教材作成に役立つ、イラストと写真のサイト
(「みんなの教材サイト」)の紹介

          都立大塚病院リハビリテーション科 鈴木 勉


 以下のサイトに、国際交流基金が日本語教育のために提供しているイラストと写真が豊富におさめられています。物品の他に、なにげない普段の生活を写した写真がたくさんあり、失語症訓練の教材作成に役立ちます。なおこのサイトは同僚の田中純平さんにおしえてもらいました。

http://momiji.jpf.go.jp/kyozai/Resources/Photo/Index.php?PHPSESSID=cff21214c8c192f7fee679d1343fd432

  
 画像の著作権については以下のように書かれています。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

・「みんなの教材(きょうざい)サイト」で提供(ていきょう)している日本語教育用(にほんごきょういくよう)素材(そざい)を利用(りよう)する場合(ばあい)、国際交流基金(こくさいこうりゅうききん)に、事前(じぜん)に許諾(きょだく)を求(もと)める必要(ひつよう)はありません。無料(むりょう)でご自由(じゆう)にお使(つか)いください。使(つか)った感想(かんそう)や、どんな風(ふう)に使(つか)ったかのアイディアをぜひ送(おく)ってください。
 国際交流基金(こくさいこうりゅうききん)の各種(かくしゅ)報告書(ほうこくしょ)等(とう)の出版物(しゅっぱんぶつ)、本(ほん)サイト内(ない)で紹介(しょうかい)させていただくことがあります。あらかじめご了解(りょうかい)ください。)
・本(ほん)サイトは日本語教育(にほんごきょういく)以外(いがい)の教育(きょういく)、または営利目的(えいりもくてき)の利用(りよう)を想定(そうてい)していません。利用者(りようしゃ)は制作(せいさく)の趣旨(しゅし)をご理解(りかい)の上(うえ)、ご利用(りよう)ください。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 本来は日本語教育のために提供されているものですが、非営利的に言語のリハビリテ−ションに利用することはさしつかえないと考えます。

 

【監修】横浜コミュニケーション障害研究会