タイトル:青空のマウイから...  作成:6月02日 2002年

もう2002年も半分まできてしまいました。サッカーのワールドカップ開催に日本は大騒ぎ、でしょうか、ジメジメの梅雨にそろそろ入る頃かな。こちらマウイは5月後半に入って急に超良い天気続き、真っ青な空に心地良い風が吹きマウイらしいお天気。日中は暑―いです。ちょっとなまった体を動かそうとプールで泳いだり、ウオーキングしたりしているのですが(いつまで続くやら)“こんなにいい所に住んでいたんだ”と今更ながら見直しています。住んでしまっていると日々の生活に追われ忙しくしているためか、見落としていることってたくさんあるものですね。

そう、以前ムカデ出現の話を書きましたが、またまたでたのです!!ムカデは夫婦(カップル)の絆がとても強く、1匹退治しても必ずその伴侶が探しに出てくる、と聞いていたからしばらくは小さな物音にもおどおどする日々を過ごしていました。でも一向に出て来る気配なく、もう出てこないな、と決め付けていた矢先のハプニング。幸運なことに私はウトウトと睡眠中にその世にも恐ろしい事件は起こり全てが終わった時に目が覚めたのでした。(神様ありがとう!)ムカデにとっては夫婦揃ってあの世行き、幸せだったのでしょうか。このお部屋とももうすぐさよならなので、今度入る部屋にはバルサン(アメリカにもあります)モクモクたいて引っ越す予定です。

さて、一応子を持つ親である私の気になった記事を1つご紹介します。先日、“子供にいい州ランキング”が発表されアメリカ50州の内ハワイ州は15位にランキングされました。良いのか悪いのか中途半端な感じですが。いろいろなカテゴリーを総合しての結果です。

悪い結果は、乳幼児死亡率が高い(27位)、フルタイムの仕事を持たない両親の子供が多い(31位)、の2点。良い結果は、児童と10代の死亡率が低い(1位)、高校中退者が少ない(3位)、の2点。実際住んでいる私にとっても意外な結果でした。皆さんはどう思われたでしょうか。でっかいアメリカたくさんの問題も抱えているわけでその問題達は少なからずこの未来を背負う子供達にも大きく影響するのです。これはアメリカ日本に限らず全世界共通の事ですよね。子供が犯罪者になり被害者にもなっているこの社会で、子供達は本当に幸せなのでしょうか。タイムス誌に「ブッシュは9/11のテロ事件が起こることを知っていた」、なんて衝撃的な記事が取り上げてありました。こんな世の中で、私達大人はどうしていけばいいのでしょう。雲一つないマウイの青空を眺めながら考えます。

もどる