2day/4day

第3日目(フリーマントル観光)

  1.フリーマントルへ向かう

3月16日(月) AM7:30起床、今日も快晴。時間に余裕があるので、きちんと朝食を作る。「トースト、ベーコンエッグ、りんご&パイン、コーヒー」だよん。

AM9:18 発、パース行きのバスに乗る。30分ほどでパース駅に着く。ちょっとヨーロッパ風のとてもきれいな駅だった。せっかくだから記念撮影。こんな駅なら毎日でも通勤したい気分だ。さて電車に乗らなきゃならないが、切符の買い方でちょっと戸惑う。人に聞いて何とか切符を買ったが、駅員らしき人はいない、自動改札機もない。「このまま電車に乗っていいの?」って感じ。そう言えば、HISの人が「切符を誰にも見せなくていいけど、不正乗車をするとかなりの罰金を取られるから、くれぐれもきちんと切符は買って下さい」と言っていたような気がする。フリーマントルまでA$2.30だった。

パース駅にて パース駅にて (パ ー ス 駅 に て)

AM10:13発、プラットホーム「7」よりフリーマントル行きの電車に乗る。結構混んでいる。30分ほどで終点フリーマントルの駅に着く。電車から降りるときは、ドアの近くについているボタンを押す。そうすると、そのボタンを押したドアだけ開くようになっている。電車を降りたら、やはりこの駅も無人だっだ。

  2.フリーマントル食べ歩き

フリーマントルは、19世紀に造られたコロニアル調の古い建物が今も残る、ちょっとヨーロッパを感じさせる港町だ。ここは、金曜日から日曜日に開かれる歴史的なマーケットでも人気があるらしい。まずは、ガイドブックに載っていたサウス・テラス沿いのオープン・カフェを目指す。ここは、別名“カプチーノ通り”とも呼ばれ、おいしいコーヒーを出すカフェが並んでいる。私たちも、そのうちのひとつ「miss maud(ミス・モード)」にてひと休み。カフェの入り口にあったボードには、「持てるだけのマフィン・ケーキ&おかわり自由のコーヒー(紅茶)で、A$5.50」との事。安い。まわりを見渡せば、みんなケーキを2〜3個食べてるんだよね。それも1個が大きい。おしゃべりしながら、こういうひとときをすごすのってホッとする。

トラムの前にて オープン・カフェ (フリーマントル市内・トラムの前にて) (オープン・カフェ「miss maud」)

今日はフリーマーケットもしていないし、刑務所の見学はちょっと時間がかかるのでカット。市内をぶらぶら歩きながら港の方へ向かい、「ラウンド・ハウス」へ立ち寄る。ここは1830年に監獄として建てられたものらしい。ここの見晴台から見るインド洋は美しい。雲ひとつない青空に気持ちよさそうに飛ぶ真っ白なかもめたちと、コバルトブルーの海が一体化している。

街の様子 見晴台から見えるインド洋 (ラウンド・ハウスからの眺め)

PM1:00頃、お腹も空いてきたので、マリーナにある「SICILIAN(シシリアン)」にてランチ。kiyoが「フィッシュ&チップ」が食べたいと言うので、それを注文。私は量が多い時の事を考えて、childrenサイズにする。ついでに「ガーリックトースト」も注文。飲み物は、kiyoはビール、私はアイスコーヒー。ハワイのアメリカン的なアイスコーヒーを想像していたら、これがとんでもない間違い。出てきたものは、生クリーム&アイスクリームたっぷりの、これはどう見てもコーヒーフロートだ。それも食前に出てきたから、「Oh my god」。ウエイターが、その様子を見て「これは食前酒には向かないかも?」と言った。もちろん英語で、kiyoの通訳付きだよん。

kiyoは陽気なウエイターを英語の練習相手に選び、一生懸命話し掛けていた。その後、出てきたkiyo注文の「フィッシュ&チップ」は超ジャンボサイズ。量が多くて、結局全部食べきれず「Give up」。私のchildrenサイズは大正解。それでもポテトが多かった。お腹もいっぱいになって、少しマリーナ(チャレンジ・ハーバー)を散策した後、フリーマントル駅へ。

  3.フリーマントルを後にして

ただいま夕食の準備中PM2:45発、フリーマントル駅より電車に乗り、パース駅へ向かう。行きは、「スカボロビーチ〜パース」、「パース〜フリーマントル」まで別々にチケットを買ったが、「フリーマントル」から「パース or スカボロビーチ」ともに「2ゾーン」地区なので、鉄道、バス関係なしにどうも同一料金(A$2.30)でOKのようだ。パースでバスに乗る時、ドライバーに「フリーマントル駅で買ったチケット」を見せたらOKとの事。そのままバスに乗り、スカボロビーチへ向かう。ハワイのようにレンタカーを使わず、自分の足で回るというのも結構楽しい。

バス停近くのスーパーで、食材を買い込み、PM5:30頃コンドミへ戻る。夕食まで少し時間があるので海辺を散歩。どんなお店があるかもチェック。でもみやげ物店はないようだ。3日目がすぎて、ほとんどおみやげを買ってない事に気づく。今日の夕食は、もともと冷蔵庫に入っていた牛肉を使って、「牛ステーキ・オニオンソース」を作る。ソース用の玉ねぎのみじん切りでちょっと苦戦。庖丁が日本のに比べるとしっかりしていないので、すごく切りにくかった。kiyoがやってきて、ハイチーズ。赤ワイン、チーズ、サラダなどとともに何とか夕食ができる。kiyoは肉があればうれしそうだ。

パース2日目へ パース4日目へ パース目次へ ホームページへ