2009年8月30日更新
[ HOME ] | サイトマップ |


2010年7月 2010年6月 2010年5月 2010年4月2010年3月2010年2月2020年1月2009年12月2009年11月2009年10月2009年9月 2009年8月 2009年7月 200年6月 2009年5月 2009年4月 2009年3月 2009年2月 2009年1月 2008年12月 2008年11月 2008年10月 2008年9月 2008年8月 2008年7月 2008年6月 2008年5月 2008年4月 2008年3月 2008年2月 2008年1月 2007年12月分2007年11月分2007年10月分



2010年8月30日 ー 中国の小湾ダム完成と下流への影響 ー

今日はなかなか興味の深い記事が多かったが,いずれも長文で,なかなか十分にこなすことが出来なかったので心残り。中国の北京郊外の4日間に亘る渋滞が,世界の中国に対する論調が活気を帯びた,果たして中国は経済拡大に対応して行けるのだろうか,と言うことだ。またインドの原子力賠償法の成立についても,インドはエネルギー問題でどの方向を目指すのか,と。

それから注目すべきはカナダのケベック州であるが,セントローレンス川河口からニューヨーク州にかけてのシェールガスの探査で,住民や環境団体から異議が出ており,今後のシェールガスの方向を見定めるに,参考になる記事だ。米国,更には中国で大いに期待されているが,私もシェールガスは面的なエネルギーではないか,バイオマスと同じような環境問題を引き起こすのではないか,との疑問を持っている。

さて,メコン河上流,中国領内ランサン川の第4番目のダムが完成した。出力は,記事は間違えているが,7,000MWのはずだ。世界最高のダブルアーチ型コンクリートダムで,有効容量が150億トンもある。このダムこそが,良きに漬け悪しきに漬け,メコン下流に大きな影響を与える,と私は時ある毎に強調してきた。下流に効果をもたらすためには,その運用について話し合う必要があると。

しかし中国は,領内の計画について下流の了解を取る,などという気持ちは全くない,これからもブラマプトラやサルウイーンで同様な問題が発生するので,中国はここを譲れないとしているやに見える,恐らくそうだろう。私は20年来,このダムは大きなメリットを下流に与える,と予言してきたが,それも上下流が話し合ってルールを決めてからのことで,今のままでは,メリットよりもデメリットを心配しなければならない。

今季,メコン河で起こった渇水の問題について,中国は雨が少なかったからで,上流のダムの影響ではない,と繰り返し主張してきた。メコン委員会もこの説明を受け入れてきて,下流を宥めてきたが,今日の記事で私はメコン委員会の動きに疑問を持った。記事によると,2009年9月に小湾ダムは湛水を開始したという。ダムが湛水を始める場合は,下流と話し合うのが一般的だが,今回の低水位に小湾ダムの影響あり,と見ている。


中国,メコン河上流ランサン川で,第4のダム,小湾水力が完成した,7000MW,150億トンの貯水池,59億ドル,貯水池の大きさから下流への影響が大きく,環境グループによって昨年の渇水はこの影響と,しかしメコン委員会は,これを否定,http://bit.ly/cOkLA3

インドのバンガロールを有するカルナタカ州の電力事情は厳しい。火力発電所の老朽化と渇水による水力の発電低下が危機を招いている。州政府は努力しているが,計画だけでは何の進展もない。第12次計画では10000MWを新設することになっている http://bit.ly/9MbgOw

中国の石炭依存と急速な経済拡大がもたらす問題について長文で議論。切っ掛けはモンゴルからの石炭を積んだトラックが北京北方25km地点で4日間に亘る渋滞を引き起こしたことから始まっている。石油換算22.6億トン,米国のそれを凌駕してきた http://bit.ly/cR6eqc

インドは原子力賠償法案を国会で通過させたが,これは原子力発電をエネルギー供給力の主要な位置に置いたと考えているのか,または,とりあえず緊急の措置と考えているのか。問題は気候変動への対応で,その代替価値をどの程度と考えるのか,に帰する http://bit.ly/bFvd0c

フィリッピンの新政権,エネルギー省が電力料金の考え方で示唆,国内エネルギー重視の立場から原油ガスなどの国際価格に左右されない実際のコストを料金の基礎に置くべきだと。今後民間の電力は,電源と送電線も含めて,実際の積算に基づく価格を提示せよ http://bit.ly/9ArK5O

シェールガスについてケベックで問題提起。セントローレンス河口からニューヨーク州にかけてガスの膨大な包蔵があり,これの探査に向けてケベック州が現地作業にかかるが,ガスに変わる水などの注入によって引き起こされる環境問題優先と住民達が反対 http://bit.ly/9XvnGJ

○資源獲得へ積極姿勢強調 日モンゴル外相会談
http://bit.ly/cTFTRe
岡田克也外相は30日、モンゴルの首都ウランバートルで、ザンダンシャタル外相と会談した。その後、バトボルド首相、エルベグドルジ大統領とも会談。外相会談は7月に続くもので、岡田氏は、世界有数の銅、石炭、ウランなどを有するモンゴルの天然資源開発 http://bit.ly/cTFTRe

○インドネシアの休火山、400年ぶり噴火
http://bit.ly/cbiSFV
インドネシア・スマトラ島の北スマトラ州で29日未明、長期間にわたり休火山に分類されていたシナブン山(標高2460メートル)が噴火した。防災当局は警戒レベルを最高に上げ、周辺の村々の住民約1万8千人に避難を勧告。地元メディアによると4万人近 http://bit.ly/cbiSFV

○洪水1カ月、依然80万人孤立=南部の被害甚大−パキスタン
http://bit.ly/dzfY5L
パキスタンが建国史上最悪の大洪水に見舞われてから1カ月が経過した。被災者は政府統計で国民の約10分の1に当たる1720万人に拡大。水は29日までに当初被害を受けた北部を中心に引き始めたが、国連によれば、依然として80万人が空からの救援 http://bit.ly/dzfY5L

○パキスタン、過去最大の洪水被害:JICAなどが支援策検討
http://bit.ly/c4w1iF
JICAは、7月下旬から洪水被害が深刻化しているパキスタンで世界銀行・アジア開発銀行(ADB)が中心となって実施する洪水被害ニーズアセスメントに参画することを決定した。8月23日以降、10月中旬まで実施される予定で、23日にはJICA職員が現地入りし、関係機関 http://bit.ly/c4w1iF

○原発用ジルコニウムの量産化目指す=広東企業
http://bit.ly/ccsq7M
原発用ジルコニウムの量産化目指す=広東企業,ジルコニウムとハフニウムの分離技術を積み重ねるのに15年がかかったが
 早期に実現可能だったが、今も量産化を実現できないのは市場が育っていなかったからだ。旧ソ連の原発事故で原子力発電技術の...http://bit.ly/ccsq7M

○「ロシア原油が年内に中国へ」 プーチン首相
http://bit.ly/a9oC7u
ロシアのプーチン首相は29日、ロシア極東アムール州スコボロジノで、中国国境までつながる原油パイプラインの敷設記念式典に参加し、「年内にロシアの原油が中国に届くことを確信している」と述べた。スコボロジノから中国・大慶に向かうパイプラインhttp://bit.ly/a9oC7u


Other world energy news today

○100830A India, Economic Times
インドのバンガロールを有するカルナタカ州の電力事情は厳しい
Aging units + scanty rain = power paucity
http://bit.ly/9MbgOw
BANGALORE: Although the situation is still far from normal, there has been a slight improvement of late. The past two months were particularly tiresome owing to sharp decline in power generation because of scanty rainfall in July and August coupled with wet coal and old machinery at the major thermal power plants.,Karnataka Power Transmission Corporation ( KPTC),Karnataka Power Corporation Limited (KPCL),National Thermal Power Corporation (NTPC),KPC (Karnataka Power Corporation),"Karnataka has embarked on an ambitious plan of adding 10,000MW of power before the end of the 12th Plan (2017), and 5,000 MW (of this) would be added in the next four years during the 11th Plan itself," Yeddyurappa said.

○100830B China, dailymirror.lk
中国,メコン河上流ランサン川で,第4のダム,小湾水力が完成
China flexes hydropower muscle
http://bit.ly/cOkLA3
BANGKOK, Aug 27, 2010 (IPS) - After all the turbines in the Xiaowan hydropower station sputtered to life this week in China’s south-west Yunnan province, the Asian giant was able to lay claim to having the world’s largest hydropower capacity.,Liu Qi, deputy director of the National Energy Administration,Sun Yucai, executive vice chairman of the China Electricity Council,700,000-kilowatt scheme of the Xiaowan power station ,to 200 million kilowatts,cost 5.86 billion U.S. dollars, can "produce 19 billion KW hours,world’s tallest double-arch dam,15 billion cubic metres,Mekong River,Lancang,October 2009,fourth dam,4,660-kilometre-long river,Mekong River Commission (MRC),15 billion cubic metres
MRC spokesman Damian Kean

○100830C China, countercurrents.org
中国の石炭依存と急速な経済拡大がもたらす問題について長文で議論
A Pearl River Tale, Power And Pride In China
http://bit.ly/cR6eqc
For a few days last week, global news agencies pursued the peculiar story of the world's worst traffic jam, which was reported to have lasted for around nine days and stretched across about 100 kilometres of a major highway leading to Beijing.,Beijing-Tibet Expressway ,75 million vehicle owners by the end of this year,2.26 billion tons of oil in 2009, surpassing the US total of 2.17 billion tons.

○100830D India, financialexpress.com
インドは原子力賠償法案を国会で通過,原子力を主要な位置
The logic of India’s energy policy
http://bit.ly/bFvd0c
During the passage of the Nuclear Liability Bill, the Prime Minister pointed out that India had to retain the option of using nuclear power as a source of energy. Put it this way, the use of civilian nuclear energy is a ‘just in case’ option. Yet the scale of commitment and the impending plans for setting up reactors with French, US and Russian suppliers seem to indicate a much greater reliance on nuclear power than a ‘just in case’ role.,‘just in case’

○100830E Philippines, business.inquirer.net
フィリッピンの新政権,エネルギー省が電力料金の考え方で示唆
DOE asks power firms to rethink costing schemes
http://bit.ly/9ArK5O
MANILA, Philippines?To ensure that prices of electricity are accurate and fair, the Department of Energy is now urging investors to reflect the actual costs of their power projects, rather than to benchmark costs on the prices of oil and petroleum products in the international market.,Jesus Tamang, director of the DOE’s energy policy and planning bureau,liquefied natural gas projects

○100830F Canada, winnipegfreepress.com
シェールガスについてケベックで問題提起,環境への影響大と
Safety worries over shale gas drilling flare up in Quebec
http://bit.ly/9XvnGJ
MONTREAL - The future of shale gas exploration and its impact on the environment and human health have ignited a debate in Quebec, where the government says it's moving cautiously forward in allowing oil-and-gas companies to explore the region.,St. Lawrence lowlands into New York State


Japanese energy news today

○資源獲得へ積極姿勢強調 日モンゴル外相会談
http://bit.ly/cTFTRe
○インドネシアの休火山、400年ぶり噴火
http://bit.ly/cbiSFV
○洪水1カ月、依然80万人孤立=南部の被害甚大−パキスタン
http://bit.ly/dzfY5L
○パキスタン、過去最大の洪水被害:JICAなどが支援策検討
http://bit.ly/c4w1iF
○原発用ジルコニウムの量産化目指す=広東企業
http://bit.ly/ccsq7M
○「ロシア原油が年内に中国へ」 プーチン首相
http://bit.ly/a9oC7u


2010年8月29日 ー 自信の中国は日本の要求かわす ー

チリーの鉱山救出作戦,我々の世界でも地下発電所があるが,工程上でことあるときは地表に近いレイアウトが威力を発揮した。あの斜路になっているトンネルの落盤地点は復旧が難しいのだろうか,4ヶ月もかかるなら復旧の方が早いだろう,と考えるが現地条件はよく分からない。避難所があって良かったが,閉じこめられることを想定したものであったのかどうか,脱出路があれば良かったのに,と考えるのは結果論か。

日中経済対話,その模様を報じた記事を読むと,自信をつける中国,焦って追いすがる日本という構図,という。何と言うことか,1990年頃の中国への円借款に関係した者から見れば,これはひどい,と思ってしまう。昔の恩人の仕事には,いつまでも感謝の気持ちを持つ,と言うのは中国人の立派な長所だったはずだ。日本の対応姿勢に問題があるのではないか,とさへ思ってしまう。

米国でも追いすがる中国経済に対して様々な論調が吹き出している。中国の産業が余りにも国家の支援が強く不公正だ,と泣き叫ぶ記事もあるが,それで報復手段を発動したときには,米国も自分自身の落とし穴にはまってしまう。しかし,どうしても米国に追いつけない要素を取り上げた記事では,中国にはどこかで壁がある,と言っている。張家口から北京までの6車線の道路が,石炭トラックで渋滞,6日間も足止めとか。

米国メディアは,これも焦っているのか,中国の限界として4項目,淡水資源の枯渇,国内エネルギー資源の枯渇,食糧生産の限界,加速する高齢化,これらが中国が米国を越えられない壁だ,と言っている。エネルギー資源は石炭をどうするかにかかっているが,山西省の炭鉱を閉鎖して内モンゴルに頼り始めたために,輸送の問題が大きくクローズアップされてきたわけだ。北京近郊の限度を超えたトラックの渋滞がこれを物語る。

数日前に,梅田の一角,居酒屋で集まった仲間も,改めて中国の水資源の難しさを痛感した。中国主要部の面積は広大だと思うが,その中を流れる長江など,その水源をチベットに頼っている。ブラマプトラ,メコン,サルウイーンなど,チベットが水源だが,中国にとって不幸なのは,これらの水が中国内陸部を目指さずに,すべて下流の東南アジ国に流れ去ってしまっている。長期的視野で見たとき,中国の水資源は大問題だ。


○中国が米国を越えられない4つの理由―米メディア
http://bit.ly/a58Zzt
中国では多くの淡水資源が汚染にさらされている。1人当たりの備蓄量では米国のわずか5分の1しかない。北米は汚染されていない水資源が豊富で、また水の使用効率も高い。一方の中国は今後もますます多くの工業用水、農業用水、生活用水が必要となる。http://bit.ly/a58Zzt

○日中経済対話 自信の中国、日本の要求かわす
http://bit.ly/ddEWdm
日中双方の閣僚による「ハイレベル経済対話」を中国・北京で開いた。世界第2位の経済大国の座が入れ替わろうという微妙なタイミングでの開催。自信をつける中国、焦って追いすがる日本という構図も垣間見えた。日本側が勢い込んで求めたレアアース(希土類)http://bit.ly/ddEWdm

中国の急成長を阻む一つの障害は,道路の悲惨な混雑である。もっとも典型的な区間は,湖北省の張河口から北京までの6車線の高速道路で,内モンゴルから石炭を運ぶトラックに運転手は印紙タンとラーメンだけで5日間の混雑に耐えている。発電用石炭 http://nyti.ms/c6dbnE

米国として,中国との貿易はまさしくパンドラの箱である。7月の貿易黒字は287億ドルに達している。自由貿易の原則は,政府の介入及び独占企業の排除であるが,この点で中国の産業は余りに政府の補助金など介入が多すぎる。オバマはこの問題を知るべき http://huff.to/dioYwL

○軍政幹部ら軍籍離脱 ミャンマー
http://bit.ly/cQkoO8
ミャンマー軍事政権ナンバー3のトゥラ・シュエ・マン国軍総参謀長ら同国の最高決定機関、国家平和発展評議会(SPDC)の幹部多数が一斉に軍籍を離脱した。軍政に近い筋が明らかにした。十一月七日の総選挙と、民政移管後の実質的な支配体制維持に http://bit.ly/cQkoO8

○新たに100万人が避難 パキスタン南部で洪水被害
http://bit.ly/a9I2o1
パキスタンで続く洪水被害で、国連当局は27日、イスラマバードで開いた記者会見で、南部シンド州のインダス川最下流域で堤防が決壊するなどして、新たに約100万人が避難したことを明らかにした。同州の州都カラチから東へ約100キロのタッタ地区 http://bit.ly/a9I2o1

○カンボジアは世界六大成長国、UBS報告
http://bit.ly/bYruI8
スイスに本拠を置く金融グループUBSのアジア証券部門は、世界の成長市場に関する報告書を発表し、この中で、カンボジアの加工貿易の急成長を「衝撃」と表現した。報告によれば、、カンボジア・チェコ・ハンガリー・スロバキア・タイ・ベトナムの6ヶ国だけだった http://bit.ly/bYruI8

タイの活動家がセミナーで気炎,自分たちの庭には発電所は造らせない,石炭火力と原子力はすぐ中止せよ,省エネと再生可能にもっと集中せよと。彼等は2002年にヒンクルットとボノック石炭火力を中止に追い込んだ勢力,政府は必要性を強調して説得 http://bit.ly/cApWKn

バングラデシュはここしばらく電源開発なく停電続き。設備は3900M〜4200MWあるが実働は3800MWで,計画停電は1200MWに達している。政府は努力しており,2013年までに7000MW,2021年までに20000MW開発努力中 http://bit.ly/cGHScx

フィリッピン,フォーラムで全財務長官のロサリオ氏が,電源開発を優先しなければ,2013〜2014年に電力危機に陥る,と警告。彼は,新しいアキノ政権が,この電力危機問題に全く関心を寄せていない,3〜4年後の電力不足が,大統領の頭にないと http://bit.ly/aeIOp0

○南米主要国、成長力戻る ブラジルなど6〜7%確保へ
http://bit.ly/ceAOSI
ブラジルやアルゼンチン、ペルーなど南米主要国が2010年に6〜7%台の実質経済成長率を確保する公算が大きくなってきた。金融危機の影響で09年は各国ともマイナス成長や1%未満の低成長だったが、南欧の財政不安による景気後退に直面する欧州企業がhttp://bit.ly/ceAOSI


Other world energy news today

○100829A Thailand, bangkokpost.com
タイの活動家がセミナーで気炎,自分たちの庭には発電所は造らせない
Activists press for power plant ban
http://bit.ly/cApWKn
One hundred environmental activists from Nakhon Si Thammarat and Prachuap Khiri Khan yesterday demanded a formal written declaration from the government not to build power plants in their provinces.,Hin Krut and Bo Nok power projects,Kornuma Pongnoi,all plans for nuclear and coal-fired power plant development,2010 PDP (power development plan),Srinakharinwirot University,Energy Ministry,Energy Planning and Policy Office (Eppo),Electricity Generating Authority of Thailand (Egat),PTT Plc,huge amounts of imported LPG,Samerjai Suksumek, the director of Eppo's power policy bureau

○100829B Bangladesh,thefinancialexpress-bd.com
バングラデシュはここしばらく電源開発なく停電続き
Solving the power crisis
http://bit.ly/cGHScx
The news regarding the protest and demonstration by the people for their annoyance due to intermittent supply of electricity has recently attracted attention. The government has, however, taken a massive programme to increase generation of power in the country. ,current installed capacity around 3,900 MWs to 4,200 MWs,actual generation 3800 MWs,load shedding around 1,200 MWs,to increase power generation by 7000 MWs by the year 2013 and by 20,000 MWs by 2021

○100829C Philippines, mb.com.ph
フィリッピン,全財務長官のロサリオ氏が,電源開発を優先を主張
Building of new power plants ‘urgent’
http://bit.ly/aeIOp0
Former finance secretary Ramon del Rosario, Jr. has stressed that the most urgent investment projects are in building new power plants to avert severe electric power shortages three to four years from now.,Del Rosario, Jr., head of the Makati Business Club,power outages in 2013-2014

○100829D China, nytimes.com
中国の経済成長を阻む一つは石炭運搬のトラックによる交通混雑
China’s Rapid Growth Often Leads to Problems Down the Road
http://nyti.ms/c6dbnE
Zhangjiakou Highway Traffic Police Detachment,highway from Inner Mongolia to Hebei, you’ll be stuck for four or five days.”,Great Chinese Gridlock of 2010,John Scales, in charge of transport issues for the World Bank’s Beijing office,In 2000, China boasted about 7,450 miles of such expressways. A decade later, it has 40,400 miles, not much smaller than the American system, which it plans to leapfrog by 2020,pig-in-python ,
“The more roads they build, the more congested it gets,” one trucker, 45-year-old Wang Haihe, volunteered. “And then they build some more,roads.

○100829E China, huffingtonpost.com
中国の産業と貿易は極端に政府の支援を得て極めて不公平
The Pandora's Box of Trade With China
http://huff.to/dioYwL
Statistics released last week confirmed that China became the second-largest producer in the world, overtaking Japan. This marker received much more breathless media attention (see "Fareed Zakaria GPS" ) than another, more significant milestone. In 2009, China surpassed Germany to become the world's largest exporter. In the first half of this year, China increased its export lead over Germany.,overall trade surplus in July to $28.7 billion,,lack of subsidies to distort true prices, lack of monopolies and lack of negative externalities so companies,as well as electricity, coal, and transportation, have doubled in price over the last decade.,Central and local governments' subsidies and soft loans,President Obama must realize that inaction too constitutes action, and with respect to trade with China, would be an irreversible, strategic mistake.


Japanese energy news today

○軍政幹部ら軍籍離脱 ミャンマー
http://bit.ly/cQkoO8
○新たに100万人が避難 パキスタン南部で洪水被害
http://bit.ly/a9I2o1
○カンボジアは世界六大成長国、UBS報告
http://bit.ly/bYruI8
○中国が米国を越えられない4つの理由―米メディア
http://bit.ly/a58Zzt
○日中経済対話 自信の中国、日本の要求かわす
http://bit.ly/ddEWdm
○南米主要国、成長力戻る ブラジルなど6〜7%確保へ
http://bit.ly/ceAOSI


2010年8月27日 ー ベトナム原子力で日本の対応に問題 ー

先日からベトナムのハノイで行われている一連の国際的な動きの中で,直島経産相に率いられた日本企業のベトナム原子力への活動が報じられてきた。政府から更に企業全体を組み入れての売り込み作戦だが,今日の読売の英文記事を読むと,ベトナム政府の反応は極めて鈍い,という印象を拭いきれない。どこに問題があるのか,使節団が余りにも総花的で,ベトナム政府はどう対応したらよいのか,分からなかったのではないか。

記事も指摘している問題点だが,政府間の原子力基本協定が抜けているらしい,各国のアプローチが同じならよいが,ロシア,フランス,韓国は既に二国政府間の原子力基本協定があるという,これでは日本は基本的なアプローチで誤りを犯しているのではないか,と危惧する。民間企業を揃えて如何にその華やかさを売り込んでも,これでは外交上,他の国との間に大きな差を付けられていることになる。

ベトナム政府の冷たい対応も,この辺に問題がありそうだ。また,先方がもっとも悩むことになる原子炉のタイプであるが,日本の場合は,PWR,BRWなど絞りきらずに,どうぞどれでも採って下さい,と言うプレゼンテーションだが,ベトナムが知りたいのは,どれがもっともベトナムに適しているか,のプロポーサルで,今回のミッションが多様性を提示した,と考えられているが,これは逆効果でないか,と危惧する。

ベトナムの原子力については,環境や台風災害,地震災害,更には港などのインフラを含めた立地問題が,ベトナム政府にとっては重要なテーマーである。ここで,メーカーだけでなく電力企業が入った強みがあるわけだが,この点が十分に先方に伝わったかどうか。トップレベルのミッションでこれを如何に巧妙に先方首相レベルに理解して貰うか,この重要な点が成功したのかどうか,懸念する。スタートが遅かった,ということにもなる。

インドの原子力で,米印原子力協定に対応する原子力損害賠償法案の内容が,関係者の間で問題になっている。英文は難しかったが,日経が一応の概略を日本語でまとめている。日経の論調は,これで円滑に行くだろう,と楽観的だが,インド現地紙の評価は,日経とは異なって,極めて悲観的である。補償範囲がメーカーにも返ってくるところなど,WH東芝などは,参加が難しくなってきた,と悲観的である。

このインドやベトナムの原子力問題は,また慣例の梅田の一角,飲み屋で仲間達と議論する格好の材題で,いろいろな意見が出るだろう。原子力の海外進出で,メーカーの役割は明確だが,電力企業は何をするのか,それは恐らく,立地計画の問題などからアプローチすべきところ,ベトナム,インドネシア,フィリッピン,タイ,などでは,極めて有効なメンバー構成なのであろう。

インド石油が米国などのシェールガスの買収に意欲を燃やしている。シェールガスを実用化しているのは米国だが,中国では米国の技術を導入して開発の途上にある。インドは米国やオーストラリアのシェールガスに目を付けているが,インド国内のシェールガスの賦存はどうなのだろうか。また,世界のシェールガスの全体像を把握する必要があると思われる。


インドの国有石油オイルインディア,今年度に450億ルピーを準備して,米国と豪州のシェールガスの資産買収を狙っている。支援銀行はシティなど内外7行。米国ではガス生産の20%がシェールガスで更に4倍増の勢い,リライアンスは既に買収開始,http://bit.ly/brezJ6

インドの原子力協力関連免責条項の法案のゴールは,法的に極めて難しいと見られる。インドは炉の製造企業に責任をとらせる方向だが,問題は運転者との関係で,もし80年に亘って責任をとり続けるならば,WH東芝は参入困難と見ている。保険価格が問題 http://bit.ly/aSlto9

ベトナムへの日本官民の原子力売り込みハノイで首相と会ったが問題あり,他の国のような原子力基本協定がまだないこと,メーカー3社がそれぞれ異なった方式を持ち込んでいること,2011年には共産党大会で先方人事に大きな影響が出ること,前途多難 http://bit.ly/a3riJ3

フィリッピン,セブ島の韓国電力による200MW石炭火力は,最初の100MWは2011年2月,2号期は5月の予定,であるが,この10月に実質100MWはビサヤス系統への投入が行われ,これによって,セブ,ネグロス,パナイの需給は緩和される,http://bit.ly/aBiVHZ

ネパール,カトマンズの北東,中国との国境付近,アッパータマコシ水力はノルウエーのSNパワーにより,2017年完成を目処に着工される,出力は880MWまで上げて計画される,地元は10%の資本を持って参加する,80世帯が移住を要求される http://bit.ly/8YYpKn

○韓国とボリビア、リチウム開発で合意「日本とのシェア争いに王手」−韓国
http://bit.ly/dmdwxY
韓国とボリビア、リチウム開発で合意「日本とのシェア争いに王手」−韓国,韓国の李明博大統領は26日、訪韓中のボリビアのモラレス大統領と大統領官邸で首脳会談を行い、両首脳は、ボリビアのリチウム開発と、産業化に向けた研究に韓国企業が参加する http://bit.ly/dmdwxY

○住友商事、中国の大唐集団と新エネルギー分野で協力
http://bit.ly/bZ1XNd
住友商事と中国の子会社の中国住友商事会社は、中国大唐集団新能源と太陽光発電やバイオマス発電などの新エネルギー分野での協力することで合意した。今回の合意で、住友商事と大唐集団は中国内外で新エネルギー分野の事業で共同プロジェクトの開発を推進する。http://bit.ly/bZ1XNd

○さらに50万人に避難命令、堤防決壊で パキスタン
http://bit.ly/cjWjQ2
深刻な洪水被害に見舞われているパキスタンで、政府は26日、南部シンド州で新たな洪水発生の恐れがあるとして、50万人に緊急避難命令を出した。政府高官によると、インダス川の増水で堤防の1つが決壊し、洪水の危険が高まった。このためシンド州 http://bit.ly/cjWjQ2

○インド下院、原発補償法案を可決 設備業者の責任も規定
http://bit.ly/aYA4fX
インド下院、原発補償法案を可決 設備業者の責任も規定,インド下院は25日、原子力発電所で事故が起きた場合の賠償責任を定める「原子力損害賠償法案」を賛成252、反対25で可決した。近く上院も可決する見通し。設備メーカーにも補償責任が及ぶことになる http://bit.ly/aYA4fX

○インド電力金融会社が銀行事業への参入を検討=報道
http://bit.ly/937IAT
インド電力金融会社が銀行事業への参入を検討,インドの電力金融大手4社が低コストの資金調達を求めて共同で銀行事業への参入を検討している。また公的部門の金融を担う銀行を設立することも視野に入れている。金融業界への参入を模索しているのはインドの http://bit.ly/937IAT

○モラレス大統領「ボリビアの密林では石油が小川のように流れる」
http://bit.ly/brf2kE
モラレス大統領「ボリビアの密林では石油が小川のように流れる」,ボリビア大統領の訪韓は、1965年の両国国交正常化後、初めてとなる。リチウム開発協力を約束した26日の韓・ボリビア首脳会談で、大統領は李明博大統領に資源分野での活発な投資を要請した。 http://bit.ly/brf2kE

○菅内閣ですっかり熱が冷めた 地球温暖化対策の取り組み
http://bit.ly/c7EIe0
菅内閣ですっかり熱が冷めた 地球温暖化対策の取り組み,1年前の政権交代で盛り上がった地球温暖化対策への意欲が急速にしぼんでいる。1990年比25%削減を打ち出した鳩山由紀夫前内閣と打って変わり、菅直人内閣では、この問題に関する発言も少なく、http://bit.ly/c7EIe0

○日本の外交官100人、先進国から新興国へ
http://bit.ly/dBzSAy
日本の外交官100人、先進国から新興国へ,新興開発国との外交を強化するための、日本の具体的な計画が公開された。先進国の日本大使館に勤務する外交官約100人を、新興国の大使館に異動・勤務させるというのがその中心だ。岡田克也外相は25日、日本外国特派員協会http://bit.ly/dBzSAy


Other world energy news today

○100827A India, livemint.com
インド国有石油は米国と豪州のシェールガスの資産買収視野
Oil India eyes overseas shale gas acquisition
http://bit.ly/brezJ6
Oil India Ltd plans to buy shale gas assets in the US and Australia, and has shortlisted seven investment banks to explore acquisition opportunities, officials said on Thursday.,to spend `4,500 crore in capital expenditure in this fiscal,T.K. Ananth Kumar, director of finance at Oil India,GAIL (India) Ltd and Indian Oil Corp. Ltd,Citigroup Inc., Morgan Stanley, Bank of America Merrill Lynch and Deutsche Bank AG,acquisition
between 15% and 20% of US gas production,Reliance Industries Ltd, ,Chesapeake Energy Corp.

○100827B India, hindustantimes.com
インドの原子力協力関連法案の行くへは極めて微妙
N-Bill’s success will depend on legal hair-splitting
http://bit.ly/aSlto9
India’s nuclear energy future lies in the hands of corporate lawyers. Nuclear industry, both overseas and at home, are assessing how difficult the Civil Liability for Nuclear Damages Bill will make it for nuclear suppliers to do business in India. The initial reaction in the US has been negative.,Suhaan Mukerji, lawyer for Amarchand Mangaldas,this period is two years,from the 80 years,Ashley Tellis, a key negotiator of the Indo-US nuclear deal during the Bush administration,Westinghouse-Toshiba,close to giving up on the Indian market,France, whose nuclear power firm Areva,Nuclear Power Corporation of India,to outsource 60 per cent of the reactor parts to Indian suppliers,Nuclear operators today pay insurance coverage of 0.3 to 0.5 per cent of the liability per annum,the international Convention for Supplementary Compensation,

○100827C Vietnam, yomiuri.co.jp
ベトナムへの日本官民の原子力売り込みの問題点
Japan N-power lobby visits Vietnam
http://bit.ly/a3riJ3
HANOI--A government-private sector mission has demonstrated its desire to win construction orders for nuclear power stations in Vietnam, but some significant hurdles must be cleared first.,Economy, Trade and Industry Minister Masayuki Naoshima,Vietnamese Prime Minister Nguyen Tan Dung,construction and operation proposal,financial assistance and development of human resources. ,Tokyo Electric Power Co., Chubu Electric Power Co., Kansai Electric Power Co., Hitachi, Ltd., Mitsubishi Heavy Industries, Ltd. and Toshiba Corp.,International Nuclear Energy Development of Japan,Ichiro Takekuro,Hitachi provides expertise on boiling water reactors, and MHI on pressurized water reactors. Toshiba has know-how on both BWRs and PWRs.,four reactors by 2014,10 more reactors by 2030.,United Arab Emirates,Russia, France and South Korea

○100827D Philippines, mb.com.ph
フィリッピン,セブ島の韓国電力による200MW石炭火力完成近し
200-MW Cebu power plant synchronized to grid by October
http://bit.ly/aBiVHZ
The first unit of the 200-megawatt Cebu coal-fired power facility will start synchronization to the Visayas grid around October this year, hence, easing problems of supply in Cebu, Negros and Panay areas.,first unit of 100MW,Elmer L. Cimafranca, supervisor of Kepco SPC Power Corporation.,ommercial operation will start February 2011 for the first unit,May 2011 for the second,Kepco Philippines,local subsidiary of Korea Electric Power Corporation (Kepco),SPC Power,93.41-percent complete,KSPC general manager Bag Woon Choi

○100827E Nepal, thehimalayantimes.com
ネパールの880MWアッパータマコシ水力はSNパワーが開発
Upper Tamakoshi-III to begin in 2012
http://bit.ly/8YYpKn
DOLAKHA: A Norwegian Company, SN Power is to build the Upper Tamakoshi Hydropower project-III with the capacity of generating 880MW electricity,Khimti Hydropower,to be completed in 2017,Charikot,880 MW electricity,Dolakha and Ramechhap district,some 80 households will be displaced


Japanese energy news today

○韓国とボリビア、リチウム開発で合意「日本とのシェア争いに王手」−韓国
http://bit.ly/dmdwxY
○住友商事、中国の大唐集団と新エネルギー分野で協力
http://bit.ly/bZ1XNd
○さらに50万人に避難命令、堤防決壊で パキスタン
http://bit.ly/cjWjQ2
○インド下院、原発補償法案を可決 設備業者の責任も規定
http://bit.ly/aYA4fX
○インド電力金融会社が銀行事業への参入を検討=報道
http://bit.ly/937IAT
○モラレス大統領「ボリビアの密林では石油が小川のように流れる」
http://bit.ly/brf2kE
○菅内閣ですっかり熱が冷めた 地球温暖化対策の取り組み
http://bit.ly/c7EIe0
○日本の外交官100人、先進国から新興国へ
http://bit.ly/dBzSAy



2010年8月26日 ー インドのシン首相が米国のためではないと ー

国会議事堂の外ではデモ隊が反対を叫びながら押し寄せている,日本の安保闘争ではない,米印原子力協定に伴う免責条項法案を巡る昨日のインド国会議事堂である。下院では野党党首が,私の大好きなマンモハン・シン首相を掴めて,君は親米派だ,米国企業のために仕事をしている,と罵声を浴びせると,シン首相は,米国のためではなくインド国民の次のエネルギーのために奮闘している,石炭だけでは行けない,と穏やかに対応。

シン首相にとってはまさに2度目の瀬戸際で,米印原子力協定では,通さないのであれば辞職する,と野党の前に首を投げ出したシン首相である。11月にオバマ大統領がインドを訪問するが,そのためなのか,と激しく罵られている。あの人格者のシン首相を攻める野党党首には,思わず私も反感を覚えてしまう。結果は,252対25で無事通過したわけであるが,1年近くのシン内閣の厳しい政策遂行であった。

岡田外相も,2,3日前にデリーでシン首相と会談しており,日本との原子力協力で,核実験を実施した場合の日本の予想される対応を伝えている。昨日は岡田さんは,核実験の文言は協定の中に入れない,とやや後退の表現で,これ以上シン首相をいじめる必要はないだろう,と思ってしまう。日本の原子力グループは今,直島経産相に率いられてハノイにある。彼等の主戦場は近くインドにその舞台を写すことになる。

タイの電源問題が報じられている。2030年までに計画されている11の石炭火力,8400MWの立地問題は極めて厳しい。相変わらず電源の多様化を求めるEGATは頑張っているが,環境は極めて難しいという。来月にもこれに変わる中規模電源SPPを2000MW発注の予定であるが,タイにとって天然ガスへの依存を減らすためには,サルウイーンの水力電源に頼るしかないと言う。


タイのエネルギー省は2030年で計画している11石炭火力8400MWの目処着かず,SPPで2000MWを来月にも入札へ。国内の1600MW水力も困難,ラオス,ミャンマーに依存,600MWハッチ,900MWタッサン,600MWタニンタジ http://bit.ly/aLkkXE

インドの米印原子力協定に伴う免責条項法案,激しい野党の反対の中で252対25で承認,野党はオバマ11月訪印のため,シン首相は親米と激しく非難,シン首相は,私は米国のために働いているのではない,と強く反論,インドの発展にとって米印協定は重要と http://bit.ly/dAEbYv


インドのリライアンスのササーン大規模石炭火力,4000MWに米国輸出入銀行が,長期に亘る議論の結果,9億ドルを融資することを決定,この資金の大部分は米国企業BUCYからの機器購入に使われる。米国では気候変動問題から大きな反対運動があった http://bit.ly/9wb4YA

インドネシアの国有石炭企業ブキットアサムは,16億ドルを掛けて270kmに及ぶタンジュンエニムからタンジュンアピアピまでの鉄道整備2014年完成で年生産量7000万トンを目標に4500万トンのアダロを抜いてトップへ,包蔵量は65億トンを所有,http://bit.ly/dCf73F

○エジプト、同国初の原発予定地を決定 地中海沿いに
http://bit.ly/clb8TA
エジプト政府系の中東通信は25日、同国が初めて導入する原子力発電所の建設予定地が、北部の地中海沿いにあるダバアに決まったと伝えた。ダバアは同国第2の都市アレクサンドリア西方約140キロメートルに位置し、2019年にも最初の原発を稼働させる方針。http://bit.ly/clb8TA

○官民一体で原発セールス 直嶋大臣らベトナム訪問
http://bit.ly/9be4ve
直嶋経済産業大臣と電力会社のトップらが原発建設を計画中のベトナムを訪問し、官民一体で懸命の売り込みを行いました。ベトナムを訪れたのは、直嶋大臣のほか、東京電力や日立製作所などの企業トップ8人です。官民が結束しての売り込みは初めてで、http://bit.ly/9be4ve

○スー・チーさんが支持者に選挙ボイコット促す
http://bit.ly/9RCajh
ミャンマーの民主化運動指導者、アウン・サン・スー・チーさんが11月に行われる総選挙について、事実上、支持者にボイコットするよう促しました。ミャンマーでは11月7日に20年ぶりの総選挙が行われますが、スー・チーさんが率いていた国民民主連盟「NLD」は、http://bit.ly/9RCajh

○IAEA天野局長を冷遇? イスラエル首相会わず
http://bit.ly/aReJzq
イスラエルを訪問した国際原子力機関(IAEA)の天野之弥事務局長は二十五日、ペレス大統領と会談した。ネタニヤフ首相やバラク国防相らは同事務局長とは面会しなかった。事実上の核兵器保有国イスラエルが、核拡散防止条約(NPT)加盟と査察受け入http://bit.ly/aReJzq

○中国旅客機着陸失敗、42人死亡 外国人搭乗なし
http://bit.ly/cGEbQf
中国黒竜江省伊春市の空港で24日午後9時35分(日本時間午後10時35分)ごろ、乗客乗員96人が乗ったハルビン発の河南航空の旅客機が着陸に失敗、炎上し、市当局は25日朝までに42人の死亡を確認した。  遼寧省瀋陽市の日本総領事館が黒竜江省 http://bit.ly/cGEbQf

○日本・メコン経済相会議 産業協力の実行で合意
http://bit.ly/bgfeFS
直嶋正行経済産業相は26日、訪問中のベトナム中部ダナンでメコン川流域5カ国との間で経済相会合を開いた。各国経済相は、日本を中心に検討してきた「日メコン経済産業協力行動計画」の実行で合意。日本はインドシナ半島を横断する「東西経済回廊」の高規格化 http://bit.ly/bgfeFS

○国際帝石が3日ぶり反発、コンゴで陸上油田鉱区権益の20%取得
http://bit.ly/cdzqFL
国際石油開発帝石 <1605>が3日ぶり反発。中部アフリカのコンゴ民主共和国で陸上油田の鉱区の権益を取得したと発表したことを好感。事業主体の英石油開発会社、ソコから同国西部「ンガンジ鉱区」の20%を取得したとしており、年内に3つの試掘井を掘る予定で、http://bit.ly/cdzqFL


Other world energy news today

○100826A Thailand, bangkokpost.com
タイは石炭火力困難で来月にも2000MWSPPを入札へ
New SPP bidding round for 2,000 MW due soon
http://bit.ly/aLkkXE
The Energy Ministry expects to open a new round of small power producer (SPP) licence bids for combined output of 2,000 megawatts within one to two months, says Viraphol Jirapraditkul, director-general of the Energy Policy and Planning Office (Eppo).,between 2015 and 2021,Energy Regulatory Commission (ERC),National Power Supply and Siam Energy Co,Electricity Generating Authority of Thailand (Egat),11 coal-fired power plants,8,400 MW by 2030,1,600 MW in hydropower projects in Thailand,Team Consulting Engineering,Laos, Burma and Cambodia,Hutgyi project (600 MW) and Tasang (900 MW) in Burma.,21 projects,of 5,859 MW,600-MW Taninthargyi dam,Italian-Thai Development Plc

○100826B India, timesofindia.indiatimes.com
インドの米印免責法案でシン首相への激しい攻撃に中,通過
I'm not working for US, PM tells opposition
http://bit.ly/dAEbYv
I'm not working for US, PM tells opposition,Prime Minister Manmohan Singh on Wednesday denied he was working for American interests as he sought unanimo us support from the Lok Sabha for the nuclear liability bill. ,majority of 252-25,US President Barack Obama's visit in November,the supplier could not be held liable unless he was found to have intentionally caused a mishap ,Coal also had an environmental price tag, he said

○100826C India, nasdaq.com
インドのササーン大規模石炭火力,4000MWに米国輸出入銀行が9億ドル
US Export-Import Bank Clears Loan To India Power Plant
http://bit.ly/9wb4YA
The U.S. Export-Import Bank has decided to make a $ 900 million loan to Reliance Power Ltd. (532939.BY) to build a coal-fired power plant in India, reversing an earlier decision to reject the financing,Reliance Power's "Sasan" power plant,about 4, 000 megawatts of power,Bucyrus International Inc. (BUCY), a Wisconsin-based company

○100826D Indonesia, thejakartapost.com
インドネシアのブキットアサムは2016年の石炭生産7000万トン
Bukit Asam out to become biggest coal producer
http://bit.ly/dCf73F
State-owned PT Batubara Bukit Asam Tbk intends to become the country's biggest coal producer in 2016 with production expected to reach 70 million tons a year, an official says.,PT Adaro Tbk.'s production of around 45 million tons a year,270-kilometer long coal shipping railway from Tanjung Enim to Tanjung Api-Api,around 12 million tons a year,US$1.6 billion project is expected to operate in 2014,6.5 billion tons in coal reserve


Japanese energy news today

○エジプト、同国初の原発予定地を決定 地中海沿いに
http://bit.ly/clb8TA
○官民一体で原発セールス 直嶋大臣らベトナム訪問
http://bit.ly/9be4ve
○スー・チーさんが支持者に選挙ボイコット促す
http://bit.ly/9RCajh
○IAEA天野局長を冷遇? イスラエル首相会わず
http://bit.ly/aReJzq
○中国旅客機着陸失敗、42人死亡 外国人搭乗なし
http://bit.ly/cGEbQf
○日本・メコン経済相会議 産業協力の実行で合意
http://bit.ly/bgfeFS
○国際帝石が3日ぶり反発、コンゴで陸上油田鉱区権益の20%取得
http://bit.ly/cdzqFL


2010年8月25日 ー 中国は2020年までに150GWの水力開発 ー

円が83円台,東京株式市場が8900円台,と進む中,国際的な協力は得られず,日本も打つ手がなく,大臣の口先介入が唯一の頼り,とは情けない状況だ。その大臣の口先介入,野田財務相や官房長官の発言も如何にも頼りなくて,研ぎ澄まされた読みに基づいて発言しているのかどうか,心配である。今から首相を入れて3人で昼食をとる,そこで話し合う,なんて十分に吟味された発言なのですかね。

そう言う意味で,インドに対する原子力協定に関する岡田外相の発言,核実験を行ったら協力停止を文言に,と言うのは不用意,と私は非難したが,今日の岡田さんの釈明では,私はそうは言っていない,実験が行われたら中止する,と言っただけで,文書に入れると言っていない,のような釈明だが,これを見ている国民は,あれ,発言後退か,と思ってしまう。大臣の発言に研ぎ澄まされた読みをお願いしたい,対インドは微妙だ。

米印原子力協定での免責条項に関して,もう既に国会対策は終わったのかと思っていたが,今日の記事ではインドは難しい問題を抱え込んでいるようだ。米国は免責上限を要求しているが,既に協定を持つロシアは免責条項を要求していない。シン内閣は,意図的な,とか言う文言を入れて野党党首を説得しているようだが,過去にガス事故で数千人を失った事故の経験を持つインド国民は,容易に納得していない。

中国の水力開発であるが,災害の続出でダム建設の影響,と言う批判も出ている。現在の中国は,200GWの水力を持ち非化石燃料は8.3%であるが,2020年にはこれを15%に上げる国際公約があり,そのためには2020年までに新規に150GWの水力を運転開始する必要がある。この数字は,1000MWの水力を100個造る,と言うことですよ。人類は何という厳しい戦いを要求されていることか。


中国のエネルギー当局は,中国の水力設備が200GWに達し世界一となった,現在の全体は石炭換算は31億トンで,非化石は8.3%であるが,2020年に15%にするために,水力はその時点で350GWでなくてはならず,10年で150GW開発の要 http://bit.ly/a5fWMe

ラオス政府は2020年までの今後毎年2つの水力発電所を建設して行く意向,現在は14発電所2540MW,最近では322MWセカマン1水力をベトナムと協定,EDF,EGCO,イタリタイなどのナムトウン2水力は発電開始,タイに1000MW輸出中,http://bit.ly/aOAm8l

インドネシアの原子力開発,BATAN,大学など共同で実施した世論調査で,57.6%が賛成を表明し,当局は今後積極的に進める意向,なお地元ジェパラ地区での調査では55.3%が賛成している。この結果を受けた国家原子力BATAANは,積極的推進の方向 http://bit.ly/anyDN8

インド,米印原子力協定に於ける免責条項について,政府と野党党首の間で厳しい議論が続いている。政府は,「意図的な事故」などの言葉の挿入で妥協を図ろうとしているが,ロシアとの協定にはないことや,韓国が厳しい条件であること,なおその承認には難問 http://bit.ly/dpjwL1

タイの2大発電企業の一つ,EGCO,210臆バーツを投じて800MW複合火力と,120MW規模のSPPを合計2000MW程度,開発する計画。EGATの2015年までの開発計画に協力,買電単価によっては更に15億バーツ,800MW開発意向 http://bit.ly/9US3mh

○ASEAN経済相会議が開幕、共同体創設へ具体策を協議
http://bit.ly/9prOAa
ASEANの経済相会議が25日午前ベトナム中部のダナンで開幕した。2015年を目標とする「ASEAN経済共同体」の創設に向け、統合の障害となっている域内格差の是正への取り組み強化を確認。関税手続きの簡素化やインフラ整備の進み具合を点検し http://bit.ly/9prOAa

○旅客機が着陸失敗、43人死亡か 中国北部
http://bit.ly/a8uLTI
中国の国営メディアによると、ロシア国境に近い黒竜江省伊春市の空港で24日午後10時すぎ、河南航空の旅客機が着陸に失敗して炎上した。市当局者は、乗員・乗客96人のうち53人が救出されたと述べた。新華社通信が民間航空当局者の話として伝えた http://bit.ly/a8uLTI

○召還のタイ大使帰任 カンボジアに
http://bit.ly/9xKJNe
カンボジアとタイの関係悪化に伴い昨年11月から本国に召還されていたタイの駐カンボジア大使が24日、プノンペンに帰任した。カンボジア政府が23日、タイのアピシット政権と対立するタクシン元首相がカンボジアの経済顧問などから辞任したと発表 http://bit.ly/9xKJNe

○ソマリア首都のホテルで自爆攻撃、国会議員ら30人死亡
http://bit.ly/bO8E7v
ソマリアの首都モガディシオ(Mogadishu)で24日、暫定政府軍の兵士を装ったイスラム武装勢力が大統領府近くのモナホテル(Hotel Mona)を襲撃し、同国暫定政府によると、自爆攻撃などで国会議員6人を含む30人が死亡した。 国際テロ組織アルカイダに忠誠 http://bit.ly/bO8E7v

○中国アルミ、今後3年間で石炭・鉄鉱石に布石
http://bit.ly/cqFeAA
中国アルミ、今後3年間で石炭・鉄鉱石に布石,8月24日に開催された上海・中国リョ(カネヘンに呂)業公司(中国アルミ:CHINALCO)(2600.HK)業績説明会で、熊維平氏は、「アルミからアルミ中心の多角化へとシフトするため、中国アルミは石炭と鉄鉱石...http://bit.ly/cqFeAA

○東芝、欧米の太陽光発電所の建設を本格展開へ
http://bit.ly/awNb10
東芝は海外の太陽光発電所の建設事業を本格展開する。ブルガリアで出力10メガワット規模の太陽光発電所の建設を始めるほか、欧米で新規案件の開拓に取り組み、海外の太陽光関連事業で2015年度に1500億円の売上高を目指す。同社広報が25日 http://bit.ly/awNb10

○日印原子力協定 核実験なら停止は当然だ
http://bit.ly/a6wT2H
岡田克也外相が先週末、ニューデリーで行われたインドのクリシュナ外相との会談で、日印原子力協定について「インドが核実験を行えば協力を停止する」考えを伝えた。「非核」を国是とし、核軍縮を外交の柱に据える国の姿勢として当然だろう。岡田外相の発言 http://bit.ly/a6wT2H

○三菱商事、カナダで大規模シェールガス開発
http://bit.ly/cmosDT
三菱商事は24日、カナダのシェールガス開発プロジェクトに参画すると発表した。現地エネルギー会社と合弁事業体を設立して2014年に日量約5億立方フィート(LNG換算で年約350万トン)の生産を目指すもので、三菱商事の持ち分は50%。http://bit.ly/cmosDT

○岡田外相、インドやタイ訪問の成果について報告
http://bit.ly/cyRFpm
民生用原子力協力について岡田外相は「インドが核実験を実施した場合には、日本は協力を停止せざるを得ないということであります。文書に書くかどうかはともかくとしてと、私(大臣)がインド側に言ったわけではありません。事実として核実験を行った場合には、http://bit.ly/cyRFpm


Other world energy news today

○100825A Laos, hydroworld.com
ラオス政府は2020年までの今後毎年2つの水力発電所を建設
Laos to construct at least 20 new hydro plants by 2020
http://bit.ly/aOAm8l
Electricity sector leaders in Laos have said the country will build at least two hydropower plants every year until 2020, according to wire reports from the region.,a total of 14 hydroelectric power plants,2,540 MW,Viet-Laos Power Joint Stock Company,and Laos Electricity Corporation
Xekaman 1 Electricity Co. Ltd.,Xekaman 1 hydroelectric power project,322-MW Xekaman 1 project,US$441 million on the Xekaman River in the Attopu Province of Laos,Nam Theun 2 hydropower project,1,000 MW of electricity to Thailand,$1.45 billion project,Electricite de France
Electricity Generating Public Co. of Thailand,Italian-Thai Development

○100825B Indonesia, thejakartapost.com
インドネシアの原子力開発で世論の過半が推進に賛成
Survey says most people accept nuclear power plant
http://bit.ly/anyDN8
A survey jointly conducted by the National Nuclear Agency (Batan) and University of Indonesia’s School of Social and Political Sciences found that 57.6 percent of respondents could accept nuclear power plant.,24.6 percent,17.8 percent abstained,Jepara regency in Central Java,reached 55.30 percent,3,000 respondents in 22 regions in seven provinces across Java and Bali,Batan chief Hudi Hastowo

○100825C India, thedailystar.net
インド政府は米印原子力協定の免責条項でなお国会と議論中
Indian govt fights to rewrite N-liability bill
http://bit.ly/dpjwL1
Caught in a bind over how to address the supplier liability question in the civil nuclear liability Bill, the government has given itself the next couple of days to come up with different language that would satisfy the Opposition as well as not deter potential suppliers. In fact, different formulations are already being worked out by the Department of Atomic Energy (DAE) in consultation with the Prime Minister's Office and Ministry of External Affairs.,Science and Technology Minister Prithviraj Chavan,Leader of Opposition in Rajya Sabha Arun Jaitley,Atomic Energy Regulatory Board
nuclear liabilities fund,Russian suppliers ,South Korean,intent to cause nuclear damage,criminal liability,divided into a "hot island" and a "cold island",CSC (Convention on Supplementary Compensation)

○100825D China, hydroworld.com
中国の水力設備は200GWに達し世界一となった
China's installed hydropower capacity hits 200 mln kW
http://bit.ly/a5fWMe
China has reaffirmed its position as the world's largest hydropower generator by having a total installed hydropower capacity of 200 million kilowatts (kW), the National Energy Agency (NEA) said on August 22.,doubled its installed hydropower capacity since 2004,In 2009
3.1 billion tons of standard coal, ,with non-fossil fuels accounting for 8.3 percent ,to 15 percent by 2020, ,to 350 million kW by that time,

○100825E Thailand, Bangkok Post
Egco outlines investment plan of B21bn
http://bit.ly/9US3mh
Electricity Generating Plc (Egco), the country's second-largest private power producer, is considering investments worth 21 billion baht in total to build a new 800-megawatt power unit and three new small power producer (SPP) projects.,President Vinit Tangnoi ,2 billion baht each,about 120 megawatts,combined output of 2,000 MW,6 billion baht,between 2015 and 2021,operational by 2015,the Electricity Generating Authority of Thailand (Egat) ,power purchase agreement (PPA),Egco's Khanom Electricity Generating (Kegco),1.5-billion-baht 800-megawatt plant at the existing site of Kegco,a coal-fired power plant in the Philippines ,25% of the project in Laos


Japanese energy news today

○ASEAN経済相会議が開幕、共同体創設へ具体策を協議
http://bit.ly/9prOAa
○旅客機が着陸失敗、43人死亡か 中国北部
http://bit.ly/a8uLTI
○召還のタイ大使帰任 カンボジアに
http://bit.ly/9xKJNe
○ソマリア首都のホテルで自爆攻撃、国会議員ら30人死亡
http://bit.ly/bO8E7v
○中国アルミ、今後3年間で石炭・鉄鉱石に布石
http://bit.ly/cqFeAA
○東芝、欧米の太陽光発電所の建設を本格展開へ
http://bit.ly/awNb10
○日印原子力協定 核実験なら停止は当然だ
http://bit.ly/a6wT2H
○三菱商事、カナダで大規模シェールガス開発
http://bit.ly/cmosDT
○岡田外相、インドやタイ訪問の成果について報告
http://bit.ly/cyRFpm


2010年8月24日 ー タイを繋ぐ高速鉄道建設で中国政府動く ー

今朝の朝日新聞,「私の視点」,かなり重要な投書欄であるが,友人の山岡暁君が,インフラ輸出に関連して建設技術,建設企業の海外進出について意見を述べている。私も,建設企業はどこに行った,前原さんは海外進出を後押しすると言っているが,動きは緩慢である,と思っている。山岡君は過去の技術のメインテナンスが不足,という感じの意見だが,人材入れ替えが災いしている,EPCなど建設企業主導の海外進出を期待する。

岡田外務大臣は,一連のアジアの行脚でバンコクに達し,タイ政府と会談中だが,反政府犠牲者の問題を協議中。しかしその間に,タイ政府の内閣では中国の強力な提案に大騒ぎである,岡田さんには情報が入っているのだろうか。タイと中国の政府間の話だがら重要である。中国の提案は,中国雲南からシンガポールまで同じゲージで高速鉄道を通そうというもの,総事業費は3000億バーツ,1.5兆円か。

日本政府はベトナムの南北高速鉄道に縛られて立ち往生だが,その中で中国は更に柔軟な思考を進めているようだ。昆明からシンガポールまでの一貫高速鉄道は,当然ラオスを巻き込むものであり,更にベトナムにもそのルートを延ばそうとしている。どうも日本政府は,昔の二国間援助の縛りが抜けなくて,ベトナムにこだわってしまう。ベトナム,与しやすし,と言うことなのであろうが,既に一度,原子力で裏切られている。

中国がタイを相手に構想を提案してきたのには最近の経済情勢があるようだ。タイは政治抗争で相当に疲れた,と我々は思っているが,そうではない。昨夜も再放送していたNHKの「熱線アジア」は,タイの製造業の活況を報じている。今やタイ経済がアジアで重要な役割を果たす,その流れを中国政府はいち早くキャッチ,アジアの経済を握る国際高速鉄道をタイに提案してきたのだ。ベトナムに振り回されている日本,誰かが主導する必要。


タイ政府は来週にも中国政府が提案する高速鉄道プロジェクトの両国政府合弁形成について協議する。タイの考えてきた空港からラヨンまでの他,同じゲージを使って,ノンカイ,雲南省,マレーシア,シンガポール,更にラオス,ベトナムも,3000億バーツ http://bit.ly/dvnP9U

フィリッピン,ルソン系統の電力取引市場WESM,度重なる送電容量の限界で市場価格が高騰,批判が続いている。サンホセ変電所の変圧器容量が600KVAで750MVAに上げる計画,高騰した価格は調整されるが,それでも大統領府は高騰に対処苦慮 http://bit.ly/d1YF1h

インドのウッタルカンド,ガンジス河上流のバギラティ川で進められていたNHPCの600MWロハリナグパラ水力など,聖なるガンジスで反対多く,環境省によって中止が命令された,NHPCに補償される,他にも480MW中止があるが,現在の被害なし http://bit.ly/bmq1lF

インドの最東端,ミャンマーやバングラデシュと国境を接するミゾラン州が,恒常的な電力不足に悩んでいる。皮肉にも多くの河川が入り乱れているが,現在の需要ピーク107MWにも対処できない。中央政府が現地調査を入れているが,すぐには解決困難 http://bit.ly/byjkHB

○カザフ道路整備に最大63億円の円借款 資源国と関係強化
http://bit.ly/8Yv2zp
JICAは中央アジアのカザフスタンの首都アスタナで、カザフ政府との間で同国南部の幹線道路を整備するための資金として最大63億6100万円の円借款を実施する契約に調印した。カザフへの円借款供与は7年ぶりで、ウランや原油など天然資源が豊富なカザフ http://bit.ly/8Yv2zp

○カンボジア政府がタクシン氏の顧問辞任を発表
http://bit.ly/bLM10q
カンボジア政府がタイのタクシン元首相を自国の経済顧問に任命したことからタイ政府との関係が悪化していた問題について、カンボジア政府は23日、タクシン氏の辞任を発表し、両国の関係改善につながるのか注目されています。この問題は、カンボジア政府が去年10月 http://bit.ly/bLM10q

○岡田外相、タイ首相と会談 村本さん死亡の究明要請
http://bit.ly/d9CsUj
岡田克也外相は23日、日本の外相として5年ぶりにタイを公式訪問した。4月10日の反政府デモ隊と政府治安部隊との衝突を取材中に死亡したロイター通信カメラマン、村本博之さんが被弾した現場を訪れ献花した。アピシット首相との会談では真相究明を改めて要請。http://bit.ly/d9CsUj

○第2四半期タイGDPは予想上回る伸び
http://bit.ly/cCLzjH
タイ国家経済社会開発庁(NESDB)が23日発表した第2・四半期のタイの国内総生産(GDP)伸び率は前期比0.2%、前年同期比9.1%となった。前期比は予想外のプラス成長を確保、前年比も市場予想を上回る伸び率となり、タイ中銀が利上げに積極的 http://bit.ly/cCLzjH

○BGグループ:インド西部の石油・ガス田は現在も操業停止中
http://bit.ly/94OZcs
インド西部沖のパンナ・ムクタ石油・ガス田では、一カ月前に損傷を受けた海底パイプラインの修理作業が続き、生産は依然、停止している。パンナ・ムクタの事業権益30%を保有する英ガス大手BGグループ(BG.LN)の経営幹部は週末、「沖合での(修理)作業は前進しているがhttp://bit.ly/94OZcs


Other world energy news today

○100824A Thailand, Bangkok Post
タイ政府は来週にも中国政府が提案する高速鉄道プロジェクトについて協議
Rail project with China considered
http://bit.ly/dvnP9U
The cabinet will hear a proposal next week to establish a joint venture between the Thai and Chinese governments to develop a new standard-gauge rail line from Nong Khai in the Northeast to the southern border with Malaysia,Korbsak Sabhavasu, the secretary-general to the prime minister,a high-speed rail line from Suvarnabhumi Airport to Rayong province on the Eastern Seaboard via Pattaya and Laem Chabang ,standard-gauge link from Kunming, southern China that would travel through Vietnam and Laos before reaching Nong Khai,eventually Singapore.,
carry a price tag of 300 billion baht.,Suvarnabhumi Airport and Rayong projected to cost 30 billion baht.

○100824B Philippines, mb.com.ph
フィリッピンのWESMは送電線混雑で取引価格高騰で苦慮
Transmission congestion still exerts upward pressure on WESM prices
http://bit.ly/d1YF1h
The lingering congestion problems in the transmission system are still exerting upward pressure in prices at the Wholesale Electricity Spot Market (WESM), thus not offering much hope that generation charge by next billing period will really go down.,upgraded Transformer 2 of the San Jose substation,transformer 3 and up for completion this September,Philippine Electricity Market Corporation (PEMC),price substitution methodology (PSM),oil-based plant Malaya,must-run unit (MRU),San Jose 600 MVA (megavolt ampere) Transformer Units 3 and 4,upgrades into 750-MVA,Kalayaan-MakBan 230-kilovolt (kV) line

○100824C India, sify.com
インドのウッタルカンド,ガンジス河上流のバギラティ川の600MW中止
Govt to compensate NTPC for cancellation of Uttarakhand project
http://bit.ly/bmq1lF
In what could be the first for the country, the government today said NTPC would be duly compensated for the cancellation of its 600-mega watt (Mw) hydropower project at Loharinag Pala in Uttarakhand. The compensation could run into Rs 1,000 crore.,Power Minister Sushil Kumar Shinde ,invested about Rs 600 crore,order worth Rs 2,000 crore for equipment,Uttarakhand government projects on the Bhagirathi ? 480-Mw Pala Maneri and 381-Mw Bhairon Ghati hydel projects.,commenced in 2005,Bhagirathi

○100824D India, telegraphindia.com
インドの最東端,国境を接するミゾラン州が,恒常的な電力不足
Power crisis in Mizoram
http://bit.ly/byjkHB
Landlocked Mizoram is now in the grip of an acute power crisis something which the border state has not experienced over the past few decades.,is estimated at 77MW at its highest and 52MW at its lowest,put at 107MW at its peak,Kolodyne scheme and the National Thermal Power,Corporation (NTPC),Wadia Institute of Hydrology in Dehradun and the Geological Survey of India,Central Water Commission,Kolodyne scheme


Japanese energy news today

○カザフ道路整備に最大63億円の円借款 資源国と関係強化
http://bit.ly/8Yv2zp
○カンボジア政府がタクシン氏の顧問辞任を発表
http://bit.ly/bLM10q
○岡田外相、タイ首相と会談 村本さん死亡の究明要請
http://bit.ly/d9CsUj
○第2四半期タイGDPは予想上回る伸び
http://bit.ly/cCLzjH
○BGグループ:インド西部の石油・ガス田は現在も操業停止中
http://bit.ly/94OZcs



2010年8月23日 ー 中国の災害急増をインド紙が報道 ー

インドのアッサムの新聞が,2010年の中国の地滑りなど,災害が極めて多いことに触れて,中国側の見解を載せている。ダム開発の大規模な全国規模展開が災害を呼んでいるのではないか,として中国当局と会話を交わした分けで,中国側はこれを否定している。発電所そのものよりも,周辺環境整備をどこまで丁寧にやったか,が問題になるのだろう。ベトナムの中部の乱開発と共に,我々も関心を持っている。

インドの最北東端,国境未定地域,アルンチャルプラデシュ州が,中央政府に国境警備隊の増強を要請している。アルンチャルもアッサムも地元義勇軍みたいなものを持っているわけだが,地元の地形などを熟知していることから,インド正規軍の指揮下の中に入れるよう要請している。中国とインドのそれぞれのダム開発が,国境近くで接触してくる時代はすぐそこまで来ており,両国の話し合いの環境が醸成できないのか,と思う。

岡田外相がインドのシン首相と会見した。原子力協力協定と核実験の関係について,昨日も私の懸念を書いたが,岡田外相の要請に対してのシン首相の回答,日本語訳だが,「インドの核実験モラトリアムの継続や兵器用核分裂性物資生産禁止条約(FMCT)などの政策を推進」,は微妙なニュアンスを含む。インドが現在声明している言葉を模した分けで,今後の交渉で文書化を臨む日本とどの様に調整して行くのだろうか。


中国は2020年までに75GWの原発を計画しているが,最初の内陸部,湖北省,武漢の上流,威寧(シエニン)に初の内陸発電所を推進,ここを機器製造拠点の計画,AP1000型でWHと東芝の技術を採用する,主体は広東原子力公司,温暖化対策を標榜 http://bit.ly/cQhCWV

中国の自然災害,インド紙が報道,2010年の災害件数は26000に達し,昨年の10倍,三峡ダムなどダムの建設が影響しているとの噂に中国当局が否定,干魃と洪水の来襲の上に四川省や青海省で起きている大規模地震が,地盤を緩めた可能性,開発ではないと http://bit.ly/c3jCE1

インドの北西部,最大の多目的ダム,バクラ,この管理当局BBMBが自信を持って河川管理を説明,現在までにやってきたように我々は,大規模な水没移住,その後の管理に十分な知識を持っており,ストレジ川,ビー川でのダム開発に自信を持っていると http://bit.ly/97hGJU

インド,最北東端,国境未確定地域,アルンチャル州政府が,中国との国境沿いの警備隊の増強を,中央政府のシン首相と国防大臣に要請,山岳地帯であるため,地理に詳しい地元義勇軍を正規軍の下に置くと,大隊規模は12000人,水力開発は慎重に推進と http://bit.ly/cyggLE

フィリッピン,ミンダナオとレイテを連携する送電線の建設が計画されているが,エネルギー長官のアリメンドラス氏は,ミンダナオの電力危機は多分に島内の送電網の不備が影響しており,レイテとの連携の前に,島内を整備すべきと,http://bit.ly/9nZol8

○スーダンも原発計画、20年の稼働目指す
http://bit.ly/chnS0G
スーダン政府当局者は22日、国内の電力不足に対応するため原子力発電所建設を計画していると述べた。スーダン政府は今年初めから原発開発計画に着手、2020年の稼働開始を目指す。今週にも国際原子力機関(IAEA)の代表団が同国を訪問するという。http://bit.ly/chnS0G

○陸自ヘリ部隊がパキスタン入り
http://bit.ly/dgFwfo
パキスタンの洪水の被災者支援で、自衛隊のヘリコプター部隊の第1陣が22日夜(日本時間同日深夜)、同国中部パンジャブ州ムルタンのパキスタン陸軍飛行場に到着した。ムルタン入りした第1陣は陸自第4師団(司令部・福岡県春日市)の隊員を中心とした約50http://bit.ly/dgFwfo

○中朝国境 20年ぶり洪水 鴨緑江 金総書記が救助命令
http://bit.ly/9BEHME
中国と北朝鮮の国境を流れる鴨緑江で十九日から大雨が降り、二十年ぶりといわれる洪水が発生した。遼寧省丹東市の多くの地域が水に漬かり、九万四千人が避難、同市郊外では土石流などで少なくとも四人が行方不明になっている。鴨緑江には被害地の上流に水豊ダムhttp://bit.ly/9BEHME

○岡田外相、インドのシン首相と会談、民生用原子力協力を前提に核軍縮・不拡散の一層の取り組みを要請
http://bit.ly/cNH5GC
岡田克也外相は21日、首相と会談した。特に経済、民生用原子力協力および国連安保理改革の3点について述べた。岡田外相は日本とインドの民生用原子力協力について、インドによる核軍縮・不拡散の一層の取り組みを要請した。シン首相は、インドの核実験モラトリアhttp://bit.ly/cNH5GC

○米国の燃料在庫、過去20年で最高水準−原油70ドル割り込む可能性
http://bit.ly/95m4z5
米国の原油と石油製品の在庫が過去20年で最も高い水準に達していることから、原油市場の弱気派は相場がさらに下落すると予想している。これにより、石油輸出国機構(OPEC)が減産に踏み切る可能性もあるとの見方が広がっている。米エネルギー省(DOE)http://bit.ly/95m4z5

○大唐国際発電:石炭供給確保へ内モンゴルの鉱山事業買収目指す
http://bit.ly/dl2wQw
大唐国際発電:石炭供給確保へ内モンゴルの鉱山事業買収目指す,石炭供給を確保するために内モンゴル自治区の鉱山プロジェクトの買収を目指していると明らかにした。曹景山・副董事長(副会長)は同日の会見で記者団に対し、同社は2015年までに石炭の自給率http://bit.ly/dl2wQw


Other world energy news today

○100823A China, reuters.com
中国は2020年までに75GWの原発を計画,最初の内陸部,威寧
Central China plans nuke equipment making hub-Xinhua
http://bit.ly/cQhCWV
Central China's Hubei province plans to build in the next three to five years a base to make nuclear power equipment, official news agency Xinhua reported on Sunday, part of the country's massive push to boost clean energy.,State-run China Guangdong Nuclear Power Corp, State Nuclear Technology Corp (SNPTC) and Dongfang Electric ,central Chinese city Wuhan,Xianning 威寧,third-generation AP1000 technology developed by Westinghouse,a unit of Japan's Toshiba (6502.T),to top 75 gigawatts by 2020,[ID:nTOE66S089] (Reporting by Chen Aizhu; Editing by Jon Loades-Carter)

○100823B China, hindustantimes.com
中国の自然災害,インド紙報道,2010年の災害件数は26000
China hit by 26,000 geological disasters this year
http://bit.ly/c3jCE1
With worst ever geological disasters hitting China in 2010, questions are being raised over the strategy to construct mega dams to divert river waters. China recorded more than 26,000 geological disasters in the first seven months of this year, nearly 10 times the number in the same period last year.,Minister of Land and Resources Xu Shaoshi,Zhouqu County, northwest China's Gansu Province,1,434 were killed and 331 were still missing,Puladi Township in Gongshan in southwest China's Yunnan Province,ruled out big dams like Three Gorges,earthquake in Sichuan province bordering Tibet in 2008 in which about 68,000 people killed,Qinghai,Zhang Zuochen, a geologist with China University of Geosciences

○100823C India, hindustantimes.com
インド,バクラダム当局,我々は河川管理に自信あり,心配無用
We have technology to tame rivers
http://bit.ly/97hGJU
As the chairman of Bhakra Beas Management Board (BBMB), A.B. Agrawal talked to Hindustan Times about his plans to develop a consensus amongst northern states for new capacity addition. Some excerpts: After building world-class asset like Bhakra-Nangal Dam, what is BBMB doing to replicate such multipurpose projects?,resettlement and rehabilitation (R&R) ,RM&U of 540 MW Bhakra Left Bank Power House,added 310 MW of low-cost hydro generation,on river Satluj and Beas,Bhakra

○100823D India, assamtribune.com
インド,最北東端,アルンチャル州政府,中国との国境の警備隊の増強
Centre steps up Army deployment along China border
http://bit.ly/cyggLE
Following persistent demands from the Government of Arunachal Pradesh, the Centre has finally initiated steps for augmenting security measures along the international border with China and additional troops are being moved into the bordering areas, while, a battalion of the Arunachal Scouts has also been sanctioned.,Member of Parliament from Arunachal Pradesh, Sanjoy Takam,Arunachal Pradesh Chief Minister Dorjee Khandu,Army consists of around 10,000 to 12,000 personnel

○100823E Philippines, manilatimes.net
フィリッピン,ミンダナオはレイテとの連携の前に島内整備を
NGCP told to fix grid before national interconnection
http://bit.ly/9nZol8
The interconnection of the country’s three power grids may take a backseat as the Department of Energy (DOE) said the private operator first has to improve operations in Mindanao, which is suffering from outages. DOE Secretary Jose Rene Almendras said the National Grid Corp. of the Philippines (NGCP) has to address problems besetting its Mindanao operations before it can proceed with the implementation of the Leyte-Mindanao Interconnection Project (LMIP).


Japanese energy news today

○スーダンも原発計画、20年の稼働目指す
http://bit.ly/chnS0G
○陸自ヘリ部隊がパキスタン入り
http://bit.ly/dgFwfo
○中朝国境 20年ぶり洪水 鴨緑江 金総書記が救助命令
http://bit.ly/9BEHME
○岡田外相、インドのシン首相と会談、民生用原子力協力を前提に
http://bit.ly/cNH5GC
○米国の燃料在庫、過去20年で最高水準−原油70ドル割り込む可能性
http://bit.ly/95m4z5
○大唐国際発電:石炭供給確保へ内モンゴルの鉱山事業買収目指す
http://bit.ly/dl2wQw


2010年8月22日 ー インドの原子力協力と核実験 ー

岡田外務大臣がインドを訪問しており,ニューデリーでインドのリシュナ外相と会談,現在交渉中の日印原子力協定について,核実験が行われた場合は協定を破棄する,との一文を挿入することが日本側の条件,と明言したとのニュース。これは少なからず問題の発言で,インドとしては引かざるを得ないほど重要なものだろう,と予想がつく。日本は,米国と共に核を共有しているとのインド側の認識がある。

核実験を行わない,と言う約束は保有する核をほとんど無力にする可能性がある。包括的核実験禁止条約(CTBT)は,米国を初めほとんどの国が批准していない。その中でインドへの原子力交渉の中で,核実験は行わない,と言う文章にインドが署名する可能性はない,それも日本だけがインドにそれを迫っても,まず無理で,一旦発言した岡田さんは,これを引っ込めることは不可能だ。少し軽はずみという感がする。

事実上,日本の原子力メーカーのインド参入を不可能にする発言ではなかろうか,もう少し慎重な発言が欲しかった。核実験を行った場合は,協力が進んでいても引き揚げると言うことだから,それはきょうりょくしてないどころか途中で止めるという,その様な中途半端な約束は,インドとしては応じられないような気がする。包括的核実験禁止条約(CTBT)を持ち出して議論すべきだと思う,二国間の問題とするには厳しい。


○原子力協定「核実験すれば停止」 インドに岡田外相
http://bit.ly/bcTHuy
岡田克也外相は21日、インドを訪問し、首都ニューデリーでクリシュナ外相と日印戦略対話を開いた。会談後の共同記者会見で岡田外相は6月に両国で交渉が始まった民生分野の原子力協力協定について「インドが核実験を実施すれば協力を停止すると言わざるhttp://bit.ly/bcTHuy

インドの電力副大臣が水力開発について,包蔵水力の開発促進を促す,ここ数年間で63000MWの開発が必要,現在北東部とシッキムで11プロジェクトが工事中で,その出力は4942MWである。北東地域の現在の水力設備は1686MWでNHPC主力 http://bit.ly/b68CzB

power industry is forecast to consume 2.27 billion
世界で原料炭の価格が今年2倍に高騰している。中国が原料炭で世界第2の輸入であるが,2009年3440万トン,インドの発電炭輸入は6000万トンと倍増,中国の石炭全需要は31.8億トン,発電炭は15.4億トン,2015年は全重要40億トンhttp://bit.ly/dhz4m3

フィリッピンのIPP契約で適格を欠くものがあり,その資産額17.5億ドルが宙に浮いている。PSALMの長期ローンは95億ドルで,今のところ165億ドルまで伸びてきている。このため,この宙に浮いた額を電気料金に載せることが出来ず,問題になっているhttp://bit.ly/brj90I

フィリッピン,ルソン,ラグナ地区のマキリン山の西側,20MWミバララ地別発電プロジェクト,EDCなど国内企業3社による合弁が成立,11億ペソで,2013年完成を目指す,エネルギー省の認可をすませている,http://bit.ly/cxi262

○ODA予算減少、官民連携で補う 新興国にインフラ輸出
http://bit.ly/czPJfN
外務省は政府開発援助(ODA)予算の伸びが期待できない中、官民連携でアジアなどへのインフラ輸出を目指す取り組みを強化する。民間企業の提案を国がODAなどで支援するもので、2011年度予算概算要求の「特別枠」に成長戦略関連費用として盛り込む。http://bit.ly/czPJfN

○イラン核燃料搬入を非難 イスラエル
http://bit.ly/blen2k
イランが21日、ブシェール原発の原子炉建屋内に核燃料を搬入したことについて、イスラエル外務省は同日「まったく受け入れられない」と非難する声明を出した。ロイター通信が伝えた。 中東唯一の核保有国とされるイスラエルはイランの核開発を安全保http://bit.ly/blen2k

○5万人以上が被災 中朝国境の洪水被害深刻
http://bit.ly/aAx90A
中国と北朝鮮の国境を流れる鴨緑江が大雨による増水で氾濫(はんらん)し、両国に深刻な被害をもたらしています。中国の国営新華社通信によると、遼寧省丹東で19日から21日にかけて大雨が降り、中朝の国境を流れる鴨緑江の下流で大規模な洪水が発生しました。http://bit.ly/aAx90A


Other world energy news today

○100822A India, commodityonline.com
インドのNHPCはこの数年間で63000MWの水力開発
NHPC bullish on India’s latent hydro-power resources
http://bit.ly/b68CzB
India is aiming high for tapping latent hydro-power capacity in the country, as the country is capable to create hydro-power capacity to the tune of 63,000 MW over the years. ,11 hydro-electric projects with an aggregate capacity of 4942 MW are under construction in the northeastern,region and Sikkim. ,Union Minister of State for Power, Bharatsinh Solanki,the Chamera project in Himachal Pradesh

○100822B China, livetradingnews.com
世界で原料炭の価格が今年2倍に高騰している。中国が
COAL PRICES TO SOAR
http://bit.ly/dhz4m3
Coking coal prices have risen twice this year as demand picked up with the global economic recovery. China became the world’s second-biggest buyer of the steelmaking material after importing a record 34.4 million tons in 2009. India’s thermal coal purchases jumped to about 60 million tons last year from about 30 million tons in 2008, according to Macquarie Group Ltd.,China’s coal demand is expected to reach 3.18 billion tonnes,1.54 billion tonnes of coal,hit 4 billion tonnes by 2015

○100822C Philippines, mb.com.ph
フィリッピンのIPPで契約上適格でないものがPSALMで問題に
PSALM blames ineligible IPP contracts
http://bit.ly/brj90I
The so-called ineligible independent power producer (IPP) contracts have triggered $1.75 billion swell in the financial obligations of the Power Sector Assets and Liabilities Management Corporation (PSALM), hence, pushing up combined long-term loans of P326 billion and IPP liabilities of $9.5 billion; to $16.5 billion to-date.,Electric Power Industry Reform Act (EPIRA),Energy Regulatory Commission

○100822D Philippines, mb.com.ph
フィリッピン,28億ペソ,20MWのミバララ地熱発電発進
P2.8-billion Laguna geothermal project pushed
http://bit.ly/cxi262
The three-firm partners in the proposed 20-megawatt Maibarara geothermal facility, to be sited along the western flank of Mount Makiling in Laguna, will be spending P2.8 billion to bring the project into fruition.,PetroGreen Energy Resources Corporation (PetroGreen),Trans-Asia Oil and Energy Development Corporation,Philippine National Oil Company-Renewables Corporation,second half of 2013


Japanese energy news today

○ODA予算減少、官民連携で補う 新興国にインフラ輸出
http://bit.ly/czPJfN
○原子力協定「核実験すれば停止」 インドに岡田外相
http://bit.ly/bcTHuy
○イラン核燃料搬入を非難 イスラエル
http://bit.ly/blen2k
○5万人以上が被災 中朝国境の洪水被害深刻
http://bit.ly/aAx90A


2010年8月20日 ー 中国のエネルギー戦略を米国が分析 ー

私の学友,西松建設で勤め上げてきた西平福宏君が昨日,一月の病床から逝った。京都の東一条の近辺で下宿していた仲間で,いずれも田舎の高校から出てきた4人ほどが下宿で貧乏生活をしていた,昭和33年頃の話である。皆間借りをしていたが,風呂もなく,洗濯などは一体どうしていたのか,覚えがない,ほとんど洗濯しなかったのではないか。近くの学生用の定食屋で,一食40円の時代だ。

お金がなくなって10円ぐらいの板付きの蒲鉾を買って鴨川の堤防に座って食べていた。そう言えば最近,蒲鉾の板がない,当時は板を海に漬けておけば蒲鉾がひっついてくる,と真剣に話していた。誰かの許にお金が送金されてきた,という情報が出ると,近くの唯一の寿司屋さんで,寿司を感激しながら食べていた。西平君はその中でも頭のよい学生で,西松では研究所に属して,日本の成長に貢献してきた。合掌。

あれから50年,今は定食が800円とすると,大体20倍になっていることになる。中国の経済は地方によってばらつきがあってよく分からないが,50年前は中国の今の地方都市のレベルではないか。米国防総省の報告書は,中国が,原油などの天然資源を世界中から幅広く獲得するため,50カ国以上でエネルギープロジェクトに投資したり,開発にかかわっている,としている。日本の戦略が問われるところだ。


インドの北東地域各州政府の電力大臣達が近日中にシン首相と会議を持つ。地域の電力不足への対応,ガス価格の安定,大規模水力の事前調査の重要性,中央の進めるプロジェクトの促進,2000MWのスバンシリ水力から600MW,ブータンからの輸入,http://bit.ly/bKe8Hn

インドネシアのアグス財務大臣が,国会議員の会合で,近く政府は電気料金の値上げを国会に諮る予定だが,過剰な反応はしないで欲しい,と要請,時期はこの10月までの間を考えていると,特に国民は,その事態を理解して,積極的に対応して欲しいと http://bit.ly/cTvxLM

インドのマハラシュトラ州とタミルナドウ州は合弁で1920MWの石炭火力を推進しているが,炭鉱を新規に開発する条件でその入札準備を急いでいる。場所はチャティスガールのライガルト地区だが,インドの電力企業は炭鉱開発経験がなく,厳しい入札に http://bit.ly/bWPtJ1

アマゾン河,ブラジルを初めボリビア,コロンボ,エクアドル,ペルーがダム計画,併せて146ダム,NGOが流域の破壊と非難して,そのHPを立ち上げている。中でもブラジルによるベロモンテダムは,12000人の移住を必要としており,影響は大きい http://bit.ly/9doSD2

○藤村外務副大臣、パキスタン洪水で自衛隊派遣表明 国連総会
http://bit.ly/aFSfZP
国連総会は19日、パキスタンの洪水被害への対応を話し合う特別会合を開いた。米国のクリントン国務長官や日本の藤村修外務副大臣ら各国の政府高官が演説。藤村外務副大臣は日本政府が既に1440万ドル(約12億2900万円)の支援を決め、自衛隊ヘリコプターhttp://bit.ly/aFSfZP

○家を失った人は400万人 国連推定 パキスタン洪水
http://bit.ly/cztraR
国連は19日、パキスタンで洪水により家を失った人の数が、推定で400万人に上ったと発表した。国際支援が緊急に求められる中、米国は支援金の増額を表明した。クリントン米国務長官は同日の国連総会特別会合で、米国は6000万ドルを追加拠出し、http://bit.ly/cztraR

○中国・四川省 鉄橋が壊れ、列車が濁流に転落
http://bit.ly/c7vBKE
鉄橋の上で脱線して停止している赤い列車は、中央の2両がすっぽりと抜け落ちています。中国・四川省で19日、洪水で増水した川に列車が通りかかったところ鉄橋が壊れ、客車2両が川に落ちかけました。列車には1300人が乗っていて、このうち客車2両には合わせてhttp://bit.ly/c7vBKE

○雲南省怒江貢山で土石流災害 67人が行方不明
http://bit.ly/9EUPvR
雲南省怒江貢山で18日1時30分、土石流災害が発生し、67人が行方不明になった。雲南省政府応急管理弁公室の最新の統計によると、怒江州貢山県普拉底郷で発生した土石流により、67人が行方不明になり、約200メートルの道路路盤と1本の石造の橋が流された。http://bit.ly/9EUPvR

○中国、50カ国以上で資源に関与 米国防総省の報告書
http://bit.ly/9p4TYd
中国が、原油などの天然資源を世界中から幅広く獲得するため、50カ国以上でエネルギープロジェクトに投資したり、開発にかかわっていることが19日までに分かった。米国防総省が、中国の軍事動向に関する年次報告書の中で明らかにした。 報告書はhttp://bit.ly/9p4TYd


Other world energy news today

○100820A India, assamtribune.com
インドの北東地域各州政府の電力大臣達が近日中にシン首相と会議
NE Power Ministers to meet PM
http://bit.ly/bKe8Hn
The Power Ministers of the North Eastern states will meet Prime Minister Dr Manmohan Singh soon seeking the Centre’s assistance in tiding over the acute power crisis faced by almost all the states of the region. The Power Ministers will also demand a comprehensive study on the possible impacts of the dam projects before clearing it.,Assam Power Minister Pradyut Bordoloi,the gas based power projects remain viable,against reckless construction of dams without comprehensive study of the possible impact,NHPC and NTPC,Assam would get 600 MW power from the Lower Subansiri project,2,000 MW of power,power imported from Bhutan,West Bengal and Bihar

○100820B Indonesia, thejakartapost.com
インドネシアのアグス財務大臣が,電気料金の値上げを国会に諮る予定
Don’t respond negatively on power tariff hike plan: Finance Minister
http://bit.ly/cTvxLM
Finance Minister Agus Martowardojo has requested Indonesian people to remain positive in responding the government’s plan to raise basic power tariff (TDL) in near future time.,House of Representatives,between this month and October

○100820C India, business-standard.com
インドのマハラシュトラ州とタミルナドウ州は合弁で1920MWの石炭火力
Power cos seek mining partners to bid for 1,920-Mw project
http://bit.ly/bWPtJ1
A joint venture between the Maharashtra and Tamil Nadu governments for a pit-head power project, has been allotted the biggest coal block yet given for a project to be competitively bid.,Raigarh district of Chhattisgarh,768 million tonnes,Sasan ultra mega power project (in Madhya Pradesh) has around 750 mt,1,920 Mw power project,Reliance Power, Indiabulls,pit-head projects,Indonesian coal mining companies,Coal India,JSW Energy or Reliance Power,unique financial requirement,Lanco,Tata Power,NTPC,Adani Power,Mundra power project

○100820D Brazil, news.mongabay.com
アマゾン河流域で146のダムが計画,流域環境が危機と
146 dams threaten Amazon basin
http://bit.ly/9doSD2
the Amazon basin?the world's largest tropical rainforest?is being seen as prime development for hydropower projects. Currently five nations?Brazil, Bolivia, Colombia, Ecuador, and Peru?are planning over 146 big dams in the Amazon Basin,Dams in Amazonia
International Rivers and Argentine NGO Fundacion PROTEGER,Brent Millikan, Amazon Program Director for International Rivers,Belo Monte dam,relocate 12,000 people


Japanese energy news today

○藤村外務副大臣、パキスタン洪水で自衛隊派遣表明 国連総会
http://bit.ly/aFSfZP
○家を失った人は400万人 国連推定 パキスタン洪水
http://bit.ly/cztraR
○中国・四川省 鉄橋が壊れ、列車が濁流に転落
http://bit.ly/c7vBKE
○雲南省怒江貢山で土石流災害 67人が行方不明
http://bit.ly/9EUPvR
○中国、50カ国以上で資源に関与 米国防総省の報告書
http://bit.ly/9p4TYd


2010年8月19日 ー 官民連携インフラ輸出の重点事業 ー

昨日も。長躯兵庫県の北まで走って故郷の地籍調査に立ち会ってきた。地籍調査とは何か,と思って調べてみたら,1951年の国土調査法に基づいて,明治以来の地籍,字限図を新たに測量して地籍図を造るという。兵庫県の進捗率は17%,大阪府に至っては4%だと言う。市町村の事業だが,国からどのくらいの予算が出ているのか,よく分からない。とにかく50年半世紀経ってまあ10%ぐらい,と言うことは500年かかると言うことか。

500年ということは,今インド大陸が回転しながら反時計回りに動いていて年間5cmの速度だという。500年後にはどうなっているのか,大体25mは動いているわけで日本列島も余り違わないオーダーで動いていると、私のうちの水田の端が25m動いてしまうと,これはどうにも始末に負えない。田舎はよいとしても,京阪神間の宅地の境界が25m動く,そうするとウチの隣の公園は,私のものになっているかも知れない,ああ私は居ないか。

政府が,呼び声高い官民連携のインフラ輸出について,昨日,8月18日,重点事業を決定した,と報じられている。候補に挙がったものが,9事業のうち、ベトナムの新国際空港や石炭火力発電など,水道や道路などのインフラ整備は資金回収が長期にわたるため、初期投資段階での政府支援が欠かせない。政府は円借款などODAの活用や国際協力銀行(JBIC)の投融資などの活用を想定,と書かれている。


○インフラ輸出、水・空港など9事業 東南ア向け
http://bit.ly/c9tgbK
政府は18日、官民の連携でインフラ輸出を促すために東南アジアで9つの重点事業を選ぶ方針を固めた。マレーシアやインドネシアの水関連事業、ベトナム南部の新国際空港など総事業費は約9000億円に達する見込み。日本企業が提案した事業計画を政府が円借款 http://bit.ly/c9tgbK

インドネシアと米国は,スラウエシの北,フィリッピンのミンダナオとの中間に位置するサギヘ-タラウド列島付近で,両国それぞれの深海調査船を動員して,珊瑚礁など深海の科学的解明のための共同調査を行う。アジア海域への米国の一つの介入と言うシンボル http://bit.ly/aSin4m

フィリッピン,ミンダナオ,エネルギー省が二つの水力,700MWのアグス,255MWのプランギの資産売却を中止,議会に電気事業法の改定を求める,ミンダナオの電気料金安定を果たして来た2水力の民営化は,電気料金高騰の恐れ,アボイテスなどやむを得ずhttp://bit.ly/9pr7qu

インド北西部,ヒマチャルプラデシュ州政府が,レー地区の災害から,高標高地域の環境保護へ本格的に乗り出す。エコツーリズムの規制など厳しい内容だが,特の送電線の1元化,水力発電所については乾期の河川放流を15%強制,ケーブルカー設置の制限 http://bit.ly/czLAYY

インドのウタルカンド,有力国会議員が,州内のガンジス河水系に計画されている水力発電所の棚上げを要請。これらのプロジェクトが聖なる河の破壊に繋がると。この州はもっと他のエネルギー資源に注目すべきであると。他の同様の論者達との連携を示唆 http://bit.ly/cZbplM

○原発事故補償、300億円が上限 インド与野党合意
http://bit.ly/deFb21
インドの与党・国民会議派と左派を除く主要野党は18日、原子力発電所で事故が起きた場合に誰がどこまで責任を負うかを定める「原子力損害賠償法案」の修正で合意した。原発を運営する公社が事故被害者に支払う補償金の上限は、当初案の3倍の150億ルピーhttp://bit.ly/deFb21

○米国務長官、国連でパキスタン被災地支援呼びかけ
http://bit.ly/9aP56g
クローリー米国務次官補は18日の記者会見で、クリントン国務長官が19日に開かれるパキスタンの洪水被害に関する国連総会特別会合に出席すると発表した。長官は会合で演説し、各国に被災地への支援強化を呼び掛ける。潘基文・国連事務総長やパキスタンのhttp://bit.ly/9aP56g

○パキスタン洪水救援、自衛隊ヘリ部隊派遣へ
http://bit.ly/cYFkrQ
政府は深刻な洪水被害に見舞われたパキスタン北西部に国際緊急援助隊として自衛隊のヘリコプター部隊を派遣する方針を固めた。北沢防衛相が現地調査団からの報告を聞いたうえで、19日午後にも、自衛隊に派遣準備を指示する。準備指示が出れば、ただち http://bit.ly/cYFkrQ

○大阪,安威川ダム転流工で工期を3カ月延長
http://bit.ly/dyDRGI
大阪府都市整備部は、安威川ダム転流工について、当初予定の工期から3カ月延長し23カ月で9月末に公告する予定だ。大阪府河川整備委員会での審議が続いているため、発注時期をずらし工程も変更した。2月府議会承認案件を予定する。http://bit.ly/dyDRG

○ポスコがインドネシアに一貫製鉄所建設、11月着工
http://bit.ly/a3SywW
韓国企業ポスコは19日、海外初の一貫製鉄所プロジェクトとして進めてきたインドネシア製鉄所の建設に11月に着工すると明らかにした。同社はジャワ島北西部の港湾都市チレゴンにあるクラカタウスチール工場に隣接する遊休地に一貫製鉄所を建設すること http://bit.ly/a3SywW


Other world energy news today

○100819A Indonesia, voanews.com
インドネシアはスラウエシ北の深海調査で米国と協調
U.S. - Indonesia Ocean Project
http://bit.ly/aSin4m
The United States and Indonesia jointly conducted a scientific maritime expedition in the Sangihe Talaud region of Indonesia.,The Indonesia-USA Deep-Sea Exploration of the Sangihe Talaud Region or INDEX 2010,Okeanos Explorer,Baruna Jaya IV,biological and organic samples,G-20 in Toronto,environment and climate change component of the U.S.-Indonesia Comprehensive Partnership,Coral Triangle Initiative,,Intergovernmental Oceanographic Commission of the United Nations Educational, Scientific, and Cultural Organization (UNESCO)

○100819B Philippines, bworldonline.com
フィリッピンのミンダナオ,2つの水力の資産売却凍結
Agus-Pulangi privatization deferred to attract investors
http://bit.ly/9pr7qu
PRIVATIZATION of the Agus-Pulangi hydroelectric power plant in Mindanao has been deferred by the Department of Energy (DoE) in hopes of managing electricity prices in the region to attract investors.,Energy Secretary Jose Rene D. Almendras,Electric Power Industry Reform Act of 2006 (EPIRA) ,PSALM (Private Sector Assets and Liabilities Management Corp.),Agus hydropower plant has seven units with a combined generation total of 700 megawatts (MW),in 1953,in 1992,Lanao del Sur,Pulangi hydropower plant in Bukidnon generates 255 MW and began operations in 1985,Aboitiz Power Corp.,SN Power Corp.

○100819C India, himachal.us
インド,ヒマチャルプラデシュ州,レー地区の災害から環境規制
Leh disaster draws Himachal lawmakers concern for environment
http://bit.ly/czLAYY
Shimla: Sounding a warning about increasing human activity in higher hills, leader of the opposition Vidya Stokes, asked the government to take a relook at the whole development policy, especially towards tourism and eco-tourism for a Leh type disaster could afflict parts of cold desert areas in the state.,Lahaul ? Spiti and Kinnaur,chief minister Prem Kumar Dhumal,eco-tourism projects,Forest Dwellers Act,Rs 1000 crore project for sustainable environmental growth,laying of transmission lines a single corridor,Beas and Satluj

○100819D India, sify.com
インドのウタルカンド,聖なる河ガンジス水系内での水力開発反対
Hindu seer opposes hydro projects on Ganga
http://bit.ly/cZbplM
Puri Shankaracharya Nishchalanand Saraswati has opposed a move by Uttarakhand to build hydropower projects across the Ganga, describing it as an attempt to destroy the sacred river.


Japanese energy news today

○インフラ輸出、水・空港など9事業 東南ア向け
http://bit.ly/c9tgbK
○原発事故補償、300億円が上限 インド与野党合意
http://bit.ly/deFb21
○米国務長官、国連でパキスタン被災地支援呼びかけ
http://bit.ly/9aP56g
○パキスタン洪水救援、自衛隊ヘリ部隊派遣へ
http://bit.ly/cYFkrQ
○大阪,安威川ダム転流工で工期を3カ月延長
http://bit.ly/dyDRGI
○ポスコがインドネシアに一貫製鉄所建設、11月着工
http://bit.ly/a3SywW


2010年8月17日 ー 中国海軍の膨張を米国防省が報告書 ー

100歳以上の老人の250名以上が全国で行方不明,の記事は随分,恥を世界にさらしたものだ。韓国の女性のインタビューで,このようなことをきちんとやってきたのが日本と違うのか,と言われると余計恥ずかしい。それでも少しおかしいのは,なぜ100歳以上なのか,例えば職場から放り出される65歳で調査をやったら,どれだけの行方不明が現れるか,日本人はもっとショックを受けることになりそうだ。

このような問題も世界から揶揄された上,GDPで中国に抜かれることが明確になってきて,中国の経済の拡大がどんどん続く。日本人よりも米国はもう既に,中国が世界の大国に成長して行く将来を見据えているようだ。オバマ政権は,中国海軍拡大へ,今手を打たなければ,もう機会を逸することになる,と覚悟を決めたようだ。中国の原潜や空母の整備が進む中で,米国は南シナ海のベトナム海軍と手を握り始めた。

現段階で,中国の原油需要の40%がマラッカ海峡を通過してくる。例えば,ミャンマーの核武装を阻止する,という争点で米中が対立したとする,米国は報復の意味も含めて,或いは北朝鮮からの船舶を阻止する名目で,マラッカ海峡を空母で封鎖するとき,中国は身動きとれなくなる。ミャンマーにパイプラインを敷設する,この容量は中国全体の需要の7%だと言う。更にパキスタンのグワダール港からの回廊を準備中だ。

何のための両国の対立なのか,それはやはり,政治体制の対立に収束してくるのだろう。例えば,米国と英国ではこのような感覚の対立はあり得ないし,考え方によっては,インドと米国が対立することはなさそうな気がする。日本は100%マラッカ海峡に頼っているが,米系メジャーを通じて米国海軍に護られていると信じている日本は,極めてのんきである。もっとも,今更海軍力増強,という意見も出てこない日本である。

昨夜,昔の仲間と梅田に集合して,チベットを話題に議論になったが,アジアの河川の源流がすべてチベットに集中していること,そうしてそのほとんどの大河が,中国の外に流れ出して行く地図を眺めていると,中国の水の焦りがよく分かる。確かに中国主要部には水がない。経済が拡大して行くに従って,水がないと言うことが,中国の大きな弱点になって行く可能性は大である。

最近問題にしているブラマプトラ河だが,なぜ神様が中国の中心に流れ込む直前で,急に無理矢理に南に90度以上曲げてしまったのか,意味が分からない。この河が60万年前には確かに北に向かっていた形跡が残っているという。友人は,インド大陸の北上でヒマラヤ山脈がダムのような役割を果たして,チベットがアジアの水源,水タンクになっていった,と言う。ブラマプトラの大屈曲点は,神が創ったスピルウエーなのか。


中国の軍事力増強に対して米国国防省が年次報告書で,その原子力潜水艦やロシアの支援を受けた空母建造,巡航ミサイル増強などで懸念を表明,アデン湾からの原油輸入は需要の40%で南シナ海の重要性など,中国側はこの報告書は冷戦時代の影を引きずっていると http://bit.ly/dgG7A9

中国側の発表によると,中国はミャンマーに今年度,総額81.7億ドル,内訳水力ダムに50億ドル,原油ガスに21.5億ドルの投資を行う。西側がミャンマー軍事政権の人権問題や将軍達の汚職を理由に投資を行っていない,過去10年分を超す投資額 http://bit.ly/9emIPP

インドのタタ電力は再生可能エネルギー開発でノルウエーのSNパワーと合弁を組織する決意,インドとネパール,ヒマラヤ周辺の莫大な水力開発に加え,太陽光,風力,地熱の開発を意図している,特にマハラシュトラの3MW太陽光発電は中央系統に繋がれる http://bit.ly/9KomxF

○出力3割増の新型原発、30年運転開始 経産省方針
http://bit.ly/cusRvA
経済産業省は2030年の運転開始を目指す新型原子力発電所の基本仕様を固め、民間企業と本格的な開発に着手する。発電出力は従来の3割増となる世界最大級の180万キロワットに設定。稼働率も最高水準の97%を可能にする。国内30基,中国やインドなどアジア各国http://bit.ly/cusRvA

○ゆうちょ銀、新興国投資を開始 高利回り追求
http://bit.ly/bmQ1z6
ゆうちょ銀行は新興国への投資を開始した。中国やブラジル、東南アジア諸国などの株式で運用する上場投資信託(ETF)を4〜6月期に数百億円購入した。資産運用の大半を占める日本国債の金利が急低下し、利回りが高い新興国投資の妙味が高まったと判断。http://bit.ly/bmQ1z6

○日本GDPが4−6月期で中国を下回る、「30年で米国も抜く」
http://bit.ly/9ZF9US
内閣府は16日、4−6月期の国内総生産(GDP)の速報値を発表した。物価変動の影響を除いた実質GDPは、前期比0・1%増の1兆2883億ドルとなり、年率換算で前期比0.4%増と事前予想を大きく下回った。一方、中国がすでに発表していた上半期の速報値によれ http://bit.ly/9ZF9US

○中国軍、西太平洋で活動拡大へ=東アジア均衡変える−米報告
http://bit.ly/blVZtG
米国防総省は16日、中国の軍事・安全保障に関する年次報告書を発表し、「中国軍の能力は東アジアの軍事的均衡を変える主たる要因だ」と強い警戒感を示した。中国が領有権の確保や将来の有事に備え、インド洋や、小笠原諸島とグアムを結ぶ西太平洋の http://bit.ly/blVZtG

○NY原油、1カ月ぶり安値 世界経済が減速との見方
http://bit.ly/cjaOI4
週明け16日のニューヨーク・マーカンタイル取引所の原油先物相場は5日続落し、指標となる米国産標準油種(WTI)9月渡しが前週末比0・15ドル安の1バレル=75・24ドルで取引を終えた。終値としては7月12日以来、約1カ月ぶりの安値水準となった。 http://bit.ly/cjaOI4

○英ベダンタ、最大8200億円で英社インド事業の過半買収
http://bit.ly/aw937g
インドなどを中心に事業展開する英鉱業会社ベダンタ・リソーシズは16日、英石油・ガス会社ケアン・エナジーからインド事業の過半を買収すると発表した。株式の取得額は最大で96億ドル(約8200億円)に上る見通しで、成長市場であるインド事業を強化する。http://bit.ly/aw937g


Other world energy news today

○100817A China, bloomberg.com
中国の軍事力増強に対して米国国防省が年次報告書
China Seeks Military Power in Indian Ocean, Western Pacific, Pentagon Says
http://bit.ly/dgG7A9
China is pursuing a military capability as far as the Indian Ocean and the western Pacific, even as it maintains a military buildup opposite Taiwan amid improved economic ties across the strait, the Pentagon said.,Defense Department,People’s Liberation Army,five advanced nuclear- powered attack submarines,first aircraft carrier, a refurbished Russian vessel, ,ramifications,Strait of Hormuz,Gulf of Aden,Cruise Missile
Northern Mariana Islands, Guam and Palau to Indonesia,South China Sea

○100817B Myanmar, news.scotsman.com
中国側の発表によると,中国はミャンマーに今年度,総額81.7億ドル
China reveals $8bn Burma investment
http://bit.ly/9emIPP
China has pumped $8.17 billion into military-run Burma in the current fiscal year, accounting for two thirds its total investment over the past two decades, official government data shows.,$5 billion in hydropower,$2.15 billion in the oil and gas sector

○100817C India, energyboom.com
インドのタタ電力は再生可能エネルギー開発でノルウエーのSNパワーと合弁
TATA POWER TAPS GEOTHERMAL TO BE PART OF ITS RENEWABLE ENERGY DRIVE
http://bit.ly/9KomxF
India's largest private energy company, Tata Power (BOM:500400), continues to increase its renewable energy portfolio through wind, solar, and hydropower, and is now considering geothermal energy.,SN Power,Himalayan region,create hydropower projects in India and Nepal ,3-megawatt solar photovoltaic power plant,Maharashtra,Prasad Menon, Tata Power's Managing Director


Other world energy news today

○出力3割増の新型原発、30年運転開始 経産省方針
http://bit.ly/cusRvA
○ゆうちょ銀、新興国投資を開始 高利回り追求
http://bit.ly/bmQ1z6
○日本GDPが4−6月期で中国を下回る、「30年で米国も抜く」
http://bit.ly/9ZF9US
○中国軍、西太平洋で活動拡大へ=東アジア均衡変える−米報告
http://bit.ly/blVZtG
○NY原油、1カ月ぶり安値 世界経済が減速との見方
http://bit.ly/cjaOI4
○英ベダンタ、最大8200億円で英社インド事業の過半買収
http://bit.ly/aw937g


2010年8月16日 ー ミャンマーの選挙後に何が起こる ー

ベトナム中部沿岸沖の南シナ海を航行する米空母ジョージ・ワシントンで離陸準備する戦闘機,の写真と共に,米国は国防の重点を中東からアジアに移すことを明らかにしつつある,中国進出の影響で,特に南シナ海,更には,黄海までも空母を走らせて,中国を牽制し始めた。米国と中国の間に,将来何が起こるかのか分からないが,かなり危険,マラッカ海峡の通行にリスクを感ずる中国の思いが,真に迫ってきた。

そこでミャンマーだが,中国はミャンマーの南西海岸からパイプラインで昆明まで,原油需要の6%にあたる年間1200万トンの原油,それに1200立方mの天然ガスを送る計画を進めており,2012年には運転開始する予定である。最近も温家宝首相がネピドウを訪ねて,この約束を確認してきたところだが,中国にとってミャンマーがどの様な存在となるのか,大きなリスクが横たわっている。

もっとも厳しいのは,ミャンマーが北朝鮮の支援を受けて核武装国となるべく準備を進めている,と言うかなり確実な情報である。東南アジア諸国は,非核武装地域とする約束をしており,ミャンマーの核武装は認めない。中国は当然核武装を阻止しようとするだろうが,北朝鮮の核武装を止めさせることが出来なかったように,ミャンマーの決意を扱いかねるだろう,パイプラインが通ると,ミャンマーが主導権を握る可能性がある。

11月に予定されている総選挙だが,これを一つの契機に国際社会への復帰を目指しているが,中国は果たしてミャンマーがそうなることを臨んでいるのだろうか。この選挙に伴って,人口の40%を占める少数民族,これでも少数民族というのか,これがミャンマー正規軍への編入を拒否している。この武装グループは中国の国境に分散しており,ミャンマー政府の動きが,中国にとっては大きな不安材料となってきている。


ミャンマー,11月の予定されている総選挙は,果たして閉塞状態の政治問題を解決することになるのか。問題は核武装を密かに進めていること,また5600万人の全人口の40%を占める武装した少数民族はどうなる,原油ガス,中国は国境問題で苦慮している http://bit.ly/c1mnnQ

アジアの河川で中国がダム建設を進めていることで,水戦争が起こりそうな情勢である。ブラマプトラの中国の開発とインドの懸念,軍事行動の懸念を英国が表明,メコンでは大規模なヌオザドダムが進行,下流のタイやベトナムが懸念,サルウイーン河との対比 http://bit.ly/a7SYFI

フィリッピン,ルソンの電力取引市場WESM,第4年目に入って送電公社NGCPの市場参入が求められている。市場は既に11,332MWで,供給会社20,受電会社21がメンバーとなり,NGCPの参入によって,送電線の混雑などの要素が取引に正確に織り込まれることが期待されている。PEMCはPSALMも http://bit.ly/bNkdVa

○日本の名目GDP、中国下回る 4〜6月期
http://bit.ly/bvPYwj
日本の名目GDP、中国下回る 4〜6月期,内閣府は16日、4〜6月期の国内総生産(GDP)統計で、ドルに換算した日本の名目GDP(原系列)が中国を下回ったと発表した。http://bit.ly/bvPYwj

○政府、インフラ投資促進へ官民ファンド創設
http://bit.ly/aAf3Pn
政府はインフラ投資の促進に向け、官民連携の新基金(ファンド)を創設する方向で調整に入った。東京外郭環状道路や関西国際空港に活用する案が浮上している。財源確保が難しくなるなか、PFI(民間資金を活用した社会資本整備)を後押しする狙い。http://bit.ly/aAf3Pn

○ベトナム首相、高速鉄道試験線を承認 資金計画の立案急務
http://bit.ly/a6JEhW
ベトナムのズン首相は新幹線方式の採用が決まっている「南北高速鉄道」整備計画に関し、首都ハノイに国際空港と市街地を直結する試験線を建設する案を了承した。事業主体の国営ベトナム鉄道(VNR)が年内に予備調査を始める。ただ国会は巨額の事業費をhttp://bit.ly/a6JEhW

○ついに目覚めた「眠れる虎」インドネシア
http://bit.ly/bSxceV
インドネシア株は毎日、日本人投資家によって売買されているが、最近あった東京からの注文は並外れていた。ある大手投資家が地元のファンドマネジャーに電話してきて、20日以内にジャカルタ証券取引所で10億ドル分の株式を買うよう依頼してきたのだ。http://bit.ly/bSxceV

○国連事務総長、パキスタンへの支援要請 洪水被災地視察で
http://bit.ly/cq3Zcs
国連の潘基文(バン・キムン)事務総長は15日、大規模な洪水に見舞われたパキスタンを訪問し、被災地を視察した。同日、首都イスラマバードで開いた記者会見では「これまでいくつもの自然災害を見てきたが、これほどの規模の災害は見たことがない」と表 http://bit.ly/cq3Zcs

○米、アジアでのプレゼンス強化へ−中国進出に対応
http://bit.ly/a9YEk0
米国がアジアでのプレゼンス(存在)を強化しようと努力している。米国の輸出を拡大し、アジア地域で影響力を強化している中国に対抗するのが狙いだ。米国の政府高官は近年、主として中東に傾注していたが、アジアへの訪問を増やし、商業・安全保障活動 http://bit.ly/a9YEk0

○インドネシア、12年までに新たに経済特区4カ所
http://bit.ly/aY2UnO
インドネシアのハッタ・ラジャサ経済担当調整相は、輸出企業などに対する優遇措置をとる経済特区を2012年までに新たに4カ所設けることを明らかにした。政府が進める投資優遇策の一環。ジャワ島北岸に製造業拠点を設置するほか、スマトラ島にパーム油をhttp://bit.ly/aY2UnO

○ブラジル・ペトロブラスの債務比率上昇、早期の増資が必要に
http://bit.ly/d8rkVt
ブラジルの国営石油会社ペトロブラスは13日、第2・四半期時点の債務比率が34%に上昇し、投資適格クラスの格付けを維持するのに必要な35%に近づいたと明らかにした。同社をめぐっては、政府が株式取得と引き換えに油田権益を拠出することを柱http://bit.ly/d8rkVt

○中国:代替エネルギー発展計画を9月末に発表も−中国証券報
http://bit.ly/cKWpUF
中国は代替エネルギー産業を発展させるための10カ年計画を来月末に発表する可能性がある。中国証券報が16日、国家能源局の当局者1人を引用して伝えた。同紙によると、中国は2011年から20年までに代替エネルギー産業に5兆元(約63兆円)投資し、1500万人分 http://bit.ly/cKWpUF


Other world energy news today

○100816A Philippines, mb.com.ph
フィリッピンのWESMに送電公社NGCPの市場参入が求められている
NGCP told to register as WESM participant
http://bit.ly/bNkdVa
Being the system operator taking charge of dispatch schedule of the capacity of all power plants traded, the National Grid Corporation of the Philippines (NGCP) has finally been asked to formally register for membership at the Wholesale Electricity Spot Market.,Philippine Electricity Market Corporation (PEMC) President Melinda L. Ocampo,20 power generation companies as “sellers”,electric cooperatives), which serve as the “buyers.”,Power Sector Assets and Liabilities Management Corporation (PSALM),At its fourth year,around 11,332 megawatts of capacity

○100816B Myanmar, nation.ittefaq.com
ミャンマー,11月の予定されている総選挙は,果たして閉塞状態の解決
Would November poll make any positive breakthrough in Burma?
http://bit.ly/c1mnnQ
Where the conflicts and stagnancy in Burma (Myanmar) involving ethnic clashes, constitutional discrimination, ruling militarism, and role of global players including China will bring it - at the point of a peaceful national voting or new intensified battles, in near future? ,Pro-democracy leader Aung San Suu Kyi,Democratic Voice of Burma (DVB),Nuclear- Weapon Free Zone,Chinese Prime Minister Wen,Chinese Kokang minority group
12 million metric tons of crude oil a year from the Middle East and Africa through Burma into China,roughly 6 percent,12 million cubic meters of gas from Burma into China. ,1.8 billion dollars as of January 2010,some 130 ethnic communities,40 percent of the country's 56 millions population,30,000-strong United Wa State Army (UWSA),Kachin Independence Organization (KIO),Shan State Army-North

○100816C China, asahi.com
中国のダム建設推進がアジアでの摩擦を惹起するだろう
Chinese dam projects raise alarm in Asia
http://bit.ly/a7SYFI
Rivers in Asia that cross national borders are becoming a new source of confrontation among nations. Water shortages will likely become even more severe due to economic development and global warming. That would make the water issue a major factor for Asia's national security.,Brahmaputra,Ashok Jaitly, director of the Water Resources Division at the Energy and Resources Institute in India,Britain's Defense Ministry,Mekong River,In Thailand and Vietnam, criticism was directed at the construction of dams upriver by China,Thanlwin River,Nuozhadu Dam,5.5 million kilowatts


Japanese energy news today

○日本の名目GDP、中国下回る 4〜6月期
http://bit.ly/bvPYwj
○政府、インフラ投資促進へ官民ファンド創設
http://bit.ly/aAf3Pn
○ベトナム首相、高速鉄道試験線を承認 資金計画の立案急務
http://bit.ly/a6JEhW
○ついに目覚めた「眠れる虎」インドネシア
http://bit.ly/bSxceV
○国連事務総長、パキスタンへの支援要請 洪水被災地視察で
http://bit.ly/cq3Zcs
○米、アジアでのプレゼンス強化へ−中国進出に対応
http://bit.ly/a9YEk0
○インドネシア、12年までに新たに経済特区4カ所
http://bit.ly/aY2UnO
○ブラジル・ペトロブラスの債務比率上昇、早期の増資が必要に
http://bit.ly/d8rkVt
○中国:代替エネルギー発展計画を9月末に発表も−中国証券報
http://bit.ly/cKWpUF


2010年8月15日 ー 中国の水開発は人工腎臓の段階 ー

渇水に続いて洪水が中国大陸を洗っている。今朝の朝日新聞は,1面から2面に亘って,中国のダム開発による東南アジアやインドへの影響を写真入りで特集している。私に相談しないでよく彼処まで書けたものだが,世界の目がヒマラヤを中心とした国際的な水問題に注がれ始めたことは確かである。エポックタイムズの今日の記事は,中国の専門家の見方を引用している,なかなか興味のある議論。

中国の現今の洪水災害は,GDP拡大に重点を置いた政策の結果がもたらしているものだ,としながら,河川というものの開発は5%に留めるべきで,大きくても15%まで,100%開発した黄河の現状を見ろと,黄河が海に送り込んでいるものは,ほとんどは塩だ,と言い切っているが,これが極端としても,黄河の水質の現状はもう回復しがたいものとなっている。

私はよく1970年代の大阪の中之島の川を話題にするが,当時この汚れきった川は回復不能,と思っていた。ところが,住民の意識と努力,それに政策が加わって見事に回復したが,黄河は可逆不可能と見られている。黄河を生き返らすためには,他流域からの水の導入より方法がなかろう。15%開発までならば自力回復可能,と言い切る中国の専門家のマクロ精神に注目するが,まず妥当な線だと言う感じもする。

更に,チベット高原の開発が中国の水問題の原点と言っている。改めて地図を眺めてみるとよく分かる。北の黄河,長江の上流の金沙江,メコン上流のランサン川,サルウイーン河の上流,怒川,イラワジ河の上流,更にはブラマプトラ河の上流,アジアの大河川のすべての水源がチベット高原に発していることがよく分かる。アジアのウオータータワー,と言われる意味がよく分かる。この広大な水源の保護に策があるのか,と問いかける。

この中国の専門家は,中国大陸を流れる川を血管に例える。血液が汚れてくると腎臓が働いて血液を綺麗にするが,河川開発は腎臓を壊している状態で,腎臓の回復を図ることが難しくなってくると,人工腎臓を付ける以外に回復の道はないと言っている。しかし中国の経済成長を支えるには,河川開発がどうしても必要だ。南水北調,まさにこれは人工腎臓を付けて北京を救う,その例えの通りなのである。


中国の洪水災害は開発の当然の帰結である。アジアの水の塔と呼ばれているチベット高原の開発が問題。河川開発は5%までが理想で15%が極限,黄河など100%開発された河川は今や濁水に中にあり死の直前,人間で言えば腎臓を失い人工腎臓に頼る現状 http://bit.ly/blfzeg

米国を中心とした水力発電は大きく貢献する反面,環境グループからエコシステム破壊と非難されている。米国は19%が水力であるが,ダム撤去の問題と共にオバマ政権の水力温存政策が衝突。世界の3分の2の水力は未開発で,それは南米,インド,中国に http://bit.ly/al9wpR

○米国がイラン原発稼働を容認 反対姿勢から一転
http://bit.ly/c5c94u
米国務省は13日、ロシアが建設を支援しているイラン初のブシェール原発稼働について「同原発は民生用の原子力を供給するよう設計されており、われわれは核拡散の危険とはみなしていない」とのコメントを発表、容認する姿勢を示した。米国はイランが核問題http://bit.ly/c5c94u

○「立候補手続き期間短い」 ミャンマー総選挙で野党反発
http://bit.ly/9NBDjo
ミャンマー選挙管理委員会が13日、11月7日の総選挙実施を公表し、8月30日までに立候補を届け出るよう候補者に義務づけたことを受け、民主化勢力の野党は「手続き期間が短く、準備が十分にできない」と反発している。選管は候補者に500ドルhttp://bit.ly/9NBDjo

○中国大雨でまた土石流 死者1156人、不明588人に
http://bit.ly/ag0vHp
大規模な土石流が起きた中国・甘粛省では、11日夜から続いた大雨で再び土石流が発生し、被災地域がさらに拡大しています。国営新華社通信によると、土石流があったのはチベット族が多く住む甘粛省龍南市などで、11日夜から大雨が降り続き、土砂崩れや洪水http://bit.ly/ag0vHp

○日本人全員の無事確認 インド北部の洪水
http://bit.ly/cHtF6p
インド北部ジャム・カシミール州を襲った豪雨による洪水と土砂崩れで、在インド日本大使館は13日、所在確認作業を進めていた日本人旅行者ら8人のうち唯一所在が分からなかった30代の女性の所在を確認した。これで8人全員の無事が確認された。同州行政当 http://bit.ly/cHtF6p

○「米政府の要請で決断」 パキスタン洪水救援で政府、ヘリ部隊派遣へ調査団
http://bit.ly/bi1dkx
死者1600人に上るパキスタンの大洪水被害を受け、政府は13日夜、国際緊急援助隊としての自衛隊派遣に向け、政府調査団を出発させた。来週末にも自衛隊のヘリコプター部隊を現地に送り、同国のカラチで被災住民や救援物資の輸送活動を行う。パキスタン派遣http://bit.ly/bi1dkx

○気候変動→社会不安→そして 卑弥呼?
http://bit.ly/9qpHuO

2世紀から3世紀にかけ、日本では、干ばつと大雨の時期を数十年ごとに繰り返すなど降水量が大きく変動していたことが明らかになった。名古屋大学の中塚武教授(地球化学)らが木の年輪を分析して突き止めたもので、列島はかつてない豪雨にも襲われていた。http://bit.ly/9qpHuO

○イランで初の原子力発電所が稼働へ
http://bit.ly/a4Sv47
ロシア原子力公団「ロスアトム」は13日、ロシアが建設を請け負ったイランの「ブシェール原発」が、今月21日から稼働すると発表した。イランで初の原子力発電所の稼働となる。プルトニウムなどを含む使用済み核燃料はすべてロシアに返還されるとしている http://bit.ly/a4Sv47

○中央アジア外交/親日土台に官民で関係強化を
http://bit.ly/dBo4tH
中央アジア5カ国と日本の外相会合が、ウズベキスタンの首都タシケントで4年ぶりに開催された。岡田克也外相は、カザフスタンの首都アスタナにも足を延ばし、ナザルバエフ同国大統領と会談した。かつてシルクロードがあった中央アジアは、ロシアと中国の間http://bit.ly/dBo4tH

○インドネシア製油能力を増強 台湾企業、2400億円投資
http://bit.ly/9u5XCF
インドネシアで新たな製油所建設プロジェクトが相次いで動き出す。台湾の公営石油会社、台湾中油と民間石油化学メーカーなどは約28億ドル(約2400億円)を投じ、2016年の完成を目指して製油所と石化プラントを建設する。インドネシアの国営石油会社プルタミナhttp://bit.ly/9u5XCF

○カンボジア、タイとの国境問題でベトナムに仲介要請
http://bit.ly/dhxyp3
カンボジア政府は14日、隣国タイとの国境問題が悪化するのを回避するため、東南アジア諸国連合(ASEAN)議長国のベトナムに仲介を要請した。多国間協議の場で自国の立場を主張し、域内主要国のタイをけん制する狙いがあるとみられる。一方、タイ政府は http://bit.ly/dhxyp3

○パキスタン洪水被災地でコレラ患者確認 感染拡大の恐れ
http://bit.ly/ctOnNo
パキスタンの洪水の被災地で、激しい下痢などを引き起こし、死に至る場合もある感染症コレラの患者1人が確認された。国連当局者が14日、AFP通信などに明らかにした。被災地では少なくとも3万6千人が重い下痢の症状を訴えているといい、すでに感染 http://bit.ly/ctOnNo

○初の原発稼働へ イラン『勝利式典』計画
http://bit.ly/bfw2Pl
ロシアが核燃料を供給するイランのブシェール原子力発電所が稼働する九月以降に、イランが、国際原子力機関(IAEA)や欧州連合(EU)も招いた式典開催を検討していることが分かった。イラン政府筋が十四日、本紙に明らかにした。稼働を懸念していた http://bit.ly/bfw2Pl

○ミャンマー軍政、孤立回避に自信
http://bit.ly/ddQO7W
ミャンマー軍事政権が民主化運動指導者アウン・サン・スー・チーさんの自宅軟禁期限前の総選挙実施に踏み切った背景には、欧米諸国から批判が高まっても近隣国との外交で国際社会からの孤立を回避できるとの判断があったとみられる。しかし、民主化勢力を http://bit.ly/ddQO7W


Other world energy news today

○100815A China, theepochtimes.com
中国の洪水災害は国土の広範な問題に拡大発展
China Floods May Be Sign of Wider Problems
http://bit.ly/blfzeg
The floods now besetting China may be related to the country’s trajectory of economic development, set by the Communist Party, which has pursued GDP growth at massive environmental cost and consequence, according to experts interviewed by The Epoch Times.,China's National Flood Control and Drought Relief Headquarter,Dr. Wang Weiluo, a land-planning expert,destruction of the Tibetan Plateau,South-North Water Transfer Project,Yangtze River,Shortcuts to economic growth are shortcuts to death for the prairie, however,usage rate of a river should not exceed 15 percent of its volume,five percent being the ideal,Yellow River,Liaohe River in northeast China and the Haihe River near Beijing are examples,Yongding River

○100815B China, healthnewsdigest.com
水力発電は貢献する反面,環境グループからエコシステム破壊と非難
Hydroelectric Dams: The Upsides and Down Sides
http://bit.ly/al9wpR
Hydroelectric dams are among the greenest and most affordable electricity sources in the world?and by far the most widely used renewable energy sources?but they also take a heavy environmental toll in the form of compromised landscapes, ecosystems and fisheries.
seven percent,the 1880s. ,19 percent of electricity comes from hydroelectric sources.,Some two-thirds of the economically feasible potential
Latin America, India and China,American Rivers, Defenders of Wildlife, Earthjustice, the Endangered Species Coalition, Friends of the Earth, National Wildlife Federation and the Sierra Club,Bonneville Power Administration,larger dam removal projects ,President Obama has committed $32 million to modernize existing hydropower dams, ,U.S. Secretary of Energy Steven Chu


Japanese energy news today

○米国がイラン原発稼働を容認 反対姿勢から一転
http://bit.ly/c5c94u
○「立候補手続き期間短い」 ミャンマー総選挙で野党反発
http://bit.ly/9NBDjo
○中国大雨でまた土石流 死者1156人、不明588人に
http://bit.ly/ag0vHp
○日本人全員の無事確認 インド北部の洪水
http://bit.ly/cHtF6p
○「米政府の要請で決断」 パキスタン洪水救援で政府、ヘリ部隊派遣へ調査団
http://bit.ly/bi1dkx
○気候変動→社会不安→そして 卑弥呼?
http://bit.ly/9qpHuO
○イランで初の原子力発電所が稼働へ
http://bit.ly/a4Sv47
○中央アジア外交/親日土台に官民で関係強化を
http://bit.ly/dBo4tH
○インドネシア製油能力を増強 台湾企業、2400億円投資
http://bit.ly/9u5XCF
○カンボジア、タイとの国境問題でベトナムに仲介要請
http://bit.ly/dhxyp3
○パキスタン洪水被災地でコレラ患者確認 感染拡大の恐れ
http://bit.ly/ctOnNo
○初の原発稼働へ イラン『勝利式典』計画
http://bit.ly/bfw2Pl
○ミャンマー軍政、孤立回避に自信
http://bit.ly/ddQO7W



2010年8月13日 ー ブラマプトラ河へのインドの懸念消えず ー

ヒマラヤを取り巻いて流れるブラマプトラ河の開発,インドは中国のダム開発に懸念を示しているが,中国は全体像をインドへ説明しようとしない。4月のインドの外務大臣が北京を訪問した時も,中国の楊外相は,今造っているザンム水力は流れ込み式で,下流の水の流れには影響を与えない,と説明するも,一方では専門機関が,5つのダム計画を何となく明らかにしたり,インドを苛立たせるばかりである。

今日のポイントは,中国はダム建設に軍隊を動員してくるだろう,と言うインドの懸念である。ブラマプトラ河の中流は国境未確定地域で,中国もインドも一度は砲火を交えたところだが,現在の国際情勢では,未確定な国境付近に大きな軍隊を駐留させることは難しい。ダムが出来ればそこに軍隊を置いて,国際的にも堂々と一定の軍を駐留させることが出来る。

モロッコの奥地を走ったときに,車の中で,カメラを構えるな,下を向け,と言われて目を上げると,ダムの頂上に据えられた機関銃が我々の車を追っかけていた。ダムは軍隊を置くには格好の施設である。ミャンマーの数多くのダムは,ガスパイプラインの重要なノードとなって,そこにミャンマー正規軍を置くことによって,中国のパイプラインを護る,と言う図式だろう。

インドのラメシュ環境相が北東地域を訪問して,今問題となっている2,000MWラワースバンシリ多目的ダムについて,環境省は中止はしない,環境調査を下流まで広げて続行することだ,ダムを中止した元凶に私はなりたくない,と言っている。スバンシリはブラマプトラの支流で,このアルンチャルプラデシュのダムに反対することは,中国との対比上,好ましくない,と言う,ラメシュさんのバランス感覚が言わせたものだ。


中国領内,ブラマプトラ河のダム建設で,インドと中国の間の感情が悪化している。パキスタンがインド人の入国を制限,中国は上流に5つのダムを計画中,4月には両国の外相が北京で会談,流れには影響しない,と中国側,大屈曲点に於けるダムにインド懸念,http://bit.ly/ayMHS5

インド北東部,2000MWスバンシリ水力ダム,地元や国会を巻き込んで大騒ぎになっているが,ラメシュ環境相は地域の会合で,プロジェクトを止めたわけではない,私はその役割を担いたくない,環境調査を続行,影響を如何に緩和するかの方向で対処 http://bit.ly/byN9aw

パキスタンの惨憺たる洪水被害,ドウラニWAPDA総裁が,チャシュマ堰の被害を視察,チャシュマ水力発電所,右岸灌漑用水路,ゴマルザムダムの被害を確認,地元州政府の要員とその復旧について意見を交換,http://bit.ly/aAsyLK

タイの温暖化ガス関連CDMプロジェクトは伸びてきており,世界の国の10指に入っている。111プロジェクトが国内承認,37プロジェクトが国連承認を受け,約700万トンのCO2削減,また今後急激に伸びる可能性,国内的にはw200以上,バイオ主流 http://bit.ly/chIjPr

○パキスタン洪水支援を強調 クリントン長官
http://bit.ly/aAebYL
クリントン米国務長官は12日、パキスタンが14日に独立記念日を迎えるのを前に声明を発表し、同国を襲った洪水について「被害は深刻だ。米国民が、常に共にいることを知っていてほしい」と述べ、米国が洪水で被災したパキスタン国民の支援を今後も継続 http://bit.ly/aAebYL

○中国:チベット自治州の土石流 被害拡大懸念
http://bit.ly/9P8PVH
中国甘粛省の甘南チベット族自治州舟曲県で起きた土石流災害で救助隊の2次災害とさらなる被害拡大の懸念が高まっている。12日朝には増水のため、3人が新たに行方不明になった。11日夕に降り始めた雨は13日にかけてさらに強まると予想されている。http://bit.ly/9P8PVH

○大半の日本人、無事確認 インド北部洪水被害
http://bit.ly/b2fmav
インド北部ジャム・カシミール州を襲った豪雨による洪水と土砂崩れで、被害に巻き込まれた可能性があるとして、在インド日本大使館が所在確認作業を進めていた日本人の旅行者ら8人のうち、12日までに7人の無事が確認されたことが分かった。http://bit.ly/b2fmav

○躍動メコン,ラオス,外国人投資促進へ法整備
http://bit.ly/cfOwxc
ラオスは、2011年の世界貿易機関(WTO)加盟に向け準備を進めていることから、国内外の資本を平等に取り扱うため、外国投資法と国内投資法を統一したラオス投資奨励法が、今年5月に国民議会を通過したばかりだ。同法は、09年7月9日にさかのぼって http://bit.ly/cfOwxc

○OPEC議長:次回総会で生産目標据え置きの公算大−原油価格に満足
http://bit.ly/bZJJy7
石油輸出国機構(OPEC)のバスコンセロス議長(アンゴラ石油相)は、10月14日に開かれる次回定例総会で現行の生産目標が据え置きとなる公算が大きいと述べた。原油価格が依然として満足できる水準にあるためだという。同議長は12日、ルアンダ http://bit.ly/bZJJy7

○中華経済,農業銀が融資拡大へ、10年間で2000億元―新疆ウイグル自治区
http://bit.ly/bW4ndc
中国4大商業銀行の1つである中国農業銀行は、新疆ウイグル自治区の経済発展のため、同区に対し2011−2020年に総額2000億元の融資を実行すると発表した。政府の政策に沿い、「農業の低生産性、農村の荒廃、農民の貧困」の「三農」問題の解決を図るほか http://bit.ly/bW4ndc


Other world energy news today

○100813A India, eurasiareview.com
中国領内,ブラマプトラ河のダム建設で,インドと中国の間の感情が悪化
Damming The Brahmaputra: Setback To South Asian Stability?
http://bit.ly/ayMHS5
A series of confrontations have intensified the rift between India and China; the issue of visa to certain Indian citizens, assisting Pakistan in construction developments in Pakistan occupied Kashmir etc. The news of damming the Brahmaputra River (Yarlung Tsanspo) further deepens the ‘trust deficit’ between the two countries. SM Krishna, External Affairs Minister of India’s visit to Beijing in the month of April was an attempt to smooth out the relationship and build confidence; however, no significant progress was made.,National Remote Sensing Agency (NRSA) ,hydel project at Zangmu,a series of five dams namely Dhongzhong, Guoduo, Xiangda, Ruxi and Linchang,installed capacity of 510MW
Great Bend,South-North Water Transfers Project,strategic location of very dam, at Namcha Barawa

○100813B India, assamtribune.com
インド北東部,2000MWスバンシリ水力ダム,ラメシュ環境相
Subansiri dam work not to be halted: Ramesh
http://bit.ly/byN9aw
Notwithstanding the hue and cry over the expert panel’s report, Union Minister of State for Environment and Forest (MoEF), Jairam Ramesh today gave enough indications to suggest that work on the Subansiri Lower Hydroelectric Power Project is unlikely to be halted but he promised to address the concerns of the downstream States.,The Environment Impact of Big Dams in North Eastern Region including Lower Subansiri Hydro Electric Projects’

○100813C Pakistan, dailytimes.com.pk
パキスタンのドウラニWAPDA総裁が,チャシュマ堰の被害を視察
WAPDA chief visits Chashma Barrage, power house
http://bit.ly/aAsyLK
As a part of his continuing exercise to personally monitor and assess the flood situation on ground, WAPDA Chairman Shakil Durrani visited Chashma Barrage and Chashma Hydropower Project on Thursday.,Chashma Right Bank Canal and Gomal Zam Dam Project

○100813D Thailand, Bangkok Post
タイのCDMプロジェクトは伸びてきており,世界の国の10指に
Thailand moves into top 10 in CDM
http://bit.ly/chIjPr
Thailand has become one of the world's top 10 players in Clean Development Mechanism (CDM) projects with 37 being registered with the United Nations Framework Convention on Climate Change (UNFCCC).,Thailand Greenhouse Gas Management Association (TGO),111 CDM projects
6.95 million tonnes a year,37 projects,by 2 million tonnes per year were endorsed ,Kyoto Protocol by 2012,dominated by biogas projects,More than 200 projects have submitted letters,the Capital Market Development Plan.


Japanese energy news today

○パキスタン洪水支援を強調 クリントン長官
http://bit.ly/aAebYL
○中国:チベット自治州の土石流 被害拡大懸念
http://bit.ly/9P8PVH
○大半の日本人、無事確認 インド北部洪水被害
http://bit.ly/b2fmav
○躍動メコン,ラオス,外国人投資促進へ法整備
http://bit.ly/cfOwxc
○OPEC議長:次回総会で生産目標据え置きの公算大−原油価格に満足
http://bit.ly/bZJJy7
○中華経済,農業銀が融資拡大へ、10年間で2000億元―新疆ウイグル自治区
http://bit.ly/bW4ndc



2010年8月12日 ー パキスタンで大小150発電所が流出 ー

昨11日は朝から,故郷の兵庫県北部で本当の測量作業に従事してきた。これは全国的に実施されている国土調査であろうが,末端では役所の方々が我々地主の証言を元に,地籍の隅々に杭を打っていって,この杭を後で測量会社の人が地籍図にして行くわけである,全国では結構大きな予算で行われているのであろう。昔,子供の頃に柿をむさぼったり,野兎を追っかけた後を辿りながら,境界を思い出していた。

昔祖母と畑を耕しながら,境界で少し遠慮して内側に鍬を入れていると,これこれ,もっと境界一杯まで鍬を入れなさい,100年,200年の間には自分の土地がなくなってしまうよ,と農民の知恵を教えられた。なるほど,国境も一緒なんだなあと,竹島でも何でも,一生懸命主張を繰り返しておかないと,無駄とは思っても,最後は日本の国がなくなるぞ,と言う感じか。故郷も,昭和9年に大洪水があって,地形が大きく変わった。

それにしてもパキスタンの洪水はすごい,何万年の間,重力で沈んで行く地球の土地の動きの一環なのだが,やはりヒマラヤ周辺は落差の変動が大きいために,雨が降ると真っ先に事件になってしまう。大小の水力発電所が150以上も流され,一万kmの送電線が流出,新たに3000MWの電源が不足してきたと言う。パキスタンの北部は,地形も変わるほどの影響を受けているようだ。ヒマラヤ全体の問題として,考える必要がある。


パキスタンの北西部,KP州の電力への洪水災害は目を覆うばかり,水力発電所と共に1万kmの送電線が完全に押し流された,5000MW不足のうち3000WMは洪水のため,GB地区では大小150の発電所が流された,ガスにも影響,ジンナー水力も http://bit.ly/aa3Ueq

フィリッピンの進展する電力改革、アキノ新政権の誕生と共に、各機関の人事が問題となっているが,WESMを運営するPEMCの総裁,オカンポ女史はその留任を確実にしたようだ,政府の干渉を排除して行く今後の過程に重要,送電公社,NPCなど人事未定 http://bit.ly/af9BTL

インドのUMPPなど電力プロジェクトを資金面で支えているPFC,その機能を更に拡張して,資金調達に関する顧問的な位置を目指している。例えば,プロジェクト保険,資金調達業務,格付け評価など。このPFCの業務多様化でインドの電源開発活況期待 http://bit.ly/cuegz6

○国連、緊急支援392億円を要請 パキスタン洪水被害で
http://bit.ly/dkRFSY
国連は11日、パキスタンの洪水による被災者約1400万人への緊急支援として、今後数週間で4億5970万ドル(約392億円)が必要だとして、国際社会に協力を求めた。 国連によると、これまでに死者は1200人、被災者はパキスタン全人口の約1割 http://bit.ly/dkRFSY

○中国:チベット自治州の土石流 死者1117人、行方不明627人
http://bit.ly/98L23H
中国甘粛省の甘南チベット族自治州舟曲県で起きた土石流災害で、地元当局者は11日、死者数が1117人に上り、依然として627人が行方不明となっていると発表した。中国政府によると、被災者数は約4万7000人で、このうち約2万人が避難生活を http://bit.ly/98L23H

○IEA、2010・11年の石油需要予測を上方修正
http://bit.ly/aQWJxr
国際エネルギー機関(IEA)は11日に公表した月報で、2010年と11年の世界の石油需要予測を上方修正した。ただ、景気が予想以上に減速すれば、需要の伸びは帳消しになる可能性があるとの見方を示した。IEAは2010年の世界の石油需要につい http://bit.ly/aQWJxr

○東南アジア各国の軍事費、5年で倍増=背景に「中国の脅威」―米紙
http://bit.ly/9V6xFq
世界中の多くの専門家が、中国は将来、東南アジア地域を制圧する実力を備えるようになると推測している。ワシントンの戦略国際問題研究所(CSIS)が09年に実施した調査結果によると、東南アジアにとって最大の脅威は北朝鮮ではなく中国だとする回答 http://bit.ly/9V6xFq

○知的送電網計画 事業費倍増227億円
http://bit.ly/amLTVi
知的送電網(スマートグリッド)など経済産業省の「次世代エネルギー・社会システム」の実証地域に選ばれた豊田市のマスタープランが11日、公表された。事業規模は提案時の113億円から227億円に倍増した。事業費は国、トヨタ自動車などの参加企業 http://bit.ly/amLTVi

○イギリス、インドとの森林再生プロジェクトを開始
http://bit.ly/ajH9NO
イギリス政府とインド政府は、森林再生による生物多様性と地域社会への利益を調査するプロジェクトを開始した。平行して気候変動への緩和プロジェクトも実施する。このプロジェクトには、イギリスの環境・食糧・農村地域省が20万ポンドを助成しており、http://bit.ly/ajH9NO


Other world energy news today

○100812A Pakistan, thenews.com.pk
パキスタンの北西部,KP州の電力への洪水災害は目を覆うばかり
Most of KP power system swept away in floods
http://bit.ly/aa3Ueq
In Khyber-Pakhtunkhwa (KP), almost all major power grid stations, major transmission lines of 10,000 kilometres, power transformers and feeders have been swept away in the catastrophic flood.,Rs4 billion on the Pakistan Electric Power Company (Pepco),Swat, Dir and Malakand,Federal Minister for Power Raja Pervaiz Ashraf,the Damage Need Assessment ,Pesco (Peshawar Electric Supply Company),Taunsa-Panjnad (TP) link canal and Muzzafargarh Canal,Rainee Canal and areas of Kandhkot, Ghouspur, Shakarpur,Pak-Arab Refinery (Parco),Inland Equalization Freight Margin (IEFM),power shortage of 5,000 MW out of which 2,000 MW deficit is just because of flood and 3,000 MW is because of the no-availability of the furnace oil ,Al-Khawar, Khan Khawar projects located in Bisham area,Jinnah hydropower project has also been affected whose testing was to kick start next month.,Gilgit-Baltistan about 150 hydropower projects

○100812B Philippines, mb.com.ph
フィリッピンの新政権の各機関の人事,PEMCの総裁,オカンポ女史はその留任
Ocampo keeps post to set WESM transition into independent operation
http://bit.ly/af9BTL
In the realm of much-anticipated structural changes in the energy sector, it is Philippine Electricity Market Corporation (PEMC) president Melinda L. Ocampo who is secure enough in her post given the mandate she has gotten from the company’s board.,Wholesale Electricity Spot Market (WESM),Energy Secretary Rene D. Almendras,fourth year anniversary,TransCo (National Transmission Corporation),NPC (National Power Corporation),PSALM (Power Sector Assets and Liabilities Management Corporation)

○100812C India, Economic Times
インドの電力融資公社PFCは,プロジェクト保険,資金調達,格付けなども
PFC aims to become complete solution provider for power cos
http://bit.ly/cuegz6
State-owned power sector financing entity Power Finance Corporation (PFC) wants to transform itself into a complete solution provider to power companies by diversifying into new power-related areas such as insurance services, asset acquisition advisory services and rating services.
`8,000-crore company,PFC chairman and managing director Satnam Singh,turnover of `8,000 crore,consortium financing and green-energy funding,to fund projects in countries like Nepal and Bhutan


Japanese energy news today

○国連、緊急支援392億円を要請 パキスタン洪水被害で
http://bit.ly/dkRFSY
○中国:チベット自治州の土石流 死者1117人、行方不明627人
http://bit.ly/98L23H
○IEA、2010・11年の石油需要予測を上方修正
http://bit.ly/aQWJxr
○東南アジア各国の軍事費、5年で倍増=背景に「中国の脅威」―米紙
http://bit.ly/9V6xFq
○知的送電網計画 事業費倍増227億円
http://bit.ly/amLTVi
○イギリス、インドとの森林再生プロジェクトを開始
http://bit.ly/ajH9NO


2010年8月10日 ー インドの北東部の水力開発で批判 ー

私は子供の頃に田舎に住んでいて,すぐ裏庭は急傾斜の山に守られていた。子供心に,少なくと1000年ぐらいのオーダーではこの山は動いていない,しっかりした森に保護されているし,この山が私の人生の中で滑るようなことはなかろう,と考えていた。60年以上経って最近はこの急傾斜地帯も地滑り対策の予算が付いて防護対策が施されつつある。そう言えばこの付近の山は何となく動いているのではないか,と言う兆候がある。

私は,地球には重力があるから,山や川や崖は,いずれにしても安定状態に向かって滑り落ちているのだ,と思っている,最後は地球は平べったくなる,そう言ったら電中研の井上博士が,足立さん,それは違う,地球は隆起している,と言っていた。まあ確かに隆起もするだろうが,全体的には,下へ下へと落ちて行ってっていると思う。その様な静かな動きの中に,それに吊られて,時々大きな動きで滑り落ちて行く。

それが,日本でも時々起こる地滑りであり,また,今回のパキスタンや中国北部で起きている大規模な山の崩壊だろう。下へ下へと滑ってきた地盤は,逆に元に戻ることはなく,海に向かって果てしない移動を続けているのだろう。この地球の自然の動きに対して,ダムがどれだけの効果を持つか分からないが,土砂を溜め込んで地球の平準化を抑えている,それも局部的な下流の河岸浸食を伴ったりするが。

これらの概念的な地球の変形が,際だって起こっているのがヒマラヤ周辺であろう。ヒマラヤは勿論隆起はしているが,それでも雨風に削られ,下流へ下流へと崩れ去って行く,まるで子供の作った浜辺の砂の山のように。パキスタンでは,インダス河上流の地滑りが政治的な問題も織り込んで,国家崩壊の危機,とまで言われている。川も土砂の混入した濁水で,水力発電所が運転停止に追い込まれている。

インドの北東部,中国と接するアルンチャルプラデシュは,チベットから流れ込んで来るブラマプトラ河の支流,スバンシリ川などで,大規模な水力発電所の開発が進められており,100以上のダム建設で56GWのポテンシャルを持っている。さて,このヒマラヤ周辺の水力が果たして円滑に開発されるだろうか,大きな関心を持っているが,今日の記事では地元が,原住の人々の移住や,世界の有名な地震地域で,議論が続いている。


インド北東部,アルンチャルプラデシュ,ラワースバンシリ水力ダム,2000MW,多くの原住民村落の水没と,地震地域で,建設が問題となっている。AP州は100以上のダムで56GWの水力開発を計画,中国との国境未定地域を近くに控え,戦略的重要 http://bit.ly/cHpxE8

インド,北西部,ヒマチャルプラデシュの1500MW,ナフタジャクリ水力発電所が,再び濁水のため発電停止,5日目,9000ppm以上に達す,4000ppmで停止の必要,停電の影響は,パンジャブ,ハリヤナ,デリー,各地区にまで及ぶ http://bit.ly/cmJVfX

インドの火力発電公社NTPC,現在の設備32GWから2032年には128GWに拡大する計画で,その16%はガス火力を考えているが,リライアンスのガス生産がどこまで伸びるか,輸入LNGが価格上対応可能か,他に輸入石炭,水力促進などのテーマ http://bit.ly/dnigym

○国際石開帝石、純利益23%増 4〜6月
http://bit.ly/b882W2
国際石油開発帝石が9日発表した2010年4〜6月期の連結決算は、純利益が前年同期比23%増の320億円だった。原油価格の上昇が寄与した。売上高は21%増の2239億円。原油は販売量が減少したものの、販売単価が大幅に上昇。天然ガスも販売価格が上がり、http://bit.ly/b882W2

○インド、外国個人投資家への株式市場開放を検討
http://bit.ly/cukiaH
インドが国内の株式市場を外国個人投資家に開放する計画を進めている。アジア第3位の経済大国として改革を推し進め、経済成長率を2けた台に乗せるための新たな動きだ。経済成長を加速する狙い,外国資本の流入拡大策を検討するため政府が設置した委員会はhttp://bit.ly/cukiaH

○中国の土石流被災地、新たな決壊で二次災害の恐れも
http://bit.ly/djCWwU
中国甘粛省甘南チベット族自治州の舟曲県で8日発生した土石流災害では、少なくとも127人が死亡し、約1300人が行方不明となっているが、現地では新たな土石流の発生も懸念され、被害がさらに拡大する恐れもある。被災地の上流では、土石流によ http://bit.ly/djCWwU

○パキスタン:大雨洪水被害 史上最悪、死者2000人超 政情不安に拍車
http://bit.ly/bSnz2n
パキスタンで先月下旬から続く大雨による洪水被害は、浸水や倒壊などの被害家屋が05年のパキスタン大地震の被害家屋を4万軒上回る65万軒となり、死者も推定2000人を突破、建国史上最悪級の水害となった。背景には、「対テロ」戦の長期化が招いたhttp://bit.ly/bSnz2n

○中国の日本国債買い1・7兆円 10年上期、欧米資産から避難
http://bit.ly/dpzJ27
中国の日本国債買い1・7兆円 10年上期、欧米資産から避難,財務省が9日発表した2010年上期(1〜6月)の対内証券投資速報によると、中国による債権投資が、1兆7327億円の買い越しとなった。ほとんど国債とみられる。年間買い越し額が過去最高http://bit.ly/dpzJ27

○イランへの制裁:中国とロシア企業が勝者か−インド、欧州には打撃
http://bit.ly/bSHvDQ
核計画に対する国際社会の制裁を背景に、イランは中国との関係を深めるとともに、ロシアからのガソリン輸入を増やしつつある。このため欧州やインドの石油製品供給業者が打撃を受けている。イラン国営のプレスTVによれば、同国のミルカゼミ石油相と中国http://bit.ly/bSHvDQ

○国際帝石:豪LNG計画の権益、電力・ガス会社へ売却検討
http://bit.ly/c3dBcz
国際石油開発帝石は豪州北西部イクシス液化天然ガス(LNG)プロジェクトの権益約10%を日本国内外の電力・ガス事業者に売却することを検討している。同社の村山昌博取締役が9日、明らかにした。同氏によると、2011年10−12月期に予定されているイクシスhttp://bit.ly/c3dBcz

○バーラト石油、石油債の売却で60億8,000万ルピーを調達
http://bit.ly/duisx8
インド国営のバーラト石油(BPCL)(500547.BY)は、2回の石油債の売り出しで60億8,000万ルピーを調達したが、3回目の石油債の売却は延期した。事情に詳しい人物が6日明らかにした。匿名希望の同筋がダウ・ジョーンズ経済通信に語ったところによると、バーラト...http://bit.ly/duisx8

○東電などカナダのウラン開発会社への出資見送り ロシアが筆頭株主化で
http://bit.ly/cgB8xB
東京電力、東芝、国際協力銀行(JBIC)は9日、カナダのウラン生産・販売会社、ウラニウム・ワン(U1)への出資計画を取りやめると発表した。原子力発電の燃料であるウランを安定調達する目的だったが、ロシア政府系企業がU1の資本の過半を握るhttp://bit.ly/cgB8xB

○J−POWERは低炭素型事業に期待するが減額修正ひっかかり反落
http://bit.ly/bZMby3
J−POWER,4日ぶりに反落基調。材料としては、経済産業省の「低炭素型事業」の国際展開方針を受けてインドネシアの高効率石炭火力発電所などへの協力が伝えられた。ただ、さる7月30日に発表した第1四半期(4〜6月)決算で、3月通期の純利益予想を単体http://bit.ly/bZMby3

○首相、JICA理事長と意見交換 ODAなど巡り
http://bit.ly/9cOaF4
菅直人首相は9日、首相官邸に国際協力機構(JICA)の緒方貞子理事長を呼び、政府開発援助(ODA)などを巡って意見交換した。首相の助言機関に衣替えした国家戦略室の勉強会との位置付けで、荒井聡国家戦略相や官民の戦略室メンバーが同席し http://bit.ly/9cOaF4

○日本、イランからの原油輸入削減検討も=JETRO
http://bit.ly/b5BbRb
JETROテヘラン事務所の山本洋一代表,米国による対イラン制裁実施への圧力が強まるなか、日本政府がイランからの原油輸入削減を検討する可能性があると,2009年におけるイランからの日本向け原油輸出は日量約42万1000バレル,http://bit.ly/b5BbRb

○『みんないなくなった』 中国土石流ルポ
http://bit.ly/cVvABN
舟曲県(中国甘粛省)=安藤淳,山あいの静かな町の中心部は山から一気に流れ出たおびただしい泥砂に覆い尽くされていた−。中国西部・甘粛省の甘南チベット族自治州舟曲県で起きた大規模土石流。九日午後現地に入ると、足元はずっぽりと泥に埋まり、泥流がhttp://bit.ly/cVvABN

○フン・セン首相反発、対立激化 国境巡るタイ首相「武力行使」発言で
http://bit.ly/cBEOX8
タイとカンボジアの国境付近にあるヒンズー教寺院「プレアビヒア」周辺の領有を巡る対立で、カンボジアのフン・セン首相は8日、国連に「タイがカンボジアを脅迫している」と非難する書簡を送った。タイのアピシット首相がこれに先立ち、カンボジアへのhttp://bit.ly/cBEOX8


Other world energy news today

○100810A India, financialexpress.com
インドのNTPCは2032年に現在の32GWから128GWに拡大
NTPC sets sights on 128 gw capacity target by 2032
http://bit.ly/dnigym
NTPC is hoping to raise its installed capacity to 128 gigawatts (gw) by 2032 from the current level of 32 GW planned in the long term.
a share of 16% in gas-based power generation capacity,NTPC chairman RS Sharma,4,000 mw gas-based power,Anta, Auraiya, Faridabad and Kayamkulam,Reliance Industries' D6 block in the Krishna Godavari basin,costlier naphtha,coal import

○100810B India, groundreport.com
インド北東部,アルンチャルプラデシュの水力開発で水没と地震が問題に
Mega Dam to Doom Indigenous People's Land in India
http://bit.ly/cHpxE8
As the world celebrates Indigenous Peoples Day, hundreds of families belonging to various indigenous communities are getting displaced in the North east region of India, thanks to a mega dam project called Lower Subansiri Hydropower project.,five seismic zones,Arunachal Pradesh
seismic Zone V ,a magnitude of 8.6 Mw,8th largest in the world since 1900,Arunachal Pradesh Remote Sensing Application Centre,Peki Medi village in Upper Siang district,to build about a hundred dams with a total capacity of 56,000 MW,Kameng River Basin, Siang River Basin, Dibang River Basin and Lohit River Basin,Nishings, Apatanis and Galos,Subansiri Lower HE Project is the biggest hydroelectric project undertaken in India so far and is a run of river scheme on river Subansiri. The Project is located near North Lakhimpur on the border of Assam and Aruncachal Pradesh. The nearest railhead is Nagaon and nearest airport is Lilabari. The estimated annual energy generation from the Project is 7421 MU in a 90% dependable year.

○100810C India, sify.com
インド,ヒマチャルの1500MW,ナフタジャクリ水力が,濁水のため発電停止
Himachal's hydropower plant remains shut for fifth day
http://bit.ly/cmJVfX
The 1,500 MW Nathpa Jhakri hydropower project in Kinnaur district of Himachal Pradesh remained closed for the fifth day Monday as the silt level in the Sutlej river was higher than the permissible limit of 4,000 ppm (parts per million).,Punjab, Haryana and Delhi,Sutlej Jal Vidyut Nigam Ltd (SJVNL),to 9,000 ppm from 36,000 ppm,


Japanese energy news today

○国際石開帝石、純利益23%増 4〜6月
http://bit.ly/b882W2
○インド、外国個人投資家への株式市場開放を検討
http://bit.ly/cukiaH
○中国の土石流被災地、新たな決壊で二次災害の恐れも
http://bit.ly/djCWwU
○パキスタン:大雨洪水被害 史上最悪、死者2000人超 政情不安に拍車
http://bit.ly/bSnz2n
○中国の日本国債買い1・7兆円 10年上期、欧米資産から避難
http://bit.ly/dpzJ27
○イランへの制裁:中国とロシア企業が勝者か−インド、欧州には打撃
http://bit.ly/bSHvDQ
○国際帝石:豪LNG計画の権益、電力・ガス会社へ売却検討
http://bit.ly/c3dBcz
○バーラト石油、石油債の売却で60億8,000万ルピーを調達
http://bit.ly/duisx8
○東電などカナダのウラン開発会社への出資見送り ロシアが筆頭株主化で
http://bit.ly/cgB8xB
○J−POWERは低炭素型事業に期待するが減額修正ひっかかり反落
http://bit.ly/bZMby3
○首相、JICA理事長と意見交換 ODAなど巡り
http://bit.ly/9cOaF4
○日本、イランからの原油輸入削減検討も=JETRO
http://bit.ly/b5BbRb
○『みんないなくなった』 中国土石流ルポ
http://bit.ly/cVvABN
○フン・セン首相反発、対立激化 国境巡るタイ首相「武力行使」発言で
http://bit.ly/cBEOX8


2010年8月8日 ー パキスタンとイランのパイプライン実現へ ー

本来は,イラン,パキスタン,インドと3カ国を縦断するガスパイプラインの計画であったが,インドが,米国との関係やパキスタンのテロ関連で,2008年に参加しない方針を明確にした。イランとパキスタンは,パイプの径を4.2インチに縮小して交渉を進め,このたび,2014年運転開始で合意した。パキスタンとしては,このガスによって5,000MWの発電所建設が可能で,電力危機に対応できると,歓迎している。

しかし問題は75億ドルに上る資金調達で,全長2,700kmのうち,1,000kmをパキスタンが建設しなければならない。パキスタンが支援を要請したのは当然中国であるが,中国は基本的には支援の方向だが,カラコルムハイウエーのルートで,問題はチベットの最西端に持っていって,果たしてどこまでの経済効果が期待できるか,と言う問題がある。しかしこの問題は,経済問題と言うよりは,限りなく政治問題に近い。

パキスタンのグワダール港は,中東に対して要衝を占め,中国はここを拠点化しようとして支援を続けている。従って,グワダールからカラコルムハイウエーを通ってチベットの北側になる新疆ウイグル自治区に達するパイプライン,それもガスのみならず原油パイプラインを敷設して,グワダールから直接原油を運ぶことを真剣に考えている。ミャンマーのモデルである。

インドはこれを黙って見ていてよいのか,インドの目の先,数kmの西を通過して中国に達するガスと原油のパイプラインを黙視することは出来ないのではないか。ミャンマーでさへもインドは将来を見通して投資を行っている。中国が経済性を無視してでもパキスタンを本気で助けるのか,インドはどこまで我慢を続けるか。イランの核問題が片づけば,インドの目の前の障害は取り除かれる。米国の原子力か,イランのガスか。


パキスタンはイランとの間でガスパイプライン建設で合意,2014年運転開始,75億ドル,全長2700kmでパキスタン側は1000km,インドは2008年に参加を取りやめたが,パキスタンは中国と交渉中で,中国西部へのパイプライン延伸の可能性 http://bit.ly/cOqVd6

インドとパキスタンの間に横たわるインダスの水問題,条約では東のストレジ,ビーズ,ラビ川はインド,西のチェナブ,インダス本流はパキとなっているがインドは拡大,ヒンドウクシヒマラヤの氷河の後退が流量に変化をもたらして,条約再検討が必要 http://bit.ly/avXe3Z

フィリッピンのミンダナオ,今回の日12時間停電の危機を経てADBの担当者がコメント,エルニーニョの動きによいってはミンダナオでの水力開発は諦めた方がよい,ミンダナオは干上がりつつある,ADBは今後も支えるが,地熱を重視することになる http://bit.ly/d3pCZ1

インドのシッキムに発するティースタ川は西ベンガルを潤して後バングラデシュに入る。インドは上流で6つの水力開発の意図,バングラデシュとの間で水協定を結ぶ段取りが進んでいるが,西ベンガル州議会は左派の牙城で占拠を控え,中央は協定延期の構え http://bit.ly/95OB9G

○伊藤忠、豪石炭開発会社に25億円出資 権益など取得めざす
http://bit.ly/buGsK9
伊藤忠商事は今月中旬にオーストラリアの石炭鉱区開発会社に出資する。豪社が現地で新規株式公開(IPO)をするのにあわせ、約25億円を投じて約2.75%を出資。同社が豪州国内に持つ石炭鉱区の権益、販売権の取得を目指す。今後の需要増加を見込み、http://bit.ly/buGsK9

○160人死亡、6百人不明 インド洪水、邦人1人軽傷
http://bit.ly/9YazQ8
インド北部ジャム・カシミール州で起きた洪水と土砂崩れで、インド当局は7日、行方不明者の捜索などを再開した。救助に当たっている同国軍関係者は同日、日本人1人が軽傷を負ったと述べた。身元は不明。現地当局や在インド日本大使館などが確認を急いでいる。http://bit.ly/9YazQ8

○ミャンマーに核開発疑惑 北朝鮮と関係強化 元IAEA幹部
http://bit.ly/9bahkc
ミャンマーに核開発疑惑 北朝鮮と関係強化 元IAEA幹部,核廃絶に向けての世界的な機運が高まる一方、ミャンマーからはきな臭い動きが伝わっている。北朝鮮の支援を受けた軍政による核開発疑惑だ。この疑惑を調査した国際原子力機関(IAEA)http://bit.ly/9bahkc

○イスラエル、レバノン火種 地中海にガス田
http://bit.ly/a2ijLI
イスラエルが同国北部の沖合でガス田を発見し、紛争が絶えない隣国レバノンとの間で新たな火種になっている。レバノンは、ガス田は自国沖までまたがっている可能性を指摘し、境界付近で掘削しないようイスラエル側に警告した。レバノン国会は近く、http://bit.ly/a2ijLI

○ペトロベトナム、BP社保有の権益取得を計画
http://bit.ly/cCu4mp
ベトナム石油ガスグループ(ペトロベトナム)は、ベトナム南部沖ナムコンソン・ガス田で英BP社が保有する権益の取得を計画している。ただし、取得には政府の承認を得る必要がある。ペトロベトナムのディン・ラー・タン会長によると、ナムコンソン海盆 http://bit.ly/cCu4mp

○中央アジアとの協力強化確認
http://bit.ly/d54Uiv
ウズベキスタンを訪れている岡田外務大臣は、中央アジア5か国の外相と、日本との経済関係の強化や地域の安定などをめぐって意見を交わし、投資環境の整備やテロ対策などで、いっそう協力していくことを確認しました。日本と中央アジア5か国の外相とhttp://bit.ly/d54Uiv

○APEC閣僚級会合:社会保障整備で協力 成長持続へ環境産業育成
http://bit.ly/cJbQke
アジア太平洋経済協力会議(APEC)は7日、大分県別府市で成長戦略にテーマをしぼった初の閣僚級会合「成長戦略ハイレベル会合」を開いた。初日は、社会保障制度の整備や省エネ対策などでの協力強化を確認。8日には、共同議長を務める直嶋正行経済産業相http://bit.ly/cJbQke


Other world energy news today

○100808A Pakistan, khaleejtimes.com
インドとパキスタンの間に横たわるインダスの水問題,氷河後退
South Asia’s water equation
http://bit.ly/avXe3Z
8 August 2010 After independence in 1947, the use of the Indus and its five tributaries became a major dispute between India and Pakistan. The World Bank brokered a treaty in 1960, which gave India control of three eastern-most rivers of Punjab (the Sutlej, the Beas, and the Ravi), while Pakistan gained control of three western rivers, (the Jhelum, the Chenab, and the Indus). India retained the right to use those western rivers for non-irrigation projects such as run-of-the-river power projects.,10 more projects,Kishanganga (Neelam in Pakistan) to the Jhelum River,storage’ is not permitted but ‘pondage,International Center for Integrated Mountain Development (ICIMOD) in Kathmandu,Hindu-Kush Himalayas

○100808B Philippines, newsinfo.inquirer.net
フィリッピンのミンダナオ,ADBが水力開発に依存するのは困難
Hydropower no longer reliable for Mindanao, says ADB expert
http://bit.ly/d3pCZ1
The Asian Development Bank said it will continue to support more renewable energy projects in Mindanao in the next three to four years but added that hydropower might not be among them.,Claudia Buentjen, ADB principal country specialist,Making a difference in Mindanao,geothermal,12 hours of power outages,Lake Lanao in Lanao del Sur,Pulangui River in Bukidnon,$4 billion in countrywide loans and $30 million technical assistance for the 2011-2016 period,National Economic Development Authority,Medium-Term Philippine Development Plan,Maria Cristina hydroelectric station by 50 megawatts,Butuan, Cagayan de Oro, Iligan and Davao

○100808C India, bdnews24.com
インドはティースタ川のバングラデシュとの協定を西ベンガルの情勢から延期
India to go slow on Teesta deal
http://bit.ly/95OB9G
India is reluctant to immediately speed up negotiations for an agreement with Bangladesh for sharing water of Teesta, because the ruling Congress in New Delhi and its ally Trinamool Congress do not want to put at risk their political fortunes in the country's eastern state of West Bengal. ,agreement with Dhaka on Teesta water sharing,India's finance minister Pranab Mukherjee,Teesta flows through Sikkim and northern part of West Bengal in India before entering Bangladesh,leftists out of power in West Bengal,Indian water resources minister Pawan Kumar Bansal,Bangladesh-India Joint River Commission,Irrigation and waterways minister of West Bengal, Subhas Naskar,to build six hydro-electric power plants on Teesta,combined potential of 709 megawatt (MW),India's power minister Sushil Kumar Shinde inaugurated the 510 MW Teesta Stage-V Power Station of the National Hydroelectric Power Corporation in Sikkim on July 4, 2009

○100808D Pakistan, dailytimes.com.pk
パキスタンはイランとの間でガスパイプライン建設で合意
Pakistan and Iran finalised $7.5 billion gas project pipeline
http://bit.ly/cOqVd6
Pakistan and Iran finalised $7.5 billion gas project pipeline, which is expected to start natural gas supply to Pakistan from 2014. The pipeline will connect Iran’s South Fars gas field with Balochistan and Sindh provinces.,2,700-kilometre (km) long pipeline was to cover around 1,100-km in Iran, 1,000-km in Pakistan and around 600-km in India,,700-km pipeline from the border,border, via Makran Coastal Highway ,A 42-inch diameter pipeline will be built, which is estimated to cost $1.65 billion,5,000 megawatts electricity,Gas Sales Purchase Agreement (GSPA),about 750 million cubic feet per day (mmcfd),While China has shown interest in joining the strategic gas pipeline project and said it would import about 1 bcfd from Pakistan if India opted out.,trans-Himalayan pipeline to carry Middle Eastern crude oil to western China


Japanese energy news today

○伊藤忠、豪石炭開発会社に25億円出資 権益など取得めざす
http://bit.ly/buGsK9
○160人死亡、6百人不明 インド洪水、邦人1人軽傷
http://bit.ly/9YazQ8
○ミャンマーに核開発疑惑 北朝鮮と関係強化 元IAEA幹部
http://bit.ly/9bahkc
○イスラエル、レバノン火種 地中海にガス田
http://bit.ly/a2ijLI
○ペトロベトナム、BP社保有の権益取得を計画
http://bit.ly/cCu4mp
○中央アジアとの協力強化確認
http://bit.ly/d54Uiv
○APEC閣僚級会合:社会保障整備で協力 成長持続へ環境産業育成
http://bit.ly/cJbQke



2010年8月7日 ー 中国のCDMで国連が抑制の方向 ー

サッカーがPK戦で決着がつくなら,不毛の90分を省略して最初から,PK戦一本で行けばよいではないか。引き分け寸前で安易なPK戦に妥協走るのは,スポーツの中でサッカーだけ。相撲が長引いて水が入るときに,指相撲にして決着を付けるようなものだ。力士が土俵上で指相撲をしている姿を想像すると,思わず吹き出してしまうが,サッカーのPK戦も,部外者から見ていると,吹き出しかねない決着方法で,あの死闘は何だったのか。

私は地球温暖化のCDMにも,PK戦と同じような安易さを感じている。とにかくゲームをやりやすくするために,人為的にルールを作っているので,本当に私たちは地球を救うためにCDMをやっているのだろうか,と言う自嘲の念が頭をもたげてくる。地球を救うためだったら,もっともっと有効な方法があるはずだ。原子力と大規模水力をCDMからはずしたのが,まず第一の大きな間違いである。これで対策が大きく崩れた。

それに対する作為的なルールは追加性である。地球温暖化に貢献,と言う要素を入れて初めて成立するプロジェクト,それがCDMの対象として認められる。プロジェクトは経済的に出来るか出来ないか,の二つしかなく,CDMを入れて初めて成り立つ,というようなクリティカルなプロジェクトは,真実はまずゼロだろう。野球で一塁ベース,セーフかアウトで,同時などという状態は,奇跡に近い。この同時だけを取り上げるのが追加性だ。

中国のCDM案件の申請は,世界全申請案件の40%を占めると書いてある。中国人とはそう言うもので,そこに少しでも商売の種があるならば,人口に物言わせて,他の国が追随できないぐらいの案件を立ち上げる,追加性の偽装などは簡単なものである,事業費の調整でどうにでもなる。ぎりぎりのところまで来れば,我々だって簡単な偽装に手を伸ばさないとも限らない。

国連が,余りに多い中国のCDM案件申請に待ったを掛けた,19の風力と水力案件だという。追加性の偽装,とは書いてないけれど,追加性に疑問があるという。追加性の判断は極めて主観的で,中国サイドは猛烈に怒っている,宜なるかな,である。私は追加性は撤廃しても,地球は救われると思う。元々地球温暖化に貢献するプロジェクトに,全部CDMを与えても,何ら不都合はない,単価が落ちるだけで,地球を救うことは可能だ。


中国の風力と水力の開発事業者,19プロジェクトが国連のCDM委員会で拒否されて,委員会を非難,審査途中で料金制限や追加性の問題で基準を変えていると。CDM案件の半分は中国で,国連に言わせれば,中国のプロジェクトは事業費など調整していると http://bit.ly/dkxXvY

フィリッピンのマニラ配電,電気料金が高いと言われる中,最近に至ってもWESMの市場価格が18%も上がって,更に44センタボ,4%の値上げ,アンガットダムの水位回復で料金は改善されると説明している。アグス水力などの売却は,一時棚上げされている,http://bit.ly/a18zwD

パキスタンの北西部,ムザファラバード付近,ニールム渓谷で洪水被害が大きく,11の橋が流され,12の水力発電所が被害,カシミールの州政府首相は,インド支配地域と同じような国際的な救助を要請,優先的な道路確保にも重機が不足で,窮状を訴える http://bit.ly/bNF6th

Mitsubishi Heavy Industries Ltd. (7011) and Toshiba Corp.
インド,火力機器の超臨界技術を全面にして日立がインドのBGRと合弁を組織し,チェンナイを拠点に,2012年より660MW〜1000MWクラス機器の供給を行う。三菱重工や東芝は既にインドに製作拠点を確保して,今後のインドの電源開発へ対応 http://bit.ly/996jWo

○パキスタン 洪水死者1500人 穀倉地帯の被害拡大
http://bit.ly/cgqOlf
大雨による洪水に見舞われたパキスタンで、被害が拡大の様相をみせている。国連などは6日、死者が1500人に達し、被災者は約1200万人に上ることを明らかにした。被災地域は北西部から、小麦などを産する同国随一の穀倉地帯の中部以南に広がって http://bit.ly/cgqOlf

○インド北部でも洪水 多数の死傷者
http://bit.ly/ao4NL4
インド北部で、大雨による洪水で病院や住宅が流され、100人余りが死亡、370人を超えるけが人が出ています。インド北部のカシミール地方にある日本人観光客も多く訪れる都市「レー」で、現地時間の6日未明、大雨が降って谷を流れる川がはんらんし、http://bit.ly/ao4NL4

○国際石油開発帝石、ペルーの油田の権益を取得
http://bit.ly/c2E9Eh
国際石油開発帝石は、子会社のインペックス北ペルー石油を通じて、ブラジル国営石油会社ペトロブラスの子会社からペルー共和国北部の陸上ブロック117鉱区権益の25%を取得することで合意した。国際石油開発帝石がペルーで権益を取得するのは初め http://bit.ly/c2E9Eh

○東電 電力供給まだ余裕 五千七百九十八万キロワット
http://bit.ly/9kNzyo
東電の最大電力は五日に五千七百九十八万キロワット、六日は五千六百四十二万キロワットを記録。いずれも高水準ながら、この夏の最高だった七月二十三日の五千九百九十九万キロワットには及ばなかった。二〇〇一年夏に記録した過去最大の六千四百三十万キロ http://bit.ly/9kNzyo


Other world energy news today

○100807A China, businessgreen.com
中国の19プロジェクトでCDM拒否されて反発,途中でルールを変えるなと
Chinese renewable firms vent anger at UN over CDM rejections
http://bit.ly/dkxXvY
The executive board running the UN's Clean Development Mechanism (CDM) offsetting scheme has come under fire from the Chinese developers of rejected wind and hydropower projects for allegedly moving the goalposts and setting unrealistic standards for emission-reduction projects.
19 Chinese wind and hydropower projects,certified emission reductions (CERs),Kyoto Protocol,Mudanjiang Xiaoguokui wind power plant in northeast China's Heilongjiang province,more than half of the CERs generated so far by the scheme,CDM's tough additionality test,so-called sub-prime carbon,loophole

○100807B Philippines, philstar.com
フィリッピンのマニラ配電はWESMの価格高騰で料金を4%上げる必要
Meralco rates going up again
http://bit.ly/a18zwD
Philippines - Customers of the Manila Electric Co. (Meralco) will be paying 44 centavos per kilowatt-hour (kwh) more for their electricity this month,Meralco announced the rate increase amid expectations of lower rates next month due to the rising water level at the Angat dam that allowed the reactivation of hydroelectric plants.,Wholesale Electricity Spot Market (WESM),18 percent of its power requirement from WESM,or August is P6.0962 per kWh, up from P5.6546 per kwh in July,of around four percent from the average July Meralco bill.,1.9 million or around 40 percent of Meralco residential customers,by P3.08 per kwh from P7.90 per kwh in June to almost P11 per kwh in July,Agus and Pulangi hydroelectric plant

○100807C Pakistan, risingkashmir.com
パキスタンの北西部,ニールム渓谷で洪水被害が大,支援求む
PaK PM offer relief to J&K flash flood victims
http://bit.ly/bNF6th
Muzaffarabad, Aug 06: Pakistan administered Kashmir (PaK) Prime Minister Sardar Attique Ahmad Khan Friday said his government wanted to offer same relief and rehabilitation services to the victims of flash floods on the Indian side of LoC “which it planned for its own affected people.”
north-eastern Neelum valley,11 bridges and over a dozen, mostly, micro hydropower,Punjab Chief Minister Shahbaz Sharif

○100807D India, e.nikkei.com
インド,火力機器の超臨界技術を前面に日立がインドのBGRと合弁
Hitachi To Form 2 Joint Ventures In Indian Power Plant Systems
http://bit.ly/996jWo
Hitachi Ltd. (6501) said Friday that it will break into the Indian market for fossil fuel power generation equipment, setting up two joint ventures with local heavy electrical machinery manufacturer BGR Energy Systems Ltd.,BGR Turbines Co.,Hitachi taking a 26% stake,Hitachi Power Europe GmbH will shoulder the remaining 30%,around 2.8 billion yen,of Tamil Nadu ,of 50 billion yen on factory construction.,supercritical thermal power generation technology,660,000 kilowatts to 1 million kilowatts,to begin production in 2012,Chennai,30.7 billion rupees, or roughly 58.3 billion yen, in the year ended March 2010


Japanese energy news today

○パキスタン 洪水死者1500人 穀倉地帯の被害拡大
http://bit.ly/cgqOlf
○インド北部でも洪水 多数の死傷者
http://bit.ly/ao4NL4
○国際石油開発帝石、ペルーの油田の権益を取得
http://bit.ly/c2E9Eh
○東電 電力供給まだ余裕 五千七百九十八万キロワット
http://bit.ly/9kNzyo


2010年8月6日 ー インドのアッサムはブラマプトラと共存 ー

今日もメコン河の大魚が危ない,という記事で盛り上がっている。写真が問題で,下流部でダム建設が出来ていないため,まるまると太った白い腹を見せた大魚,その傍でやせ細った沿岸の住民。これはどう見ても魚の方が人類よりは栄養たっぷりで,これを保護したいと言うことは,沿岸の人々に経済開発の恩恵がよくすることが出来ない,ということを象徴的に物語る写真である。

昨日は,ベトナムの副大臣が,日本の原子力技術に関心,と報ぜられた。今日は,米国の国務次官補がベトナムと原子力交渉を行っていることを明らかにしている。記事では,JBICの5億4000万ドル,民間が3億6000万ドル,日本全部で9億ドルが準備されつつあるかのような記事である。日本の原子力企業と米国の企業は連携している,交渉もその連携の上に立っている,と読むことが出来るのか。

まあそれならそれでよいのだが,メーカーと一体で協力する関西電力や東京電力の立場はどうなるか。ベトナムの場合は,メーカーだけでは難しいところがあり,原子力地点の立地や環境問題は,電力企業がマネージすることが必要だろう。米国企業でも出来ると言うことだろうが,ベトナムで一番大切なのは,耐震問題である。この耐震設計がついて回るところでは,メーカーと電力企業の連携は必至である。

インドのアッサム州,地図を見れば分かるが,まさに州全体がブラマプトラと共に生きている。インドのブラマプトラ河委員会は1980年に組織されている。この30年間に委員会は何も実績を上げていない,と嘆いている。彼等がもっとも懸念しているのは,肥沃なアッサム地方を養っている土地の問題で,アルンチャルプラデッシュでダム開発が進むと,浸食が懸念,とまさに正鵠を得た記事だ。更に重要なのは,中国領内の問題。


インド,ブラマプトラ河に依存するアッサム州で,国レベルで組織されたブラマプトラ河委員会が全く機能していない。上流で計画が進む貯水池計画は,アッサムの河岸浸食に悪影響,中国が計画するダムも,分水計画はないが,国境での水量変化を測定すべき http://bit.ly/9t61tK

フィリッピンの元法務相によって組織された政策シンクタンクが,長年に渡る水行政の不在について問題点を指摘,豊富な水源にもかかわらず水不足を招いているのは,30を超す水関連機関やその法律が全く機能していない,と抗議,予算配分も十分に行われていないと http://bit.ly/a3lEq9

メコン河の写真,まるまると太ったメコンの大魚とやせ細った沿岸住民,このように魚だけを太らせて人間には不幸をもたらせている,メコン開発へのNGOの反対運動が,このような矛盾を地域にもたらせている,沿岸の人々には,ダムを含め経済開発必要 http://bit.ly/ctQtJM

○エジプトの製油所建設、日本主導で2200億円融資
http://bit.ly/d4zZ7m
国際協力銀行、三菱東京UFJ銀行、三井物産など日本企業が韓国、欧州、アフリカの金融機関と協調し、エジプトの製油所建設事業に総額25億ドル(2200億円)を融資する。中東最大の人口を抱えるエジプトは安定した経済成長を背景に自動車燃料の供給能力 http://bit.ly/d4zZ7m

○米、ベトナムと原子力協力を協議 国務省認める
http://bit.ly/dih1oT
クローリー米国務次官補は5日の記者会見で、ベトナムと原子力技術や核燃料の提供に関する政府間協議を進めていることを認めた。インドやアラブ首長国連邦(UAE)と締結した原子力協力協定と同様の内容について交渉しているという。米・ベトナムの政府間協議 http://bit.ly/dih1oT

○パキスタン:大雨洪水被害 さらに拡大も
http://bit.ly/cWcRty
パキスタン北西部で発生した大雨洪水は死者が1500人になった。過去80年で最悪の洪水となり、被害は北西部から同国中部パンジャブ州にまで拡大、今後さらに拡大する恐れもある。洪水は先月末、同国北西部で発生。パンジャブ州各地が4日、洪水被害に http://bit.ly/cWcRty

○米原子力空母、黄海で軍事演習参加へ 中国反発の可能性
http://bit.ly/bYN1TW
米国防総省のモレル報道官は5日の定例会見で、韓国哨戒艦沈没事件を受けた米韓合同軍事演習の一環として、米海軍原子力空母ジョージ・ワシントンを数カ月以内に黄海での演習に参加させる方針を明らかにした。同空母の黄海での演習を懸念してきた中国が http://bit.ly/bYN1TW


Other world energy news today

○100806A India, assamtribune.com
インド,ブラマプトラ河のアッサム州で,ブラマプトラ河委員会機能せず
Brahmaputra Board revamp Bill delayed
http://bit.ly/9t61tK
Every time the State is hit by floods, the political temperature rises and the clamour for revamping Brahmaputra Board reverberates, but the original proposal mooted in 2004, is yet to take first step in its legislative journey.,Ministry of Water Resources (MoWR),existing Brahmaputra Board Act, 1980,Standing Committee on Water Resources,in the field of erosion control, irrigation and hydropower in the Region.,Majuli and East Barpeta district,China’s bid to construct dam on the upstream of Brahmaputra River,Central Water Commission (CWC),Indo-China border to observe the flow of water in the Brahmaputra River

○100806B Philippines, business.inquirer.net
フィリッピンのシンクタンクがその水行政を厳しく批判
Water crisis traced to ‘messy’ regulatory setup
http://bit.ly/a3lEq9
AN ELABORATE regulatory structure with over 30 disparate government agencies and corporations, and roughly the same number of laws tackling water management, is partly responsible for the recurring water crisis despite abundant freshwater resources in the country, according to a newly formed private think tank.,Forensic Law and Policy Strategies Inc.,National Water Resources Board (NWRB),Water Code of the Philippines,Department of Budget and Management (DBM)

○100806B Mekong, newsdesk.org
メコン河,大魚とやせ衰えた沿岸の人々の対比,人類のための開発必要
A damming effect on giant catfish
http://bit.ly/ctQtJM
The giant Southeast Asian catfish is in danger of extinction, a recent report concluded.,According to the report, “River of Giants: Giant Fish of the Mekong,” a plan to build hydropower dams along the Mekong River in Laos will threaten the survival the Mekong giant catfish (Pangasianodon gigas). The conservation group World Wildlife Fund (WWF) released the report in July and is concerned that the 11 planned dams would block the migration route of the giant catfish.


Japanese energy news today

○エジプトの製油所建設、日本主導で2200億円融資
http://bit.ly/d4zZ7m
○米、ベトナムと原子力協力を協議 国務省認める
http://bit.ly/dih1oT
○パキスタン:大雨洪水被害 さらに拡大も
http://bit.ly/cWcRty
○米原子力空母、黄海で軍事演習参加へ 中国反発の可能性
http://bit.ly/bYN1TW


2010年8月5日 ー 中国のパキスタン支援は軍事も含むグローバル ー

昨日は,中国の政府系資本のインドネシアPLN買収の深謀が伝えられたが,さすがにこの野望の実現は困難だろう,と我々は考えてしまう。PLNばかりでなく石炭や港湾まで,一気に250億ドルを投じての買収作戦だけに,日本企業にも大きな衝撃を与えることになる。それでも今日の記事は,ニュージェックやJパワー,それに伊藤忠などの,電源や海底送電のニュースが,我々に元気を与えている。

ただ最近の日本のコンサルタントの動きの中で,是非とも私の気持ちをくんで欲しいのは,開発調査は開発調査,レポートを一つ仕上げると,ハイ終わった,とばかり両手の埃をパンパンと叩いてそれは忘れてしまい,また新たな新規開発調査案件を探しに走ることだ。特に系統に関係した開発調査を実施したコンサルタントは,それから派生する次の段階を懸命に追いかけるべきだ。フィリッピン,スリランカなど,私は大いに不満である。

さてパキスタン,北西部は依然としてインダス河の氾濫で大きな被害が続いているが,今度のこの災害で明らかになったのは,比較的小規模な水力プロジェクトに中国は200人を超す中国人を派遣していることだ。1980年代にインドネシアの工事を担当したときも,日本人は40人ぐらいを投入しているが,当時でも西欧のコンサルトンとは,大規模なプロジェクトを数人でこなしていた。

洪水で生命の危機にさらされ,アルカイダの残党で混乱が絶えない危険なパキスタン北西部に,200人も300人も中国人を投入している中国企業も,大変に勇気のある行動だ。囚人もいる,と噂される中国の動きだが,特にパキスタンについては,海運の要衝であるグワダール港の軍港化が問題になっている,インド発の記事だが,中国のパキスタンへの戦闘機,フリーゲートなど,インドが神経を尖らせている,それは南シナ海にも連なる。


パキスタン北西部の洪水災害,コヒスタンの水力発電所建設に従事していた中国人技術者及び労務者251人が無事に救出されてイスラマバードの帰った,3人死亡,14人がまだ現場に取り残されている,中国の150万ドル支援に,パキスタン大使が謝意 http://bit.ly/cVhHE1

パキスタンに対する中国の支援が,戦闘機軍艦に及び,要衝にあるグワダール港の軍港化でインドと一旦ことあるときは中国海軍が動く,また300MWチャシュマ原子力協力は,核開発に繋がるものであり,中国が供給国グループの協定の外にいることに内外懸念http://bit.ly/cdHuLo

インドの南部タミルナドウ州,1300億ルピーに上る開発計画で国有企業インド石油などと協定,エノール港の近く,カツパリに年500万トンの規模のLNGターミナル建設や,これに伴うパイプライン,発電所,肥料工場などの計画も含む,http://bit.ly/chyLGE

○インドネシア共和国との包括的協力
http://bit.ly/aNYnBM
国際協力銀行はインドネシア共和国の環境に配慮した経済成長に向けた協力のあり方につき,今後に向けた協力の一環としてPERSERO)(SMI)との間で、JBICの地球環境保全業務(GREEN)*2適用を想定した環境配慮型プロジェクト推進のための覚書を締結しました。http://bit.ly/aNYnBM

○三菱商事などロシアから初の排出枠取得 310万トン
http://bit.ly/8ZcvWk
三菱商事とJX日鉱日石エネルギーは、ロシアの石油大手ガスプロム・ネフチから温暖化ガスの排出枠を取得する。日本企業がロシアから排出枠を取得するのは初めて。膨大な排出枠を抱えるロシアは省エネ設備の導入を進めており、日本にとって中期的に http://bit.ly/8ZcvWk

○米大統領「原油封鎖の戦い、終わり近い」 流出事故で
http://bit.ly/9UKQVO
オバマ米大統領は4日、ワシントン市内で演説し、英BPが米南部ルイジアナ州沖のメキシコ湾で起こした原油流出事故について「流出の阻止や封じ込めのための長い戦いを終えようとしている」と述べた。4月20日の事故発生直後から取り組んできた原油流出を http://bit.ly/9UKQVO

○マレーシア,「国家エネルギー効率化主要計画」策定、効率化を促進
http://bit.ly/9Y5wvF
マレーシア政府は第10次マレーシア計画において、「持続可能なエネルギー政策行動計画」を実施することを決定したと報告。この2つの計画の実施により、温室効果ガスの大幅な削減が期待できると語った。さらに、天然資源環境省と共同で、昨年12月に行われ http://bit.ly/9Y5wvF

○再生可能エネルギーの全量買取制度の大枠について
http://bit.ly/ap1x4D
経済産業省では、2009年11月に設置された「再生可能エネルギーの全量買取に関するプロジェクトチーム」における検討の結果を踏まえ、再生可能エネルギーの全量買取制度の大枠(基本的な考え方)を取りまとめました。これは、2010年7月23日(金)に開催され http://bit.ly/ap1x4D

○インドネシアのアダロ、日本企業との発電所プロジェクト参加へ
http://bit.ly/ds1nPf
インドネシアの石炭大手アダロ・エナジーは4日、複数の日本企業と共同で総額20億ドル規模の発電所プロジェクトへの参加を目指す方針を明らかにした。電源開発(Jパワー)および伊藤忠商事と組んでペマラン発電所の権益20%の取得を目指すと話した。http://bit.ly/ds1nPf

○ベトナム副大臣、日本の原発技術に期待感
http://bit.ly/a7EvW8
ベトナムで海外からの投資について権限を持つ計画投資省のダン・フイ・ドン副大臣は「日本の原発のテクノロジーは素晴らしい。ベトナムが原発の2基目、3基目を開発するときは、日本は最も優先的なパートナーとして検討する」と述べ、日本が持つ原子力発電 http://bit.ly/a7EvW8

○ペトロリメックス、カンボジアに駐在員事務所開設
http://bit.ly/ahFJoL
ベトナム石油総公社(ペトロリメックス)は2日、カンボジアの首都プノンペンで駐在員事務所の開所式を行った。同事務所ではペトロリメックスとの取引の仲介、宣伝・広告、マーケティングなどの業務を行う。開所式に出席したファム・ザー・キエム副首相 http://bit.ly/ahFJoL

○ニュージェックなどインドネシアで送変電コンサル受注
http://bit.ly/cxTC96
関西電力グループのニュージェック(大阪市、松本正毅社長)とJパワー(電源開発)は4日、インドネシア国営電力会社(PLN)とジャワ〜スマトラ間の連系線建設に関するコンサルティング業務契約を締結したと発表した。同事業はスマトラ島の石炭火力 http://bit.ly/cxTC96


Other world energy news today

○100805A Pakistan, china.globaltimes.cn
パキスタン北西部の洪水,251人の中国人は救出,3人不明
251 Chinese evacuated from Pakistan, 3 missing
http://bit.ly/cVhHE1
"With the Pakistani army's help, 104 Chinese people trapped by recent torrential floods in northwest Pakistan were evacuated to Besham Monday afternoon," the embassy said in a statement. "So far, a total of 251 Chinese people were evacuated, with 14 left behind to safeguard two hydropower projects being built by Chinese companies in Kohistan.",Masood Khan, Pakistan's ambassador to China,timely assistance" of 10 million yuan ($1.5 million)

○100805B Pakistan, dailypioneer.com
パキスタンに対する中国の軍事と原子力協力にインドが懸念
Chinese arms for Pakistan
http://bit.ly/cdHuLo
While attention in India has been focussed on China’s determination to sell two nuclear power reactors to Pakistan, other developments in the all ‘All Weather Friendship’ between our northern and western neighbours, having serious implications, have gone unnoticed.,Pakistan has proposed the development of strategic maritime cooperation with China in both military and commercial sectors.,Chinese Navy would be positioned in the Gwadar Port, being built with Chinese assistance,waters of China’s interests,China’s sphere of influence,to bypass the Nuclear Suppliers Group,in its anxiety to sell nuclear power reactors ,second 300 MW nuclear power reactor at Chashma in Pakistan

○100805C India, Economic Times
インドの南部タミルナドウ州,1300億ルピーに上る開発計画,LNGなど
TN attracts big ticket investments to create jobs for 8,600 people
http://bit.ly/chyLGE
Tamil Nadu Government, on Wednesday, inked MoUs with three major Indian corporates ? Indian Oil, Videocon and J K Tyres ? for setting up three major industrial projects, near Chennai and Madurai, with an investment tag of Rs 13,000 crore capable of generating direct jobs for 8,600 people. ,Chief Minister, M Karunanidhi and deputy CM, M K Stalin,a liquefied natural gas storage terminal at Kattupalli, near Ennore Port, ,an annual capacity of five million tonnes of gas. ,Sriperambadur industrial corridor


Japanese energy news today

○インドネシア共和国との包括的協力
http://bit.ly/aNYnBM
○三菱商事などロシアから初の排出枠取得 310万トン
http://bit.ly/8ZcvWk
○米大統領「原油封鎖の戦い、終わり近い」 流出事故で
http://bit.ly/9UKQVO
○マレーシア,「国家エネルギー効率化主要計画」策定、効率化を促進
http://bit.ly/9Y5wvF
○再生可能エネルギーの全量買取制度の大枠について
http://bit.ly/ap1x4D
○インドネシアのアダロ、日本企業との発電所プロジェクト参加へ
http://bit.ly/ds1nPf
○ベトナム副大臣、日本の原発技術に期待感
http://bit.ly/a7EvW8
○ペトロリメックス、カンボジアに駐在員事務所開設
http://bit.ly/ahFJoL
○インドネシアで送変電コンサル受注
http://bit.ly/cxTC96


2010年8月4日 ー 中国政府系基金がPLNなどの買収視野 ー

http://my.reset.jp/adachihayao/100803C02.jpg
昨日のWWFの上の写真を見て思ったこと,みすぼらしい体格で黒く日焼けしたメコン沿岸の漁夫と,白い綺麗な肌を見せて横たわる巨大なメコンの魚,1990年代に迷いなくダム開発を続けて地域の経済を興していたなら,写真はこの反対で,立派な体格をした地域の裕福なサラリーマンが,悠々とボートに乗って,やせ衰えてはいるが美味しそうに魚の刺身を食べている図になっただろう。WWFは人間よりも魚を太らせようとしている。

経済と人々の体格はまさしく比例する。1990年初め,制裁解除直前のベトナム人は女性は綺麗だったが,男性は戦争に疲れ痩せ衰えていた。当時,なぜベトナムは女性は綺麗なのに男性は不細工なのか,と質問していたが,10年後,会食の場で同じ質問をしようとして居並ぶベトナム官僚を見ると,まるでタイの官僚のように立派な体格で顔も立派,思わず口ごもった。WWFは魚の福祉を考える前に人類の福祉を考えるべきだ。

さて今日のインドネシア,ショッキングな記事で,思わず目を疑った。資金3000億ドルを有する中国の政府系基金CIC,インドネシアの経済基盤で最も重要な,石炭のブキットアサム,電力のPLN,それに港湾を買収する意図という。総額250億ドル,この事実をムスタファ経済調整相が明らかにした。しかも,今年は既に予算の運用が始まっているので,中国の行動は来年になるだろう,と肯定的ともとれる発言をしている。

インドネシアのPLNは,10年も前に民営化へのスタートを切ったが,国会が重要インフラの公社を民営化するのは憲法違反,として,憲法裁判所も民営化を中止させたが,ここに来て中国との買収交渉の土俵に立つのか。日本の育ててきたPLN,しかし日本はその当時,PLN買収などと言うあくどいアイディアは誰も持ちかけなかった,ただひたすら,インドネシアの電力公社の安定のみを願って,戦っていた。


インドネシア,中国の3000億ドル規模の政府系基金CIC,インドネシアの石炭ブキットアサム,電力PLN,港湾プラブハンの3大国有企業に買収を掛けてくる,ムスタファ経済調整相が認める,本格的なこの大規模買収作戦は,2011年に雪崩れ込む http://bit.ly/apg6dm

中国の80万ボルト直流送電線,雲南省の水力を長躯1500km彼方の広州など沿岸地域へ,損失2%で送るシーメンスの技術,これはアフリカ砂漠の太陽エネルギーを欧州へ送る,それも既存技術の15%ロスに対して2%程度まで軽減,地球規模で有望 http://bit.ly/bvieSP

パキスタン,かっての北西辺境州,現在はハイベルパクトウンバ,KP州と呼ばれている,インダス河洪水のすさまじい被害が連日報じられている,犠牲者1400人以上,172人の中国人技術者の孤立,スワット平野の観光客の犠牲者,政府の無策に批判集中 http://bit.ly/duIeJd

フィリッピン,水保全NPOのWPNが政府の首都圏上水道の民営化の方向に反対,多くの市民が水不足と価格上昇の被害に直面,アキノ政権に対し民営化政策を廃止せよと。特にMWSSの民営化と今入札中の246MWアンガット水力ダムの売却を中止せよと http://bit.ly/bAe6FD

○海外設備投資35%増 10年度計画、政投銀調べ
http://bit.ly/dzaJh5
日本政策投資銀行が3日発表した設備投資計画調査によると、2010年度の全産業の海外設備投資額は前年度比35.1%増の2兆7642億円となった。国内の投資額は3年ぶりの増加に転じたが、前年度比6.8%増の17兆4549億円にとどまった。企業の投資意欲は回復傾向http://bit.ly/dzaJh5

○中小の海外投資、4〜6月31億円 09年度融資額の6倍
http://bit.ly/datVlg
日本政策金融公庫が、海外投資資金として中小企業に実行した融資額は今年4〜6月の3カ月で31億円と、2009年度(09年4月〜10年3月)の年間融資額の6倍になった。成長力の高いアジアへの進出意欲を強める中小企業が増えているほか、金融危機の影響がhttp://bit.ly/datVlg

○政府、パキスタン豪雨に緊急援助
http://bit.ly/cx2JId
政府は3日、記録的な豪雨による洪水被害が深刻化しているパキスタンに、総額300万ドル(約2億5700万円)を上限とする緊急無償資金協力を実施すると発表した。あわせてテントなど2000万円相当の緊急援助物資も提供する。http://bit.ly/cx2JId

○洪水の死者1500人に パキスタン北西部
http://bit.ly/cTakAZ
AP通信によると、パキスタン北西部を襲った大雨による洪水での死者は4日までに、1500人に達した。赤十字国際委員会の報道官が明らかにした。APによると、被災者は約320万人に上り、当局が救援活動に当たっている。http://bit.ly/cTakAZ

○GEエナジーと独プロフェントゥム、タイに風力発電所建設へ
http://bit.ly/cHTkuu
独プロフェントゥム・インターナショナルは2012年12月、発電能力90メガワットとなるタイ最大の風力発電所の商業運用を開始する計画だ。プロフェントゥムのライナー・ツォラー最高経営責任者(CEO)...http://bit.ly/cHTkuu

○崖っぷちの日本風力に「増資話」
http://bit.ly/aeWbSi
上場廃止の瀬戸際にあった日本風力開発に増資計画が持ち上がった。東芝やトヨタ自動車などが、新スポンサー候補とする向きもある。監理銘柄からの脱却や資産査定など、増資に向けクリアすべきハードルも多い。風力発電事業を手がけ、再生可能エネルギーhttp://bit.ly/aeWbSi

○中国は代替エネルギー車に10年間で1.3兆円投資の公算−上海証券報
http://bit.ly/bSvpp0
中国政府は今後10年間に代替エネルギー車に1000億元(約1兆2600億円)余りを投資する公算がある。上海証券報が情報源を明示せずに伝えた。同紙によると、工業情報省は2011−20年の期間を対象とした同産業向けの開発計画案をまとめた。同省は最初にhttp://bit.ly/bSvpp0

○フランスの「核融合」、大統領が思うより困難
http://bit.ly/cnCLUv
フランスは、いくつものすばらしい国営企業を作り出してきた長い歴史を持つ。現在サルコジ大統領が目指しているのは強力な原子力関連企業の創設だ。同国は、向こう20年の原発建設が世界全体で250基、総投資額1兆ドル(85兆8800億円)以上とみている。http://bit.ly/cnCLUv


Other world energy news today

○100804A China, independent.co.uk
中国で成功した1500km80万ボルト直流送電は欧州へも可能
Power line in China could help bring cheap, sustainable electricity to the EU
http://bit.ly/bvieSP
Innovative technology used in a Chinese ‘electrical highway' could provide the solution to Europe's energy problems and ensure cheaper electricity for consumers.,Sustainable power project DESERTEC aims to provide the European Union (EU), the Middle East (ME) and North Africa (NA) with electricity generated from large concentrations of solar panels located in the deserts of North Africa and the Middle East.
Currently about 3 percent of electricity is lost per 1000 km,meaning 15 percent of power generated ,2 percent of power is lost in transpor
1,500 km from Yunnan province to the industrial heartland

○100804B Pakistan, centralasiaonline.com
パキスタン北部,インダスの洪水被害が深刻,1400人が犠牲
Pakistani floods kill 1,400; thousands cry for help
http://bit.ly/duIeJd
They are not alone in their grief. The flood has killed around 1,400 people, with countless others missing. The death toll could soar further, independent sources fear.,The raging waters affected 2.5m Pakistanis and destroyed infrastructure in nine districts in Khyber Pakhtunkhwa ? the worst-hit province in the country. Balochistan, Punjab, Sindh and Gilgit-Baltistan also suffered major damage.,damage at Rs 150 billion (US $1.75 billion),Katcha, Kashmore, Larkana, Nawabshah, Thatta, Jamshoro, Dadu, Khairpur, Ghotki and Naushero Feroz,rescued 2,800 marooned people in Khyber Pakhtunkhwa, ,Only 21 helicopters ,were 172 Chinese engineers and other personnel of the Dubair Khwar Hydropower Project and Khan Khwar Hydel-Power Project. ,The flood washed away 14,260 houses, 22 schools, 120 hotels, 161 shops, 17 bridges and a power grid station in Swat alone,

○100804C Philippines, allvoices.com
フィリッピン,WPNが政府の首都圏上水道の民営化の方向に反対
After UN water resolution, advocates ask Aquino gov’t to junk water privatization
http://bit.ly/bAe6FD
The Aquino government should now junk water privatization in the light of the United Nations’ (UN) recent resolution declaring water and sanitation as a right, according to water advocacy group Water for the People Network (WPN).WPN is a nationwide multi-sectoral alliance of various groups in the Philippines campaigning for people’s control over their water resources.,Metropolitan Waterworks and Sewerage System (MWSS),Angat Dam,by 449% (Maynilad) and 845% (Manila Water),246-megawatt (MW) Angat Hydroelectric Power Plant (HEPP)

○100804D Indonesia, thejakartaglobe.com
インドネシア,中国政府系基金CIC,石炭,電力PLN,港湾3大国有企業に買収
China Investment Corp Eyes Indonesian State Owned Enterprises: Minister
http://bit.ly/apg6dm
China Investment Corporation may invest as much as $25 billion in Indonesia’s energy, mining and infrastructure sectors, potentially providing a huge boost to foreign investment and improving the country’s chances of receiving an investment-grade debt rating. ,State Enterprises Minister Mustafa Abubakar ,China’s $300 billion sovereign wealth fund,Tambang Batubara Bukit Asam,Perusahaan Listrik Negara,operator Pelabuhan Indonesia II (Pelindo II). ,CIC invested $58 billion overseas last year,Bumi Resources. Last year CIC lent Bumi $1.9 billion via debt instruments
Bakrie group conglomerate,PLN is seeking $7.6 billion in investment through 2014 for the second phase of its “fast-track” program, which should add 10,000 megawatts of electricity-generating capacity.


Japanese energy news today

○海外設備投資35%増 10年度計画、政投銀調べ
http://bit.ly/dzaJh5
○中小の海外投資、4〜6月31億円 09年度融資額の6倍
http://bit.ly/datVlg
○政府、パキスタン豪雨に緊急援助
http://bit.ly/cx2JId
○洪水の死者1500人に パキスタン北西部
http://bit.ly/cTakAZ
○GEエナジーと独プロフェントゥム、タイに風力発電所建設へ
http://bit.ly/cHTkuu
○崖っぷちの日本風力に「増資話」
http://bit.ly/aeWbSi
○中国は代替エネルギー車に10年間で1.3兆円投資の公算−上海証券報
http://bit.ly/bSvpp0
○フランスの「核融合」、大統領が思うより困難
http://bit.ly/cnCLUv



2010年8月3日 ー 関電の八木社長既存原発を長期活用 ー

パキスタンのニュースを見ると,日本人観光客8人がパキスタン北部のトレッキングツアーで,パキスタン空軍に救出され,無事にイスラマバーぢに帰ってきたという,内容を見ると,女性7人でしかも70代だという,アルカイダの巣窟にツアーを掛ける旅行者もいるのか,それに今のパキスタンは豪雨に見舞われて1000人以上の犠牲者が出ているという,そんなに簡単にツアーで行けるなら,私も行きたいなあ。

関西電力の矢木社長が記者会見で,既設原子力施設の耐用年数延引計画を説明している。プラス10年,というオーダーの話だが,大いに賛成,水力の100年と同じように,維持費を掛けて数百年は運転する必要がある。日本は,今後数百年,LNGや石油を巨大タンカーで運び続けることが出来るとは思えない,必ず遮断される時期が出てくる,その時こそ日本人は,国内の原子力と水力発電所で生き残ることが出来る。

また矢木社長は,現在20億KWhの海外発電事業を,10倍を目標に進めるという,700万KWぐらいの設備になるのか。日本の民間資金の海外インフラ進出の波に乗って欲しいが,私の注文は,電力は公益事業体であるので,出来るだけ発展途上国の施設に目を向けて,それらの国の経済成長を助けて欲しい。タッグを組むことになるであろうJBICやJICAの公的な性格を持つ資金も先進国よりは後進国に大きな比重を置くべきだと思う。


中国の石炭輸入,この年後半,前半の8100万トンから5,950万トンに落ちてくる兆候がある,経済の減速気味であること,このたびの洪水で40万戸が失われ40万ヘクタールの耕作地が原野と化した,水力の発電量が29%増大,トン109ドルの価格 http://bit.ly/bHINGJ

マレーシアのサラワクで進む大規模水力,2012年には2400MWのバクン水力,2013年には中国企業が進める94MWのムルム水力,二つで3344MWが発電するが,買電契約は進まず,現在のピークは900MWで,SCOREの計画も不透明 http://bit.ly/bm2jCd

メコン河下流域の本流で進むダム計画,WWFによるとメコンに棲息する巨大魚に打撃と。写真には,貧困を担う住民と巨大魚を並べて撮影し,魚保全が優先,と書かれているが,見方によっては,貧困住民を救うことは頭になく,巨大魚を優先して救えと読めるhttp://bit.ly/cqMZZC

○米気候変動特使、温暖化削減目標「後退していない」
http://bit.ly/bNJPuc
スターン米気候変動問題担当特使は2日、米上院が温暖化ガス排出量の削減目標を盛り込んだ法案の審議を当面先送りしたことに関連し「米政府は昨年提示したものから後退させようとしていない」と述べ、2020年までに05年比で17%削減する目標を堅持している http://bit.ly/bNJPuc

○パキスタンで救助の邦人首都到着 「無事戻れてほっとした」
http://bit.ly/dBAlFe
パキスタン北西部を襲った大雨による洪水で道路が遮断され移動できなくなり、軍ヘリコプターで救助された日本人観光客8人は2日深夜(日本時間3日未明)、首都イスラマバードに到着し「無事に戻れて、ほっとした」と語った。  8人はパキスタン北部 http://bit.ly/dBAlFe

○中国の三峡ダム、豪雨で漂着したゴミで水門が危機に
http://bit.ly/amRjKO
中国の長江(揚子江)中流にある世界最大級の三峡ダムでは、先日来の豪雨の影響で押し流された何千トンものゴミにより、水門が詰まる危機にも直面している。国営メディアが2日報じ毎日3000トンに上るゴミを回収し続けているものの、現在の人手で http://bit.ly/amRjKO

○韓米原子力協定:核燃料の再処理めぐり議論
http://bit.ly/92RjLc
韓国と米国が今年秋から、韓米原子力協定改正のための交渉に本格的に着手することで合意したことが、2日までに分かった。2014年に満了する韓米原子力協定については、使用済み核燃料の再処理問題をめぐる韓米間の意見の対立により、これまで交渉が足踏 http://bit.ly/92RjLc

○「既存原発を長期活用」 関電の八木社長
http://bit.ly/c8W2qQ
関西電力の八木誠社長(60)は2日、今後の大きな課題となる運転開始から30〜40年を超える高齢化した原子力発電所への対応について、「国の方針でも既存の原子力は有効活用していくという発想があり、できるだけ長く使っていきたい」と述べ、http://bit.ly/c8W2qQ

○核燃料サイクル:本格始動に課題 再処理技術道半ば、延期続く工場
http://bit.ly/9F3gSF
今年は「核燃料サイクル始動の年」と言われる。高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)が5月、14年半ぶりに運転を再開し、国内初となる商業用核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)が10月の稼働を目指しているためだ。1980年代に政府が国策 http://bit.ly/9F3gSF

○中国、エネルギー消費率目標のため景気急減速も
http://bit.ly/csN0zz
中国のエネルギー消費引き下げ方針が成長持続への欲望に勝れば、中国の設備投資の減退は季節要因以上のものとなる可能性がある。中国の製造業購買指数(PMI)は7月、前月比で約1ポイント低下し、2009年2月以来の最低水準に落ち込んだ。エコノミストらは http://bit.ly/csN0zz

○中国,炭鉱発見で石炭株上昇
http://bit.ly/8ZQxFu
中国株式市場は上昇。7月の製造業の拡大ペースが1年5カ月ぶりの低水準に鈍化し、政府が景気抑制策を転換するとの見通しが強まった。 東北部で大規模な炭鉱が発見されたことが好感され、石炭株が上昇。最大手の中国神華能源や2位の中国中煤能源 http://bit.ly/8ZQxFu


Other world energy news today

○100803A China, bloomberg.com
中国の石炭輸入,この年後半,5,950万トンに落ちてくる兆候
Coal Imports May Drop in China on Less Growth, More Hydro
http://bit.ly/bHINGJ
China, the world’s largest energy consumer, may reduce monthly coal imports to the lowest level in more than a year in the second half as the economy cools.,drop to 59.5 million metric tons, or 9.9 million tons a month, from 81 million tons in the first six months of the year, a decline of 27 percent,China Electricity Council,China Merchants Securities Ltd.,expand 10.1 percent this year,down from last year’s 10.7 percent,China National Coal Corp.,Coal at Qinhuangdao port fell 1.3 percent,to between 740 yuan ($109) and 750 yuan a ton last week,Newcastle costs about $95,China’s hydropower stations rose 29 percent to 71.5 billion kilowatt-hours last month,National Development and Reform Commission,Flooding and landslides destroyed almost 450,000 homes and ruined more than 400,000 hectares (988,422 acres) of farmland

○100803B Malaysia, biz.thestar.com.my
マレーシアのサラワクで進む大規模水力,2013年には余剰
Electricity glut in Sarawak
http://bit.ly/bm2jCd
PETALING JAYA: There is likely to be a major power glut in Sarawak with the coming on stream of two major hydro power projects by the end of 2013 and the lack of firm commitments from investors to take the power up, industry players said.,2,400MW of capacity from the RM7.3bil Bakun Dam,944MW will be added from the RM3.5bil Murum Dam,awarded to China’s Three Gorges Project Corp and sub-contracted to Sinohydro Corp Ltd,two dams is 3,344MW,peak demand of 900MW

○100803C Mekong, blogs.nationalgeographic.com
メコン河下流域の本流で進むダム計画,WWFは巨大魚に関心
Why damming the world's most productive river could have serious negative consequences
http://bit.ly/cqMZZC
It's unclear why so many species of giant fish occur in the Mekong River--certainly part of the answer is the river's size: Large rivers have more space and more food to accommodate larger fish.,Part of the answer many also lie in the productivity of Mekong ecosystem, the floodplains and flooded forest in particular provide an abundant source of food for many species of fish during the rainy season.,Sayabory dam and other Mekong dams will have serious negative impacts


Other world energy news today

○米気候変動特使、温暖化削減目標「後退していない」
http://bit.ly/bNJPuc
○パキスタンで救助の邦人首都到着 「無事戻れてほっとした」
http://bit.ly/dBAlFe
○中国の三峡ダム、豪雨で漂着したゴミで水門が危機に
http://bit.ly/amRjKO
○韓米原子力協定:核燃料の再処理めぐり議論
http://bit.ly/92RjLc
○「既存原発を長期活用」 関電の八木社長
http://bit.ly/c8W2qQ
○核燃料サイクル:本格始動に課題 再処理技術道半ば、延期続く工場
http://bit.ly/9F3gSF
○中国、エネルギー消費率目標のため景気急減速も
http://bit.ly/csN0zz
○中国,炭鉱発見で石炭株上昇
http://bit.ly/8ZQxFu


2010年8月2日 ー 原子力発電などインフラ輸出に総合戦略 ー

1997年に電力企業などの海外進出を呼びかけたのは,当時の通産省の産業構造審議会であった。タイミングもあったのか,その時はそれなりに大きな効果を上げてきた。ただあの時は,成長する東南アジアのインフラを支えるためには,円借款などの公的資金だけでは対応不可能,民間資金の出動が欠かせない,と言うのが基本的な趣旨であった,円借款の他に制度金融の受け皿が必要であったと言うことだろう。

その点では,商社の支援を受けた電力企業などの活躍は目覚ましく,それは今日まで続いている。ただ今度は,プロジェクトの大規模化で,資金調達の問題の上に,更にプロジェクトの総合的な推進のノウハウが欠かせない,と言うことだろう。例えば原子力発電でも,東芝,日立,三菱重工などが主導して取り組んでいるが,ベトナムなどでは環境を含めた立地段階からのノーハウが必要になってくる。

東京電力や関西電力が,やや時期を失したタイミングであったとはいえ,とりあえず国内の体制作りが動き出し,方向としては前へ進んできた,と言える。インドの原子力は,まだまだ日本の国内議論が続いているが,今が最後のチャンスであろう。経産相が,年金資金の活用に触れているが,中国や韓国,ロシアなどと競うには,郵貯資金の先行きなども,重要な要素だろう。


経済産業省は日本企業のインフラ輸出を支援するための総合戦略づくりに乗り出す。水ビジネスや原子力発電、鉄道などを重点11分野と設定。こうした分野の輸出促進に向け、公的金融や貿易保険といった政府の支援機能の強化や、官民が連携した受注拡大策を打ち出す。http://bit.ly/9B8D92

フィリッピン,放棄されたバターンガスの原子力発電所について,国民の意見集約,チェルノビルを思い出せ,他の安全な場所を,もっとも経済的な案,電力危機回避に好適,なしでも生活できる,再度詳細調査を,核廃棄物問題,などなど,新政権の対応注目 http://bit.ly/aNretZ

パキスタン,インダス河,特にペシャワール奥地を中心に日曜も洪水が氾濫,デライアウマルカン地点では毎秒99万トンの流量に達した。住民は政府の対策に反抗,建設中の水力で中国人エンジニアーが172人孤立し,中国大使が政府に対して対策要請 http://bit.ly/9KgDdS

中国,雲南省から遙か1500km,珠江デルタの広州及び深川まで,80万ボルト直流送電線,シーメンスの活躍で完成,容量は5000MW,損失は1000kmで1%,開閉所では15%のロス,まさにドイツと南イタリアを連携するkよりに匹敵 http://bit.ly/a2vpQ7

人件費がアジアで最低水準にあり、衣料品の生産拠点として注目されるバングラデシュで工場労働者の賃上げ要求デモが収まらない。政府は7月29日、最低賃金を月1660タカ(約2060円)から月3000タカに引き上げると発表したが、月5000タカへの引き上げを求めhttp://bit.ly/dp0SRt

イラク石油省は1日、天然ガス田の開発企業を選ぶ国際入札を当初予定から1カ月先送りし、10月1日に実施することを明らかにした。応札企業に検討の時間を与えるためとしている。イラク中部のマンスーリヤ・ガス田など3カ所が対象で、日本企業を含む45 http://bit.ly/azz610

パキスタン北西部カイバル・パクトゥンクワ州の当局者は1日、同国北西部を襲った大雨による洪水での死者が同州などで計1100人に上ったことを明らかにした。はんらんした河川の水位は低下し始めているが、救助隊がまだ到達できていない地域があるほhttp://bit.ly/dmZWrn

ミャンマーの最大野党だった国民民主連盟(NLD)の元幹部4人が中心となって結成した新党、国民民主勢力(NDF)の本部開所式が1日、同国最大都市ヤンゴンで行われた。タン・ニヤン委員長は、年内に行われる総選挙に向けた準備が整いつつあるとしてhttp://bit.ly/diVGEX

資金調達を目指す英BPは、ベトナム、パキスタン両国で保有する生産資産を売却する方針を両国政府に通知した。BPの広報担当者、デービッド・ニコラス氏によると、ベトナムでは沖合天然ガス田やパイプライン、発電所それぞれ1カ所の権益の売却を計画。http://bit.ly/99i7wh

原子力安全・保安院は11年度から、原子力発電所で起きる経年劣化現象のメカニズムを解明し、予測手法の高度化を図るための応用研究に着手する。実機の運転環境を模擬できる施設を持つ研究機関や大学を中心とする産学官連携のもと、数十年間に及http://bit.ly/avhzMo


Other world energy news today

○100802A Pakistan, .dawn.com
パキスタン北西部,インダス河の反乱が続く,中国人技師が多数孤立
More rains trigger panic in KP, Fata
http://bit.ly/9KgDdS
The rescuers were struggling to save hundreds of trapped people in flood-hit remote areas on Sunday when rainfall was reported from Waziristan, Tank, Frontier Region Jandola and Pahar Pur areas, triggering fear among people about another spell of monsoon. ,areas of Malakand, Charsadda, Nowshera and Dera Ismail Khan,DERA ISMAIL KHAN,993,871 cusec water,Over 81 villages were inundated,SWAT,SHANGLA,BATKHELA,CHARSADDA,MANSEHRA,172 engineers and other Chinese staffers of Dobar Khaward Hydropower Project and Khan Khaward Hydropower Project

○100802B China, utilities-me.com
中国,雲南省から1500km,広州及び深川まで,80万ボルト直流送電線
Electricity highway powers through China
http://bit.ly/a2vpQ7
In China, Siemens has put an “electricity highway” into operation that works with a voltage of 800 kV. The transmission line stretches from remote, rainy Yunnan province to the industrial region in the Pearl River delta and its major cities of Guangzhou and Shenzhen. The high-voltage direct-current transmission (HVDC) system stretches over nearly 1,500 kilometers ? that’s equivalent to the distance from the south of Germany to the southern tip of Italy.,5,000 megawatts,two percent per 1,000 kilometers,less than 1.5 percent for the converter stations

○100802C Philippines, philstar.com
フィリッピン,放棄されたバターンガスの原子力発電所について,国民の意見集約
Are you in favor of reactivating the mothballed Bataan Nuclear Power Plant?
http://bit.ly/aNretZ
I am in favor of reactivating the mothballed Bataan Nuclear Power plant. Experts should be hired to make it useful for the government.,We wisk having a Chernobyl disaster,Better find a new safer location,Cheapest source of energy,It can solve our looming power crisis,We can live without it,We should build a new one,It should be restudied,These factors must be considered,Nuclear waste would pose a problem,Better yet…


Japanese energy news today

○インフラ輸出に総合戦略 経産省、鉄道・原発など11分野
http://bit.ly/9B8D92
○バングラデシュ首都、3日連続で賃上げ要求デモ
http://bit.ly/dp0SRt
○イラク、ガス田の国際入札1カ月先送り 10月1日実施
http://bit.ly/azz610
○パキスタン北西部、洪水の死者1100人に
http://bit.ly/dmZWrn
○ミャンマー 民主新党、NDF本部開設 軍政圧力強化懸念も
http://bit.ly/diVGEX
○英BP:ベトナムとパキスタンの資産売却へ−両国政府に通知
http://bit.ly/99i7wh
○原子力の経年化 高精度の予測めざす
http://bit.ly/avhzMo



2010年7月31日 ー パキスタンにJICA厳しく対応 ー

ちょっと余談だが,分かっているようで結構難しい話がある。地球が東向きに回っているのに,なぜ気候は西から東へ動くのか,反対だろう,と気象庁の人に聞いたら,うーん,と唸っていた。昨日,大学の同窓生達と会っていて,75歳まで生きた実績のある我々は120歳まで生きるのと違うか,それであの平均余命はどうやって計算しているのだろう,と聞かれて,全然分からなくなってしまった。

「平成12年簡易生命表は、平成12年におけるわが国の死亡状況が今後変化しないと仮定したときに、各年齢の者が1年以内に死亡する確率や平均してあと何年生きられるかという期待値などを死亡率や平均余命などの指標によって表したものである。」,と公式に書かれているが,この文章,全然分からないですよね,恐らく,国の発表する平均余命は正しくないと思う,120歳まで行けばエージシューターが可能だが。

さてパキスタン,私もいつも思っているのだが,パキスタンは多くの大規模プロジェクトを政府の委員会で承認した,と度々ニュースに出る,最初は一生懸命これを追っていたが,それが予定通りに出来た試しがない,国が決定した,と言う記事は全く無視している,ただ,中国が支援を決定した,とかの記事に絞ってみている。遂にJICAもこれを腹に据えかねたのか,前に約束したプロジェクトが出来るまでは,次の話はしない,と痛烈に通告。

私はJICAの憤懣は十分に理解するが,しかし,今日のパキスタンに集中した英語の記事は,暴れ狂うインダス河で多くの犠牲者が出ている状態。写真を見ると,戸板の上に娘と男の子二人を載せた初老のお父さんが,もう今にも沈みそうな悲惨な顔で,激流の中,その戸板を押して泳いでいる,悲惨で,これに続く米国大使館が,何を置いても,災害支援に乗り出す,と声明している。

パキスタンのザルダリ大統領はパリにあり,サルコジ大統領に,EUをまとめて,テロ最前線のパキスタンへの支援を訴えている。フランスの戦闘機や潜水艦などは,パキスタンへの武器供給源になってきた経緯がある。米国の洪水災害支援の記事と,フランスがEUをまとめてパキスタンを支援する記事の傍で,我がJICAが,いい加減な予算執行では,今後の支援は棚上げだ,と息巻いている記事,対照的で面白い。


パキスタンに対して日本のJICAが,予定されたプロジェクトが完成しないなら,続く支援は支出できない,特に水力や火力電源について,パキスタン政府の杜撰な予算運用に鉄槌を下した感じ,東京会議で10億ドルをプレッジしたが,約半分で成果が出ていないhttp://bit.ly/cdx0Po

パキスタンのギラニ首相,国内変圧器メーカーの完成式に出席して演説,この電力危機解決の一つの出口は,送配電システムの効率化だと,大ダム,タール石炭,原子力発電などの主要電源プロジェクトの推進と共に,送配電ロスの軽減,省エネなどがこの危機を救うとhttp://bit.ly/aVNrF6

パキスタン,インダス河が暴れまくっている,ペシャワール付近の被害が特に甚大で,800人の犠牲者が出ている。降り続く豪雨に国民の生活が危機に陥っている,米国大使は,米国の積極的な支援活動を約束している,マリク大臣も現地に飛んで指揮に当たっているhttp://bit.ly/d3xmf3

パキスタンのザルダリ大統領,フランス訪問中,サルコジ大統領と会談,EU全体のパキスタンへの支援要請,仏製戦闘機などの軍事援助も。電力危機に対しては,特に水力発電所の効率化支援に期待,4発電所,ギルギット,カシミールなど,http://bit.ly/d7xcgy

パキスタン北西部で大雨による洪水が相次ぎ、31日までに800人以上が死亡し、87万人以上が被災した。パキスタン北西部のカイバル・パクトゥンクワ州などでは、28日からモンスーンによる大雨が続き、洪水が相次いだ。31日までに800人以上が死亡し、多数が行方不http://bit.ly/dCJ5wf

戦後初の民間出身の駐中国大使となった丹羽宇一郎氏が三十一日、北京に着任し、大使公邸で記者団に「愛国親中の精神で仕事を始めたい」と抱負を語った。「両国民の平和と生活の安定に力を注ぐ。相互理解が重要」とも述べ、スポーツ・文化などの草の根交流http://bit.ly/aH4sH2

中国人民解放軍は黄海での軍事演習に続き、南シナ海でも三艦隊合同の大規模軍事演習を実施した。中国は資源確保や海上交通など海洋権益拡大の動きを加速するにつれ、米韓軍事演習や南シナ海の領有権をめぐる米国や東南アジア諸国連合(ASEAN)の動きをhttp://bit.ly/9jiSQG

「中国は究極の地方分権」 視察から帰国の橋下知事,大阪府の橋下徹知事は31日、中国への視察を終えて帰国した。4泊5日の視察を振り返り、「政治の力の大きさを感じた。中国は究極の地方分権。市など自らの裁量で自立運営できている」と述べ、http://bit.ly/9SRTT6

経済膨張が続く中国が国際社会での発言力増大に強い自信を見せ始めた。31日付の上海紙、東方早報などによると、中国人民銀行(中央銀行)副総裁で中国国家外貨管理局長も兼務する易綱氏が、「中国は事実上、すでに世界第2位の経済体になっている」と述べ、http://bit.ly/bgMMFX

世界自然保護基金(WWF)は報告書を発表。メコン川水力発電ダムプロジェクトが実施されれば、メコンの象徴とも言うべきメコンオオナマズを絶滅に追い込む可能性もあると警告した。網易が伝えた。報告書「野生動物の川=メコン川の大型野生魚類」によると、http://bit.ly/bbfDL3

成長戦略のカギ,経済財政白書から,インフラ輸出重視,新成長戦略は、インフラ輸出の規模を20年に19・7兆円とすることを目指している。国際協力銀行の活用など、官民連携の輸出振興にも乗り出し、中国や東南アジア諸国連合(などアジア向けシェア拡大を急http://bit.ly/bWF9kB


Other world energy news today

○100801A Pakistan, tribune.com.pk
パキスタンの電力セクターの予算執行遅れでJICAが続行拒否
Japan refuses additional funds before completion of delayed projects
http://bit.ly/cdx0Po
Japan has refused to finance any more major projects till the ones that it has already funded are completed. The projects have been delayed because their completion requires the government to allocate its share of the financing costs.,Japan International Cooperation Agency,hydropower, thermal and renewable energy,up-gradation of transmission lines,Asian Development Bank,Chashma and Mangla reservoirs and a communications system,incomplete projects is over Rs4 trillion,Finance Minister Dr Abdul Hafeez Shaikh,Rs280 billion for this year,$1 billion at the donors conference in Tokyo last year,agreements amounting to $512 million,Only WAPDA’s throw-forward account has been estimated at Rs990 billion

○100801B Pakistan, app.com.pk
パキスタンのギラニ首相,電力危機解決の一つ,送配電システムの効率化だと
PM for conservation of energy to overcome shortage of power
http://bit.ly/aVNrF6
Prime Minister Syed Yusuf Raza Gilani said on Saturday that the government was taking a number of solid steps for the conservation of energy to overcome the shortage of power in the country.,new transformer plant of PEL,Efficient use of energy,antagonization,high efficiency transformers,to reduce line losses,Thar coal fields,nuclear power projects,PEPCO had already taken initiative in direction of energy saving and loss reduction. ,Raja Pervaiz Ashraf, Federal Minister for Water and Power

○100801C Pakistan, tribune.com.pk
パキスタンでインダス河が暴れまくり水害犠牲者は800人
Death toll more than 800: Mian Iftikhar
http://bit.ly/d3xmf3
Khyber-Pukhtunkhwa Information minister Mian Iftikhar Hussain said Saturday that the death toll in the floods has risen above 800.,Interior Minister Rehman Malik,U.S. Ambassador to Pakistan Anne Patterson said the US has accelerated relief assistance to the flood affected areas of Pakistan.

○100801D Pakistan, app.com.pk
パキスタンのザルダリ大統領,フランス訪問中,サルコジ大統領と会談
Pakistan-France political, economic ties to get a boost with President Zardari’s visit
http://bit.ly/d7xcgy
President Asif Ali Zardari will seek a deeper strategic partnership and ways to further boost bilateral political and economic ties, when he meets his French counterpart Nicholas Sarkozy, during his three day visit to France from Aug 1.,akistan Air Force and the Pakistan Navy the main users of French fighter aircraft and submarines,Friends of Democratic Pakistan Forum ,French Development Agency (AFD) ,solve its energy crisis,hydropower and energy efficiency projects.,four additional hydropower plants; including two by AFD and Wapda in Gilgit Baltistan, 2 in Azad Jammu & Kashmir through the Hydro Electric Board


Japanese energy news today

○パキスタン北西部で大雨による洪水が相次ぐ 800人以上が死亡
http://bit.ly/dCJ5wf
○丹羽氏『愛国親中の精神で』 駐中大使に着任
http://bit.ly/aH4sH2
○中国 周辺国けん制 黄海に続き南シナ海で演習
http://bit.ly/9jiSQG
○「中国は究極の地方分権」 視察から帰国の橋下知事
http://bit.ly/9SRTT6
○「すでに経済大国世界2位」 中国に強い自信 元高圧力も恐れず
http://bit.ly/bgMMFX
○メコン川の象徴・巨大ナマズに絶滅の危機、ダム建設が生物資源を破壊―WWF
http://bit.ly/bbfDL3
○成長戦略のカギ:経済財政白書から インフラ輸出重視
http://bit.ly/bWF9kB

*************************************************************************************************
今日の原油価格 (crude oil price)今日の石炭価格 (coal price)今日の天然ガス価格 (natural gas price)
今日のメコン河水位 (Mekong Vientiane water level)
*************************************************************************************************


2010年7月30日 ー タイはミャンマーなしで生きられず ー

タイは元々,マモーの石炭資源があり,1990年代に至ってはタイ湾から天然ガスが出て,またラオスの水力開発が動き出して,我々の頭の中では,タイは日本や台湾,スリランカと違って,エネルギー資源国,という潜在意識が残っていた。しかし,今日のバンコクポストの記事を読んで,タイはミャンマーとは,最早切っても切れない中になっているのだ,と言う思いを強くした。

昨日,タイの国家石油PTTの代表団が,ミャンマーの新首都ネピドーを訪問,ミャンマー側の国家石油MOGEとの間で,ミャンマー沖東部新規ガス田ソーティカブロックまたはM9ブロックと呼ばれるガス田から,日量240百万立方フィートのガス供給を,2013年から受けることで,協定を結んだ。近傍のガス田,ヤナダ及びイエタグンから,1990年後半以来,日量400及び565百万立方フィートの供給を受けている。

タイのエネルギー大臣ワナラットは記者会見をして,タイはますます今後,ミャンマーのガスに依存することになる,として,タイのエネルギー不安について言及している。特にタイ湾のガス資源が枯渇に向かっており,23年後には生産不能となるとされており,更に政府が大きな期待を持って臨んでいる石炭火力と原子力が,住民の反対で円滑に進まない可能性が高い。サルウイーンのハッチとタッサン水力に期待をかける。


タイのワナラット・エネルギー大臣,今日,ミャンマーのネピドウで新規ガス供給契約を締結する,M9ブロックから日240百万立方フィート,タイはこれからもミャンマーに依存する。ガスのみならず,1200MWのハッチ水力,7000MWのタッサンなどhttp://bit.ly/bcwRSP

インドはニューデリー,メータ商務長官が域内の水力開発と広域連携を提案,ネパールの43GW,インド200GW,他にブータン,パキスタン,スリランカ,流れ込み式水力の大きな可能性に言及,更にバングラデシュの1320MW石炭火力,民間資金 http://bit.ly/9oqUI1

フィリッピンの発電企業EDC,株主総会で,この6年間でグリーン資産670億ペソを目指すと。主体は地熱発電でこれに風力を加える,なお既に122MWパンタバンガン-マシウエイ水力を持つ。地熱資産は230MW。この5年内に出力1542MW目指すhttp://bit.ly/ac1WOB

政府は、核拡散防止条約(NPT)に加盟しないまま核武装を続けるインドに対し、原発関連機器を輸出できるよう、6月下旬に2国間の原子力協定締結に向けた交渉開始に踏み切った。「非核」の国是を事実上放棄するに等しい、重大な外交方針の転換といえるが、http://bit.ly/acgox0

ベトナム石油ガスグループ(ペトロベトナム)はこのほど、英BP社とアゼルバイジャン国営石油公社(SOCAR)の2社との間で、今年8月中ばから南中部クアンガイ省のズンクアット製油所への原油供給を受けることで合意した。SOCARは8月半ばにアゼルバイジャンのhttp://bit.ly/ct8rG2

電気事業連合会は11年度の税制改正に関する9項目の要望をまとめ、経済産業省に提出した。政府が11年度導入を検討するとしている地球温暖化対策税については実効性のある温暖化対策を進める観点から、排出量取引制度や再生可能エネルギーの全量買い取り制度http://bit.ly/cYMxAp

パキスタンでは、記録的な大雨の影響で北西部を中心に洪水が発生して、現地当局はこれまでに80人近くが死亡したと発表しました。パキスタンの気象当局によりますと、雨は北西部を中心に当面降り続くとみられ、犠牲者はさらに増えるおそれが出ています。http://bit.ly/aDExaf

英国のキャメロン首相は就任後初めてインドを訪問し、29日にニューデリーでシン首相と首脳会談を行った。両首脳はテロ対策などの安全保障から、民生用原子力協力、気候変動問題まで幅広く協議し、さまざまな分野で関係を緊密化させていくことで一致した。http://bit.ly/93l2z0


Other world energy news today

○100730A Thailand, Bangkok Post
タイのエネルギーは今後ますますミャンマーに依存する
More reliance on Burma
http://bit.ly/bcwRSP
Thailand expects to buy more gas and electricity from Burma in order to secure supplies as domestic resources become depleted, says Energy Minister Wannarat Channukul.,PTT Plc,Yadana and Yetagun offshore gas fields have an output of 400 and 565 million cubic feet per day (mmscfd) respectively.,new Sawtika Block or M9,Myanmar Oil and Gas Enterprise (MOGE),capital city Naypyidaw,gas from M9 at a rate of 240 mmscfd,PTT Exploration and Production Plc,new petroleum blocks such as M3, M4, M7 and M11,last only another 23 years,Pornchai Rujiprapha, the permanent secretary of the Energy Ministry,1,200-megawatt Hat Gyi Dam and the 7,000-MW Tasang Dam,Sinohydro,projected rise in Thai demand to 4,821 mmscfd in 2014 and 5,542 mmscfd in 2020 from 3,900 at present,nuclear- and coal-fired power plants

○100730B India, istockanalyst.com
インドの商務大臣が南アジア域内の水力開発と地域連携提案
Ministry for more trade, investment in energy in S. Asia
http://bit.ly/9oqUI1
Addressing a seminar organised by the Asian Development Bank and the Delhi-based think-tank ICRIER, Mr Arvind Mehta, Joint Secretary, Ministry of Commerce, said there is more potential for trade in energy, especially in hydropower, than in goods.,Nepal has an installed hydropower capacity of just 636 MW against the potential of anywhere between 43,000 MW and 200,000 MW,India has a hydropower capacity of only 36,900 MW against the potential of 125,000 MW,Satluj Jal Vidyut Nigam (SJVN) and Nathpa Jhakri hydroelectric power plant,run-of-the-river projects,Nepal, Bhutan, Pakistan and India,Himalayan region,Himachal Pradesh,Export-Import Bank of India,pan-South Asia electricity ring,ith Bhutan entailing possible investment of $850 million (3,000 MW),a 400-kv transmission line at $50 million with Nepal, ,1,000-MW HVDC link with Sri Lanka costing $415 million,1,000-MW HVDC back-to-back link with Bangladesh at $220 million.,1,320-MW coal-fired power project in Bangladesh,PTC (NASDAQ:PMTC)

○100730C Philippines, businessmirror.com.ph
フィリッピンの地熱企業EDCはこの先6年で670億ペソ資産を目指す
EDC allocates P67 billion for projects
http://bit.ly/ac1WOB
THE Energy Development Corp. (EDC) has lined up a number of projects worth a total of P67 billion that it plans to undertake in the next six years.,Of this amount, roughly P45.98 billion will be allotted for greenfield geothermal projects and the remaining P20.6 billion for the rehabilitation of existing assets.,EDC president and chief operating officer Richard Tantoco,geothermal projects with 230 megawatts (MW),Of this amount, roughly P45.98 billion will be allotted for greenfield geothermal projects and the remaining P20.6 billion for the rehabilitation of existing assets.
38 percent from 1,116 MW to 1,542 MW in five years,more than 1,400 MW under its green power portfolio diversified by the acquisition of a hydropower project and wind power projects in the pipeline,122-MW Pantabangan-Masiway hydroelectric plant


Japanese energy news today

○原子力協定、交渉始まる=高橋弘司(新聞研究本部)
http://bit.ly/acgox0
○ズンクアット製油所に英BPなど2社が原油供給
http://bit.ly/ct8rG2
○電力業界、11年度税制改正に要望
http://bit.ly/cYMxAp
○パキスタン 洪水で80人近く死亡
http://bit.ly/aDExaf
○対テロや原子力協力などで一致=「関係が飛躍的に前進」―英印首脳会談
http://bit.ly/93l2z0




アジアのエネルギー最前線 0902