2010年3月31日更新
[ HOME ] | サイトマップ |


2010年2月2020年1月2009年12月2009年11月2009年10月2009年9月 2009年8月 2009年7月 200年6月 2009年5月 2009年4月 2009年3月 2009年2月 2009年1月 2008年12月 2008年11月 2008年10月 2008年9月 2008年8月 2008年7月 2008年6月 2008年5月 2008年4月 2008年3月 2008年2月 2008年1月 2007年12月分2007年11月分2007年10月分



2010年3月31日 ー パキスタンの原発は米拒絶で中国受け入れ ー

米国のアジアへの積極的な介入が目立つ中,ベトナムの原子力開発への協力で協定が結ばれた。安全と核不拡散をテーマにしている。ベトナムはどうなっているのですかね,先日,ロシアとの間で第1期の協力が成立したが,ベトナムは,ロシアの他,フランス,中国,韓国,インド,アルジェンティンとも原子力開発で協力協定を結んでいる,ベトナムとの原子力協定がないのは日本だけではないか。

米国のパキスタンへの積極的な介入で,エネルギーなど大規模な協力が進んでいるが,パキスタンのザルダリ大統領は,米国の代表に向かって,インドと同じような原子力平和利用協定を結んでくれるよう要請したが,米国側はこれを拒絶した,米国はインドの原子力は認めることにしたが,パキスタンの原爆は認めない,従って原子力発電所も協力しない,ベトナムは原爆を持っていないから発電所に協力する,という理由付けだ。

筋が通っているのか通っていないのか,よく分からないが,パキスタンとしては,ここまで米国がテロ問題でパキスタンにすり寄っているのだから原子力も,と言う気持ちだったのだろう。拒絶した米国とは間もなく閣僚レベルの会合が持たれるが,パキスタンはこの会合を待たずに,中国と非常に具体的な協定を結んで,2機640MWの資金と技術提供を合意した。遠く離れたパキスタンで,米中が火花を飛ばしている。


ベトナムは米国と原子力開発協力で合意,特に安全と核不拡散を主題とし,米国企業GEやWHのベトナム原子力への参入可能とする基本協定である。ベトナムは既に,ロシア,フランス,中国,韓国,インド,アルジェンティンなどと基本協定を交わし,ロシアの1号機は2014年にも着工,http://bit.ly/cX2jil

パキスタンは中国との間の原子力開発協力を批准,チャシュマ原子力発電所の3号機,4号機,計640MWの資金と技術を中国が提供する。この協定が結ばれたのは,米国との閣僚レベル対話で,インドと同様の協定を要請して,米国が拒絶した直後であった。http://bit.ly/aUcrc4

パキスタンはインダス河上流のインドの水力プロジェクト,キシャンガンガとバギリハールについて,この3日間,インダス水条約を基本に,インド側調査団と議論を重ねたが,インド側は条約違反はない,と繰り返すばかり,再度5月の会議で続けると,http://bit.ly/aJspF7

パキスタンのインダス上流,969MW,21億ドルのニールム-ジェルム水力は,いよいよ本格着工で,ダムサイト,発電所,導水路トンネルなど各所で工事を開始した。資金調達は完了しているという。完成後の発電量は,年間51.5億KWh,http://bit.ly/bN8llq

ブラジル,インフラ整備,48兆円投資 11〜14年、大統領発表 5.5%成長めざす,14年までの投資額のうち、全体の5割近い4655億レアルは、エネルギー分野に充てる。国営石油会社ペトロブラスによる深海油田開発や、能力不足が指摘される送電網などへの投資を計画する。http://bit.ly/aIUwGI

インドネシアのMEDCOはリビヤの原油ガス探査に2014年までに17億ドル投資。またスラウエシのドンギースノロLNGプロジェクトは国内供給優先が政府の方針だが,まだMEDCOは諦めていない,他に北スマトラの330MW地熱開発も推進している。http://bit.ly/9a4P9I

メコン河は誰のものか?最近の極端なメコン河の水位低下で生活もままならないメコン沿岸,特にタイ北部で監視を続けるグループの訴えで長文,近年のダム水位の低下は,明らかに上流,中国のダム建設の影響と,http://bit.ly/cpdCJg

エチオピアのギベ第3水力プロジェクト,ナイル河の上流,高さ243mのRCCダム,出力1,870MWの大規模プロジェクトが工事中,環境グループの訴えに対して工事を行っているイタリア企業が,アフリカの発展のためには欠かせないと反論,http://nyti.ms/aewgGY

カンボジアの南西部,タイとの国境に近いココン地区で計画されている2つの水力プロジェクトが,中国企業により着工,首都で記念式典,246MWのニュータタイ水力と338MWのラッセイチュルム水力,2014年に発電開始の予定,http://bit.ly/cBOd3Q

国際協力銀、ブラジルの深海油田支援 460億円協調融資,開発段階からブラジルの深海油田事業を支援することでエネルギー調達の多様化を進め、日本企業の商機を拡大する狙いがある。三菱東京UFJ銀行も参加。融資先は三井物産とペトロブラスの折半出資の合弁会社,http://bit.ly/cr6DYj

トルコの海峡トンネル接合,大成建設が施工,ボスポラス海峡を横断する地下鉄トンネル工事で、東側の陸地と海底トンネル部分がこのほどつながった。施工した大成建設が30日、現場を初公開した。トンネルの全長は海底部分約1.4キロメートルを含む約13.6キロメートル,http://bit.ly/9Ef0Ci

豪州の資源に大型投資 内外企業、新興国需要見込み,5年後には液化天然ガス(LNG)の輸出量が現在より約6割増、燃料用石炭(一般炭)やウラン、鉄鉱石の輸出も4割程度伸びる見込み。中国に加え、インド向けに鉄鋼原料用石炭(原料炭)や鉄鉱石の輸出が増加、http://bit.ly/bo1NaW

中国の電力需要は年率10%伸長するも、電力業界は赤字に転落,3月28日に閉幕した「2010年経済情勢・電力発展情勢分析予測会議」の席上、中電聯の王志軒秘書長は、「中国経済が新たな成長周期に入り、中国の電力消費は12年までに年率10%前後伸びる」と http://bit.ly/9lEvTH


Other world energy news today

○100330B01 Brazil,nikkei.com
インフラ整備、ブラジルは48兆円投資 11〜14年、大統領発表 5.5%成長めざす
http://bit.ly/aIUwGI
ブラジルのルラ大統領は29日、2011〜14年に道路や鉄道、住宅などのインフラ整備に9589億レアル(約48兆8700億円)を投じる計画を発表した。大規模な投資で国民生活の基盤を整え、中長期的な安定成長を目指す。アジアでも中国やインド、東南アジア諸国連合(ASEAN)などが18兆円規模

○100330C Vietnam, google.com/hostednews
ベトナムは原子力開発で米国とも協力協定署名
US and Vietnam sign nuclear energy agreement
http://bit.ly/cX2jil
The United States and Vietnam signed an agreement Tuesday that may pave the way for U.S. firms to help build nuclear plants in the Southeast Asian country as it strives to meet booming energy demand. The new agreement addresses nuclear safety and nonproliferation concerns and is

○100330D Indonesia, uk.reuters.com
インドネシアのMEDCOはまだドンギ-スノロLNGを諦めていない
Indonesia Medco says plans $1.7 bln energy investment
http://bit.ly/9a4P9I
Indonesia's energy firm PT Medco Energi International Tbk (MEDC.JK) plans to invest $1.7 billion between 2010-2014 in several major projects, including oil development in Libya, a company offical said. Medco Energi's area 47 oil project in Libya is expected to produce between

○100331A Pakistan, thenews.com.pk
パキスタンとインドのインダスの水力開発の話し合いは決裂
Pak-India talks on hydro projects fail
http://bit.ly/aJspF7
After the failure of the Permanent Indus Waters Commissions of India and Pakistan to bridge differences over two projects on the Chenab and Jhelum rivers, the commissions also failed to make progress on controversial hydropower projects being built by India on the Indus River.

○100331B Mekong, bangkokpost.com
メコン河の最近の極端な水位低下に悩むタイ北部の住民
For whom the mighty Mekong flows
http://bit.ly/cpdCJg
Since the end of last year, Jeerasak Intayos, a 38-year-old villager from Chiang Khong district of Chiang Rai, has seen the Mekong River's level drop dramatically. Mr Jeerasak works with the Chiang Khong Conservation Group that has monitored the Mekong and its development for over

○100331C Ethiopia, greeninc.blogs.nytimes.com
エチオピアの1870MWギベ第3水力で環境団体へ反論
Developer Defends Ethiopian Hydro Project
http://nyti.ms/aewgGY
Responding to complaints about the Gibe III hydroelectric dam project in Ethiopia, Salini Costruttori, the Italian hydropower developer behind the project, issued a statement late last week arguing that the project’s critics are opposed to Africa’s development. “The campaign against the

○100331D Cambodia, businessweek.com
カンボジア西南部のココンで中国企業が2つの水力着工
Work begins on Cambodian hydropower project
http://bit.ly/cBOd3Q
A Chinese company has begun construction of one of several hydroelectric dam projects planned to reduce electricity shortages in Cambodia that environmentalists warn could do more harm than good, an official said Tuesday. The China National Heavy Machinery Corp. will build the

○100331E Pakistan, nation.com.pk
パキスタン969MWのニールム-ジェルム水力が本格着工
Construction work on Neelum-Jhelum power project in full swing
http://bit.ly/bN8llq
Construction work on all the three sites of 969 MW Neelum-Jhelum Hydroelectric Project including intake, power house, drilling of the adit and head-race tunnels was in full swing. This was told in a meeting presided over by WAPDA Chairman Shakil Durrani at WAPDA House here Tuesday. The meeting was also attended by Member (Water) Syed Raghib Abbas Shah, Member (Power) Fazal Ahmed Khan, Member (Finance) Chaudhry

●100331F Pakistan, indianexpress.com
パキスタンは対米対話に先駆けて中国との間で原子力協力協定
'Pak signed N-deal with China ahead of talks with US'
http://bit.ly/aUcrc4
Pakistan has reportedly entered into a civil nuclear deal with China for setting up two nuclear power stations of 640 megawatts in Chashma. According to sources, the deal under which Beijing would be providing Islamabad financial and technical assistance for the project, was finalised


Japanese energy news today

○国際協力銀、ブラジルの深海油田支援 460億円協調融資
http://bit.ly/cr6DYj
○トルコの海峡トンネル接合 大成建設が施工
http://bit.ly/9Ef0Ci
○豪州の資源に大型投資 内外企業、新興国需要見込み
http://bit.ly/bo1NaW
○中国の電力需要は年率10%伸長するも、電力業界は赤字に転落
http://bit.ly/9lEvTH


2010年3月30日 ー アジアに再びインフラ投資の波が寄せる ー

1997年に襲った波,インフラ投資の波,それは明らかに日本と東南アジアの波であった。日本は東南アジアの経済発展に責任を持っていた,だから,日本の円借款だけではとても東南アジアの発展は支えられない,民間資金も東南アジアの建設に協力すべき,と当時の通産省が旗を振り,電力企業などを海外に進出させる切っ掛けとなった。中国も,インドも,まだ海外進出の力はなかった。

今朝の日経新聞のトップ記事,「東アジアサミットが計画する包括的な広域インフラ整備」,は1997年の規模とは全く違うし,範囲も違うし,関係国も,東アジアと言いながら,インドまでも包括する,まさに様変わりである。ASEAN,中国,インドを巻き込んで,プロジェクト数は交通,通信など650件で,全体の事業費は2,000億ドル(約18兆円)を見込むと言う。10月のハノイ首脳会議で正式決定するという。

優先的に進めるプロジェクトは,中国南西部とベトナム北部を結ぶ高速道路(10億ドル),インド東部の港湾拡張(13億ドル),タイとカンボジア間の橋梁設置(9,000万ドル),ベトナム南部の新国際空港(50億ドル),インドネシアの港湾拡張(21億ドル)と言う。日経によると,「製造業の東アジアでの国際分業体制の構築を後押しすることなどが狙い」,という。

また別の記事で,「華南の経済圏と言うことになると当然と触れざるを得ないのが,中国が設立に向けて交渉した最初の自由貿易地域であり,ASEANが全体として交渉を進めた最初の自由貿易地域でもある中国ASEAN自由貿易地域についてである。」,として,中国主導のアジアインフラ開発も話題となっている。中国のアジアへのアプローチに日本の資本が利用されているのではないか,という見方を述べている。複雑。


東アジア,18兆円で基盤整備 ASEANを核に、交通・通信など,東アジア首脳会議(サミット)のメンバー16カ国が取り組む「アジア総合開発計画」の最終案,道路や港湾のほか、発電所、工業団地、物流拠点、通信網、資源・エネルギー開発などにも順次、協力対象を広げる。http://bit.ly/9P9NVB

東南アジア・北朝鮮への中国のアプローチと利用される日本の資本, 写真を交えた長文の記事で,汎メコン経済圏構想を利用しての道路やダム建設を通じてアジア開発銀行がラオス,カンボジア,ミャンマーに一定の役割を果たしているが,この日本の基金が中国の進出を支えていると,http://bit.ly/dxRaNk

パキスタンは,インダス河上流のシェナブ川で急激に流量が落ちているのは,上流でインドが建設したバギルハールダムの影響だと抗議,昨年は7maf(百万エーカーフィート)の減と,他の河川では正常である,これから見て,インドのダムの影響に間違いないと。http://my.reset.jp/adachihayao/index100328A.htm

パキスタンへの米国のエネルギー支援,パキスタンの望む原子力開発協力はワシントンは今すぐ対応する気はない,しかし,供給力不足に悩む現実を救うために,3つの火力発電所,グドウ,ジャムショロ,ムザファルガールを修復拡張して315MWを40万人に供給支援する。http://bit.ly/9W4Ofh

スーダン,内戦終結への努力が進んでいるが,南部の独立で2011年1月に国民投票が行われる,現在のハルツームの政府が契約した原油ガス生産契約が見直される恐れあり,特に,激しく争っている中国のCNPC,マレーシアのペトロナス,インドのONGCが関心,http://bit.ly/cvwRvZ

岡田外相,アフリカ訪問へ,5月の連休に資源外交,5月1日前後に南アフリカを訪れて外相会談を開くほか、2〜3日にタンザニアでアフリカ開発会議(TICAD)閣僚級フォローアップ会合に出席する。TICADは1993年に日本が主導して設置,http://bit.ly/df4GQM

中国「国家プロジェクト」炭鉱で出水事故,153人が脱出できず,中国山西省運城市に属す県級河津市内の炭鉱で28日午後1時40分ごろ、出水事故が起こった。事故当時、坑内には作業員ら261人がいた。108人は脱出したが、153人が閉じ込められた。http://bit.ly/aBTLRQ

ミャンマーに反軍政新党、幹部に元首相の娘,「ミャンマー民主党」,新党の幹部には、1948年の独立後の初代首相ウ・ヌー氏の娘や、2代首相バ・スエ氏の娘が名を連ねており、反軍系政党の一翼として今後の動向が注目される。http://bit.ly/bBOy5h

東芝,グループ会社のウェスチングハウス社が英国で原子力燃料事業を獲得,現在当社が権益を保有するカザフスタンのウランの活用など、東芝グループとして更なるシナジーの創出を図ります。英国を始めとする欧州での原子力プラント新設需要にも対応出来る体制を整備,http://bit.ly/aU20CH

フィリッピンのエネルギー省によると,再生可能エネルギー案件で確認されたものの総出力は6,274MWに達しているが,資金調達などまだ不確定要素があり,海外の支援が必要。水力が最も多く141件で2,670MW,続いて地熱で2,388MW,風力が1000MWである。http://my.reset.jp/adachihayao/index100329D.htm


Other world energy news today

●100328A Pakistan, thenews.com.pk
パキスタンはシェナブ川の流量減はインドのダムのせいと
Chenab shrinks further as India diverts water
http://my.reset.jp/adachihayao/index100328A.htm
In an alarming situation, the Chenab water influx has dropped by 7 million acre feet (maf) in the last three years following India’s Baglihar Dam construction and its huge water use. “The Chenab water inflows plunged from 21 maf to 14 maf in three years and the same situation is

○100329A Pakistan, thenews.com.pk
パキスタンへの米国支援は3つの火力発電所315MW修復拡張
US to restore 3 powerhouses to add 315 MW to grid
http://bit.ly/9W4Ofh
A US civil nuclear energy deal for Pakistan may be several years away, for the time being Washington realises that Pakistan痴 chronic, severe electricity shortages have created an energy crisis that threatens the country痴 political and economic stability. 典he US Mission to Pakistan is

○100329B Sudan, oilvoice.com
スーダン南部の来年の国民投票で原油ガスの権益が見直される可能性
Southern Sudan Set to Review Oil Contracts With Overseas Operators
http://bit.ly/cvwRvZ
Following a planned independence referendum for Southern Sudan in January 2011 a review of all oil contracts inked between Khartoum and overseas oil players is set to be implemented. A senior government official announced the potentially transformational effects last week,

○100329C 中国,janjannews.jp
東南アジア・北朝鮮への中国のアプローチと利用される日本の資本
http://bit.ly/dxRaNk
その中で華南の経済圏と言うことになると当然と触れざるを得ないのが、中国が設立に向けて交渉した最初の自由貿易地域であり、ASEANが全体として交渉を進めた最初の自由貿易地域でもある中国ASEAN自由貿易地域についてである。タイムリーなことに、先日3月4日にはラオスの国家

●100329D Philippines, mb.com.ph
フィリッピンの再生可能エネルギー案件は6,274MWに達する
DoE counts 6,274-MW from RE contracts
http://my.reset.jp/adachihayao/index100329D.htm
The Department of Energy (DoE) is counting up to 6,274.37 megawatts of probable capacity from new project development contracts cornered for the exploitation of the country’s renewable energy resources, yet coming with a caveat that this forms part of the country’s long-term

○100330A 東アジア,nikkei.com
東アジア、18兆円で基盤整備 ASEANを核に、交通・通信など650件
http://bit.ly/9P9NVB
日本を含む東アジア首脳会議(サミット)のメンバー16カ国が取り組む「アジア総合開発計画」の最終案が明らかになった。2020年を目標に東南アジア諸国連合(ASEAN)と中国、インドを結ぶ広域インフラを一体整備する。プロジェクト数は交通、通信など650件で、全体の事業費は2000億ドル


Japanese energy news today

○岡田外相、アフリカ訪問へ 5月の連休に資源外交
http://bit.ly/df4GQM
○中国,153人が脱出できず―中国「国家プロジェクト」炭鉱で出水事故,
http://bit.ly/aBTLRQ
○ミャンマーに反軍政新党、幹部に元首相の娘
http://bit.ly/bBOy5h
○東芝,グループ会社のウェスチングハウス社が英国で原子力燃料事業を獲得
http://bit.ly/aU20CH


2010年3月28日 ー パキスタンとインドの水開発競争 ー

国際河川の開発の中で,昔から一つの不文律がある。経済が発達した国から水資源開発の優先権を与えて行こうと言う考え方である。例えば,1980年代から1990年代にかけて,インドシナ半島の中でタイの経済発展が突出した。カンボディアはポルポト政権の後で,まだ政治各派が争っていたし,ベトナムはカンボディア侵攻で世界の経済制裁を受けていた,ラオスは完全にタイ経済の中に組み込まれていた。

勿論中国は,天安門事件などが起きて,まだ海外進出を考えるどころか,内政に腐心していた。このような情勢の中で,タイは着々と自国領域内,国際河川であるメコン河の左岸支流,チ川,ムン川の開発を進めていた。1992年を境目に,カンボディアが和平復帰,ベトナムへの制裁解除,と進んで,メコン河の水の使い方で,メコン委員会の場でメコン河の開発に於ける原則論が議論され,一つのルールが確立された。

このときに一つの議論になったポイントは,インドシナ半島が混乱している中で既に灌漑など,メコンの水を取り込んでいるタイの施設がどう扱われるべきか,と言う問題である。タイの当時の既開発は,メコン河支流にダムを造って灌漑に導水したものであるから,灌漑後にメコン河へ返される可能性もあるが,殆どは灌漑として消費されてしまう水で,下流国としては本来容認できない問題である。

このタイの既得権は,新しいメコン河委員会が組織されたときに,ベトナム,カンボディア,ラオスの沿岸諸国の代表によって,追認,承認された形をとった。当時は,タイと他の三国との間に余りにも大きな経済の実力差があったから,このような追認が出来たわけである。今,もっと激しい議論の渦中に合うのが,カシミールを中心としたパキスタンとインドの水争いである。

メコン河のケースと違うのは,パキスタンとインドの間で,水資源開発能力に,メコン河の場合ほどは,格差がないと言うことである。それでも,1960年代に結ばれたインダス河水条約の中には,先に開発した方が水利権に優先権を主張することが出来ると書かれている。インダス河上流のニールム川は,下流はアザドカシミールのパキスタン実効支配地域,上流はジャムカシミールでインドの実効支配地域である。

インドは,上流で348MWのキシャンガンガ水力を建設中で,水は分水されてガンジス河流域に転流される。また下流のパキスタン領内では,969MWのニールム-ジェルム水力が既に着工している。インドは上流なので黙々と工事を進めているが,下流のパキスタンは機会ある毎に,インドの暴挙を非難して国際社会に訴えている。場合によっては国際調停の場に出て行く覚悟もしている。

パキスタンは,幾らインドに抗議しても,インドは物も言わずにただ黙々と上流プロジェクトを進めている。ここでパキスタンも悟ったようだ,実際に開発が先だ,と言うわけである。先に運転状態に入ると,上流のダムの優先権を否定出来る,というわけである。50kmに及ぶパキスタンのプロジェクトの導水路トンネルが工期を左右している,ここにトンネルマシンを導入して工期を2年間短縮し,インドを追い越そうと言う。


パキスタンのインダス河上流,アザドカシミールの969MWニールム-ジェルム水力で,55kmのトンエルを,トンネル掘削マシンTBM仕様で工期2年短縮を図る,本来は2016年完成,ニールム川の水はインドの348MWキシャンガンガ水力と競合,早いほうが権利。http://bit.ly/c4c5b1

パキスタン,米国、パキスタンに数千万ドルの援助供与 道路、発電所更新など,3カ所にある火力発電所の更新事業には約5100万ドルが支出される。米国はパキスタンをテロとの戦いで重要な役目を持つ国と位置付けている。http://bit.ly/du3Oqn

エチオピア,アフリカで高さ最大のダム工事が進行中,南部のオモロ川で進行中のギベ第3水力で,ダムの高さは243m,ダムサイトは現在掘削中と思われるが,ダムサイトを含めて住民の生活を映し出す6枚の写真が掲載されている。http://bit.ly/aE7bPG

バングラデシュ,日本政府はJICAを通じて,432百万ドル相当のソフトローン供与を発表した。対象は,ベラマラのコンバインドサイクル発電と地方電化,及びチッタゴンの環状道路などである。現地,シノヅカ大使とJICA事務所のトダ所長が出席,署名された。http://bit.ly/bz0poH

気候変動問題,国連気候変動会議IPCCの2007年の報告書に関して,重要な誤りが見つかっている問題で,パチャウリ議長は,国連組織から独立した学術専門家グループによる見直しを行う考えを表明した。ヒマラヤの雪解け問題,メールのリーク,など,信頼が揺らいでいる。http://bit.ly/aHBbBo

中国は,南水北調プロジェクトの中間部分の水力工事に着手した。長江のジンジアンから漢江まで,67kmで工事費は880百万ドル,年31億トンの水を北部に輸送する。http://bit.ly/9uSVau

ラオス南部の水力を中心にグローエナージが本格調査に乗り出し,2015年にも運転開始を狙う,ボロベン高原付近の,セピアン川とフアイソイ川を結ぶ水力で,ラオスのEDLも入った子会社のフアイホ電力がその開発に当たる。http://bit.ly/cL9I65

中部電力社長に56歳の水野明久副社長が昇格のトップ人事,水野さんは水力を中心に海外を手がけて来たが,記者会見で,トッププライオリティは原子力と,また海外戦略の拡充にも意欲を示した,それにしても,水野さん,56歳,若いですね,http://bit.ly/aQDASu

関電社長に八木誠氏,原発部門の実績を評価,プルサーマル計画に弾み,3号機の運転再開やプルサーマルの実現に貢献,最有力候補として本命視された1年先輩の神野栄副社長は現在は営業部門を統括し、オール電化住宅の普及などで手腕を発揮している。http://bit.ly/bRZrMQ

中国海洋石油が豪州産LNGを購入、英BGから,中国海洋石油総公司(CNOOC)は、英ガス大手BGグループから豪州産液化天然ガス(LNG)を購入する契約を結んだ。2014年から毎年360万トンを買い付ける。第一財経網などが伝えた。 BGは豪州クイーンズランド州でLNG生産ライン2カ所を所有 http://bit.ly/aqrNHn

ベトナム,石炭安定調達へ低利融資 国際協力銀と三井住友銀,ベトナム石炭鉱産物公社(ビナコミン)向けに総額約1億5000万ドル(約140億円)の低利融資,ビナコミンはJFEスチールと住友金属工業に高品位の無煙炭を5年契約で供給する。http://bit.ly/9jdw0T


Other world energy news today

○100326A Ethiopia, guardian.co.uk
エチオピアのアフリカで高さ最大のダム建設進む
Africa's tallest dam takes shape in Ethiopia
http://bit.ly/aE7bPG
Africa's tallest dam is being built on the Omo river in southern Ethiopia. The centrepiece of the nation''s hydropower boom, the controversial Gibe III will feature a 243-metre tall wall and will treble the power supply The construction site on the Omo River in southern Ethiopia, where Africa's

○100326B Bangladesh, nation.ittefaq.com
バングラデシュに431百万ドルの日本政府ソフトローン
$431m Japanese loan for infrastructure development
http://bit.ly/bz0poH
The Japanese government will provide a soft loan of US$ 431 million for implementing four projects for infrastructure development of power supply and traffic system in Bangladesh. The four projects are Bheramara Combined Cycle Power Plant Development, Rural Electrification

○100326C Environment,muslimnews.co.uk
気候変動問題でIPCCが第三者による見直しを示唆
External agency brought in to review IPCC
http://bit.ly/aHBbBo
he United Nations Intergovernmental Panel on Climate Change (IPCC) is set to be under review after receiving a series of criticism. To resolve these many errors, the UN has introduced a panel of academics, the InterAcademy Council (a separate body from the United Nations), to review

●100327A Pakistan, thenews.com.pk
パキスタンは969MWニールムジェルムでTBMで工期短縮へ
Neelum-Jhelum Hydroelectric Project
http://bit.ly/c4c5b1
To complete the Neelum-Jhelum Hydroelectric Project before Kishanganga Hydroelectric Project being built by India, the Water and Power Development Authority has decided use tunnel boring machine that will reduce the construction time by two years, official sources said.

○100327B China, news.xinhuanet.com
中国は南水北調プロジェクトの一環で,長江から漢江への工事を開始
China starts building canal to replenish Yangtze River tributary
http://bit.ly/9uSVau
China on Friday started building a canal from the middle section of the Yangtze River to a tributary that connects with China's South-North Water Diversion project. Costing more than six billion yuan (880 million U.S. dollars), the 67.23 km project will divert 3.1 billion cubic meters

●100327C Laos, bangkokpost.com
ラオス南部の水力でグローエナージが本格調査に入る
Glow seeks Laos ventures
http://bit.ly/cL9I65
Glow Energy Plc has entered into an agreement with the government of Laos to further develop its hydropower plants in Laos. The Glow subsidiary Houay Ho Power Co (HHPC) yesterday signed a memorandum of understanding with the Vientiane government for a feasibility study


Japanese energy news today

○中電社長に56歳・水野明久副社長,三田氏は会長に
http://bit.ly/aQDASu
○米国、パキスタンに数千万ドルの援助供与 道路、発電所更新など
http://bit.ly/du3Oqn
○関電社長に八木誠氏,原発部門の実績を評価
http://bit.ly/bRZrMQ
○中国海洋石油が豪州産LNGを購入、英BGから
http://bit.ly/aqrNHn
○ベトナム,石炭安定調達へ低利融資 国際協力銀と三井住友銀
http://bit.ly/9jdw0T


2010年3月25日 ー ブータンのプナチャンチュ第2水力など着工 ー

日本の大手ジェネコンに関する報道が,最近は目につかないが,ドバイ政府発注の無人鉄道システム「ドバイ・メトロ」,の工事費,当初2,280億円が3倍に膨れあがって,大林組が上場以来初めての赤字に陥った,という記事があり,鹿島建設やその他のジェネコンにも飛び火するかも知れない,と報じられている。工事費3倍,と言うのは2008年7月の原油高騰の時期の影響だろう,信じられない数字である。

今までは工事費が上がれば建設企業にはプラスに働くが,最近の契約方式,ターンキー方式やEPC契約方式などで,まともに資機材高騰の影響を受けたのだろうか,と思ったが,設計変更の指示に対して価格面での合意を待たずに施工する義務が盛り込まれいる,と書かれている,ひどい話だが,日本の国内では良くあった話である。私は,ジェネコンの構造を変革して行く必要を,機会ある毎に喧伝している。

公的資金によるエネルギー開発には,厳密な価格競争が要求されてきたが,電力などの開発が民間資金の手に移ると,様相は一変して,EPC契約のように,計画の非常に早い段階からの建設企業の参入を要請するようになった。少なくとも電力プロジェクトの世界では,この変化に対応するジェネコン側の体制整備が遅れていると思う,もっとも,ジェネコン側に言わせれば,それに対応する十分な仕事量がない,と言うことだろう。

発電所やダムをいかに立派に計画しても,これを実際に造ってくれる人がいなければどうしようもない。国内のプロジェクトの断絶と海外プロジェクトの推進の時期にずれが生じた,即ち,発電所建設プロジェクトがなくなった時期が余りにも長かった,これは,電力や商事会社の責任であるが,政府の責任でもあるだろう。今,日本チームとして海外に出ようと言う気運の高まる中,関係者は,ジェネコンの重要な役割に注目して欲しい。

今日はブータンの水力開発が順調に進んでいることを思わせる記事。JICAもタッチしたことのあるサンコシュ川の1,200MW,プナチャンチュ第1水力は工事中だが,その下流の990MWプナチャンチュ第2水力と,一路東の川になる720MWのマンデチュー水力,いずれもインドとの二国間協力による政府事業であるが,準備工事に着工する旨の協定が成立したようだ。

また,サンコシュ川の最下流になる4,060MWと言う大規模のサンコシュ貯水池プロジェクトも,詳細設計の段階に入ったようだ。インド国内の水力は地元の問題やパキスタンとの水問題で騒がれており,ネパールは政治問題で揺れているが,ブータンは順調なようだ。ブータンの企業WAPCOSにしても,インドのNHPCにしても,直轄の施工部隊を持っているようだ。

インドの電源開発の戦いは多忙を極める。4,000MWクラス石炭火力13プロジェクトのUMPP,米印原子力協定を切っ掛けとする原子力発電開発計画,ネパールの2020年までの10,000MW水力開発,そうして更にブータンでは,インドとブータンの両国政府による2020年までの10,000MW水力開発である。ブータンの水力開発は,まさにインドの北辺,人類最後の戦いの重要な一環である。


ブータンで2つの水力が準備工事に突入,現地企業WAPCOSによる990MWプナチャンチュ水力とインドのNHPCによる720MWのマンデチュー水力,いずれもインドとの二国間協力による政府事業,準備工事は,アクセス道路建設や仮送電線など,http://bit.ly/cHANq2

ミャンマーのサルウイーン河中流部,7,100MW,東南アジア最大規模のタッサン水力ダムプロジェクトの開始が,中国,タイなどで合意され,着工の運びとなった。中国側の発表,中国は三峡ダム公司が担当する,サルウイー川5ダムのうちの一つ,http://bit.ly/94VHHO

タイのERCは,カノム天然ガス火力の地元への還元が,電源立地特別措置法の好例となると評価,建設中は年間MW当たり5万バーツ,運転中は年間KWh当たり0.001〜0.002バーツを基準としたい考え,発電所運営者から徴収して地元開発へ廻す,http://bit.ly/auXwmZ

フィリッピンの電力マーケットへのDSW,電力不足の場合に責任を持ってそれを埋める事業体,について,法文のいじり回し,NPCとなっているが,問題は2011年のオープンアクセス後の処置,結局,供給責任をなくしてしまった失敗に気づいて欲しい,http://bit.ly/bVISTP

フィリッピン,難しい記事だが,電力公社と送電公社の間で,系統の信頼度を協力して保持して行こう,という協定をエネルギー省が承認,このように幾ら法文や協定をいじっても,現実に供給不足を起こす状態を,物理的にどう回復するかが,極めて重要だ,http://bit.ly/aka6yQ

フィリッピンの電力企業SNアボイテスは,4月28日に予定されている246MWのアンガット水力発電所の資産売却入札に参加すると語った。マニラ近郊で水道なども含む重要なダム,既にマニラ電力を資本支配するアヤラなどのグループも参加を表明しており,激戦が予測,http://bit.ly/99xcV9


Other world energy news today

●100324B Bhutan, kuenselonline.com
ブータンで990MWプナチャンチュと720MWのマンデチュ着工準備
Pre-construction to kick of soon
http://bit.ly/cHANq2
Punatsangchu II and Mangdechu Hydropower Projects 24 March, 2010 - Pre-construction work on the 990 MW Punatsangchu II and 720 MW Mangdechu hydroelectric projects is to start immediately, with Bhutan’s department of energy signing agreements with two government of India

●100324C Myanmar, nasdaq.com
ミャンマーの7,100MWタッサン水力が中国とタイで着工へ
China Consortium Starts Work On Myanmar Hydroelectric Project
http://bit.ly/94VHHO
Chinese state-owned enterprises have set up a consortium to build a $9 billion, 7.1-gigawatt hydropower station across Myanmar's Salween River, a Chinese government agency said on its Web site. China's State Asset Supervision and Administration Commission said the dam in

○100324D Thailand, Bangkok Post
タイのERCはガス火力をモデルに電源立地特別税を徴収へ
Khanom fund a development model
http://bit.ly/auXwmZ
A fund for the community living around the Khanom gas-fired power plant will be a prototype for others in the future, says Chalit Ruengvisesh, a member of the Energy Regulatory Commission (ERC). The Energy Ministry is promoting development funds as one of the tools for encouraging

○100324E Philippines, mb.com.ph
フィリッピンのエネルギー省は電力市場への不足分穴埋めで回文
DoE strikes down wholesale supplier function for Napocor-PSALM
http://bit.ly/bVISTP
Even with its thinning capacity due to assets privatization, state-run National Power Corporation and successor-company Power Sector Assets and Liabilities Management Corporation (PSALM) have been sanctioned Default Wholesale Supplier (DWS) to the Wholesale Electricity Spot

○100324F Philippines, mb.com.ph
フィリッピンの系統信頼度保持などNPCと送電公社で協定成立
NPC’s ancillary services deal with NGCP gets final approval
http://bit.ly/aka6yQ
A final approval was granted to the ancillary services pact inked by state-run National Power Corporation (NPC) with transmission firm National Grid Corporation of the Philippines (NGCP) to help sustain reliability and stability in the country’s electricity system. The Energy Regulatory

○100325A Philippines, uk.reuters.com
フィリピンでSNアボイテスも246MWアンガット水力入札へ参加
Philippines' Aboitiz to bid for Angat hydro project
http://bit.ly/99xcV9
Philippine energy producer Aboitiz Power Corp (AP.PS) said on Thursday it will team up with Norway's SN Power to bid for the 246-megawatt Angat hydro electric plant that is being privatised this year. "Yes we will bid for Angat," Michael Hosillos, vice president for corporate services


Japanese energy news today

○大林組、660億円の赤字に ドバイ鉄道工事の費用膨らむ
http://bit.ly/cw0zwU
○東京ガス が エナージワールドのインドネシアプロジェクトへ投資
http://bit.ly/dfSN5F
○ベトナムの電力に関するフォーラムが6月21〜23日までホーチミンで
http://bit.ly/9PSMsq


2010年3月24日 ー 中国は2020年までに原子力80GW ー

昨年末,2009年12月,ビジネスアイが中国の石炭に関する問題を論じて記事にしている。「中国で主要エネルギー供給源として石炭が優勢な背景には,この30年間,同国の石炭産出量が急上昇したことが挙げられる。1978〜95年の間に石炭生産量は2倍に増え,90年代半ば以降、さらに2倍増加した。いまや中国は世界最大の石炭産出国かつ石炭消費国だ。」。このころ,温暖化ガス排出の問題が世界の主題であった。

当時は,折しもコペンハーゲンのCOP15の真っ最中で,米国と中国の石炭が大きな問題となっていた。3ヶ月を経て事情は大きく変わって,地球温暖化対策が世界で合意できる見込みは少なくなったし,地球温暖化への疑問の声も出て,寧ろ,太陽活動の100年周期の下降部分に入り,地球寒冷化が心配されている。100年前にはロンドンのテムズ川が氷結したことがあったという。温暖化ガスで地球を覆う必要さへあると言う。

中国は当時,2020年までに二酸化炭素(CO2)排出量を国内総生産(GDP)比で2005年より40〜45%削減する行動目標を掲げている。2008年には,エネルギー供給の90%が再生不可能な化石燃料によるもので、石炭だけで約70%を占めた。しかし,地球温暖化の問題が遠ざかったことで,中国の石炭火力の問題は,局地的な大気汚染,石炭生産に於ける犠牲者の多さ,それに輸送問題による電力不安定,に絞られてきた。

地球温暖化問題が去ったとは言っても,中国の石炭依存への度合いを低めて行く努力は,絶対に必要なわけである。中国の国家資源エネルギー庁NEAは,中期及び長期の原子力開発計画を見直し,実現可能なレベルとして,2020年までに,原子力発電設備を70〜80GWとするように調整中である,と発表した。また,水力についても,現在の197GWから,2020年には37%増の,270GWとする計画案を作成中であると。

2007年当時の計画では,2020年までに,非化石燃料資源を35%とする計画であった。昨年,2009年,水力300GW,原子力75GW,再生可能エネルギー150GWで,計画通りに天然ガスの使用が増えるようであれば,非石炭資源からのエネルギーは,48%となると言われていた。 政府の公式な調査結果によると,理論的な包蔵水力は694GW,技術的可能な包蔵が541GW,経済的に可能な包蔵は401GW,とされている。


中国は2020年までの電力開発計画を見直し,原子力設備は2020年までに70〜80GWとする,水力設備も現在の187GWから2020年までには37%増の270GWとする,水力は94GWまで開発可能だが,技術的に可能な容量は401GW,知的送電網も,http://bit.ly/aRPVUq

インドネシアのサレー・エネルギー相は,2014年までに60億ドルに上る電力への補助金をゼロにして,福祉に当てたい,電気料金は平均71.9セントだが,経済コストは57%増の11.3セントだ,7月から15%値上げする方向だが,貧困層は据え置きを考えている,http://bit.ly/b1VloL

インドのマハラシュトラ,アダニ電力が計画を進めている,3,300MW,1600億ルピー,ティローダ石炭火力で,石炭省が指定したロハラ炭鉱拡張計画で環境省が認可を与えず,当惑が広がっているが,石炭省が石炭リンケージで供給する,今後に問題を残す,http://bit.ly/b9gCKM

トルコ政府は今後5年間のエネルギー戦略計画を発表した。主として,ロシアからのガスへに依存度を50%まで下げることを基本とし,イラクからの原油輸入の確保や,2014年を目指しての石炭火力,水力,更には初の原発を含め,8,500MWを開発する。http://bit.ly/c33KUg


Other world energy news today

●100323A China, nextbigfuture.com
中国は計画を見直し2020年までに原子力設備を70〜80GW
China increasing Nuclear and Hydrolelectric Energy Targets for 2020
http://bit.ly/aRPVUq
China increasing Nuclear and Hydrolelectric Energy Targets for 2020 and China Smart Grid construction Planned for 2011-2015 "China is adjusting its mid- and long-term nuclear plan and judging by current work preparations, nuclear capacity by a conservative standard will reach

●100323B Indonesia, thejakartapost.com
インドネシアのエネルギー相は電力への補助金を2014年にゼロへ
Govt expects to remove electricity subsidy by 2014
http://bit.ly/b1VloL
http://bit.ly/bvyyWE
The government expects to remove the electricity subsidy completely by as early as 2014 so that it will have more funds available to fight poverty and improve healthcare directly for the poor, a minister has said.. “We hope we can fully implement the economic tariffs for electricity

●100323C India, steelguru.com
インドの石炭火力のための炭鉱で環境問題から代案を模索
India seeks alternate coal mines for power plants
http://bit.ly/b9gCKM
Times of India reported that Indian government is considering formulating a policy for earmarking alternate coal mines for fuelling new power plants in case clearance for such acreages are spiked by the environment and forests ministry mid way through a project's development or after

●100324A Turkey, en.trend.az
トルコは8,500MW開発など5年計画を発表
Turkey unveils 5-year strategic energy plan
http://bit.ly/c33KUg
Energy import-dependent Turkey has unveiled its 5-year strategic energy plan, Anadolu Agency reported. In its new plan for 2010-2014, Turkey plans to increase power generation using domestic resources, diversify natural gas suppliers, increase the amount of oil pumped to Turkey's oil


Japanese energy news today

○ゲイツ氏、東芝と次世代原発を共同開発
http://bit.ly/c5L1sC
○国際協力銀、新造船の輸出支援 海外船主に融資
http://bit.ly/bMAhUg
○グーグルめぐる米中の対立、長期化の様相
http://bit.ly/9vU3ra
○ペトロチャイナとシェルが豪アローの資産買収へ
http://bit.ly/d58SUQ
○アジア貿易活性化 インド民間銀支援 国際協力銀、90億円融資
http://bit.ly/coHioV
○インドの電力事業に4億2,500万ドル、海外PE投資団が投資
http://bit.ly/bDhXZx
○中国国家発改と日立グループが「グリーン経済技術交流会」を開催
http://bit.ly/acT7uc
○JBIC,メキシコ連邦電力委員会向けバイヤーズ・クレジットの供与
http://bit.ly/b9gCKM
○インド:都市開発、日系の4企業連合参入 東芝・日立など、来月以降調査へ
http://bit.ly/9anKwp
○太陽光発電や道路整備などアフガニスタン復興支援に無償資金41億円
http://bit.ly/czsJ1F


2010年3月23日 ー インド市場への参入は地元企業と ー

日本経済新聞の電子版が今日から発刊されて,大混雑である。それだけの容量を準備できなかったのか,朝から,「混雑のためしばらくしてからアクセスして下さい」,かなり高額だが,小説も囲碁欄もないというのは如何なものか。今日のその第1面トップを飾る記事は,ビルゲーツが東芝の知的原子炉の開発に,1,000億円を投ずる覚悟,というニュースである。地球温暖化への貢献,が大義名分だ。付属記事の一部,

「東芝が誇る原子力発電の研究施設にその男はお忍びでやってきた。ビル・ゲイツ。言わずと知れた米マイクロソフトの創業者だ。経営を退いて2年。舞台を原発に移し,再びビジネスの世界で動き出した。その狙いは…,東芝が開発する小型原子炉「4S」の仕組み,温かいもてなしに感謝します!最初の訪問者となり,すばらしい技術を見ることができ光栄です!

インド発の日本語発信で,「東京電力や電源開発等の日本電力会社,インド市場に食指」,と題して,先日からの官民協力によるインドやベトナムへの日本企業の進出の動きを裏付けている。東芝や日立の原子力発電への進出は,インド国会が,免責条項の審査に手間取って足踏み状態だが,今回は,効率化された石炭火力の進出と思われる。UMPPの4,000MWクラスではなく,1,200〜1,400MWクラス,と報じている。

ただ,インドに発電所を建設するには,用地の取得,燃料供給,水供給,環境対策等,様々な問題で政府機関の支援を必要とする。外国企業は、インド市場は極めて難しい市場,と言われている。東京電力もJパワーも,その辺りは勿論心得てはいるものの,私はやはりこれまでの私の主張通り,プロジェクトの選定の前に,地元有力企業との連携が欠かせないと思う。Jパワーのタイでの方式だ。

また水力に関して,インドの閣僚会議は,大規模水力開発に関して石炭火力開発のUMPPに匹敵する緊急開発体制の確立を決定し,2011年3月から適用する。州政府による早急な準備態勢の確立と政府による事前調査実施や売電単価入札による競争の導入など,ジャムカシミールから始める。ムケルジ財務相が主宰する関係閣僚会議は,州政府に対して,具体的な水力地点のサイトを明示するよう指示を発した。

インドの包蔵水力は,150,000MWであるが,既開発は僅かに,37,000MWである。今回の緊急策では,水力の規模は,火力のUMPPの4,000MWに照らして,最大500MWに押さえるべきだ,としている。この水力のUMPPでは,FS調査だけで入札を行う,この調査に中央政府が費用を支出し,入札後,企業から戻入を受ける,火力のUMPPと同じように,電力金融公社PFCが,発注機関となる。

中核となる落札企業は,詳細設計と諸準備,用地手配,環境森林保護認可申請,国防上の認可申請,を行う。最初の水力UMPPとなるのは,ジャムカシミールの,690MWラトル水力(注),520MWクワール水力(注),600MWキル水力(注),及び詳細設計の進んだアルンチャルプラデシュ州のプロジェクトとなろうとしており,現在の入札方式の期限を考慮して,実際の指定は,2011年1月31日以降となる模様である。

(注) (1) Ratle (690 mw),(2) Kwar (520 mw,(3) Kiru (600 mw)


インドの経済団体連合会FICCI,ワシントン発,米印原子力協定に伴う免責法案について,議会の認可が遅れることはインド経済にとってマイナスである,早く通過させるべきである,既にフランスやロシアとは原子力開発を進めているではないか,免責の額の問題ではないと。http://bit.ly/cjx0zI

インドの閣僚会議は,大規模水力開発に関して石炭火力開発のUMPPに匹敵する緊急開発体制の確立を決定し,2011年3月から適用する。州政府による早急な準備態勢の確立と政府による事前調査実施や売電単価入札による競争の導入など,ジャムカシミールから始める。http://bit.ly/cRWAp7

インドのデリー北方,ウッタルカンド州の有力団体が,ガンジス河北方支流バギラティ川のすべての水力開発を禁止する決定を行った。この川にはNTPCなどが進める600MWのロハリナガプラ水力などがあり,中央政府を慌てさせている。http://bit.ly/bzDHIf

インドの石油相は,東のKG流域の天然ガスを2012年までにパイプラインで南部,タミルナドウ州に送る計画であることを明らかにした。リライアンスのガス生産は現在60MMSCMDであるが,間もなく80MMSCMDまで上がる見込みという。http://bit.ly/d3SOFv

フィリッピンの電力危機で長文の分析記事,ラモス政権でエネルギーを担当したビライ氏が,この10年間,電源を造らなかったことが問題,しかし1990年代より良い,十分な予備力があるはずだが,補修計画が出来ていない,また長期の見通しも必要と。http://bit.ly/cGvBAR

インドネシア政府は石炭層メタンプロジェクトCBMの契約方式を,生産割当契約PSCを政府との割り当て方法でネットとグロスのいずれかから選択できる。CMBのポテンシャルはスマトラやカリマンタンで458兆リップフィートと言われている。既に20の計画,2011年にも生産。http://bit.ly/90o66T


Other world energy news today

○100321A Philippines,business.inquirer.net
フィリッピンの電力危機はこの10年間の空白にあると
Power, power, power
http://bit.ly/cGvBAR
IF THE Philippine government took to heart the lessons learned from the past, these power shortages would not have happened. While the worsening power supply situation had been attributed to the breakdown of several facilities, scheduled maintenance shutdowns and the El Nino

○100321B India, khabrein.info
インドの経済団体連合会が米印原子力協定の免責法を通せと
FICCI bats for nuclear liability bill to win 'next frontier'
http://bit.ly/cjx0zI
Calling nuclear power as the "next frontier" where investments in India will come, the FICCI chief hopes the controversial civil nuclear liability bill goes through Indian parliament to bring in more foreign companies. "Issue is India is power starved," Rajan Bharti Mittal, president of the

○100321C India, istockanalyst.com
インドの石油相は2012年までにKGガスをタミルナドウへと
South India will get K-G gas by 2012, says Petroleum Secy
http://bit.ly/d3SOFv
South India will start getting natural gas produced from the Krishna-Godavari basin from 2012, the Union Petroleum Secretary, Mr S. Sundareshan, told a press conference here today. Stressing that he was “extremely concerned about (gas) pipeline connectivity to Tamil Nadu”

○100322A India, Economic Times
インドの閣僚会議は水力も大規模緊急開発体制を導入する
States get invite as hydropower projects put on the fast track
http://bit.ly/cRWAp7
THE government has put large hydro-power projects on the fast track with an empowered group of ministers asking states to come forward
with proposals. Large hydel projects have been envisaged on the lines of the coal-based ultra mega power projects (UMPPs). “A group of

●100322B India, business-standard.com
インドの有力団体がウッタルカンドのバギラティ川開発反対
Akhara Parishad opposes Bhagirathi hydel projects
http://bit.ly/bzDHIf
The All-India Akhara Parishad, an apex body of sadhus and seers, has sought a blanket ban on all the hydropower projects on Bhagirathi river in the Uttarakashi area of Uttarakhand. The Parishad, an influential body, is beginning a dharna from Monday at Har-Ki-Pauri in Haridwar to press

●100322C Indonesia, The Jakarta Post
インドネシア政府は石炭層メタンプロジェクトCBMの契約方式変更
Govt offers two options on contracts for CBM blocks
http://bit.ly/90o66T
The government will offer two options on the development of four coal bed methane (CBM) blocks which will be auctioned later this year, a senior official at the Energy and Mineral Resources Ministry has said. “The investors may choose between the net production sharing contract or gross


Japanese energy news today

○先進国の温暖化ガス排出、京都議定書延長なら増加
http://bit.ly/9FBCoF
○中国、13ヵ所の1000万トンクラス製油基地を形成
http://bit.ly/aYMWSO
○東京電力や日本電源開発等の日本電力会社、インド市場に食指
http://bit.ly/b61lUr


2010年3月21日 ー 日本の原子力海外進出へ追い風か ー

昨日,今日,連日,日本の原子力企業の海外進出のニュースが溢れている。東芝,日立を中心とする日本の中核企業が,政府の積極的な支援を得て,米国との協力関係確立に向けて一歩を踏み出している。株式市場も,東芝日立の長期に亘る世界での活躍に大いに期待を示している。メーカー単独ではなく,電力も巻き込んだ協力態勢の確立には,私も大賛成である。これからの海外工作を革新的に進めて欲しい。

ただ,やはり日本側,特に電力や日本政府の見通しは甘い。鳩山首相は,ベトナムの第一期がロシアにもって行かれて初めて,高知からベトナム大統領に慌てて電報を打っているし,今日の電事連会長の,「ベトナムのニーズを掴むことが大切」,の発言は,タイミングを失している。原子力よりも南沙諸島の原油資源のための潜水艦が欲しかったベトナム政府に,ニーズは何か,と聞いても始まらない。二期も危ない,という人もいる。

それにしても海外とのつきあいは大変である。ベトナムがドイモイで電力開発を始めた頃,世界銀行は,電源は民間資金でやるべきである,としてベトナムの電源を助けなかった。世界銀行の反対を押し切って,断固として北の石炭火力や南のフーミーの初期を支えたのは,当時のOECFや国際協力銀行であった。当時の担当者の,「何と言われても10年は電源を支えますよ」,という決意を,私も横で聞いていた。

人が変わって当時のことを忘れてしまった,と言われればそれまでで,その過去の努力を活かせなかった日本の責任だろう。それにはやはり政治の断絶と,冒険を嫌う日本の電力企業,のためだろう。ベトナムで大きな貢献をしたJBICに小泉内閣で断絶が生じたことと,フーミーの火力を自ら手がけた東京電力など,その後のベトナムとの疎遠が悔やまれる。

これから原子力開発を行うベトナム,インドネシア,タイ,フィリッピンなどについては,やはり過去の支援との繋がりを,もう一度思い起こしたい。カンボジアやミャンマー,インドネシアなどは,中国によって日本の過去は消し去られかけているが,ベトナム,タイ,フィリッピンは,まだまだ日本の可能性が高い。息を吹き返しそうなJBICを牽引力に,メーカーは勿論のこと,電力,それにジェネコンも巻き込んでの挙国体制を望む。


海外原子力開発,官民新会社で海外原発を受注,電事連会長が意欲,森詳介会長(関西電力社長),「官民一体の(受注受け皿となる)新会社設立の議論が進んでおり、顧客の要求に迅速に対応できる会社にする必要がある」,ベトナムのニーズをつかみ対応することが大事と,http://bit.ly/dtvaWw

日米間の原子力協力について話し合う委員会,原子力平和利用、第3国でも日米で協力,2030年までに新たに23か国が原子力発電を導入する,官民協力の下に新規市場へ参入を図る,作業部会を作って情報交換や協力のあり方を探る,http://bit.ly/ao5X7g

原発」関連,息の長い相場テーマ,世界で500基超を新設へ,最近では二酸化炭素の排出量が少なく、コスト面で優れていることが見直され、世界各国で原発建設が活発化,中国の2億KW,インド4000万KW,韓国1500万KW,タイとインドネシアが各600万KW,中国では150基以上の新設,http://bit.ly/aSFoUd

原発関連,市場の話題,競争力高い日本企業,政府も後押し,東芝−米ウェスチングハウス,日立―米GE,三菱重工-仏アレバの4大陣営,3つまでが日本企業主導,韓国企業連合や、ロシアの国営原子力企業・ロスアトムの新興勢力の伸びが著しい,目先はベトナムの第2期工事案件の受注の成否,http://bit.ly/cKAjpO

日本政府,東芝受注原発への米政府保証を要請,サウステキサス(テキサス州)の案件,国際協力銀行(JBIC)や日本貿易保険(NEXI)も支援,経済産業省資源エネルギー庁の石田徹長官が同日の委員会で,米側は審査の問題だとして明確な回答は避けたという。http://bit.ly/dy3s3t

東芝など企業連合、インド都市整備受注へ 政府が側面支援,東芝、三菱重工業、日立製作所、日揮を中心とした日本の企業連合,デリー―ムンバイ間。次世代送電網「スマートグリッド」や水道事業などを手掛ける。NECや京セラ、東京電力、東京ガスなど計17社が参加。外国企業ではシンガポールの大手水処理会社ハイフラックス http://bit.ly/de3Rhd

インドネシアの原子力開発は,2017〜19年にかけて,4機4,000MWを投入する計画でムリヤ半島など調査を進めている。日本の専門家も参加したセミナーがジャカルタで開かれ,安全に関しては人材の取り組みが最も大切と,また一部,反対論も展開された。http://bit.ly/d1UyOm

インドネシアの原子力開発に多くの企業が関心を示しているが,国家原子力機関バターンとしては,規制機関や運転を誰が担当するのか,など重要な事項が政府によって決定されていないので,第2段階,入札に向かって動き始めることは,今のところ出来ないと。http://bit.ly/cZFfTz

インドネシアの東カリマンタン,11兆立方フィートの埋蔵量を持つマハカム・ガスブロック,現在はトータルと日本石油開発が運転生産してボンタンLNG基地の80%を供給,日本などへ送っているが,2017年の期限前にも,プルタミナが参入の構え,政府の決定を待つ。http://bit.ly/cxoGYO

スリランカは中国の支援を受けて,300MWの石炭火力に続き更に600MWに,ラジャパクサ大統領主宰で起工式を行った。最初の300MWは間もなく完成するが,455百万ドル,今度の2機合600MWは891百万ドルである。中国輸銀の融資である。http://bit.ly/9O4vSI

中国などシェールガスが世界のガス経済を揺り動かしている。今のところは米国だけの抽出で,既にガス価格に影響を及ぼしているが,中国のシェールガスはポテンシャル膨大で,石炭代替で計画が進んでいるが,その技術はBPなど欧米に依存する構え。http://bit.ly/cLD2R1

ミャンマの軍事政権はイラワジデルタでガスパイプライン工事中,選挙に備え,大票田のヤンゴンに24時間送電することが目的,豪の専門家は,選挙によって政治的には大きな変化は期待できないが,経済的変革にはある程度変化が起きるだろうと。http://bit.ly/bdfbhU

パキスタンに対して日本政府が,送電網整備などのため,250百万ドル相当の円借款を供与する。これは東京会議で約束された毎年5億ドル相当の円借款供与,の一部をなすもので,JICAを通じて供与されることとなる。http://bit.ly/aGUlBp

ブラジル第2の規模の11,200MW,ベロモンテ水力プロジェクト,112億ドル,北部のパラ州,アマゾンの南から入る支流シング川,ようやく環境審査の許可が下りて20億ドルを積み上げ,4月20日にその開発権益の入札が行われる。http://bit.ly/aBxcAR

南アジアで水資源の争奪戦過熱、成長続く中印の発電利用が拡大,カシミール地方の領有権問題や食料増産に向けた農業用水の需要の高まりなども絡み,パキスタンのバシール外務次官は2月25日にラオ印外務次官にカシミール地方での水力発電所の建設中止を迫った。http://bit.ly/9bp2Qg


Other world energy news today

○100319A Srilanka, lankabusinessonline.com
スリランカは中国の支援で2期の600MW石炭火力着工
Sri Lanka kicks off second coal plant
http://bit.ly/9O4vSI
Sri Lanka's president Mahinda Rajapaksa has launched the second stage of a coal power complex built with Chinese financing which will add another 600 MegaWatt, the president's office said. The first 300Mega Watt plant is now nearing completion.

○100319B China, moneyweek.com
中国はシェールガスの抽出を欧米の技術に依存する構え
The scramble for shale gas
http://bit.ly/cLD2R1
The 'unconventional' natural gas found in shale ? a type of rock formation similar to slate ? is tough to access. Energy firms have known about it for decades, but mostly dismissed it as too expensive to extract. But in the past few years the key technology needed to extract it from seams

○100319C Indonesia, The Jakarta Post
インドネシアの原子力は政府の決定が遅く前に進めない
Plans for nuclear power stalled due to govt ‘indecisiveness’
http://bit.ly/cZFfTz
Indonesia’s plan to establish nuclear power plants remains unclear due to government indecision over who should operate them, says the National Nuclear Energy Agency (Batan). The Batan, a focal point for preparing power plants in Indonesia, admitted the absence of a definitive

○100319D Indonesia, The Jakarta Post
インドネシアのマハカムガス田でプルタミナが権益取得の構え
Pertamina seeking to enter Mahakam soon
http://bit.ly/cxoGYO
State oil and gas company Pertamina says it expects government approval of its plan to take over up to 25 percent participating interest in the Mahakam gas block in East Kalimantan in the first half of the year. “We have submitted two options to the government and expect the decision

○100319E Myanmar, straitstimes.com
ミャンマーのヤンゴンへのガスパイプラインは選挙に備えたもの
Junta eases grip on Myanmar
http://bit.ly/bdfbhU
Elections unlikely to transform politics but create window for economic change. PYAPON (Myanmar) - IN THE dried mud of the Irrawaddy delta, workers are welding together the final pieces of a natural-gas pipeline that the country's ruling generals say will keep the lights on in Yangon,

○100319F Pakistan, thenews.com.pk
パキスタンへ日本が送電網など250百万ドル相当支援
Japan to give $250m for improvement of energy supply
http://bit.ly/aGUlBp
The Japan government has agreed to provide $250 million to Pakistan under the official development programme for strengthening transmission line and grid stations in different cities of the country. Minister Economic at the Pakistan Embassy in Japan Iftikhar Babar said this amount will

○100320A Brazil, hydroworld.com
ブラジル第2の規模の11,200MW,ベロモンテ水力プロジェクト,開発権入札
Auction date set for Belo Monte hydro project in Brazil
http://bit.ly/aBxcAR
The 11,200-MW hydropower project is expected to begin producing electricity in 2015, and the ministry has estimated the plant will cost around 20 billion reais (US$11.2 billion). The auction previously has faced delays which stemmed largely from difficulties in securing an environmental

○100320B Indonesia, The Jakarta Post
インドネシアは原子力を2017から19年に4機4,000MW投入
Four nuclear power plants planned for operation in 2017
http://bit.ly/d1UyOm
A panel of nuclear experts said Thursday that nuclear electric power could benefit Indonesia in the future if handled correctly through complete understanding of regulations, team diligence and knowledge of plant equipment, operations and maintenance. “What is really important is a high


Japanese energy news today

○東芝受注原発への米政府保証を要請 日本政府
http://bit.ly/dy3s3t
○東芝など企業連合、インド都市整備受注へ 政府が側面支援
http://bit.ly/de3Rhd
○南アジアで水資源の争奪戦過熱、成長続く中印の発電利用が拡大,
http://bit.ly/9bp2Qg
○原子力平和利用、第3国でも日米で協力
http://bit.ly/ao5X7g
○「原発」関連,息の長い相場テーマ、世界で500基超を新設へ
http://bit.ly/aSFoUd
○原発関連,市場の話題,競争力高い日本企業,政府も後押し
http://bit.ly/cKAjpO
○官民新会社で海外原発を受注,電事連会長が意欲
http://bit.ly/dtvaWw


2010年3月19日 ー 中国の知的送電網への挑戦 ー

私は,世界の電力分野の分割民営化の流れの中で,最も強力な送電網を扱う組織を確立したのは,中国国家電網だと思う。李鵬さんが東京電力を訪れて日本の電力再編成の可能性を質問したときに,日本側は勿論十分決意は語れなかった,日本は地域独占が円滑に動いていたからだ。黙って帰国した李鵬首相は,直ちに準備していた発電分野の分離,分割民営化を強行した。そこで生き残った国家送電網は,強力な立場を確保した。

私は,この中国の分割民営化の中で,揚水発電所だけは国家送電網に所有させたときに,李鵬さんの意志をくみ取ることが出来た,と思った。要するに,国家電網は中国唯一の電力のオフテーカー,買い取り手であり,需要家に対して供給責任を持たせたわけだ。最も,この国家電網の供給責任は十分には果たされてはいないが,世界でも最大規模の強力な送電網組織であることには変わりない。

インドも似たような国家送電公社を持っているが,供給責任は持っていない,単なる電力の運び屋である。極端な比較は,完全分割民営化を進めているフィリッピンだが,送電公社は残したものの,中国電網にその運営を委託するなど,全く重要視していない。その結果,昨今の供給力不足に遭遇して,エネルギー省が直接火力補修などの調整を行う羽目となった。最近,送電公社が発言しており,自覚を持ち始めたか,の感もある。

さて,そこでこの世界最強の送電会社,中国電網は,日本や欧州の技術を先取りして,長距離超高圧送電網UHV技術で,プロトタイプに於いて,既に世界的な位置を確保しつつある。国家電網は当初,3〜4年の期間で,超高圧送電網UHVの建設に,1,,000億元,約146億ドルを投じてきた。
中国に於ける最初の超高圧送電網UHVは,山西省の長治と湖北省の荊門を連携するもので,2009年1月に完成している。

この技術を持って,中国国家電網は今後,ブラジルなどの新興国はおろか,米国市場にも打って出ようとする勢いである。日本も最近,UHVの国際標準取得で盛り上がっているが,如何せんスピードが遅く,中国から,日本はUHVを実現できなかった,と悪し様に言われる始末である。ただ,米国などの市場を目指す場合,オバマ大統領が主唱する知的送電網,スマートグリッド抜きには,市場参入は難しい。

これは中国もよく分かっており,今日の記事にあるように,国家電網の中の研究陣を総動員して,知的送電網に取り組む態勢である。表現として,近代的送電網または知的送電網,智能電網,インテリジェント・グリッド, スマートグリッド,などと表現し, 2011年より大規模本格的な建設に取りかかり,送電能力の拡大は2011年から2015年までの工程で実施,知的送電網整備により,省エネルギー,コスト低減,信頼度向上を図ると。

これに関連する超高圧送電網UHVの整備は中国の国家第12次五カ年計画,2011〜2015年,に予定されていて,既に知的送電網については,2009年以来,大規模及び中規模の都市を対象に実験を続けているとしている。これは,再生可能エネルギーの拡大と並行し,長距離送電の実現による大規模水力,原子力発電,太陽光発電,風力発電の開発拡大を目指して行く。

技術的な内容についての詳細には触れていないが,国家電網はこれまで,3〜4年の期間で,超高圧送電網UHVの建設に,1,000億元,約146億ドルを投じてきた。また,今年,2010年の送電網への投資総額は,2,274億元に達する,としており,膨大な送電線建設プロジェクトの中に,知的送電網,スマートグリッドの研究陣を組織しているので,相当な具体的な成果を上げるのではないか,と考えられる。


中国は知的送電網,スマートグリッドを,2011年から2015年にかけて本格的に建設する。省エネ,コスト低減,信頼度増大を目指す。UHVの長距離送電網も意欲的に進める。次の3年間で146億ドルを投入する。今年の投入額は2274億元である。http://bit.ly/aN163a

中国のアフリカに於ける真実のストーリーは,独裁を煽り,数十億ドルの不審な資金を提供し,エコシステムを破壊し,アフリカの石油や資源を持ち去る。IRNが書いたもので,かなり激しい口調で中国のアフリカに於ける活動を批判している。http://bit.ly/bGmjBI

ベトナム政府のモスコー訪問団に対して,ロシア政府は来週にも,原子力協力協定の案文を手交すると発表した。その中には,原子力発電所の建設のみならず,原子力研究所の設立,原子力研修生のロシアに於ける訓練,などが含まれる予定である。http://bit.ly/dD8G7l

ベトナムの南西沖合のカマウ県,ブロックBからオモン発電施設までのガスパイプライン,140km,10億ドル,を日本の三井石油探査を含む国際コンソーシアムが建設する。輸送量は18.3mmcmd,ペトロベトナムが51%資本,http://bit.ly/ay20Tt

インドネシアの財務相が経済全般を説明する中,電気料金について,最近の原油価格の上昇傾向から電気料金を7月より値上げすると。国会の承認が必要だが,出来なければPLNへの補助金を上げなければならないと。上げ幅は15%で,インフレ0.5%を押し上げる。http://bit.ly/augfzP

インドネシアのプルタミナに対して,石油メジャーシェルが,1890年からの歴史を持つこの企業は再びインドネシアに帰ってきて,原油ガスの生産に貢献すると共に,下流分野にも投資すると,世界の生産量を11%拡大して,2015年に3.5百万BOEへ,http://bit.ly/bzLZoj

フィリッピンの大統領選候補の一人テオドロ氏は,電力危機を救うためには原子力発電所の建設が最も適していると。NPCが既に14の候補地点を検討中で,その中には,ネグロスオリエンタルのバヤワン市など3地点が上がっていると。http://bit.ly/amwtsE


Other world energy news today

○100318B China, english.people.com.cn
中国は知的送電網スマートグリッドを2011から2015年に本格導入
Intelligent power grid online by 2015
http://bit.ly/aN163a
Large-scale construction of China's modernized electricity network or smart grid is slated to begin in 2011, according to the nation's power grid operator. The timeline for the comprehensive system - designed to increase the country's power transmission capabilities - will run from 2011

○100318C China, huffingtonpost.com
中国のアフリカに於ける真実のストーリーは,独裁を煽り
The Real Story of China in Africa
http://bit.ly/bGmjBI
If we believe the news headlines, China is propping up dictators, dispensing billions of dollars for shady deals, and destroying whole ecosystems in its quest to extract oil and minerals from Africa. Beijing's scramble for Africa will establish a new era of resource colonialism, and intensify

○100318D Vietnam, english.ruvr.ru
ベトナムのモスクワ訪問団に対してロシアが来週原子力協定案文提示
Russia to hand draft nuclear cooperation agreement to Vietnam
http://bit.ly/dD8G7l
Russia is due to hand over to Vietnam a draft intergovernmental agreement on nuclear cooperation next week, says the Head of the Rosatom Corporation Sergei Kiriyenko. He was speaking at a news briefing following his meeting with the Vietnamese delegation in Moscow. He said that

○100318E Vietnam, pipelinesinternational.com
ベトナムのブロックBからオモンのガスパイプラインを三井など
International consortium to build Block B Omon Pipeline
http://bit.ly/ay20Tt
An international consortium has been founded to develop and operate the $US1 billion Block B ? Omon gas pipeline project. The consortium consists of PetroVietnam Gas Corporation, Mitsui Oil Exploration Company of Japan, Thai PTT Exploration and Production Public Company and

○100318F Indonesia, The Jakarta Post
インドネシア財務相が電気料金を15%引き上げ2010年7月
Finance minister: Meeting notes electricity tariff
http://bit.ly/augfzP
The government revealed that electricity tariffs would be raised by 15 percent starting July 2010 on the back of higher oil price assumptions and an increased margin for PLN (the state-owned electricity company) from 5 to 8 percent. The new electricity tariffs would automatically apply

インドネシアの財務相が経済全般を説明する中,電気料金について,最近の原油価格の上昇傾向から電気料金を7月より値上げすると。国会の承認が必要だが,出来なければPLNへの補助金を上げなければならないと。上げ幅は15%で,インフレ0.5%を押し上げる。http://bit.ly/augfzP

○100318G Indonesia, The Jakarta Post
インドネシアのプルタミナにシェルは下流部分を含め貢献すると
Indonesia back on the map of Shell’s investment portfolio
http://bit.ly/bzLZoj
Royal Dutch Shell’s Chief Executive 0fficer Peter Voser said Indonesia is now a target for his company’s investment portfolio in both the upstream and downstream hydrocarbon sectors. “We have been in talks with state oil company Pertamina and the government,

○100318H Philippines, visayandailystar.com
フィリッピンのギボ大統領選候補が原子力開発を進めると
Gibo favors nuclear power as energy crisis solution
http://bit.ly/amwtsE
Presidential candidate Gilbert Teodoro of Lakas-Kampi-CMD said he favors the use of nuclear power as solution for the energy crisis in the country. He said nuclear power is still the cheapest, safest and cleanest energy resources that can be utilized in the Philippines.


Japanese energy news today

○OPEC総会、生産目標据え置き 減産合意の順守確認
http://bit.ly/9Qt9iu
○京都議定書 仏独、08年に目標達成 風力発電など導入進む
http://bit.ly/cVMvwk


2010年3月18日 ー インドのジャムカシミールは包蔵水力20,000MW ー

今朝の朝日新聞は,国際協力銀行JBICの融資対象拡大,を大々的に報じた。趣旨は,原子力発電に限っていた先進国向けの融資の対象を,新幹線事業を視野に入れた鉄道事業に拡大すると共に,日本企業が強みを持つ原発や鉄道,水質処理,環境技術など社会資本関連の海外展開を支援する方針。「オールジャパン」で海外展開を後押しする考えで,JBICの機能強化もその一環,としている。

我々が注目するのは,仙谷由人国家戦略相が,JBICの機能強化の一環として,組織の見直しにも着手,JBICの分離・独立の検討に入る,としている点である。小泉内閣でJBICの解体に取りかかったときに,我々が心配したのは,まさに国益優先の国家の資源戦略の中で中核となるべき組織がなくなるのでは,と言う懸念であった。数年にして政府は,中国,韓国,更にはインドの動きを見て,やっとその重要性を認識した,と理解する。

また記事の中では,我々が主張してきた点,即ち,ベトナムなどの原子力開発にはメーカーだけの進出に任せるのではなく,立地,環境,関連インフラのレイアウト,なども含めた広範な分野を統合して進出すべき,との点も言及されている。日本で原子力を開発するときのグループと同じグループを組むべきであると。それは,電力との連携を意味しているが,私は更に,ジェネコンも重要な位置を占めるべき,と主張したい。

最近の我々の悩みは,計画すれども建設してくれる人がいない,と言う点である。計画する人がいて,資金があって,それでも発電所が出来ない,というのは,多くの人には納得できないと思うが,最近はそれが現実である。前原さんが,コンクリートから人へ,でジェネコンの海外進出を支援する,と口だけで言っているけれど,実際,発電所の建設を担当するジェネコンの役割が如何に大きいか,身に滲みている昨今である。

朝日の記事の中では更に,官民一体,という言葉を使って,最近話題の産業革新機構に匹敵する新会社の設立も検討している,としている。JBICの機能拡大の中で融資事業の他に,投資事業の積極化も盛られており,民間の基金と国の基金,この場合はJBICの資金を総合した資金の集中化を実現しようとしている点で,過去の財政投融資に替わる,国民の資産の積極的な活用も視野に入れて欲しい。

インドのジャムカシミールは,国境未確定地域で,インドが実行支配している。この地域はインダス河支流の,ジェルム川,シェナブ川などが入り込むインダス流域で,下流にはパキスタンの実効支配地区,アザドカシミールがあって,ダム計画が錯綜し,常にインドとパキスタンの間で,水紛争の起きている地域である。開発が先行する方に水の優先権がある,という原則論もあり,開発競争が激しい。

最近調査が行われたが,インドのジャムカシミールの包蔵水力は,20,000MWであり,そのうち,16,480MWは確認されたプロジェクトである。現在までに開発されたのは14%にあたる2,332MWである。この中には,最近完成した450MWのバギリハールダム(注),工事中または計画中の690MWサラール水力(注),480MWのウリ水力(注),390MWのドウルハスティ水力(注)などがある。

(注)(1) Baghliar HEP,(2) Salal Hydel Electric Project (690 MWs),(3) Uri HEP (480 MWs),(4) Dulhasti HEP (390 MWs).


パキスタンの今夏の電力事情は最悪で,2,500MWの新規投入を進めているが,全体の不足量は5000MWに達し,日3〜4時間の停電は避けられない。8つの新規火力と8つのレンタルの発電所を準備中である。インダス河の水も最低記録である。http://bit.ly/baWMU6

マレーシアのエネルギー相は,サラワクからの電力受電について国会で答え,天然ガスは出来るだけ節約して輸出による国家収入を増やしたい,2,400MWのバクンダムの送電の必要を強調した。また,1200KWのスリア太陽光発電にも触れた。http://bit.ly/bojLyI

インドが実効支配するジャムカシミールの電力事情は,2004年の1706MWから2009年の2120MWとこの4年間で400MW増加,450MWのバギリハール,2013年には需要は2600MWに。問題は送配電ロスで75%にも達している。http://bit.ly/amRfAL

パキスタンの報道によると,インドが進めるアザドカシミールの330MWキシャンガンガ水力の地下発電所工事の中で地滑りのため400世帯が移住を要請された。パキスタンは下流に969MWのニールムージェルム水力を推進中で,インドの暴挙に抗議すると。http://bit.ly/b3CQDU

エチオピアはギルゲルギベ水力のトンネル崩壊で電力危機に立っているが中国の葛州覇集団が,新たに245MWのゲナール水力の開発に同意した。事業費は408百万ドル,場所は,オロミアとソマリ両地区の境界上。現在需要は1200MW,供給は1000MWの状態。http://bit.ly/bwvr8v

ラオスの1,070MWのナムトウン2水力が,遂に水曜日から商業運転を開始した。ラオス政府は25年間は資本配分に従って総額20億ドルが歳入となる,6,000人が水没したが,歳入分は貧困救済に充当する,と政府は明言している。ハノイ発信。http://bit.ly/beQMYh

インド政府は中国に対抗して2540億ドルの外貨資産を活かし,国家開発基金,ソブリンファンド,の設立を計画している。ONGCは大歓迎の意思表示をしたが,額など未定。中国は2兆4000億ドルの外貨資産で,3000億の国家基金を持って海外の資源開発を行っている。http://bit.ly/chnLfY

ベトナムは電力不足が厳しい。渇水と熱波襲来による需要の異常な増大である。経済成長に対する電力需要の弾性値は2程度であるが,最近は2.4から3にまで達している。ホアビン貯水池への流入量は平均の70%であり,EVNは燃料費の高いガスや石油で懸命に対応。http://bit.ly/c9G4yI

パキスタンのザルダリ大統領が米国政府に対して,原子力平和利用で支援を要請,真にパキスタンの安定を願うなら,原子力発電所の建設に頼らざるを得ない。日18時間停電という窮状は,渇水続きの水力発電所では救えない。水問題も一挙に解決できると,必死の訴え。http://bit.ly/cuuJ7x


Other world energy news today

○100317A Pakistan, thenews.com.pk
パキスタンの今夏の電力事情は最悪で日4時間の停電
Massive loadshedding feared in summer
http://bit.ly/baWMU6
Pakistan is all set to face the worst ever power shortfall in summer, particularly in hot months even if 2,500 Megawatt (MW) projects in the pipeline do materialised, The News has learnt. “The load-shedding is expected to be two to four hours longer than previous year’s eight to ten hours daily in June, July and August 2010,” reveals an official source at water and power ministry here on Tuesday.

○100317B Malaysia, brudirect.com
マレーシアのエネルギー相が2400MWバクンは必要と
Minister Defends Plan To Import Sarawak Power
http://bit.ly/bojLyI
The Minister of Energy in the Prime Minister's Office, YB Pehin Orang Kaya Seri Dewa Major General (R) Dato Seri Pahlawan Awg Hj Mohammad, said the country would gain more revenue by selling its gas abroad rather than generating local power supply. He was responding to a query made by YB Awg Hj Sulaiman bin Hj Ahai on the reason behind the plan to import energy from Sarawak's Bakun hydroelectric dam.

○100317C India, greaterkashmir.com
インドのJ&Kはこの4年間で400MWの増加となった
In 4 yrs JK’s power demand up by 400 MWs
http://bit.ly/amRfAL
The power demand in Jammu and Kashmir has shot up from 1706 MWs in 2004-05 to 2120 MWs in 2008-09 registering an increase of around 400 MWs with the Government clambering to bridge the mounting gap between demand and supply of energy. “The projected increase in the power demand of Jammu and Kashmir has increased from 1706 MWs (96401 MUs) during 2004-05 to 2120 MWs (14750 MUs) during 2008-2009”, says

○100317D Pakistan, kashmirwatch.com
パキスタン発アザドカシミールのインドプロジェクトで移住命令
IHK Gurez families being relocated
http://bit.ly/b3CQDU
At least 400 Kashmiri families in the Gurez valley in India-held Kashmir are being relocated to some other 'safer' sites to avoid expected landslides damages to them. Gurez is adjacent to the upper parts of the Azad Kashmir Neelum valley. It is in the Gurez zone that India is busy building underground much controversial Kishanganga dam at Kangerwarah site.

○100317E Ethiopia, ezega.com
エチオピアは中国企業と245MWゲナール3水力開発で合意
Chinese Company to Build New Power Station in Ethiopia
http://bit.ly/bwvr8v
The Ethiopian Electric Power Corporation (EEPCo) signed contract with Gezhouba Group Company (CGGC), a Chinese company, for the construction of Genale Dawa 3 Hydropower Project, reports Capital. Genale is located on the border between Oromia and Somali regional states. The power station is projected to generate 254 MW of electricity and will cost US$408 Million to build.

○100317F Laos, mysinchew.com
ラオスの1070MWナムトウン2水力が遂に商業運転開始
Laos's largest power plant begins operation
http://bit.ly/beQMYh
The largest infrastructure project in Laos, the Nam Theun 2 hydropower facility, has started commercial operations, the power company said Wednesday. Four turbines on Monday began supplying the Electricity Generating Authority of Thailand with Nam Theun 2 hydropower facility 1,000 megawatts of power, Nam Theun 2 Power Company (NTPC) said in a statement. Sales of electricity to the Laotian state utility,

○100317G India, businessweek.com
インドは資源開発のためソブリンファンド設立を意図
India Said to Propose Sovereign Fund for Oil Assets
http://bit.ly/chnLfY
India, with $254 billion of foreign-exchange reserves, may create a sovereign wealth fund to help state companies compete for overseas energy assets with China, a government official said. The oil ministry has formally asked the finance ministry to set up a fund using a part of the reserves, the official said, declining to be identified because a decision hasn’t been reached. The size of the fund is yet to be determined, he said.

○100317H Vietnam, english.vovnews.vn
ベトナムは渇水と熱波による需要増大で電力危機が厳しい
EVN faces power shortages
http://bit.ly/c9G4yI
Unusual weather, including early and prolonged drought plus more heat waves, has placed intense pressure on the Electricity of Vietnam (EVN) group to mobilise different resources and ensure a sufficient supply for production and domestic use. EVN Deputy Director General Dang Hoang An says electricity consumption in the past two months increased dramatically compared to the same period last year. Statistics show that

○100318A Pakistan, thenews.com.pk
パキスタンのザルダリ大統領が米国に原発建設支援を要請
Nuclear needs
http://bit.ly/cuuJ7x
As the country is engulfed once again by a wave of power cuts that are leaving some parts bereft of electricity for up to eighteen hours a day, President Asif Ali Zardari has called for the US to help us with the development of civilian nuclear technologies. Of all the myriad crises that we face it is that in the power sector (which links to the problems with water) which is the greatest threat to our continued existence.


Japanese energy news today

○太陽光・風力発電:好機は永遠に続かない,補助金削減前に開発急ぐ
http://bit.ly/aezj1l
○中国、3月末に燃料価格をトン当たり200元値上げか=報道
http://bit.ly/cLoZNB
○中国,新エネルギー産業、水力と原子力発電は拡大期へ
http://bit.ly/b50CmZ


2010年3月17日 ー インドの原子力開発はなお多難 ー

インドの原子力開発には,今や世界の注目が集まっている。それはまず第一に,日立,東芝,三菱重工など日本企業も含めた世界の原子力産業にとっての絶好の開発市場であること,第二に,気候変動問題で中国と並んでインドの石炭火力が元凶と目され原子力発電によって代替されると言う大義名分があること,第三に,米国などにとってインドは拡大する中国の覇権に対抗できる格好のパートナーであること,などだろう。

米印原子力協定受けたインドの原子力は,フランスからの燃料供給を受けて,50%程度の既設原子力の稼働率を挙げてきて,さて今後は何処まで原子力新規電源を伸ばしていけるのか,世界の大きな関心の的である。マンモハン・シン首相は,現在原子力施設,17基4,020MWに対して,2050年に,470,000MWの原子力発電設備とする旨,構想を語った。現在は,化石燃料依存が70%に対して,原子力は僅かに4%である。

1978年でインドの核実験により停止されていた国際的な原子力取引を,2008年の米印原子力協定によって,制裁が解除された。これを契機に,原子力供給国グループNSGとIAEAが,NNPTに署名していないインドを例外扱いすることで,方針を転換し,一挙に,米国,フランス,ロシアが,インドに於ける,核燃料供給も含めた,原子力商戦を繰り広げることになった。

一方,国内体制では,L&Tが,年間3,000〜4,000MWの建設が可能,と打ち上げてきた。NTPCも2017年運転開始で,2,000MWの原子力開発を計画している。国営重電メーカーのBHELも,1,600MWの原子炉の計画である。インドはもはや世界の原子力産業の最下層にいるわけではない。というのも世界の原発大手が,インドを重要な原発部品の製造拠点として発展させていくための計画を密かに固めてきた。

ただ,ここまですんなりとシナリオが進んできたわけではない。米印原子力協定前夜には,インド国会が二つに割れて米国と手を組むことに反対するグループは協定の破棄を迫り,シン首相は一時,職を投げ出す覚悟を決めた時期もあった。また国内法整備で,原子力発電所を民間の手に渡すことには問題があり,この解決にも時間を要した。しかし最大の問題は,今日の時点で問題化した免責事項の確認である。

ブルンバーグの報ずるところによると,「インド政府は米原発関連機器供給企業の賠償責任を免除する法案提出を見送った。日立製作所と米ゼネラル・エレクトリック(GE)の共同事業会社,GE日立ニュークリア・エナジーなどの事業参入は遅れる見通しとなった。」,と報じている。同様の記事はインド国内でも報じられ,2010年原子力被害民事責任法案は,一部議員の反対により提出が先送りされた。

また,今日の記事の中で,インドのマハラシュトラ州,ムンバイから350km西の海岸の村で,フランスのアレバが支援する10,000MW規模の原子力発電コンプレックスの建設が始まっているが,一部の漁民などが土地を手放したくないと,アラビア海に臨むこの風光明媚な土地に,なぜ発電所を造るのかと,反対運動が起きている。余り報じられない地元の抵抗である。

しかし,先週インドを訪問したロシアのプティン首相は,現在工事中のタミルナドウ州,クダンクラム原子力発電所の1,2号機に続き,3,4号機,更に5,6号機へ拡大することで合意した。航空母艦の売却も含めたロシアの巧妙な原子力商戦によって,米国が切り開いた道も,ロシアやフランスが先行する形だ。ベトナムで一敗地にまみれた日本企業は,インドでも苦境に立たされており,今後の成り行きが注目される。


パキスタンへの米国の援助について,約束した前ラファエル国務次官補が,改めて援助の実績を誇示。東京の友好国会議で約束した75億ドルのうち10億ドルは年内に支出される,既にタルベラダム修復など進行中。しかし中小ダムが中心で,バシャダムは入っていないと。http://bit.ly/akZmde

ブラジルの国営電力エレクトロバスは2010年に51億ドルを投資すると発表。その殆どの資金は,サントアントニオとジラウの大規模水力発電ダムとそれに関連する送電線,北のペトロベルホとサンパウロを連結,に費やされる。http://bit.ly/c1SWkj

フィリッピン,ミンダナオの電力危機は深刻で,島の電力を担当するMEPAは,目処がつくまで少なくとも1ヶ月はかかると。工場などに国家銀行が融資して発電機を購入させる計画も,機械が到着するまでに45日必要。米国,豪州,シンガポールに救いを求めている。http://bit.ly/c6E3PC

フィリッピンのルソン,246MWのアンガットダムの売却入札が4月に迫っているが,水道公社MWSSのアラド管理者は,水道が最優先であり,電力の観点から民間へ売却されるのは危険と。既にサンミゲール,ロペス,パンガリアングループなどが入札の構え。http://bit.ly/9hjKuh

インドネシア,スラウエシのドンギ-スノロLNGプラントのガスユシュで火花,JBICが撤退の意向を示してMEDCOが70%は海外へ,と発言したことで,政府のサレー石油相が,政府の方針は変わっていない,ガスは国内で使うと。http://bit.ly/auoLYD

インドネシアの国会のエネルギー委員長が,最早石油やガスの発電所を増やすわけにはいかない,原子力発電の開発にゴーサイン.カリマンタンには1000MW原発150年分のウランがあると。IAEAもOKを出している。バタンのNAEAは調査など準備にかかる。http://bit.ly/acL7Ha

インドで米印原子力協定発効のための事故時免責条項を盛り込んだ法案が2009年のインド国会で可決されたことについて,環境団体及び原発反対派などから,憲法に反していると反対の声が上がっている。補償の上限を50億ルピーは問題だと。これは米国の協力条件。http://bit.ly/cQjS6r

インドは先週デリーを訪問したロシアのプティン首相との間で,現在工事中のタミルナドウ州,クダンクラム原子力発電所の1,2号機に続き,3,4号機,更に5,6号機へ拡大することで合意したが,米国との免責条項問題でインド連立陣営に,揺らぎが生じている。http://bit.ly/duaReY

インドのマハラシュトラ州,ムンバイから350km西の海岸の村で,フランスのアレバが支援する10,000MW規模の原子力発電コンプレックスの建設が始まっているが,一部の漁民などが土地を手放したくないと,アラビア海に臨むこの風光明媚な土地に,なぜ発電所を造るのかと。http://bit.ly/b6hUhl

パキスタン国会が原油ガス探査の状況を質問,担当大臣が答えて曰く,2008年から59の井戸を掘削,22井で発見,18は査定中,4つで327万バレルの原油と4000億立方フィートのガスを発見,126井契約済み,現在国産は,66390BPD,国内で精製,http://bit.ly/aq53Fp


Other world energy news today

○100316A Pakistan, thenews.com.pk
パキスタンへの米国の支援75億ドルは進行中だがバシャダム対象外
$1bn FoDP pledge part of $7.5bn KLA: Robin Raphel
http://bit.ly/akZmde
As many as $1 billion pledged by the United States at the Friends of Democratic Pakistan conference in Tokyo last year is part of assistance that Pakistan would receive under the Kerry-Lugar Act (KLA). This was stated by Robin Raphel, a former US assistant secretary of state for South Asia and currently, the coordinator of civilian assistance for Pakistan, in Geo News programme ‘Aik say Do’. Under the Kerry Lugar Act,

○100316B Brazil, reuters.com
ブラジルのエレクトロバスは水力ダムなど10億ドルを2010年
Brazil's Eletrobras to invest $5.1 bln in 2010
http://bit.ly/c1SWkj
Brazilian state-owned power utility Eletrobras (ELET6.SA) will boost investment by about two-thirds this year mainly for the some of the largest hydropower dam and electricity transmission projects in the nation, the company's chief executive said on Monday. Eletrobras, Latin America's largest power holding utility, plans to increase investment to 9 billion reais ($5.1 billion) this year from 5.4 billion reais in 2009, CEO Jose Antonio

○100316C Philippines, bworldonline.com
フィリッピンのミンダナオの電力危機は少なくとも1ヶ月は続く
Electricity crisis relief expected in at least a month
http://bit.ly/c6E3PC
IT WOULD take at least a month before Mindanaoans could experience some relief from the power crisis gripping the island under a state-sponsored scheme to lease generator sets. Guido Alfredo A. Delgado, who represents the Mindanao Electric Power Alliance (MEPA), said the leased facilities are expected to be installed as early as the second week of April. He said MEPA -- a group of Mindanao-based business

○100316D Philippines, bworldonline.com
フィリッピンの246MWアンガットダムの売却でMWSSが懸念
MWSS: Hydropower plant sale may affect Metro water supply
http://bit.ly/9hjKuh
THE WATER utility regulator for Metro Manila yesterday raised concern that power generation has taken priority over domestic water use at the Angat dam, claiming problems could arise if the Angat hydroelectric plant is privatized next month. Diosdado M. Allado, Metropolitan Waterworks and Sewerage System (MWSS) administrator, said such “violations” may become more pronounced as a result of privatization.

○100316E Indonesia, tradingmarkets.com
インドネシア,スラウエシのドンギ-スノロLNGは国内消費と
JAKARTA DENIES ALLOWING EXPORT OF MOST GAS FROM DONGGI SENORO
http://bit.ly/auoLYD
The Indonesian government denied allowing the majority of gas from Donggi Senoro gas field in Central Sulawesi to be exported. The government has not changed its decision to use most of gas from Donggi-Senoro for domestic consumption, Energy and Mineral Resources Minister Darwin Zahedy Saleh said last weekend. Earlier last week Hilmi Paniforo, the chief commissioner of Medco Energi Internasional, a co-owner of the gas

○100316F Indonesia, antara.co.id
インドネシアの原子力開発に国会がゴーサイン
House okays nuke plants
http://bit.ly/acL7Ha
The House of Representatives (DPR) has given the green light to the government`s intention to go ahead with its plan to build nuclear power plants (PLTNs). Looking ahead, Indonesia could no longer rely on unrenewable energy sources such as gas and coal to generate electricity, chairman of the House Commission overseeing energy, technology and the environment Teuku Riefky Harsya said in a press statement on

○100316G India, expressbuzz.com
インドの米印原子力協定で事故免責条項の法が憲法違反と
Greens lambast Nuclear Bill
http://bit.ly/cQjS6r
Environmentalists and antinuclear activists say the Civil Liability for Nuclear Damage Bill (2009) which exempts foreign companies from legal liabilities in case of a nuclear accident and proposes a low cap of Rs 500 crores is unconstitutional and undermines public safety. “The Bill to be tabled in the parliament not only allows US companies to go scot free in case of a nuclear mishap but also uses Indian taxpayers money to pay

○100316H India, theenergycollective.com
インドはロシアと原子力拡大で合意したが米国の免責条項で問題
India expands Russian reactor deal
http://bit.ly/duaReY
India 'Roadmap' includes four more Russian reactors at Kudankulam . . . but ruling coalition withdraws bill to cap liability for U.S. firms after protests from left-wing parties, 15 March (NucNet): India has agreed a ‘roadmap’ for the construction of further nuclear power plants in the country in cooperation with Russia. Indian prime minister Manmohan Singh said on March 12 that the roadmap for additional nuclear plants was

○100316I India, news.bbc.co.uk
インドのムンバイの西の海岸でフランスの原子力に反対運動
Indian farmers battle against nuclear plant
http://bit.ly/b6hUhl
A robust people's movement against a major nuclear power project has built up in a cluster of small villages on India's picturesque Konkan coast. The BBC's Zubair Ahmed reports: Some 350km (220 miles) from India's commercial capital, Mumbai, lies the village of Madban overlooking the vast expanse of the Arabian Sea. It is in this village that a 10,000 megawatt nuclear power plant is proposed - and farmers and fishermen, backed

○100316J Pakistan, pakobserver.net
パキスタン国会で報告,22井戸で原油ガスを発見
22 oil, gas discoveries made, NA told
http://bit.ly/aq53Fp
Minister for Petroleum and Natural Resources Syed Naveed Qamar Monday informed National Assembly that a total 59 onshore and offshore exploration wells were drilled in the country from January 2008 onwards. Responding during the question hour session, he said, 22 oil and gas discoveries are made during the period. Out of these 18 are under appraisal, whereas four discoveries have been initially appraised having reserve


Japanese energy news today

○エジプト風力発電に円借款 389億円
http://bit.ly/b5EyyB
○日経社説,人ごとでない中国の成長のひずみ是正
http://bit.ly/aPOl1S
○グーグル中国撤退間近か 「間もなく発表」と広報
http://bit.ly/9sKZru
○中国,石炭産業,長期的には値上がりの可能性大
http://bit.ly/a1fhfd
○中国,「市場化石炭」と「計画化電力」の対立は発電不足
http://bit.ly/a2ywGG
○中国,石炭産業と電力産業、利益をめぐる「双方の言い分」
http://bit.ly/arPl5z
○インド原発関連法案先送り、一部議員が反対
http://bit.ly/aixGns
○中国,石炭輸送は需給緩和「生産量増加より輸送力増加分大
http://bit.ly/aUjvVa


2010年3月15日 ー メコン下流本流のダムは出来るのか ー

メコン川下流域本流に本当にダムは出来るのであろうか。かって一度諦めたこのダム開発も,中国の参入で俄然熱気を帯びてきた。1970年代には,プノンペン上流のサンボールダム(注1)に日本工営が詳細な調査を行い着工寸前で,インドシナ半島の政治混乱から挫折,1990年代初め,ビエンチャン直上流のローパモンダム(注2)が提案されてFS調査直前まで行ったが,沿岸諸国の反対で潰れた。

1990年当時,タイの経済成長はすさまじく,また東北タイの水不足と相まって,ローパモンダム(注2)が具体化するかに見えたが,メコン委員会総会で否決された。タイ代表は,血涙を絞る演説をぶって,遂にメコン河にはダムは永遠に出来なくなった,人類に与えられた膨大なこのエネルギー水資源を未開発のまま,我々の手でここに葬り去るのか,と。しかし,この熱演もカンボジアやベトナムの代表の心を動かすことは出来なかった。

あれから20年,再びメコン本流下流域でのダム開発が,大きな開発の焦点となってきている。上流部でダム建設を行う中国の南下と共に,エネルギー不足と水不足に泣くタイは,再び勢いを得たようだ。日本工営が調査を行った最下流のサンボールダム(注)には,既に中国の南方電網が調査を開始している。3,000MW規模とするか,450MW規模となるか,計画の岐路に立っている。

しかし問題は上流域だ。ルアンプラバン(注3)の下流本流沿い100km地点に,タイ企業が進めるサヤブリダム(注4)があるが,これは出力1,260MWで,北部タイへの灌漑も視野に入れている。またこのタイのプロジェクトの上流と下流に,中国企業が2つのダムを準備中である。ルアンプラバン上流川沿い約150kmのパクベンダム(注5)は1,230MW,サヤブリダム(注4)の下流120kmのパクライダム(注6)は1,320MWである。

この3つのダムサイトは,タイの国境が離れた部分ですべてラオスの領域であり,パクベンダム(注)の中国企業大唐電力,サヤブリダム(注)のタイ企業カルンチャン,パクライダム(注)の中国企業シノハイドロも,いずれもラオス政府から開発権を取得している,下流影響問題を除いては,タイは全く口が出せない地点ばかりだ。急流も各所にあって渓谷で,開発の可能性は高い。

恐らく中国企業は,今の勢いからすれば,ダムプロジェクトを進めると思われる,ラオス政府さへ説得すれば,上流のランサン川でダムを建設してきたことと何ら変わりはないからだ。下手をすれば,カンボジアのフンセン首相を取り込んだ中国は,下流のサンボールダムも,推進する可能性がある,ベトナムの相当の抵抗が予想されるが。上流については,中国資金が潤沢な今しか,もう開発のチャンスはないだろう。

(注) (1) Sambor dam,(2) Low Pamong dam,(3) Luangprabang,(4) Pakbeng dam, (5) Xayabouri dam,(6) Paklay dam

東アジアと東南アジアはこの数十年間で最悪の渇水に見舞われている。地球温暖化との関係は判断できないが,エルニーニョが影響していることは明白である。タイ,インドネシア,北部豪州は特に顕著で,中国も西南部は厳しく,メコン河では50年ぶりの最低水位である。http://bit.ly/arvbi0

中国は全土に亘って本格的に,知的送電網,スマートグリッドの建設を段階的に進める方針を温家宝首相の下で確定した。想像してみて下さい,あなたの家の洗濯機もエアコンも,省エネルギーの観点から自然に断続が自動的に操作されることになる,http://bit.ly/d7eQh7

タイとラオスの投資でラオス駐在タイ大使が語る。鉱業や水力開発に期待する,ラオスは2020年までに20000MW開発でアジアのバッテリーとなることを宣言している,タイは2015年までに5000MWを買う約束,ビエンチャンまでの鉄道の建設も計画,http://bit.ly/adnUGx

パキスタンは果たして本気でインドと水戦争を起こす気概があるのか,専門家からの問いかけである。1960年のインダス河水協定に照らしても,カシミールのインドのプロジェクト,キシャンガンガ水力はニールム川の水をジェルム川に分水しているが,これに有効な手が打ててない。http://bit.ly/bE5N4U

インドの水力開発は遅れている。緊急に関係閣僚会議で検討する必要がある。2012年までの第11次五カ年計画の目標は15,627MW開発であるが,34%低い10,347MWに止まる可能性。全体で78,700MWが目標。水力開発は火力に比べて開発上困難な状態である。http://bit.ly/aX3iqg

タイの環境グループは政府の進めるメコン河本流ダム開発に反対し,来月フアヒンで開かれるメコン河委員会総会で議題となるべく,政府に要請している。本流に,ウボンラチャタニのバンクムダムとロエイのパクチョムダムが計画されている。サルウイーンも問題にしている。http://bit.ly/9oBbuW

フィリッピンの停電に苦しむミンダナオの地域協議会,アグス-プランギ水力発電所施設の民間への売却に反対する旨の案を可決した。ラナオ自然湖を源泉とするこの7つの発電所群は,ミンダナオ全域の設備出力の55%を占めている。分割民営化への抵抗で注目される。http://bit.ly/cP2rtk

フィリッピンのマニラを含むルソン系統などで土曜日に続いて月曜日も,計画停電が続く見込みと,送電公社NGCPが警告。ルソンでは,需要が伸びてきており,月曜で7,042MWに達するので,332MWの不足と見込まれる。送電公社が警告の重要な役割,http://bit.ly/a7InLg

インドネシアのガス下流を扱うPGNはガス供給不足に苦慮している。工場から発電所まで影響を受けており,不足量は,日量297百万立方フィートに及んでいる。カタールなどのLNG輸入を視野に入れているが,受け入れ設備の整備に時間がかかり,産業界への重大な影響を懸念。http://bit.ly/cT8DOd


Other world energy news today

○100314A Asia, earthtimes.org
特集,東アジア,東南アジアの渇水は厳しく10数年ぶり
East, South-East Asia left high and dry this hot season - Feature
http://bit.ly/arvbi0
Great swaths of South-East and East Asia are suffering from their worst dry-season drought in decades, and the monsoon is still months away. Worse still, the seasonal rains might be postponed by the El Nino phenomenon, experts said. El Nino, a warming of Pacific Ocean waters that results in changing weather patterns, cannot be blamed for the current drought, but it might affect the coming monsoon season, which starts


○100314B China, news.xinhuanet.com
中国は全土に亘って本格的に,知的送電網,スマートグリッドの建設を段階的に進める
China sets to build smart grid to tap renewable energy
http://bit.ly/d7eQh7
Imagine the scenario: bulbs, washing machine and air-conditioner in your house could automatically switch to operate in an energy-saving manner at peak times of power use when electricity rates heighten. Actually, it may come into reality soon. China is stepping up the "smart grid" construction across the country, as Premier Wen Jiabao put it in the work report to the top legislature last week. Cai Guoxiong, deputy chief

○100315A Laos, nationmultimedia.com
ラオスのタイ大使が2015年までに5,000MW買電確認
"Strengthen ties to maximise trade, investment opportunities with Laos'
http://bit.ly/adnUGx
Laos presents huge trade and investment opportunities for Thailand thanks to its lavish natural resources, but the Thai side will have to do more to strengthen bilateral ties if it wants to benefit fully, said Thai Ambassador to Vientiane Wiboon Khusakul Thai companies that have invested in the country include Mitr Phol Sugar Group, which has a sugar mill in Savannakhet, Charoen Pokphand Group with a coffee plantation in

○100315B Pakistan, pakobserver.net
パキスタンは果たして本気でインドとの水戦争を考えているのか
Is Pakistan Ready for Water War?
http://bit.ly/bE5N4U
There is a realization the world over that future wars would be on depleting water resources and this, I fear, is particularly true in the case of Pakistan. We have miserably failed to build water reservoirs and protect our water rights on three rivers - Indus, Jhelum and Chenab, on which Pakistan has priority rights under the Indus Water Treaty.

○100315C India, dnaindia.com
インドの水力開発は第11次五カ年計画で目標より34%低い可能性
Only 66% of hydro capacity target is likely to be met
http://bit.ly/aX3iqg
The hydro electricity capacity addition during the 11th Plan (2007-12) may be 34% lower than the target, according to a mid-term review. The government had set a target of 15,627 mw of hydro generation capacity addition for the 11th Plan, of which only 10,347 mw is may be completed. The hydro capacity addition target accounts for 19% of the total power capacity addition target of 78,700 mw for the 11th Plan period.

○100315D Thailand, bangkokpost.com
タイなどが進めるメコン河下流のダム開発で環境グループがMRCで検討要請
Govt urged to scrap Mekong dam plans
http://bit.ly/9oBbuW
People living along the Mekong River want the government to scrap its plans to build dams, to help safeguard the river from further exploitation.
"Experience and scientific evidence show there is no way to heal environmental and social damage caused by mega-dams," the Mekong People Network said in a statement yesterday to mark International Day of Action for Rivers. "The dams will destroy our food sources and bring ...

○100315E Philippines, americanchronicle.com
フィリッピンのミンダナオの地域協議会は水力施設売却に反対決議
Council rejects privatization of Agus-Pulangui hydropower complexes
http://bit.ly/cP2rtk
The Regional Development Council Region 10 (RDC-10) has endorsed a resolution rejecting the privatization of the Agus-Pulangui Hydroelectric Power Complexes (APHC) of Mindanao. The resolution was passed unanimously without objection by RDC-10 during its 85th Full Council Meeting held Friday, March 12, 2010 in Cagayan de Oro City. Engr. Modesto Mabaylan, RDC-X Infrastructure and Utilities Development Committee

○100315F Philippines, abs-cbnnews.com
フィリッピンの送電公社NGCPが月曜も332MW不足で計画停電と
NGCP: Expect more blackouts nationwide
http://bit.ly/a7InLg
The National Grid Corporation of the Philippines warned that an increase in power generation deficiencies will result to more blackouts in the country this Monday. An NGCP advisory said the Luzon grid will have an increased generation deficiency of 332 megawatts, compared to 120 MW last Saturday. "This increase in power deficiency from last Saturday afternoon’s 120 MW can be attributed to the significant rise in power

○100315G Indonesia, thejakartapost.com
インドネシア政府はガス不足に苦慮して対策を検討中
Govt promises to solve supply shortage
http://bit.ly/cT8DOd
Minister of State Enterprises Mustafa Abubakar has promised to help solve the acute gas supply shortage being suffered by state gas distributor PT Perusahaan Gas Negara (PGN). “We will meet with PGN’s president director on Wednesday or Thursday to find the best solution in dealing with the gas supply shortage,” Mustafa said at his office on Friday in response to PGN’s plan to reduce its gas supply to ceramic producers


Japanese energy news today

○タイ・タクシン派、陸軍中枢施設へ移動 デモ隊暴徒化懸念も
http://bit.ly/9aB0zA
○チリで一時大規模停電 全人口の9割に影響
http://bit.ly/9Dr69X
○中国海洋石油、南米の同業に50%出資 需要急増で
http://bit.ly/cjohuS
○中石化の四川ガス田、東部地域へ供給開始 価格は「西気東輸」の2倍
http://bit.ly/d1YgwM
○国営のインド石油天然ガス公社、10年で200億ドルの海外投資 権益取得へ
http://bit.ly/aPLX3i
○中国海洋石油、アルゼンチンのブリダスの50%を31億ドルで取得
http://bit.ly/bk6DBj


2010年3月14日 ー タイはラオスからの買電交渉再開 ー

今日,タイのバンコクは大変な混乱に見舞われないかと心配だ。20万人を超すタクシン支持の人々が集まっている。タクシンという人は本当にタイの人々の幸せを願っているのだろうか。国外からネットを通じて扇動を繰り返している。ブミポン国王は高齢で,どれほどタイの将来を心配しているか,全く気の毒である。カンボジアのフンセン首相も,中国の資金攻勢で,頑固になってきたし,私は地域の安定を心底祈っている。

しかしこのような不穏の空気の中でも,タイは景気回復への道をたどり始めたようだ。エネルギー省は買電交渉を再開するという。北部の古都ルワンプラバンの上流,メコン河の右岸から北方へ延びるナムウー川の比較的下流にある500MWのナムウー(注1)水力が上がっている,シノハイドロによる開発地点だ。雨も少なく川沿いの住民も多く,傾斜の緩やかな川で水没も多く,私は一番後回し,と主張していた。

中国は,ラオスの水力に対しては出遅れた。1990年代初頭に,ラオスのIPP開発が始まったときは,中国はまだ海外進出に十分の準備がなく,ラオスの有力地点は殆ど,先陣を切ったノルウエー,フランス,オーストラリア,それに続くタイ企業に押さえられてしまった。日本企業は水力に対しては慎重で,殆ど良い地点を逃してしまったが,ナムグム3(注2)に丸紅がとりつき,関西電力もナムニエップ(注4)を保持していることは心強い。

ナムウー(注1)水力の他,ナムバク(注4),サヤブリ(注5)が買電再交渉の対象に上げられている。ナムバク(注4)はタイ企業主導でビエンチャンの近く,140MWの規模である。サヤブリ(注5)は詳細検討の必要があるが,1,260MWで,ルワンプラバン上流の本流開発で,しかもタイ北部の灌漑も視野に入れた,タイ企業による乾坤一擲の大規模プロジェクトである。

果たして本気で本流開発をやるのかどうか,上流で中国がダムを造って,下流でダムを造って悪いのか,と言うところだろうが,比較的社会への影響は少ない場所,とも言える。丸紅のナムグム3(注2)も,改めてラオス政府との協定を更新して臨む段取りだ。関西電力のナムニエップ(注4)は話題になっていないが,上流のナムニエップ2で,中国企業が大規模なプロジェクトを計画しているのは不気味である。

もう一度繰り返すが,日本企業の海外での水力開発には,日本のジェネコンの協力が欠かせない。と言うよりは,これからの海外プロジェクトはジェネコン主導であるべきだ。ジェネコンがいなければ,電力や丸紅が頑張っても,水力発電所は出来ない,造るのはジェネコンである。EPCを視野に入れたジェネコンの再編成は,国内でコンクリートよりも人柱で洪水を止める時代,ジェネコン再編成強化拡大は必須である。

(注)(1) Nam Ou,(2) Nam Ngum 3,(3) Nam Ngiep,(4) Nam Bak,(5) Xayaburi,(6)


インドネシアのエビタ総局長が天然ガスの需給に赤信号と,2010年の不足が23.3%に達すると。不足量は日255万立方フィート,PLNなどの国内需要の盛り上がりと井戸の老朽化,問題は中国と約束している百万Btu3ドル,安すぎるが中国は交渉拒否,http://bit.ly/aIIlH0

パキスタンは電力不足に耐えかねて小規模ダムの緊急開発に踏み切った。それぞれの州にダムを目指し,全国で32ダムを開発する。総事業費は2500億ルピー,13ダムが貯水池式で,バロチスタンに5つ,NWFPに2つ,シンディに4つ,ムンダダムも入っている。http://bit.ly/9l5n34

インドのアッサム州は,現在75%を水力発電に依存しているが,渇水のために停電が多く経済に影響大だが,ブラマプトラ河沿いの州都グワハティから125km西方の1250MWボンガイガオン天然ガス火力を2012〜13年に完成させて電力は安定すると,州政府。http://bit.ly/bhbvl2

ベネズエラは豊富な原油産出国でありながら電力の75%を水力に依存していて,電力供給は破滅寸前の状態で,原油生産を電力に頼っているため,米国への輸出が懸念されているが,石油相は,例え電力が壊滅しても生産は続けると。チャベス大統領は大々的な停電を警告。http://bit.ly/azSVnn

中国南部の紅水河の龍灘水力発電所は,5400MW中国第2の規模を誇るが,RCC型のダムとしても世界最大で高さ216.5m,また地下発電所は,長さ388.5m,幅28.5m,高さは72.7m。年間発生電力量は,156〜187億KWhが発生する。紅水河の洪水防御など。http://bit.ly/9fzqkT

インドネシアの地熱開発でWWFなど環境グループが慎重な姿勢を余儀なくされている。地球温暖化の立場から地熱開発は支持するがそれに伴う森林破壊に懸念を示している。インドネシアは2025年までに9,500MW,大量の地熱を,多くは保護地区に中で開発する。http://bit.ly/cGTQDl

インドネシア政府は電気料金値上げについて2010年後半はじめより,6600VA以上のユーザー,全体の50%,を対象に実施する計画を進めているが,国会審議を前にインドネシア銀行は,インフレへの影響は限定的,とのコメントを発して,エネルギー省を支援している。http://bit.ly/cQevXi

タイは買電契約を棚上げしていたラオスの水力で一部を再交渉するとエネルギー省がコメントした。対象となっているのは,中国企業のナムウー,タイ企業のナムバク,サヤブリの3地点である。2008年の資機材価格の高騰が収まった,との見方である。丸紅のナムグム3も動く。http://bit.ly/bs2cdG

フィリッピン,電力不足に苦しむミンダナオ,アグス水力発電所の源泉となっているラナオ湖の水位が更に下がり,698.99mに達し,更に低下を続けている。土曜の9時半時点で699.15mから数ウインチ下がる,これ以上下がると停止の必要,http://bit.ly/b2kaB6


Other world energy news today

○100310E Indonesia, The Jakarta Post
インドネシアは2010年23%のガス不足に陥る
Natural gas supply to see 23.3 percent deficit this year
http://bit.ly/aIIlH0
Natural gas supply and demand in 2010 will see a deficit of 23.3 percent based on demand specified in contracts and commitments combined in relation to available supply. The shortage equals to 2,554 million standard cubic feet per day (mmscfd), an official says. Evita Legowo, the Energy and Mineral Resources Ministry’s director general for oil and gas, told reporters Tuesday that the deficit was caused by the decline in output

○100310G Pakistan, paktribune.com
パキスタン政府は緊急措置として32にの小規模ダム建設に踏み切る
Govt plans to build 32 dams to overcome power shortage
http://bit.ly/9l5n34
The government has planned to construct 32 small and medium dams in all provinces with an estimated cost of Rs250 billion to bridge the supply and demand gap of electricity. The dams would be constructed under the Public Sector Development Programme (PSDP) for 2009-10, an official said here on Tuesday. Out of these 32 dams, 13 reservoirs will be built in first phase and work on some of them had already been started, he said.

○インドのアサム州は2012年に1250MWボンガイガオン火力で安定
Power situation to improve by ’12: Govt
http://bit.ly/bhbvl2
State Power Minister Pradyut Bardoloi today told the Assembly that the power scenario would witness considerable improvement by 2012-13 with the commissioning of the revived 1,250-MW Bongaigaon Thermal Power Station (BTPS). Replying to a call attention by Pradip Hazarika (AGP) who cited a recent newspaper report and sought a clarification on the prospect of completion of the Amguri gas-based thermal power

○100313B Venezela, online.wsj.com
ベネズエラは電力危機で破滅寸前だが原油生産は続けると
Venezuela: Oil Will Keep Flowing Even If Power System Collapses
http://bit.ly/azSVnn
Venezuela, one of the top five suppliers of petroleum to the U.S., would continue producing crude oil even if its ailing electricity system were to suffer a collapse, the country's oil minister said Friday. "We will not stop producing oil," Oil Minister Rafael Ramirez told reporters, adding that he doubts there will be any catastrophic failure of the national electricity system, so long as energy-conservation efforts continue.

○100313C China, pr-usa.net
中国南部の紅水河の龍灘水力発電所は5400MWで中国第2
Longtan Hydropower Station in China Chooses Dorot Control Valves
http://bit.ly/9fzqkT
Longtan dam in China is the second largest hydro-electric power station in Asia, located in on the Hongshui River in southern China. Longtan dam was designed to provide power generation, improve conditions for shipping, help flood control and combat salt tide that has plagued water usage in cities along the Pearl River Delta. The entire project involves the construction of a roller-compacted concrete gravity dam, subterranean power

○100313D Indonesia, The Jakarta Post
インドネシアの地熱開発で環境グループが難しい立場
Support for geothermal projects open to govt abuse: Activists
http://bit.ly/cGTQDl
Environmental activists are wary that their support for building geothermal plants in protected forests will be an excuse for the government to allow companies to operate mines in the areas. The concerns were raised following the passing of new regulation allowing underground mining in protected forests. Activists say geothermal plants pose different environmental impacts from mining and that the government should draw

○100313E Indonesia, The Jakarta Post
インドネシアの電気料金値上げでインドネシア銀行がインフレは限定的と
No inflation spike from power tariffs hikes: BI
http://bit.ly/cQevXi
The planned increase of electricity tariff in early second half this year will not significantly accelerate inflation, the central bank said, maintaining its inflation estimate at between 4 percent and 6 percent. “There is an effect but it’s really small ... We don’t see a serious problem although the tariff of certain [category of] VA electricity is raised,” acting Bank Indonesia (BI) Governor Darmin Nasution said Friday.

○100313F Thailand, istockanalyst.com
タイは景気回復と資機材価格の落ち着きでラオスの3水力を買うと
Purchase plans from Laos to be revived
http://bit.ly/bs2cdG
Thailand may resume plans to buy electricity from three hydropower plants in Laos after negotiations faltered earlier because construction material costs were higher than expected, says Pornchai Rujiprapa, permanent secretary of the Energy Ministry. The Electricity Generating Authority of Thailand (Egat) signed memoranda of understanding with the operators of three projects in Laos in 2007 but the agreement expired

○100313G Philippines, newsinfo.inquirer.net
フィリッピンのミンダナオのラナオ湖の水位低下でアグス水力停止の恐れ
Lanao Lake water level shrinks
http://bit.ly/b2kaB6
The water level in Lake Lanao, which runs the Agus hydropower plants, further decreased to 698.99 meters, raising fears more power generating facilities would have to be shut down. Alan Abamonga, operations engineer on duty at Agus 4, said the new water level was registered 9:30 a.m. Saturday, down by several inches from the previous mark of 699.15 meters. If the situation continues, Abamonga said, the National Power Corp.


Japanese energy news today

○タイ緊迫 反政府デモ、あす首都集結
http://bit.ly/cpzoiG
○ロシア、印と原発協力拡大 首脳会談で合意
http://bit.ly/bMgJ8E
○韓国朝鮮日報社説,統制権と原子力協定、交渉で韓米同盟の成熟度示せ
http://bit.ly/djZ4BW
○メコン川異常渇水の中国原因説に反論、流域諸国をダム視察に招待―中国
http://bit.ly/bmlkJ0
○大ガス1350億円投資計画…10年度 LNG開発など海外450億円
http://bit.ly/bUrOub
○ドバイショックで資金移動,中国人富裕層がマレーシアへ投資視察ツアーを企画
http://bit.ly/9Qen80
○中国、送電網に50兆円 風力や太陽光、日米企業に商機
http://bit.ly/bMYSn7


2010年3月10日 ー 日本の電力の海外進出を問われて ー

2日間ほど出かけていて,途中で更新を試みたが,時間がなくて出来なかった。ある研究グループと討議をしていたが,私自身が随分追求されたのは,2点で,一つは日本が人道目的で支援しているオフグリッド,小水力や太陽光の多くの施設が使用不能に陥っているのはなぜなのか,と言うことと,二つは,中国は世界のダム建設を大々的に進めているのに,日本は関電のサンロケだけではないか,どうしたのか,ということであった。

オフグリッドがうまくいかない,という資料は私は把握できていないが,JICAで全世界を統計的に調査してみる必要がある。小水力のジレンマ,小流域では渇水の影響を受けるし,大流域では洪水で破壊される,と言う問題を,もっともっと造る側が工夫に工夫を凝らす必要がある。太陽光は,バッテリーの維持管理とその更新が,地元では出来ない,と言うことが主因とも言われている。いずれにしても何とも恥ずかしい話なのである。

世界で進む大水力の建設に日本の電力などの企業が,どうして出て行けないのか,中国に圧倒されて呆然としている,と言ってしまえば簡単だが,人類最後の戦いに日本企業が参加しないのは,残念だ。一つは資金調達に国内世論の支援が得られない問題があるが,これはJBICなどに対して,それぞれの国の発展段階の違いを説得してかかる必要があるが,もう一つの原因は,日本の全体の産業構造の変化にある。

日本に於ける発電ダムの建設は,一手に電力企業が負ってきたもので,電力企業と商事会社が頑張れば海外のダム建設も出来る,と思っているけれど,実はそうではない。今までは計画さへ立てればしっかりしたジェネコンが,黙っていても造っていてくれたから,そう言うものだ,と思ってしまっているけれど,実はダム建設の担い手の主力はジェネコンなのだ。ジェネコンをしっかり育てなければ,海外のダム建設は不可能だ。

特に最近の民間開発,IPP事業は,EPC契約で,エンジニアリング,機器調達,建設工事を一手にコントラクターが担う必要がある。言うなれば,ジェネコンが主導して設計コンサルタントを動かし,水車発電機メーカーなどすべての資材調達をマネージする必要がある。ジェネコンの変質を許してはいけない,前原さんと談判しても,日本のジェネコンの先行きを議論する必要がある。ジェネコンなくして日本企業の海外進出はあり得ない。

世界の分業化で,高度な建築分野は日本のジェネコン,大規模な土木工事を伴うダムなどは中国のコントラクター,と言う棲み分けが進めばよいけれど,中国は今のところは国一丸となって,計画,資金,機材,工事,運用,ともすべて中国で統一し,労務者までも中国オリジンで走ろうとしている。その中で一部を日本のプロジェクトに振り向けたとしても,本気度が違う。日本のジェネコンの再強化を,全国代で議論すべき時だ。


フィリッピンの電力供給危機についてNGCP曰く,来週のルソン系統は発電所の事故がない限り計画停電はない,ガス火力が正常に帰りつつある,しかし,ビサヤス系統とミンダナオ系統は停電が続き,特にミンダナオは,1500MWのピークで停電は避けられないと。http://bit.ly/9VXHl6

エチオピア政府は,ノルウエーの支援を受けて,青ナイル川の2つのダムの調査を開始する。高さ200mのダムによる2,000MWのメンディア・ダムと,高さ285mのバコアンボ・ダムの2,100MWである。二つのダムは164km離れた位置にある。http://bit.ly/8Z3jAf

フィリッピンのミンダナオの電力危機で,大統領の非常事態宣言の元,今週末までに閣議レベルで最終対策案を提示する。官民協力の設備増強,発電機を積んだ船の回漕,工場の夜間作業などの案が浮かんでいる。ビサヤス系統やルソン系統では,暫定的に停電のない状態に帰っている。http://bit.ly/bSGWcB

インドとパキスタンの水問題でインド側の発言。パキスタンは水問題を政治問題化して紛争の激化を煽っている。確かにパンジャブでは水需要が増え,渇水とヒマラヤ氷河の融解が議論に影響を与えている。インダス協定では西の支流がパキ,東がインドに優先,今後も話し合いは続く。http://bit.ly/9oqbKS

ベネズエラ,3分の2が水力で渇水のために電力危機で非常事態宣言下にあるが,9月に総選挙を控えて,チャベス大統領を非難する声が強くなってきている。大統領は,今後は原子力発電の開発を目指して,風力と原子力を開発の目標に置いている。http://nyti.ms/bR8rS0

フィリッピン,レイテ島南部の選出あるメルカド議員は,アロヨ大統領に対し,地域の渇水の被害を訴え,サンジュアン地熱発電開発のため,大統領の来訪を要請,更に議員は,国の電力問題解決のため,バターンガスの原子力発電所の再開運転が重要だ,と意見を述べている。http://bit.ly/a6ZY9q

中国の国家エネルギー管理NEAのトップは,LNG輸入を拡大すると発表,広東省と山東省のLNG受け入れ基地の増強計画を持っていることを明らかにした。2009年の輸入量は350万トンであるが,2010年は600万トンの見込み,全使用量の9%相当,http://bit.ly/dg7W8Q


Other world energy news today

○100308A Philippines, newsinfo.inquirer.net
フィリッピンのルソン系統の来週の計画停電は避けられそう
Luzon to be blackout-free this week
http://bit.ly/9VXHl6
Luzon can expect uninterrupted power supply this week if no sudden power plant shutdowns due to technical problems occur, the National Grid Corporation of the Philippines (NGCP) said on Sunday. But the NGCP advised the public that power supply reserves in Luzon and the Visayas were to remain “thin” as several more power facilities would conduct their maintenance repairs. “Barring any unplanned shutdown of two ...

○100308B Ethiopia, addisfortune.com
エチオピアは青ナイルに2つのダムで4000MWプロジェクトの調査
Dams across Nile to Generate 4,000MW Plus
http://bit.ly/8Z3jAf
Ethiopia gave 290 million Br worth of consultancy contracts for the feasibility studies of what could become two of the world’s largest hydroelectric dams. The contract was signed Thursday, March 4, 2010, between the Ministry of Water Resources (MoWR) and two local companies, Tropics Consulting Engineers and Shebele Consult, and two international firms, Norplan Norscot and ADF Scot Wilson.

○100310A Philippines, newsinfo.inquirer.net
フィリッピンのミンダナオの電力危機で週末にも対策発表
Plan to ease Mindanao power crisis in the works
http://bit.ly/bSGWcB
Philippines?Before the end of the week, Malacanang will unveil a plan to ease the worsening power shortage in Mindanao, which is now facing a power deficiency of 750 megawatts, from the 400 MW last week. A select group of Cabinet secretaries is now deliberating on five options that were presented by Energy Secretary Angelo Reyes to President Gloria Macapagal-Arroyo at a Cabinet meeting Tuesday, according to ...

○100310B India, Economic Times
インド川の水問題でパキスタンが危機を意図的に喧伝していると
Pak takes water route to attack India
http://bit.ly/9oqbKS
Water sharing is becoming yet another irritant in the Indo-Pak relationship with Lashkar founder Hafiz Saeed’s rhetoric against India on
the matter being seen as part of the Pakistani propaganda. At a public rally, Saeed accused India of constructing illegal dams and diverting water from Pakistani rivers and went on to launch a movement against India. The fact that Saeed, who is seen as a proxy for the ISI,

○100310C Venezela, greeninc.blogs.nytimes.com
ベネズエラは渇水で電力危機克服のため原子力と風力開発を指向
Drought Has Venezuela Looking at Alternatives to Hydropower
http://nyti.ms/bR8rS0
A severe drought in Venezuela appears to be pushing the country’s president, Hugo Chavez, to ramp up efforts to diversify the country’s energy portfolio. Up to now, hydropower has been the major energy source in Venezuela ? providing residents and industry with up to two-thirds of the total electricity produced. But a record lack of rainfall has resulted in low water flows and several power interruptions ?

○100310D Philippines, pia.gov.ph
フィリッピンのレイテ出身議員が大統領にサンジュアン地熱開発要請
Southern Leyte solon calls on PGMA to revisit San Juan geothermal project
http://bit.ly/a6ZY9q
Sogod, Southern Leyte (March 9) -- Southern Leyte Lone District Representative Roger Mercado saw the upside opportunity with the current El Nino phenomenon now turning fertile fields into parched lands in other areas of the country, sparing this town and the entire Southern Leyte province. With the expected long dry spell, this is the proper time to look closely at the suspended geothermal project in San Juan town,

○100310E China, ogj.com
中国はLNG輸入を拡大するために広東省などの基地を増強する
China to increase LNG imports, facilities
http://bit.ly/dg7W8Q
The head of China's National Energy Administration, reiterating earlier remarks, announced plans to construct more LNG terminals, pipelines, and storage facilities in southern Guangdong province as part of an effort to secure greater imports of LNG for the region. Zhang Guobao, China's top energy official, did not provide more details about possible new terminals to be approved or built in Guangdong, which already has one LNG


Japanese energy news today

○中国石油大手・英蘭シェル、豪資源会社に買収提案 総額2700億円
http://bit.ly/bBXpNI
○温暖化対策法案に原発利用拡大盛り込み、副大臣級が一致
http://bit.ly/9LSfEz
○国際石油帝石と伊藤忠、カスピ海油田を追加開発 750億円投資
http://bit.ly/cycfAu
○バンコクに治安維持法 あすから23日まで
http://bit.ly/db5KAn
○皇太子さま、ガーナの世界最大級ダム湖を視察
http://bit.ly/9sYa3Y


2010年3月7日 ー 中国の東南アジア進出で温度差 ー

鳩山首相が地球温暖化対策で原子力を肯定せざるを得なかった,と言うのは,25%削減を外交戦略だけで打ち出してしまった状態では,原子力を肯定しなければ,つじつまが合わせられないと言うジレンマだったのだろう。原子力については,私のところにも,本当にそれでよいと思うか,という質問が良く来る,人類が手にしてしまった第2の火は,麻薬とは言わないまでも,際限なく燃え広がって行かざるを得ない運命なのだろう。

麻薬のように浸透して行く中国の経済的政治的プレゼンスに,象徴的に染まっていったのは,最近の顕著な例では,12億ドルのダムなどのインフラ建設の代償に,ウイグル人の亡命者達を北京に強制送還したカンボジアのフンセン首相だろう。日本など西側に依存して,国連の援助機関とも深い関係にあったカンボジア政府は,その人権のくびきから解放されたように,人権グループの国外追放に走っている。

メコン川に沿って,中国の経済黎明期に最初にその目標とされたラオスとミャンマーは,一党独裁を保証された上での強大な経済協力に支えられて来ている。勿論,資源獲得の至上命令もあるが,中国としては,国境を接するこれらの国との地政的な結びつきは,その生命線とも言える。そこで歴史的に手こずって来たのはベトナムである。台湾問題でベトナムが思い通りにならず,2億ドルの案件をキャンセルしたのは,最近である。

今日のこの関連記事によると,注目すべきは,東南アジアの中での比較的先進国,シンガポール,タイ,インドネシアだという。これらの国は,中国の支援攻勢の中で,民主主義も西側とのつきあいも,フンセンのように,犠牲にする気は毛頭ない,と見られている。石炭火力で80億ドルに上る支援を受けたインドネシアでさへも,企業の末端から中国への警戒感が噴出してきている。これからの動きに目を離せない。


中国の東南アジアへの進出は潤沢な資金を前面に押し出しての外交攻勢である。特に,最貧国であるカンボジア,ラオス,ミャンマーはこれを受け入れている。しかし周辺のタイ,インドネシア,シンガポールなどの中国への姿勢は微妙で,その資金流入に批判も出ている。http://bit.ly/cUzP7C

ブータンは,2010年,既に着工している1,200MWのプナチャンチュ第1水力,年内着工の990MWプナチャンチュ第2水力,720MWのマンデチュ水力などで雇用増大に期待,インドのコンサルタントの推定では,7000人の新たな雇用が発生。http://bit.ly/cGUyov

フィリッピンのミンダナオでサンミゲールが300MW石炭火力を計画,石炭はミンダナオで炭鉱を新規開発するが,容量的には2000MWまで開発可能,と言っている。更に増設の問題については,ミンダナオの今後の需要如何と。今日の時点で700MWが不足している。http://bit.ly/bb70Wd

フィリッピンのマニラ配電の資本の34.7%を支配するに至ったパンガリアン氏は,メラルコ自身が発電設備を要する決意をしたと述べ,その発電所は再生可能で,水力か地熱であるべき,と語った。配電企業はその規模の半分以下の発電設備に制限されている。http://bit.ly/bqV7gN

インドの水力企業SJVNは6,500MWの保有設備を目指している。ランプール水力412MW,ルーリ水力775MW,ティパイムック水力1500MWの他,ブータンでワンチュ水力900MW,またネパールのアルン3水力は,始めての海外競争入札案件である。http://bit.ly/darUFm

メコン河の水位が劇的に低下している。タイの国家災害警戒センターは,上流の中国のダムは発電放流を行っており,ダムのせいではない,気候変動が原因だと。ヒマラヤの積雪は既に海に流れ出しており,これからの流出が期待できない。国内のダムの水は節約して使えと。http://bit.ly/9TLpWu

パキスタンのシンディ州を中心とした会議で,タール炭鉱の開発についてPEPCOが1200MWを建設することで覚書が交わされ,更に炭鉱企業も1200MWを建設する計画を発表して,大きな進展を見た。中国の炭鉱企業も開発に参加する。http://bit.ly/dayOxs

フィリッピンの電力危機で政府内の専門家が,危機の原因はエルニーニョのせい,というのは間違いで政府の計画性の欠如だと。特にミンダナオについて,水力を多用しすぎており,石炭火力を開発すべきで,それもクリーン技術が大切,それに投資意欲刺激で資金調達をと。http://bit.ly/aEW1Aj

ペルーのアマゾン地域,イナンバリ川に計画されている40億ドル,2,000MW水力プロジェクトで,ブラジルが積極的に支援の方針,ブラジル電力公社EGASURがFS調査を申し入れている。ペルー最大のマンタロ水力を越える規模。現在ペルーは6,500MW,http://bit.ly/9FaeNb


Other world energy news today

○100307A Bhutan, kuenselonline.com
ブータンは,1,200MWのプナチャンチュ第1水力など7000人雇用発生
7,000 new jobs in2010
http://bit.ly/cGUyov
Of the total 6,094 are in the construction sector and 580 in the management category. In the construction sector, 2,507 skilled and 3,587 unskilled workers are required. The construction of the 1,200 MW Punatsangchhu I is already underway and the construction of the 990 MW Punatsangchhu II and 720 MW Mangdechhu are to begin this year. Although no details were available on how many slots will be filled by ...

○100307B Philippines, business.inquirer.net
フィリッピンのミンダナオでサンミゲールが300MW石炭火力
SMC to build 300MW coal-fired plant in Mindanao
http://bit.ly/bb70Wd
Diversifying conglomerate San Miguel Corp. plans to put up a 300-megawatt minemouth coal power plant in Mindanao, a move that can help shore up power supply in the island over the next few years. At the sidelines of the Cebu Energy Development Corp. switch-on ceremony here, San Miguel president Ramon S. Ang told reporters that the company was putting up a greenfield power plant following the acquisition of ...

○100307C China, cbc.ca
中国は潤沢な資金を前面に東南アジアへの外交攻勢をかけている
Beijing's moneyed advance on Southeast Asia
http://bit.ly/cUzP7C
A few days before Christmas, Cambodia hastily deported 20 ethnic Uighur asylum-seekers back to China over the strong objections of Western nations. Two days later, Beijing followed through on a planned $1.2 billion infrastructure investment in Cambodia, one of Southeast Asia's most impoverished nations. The two governments denied any quid pro quo but, for many observers, the coinciding moves were just another sign ...

○100307D Philippines, bworldonline.com
フィリッピンの資本を握るMPIはメラルコ自身が発電所を持つべきと
MetroPac wants Meralco to invest in renewable power
http://bit.ly/bqV7gN
METRO PACIFIC Investments Corp. wants Manila Electric Co. (Meralco), the country’ largest power retailer, to put up its own power plants preferably running on renewable energy. Manuel V. Pangilinan, chairman of Metro Pacific which owns 14.7% of Meralco, said the listed power utility would be able to control costs if it had its own power plants. Mr. Pangilinan said Meralco itself should enter power generation since it knows ...

○100307E India, nvonews.com
インドの水力企業SJVNはブータンやネパールを含め6,500WM開発を狙う
Satluj Jal Vidyut Nigam target 6500 MW
http://bit.ly/darUFm

○100307F Mekong, bangkokpost.com
メコン河の水位が劇的に下がっているが上流中国は放流と
Fall in Mekong's water level not China's fault, says Smith
http://bit.ly/9TLpWu
The drastic drop in the level of the Mekong River has nothing to do with China retaining water upstream, says Smith Dharmasarojana, the director of the National Disaster Warning Centre (NDWC). Rather, the decline is a result of global warming, he said yesterday. Mr Smith explained that dams in China have to release water to generate electricity. Therefore, it was not the upstream dams but the effects of global warming ...

○100307G Pakistan, thenews.com.pk
パキスタンのタール炭鉱についてPWPCOが1200MW開発
MoU signed for 1200 MW power generation project
http://bit.ly/dayOxs
Chief Minister of Sindh Syed Qaim Ali Shah said on Saturday that the government is focussing on Thar Coal Energy Project so that its benefits could reach the people at the earliest. He was addressing a meeting of Thar Coal Energy Board held under his chairmanship at the Chief Minister House. Besides Board Members, Federal Minister Raja Parvez Ashraf, Provincial Ministers Syed Murad Ali Shah and Jam Mehtab Daher, ...

○100307H Philippines, newsinfo.inquirer.net
フィリッピンの専門家が危機はエルニーニョでなく政府の計画性と
Energy exec says gov’t to blame for power crisis
http://bit.ly/aEW1Aj
ENERGY Undersecretary Zamzamin Ampatuan said it was not the El Nino weather phenomenon but the government’s lack of planning that gave rise to the power crisis. Ampatuan said the main problem was really power generation, “so let us stop blaming the weather.” “We have to accept the fact that we did not generate enough power,” he said during an information campaign on the 20-Year Philippine Energy Plan and Nuclear ...

○100307I Peru, andina.com.pe
ペルーの2,000MWイナンバリ水力でブラジルが支援
Brazil backs $4-billion Peruvian hydropower project
http://bit.ly/9FaeNb
Brazilian-backed proposal to build a 2,000-megawatt hydroelectric plant in the Peruvian Amazon has gained momentum in recent weeks as the government of the Andean nation has thrown its weight behind the effort. The Brazilian consortium behind the $4-billion project, Empresa de Generacion Electrica Amazonas Sur S.A.C. (EGASUR), is expected to present feasibility studies for constructing the hydroelectric plant on


Japanese energy news today

○社長人事、守りから成長 主要企業、アジアなど海外重視
http://bit.ly/d2RiEM
○東京都、産業革新機構と覚書締結へ 海外の水道事業で協力
http://bit.ly/dxOJqb
○中国海軍幹部、北極海開発に積極進出
http://bit.ly/dc17uz
○鳩山首相、温暖化対策法案に原発も
http://bit.ly/bmtDOV


2010年3月5日 ー ミャンマーの3,500MWミトソネ水力進捗 ー

ミャンマーの北部,マンダレーからイラワジ河を遡って,鉄道の終点になっているのがミートキーナの町である。1970年代,ラングーンにいたときに,町の映画館でこのミトキーナを舞台とした映画を見た。熱いラングーンで雪景色を舞台にしたこの映画を見ながら。ビルマ北部への思いを熱くした。特に,第2次大戦中のインド北部から中国雲南省に至る援蒋ルートの通過地点としても,私には印象の深い地域である。

地図を見ると,このミトキーナの辺りでは川幅は広く大河の様相を呈しているが,20kmほど北に遡ると,急激に川幅が狭くなってくる。40kmほどの上流に二つの大きな支流が入っており,この合流点にダムが計画されているようだ。30億ドル,3,600MWと言うから,大部分は中国へ輸出されるが,昆明まではまだ1300kmの距離がある。しかし西方300kmには,開発中のメコン上流域が近接している。

このミトソネ・ダムから北へ延びるイラワジの源流地域へは,中国との国境まで300kmの距離であり,その西方はインドと中国の国境未確定地域,ブラマプトラの本流が近い。このイラワジ上流では,中国を中心に,6つのダム開発計画があり,合計で約13,000MWの出力だ。今日の記事はニューデリーで書かれたもので,ミャンマー政府による強制移住で,住民との間に軋轢があることが報告されている。


ミャンマーのイラワジ河上流部支流,3,600MWのミトソネ水力プロジェクトは,軍事政権と中国との間で推進中だが,60村落の移住について軍事政権側が移住を強制,住民側との間に紛争が起こっている。この報道はニューデリーから行われている。http://bit.ly/bGWvh7

ベトナムの石炭公社ビナコミンは,電力公社EVNへの単価を47%上げてトン648,000ドン,約35ドル相当とすることをやっと認められたが,他の分野や輸出単価に比べて低く,不満である。しかし,電力への値上げは年1回しか認められない。http://bit.ly/asv8qY

フィリッピンはルソン,ミンダナオ,ビサヤス全系統で電力供給赤信号,ルソンでは水曜日,236MW不足で日2〜3時間の停電。レイエス長官はカリラヤの水力700MWがなぜ動かないのか,疑問を呈している。カリラヤの貯水池の水位低下激しい,揚水機能はどうなったか。http://bit.ly/9ND1vR

シンガポール海軍の情報筋から,マラッカ海峡で原油タンカーを標的としたテロの可能性の情報が流されており,関係国海軍の緊張が高まっている。このことが原油の価格に少なからず影響を与え始めている。http://bit.ly/9cqmf9

中国は最近,豪州の石炭大手と600億ドル,年3000万トンレベルの石炭供給契約を成立させた。環境グループからの批判もあるが,豪州の石炭は,中国やインド産の石炭に比べて高カロリー配分少なく,中国の大気汚染問題に貢献することが期待されている。http://bit.ly/8ZeJJT


Other world energy news today

○100305A Vietnam, english.vietnamnet.vn
ベトナム政府は石炭価格47%値上げを認めたがビナコミン不満
Government okays 47 percent coal price hike
http://bit.ly/asv8qY
The Government has agreed to the Vietnam Coal and Mineral Industries (Vinacomin) request to raise coal price by 47 percent, commencing March 1, 2010. Major players in coal import discussions Nguyen Van Hai, Deputy General Director of Vinacomin, confirmed the price increase on March 3. Hai said that Vinacomin and Electricity of Vietnam (EVN) agreed after a February 17 working session. The new coal price will be ...

○100305B Philippines, business.inquirer.net
フィリッピンのルソン,ミンダナオ,ビサヤスで電力供給赤信号
Luzon, Visayas, Mindanao power grids on red alert
http://bit.ly/9ND1vR
The country’s three main grids have been placed on red alert after the power supply in Luzon, Visayas and Mindanao swung back to critical levels as of Wednesday afternoon. Power supply in Luzon fell and registered a deficit of 236 megawatts (MW) due to the breakdown of another power plant, causing two-to-three-hour rotating brownouts on Wednesday, according to the National Grid Corporation of the Philippines.

○100305C Myanmar, mizzima.com
ミャンマーの3600MWミトソネ水力で強制的な移住が報じられている
Junta forcibly acquires relocation consent for Myitsone dam
http://bit.ly/bGWvh7
Villagers in Tan Hte village near the hydropower project site at the confluence (Myitsone) of May Kha and May Likha, tributaries of Irrawaddy River, the main waterway and lifeline of Burma, have been forced to give their consent to relocate by signing on a consent paper by Myitkyina township officials, a Kachin social group said. The Kachin Democratic Network Group (KDNG) said that Myitkyina Township Peace and ...

○100305D Malaysia, allheadlinenews.com
マラッカ海峡の原油タンカーを狙ったテロの情報で関係国緊張
Singapore Navy Warns Of Threats Against Oil Tankers In Malacca Strait
http://bit.ly/9cqmf9
Singapore naval officials say they have received intelligence that a terrorist group might be planning an attack on oil tankers in the Strait of Malacca, which is one of the world's busiest shipping lanes. Other large ships carrying dangerous cargo might also be at risk, the officials warned Thursday. There was no word on where the information had come from, or which groups might be involved.

○100305E China, technorati.com
中国は豪州の石炭大手と600億ドル年3000万トンレベルの石炭供給契約
China Coal: Beating the Energy Trap
http://bit.ly/8ZeJJT
China recently signed a MOU of $60 billion, with an Australian Coal major Resource House for a 30 million tonne coal supply deal. Thus, China is finalizing a 20-year contract to receive high quality Australian Coal from a newly developed mining base called First China, which is located in Western Australia state of Queensland. Though the deal was slammed by environmentalists and the media alike, the tie-up with the Australian ..



Japanese energy news today

○米財務長官、4月にインド訪問へ,4月6〜7日
http://bit.ly/9gtmGm
○鳩山首相がラオス主席と会談,メコン地域は東アジア共同体構築のカギ
http://bit.ly/9dSlXR
○イラク油田開発交渉が中断 日本引き続き受注探る
http://bit.ly/c8mSXs


2010年3月4日 ー カンボジアで中国のダム2つが着工 ー

今日は外出していて,とりあえず今の時点のデーターで発信しておきます。今日の中之島での集まりは,関電同期入社の会だったのですが,30人ほど集まりました。いずれもかっては電力の中枢にいた連中ですが,1000km以上の送電は難しい,とか保守的なことを言っている。電気自動車も80億KW必要,と言っても馬鹿にされた。帰って計算して見る,とか言っていたから,後で驚いてメールをくれるでしょう。

カンボジアのスイセン鉱工業大臣が,中国による2つのダム,事業費10億ドルが月内着工,4年で完成と。246MWタタイ水力と338MWラワーラッセイチュルム水力,現在20に9余るダムプロジェクトが,外国企業によって計画中,http://bit.ly/a48xaT

フィリッピンの首都圏給水を主目的のライバン・ダム・プロジェクトで,MWSSの管理者アラド氏は強気,サンミゲールの計画推進を支持,2015年の日16億リッターは必要と。テークパペイで議論,http://bit.ly/9n1QoV

フィリッピンのルソン系統は再び供給力不足に陥っている。カラカ石炭火力とサンタリタガス火力に,水曜になって問題が生じた。送電公社NGCPが時間停電の警告,レイエス長官はカラヤン揚水700MWがあるはずだ,どうしたと,これは故障中,http://bit.ly/a9ZZzn

フィリッピンのレイエス長官は計画停電の続く水曜日,2030年までの長期電源開発に言及,新規に,ルソンで11900MW,ビサヤスで2150MW,ミンダナオで2500MWの開発が必要と。このためには,原油と天然ガスの探査への努力をと。http://bit.ly/9LxOH1

インドネシアのエビタ原油ガス総局長,新環境法案の元での原油ガス生産の増強は不可能と,生産時の廃水温度40Cを保つのは至難の業,2010年の目標,日量96万5千バレルは難しい,それに地方政府の手続きが繁雑を極めると,http://bit.ly/cxgBs4


Other world energy news today

○100304A Cambodia, earthtimes.org
カンボジアで中国による二つのダム246MWタタイなど着工へ
Billion-dollar Chinese hydropower projects get go-ahead in Cambodia
http://bit.ly/a48xaT
Construction of two Chinese-funded hydropower dams costing more than 1 billion dollars is to begin in south-western Cambodia in the coming weeks, local media reported Wednesday. A report from the Ministry of Industry, Mines and Energy said work would begin this month on a 246-megawatt dam costing 540 million dollars on the Tatai River. And building would start in April on a 338-megawatt dam costing 496 million

○100304B Philippines, business.inquirer.net
フィリッピンのライバンダムでMWSSはサンミゲールを督励
San Miguel, MWSS break off Laiban dam talks
http://bit.ly/9n1QoV
The Metropolitan Waterworks and Sewerage System has terminated its joint venture talks with the San Miguel Bulk Water Co. Inc. for the proposed P65-billion Laiban dam project. This will set back the country’s goal of developing a major new water source in five years, according to MWSS administrator Diosdado Jose Allado in a phone interview. By 2015, the country may have a water shortfall of 1,600 million liters per day,

○100304C Philippines, newsinfo.inquirer.net
フィリッピンのルソン系統は水曜に至って更に時間停電
Brownouts, no brownouts, brownouts …
http://bit.ly/a9ZZzn
Philippines?Energy officials spoke too soon that Luzon, including Metro Manila, would be spared from further rotating brownouts. Power supply in the country’s main island suffered a shortfall Wednesday afternoon due to the breakdown of two power units, causing up to three-hour rotating outages, according to National Grid Corp. of the Philippines (NGCP). NGCP said Luzon registered a deficit of 236 megawatts (MW) as a result ...

○100304D Philippines, business.inquirer.net
フィリッピンのレイエス長官が2030年までに16,550MW必要と
RP’s rising energy needs to require 16,550 MW
http://bit.ly/9LxOH1
The government needs to double the country’s power capacity within the next 20 years to serve its growing energy requirements, according to Energy Secretary Angelo T. Reyes. In his presentation at the economic briefing Wednesday, Reyes said Luzon would need an additional 11,900 megawatts; Visayas, 2,150 MW; and Mindanao, 2,500 MW between now and 2030. This was in anticipation of an average economic growth of 4.6

○100304E Indonesia, arabnews.com
インドネシアのエビタ総局長が環境法で原油ガス生産は困難と
New environmental law may affect oil, gas production in Indonesia
http://bit.ly/cxgBs4
Evita Legowo, the director general of oil and gas in the Ministry of Mines and Energy, said recently that the implementation of a new environmental law could reduce oil and gas production by up to 50 percent because of the requirement to reduce the temperature of waste water from their oil and gas production processes from 54C to 40C. She sees how hard it will be to lift 965,000 barrels of oil per day in 2010,


2010年3月3日 ー インドはブラマプトラ河中国分水の憶測消えず ー

まだ見ぬブラマプトラ河,下流はバングラデシュで水辺で遊んだことがあるが,上流は遙か彼方である。水源は統べてヒマラヤ山脈からチベット高原を伝って流れ下ってくる。チベット高原からそのまま東へ東へ,と流れていけば,難なく,成都や重慶が位置する四川省盆地に流れ込むはずであったが,神のいたずらか,或いは南の貧しい人々を哀れんだか,神はこの大河を,7,756mのナムチャバルワ山を軸に,南に折り曲げた。

中国にしてみれば,本来,四川省に流れ込むべき,或いは過去数億年前には流れ込んでいたのではないかとも思われるこの貴重な水を,黄河流域まで引き込みたい。温家宝首相は外交上は,その様な国際法を無視したようなことはやらない,と否定しているが,ダムを造って洪水の水ならいいだろう,とばかり,中国の技術者は,恐らく毎日地図の上に線を引いているだろう,私ならそうする。

それかあらぬか,中国がブラマプトラの水を分流する,と言う噂は,温家宝首相が何度も否定し,シン首相が静まれ静まれ,と言っても,インドの技術者の間で何度も何度も,噂が流れてくる,中国が工事をやっていると。このインドの最北東端のアナチャルプラデシュの大部分は,私の地図では国境未確定地域となっている。このインドの実効支配地域では,中国が押し入ってくる前にダムを造ってしまえ,と計画を急いでいる。

この地域の包蔵水力は50,000MWで,気候変動対策,温暖化抑制,という観点から見ても,人類の最後の戦いの最前線でもある。その中でも,下流の東シアン地区の,25,000MWのラワーシアン水力ダムプロジェクトは,今すぐにも着工可能な地点で,インドの有力企業ジャイピーが準備に当たっている。ジャイピーも疑心暗鬼である,もし上流で水が抜かれれば,約束の電気料金は難しい,とひどく現実的な話をしている。


インドの北東端,中国との未確定国境問題を抱えるアルンチャルプラデッシュ州の国境付近で,2,700MWラワーシアン水力プロジェクトを推進するインド企業ジャイピー,ブラマプトラ河上流で中国が分流計画を進めるなら,買電料金は保証出来ないと。中国否定。http://bit.ly/bwLp3l

カンボジアのラタナキリ,ベトナムとラオスの国境が接する三角地点である。ベトナムからセサン川が流れ下るが,その上流にはダムが建設されている。環境グループや住民が,河川水位が低いのは,気候変動のせいではなく,ベトナム,ラオスのダムのせいだと訴え。http://bit.ly/c2Ovvx

中国政府は現在,2020年までに再生可能エネルギーの比率を15%とする計画について,報告書を作成中である。発改委の幹部はこれについて,発電所建設に5年を要することを考えれば,難しい命題である,報告書の発表時期については,まだ言える段階ではないと。http://bit.ly/bIXiq3

ペルーの中部,ユニン県を中心に,5つのダム建設や鉱山開発のために大規模な住民移住が必要で,現在ペルー国会で議論が進められている。大統領は経済開発のため不可欠と。ユニン地区では中国の鉱山企業チナルコが鉱山開発を実施中。http://bit.ly/9UCV1o

フィリッピンのミンダナオの電力需給は更に悪化している。送電公社は578MW不足としている。ルソンなどは昨日より,回復基調にある。長文の解説記事である。大きな原因は水力の出力不足で,レイエス長官は,恨むなら神を恨め,と言っている。http://bit.ly/bUZZEr

ネパール,ここに出てくるシェルパは25歳で既にエベレストに2回登っている。地球最高地点の石をオバマ大統領に贈った。彼はヒマラヤの氷河の後退を訴えている。麓のクムジュングでは2本の水流が消え,5000m付近は氷はなくなっている。村人は水のため2時間歩く。http://bit.ly/aJvLhQ


Other world energy news today

○100303A Cambodia, phnompenhpost.com
カンボジアのラタナキリ地域で環境団体など水位低下はダムのためと
Ratanakkiri villagers say dams have drained rivers
http://bit.ly/c2Ovvx
ENVIRONMENTALISTS and representatives of communities in remote parts of Ratanakkiri province say the waters of the Sesan and Srepok rivers have dropped to unseasonably low levels, something they claim is linked to the development of hydropower dams along tributaries of the Mekong. Poy Suoth, 54, a representative from Tonle Sesan village in Ratanakkiri’s Veun Sai district, said on Monday that her community ...

○100303B China, baltimoresun.com
中国政府は2020年までに再生可能エネルギーの比率を15%とする計画
China drafts 10-year plan to raise 'clean energy' to 15 pct of total use
http://bit.ly/bIXiq3
China plans to have "clean energy" account for 15 percent of its total consumption under a 10-year renewable energy promotion program soon to be made public, a state-run newspaper cites the head of the country's National Energy Administration as saying. The government will spend billions of dollars on building nuclear and solar power plants, wind farms and on research into renewable energy technology, Zhang Guobao ...

○100303C India, livemint.com
インドのアルンチャルプラデッシュ州2,700MWラワーシアン水力プロジェクト
Jaypee to seekhigher tariffs if China diverts water
http://bit.ly/bwLp3l
China has reportedly set in motion a $62 bn scheme to divert the tributaries of the Brahmaputra Following reports that China plans to divert water from the Brahmaputra river, Jaiprakash Hydro-Power Ltd (JHPL) has sought to raise tariff for power generated from its project in Arunachal Pradesh if the water discharge becomes limited. The Jaypee Group company is developing the 2,700MW Lower Siang hydroelectric

○100303D Peru, ipsnews.net
ペルーのリマ東方地域で5つのダムや鉱山で大規模移住が国会で審議
PERU: Relocating Entire Villages for Mines, Dams
http://bit.ly/9UCV1o
Hundreds of Peruvian communities were displaced as they fled the 1980-2000 civil war. Today the government is pushing for urgent passage of a law that would facilitate the relocation of entire villages or neighbourhoods in mineral or energy-rich areas. The draft law that the government of Alan Garcia introduced to the single-chamber Congress for urgent consideration would move communities from areas where development ...

○100303E Philippines, philstar.com
フィリッピンのミンダナオの電力不足は更に悪化,神を恨めと
Mindanao power shortage worsens
http://bit.ly/bUZZEr
The power deficiency in Mindanao has doubled, raising fears of longer blackouts as well as massive business disruptions. The surge in Mindanao’s power deficiency to 578 megawatts (MW) came as electricity supply in Luzon and the Visayas started to normalize yesterday. Mindanao’s worsening power situation has also intensified calls for the government to allow the immediate establishment of new power plants.

○100303F Nepal, usaid.gov
ネパールのエベレストの麓のクムジュングでは水が消え村人は2時間
Warming Climate Melts Mighty Himalayan Glaciers
http://bit.ly/aJvLhQ
Dawa Steven Sherpa is only 25 but has already climbed Mt. Everest twice. The last time he was on top of the Earth痴 highest point, he picked up a small stone for President Barack Obama. The stone was given to Nepal痴 prime minister, who gave it to Obama at the United Nations in September to symbolize the growing problem of global warming, which threatens the world痴 highest mountain range葉he Himalayas.


Japanese energy news today

○日本とカザフスタンが原子力協定に署名
http://bit.ly/acmdxJ
○川重、知的送電網,スマートグリッド向けに大容量蓄電池 11年度メド
http://bit.ly/93oaCi
○中国、安定成長へ「8%」目標を継続 全人代
http://bit.ly/c3CuZA
○日経社説 温暖化対策法案で原発の推進策を示せ
http://bit.ly/aLFEqU


2010年3月2日 ー フィリッピンの供給力不足はモグラ叩き ー

今日はもっと夢のあるサルウイーン上流,怒川の中国の13ダムの建設などを取り上げたかったのだが,嫌にフィリッピンのニュースが目について,またまたフィリッピンに目が行ってしまった。あそこ叩けばまたこちら,まさにモグラ叩きで,スアル石炭火力が復旧したかと思えば,今度はミンダナオで水力出力不足で,非常事態宣言の話まで出て,また昨日は,セブ島の火力事故でルソンからの融通が貰えず,時間停電に追い込まれた。

昨日,2010年3月1日のフィリッピン列島の需給状況は,ルソン系統が需要6,655MWに対して478MW不足,ビサヤス系統が需要1,178MWに45MW不足,ミンダナオ系統が需要1,210MWで390MWの不足となっている。ただ,今回の一連の計画停電の中で,送電公社NGCPのプレゼンスが大きかった。NGCPは供給責任はないが,今後は送電公社の役割を,法律上も再検討したらどうか,将来計画も含めて。

アフリカのコンゴ川は,上流部はアフリカ大地溝帯西側のタンガニーカ湖を経由する,延長4,700km,流域面積368万平方kmのアマゾンに次ぐ大河だが,その河口はコンゴのキンシャサの下流になり,河口近くで落差100m近い滝がある。今回のチリの津波は,波は止まっていて地球の自転で日本が波に近づいていったわけだが,地球の自転のために,その波頭は厳しい。このことがアフリカ大陸の西岸にも言えるわけである。

このコンゴ川の下流付近にインガと言う村があって,これからこの100mの滝をインガの滝と呼んでいる。グーグルアースで見ると,この滝をどの様に利用しているか,非常に良く分かる。既に二つの発電所が運転されているが,インガ第3水力プロジェクトというのは,同じ場所に5,000MWで開発すべく進めて来て,周辺5カ国で使うつもりが,コンゴの公社が諦めたところに,これを半分にして開発するアルミ企業が現れた。地図あり。

この一週間,日本の庭先にあったベトナムの原子力を逃がし,日本の官民が揺れている。鳩山首相も官房長官も,ベトナムの次は逃さない,と官民協調を盛り上げる中,JBICもカスピ海に,官民一体のエネルギー資源プロジェクトへの参入を発表し,更に今日はブラジルの2兆円近い新幹線プロジェクトが官民協力で視野に入ってきた。しかし,民主党政権が,官民一体にどこまで本気なのか,JBICやJパワーなどの主導権が欲しい。


パキスタンのタール石炭火力プロジェクトに対する世界銀行の25百万ドルの調査費はキャンセルされた。このプロジェクトが十分に成熟していないので,タルベラダムの嵩上げなどの調査に振り替えた方がよい,との判断のようだ。タールの石炭は1750億トンと巨大な埋蔵が推定されている。http://bit.ly/cskNmN

コンゴ民主共和国,コンゴ川の最下流,高さ96mの滝を利用してのインガ水力プロジェクトで議論多し。WESTCORに替わってBHPBが,5000MW案を縮小して,35億ドル,2,500MWで開発を提案,これに対してアルミ精錬しか視野にないと,周辺諸国が批判。http://bit.ly/dC7g93

フィリッピンのミンダナオの電力危機で,エネルギー省が大統領に非常事態宣言を進言したが,送電公社NGCPは反対,それは投資減退を招くだけで,更に長期の対策を講ずるべきと。サランガニ石炭火力200MWを2013年,ザンボアンガ100MWを2014年など。http://bit.ly/9A6pV9

中国のチベットを源流とする怒川,有名な三川併流を経てミャンマーのサルウイーン河へと繋がる。中国はここに13のダムを計画したが,2008年,温家宝首相の更なる環境調査指示で一時中止,しかしこの川の包蔵水力は莫大で捨てがたく,13を4に減らして推進中。http://bit.ly/bQWKWv

エチオピアは, 最近完成したギルゲルギベ第3水力のトンネルの崩壊で停止,厳しい電力不足に陥っており,電力公社EEOPCOは電力の使用制限を工場などに要請,緊急事態を宣言している。最近完成したテケゼを入れて6つの水力で1,000MWを供給しているが,200MW不足。http://bit.ly/9Nv0up

フィリッピンのマニラ首都圏を含むルソン系統は,スワル石炭火力の事故などの影響で危機的状況にあったが,今朝早朝,スアルが回復し,今日から危機は避けられる模様。月曜日は,需要が6655MWに対して供給力は6,177MWであった。ガス火力などまだ予断は許さず。http://bit.ly/95AAon

フィリッピンの電力危機はまさに,モグラ叩き,今度はセブ島の55MWのサルコンの発電所が事故で落ちて,ビサヤス系統は45MWの不足,ルソンからの融通が受けられず,昨日から日11時間の輪番停電。http://bit.ly/afRT0u


Other world energy news today

○100302A Pakistan, paktribune.com
パキスタンのタール石炭プロジェクトで世界銀行が支援を放棄
WB scraps plan to finance Thar Coal Project
http://bit.ly/cskNmN
The World Bank has scrapped its plan to finance the resource-rich Thar Coal Project by extending technical assistance (TA) worth $20 to $25 million. The World Bank is now saying these financial resources, which were meant for the Thar Coal Project, would be diverted to other crucial projects such as extension of the Tarbela Hydropower Project. The bank had intended to finance Thar Coal and Power Technical Assistance ...

○100302B DR Congo, steelguru.com
コンゴ共和国のインガ・プロジェクトでBHBPがアルミ精錬で2,500MW提案
BHPB seeks Congo power project to replace Westcor
http://bit.ly/dC7g93
Reuters reported that BHP Billiton wants to build a USD 3.5 billion 2,500 MW hydro power plant in Democratic Republic of Congo to support its proposed aluminum smelter. The proposed Inga X project, to be presented to Congo's presidency, would replace a rival 5,000 MW project for the same location put forward by Westcor and rejected by the government last weekend, a venture that would have exported the bulk of its power ...

○100302C Philippines, pia.gov.ph
フィリッピンのミンダナオで非常事態よりは長期計画をとNGCP
NGCP wants Palace to expand other power sources instead
http://bit.ly/9A6pV9
Instead of calling for a state-of-emergency in Mindanao to solve the power crisis, National Grid Corporation of the Philippines (NGCP) corporate executive for Mindanao Ed Calabio rather recommended for a long-term solution which is to expand other non-hydro sources of power. Participants in the Mindanao Power Stakeholders Meeting suggested some projects that may help in the long run. It includes; ...

○100302D China, probeinternational.org
中国の怒川のダム計画は13を4地点に減らして続行中
China: Dam plans open gates to tough choices ahead
http://bit.ly/bQWKWv
The Nu River flows from the Tibetan highlands through China’s western Yunnan province, cutting between two mountain ranges before rushing through Burma into the Andaman Sea. It is home to a third of the country’s ethnic groups and a diverse ecosystem of 7,000 species of plants and 80 rare or endangered animals and fish. It was here that Christian missionaries from Burma first entered China, and today ...

○100302E Ethiopia, ezega.com
エチオピアはギルゲルギベ第3水力の事故で電力は緊急事態
Ethiopia Gears Up For Major Power Rationing
http://bit.ly/9Nv0up
The Ethiopian Electric Power Corporation (EEPCo) has notified high power consuming factories not to use any power until further notice this week, reports Capital. This comes in the wake of tunnel collapse at Gilgel Gibe II ten days following inauguration. According to the report, EEPCo plans to start emergency generators it has in different regions to ease the problem. Many factories, including cement, metal, plastic and ...

○100302F Philippines, gmanews.tv
フィリッピンのルソン系統はスアル石炭火力復旧で危機避けられる
Sual back online; brownouts in most of Luzon avoided
http://bit.ly/95AAon
Most of Luzon can expect to have no more brownouts starting today, after one of two power plants that conked out on Sunday went back online. Unit 1 of the Sual power plant in Pangasinan has been online since 6:03 on Tuesday morning, Greg Romualdez, external affairs head of Team nergy Philippines, said in an interview. Romualdez said said the Sual unit was already connecting to the Luzon power grid, which in turn is ...

○100302G Philippines, globalnation.inquirer.net
フィリッピンのセブ島で55MWの火力が落ちて輪番計画停電
Brownouts hit parts of Cebu
http://bit.ly/afRT0u
Parts of Cebu yesterday went without power for an hour after the Visayan Electric Co. (Veco) implemented rotation brownouts due to a 45- megawatt (MW) shortfall of power supply. The shortage was caused by the shutting down of the Cebu Thermal Power Plant Unit 2 of Salcon Power, which produced 55 MW, for preventive maintenance. It was aggravated by the absence of power supply from Luzon for the Visayas ...


Japanese energy news today

○国際協力銀行,北カスピ海沖合カシャガン油田開発事業に対する資源金融供与
http://bit.ly/aTL4j7
○ブラジルの高速鉄道 日本勢受注へ政府が金融支援
http://bit.ly/cN8Xws


2010年3月1日 ー インドネシアの再生可能へ三井住友協力 ー

チリーの津波で昨日は大変だったが,今日,気象庁が予想が過大すぎた,と言って謝罪会見をしていたけれども,全然謝罪の必要なし。このぐらいの警告は必要で国民は納得。次の機会に反省して過小にならないように。チリから24時間で到達した,と言うことは,地球の自転を考えると,波はじっとしていて日本が近づいて行った,大陸の西側断崖説に少し似ているような気がする。大陸も波も同じ物体か,固体と液体に境はない。

今日のニュースは多様であるが,私が特に注目したのは,三井住友グループが,インドネシアの第2次クラッシュ・プログラム,56億ドルの資金調達についてADBと共に,支援に乗り出した,という記事である。記事によると,資金調達そのものも含めて,その全体的なアプローチをアドバイスすると言う積極姿勢。この第2次プログラムが,再生可能エネルギーに重点を置き,日本が連携するチソカン揚水などもあり,期待したい。

最も,三井住友グループは,フィリッピンのセブ島の200MW石炭火力にも顔を出しており,日本の主力銀行が東南アジアへの積極姿勢に転じた,見るのは尚早か。フィリッピンでは,原子力開発で唐突に14地点の候補が明らかになり,別途,韓国やフランスが乗り出してきている。今日の平野官房長官のベトナム原子力関連の発言と相まって,日本企業,官民の動きの兆候を感じ取ることが出来る。

友人からスリランカの電気料金の情報があって,ちょっと引用させていただく。「スリランカの電力コストはKWh当たり約13セント相当であるが,猛烈な内部補助金制度で,一般家庭用はKWh当たり約2.7セント相当しか取っていないため,大口顧客に負担がかかっているという話でした。もともと安くない電力が内部補助金制度で余計に産業には高価になっているということなんですね。」,有り難う。


フィリッピンのルソン系統が供給力不足に苦しむ中,アンボクラオ水力を買い取った企業SNAPは,改修工事を急いでいる。現在は75MWしか発電できないが,年内に改修を完了得れば105MWが新たに系統に加わる。それにしてもボロ車を買ったようなもの,ゴメン。http://bit.ly/chkv60

中国の全人代の経済委員会次席,国際約束の2020年に15%再生可能の約束を果たすため,大規模水力の開発は避けられないと。環境や移住問題を克服して,現在の1.9億KWを2020年に3億KWにする。http://bit.ly/buSJlP

フィリッピンのレイエス・エネルギー長官は,ミンダナオの電力危機について,アロヨ大統領が電気事業法に書かれている非常事態権限を発令するよう提言した。この権限はNPCが緊急に非常電源を準備することが出来る。http://bit.ly/byb73M

ウガンダ政府は,東アフリカの電力連携調査で世界銀行の支援の元,スエーデンのSWECOをコンサルタントとして指名,ビクトリア湖を囲むケニア,タンザニア,ルワンダの連携に必要な送電網,水力資源などを調査する。http://bit.ly/bdUeMG

インドネシアの第2次10,000MWクラッシュ・プログラムに関し,三井住友グループが世界銀行や米国開発銀行と連携して支援する枠組みを検討中。この計画は水力や地熱の再生可能エネルギーを中心にしていることに着目,事業費は56億ドルと見積もられている。http://bit.ly/92s7fp

フィリッピンの原子力発電開発でNAPOCORが報告書を作成,全国でモロン,バターンなど14地点の候補を提案し,具体的な地名も紙上に報道されている。原子力はエネルギー保安の面から重要でまたクリーン,と報告書で主張。なお現在,韓国電力,仏企業が別途名乗り。http://bit.ly/d8sCxJ

フィリッピンのセブ島の200MW石炭火力を,韓国電力などのJVが270百万ドルの資金調達を完了と発表,資金源は,三井住友グループとADBなどの協調融資。最初の100MWは2011年2月運転開始。電力不足のビサヤス系統に大きく貢献が期待。http://bit.ly/9mIB5x

パキスタンの原子力発電所開発及び原子力平和利用に関して,米国政府はその可能性を明確に否定した。インドと同じような原子力平和利用協定は,インドだけのもので,パキスタンにはあり得ないと。最近,この問題が,パキスタンを中心に,噂となっていた。http://bit.ly/9ysMEo

インドのアダニ電力は非常で高評価。マディアプラデッシュ州政府は今回,アダニに対して,チンダアラの1,320MW火力に対して,着工認可LOIを発出した。660MWは2014年第2四半期に完成。州政府からの土地,給水,燃料供給,周辺インフラの保証。http://bit.ly/9WUicI

インドの私が尊敬するシン首相は,インド首相として28年ぶりのサウジアラビアを訪問中だが,これに応えて,サウジはインドへの原油供給を倍増することを約束した。この結果,年供給量は日77万バレルのレベルに達する。石油相同志の協定に署名した。http://bit.ly/9hx2Qh

中国のペトロチャイナは,四川省のロンガン・ガス田に160億元を投入して,この中国最大の包蔵量を持つ天然ガスを開発,224億立方mの総量,四川省及び重慶の需要に当てる計画である。地点は,重慶の西北西約76kmで,長江本流の北の平野に当たる。http://bit.ly/9yblfD

バングラデシュは親インド政権誕生と共に,従来反対を続けてきたガスパイプライン,ミャンマーからバングラデシュを経てインドに至る案,これに対して,デリーで合意する旨表明。ミャンマーの包蔵は89TCFなので,約18TCFは量的には問題がない。http://bit.ly/bOQyDs


Other world energy news today

○100301A Philippines, businessmirror.com.ph
フィリッピンのアンボクラオ水力の改修工事は年内に105MW増強
Rehab of Ambuklao hydro plant to be completed before year-end
http://bit.ly/chkv60
An additional 105 megaWatts (MW) of electricity is expected to be brought back to the grid from SN Aboitiz Power (SNAP) Benguet Inc.’s (SNAPBI) Ambuklao hydropower plant, Emmanuel Lopez, SNAPBI site manager, told reporters over the weekend. “What we did in Ambuklao is similar to buying an old car where you keep the chassis and replace the entire engine and some parts with new ones.

○100301C Philippines, business.inquirer.net
フィリッピンのミンダナオの電力危機で緊急事態宣言か
Energy chief asks Arroyo: Use emergency powers
http://bit.ly/byb73M
A power crisis in Mindanao must be declared in Mindanao to allow the government to use “emergency powers” in addressing the worsening supply shortage in the island, Energy Secretary Angelo Reyes said. In a statement, Reyes said his recommendation to President Gloria Macapagal-Arroyo would allow the government to invoke Section 71 of the Electric Power Industry Reform Act (Epira).

○100301B China, english.people.com.cn
中国の全人代メンバーが2020年に水力を3億KWにする必要と
China needs more hydropower projects to fight climate change: lawmaker
http://bit.ly/buSJlP
China should build more large hydropower projects so it can live up to its promise to the international community, Wang Shucheng, vice chairman of the Finance and Economic Committee under the National People's Congress (China's top legislature), said on Saturday. China in 2007 promised to make renewable resources supply 15 percent of its total energy consumption by 2020, in a bid to reduce greenhouse gas emissions and


○100301D Uganda, newvision.co.ug
ウガンダ政府はビクトリア湖を囲む電力連携でSWECOと契約
Regional power project takes off
http://bit.ly/bdUeMG
SWECO, a Swedish firm, has won euro 1,227,000 (about sh4b) contract to study the potential and proposals for the interconnection of the power grids between Uganda and Tanzania. The deal, aimed at reducing the power shortage in the region, is being carried out on behalf of the Uganda Electricity Transmission Company (UETCL). It is being funded by the World Bank. Sources said the project would cost the expansion plan ....

○100301E Indonesia, businessweek.com
インドネシアの第2次クラッシュ・プログラムで三井住友グループが動く
Sumitomo Mitsui, IFC to Advise Indonesia on New-Energy Finance
http://bit.ly/92s7fp
Sumitomo Mitsui Financial Group Inc. will team up with the World Bank and the U.S. Agency for International Development to advise Indonesia on funding renewable energy projects as the country plans to boost power generation, three officials from the Japanese lender said. The partners will sign an agreement, to be announced today, to advise local banks including PT Bank Central Asia on mitigating investment risks and getting ....

○100301F Philippines, business.inquirer.net
フィリッピンのNAPOCORが原子力14候補地点を策定
Napocor lists 14 potential sites for nuclear facility
http://bit.ly/d8sCxJ
State-run National Power Corp. has identified 14 candidate sites for a nuclear power plant, should the government pursue such controversial project. Documents from Napocor identified the sites as Mapalan Point in Morong, Bataan; San Juan, Batangas; Talusan Point in Sipalay, Negros Occidental; Tagbarungis in Inagauan and Concepcion in Tanabag, both in Palawan; and Cansilan Point in Bayawan, Negros Oriental.

○100301G Philippines, business.inquirer.net
フィリッピンのセブ島で200MW石炭火力で三井住友など支援
Financing for $270-M Naga power plant OK’d
http://bit.ly/9mIB5x
Listed firm SPC Power Corp. said it had signed on Friday financing agreements for the 200-megawatt (MW) coal-fired power plant in Naga City, Cebu which was estimated to cost $270 million. In a disclosure to the Philippine Stock Exchange, SPC Power said the financing would come from the Export-Import Bank of Korea, Asian Development Bank and a syndicate of banks and financial institutions led by Sumitomo Mitsui ...

○100301H Pakistan, samaylive.com
パキスタンへの原子力協力を米国政府は明確に否定
US denies nuclear deal or atomic power plant to Pak
http://bit.ly/9ysMEo
he US has categorically told Pakistan that it would not get any atomic power plant or civilian nuclear deal on the lines of the one signed with India. "The United States is working closely with Pakistan to help meet its growing needs. Nuclear power is not currently part of our discussions," a senior Administration official told reporters. Leaders of Pakistan, who have been pitching hard for a nuclear power plant, have been told ....

○100301I India, Economic Times
インドのマディアプラデッシュがアダニに1320MW火力認可
Adani Power, Nestle, NTPC, Indusind Bank, Reliance Power, Max India
http://bit.ly/9WUicI
UBS Investment maintains `Buy’ rating on Adani Power with a price target of Rs 130. Adani Power (APL) has been awarded a letter of intent (LOI) by the Madhya Pradesh government to develop a 1,320-MW power project at Chhindwara. The project is like a Case 2 bid and has significant advantages for Adani Power in the form of: a) land availability , b) state government support for obtaining fuel linkages, c) water ...

○100301J India, arabianbusiness.com
インドのシン首相はサウジアラビアにあるが原油供給倍増を合意
Saudi Arabia to nearly double oil supply to India
http://bit.ly/9hx2Qh
Saudi Arabia, the biggest oil exporter, agreed to almost double crude shipments to India and study “enhancement” of joint projects as Asia’s third largest economy seeks to increase supply for planned refineries. Ali al Naimi, oil minister in the biggest Arab economy, agreed to raise crude supply to India to 40 million tons a year, or about 770,000 barrels a day, from 25.5 million tons a year, at a meeting today with counterpart ...
.
○100301K China, chinaknowledge.com
中国のペトロチャイナは四川のロンガン・ガス田開発に160億元投入
PetroChina to invest RMB 16 bln in Sichuan
http://bit.ly/9yblfD
PetroChina<601857><0857><PTR>, the nation's top oil producer, is planning to invest RMB 16 billion in Sichuan Province, in a move to boost the oil and gas production in the area, according to a statement released by China National Petroleum Corp, the parent of PetroChina. PetroChina Southwest Oil & Gas Field Co is stepping up efforts to explore the Longgang gas field, which is expected to be the largest gas field in China.

○100301L Bangladesh, livemint.com
バングラデシュはミャンマーからインドへのパイプラインに合意
Bangladesh agrees to tri-nation gas pipeline
http://bit.ly/bOQyDs
Bangladesh has lifted its opposition to a gas pipeline linking India and Myanmar and running through its territory, paving the way for the establishment of a regional gas grid that will feed India’s growing energy hunger. The approval by Bangladeshi Prime Minister Sheikh Hasina Wajed’s government comes as two other such pipeline projects involving India have become entangled in geopolitical knots.


Japanese energy news today

インフラ整備、イラクで官民受注 豊田通商が変電施設
http://bit.ly/bIIVKU
○援助受け入れ強化の必要性確認 サウジでイエメン支援国会合
http://bit.ly/aRZ7vm
○中国:駐日大使の程永華氏が着任
http://bit.ly/93DjkK
○ベトナム,平野長官:ベトナム原発へのトップセールス、韓国見習うわけでない
http://bit.ly/bBdFBw




アジアのエネルギー最前線 0902