ハワイにある大きな木、実のなる木、変わった木...たくさんある中で代表的な『気になる木』をご紹介します。ハワイの自然をより身近に感じられる?


 写真クリックしてみよう!大きな写真が見られます


その他の植物も見てみよう

BANYAN TREE
ラハイナの中心、また地元の人達にとって憩いの場ともなっている菩提樹の木。今年で128歳にもなる大きな老木。キリスト教布教50周年を記念して植樹したもの。赤い実は熟せば食べられる。

MONKEY POD
“このー木何の木、気になる木”で有名な噂のモンキー・ポッド。ハワイにはとても多くある。和名はアメリカネム、ハワイ語では’Ohai。この木の種が面白い巨大なさやいんげんといった感じ。この木でカヌーや家具が作られる。

MANGO TREE
おいしー!マンゴーの木。ラハイナに多くある。2、3月に花を咲かせ5、6月に重そうに実をぶらさげる。この時期にはたくさん地面に落ちていて、道端で子供が売っていたりする。ウルシ科なので食べるとかぶれる人も。

COOK PINE
キャプテン・クックによって、ニュー・カレドニアで最初に発見される。高さ60mにもなり、背の高いクリスマスツリーのようでゴルフ場や公園、並木に植えわれる。ナンヨウスギ科。ノーフォーク・パインととても似ていて間違えやすい。

COCONUT PALM
ご存知ヤシノキ。(ハワイ語でNiu)ハワイと言えば、まずこの木をイメージするだろう。ヤシと言えど、とても種類は多い。このように高いヤシになる実が上から落ちてきたら大変!ホテルやゴルフ場などのヤシは人が登り定期的に実を落とす。この葉で帽子や籠を編む。ハワイにはこのココナッツを使ったデザートが多い

MANILA PALM
ヤシの中でも特徴的なマニラヤシ。フィリピン原産。CHRISTMAS PALMとも呼ばれ幹の途中からたくさんの緑の実をつけやがて赤へと変色する。高さ5mほどのほっそりした小型のヤシ。マウイトロピカルプランテーションの入り口横にたくさん植えてある。

SUGARCANE
マウイ島にはまだだくさん残る砂糖きび畑。収穫する前焼畑にする。85%以上が水分でできているため焼いても茎は残るその茎を収穫し、工場の大きな釜で煮る。ここでできた粗目状の茶色の砂糖“MAUI SUGAR”として売られている。

PINAPPLE
パイナップルが木になっていると思っている人は意外に多い。上の葉の部分を植えそこから茎が出て、実ができる。シュガーパイナップルと普通の、2種類あるが前者があまーい。是非食べてみて。

TROPIC CORAL
マメ科。ハワイでは砂糖きび畑やパパイヤ畑などの防風垣に植えられている。2、3月の冬に赤い花を枝先や木の頂部に多くつける。高さ1015mの高い木。

BREAD FRUITS
パンノキ。クワ科。ハワイ名はUlu。緑の夏みかんのような実をつける。食べ方は色々だが、この実を電子レンジで加熱すると独特の風味と甘味がでる。その他灯油、材木、染料にも使われた。

KUKUI
ハワイ山地の谷に多く自生する大木。ハワイ州の木。英名は
CANDLE NUT TREE。この名の通り、種子には50%もの油分がありロウソク代わりに使われていた。この種を磨き、レイとして現在は使われている。ククイはハワイ名。

AFRICAN TULIP
熱帯で多く見られるアフリカ原産の花木で高木になりカップ状の橙赤色花を上向きに房になって咲かせる。黄橙色花もあるがこれは少なめ。ハワイでは森林帯に野生化したものがたくさんある。名前通り、花がチューリップの形をしている。

GOLDEN SHOWER TREE
ハワイではあちこちで見られる。黄色の花のゴールデン・シャワーとピンクと白の混じるピンク・アンド・ホワイト・シャワーの2種が多い。この2つを交配して作ったレインボー・シャワーもある。ハワイの青空にとてもマッチした木だ。

TOPPAGE][マウイ情報][会社の紹介][エトセトラ][お便りマハロ
オプショナルツアー][風のオリジナルツアー][GOLF][マウイの名所案内
ガイドブック][超ガイドブック][マウイの隠れ名所案内][マウイの地図
LINK][マウイの写真集][アロハロハ][ラナイ島][予約する