indonesia offers tax incentives for renewable energy
http://bit.ly/aIhoem
○100215J Bangladesh, timeslive
バングラデシュのハシナ首相が任期中に4,296MWまで増強と
Power for Bangladesh
http://bit.ly/9Yb5Uu


Japanese energy news today

○道路・発電所の整備から運営まで、ベトナムで一括受注 Jパワーなど
http://bit.ly/cpcw3B
○国際協力銀の危機対応融資、1年延長 11年3月末まで
http://bit.ly/dDfJLR
○欧州の天然ガス・電力取引事業、野村が50億円で買収
http://bit.ly/auh88U
○石炭火力のCO2効率回収、東芝が実証設備の受注開始へ
http://bit.ly/9L5Qp0
○タイ政情 再び緊迫 26日にタクシン一族資産没収判決
http://bit.ly/clJB6R
○双日、カナダ電力公社とCO2回収・貯留事業に参入
http://bit.ly/a42f25
○ザンビア,巨竜むさぼる,中国式「資源」獲得術,第2部 親中の現実
http://bit.ly/bDIfCQ


Main contents

●タイの発電所で日本の運転企業は真剣に地域社会と取り組んでいる

Japanese power plant operators take local community concerns very seriously and the relationship could be a model for other countries. When Japan set out 60 years ago to become the industrial powerhouse it is today, environmental awareness was low, technology to mitigate the effects of industrialisation was scarce, and coexisting with communities was not a high priority.

バンコクで日本のJパワーの幹部が,日本の発電所建設に於ける社会環境面での実例を紹介して,タイの今後のインフラ建設に於ける地元問題への対処について議論が行われたようだ。Jパワーの水本さんなどの説明は,要するに国の基準よりは大切なのは地元との話し合いで,地元の県や市町村の考える環境基準を重視してきた,ということが一つのポイントか。

(注)A (1) 100215A Thailand, bangkokpost,(2) title: POWER AND THE PEOPLE,(3) http://bit.ly/ajRzht,(4) http://www.bangkokpost.com/business/economics/32933/power-and-the-people,(5) Published: 15/02/2010 at 12:00 AM,(6) Akihiko Mizumoto, general manager (technical) of Electric Power Development Co Ltd (J-Power),(7) Nobuyuki Honjo, the leader of J-Power's wind power engineering group,(8) J-Power's coal-fired Isogo Thermal Power Station,(9) Ryusaku Kohara, senior vice-president of J-Power Generation (Thailand).,(10) Toshihiro Tosaki, the technical monitor at Isogo,(11) Samerjai Suksumek, director of the power policy bureau at the Energy Policy and Planning Office in Thailand,(12) 64 industrial ventures at Map Ta Phut,(13)

今日の参考資料

●100215A Thailand, bangkokpost
タイの発電所で日本の運転企業は真剣に地域社会と取り組んでいる
POWER AND THE PEOPLE
http://my.reset.jp/adachihayao/index100215A.htm

http://bit.ly/ajRzht


●タイのEGATスタット新総裁が積極姿勢でラオスの7,000MWなど言及

"Our image must be positive first. If we can't overcome this hurdle now, it will be difficult to make any move in the future," Sutat Patmasiriwat said in an interview last week. He emphasised the country's need for new power plants, given that under the 15-year national power development plan (PDP), Thailand would secure 7,000 megawatts from Laos and rely on a huge supply of gas from Burma for domestic power generation.

昨年,2009年12月に着任したスタットEGAT新総裁の,国民への訴えである。その中で数字がある。現在EGATの設備は,25,000MWであるが,2030年には52,468MWが必要。ガスへの依存は,世界平均は20.1%だがタイでは70%,石炭は世界が41%に対しタイは20.8%,石油は世界が5.8%でタイが8.4%,水力は世界が16%でタイが6.6%,原子力は世界が14.8%でタイがゼロ。新総裁が何を言いたいか分かるというもの。

(注)B (1) 100215B Thailand, The Nation,(2) title: New Egat chief puts public acceptance to the fore,(3) http://bit.ly/9zt75r,(4) http://www.nationmultimedia.com/2010/02/15/business/business_30122506.php,(5) By Achara Deboonme,The Nation,Published on February 15, 2010,(6) Sutat Patmasiriwat,(7) 15-year national power development plan (PDP),(9) Egat,(10) Egat-sponsored Carbon Energy Network,(11) Siam Cement Group,(12) Bangchak Petroleum,(13)

今日の参考資料

●100215B Thailand, The Nation
タイのEGATスタット新総裁が積極姿勢でラオスの7,000MWなど言及
New Egat chief puts public acceptance to the fore
http://my.reset.jp/adachihayao/index100215B.htm

http://bit.ly/9zt75r



2010年2月14日 ー フィリッピンの電力供給責任はどこか ー

フィリッピンの電力供給責任は誰が持つのか,我々がが長い間,問い続けてきた質問である。民営化自由化によって,「見えざる手」,が最も経済的に投資を行ってゆくだろう,というのが民営化論者の言い分であった。我々は,野菜の場合はそれでよいだろう,今年は少し不足したから来年は値段も上がるかも知れない,少し野菜の増やすか,と言う調子で,「見えざる手」,が調整をしてくれる,年のずれはあるが,何とかうまく行くだろう。

ただ果たして人間に,10年後を見据えて大きな投資を行う,供給責任のない民間企業が,そう簡単に見つかるであろうか,というのが我々の疑問である。日本の電力会社は民間企業ではあるが,地域独占で地域の供給責任を持たせられている,という自覚は,一部自由化されているとはいえ,根底には根強く残っている。そう言う意味では,日本の電力会社は,完全民営化された民間企業とは言えない。

日本の需要は今は伸びないので,昔ほどに厳しく供給責任が議論されているかどうか,よく分からないが,廃止しなければならない発電所もあるだろうし,そのために再建設を行う発電所は,少なくとも10年前から検討が行われているはずである。恐らく,これから老朽化する火力があるならば,その代替として,新規の原子力発電所を建設する準備をしよう,などという議論は行われているだろう。

日本の場合は春夏秋冬の季節があって,春と秋には需要のピークが下がるから,その時に火力発電所などを止めて,定期補修を行うことになるが,それでも,年間の各発電所の補修のスケジュールを詳細に組んでおかなければ,ピーク時に穴が空く恐れがある。この補修計画の作成は,電力会社にとっては重要な年間計画の一つである。

フィリッピンは,今日になって,しまった,エネルギー省は何をしておるのか,前もって補修のスケジュールを調整していなかったのか,と我々にとっては児戯のような議論が新聞紙上で行われているのである。誰も全体の補修計画を見ていなくて,個々の企業が自分に都合のよいときに補修を行う。それも天然ガスを多くの発電所に供給するパイプラインの点検を,多くの発電所が停止しているこの時期に行うのである。

しかも,5月に予定されている大統領選挙は電子投票なので,エネルギー省が,5月に停電するな,と指令を出したために,多くの火力発電所が慌ててこの時期に補修停止に入った。12,000MWの設備のうち,来週月曜日に動ける発電所は,僅かに6,500MWなのである。しかもここで我々が驚くのは,この補修計画を事前にエネルギー省が調整しておくべきだ,と議論している。日本の経済産業省が,発電所の補修計画を造るのだ。

私は,フィリッピンの分割民営化の誤りは,送電公社にあったと思う。本来はこの補修企画の調整は,送電公社が行うべきもので,更に言えば,将来の長期の電源開発計画についても,その見通しを造るのは,送電公社の役割だっただろう。その重要な役割の送電公社を,こともあろうに海外の企業に委嘱してしまっている。もしエネルギー省にこれらの役割を持たせようとするなら,改めて電力分野全体の役割を考え直す必要がある。


Today's subject

●100214B Philippines, Manila Bulletin
フィリッピンのエネルギー省は電力機関企業に供給確保要請
DoE asked to adjust power planning to account for private sector industry
http://my.reset.jp/adachihayao/index100214B.htm

http://bit.ly/d9dw9a


Other world energy news today

○100214C Philippines, bworldonline
フィリッピンの1200MWイリジャンガス複合火力のIPPA入札に5社
At least five groups prequalified for Ilijan IPPA sale
http://bit.ly/cupOjW
○100214D Nepal, thehimalayantimes
ネパールのマオイストは300MWアッパーカルナリ水力に反対
Maoists hell bent on stalling Upper Karnali
http://bit.ly/bbPLZa
○00214E Inodonsia, thejakartaglobe
インドネシアは原子力開発では実験炉の経験があり恐れることはないと
Practicality May Pave the Way For Nuclear Power in Indonesia

http://bit.ly/cHBN8Q

○100214E China, meattradenewsdaily
中国はオーストラリアと60億ドルに上る石炭契約を締結
China - Australia to supply 60 billion USD of coal
http://bit.ly/cl0E5F


Japanese energy news today

○知的送電網,スマートグリッド、官民で市場獲得 経産省が協議会
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20100214ATFS1203D13022010.html
○環境支援型外債広がる 風力や太陽光発電に活用
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20100214ATGC1202P13022010.html
○インド西部の水処理事業など、「日本企業連合に」 公社CEO
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20100214ATFS1202R12022010.html


Main contents

●フィリッピンのエネルギー省は電力機関企業に供給確保要請

While the government’s move at issuing a Circular to secure the commitment of power industry players in Luzon to ensure sufficient and reliable power supply is fair enough, the Department of Energy (DoE) has been advised in turn to re-adjust its power planning model to take into account that the industry is now predominantly in private sector hands.

フィリッピンのルソン島の電力供給不安は,主として,発電機などの定期点検スケジュールの混乱にある。完全自由化を進めるフィリッピン政府は,このことに思い及んでいないとは思えないが,恐らく,誰がそれを調整すべきかに甘えがあった,細部に目を回しても,このような大切なことが忘れられるのは,自由化システムの欠陥をさらけ出していると言わざるを得ない。

政府は一片の通達を出して,ルソン系統内の電力分野の関係者は,十分で信頼度の高い電力供給に心がけねばならない,と告げることはそれで大切なことだが,逆に担当のエネルギー省(注6)は,電力分野が民間の手に渡ってしまっていると言う実情を考慮して,電力計画のモデルを組み直す必要に迫られている。レイエス長官(注7)は,一片の回覧板で,系統の要求する供給力を常に確保せよ,と言っているだけではないか。

政府の政策は明らかに欠陥がある。燃料供給のシナリオのように各企業の手の内にある事情で供給を失敗した場合は,罰則を科す,というような政策では目的を果たし得ないと言うことだ。エネルギー省(注6)は本来,電気事業法EPIRA(注8)に書かれているように,民間主導の電力分野を計画的な戦略で調整する必要があったのだが,実際は,民間の電力計画内容を,見てはいなかった,と高官筋が言っている。

エネルギー省(注6)は,年初に当たって,すべての定期点検のスケジュールを出させているべきで,もし調整の必要があるならば,年初に調整ができたはずだ。実際に,ルソンでは輪番計画停電(注9)の措置を執らざるを得なかったのだから,エネルギー省(注6)は責められるべきで,大統領選挙に備えての余裕の取り方やエルニーニョ(注10)の事前の把握など,計画上の失策を侵したことになる。

例えば,マランパヤ・ガス施設(注11)の維持管理のための停止に対する代替手段などは,実施に至る数ヶ月前にも,事前に関係者と協議を行うべきであった。明らかにそれらの配慮は行われていなかった。発電企業は一様に,少なくとも2013年から2014年にかけては,既設の発電所で十分に対応できる上に,各発電企業は,自分たちの発電所の補修や拡充を考えていたのだ,と主張している。

担当部署はまた,それぞれの発電企業の拡充計画や電源開発計画を,総合的に調整していくことが求められる。もしそうしていれば,事業体側からは,政府は,いつそれぞれの系統に新規電源が必要なのかの具体的な計画やプログラムを作成することは可能なのだ,という声が出ている。エネルギー省(注6)から発表されている電力供給概観の中では,ここ数ヶ月は石炭や火力発電所に問題はない,と書かれている。

ガス供給施設が停止するにもかかわらず,フィーストGENの1,500MW,イリジャンの1,200MW(注12)がフル稼働するものと期待していたのである。それに加えて,水力発電所は,最低水位でもNIA(注13)の必要量を満たしながら運転は可能である,とされていた。620MWのリマイ発電所(注14)が運転できるのは,3月のサンミゲール(注15)の引き取りとアルストム(注16)の契約が終了してからだったのである。

読んでいても,随分杜撰な話である。12,000MWも設備があって,6,500MWの需要に耐えられないのは,結局,誰も点検保守のスケジュールの調整を行っていなかった,ということになるわけで,そうだそうだ,エネルギー省が悪い,という話になっているが,ちょっと待ってくれと。補修計画の調整をエネルギー省が行わなければならないのか,と言う馬鹿さ加減である。送電公社は,じっと口を閉ざして隠れている。

(注)B (1) 100214B Philippines, Manila Bulletin,(2) title: DoE asked to adjust power planning to account for private sector industry,(3) http://bit.ly/d9dw9a,(4) http://www.mb.com.ph/articles/243265/doe-asked-adjust-power-planning-account-private-sector-industry,(5) By MYRNA M. VELASCOFebruary 13, 2010, 2:27pm,(6) Department of Energy (DoE),(7) Energy Secretary Angelo T. Reyes,(8) EPIRA (Electric Power Industry Reform Act),(9) rotating brownouts,(10) El Nino phenomenon.,(11) Malampaya gas facility,(12) 1,500 megawatt First Gas plants and the 1,200-MW Ilijan facility,(13) NIA (National Irrigation Administration),(14) 620-MW Limay thermal facility,(15) San Miguel Energy Corporation (SMEC),(16) Alstom,(17)

今日の参考資料

●100214B Philippines, Manila Bulletin
フィリッピンのエネルギー省は電力機関企業に供給確保要請
DoE asked to adjust power planning to account for private sector industry
http://my.reset.jp/adachihayao/index100214B.htm

http://bit.ly/d9dw9a

最近の関連資料

○100211D Philippines, negroschronicle
フィリッピンのビサヤス系統は週日月曜に予備力ゼロで供給不安
Visayas grid deficit due to shutdowns
http://www.negroschronicle.com/?p=7874
○100209D Philippines, business.inquirer
フィリッピンのルソン系統で更に5発電所が定検に入るが送電公社が調整
5 Luzon power plants up for repair
http://bit.ly/bWqJvW
●100205C Philippines, Manila Bulletin
フィリッピンの電力供給力不足でエネルギー省が会合だがマランパヤガス停止問題
Power outlook dims
http://my.reset.jp/adachihayao/index100205C.htm
○100203C Philippines, manilatimes
フィリッピンのエネルギー長官が水力出力不足で対策会議招集
DOE warns of power supply shortfall
http://bit.ly/chkHyg
●100131C Philippines, Manila Bulletin
フィリッピンのエネルギー長官が関係事業体を集めて供給力不足の善後策
Power players meet to prevent brownouts
http://my.reset.jp/adachihayao/index100131C.htm
●100128D Philippines, gmanews
フィリッピンのルソン系統の供給不足は渇水と定期補修が重なってまだ続く
Power supply uncertain due to dry spell, plant maintenance
http://my.reset.jp/adachihayao/index100128D.htm
●100127B Philippines, Manila Bulletin
フィリッピンのルソンで1200MWスワル石炭火力の原因で停電
Sual plant outage triggers brownouts
http://my.reset.jp/adachihayao/index100127B.htm


2010年2月12日 ー ミャンマー東部国境で中国がダムで暗躍 ー

この前に,ミャンマーのコーカン特別自治区で,ミャンマー正規軍が武装グループを強制的に武装解除しようとして混乱し,ミャンマー側のコーカン族が東に隣接した中国領に逃げ込んで,問題になった。今日の話題は,更にその南の地域で,ワ特別自治区と呼ばれている地域だが,コーカン地区に比べれば,更に強硬で,ミャンマー軍事政権も,10月の総選挙を控えて苦慮している。

余りこの地域,即ち,タイ,ミャンマー,中国が接近している地域を,一つの地図で眺めることは,機会がないが,ここにはゴールデントライアングルが二つある。一つは有名なメコン河の三角点で,タイとラオスとミャンマーの三国が国境を接している。この南の三角点から,メコン河沿い,東北方向に約180km上ると,第二の三角点,即ち,ミャンマーとラオスと中国が国境を接している。ここから北が,まさに中国とミャンマーの国境地帯になる。

南の方では,タイも絡み,ラオスも絡むので,中国もミャンマーも余り自由な動きが出来ないが,この中国とミャンマーの国境地帯は,情報が断絶された地域である。今日の記事でよく分かったが,この地域の処置について,ミャンマーの軍事政権と中国政府の間では,かなり思惑が一致しているのではないか。この地域の反政府軍は強硬で,ミャンマーとしても扱いかねている。

ミャンマーの軍事政権にとっては,何としても今年,2010年10月には,無事に総選挙を行って,もうこれ以上国際社会からの非難を受けたくない,しかも革命的な政権移行ではなくて,静かに自分たちが主導権を握れるような政変でなくてはならない。その時に大いに問題となるのは,国境地域の反政府勢力なのだ。中国は,その国家の生命線とも言うべきパイプラインを安定的に運営するために,国境地域の治安は重要だ。

軍事政権と中国政府が一致したのは,この地域へのダム建設を通じて,閉じられた世界であった特別自治区を,軍事政権の下に,まさに平定する必要があるわけだ。その動きがいよいよ具体化し始めた,言うことか。軍事政権は,中国企業を送って反政府軍を懐柔しようと言うわけである。そんなにうまく行くかどうか。

モングラ地区(注7)のリーダーは,ミャンマー軍事政権SPDC(注)が,中国の力を借りて我々を追い出そうとしている,と見ている。ミャンマーの将軍達は,反政府グループが中国へ反対するのは困難,と見ている,というのである。反体制派のリーダーの一人が暗殺され,正規軍は戦わずして征服できる,と見られている。とにかく,殆ど情報の届かない地区で,軍事政権と中国の静かな戦いが進んでいるようですね。


Today's subject

●100212D Myanmar, shanland
ミャンマーの電力省は中国南方電網などとワ地区などに7ダム建設で合意
Burma, China to develop hydropower projects in Wa and Mongla areas
http://my.reset.jp/adachihayao/index100212D.htm

http://bit.ly/anKw8m


Other world energy news today

○100212A Philippines, tradingmarkets
フィリッピンのエネルギー省はビサヤスとミンダナオの計画停電協議へ
DOE to meet power utilities, generators in Visayas and Mindanao
http://bit.ly/b3Ymav
○100212B Philippines, business.inquirer
フィリッピンのエネルギー省は地熱プロジェクトの一部の認可を棚上げ
DOE holds awarding of geothermal deals
http://bit.ly/9TosRy
○100212C Philippines, business.inquirer
フィリッピンのアボイテスは417百万ドルで17水力200MWを計画
Aboitiz unit to set aside $417M for hydro plants
http://bit.ly/9cXQmQ
○100212E Cambodia, biz.thestar
カンボジアのシハヌークビルの100MW火力でマレーシア企業が資金調達
Leader unit gets loan to fund Cambodia power plant
http://bit.ly/9FXc7y


Japanese energy news today

○石油ガス機構の鉱山出資可能に 法改正案を閣議決定
http://bit.ly/9q2ku7
○経済界の「外交」、アジアに重点 経団連は3月に初サミット
http://bit.ly/9qRK6p
○「どこが温暖化?」 米大雪で勢いづく懐疑派、ゴア氏おちょくりも
http://bit.ly/aJxLj6


Main contents

●ミャンマーの電力省は中国南方電網などとワ地区などに7ダム建設で合意

According to a report that came out on 8 February from http://news.sohu.com Burma in cooperation with two Chinese firms is planning to develop 7 dams in the Wa and Mongla areas, both of which have been up in arms against Naypyitaw’s plan to transform all the armed groups that have ceasefire agreements into Burma Army run militia forces.

ミャンマー軍事政権と中国が,いよいよ,最も難しい地域,ミャンマー北東部の中国との国境地帯,軍事政権が完全には制圧できていない地域で,行動を開始した,という感じである。ミャンマー軍事政権にとっては10月の総選挙の行くへが気になるところであり,中国としては,既に工事を開始したパイプラインで,安全上最も気になる地域である。残された時間は少ない。相当の強硬手段が執られるであろう,と考えられる。

2010年2月8日の中国の報道(注6)によると,ミャンマー政権は,2つの中国企業と協力の上,中国との国境近くの,ワ地区(注7)とモングラ地区(注7)に7つのダムの建設を計画している。この2つの地域とも,その武装グループをミャンマー正規軍に入れると言う政府の計画に反対している。中国の報道では,雲南電網(注9)とSDIC(注9)の2つの中国企業が,ダム計画を作成して,ミャンマー電力省(注10)に,提出している。

2009年5月と12月に,電力省は計画書を確認しており,予備調査を終えて,ナムカ川(12)の水力プロジェクト群(注15)の調査に入る予定である。水力プロジェクトが計画されているのは,サルウイーン河(注13)の支流ナムカ川(注12)で,ワ地区(注7)のパンサン第1ダム(注14)と,メコン河の支流のルウイ川(注15)の階段状の6つのダムである。ルウイ川(注15)の地域は,武装グループNDAA(注16)に,実効支配されている。

モングラ地区(注7)のリーダーは,ミャンマー軍事政権SPDC(注)が,中国の力を借りて我々を追い出そうとしている,と見ている。ミャンマーの将軍達は,中国へ反対するのは困難,と見ている,というのである。反体制派のリーダーの一人が暗殺され,正規軍は戦わずして征服できる,と見られている。とにかく,殆ど情報の届かない地区で,軍事政権と中国の静かな戦いが進んでいるようですね。

(注)D (1) 100212D Myanmar, shanland,(2) title: Burma, China to develop hydropower projects in Wa and Mongla areas,(3) http://bit.ly/anKw8m,(4) http://www.shanland.org/index.php?option=com_content&view=article&id=2912:burma-china-to-develop-hydropower-projects-in-wa-and-mongla-areas&catid=86:war&Itemid=284,(5) Thursday, 11 February 2010 14:25,(6) http://news.sohu.com,(7) Wa and Mongla areas,(8) Naypyitaw,(9) Yunnan Power Grid Corporation and the State Development and Investment Corporation (SDIC) Huajing Power Holdings,(10) Burma’s Ministry of Electric Power-1,(11) Nam Hka River hydropower stations,(12) Nam Hka (also written Nam Kha) River,(13) Nu-Salween River,(14) Panghsang- 1 dam project,(15) Nam Lwi (also written Nam Lwe) River, a tributary of the Mekong,(16) Mongla-based National Democratic Alliance Army (NDAA),(17) Wang Wen, Deputy General Manager of YPGC,(18) Hu Gang, Director of the SDIC Huajiang Power Holdings,(19) SPDC,(20) Maj Gen Kyaw Phyoe, Commander of the Kengtung-based Triangle Region Command,(21) Chiangrai,(22) map source: http://media.photobucket.com/image/Wa%20area%20Myanmar/Talkingcat/Wa%20Project/MapNEMyanmar-crop.jpg,(23) photo source: http://www.geopium.org/Photos/ASE2004/Photos-Burma-Myanmar-Wa-UWSA-Shan-State-2004.htm,(24)

今日の参考資料

●100212D Myanmar, shanland
ミャンマーの電力省は中国南方電網などとワ地区などに7ダム建設で合意
Burma, China to develop hydropower projects in Wa and Mongla areas
http://my.reset.jp/adachihayao/index100212D.htm

http://bit.ly/anKw8m

最近の関連資料

○100204G China, expressbuzz
中国はガスパイプラインを完成するがミャンマー政権の危うさでリスクがある
China takes risky step with Myanmar pipelines
http://bit.ly/b9dJWR
○100202C Myanmar, globalpost
ミャンマーのカチン州でのダム建設で多くの水没移住
Proposed dam to flood Burma, while powering China
http://www.globalpost.com/dispatch/global-green/100127/burma-dam
●091222E Myanmar, ca.reuters
ミャンマー軍事政権は中国に対してパイプラインの安全を保障
China gets Myanmar assurances on pipeline, border
http://my.reset.jp/adachihayao/index091222E.htm
○091120I Myanmar, thejakartaglobe
ミャンマーのパイプライン建設で中国の強行は軍事政権に予想外の収穫
China’s Oil and Gas Bonanza in Burma Proves a Windfall for Oppressive Junta
http://bit.ly/8YG6Fb
○091105C Myanmar, google
ミャンマーのガスパイプラインを中国のCNPCが着工へ
China's CNPC starts building Myanmar oil pipeline
http://bit.ly/2R84og
●091103B Myanmar, online.wsj
ミャンマーのパイプラインで米国の動きがプロジェクトに影響を与えるか
Myanmar's Neighbors Advance Pipeline Project
http://my.reset.jp/adachihayao/index091103B.htm
○091028A Myanmar, lankaweb
ミャンマーの中国へのガスパイプラインで反対グループが湖錦濤へ文書
Activists urge to suspend Shwe Pipeline Project in Burma
http://bit.ly/8Xfn2t
●090911C Myanmar, ipsnews
ミャンマーのパイプラインで世論を押し切り中国は推進
CHINA Dual Pipelines in Burma to Push Ahead Amid Criticism
http://my.reset.jp/adachihayao/index090911C.htm
○090910H Myanmar, shanland
ミャンマーの北の国境は衝突が拡大している
Danger of border skirmishes escalating
http://bit.ly/cF7j84
○090908E Myanmar, irrawaddy
ミャンマーのパイプライン・プロジェクトでNGOが中止を要請
Shwe Gas Calls on Corporations, Govts to Suspend Pipeline Project
http://www.irrawaddy.org/article.php?art_id=16736


2010年2月11日 ー ラオスのナムトウン2など年内発電開始 ー

1991年のある日,私はラオスのランサンホテルの会議場にいた。メコン委員会のプロジェクト・オフィサーと言う資格で,約60人ぐらいの出席者の一角を占めて,オーストラリアのSMECが説明するナムトウン2水力プロジェクトのFS報告書の討議に参加していた。経済性が説明されていないとか,環境調査の内容が工事費に反映されていないとか,地下発電所の方がよい,とか,意見を述べた記憶がある。

ナムトウン2水力は,我々の目から見ても,東南アジア随一の経済性を誇る地点で,早くから多くの専門家が注目していたが,UNDPが資金を提供して,FS調査が実施され,その入札で,日本工営とSMECが激しく争い,日本工営が無念の涙を飲んだ。日本工営があの時,勝っていたら,プロジェクトはどの様に転んでいったのか,日本工営の友人と話したことがあった。あの時代では,日本の公的資金が動いた可能性もある。

UNDPは,SMECによってFS調査が終了する段階で,次の段階に向けての資金が足りず,500万ドルの支援を関係各国に呼びかけるために,ランサンホテルの会議が持たれたわけである。世界銀行から提案があって,日本政府はこのうち測量費を負担してくれないか,と言う内容で,日本大使館にも要請が行われた。当時,JICA本部の鉱工業課長の席にあった古市さんは,プロジェクトの一部だけ,というのは出来ない,と断った。

ラオス政府はその後,資金を探し回ったが,SMECの元では結局,公的な資金調達は整わなかった。このころに,民間資金による電力開発が話題になってきて,ラオス政府は,このナムトウン2水力を民間資金に切り替える決断をし,当時のカモン副大臣がバンコクに出かけて,世界の関係企業を集めて,BOTの説明を行った。結局,SMECは,オーストラリアの開発企業を引っ張り出して,遂に日本企業の手からこぼれていった。

当時私も,三井物産の友人などに,経済性がいいからやりましょう,と持ちかけたが,耐用年数の長い水力には手が出せない,という商社の採算感覚であった。まだ世界的にもBOTは,その黎明期で,当時の電発がトルコの火力のBOTを始めて手がけたが,地元問題から難航し,電発自体も,BOTからしばらく手を引いた状態で,頭からラオスの水力に手を伸ばす意志はなかった。

この辺りまでの微妙なナムトウン2水力の動きは,日本では,メコン委員会で近くにいた私か,日本工営の一部の人か,が成り行きを知っているだけだろう。私も彼方此方で書いているので,聞かれた方もおられるであろうが,ナムトウン2水力がこの4月に,18年の長い日時を越えて,商業運転を開始するときに際して,ここに書きとどめた次第だ。その後,世界銀行の介入で,環境問題が二転三転,EDFの乗り込み,など,記憶に新しい。


Today's subject

●100211E Laos, monstersandcritics
ラオスでは2010年内にナトウン2など4水力プロジェクトが完成
Four hydropower plants to start producing in Laos this year
http://my.reset.jp/adachihayao/index100211E.htm

http://bit.ly/aYiXpe


Other world energy news today

○100211A Vietnam, vietnamnews.vnagency
ベトナムのEVNにグエン首相がニントウアン県の風力開発を指示
PM calls for feasibility study on wind project
http://bit.ly/9bXOga
○100211B Power, uraniuminvestingnews
原子力開発で世界は盛り上がっているが日本と韓国の間で商戦
Nuclear Battle Japan vs. South Korea
http://bit.ly/aF0PlF
○100211C Pakistan, paktribune
パキスタンを訪問していたインドのインダス調査団が3月に両国協議と
Indian Indus Water Commissioner rules out war over water issue
http://www.paktribune.com/news/index.shtml?224414
○100211D Philippines, negroschronicle
フィリッピンのビサヤス系統は週日月曜に予備力ゼロで供給不安
Visayas grid deficit due to shutdowns
http://www.negroschronicle.com/?p=7874
○100211F Indonesia, upstreamonline
インドネシアのプルタミナは需要低迷などでLNG生産量を削減へ
Pertamina sees lower LNG outputs
http://www.upstreamonline.com/live/article205876.ece


Japanese energy news today

○三菱商事、チリの鉄鉱石会社に25%出資 9億2400万ドル相当
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20100211AT2N1002V11022010.html
○ベネズエラで日本企業が油田開発 2社が参加へ
http://www.47news.jp/CN/201002/CN2010021101000260.html
○丸紅がシンガポールのコージェネ発電所、トゥアスから受注
http://www.asiax.biz/news/2010/02/11-070035.php
○インド都市整備、受注へ企業連合 経産省,知的送電網など
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20100211ATFS1002T10022010.html


Main contents

●ラオスでは2010年内にナトウン2など4水力プロジェクトが完成


Four new hydropower plants are scheduled to begin commercial operation this year in Laos, which aims to become the 'battery of ASEAN' in the near future, media reports said Wednesday. The Ministry of Energy and Mines said electricity generation at hydropower plants Nam Ngum 2 and Nam Lik 1-2 in Vientiane province, Nam Nhone in Bokeo province and Nam Theun 2 in Khammouane province was expected to begin before...

ラオスにとって2010年は画期的な年である。アジア最高の経済性を誇るメコン河支流ナムトウン川上流の,1,088MWのナムトウン2水力が完成し,タイへ送電を始める。ビエンチャンでFS調査の報告会が開催された1992年から,実に18年という歳月が過ぎた。「ASEANのバッテリー」を自認するラオスは,今年,2010年に4つの水力プロジェクトの商業運転を開始する予定となっている。

ラオスのエネルギー鉱業省(注7)によると,今年,2010年末までに,ビエンチャン県(注10)の2つのプロジェクト,ナムグム2水力(注8),ナムリク1-2水力(注9),ボケオ県のナムノン水力(注11),カムアン県のナムトウン2水力(注12)の発電を開始する。ラオス最大のナムトウン2水力(注12)の出力は1,088MWで,ローン保証を行う世界銀行によると,2010年4月に発電開始するという。

ナムトウン2水力(注12)発電所は,一部国内,主要部分をタイへ輸出するが,ラオスに年間270百万ドルの歳入をもたらす。615MWのナムグム2水力(注8)も,2010年内に完成する。100MWのナムリク1-2水力(注9)と,2.4MWのナムノン水力(注11)は,国内需要に向ける。ナムノン水力(注11)は,フランスの民間企業とラオス政府の合弁で,始めての小規模水力である。北部ボケオ県でEDL(注13)の系統に入る。

ラオスでは現在,17の水力が計画段階にあり,45の水力がFS調査を実施中である。「ASEANのバッテリー」を自認するラオスは,1997年にASEANに加盟,現在のメンバーは,ブルネイ,カンボジア,インドネシア,マレーシア,ミャンマー,フィリッピン,シンガポール,タイ,ベトナムである。タイとの間では,2015年までに7,000MW,ベトナムに対して2020年までに3,000MWを輸出する協定に署名している。

(注)E (1) 100211E Laos, monstersandcritics,(3) title: Four hydropower plants to start producing in Laos this year,(4) http://bit.ly/aYiXpe,(5) http://www.monstersandcritics.com/news/business/news/article_1532317.php/Four-hydropower-plants-to-start-producing-in-Laos-this-year,(6) Feb 10, 2010, 4:56 GMT,Vientiane,(7) Ministry of Energy and Mines,(8) 615 MW Nam Ngum 2,(9) 100MW Nam Lik 1-2,(10) Vientiane province,(11) 2.4MW Nam Nhone in Bokeo province,(12) 1,088MW Nam Theun 2 in Khammouane province,(13) Electricite du Laos,(14) Nam Theun 2,photo source: http://www.banktrack.org/show/dodgydeals/nam_theun_2,(15) Nam Theun 2,picture source: http://www.vientiane.polemb.net/index.php?document=35,(16) Nam Ngum 2,photo source: http://www.colenco.ch/eng/news/2009/2009-01.html#,(17)

今日の参考資料

●100211E Laos, monstersandcritics
ラオスでは2010年内にナトウン2など4水力プロジェクトが完成
Four hydropower plants to start producing in Laos this year
http://my.reset.jp/adachihayao/index100211E.htm

http://bit.ly/aYiXpe

最近の参考資料

●100209E Laos, news.brunei
ラオスの地方電化と電力輸出でADBが115KV400kmなど送電支援
LAOS EXPANDING ELECTRICITY ACCESS, BOOSTING POWER EXPORTS
http://my.reset.jp/adachihayao/index100209E.htm
●100204A Thailand, Bangkok Post
タイのEGAは経済回復で2010年の電力伸びを4.7%へ上方修正
Egat lifts power demand growth projection to 4.7%
http://my.reset.jp/adachihayao/index100204A.htm


2010年2月10日 ー フィリッピンで東京電力など風力を検討 ー

日本の政府の国家戦略室が,国際協力銀行JBICの組織見直しに言及してきた。小泉内閣の下でJBIC分割が行われる寸前は,我々も大いに懸念していたが,その後,日本政策金融公庫の組織の中でも,かなり独立の性格が強いことに,安心していたわけであるが,ここに来て更に制度的には強化の方向で,これからの世界の資源戦争の中で,日本の核となることが期待できる。まだ紆余曲折がありそうだが。

東京電力と丸紅がフィリッピンで戦っている。そもそも,フィリッピンの電力分野の問題点は,電気料金が高いことだったのに,フィリッピン政府は再生可能エネルギー開発に向けて走っている。国産エネルギー重視の観点と私は理解しているが,2008年の原油の暴騰に懲りて,国産の再生可能エネルギーを開発することが,即ちこれ以上の電力料金の高騰を押さえる,と言う考え方もあるのだろうか。

フィリッピンの電力分野は,まるで多元方程式を解くような,複雑な経過をたどって,石炭火力の東京電力や水力の関西電力も,大いに先行き懸念していることだろうと思う。まず,30%以上の電源を一つの企業が持つことを禁止,こうしてNAPOCORの発電資産売却が進むことになるが,そこでまた問題は,IPPのオフテーカーの役割を努めていたNPCも,この30%に触れて,IPPの電気を別途に引き受けるIPPAなるものが出現。

そこに再生可能エネルギー法が成立して,優遇政策と共に,発電企業にある一定の割合で再生可能エネルギー設備を保有しなければなならなくなる。この詳細についてはまだ政府内部で検討中で,その行くへを,東京電力と丸紅がじっと見つめている。この2社が組織するTEAMエナージは,スアルとパグビラオの大規模な石炭火力を持っているから,再生可能エネルギーの保有率が大いに関係してくるわけだ。

そこで問題を複雑にするのは,TEAMエナージを担っている丸紅は,関西電力と共にサンロケ水力発電所を持っている。これは純然たる再生可能エネルギーであるから,TEAMエナージがサンロケの一部に実質的な所有権を持っている,とすると,TEAMエナージは別個に再生可能エネルギーを開発する必要がないのではないか,という議論も出てくる。そこにまたIPPAのサンミゲールが出てきて,まさに多元方程式である。

レイエス・エネルギー長官は,再生可能エネルギー開発に際しては,安定的なベース電源が欠かせない,と言っている。この認識はまさしく正しいが,そのベース電源は,原子力開発だ,と長官は言っている。フィリッピンは,東南アジアで最初に原子力開発に手を付けた国,というプライドはある。大統領選挙は5月10日だが,環境グループが,大統領候補の原子力への立場を明らかにせよ,と要求している。


Today's subject

●100210C Philippines, Manila Bulletin
フィリッピンのTEAMエナージが風力発電の可能性について検討中
TeaM Energy exploring wind investment prospects
http://my.reset.jp/adachihayao/index100210C.htm

http://www.mb.com.ph/articles/242645/team-energy-exploring-wind-investment-prospects


Other world energy news today

○100210A Uganda, businessweek
ウガンダの大統領がナイルの500MWカルマ水力を13億ドルで実施と
Uganda to Finance $1.3 Billion Nile Hydropower Plant
http://www.businessweek.com/news/2010-02-09/uganda-to-finance-1-3-billion-nile-hydropower-plant-update1-.html
○100210B Philippines, Manila Bulletin
フィリッピンの新規電源開発に英国企業など外国資本が関心
UK investors keen on new power projects
http://www.mb.com.ph/articles/242655/uk-investors-keen-new-power-projects
○100210D Philippines, business.inquirer
フィリッピンのシェルがマランパヤガス田沖で85百万ドルを投じて探査を計画
Shell unit to spend $85M in RP oil project
http://business.inquirer.net/money/topstories/view/20100209-252245/Shell-unit-to-spend-85M-in-RP-oil-project
○100210F Philippines, Manila Bulletin
フィリッピンの大統領選挙で環境グループが原子力開発への政策を明らかにせよ
Make public nuke energy stand, candidates urged
http://www.mb.com.ph/articles/242701/make-public-nuke-energy-stand-candidates-urged


Japanese energy news today

○高速増殖炉「もんじゅ」14年ぶり稼働へ 保安院が容認
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20100210ATGG0902410022010.html
○政府、政策金融公庫から国際協力銀の分離検討 海外展開後押し
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20100210ATFS0502809022010.html
○グーグル「Gメール」でつぶやき可能 交流サイト機能追加
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20100210ATGM1000T10022010.html
○スリランカ大統領、議会を解散 批判勢力の粛清続く
http://www.asahi.com/international/update/0210/TKY201002100117.html
○ベネズエラ大統領、電力供給で非常事態宣言 対応措置導入と
http://www.cnn.co.jp/business/CNN201002100008.html


Main contents

●フィリッピンのTEAMエナージが風力発電の可能性について検討中

Japanese joint venture firm TeaM Energy Corporation is exploring prospects for potential wind energy development for its compliance to renewable portfolio standard (RPS), a policy to be crystallized under the Renewable Energy Law. “We are looking at some wind prospects,” TeaM Energy president Federico E. Puno said, albeit he qualified that plans are still very preliminary as even the RPS policy is still being crafted ...

現在,英国の通商大臣がフィリッピンを訪問中で,その再生可能エネルギー開発への大きな関心を示している。東京電力と丸紅は,今話題のスアルなどの石炭火力を所有,運転しているが,問題は,間もなく公表されると思われる再生可能エネルギー割合の義務化の問題である。まだ全容は明確ではないが,発電企業の疑心暗鬼を買っている。今日の記事は,東電などが一つの考え方として,風力を考えている,という話である。

日本企業によって構成されるTEAMエナージ(注5)は,再生可能エネルギー法(注7)に基づく再生可能資産基準RPS(注6)の遵守の趣旨から,風力発電のポテンシャルについて調査を行っている。TEAMエナージ(注5)のプノ社長(注8)は,RPS(注6)は現在国家再生可能エネルギー審議会NREB(注9)によって審議中だが,風力が一つの案として浮かび上がっている,と語っている。

再生可能資産基準RPS(注6)でその基準を満たすために,連携企業との合算が認められるかどうか,という問題で,プノ社長(注8)は,この点についてもNREB(注9)の動きを注視している,と言っている。と言うのは,TEAMエナージ(注5)は,東京電力(注12)と丸紅(注10)の合弁企業であるが,丸紅は,パンガシナンにある345MWのサンロケ水力(注11)の運営企業で,水力は再生可能エネルギーに分類されているからである。

TEAMエナージ(注5)は,以前より地熱開発も検討してきたが,まだ十分な案として確定していない。現在,NREB(注9)で検討されている中には,すべての電力供給企業は,一旦決まれば,再生可能資産基準RPS(注6)に従う義務があり,その方法としては,電力供給企業自らが再生可能エネルギー施設を新設するか,炭素量等価のクレジットを買うか,どちらかの方法が考えられている。

再生可能資産基準RPS(注6)設定の目的は,フィリッピン全体の再生可能エネルギーを倍増する,と言う目標と共に,石炭や石油の化石燃料に依存している発電企業の二酸化炭素(注13)を削減することである。TEAMエナージ(注5)は,他の発電企業と同じように,ルソン系統の電源拡大を考えてきたが,需給のギャップを考えて,計画を遅らせてきた。

また,TEAMエナージ(注5)の所有する二つの石炭火力,スアルとパグビラオ(注15)の発電所について,IPPA(注14)が別途に存在する問題について,この問題も重要な検討の要素になってきている。フィリッピンは本来は,電気料金を下げることが大目標であったのだが,電力自由化と再生可能エネルギー法の導入で,まるで多元方程式を解くような,複雑な様相を呈してきている。

(注)C (1) 100210C Philippines, Manila Bulletin,(2) title: TeaM Energy exploring wind investment prospects,(3) http://www.mb.com.ph/articles/242645/team-energy-exploring-wind-investment-prospects,(4) By MYRNA M. VELASCOFebruary 9, 2010, 4:29pm,(5) TeaM Energy Corporation,(6) renewable portfolio standard (RPS),(7) Renewable Energy Law,(8) TeaM Energy president Federico E. Puno,(9) National Renewable Energy Board,(10) Marubeni Corporation,(11) 345-megawatt San Roque hydroelectric power plant in Pangasinan,(12) Tokyo Electric,(13) carbon dioxide emissions (CO2),(14) independent power producer administrators (IPPAs),(15) Sual and Pagbilao coal-fired power facilities,(16) Sual plant,photo source: http://www.teamenergy.ph/about01_sual.php,(17) wind potential, map source: http://www.doe.gov.ph/ER/Maps%20-%20Wind.htm,(18)

今日の参考資料

●100210C Philippines, Manila Bulletin
フィリッピンのTEAMエナージが風力発電の可能性について検討中
TeaM Energy exploring wind investment prospects
http://my.reset.jp/adachihayao/index100210C.htm

http://www.mb.com.ph/articles/242645/team-energy-exploring-wind-investment-prospects

最近の関連資料

○100210B Philippines, Manila Bulletin
フィリッピンの新規電源開発に英国企業など外国資本が関心
UK investors keen on new power projects
http://www.mb.com.ph/articles/242655/uk-investors-keen-new-power-projects
○100210F Philippines, Manila Bulletin
フィリッピンの大統領選挙で環境グループが原子力開発への政策を明らかにせよ
Make public nuke energy stand, candidates urged
http://www.mb.com.ph/articles/242701/make-public-nuke-energy-stand-candidates-urged
●100203D Philippines, Manila Bulletin
フィリッピンの再生可能エネルギーで更に112プロジェクトを認可
DoE inks 112 RE contracts worth $1 B
http://my.reset.jp/adachihayao/index100203D.htm
○100202B Philippines, Manila Bulletin
フィリッピンのエネルギー省は今日にも更に100の再生可能プロジェクト承認
DoE to award more contracts
http://business.inquirer.net/money/topstories/view/20100131-250580/DoE-to-award-more-contracts
○100201B Philippines, Manila Bulletin
フィリッピンのスアル石炭火力でサンミゲールが石炭供給確約
Sual IPPA pledges no more outages as imported coal deliveries assured
http://www.mb.com.ph/articles/240850/sual-ippa-pledges-no-more-outages-imported-coal-deliveries-assured
○100131B Philippines, Manila Bulletin
フィリッピンのスアル石炭火力の石炭不足は起こさせないとIPPAのサンミゲール
Sual IPPA pledges no more outages as imported coal deliveries assured
http://www.mb.com.ph/articles/240850/sual-ippa-pledges-no-more-outages-imported-coal-deliveries-assured
●100112F Philippines, Manila Bulletin
フィリッピンの再生可能エネルギー法の厳守を徹底へ
All power suppliers required to set up RE projects by law
http://my.reset.jp/adachihayao/index100112F.htm


2010年2月9日 ー ラオスの地方電化にADBの資金が動く ー

測量作業で更新を休んでいたが,何かこの24時間ぐらいで,日本がどんどん落ち込んでゆくような嫌な感じですね。鳩山内閣の問題もあるが,このサイトとして一番ショックは,ベトナムの原子力開発,7,500億円規模と言われる第一期工事を,EVNがロシアのロスアトムを候補に上げ,首相もそれを承認する方向だ,という。武器絡みの話もあり,またUAEで韓国企業が請けたことなど,この一番に,日本は弱いですね。

それに日本の技術を代表するトヨタ,プリウスがリコールで,米国からも袋だたきにあっている中,中国からは,トヨタの轍を踏むな,と反面教師にされたのでは,技術立国の誇りも吹き飛んでしまいそう。日立,東芝などが引っ張る原子力開発や,トヨタが引っ張ってきた自動車は,この先10〜20年の間の,もっとも重要な産業だから,ここで一踏ん張りして欲しい。

スリランカの新大統領が,落選した元国防参謀総長を逮捕し,更に軍関係者の逮捕を続けているという。折角和平が戻り,大統領選挙も終わって,これから発展が期待されたスリランカであるが,ミャンマーやイランとの接触の他,中国に軍港を提供するなど,日本の手からどんどん遠ざかっていくのは,寂しい限りであり,これからのアジアの勢力図に大きな影響を与える。インドも,スリランカから冷遇されている。

日本の外務省から見れば,カンボジアとスリランカは,自分たちが和平へと導いてきたとの誇りもあったわけだが,最近では,日本,何かプロジェクトが欲しいのか,言われかねない雰囲気で,残念である。結局,日本の国としての総合力が発揮できないところに,大いに歯がゆいところがある。エネルギーでも,日本ではマーケットから民間主導で幾らでも輸入できる,という観念から,我々は抜け出ていない。

今日は久しぶりにラオスのニュースをひっくり返して,懐かしかった。1992年,ナムトウン2水力のFS調査が実施されてから今年で18年,もうすぐ運転開始してタイに電力が送られる。18年かかったか,という思いで見ている。1992年には私も渦中にいたが,あの時に,発電開始まで18年かかる,と言うことが分かっていたら,気絶したかも知れない。ラオスのサイトも充実してきて情報が手元にあるように見えるのは,まさしく変化である。


Today's subject

●100209E Laos, news.brunei
ラオスの地方電化と電力輸出でADBが115KV400kmなど送電支援
LAOS EXPANDING ELECTRICITY ACCESS, BOOSTING POWER EXPORTS
http://my.reset.jp/adachihayao/index100209E.htm

http://news.brunei.fm/2010/02/08/laos-expanding-electricity-access-boosting-power-exports/


Other world energy news today

○100209A Srilanka, colombopage
スリランカで500MW石炭火力建設を進めるインドのNTPC
Indian company expects to commence power project in Sri Lanka soon
http://www.colombopage.com/archive_10/Feb1265613332CH.html
○1000209B Pakistan, thenews
パキスタンがインドにインダス上流チェナブとジェルム川の水協議要請
Pakistan to raise water issue with India
http://www.thenews.com.pk/daily_detail.asp?id=223309
○100209B Pakistan, dawn
パキスタンがインド調査団にチェナブとジェルム川の水文資料要請
India agrees to provide Chenab flow data
http://www.dawn.com/wps/wcm/connect/dawn-content-library/dawn/the-newspaper/front-page/19-india-agrees-to-provide-chenab-flow-data-920-hh-03
○100209D Philippines, business.inquirer
フィリッピンのルソン系統で更に5発電所が定検に入るが送電公社が調整
5 Luzon power plants up for repair
http://business.inquirer.net/money/topstories/view/20100207-251855/5-Luzon-power-plants-up-for-repair
○100209F Ethiopia, nazret
エチオピアとケニヤが年内にも電力連携協議だが独裁者政権問題にも
Ethiopia-Kenya power grid link to go live this year despite protests
http://nazret.com/blog/index.php?title=ethiopia_kenya_power_grid_link_to_go_liv&more=1&c=1&tb=1&pb=1
○100209G China, chinadaily
中国は天然ガス需要の6%がLNGだがこれを更に拡大する方針
China to increase LNG import
http://www.chinadaily.com.cn/2010-02/08/content_9442948.htm


Japanese energy news today

○原発受注、日本がベトナムでも敗退 ロシアが獲得
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20100209ATGM0801U08022010.html
○インドの09年度成長率7.2% 中央統計局が見通し
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20100209ATGM0803N08022010.html
○スリランカ、前国防参謀長を逮捕…大統領選で落選
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100209-OYT1T00414.htm
○中国,華鉱集団が独自で開発した「高温流動床式FT技術」,国内承認
http://www.xinhua.jp/industry/246119/
○華中電網公司の発電用石炭の在庫量,春節は問題なし
http://www.xinhua.jp/industry/246120/


Main contents

●ラオスの地方電化と電力輸出でADBが115KV400kmなど送電支援

The Asian Development Bank (ADB) is helping Laos roll out new power lines in underserved areas which will help improve living standards and increase opportunities to export excess power to neighbouring Thailand. ADB is providing a $20 million grant for the first module of the Greater Mekong Subregion Northern Power Transmission Project. The project will build nearly 400 kilometers of 115-kilovolt (kV) transmission lines, ...

ラオスに触れるのは久しぶりである。今年,2010年はナムトウアン2水力が運転を開始する年であり,また輸出先であるタイの経済回復も見えてきた。ホンサ・リグナイト火力も着工する。ナムトウアン2水力のFS調査から実に18年の歳月が過ぎた。さて,アジア開発銀行ADB(注5)が,いよいよ本格的なラオスの送電網整備に手を貸す。地方電化もさることながら,タイへの輸出関連送電線も支援する。

ADB(注5)が主導する大メコン圏DMSの北部送電網計画(注6)の最初の部分として,20百万ドルをまず供与する。この北部送電網計画(注6)は,115KV送電線で400km,変電所,配電線を含むもので,北西部のサイナブリ県(注7),北東部のポンサリ県(注8),ビエンチャン西部(注9)の電化を実施する。ADB(注5)は,貧困世帯に電力供給するための,無利子基金(注10)の資金供与を行う。対象県は,最貧困地域である。

最初に,11,800世帯を送電網に繋ぎ,また現在,輸入電力や民間発電機の高額の電気を受けている地域の改善を目指す。また,国境間の連携も目指し,ラオスのEDL(注11)とタイのEGAT(注12)の間で電力取引を行う。ADB(注5)の担当官(注13)によると,雨期はラオスの余剰電力をタイに送り,乾期は逆に,この115KV送電線を通じて,タイの電力をラオスが受けることになる。分断された送電線をADBが繋ぐことになる。

これは,ラオス政府の方針である,2010年までに70%,2020年までに90%電化,の方針を支えるものでもある。ADB(注5)はラオスの電力の最大支援者で,1970年来,323百万ドル以上の借款と無償,及び17百万ドルの技術協力を,世界銀行(注15)などと協力して進めてきた。今回のプロジェクトでは,総事業費65.3百万ドルの31%を,ADB(注5)の無償基金が,無償で供与される。

また,韓国の輸出入銀行(注17)が,他の二つの部分に,37.88百万ドル,EDL(注11)が7.44百百万ドルを準備することになっている。EDL(注11)が実施機関の役割を果たし,2013年6月までに完成させる予定である。以上,これは主としてラオス国内の地方電化が主題であるが,今後,急激に進んでくる大規模なタイへの電力輸出を睨んで,国内で十分な電化の手当が必要なことから,進められるものだ。

(注)E (1) 100209E Laos, news.brunei,(2) title: LAOS EXPANDING ELECTRICITY ACCESS, BOOSTING POWER EXPORTS,(3) http://news.brunei.fm/2010/02/08/laos-expanding-electricity-access-boosting-power-exports/,(4) NAM NEWS NETWORK Feb 8th, 2010,VIENTIANE, Feb 8 (NNN-ADB),(5) Asian Development Bank (ADB),(6) Greater Mekong Subregion Northern Power Transmission Project,(7) Xaignabouli province, (8) Phongsali province,(9) western Vientiane,(10) no-interest credit facility,(11) Electricite du Laos (EDL),(12) Electricity Generating Authority of Thailand,(13) Duy-Thanh Bui, Energy Specialist in ADB?s Southeast Asia Department,(14) fragmented,分裂した,(15) World Bank,(16) concessional Asian Development Fund,(17) Korea Eximbank,,(18) gdid map,map source: http://www.adb.org/Documents/TARs/LAO/38628-LAO-TAR.pdf,(19) Laos provinces,map source: http://www.laos-travel-guide.com/provinces-of-laos.html,(20) village in Phongsali,photo source: http://www.travelpod.com/travel-photo/heureux_qui_com/gapyear-2007/1196925420/nuqi-village.jpg/tpod.html,(21)

今日の参考資料

●100209E Laos, news.brunei
ラオスの地方電化と電力輸出でADBが115KV400kmなど送電支援
LAOS EXPANDING ELECTRICITY ACCESS, BOOSTING POWER EXPORTS
http://my.reset.jp/adachihayao/index100209E.htm

http://news.brunei.fm/2010/02/08/laos-expanding-electricity-access-boosting-power-exports/

最近の関連資料

●100204A Thailand, Bangkok Post
タイのEGAは経済回復で2010年の電力伸びを4.7%へ上方修正
Egat lifts power demand growth projection to 4.7%
http://my.reset.jp/adachihayao/index100204A.htm
●091213E Thailand, ipsnews
メコン・フォーラムに於ける中国の評価は投資とダム建設で2分
China’s PR Problem Rears Head at Mekong Forum
http://my.reset.jp/adachihayao/index091213E.htm
○091108C Laos, timesonline
ラオスのルワンプラバンを中心とした紀行紀でメコンの落ちついた旅
A slow, ponderous journey up the Mekong
http://www.timesonline.co.uk/tol/travel/destinations/south_east_asia/article6904497.ece
●091003D Mekong, greeninc.blogs.nytimes
メコン流域の発展はエネルギー開発の必要を促すと米国大使
Rising Energy Needs Along the Mekong
http://my.reset.jp/adachihayao/index091003D.htm


2010年2月7日 ー エチオピアの水力でトンネル事故 ー

40兆円の歳入で90兆円の国家予算を賄うことは無理だ,税金で行政を行っている国は,40兆円だけの事業に限定し,他は税金以外で回転するようにしなければならない,まず日本の道路網は全部トヨタに払い下げて,交通運輸はトヨタに任すべきだ,と私は主張していたが,トヨタにとんでもない逆風が吹いている。世界のプリウスをリコールしたら,トヨタのリコールは500万台になる。トヨタは果たしてこれを切り抜けられるのであろうか。

米国がどんどん変な方向に行く。トヨタも随分いじめられているし,米国の金融規制にも首をかしげる国もある。中国への外交政策が全くうまくいっていない。米国側のコラムで,中国が自由経済に近づいたから発展した,と見るべきではない,と言っている。それは,東南アジアに習い市場の「見えざる手」ではなくより,集中的な資源配分を選んだことやクリーンエネルギーの大規模な開発など,中国の手法は大きな成功を収めている,という。

少なくともエネルギー資源については,東南アジアなど,国家管理の傾向が強まっている。インドネシア,タイ,ベトナムなどは明らかに国家管理を強めているし,フィリッピンは,如何にも自由化の方向を目指しているようだが,実は再生可能エネルギーなど,国の意志が強く働いている。インドも自由経済だがUMPPなどには強く国家の意思を感ずる。エネルギーに殆ど国の影を感じないのは,日本だけではなかろうか。問題点だと思う。

エチオピアのはロマンがある。地政学的な位置については,少し分かりがたいところがある。ただ,人口7,720万人(2006年世界銀行)と言うことは,アフリカの大国であるが,海港に恵まれず,しかも北のエリトリアとは永年の仇敵であり,南東の海岸のソマリアは,今話題の海賊の問題で,極めて治安が悪い。東のアデン湾に出るジブチとは,唯一の海への出口として,経済的に重要な位置づけだ。

国土面積109.7万平方kmで,エネルギーとして,発電設備は650MWで95%が水力発電,1,330MWへ向かって増設中。南西部低地にある推定4兆立方フィートの天然ガスが開発されようとしている。最近は,中国の影を強く感ずるが,国の西部のオモ川,にはイタリーが入っている。イタリーはエチオピアの旧宗主国であるが,今日のギルゲル・ギベ第2水力開発では,相当の非難を受けている。

水力開発によって,近隣諸国,特にケニア,ウガンダとは送電連携を視野に入れて,電力輸出が現実のものとなろうとしているときである。ギルゲル・ギベ第2水力は,前に開発した上流のダムから,トンネルを26kmも掘って、直結式の発電所だが,そのトンネルが,竣工式から2週間も足りない時に,入り口から9km地点でトンネルが崩壊,停止に追い込まれている。

イタリーはダム技術については世界有数で,1960年頃,関西電力が黒四を開発している頃は,世界銀行のコンサルタントとして指導に当たった。事実,日本の岩盤力学はイタリーから出た,と言っても良いし,日本の,トンネルのグラウト技術については,大きな貢献をしている。今日の記事は,そのイタリーのODAを激しく批判している。イタリーのコンサルタントを競争なしで契約したことに事故の原因があるとしている。


Today's subject

●100207I Ethiopia, ethiopianreview
エチオピアの420MWギルゲルギベ2水力のトンネルで崩壊事故
Gilgel Gibe tunnel collapsed two weeks after inauguration
http://my.reset.jp/adachihayao/index100207I.htm

http://www.ethiopianreview.com/content/12529


Other world energy news today

○100207A Philippines, Manila Bulletin
フィリッピンのエネルギー省が新規の地熱開発権10地域の入札を行う
DoE slates new geothermal bidding round
http://www.mb.com.ph/articles/242174/doe-slates-new-geothermal-bidding-round
○100207B Philippines, manilatimes
フィリッピンの発電企業アボイテスは渇水続きでも水力への関心は高いと
Aboitiz eyes El Nino upside
http://www.manilatimes.net/index.php/business-columns/10947-aboitiz-eyes-el-nino-upside
○100207C Nepal, thehimalayantimes
ネパールの毛派がウエストセティなど3水力プロジェクトの妨害に出ると
Maoists threaten to shut hydroelectricity projects
http://www.thehimalayantimes.com/fullNews.php?headline=Maoists+threaten+to+shut+hydroelectricity+projects&NewsID=226041
○100207D Nepal, myrepublica
ネパールの456MWアッパータマコシ水力の資金調達が完了
Beema Sansthan confirms Rs 2 billion loan for Upper Tamakoshi
http://www.myrepublica.com/portal/index.php?action=news_details&news_id=14832
○100207E India, business-standard
インドのインフラ企業GMRが次の5年間で65億ドル投入して6,700MW開発へ
GMR bets further on power
http://www.business-standard.com/india/news/gmr-bets-furtherpower/384744/
○100207F Indonesia, The Jakarta Post
インドネシアのプルタミナが2010年に10億ドルを投入して新規油田開発へ
Pertamina to invest Rp 10.2t on new blocks
http://www.thejakartapost.com/news/2010/02/05/pertamina-invest-rp-102t-new-blocks.html
○100207G Indonesia, The Jakarta Post
インドネシアのダーウイン鉱工業大臣が原子力発電はまだ開発しないと
Indonesia will not develop nuclear power anytime soon
http://www.thejakartapost.com/news/2010/02/05/indonesia-will-not-develop-nuclear-power-anytime-soon-minister.html
○100207H Indonesia, The Jakarta Post
インドネシアのブキットアサムが石炭生産40%伸びの2000万トン目標
Coal firm output to grow by 40% next year
http://www.thejakartapost.com/news/2010/02/05/coal-firm-output-grow-40-next-year.html


Japanese energy news today

○独RWE,北海に295MWの洋風力発電基地を建設,14.5億ドル
http://www.ecool.jp/foreign/2010/02/rwe11-509.html
○米国は中国にならなければならない,大転換の時代を乗り越えに―米コラム
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=39486&type=1
○豪資源会社が中国と石炭輸出契約 過去最高5兆円
http://www.47news.jp/CN/201002/CN2010020601000586.html


Main contents

●エチオピアの420MWギルゲルギベ2水力のトンネルで崩壊事故

On Januar 13, Ethiopia's Prime Minister [genocidal dictator] Meles Zenawi inaugurated the Gilgel Gibe 2 scheme, the country's biggest hydropower project. "It is possible to speed up development without polluting the environment," Zenawi proudly declared as he cut the ceremonial ribbon. Yet this was wishful thinking. Due to shoddy preparation, the project had already been delayed by more than two years.

エチオピアの最近のニュースでは,近隣諸国の電力網の中心となって電力を輸出して行く,とその華々しい電源開発の模様を伝えてきた。今日の記事のソースは,環境団体のIRNであるが,しかし問題は深刻である。2010年1月23日,エチオピアの独裁者,ザナウイ首相(注5)は,エチオピア最大規模の420MW,ギルゲル・ギベ第2水力(注6)の竣工式を主宰し,環境を阻害することなく工事を早めた,と高らかに宣言した。

その記憶はまだ新しい。粗雑な準備が原因で,このプロジェクトは既に2年も遅れていた。そうして,竣工式から2週間も経たないうち,プロジェクトの核である26kmのトンネルで事故が起こった。発電は数ヶ月間停止の見込みだ。インフラ工事でショートカットがどれだけ致命的か,如実に語っている。工事速度を上げることは,大変な損失を招くと言うことだ。

ギルゲル・ギベ第2水力(注6)は,出力420MW,総事業費374百万ユーロ,約512百万ドル相当,のプロジェクトである。貯水池はないが,ギルゲル・ギベ第1ダム(注7)から長距離トンネルで通水し,直接,オモ川(注8)の峡谷に落としている。工事は最初から粗雑に始まった。エチオピアの法律を犯して,競争入札なしでイタリアの建設企業サリニ(注9)と工事契約の交渉に入った。これは,汚職への危険信号である。

ギルゲル・ギベ第2水力(注6)の工事は,可能性調査FSなしで発注され,規則で必要な環境審査なしで工事が開始された。また,イタリアの法律を犯して,反対を押し切って,イタリアの開発協力省(注10)は,この建設企業サリニ(注9)への入札抜きの契約に対して,220百万ユーロ,約301百万ドル相当の資金援助に踏み切った。イタリアの開発協力省(注10)は,史上最大の支援,と高らかに謳い挙げた。

電力プロジェクトには弱い欧州投資銀行(注11)は,50百万ユーロ,約68百万ドル相当を支援,エチオピア政府が,104百万ユーロ,約142百万ドル相当,を負担した。ギルゲル・ギベ第2水力(注6)は,2007年12月に完成する予定であった。準備不足はすぐに結果に出た。遅筆調査が不十分で,岩盤の中の砂質土と帯水層を見逃した。そのため,トンネル掘削機が泥でつまり,トンネル経過地の変更が必要となった。

情報によると,導水路の崩壊箇所は,山中9kmの地点で,崩壊は竣工式の行われた日から12日後に起こったという。この事故による損失は,誰が補償するのであろうか。このギルゲル・ギベ第2水力(注6)の工事契約に関する交渉は曖昧で,コントラクター,サイリニ(注9)は地質的リスクについては,責任を免れるという。そのためこの増加した工事費用は,エチオピアの電力需要家か税金の負担となる。

コントラクター,サイリニ(注9)は,トンネル崩壊の責任を,再びエチオピアになすりつけるだろう,そうしてエチオピアは,電力不足が継続し,環境面でも何の甘やかされる条件もない。イタリアの専門のコンサルタント(注13)は,ギルゲル・ギベ第2水力(注6)の工事契約の問題点を指摘しており,他のコンサルタント(注14)は,このプロジェクトはエチオピアの必要性を考えているのではなく,イタリア企業を助けているのだと。

至りのコンサルタント(注14)とIRNは,この災害による増分コストは,エチオピアの税金からではなく,コントラクター,サイリニ(注9)が支払うべき,と訴えている。このギルゲル・ギベ第2水力(注6)の事故は果たして,世界銀行(注20)とアフリカ開発銀行(注21)への警告になっているであろうか。最新の報道では,これらの金融機関はギルゲル・ギベ第2水力(注6)への資金参加は断ったが,危険なギベ3ダム(注16)はまだ参加の方向だ。

即ち,信用度の問題から,まだそのままになっていると言うことだ。このギルゲル・ギベ第2水力(注6)に於ける曖昧さは,エチオピアの水力分野の例外ではなく,これが彼等のルールなのである。少し規模の小さいテケゼ・ダム(注15)は,2002年に発注され,2007年に発電開始されたようだ。このプロジェクトの地質は大丈夫なのであろうか。実際には地滑りが起こって,発電開始は2年遅れて,2009年の末になった。

話はギルゲル・ギベ第2水力(注6)とテケゼ・ダム(注15)だけでは終わらない。2006年7月,最大規模のギベ3ダム(注16)が,サイリニ(注9)に直接交渉となった。ここでも競争入札はなかった。環境調査も経済評価も行われなかった。もし建設されれば,下流オモ渓谷(注17)とターカナ湖(注18)の微妙な自然の生態を破滅させるだろう,そこには50万人の農民,牧夫,漁民が,その湖にその生活を依存している。

ギベ3ダム(注16)は,エチオピアの法律に違反し,自分たちを守る政策に反するにもかかわらず,アフリカ開発銀行(注19),世界銀行(注20)は,このプロジェクトを支援することを検討中である。以上,内容は環境グループの意見を代表したものだが,エチオピアにとってこれらの水資源開発は重要であり,今それらのプロジェクトがどういう状態にあるかという点で,大いに参考になる記事である。

(注)I (1) 100207I Ethiopia, ethiopianreview,(2) title: Gilgel Gibe tunnel collapsed two weeks after inauguration,(3) http://www.ethiopianreview.com/content/12529,(4) February 5th, 2010,By Peter Bosshard | International Rivers,(5) Prime Minister [genocidal dictator] Meles Zenawi,(6) Gilgel Gibe 2 scheme,(7) Gilgel Gibe 1 Dam,(8) Omo River,(9) Salini,(10) Italy's Ministry of Development Cooperation,(11) European Investment Bank,(12) aqueduct,導水管,(13) Italy's Campagna per la Riforma della Banca Mondiale,(14) Campagna's Caterina Amicucci,(15) Tekeze Dam,(16) Gibe 3 Dam,(17) Lower Omo Valley,(18) Lake Turkana,(19) African Development Bank,(20) World Bank,(21) Ethiopia road map,map source: http://www.ethiopianriftvalleysafaris.com/pics/map2.jpg,(21) Omro river,photo source: http://www.voithhydro.com/media/hypowe_13_screen_en.pdf,(22) tunnnel, map source: http://www.tunneltalk.com/TBM-Recorder-Nov09-SELI-breakthrough-in-Ethiopia.php,(23)

今日の参考資料

●100207I Ethiopia, ethiopianreview
エチオピアの420MWギルゲルギベ2水力のトンネルで崩壊事故
Gilgel Gibe tunnel collapsed two weeks after inauguration
http://my.reset.jp/adachihayao/index100207I.htm

http://www.ethiopianreview.com/content/12529

最近の関連資料

○100117G Ethiopia, afrol
エチオピアの420MWギルゲルギベ第2水力着工で自給に明るい希望
Ethiopia launches hydro-power plant
http://www.afrol.com/articles/35099
○100115H Ethiopia, afriquejet
エチオピアの420MWギルベル2水力完成で電力輸出が現実に
Ethiopia moves closer to electricity export
http://www.afriquejet.com/news/africa-news/ethiopia-moves-closer-to-electricity-export-2010011341987.html
○091206E Ethiopia, ezega
エチオピアはケニアなど近隣諸国との連携でギルベル3水力開発へ
Gilgel Ghibe III key to stronger economic ties with Kenya
http://www.ezega.com/News/NewsDetails.aspx?Page=heads&NewsID=1859
○091202J Ethiopia, waltainfo
エチオピアは今や顕著な成長時期を迎えエネルギー投資に大きな機会が訪れた
Marching towards the inevitable development!
http://www.waltainfo.com/index.php?option=com_content&task=view&id=17289&Itemid=82
○091129K Ethiopia, ezega
エチオピアは600MWのテケゼ第2水力を第1水力の下流60km計画
Ethiopia planning to build Tekeze II
http://www.ezega.com/News/NewsDetails.aspx?Page=heads&NewsID=1849
○091124N Ethiopia, probeinternational
エチオピアの300MWテケゼ水力はシノハイドロが完成させたが遅れて工費増大
Ethiopia's Tekeze dam limps into operation
http://www.probeinternational.org/export-credit/ethiopias-tekeze-dam-limps-operation
○091103C Ethiopia, ethioplanet
エチオピアのテケゼ水力発電所が75MW機発電開始で電力不足解消に期待
Tekeze Hydro Power Plant to officially open next week
http://www.ethioplanet.com/news/2009/11/02/ethiopia-tekeze-hydro-power-plant-to-officially-open-next-week/
○091101M Ethiopia, en.afrik
エチオピアとケニヤの送電連携について世界銀行へ380百万ドル支援要請
Ethiopia and Kenya make joint request to World Bank over electricity supply
http://en.afrik.com/article16395.html
●091029D Ethiopia, af.reuters
エチオピアの道路や水力ダム建設に中国企業が進出
Ethiopia earmarks almost $1 billion for roads
http://my.reset.jp/adachihayao/index091029D.htm


2010年1月5日 ー フィリッピンのマランパヤも30日間停止 ー

今日のザクザクには,朝青龍はモンゴルに帰って大統領を目指す,と書いてある。まだ29歳であるし,鷲羽山が国会議員になったことを考えれば,朝青龍が大統領になってもおかしくない。モンゴルの資源は中国を始め,日本も大きな関心を持っており,シンギスカンよろしく朝青龍が大統領として豊富な資源をもって,小泉2世の総理大臣と外交交渉を行う場面が見たい。

昔,モンゴルに行って,モンゴルの政府の人たちと食事をしながら,ジンギスカンは日本人で,日本では,ミナモトヨシツネと呼ばれていた,と話したら,会食者全員が大きく手を振って私を嘲笑しながら,そんなことがあるわけはない,と相手にして貰えなかった。ジンギスカンの墓はどこにあるのか,と話題になったが,モンゴルの人たちは,墓が見つからないことを誇っていた。朝青龍は日本でいじめにあった,と言うのが一般の見方らしい。

フィリッピンのルソン系統の電力供給力不足の問題は,なかなか深刻だ。今朝の状況を見ると,対応可能な出力は,6,693MW,ピーク予想は,6,424MW,余力は僅かに269MWの状態である。設備出力は,12,493MWである,半分程度しか対応できない。先日も書いたが,無計画な定期点検の影響であるから,まさに人災だが,これに追い打ちをかけるのが,マランパヤのガス田からのパイプラインの停止である。

マランパヤのガス田からは,海底パイプラインで,ルソン島のバタンガスまでガスが来ており,これに繋がっているのが,イリジャン,サンタリタなど,2,763MWの天然ガスを燃料とした火力である。2月10日から30日間の補修点検計画である。今日にもエネルギー大臣が会議を招集して対策会議を行うと言うが,決定的に供給力は足りなくなる。

ルソン系統の発電設備をもう一度見ておく。石炭火力が10,197MW(1,294MWのスアル,764MWのパグビラオ,600MWのカラカ,600MWのマシンロック,511MWのケソン),ガス火力が2,763MW(1,200MWのイリジャン,1,060MWのサンタリタなど),水力が2,247MW(684MWのカラヤーン,360MWのマガット,345MWのサンロケ,246MWのアンガットなど),

その他,地熱が954MW,ガスタービンが900MW,ディーゼルが783MW,石油火力が654MW,すべての設備を合計すると,ルソン系統に繋がる全発電設備の設備出力は実に,12,493MWあるのですよ。今年のピーク需要が約6,500MWとしても,倍以上の設備出力を持っているのに,今日の供給力は,その半分の6,693MWだ,と言うのは驚きですね。

火力発電所の補修計画を,エネルギー大臣が統括して調整しなければならない,という制度は,分割民営化を急いだ電力政策のせいだが,私は一番の問題は,送電公社の給電指令の権限をなくしてしまったことにあると思う。送電公社は単なる送電線使用料を受け取るだけの存在で,電力供給責任がない。その点,中国の国家送電網は,ある程度の供給調整の機能を持っている。李鵬さんという専門家の制度設計だった分けだ。


Today's subject

●100205C Philippines, Manila Bulletin
フィリッピンの電力供給力不足でエネルギー省が会合だがマランパヤガス停止問題
Power outlook dims
http://my.reset.jp/adachihayao/index100205C.htm

http://www.manilastandardtoday.com/insideNation.htm?f=2010/february/4/nation1.isx&d=2010/february/4


Other world energy news today

○100205A Thailand, Bangkok Post
タイの国家エネルギーPTTがブルネイなどの石炭ビジネスへ進出の方針
PTT eyes overseas coal
http://www.bangkokpost.com/business/economics/32256/ptt-eyes-overseas-coal
○100205B Thailand, Bangkok Post
タイの発電企業EGCOは140億バーツ準備して海外の発電事業を拡大へ
Egco looking to Asean for growth
http://www.bangkokpost.com/business/economics/32323/egco-looking-to-asean-for-growth
○100205D Philippines, Manila Bulletin
フィリッピンの需要家は供給力不足と電気料金値上げの2重苦へ
Electricity consumers brace for rate hikes
http://www.mb.com.ph/articles/241915/electricity-consumers-brace-rate-hikes
○100205E India, steelguru
インドの原子力は38000MW分の基本認可で10年後に10倍へ
Pans for 10 fold nuclear power capacity underway in India
http://steelguru.com/news/index/MTMxMzM3/Pans_for_10_fold_nuclear_power_capacity_underway_in_India.html
○100205F India, sakaaltimes
インドのダボール発電所は640MW増設で1,940MW発電へ
Dabhol power project eyes 1,940 MW mark
http://www.sakaaltimes.com/SakaalTimesBeta/20100204/5331136411650199912.htm
○100205G Indonesia, The Jakarta Post
インドネシアのハビブ元大統領が原子力開発の後押し
Habibie supports nuke project acceleration
http://www.thejakartapost.com/news/2010/02/04/habibie-supports-nuke-project-acceleration.html


Japanese energy news today

○ドバイ首長、海底油田発見と声明 市場信頼回復の狙いも
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20100205ATGM0402U04022010.html
○新疆ウイグル自治区経済振興計画、5月に提出の見通し
http://www.chinapress.jp/economy/20072/
○外務省 タジキスタンに対し、太陽光発電設備の導入を支援
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0205&f=business_0205_084.shtml


Main contents

●フィリッピンの電力供給力不足でエネルギー省が会合だがマランパヤガス停止問題

Energy officials will meet with industry stakeholders today to draw up contingency measures for the impending 30-day shutdown of the Malampaya Gas Field Project for maintenance. Energy Secretary Angelo Reyes said the Feb. 10 shutdown would affect the San Lorenzo, Sta. Rita and Ilijan gas power plants in Batangas that add power supply to the Luzon grid.

フィリッピン,ルソン系統の電力供給力不足の問題は,極めて深刻である。全発電設備の設備出力は実に,12,493MWあるだが,今日の送電公社の発表は,対応可能な出力は,6,693MW,ピーク予想は,6,424MW,余力は僅かに269MWの状態である。今日の記事は,エネルギー省の招集する会議の前の記事であるが,エネルギー省が乗り出さなければならないところに,制度の弱点が見える。

今日,2010年2月5日,維持管理のために30日間,運転を停止するマランパヤ・ガス田プロジェクト(注5)についての緊急対策のため,エネルギー省及び関係企業が招集されている。レイエス・エネルギー長官(注6)によると,2月10日から始まるパイプラインの停止作業の影響を受けるルソン系統(注8)の発電所は,サンロレンソ,サンタリタ,バタンガスのイリジャン各発電所(注7)であると。

レイエス・エネルギー長官(注6)によると,会議では,ルソン系統(注8)の安全と信頼度を確実にする目的だと。関係筋によると,ファーストGEN(注9)の発電所は,マランパヤがガス供給を停止しても,備蓄があるので,発電は続けると説明している。また会議では,エルニーニョの影響で渇水が続く問題についても議論されると。レイエス・エネルギー長官(注6)の次の発言に注目する。

今回集まるのは,発電企業,送電企業,配電企業,更にマランパヤの代表達で,補修停止が重なったことによる輪番計画停電が起こったようなケースを回避するために,定期補修のスケジュールをどの様に調整するかを討議すると。1月25日の計画停電は,予期しない事故と定期補修の影響が重なったものだ。スワル石炭火力(注10)の2号機が石炭不足で止まっているときに,1号機が事故を起こした。

サンミゲール(注11)は,スワル石炭火力(注10)の石炭供給を担当している。ルソン系統の需給状態は依然として黄色信号の状態で,予備力は約200MWで,良識的な予備力1,200MWにはほど遠い。サンミゲールが所有するリマイ発電所(注12)は,アルストム(注13)との間で運転契約に意見の違いがあって,停止中の状態である。エネルギー省は,渇水の影響を受けているミンダナオについても,重大な関心を持っている。

大規模な火力がそれぞれ勝手に,補修のための運転停止を行っており,更に,燃料供給の基幹となるガスパイプラインが,定期点検で30日間の停止に入る,また,石炭の質が仕様に合わないと発電を停止している,更には,運転を外注している相手との交渉が揉めて運転していない,などなど,考えられないトラブルが続いて,それを調整する機関は,エネルギー本省だ,と言うのだから,分割民営化の基本的な欠陥といえる。

(注)C (1) 100205C Philippines, Manila Bulletin,(2) title: Power outlook dims,(3) http://www.manilastandardtoday.com/insideNation.htm?f=2010/february/4/nation1.isx&d=2010/february/4,(4) Alena Mae S. Flores,(5) Malampaya Gas Field Project,(6) Energy Secretary Angelo Reyes,(7) San Lorenzo, Sta. Rita and Ilijan gas power plants in Batangas,(8) Luzon grid,(9) First Gen Corp,(10) Sual coal fired power plant,(11) San Miguel Corp,(12) Limay power plant, owned by San Miguel Corp,(13) Alstom,(14) gas pipeline,map source: http://malampaya.com/wp-content/themes/malampaya/downloads/map_big.jpg,(15) photo source: http://malampaya.com/,(16)

今日の参考資料

●100205C Philippines, Manila Bulletin
フィリッピンの電力供給力不足でエネルギー省が会合だがマランパヤガス停止問題
Power outlook dims
http://my.reset.jp/adachihayao/index100205C.htm

http://www.manilastandardtoday.com/insideNation.htm?f=2010/february/4/nation1.isx&d=2010/february/4

最近の関連資料

○100205D Philippines, Manila Bulletin
フィリッピンの需要家は供給力不足と電気料金値上げの2重苦へ
Electricity consumers brace for rate hikes
http://www.mb.com.ph/articles/241915/electricity-consumers-brace-rate-hikes
○100203C Philippines, manilatimes
フィリッピンのエネルギー長官が水力出力不足で対策会議招集
DOE warns of power supply shortfall
http://www.manilatimes.net/index.php/business-columns/10775-doe-warns-of-power-supply-shortfall
○100201B Philippines, Manila Bulletin
フィリッピンのスアル石炭火力でサンミゲールが石炭供給確約
Sual IPPA pledges no more outages as imported coal deliveries assured
http://www.mb.com.ph/articles/240850/sual-ippa-pledges-no-more-outages-imported-coal-deliveries-assured
○100131B Philippines, Manila Bulletin
フィリッピンのスアル石炭火力の石炭不足は起こさせないとIPPAのサンミゲール
Sual IPPA pledges no more outages as imported coal deliveries assured
http://www.mb.com.ph/articles/240850/sual-ippa-pledges-no-more-outages-imported-coal-deliveries-assured
●100131C Philippines, Manila Bulletin
フィリッピンのエネルギー長官が関係事業体を集めて供給力不足の善後策
Power players meet to prevent brownouts
http://my.reset.jp/adachihayao/index100131C.htm
●100128D Philippines, gmanews
フィリッピンのルソン系統の供給不足は渇水と定期補修が重なってまだ続く
Power supply uncertain due to dry spell, plant maintenance
http://my.reset.jp/adachihayao/index100128D.
●100127B Philippines, Manila Bulletin
フィリッピンのルソンで1200MWスワル石炭火力の原因で停電
Sual plant outage triggers brownouts
http://my.reset.jp/adachihayao/index100127B.htm


2010年2月4日 ー タイの2010年のピークは23,000MWに ー

何か盛り上がらない日ですね。大体,米中日,アジアの中で開発を主導すべき主要三国の関係がうまくいかない。米国はトヨタを集中攻撃するし,日本は基地問題で米国との関係を危うくするし,中国はグーグルで米国を刺激するし,米国は台湾の武器で中国を刺激するし,日本と中国との歴史対話で中国は,日本が侵略の罪を認めたと言うし,水利権で荒瀬ダム撤去はやむなし,それにもまして,不審極まりない小沢さんを追求できない検察。

憂鬱な中で,久しぶりにタイの電力需要が上向いてきた。インドシナ半島のダム開発には,いろいろと問題はあるけれども,その開発側と環境側の論争も,バンコクのエネルギー需要の伸びがあってこそ,の話であって,ラオスの水力も,サルウイーンの水力も,人類のため,という大義名分があっても,需要がないではどうしようもない。大体,メコンの開発に火がついたのは,当時のバンコクの驚異的な発展があったらこそだった。

タイも最近はまたまたクーデターの噂が出てきて大騒ぎになるなど,また,タクシン派のデモや,カンボジアとの行き詰まった外交,健康不安のブミポン国王,と不安だらけであるが,先月,2010年1月の電力需要の伸びがすごかった,年率換算21%と言う。もっとも,2009年1月の需要の落ち込みが激しく,2007年1月ではゼロ成長だったから,そのリバウンドとも思われる。

しかし,EGAT総裁は会見して,需要予想の上方修正を行う。3%成長でだったものを4.7%に修正して,2010年4月,夏のピークを,23,000MWとすることを発表した。今年は待望のラオスの大水力,ナムトウン2水力が運転開始し,920MWが送られてくるし,国内では新たに,700MWの北バンコク天然ガス火力が運転開始し,供給力は28,000MWとなり,予備力20%以上を確保できる。

しかし,今回の需要の上方修正は,今待機しているラオスの水力プロジェクトにも影響を与える。関電のナムニエップ水力やナムグム川のプロジェクトも,昨年夏の工事費の急騰も元に収まって,ここでバンコクの需要が持ち直すならば,もう一度ここで走り出す切っ掛けを与えられることになろう。ただ,原油がじわりと上がってきているので,状況を良く見極めなければならない。


Today's subject

●100204A Thailand, Bangkok Post
タイのEGAは経済回復で2010年の電力伸びを4.7%へ上方修正
Egat lifts power demand growth projection to 4.7%
http://my.reset.jp/adachihayao/index100204A.htm

http://www.bangkokpost.com/business/economics/32263/egat-lifts-power-demand-growth-projection-to-4-7


Other world energy news today

○100204B Thailand, Bangkok Post
タイのEGATによると先月1月の電力需要の伸びは年率換算21%
Electricity use up as economy recovers
http://www.bangkokpost.com/news/local/167350/electricity-usage-soars-21-in-jan
○100204C India, business-standard
インドの電力企業GMRは350億ルピー調達でオランダ企業の資本獲得へ
GMR Infra set to refinance Rs 3,500-cr debt
http://www.business-standard.com/india/news/gmr-infra-set-to-refinance-rs-3500-cr-debt/384579/
○100204D Indonesia, The Jakarta Post
インドネシアのPLNは原子力2018年投入で政府の意志決定を待っている
PLN waiting for govt decision to go nuclear
http://www.thejakartapost.com/news/2010/02/03/pln-waiting-govt-decision-go-nuclear.html
○100204E China, pipelinesinternational
マレーシアから韓国までの海底ガスパイプライン建設で中国企業などが覚書
MoU signed for Trans-Oriental Gas Pipeline
http://pipelinesinternational.com/news/mou_signed_for_trans-0riental_gas_pipeline/012181/
○100204F China, blogs.wsj
中国の西南部の雲南省は電力をダムに依存して渇水に悩んでいる
Damming Evidence in China’s Southwest
http://blogs.wsj.com/chinarealtime/2010/02/03/damming-evidence-in-chinas-southwest/
○100204G China, expressbuzz
中国はガスパイプラインを完成するがミャンマー政権の危うさでリスクがある
China takes risky step with Myanmar pipelines
http://www.expressbuzz.com/edition/story.aspx?Title=China+takes+risky+step+with+Myanmar+pipelines&artid=rVKsDOsuffk=&SectionID=XT7e3Zkr/lw=&MainSectionID=XT7e3Zkr/lw=&SectionName=HFdYSiSIflu29kcfsoAfeg==&SEO=


Japanese energy news today

○BRICsがブラジルで首脳会議 4月、新興国で連携
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20100204ATGM0400V04022010.html
○中国主導で建設進むアフリカ連合の新本部、エチオピア
http://www.afpbb.com/article/economy/2690708/5259276
○中国、国際安保で「主要な役割」=大陸思考から移行?英ミリタリー・バランス
http://news.toremaga.com/politics/foreign/239411.html


Main contents

●タイのEGAは経済回復で2010年の電力伸びを4.7%へ上方修正

The Electricity Generating Authority of Thailand has increased its projection for power demand growth this year to 4.72% from 3%. Thailand's power usage totalled 145,233 million units (kilowatt/hours) last year. Egat said it is set to rise to 150,000 million units this year. Egat's annual projection was revised up after January's power consumption jumped to 12,281 million units, a 21% year-on-year increase, ....

タクシン派の動きとか,クーデターの噂とか,ブミポン国王の健康不安とか,カンボジアとの不安定な国際関係,タイの政治と経済が安定してくれなければ,メコン河もサルウイーン河も,開発気運が盛り上がらない。今日のニュースは,我々には待っていました,という感じだ。まだまだ分からないけれど,電源開発計画,PDP全体の見直しの時期も近いのではないか,と期待している。

タイの電力公社EGAT(注5)は,今年,2010年の電力需要の伸びの想定を,従来の3%から4.72%へ上方修正した。昨年,2009年のタイの電力消費は,1,452.33億KWhで,EGAT(注5)は今年,2010年のそれを,1,500億KWhとした。スタットEGAT総裁(注6)によると,この1月の電力需要が,122.81億KWhと急増し,その伸びは年率換算で,21%に達した,と述べている。昨年の1月は,金融危機の真っ最中であった。

従って,今年,2010年1月の伸びは,EGAT始まって以来の数字である。また,昨年,2009年1月の縮小も歴史的な悲惨さであった。2008年末の始まった世界的不況は,電力需要を収縮させ,その傾向は,昨年,2009年8月まで続いた。伸びが二桁を示しているのは,昨年,2009年11月からであると。ピーク電力も,2010年は3.5%の想定であったが,52%に上方修正し,2010年のピーク想定は,23,000MWである。

一般に年間のピーク需要は,夏の4月に現れる。昨年,2009年のピークは,22,044MWで,景気落ち込みなどで2007年と同じであった。この1月の急激な伸びは,これまでの反動であろうと。今年,2010年の新規電源は,700MWの北バンコク・ガス火力(注7)と,920MWのラオスのナムトウン2水力(注8),合計1,620MWである。設備は,28,000MWで,予備力は20%以上を維持している。

依然として天然ガスへの依存度は70%以上で,不安定要因だ。スタットEGAT総裁(注6)は,ガスは50%,石炭に25%,残りを輸入電力か原子力が理想と考えており,そうでなければ常に停電のリスクを抱えることになると。また,省エネルギー運動にも乗り出していて,省エネ型の電灯,冷蔵庫,空調機,また家電待機電力1ワット,などに努めている。この省エネで,2014年までには,1,500MW節約を考えていると。

このための費用を,省エネ基金として,2014年までに40億バーツを準備しており,これが発電所二つ分を節約することになる。久しぶりにタイの電力需給の現状が報道され,景気回復の兆しで,これはまた,ペースを落としているラオスなどの水力開発や,メコン,サルウイーンなどの調査にも,良い刺激を与えるだろう。なお,公表されている電源開発計画は,EGATのサイトにあるように,2007年改定のものである。

(注)A (1) 100204A Thailand, Bangkok Post,(2) title: Egat lifts power demand growth projection to 4.7%,(3) http://www.bangkokpost.com/business/economics/32263/egat-lifts-power-demand-growth-projection-to-4-7,(4) Published: 4/02/2010 at 12:00AM,(5) Electricity Generating Authority of Thailand,(6) governor Sutat Patmasiriwat,(7) 700 MW from Egat's gas-fired plant in North Bangkok,(8) 920 MW imported from the Nam Theun 2 hydropower plant in Laos,(9) Bunpot Sangkeo, deputy governor for corporate social responsibility,(10) Energy Conservation Fund,(11) PDP table source: http://www.egat.co.th/en/images/stories/pdf/PDP2007Rev2-Mar2009-Eng(wo-invest).pdf,(12) Nam Theun 2, map source: http://www.namtheun2.com/images/stories/project_feature_a3.pdf,(13)

今日の参考資料

●100204A Thailand, Bangkok Post
タイのEGAは経済回復で2010年の電力伸びを4.7%へ上方修正
Egat lifts power demand growth projection to 4.7%
http://my.reset.jp/adachihayao/index100204A.htm

http://www.bangkokpost.com/business/economics/32263/egat-lifts-power-demand-growth-projection-to-4-7

最近の参考資料

○100112D Thailand, Bangkok Post
タイのエネルギー節約プロジェクトにADBが3億ドルローン供与
ADB sets aside B9.94bn loan for green projects in Thailand
http://www.bangkokpost.com/business/economics/30821/adb-sets-aside-b9-94bn-loan-for-green-projects-in-thailand
○091206B Thailand, uk.reuters
タイのEGCOの2010年はナムトウン2水力が3月運転開始
Thai utility EGCO sees flat revenue growth in 2010
http://uk.reuters.com/article/idUKBKK26032320091204
○090930B Thailand, reuters
タイは景気回復でガスの需要が急上昇して第4四半期は日40億立方フィートへ
Thai Q4 natural gas demand to rise-energy official
http://www.reuters.com/article/rbssEnergyNews/idUSBKK41460420090929
●090921A Thailand, Bangkok Post
タイのEGATは2010年以降に天然ガス不足で停電の可能性
Egat warns of more blackouts
http://my.reset.jp/adachihayao/index090921A.htm
●090729A Thailand, Bangkok Post
タイのエネルギー大臣が地域のエネルギーの見通しを語る
Regional energy action plan ready for Mandalay meeting
http://my.reset.jp/adachihayao/index090729A.htm


2010年2月3日 ー フィリッピンの再生可能認定案件は206 ー

フィリッピンの再生可能エネルギー開発政策は成功すると思うか。周辺諸国は殆ど発言しないけれども,実はぐっと息を詰めて,フィリッピンの行く末を見つめているに違いない。本来,フィリッピンの電力分野の最大の問題点は,高い電気料金のはずであった。しかしそれがいつの間にか,国民の目をはぐらかすように,再生可能エネルギーに走り始めた,地球が寒冷化周期に入ったかも知れない,というのに。

フィリッピンの最初の声は,国産再生可能エネルギー,という言葉で,寧ろ国産と言うことに大きな重点を置いていたと思う。それは,フィリッピンが産油国でないために,原油の高騰で,それでなくても高い電気料金に,更に上昇圧力がかかったからであった。今,フィリッピンの新聞の中に,国産という枕詞は殆ど入ってこない。それは,地球温暖化のかけ声の中で,再生可能エネルギー,と言うだけで,理由の説明が必要なくなったからだ。

フィリッピンは間もなく布告によって,すべての電力供給企業が,法律によって規制される再生可能エネルギー資産基準RPSに従って,再生可能エネルギーのプロジェクトを設定する義務が生ずる。国家再生可能エネルギー理事会NREBの議事録によると,RPSは,すべての発電供給者に課されるものだ。

提案によると,再生可能エネルギー政策の枠組み決定の期限は,2010年6月12日で,RPSへの遵守期限は,2013年1月30日,となっており,これは,再生可能エネルギー法が発行してから3年に相当する。問題は,RPSが要求する再生可能エネルギーのパーセンテージだが,理事会NREBの当初の考えは,10年内に100%か,2020年までに倍増,というものである。

この義務の問題と,巧みに再生可能エネルギー法の中に盛り込まれた再生可能エネルギーに対する優遇制度である。この義務化と優遇の両面から,プロジェクトの申請が相次ぎ,3度の申請を通じて,先日までに政府が登録した,または認定したプロジェクト案件は,206件に達したのである。今日の記事に出ているだけでも,企業の数は,玉石混淆で,33に達している。中には,急造の企業も相当にある。

エネルギー大臣の発言によると,206件で,出力は約2,000MW,事業費総額は20億ドル,と言っている。平均10MWと言う数字は高いが,ファーストGENが提案する揚水発電所が2カ所,1,300MWが入っているので,実際には平均4,000KW程度とも言えるし,20億ドルのうち半分は揚水だろう。そう言う意味では,まさに上げ底なのである。

しかし,大きな部分を占める小規模水力については,私は意義があると思っている。ルソンについては,大規模水力は,先日問題となったディドヨンとかアブルグしかないので,まさに落ち穂拾いの段階である。この落ち穂拾いに意義を持たせたのが,再生可能エネルギー法なのだ。10MW程度の経済性の良い小規模水力もあると思われる。地元企業と組んで,日本の企業も顔を出しても良いのではないか。


Today's subject

●100203D Philippines, Manila Bulletin
フィリッピンの再生可能エネルギーで更に112プロジェクトを認可
DoE inks 112 RE contracts worth $1 B
http://my.reset.jp/adachihayao/index100203D.htm

http://www.mb.com.ph/articles/241493/doe-inks-112-re-contracts-worth-1-b


Other world energy news today

○100203A Pakistan, dawn
パキスタン紙がカシミールでインドが5プロジェクト3900MW着工と非難
Five dams being built in occupied Kashmir
http://www.dawn.com/wps/wcm/connect/dawn-content-library/dawn/the-newspaper/front-page/13+five-dams-being-built-in-occupied-kashmir-320-za-04
○100203B Pakistan, dawn
パキスタンのマングラダム嵩上げプロジェクトに周辺の州が反対
Filling of Mangla, hydropower projects in jeopardy
http://www.dawn.com/wps/wcm/connect/dawn-content-library/dawn/the-newspaper/front-page/13+filling-of-mangla,-hydropower-projects-in-jeopardy-220-za-07
○100203C Philippines, manilatimes
フィリッピンのエネルギー長官が水力出力不足で対策会議招集
DOE warns of power supply shortfall
http://www.manilatimes.net/index.php/business-columns/10775-doe-warns-of-power-supply-shortfall
○100203E Myanmar, english.cri
ミャンマー沖のモッタマ・ガス田で2010年の乾期にも生産開始の見込み
Myanmar Offshore Oil Field Discovered
http://english.cri.cn/6966/2010/02/02/2001s547346.htm
○100203F Indonesia, The Jakarta Post
インドネシアのPLNは送配電網整備で約20億ドルの債券発行
PLN may issue more bonds this year
http://www.thejakartapost.com/news/2010/02/02/pln-may-issue-more-bonds-year.html
○100203G Brazil, rapidmag
ブラジル政府は11000MWのアマゾンのベロモンテダム認可
Controversial Brazil Dam will be World's 3rd Largest
http://www.rapidmag.com/features/features-standingwaves/191-controversial-brazil-dam-will-be-worlds-3rd-largest.html


Japanese energy news today

○温暖化ガス、「真水」の削減幅協議 政府の検討チーム
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20100203ATGG0300603022010.html
○OECD、中国に追加の財政出動提言 経済審査報告書
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20100203ATGM0205J03022010.html
○アンゴラで原油パイプラインにメカジキが穴、輸送に遅れ
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-13689820100203
○中国、白頭山近くに原発建設…なぜ
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=125905&servcode=A00&sectcode=A00


Main contents

●フィリッピンの再生可能エネルギーで更に112プロジェクトを認可

The influx of interests on renewable energy (RE) investments have been continuing with the Department of Energy (DoE) generating additional $1.040 billion worth of investment commitments for the new batch of 112 contracts signed. This will round up the number of total RE deals already inked to 206 contracts since the passage of the Renewable Energy Act in 2008. So far, investment commitments now summed up..

フィリッピンのエネルギー省(注5)は最初に,2009年10月,新規87の契約で総額22億ドル,18企業による再生可能エネルギー・プロジェクトを承認した。総出力は,4,042MWで,バイオマス,地熱,水力,波力,太陽光,風力の各分野に亘るものだ。87のプロジェクトのうち,65が再生可能エネルギーで,残りの22は,既存の契約を再生可能エネルギー契約に切り替えるもので,17が水力,5が地熱である。

これに続いて,010年1月20日,バイオマスと水力に絞って承認,全部で32企業,水力の中には大規模な揚水発電所が含まれている。エネルギー省(注5)発表によると,バイオマス発電について,バカバリ・エナージなど16企業(注6)で,名前から見ると,地方の電化組合や砂糖企業が目立つ。このバイオマスによる再生可能エネルギープロジェクトの総出力は,201.6MWとなっている。

これらの資料から見ると,今回は第3次の承認と言うことになるのか。エネルギー省を通じての追加の再生可能エネルギーに対する投資の勢いは止まらず,今回追加分として,112件,事業費総額10.4億ドルに達する。これで2008年再生可能エネルギー法通過後,承認されたものは,206件で,事業費総額は20億ドルになる。水力が68件,地熱が5件,風力が17件で,バイオマスは22件,256MW,199億ペソに上る。

レイエス長官(注6)によると,これらがすべて商業ベースで流れに乗れば,新規開発は,2,007.5MWになると言っている。しかし開発には時間が必要で,これらが貢献するまでには,3〜4年かかるだろうと。いずれにしても,再生可能エネルギー法が1年前に成立して,その優遇制度によって,投資意欲が盛り上がってきていることは事実であると。目標は2020年までに再生可能を倍増することで,これは他の国のモデルになるだろうと。

今回認定されたプロジェクトに関する企業は,ファーストGENなど15企業(注7),玉石混淆という感じである。バイオマスを提案した企業は,ハワイアンなど8企業(注9),また他に,ベースコムなど10企業(注10)がある。具体的な地点名などは,まだ発表されていないようである。しかし,これらの企業の実情と具体的なプロジェクトの内容は不明である。全部で,2,000MW,20億ドル,KW当たり10万円相当,出来ないですね。

(注)D (1) 100203D Philippines, Manila Bulletin,(2) title: DoE inks 112 RE contracts worth $1 B,(3) http://www.mb.com.ph/articles/241493/doe-inks-112-re-contracts-worth-1-b,(4) By MYRNA M. VELASCOFebruary 1, 2010, 7:02pm,(5) Renewable Energy Act in 2008,(6) Energy secretary Angelo T. Reyes,(7) AV Garcia Power Systems; Benguet Electric Cooperative Inc.; Century Peak Energy Cooperative; Energy Development Corporation; First Gen Bukidnon Power Corporation; First Gen Mindanao Hydro Power Corporation; Trans-Asia Renewable Energy Corporation; Firstmax Power International Corporation; HEDCOR; Luzon Hydro Corporation; Mindanao Energy Systems; Northern Luzon UPC Asia Corporation; Northpoint Wind Power; Oriental Energy and Power Generation Corporation and PNOC-Renewable Energy Corporation,(8) Hawaiian Philippines Company; Lopez Sugar Corporation; Binalbagan-Isabela Sugar Milling; Central Azucarera Don Pedro Inc.; Sagay Central Inc.; Capiz Sugar Central; Roxol Bioenergy Corporation and Sweet Crystals Integrated Sugar Mill Corporation,(9) Basecom Inc.; Davao Sugar Central Co. Inc.; BUSCO Sugar Carlota; Eurotiles Industrial Corporation; Asea One Power Corp.; San Carlos Bioenergy Inc.; First Farmers Holding Corp.; Bataan 2020; Bacavalley Energy Inc.; and Hacienda Bioenergy,(10) map source: http://www.doe.gov.ph/ER/Maps%20-%20Micro%20Hydro.htm,(11)

今日の参考資料

●100203D Philippines, Manila Bulletin
フィリッピンの再生可能エネルギーで更に112プロジェクトを認可
DoE inks 112 RE contracts worth $1 B
http://my.reset.jp/adachihayao/index100203D.htm

http://www.mb.com.ph/articles/241493/doe-inks-112-re-contracts-worth-1-b

最近の関連資料

○100202B Philippines, Manila Bulletin
フィリッピンのエネルギー省は今日にも更に100の再生可能プロジェクト承認
DoE to award more contracts
http://business.inquirer.net/money/topstories/view/20100131-250580/DoE-to-award-more-contracts
○100129B Philippines, business.inquirer
フィリッピンのPNOCは20億ペソを準備して11水力など開発へ
PNOC earmarking P2B for RE projects
http://business.inquirer.net/money/topstories/view/20100127-249805/PNOC-earmarking-P2B-for-RE-projects
○100129B Philippines, business.inquirer
フィリッピンのPNOCは20億ペソを準備して11水力など開発へ
PNOC earmarking P2B for RE projects
http://business.inquirer.net/money/topstories/view/20100127-249805/PNOC-earmarking-P2B-for-RE-projects
●100112F Philippines, Manila Bulletin
フィリッピンの再生可能エネルギー法の厳守を徹底へ
All power suppliers required to set up RE projects by law
http://my.reset.jp/adachihayao/index100112F.htm
●091229E Philippines, business.inquirer
フィリッピンのエネルギー省は更に37企業の水力900MWなどを認可の方針
DOE seen awarding more energy service contracts
http://my.reset.jp/adachihayao/index091229E.htm


2010年2月2日 ー インドの大規模計画をガス火力に拡大へ ー

アジアのエネルギー開発に思いを寄せるとき,関心を持たざるを得ないのは,中国の近い将来の向かうところですね。余りに急に米国との間に緊張した空気が流れ,中国の国民は,米国国債を売って報復しろ,とネット上の書き込みが増える,中国政府としても強硬姿勢に出ざるを得ない。米国も同じような感じで,オバマ政権の中国への弱腰を批判する議会勢力の前に,オバマ大統領も動けないと言う感じ。

日経の社説も,中国の軍拡を取り上げて懸念を示している。1,000発のミサイルが台湾に向けていつでも発射できる状態だという。考えてみれば,近衛内閣の時代も,近衛さんが対中国で弱腰を見せると,軍部ばかりでなく国民も近衛内閣の弱腰を非難するので,強硬手段を執らざるを得なかった。米国と中国が両方ともその様な状態では,今は良いとしても,これから長い将来,何が起こるか分からない,という感じがする。

ブルンバーグによると,中国の政府系ファンドCICは,運用規模3,000億ドル,約27兆円相当,と言われているが,新たに今月2月14日の春節(旧正月)前に,少なくとも2500億ドルの追加資金を取得する可能性があると言う。50兆円近くになるわけで,将来の米中関係を睨んで,ますます資源獲得,と言うよりは問題国家の買収に走るだろう。朝日新聞を見ていると,スリランカの大統領も,ミャンマーやイランの方向に近づいているという。

中国としても,イラン,スリランカ,ミャンマーの問題国家群を取り込んでおけば,資源問題についてはまず緊急時の手はずは整う,と見ているのではないか。今揺れ動いているのはパキスタンで,米国も一生懸命パキスタンへの支援,特にエネルギー開発への支援を拡大しているが,パキスタンは完全に中国と米国を競わせている。パキスタン,イラン,スリランカ,ミャンマーと来れば,まさにエネルギー的には,インド包囲網だ。

そのインドは,大規模な構想を打ち上げながら,電力不足を解消するには,それこそ半世紀を必要としそうだ。10指に上る4,000MWクラスの大規模石炭火力開発計画UMPP,北辺の水力開発,米国などの協力を必要とする原子力発電開発,いずれをとっても,難しいプロジェクトばかりだ。石炭火力ばかりでなく,天然ガスが出始めたのだから,天然ガス火力の開発を大規模化せよ,というのが今日の記事である。

インドの大規模火力電源開発計画UMPPは,意欲的な構想として,インドの恒久的な供給力不足の救世主として華々しくスタートしたが,規模が大きく,世界金融危機にも見舞われて,その資金調達が懸念されている。一カ所4,000MW,インド全土で既に9地点が設定されているが,今のところ4地点の契約が終了し,リライアンス電力が3地点を占めていている状況である。

インドは,水力の包蔵は,148,700MWもあるが,これらの水力資源を開発するのは,深刻な地質的及び技術的な問題が横たわる。多くの水力プロジェクトが,水文や地質の不確定性に悩ませられている。インドは今のところ,その包蔵の20%を開発したに留まっている。これに対して,最近の国内産天然ガスの開発が進み,リライアンス(注11)は,新たに日8,000万立方m(注10)が供給可能になっている。

それから,これから関心を持って見ていきたいのは,フィリッピンの中小水力の開発気運ですね。今日の記事でも,雨後の竹の子のように出てきた中小の水力開発企業が,エネルギー省に押しかけて,100にも上るプロポーサルが,エネルギー省の机上に積み上がっているという。それと,インドネシアのチソカン揚水を先頭にした90余の第2次クラッシュ・プログラムの進捗だ。誰か近くに人は,しっかりと情報を掴んで欲しい。


Today's subject

●100202E India, financialexpress
インドの大規模火力開発計画UMPPをガス火力に拡大へ
Time to think of gas-based UMPPs
http://my.reset.jp/adachihayao/index100202E.htm

http://www.financialexpress.com/news/Time-to-think-of-gas-based-UMPPs/573723/


Other world energy news today

○100202A Uganda, newvision
ウガンダの250MWブジャガリ水力は地質問題で遅れそう
Bujagali commissioning date moved forward
http://www.newvision.co.ug/D/8/220/708623
○100202B Philippines, Manila Bulletin
フィリッピンのエネルギー省は今日にも更に100の再生可能プロジェクト承認
DoE to award more contracts
http://business.inquirer.net/money/topstories/view/20100131-250580/DoE-to-award-more-contracts
○100202C Myanmar, globalpost
ミャンマーのカチン州でのダム建設で多くの水没移住
Proposed dam to flood Burma, while powering China
http://www.globalpost.com/dispatch/global-green/100127/burma-dam
○100202D Laos, earthtimes
ラオスの180MWホンサ・リグナイト石炭火力の着工は11月
Work to start in November on Laos' largest power plant
http://www.earthtimes.org/articles/show/306877,work-to-start-in-november-on-laos-largest-power-plant.html
○100202F Indonesia, The Jakarta Post
インドネシアのセプ,スロノ,タングの油田投資は当初の倍に
Investment for Cepu, Senoro, Tangguh more than doubles
http://www.thejakartapost.com/news/2010/02/01/investment-cepu-senoro-tangguh-more-doubles.html


Japanese energy news today

○太陽光発電1000万世帯に 政府、温暖化ガス削減へ行程表
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20100202ATFS0102901022010.html
○三菱商事、バイオマス燃料の供給拡大 米木材大手と提携
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20100202ATDD010A601022010.html
○日経社説 新たな波紋生む中国の軍拡
http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/20100201ASDK0100501022010.html
○中国CIC、2500億ドルの追加資金を今月取得も−投信調査会社Zベン
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920010&sid=adPLVN33dZ8o


Main contents

●インドの大規模火力開発計画UMPPをガス火力に拡大へ

The government’s ultra mega power project (UMPP) scheme has proved a big hit among investors. However, this effort alone would not go far enough in meeting the country’s growing power shortage. With natural gas availability from domestic sources improving significantly in recent years, the government needs to think of a gas-based UMPP scheme if it is to effectively deal with the country’s power problems.

インドはとにかく,増え続ける電力のピーク需要を追っかけるのに,四苦八苦している。電力計画のアプローチが全く我々と違うのである。需要に如何に合わせて開発するか,ではなくて,開発できるだけ開発する,という以外にはない。この記事にもあるとおり,再生可能エネルギーに手を回している暇がない,とも言える。具体性に乏しい記事だが,インド政府が今議論している最先端の問題だろう。

現在,インド政府が主導する大規模火力開発計画UMPP(注5)は,確かに投資企業の関心を集めている。しかし,このUMPP(注5)だけでは,どうも成長する電力需要を賄えそうにない。最近数年間の天然ガスの国内生産を考えると,もし効果的に電力需給問題に対応できるなら,天然ガス火力による大規模計画,UMPP(注6)を考慮すべきではないか。

どの様な場合でも,海岸に位置する輸入石炭による石炭火力に比べても,需要地に近いガス火力は,経済的に十分比較できるのではないか。インドはどの五カ年計画(注7)をとっても,発電力の開発目標で,常に大きな不足を生じてきた。このことを考えて政府は,石炭火力による大規模電源開発計画UMPP(注5)を進めてきて,既に4プロジェクトが入札完了し,他のプロジェクトも軌道に乗っている。

政府はまた,太陽光,風力,バイオマスなどの再生可能エネルギーや,原子力発電の開発を通じて,電力不足を克服しようとしている。しかしこれらの電源は,資本費が高いために,化石燃料による発電に比べて,非常の高価である。だから政府は,大変な補助金の支出を行うことになるし,それよりも何よりも,これらの電源では,ピーク需要を充足できない。経済性を除いて考えても,インドの需給のギャップを埋めるには,ほど遠い。

インドの電力需要は,公式な想定よりも大きく伸びている。世界的なコンサルタント,マッキンゼイ(注8)によれば,もし8%で経済が伸びてゆくと,2017年には電力需要は,315,000〜335,000MWに達し,この値は,計画委員会(注9)の想定よりも,100,000MW高くなる。マッキンゼイ(注8)は,このピーク需要に対応するためには,どうしても,水力とガス焚きの発電が必要だ,と言っている。

インドは,水力の包蔵は,148,700MWもあるが,これらの水力資源を開発するのは,深刻な地質的及び技術的な問題が横たわる。多くの水力プロジェクトが,水文や地質の不確定性に悩ませられている。インドは今のところ,その包蔵の20%を開発したに留まっている。これに対して,最近の国内産天然ガスの開発が進み,リライアンス(注11)は,新たに日8,000万立方m(注10)が供給可能になっている。

(注)E (1) 100202E India, financialexpress,(2) title: Time to think of gas-based UMPPs,(3) http://www.financialexpress.com/news/Time-to-think-of-gas-based-UMPPs/573723/,(4) Noor Mohammad,Posted: Monday, Feb 01, 2010 at 2156 hrs IST,(5) ultra mega power project (UMPP),(6) gas-based UMPP scheme,(7) Five Year Plan,(8) Global consultancy firm McKinsey,(9) Planning Commission,(10) 80 million standard cubic meter per day (mmscmd),(11) Reliance Industries,(12)

今日の参考資料

●100202E India, financialexpress
インドの大規模火力開発計画UMPPをガス火力に拡大へ
Time to think of gas-based UMPPs
http://my.reset.jp/adachihayao/index100202E.htm

http://www.financialexpress.com/news/Time-to-think-of-gas-based-UMPPs/573723/

最近の参考資料

●100118C India, Economic Times
インドの大規模石炭火力UMPPは一企業に3プロジェクトまで
UMPPs to single co capped at 3
http://my.reset.jp/adachihayao/index100118C.htm
●100111E India, Economic Times
インドの電力フォーラムで電力大臣が電源開発遅れの対策に言及
UPA to meet power target
http://my.reset.jp/adachihayao/index100111E.htm
●091231B India, Economic Times
インドのONGCが東北部のトリプール州で大規模なガス埋蔵を発見
ONGC strikes new natural gas field in Tripura
http://my.reset.jp/adachihayao/index091231B.htm
●091207D India, uk.reuters
インドでの石炭は環境は問題でも経済成長の原動力である
Coal throbs at the heart of India growth engine
http://my.reset.jp/adachihayao/index091207D.htm
●091126G India, steelguru
インドの石炭不足は深刻で2012年には8,000万トンの輸入が必要
Acute coal shortage to push up import
http://my.reset.jp/adachihayao/index091126G.htm
●091110D India, steelguru
インドの電力セクターについて将来8〜9年で2,500億ドル必要
USD 250 billion investments needed in power sector - Study
http://my.reset.jp/adachihayao/index091110D.htm
●091101F India, energytribune
インドの石炭火力開発UMPPなどは今後民間企業が大きな役割を果たす
India Opening Power Sector to Private Investment, Coal Still the Fuel of Choice
http://my.reset.jp/adachihayao/index091101F.htm
●091022C India, business-standard
インドの大規模火力開発UMPPで2010年初頭までに4地点審査
Request for qualification for UMPPs likely by Jan '10
http://my.reset.jp/adachihayao/index091022C.htm


2010年2月1日 ー ベトナムの石炭火力に三菱など参入 ー

最近の台湾やグーグルのニュースを見ていると,中国が目指す,真珠の首飾り作戦,も分かるような気がする。現実の戦争までも想像しなくても,アメリカの空母がマラッカ海峡に居座る,というような事態は容易に想像できる。ミャンマーのパイプラインを通してでも石油を送らなければ,中国国内の車が動けなくなる。沖縄に居座る米軍の比重が,何となく重くなったような気がするのは,私だけか。

地球が冷えてきた,と言うので温暖化抑制の急先鋒達も,何となく静かになったような気がする。地球温暖化には,炭酸ガスよりも水蒸気の影響の方が大きい,と言うことは,以前から言われていた。何か大きな器の中で小さな泡を論じているような温暖化論議ではなかろうか。温暖化抑制だけを根拠にして再生可能エネルギーや原子力を論ずるのではなく,エネルギー資源の問題として考えておいた方がよいのではなかろうか。

再生可能エネルギー開発に向かって邁進しているのがフィリッピンである。今日の記事でも,更に100件の再生可能エネルギープロジェクトを認可する方向にある。その中には多くの20〜30MW程度の小水力が含まれている。いずれも図上で計画されたもので,申請書だけ出した,というものが殆どだと思うが,しかしこれを契機に,フィリッピンの落ち穂拾いが行われるのは,悪いことではない。

インドネシアでも,第2次クラッシュプログラムの94プロジェクトが発表されたようだ。この中にも地熱と水力が含まれていて,第1次よりは再生可能エネルギーが多い,というのが謳い文句だ。今日の記事でもトップに上がっているのはチソカン揚水である。ジャワバリ系統の日需要曲線が比較的フラットで,日ピークも夕方の7時,というのが気になるところではある。

ベトナムの電力に於ける外国企業は,いずれも苦戦を強いられている。それは唯一つ,電力料金が低く抑えられている中での,電力の引き取り手のEVNとの交渉が難航することである。2010年こそはこの壁を打ち破って海外企業が活躍することに,ベトナム政府は期待をしている。また,兼ねて言われてきたように,石炭の輸入が始まるのも間近,従って南部にも大規模な石炭火力が計画されている。

韓国企業タエクワン(注5)とベトナム企業ハシンコ(注6)は,ベトナム政府の正式な認可後,ナムディンのハイハウ地区(注12)の251ヘクタールの敷地に,2021年までに総額45億ドルを投資する。韓国企業タエクワン(注5)が95%の資本を持つが,全体が完成した段階では,年間10億ドルを売り上げる計画である。ナムディン工業団地(注13)は,ナムディン県最大の石炭火力である,と語っている。

一方,香港籍CLP(注7),三菱商事(注8),ベトナム企業PCV(注10),EVN(注9)は,2015年の運転開始を目指して,ビントウアン県(注)のビンタン第3発電所(注15)に投資する。1,200MWビンタン第1発電所(注17)は,南方電網などの中国企業(注18)とビナコミン(注19)の合弁で開発され,1,200MWビンタン第2発電所(注20)は,EVN(注9)により現在工事中である。


Today's subject

●100201A Vietnam, english.vietnamnet
ベトナムの石炭火力で三菱商事や韓国など外国企業が活躍
Foreign hands trusted for power plans power projects on the headlines
http://my.reset.jp/adachihayao/index100201A.htm

http://english.vietnamnet.vn/biz/201001/Foreign-hands-trusted-for-power-plans-power-projects-on-the-headlines-892329/


Other world energy news today

○100201B Philippines, Manila Bulletin
フィリッピンのスアル石炭火力でサンミゲールが石炭供給確約
Sual IPPA pledges no more outages as imported coal deliveries assured
http://www.mb.com.ph/articles/240850/sual-ippa-pledges-no-more-outages-imported-coal-deliveries-assured
○100201C Nepal, myrepublica
ネパールの880MWタマコシ第3水力で世界銀行の投資を要請
World Bank invited to invest in Tamakoshi III
http://www.myrepublica.com/portal/index.php?action=news_details&news_id=14661
○100201D Nepal, ekantipur
ネパールでインド企業が進める300MWアッパーカルナリで毛派が脅威
UPPER KARNALI HYDROPOWER PROJECT
http://www.ekantipur.com/the-kathmandu-post/2010/01/30/top-stories/UPPER-KARNALI-HYDROPOWER-PROJECT/4581/
○100201E Indonesia, The Jakarta Post
インドネシア政府が第2次クラッシュプログラムの93地点を公表
Indonesia to construct 93 power plants in 2nd project
http://www.thejakartapost.com/news/2010/01/30/indonesia-construct-93-power-plants-2nd-project.html


Japanese energy news today

○イラク、10油田開発で契約完了 生産能力4倍超に
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20100201ATGM0100601022010.html
○日経社説 低炭素化へ電力の供給体制を見直そう
http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/index20100131ASDK2800D30012010.html
○四川省でM5.2の地震、死傷者情報も 中国
http://www.cnn.co.jp/science/CNN201001310009.html
○三菱重工、大型案件受注へ中国に地域統括会社
http://www.chemicaldaily.co.jp/news/201002/01/03301_2121.html
○関西電力 蓄電池を用いた太陽光に対応する需給制御システムの研究開始へ
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0201&f=business_0201_047.shtml


Main contents

●ベトナムの石炭火力で三菱商事や韓国など外国企業が活躍

Foreign investors have gained the Vietnamese government’s growing trust to undertake power projects. The government this month gave in-principle approval for South Korea’s Taekwang Vina, in partnership with Vietnam’s Hashinco, to build a 2,400 megawatt coal-fired plant in the north and a consortium of CLP Holdings of Hong Kong, Mitsubishi Corporation, Electricity of Vietnam (EVN) and ....

ベトナムの電力に於ける外国企業は,いずれも苦戦を強いられている。それは唯一つ,電力料金が低く抑えられている中での,電力の引き取り手のEVNとの交渉が難航することである。2010年こそはこの壁を打ち破って海外企業が活躍することに,ベトナム政府は期待をしている。また,兼ねて言われてきたように,石炭の輸入が始まるのも間近,従って南部にも大規模な石炭火力が計画されている。

ベトナム政府は,今月,2010年1月,2つの外国企業による大規模プロジェクトを認可した。一つは,韓国企業タエクワン(注5)とベトナム企業ハシンコ(注6)によるベトナム北部の2,400MW石炭火力プロジェクトであり,もう一つは,香港籍CLP(注7),三菱商事(注8)がベトナム企業PCV(注10)と組む,ベトナム南部の2,000MW石炭火力である。いずれも大規模で,BOT方式(注11)で行われる。

韓国企業タエクワン(注5)とベトナム企業ハシンコ(注6)は,ベトナム政府の正式な認可後,ナムディンのハイハウ地区(注12)の251ヘクタールの敷地に,2021年までに総額45億ドルを投資する。韓国企業タエクワン(注5)が95%の資本を持つが,全体が完成した段階では,年間10億ドルを売り上げる計画である。ナムディン工業団地(注13)は,ナムディン県最大の石炭火力である,と語っている。

一方,香港籍CLP(注7),三菱商事(注8),ベトナム企業PCV(注10),EVN(注9)は,2015年の運転開始を目指して,ビントウアン県(注)のビンタン第3発電所(注15)に投資する。1,200MWビンタン第1発電所(注17)は,南方電網などの中国企業(注18)とビナコミン(注19)の合弁で開発され,1,200MWビンタン第2発電所(注20)は,EVN(注9)により現在工事中である。

2010年になって,計画投資省(注21)によるライセンスと外国投資プロジェクトの改善が行われて,外国資本に関心が高まった,と言われている。今まで外国投資による発電所は,フーミー2.2,フーミー3(注22)の2つだけで,2001年以来,外国投資が成功したものはない。外国投資家にとって,ベトナムに於ける売電単価の交渉は至難の業,と考えられている。

例えば,ベトナム北部のクワンニン県(注25)の1,200MWモンドウオン第2石炭火力プロジェクト(注24)では,ビナコミン(注19)と組んだ米国のAES(注23)が,EVN(注9)との買電交渉で3年を費やしている。このBOTプロジェクトの事業費は14億ドルである。現在,売電単価について首相府の承認を待って,計画投資省MPI(注13)のライセンスが降りることになっている。

このモンドウオン第2石炭火力プロジェクト(注24)は,外国投資のモデルになるものと期待されている。現在,マレーシア企業(注26)が,北部のハイドウオン県で1200MWの石炭火力,南部のチャビン県で,1200MWヂュエンハイ第2石炭火力(注28)を交渉中である。私は,発電原価と電気料金のギャップが問題なので,それを根本的に解決せずに,どの様に外国投資を進めるのか,関心を持っている。

(注)A (1) 100201A Vietnam, english.vietnamnet,(2) title: Foreign hands trusted for power plans power projects on the headlines,(3) http://english.vietnamnet.vn/biz/201001/Foreign-hands-trusted-for-power-plans-power-projects-on-the-headlines-892329/,(4) 15:15' 30/01/2010 (GMT+7) ,VietNamNet Bridge,(5) Taekwang Vina,(6) Hashinco,(7) CLP Holdings of Hong Kong,(8) Mitsubishi Corporation,(9) Electricity of Vietnam (EVN),(10) Pacific Corporation of Vietnam,(11) build-operate-transfer (BOT),(12) Nam Dinh’s Hai Hau district,(13) Nguyen Xuan Tuyen, director of Nam Dinh Industrial Parks Management Authority,(14) 2,400MW Nam Dinh coal-fired power plant,(15) 2,000MW Vinh Tan 3 power plant in Binh Thuan province,(16) 4,400MW Vinh Tan power complex,(17) 1,200MW Vinh Tan 1,(18) China Southern Power Grid Company and China Power International Holding Company,(19) Vietnam National Coal and Mineral Industries Group (Vinacomin),(20) 1,200MW Vinh Tan 2,(21) Ministry of Planning and Investment’s (MPI) Foreign Investment Agency,(22) Phu My 2.2 and Phu My 3 plants,(23) AES,(24) 1,200MW Mong Duong 2 coal-fired power plant,(25) Quang Ninh province,(26) Malaysian Jaks Resources,(27) 1,200MW coal-fired power plant in northern Hai Duong province,(28) Malaysian Janakuasa for its 1,200MW Duyen Hai 2 in southern Tra Vinh province,(29) 18-year-old Nguyen Thi Thoa joins her family in retrieving salt in Hai Hau District, Nam Dinh Province. ,photo source: http://vietnam.vnanet.vn/Internet/DesktopModules/BaoAnh/Print/Print.aspx?ID_Cat=43&ID_NEWS=22083&language=en-US&number=6&year=2009,(30) Vinh Tan Power Complex in Vinh Tan Commune, Tuy Phong District in the central coastal province of Binh Thuan.,(31)


今日の参考資料

●100201A Vietnam, english.vietnamnet
ベトナムの石炭火力で三菱商事や韓国など外国企業が活躍
Foreign hands trusted for power plans power projects on the headlines
http://my.reset.jp/adachihayao/index100201A.htm

http://english.vietnamnet.vn/biz/201001/Foreign-hands-trusted-for-power-plans-power-projects-on-the-headlines-892329/

最近の関連資料

○100119C Vietnam, foxbusiness
ベトナムのEVNが2010年の売電量目標は1388%増の851億KWh
Vietnam Electricity Group Targets Output Of 85.14 Billion KWh In 2010
http://www.foxbusiness.com/story/markets/industries/utilities/vietnam-electricity-group-targets-output--billion-kwh/
○100114A Vietnam, thanhniennews
ベトナムの電力セクター競争のため石炭企業が電力に参入
New power firm to make sector more competitive
http://www.thanhniennews.com/business/?catid=2&newsid=54632
○100114B Vietnam, english.vietnamnet
ベトナムのEVNが電気料金改定で最高14%から最低6%の値上げ案を提案
EVN proposes four options for electricity price increases
http://english.vietnamnet.vn/biz/201001/EVN-proposes-four-options-for-electricity-price-increases-889171/
○100112A Vietnam, english.vietnamnet
ベトナムのAESのモンドウオン2石炭火力など外国投資を推進
Energy projects to power up FDI figures
http://english.vietnamnet.vn/biz/201001/Energy-projects-to-power-up-FDI-figures-888809/
○100112B Vietnam, english.vovnews
ベトナムの石炭グループが発電分野で2025年までに20%
Coal group launches electricity firm
http://english.vovnews.vn/Home/Coal-group-launches-electricity-firm/20101/111612.vov
○100104A Vietnam, steelguru
ベトナムの電力の伸びで石炭輸入は2012年には開始する必要
Vietnam may need to start importing coal as early as 2012
http://steelguru.com/news/index/MTI3MjU3/Vietnam_may_need_to_start_importing_coal_as_early_as_2012.html




アジアのエネルギー最前線 0902