KEANAE VILLAGE
渓流に沿っって水を張ったタロ芋畑が広がり、海岸沿いにはたくさんのラウ・ハラの木が生える、典型的なハワイアン集落。ケアナエの口承によると、伝説上の神、カネが巨大な岩に槍を突き刺したところ真水がどっと涌き出してきたという。昔はたくさんの養魚池があった。 

戻る