タイトル:ハワイのゴミ事情   作成:11月03日 2001年

ALOHA!2001年も11月に突入、もう2ヶ月足らずで今年も終わってしまいます。食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋...何をするにも良い季節ですね、“日本は”。実は私、3週間ほど日本に里帰りしておりましてその良い季節を満喫してきました。温泉に、紅葉...うーん、日本はやっぱりいい!!ちょっと日本を離れてみれば、今ある当たり前の状況にきっとあなたも感謝の気持ちが芽生えるはず。常夏もいいけど、日本の四季はいいものです。

前置きが長くなりましたが、今回はゴミのお話。日本はゴミの捨て方が厳密かつ複雑。そんな日本と比べて、こちらのあまりのゴミの出し方のアバウトさに驚かされます。燃えようが燃えまいが何でもあり、粗大ゴミも一緒に捨てる。いいのかしら、と思いつつやっぱり楽なもので。ゴミの出し方には厳しい日本は捨てるマナーはなってない。こちらは海、町がほんとにきれいです。ビーチではBBQグリルなんかが置いてあっていつでもビーチBBQができ、パーティーしてる人も多い。でもゴミ箱が溢れてる、なんてことはまずないしビーチにおいて行く人もない。一人一人のマナーの良さを感じます。そうしよう、としてるわけでなく当たり前に自然にそうしてるのです。自然と共存する姿勢が違うのでしょうか。しかしハワイも海に囲まれた小さな島なわけで、ある新聞の記事によるとオアフ島のゴミ捨て場は2年以内に満杯になるとか。このマウイ島はあと20年、ハワイ島はまだ50年はもつそう。でも他からゴミを運ばれるのはごめんこうむるという。ハワイアンにとって大地や水は神聖なものであり、ゴミ捨て場にされるのは絶えがたいことだと。実際、満杯になったらどうするのでしょう...日本人のみなさん、もう少し自分の国や町を愛する気持ちを大事にしませんか。そうしたらきっとゴミポイなんてしなくなる、そんな簡単なものではないのかしら。報復戦真っ最中で、観光客激減のハワイはかなり深刻問題となってきています。ツアーの値を下げたり、こちらもすいていて今が来どきだと私は思うのですが。日本から帰りの飛行機が意外に混んでいて、少しずつもどりつつあるのか、またはこのチャンスを利用してきてる方々か...。ともかくマウイは安全でいつでもウエルカムで皆様をお待ちしています。

風のメッセージ

 

早く戦争が終わるように...

一体いつまで続くのでしょうか。平和について一人一人考えてみましょう。

もどる