マウイ島のすぐ目の前に見えるラナイ島、
まだまだ日本人には馴染みのうすい島へ出かけてみませんか?
豪華なホテル、素晴らしいゴルフ場...
是非実際目で見て体験していただきたい。

島の面積約356平方km、長さ27km、ハワイで6番目に大きい島。「パイナップル島」の愛称があるように昔は一面パイナップル畑だった。1923年パイナップル・ジャイアントのドールが、会社を訪れるゲストのためクラブハウスとしてホテル・ラナイを建て、パイナップル農場の労働者のためラナイ市を作り、出荷するための港を建設した事が現在に至る元となる。人口は約2400人で首都のラナイ市は徒歩30分あれば一周できてしまうほど。ハワイ一宿泊料が高い2つの豪華なホテルに隣接して山側海側に素晴らしい、

“世界一”と絶賛する人がいるほどのゴルフ場がある。海側が「マネレ」山側が「コエレ」。マウイ島ラハイナの港からフェリーで約50分。

Garden Of The Gods

ハワイの口承によると、ラナイ島最初の住人はマウイ島国王カアラネの息子カウルラアウであったという。彼はかなりのいたずら好きで人々の重要な食料であるパンの木を引き抜いて力試しをしていた。そこで国王は「悪霊の島」として恐れられ誰も近寄ろうとしなかったラナイ島に息子を追放してしまう。しかし力自慢のカウルラアウは襲い掛かる悪霊達と戦い続け退治してしまい、ヒーローとなってマウイ島に凱旋した。そんな伝説のあるラナイ島、平和になったこの島には隣のマウイ島やモロカイ島からの人々が移住しはじめた。1400年頃のお話。

Shipwreck Beach

ラナイ島が発見されたのは、1779221日キャプテン・クックの後継者、クラーク船長によるといわれている。1810年ハワイ諸島を制圧したカメハメハ一世はラナイ島が大のお気に入りで夏の保養地として使いバケーションを楽しんだ。この島の近代史は国王が定期的に滞在するようになってから始まる。1922年ボールドウィン兄弟から110万ドルという安さで買い取った、パイナップル王のジム・ドールは「世界最大のパイナップル農場」としてラナイ島を開発する。島の6分の1もがパイナップル畑と化した。

1966年ハワイの大財閥のひとつキャッスル&クック社がドール社を買収し島の98%の土地を所有することになる。これによりラナイ島は大きな変貌をとげる。1992年東南アジア産の安いパイナップルの市場進出におされ、パイナップル畑が閉鎖となる。一方でキャッスル&クック社は大資本を投資して、2軒の超豪華ホテル、「ロッジ・アット・コエレ」と「マネレ・ベイ・ホテル」そしてそのホテルに隣接して2つの本格ゴルフコースを建設。世界的にもトップクラスにランクされるリゾートとして注目を浴びている。あの“ビル・ゲイツ”はこの島を借り切って結婚式を挙げたことでも有名。

  MANELE BAY THE CHALLENGE AT MANELE

  THE LODGE AT KOELE THE EXPERIENCE AT KOELE

ご予約 お問い合わせ

kazemaui@hawaii.rr.com
P.O.BOX 12651
LAHAINA MAUI HI 96761
Tel:(808)669−5088  Fax:(808)665−1328

TOPPAGE][マウイ情報][会社の紹介][エトセトラ][お便りマハロ
オプショナルツアー][風のオリジナルツアー][GOLF][マウイの名所案内
ガイドブック][超ガイドブック][マウイの隠れ名所案内][マウイの地図
LINK][マウイの写真集][アロハロハ][予約する